5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【コラム】「CDS」:ウォール街を破滅させた怪物(ニューズウィーク日本版) [08/10/01]

1 :本多工務店φ ★:2008/10/02(木) 01:00:05 ID:???
金融危機の元凶はJPモルガンが生み出したモンスター、クレジット・デフォルト・スワップの無節操な濫用だ
マシュー・フィリップス(本誌記者)

それは、米金融業界の大物たちの週末の儀式だった。
太陽のあふれるリゾートで日ごろのストレスを吹き飛ばし、世界の支配者としての成功を盛大に祝う。
ヨットパーティーにビキニ姿のモデルたち、1本1000ドルのシャンパンなどをイメージすればいい。

なかでも、94年にJPモルガン(当時)のバンカーたちがフロリダのボカラトン・リゾート&クラブで過ごした週末は、ウォール街の伝説になっている。
騒々しいパーティーもあったが、それだけではない。
彼らはピンク色の壁のスペイン風リゾートで週末の大半を会議室に引きこもり、銀行業の歴史と同じだけ古い問題の解決に取り組んだ。
誰かにお金を貸したとき、それが返ってこないリスクをいかに軽減するか、というものだ。

当時、JPモルガンの資産は企業向けや外国政府向けの数百億ドルの貸し出しで膨張していた。
問題は、連邦法の定めで、それらの融資の貸し倒れリスクに備える準備金として、巨額の自己資本を積まなければならないことだ。
利益を生まない金である。

バンカーたちが思いついたのは、ある種の保険商品だ。
貸し倒れた場合の元利金の支払いを第三者に保証してもらい、代わりに銀行は保険料を払う。
そうすれば、JPモルガンはリスクをバランスシートから切り離し、準備金を取り崩して商売に回すことができる。

この仕組みが「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」で、デリバティブ(金融派生商品)の一種だ。
CDSのアイデア自体はその2、3年前からあったが、大きな取引をしたのはJPモルガンが最初だった。
同社は90年代半ばに「スワップデスク」を設置、CDSの市場を作るためにマサチューセッツ工科大学(MIT)やケンブリッジ大学から若い数学者や科学者を雇い入れた。

数年後には、安定的な収益を確保しながらリスクを回避する手段として、CDSは最もホットな金融商品になった。
「(原子爆弾開発のための)マンハッタン計画にかかわった人たちの話も聞いたことがあるが」と、
当時JPモルガンの専務取締役をしていたマーク・ブリッケルは言う。
「あのときボカラトンに集まったわれわれにも、何か大変なものの創造に立ち会っているという実感があった」

だが、40年代当時のロバート・オッペンハイマーや部下の核物理学者たちがそうだったように、
ブリッケルと同僚たちも、自分たちが開発しているのがモンスターだとは気づかなかった。
今日、経済がよろめきウォール街が廃墟と化したのは、彼らが14年前に解き放った怪物に大きな責任がある。

>>2に続く

ソース:Yahoo!ニュース 雑誌記事 ニューズウィーク日本版
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081001-00000000-newsweek-int

関連スレ
【金融】膨張する「金融ギャンブル」―CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)、邦銀も57兆円の取引[08/09/18]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1221748892/

2 :本多工務店φ ★:2008/10/02(木) 01:00:28 ID:???
>>1の続き

■金融業界が作った「大量破壊兵器」

アメリカ最大の保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は、
投資銀行や保険会社などに対して保証していた140億ドルにのぼるCDSの支払いに行き詰まり、納税者のお金で救済された。
この1年間の金融システム危機の原因の多くは、元をたどればCDSに行き着く。
その市場は62兆ドルに達していた。
ニューヨーク証券取引所に上場する全株式の時価総額の4倍近い額だ。

著名投資家のウォーレン・バフェットがCDSを「金融版の大量破壊兵器」と呼んだのには理由がある。
CDSは企業対企業の相対取引で契約されるため、政府の規制は及ばないし、取引報告を集約する場所もないので本当の市場価値を知ることができない。

その結果、数十億ドルもの不透明な「暗黒物質」が金融市場の頭上に垂れ込めることになった。
CDSはならず者国家の核兵器のように世界中に拡散し、今は注意深く秘匿されている。
多くの金融機関のバランスシートを吹き飛ばすのも時間の問題だ。

CDSのいちばん初期の取引の一つは、97年12月にJPモルガンが行った。
同社はフォードやウォルマートなど大企業向けに実行した300件、計97億ドルにのぼる融資を調べ、最も貸し倒れリスクの高い上位10%を特定。
それを投資家に売却した。

それを可能にしたのは、MITを出てJPモルガンのスワップデスクで働いていた当時25歳のテリ・デュホンだ。
この部門は、のちに世界的な大銀行の幹部を多く輩出し、「モルガン・マフィア」として知られるようになる。
「銀行が信用リスクを資産から切り離し、保険会社や年金に肩代わりさせることに成功した」と、
今はロンドンでデリバティブのコンサルティング業を営むデュホンは言う。

その後まもなくCDSは、リスクの高い中南米やロシアなど新興市場への投資も怖くなくなる保険として使われはじめた。
01〜02年にエンロンやワールドコムが粉飾決算の挙げ句に巨額債務をかかえて倒産すると、
企業の内部崩壊に対する自己防衛の必要性も再認識され、CDSは打ってつけのツールになった。
00年に1000億ドルだった市場規模は、04年には6.4兆ドルになった。

そして住宅ブームがやって来る。FRB(米連邦準備理事会)が利下げを繰り返し、アメリカ人が歴史的なペースで住宅を買いはじめると、
住宅ローン債権を担保にした証券化商品は新たな有望投資先になった。
銀行やヘッジファンド、年金などあらゆる金融機関がこれを購入し、彼らの多くがその債務不履行に備えてやはりCDSを購入した。
「一連の仕組みはきわめて魅力的で、猫もしゃくしも利用した。その結果、CDSの市場は巨大化した」と、
かつてシティグループのクレジット・スワップ部門を率いたロアン・ダグラスは言う。

AIGのような会社の取り扱い商品はすぐに、火災保険だけではなくなった。
彼らはCDSを売ることで、住宅ローンの保証もはじめた。
AIGが政府に救済されたときまでに、同社のCDS保証残高は4400億ドルに達していた。

AIGの決定的な過ちは、伝統的な保険の手法をCDSにそのままあてはめたことのように思える。
従来の保険では、一つの事故と他の事故の間に相関関係はない。
隣人が車を衝突させたからといって、自分もそうなるリスクが高まるわけではない。

>>3に続く

3 :本多工務店φ ★:2008/10/02(木) 01:00:49 ID:???
>>2の続き

だが、債券の場合はまったく話が違う。
一つが債務不履行になると、連鎖反応で他の債券も債務不履行に陥る確率が高まる。
投資家は臆病になって資金を引き揚げ、市場はパニックに陥り、銀行は貸し渋りに走る。

そして住宅ローンの証券化商品が債務不履行に陥りはじめると、AIGは何十億ドルもの元利金を補償しなければならなくなった。
AIGにそんな資金はないことは、たちまち明らかになった。

政府が介入してAIGを救済したのは、AIGがCDS市場のいわば最後のとりでだったからだ。
銀行やヘッジファンドはCDSの売り買い両方を行い、どちらか一方で損をしてももう一方で得をするポジションだったのに対し、
AIGは保証を提供する一方だった。
もしAIGが債務不履行に陥れば、AIGからCDS を買っていたすべての金融機関が損失を被り、信用危機に陥っていただろう。

■銃を規制するならCDS規制もあり

CDSがこの危機で果たした役割を考えれば、政府が規制に乗り出すのも想像に難くない。
「悲しいことに、CDSは汚名を着せられた」と、デュホンは言う。
「誰かが撃たれたときに、それを銃のせいだと言うのに似ている」

だが、AK47自動小銃の販売を規制すべきだと考える人がいるのと同じように、CDSも使い方を誤れば危険だという議論は成り立つ。
「CDSがあることで、人々はトラブルに巻き込まれやすくなった」と、
スタンフォード大学ビジネススクールのダレル・ダッフィ教授(金融論)は言う。

CDSは乱用されたが、それでも有効なツールであることには変わりなく、葬り去ってはならないとダッフィは言う。
「仮にCSDを法律で禁じたとしても、金融技術者がすぐに新手法を編み出して規制をかいくぐるだろう」

将来の危機をいかにして食い止めるか頭を悩ませているウォール街と米政府が、
せめて小説『フランケンシュタイン』を再読してくれることを祈ろう。

4 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:04:12 ID:x49G1Rhm
自業自得だろ

5 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:08:20 ID:W8DMAjXv
高卒の俺にわかりやすく説明する猛者はおらんかえ

6 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:08:41 ID:6kkIVd8k
これを利用して無理矢理倒産させて補償金を得るなんて無茶苦茶な事が
まかり通ってる訳だからなぁ。
これを政府が救済するとなると・・・、割を食うのは一般市民てわけかい。
腐ってるな・・

7 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:09:22 ID:aIhswHgY
>>3
つーか、事象の独立性が成り立たないのは明白だし、そうであれば大数の法則は成り立たない。
このくらい学部生でも分かる基本中の基本だろ。


8 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:10:36 ID:PPq0pRTg
ラジェンドラの仕業だったのか

9 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:10:47 ID:oGpsM4w4
冷静に分析できる人もいるんだな

守銭奴共の断末魔は自業自得だが
早くくたばれ

10 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:10:45 ID:4RJNDvC7
今ごろになってやっとCDSってワードが出てくるとはw
遅いよ。不勉強。

11 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:11:16 ID:EgCtqQz9
なかなか面白い記事だったなぁ。
アホの新聞の反日記事もこれくらい書ければいいのにw

12 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:16:01 ID:ZqBv2/P7
投資銀行が会社が潰れると補填する金融商品を作ったんだろ

だけど自分が潰れそうというオチだろ

13 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:16:05 ID:mYcG6ZFe
これだとJPモルガンは損をしないことになるな

14 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:16:12 ID:BZKt8U3W
>>5
まぁ正確な説明じゃないが、粉飾決済&ギャンブル→バブル崩壊&経済にダメージ
みたいなイメージでいいんじゃね?

15 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:18:26 ID:w5bzzTYo
CDS自体は仕組みとしては問題なかったけど、CDSを組み込んだ金融商品を
レーティングする格付け会社が市場の雰囲気に流されて、
ちゃんとした評価をしなかったから、これは大丈夫というお墨付きを
与えられてしまった

一番の元凶は、客観的立場で正当なレーティングをつけなかった、
S&Pを始めとする格付け会社だと思う

16 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:20:44 ID:tWc7MvYW
こりゃ確かにすげえ仕組みだ。
赤信号、みんなで渡れば恐くない。的な考えの気もしないでもないけど。

ところで、最後のフランケンシュタインの意味が分からないんですが、どーゆーこと?
教えてエロイ人。

17 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:21:06 ID:MUEaKGr6
まだ読んでる途中だけど、
金融工学ってのはロクなことをしないね。

18 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:21:38 ID:Is0/ulHJ
これ最近よく言われてるけど、住宅ローン問題みたいなりそうなの?

19 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:22:41 ID:olg+TdIE
> 客観的立場で正当なレーティング

が、無理であるが故に、常に問題が付き纏う
廃止でいいだろこんなもん

20 :名刺は切らしておりまして :2008/10/02(木) 01:23:29 ID:t52klI0q
1994年のボカラトンミーティングか。
あの年はいろんな意味でデリバティブ市場のエポックメイキングだったろう。
プレーンヴァニラ商品デリバトレーディングでも驚くべき利益を上げていた
ところも多い。 東京でもオフショア扱いで膨大な脱税行為をしていた
法人がほとんどだった。 数十億のボーナス(たった一年分に過ぎないw)を
得ていたトレーダーがどれだけ居たことか。 それでも会社は儲けていたんだ。
脱法行為で利益を生み出す手法は当たり前のこと。それが生き残る術だったのが
今や世界の市場を一巡してアメリカの投資銀行ビジネスモデルを崩壊させるとはな。

この業界で長生きすると色々見せられることになるな。

21 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:23:40 ID:yf2j512P
新自由主義(笑)
金融工学(笑)
CDS(笑)
自己責任(爆笑)
リスクヘッジ(大爆笑)

22 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:24:05 ID:JfRJYC7B
光学系でCDSといえばフォトレジスタだな。
CdSだからちとちがうか。

23 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:27:13 ID:OEcmIvb/
>>20
オッサン乙

24 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:27:22 ID:MUEaKGr6
>>16
私もわからない。
>せめて小説『フランケンシュタイン』を再読してくれることを祈ろう。
どんな小説なんだ?モンスターがらみ?

25 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:27:34 ID:kUzgrUgB
>>15
レーティングの問題もあるけど、今回のケースやアジア通貨危機の時のように、
ある程度大きな規模のクラッシュが派生すると、個別企業の格付けの想定を
越えた連鎖的な夫妻拡大が起きる。
リスクをヘッジしているつもりでも、ヘッジした先までが影響を被って
ヘッジが機能しなくなる。
大規模クラッシュを想定しても、的確なヘッジが行われているかまでの
査定はどこの格付け機関も行えていないんだろうな。

26 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:29:40 ID:ddavzw+K
>>16 >>24

科学者が怪物を生み出してその怪物に滅ぼされるという古典ホラー小説だよ。

27 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:29:58 ID:MUEaKGr6
しかしニューズウィークって、小泉郵政解散選挙を派手に応援した雑誌じゃなかったっけ?

28 :名刺は切らしておりまして :2008/10/02(木) 01:29:58 ID:t52klI0q
フランケンシュタイン博士が創造した人造怪物の名前。

とマジレス

29 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:30:36 ID:comMFscD
水道の元栓がAIGでここがコケれば、先に水が供給されなくなるから
自然に枯れてしまうってことか

30 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:32:38 ID:G2J8KMSh
始めの方で読むのめんどくさくなった、週末の過ごし方がどうしたって?

31 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:32:56 ID:MUEaKGr6
>>26>>28
生み出した怪物(CDS)に滅ぼされる、という意味な訳だね。

32 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:33:32 ID:QQplqMXc
「CDS」えーと別名フルーツバスケットですか?
見た目色鮮やかで香しいけど食べようとしたら中身が腐って居た。

33 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:34:25 ID:6qpG7TuK
いやいや、人造人間を作った博士の名前がフランケンシュタインだからw
モンスターは「フランケンシュタイン博士の怪物」と呼ばれるだけで、正式な名前はない

34 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:36:41 ID:F+HFMTEH
>>20
 手数料を稼いでた・・だろ。

35 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:37:34 ID:aIhswHgY
>従来の保険では、一つの事故と他の事故の間に相関関係はない。
>だが、債券の場合はまったく話が違う。
>一つが債務不履行になると、連鎖反応で他の債券も債務不履行に陥る確率が高まる。

結局これだべ。事象が独立でない。雪崩効果がある。
これは明らかに予見可能。
不良品であることは明白。

あとは格付け会社。これは金貰って恣意的な格付けしてたんだから万死に値する。




36 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:38:40 ID:HPV6Nbs1
http://www3.atwiki.jp/otatu/


37 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:38:52 ID:mb4lKdhB

結局のところ、金融商品もMade in Americaだった訳だ
欠陥商品って事さ、ハハハハハ

38 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:39:08 ID:YPiYLxUc
アイビーやオックスブリッジのトップ層だらけのアメ金融屋からすりゃ
日本の東大法なんて低学歴の馬鹿でカモでしかないんだろうな・・・

39 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:39:22 ID:7216PZxh
モンスターと表現したということは
もはや制御できないものと判断したわけですね

40 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:40:30 ID:qoPFaa5H
今日のN速+系地政学小僧お断りスレはここですか

41 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:41:14 ID:hNFaopXS
ウォール街の連中とかあれだけ無茶やって詐欺みたいなやり方で
全世界に危機振り撒いたかつ自国の経済崩壊させて挙句その上に
国が公的資金で救うのは当たり前と本気で疑ってないからな。
正直同じ国にいたら国民がブチ切れるのも分かる気がする。


42 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:42:47 ID:wgJY5zDO


オプションの売りまくりで濡れ手で粟でウマーってバカでもできる

43 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:42:49 ID:yHMj60KP
金買っとけよ
アメリカ本土で暴動抑制鎮圧作戦がついに始まったよ
写真付きソース
http://www.militaryphotos.net/forums/showthread.php?t=142724
ライフル銃むき出しでアメリカがイラクの様な雰囲気だよ
別のソースからだけどカナダもメキシコも緊張状態だそうだよ

44 :名刺は切らしておりまして :2008/10/02(木) 01:43:16 ID:t52klI0q
>>20
ボーナスだよ。
手数料? プロプライエタリなんだから。自己勘定取引。
あの当時はまだ日本法人が少なかったろ。 香港もしくはケイマン本店の
東京支店形態で仲良く脱法行為、それで出来た芸当。
もちろんキャッシュじゃないよ、ストックオプション。だから皆2〜3年で
会社を辞めて自分の会社を立ち上げた。上記のデュホンもその一人ってわけ。
ロンドン、シンガポールあたりはそんなビリオネアトレーダーのゴールデン
パラシュートの残骸がたくさん転がってるよ。



45 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:43:58 ID:j9n652ME
CDSを大量に保有すれば 影響が大きすぎて潰せなくなる

その点でも核兵器と似ているね

46 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:44:19 ID:Eg46EC6t
JPモルガンは、あの有名なタイタニック沈没の真犯人です。
しかも、タイタニック引き上げ事業を国際機関を使って中止させた張本人です。
今では、どの国家もタイタニックを調査する事は出来ません。

まさしく現代の経済マフィアと言っても言い過ぎではないでしょう。

47 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:44:45 ID:yHMj60KP
何やって時間稼いでも結局は潰れると思うよ

48 :名刺は切らしておりまして :2008/10/02(木) 01:44:47 ID:t52klI0q
>>44>>31のレス。

49 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:45:04 ID:wiKKNTpa
CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)ってカジノのスロットコインを債券
(証券化)した紙切れだったわけだな

50 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:45:32 ID:5Cr3qyKY
まさにバイオハザードw

CDSってTウイルスそっくだなw

51 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:45:54 ID:DyZYCG3e
公的資金75兆円つぎこんでも焼け石に水になるヤバさがあるな

52 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:45:59 ID:wgJY5zDO


時価会計をやめる選択肢もあるらしい。

53 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:46:21 ID:j9n652ME
それから スレ違いだけど フランケンに興味もった人は

ボリフカーロフの名作DVDが500円シリーズででているので見てちょ

54 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:47:05 ID:ZAihxKIe
渦中にいた奴らはこういう事態は予測できた筈だから今頃とっくに安全な場所に逃げてるんだろうな
結局割を喰うのはCDS?なにそれ?な一般市民…

55 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:47:08 ID:pWXFiyBn
ドミノになるね。
CDSなんてもともと企業倒産なんて同時に大量に発生するわけないという想定モデルに基づいて、
勝手にそれが絶対だと信じきって景気のいい時に金集めのためにでっちあげた保険商品さ。
格付け機関なんてのも洗脳機関だ。
でかい・古い・儲けているといってかんたんに信用して騙された。
できっこない保障をハイハイと約束してしまうどこかの保険会社がある。
無審査で入れます、何歳でも入れますというところ。
あれを見ておかしいと思わない人が、きっとアメリカにもたくさんいたということだ。
つまり、自分に都合のよい部分だけを見て、それ以外は切り捨てて飛び込んだ人たちだ。
自分にとってのメリットだけを見ている人を、詐欺師は騙すようだ。

56 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:48:07 ID:UaiqgCug
勝ち組が傷だらけになって潰れていくのは面白い。
子供も妻も今までの生活が送れなくなればいい

57 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:48:33 ID:F+HFMTEH
>>44
 プレーンバニラなデリバティブの自己勘定取引って儲かるものなのか。
いったいだれを鴨ったんだ。

58 :黒騎士:2008/10/02(木) 01:49:10 ID:nkCxuD7b
>39

朝駆けにブッシュが「分かってソーリー」と言ったことが全てだな。

国が国民に「今、お金が無いと大変なのよーーーーーーっだ・か・ら・返せないけどお金出して?ね?」と、言ったようなものだな。


現実には75兆円は出るでしょう。
そして下院の人たちは全員落ちる、と。(だから必死だったわけで)

数字と言う管理できないものを管理しようとした末路なのだが・・・・・・

出した後の後始末が悲惨だよ。住宅を処理するカネなんかは75兆では出ないだろーに・・・(住めない家を誰が買う?)

・・・・・・・・・・・使わない(使えない)お金はアメリカが産みの親になるな、間違いなく。

59 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:49:32 ID:dlMdCjK7
やつらはケモノ

60 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:49:37 ID:XWutIA1P
金融技術が発達しすぎるともう実体経済の面影さえなくなるような。

かといって「どこまで」ならOKというのも難しいが。

61 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:49:41 ID:6KRAgMpx
ま、ここでも見とき
http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/200803030000/

62 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:50:10 ID:Eg46EC6t
一言で言えば、国際詐欺ですね。
CDS市場の6500兆円が花火となって消えるのね。

この金額は、まさしく地球が核の炎に包まれる感じですね。

63 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:50:37 ID:sPLfm0cx
原子爆弾の比喩はいいね。
CDSが飛ぶのって、臨界とよく似てるかんじがする。

64 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:51:29 ID:MUEaKGr6
>>53
ボリフカーロフ、検索しても出て来ません。

65 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:52:20 ID:Eg46EC6t
CDS債券市場6500兆円が爆発寸前です。

75兆円で、どうやって消火すればいいの?

66 :名刺は切らしておりまして :2008/10/02(木) 01:52:44 ID:t52klI0q
>>57
ヒント: 空売り

今だって儲けているやつはいる。GSモルスタに火がついて漸く政府が
規制に乗り出したw


67 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:52:45 ID:kM85QOmh
諸悪の根源は突き詰めれば金融機関による”信用創造”そのものだろ。常考

今回の金融危機を契機に世界中の人間は、
金融通貨システムそれ自体に内在する根源的な虚構性とその欺瞞性に気付くべきm9(`・ω・´)シャキーン


Money As Debt(日本語字幕版)
知られざるお金の仕組みと、その問題点を丁寧に教えてくれます。
http://video.google.com/videoplay?docid=-446781510928242771

68 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:53:01 ID:6XWc+N64
何時の時代も
ねずみ講に喰われる奴がいるから面白い
金持ちほど強欲者なのかも知れんね




























記念真美子  


69 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:54:44 ID:JfRJYC7B
しょせん実態のない数字のお話だろ。

70 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:55:02 ID:3svBItYL
制御できるわけないべ

ちゃんとした監視/管理システムも無いままにいい加減な大風呂敷の約束が
世界のいたる所で成されてた

保証できるだけの金も無いのに目先の儲けで払えない約束するのは金融の中枢
大本の中央銀行システムからしてイカサマの詐欺機関だからだろう
金融自体が既にイカサマなんだよ

71 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:55:21 ID:XWutIA1P
金融で儲けてる奴らは、リスクを取ってるからリターンがあるというが、
逃げ出したり自己破産というものを考えると、
リスク以上のリターンを得てるように思うのだが、
エロい人たちはどう思ってんの?

72 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:55:23 ID:YRIUCY1i
C チンコが
D ダメになって
S 萎れた

73 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:58:13 ID:pWXFiyBn
今までの日本って、金さえあればばら色でやりたい放題だったからなぁ。
こんな爛熟期はあの1989年頃のバブル時代よりも凄いと思う。
その快楽と消費と芳醇なぜいたくに浸りきった後に来る、
恐慌と経済収縮による消費レベルの急落、今まで信じ込まされて来た金や
企業や学校の価値基準も怪しくなり、金で維持されてきた全てのものが
機能をしなくなったら、もう日本の優位は消し飛ぶだろう。
貿易輸出額も減少しはじめているし、日本製品の引き受け手がこれから減る。
そもそも、地方の小金まで大都市圏に集めさせて投資しましょうとやって、
その総本山のアメリカに投資したら毒入り証券化商品をつかまされて、
大手都市銀行から地方銀行や信用組合まで巻き込まれて、ただの博徒だ。
金を本来なら市中に流さなきゃならない機関が自分達が助かるために、
中小企業に金を貸さなくなり貸し渋りしていたら、未来の地方は産業が残らなくなる。
もうぜいたくなんて出来なくなる。
これからは、多分、消費レベルを格段に落としても文句も言わないで暮らせる、
ぜいたくの味を知らない人間が生き残っていく気がする。
一度ぜいたくの味を知ってしまった人間は、すべて壊れるまでぜいたくがやめられないし、
何度でも味わおうとしてあきらめる事が出来ないのを俺は知っている。
ぜいたくというものは一種の中毒になって、その人の生き方に取り込まれてしみついてしまうからだ。
金が稼げない時代になったのに、それがやめられない人から破綻していくことは間違いない。

74 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:58:14 ID:YFM/AuX5
数学モデルをしっかり立てれば、CDSがシステムとして不安定であることは分かっていたはずだけどな。
MITかしらんけど、結局頭わるいんじゃないの。
クレカのリボ払いの仕組みきいたとき、
理論上は永遠に借金をふやせるっておれもおもった口だけど。

75 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:58:27 ID:MUEaKGr6
ネバーエンディングストーリーの作者、ミヒャエル・エンデのことを思い出した。
お金について、価値について、哲学みたいなことを説いてる。

世の中がようやく少しは懲りて、まともな方向に帰ってくれるといいな…

76 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 01:59:39 ID:3svBItYL
約束を守る事が前提でこの世界が成り立ってる、が

何時の時代もイカサマや約束破りを平気でしでかす香具師がいる

その罠にまんまと引っかかったのが現状、仕掛けたのはユダ金



77 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:01:35 ID:3bYxAcbg
CDSの手数料で儲けるだけ儲けた投資銀行が潰れて、証券が紙くずになってお仕舞

78 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:01:58 ID:AwSMhlNR
まじパネェっすユダ野朗

79 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:02:04 ID:3svBItYL
「宇野正美」でぐぐってグーグル動画見てみれ、大体の事は分かる

80 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:03:20 ID:F+HFMTEH
 CDSの人が保険料率の計算を間違えたということだな

81 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:03:32 ID:2rmJS8Nn
なんでこれで経営者の責任が問われないのかが不思議だわ
せめて財産を全て没収するぐらいしないと


82 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:03:57 ID:cbYmX/Ds
糞銀行に9000億円投資した三菱UFJは何を考えてるんだろうな

83 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:04:46 ID:iPZdLyO8
CDS市場みたいなのを作って、全支払い保険料の
3/4まで払い戻しありとか制限つけたら成り立つかな?
東証の株価と反比例するからおもしろそうなんだが

84 :名刺は切らしておりまして :2008/10/02(木) 02:06:07 ID:t52klI0q
別にCDSはイカサマ商品ではないよ。儲ける為の一定期間、担保リスクを肩代わり
してもらうというものだから。
問題は、クラッシュした市場のチャイナシンドロームを食い止める手法を
誰も開発考案しなかったということだけ。 更に問題なのは誰もが予見できていた
リスクだったということ、そして来期決算に損失が計上しなければ自分の
ボーナスに影響がないと思って飛ばしていたのを黙って見ていたということw

85 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:06:17 ID:fKOmbqHP
CDSの元本の大きさだけに注目して6500兆円の金融危機というのはミスリードではないか
貸した金が回収出来れば、保険金の支払いはないわけで、
いくらなんでも6500兆円全てが不良債権ではないでしょう

自動車保険で対物無制限に1000万人入っているから、保険会社が潰れると無限の保険金が消える
と言っているのと変わらない気がするのだが、どうでしょう


86 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:06:45 ID:AwSMhlNR
飢え死にしたくないお><

87 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:09:18 ID:DwRXXjA7
C 志井さんが
D ダメだって言っていた
S 資本主義

88 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:09:51 ID:8TT/I4Ex
デリヴィルスの仕業だなw


89 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:10:01 ID:bGSzNnNI
市場がいつかクラッシュする、一斉に保険金を払う自体が訪れると、誰も思わなかったんだろ
よくある話だ。

90 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:11:36 ID:N7dHMNCr
しかしよ
事象が単独ではなく連結するなんて
地震保険とかと同じじゃんよ
普通にわかってたはず

最初からわかってやってたんだろ
舐めてるよな メリカン
ところで日本も56兆円ってきくが
これは日本の銀行も56兆円分どっかの糞会社を助ける義務があるのか
56兆円分会社が加入してるのか

とにかく廃止で


91 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:11:49 ID:bjiPoOT8
これじゃあ、金融は潰れます。

・金のない奴に金を貸す。(サブプライム)
・金のない奴の含み益が膨らんだら、更に金を貸す。(資産バブル)
・金融商品に、証券化と称して訳のわからないものを混ぜて売る。
 (メラミン入りの牛乳、事故米を食品原料として売る。)

92 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:15:21 ID:Qgtf0MqG
>>79
もうメルマガに帰ったほうがいいよ、田中さん

93 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:19:12 ID:DDcovCCN
>>85
CDSって、一対一の商品なのか?
複数の債権をまとめてるんじゃ、個々のリスクは軽減できても安全なものもなくなるように思える。
とりあえず全部グレーと見ておくべきなんじゃないかね。

94 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:19:17 ID:N7dHMNCr
しかし この記事はわかりやすい
理系技術者にもりかいかのうだわ




95 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:19:26 ID:HL+acnRR
>ヨットパーティーにビキニ姿のモデルたち、1本1000ドルのシャンパン

でも、こいつらは責任を取らないwww
いい世の中だな全くwww

96 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:19:45 ID:xNLPkVxk
>75
エンデはお金についてなんて言ってたの?。

97 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:21:30 ID:joqyZ87v
2002年から2008年9月までに増税された年間総額は13兆4400億円です。
この上まだ庶民からタカるというのか? 3年ぐらいで消費税引き上げは決定だそうです。 セーフティーネットはどこいった???
公務員制度改革や天下り改革、省庁の詐欺とも言える行為にすら「何のメス」も入れられず
社会不安の根源は全て『官僚』と『俗議員』がもたらしていると判明しているのにも関わらず
なぁぁ〜〜〜〜〜にも変わらない今の国政に『NO!』というべきだろ!!!!

まず『公務員制度改革』を旗印にしない自民党はマジくそだろ!
そして景気対策って財政出動に効果がホンのヒトトキで借金だけが増えるとまだわからんのか?
本気で制度改革する以外に庶民が実感を持てる景気対策なんてできるか! 1兆3000億?話にならん。。。(ノ_-;)ハア・・・

最低限のセーフティーネットは行う行うといって何にも進まず
控除や助成の多くは撤廃、増税。 全て搾取し易いところから13兆円超をむしりとっておいて
詐欺的雇用を続ける経団連の主張に忠実なしもべと成り下がりやがって・・・。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
公的資金を荒れだけ受けながら、法人税もちゃんと納めていない様な銀行がアメリカ企業に出資とか・・・。マジ国賊どもを駆逐してくれ!!!

98 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:22:17 ID:F+HFMTEH
>>94
 金融工学の人は文系には理系っぽく説明して、理系には文系っぽく説明するからわからないんだよな。

99 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:22:50 ID:2r+CuwOC
バブル破綻を有耶無耶に処理するために
次のバブルの種が探し出され育てられるわけで

100 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:23:21 ID:ZxKZudBk
いつでもどこでも
まこっちゃん

101 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:23:58 ID:YFM/AuX5
>>90
なにいっているの。地震は単独事象でしょ。規模が大きいというだけ。
連鎖地震リスクなんてことはまず想定しなくていい。

102 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:26:10 ID:2rmJS8Nn
100人が糞儲けて1億人が損するの巻

103 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:27:55 ID:EiiRIfu4
まっ、硫化カドミウムも毒だしね!

104 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:29:30 ID:PUhgJwLZ
日本株式は空売り禁止で暴落防止。
だが、それによる時価は担保として認めない。
というか土地や株の含み益を融資につなげない事でバブル防止
にならないかな?


105 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:30:28 ID:DnPP5SIt
うぅ…理解ができない…。
これって、元本保証を保険化して、月々の保険料を証券会社が払うということ?
そして、もし元本割れした場合は保険会社が補償するということでいいのかな?
これだとAIGだけ損をしているように思えいるけど…。
リーマンはなぜ潰れたの…。
誰かわかりやすく説明をお願い致します…。

106 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:33:00 ID:LhLFl/bI
>5
命を懸けた危険な金儲け

107 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:35:13 ID:9L4harpf
ちょっとオシャレなアルバニア

108 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:36:00 ID:9E1PH6Fr
日本銀行券が信用なくなったら紙屑になるのと同じか。
結局誰が信用担保してたんだ。

109 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:37:32 ID:yHMj60KP
米国の金融安定化法案

否決⇒金融恐慌 金価格高騰
可決⇒米国債・米ドル暴落 金価格高騰

110 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:43:37 ID:6KRAgMpx
クレジット・デフォルト・スクラップって何や
ttp://www.fooooo.com/watch.php?id=4999ece5cab6eaf3ca2dad065682418a&type=rsshttp://www.fooooo.com/watch.php?id=4999ece5cab6eaf3ca2dad065682418a&type=rss

それで株式評論家って、どんなアホ番組なん
ワロス

111 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:44:01 ID:75GQFYBl
ふつうの保険が戦争とか免責を設けてるように、一度にばく大な支払いが発生する保険は
現実的に不可能であり「詐欺」商品なんだから、(市場の何らかの指標によって)支払い免除を設けとけばよかったんだよ。
大規模な詐欺事件だってだけさ。

112 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:44:40 ID:WIZ0Vt1T
Crusaders of the Dark Savant

113 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:45:03 ID:vrG29/Ge
AIGのCDS保証残高:4400億ドル
CDS市場:62兆ドル

ん・・・???
AIGがCDS大手じゃないの?
ほかはどこがやってるんだ???
本丸は他にあるように見えてしょうがない。

114 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:47:24 ID:CAvvHUrW
>>96
”エンデの遺言”でぐぐれ

115 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:50:27 ID:2yKV9zlr
    AIGとか
    ↑↓
 保険料↑↓保証
    ↑↓
銀行⇒⇒債権⇒⇒債務者
  (住宅ローン)←不良債権

こんな脳内イメージでおk?

116 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:51:29 ID:YFM/AuX5
>>113
NHKのクローズアップ現代でもこの話わかりやすく解説したけど、
CDSの引受先はAIGのほかに、数多くのヘッジファンドであるといっていた。
想像以上にやばいのでないかっておれもおもった。


117 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:56:09 ID:DnPP5SIt
ちょっと理解できた。で、これってやばすぎねwww。
CDSが62兆ドル…、日本の国家予算の約80倍だよね。
こんな資産がアメリカにあったの??
詐欺すぎないか…。というか、ドル紙屑じゃないの??

118 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:57:01 ID:xNLPkVxk
>114

ありがと。
買って読んでみる。

119 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:59:29 ID:DnPP5SIt
CDS自体の資産価値もわからなくなっている状況でしょ。
保証している保険会社とかが潰れたら、GSやJPモルガンも吹っ飛ぶよね。
徳政令ださないと駄目じゃねwwwwwwwwwwww。

120 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 02:59:44 ID:DUqS7QMK
つまり、リターンはしっかり囲い込んだ上で、いざリスクが顕在化したとたん、
金融システム全体を人質に取って、「救済しないと崩壊するぞ」と脅してるのが
現在の状況ってことか

121 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:01:21 ID:O8Synmmv
単なるねずみ講だろ
いろいろ

122 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:01:34 ID:vFtZcqXc
臓器売ってでも借りた金は返さないとな〉アメリカ金融関係者

123 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:02:57 ID:DnPP5SIt
>>115
その理解であっていると思う。
ただ、

170 名前:名刺は切らしておりまして :2008/10/02(木) 02:32:28 ID:ght7BYHX
>>164
昨日BS-1でやっていたABCナイトラインで、
アメリカの住宅バブルの事を詳しくやっていた。見た人いるかな。

@借金してローンを組み、豪邸を買う(学校の校庭ぐらいの広さだった)
Aその豪邸に2〜3年住んで、贅沢三昧の金持ち生活を味わう。
B住宅価格が上がったら、高い値段で売りに出す。
C高値で売って、元の値段と差額を丸儲け。
D売った金で、また別の家を買う。
E余った金(差額)を利用して、働かずに悠々自適の生活…

こんなシナリオを描いていたらしいけど、住宅価格の下落で歯車が逆回転の状態に。
寝室が4つもある豪邸は買い手がつかず、しかもローン返済地獄になってしまった。

テレビに向かって、「おまえはアホか…」と言いたくなるような内容だったw

債権が課題評価されすぎてる。本当は1万円が100万円くらいで評価されてる。
もうダメぽだねwww

124 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:04:27 ID:geSBVsE8
アメリカがこれで破綻するよ

125 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:07:32 ID:DnPP5SIt
>>124
破滅どころじゃないでしょ。
日本の約80年の国家予算が屑になるから…。
日本のバブルの比ではないな…。

126 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:07:51 ID:fGFdVPDy
企画立案はすごいが

工学をなのるならば
負荷テストや破壊検査という工程もあるべきだったCDS

127 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:08:49 ID:9L4harpf
CDS市場に潜む崩壊リスクの恐怖
http://www.bloomberg.co.jp/media/pdf/story.pdf

なんとなく解ったつもりになれる。
CDS関連で一番良かった記事。

128 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:08:59 ID:j9n652ME
思えば 貧乏父さんの作者はそうやって資産を作ったと書いていた

あの本自体はおもしろかったけど 住宅不動産バブルを煽る結果になったかもね

129 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:09:31 ID:VrZOlbHb
アメリカはアルゼンチンより安い労働市場に成るで
OK?



130 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:11:06 ID:hrtvjQeh
この件で美味しい思いをした人間から優先して
徴収すべきと考えるのが普通では?

一般社会にツケを回すと、
富裕層相手ならなにをやってもよい、
というような空気が蔓延しないだろうか

むこうからそうやって仕掛けてきたのだし


131 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:12:26 ID:DnPP5SIt
>>129
どこがCDSを購入しているかによるから、アメリカだけとは限らないと思う。
欧州の銀行を国営化しているから、かなり購入しているでしょ。
64兆ドル(全部が負債ではないが)が世界中にばらまかれた状態だから
数カ国潰れるインパクトだね。
日本は、乗り遅れててよかったけど、これで世界はどうなるのだろうか…。

132 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:12:30 ID:vFtZcqXc
アメリカでは子供に投資を教える。素晴らしい。
って言う意見が一昔前に流行っていたが、その結果がこれとはね。

133 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:12:30 ID:2rmJS8Nn
何年か前まではアメリカやヨーロッパに比べて日本の金融システムは遅れている
とか言ってた経済アナリストも沢山いたが今どんな気持ちなんだろなw

134 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:13:23 ID:tL2D2JLa
test

135 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:14:14 ID:DUqS7QMK
>>132
ちゃんと投資を教えればいいんだが、教えてることは取引の方法で、
やってることは投機だし

136 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:14:46 ID:SMY4LBqi
>>130
誰が美味しい思いをしたのかわかる?

137 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:16:33 ID:keevuRxW
ロバートキヨサキって、HPでサブプライム批判してたと思ったのだが・・・。

所詮は住宅転売益で潤ってた虚業野郎だったのか。
ヘンテコな啓蒙書に金を出さないでよかったぜw

138 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:18:06 ID:PUhgJwLZ
日本の多重債務者問題が可愛く思えてきました。
連中はどこまでバカなんだ?
格付け機関も同罪だな。

139 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:18:29 ID:mb4lKdhB
>>137
いや、批判してる
>>128は読解力のない間抜け
もう一度読み直して来い

140 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:19:23 ID:hGA1v7jQ
>>56
奴らは君から直接的間接的に金を搾取して道連れにするぜ。
人の人生なんてどうでもいい奴等だからな。

141 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:19:41 ID:DnPP5SIt
理解間違っているかもしれないけど、これ相当やばいよね。
通貨が信用おけなくなる状態じゃないかな。
物々交換の時代がくるのかもねwww。
農家のみなさんおめでと〜!。あなた達が世界の王です。

142 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:21:29 ID:RbMlkva7


金を転がして金を生むしか能がなくなった米国と英国が勝手に死ねば良い。



143 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:22:01 ID:bw4dqOsz
ギャンブルの負けは命を売ってでも払ってもらう。それが世界の掟。
アメリカの銀行が払えないならアメリカ国民が代わりに払う。一度の
否決は見過ごそう。2度断ったら戦争だ。

144 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:23:37 ID:W5JLsepW
面白い…狂気の沙汰ほど面白い

145 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:23:39 ID:DnPP5SIt
>>143
これ払えないよ。日本の国家予算の少なくとも約60年分以上でしょ。
どうするのかな…。まじで徳政令しかなくないか。

146 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:24:54 ID:DnPP5SIt
食料品買いためておいた方がいいね。

147 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:25:26 ID:vrG29/Ge
>>116
ヘッジファンドの倒産ってあんまりニュースになってないけど、
もしかしてこれから起こるって事??
(((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

148 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:26:15 ID:VrZOlbHb
F22ラプター

¥10000バーゲンセールW

149 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:26:39 ID:keevuRxW
>>145
たしか、イギリスが国債の永久棚上げというか塩漬けをやった事例が有るはず。
それをマネするんじゃないかな。

「徳政令じゃないけど、国内の不良債権関連は一時的に凍結するんだからね!
 べ、別に無かったことにするわけじゃないんだからね!期限は君が望む永遠なんだけど・・・。」

見たいな感じで。

150 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:28:03 ID:DnPP5SIt
>>149
まじかよwww。世のかな都合よくできてるねwww。

151 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:28:27 ID:hrtvjQeh
>>136
わかる分だけでもスケープゴートにしておかないと
不味いのではなかろうか

仮に一般人の生活が酷い状態になったときは、
人種間でも階層間でも簡単に憎しみを煽ることができそうだ


152 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:29:18 ID:O8Synmmv
虚業大国はろくなこと考えねえな
いい加減まともに儲けること考えろよ
新型ねずみ講ばっか考えてるんじゃねえよ

153 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:30:09 ID:keevuRxW
>>144
ざわ・・・ざわ・・・

第?話 『CDS』

    サブプライム不況という汚れの海に、見え隠れするCDSという氷塊。
    どうやら、水面下の謎の根は深く重い。
    人の運命は、神が遊ぶ双六だとしても、
    上がりまでは一天地六の賽の目次第。
    鬼と出るか、蛇と出るか、謎に挑む敵中横断。

    次回「市場混乱」。
    バーナンキ、敢えて火中の栗を拾うか。

154 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:30:26 ID:PUhgJwLZ
>>143
その通りだ。知らなかったでも済まない。
負け分はきっちり落とし前をつけるのが
相場に参加したものの義務。
まずはアラスカの石油利権を債権国に解放しろ。
数十年分の資源採掘権を手放せば何とかなるだろ。




155 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:30:45 ID:b9xl3ehu
>>5
三国志演義の赤壁の戦いの連環の計。

複数の船を鎖でつなぐと揺れが少なくなり、船は安定するけど
火責めをされると一瞬で全滅する。

156 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:31:04 ID:RbMlkva7


日本国政府が保有する米国債は約70兆円
財務省がしぶしぶ認めた霞が関埋蔵金は40兆円(100兆円以上あると言われている)
これからは、円とユーロがKey currencyになる



157 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:31:16 ID:oAluO3lM
単なる債権の売却とどう違うのかわからん どこがそう危険なのか

158 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:31:37 ID:DDcovCCN
>>155
うめえw

159 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:32:09 ID:keevuRxW
ボトムズって、予言の書みたいだなw

第8話 取引

    昨日の夜、全てを失くして酸の雨に濡れていた。
    今日の昼、命を的に夢買う銭を追っていた。
    明日の朝、ちゃちな信義とちっぽけな良心が、瓦礫の街に金を蒔く。
    アメリカはサブプライムバブルが作ったパンドラの箱。
    質を問わなきゃ何でもある。

    次回「救出」。
    明後日?そんな先の事はわからない。

160 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:33:43 ID:keevuRxW
>>155
秀逸だな。
早速、リアルでつかわせてもらおう。

161 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:37:02 ID:DnPP5SIt
>>157
CDSの評価額に詐欺が入っている。
1ドルを10ドルと評価、さらにそれを証券化10ドルを100ドルと評価…etc。
勝手に額を書き換えて、お金を貸しているということ。
で、貸した先はもう返せません(涙)と泣きついてきたから、
CDSを保証しているところがお金を支払う。
ただ、土地を売ってお金を払えばいいが、100−1=99赤字(涙)

162 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:44:13 ID:93aSkGGW
>>155

お見事
レッド・クリフ見たくなったわ

163 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:44:40 ID:V6rddLM9
>>130
どんな状況でも儲ける輩は、どんな状況でも上手く逃げるんだろうね。

164 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:46:58 ID:fGFdVPDy
>>149 その後イギリスにどういうマクロ経済面での変化がおきたのですか?

アメリカがいままねると今後の黒字国債(建設国債)発行はきびしくなり、国債利払いのために増税必至では?

165 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:55:38 ID:2nweZSTp
CDSのカウンターパーティのCDSを作ればいいんじゃない?
そんでもって、CDSのカウンターパーティのCDSをまとめたCDOの
カウンターパーティのCDSを作ればいいんじゃない?
でもってCDSの(ry

166 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:56:20 ID:qGsw01w6
サブプライムとか今回のCDSって結局どういうことなんだ?

俺としては武富士が客に貸した金を担保にアイフルに金借りて、アイフルも客に金貸した分を担保にアコムから金借りたと、でそれだけだったらいいけど、
アイフルは武富士に貸した分まで担保にアコムから金を貸りたみたいな・・・?

めちゃくちゃ適当だけど、こんな感じ?
教えてエロい人!

167 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 03:59:34 ID:VrZOlbHb
アメリカ破綻となると日本はどの程度の破壊で済むのやら想像できんな

米国債がパー
円爆高騰で輸出パー
個人投資家パー

以下∞

168 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:02:28 ID:keevuRxW
>>164
なんだっけかな?
1940-60年代くらいに行われた。
戦費捻出とかそんな感じ。
んで、戦勝国としてドサクサでウヤムヤにした希ガス。

信用収縮もなにも起こらんかった。
ただ、結果的に大きな政府傾向を助長して、山猫病をまねく遠因になったんだっけか。


169 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:04:44 ID:AwSMhlNR
やばいよー戦争で死にたくないよー痛いのいやだよー

170 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:04:46 ID:bw4dqOsz
>>166
例えば保険会社だと事故が重大で支払い切れない場合に備えて再保険を
する。ロイズが有名。でも例えば東京に大地震が起きたような時にその損害を
本当にロイズが払えるのかという疑問がある。今はその答えは分からない。
だが実際に地震が起きてみればはっきりする。CDSも要は保険だがこの仕組みは
ロイズの足元にも及ばない幼稚なものだと言う事が判明した。

171 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:05:21 ID:Eg46EC6t
このせいで、アメリカは世界中の米軍基地から撤退するかも。
そして、空白地帯の紛争が激化して第三次世界大戦勃発でしょ。
日本は、北朝鮮・中国・韓国の動性を警戒したほうがいいでしょ。
北朝鮮とイランにより、中東と朝鮮半島が同時に爆発します。
その裏でNATOに歯噛みしているロシアが暗躍するでしょう。
そして、EUが戦火の炎に焼かれます。
アメリカは、最後に登場して戦争を収めるでしょう。
アメリカによる新世界秩序の始まりです。

CDS崩壊による世界大恐慌も、全てはアメリカの計算ずくです。

172 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:07:26 ID:DnPP5SIt
>>171
西暦からアメリカ歴のはじまりですね ^−^
僕的には宇宙世紀にしてほしいです v^-^

173 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:09:51 ID:6Oj4TddR
金融テロリストとして現行法で裁けよ
テロとの戦いなら誰も文句言わないだろ

174 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:11:41 ID:9BCT32+H
ニューズウィークは、チョンが浸透しはじめてから契約やめたよ。
捏造記事が多すぎになっちゃったんだよね。

175 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:11:48 ID:HXjhYCI9
つまり、日本はガンダム開発の必要性に迫られてるわけだな

176 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:12:00 ID:keevuRxW
>>168追記
コンソル債
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%AB%E5%82%B5
んで、これの発行にいたったんだっけかな?

でも、国内向け国債が中心じゃないと出来ないな。
>>164のいうとおり、現在のアメリカがやるのは不可能だわw
世界を征服してアメリカ統一政府化して、政治・経済を完璧にアメリカ統制下にしてコンソル債発行するしかないw

177 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:12:22 ID:4RfcTwx6
超ハイリスク・ミドルリターンのロシアに資金が流れたわけだ。AIGの保障付だった訳だな。
で、そういうマジックが使えなくなったとたん、ロシアは資金一斉引き上げを喰らったと。

178 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:16:12 ID:4RfcTwx6
世界最大の軍事力でカネはつくれるが、カネだけで世界最大の軍事力をつくる事は出来ない。
アメリカさんは大丈夫だよ。

179 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:17:10 ID:keevuRxW
>>176
さらに追記。
中曽根康弘が財政健全化を歌ったときも同様の案を上げてた。

あとは、相続税の控除対象に限定した登録制の無利子国債発行だっけかな?
生存中は換金できないが、子孫が税金控除して相続した上に政府に向けて売却できる。
(国鉄債務処理の為に出された案の流用)

180 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:17:25 ID:O8Synmmv
なるほど
命がけのギャンブルのはずが
本人たちは本当に遊んでたと

命をかけるのはまったく関係ない
真面目に働いてる人たちで
また本人たちはお上からお金(おまいらの金)を恵んでもらって
また新たなギャンブルに興じるっと

181 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:18:59 ID:DnPP5SIt
>>176
なるほどね〜、勉強になります。感謝。
地球連邦軍ができあがるのか。

>>175
すでに防衛省ではじっ…。おっと誰か来たようだ

182 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:19:55 ID:6KRAgMpx
ポール損とバーナンキの無能ツートップの対応が迅速とか喚くのはマヌケだけ(@w荒

ポール損とバーナンキの無能ツートップの対応が日本のバブル崩壊時の
日本の金融当局の対応に比べ迅速とか喚いて無能ツートップを庇う議論が見られるが、
これはマヌケな議論である。

日本の場合はローンが問題となり、これはゆっくりと毀損していったが、
アメリカの場合はローンが証券化されたことで毀損の速度が急速であったために
対応も速くならざるを得なかったということで、ポール損やバーナンキの対応が
先を見据えたもので体系的かつ十分なものかといえば全くそんなことはない。

また、彼らの対応が急速だからといって危機の終焉も早いかといえばそんなことはない。
危機のレベルは日本のバブル期のときよりも比べようもないほど大きいからだ。

日本のバブルはせいぜい100兆円ほどの不良債権を生んだだけで、
金融機関の海外への展開も余り広がらなかったために大した影響は無かった。

しかし、アメリカのCDS(債権不払い保険)の規模は6000兆円で、
アメリカの金融機関は全世界にその業務を展開している(@w荒

5大証券会社のうち辛くも現在残っているゴールドマンサックスや
モルガン・スタンレーが銀行持ち株会社になることでFRBからの支援を受けやすくしたが、
これは要するに両社とも破綻が近いので助けてもらいやすくしただけである(@w荒

アメリカの危機は現在も、そしてこれから10年間以上続くし、
最終的にはドル基軸体制の終焉と前期アメリカ合衆国の終焉と分裂をもたらすであろう(@w荒

金本位制の復活が見えてくる可能性がある(@w荒
アメリカはいずれデノミを行い、それが大失敗するだろう(@wぷ

つまりAMERO導入までには紆余曲折があるということだな。



183 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:22:25 ID:fGFdVPDy
>>171 ほとんど同じシナリオをかいたミリオンセラーが今チャイニーズに蔓延中(宋鴻兵著:貨幣戦争)

還言するとチャイニーズはそのシナリオに対策思案中…

184 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:25:46 ID:DnPP5SIt
>>183
まぁ、いざとなれば都庁がロボに変形するから大丈夫かと。

185 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:27:43 ID:sDk6bxm/
面白い記事だね 読みごたえあった。

186 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:27:52 ID:VrZOlbHb
>>178
アメリカ・日本VS全世界



187 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:28:57 ID:+r/xOFZN
CDSデフォルトなんて禁句だったのにな・・・・

188 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:31:44 ID:PmSAM9mm
>>126
原爆と同じ!
日本であったでしょ

189 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:33:26 ID:Eg46EC6t
>>183
その中国の対策として、日本・台湾・韓国・北朝鮮併合で経済立て直しと
内政安定を模索してますね。
日本人は、中国の奴隷となるでしょう。チベットをみればわかります。

悪夢です。

190 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:35:30 ID:aKI6n9aq
単なる債務保証とは違うのか?

191 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:41:00 ID:PUhgJwLZ
>>180
ローマ帝国の皇帝のようだ。
で、崩壊するまでにはずいぶん時間がかかったけどね。
今までのような無駄は出来なくなっただけ。
贅沢を覚えた貧困層がどういう動きをするのか想像がつくが
不景気による犯罪の続発で銃規制や麻薬規制が強化されるかもね。

192 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:41:52 ID:+r/xOFZN

米国債は、数年でデフォルトになりそうだな

日本は大損だな



193 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:43:28 ID:fGFdVPDy
>>183追記
二月まえのグルジア衝突以来大陸と香港の人気掲示板での多数意見は「@欧米露で最大限消耗戦やらせよう」と「Aアメリカ国債やドル為替で一部分損しても、米中通商消滅の全損よりまし。我慢しかない」
だった

水のむきかたは、欧ロ間だな。


194 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:44:13 ID:DnPP5SIt
お金というものが幻だったのかな…。
楽しい宴だったのか?
悟りを開く人が多そうだな…。

195 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:45:25 ID:FB/yuucv
>>192
18年ぐらい前にもそういう定説がありましたな
この板でよくコピペされるラビ・バトラ博士の本がベストセラーになった頃ですたい

196 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:53:02 ID:GRr0JD9N
米国がデフォルトしたら、経団連や自公もただじゃすまんだろ。
おそらく日本も凄いことになる。

197 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:54:58 ID:AwSMhlNR
凄いことって?オラわくわくしてきたっゾ!!

198 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 04:59:17 ID:fGFdVPDy
>>189
強力な野望としてそれはあるが
達成には爆発物処理同様のリスクがあるので当分野望のままだよ
中国が円安にふりまわされずにまったく別次元の高度にたっするまでは。

現実にはかれらの産業は韓国化、へたすると鵜のみちにすすみつつあるが、野望で盲目になっているので自己矛盾に気付かない。

まあこの程度にしておくか

199 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:00:27 ID:PUhgJwLZ
毎日、毎食ポリッジのみって生活が普通になる。
肉はすべて輸出w

200 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:02:35 ID:DnPP5SIt
>>198
アメリカ合衆国を中心とした『ユニオン』。中国、ロシア、インドを中心とした『人類革新連盟』。
ヨーロッパを中心とした『AEU』。各超大国群は己の威信と繁栄のため、大いなるゼロサム・ゲームを続ける。
わかります。

201 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:05:48 ID:hGA1v7jQ
>>171
イラン一国も抑えられないのに、新世界秩序なんて築けるかよ。
いい加減目を覚ませ。市街戦に持ち込まれたら泥沼なんだよ。
新型兵器でも開発したのか?

202 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:05:53 ID:Hy51W6RB
まあ、平たく言うと連帯保証人になる対価に保証料貰えるってことだな。
たとえ恩人の為だろうが「連帯保証人には絶対なるな」が一般的な日本の家訓。
まして、はした金と引き換えにwww

203 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:12:08 ID:v9XROtqU
アメリカ人って日本人どころか世界でも有数の馬鹿国民なんじゃね?


204 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:14:58 ID:TRF12lni
JPモルガン
「うはwww金貸しまくって利息でがっぽがっぽだおwwwこれだから銀行やめらんねぇwww
え?何?貸した先が破産したらお金回収できなくなるから現金持っとけって?政府が?マジかよ?
俺は銀行だっつーの、貸せるだけ貸してボロ儲けすんのが仕事なんだからほっとけよ。ったく……
うーん、でも政府にゃ逆らえないし。なんかいい方法ねぇかなぁ………あ!ひらめいた!
誰かに月々金払って、その代わりに万が一貸し付け先が破産したらその分補償してもらう。ってのどうだ?(CDS)
うは俺天才、これなら俺も現金全部貸し付けられるわ。ねぇ?AIGさん。」

AIG
「ふーん(鼻かっぽじって)、ようするに自動車保険ならぬ倒産保険ってことね。
いろんな会社の倒産保険扱ったら多少ポシャる企業が出てきても全体ではプラスになるし、こりゃおいしい。
エンロンも潰れたし、リスクの高い貧乏住宅ローンに投資してる連中も喜んでこの保険に入るだろう。」

投資家
「C・D・S!! C・D・S!!」

そしてCDSは瞬く間に流行したが、破綻は連鎖するということをAIGは甘く見すぎていた。
いろんな投資先がまるで粉塵爆発のように次々とポシャり、AIGに補償の請求が殺到し、あぼーん。
金融業界全体に対する影響が大きすぎるってんで政府が税金使ってAIGのケツを拭き、国民がキレてる。

205 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:17:16 ID:FU1/uLE2
アメリカ人ってアフガン戦争やイラク攻撃の時、戦争賛成って大騒ぎしてたけど
今度の金融危機に関しては、割とまともな反応してるじゃん。
正しく説明されれば、それなりに理解できる国民だったんだな。

アメリカって国は、大多数の国民や世界をだまして一部の人間を儲けさせる
本当に腐ったしくみに支配されてる。

いい加減な妥協でなくて、徹底的に責任を取らせる法案が出るまで、下院は
賛成するなよ。

206 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:21:11 ID:oMTXmi/C
自分達で性能のいい自動車もテレビも携帯電話も電車も
作れなくなってる奴らが本当に頭がいいと思ってる奴らが
多すぎ。

207 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:24:57 ID:PUhgJwLZ
>>204
GJ!
今まで読んだ中で一番分かりやすいよ。
ま、そんな状態なのに日本のことをあれこれ指図してた。
そのうえ全員が被害者ぶってるのがイカスw
でも政府・銀行・保険屋もこう思ってる。
「貧乏人が悪いお、お前らだって得した時期があったお」

208 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:26:15 ID:aHX95/uH
やっとCDS、CDO,CMOなりの話がビジネス板でもでたか。遅すぎる・・・

209 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:27:45 ID:75GQFYBl
問題は、責任取らせようが取らせまいが虚業が木っ端微塵になったら2億の国民が生活していけないだろうってことだろ。
中国レベルとは言わないけど20世紀半ばくらいまで巻き戻されるんじゃないか

210 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:34:35 ID:PUhgJwLZ
>>208
いや、俺はここで初めて知ったんだけどorz
今最新の話題は何に変わっているの?

211 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:36:09 ID:Pus59/ug
郵貯はどれぐらい投資してるんだろ
銀行は情報が出てくるけど郵貯は出てこないな

212 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:44:42 ID:QK4O45e4
CDSのようなレバレッジの大きな
金融商品が爆発的な増加をすれば、
基本的にネズミ講なのだから、
パンクして大惨事になることは
常識的にわかるはずだ。
取り込み詐欺に近い業態を
法的に何の括りもなく、
野放しにしていた米国政府も
共謀犯といえるかもね。
そもそも、グラス・スティーガル法を
ねじ曲げた時から、
確信犯的な印象を受けたんだけどね。


213 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:47:33 ID:emDb/Kdd
CDSとはブックメーカーの仕組みに近い

     A I G・リーマンなど
      ↑↓
  保証料↑↓販売(契約対象会社がある条件になったらCDSを買った所に保証金を払うという有期の契約)
      ↑↓
  会社や機関投資家→×← 契約対象会社
     (直接の取引や資本関係を必要としない)

214 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:49:16 ID:aHX95/uH
>>210
最近のアメリカ投資銀行(この呼び方も今となっては疑問だが)の興味は単純に低金利+インフレが予想されるから簡単に大きなマージンでいけますねってかんじ。
奴らは図太いからどんなにへし折ってもムリよ。

215 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:50:39 ID:v+4g3HAr
>Bailout means much higher taxes or much lower dollar for our children.

http://www1.odn.ne.jp/~cam22440/yoti01.htm


216 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:50:40 ID:vveYINpr
ここに来てウォーレン・バフェット氏が活発に活動しています。
何かあれば絶対政府が助けるような大会社にお金を貸して
高配当を受け取る。しかも、しっかりWarrants条件も付けてる。
デリバティブなんか使わなくとも、資本があればお金を稼げる
という見本ですね。

>GE announced late in the afternoon that it will raise at least $12 billion
> in a public common stock offering and is selling $3 billion in preferred stock
> yielding 10% to Warren Buffett's Berkshire Hathaway (BRK.A 135,600, +5,000).
> Berkshire will also get $3 billion in warrants, granting the option to purchase
> GE at $22.25 per share within the next five years.

217 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:51:02 ID:gAoM+9OE
>>209
アメリカの1950年代って黄金時代じゃないか?


218 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:54:07 ID:oMTXmi/C
黄金時代でも生活水準は今より大分低いだろう。

219 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:56:20 ID:aHX95/uH
>>216
去年までは時代遅れと言われていたバフェットもShort SellingがNY州で全面禁止された今となっては一番正しい投資の仕方って証明したようなものじゃないか。
意外でもなんでもない。彼にとっては自分を売り出す最大のチャンス。

220 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 05:59:34 ID:PUhgJwLZ
>>214
レスありがとう。待ってました。
確かに転んでもただでは起きない連中ですね。
銀行の思惑が当たればインフレでうやむや&利ざや抜きウマーかもしれない
けど逆に触れた場合はさすがに崩壊確定だと思うのですが・・・



221 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 06:07:56 ID:yta/wX4S
経済って巨大なネズミ講だったんだねパパ。

222 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 06:08:19 ID:aHX95/uH
その一般人がそりゃムリだと崩壊するわって思ってることを気合でやってのけちゃうのがアメリカの投資銀行。
>「仮にCSDを法律で禁じたとしても、金融技術者がすぐに新手法を編み出して規制をかいくぐるだろう」

自分達が儲かればなんの問題も無い人達よ。やっぱりムリだ〜できねぇよ〜崩壊だ〜なんていってる人なんてこの業界働いていない。

223 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 06:12:38 ID:N2csTSpD
>>222
そんなの救ってどうなる破綻するに任せろよ

224 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 06:16:34 ID:SPbi+YgO
頭がいいやつ=詐欺師
は公式。

225 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 06:24:37 ID:aHX95/uH
>>223
概ね同意。
ただ投資銀行がなくなると今までの成長が保てなくなる=世界恐慌に陥ることになる。今の時代コマーシャルバンクだけじゃムリなのよ・・・
世界からアメリカやらイギリスを切り離して経済活動が行えるなら可能かもしれないけどな・・・
有限の資源を使って人間の意志である無限の発展を遂げようとしたらこうなることになる罠。


GSの香港オフィスで働いてる奴から聞いたけど、奴らはこの期に及んで自社株の値段わざと下げていろんな手段講じて儲けてるそうだ。
どこまでそいつを信じていいのかわからんけどな・・・

226 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 06:26:16 ID:UcJuN18p

北京オリンピックの柔道金メダリストの石井慧選手曰く「他人の保証人になってはいけません」

 イギリス人が没落した原因もロイズの保証人になったからだな。


227 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 06:36:16 ID:75GQFYBl
>>225
破綻前提でいんちきするなら自国でやるのがいちばん賢いじゃないか。
なぜアメリカとイギリスを勝たせる八百長に参加しなきゃならんのか。

228 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 06:37:08 ID:oMTXmi/C
>>225
日本に関して言えば、投資銀行なんてないほうがいいけどね。
投資銀行、投資ファンドなんかキャピタルゲインで儲けてるだけだから、
自分達が利益を上げるために誰かに損害を押し付けなきゃいけない。
それが日本の投資家である場合も往々にしてあるわけだし。

229 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 06:37:46 ID:VxxMjnBj
会計基準でこうしたリスクを開示するよう定めなきゃならないと思う。
そもそも全ての保証が履行されるだけの資産がなきゃこれは詐欺だろ

230 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 06:49:20 ID:aHX95/uH
>>228
日本の資本のあり方についてもおかしいところはある。
例えば三菱、三井、住友などが競合他社であるにも関わらずお互いの株を持つことによって市場原理をないがしろにしてる等な。

もうこの自由競争vs規制のバランスの問題になってくると、もう自分にはわけわからなくなってくるが・・・
だれかもっといい経済システム作ってくれよ

231 :(・◎・)v:2008/10/02(木) 06:50:38 ID:iVsaRB/M
オルタナティブ通信

2008年10月01日  続々と動き出した米軍
http://alternativereport1.s●eesaa.net/archives/200810-1.html

    海外に駐留していた米国陸軍が、続々とアメリカ本土に「帰還」を開始した。

    この大規模な米軍の本土「帰還」は、第二次世界大戦後、最大規模の「軍事移動」である。

    金融恐慌等による、米国国内のパニック、市民による内乱鎮圧が目的である。

※ ●印は取ってね!。

232 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:08:28 ID:UNT9DUZJ
>>1
結局、金融工学だの金融技術だのが、
錬金術や詐術の一種に過ぎないと言うこと。

233 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:16:50 ID:SXiqqt5n
経済音痴なんだがいっつも思うのは格付け屋ってのはなんでマスコミの攻撃対象にならないの?

234 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:21:29 ID:AJB7KDEt
>>188
今回は実験を他国でしなかっただけマシだけど、
他国への影響大きすぎだよね

235 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:25:47 ID:temC+bLw
アメリカンモデル崩壊 金融工学に学ぶもの無し
金融工学たる不動産証券化とCDSを野放しにしていたアメ当局が一番悪い


236 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:26:48 ID:aMY6eu8O
今頃何言ってんだよ・・・

237 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:27:35 ID:oMTXmi/C
でもアメリカが一番大きな被害を受けているのは間違いないよ。
今年だけで銀行が12も潰れてるし。失業者も3割増加してるし。
さらにリーマンブラザーズ倒産、ワシントンミューチュアル倒産、
自動車販売3割減、小売もどんどん潰れてる。

238 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:28:27 ID:+QrEG+IQ
>「銀行が信用リスクを資産から切り離し、保険会社や年金に肩代わりさせることに成功した」と、
>今はロンドンでデリバティブのコンサルティング業を営むデュホンは言う。

これが全て

239 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:31:05 ID:AJB7KDEt
>>216
買うのは企業、株ではない
他人が慎重さを欠いているときほど、自分たちは慎重に事を運ばなければならないということです。

240 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:34:26 ID:meBDci1g
米格付け会社の嘘も、この不景気に拍車をかけてるよな。
日本でアンタッチャブルな会社を作ってみたらどうなるかな?

241 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:41:18 ID:sZm/Dw9K
金融工学=何も産み出さない詐欺

242 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:42:44 ID:KYkRe4rm
>>202
その例えわかりやすいな。

243 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:44:54 ID:awALeH6+
>>229
生命保険だって契約者がいっせいに突然死したりすれば破綻しますよ。

244 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:49:04 ID:4TYhCZkf
>>84は先物屋? 証券マン? 外資金融?

245 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:51:16 ID:temC+bLw
麻薬吸ってる時はみんなハッピーで気にしない。切れると地獄をみるらしい。
バブルも踊ってるときは、あとのこと気にしないんだな

246 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:52:18 ID:4TYhCZkf
>>38
少なくとも経済及び金融界では彼らの法律知識や
偏差値自慢、OBパワーはなんの意味もないだろうね

グローバル金融のダイナミズムを私法は追いかけてるだけだし


247 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 07:53:44 ID:aKflPsnt
アイビーやオックスブリッジのトップ層が集まってもトヨタ、東芝には
かなわない、と。

248 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 08:05:56 ID:l+m2ty4j
つーか、強欲と拝金主義だろ

249 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 08:09:20 ID:w2NTnU13
>>67
それ見て来た。銀行嫌いが作ったのか?
ミスリードがあるんじゃねえか?
担保の概念がごそっと抜け落ちてる。


250 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 08:12:45 ID:Z0ggvV2q
>>1
>それを可能にしたのは、MITを出てJPモルガンのスワップデスクで働いていた当時25歳のテリ・デュホンだ。
スーパーエリートだな。

おまえらと、いかに違うか!

251 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 08:20:20 ID:EB4+2Abj

 怪物とたたかう者は、みずからも怪物とならぬようにこころせよ。
 なんじが久しく深淵を見入るとき、深淵もまたなんじを見入るのである。

ニートじゃなくて、ニーチェ

252 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 08:32:31 ID:temC+bLw
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´  バブルは楽し短し一睡の夢か フーッ
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___

253 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 08:36:55 ID:XXhefYg+
しかし、影響が大き過ぎ。
世界恐慌が来る。
アメが、なんとか救済法通しても、止められない。
この流れ。
アメリカ破綻までいくしかない。
ただ、崩壊速度が少し遅くなるだけ。
そんな気がする、秋の朝。
トン。と。

254 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 08:49:36 ID:mBmw2NHi
なんのことはない

ただの税金泥棒
金融安定化なんてのはハッタリ

255 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 08:54:32 ID:cHKiHl7Q
>当時、JPモルガンの資産は企業向けや外国政府向けの数百億ドルの貸し出しで膨張していた。
>問題は、連邦法の定めで、それらの融資の貸し倒れリスクに備える準備金として、巨額の自己資本を積まなければならないことだ。
>利益を生まない金である。

>貸し倒れた場合の元利金の支払いを第三者に保証してもらい、代わりに銀行は保険料を払う。
>そうすれば、JPモルガンはリスクをバランスシートから切り離し、準備金を取り崩して商売に回すことができる。

これはわかるが、その場合、銀行は相手に準備金を積ませるという契約内容じゃないとお
かしい。

そんなCDSは、値段が高すぎてほとんど売れないだろうけどな。

実質的な準備金規制逃れだから、CDS関係者は全員逮捕投獄しないといけないが、それ
やるとポールソンまで累が及びそうだから、必死でごまかしてるのか。

>CDSがこの危機で果たした役割を考えれば、政府が規制に乗り出すのも想像に難くない。
>「悲しいことに、CDSは汚名を着せられた」と、デュホンは言う。

準備金が積まれてない保証は保証ではないってだけのことなのに、無茶苦茶だな。

準備金率は大数の法則が適用された後の率なので、証券化で減るものではないし。

256 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 08:55:27 ID:QQZILgWU
>>253
また、パニック厨がでてきたよ、現代において世界恐慌が起きるはずがないよ。


257 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 08:56:55 ID:7A/5YCHv
もし不良資産買い取っても
屁の突っ張りにもならんだろ、
莫大な負債の
一部に過ぎない

258 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 08:58:10 ID:mBmw2NHi
保険かけたらリスク資産から切り離せるなんて
アメリカとヨーロッパは頭おかしいな

259 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:03:01 ID:DwRXXjA7
CDSって、ネラーが生涯童貞だったときに支払われる保険みたいなもんで、よく考えたらほぼ確実に破綻するってことだな。

260 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:15:46 ID:RN6nkPeE
それにしても、こんだけ錬金術で生み出された巨費はどこに使われたのかね。
日本の土地バブルの時は、確かに目に見える物資の豊かさはそこそこ感じられた
けど、今回はどうにもピンと来ない。そんなに北米でモノが馬鹿売れしてたって
話も聞かなかったし。

261 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:21:40 ID:61Hr+EQk
ずいぶんまともだけど、日本の編集部じゃなくて、本家の翻訳か

262 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:24:54 ID:GTg7QVwD
>>260
移民向けの住宅が売れまくったってテレビで報道してるじゃん。

263 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:29:20 ID:61Hr+EQk
CDSが危ないんじゃなくて、相対で取引してたのが間違い。
CME辺りにCDS市場を作って、取引所が取引を保証すれば無問題。

まあ、JPモルガンが市場での取引に反対してたらしいけどね。

市場がないから一般的な投資家は現在価格が分からない。
JPモルガンはCDSの取引が集中してるから、現在価格が分かってる。
この鞘が莫大な収益源になっていたらしい。


264 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:35:02 ID:RN6nkPeE
>>262
住宅だけではバブルとは言えんよ。大体、それはサブプライムの元金を捏造する
ための人工的な需要だし。
日本で土地価格が上昇した時は、その富がある程度再分配されて市場に行き渡った
んだけど、ITバブルや住宅バブルはそういう兆候があまり無い。金融市場の内部
だけの局地的な物だった様に見えるね。

265 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:37:50 ID:SepToDcN
パニック=疑心暗鬼

情報が公開されてるのにパニックになるわけ無いだろ

266 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:39:54 ID:RN6nkPeE
公開された情報で毎回パニックを起こしてるのが投資家じゃないの。

267 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:41:14 ID:GTg7QVwD
>>264
富は再配分されてアメリカ国民、国家が享受したよ。

ただ日本のような贅沢なバブルと感じられなかったのは
本来のアメリカの実力はもっと下の生活が妥当だったと
いうこと。

極端に例えれば、北朝鮮が人並みの生活をしたようなもの。

268 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:41:15 ID:bw4dqOsz
まぁこの先どうなるにせよ国家は収奪の道具であるというマルクスの
言葉が(その言葉だけが)真である事が証明されるわけだ。

269 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:44:25 ID:L9+DHWlC
>>267
そうかなあ?アメリカの底辺にまで金回ったのかなあ?
ウォルマートに勤めながら生活保護もらう奴らがゴロゴロいたってのに?

270 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:45:20 ID:SepToDcN
日本で起きたバブルで豊かに感じたのは
ある程度公平に金が回ってたからだよ。
庶民も消費に関しての罪悪感もまったく無かったし。

今回は「若者が働きたくない」って前提があるから
いくら資金が有っても「金を渡せない」。

もしくは、潤沢に降って来た資金を
「誰かが止めてる(=横領)してる」って事。

景気が良いのに給与が安い企業は
「ぼった食ってる」って事。(=ブラック企業)

271 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:48:59 ID:OlHl5Mqr
>>266
材料→パニック売り

こんなんばっかだよね。

272 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:56:30 ID:MrJnnKgk
アメリカは、遺伝子の劣化と交換に、資産を増やす技術に長けている。

273 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:57:43 ID:meBDci1g
実は、世界経済について最も敏感な板は東亜+だったりする。

CDSについても、とっくに議論はされてたよ。

274 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 09:58:26 ID:LFTDNZTl
80年代バブルの頃は外資が日本株をしこたま空売りし
「ヘッジ」の概念がない無知な日本人は、バブル崩壊で
根こそぎ剥ぎ取られたと言われたもんだ。

日本政府でさえ「空売りはいかん」ばかりで
好景気に浮かれてろくに金融の研究もせず
当時のウォール街では「日本人の反対にやれば必ず儲かる」
とまで言われていた。

ところが、バブル崩壊で日本から持ち去られた
バブル経済が産んだ資金は何かしらの意志を持ち続け
アメリカをはじめ世界の金融機関に卵を産みつけ
孵化した幼虫はさなぎになって羽化する時を虎視眈々と狙っていた。

つまり現在の惨状は、この成虫が金融機関の腹の皮を突き破り
宿主が死ぬまで内臓を食い荒らしている、とういうことに他ならない。
これは国や時代がどんなに変化しても
自然の摂理として必ずやってくることになる。

「儲けすぎるとろくなことがない」と言われる所以だ。

275 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:00:19 ID:bVVgD8Y2
前時代的な技術は兎も角、内容が子供マンガ・・・・・・・
音響放送で人殺したくなるね・・・・・・・・・・・・・・・
最近事件多いけど、自民公明必死すぎで笑える・・・・・・・・
自分ターゲットにして死んで^^


276 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:02:16 ID:wdBX5ogY
そういえば昔、浦沢直樹が描いたモンスターという漫画がありましたね。
MPモルガンはヨハンを作っちゃった感じなんですかね。

277 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:08:16 ID:ZqlsFmmZ
保険会社があほってこと?

278 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:13:02 ID:Z9CaVV1z
金融安定化法案が通って、一時的に食い止めても
ジワジワと消費が落ちて体力のない企業が大量に潰れると

一気に崩壊まで突き進むってことだな…

279 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:20:16 ID:2r+CuwOC
>>270
若者が働きたくないってのは”今働き出す”インセンティブってのが弱いんだと
技術の蓄積向上とそれに伴う賃金の上昇が望める職種が余りに限定的
だから早く働き出せばその分成果がついてくるという実感が薄い

例えば向こう10年同じ仕事で同じ給料をもらい続けるのと
最初は安くても段々給料が上がって技術も高まるって場合を比較すれば
受け取る総額が同じだとしても、後者には今働き出す事にインセンティブがつく

すぐ手に入る金で欲しい物がないとなると、そういう風に地道にやっていける
ああやればああなるという、実際例の継承が切れちゃった事が痛い気がする

280 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:36:10 ID:pV6wV68q
結局、CDSを販売していた保険屋がぶっ壊れて、そのCDSを買っていた債権者(銀行)連中も
CDSが紙くずと化し、サブプライム関連の不良債権がまるで回収の見込みが無くなって連鎖アボーン
しそうって事か。

281 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:38:44 ID:aKflPsnt
もうこうなったらアメリカ人みんな乞食になっちゃえよ。
そうしたら俺達も恵んでやるよ。

282 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:42:12 ID:IvVl2bS+
>連邦法の定めで、それらの融資の貸し倒れリスクに備える準備金として、巨額の自己資本を積まなければならないことだ。
>利益を生まない金である。
>バンカーたちが思いついたのは、ある種の保険商品だ。
>貸し倒れた場合の元利金の支払いを第三者に保証してもらい、代わりに銀行は保険料を払う。
>そうすれば、JPモルガンはリスクをバランスシートから切り離し、準備金を取り崩して商売に回すことができる。

それなら保険を受けた会社は
同等の貸し倒れに備えた巨額の準備金を積むことを
連邦法で定めるべきだったんじゃないの?




283 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:46:35 ID:IvVl2bS+
リスクを引き受ける会社に
相応の準備金を積むことを義務付けないなんて
どう考えてもおかしいだろ?

リスクを引き受けるだけの巨額の自己資本がある会社のみが
その自己資本に応じてCDSを引き受ける枠を与えるのが普通だろ?

284 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:46:58 ID:cHKiHl7Q
>>282
>それなら保険を受けた会社は
>同等の貸し倒れに備えた巨額の準備金を積むことを
>連邦法で定めるべきだったんじゃないの?

実質的な規制逃れだから、現行法でも処罰できるんじゃねーかね。

>>255
>>貸し倒れた場合の元利金の支払いを第三者に保証してもらい、代わりに銀行は保険料を払う。
>>そうすれば、JPモルガンはリスクをバランスシートから切り離し、準備金を取り崩して商売に回すことができる。
>これはわかるが、その場合、銀行は相手に準備金を積ませるという契約内容じゃないとお
>かしい。
>そんなCDSは、値段が高すぎてほとんど売れないだろうけどな。
>実質的な準備金規制逃れだから、CDS関係者は全員逮捕投獄しないといけないが、それ
>やるとポールソンまで累が及びそうだから、必死でごまかしてるのか。


285 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:47:14 ID:9L4harpf
米金融は存在そのものが悪。

286 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:48:14 ID:a8Xmq6d+
あほか
CDSは世界中の金融機関に地雷を埋め込んだんだぞっと
んで、本物と同じで簡単に撤去できない

287 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:48:29 ID:rLd//yVy
金融工学(笑)

288 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:49:06 ID:LFTDNZTl
>>277
ある意味、保険や証券会社に責任があったというより
「起きるべくして当然のごとく起きた事象」思っているが。

ランダムウォーク理論的に解釈してみると
過去に成功していた手法やその勝率は
反対側にそのもの自身と同じだけ反作用を生み出し
それが頂点を極めたころ、確率の修正が起こると考える。

「利益」という振り子が、正の方向への振幅が終わり
反対側のマイナス方向へ動き始める。
そのスイングは中央の適正値を大きく超え
正の時に蓄えられたエネルギーを消費するまで止まらない。

例えばコインを投げて裏表を出したとすると
短期的には10回連続して表が出ることはあっても
数千回数万回と続けていくと裏が同じだけ出ることが起こり
いつかは必ず50:50になる。このようなもの。

これは人間が人為的に作り出したものではないし
人間が変化させることもできない世の中の法則でしかない。

バブルが膨らみ崩壊するのは、起きるべくして起きている事象であって
「破綻」という終点に到達するため何かの材料を必要としているだけ
という見方もできる。

90年バブル崩壊も2000年ITバブル崩壊もサブプライムも
チューリップも米も小麦もトウモロコシも原油も
ある不変の法則が発動し、その事象として完結させるために必要な
エネルギーを生む材料にたまたまそれらが使われただけ
と思うのだが、いかがだろう。

289 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:50:37 ID:a8Xmq6d+
んで、今地雷踏んで手や足が吹き飛んだのがリーマン元社員とかAIGな。
後続の被害者候補は全世界に

290 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:52:22 ID:aKflPsnt
もうアメリカの金融機関とは取引できないね。

291 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:53:09 ID:9H7Kp75a
日本人の偉い人はこのことを理解してるの?
誰も知らないんじゃないか本当は

292 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:54:45 ID:GTg7QVwD
>>288
>過去に成功していた手法やその勝率は
>反対側にそのもの自身と同じだけ反作用を生み出し
経験的に、この2行は納得がいくけど、この考えを裏付ける
学問的な考察はあるの?

293 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:55:10 ID:wk5X6gKR
金融工学ってマクロで言えば苦労の先延ばしでいいのかしら

294 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:56:02 ID:IvVl2bS+
他社にCDSを引き受けてもらえば準備金を積む義務がなくなるなら
A社とB社が相互に同等の規模の債権のCDSを引き受けあえば
準備金は積まなくてもよくなるのか?

295 :292:2008/10/02(木) 10:57:36 ID:GTg7QVwD
>>288 ごめん根拠書いてあるね。
>>292
の内容はランダムウォーク理論的ってやつが根拠か
面白そうだから調べてみる。

296 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:58:36 ID:cHKiHl7Q
>>294
その例は、わかりやすいな。

>>288のような中身のないごたくに惑わされずにすむ。

297 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 10:58:50 ID:IvVl2bS+
たぶん
初期の段階では単なる準備金規制逃れのテクニックだったんだろうな
銀行間で相互にCDSを引き受けて必要な準備金を減らすための

それに目をつけた保険会社が安いコストで大量に引き受けたから
とんでもないことになったんだろ

298 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:00:33 ID:aKflPsnt
金融工学とは売買差益投資でいかに高い利益を上げるか、
その方法論に終始している。

299 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:01:39 ID:/rKepVq5
>>1
多分こいつらが血祭りにならないと米国民も納得しないだろうな

300 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:02:07 ID:a8Xmq6d+
>>297
それがフランケンシュタインだと知らずに使ったんだろうね

301 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:04:52 ID:ISbkSugw
要は、貸し倒れ引当金を積みたくなかったんだね。


302 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:08:56 ID:IvVl2bS+
>>301
役員の報酬は株主資本利益率で評価されたりするから
会社が現預金をたくさん持ってると株主資本利益率が下がって
年俸の評価が下がるからじゃね?

303 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:13:17 ID:pmUceaNH
つーかアメリカの公私混同がまかり通り政治システムだろ 原因わ

304 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:13:40 ID:cHKiHl7Q
>>297
>たぶん
>初期の段階では単なる準備金規制逃れのテクニックだったんだろうな
>銀行間で相互にCDSを引き受けて必要な準備金を減らすための

準備金をなくしたら、無限に信用創造できちゃうんだから、テクニックを他所に漏らしたら
こうなることは分かってたはずだけど、会計基準は公に変更するしかないから気づかれ、
いまさら違法性があるとは言い出せなかった、と。

>>301
そう、それだけの話。

金融工学とかのややこしい話は、実は一切関係ないんだな。

305 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:15:53 ID:TAmnxuK/
CDSの一番おかしいところは
誰かに借金の保証人になってもらってる奴が
さらに誰かの借金の保証人をやってるという点。
自分が借金してるのに誰かの借金の保証をしている。
普通の市民感覚ならこんなことはありえない。
こんなことをしたら、どっかが一つ崩れるとドミノ式に崩れていってしまう。

306 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:18:25 ID:IvVl2bS+
>>305
常識的に考えて
これは元々は準備金逃れのテクニックなんだから
相互に引き受けあうのはある意味当たり前なんだな

307 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:18:41 ID:2r+CuwOC
いえいえ、誰が何と言おうと私は第三者ですから、みたいな

308 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:19:00 ID:aKflPsnt
株式制度自体、時価主義がかなりおかしいのに、
さらにCDSとかやるなよ。

309 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:20:54 ID:cHKiHl7Q
>>305
>誰かに借金の保証人になってもらってる奴が
>さらに誰かの借金の保証人をやってるという点。

それは、ごく普通の信用創造。

>こんなことをしたら、どっかが一つ崩れるとドミノ式に崩れていってしまう。

多少の不況になっても、準備金を積んである機関で連鎖倒産を食い止められる。準備金
が積んであればだが。www

310 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:27:52 ID:Z9CaVV1z
そのあるべきはずの準備金が45兆ドルという途方もない金額になってしまい
完全にコントロール不能になってしまったと…

311 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:28:02 ID:jMoNblaW
>>3
>銀行やヘッジファンドはCDSの売り買い両方を行い、
>どちらか一方で損をしてももう一方で得をするポジ
>ションだったのに対し、AIGは保証を提供する一方だった。


このCDSっちゅーのに、AIGが手を出すメリットはなんなの?(´・ω・`)
損することしかないじゃん。

312 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:29:54 ID:ZfgZluQo
虚業が虚業を生むってまさにこのことじゃないか。
インチキの連鎖だろ。
自爆テロは自分らだけでやってろってんだ。

313 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:30:29 ID:YHrmG5NC
CDSの大元が実は郵貯でした、だったら笑う

314 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:31:45 ID:ISbkSugw
大企業って、本当に馬鹿だよね。
こんなので、いい給料もらえるんだからなぁ。
能力とかって関係ないんだね。


315 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:31:50 ID:2Xwjphwo
ビキニ姿のモデルたち

ふざけんなよ?

316 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:33:35 ID:O2eVtXnB
ねずみ講との違いがよく分からん

317 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:37:26 ID:8mhiRQqY
>>311
借金の保証人になる代わりにその手数料(プレミアム)が
毎年払い込まれる。
借金がちゃんと返されれば、手数料分儲かる。

318 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:38:01 ID:IvVl2bS+
>>331
>このCDSっちゅーのに、AIGが手を出すメリットはなんなの?
自分が役員の間の利益を大きくできる=自分の年俸が上がる

319 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:40:13 ID:k2jkej7/
韓国の攻撃!
リーマンは法則で倒れた

320 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:41:50 ID:hT19zVLz
理系が考えることは人類を滅ぼす。


321 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:46:46 ID:4EV88bd8
またいい加減な与太記事か
CDSとかサブプライムとかともかく悪者を作り出して全部そのせいにしようっていつものパターン

322 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:47:10 ID:J9Wj/CTL
時々経済の実態って時そばと変わらないんじゃないかって思う。
わかりにくくして、お金があるんですって事にすれば、ある事になるっていうか。


323 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:47:44 ID:SepToDcN
現物だけで経済が回るわけが無いだろ。
取引を全て現金でやるのか?

100億円とか数えられる奴がいるなら見てみたいわw

324 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:47:47 ID:w2NTnU13
このツケを世界中が
不景気と言う形で、
今後何年か何十年かかけて払う事になる

325 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 11:49:52 ID:bw4dqOsz
哀れなのは一般国民だな。一部の人間が超音速でスピード違反したため
全員がその超過速度を分担して罰金払うようなもんだ。

326 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:00:18 ID:SepToDcN
>>324
また借り入れての繰り返し

327 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:00:38 ID:aDeb/A8W
保険が出来たときのロイス見たいに、どんな保険でも
資産を食いつぶしてでも必ずお支払いします、
の時代に戻るしかないって。
信用なくなったら何にも残らない企業だっちゅうの。

328 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:04:07 ID:aKflPsnt
>>323
現金資産のことを言ってるんでしょ。
時価資産は危ないってことよ。

329 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:04:24 ID:aKflPsnt
>>326
もう誰も貸さないよ。

330 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:18:56 ID:TnkAaire
> そして住宅ブームがやって来る。FRB(米連邦準備理事会)が利下げを繰り返し、
> アメリカ人が歴史的なペースで住宅を買いはじめると、

今のアメリカの住宅ローンって、全部ノンリコースローンなんだって。ブッシュが決めたらしい。
ローンを5000万円借りたあと、住宅が3000万円に下落したとき、住まいを明け渡せば、
残った5000万円の借金が帳消しになる。

これじゃ下落基調のときはみんなで一斉に売ってしまうだろーがw 
住宅で優良債権なんか残ってないな、こりゃ。
払えない住宅ローンだけの問題じゃないんだよ。

ブッシュが「ノンリコースローン推奨&サブプラ制度導入」の夢のコンボを決めたのは、
選挙公約によるんだそうだ。
なんでも「移民にもアメリカンドリームを!」とかいう公約で、
 アメリカンドリームの実現=具体的にはマイホームを建てる
ということらしい。
全部テメーのインチキ当選のせいか、子ブッシュ、やってくれるなw

331 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:20:25 ID:aKflPsnt
結局、アメリカのビジネスマンは日本のビジネスマンに屈するんだね。

332 :名無し募集中。。。:2008/10/02(木) 12:26:12 ID:dodoYR9C
>その市場は62兆ドル

6200兆円wwwww
日本バブルの比じゃねーな
ダメリカ死亡。資本主義経済は爆竹が爆ぜるように崩壊する

333 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:26:17 ID:ZqlsFmmZ
>>330
あんしんですねw

334 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:27:55 ID:BTNnhlZI
最後に笑うのはアメリカ様

「助けてーな、助けてーな」と言いつつ
腹の中では「グエヘッヘッヘッ」

嗚呼、怖い

335 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:28:52 ID:sSA/YCAM
家を沢山売れてラッキーだったのは建築会社だな

336 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:30:51 ID:8puH5Px2
>>335

建築会社は悲惨なもんだぜ...?
カイジのこんな事あるかってAA並みに酷いぜ...

337 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:33:45 ID:jMoNblaW
>>317
ありがとう。そういうことか。
本当に「保険」なんだね。

現状は、生命保険かけた1億人が同時に死んじゃったみたいなショックなわけね。


338 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:34:24 ID:+Whpn9VH
最先端技術が崩壊したなら、最先端技術で救済しないと、割に合わないと思う。

339 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:34:27 ID:SepToDcN
アメリカと日本で利権の入れ替えしただけ
ポストは変わらない以上、コストも変わらない
今回はアメリカが負けて、日本が勝つ
次回は日本が負けて、アメリカが勝つ

安心してプロレスゴッコして報酬が入れ違いで貰える。

340 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:35:41 ID:eWhpP5sU
AIGなんてダメでバカの集まりなんだから
なんで潰してリセットしないの

バカな会社入った社員が責任負うのは当たり前でしょ

341 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:43:10 ID:5fKLEVZs
>>337
>本当に「保険」なんだね。

保険じゃねーよ。

保険なら、>>1の準備金に相当するソルベンシーマージン規制があるが、CDSには何もない。

やらずぶったくり、こんなおいしい商売はないよ。

>現状は、生命保険かけた1億人が同時に死んじゃったみたいなショックなわけね。

生命保険なら、大規模災害や戦争の場合には支払いは免責されるしそれは被保険者もわかっ
てるが、不況になったら免責される(というか、発行元が倒産するんだが)とわかってたらCDS
なんて誰も買わない。


342 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:43:53 ID:dsPYWeez
>>336
マジで?需要急増でウハウハなイメージがあるんだが

343 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:44:32 ID:Qt5kumdF
>一つが債務不履行になると、連鎖反応で他の債券も債務不履行に陥る確率が高まる。
>投資家は臆病になって資金を引き揚げ、市場はパニックに陥り、銀行は貸し渋りに走る。
>そして住宅ローンの証券化商品が債務不履行に陥りはじめると、AIGは何十億ドルもの元利金を補償しなければならなくなった。
>AIGにそんな資金はないことは、たちまち明らかになった。
よくわからんのは、金融工学の入門書のリスクヘッジの項目あたりに書いて
そうな、こんなことになんで誰も気がつかなかったかってところだ。
「各事象が独立でなければ、危険性を分散させて大損しないようにする」って
手法はつかえないだろ?


344 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:45:28 ID:t0KVF2rV
いまだにアリコのCM流し続けてるんだがいいのか?

345 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:55:04 ID:5fKLEVZs
>CDSがこの危機で果たした役割を考えれば、政府が規制に乗り出すのも想像に難くない。

規制するまでもなく、いまさら誰も買わないだろ。

それより、会計基準を変更して、準備金の裏づけのないCDSではオフバランスできないと
するしかないわけで、日本は大丈夫っぽいが、世界中の金融機関のほとんど全てが自己
資本不足になり、公的資金強制注入されて国有化される。

MUFGもバフェットも金をドブに捨てたわけだ。

しかし、これがわかってて7000億ドルごときで大騒ぎしてるの、いったいなんなんだろうな。

346 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:58:21 ID:dsPYWeez
人間弱いから、目先の誘惑につられるんですよ

それに、自分がリスクを負うわけではないし、現状見ても仕掛けた奴等、大金をせしめた側は誰も責任を負ってない

先延ばしは日本の御家芸ではなかった、権力者や資本家の常套手段てことですよ



347 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 12:59:50 ID:mFm6VE8o
>>274
その言い回しGood
いただきました

348 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:02:07 ID:IvVl2bS+
>>341
>不況になったら免責される(というか、発行元が倒産するんだが)とわかってたらCDS
>なんて誰も買わない。

そうでもない。債権を証券化して売る場合に
保険会社の保証が付いていれば「あの大保険会社が保証してますよ」と言って売りやすい。
自分が保証してもらうわけじゃない(転売するから)から保証料は安ければ安いほど良い。


349 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:06:37 ID:5fKLEVZs
>>348
>そうでもない。債権を証券化して売る場合に
>保険会社の保証が付いていれば「あの大保険会社が保証してますよ」と言って売りやすい。

「あの大保険会社が保証してますよ」というのが実は「あの大保険会社が保証してますけど
不況になったら免責ですよ」ってことだとわかってたら、売れるわけないだろ。

350 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:07:45 ID:ISbkSugw
ドル10円とかになってくれたら最高だね。w


351 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:11:36 ID:aKflPsnt
ドルの適正レートは70円だよ。
購買力平価ではさまざまな説があるが80円くらいが妥当と言われてる。

352 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:12:00 ID:IvVl2bS+
>>350
あるかもしれん。
ただしアメリカ人の平均所得も10倍になるだろうけど。

353 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:12:00 ID:aKflPsnt
日本は今猛烈な勢いで海外に金を貸してるから、
円安になってるんだよね。

354 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:12:48 ID:YLRckyqF
>>352
所得倍増計画・・・

355 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:13:00 ID:aKflPsnt
>>352
10倍にはならんだろう。
ハイパーインフレを起こしたらアメリカ経済にたいする
信用不安が高まって外資が次々と逃げ出すからな。

356 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:14:39 ID:sMuBrw2E
結局、民間金融機関の無能連中を縛るには国家による
ソルベンシー規制の徹底しかないんだよ。

357 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:18:26 ID:kVp8g4ge
ID:cHKiHl7Q ID:5fKLEVZs

358 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:22:27 ID:EAVVr6jn
>>356
しかし、短期の決済のためのキャッシュすら調達できない金融機関は、
ソルベンシーも糞もない。

肥満だろうが、モヤシだろうが、筋肉質だろうが、
死んでしまえば何にもならない。

359 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:25:49 ID:wBC81l8N
あー
ついにCDSの話題が

本格的な大恐慌目前だな

360 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:26:22 ID:FAw1EbLz
>>16
>>24
ロバート・デニーロがフランケンシュタインの怪物役をやっている
「フランケンシュタイン」をレンタルDVD屋とかで借りてみたら?

フランケンシュタイン博士が、自分が作り出した怪物に煩わされる話だよ。
親族の子供を殺され、(原作だけ)友人を殺され、恋人を殺され
最後は怪物を殺そうと旅をした博士自体も死んでしまう。



361 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:33:27 ID:Fl8F5mPu
母ちゃんが「人に金を貸す時はその人にあげる」と思えって言ってた

362 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:36:40 ID:bw4dqOsz
>>361
おれも人に金を借りる時はもらうつもりで受け取るからな。

363 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:39:06 ID:IvVl2bS+
でも友達に金貸してって言う奴ってなんなんだろうね
なぜサラ金で借りないのだろうか?

364 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:40:34 ID:9a56uEF2
ちなみに、SFジャンルでは「創造物に造物主(である人類)が滅ぼされてしまう」
タイプの物語がありふれているので、(キリスト教のなんたらが影響してるんだろう)
定型的過ぎ、被害者意識過ぎという、どちらかというと非難の意味を込めて
「フランケンシュタイン・コンプレックス」と呼んでいる。

出典はブライアン・オールディスのSF評論、「千年の宴」かなにかだったかな。

365 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:45:15 ID:ZqlsFmmZ
>>361-362
このやり取り、前にも見たことがある気がする。
デジャヴ?

366 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:45:36 ID:PLgNVr/l
日本人庶民が考えてもどうにもならんし、
成るようにしかならないからどうでもいい事じゃね

367 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:46:39 ID:1bmkn0bX
>>361
急にレベルが落ちたなw
さすがw

368 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 13:52:58 ID:ISbkSugw
しかし、CDSはもう破裂してないの?


369 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 14:19:49 ID:n5Fi/e3T
>>343
それって金融工学じゃなくて金融論の範疇だと思う。

個々のプレイヤーは、分散が適切に行われているかいないかなんて
知りえない情報だろ。神の目視点が必要。FRBも財務省も全貌は掴んで
いなかったわけで、今あわてて全貌把握を進めている状態だ。

金融工学は、個々のプレイヤーの「儲かれば何でもOK」という視点が
主体だから、全体制約の問題は軽視しちゃってるんだよね。

>>345
規制しとかないと5年後くらいに、またバカバカ売れ出すよ。
規制回避した保険契約だから、詐欺まがいってだけ。詐欺だと知って
か知らずか、同じような詐欺商品は何度も出て毎回ひっかかる奴が
いるわけで。こういうのは世の中から消えないのが現実。

裏づけつけたら保険と一緒。CDSじゃなくなる。

>>368
破裂させないために、AIGに金突っ込んだんじゃないの?

370 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 14:20:25 ID:LFTDNZTl
次はどこの地雷が爆発する?

371 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 14:26:19 ID:fUp51D+o
雇用や消費が急激に萎んでいってるから、むしろこれからが本番

372 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 14:34:48 ID:gl+qOtnc
保険じゃないわな
まさに保険モドキ

普通の保険だって「契約者全員が一斉に保険金請求することはない」って前提で初めて回るのに、
準備金の裏付けもないんじゃちょっとの支払い請求ですぐパンクする
そりゃダメになるわ

373 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 14:35:30 ID:EAVVr6jn
アメリカに、金を突っ込んでいかないと、輸出企業の業績が維持できない。
借金に借金を重ねさせても、消費を維持させることが重要。

今起こっているのは、CDS実行に伴う巨額債務の実現。
それが、短期金融市場で資金を融通したとたん、
明日には、デフォルト宣言するのではという、疑心暗鬼につながっている。

ドルは、新しいご本尊を勧請しないと、ほとんど維持できないという。

374 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 14:37:39 ID:gzKT/MXh
恐るべき中性子爆弾

375 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 14:41:27 ID:N2csTSpD
>>372
将に地震保険ですな
大震災が起きたら支払い切れない

376 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 14:43:07 ID:wBC81l8N
最終的に米国民は、いくらウォール街に税金を投資しないと
アメリカ経済を救えないんだろう?

1京円くらい?

377 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 14:50:30 ID:6hlLkgfh
>>373
>輸出企業の業績が維持できない。
いい加減こんなものに実体がないということに気付くべきだな。

378 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 14:52:03 ID:qCBe0N4y
もうアメリカは助からない気がしてきた。

379 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 14:53:34 ID:j4rPtDZq
よく分からんがユーロはどうなるん??


380 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 14:58:01 ID:qLdNpzjb
>>343
>「各事象が独立でなければ、危険性を分散させて大損しないようにする」って
>手法はつかえないだろ?

通常、ポートフォリオを組む時は共分散まで考慮に入ってるので、
債券市場の効率的フロンティアを作る場合、各々の債券が独立である必要は無い。
と言うか、独立してないのが普通。
金融工学において一番の問題は、効率的フロンティアを作るとき、
ある債券の期待値とリスク(分散)は「過去のデータから導くしかない」ということ。
金融工学の理論が厳密に成り立つ(つまり、リスクヘッジ出来るということ)には
未来の期待値とリスクを知る必要がある。
だから、今回のように過去のデータに無かった出来事が起こると理論からずれることになる。


381 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 15:00:00 ID:8GVIvFpn
サンタフェでのアメリカの学者たちの日本つぶしもあった
そこで収穫逓増や複雑系が生み出された
その後日本には金融ビッグバンが提唱され
バブルとその崩壊に見舞われた。

382 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 15:01:08 ID:Hjb69ueR
なんか興奮してきた。
ブログでぶいぶい言わせている経済学者からなんかコメントほしいな。
言っていることはぜんぜんわからんけど!なぜか納得できそうな気がする。
あのひと凄いわ。よくわからんし。

383 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 15:06:15 ID:KhJ5DIFy
アメリカンドゥリーム(笑)

384 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 15:16:43 ID:Dbg/7ivj
50パーしか理解できなかった。頭になんかもやもやが残っている。
金貸しがもっと金を貸したいから、他人(保険会社に)けつをもってもらおうとしたのが
最初なわけだよな。

保険会社は保険料は入るけど、焦げ付いたら保障しないといけないわけだろ?
まぁそれも想定して保険料を決めると。つまり銀行の保証人に保険会社がなったわけだ。

で、年金や保険会社という本来は、堅い運用をしないといけない連中に、自分たちの
リスクを被らせることに銀行は成功したわけだ。ここまではいい。

しかし、、結局、全員がババをひいた。何が悪かったの? 不動産の値段が下がったこと
が悪い? 銀行連中が保険会社に保障させてるなら、やつらは無傷でもおかしくないんじゃない?

385 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 15:20:34 ID:k2J9Fk6h
>>380
今回の件でアメの経済学者(というか金融工学者)も間違いを犯すということが
民衆レベルまで周知されただろう。ノーベル経済学賞は廃止した方がいいんじゃないか?
世界平和を希求したノーベルの遺志とは明らかに違うものが生み出されてるだろう。

虚業をどこか軽視する日本人のメンタリティは、こういう時には役に立つな。
今回はバスに乗り遅れても全く構わなかったわけで、どうも運転が荒いなと思って
一台パスしたら、そいつは崖から落ちてたと www

386 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 15:26:24 ID:w+FiSVu2
頭良いならもっと人類の役に立てよ

387 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 15:34:12 ID:rqqogbml
そもそも、何で信用リスクが売れるんだ。。

388 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 15:40:07 ID:5fKLEVZs
>>369
>規制しとかないと5年後くらいに、またバカバカ売れ出すよ。

準備金がないとオフバランスできないって会計基準だけあれば、規制なくても金融危機
を防ぐには十分じゃね?

いくら規制したところでデリバティブを全部禁止でもしない限り、

>>3
>「仮にCSDを法律で禁じたとしても、金融技術者がすぐに新手法を編み出して規制をか
>いくぐるだろう」

だろうし。

>規制回避した保険契約だから、詐欺まがいってだけ。詐欺だと知って
>か知らずか、同じような詐欺商品は何度も出て毎回ひっかかる奴が
>いるわけで。こういうのは世の中から消えないのが現実。

だからこそ、詐欺対策のために規制してもしょうがあるまい。

ただ、参照企業への債券がないCDSを買うのは公営ギャンブルへのノミ行為に等しいし、
相対契約なのでインサイダーの楽園だろうってのは、ちょっとひっかかるな。

>>380
>通常、ポートフォリオを組む時は共分散まで考慮に入ってるので、

2社間の相関は入ってても、全社が同時に景気変動の影響を受けるなんて項が入って
るとは思えないが?レバレッジがたいして利いてなければ無視してもいい項だがな。

389 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 15:42:17 ID:6hlLkgfh
アメリカ人が本当に頭がいいなら今頃日本はアメリカ製品で
あふれかえってるはずだろ?

390 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 15:44:54 ID:kVp8g4ge
>>388
0点

391 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 15:47:10 ID:aKI6n9aq
ちょっと教えて欲しいのだが、

>参照企業への債券がないCDSを買う

これってCDSの買い手にとって何のメリットがあるんだ?

債権を持っていて、それを対象にしたCDSを買うのなら、
貸し倒れのリスクを回避できるメリットがある。

でも、債権を持っていなければリスクも何もない。

392 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 15:49:28 ID:5fKLEVZs
>>384
>で、年金や保険会社という本来は、堅い運用をしないといけない連中に、自分たちの
>リスクを被らせることに銀行は成功したわけだ。

成功してねーよ。

準備金を積んでないと、リスクは被れない。

393 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 16:01:03 ID:5fKLEVZs
>>391
>>参照企業への債券がないCDSを買う
>これってCDSの買い手にとって何のメリットがあるんだ?

各種のデリバティブの売買と同じで、CDSの値段が割安だと思った奴は、買うだろ。

ある程度以上複雑なデリバティブの売買は、インサイダー情報がない限り、純粋な賭博だ
と思うけどね。

CDSからさらにデリバティブを作るような場合も、買うんじゃね。この場合は、賭博の胴元
になれる。

394 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 16:21:08 ID:x4V+EfUf
>>8
ノシ
俺も思い浮かべた

395 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 16:21:08 ID:oyatpDKp
>>387
格付け会社が悪い。
素人でもヤバいと分かるようなものに、理屈こねて安全と格付けしたから。
結局、「金融革命、絶対安全、年20%配当」といってる詐欺マルチ商法と同じような仕組み。

396 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 16:29:15 ID:qLdNpzjb
>>388
>2社間の相関は入ってても、全社が同時に景気変動の影響を受けるなんて項が入って
>るとは思えないが?

そりゃそうだ。近似できる範囲で相関を入れてる。

397 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 16:33:06 ID:hT19zVLz
経済に詳しい人、このスレの1を論破してくれ><
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/ghard/1222931716/


398 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 16:50:23 ID:GCub4zrR
>>384
CDSを売った側 払いきれなくてマズー
CDSを買った側 払われないかもマズー
じゃね?

しかしCDSで儲けた人間は誰もいないのだろうか。よくわからん。

399 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 16:51:55 ID:temC+bLw
金融工学とかいってレバリッジと会計逃れがずっとセットされた決算粉飾の手段だった訳だ
デリバティブからこの構図は変わらない訳だ。
知らん振りしてたアメ当局が悪い

400 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 16:53:58 ID:5fKLEVZs
>>396
>>2社間の相関は入ってても、全社が同時に景気変動の影響を受けるなんて項が入って
>>るとは思えないが?
>そりゃそうだ。近似できる範囲で相関を入れてる。

酔歩で変動する景気をモデルに入れるのは何も難しいことじゃないし、それやるのには
過去のデータだけで十分。

実際、準備率は、過去の景気変動の影響から決められてるわけだ。

>>380
>金融工学の理論が厳密に成り立つ(つまり、リスクヘッジ出来るということ)には
>未来の期待値とリスクを知る必要がある。

なんて、全然関係ない。

景気の変動をモデルに入れると証券化効果が出なくなるから、わざといれてないだけだろ。

サブプライム債も、景気の変動が全不動産に同時に影響するって項が入ってなくてリスク
が過小評価されたのは、まったく同じ構図。

401 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:03:30 ID:st1xMzbT
下院で否決されたように、一般国民のウォールストリートに対する怨嗟ってすごいだろ?
税金投入する代わりに貧しい米国民を納得させる規制なり導入されるのか?
それやっちゃうとアメリカに世界から投資資金が流れてこなくなって、アメリカ死んじゃうと思うけど。


402 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:05:57 ID:qLdNpzjb
>>400
>酔歩で変動する景気をモデルに入れるのは何も難しいことじゃないし、
>それやるのには過去のデータだけで十分。

ん、取り敢えず確立されてるモデルの話です。通常、債券の過去のデータの
期待値やリスクには景気も含まれてると考えて作ってるのです。
通常、効率的フロンティアを作る際には2つの債券の相関までしか入れません。
3相関、4相関…等を入れていったら計算量が掛かりすぎます。2相関の近似
までで十分と考えられてるのです。

>>景気の変動をモデルに入れると証券化効果が出なくなるから、わざといれてないだけだろ。

繰り返しですが、景気変動は当然債券データに織り込まれてると考えてるのですよ。

403 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:08:47 ID:j9n652ME
>>139

キヨサキのゲーム売ってる業者が紛れ込んでるよww

>>385

いまにはじまったことじゃないよ
あの ブラックショールズ式の マイロンショールズの
いたロングタームキャピタルも潰れてる



404 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:12:32 ID:5fKLEVZs
>>402
>2相関の近似までで十分と考えられてるのです。

だと、

>通常、債券の過去のデータの期待値やリスクには景気も含まれてる

になってねーじゃねーか。

>3相関、4相関…等を入れていったら計算量が掛かりすぎます。

そりゃそうだが、そんなことまでやる必要はない。

全部の債券に景気との2相関の項を入れるだけでいい。

405 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:19:18 ID:qLdNpzjb
>>404
>2相関の近似までで十分と考えられてるのです。
>だと、
>通常、債券の過去のデータの期待値やリスクには景気も含まれてる
>になってねーじゃねーか。

勘違いしてないですよね。2債券間の相関を全ての債券に対して取ってます。
例えば、債券がa、b、cの3つあったとしたら<ab>,<bc>,<ca>の相関を入れてます。
もちろん正確にはこれらに付け加え、<abc>も入れる必要がありますがそれは採り入れず、
近似しているのです。普通に2次の近似ということです。

406 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:26:07 ID:oUVnrenE
格付会社って?
AIGの格付は下げる必要がない
JPモルガンに投資したMUFJの格付は下げる必要がある

おまえらの格付けには客観性が全くないだろ


407 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:30:08 ID:C2KBrBvA
AIG救済でCDS市場の危機はもう終わったんすか?

408 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:31:06 ID:e4chLRmI
これからが本当の地獄らしいぞ

409 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:33:16 ID:C2KBrBvA
相対取引だから現状把握ができないってことですが、強制的にでも明らかにすべきじゃね?
時価会計の中断とかで問題を先延ばしにして、また景気が良くなるのを待つだけなんすかね?

410 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:33:57 ID:Onm7j/Yx
記事読んだけどわかりませんでした。
ポンコツ車に多額の保険かけて一斉に事故が起きて全部AIGだったって事?

411 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:35:59 ID:qLdNpzjb
>>409
>相対取引だから現状把握ができないってことですが、強制的にでも明らかにすべきじゃね?

僕もこの辺りが良く分かりません。「オフバランス」と言うらしいんだけど、
なんで、こういう簿外取引が許されてるのだろう…謎。

412 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:45:48 ID:5fKLEVZs
>>405
>勘違いしてないですよね。2債券間の相関を全ての債券に対して取ってます。

それだけじゃあ、景気変動が全体に影響しないだろ。

>例えば、債券がa、b、cの3つあったとしたら<ab>,<bc>,<ca>の相関を入れてます。

で、証券化したときに相関が消えるように、うまく組み合わせるんだろ。

>>404
>全部の債券に景気との2相関の項を入れるだけでいい。

とやれば、証券化しても景気の項はそのまま残るぞ。

413 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:51:57 ID:0GT0he6s
>>411
簿外取引と言っても資産表に載らないようなテクニックでしょ。
損益表には記載されていた訳でしょ。

414 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:54:52 ID:X4Or1qPC
みんな忘れてるけどこの問題をつつき始めるとスーパー401Kが発端じゃないのかと
つまり年金問題
ダメリカも日本もつまるところこれだろ
簡単に終わりに出来ないのは年金制度は事実上は無くなりましたって政府が言えないから

415 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:56:50 ID:ZnR8IAGj
つまり、ねずみ講ということか?

416 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 17:58:35 ID:qLdNpzjb
>>412
>それだけじゃあ、景気変動が全体に影響しないだろ。

ですから、2次の近似です。リスク(分散)の定義が2次の(1次期待値周りの)
期待値なのだから2次近似以上を使う理論的理由は無いです。
もちろん、多次相関の量を定義しそれも用いる事もできますが
(実際、いくつかのファンドでは使ってるかも知れない)、計算量の問題が残ります。
これについてはこれ以上議論してもしょうがない。通常は期待値(平均)と分散(リスク)を
使ってモデルを考えてます。

>で、証券化したときに相関が消えるように、うまく組み合わせるんだろ。

そうでは無いです。相関は最終的なポートフォリオのリスクに反映されます。
リスクの中に相関がもたらすリスクも繰り込まれてます。
先ほどの3つの例では相関係数<ab>=<bc>=<ca>=1の時に最終的なポートフォリオ
(の効率的フロンティア上の点)のリスクが最も高くなります。

何度もいいますが、景気変動は債券価格の変動に繰り込まれていると考えるのです。

417 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:02:43 ID:C2KBrBvA
ID:5fKLEVZs は ID:qLdNpzjb を冷静に読んで、理解してくれからしゃべってくれw

418 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:03:29 ID:c0J8bueJ
ビキニの姉ちゃんと高い酒よりもっと快感を得られる
エロい遊びをスパニッシュ・リゾートのどこかでやるお話かと思ったけど

どうやら違うようですね、さようなら

419 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:06:04 ID:C2KBrBvA
でもそもそも、景気(を示す何らかのインデックス群)と相関取ろうが、高次の相関取ろうが、
複雑なメカニズムで起こる連鎖倒産のリスクなんて計算できないっしょ。
そういうことわかってて、儲けるために、あえて間違った格付けしてるような気がしてしょうがない。

420 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:08:59 ID:C2KBrBvA
んで雲行きが怪しくなってくると、何もわかってないのにやたら貪欲なAIGの連中に
まだ儲かるよって騙して押し付けたような。妄想すいませんw

421 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:16:49 ID:k2J9Fk6h
>>403
ノーベル経済学賞受賞者を3人も抱えたファンドが潰れたとか、そんな話は聞いた記憶が
あるけど、今回はアメリカ国民の懐を直撃する大騒ぎになったので、金融工学の限界も
津々浦々まで知れ渡っただろう、という話。

この状態で金融理論学者にまた賞を出すと「空気嫁」とか言われそう。けれど「世界中の
人々に貢献した」経済学者なんて、いまの状況じゃなかなか推挙できないでしょ。アメが
一人で荒稼ぎしてたんだし。賞そのものがアメの詐欺にお墨付きを与えただけで、無意味に
なってきたんじゃないかと。

422 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:17:53 ID:qLdNpzjb
>>419
>でもそもそも、景気(を示す何らかのインデックス群)と相関取ろうが、高次の相関取ろうが、
>複雑なメカニズムで起こる連鎖倒産のリスクなんて計算できないっしょ。

誰もが直感的に気づくけど、本質の疑問ですよね。金融工学の根本に
未来の「価格そのもの」は今分からないけど、未来の「価格の期待値」と「価格のリスク(分散)」
は分かるという仮定があります。まあ、過去のデータから期待値とリスクはすぐ計算出来るので
便利なだけですが…。
しかし、ある金融商品価格の過去の確率分布が、同じ商品の価格の未来の確率分布
と同じかどうかは自明では無い。特に、新しい金融商品はデータが少ないからずれ易いでしょう。
だから、今回のように突発的な出来事があると狂うことがある訳です。
しかし、その辺りはファンドの運用者は当然理解してるのですよね。
でも、周りのファンドがハイリターン、ハイリスクで投資家の資金を集めてる以上、
こちらも同じ戦略に進まざるを得なくなる。完全なチキンゲーム。

423 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:19:48 ID:C2KBrBvA
時価会計の一時停止の話にしたって、勝ち残った連中が次また儲けるための布石のように思えるな

424 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:20:50 ID:5fKLEVZs
>>416
>ですから、2次の近似です。リスク(分散)の定義が2次の(1次期待値周りの)
>期待値なのだから2次近似以上を使う理論的理由は無いです。

>>404
>全部の債券に景気との2相関の項を入れるだけでいい。

これは、「景気」という変数が一個増えるだけで2次の話なのに、お前はいったい何を
言ってるんだ?

>もちろん、多次相関の量を定義しそれも用いる事もできますが

難しく考えすぎ。

>何度もいいますが、景気変動は債券価格の変動に繰り込まれていると考えるのです。

何度いっても、繰り込まれてないものは繰り込まれてない。

425 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:24:01 ID:SepToDcN
難しくしないと真実を煙に巻けないから
政治経済学者にはマジレス禁止

426 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:25:49 ID:ToFFU6qK
マトリスクって証券の物語だったんだな

427 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:27:19 ID:wiKKNTpa
CDSって金融版クラスター爆弾だろ世界にドルを通じてインフレ輸出か

428 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:27:36 ID:5tVksoO5
>>426

一回崩壊させて、またふたたび建て直す
シナリオライターはいるけど、暴走しちゃう

429 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:29:31 ID:MlmZgoux
>>415
人口が増え続ける限り破綻はしないんだ

430 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:29:51 ID:C2KBrBvA
>>424
景気変動は債券価格の変動に繰り込まれている、のは誰だってわかる事実でしょ。
だけども、景気がいいときのデータを元に計算されたリスクが、
(将来)景気が悪化したときのリスクを表現できない、
という意味で繰り込まれていない、と主張したいならまだわかる。

431 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:31:13 ID:SepToDcN
今更気がついても遅いような気もするけど

432 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:32:33 ID:p1lAzT0E
>>422
金融工学は1千年に1回の出来事や 1万年に1回の出来事に対応できない

一方 余分な脂肪を蓄える人類は 平和なときに太りすぎてしまう症状に苦しむものの何百万年か生き残ってこれた
より少ないリソースで未来(危機)に対応しようという発想が間違っている

433 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:34:21 ID:SepToDcN
>>429
調整は入るけど破綻はしない
破綻させてもまた通貨を発行し仕切りなおすだけだから。

新札発行で見直す場合も有るけど
今の時代なら電子マネーに置き換えるのが最短だろうな。

434 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:38:27 ID:YHrmG5NC
派生商品なんてそもそも現なまで長期取引出来る類のもんではない。
今後は1ウォールみたいな地域通貨で行われるべき。勿論与信は現なまだが、実経済にあわせて変動させればいい。当然凍結もあり。
FRBならそれ位余裕で出来るだろ。何京円なんてゲームな取引に実社会が巻き込まれんで済む。

435 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:40:29 ID:aDeb/A8W
>>432
>金融工学は1千年に1回の出来事や 1万年に1回の出来事に対応できない

まだ10年の歴史もないんじゃない?CDSを創造した金融工学とやらは?

436 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:40:33 ID:JvgYtvzT
これって、信用保証協会みたいな業務を無審査でAIGがやって、
その債権をばらまいたってことでOK?。

437 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:41:20 ID:qLdNpzjb
>>424
>何度いっても、繰り込まれてないものは繰り込まれてない。

ここは見解の相違なのでここまでにしましょう。

>>432
>金融工学は1千年に1回の出来事や 1万年に1回の出来事に対応できない

その通りですね。しかし、より進展するかもしれない。

>より少ないリソースで未来(危機)に対応しようという発想が間違っている

これも分かります。理論的にはリスクとリターンがトレードオフの関係にあるので、
ファンドは理論的に取れる限り最大限のリスクを取ろうとする。
だから、こういう自体に対応できない…。これは完全な事実。
そして、リスクは滅多に表れないからそれまでのリターンに応じて
過大な報酬が証券マンに支払われてると思います。
税金投入は必要ですが、米国民の批判は極めて当然。そして、何らかの規制や
ペナルティを掛けなければ、「勝った時は俺のもの、負けた時は税金」という
モラルハザードは今後も起こると思います。

438 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:44:06 ID:YHrmG5NC
ここで間違った教科書の犬ぶりを競いあってもしょうがないよ。


439 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:46:09 ID:mvM3li28
俺の疑問がこれで一つ解決した
そして不況はかなり長引くことも確信した

440 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:48:37 ID:JvgYtvzT
確か日本の信用保証協会も大変なことになったけど、
公的機関だから無条件に金入れたんだったよね。

それで、保証が全額じゃなくて折半になったんじゃなかったけ。

まあ、アメも同じことするしかないね。

441 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:49:56 ID:eETmeUAI
政府ですら対応しきれない化け物になっちゃったねえ。。

442 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:52:44 ID:jAqwh8Vm
金本位制にすれば、無茶はしなくなる。


443 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:57:34 ID:wiKKNTpa
他スレで書いたけれど、朝のTVでは預金保険10万ドルが25万ドルってのは
2年間らしいとTVで言っていた

クレジットクランチが2年間続くだろうか?
先送り策だろ金融安定化法案って・・・。日銀も、12日連で1.6兆円投入計23.6兆円
投入だよな→返って来るのか?

444 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:57:44 ID:vIwwGwBW
>>442
金本位制にすること自体、相当無茶してます

445 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:57:56 ID:JvgYtvzT
>>442

金も架空の鉱山でっち上げて、債券化して売れば儲かるかも。
って、まさに豊田商事w

446 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 18:59:43 ID:w2NTnU13
>>442
金本位にみんな、限界を感じたから
有形、無形のものに価値をつけれる、今の金融経済になった
いまさら戻れないよ。

問題なのは無形のもの、
特に金融関連に価値をつけるから、
お金の無限増殖みたいなマネができて
おかしな事になる。

価値評価をいかに厳密にするか、
法律でどう規制するかだろ。たぶんw

447 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:01:38 ID:0HTRi4gd
>>415
超単純化して言うと
5人がいて、輪になって手をつないでいるとする。
1の債務保証を2がやって
2の債務保証を3がやって
3の債務保証を4がやって
4の債務保証を5がやって
5の債務保証を1がやって

それで全員永遠に浪費できると思ってた。

448 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:02:18 ID:C2KBrBvA
CDSの導火線に引火しないように、ひたすらその周辺に水まいたりしながら、
消えそうにもないCDOの火が消えるのを待ってるっていう理解で正しいすか?

449 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:03:41 ID:JvgYtvzT
>>443

>日銀も、12日連で1.6兆円投入計23.6兆円
>投入だよな→返って来るのか?

これも今ひとつよくわからんところなのだが、
買いオペをドルつまり外貨準備でやって市中にドルを流したってことなのかな。

450 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:10:19 ID:IvVl2bS+
最初は単に準備金を積まずに済ませるためのテクニックだったんだろうけど
途中から変質して誰も手を付けられなくなったんだろうな

451 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:10:29 ID:m696ZmvI
新自由主義(笑)
金融工学(笑)
CDS(笑)
自己責任(爆笑)
リスクヘッジ(大爆笑)

452 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:11:48 ID:JvgYtvzT
>>449

>買いオペをドルつまり外貨準備でやって市中にドルを流したってことなのかな。

実際こんなことになってたら、日銀はドルの発行機関と同様の機能を持ってることになるね。
それに国債をこんなペースで償還してたら、大量の資金が銀行にあるんじゃないだろうか。

アメの資金が巻き取られちゃって日本に集結したような要諦です。

早急に内需拡大策をとらないと、日本のメーカーは大変なことになってしまうね。

453 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:11:55 ID:0HTRi4gd
>>451
それが幅を利かせていました。数日前まで。

454 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:13:01 ID:2X+LFYqn
>>443

> 先送り策だろ金融安定化法案って・・・。日銀も、12日連で1.6兆円投入計23.6兆円
> 投入だよな→返って来るのか?

君は放出オペ(買取オペ)という日銀の業務を知らないのか。
その金のほとんどが翌日物だ。吸収オペで戻ってる。


455 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:14:28 ID:wiKKNTpa
>>449
オーバーナイトコールレイトってあって以下で見て
ttp://www3.boj.or.jp/market/jp/menu_m.htm
O/N=オーバーナイトコールレート=銀行間金利
O/Nで外銀が0.5%で資金が取りにくくなってるだからオファーレートを0.70%
とか高くして取得してて、邦銀とかけ離れたレートで資金調達できん状態

だからドルベースの資金供給を日銀が決断し、12日間で23.6兆円なわけ
外貨準備ではない。
すなわち、欧州で起こっていることと同じさ。欧州では銀行間が疑心暗鬼になっていて
資金の出してが少ないわけ。
日銀はO/Nを押さえこむ為12日間も(ry

456 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:16:07 ID:wiKKNTpa
>>455>>454でした

457 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:16:25 ID:6hlLkgfh
日銀は国内にある外資系金融機関のために
資金を供給してやってるのか。あの馬鹿どものために。

458 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:16:50 ID:2X+LFYqn
>>449

> これも今ひとつよくわからんところなのだが、
> 買いオペをドルつまり外貨準備でやって市中にドルを流したってことなのかな。

そのドルは厳密には外貨準備金じゃない。

FRBからお声がかり=助けてとの悲鳴、があって、米国債を使っての
ドルスワップだよ。上限も決まってる。

まあ、ドル不足だから、このドル使って日本のコール市場に流してやって
と頼まれたわけだな。米国債が毀損したらどーするって話はこの際除外。

459 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:17:45 ID:JvgYtvzT
>>454

ドルが枯渇したから買いオペで外貨準備を放出して、
翌日円売りドル買いして円ドル相場の維持をしてるんでしょうか?

とすると、円ドル相場は日本の銀行と日銀の完全なコントロール下にあるってことになるね。

そして円がどんどん、日本の銀行に積み上がるわけか。

460 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:18:38 ID:caWFSYEz
教訓:出来ない約束はするもんじゃない

461 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:19:42 ID:JvgYtvzT
>>458

米国債ですか・・・。

462 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:20:51 ID:wiKKNTpa
>>454
ttp://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20081002AT2C0102K01102008.html
返済期限は1週間
O/Nレートだよなぁ。

463 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:23:13 ID:C2KBrBvA
この記事の秀逸なところは、CDSを作った連中の本音が出てるところだなあ。
人が殺されたときに銃が悪いというのはおかしい、なんていう
おそろしく単純化された比喩がクオンツから出てくるのに恐怖を感じる。
日本のメディアだと、証券業界の人間が自分にセンスがあることを示す発言がときどき見られるだけで、
結局は業界全体の利益のために口をつぐんでいるというか。
今回の問題の全貌を把握している連中がいるかどうかもわからないし、
いたとしてもそれを全部タダで公開するような気前のいいところはもっとないだろうし。

464 :マクロ経済学者:2008/10/02(木) 19:27:07 ID:j6+WfoIg
>>416

あなた方のリスクの定義はそうかもしれんが
それで事足りるのはあくまで経済の諸変数が
定常な正規分布に従うという仮定があるからだ。

実際の経済変動は定常な正規分布に従っていない。
1920年大の大恐慌時の動きをそれまでの
正規分布モデルで説明をするのが無理だというのは
明らかだろう。

こういう非線形な構造変化の可能性は
金融工学ではちゃんと評価していない、というか
あえて目をそらしているんじゃないか。
ロシアが変調してLTCMが破綻したのも同じじゃないか。

あと、40年前の「ルーカス批判」という言葉を調べてみた方がよいよ。
過去の法則をマクロレベルで利用して儲けることは出来ない。
みんながCDSを使い出した段階で、過去のデータはあてにならなくなるんだよ。


465 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:27:48 ID:KlzY6oGW
>>443
投入と言ってもタダであげるもんじゃないから安心しな
低金利の短期消費者ローンとして考えればいい

466 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:36:55 ID:VaM5tf7D
>>1>>67
これだとケケ中が銀行の自己資本率8%以上を遵守させたのが
神采配だったってことになるのかな
小泉ケケ中様様ですね
ちゅうことはケケ中はアメリカがこうなることを予見してたってことですな

467 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:43:19 ID:wiKKNTpa
>>465
そだといいけれど・・借り入れ→返済を繰り返すうちサイクルの長期化
とかが心配だ。サラ金のアイフルのCDSを見て見て。
ttp://www.j-cds.com/jp/index.html

468 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:52:49 ID:hrtvjQeh
金融工学って、結局は
新しい詐欺の手腕を捻り出すためのものなん?

世の中の経世済民にクソほども役に立たないものなん?
今までマンセーしてきた連中に説明を求めたい。

469 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:52:52 ID:95Y1VGQF
アメリカはこの十年間、自爆ドミノをせっせせっせと積んでいたのですね。お疲れ様です。

470 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 19:57:56 ID:C2KBrBvA
>>466
> ちゅうことはケケ中はアメリカがこうなることを予見してたってことですな
信者っぷりも度を過ぎると恥ずかしいね。「竹中 BIS」とかでググれ。

471 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:01:15 ID:cHKiHl7Q
>>466
>これだとケケ中が銀行の自己資本率8%以上を遵守させたのが
>神采配だったってことになるのかな

会計テクニックで無理に自己資本率上げてる欧米の銀行にあわせて、日本の銀行の
実質的な自己資本率を8%にする必要はない。

472 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:02:01 ID:d8vFqPpN
>>468
金融工学ってのは 賢く難平するにはどうすればいいのか調べる学問であって
看板の見栄えをなるたけ変えずにペンキの使用量を少なくするにはどうしたらいいのか考える作業を金融に応用した学問

473 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:03:41 ID:TH/PsEjB
>>412
> >全部の債券に景気との2相関の項を入れるだけでいい。
>
> とやれば、証券化しても景気の項はそのまま残るぞ。


頭悪すぎる。知ったかぶりが露呈したか。

474 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:07:12 ID:JvgYtvzT
>>462

竹中はアメが下駄はいた自己資本率であることを知りながら。
アメの要請に応じて、日本の銀行には下駄履きなしの自己資本率の達成を求めたってことです。

意図は不明。

475 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:08:11 ID:bw4dqOsz
>>455
それが単なる投資なら流動性は確保されたはずだ。しかし中央銀行の
貸し付けは投資ではなく融資だ。踏み倒すときは全額逝ってしまう。

476 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:09:17 ID:w8jzz51/
CDSタン怪物扱いされて可愛そうです><

477 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:10:01 ID:sc4YI7jY
一番の元凶はS&Pを始めとする格付け会社ですね、わかります


478 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:15:32 ID:wiKKNTpa
>>474
BIS規制で8%は時価会計で透明性は高くなろーけれど、原価主義の日本式
簿記のいいところがあったと思う。CDSという爆弾を束ね証券化し切り売りした
のは、爆弾だろっていう個人的認識です。

総資産分の自己資本が8%だと良いときはいいが、苦しくなると分母の総資産を削るか
自己資本を増強し8%を維持しようとする。年金の収納率と同じだな。

479 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:17:36 ID:JvgYtvzT
抜本的な税制改正しかないでしょ、内需拡大には!

大規模減税してもため込むだけになったら経済は全く循環しない。
よって単純な減税には賛成できない。

消費税を上げたら、確実に消費は減退する。
ゆえに単純な消費税値上げにも賛成できない。

しかし、これを両立させるマジックは存在する。
消費税を支払った支出は税控除の対象にするってやつ。

エンゲル係数の高い人の消費財の消費税の値上げは最小限にする。
なぜなら、すべて消費し経済活動に使うわけだから。

金融工学で経済を循環させることはできる。
しかしそれで儲けようと思えば循環させる紙幣の供給を増やすしかない。

やっぱり、現実の経済活動の循環を作り出す補助装置が必要。
紙幣を増やすんじゃなくて活動を増やす。

480 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:22:33 ID:75GQFYBl
単純に「溜め込むより回したほうが儲かる」ようにすればいいんだよ。企業に。

庶民は金なんて持ってないよ。どっから絞るつもりだ。

481 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:26:06 ID:RN6nkPeE
CDSってのは、世界恐慌が起きた時に最大の効果を発揮しそうだね。
世界恐慌の威力を核爆弾級から水爆級にバージョンアップさせる。

482 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:28:30 ID:qMJhy4YT

馬鹿:
「ベイルアウト早くしないと、ダメになるよ1!
はやく!!はやく!!ダメになる!!」

疑問を持つ人:
「具体的に何がダメになるの?一週間後、一ヶ月後と明日とでは具体的にどんな差が出てくるの?
定量的に。ざっくりで良いから。」

馬鹿:「・・・。」

ww。

483 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:33:57 ID:RN6nkPeE
>>482
個人投資家のほとんどは「馬鹿」の方の行動パターンだってのが
厳しい所ですなあ。

484 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:37:21 ID:75GQFYBl
投機屋の気分次第なんだから具体的に言えば「投機屋の機嫌を損ねる」ってことだろう。

485 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:48:36 ID:e7heJKBr
>>424
>>何度もいいますが、景気変動は債券価格の変動に繰り込まれていると考えるのです。
>何度いっても、繰り込まれてないものは繰り込まれてない。
通常のモデルだと、サンプル期間の景気による相関係数を使うので、そう意味では
景気は繰り込まれています。おそらくあなたのおっしゃりたいのは、景気の変動に
よる相関係数やボラティリティの変化まで含んだモデルはないといいたいのでしょう。
そういうモデルも、DCCガーチやレジームスイッチングモデルなど存在します。
ただ、これでプライシングすると市場実勢と大きく異なるプライスとなるので
実務には使いにくいです。

>>464
>こういう非線形な構造変化の可能性は
>金融工学ではちゃんと評価していない、というか
いくらでもそういうモデルはあります。あなたが知らないだけです。

>あと、40年前の「ルーカス批判」という言葉を調べてみた方がよいよ。
>過去の法則をマクロレベルで利用して儲けることは出来ない。
ルーカス批判は、期待の変化による政策効果の変化であって、市場の
効率性とは関係ないです。




486 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:55:05 ID:ca9qYdpD
これからは、やっぱ現物に金が流れ込むのかね…
金銀プラチナの貴金属・レアメタルはもとより、小麦や米といった食料、水(真水プラントとか)
こういう物は産出できる地域が限られてくるからやっぱり一世紀前のような世界に戻るのかもね
これから生きる為に必要な物資の代価が鰻上りに駆け上って、貧乏国から死んでいったリしないか?
そうなったら、やっぱり戦争しか無いんだろうか…
とりあえず明日になったら金ちょっと買っとくわ
つか誰かも上で言ってたけど、爆撃とか痛い目見て死ぬの、俺もやだよ……


487 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:58:21 ID:zocaXzYM
>>436
AIIGも引き受け一方だったんじゃね?
まあ何十兆円という税金がバックにあった信用保証協会だけど、
ヤクザ企業の計画倒産や、銀行の貸し剥がしの道具に使われたり
食い物にされたりしてたけど

488 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 20:59:22 ID:p5w12aO7
ようはさ、
日本版バブルの「土地」を「ローン」に置き換えたネズミ講もどきが
合法化されて、バブルを起こし、そしてつぶれただけだろ。

大学世界順位1位や2位を卒業したエリートってなんて無能なんだろう。
似たような間違いを繰り返すバカばっかり


489 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 21:03:46 ID:RN6nkPeE
>>486
だから、短期的利益にこだわるからいかん。物品取引じゃあ株より賭博じゃん。

地道に企業融資に回して、五〜十年単位で利益を得るやり方に戻しなさいって事で。
銀行はそれが本業だし。

490 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 21:04:23 ID:C2KBrBvA
>>486
待てww早まるなww

491 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 21:08:40 ID:SdBjvjk8
レースで速くなりたいので、車を骨格のみに、ドライバーは裸にした。
どこかがそれをやりだしたので、みんな裸になった。
コーナーに差し掛かり、全車密着状態で1台が接触。グニャグニャの車の連鎖事故で裸のドライバー達は燃えカスも残らない状態に。
そこで主催者が登場し「全車炎に包まれているが、死体が発見されていない以上、引き続き救助活動を続ける」と宣言。
観客は「どう見ても生きちゃいないんだから早く片付けろ」と憤慨。

492 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 21:14:14 ID:qLdNpzjb
>>488
>大学世界順位1位や2位を卒業したエリートってなんて無能なんだろう。
>似たような間違いを繰り返すバカばっかり

どうだろう。確信犯という意味では賢いのかもよ。
なんせ、基本的に成功報酬(ボーナス)が莫大に大きく、損しても
マイナスになる訳でなく、会社がつぶれそうになったら税金投入される訳だ
(過去にもS&L,LTCM,etc)。
要するに、「勝ったら俺のもの、負けたら税金」のギャンブルならば、
自分の利益だけを考えるならばやる方が賢くないか?

アメリカ国民が言うように何らかのペナルティを課すか、
資本規制を掛けなければまた同じ事を繰り返すだろう。

493 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 21:14:17 ID:wfJuujTu
アリとキリギリス、借金踏み倒しキリギリス最強伝説

下記見れば解るがこんな池沼の保証人になった世界中の投資家及び銀行、証券会社たちw

個人破産‐アメリカ経済がおかしい (NHK 2003 0419放映)
http://video.google.com/videoplay?docid=-4896448479819549272&ei=pq7kSJyqH4GcwgPcwqSVCw&q=NHK&hl=en

仕組まれた金融恐慌と仮称アメロ(AMERO)へのシナリオ
http://d.hatena.ne.jp/hourou-33/20070824/1206942129

2005年CNNの報道以下参照

2005年カナダ、メキシコ、アメリカの三カ国協議が行われたこの会談は社会に公表されず
議会でも認められてないカナダ、メキシコ、アメリカが一つに統合し国境を全て解放する
というものである

『ブッシュ政権の政策の中に国境を解放し移民法を強制的に撤廃するという項目が存在してます
ブッシュ大統領は我々が知るアメリカ合衆国の結末に正式に調印しました、彼は議会や国民の
承認なしで計画を進展させました』

『我々が聞いた事もない政策です、またも少数のハイクラス達のみによっておこなわれました
投資階級の為であり労働階級の為ではありません、国の政治高官や地域社会は全くしらされていません』

これは貿易協定ではなく国家の完全統合であるそしてアメロと言う新規通貨も発行される

時代の精神パート3(31分あたりにCNNソースあり)
http://video.google.com/videoplay?docid=2172429313954008035&hl=en


494 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 21:21:11 ID:KpJRCYfW
保険があるからといってむちゃくちゃな賠償金が請求されたり
不払いでもしないと利益すら上げられない現状を考えると
保険制度も遅かれ早かれ崩壊するだろうな

495 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 21:25:08 ID:C2KBrBvA
>>485
>>464が学者だとはとうてい思えないが、しかし格付け会社が実際にやってたことはもっと暴露されるべきだと思う

496 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 21:26:39 ID:d8vFqPpN
まともに「数学的な保険」を運用してるなら 保険のおばちゃんが存在できるわけがないからな
保険のおばちゃんたちの基礎収入は顧客の保険金の配当利回り以下出なければならないのだから

497 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 21:30:19 ID:wgr02a+V
経済学が、似非科学と言われて久しいけれど、

今回の件で、完全に証明されてしまったね。

文学部経済学科とか、宗教学部資本主義教学科とした方が、似合うね。

498 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 21:39:01 ID:IvVl2bS+
こういうのが出てくる背景は
やはり給与の評価基準に問題があるのだと思う

公務員のように給与の水準が定められていたり
あるいは役員が個人で無限保証しなければならなかったら
こんなシステムは導入しなかっただろう

499 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 21:39:58 ID:LXIMIR0f
>>474
公的資金注入
土地再評価
税効果会計
不動産担保再評価

500 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 21:40:44 ID:UansRyiD
なんだかんだで経済学の基本は勉強しといた方がいいぞ。
大体無批判で資本主義マンセーするのは不勉強な奴だ。

501 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 21:44:59 ID:EAVVr6jn
>>499
そうは言っても、銀行検査の時の査定は、
徹底的に指摘して、追い込んでいったよね。

貸倒引当金をもっと積めと、
繰延税金資産は回収可能性が見込めないから減額だと。

502 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 21:48:35 ID:d8vFqPpN
土地台帳があるすべての国は資本主義国なんだぜ・・・・
土地というものに価値があることを認め、 価値のあるものを誰かが所有していることを認めているわけなんだから。

現代アメリカ資本主義は資本主義の一形態にすぎないし
すべての土地が国有化されていても それをレンタルしてる段階で資本主義ということになる
人間社会においては 資本主義以外は存在できないし 過去に存在したいかなる社会形態や経済体制も資本主義の1レパートリーにすぎない

なんだ・・・資本主義なんてなかった!
だから 共産主義的資本主義VSアメリカ的資本主義ではなくて 社会主義VS民主主義の対立軸だったんだよね

503 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:00:08 ID:5Ex/EnRU
ジャック・バウアーの次の敵は金融テロリストだな。

504 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:00:07 ID:O0kOly2k
>>485
>通常のモデルだと、サンプル期間の景気による相関係数を使うので、そう意味では
>景気は繰り込まれています。

相関係数が計算できる企業の債券ってことは、不況でも倒産しなかった企業だけが
選ばれてるわけだな。

それじゃあ倒産確率の評価の役にはたたん。

>ただ、これでプライシングすると市場実勢と大きく異なるプライスとなるので
>実務には使いにくいです。

×実務
○詐欺

505 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:01:15 ID:XV7aZv5A
>>200
00 oo 00

506 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:07:47 ID:XV7aZv5A
>>287


507 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:08:45 ID:e7heJKBr
>>504
>相関係数が計算できる企業の債券ってことは、不況でも倒産しなかった企業だけが
>選ばれてるわけだな。
>それじゃあ倒産確率の評価の役にはたたん。
デフォルト相関を考慮した普通のポアソンモデルを使ってるところが殆どですが・・・。




508 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:17:47 ID:e7heJKBr
>>504
>×実務
>○詐欺
詐欺とか言うけどさ、買ってるほうもプロなんだからリスクくらい考えて
エクスポージャーとれよって話ですよ。格付けがAAAなのにスプレッドが
やたら厚いっていう時点で裏がどうなってるかなんてわかるでしょ?
それに高級ホテル借りてやたら豪華なビュッフェで説明会してる時点で
どんだけこっちが抜いてるか判断するのがプロの投資家でしょう。






509 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:20:14 ID:e7heJKBr
>>508
訂正
こっち → あいつら

510 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:31:15 ID:RN6nkPeE
金融業界以外の一般人ならAAAなんて称号には騙されないかもね。
銀行のリスク査定の判断は、一般常識から見ると相当変だから。

511 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:32:23 ID:FO3sGLXa
金融工学と訳するから高尚にみえるだけで、
会計工作とネーミングすれば此処まで信心されたかどうだか。

とにかく、欧米から新しい概念を持ち込む際の訳語は疑ってかかるべき。

512 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:33:02 ID:Z4aUoJMk
なんだCDSが満期を迎えてから

倒産させればいいじゃん!


513 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:35:08 ID:Wl0v+pq+
なんじゃこれ

金融安定化法案意味ねえじゃんw

514 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:35:52 ID:aKI6n9aq
>>512

そのためのAIG救済なのでは?
(逆に言えばLB放置)

515 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:36:17 ID:Z4aUoJMk
30年オプションw



516 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:36:35 ID:cHKiHl7Q
>>508
>詐欺とか言うけどさ、買ってるほうもプロなんだからリスクくらい考えて
>エクスポージャーとれよって話ですよ。格付けがAAAなのにスプレッドが
>やたら厚いっていう時点で裏がどうなってるかなんてわかるでしょ?

それって、買ってるのはリスクを考えられるプロなのに、格付けしてるのはリスクを考えられ
ないアマってことかよ。wwwwwww

もちろん、格付けしてる連中が格付けの正確さで儲けてるわけじゃないのはわかってるが、
そんな状態の格付けを会計基準に持ち込んだら駄目だろ。

517 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:36:42 ID:d8vFqPpN
>>513
【証券】証券化商品の時価評価、米証取委が基準緩和[08/10/01]
ttp://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1222881172/
こっちのすれと間違えただろ

518 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:36:55 ID:fUp51D+o
投信の説明会を立派なホテルで土産までつけてやってたり
証券会社がどんだけ抜いてるんだか分かりそうなもんだけどねw

519 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:39:34 ID:CQn9P4x9
エヴァでご説明キボンヌ

520 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:39:52 ID:uv7KW0vI
511
だよな、後ろの「工学」は、いらないだろうと俺も思う。
会計学と同様に金融学でいいと思う。

521 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:40:27 ID:cHKiHl7Q
>>513
>金融安定化法案意味ねえじゃんw

もちろん。

too little too lateだよ。

522 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:41:20 ID:eYOrDk75
>>126
そういうソフトをまず作らないとね。

523 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:42:10 ID:DnPP5SIt
準備金をCDSにしたまではよかったけど、

A銀行「また土地の担保だね。また、どこかに保証してもらうぜ〜。」
B銀行「準備金用意するくらいなら運用したいから、CDSにしよう。」
C銀行「また金借りにきたか…。まぁ、担保はCDSで準備金なしに運用できるし、
    貸してから利子回収できるから、2倍ほいしいぜw」
          ↓
D証券会社「A銀行、B銀行、C銀行からCDSの商品がでてるな。Cのは危なさそうだな…。
     あ、A+B+Cにして新しい商品にして売ればいいじゃんw。リスク分散最高ww」
          ↓
Eファンド「お、D証券からでてる商品の利率いいな。これは稼げるww。でも、金足りないな…。
      あ、銀行から借りて利子払っても利率の方がいいじゃん。借りて買うだけで儲かるww。
      A銀行、B銀行、C銀行から借りれるだけ借りてD証券の商品買おうwww。」
       ↓
A銀行「Eファンドから借金も申し込みか。まぁ、債権はCDSにしてしまえばいいおw」
B銀行「債権はCDSでwww」
C銀行「CDSwwwww」

D証券「うはwwwwwおkwwwwww」

以下ループ…。わかります。


524 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:44:29 ID:O8Synmmv
エンロンとかCDSとか、米英系の経済ってのは腐ってるな。
なんでこんなもんが自由で公正で開かれた市場みたいに言われてたんだろう。

525 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:46:48 ID:eETmeUAI
金融工学とやらを過大に評価して審査を怠ったツケ。
金貸しの基本は今も昔も審査だよ。

526 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:47:10 ID:cHKiHl7Q
>>523
>準備金をCDSにしたまではよかったけど、

いや、そこが駄目なんだが。

527 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:50:59 ID:aKI6n9aq
準備金をCDSにするというか、
CDSでリスクヘッジすると、
準備金を積み立てなくて良いというわけだな。



528 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:53:19 ID:SdBjvjk8
>>526
準備金という最も基本的なリスクヘッジを捨ててるのにな
それでリスクヘッジがどうのこうのとか馬鹿じゃねぇのって思う

529 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:53:20 ID:DnPP5SIt
>>536
節度を持って、把握していける範囲なら大丈夫だよ。
本当に保険会社が保証できる範囲であればね。
今回のは、自分たちでもどれがどれだかわからなくなっている所が問題。
自分たちでなにをやっているかわからなくなる事がリスクだから。


530 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:53:29 ID:Z4aUoJMk
場所は5つ星ホテルのバンケットルーム
パネラーに金融当局
お土産にレア・アイテム

客は痴呆機関凍死家


金融詐欺師の独壇場♪




531 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:54:49 ID:nZoXssAt
硫化カドミウムが大変なことを引き起こしているんだな。

532 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:56:00 ID:upZtZ4dX
これが、日本のようなバブルとは違う点だな。
保証人まで、リスク分散させて、肥大化させてしまった。

533 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 22:56:20 ID:zocaXzYM
CDSの怖いところは、何の債権債務関係ないところも売買に参加できちゃうから
どこまで連鎖が広がるかわかんない

534 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:00:16 ID:DnPP5SIt
ぐるぐる回って、お金だけが増える。
債権の価格をXとすると、儲けるために次は1.1X次は1.1(1.1X)以下ループ…。
公的資金で負債かいとれるのかなwww。どこにあるのwww。

535 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:00:33 ID:aKI6n9aq
>>533

http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/02/cds.html

にかいてあるね。

こうなると、俺のイメージでは宝くじに近いなw
「○社が潰れれば100億が支払われる宝くじ」をAIGが
売り捌いていたという。


536 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:04:06 ID:FO3sGLXa
この記事を読んでの感想。

企画者が、モラルハザードだと認識していたからこそ
「25歳」の、MIT出身でIQは高いが、社会経験の少ない若者に
「ブレーキ」を無くして、(そもそも人間経験として未熟ゆえ持ちえていない)
制度設計させたということ。

この記事に登場しない本当の企画者(そちも悪よのぉ)が居る。

537 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:04:17 ID:LbtElyHE
米国民なり、米国政府が銀行の経営者を訴えて
資産を巻き上げるのはムリなの?

538 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:10:54 ID:e7heJKBr
>>523
それはCDSというよりCDOでは?

539 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:12:55 ID:DnPP5SIt
>>538
CDOでしたorz。教えてくれてありがとう。

540 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:15:54 ID:zocaXzYM
>>533
もはやギャンブル以外の何者でもないね
金融危機を煽ってリスクに備えようとかいいながら、CDSの契約料荒稼ぎ
しようとしてたんだろうな
リーマンとかの大企業がそんな簡単に潰れるわけないだろwとか本音では思いながら

541 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:16:00 ID:aKI6n9aq
>>537

経営者は何だかんだ言っても単に委任されているだけだからね。

背信行為が認められれば個人財産に手を付けられるのかも知れないけど、
難しい気がする。

これはまあ金融の問題というより、株式会社そのものの問題でも
あるけど。



542 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:23:23 ID:aDeb/A8W
なんかの形で引き締め政策をして
会社をつぶしてから
会社倒産をもたらした背任行為とかなんか理由つけて
後任経営者に裁判を起こさせる

543 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:29:58 ID:4/jL0hRA
>>541
まあ、ひとことで言ってしまえば「無能または能力不足は罪に問うことはできない」というのが法律の基本だからね。
例外は軍法くらいじゃないか?

544 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:31:11 ID:gWZ9tQty
CDSがわからない人向けの説明は、まず保険と言っていますが、
実態は連帯保証料を払って連帯保証券を買う信用貸しと変わらないものです。
今起きている問題は、連帯保証人が倒れて信用が消滅すると言う、
普通の借金とは逆のことが起きようとしています。

545 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:37:44 ID:eETmeUAI
欧米の優良企業が日本の銀行に金借りに来るとか異常事態だよな。

546 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:39:19 ID:69XwhOVU
CDSプロテクションを購入するときは、売る企業への準与信という考えだから、他のデリバと同じようにCSA担保等取ってるんじゃないの??


547 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:48:47 ID:LXIMIR0f
>>543
S&L 1500人
ある

548 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:50:08 ID:eETmeUAI
罰するものは罰して公的資金を入れるしかない。

549 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:52:28 ID:69XwhOVU
CDSのどこが怪物なのかどう考えてもわからん

550 :名刺は切らしておりまして:2008/10/02(木) 23:54:37 ID:gWZ9tQty
>>546
無かったら54兆ドルの壮大な糞ですね。

551 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:07:54 ID:bB4cOMbC
ここの保険のたとえは?

http://blog.livedoor.jp/strikefreedom1974/archives/1013755.html

552 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:09:15 ID:OsxRjUiu
まあ、使い古された言葉だか、ピンチはチャンスとも言う。
今後2、3年かけて、信用収縮が拡大するだろうし、
日本の銀行が、向こうの優良企業に資金供給すべきだろ。
うまくすれば、かなりの市場に食い込めるぞ。



553 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:09:19 ID:jIveJYbH
75兆円の公的資金投入しても、どうにもならんだろ
不良債権を時価で買うんだろうけど、その時点で損失が確定してしまい
資本不足になってしまうだろ、詰まれたなGAME OVERだ

554 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:14:12 ID:u9YddLXT
>549
会社が潰れたら大当たりと言う宝くじをある銀行が売り出しました。
売れ行きは大変好調で他の銀行も真似をし始めました。
ところがあるときたまたまある業界の景気が悪くなり始めて500個ぐらいの個人経営企業が
まとめて潰れました。
その企業に対して会社が潰れたら大当たりと言う宝くじが対象になっていたせいである銀行は多額の
当選金を支払う羽目になりあっという間に潰れてしまいましたその結果その銀行から金を借りていた
企業も潰れてしまい。そしてその企業も会社が潰れたら大当たりと言う宝くじの対象になっていて。
という連鎖を繰り返していき最終的には誰もいなくなってしまいました。

555 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:16:17 ID:9u54+T5u
>>525
正論
新銀行東京wクレジットスコアリング
債務履行可能性


556 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:19:31 ID:9u54+T5u
>>554
そうなったのは何でだと思う
いきなりそこには到達しない
市場原理がある
それは需給バランス
それをコントロールするのが政府、FRBとか日銀
丁半博打になってしまったとは思うが

557 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:22:06 ID:2GfFGHSm
>>552

敗戦国の戦時国債は紙切れと化す。
これ、歴史が証明してる事だが。
何を言いたいかというと、アメで更に銀行破綻・企業破綻・個人破産、
自殺や難民・亡命者続出、女は小学生以降は売春婦というような状態にでもならないと、
国家破綻とまでは言えないし、国家破綻にまで至らないと、「チャラ」にはできないほど
規模がでかいんだよ。

日本がハゲタカに蝕まれてた頃ってのは、トリプル安を受けたクリントンの攻勢によるもの。
アメの刷りまくったドルをもってすれば、日本を買うことはたやすかったが、今度はドルが紙切れになる中で、
日本がドルを買った所で、ドル減価のブレーキは踏めない。

買うとすれば、ブルーチップ銘柄だとか、IT関連の研究開発成果だとか、実態の掴めてる資源のみだろ。
それを実行するにしても、ドルの厚化粧を引っ剥がし、バカでも借金漬けでカネ使いまくってる
DQNな白ブタだとか、英語通じないバーバリアンどもが「間引かれて」ないと、
単価計算できないんだよ。



558 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:30:35 ID:u9YddLXT
>556
サブプライムと言う破綻が見えているようなものに対してまで
大量のCDSがセットされたのが最大の要因。
わかりやすく書くとサブプライム問題を小さなビンに入ったニトログリセリンだとすると
CDSは1ktぐらいのC4爆薬。
そして今の状況はニトログリセリン入りのビンがC4爆薬目掛けて落ちているところ。

559 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:37:22 ID:OsxRjUiu
>>557
それでも、必ず底はある。
そこを見極めて金を入れるのが金融屋だろ。
利益をださない企業を買えと言ってるわけじゃない。

”できない”を言うだけなら、誰でもできる。

560 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:43:07 ID:fWjueD+6
なんかこのスレのお陰で勉強になったぞ

ようはJPモルガンの準備金逃れが発端なんだな。
これは、銀行同士で持ち合いしてる間は問題にならなかったけど
AIGに流出した途端、『CDS』というデリバティブ(金融派生商品)に化けて
一般市場にまで流れて、
連鎖倒産が起こった際には、欧州やアメリカの銀行までぶっ飛ぶドミノ式時限爆弾が完成したわけですね。


561 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:43:08 ID:WquRgVe4
誰かあの老人の漁師とアメの経営者の話のコピペ貼ってくれ
また見たくなったw

562 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:43:17 ID:HP338m7b
時々、2ch脳丸出しの稚拙カキコも散見されるけど、
ビジネス板のレベルの高さを思い知らされるスレだわ。
(ソース記事もCDSを上手く分かりやすく紹介してるしね)

563 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:45:12 ID:2GfFGHSm
というか、元々は、
「利息年間数%、但しデフォルト率数%」、故に格付けはXXX、いくらで買うの? って売り方してたのが、
発行主体が「世界的な優良金融機関」様だから、「年間利息数%」、格付けは一律Sクラス(事故らないのが暗黙の了承)
となり、「買えば儲かる」のが当たり前となって、そしてその仕組みが逆回転すると、今度は
「買えば損する」のが当たり前となる、変幻自在の紙切れだよ。

ちょっと前までは、「あたり」しか入ってないように見えて、今は「ハズレ」しか入ってないように見える。
結論は、

1.「デフォルト率」で計算する有価証券が、バカな売り手とDQNな買い手のおかげで「あたり」と「ハズレ」の50/50 となってしまった
2.賞金額に総量規制がかかっている「宝くじ」が、はじめて「正直な有価証券」に見えてしまった


以上

564 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:49:02 ID:eOm9Y4oV
格付け会社の行方が気になるな。それが新たな金融マーケットの焦点になるだろ。

565 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:50:17 ID:HTQ4WYPu

【金融政策/コラム】米景気後退長引けば、45兆ドル規模のCDS市場が危機に [02/02/04]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1202123260/
【金融政策/コラム】米景気後退長引けば、45兆ドル規模のCDS市場が危機に [02/02/04]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1202123326/


566 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:51:10 ID:7Oz8VOy4
在日の脱税特権

仮名口座は税逃れの格好の手段であるため、銀行はその排除に尽力する
のが義務であるが、逆に仮名口座を悪用して顧客とグルになって組織的
に脱税をしてきたのが韓国系、北朝鮮系信組である。その脱税組織が破
綻した際に救済措置として公的資金計3兆円が日本政府から投入された
が、彼らはこの寛大な措置を有り難いと思うどころか、仮名口座預金を
こっそり客に返還し、経営に更に打撃を与えてそのツケをそのまま日本
国民に回した。また大阪朝銀にいたっては2度破綻して2度も数千億円
単位の公的資金を投入されている。
預金総額に対する仮名口座預金の割合は韓国系で4分の1、北朝鮮系に
おいては2分の1、そしてその不正行為が行なわれた期間は実に半世紀
に及ぶと言われている。
何故このような犯罪組織を巨額の公的資金で救ったのか?何故このような
大規模犯罪が日本社会で問題にならないのか?このスレを通じて日本社会
の病巣に迫ろうと思う。

俺のヘソクリは朝鮮系、女房のは韓国系の仮名口座へ。
http://web.archive.org/web/20040203224840/http://www.yuriko.or.jp/ronbun/sapio.htm
仮名口座だけじゃない!在日の脱税特権「五箇条のご誓文」
http://www.yuriko.or.jp/column/colum99/corum990819.htm
在日韓国・朝鮮人一世の9割9分は強制連行とは無関係。
http://mirror.jijisama.org/zainiti_raireki.htm
敗戦に苦しむ日本人に横暴の限りを尽くした在日。
http://mirror.jijisama.org/sangokuzin.htm
在日朝鮮人連盟(朝鮮総連の前身)による朝鮮人戦勝国民、日本人四等国民宣言
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm

567 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:52:22 ID:B1ieQ6kE
>>211 郵貯は殆ど使ってない0.5%もないから安心汁
売国奴ケケ中とそれに対抗する日本の官僚と政治家に
おまえら
抵抗勢力といわず一度は感謝すべきだって
思い切って自民党に入党するのもありさ

568 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 00:57:46 ID:H9VlSD84
電子マネーの永久機関を連想した
クレジットでエディに入金して、そのクレジット代金をコンビニ店頭
でエディで支払う。ポイントのみ溜まりうまぁ。

569 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 01:05:41 ID:S3zXFg7E
ここで助けるから旨い汁をまた啜ろうとするんだよ
完全にそういう奴らの息の根を止めないと繰り返すだけ

570 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 01:16:25 ID:3AroK/8S
あらゆるリスクを保険会社におっかぶせたってことか

571 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 01:45:45 ID:fWjueD+6
で。
JPモルガンは、理由はどうあれ準備金を用意してなかった訳だが
それは米本国でも問題になってないのかね?
消されるの?

572 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 01:57:01 ID:hGKH7eyC
ライブドア2階建て全力買いしてた連中と変わらんな。

573 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 01:58:11 ID:u9kolzxB
大規模かつ実験的なナズミ講

574 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 03:11:21 ID:L8L7UBu5
CDS…要約すると、
信用恐慌が起こったら皆でええじゃないかを踊りながら乱交三昧ですね、という宗教のこと

575 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 04:22:20 ID:HTyR3QoH
米はバイオ燃料戦略を強化して
農業立国目指すしかないねw

576 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 04:40:18 ID:ZuuO/zOo
また戦争特需狙いでどっか攻め込みそうだな

577 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 04:40:24 ID:bUh5/GB6
ならず者国家アメリカを退治するチャンスではある。

やる気ならば保有するアメリカ国債、ドルを売りまくる。
もちろん日本国がやると怒るから権利を民間に委託してハア?関係ねえよ
ってことにして動けば良い。


578 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 04:48:40 ID:VRqkwxuq
>>577
民間に委託した?ハア?関係ねえよって怒るんじゃない?

579 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 05:06:03 ID:bUh5/GB6
>>578
だってあんたら郵政も民営化し要望しろっていったから国債と外貨準備も
民営化した郵便局に取り扱わせただけだおwっていえば?
本来日本は国営でやりたかっただおwって。
公務員削減しすぎたおw

580 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 05:06:59 ID:RAlN8zCL
>40年代当時のロバート・オッペンハイマーや部下の核物理学者たちがそうだったように、
>ブリッケルと同僚たちも、自分たちが開発しているのがモンスターだとは気づかなかった。

古代インド語に堪能なオッペンハイマーは、とっくに核兵器がどんだけ恐ろしい代物かわかっていたぞ
「マハーバーラタ」や「ラーマーヤナ」読んで

581 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 06:01:31 ID:AWrQMILI
すげーーーニュースがキター


合併 国内最大級の証券会社へ
http://www3.nhk.or.jp/knews/t10014499241000.html
大手金融グループ、「三菱UFJフィナンシャル・グループ」は、アメリカの証券大手「モルガン・スタンレー」に出資するとともに、
傘下の証券会社とモルガン・スタンレーの日本法人とを合併させて、法人向けのビジネスで国内トップクラスの証券会社をつくることで
基本合意していたことがわかりました。
(10月03日 05時20分)

582 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 06:08:46 ID:PGgL8f6/
>>541
>背信行為が認められれば個人財産に手を付けられるのかも知れないけど、
>難しい気がする。

貸し倒れに備えての準備金をCDSの売り手に積ませずにCDSを買いROAを改善することで
業績連動ボーナスをもらっておいて、当然のごとく貸し倒れで売り手が破綻したら、CDS価
格分の損が会社に発生してるので、立派に背任だろ。

583 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 06:19:19 ID:PGgL8f6/
>>546
>CDSプロテクションを購入するときは、売る企業への準与信という考えだから、他のデリバ
>と同じようにCSA担保等取ってるんじゃないの??

こんなもんが、担保になるのか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E4%BF%9D%E9%99%BA%E4%BC%9A%E7%A4%BE
この時にプロテクションの売り手の信用力が買い手より相対的に弱い場合、プロテクション
の買い手は売り手に対するカウンターパーティー・エクスポージャーをマネージするために、
ISDAの雛形に基づくCSA(Credit Support Annex)を結ぶ場合がある。参照銘柄の信用状態
が悪化したと市場が判断し、CDS価格が上昇する場合、CSAを通してプロテクションの買い
手は売り手に対し担保を要求することになる。

参照企業の信用が悪化した時にやっと担保を要求できても、多数の企業の信用が同時に悪
化したら、担保が出せなくなるだろ?

584 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 06:41:41 ID:dzYs/6+R
記事の最後に気のきいた一言を入れようとする
悪い癖が治らないんだなニューズウィーク
なんだよフランケンシュタインって直球すぎだろ低脳

585 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 06:55:52 ID:22+u4B/S
>>584
君のような馬鹿にもわかる記事にしてるからだろ

586 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 06:56:17 ID:oy6SA5Yu
軍事技術のスピンオフを拡大して国内の製造業を復活させろと何度言えば…

587 :546:2008/10/03(金) 07:05:54 ID:G4mt2xHU
>>583
担保もそうだし、普通、CDSで保障する側も、保障を買う側もそれぞれ与信判断をして、想定元本等も管理しているはずだけど。

今般の状況は、CDSそのものの仕組みが悪いのでなく、CDSを扱うプレーヤーの少なさがカウンターパーティーリスクを集中させてしまったことが問題で、
もっとCDSの取引をする企業とかが増えてくると、流動性も増して安定したものとなってくると思うが。



588 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 07:07:50 ID:BfL4G0rf
CDS 日本語だと信用取引 信用貸し か
日本語だと胡散臭いからすぐきずくのね


589 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 07:30:46 ID:PGgL8f6/
>>587
>担保もそうだし、

だから、担保になってないって。

>普通、CDSで保障する側も、保障を買う側もそれぞれ与信判断をして、

準備率を無視して勝手な与信判断しちゃ、駄目だろ。

>今般の状況は、CDSそのものの仕組みが悪いのでなく、CDSを扱うプレーヤーの少なさがカウンターパーティーリスクを集中させてしまったことが問題で、
>もっとCDSの取引をする企業とかが増えてくると、流動性も増して安定したものとなってくると思うが。

釣りにしても、くだらね。


590 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 07:43:57 ID:0KLa7P/X
>>581
米政府も損失の分散希薄化に待った無しだな

591 :546:2008/10/03(金) 07:44:53 ID:G4mt2xHU
ここで言っている、「準備率」って何のこと?



592 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 07:50:19 ID:80rRNxIt
一から読んだが久々に為になるスレですな。ログ保存しておきます

593 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 11:14:33 ID:YQSs4HiJ
>>589
昨日お前が書いた>>412の方がよっぽど釣り、、、といいたいどころだが、
お前のは釣りじゃなくて、真性無知がばれちゃっただけか。ww

594 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 11:23:11 ID:dLJi9syi
>>405
>>通常、債券の過去のデータの期待値やリスクには景気も含まれてる
>>になってねーじゃねーか。
>勘違いしてないですよね。2債券間の相関を全ての債券に対して取ってます。
>例えば、債券がa、b、cの3つあったとしたら<ab>,<bc>,<ca>の相関を入れてます。

お前の勘違いは、たった三つの債券からなる超ミクロ経済モデルに景気が内包され
てると思ってること。

例えば景気をa+b+cと定義していいなら、お前のモデルでいい。

しかし、実際には景気には個々の債券の影響などほとんどなく、ちゃんと景気をモデ
ルに内包するにはマクロ経済モデルが必要。

超ミクロ経済モデルにとっては景気は外部から与えられるパラメーターであって、過
去のデータや適当なマクロ経済モデルで求めた景気変動を元に債券の危険性を評
価しないといけない。

最も単純なマクロ経済モデルは、景気はランダムに変動するがa、b、cの影響は全く
受けないというものだが、この程度でも何もやらないよりはましだろ。

595 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 11:31:26 ID:YQSs4HiJ
>>594
0点

596 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 11:36:27 ID:pd8FX8tn
まてまて ミクロ経済を倍するとマクロ経済を

597 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 11:37:24 ID:pd8FX8tn
ミクロ経済をX倍するとマクロ経済になるはずなので
ミクロ経済の活動そのものが景気だろ

598 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 11:39:39 ID:YQSs4HiJ
まとめ
ID:cHKiHl7Q=ID:5fKLEVZs=ID:O0kOly2k=ID:PGgL8f6/=ID:dLJi9syi

結論:さんざん知ったかぶりを披露して、無知がばれたら、必死でそれを繕う。そういうキチガイ、それが昌孝

599 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:00:10 ID:4UkUu05t
投機といいこの手法といい、アメリカは腐ってんな
質の悪い方法をよくこうも思い付くもんだよ
日本人じゃモラルや既成概念が邪魔してまず生まれない発想
自由な国アメリカさんって感じだね


600 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:04:29 ID:uFYAHBXs
日本じゃ脱法しなくても怪しげなことすると捕まるからなw ホリエモンみたいにww

601 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:06:25 ID:YQSs4HiJ
しかも、必死で繕おうとしても、もう話がめちゃくちゃで、余計傷口は広がるばかり。

602 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:08:02 ID:1i2EfMl8
俺には関係ない。
株をやらない俺は絶対安全。

603 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:10:31 ID:3xAVTTSA
これさ、借金をいかにいいがかりつけて他人に払わせ
そのくせ保証人の立場を利用するかっていう、日本でも
やってる ころがし と同じだぜ

604 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:12:52 ID:dLJi9syi
>>597
債券だけのモデルを何倍しようが、マクロになるわきゃねーだろ。

605 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:18:41 ID:9dX/Zfbt
>最も貸し倒れリスクの高い上位10%を特定。 それを投資家に売却した。

こいつらが薦めるものはやっぱり買っちゃいかんということ


606 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:28:22 ID:YQSs4HiJ
>>604
ふーん、お前のミクロ経済の概念は 「債券だけのモデル」 なのか。

どうりでお前の妄想とスレ住民の話が噛み合わないわけだ。

607 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:29:02 ID:Qxt9UQYW
金融技術者w

608 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:29:24 ID:x3skdIez
就職する時に身元保証人として連帯保証人を立ててくださいと言われれば、
普通 親兄弟、親族で簡単なんだけど、世の中には連帯保証してくれる人がいない訳ありな人がいます。
そんな人に「私が連帯保証人になりますから、手数料を頂戴ね」と言う商売人が連鎖しているということか。

609 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:31:06 ID:gzq5t64s
>>594
>しかし、実際には景気には個々の債券の影響などほとんどなく、

そうですね。「個々の債券→景気」の影響は無いですね。
だけど、「景気→個々の債券」の影響はありますよね。
ですから、個々の債券の時系列に景気が繰り込まれてると考えるのでは無いですか。
そして、個々の債券の共分散<ab>が景気が個々の債券に与える影響の違いも
含んだ情報を表しているのでは無いですか。

610 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:33:24 ID:YQSs4HiJ
>>609
このパー障昌孝というのは有名なキチガイだから、なに言っても無駄。

ID:cHKiHl7Q=ID:5fKLEVZs=ID:O0kOly2k=ID:PGgL8f6/=ID:dLJi9syi
のIDを抽出してみれば一連のレス内容でそれがわかるはず。

611 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:40:50 ID:bHZ54rdz
このスレで無学な商店主のオレも、少しわかった。

ようするに歴史上最大の『やっちまった』なんだな。

612 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:51:10 ID:Mwq25PPK
このCDSというのの仕組を見れば見るほどただのギャンブルにしか見えないんだが。
胴元とギャンブラーが勝手に赤の他人の債務履行状況をネタにして賭け合ってるだけでしょ
金融高額というのは結局賭博の理論に行き着くのか。

逆に賭博やるにしても証券発行してこれは債券だと言い張れば合法的にできるのかな???

613 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:54:41 ID:k20gx4rQ
結局借金を返すために別の消費者金融から借金してるだけじゃねえの


614 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 12:57:34 ID:3ZKcuXAK
サブプライム問題が表沙汰になったころから「後で誰かが地獄に落ちると明らかに分かってる
商品を売りつけるなんて、アメのエリートは外道だな」と思っていた。CDS も開発の動機から
してやっぱり外道だと思えてならない。

こんな奴らが篤志家に将来なったとしても、天国の門をくぐれるとは思えん。お前らこそ地獄の
釜で煮られてしまえ、と(和洋折衷でスマソ)と思う。だいぶ先の話かも知れんが。

615 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 13:08:06 ID:OiAE5nlC
>>608 前提が違う

就職先が、爆弾を信管付き運ぶのが得意な会社だった。

616 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 13:15:13 ID:r7DdnAQo
>>612
つーかビジネスは根本的に賭博的な要素を
含んでる気が。


617 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 13:24:33 ID:xOLG/zXw
CDSは賭博を通り越して無謀。
そもそも、金融賭博と経営の勝負所を一緒にされてはたまらんよ。

618 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 13:35:11 ID:QU3wSjLS
>>611

「やっちまった』ではなく、
「やってやった」の方が正しいかもしれん...

619 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 13:39:15 ID:bVRvJtA4
CDS自体は原子力発電みたいなもんだよ。
日本もうまいことコントロールして取り入れるべきだ。
今回アメリカはスリーマイル島の事故おこしちゃったけどね

620 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 13:41:48 ID:3SWjcxpT
>>617
CDSでババ掴まされた奴が世界中にいて
金額が確定できてないから、全貌が明らかにならない
疑心暗鬼から株の下落が止まらない
70兆円の公的資金投入が可決されても
一時的に株価戻るだろうけど、また下がるんじゃないか

621 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 13:43:52 ID:d6TXgZl4
>>616
 昼から2ちゃんにかきこんでる俺らでも成功するのが賭博
昼から2ちゃんにかきこしてるようなやつはまず成功しないのがビジネス

 全然違うだろ。

622 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 13:43:59 ID:nWRjgHkQ
米金融危機招いた要因の1つは04年のSECの決定−NYタイムズ紙

10月2日(ブルームバーグ):米紙ニューヨーク・タイムズ(オンライン 版)は2日、米国を金融危機に導いた要因の1つは、投資銀行に対する規制を 緩和した2004年の証券取引委員会(SEC)の決定だったと報じた。
同紙によると、この決定により、ゴールドマン・サックス・グループなど 投資銀行は、証券部門で債務を増やすことが可能になり、住宅ローン担保証券 (MBS)など非従来型の資産への投資を拡大することができるようになった。

SECはまた、投資銀行が抱える投資リスクを査定する際に、各行が独自 に開発したプログラムを使用することを決定。事実上、リスクの査定を当事者 の投資銀行にアウトソーシング(業務の外注)していたという。
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=anwuwGWNTOrE

623 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 13:50:29 ID:1rP8n1Tx
何か売れる物を作って
直接現金を貰った方が良いに決まってるわな。
額が多い場合や支払い条件を付けるなら証券が向いてるけどさ。

624 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 13:51:17 ID:QU3wSjLS
>>622

ゴールドマンにスケープゴートか?
こんな事、今、会社の名前出して報道したら被害が広がるだけだろうに...
って言いたい所だけど、今アメリカは大暴動一歩手前で何かやり玉に揚げないと治まりが着かんのだな。

625 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 13:54:21 ID:IlwEbGAM
■銃を規制するならCDS規制もあり

CDSがこの危機で果たした役割を考えれば、政府が規制に乗り出すのも想像に難くない。
「悲しいことに、CDSは汚名を着せられた」と、デュホンは言う。
「誰かが撃たれたときに、それを銃のせいだと言うのに似ている」



銃も規制した方がいいと思うぞアメリカさんよ

626 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 13:58:22 ID:TCQ41P8l
>>385
つか、金融工学は、便宜的に経済学に入れてあるけど、学問としての
存在目的は経営学だし、手法は工学だし、金融論とは全く違うし。
この際、その辺をはっきりさせて欲しいな。

ちなみに、ノーベル経済学賞って、正確にはアルフレッドノーベル記念
スエーデン銀行賞だが、経済学だけが対象じゃない。伝統的に経済学
領域のものが多いだけ。

>>388
「準備金が必要」ってのが規制でしょ。保険業にだって同じ規制が
かかっているし。規制があれば、詐欺商品を売った時点でアウト。
金融技術で新手法を編み出す行為が、保険業の規制逃れになった事
がCDSの根本問題だよ。

>>400
その景気変動モデルには、恐慌の発生のような特異値は入ってるのか?
4σ超えるような事象は外すんじゃね?

>>401
選挙民は、サブプライムで金借りてる側だからな。不良債権処理のスキーム
が決まれば、真っ先に住宅を剥がされるわけだ。その分の補償を求めている
んだと思うよ。

>>416
ところで、リスクの評価の際には、微分可能性を前提にしているんだろ?
恐慌はある種の特異点でバイナリーに状態が変わるからな。
微分可能性を維持するために各種過程を入れていたら、景気変動のリスク
を100%加味しているとは言えないと思うぞ。

1プレイヤー視点で自分が作り出す債券のモデルを作ってるだけで、マクロ
モデルからのフィードバック項を統計に頼っている時点で、特異点の分析が
できていないのは100%明らか。合成の誤謬に対処できない。

というかさ、金融論と金融工学の最大の違いは、ノーフリーランチを前提
にしているのか、逃れられると思っているのかの差だな。

627 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:00:30 ID:pOqsNn2k
>>616
そういやそうだな。わかった。
リーマンなどの投資銀行がやれば金融工学で、赤坂あたりのヤクザがやれば博打だな。


…ますます違いがわからなくなったぞ

628 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:06:05 ID:L8L7UBu5
>>616
リスクリターン評価における情報の非対称性に
気付いてる側と気付いてない側の間で行われるのがビジネス
皆気付いてるけどやめられないのがギャンブル

629 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:08:06 ID:99QDATmy
全貌が見えないけど俺なりに計算してみた
アメリカ人の5000万人が5000万円の住宅をサブプライムローンを
組んだとして全額を算出してみると。
5000万人x5000万円=2500兆円
2500兆円規模の債権が証券化されて世界中にばらまかれた。
これにカードローンもあるだろうから、やはり世界中で穴埋めしなければ
ならない総額は2000兆円から4000兆円くらいあるってことじゃ
ねぇの?

630 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:09:21 ID:yAHSxIhm
文科省の科学研究費の分野一覧を見ると
経済学のカテゴリの中に金融工学はないな。
日本には根付かないまま終わってしまったということになるのかな。

631 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:16:11 ID:tWS5UzEa
ドラマ「ハゲタカ」はいったいなんだったんだろうな。
北京オリンピックが終わったらアメリカ経済が没落ってどういうこっちゃwww.



632 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:17:33 ID:3+5v20it
JPモルガンは日本の会社、
USモルガンは何やってるんだと思っていた時期が俺にもありました。

633 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:23:25 ID:qA9CTtj5
CDS6300兆円って、元々の債権のデフォルト率は結局どのくらいに
なるんだ?逆に、そのデフォルト率がどれくらいであれば、保証者は
耐え忍べるんだ?保証の連鎖の中で誰かが踏みとどまれば、6300兆円
全てが火に包まれることが避けられるんだろう?

634 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:27:26 ID:dnNcnjUI
AAAランクで簿価100に対して実際52くらい
BBBランクだと簿価100に対して実際5とか
そんな感じだったような

635 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:28:04 ID:aIKTH3iq
JPモルガン、買収したWミューチュアルCEOにポジション提示せず
http://www.worldtimes.co.jp/news/bus/kiji/2008-10-03T140409Z_01_NOOTR_RTRMDNC_0_JAPAN-340837-1.html

>同氏は在職した18日間分の報酬1365万ドルを受け取れることができる。

退職金高すぎwww

636 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:28:16 ID:oyKNibS4
CDS全部がデフォルトするはずもないだろうが、
金融工学を過大評価してハイレバ利かせたら、失敗して脂肪なんてのは
10年前にもあったよなぁ。ハイレバを規制しる。

637 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:30:21 ID:bUh5/GB6
そうだ、1円パチョンコを見習え。レバのお陰で大損することのほうが
多いだろうが。ダメリカ金融工学は日本の1円パチョンコやって学習すべきだ。
パチョンコ万歳。もちろん俺はやらないが。

638 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:34:40 ID:dLJi9syi
>>626
>「準備金が必要」ってのが規制でしょ。保険業にだって同じ規制が
>かかっているし。

そうだよ。ただし、CDSは保険じゃない。

>規制があれば、詐欺商品を売った時点でアウト。

CDSの場合は、売ること自体には問題はないが、買って貸し出しをオフバランス化した
時点で、買った側がアウト。情を知って売った側も共犯でいいけど。

どうでもいい法案なんか審議してないで、さっさCDS関係者を逮捕すべきだよ。

>金融技術で新手法を編み出す行為が、保険業の規制逃れになった事
>がCDSの根本問題だよ。

「保険業の規制逃れ」って、それいったいなんだよ?

>その景気変動モデルには、恐慌の発生のような特異値は入ってるのか?

準備金制度自体、恐慌に耐えられるものではないから、恐慌時には政府介入前提で、
というか恐慌を起こさないことが政府の責任で、問題ないだろ。

通常の不景気でリスクが十分大きくなるのにそれをわざとモデルに入れてないのが、
詐欺。

639 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:39:28 ID:YQSs4HiJ
>>610


640 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:44:36 ID:qA9CTtj5
>>634
> AAAランクで簿価100に対して実際52くらい
> BBBランクだと簿価100に対して実際5とか

AAA→0.52 の間違い?

641 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 14:53:32 ID:TCQ41P8l
>>638
「CDSは保険の役目をする債権」でしょ。リスクを移転しているんだから。

保険業以外の人間が、保険業の規制を逃れた、事実上保険の機能を
有する債権を開発し、それを販売したんでしょ。これを規制回避と
呼ばずしてなんと呼ぶ。

カルト宗教団体が、病人を祈祷しながら変な薬を飲ませたり、切り刻んで
おきながらこれは宗教行為であって医療行為ではないと言い張っている
ようなものだ。


>準備金制度自体、恐慌に耐えられるものではないから、恐慌時には政府介入前提で、
>というか恐慌を起こさないことが政府の責任で、問題ないだろ。

それを前提に、リスクを加味せずに行動しちゃうことを、モラルハザード
と呼ぶのではないかと思うのだが。

642 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:09:14 ID:dLJi9syi
>>641
>「CDSは保険の役目をする債権」でしょ。リスクを移転しているんだから。

リスクは保険ほどには移転してない。

>保険業以外の人間が、保険業の規制を逃れた、事実上保険の機能を
>有する債権を開発し、それを販売したんでしょ。これを規制回避と
>呼ばずしてなんと呼ぶ。

たんなる債務保証の販売と呼べば?

>カルト宗教団体が、病人を祈祷しながら変な薬を飲ませたり、切り刻んで
>おきながらこれは宗教行為であって医療行為ではないと言い張っている
>ようなものだ。

カルト宗教団体が、病人を祈祷しながら変な御札を飲ませる程度だから、医療行為じゃな
い。

>>準備金制度自体、恐慌に耐えられるものではないから、恐慌時には政府介入前提で、
>>というか恐慌を起こさないことが政府の責任で、問題ないだろ。
>それを前提に、リスクを加味せずに行動しちゃうことを、モラルハザード
>と呼ぶのではないかと思うのだが。

恐慌リスクまで考慮してしかも恐慌時の政府介入を否定したら、一千万円以下の銀行預金
すらできないじゃん。ペイオフももらっちゃいけないんだよな?

CDSの問題は、準備金制度をないがしろにし、同制度が防いできた連鎖倒産を容易に引き
起こせるようにし、ちょっとした不況が恐慌に直結するようにしたこと。

643 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:09:20 ID:FpWFaEwv
>>5
サブプライムローンが原因ではありませんと主張するためのスケープゴート

644 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:16:31 ID:dSlTuGGw
素朴な疑問なんだけどさあ、バブルが弾ける前はメチャメチャ儲かってたんでしょ?
その頃の貯金で何とかならないものなの?

645 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:18:17 ID:PR+tAF4u
ならない。
日本のバブル崩壊でもそうだっただろ。

646 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:23:04 ID:6eK0LvH6
>>644
貯金つっても計算上「存在する」ってだけで実弾がある訳じゃない
金融システムが崩壊すればもろともに吹っ飛ぶ
だから資産価値を時価計算する止めようとかアホなこと言い出す


647 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:27:08 ID:pOqsNn2k
時価計上やめたらどうなるの?今更取得原価主義には戻らないよね?さんざん日本のことバカにしてたのに。
もっとハイパーな見積方法を編み出すのかな?
墓穴掘るだけだと思うが。

648 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:27:13 ID:BuhnJEG5
>>644
自分も周りも儲かっているときに「This time is different」と考える人は少ない。

649 :学徒:2008/10/03(金) 15:32:39 ID:gzq5t64s
>>426
>というかさ、金融論と金融工学の最大の違いは、ノーフリーランチを前提
>にしているのか、逃れられると思っているのかの差だな。

金融工学の方はノーフリーランチ前提で理論が作られてますが、
金融論はフリーランチ前提で理論が作られてるのですか?

650 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:38:30 ID:E8Ea/7v0
>>608
だからね、これって無限循環なんとかっていう ネズミ講 でもあるんだよ
日本で公務員がやってることだけどな

たとえば、じいさんが買った欄干の話がなんで子供や孫にまで関係すんだってこと


651 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:40:52 ID:2jQ0k2kY
素朴な疑問、何番目なんですが、
これって、日本人の庶民にはどれ位後に、どれ位響いてくるもんなの?
ぜんぜん、実感がわかない。

652 :学徒:2008/10/03(金) 15:41:35 ID:gzq5t64s
>>644
>素朴な疑問なんだけどさあ、バブルが弾ける前はメチャメチャ儲かってたんでしょ?
>その頃の貯金で何とかならないものなの

全くその通りなのだけど、外資証券は徹底した成果主義を導入しているので、
当時の儲けの多くは儲けを生み出したトレーダーなどフロント従業員に渡り、
また株主に分配されたので、残ってません。

653 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:42:21 ID:cspOK+ck
>>432
その前提が大間違いで、1000年に一度とか1万年に一度ってのが10年おきぐらいに
起こるってのが、金融工学の限界かと


654 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:46:50 ID:dLJi9syi
>>609

おっと、見落としてた。

>そうですね。「個々の債券→景気」の影響は無いですね。
>だけど、「景気→個々の債券」の影響はありますよね。

そうだよ。

>ですから、個々の債券の時系列に景気が繰り込まれてると考えるのでは無いですか。

「景気→個々の債券」の影響の強さは繰り込まれてるが、景気自体は繰り込まれてない。

また、

>そうですね。「個々の債券→景気」の影響は無いですね。

なので、a、b、cから景気を求めることもできない。

そこで、景気は外部から与える必要がある。

>そして、個々の債券の共分散<ab>が景気が個々の債券に与える影響の違いも
>含んだ情報を表しているのでは無いですか。

「景気→債券a」と「景気→債券b」の影響の差は含んでるといえば含んでいるが、
それは景気と債券aと債券bに関わる3次の項なので、無視してよい。

共分散に影響する2次の要素は、ほかにいくらでもある。


655 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:52:47 ID:orHkD5My
>>644
儲けた資本をバブルがはじける前に現金化していればいいんだが、
多くの人は、株や不動産や債券なでの形で保有していて、
バブルがはじけると株や不動産や債券が暴落する。


656 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:54:39 ID:YQSs4HiJ
>>654
まーた、いつものように話をずらして反論したつもりか。

>404のお前のレスには

 >>通常、債券の過去のデータの期待値やリスクには景気も含まれてる
 >になってねーじゃねーか。

と書いてるよな。

なのに、お前は話をずらしていき、今になっては

>「景気→個々の債券」の影響の強さは繰り込まれてるが、景気自体は繰り込まれてない。

と、ズレたことを言い出している。

「景気→個々の債券」の影響の強さは繰り込まれてる」といった以上、>>404のお前の発言は
間違っていると認めてるってことだよな。 ←ココ重要

657 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:57:00 ID:g8unOlPq
アメリカ人ってのはマルチ商法の類を考える天才だな。それを堂々と
証券会社がやるんだからな。

658 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 15:58:18 ID:orHkD5My
>>657
どのあたりがマルチ商法なの?

659 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:02:51 ID:YQSs4HiJ
そもそも、「景気→個々の債券」の影響の強さは繰り込まれてる、と言っているのに、
景気自体は繰り込まれてないって言う発言が一見して矛盾しているな。
そしてその矛盾を説明する内容は何一つない。

660 :学徒:2008/10/03(金) 16:05:43 ID:gzq5t64s
>>654
景気の変動そのものの影響が債券の変動に組み込まれてる訳です。
あなたの考えだと、何故景気以外の指標も加えないのか説明できないのでは無いですか?
株式市場、現物先物市場、デリバティブ市場、為替相場…。
純粋に相関だけ考えるならば景気変動より株式市場の変動の方が
債券市場の変動に対して強い相関を持ってるのは自明ですよね(債券と株の間には代替効果がある)。
…と言うかそもそも、景気全体を表す金融商品って何?
それとも、景気変動による価格変動部分を補正で取り除けと言ってるのかな?
それは、まさに海外の証券に投資する際に、為替変動リスクを取り除くような事で
間違ってますよね。

とにかく、ポートフォリオ理論に対して無知だからそのような誤解をしてるのだと思います。
あなたの場合、自分の頭で考える前にこれまでの過去の賢い人たちの
考え方を学ぶのが先だと思います。その後で自分の頭で考えれば良いのでは無いでしょうか?
一端、2chを切って簡単なポートフォリオの説明本を読んだ方が良いと思います。
ポートフォリオ部分だけならば、1日程度で理解できます。

あなたに対してはここで打ち止めにします。

661 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:07:42 ID:YQSs4HiJ
>>660
えーと、とりあえず>>598を参照して頂戴。

662 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:08:38 ID:N5Y+nbKC
モンスター映画の宣伝スレかと思ったら違った

663 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:10:59 ID:TCQ41P8l
>>642
>たんなる債務保証の販売と呼べば?

名前変えただけで規制を回避しちゃったのが問題なんだろ?

>カルト宗教団体が、病人を祈祷しながら変な御札を飲ませる程度だから、医療行為じゃな
い。

見つかったら即摘発ですよ。君の理屈は、「捕まっていない犯罪者がいるから
俺も犯罪犯してOK」という中二病罹患者そのもの。

>恐慌リスクまで考慮してしかも恐慌時の政府介入を否定したら、一千万円以下の銀行預金
>すらできないじゃん。ペイオフももらっちゃいけないんだよな?

ペイオフは社会の合意事項ですよ。
それを維持するための規制もあるしね。

CDSの問題は自分で書いているように、恐慌突入のリスクを社会に負わせて
しまったこと。1000年に一度のリスクを、自分自身が存在することで
10年に一度レベルまで高めてしまっている。その事に気づいてか気づいて
いないか別として、モデルに全く反映されていない事が問題。

そのくせ、恐慌のリスクは「俺は知らん」と言う。
もう駄目駄目。

664 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:12:08 ID:HAojpRCe
ヘッジファンド自体規制してくれ

665 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:12:19 ID:htzuqFiP
ニューズウィーク日本版(笑)

666 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:21:27 ID:iBoOEzHL
>>10

雑誌は慌てふためいて書いたりしないんだよ。そんなのは便所の落書きの仕事であって、
同じ事をやった雑誌は大体斜陽化している。

667 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:23:28 ID:PzJrVxFi
まだ水の上を歩く方法論じあってるの?
簡単な話10円の賃借←保証→商品化←この段階で賃借とは別に新たに発生する商品リスク算定が大甘だったんだよ。


668 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:24:50 ID:v7N54wQ5
>>666
因果な数字だなおい、校正がしっかりしてるかどうかだけだろ

669 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:26:36 ID:dLJi9syi
>>660
>景気の変動そのものの影響が債券の変動に組み込まれてる訳です。

だから、そう言ってる。

別に景気を定義すれば(かなり不正確だろうけどダウ平均とかね)、債券価格の時系列と
照らし合わせて、「景気による債券の変動」と「その他の要因による債券の変動」の係数を
求めることはできる。

>あなたの考えだと、何故景気以外の指標も加えないのか説明できないのでは無いですか?

好きなだけ加えていいぞ。

>株式市場、現物先物市場、デリバティブ市場、為替相場…。

そういうグローバルな市場の債券への影響を全部加味して一個の変数で一次近似したの
が、俺が言ってる「景気」。

2次の項までしか考えない債券モデルにはそれで十分だけど、もっと加えたければ好きな
だけ加えてよいよ。

2次近似までしか考えない債券モデルに3次や4次の項を好きなだけ加えてよいのと同じこ
とで、計算時間ばかりかかって結果はほとんど同じになるだろうけどな。

>…と言うかそもそも、景気全体を表す金融商品って何?

景気をどう表すかは、マクロ経済モデル次第。

>あなたの場合、自分の頭で考える前にこれまでの過去の賢い人たちの考え方

「過去の賢い人たちの考え方」って、、、

さんざん引っ張っといて、最後はギャグで逃げるとは。

670 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:27:03 ID:CK0RDNI8
これはもう駄目かもしれんね

671 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:28:21 ID:YQSs4HiJ
>>669
見苦しいなぁ。

672 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:31:41 ID:v7N54wQ5
でこれってさ、実際にやったのは香港系中国人の仕手だぜ
 
香港が中国に吸収されるまえになんとか逃げようとして、日本に
泥ふっかけたのが、アメリカにいったってこと


673 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:32:42 ID:dLJi9syi
>>663
>名前変えただけで規制を回避しちゃったのが問題なんだろ?

規制を回避できてないのに規制を無視しちゃったんだから、普通に犯罪行為。

>見つかったら即摘発ですよ。君の理屈は、「捕まっていない犯罪者がいるから

病平癒の札くらいそこらじゅうの神社で売ってるのに、かたっぱしから摘発か。

警察も大変だ。

>ペイオフは社会の合意事項ですよ。

恐慌には個別会社では対処できないっていう社会の合意事項の一部だ。

>CDSの問題は自分で書いているように、恐慌突入のリスクを社会に負わせて
>しまったこと。1000年に一度のリスクを、自分自身が存在することで
>10年に一度レベルまで高めてしまっている。

お前は、「恐慌リスクに備える」という話(これは、個別会社には無理)と、「恐慌リス
クを高める」という話(これが、CDSの問題)をまとめて「恐慌リスク」と呼んでるから、
わけわかんなくなってるんだ。

674 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:35:03 ID:YQSs4HiJ
ただいま、ID:dLJi9syi が火病っております。

675 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:37:59 ID:p901tXXG
畑買って食糧買い溜めしたほうがいいのか?

676 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:39:41 ID:Kz+EJZ76
良スレというものは閑散の中で作られ
ageとともに高騰し
駄レスの中で消えて行く

677 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:40:28 ID:TCQ41P8l
>>673
お前は、もっと冷静になって俺の書き込みを読め。

話はそれからだ。

678 :学徒:2008/10/03(金) 16:41:44 ID:gzq5t64s
>>676
まさにひとつの言論市場ですな…。

679 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:47:05 ID:YQSs4HiJ
>>669
>そういうグローバルな市場の債券への影響を全部加味して一個の変数で一次近似したの
>が、俺が言ってる「景気」

今になって脳内定義宣言かwww

負けそうになった今になって辻褄をあわせようとしているのがバレバレww

仮に最初から脳内定義だったとしても、自分の勝手な妄想が原因なのに、
その妄想を元に
>404で
 >>通常、債券の過去のデータの期待値やリスクには景気も含まれてる
 >になってねーじゃねーか。
と言って、否定しちゃったわけかww

どんだけ自分勝手なクズ(昌孝)なんだよ。

680 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:48:21 ID:ekeWS9Yt
>>675
食料より種を買い溜めした方がいいな。たまにこんな時は金貨を買っておけと
言う奴がいるが、経済が大混乱中に金をまともなレートで現金化する業者がいる事が
前提になるだろ。ありえないよね

681 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:53:36 ID:lRbVdzKN
>>676
その名台詞なんなの?天才なの?生きるの?

682 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 16:57:33 ID:3ZKcuXAK
>>680
インフレの危険についてはどう読む?

683 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:04:21 ID:TCQ41P8l
>>682
どっちかというと世界同時デフレが心配な情勢。

既にコモディティーバブルも崩壊しちゃったよ。

684 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:04:55 ID:8J1uZOGr
実際の破綻率はおるとAで8%
サブプライムで20%くらいらしいよ。

BBBでもメザニンなら利益出ると思うけどね

685 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:05:18 ID:s5JnxilR
>>680
種籾握りしめて「今日より明日なんじゃ」と言いながら大往生

686 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:05:51 ID:MXePCRLy

倒産保険なら、リーマンの倒産に大金つぎ込んでいた奴とかいなかったの?


687 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:07:04 ID:TCQ41P8l
>>686
AIGじゃね?

688 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:11:27 ID:8J1uZOGr
AIGはリーマンが潰れたから連鎖倒産したようなモンだもんな。


689 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:12:51 ID:pOqsNn2k
こういうのって再保険かけてもダメなのか。保険の対象にはならんてことなのか。

690 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:28:21 ID:oJ0UEzNL
単に大々的に抵当証券をやっていた。

そういうことだろ。

691 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:29:00 ID:ekeWS9Yt
>>682
大昔の闇米を思い出すとさ、かつては無茶苦茶高価な着物とか置物とか
名刀なんかを農家にもってって米にしたでしょ。食い物が一番高価になると思うんだ。
あと、タバコなんか物々交換で価値が高くなるかも

692 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:31:27 ID:3ZKcuXAK
>>683
種籾買っても蒔くところが無いし www 不動産は論外だし、金も危ない、と。
デフレするなら耐火金庫でも買ってタンス預金するか。

693 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:33:31 ID:NWSyDtk9
>>692
紙幣はかさばるから延べ棒でも買っとけ

694 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:35:28 ID:PzJrVxFi
ちゃかす訳じゃないけど、ぶっちゃけ「景気」の係数に「はめこみ」ってのをリンクさせるのを忘れてんだよ。
はめ戦術の総本山がテクニカルに出した係数を重宝してたってのが今となっては笑うとこ

695 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:35:30 ID:IEOLX1Uk
>>692
田舎の土地と家(新車くらいで買える)を買って野菜でも作りなさい。

696 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:41:24 ID:dLJi9syi
>>694
サブプライムもCDSも、リスク評価するときの景気の係数は0なんだよ。

697 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:43:48 ID:YQSs4HiJ
>>696
もう傷口が開くいっぽうだなw

698 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 17:46:04 ID:3ZKcuXAK
>>693
金はいま余剰資金が流れ込んで高騰してるから、もう少し様子を見ようかと。利殖に使う気は
無くて、単なるリスクヘッジだから、落ち着いてから買えばいいかな。

>>695
会社をリストラされたら考える www

699 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 18:01:37 ID:LczzLP48
>>684
ははは、まだ始まったばかりだよ

700 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 18:17:47 ID:mgmvgF9U
民間が抱えてる変動金利付国債がCDS以上にヤバいって本当?

701 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 18:22:39 ID:Kz+EJZ76
日本国債がこれ以上利息少なくなるわけがない

702 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 18:23:17 ID:mgmvgF9U
は?

703 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 18:23:47 ID:3ZKcuXAK
>>696
それが詐欺のトリックか! サブプライムなんて景気が下向いたら破綻するのは
明らかだと思ってたが、それをリスクファクタに入れたら計算が成立しないわけね。

704 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 18:35:00 ID:YQSs4HiJ
>>703
ID:dLJi9syiが知ったかぶりして嘘出鱈目を言い、スレ住民から叩かれているというのは
このスレを見てるだけでわかるぞ。

705 :703:2008/10/03(金) 18:36:40 ID:3ZKcuXAK
>>704
すまん、アンタッチャブルに触ってしまったことに書き込んでから気付いた。

706 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 18:39:18 ID:V6bGoJCB
ツウかなんで75兆が下院でも可決されそうなのにダウも東証も下がってんだよ?
なんでだよ?

707 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 18:39:52 ID:tp0gTVck
75兆じゃ全然足りないから。

708 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 18:41:46 ID:bQhzmeU/
>>706
75兆ドルなら何とかなるかもなー

709 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 18:43:00 ID:v8EqZNFs
終わりの日であることを示すもの

かつてない規模の数々の戦争―マタイ 24:7。啓示 6:4。
飢きん―マタイ 24:7。啓示 6:5,6,8。
疫病―ルカ 21:11。啓示 6:8。
不法の増加―マタイ 24:12。
地震―マタイ 24:7。
対処しにくい危機の時代―テモテ第二 3:1。
過度に金銭を愛する―テモテ第二 3:2。
親に不従順になる―テモテ第二 3:2。
自然の情愛を失う―テモテ第二 3:3。
神よりも快楽を愛する―テモテ第二 3:4。
自制心がない―テモテ第二 3:3。
善良さを愛さない―テモテ第二 3:3。
差し迫った危険に注意を払わない―マタイ 24:39。
あざける者たちが終わりの日の証拠を否定する―ペテロ第二 3:3,4。
神の王国が全地で宣べ伝えられる―マタイ 24:14

710 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 18:46:30 ID:MWewzhH5
>>706
空売りだよ。現物を売ってる訳じゃない。
相場は常に行き過ぎる。
株は所詮企業の所有権。
それを売り続けられる事はあり得ない。
株=企業なんだから、どこかで誰かが欲しくなる。
現にちゃんと下値で買われてる。

国債とかCDSは別だけど。

711 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 18:55:28 ID:gzq5t64s
>>710
ダウは空売り規制してますよね?

712 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 19:01:06 ID:mgmvgF9U
空売り全面禁止ではないってのもあるんじゃね?

713 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 19:04:26 ID:3T+3LFHe
>711
ダウは空売り規制で含み益があるうちに我先に売ってしまう下げか
仕手で吊り上げて売るタイミングを図るチキンレース状態
日経は外資が損失を個人、国内投資顧問から奪取するため空売り仕込んで猛烈な売り攻勢状態
&一部仕手化する銘柄有りでカオス化

714 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 19:29:28 ID:2jQ0k2kY
>>692
歴史的にみて金が一番安定してると思うよ。
ただ、日本にこの影響がくるのにはタイムラグがあるはずだし、
相対的に円が強くなって、
アメリカで金の資産をきりくずす人が増えてくれば
値下がりみえる局面が来るかもね。

715 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 19:55:55 ID:QmJOKFH/
ウォール街のビジネスをマケインはカジノ賭博と言ったが
違う。ロシアンルーレットだよ。

716 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 21:04:30 ID:5oPRGzNX


  素人の俺にもわかりやすく説明してくれ

  資本主義とは終わらないババ抜きなのか?

717 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 21:14:39 ID:nJ2Cd2ry
馬場がどんどん増えてる状態
自己増殖した資本が内部から腐って崩壊
原油と金も崩壊の可能性有
飛行機突っ込んでツインタワー崩壊したみたく
片方つぶれるともう片方も自重で崩壊するのかな
しかしあれはやっぱり予言めいてたよ。亡くなったかたには不謹慎だけど

718 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 21:25:33 ID:gzq5t64s
>>716
と言うか、ある一箇所だけが盛り上がるバブルじゃなく、
もう少し全体が活発になれば安定的な景気が実現できる気がする。

719 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 21:25:43 ID:4cvMNQpm
ギャンブルで借金作ったから
公的資金投入してくれないかな?

720 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 21:37:01 ID:4kKb9wq3
ハイパーインフレ確定でノーポジですら安全でない
金も油も0にはならないだろうけど、どっかでドカンと来るだろうね
資本の安全な逃げ場がどこにもない
どこに逃げても暴落の可能性がある。



721 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 21:39:00 ID:4kKb9wq3
ハイパーインフレ確定でノーポジですら安全でない
金も油も0にはならないだろうけど、どっかでドカンと来るだろうね
資本の安全な逃げ場がどこにもない
どこに逃げても暴落の可能性がある。



722 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 21:40:04 ID:4kKb9wq3
↑失礼した
いまんとこ円に流れてるようだね



723 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 21:48:38 ID:bBGID7gY
ゴールドなんて何の役にも立たない金属なわけで、
ドルが駄目だから、ゴールドを買おうなんてやめておいた方がいい。

ゴールドに価値があるのはゴールドに価値があると信じている人がいるからであって、
別にゴールド自体に価値があるわけじゃない。
そんなのは、ドルに価値があると信じるのと大きな違いはない。


724 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 21:57:14 ID:aFvd/w+7
すんげー簡単に言ってしまうと
ババ抜きやっててババがAIGの元に転がり込んで
AIGは、お父さん(アメリカ)に泣きついたってことかね。

725 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 21:59:06 ID:Z8Uu27lM
>>723

保存性が違う。

紙は燃えてなくなるが
金は溶けるだけ。



726 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:00:44 ID:MXePCRLy
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081003-00000052-yom-bus_all
AIG、米国外の生損保事業維持発表…日本の5会社も継続


727 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:02:18 ID:nJ2Cd2ry
あんな
$を紙でもってるかどうかの話じゃないんだが
んなこといったら金は持ってにげれないよ?

728 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:05:50 ID:FK9Ms3Rc
今日も爆下げ祭くるか??

729 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:06:35 ID:lRbVdzKN
>>719
個人のギャンブルの場合公的資金投入どころか、企業で言う倒産すらさせてくれないのではw

730 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:06:56 ID:ZxL+I+WT
金のネックレスって場合によるけど、こすれて消えるよね
食いもんになるくらいだし

731 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:08:19 ID:p0ZiKKYn
>>725
絶対量の透明性と安定性だろ。

732 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:15:21 ID:h4MOFTOB
>>730
それは安物の金メッキじゃ・・・?

733 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:18:57 ID:BRL3/5KO
>>723
石油よりも金の方が早く枯渇するらしいよ

734 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:22:44 ID:Kz+EJZ76
金を使った工業製品があんまり大量にないから・・・
まだ銀か銅かって倉庫に放置したほうがよさそう それか鉄くずか

735 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:23:53 ID:4Ny+QJAo
地べたが一番ですよ。人は大地を離れて生存できない。


736 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:23:57 ID:Z8Uu27lM
しかし

金とプラチナが大放出だな


737 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:27:29 ID:RO0a3o4C
>>732
純度が高いほど不安定な物質というかそれで高価なんだから仕方ないじゃん


738 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:28:04 ID:bBGID7gY
確かに。東京都心やマンハッタンの不動産を時期を見て買っておけば間違いない。

739 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:30:11 ID:4qcjD9Es
>>735
ラピュタ乙

740 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:32:19 ID:n9aXmjsC
官僚天国ニッポンに怒っている諸君 来るべき総選挙では
自民や民主には入れるなよ。官僚をビビラセル為にも、「紅音ほたる」と投票しよう。
無効票であっても(彼女が立候補しないとまだ確定したわけではないが)その票数で
国民の団結を官僚ドモに示せる。

同時に行われる最高裁判事の信任投票は×だぞ。3権分立をしないで、政権与党
べったりの司法にしているのは最高裁に責任がある。


741 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:34:42 ID:x5KDc7Oj
例えば、株を100万円分買って運用する時に元本割れしないように
保険屋に10万払って元本を保証してもらう。
保険屋は100人に同じ保険を売れば1000万の利益がでて
元本割れが10%以下なら利益になるウマーっていう商品。

だが、株は自動車保険に例えると加入者全員が濃霧の高速道路を
常にトップスピードで突っ走ってるようなもの。
一台でも事故ればあっという間に玉突きが発生するし、気がついた時には
回避不能な超リスク商品ということに気がつけなかったということ。
つまりアホ。

742 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:34:46 ID:OAAnV7OE
馬鹿乙

743 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:35:10 ID:FK9Ms3Rc
反発しておりますな

744 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:37:28 ID:HOhdPRYX
Care of the Devil's Swap

745 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:41:31 ID:4Ny+QJAo
>>739
これから値下がりするはずの不動産を買いましょう。
何故か人は高くなってから争うように買い求める。


746 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:44:16 ID:4Ny+QJAo
>>741
デフォルトは独立事象ではなく、偏って起こることを忘れていたわけですね。
保険でも地震・災害は除くとなっているのにね。


747 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:44:33 ID:4qcjD9Es
アメリカの工作員みたいなレスなくなったなww
これはマジでヤバいんじゃねーのwwwwwww

748 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:45:38 ID:+ch+2L8O
つまりはデフォルトになる確率を甘く見積もりすぎてたのが敗因?

749 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:46:24 ID:0xJpSlH2
資産家に取っちゃ安値拾いの材料でしか無いんだろうね

750 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:49:16 ID:4Ny+QJAo
>>748
ランダムに起こって、大数の法則が働くと考えていたのだろうかな。
秀才の数学者達の頭の中は我々凡人には計りようもない。


751 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:50:10 ID:jWMBNXyQ
>>741

馬鹿なワシにも、よくわかる。
ありがとさん。

それにしても,
野村も,三菱UFJも、
この件の尻拭いを進んでするとは,
もう見ておれん。
日本の金がどんどん海外に出て行く。
これじゃあ,日本沈没だわ。
自分たちで進んで船のそこに穴をあけているのが今の状況か。

752 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:51:44 ID:Z8Uu27lM
>>748

0か線形か無限大にしか単純化できない悲しい性


753 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:52:42 ID:4Ny+QJAo
>>749
競馬でもそうなんですが、パターン買いをしてますと資金枯渇で
負けること多いです。資金が無くなった途端に穴が出ます。
金持ちには勝てません。


754 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:55:13 ID:BRL3/5KO
>>750
役員は自分がやっている間が高収益ならそれで良かったんじゃねーの
バクチを打って収益2倍にすれば自分の年俸が5倍になるなら
誰だってバクチ打つだろ?
たとえ会社が潰れても自分の年俸はマイナスにはならないんだから
そこがオーナー社長との違いだよ

755 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:56:15 ID:MV+gQDfS
過去の統計データを元にして、各景気要素の影響度を
統計学の分散分析等で推定し、それでリスク計算してた
つもりだろうけど、過去に無かった制度(CDS)を入れた時点で
過去の統計データ等は役に立たなくなってるんだな。

金融工学は、言い換えれば「資本論」と同じでもっともらしく
それを信奉する人々がいたが、資本論の前提とした、人間が
理性的に働くという前提条件が間違ってたのと同じ轍を踏んでる
としか思えん、資本論が歴史的に間違っていたと証明されたのと
同様に、現在の金融工学も同じ経過を辿るだろう。

要は、統計学を生半可に囓った文系が、理論の前提条件を
全く理解して無かったって事じゃね?

756 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 22:58:30 ID:gtNmZx/D
緑爺は手を打たなかったの?

757 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:05:37 ID:mgmvgF9U
天才や秀才は実際に良い定量化をしたのは間違いな。
問題はそれを馬鹿が都合よく解釈して、アホみたいな使い方した事だろ。

ちゃんとしたレースで使うべきF1マシーンを「これ早くねwww!?」とか言って
公道でばんばん追い抜いていい気になってたら事故って大クラッシュ、みたいな。

「事故処理に税金使うよ」
「ざけんな」
そんな感じか?

758 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:07:46 ID:3rlN0CZq
今回の騒ぎでは日本は軽傷って、はしゃいでる感があるんだけど
CDSは日本にも大量に埋ってる可能性があるって事でOK?
日経平均が1万きったら株やってみようかと年始頃から考えてるんだけど
やめたがいいかな?

759 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:12:03 ID:4Ny+QJAo
>>758
日本人は農耕民族のため、根っからの博打好きではないから、
CDSを理解していたら取引しないはずだ。知らずに取り引きした
者がいたとしても少数ではないかな。


760 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:13:09 ID:FK9Ms3Rc
反転キタッ

761 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:13:52 ID:r3e8H6VA
投資銀行全滅。ダメリカ崩壊確定。イスラエル土下座寸前。
一年前に誰が予想したか?
いや、新自由主義の崩壊予言はたくさんあったがとても信じれなかった、、、
俺は馬鹿だから、今やっと感じている。


762 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:14:25 ID:hBB3e4xH
金融工学を創った人は優秀なはずなのに
方程式に連鎖倒産の項はなかったんだな
おかしいな

763 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:15:09 ID:mgmvgF9U
>>759
> 日本人は農耕民族のため、根っからの博打好きではないから、
世界史場最初に先物市場開いたの日本人なんがな…

764 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:16:49 ID:FK9Ms3Rc
>>763
ああ、砂糖の商品先物だったかな。

765 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:19:00 ID:4Ny+QJAo
>>763
だけど、幕府は現物で決済することしか認めなかったはず。
オプションはやらせなかった。


766 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:19:36 ID:3rlN0CZq
>>759
そうだといいですね。確かに野村もUFJもCDS大量に保有してたらあんな行動取れないだろうし。
だけど、どんだけあるか解らんってのは怖いね。

767 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:20:35 ID:r3e8H6VA
>>758
相当隠してると思われ。
国内でも中小の銀行は危ないと思う。もう破綻予備軍がリストきっとあるよ

>>日経平均が1万きったら
長期ホールドでリターンを求めないならいいと思う。
デイトレで食ってるような輩は間違いなくこれから激減する

768 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:22:40 ID:hBB3e4xH
大手メーカーの株を長期ホールド予定
今の30代後半〜40代が現役の間は大丈夫だろう

769 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:22:43 ID:Ro0w3vSR
日本人の金融に関する行動も普遍的なものではないようです。



郵便貯金はなかなか集まらなかった。その理由は、当時の庶民にとって、貯金という概念がなかったからであった。

郵便貯金が導入された翌年、前島は浄土真宗の僧侶であった島地黙雷の元を訪れ、一般庶民への貯蓄思想の普及を懇願したが、
「日本人の気質に合わない」ということで断られてしまった。

そこで前島は、貯蓄によって老人や子供を養うことができるという点に着目し、貯蓄の道徳についてを、
小学校の教育に取り入れることを発案した。
このような積極的な活動を通じて、徐々に庶民の間に貯蓄思想が普及し、郵便貯金の資金は徐々に増大し、
貯蓄率も1887年ごろから増加するようになった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%B5%E8%B2%AF

770 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:24:59 ID:BNL3qWPU
163
本来先物取引はリスクを回避させるために開発されたものだぞw
よく聞く話をとりあえず書き込んで先物取引の本質を理解していないのか
165
先物とオプションは全く別のもの


771 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:25:56 ID:5x+B+rlx
>>764
大阪の米じゃなかったかな?

772 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:28:54 ID:mgmvgF9U
>>765
なんか話がずれいてる気がするが、先物やらオプションの元は
それこそ農作物こそ相性がいい。
というか、そこが発祥。

農耕民族だからどうのこうのはピントがずれ過ぎ。

773 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:29:06 ID:jWMBNXyQ
日本の会社が,稼いでも稼いでも,
証券会社を通じて,アメリカに出て行くのか。
郵貯もアメリカへ行くのか。

日本に残るのは何なんだ?

774 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:31:12 ID:FK9Ms3Rc
>>771
小豆という可能性もないか?

775 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:33:11 ID:3rlN0CZq
>>767
電力会社なんかを長期塩漬けで買ってみようかと思ってマス

776 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:35:03 ID:tQ/Zrecm
最近の金融脳ときたら救いようのないバカじゃのう・・・天才も一周
まわればただのアホ


777 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:41:02 ID:orHkD5My
>>763
米だよ米。
大阪堂島の米会所で始まった帳合米取引。
でも、あれは博打のためじゃなくて、そもそもの目的は米相場の安定を
狙って始まったんですけどね。
でも、「帳合米」という言葉が示すように現物米(正米)が実物に裏づけ
された米を取引するのに対して、先物は帳簿上の金銭決済だけで
現物米は登場しない(先物なので現物がないのは致し方ないが)。
だから現代のような空売り空買いも盛んに行われるようになって
投機的思惑からドラスティックな相場変動が起きるようになって、
幕府も頭を悩ませ、度々禁止が行われたりもした。


778 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:42:41 ID:3aIK2XMW
>>775
まったく同じ事昨日思っててワロタw
やっぱ株初心者って考える事同じなんだなーって思ったわ

779 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:45:25 ID:99QDATmy
>>769
貯金という概念はあったじゃない、昔話にも壺に小銭を貯めて床下
隠す話がでてくるから、郵便貯金のように、みんなの金を一カ所に
集める概念がなかったんじゃない?

780 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:49:10 ID:r3e8H6VA
阿保ぞら銀行、神政とかヤバいんじゃねw
リーマンでも相当損こいてるよねwたぶんあるでしょw
そんでアホ空には正義の鉄槌がおりるんじゃないの?
もうダメリカについてく時代は終わったよ。
選挙後にはイラクもアフガンも尻尾巻いて逃げんでしょ
そんでドル破綻宣言でしょ。

781 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:57:19 ID:4Ny+QJAo
>>777
そうか、勘違いしていた。
手付け放棄は許されず、金銭決済を必ず行わねばならないだけであったか。


782 :名刺は切らしておりまして:2008/10/03(金) 23:59:20 ID:3rlN0CZq
>>778
初心者が考える様な同じ事なら、あんまり上手いやり方じゃないんかな?

783 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 00:06:40 ID:orHkD5My
>>781
オプション取引は行われなかったのだが、レバレッジというか信用取引や
Nakedは盛んに行われていたから、投機的雰囲気は充満していたと思われます。


784 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 00:08:45 ID:hDM05fXZ
CDS以外の金融派生商品は大丈夫なの?
金利スワップとかその他もろもろ。

785 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 00:39:16 ID:fVDfqUo8
>>675
農地法という法律があります
農業に精進する見込みのない人には農地は買えません
市民農園という制度がありますのでこちらをご利用ください
本気で農業をやるのならそれなりに研修や雇いで経験を積む必要があります

786 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 00:56:01 ID:390NoASp
>>782
こういう状況になると、
みんな手堅いとこに流れるから、
利益らしい、利益はでないだろ。
まあ、資産保持ぐらいにはなるかもね。
でも、それじゃあ株の意味ねえw
まあ、株主優待券目当てぐらいならそれでもいいけど

金でも買っておく方がよっぽど安全。

787 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 01:15:01 ID:7ILJ2LYr
で、JPモルガンの連中のタイーホはまだなの?

788 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 07:02:01 ID:rJEL/9l8
赤旗ー「資本主義の限界」志位委員長に聞く 『週刊ポスト』が4ページ特集
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-09-02/2008090202_03_0.html
 企画の中で、志位委員長は、キヤノン長浜工場の調査に入ったときのことを語
り、「さながら現代の『蟹工船』です」と告発。不安定雇用に苦しむ若者に
「悪いのはあなたじゃない」と呼びかけ、「若者に“使い捨て”の労働を押し
つける社会、経済、政治の仕組みこそ間違っている」と力説しています。

 そのうえで、地球規模での貧困、飢餓、投機マネーの暴走、環境破壊など“
資本主義の限界”が問われる状況を、国民生活との関連や世界の状況から具体
的に説明。「これらの問題解決のために、まず資本主義の枠内での努力が必要
ですが、その根本解決のためには、資本主義を乗り越えた新しい社会をめざす
――『資本主義の弔鐘が鳴る』時期がやがて必ずやってくる」と語っています。

789 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 10:44:23 ID:RM/D18A7
CDSの残高は減っていってますから、見た目ほど凄くは無いです。

790 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 10:51:34 ID:oo4q4ALv
下院で可決したのに直後のNYダウ急落してるな

791 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 10:52:52 ID:vafn+t76
>>790

市場のスピードは速いからな。将来の悪材料に反応しているんだろ。

792 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 11:32:35 ID:KwtnSt84
>>759
日本民族は狩猟民族です 日本史習いませんでしたか?

農地が大好きなのは農地解放で小作人が土地をもったからです

793 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 11:34:28 ID:m4P2KbnC
>>775>>778
うちのじーさんは40年以上前、排ガス規制でホンダの屋台骨がやばいとき、取引先を通じて
ホンダがもう手形もこれ以上切れない、新株発行するから引き受けてくれないか、ともちかけ
られて、しぶしぶ引き受け、低公害エンジン開発成功、CVCCエンジンの成功で株価暴騰、
その後もちまちま買い増しして、定年退職後の今はばーちゃんと毎年海外で遊んでる。
最終学歴国民学校のライン工上がりなんだけどね。
ちなみに世界一周の船旅などは「暇すぎて気が狂いそうになる」そうです。


794 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 11:39:22 ID:KwtnSt84
農耕民族                           <------------------------------------>                 狩猟民族
4大文明発祥地 --------(比べ物にならない壁)------------フランス、イングランド、日本---ドイツ----アイルランド--------遊牧民、アボリジニ、アフリカ人の一部等     
 (マヤ、アステカ、エジプト、イスラエル、黄河、インド)

795 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 11:52:10 ID:632QhR8n
ようやく全レスを読み終えた。
金融で食べていこうとする国まである始末ですから、根っ子は深いな。
ともかく、債券市場を整備し直して、債権に市場価格が付くようにしなけ
ればならないことには始まらない。


796 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 11:54:33 ID:632QhR8n
>>789
どうも、CDSからの派生商品に注目が移っているみたいですね。
CDSの保証料をプールにした証券化商品が売られているとか。



797 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 12:06:27 ID:RbtX41eq
>>796
それは中国韓国がよくやる、偽物贋作販売だね

798 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 12:12:17 ID:Nhb9+BCC
アリコとか、CDSを売ってんじゃないの?

799 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 12:13:54 ID:VEVLeAKv
 中国は静かに「ある時」がくるのを待っている。
 国家ファンドをねらって、米国が次の条件を出してくるのを、北京はひたすら
待っているかのようである。
 おりから来日したCIA元幹部アーサー・ブラウンは「北朝鮮の核武装を米国は
黙認する」「中国が台湾に物理的行動にでても、米国は静観する」「尖閣諸島に
関しても同様、米軍はなにも出来ないであろう」と、驚くべき米国覇権の大後退
という未来図を示唆した。
 連関が浮かび上がる。
 中国は米国が提示する次の条件を待っているのである。ウォール街が悲鳴を
上げれば上げるほどに中国のカネが政治的に有効に利用されるという千載一遇
のチャンスが、いま、そこにある。
 日本の安全保障にとって、たいそうな危険な方向が透けて見えるようである。
http://www.melma.com/backnumber_45206_4243739/

800 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 12:20:40 ID:kIqBuvp3
メキシカンがちゃんとローン返せば問題なかったわけだよね?

801 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 12:21:47 ID:KwtnSt84
>>800
カボチャやサボテンもローンを支払えるなら問題なかったね

802 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 13:15:51 ID:SsFYLneW
>>800
問題は、『なぜサブプライム層に住宅ローンを貸し付けるという、
高リスク融資に走ったのか』でしょう。

それを可能にしたのが、証券化であり、
証券の貸倒れリスクに対する保障たるCDSであったわけですよ。

証券を売却して、キャッシュを確保して、
また新たにサブプライム層に貸付けて、また証券化して売却する。
貸借対照表上、ハイリスク債権が残らないから安心でしょう。


803 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 13:55:52 ID:SAwzKzar
アメリカって日本に株式の持ち合いを止めさせたくせに、自分らは複雑な網の目のような信用創造して、ほころびが出たらこのざまですか。

804 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 13:59:09 ID:SAwzKzar
>>800
YOUTUBEで、サブプライムホームレスをみたときには、意外と黒人や中南米系は少なかった。
白人、目がどんより、メタボ、ちょっと池沼っぽいみたいな、日本で言えば公営住宅に住んでて子だくさんで給食費払ってなさそうなタイプっぽかったよ。

805 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 16:53:59 ID:JvDgsEn9
>>804
かっての失言である「日本人は真面目に借金を返すが、アメリカには黒人や
ヒスパニックなんかがいて、破産しても明日から金返さなくても良いアッケ
ラカのカーだ」は過去のことで、今は白人層に移っているのか。




806 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 16:56:04 ID:JvDgsEn9
>>802
日本と違って住宅ローンはリコースであること、また、ローン債権を買ってくれる
公社があることが大きいみたい。


807 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 18:27:55 ID:nA5/yo0H
>>805
ダメリカってローンは人じゃなくて家につくっていうレスを見たけどそのせいじゃね?


808 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 19:14:33 ID:T/+Q7ifp
日本でも住宅ローンをノンリコースにするべきだと思うけどね。
例の姉歯事件のような場合でも被害者は家を手放すだけで債務から開放されるからね。
建物が長期保証じゃないし、土地の持分が少ないマンションなんか特に

デベロッパーに10年瑕疵責任負え!つうより、こっちのほうが、お互い、安心なんじゃなかろうか??
毎月に支払いも賃貸と思えば安いわけだし。

809 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 19:38:18 ID:sQSSuo6o
ノンリコースにすると金利が跳ね上がるだろ。
支払いがきつくなるぞ。

810 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 19:59:17 ID:kIqBuvp3
ニュースでサブプライムのことやってたとき、
1年目はいいけど2年目から毎月40万円くらいの返済額になるとか言ってたな
2年以内に不動産売却することが前提のローンらしいね
それが地価が下がって売れなくなって破綻者続出、と。

811 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 20:05:24 ID:P/TAN23S
>>808
ローン審査がいくら通るのかが問題だ
誰も買えなくなる予感

812 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 20:36:49 ID:pldSorzj
>809
最初の数年は金利半額分だけの支払いにしておいて
給料が上がるであろう数年後に金利+元金の支払いにすればいいんじゃね?
どこかでみたことがあるような金利形態だけど気にしない。

813 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 20:46:14 ID:MnLKa6TI
ノンリコースをぐぐってもサッパリなおいらにに3行で説明せれ

814 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 20:49:51 ID:IwXVQ+73
担保価値が落ちて債務と釣りあわなくなっても、
担保と債務の相殺で済ませられるのがノンリコース

815 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 20:55:26 ID:v+33J5ap
数年前アメリカ人が住宅を手に入れて地価が上がった時
何をしたかというと、担保価値が上がって限度額に余裕が
できたから更に借金したんだよな。
もうその発想がね・・・。

816 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 21:00:36 ID:PIYNV2Fh
>>815
>何をしたかというと、担保価値が上がって限度額に余裕が
テレビでも良く見ましたね。。。 絶対に地獄に堕ちると思いましたが、
以外に早かったなあ。

817 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 21:09:50 ID:7489Jc/z
連帯保証の連鎖・・・
言葉も出ない。

818 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 21:29:52 ID:VPJwgkGt
もう随分前にアメリカの超有名な投資家が資本主義はもうだめぽ
といって引退したと思ったけど、あれだれだったけ?

819 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 21:33:41 ID:GVY/bCsW
サブプライムより深刻・CDSの闇(1/2)
http://jp.youtube.com/watch?v=IO0tHequIZA

サブプライムより深刻・CDSの闇(2/2)
http://jp.youtube.com/watch?v=A2dAWHPRHgA

820 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 21:48:49 ID:p/EaO0PY
>>127
これはためになりました。
金融の入門書で確認しながら読むと、かなり理解が深まった。




821 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 21:52:44 ID:sQSSuo6o
CDSの価格が見れるサイトとか無いですかね。

822 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 22:00:29 ID:RBr64R3q
日本のでよければ
http://www.j-cds.com/jp/index.html

823 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 22:04:20 ID:p/EaO0PY
>>822
こんなのがあるわけですか。
ありがとうございます。


824 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 22:21:01 ID:sQSSuo6o
>>822
ありがとう

825 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 23:02:19 ID:ayFmQyP4
>>822
ほぼ思っていたところに近いが
三洋電機が低すぎで
住友不動産が高すぎのような気がする

826 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 23:04:51 ID:T/+Q7ifp
これって5億円の保証する、保証料金という意味合いなの??>>822
ソフトバンクって他界のねえ

827 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 23:42:57 ID:I5vQoHgq
>>805
そいつの息子は日本の外貨準備をもろともアメに突っ込もうとする国賊だ。

828 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 23:47:43 ID:OqkTe39V
日本はアメリカにたよらずとも大丈夫な防衛力を早急にととのえるべきです。
アメリカが弱ると侵略国家中国 ロシアがすぐ動くでしょう。平和のために
外国と話あう外交力も強化しなければ。贅沢のために国民を外国にうりはら
いかねない人は。外においはらうべきです。とくに政治家 役人 警察のな
かからは。
美味しい普通のごはんと野菜と水とすこしの酒があり、衛生的に暮らせたら
十分贅沢ですよ。農業も健康であれば楽しい。快適であれば豪邸はいらない。
心配なのは貧乏より戦争です。

829 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 23:49:36 ID:L/Tb6dwT
>>822
これは面白い

830 :名刺は切らしておりまして:2008/10/04(土) 23:58:23 ID:DawPo3f/
>>825
>>826
CDSは基本的に>>1にあるように
「貸し手のリスク」を軽減するものだから
1、対象会社への貸し手が多い(借入金が多い)=「CDSの需要が増加」
2、デフォルトの確立が高い=保障費が高い

の二つの場合に高くなる
1の場合にはCDSの需要が大きくなってもCDSの保証方はいるだろと思うかもしれないが
一社のCDSを大量に持ちたがらないこと、
CDSの派生商品に組み入れて消費するにもあまりに大きな割合を取れないこと
から起こる


831 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 00:34:53 ID:Gt/3bY65
見方がよく分からない人は、チャートの値が高いほど倒産の危険性が高いって覚えればいいよ。

832 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 00:41:41 ID:2R11RVKs
>>67
ありがとう 分かりやすいですよ。

833 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 00:44:43 ID:x4/gt2fl
CDSって連帯保証人会社みたいなもんなんだな。
だから保証してくれ!って頼むと「あんたは大企業に勤めているから、お安くしておきますよ」とか
「あんたは他にも借金があるから、相当もらわないと保証なんかしませんよ。プゲラ」
という値が、そのCDS参考値なんだな。

建設が軒並み高いのは言うまでも無いが、ソフトバンクやアイフルが桁違いに高いのは借金が多いからだね。

834 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 01:21:59 ID:GO4wlvaP
同業における勝ち組負け組が非常にわかりやすいなw
これは重宝しそうだ。

835 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 01:32:51 ID:WuuinyMG
でもこのリスクの見積り自体信頼できないような気が…
格付け機関もあてにならないのわかったし

836 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 01:37:22 ID:Gt/3bY65
>>835
じゃあ絶対に信頼出来る金融情報って何?って話だ。
あらゆる要素を絡めて見るのが普通だろ。
判断材料の一つとしては十分有効な数値だと思うぞ。

837 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 01:54:35 ID:Uj6rB+37
君たちは、長ーい夢を見ていたんだよ。

そして目覚めてはっと気づいた。

お金って只の紙切れだったんだって。

838 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 02:26:40 ID:Z7Bj3g6x
>>837
そうだね。だから君の持ってる紙切れ全部オレにクレクレ

839 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 02:39:42 ID:whys0n7g
日本のたんす預金30兆円、諭吉の総数の4割。
これは国や銀行・金融界への不信が原因だろうけど
これをどう吐き出させるかを政界は思案しているだろう。
その一端がバラマキにつながっているのかもしれない。
どうせ金あるしって感覚ではないか。
どうせデノミしても皆金持ってるしって感じかなぁ。
GOLDの価値がさらに上向くかもしれないなぁ。

840 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 03:09:48 ID:HZTx1FoI
>802
ブッシュの政策が国民皆住宅取得だったからなw
バブルの最中に証券会社が証券を売る相手が居なくなってとうとう低所得者にまで売り込んで儲けようって考えたのが間違いだったんだよ
プライム層までなら住宅価格が上がらなくなってもローンの支払いが滞る率は低かったが
サブプライム層は住宅価格が上がらなくなった時点でアウトw

841 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 03:56:30 ID:j42O0Vtn
ほう

842 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 04:26:21 ID:Uol0wvZN
どんなに確率分布を精緻に計算しようが、起こることは起こる、、、そんなの数学をかじった人からすれば当たり前。
そしてすべてが変動し同じままでないのは松尾芭蕉も知っている。
住宅価格もこれから30年も低迷するはずも無い。すべては一瞬の出来事を永遠と考える無知から始まる。
その拡大装置がマスコミの基地外。
どんな立派な企業もいいときも悪いときもある。ただそれだけのこと。

843 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 09:24:59 ID:tYLBc0jZ
経済活動全体には大数の法則はあてはまるだろうが
ひとつの企業に大数の法則があてはまるのだろうか?

844 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 09:48:39 ID:Zyu1H/64
アイフルの数値はすごい、て週刊文春にもあったね。

845 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 09:49:37 ID:9S1cZ670
>>842
この世はすべて変わっていくと最初に説いたのはお釈迦様ですよ

846 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 09:53:28 ID:wtHtOtLB
>>843
経済活動全体に大数の法則はあてはまったら景気変動なんてないでしょ。

847 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 09:53:57 ID:id8wTobf
>>842
しかし、サブプライムは「住宅価格が無限に上がり続ける」事を前提に
してたしなあ。
新自由主義経済自体がそうなんだよね。経済が常に伸び続ける事を前提にしている。
株主は企業の業績が成長し続ける事を当たり前と考えてるし。
そんな事は絶対にあり得ない。投資家はアタマがおかしいよ。

848 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 09:54:58 ID:DyQ2sro/
GOLD相場まっさかさまじゃんwどこが安定なんだよと。
他の銀や白金とかの希少金属も全て原油穀物まで、商品相場は崩壊寸前
みんな考えてるような資産逃避ではもう資産運用なんかできない
まだ円もってたほうがまし

849 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 09:56:00 ID:yvWCaOab
>>842

ただ、住宅価格が30年前の水準に下落する可能性はある。
これから数年でね。
それに耐えられるかという話。



850 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 09:56:14 ID:XYTFa23f
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は人間目線、地球目線、
砂漠目線だが、仏教は宇宙目線。


851 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 10:04:10 ID:70k7heUU
>>850

バラモン教の世界に比べたら仏教も人間目線。

852 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 10:16:21 ID:PD6jekBY
まあすべての尻拭いは日本にさせるから無問題ですけどね
財投さっさと差し出せよ

853 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 10:22:04 ID:uwh1u8XX
>>844
ど〜するアイフル
ってキャッチコピーがブーメランだったとは

854 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 10:28:27 ID:id8wTobf
>>852
日本の国家予算全部注ぎ込んでも多分足りんよ。
日本の立ち位置はボスにつく三下みたいなもんで、本当にボスがやばくなった
時に一緒に死ぬほどの忠誠心は持ち合わせていない。

855 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 10:45:35 ID:PoW6xnTV
>>849
日本の住宅価格はすでに30年前と同じだぞ

856 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 11:21:30 ID:sXlTEtPs
十年位前だったか、「三角手形」の行き詰まりで、ビジネスホテルで"仲良く"
首を括った三人の経営者の『事件』を思い出したよ・・・

857 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 12:05:37 ID:kRfmWPCK
>>848
手放したくないけど手放さざるを得ないでかいところが売りまくってるんじゃないかな
もうじき落ち着くよ、多分だけど
株や現金といったペーパーマネーの方がよほどヤバイ
金はどうあっても紙切れにはならないからね
これからは現物だと思う

858 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 12:44:14 ID:EnLTM6zN
>>854

>>852
> 日本の国家予算全部注ぎ込んでも多分足りんよ。
> 日本の立ち位置はボスにつく三下みたいなもんで、本当にボスがやばくなった
> 時に一緒に死ぬほどの忠誠心は持ち合わせていない。

大丈夫だ、日本には三百兆の郵便貯金と千五百兆の個人資産がある
自民党が政権政党である限り、いつでもこれをアメリカに差し出してくれる

ミンスの馬鹿者がこのシステムにメスを入れようとしているが
そんな動きはお前等も韓国のようになりたいのか?
と言って脅しておけば日本人は静かにしているだろう

859 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 12:47:42 ID:xpdaC8cY
>>854
アメリカは中国さまが何とかしてくれるだろう
一番の債権国なんだから

860 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 12:50:53 ID:xpdaC8cY
金融システムが壊れても農業やって物々交換してれば乗り切れる
ソビエト連邦が破綻した時も物々交換で乗り切った

861 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 13:09:09 ID:bSPRPiNr
ここで論じられている事を世界的インパクトで表現できるのは鳩山の友人の友人だけ
そいつらが声明を出してアメにとどめを刺さないのは、あいつらもグル
じわじわ紳士的に空売りして(そのように指導受けてる)めちゃ儲けてる
武器かいまくり
アメリカ武器産業うはうは


862 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 13:10:52 ID:Uol0wvZN
債務超過=破綻 というステレオタイプ マスコミの論調に流されすぎ。
債務超過で死亡宣告ならバブル時にマンションのローン組んだ、まじめなサラリーマンは全部破綻で死亡宣告すべきかい?
違うだろ?企業だってそう。中小企業だってそう、個人事業者だってそう。
金が回ることが大事なわけ。高額報酬にいかるのはいいが、つぶせばすむもんではない。
これを契機に、中小、個人をいかに生かすかをメジャー銀行に考えさせればいい。
とにかく官僚、マスコミのいう、健全とか正義なんて意味の無いものに踊るなよ。
日本の官僚の大失敗が無罪なのに、AIGに文句言っても意味ないやろ?


863 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 13:18:27 ID:GO4wlvaP
官僚の大失敗は政治の責任として自民の長期低迷につながっていますよ

864 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 13:24:18 ID:RmK8f6MK
>>862
まじめなサラリーマンが住宅ローン組んでも貸し剥がしにはあわないし
日々の生活を回すのに借金が必要なわけじゃあるまい? 例としては
どうかな。

モラルハザードの拡大を防ぐ意味でも一罰百戒は必要だよ。
リーマン・ブラザースだけじゃスケープゴートには足りないな。
本当は何人かの個人を背任か詐欺で挙げられるといいんだが。

865 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 13:24:54 ID:WjhUd86U
しかし、ドル円が90円割れるのはそう遠くではないような気がしてきた。
円最強!!!かもね

866 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 13:27:31 ID:gAp/DujM
アメリカ人って五年先のことは見えるけど数十年先のことは見えないのな
やっぱり国家の歴史が浅いからか

867 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 13:33:44 ID:KxWGRxL0
結局今回も設けたのは
ロスチャイルド家ロックフェラー家と
ユダヤ資本か

868 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 13:36:18 ID:TPLb2Hlt
>>865
∧_∧
<丶`∀´> ジー


869 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 13:37:18 ID:RmK8f6MK
>>868
こっち見るな

870 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 13:48:00 ID:rogit9lF
>>867
お前が今の経済状況を全く理解していず、ビジネス板には全く向いてむいていないニュー速あたりの2ch脳だということはよく分かった。

871 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 13:51:48 ID:kJUIFAXb
CDSの欠陥は、
「金融危機時には連鎖的な債務不履行により一度に膨大な支払い金が発生する」
この点を織り込んでなかった事だろうな。 

本来この様な金融商品を売り出すなら、上記リスクを踏まえて相当高い保険料を
設定しなきゃいけない筈だった。

872 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 14:56:25 ID:l9VJzC1F
>>848
商品相場はとっくに金融に組み込まれている。
ついでに不動産もね。

この点に気付いていない人が資産逃避とか言っているw

873 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 15:44:06 ID:jzFXR4+U
http://charge.biz.yahoo.co.jp/vip/news/jij/081005/081005_mbiz001.html

独金融大手、救済策が失敗=欧州銀行システム、一段と不透明に
2008年10月 5日(日) 6時42分

874 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 15:57:30 ID:9nGDBHea
「CDSセクター・グラフ(GCDS)」機能の使い方、わかる方いらっしゃいますか?

875 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 15:57:58 ID:wtHtOtLB
これで日本のGDPランクは上がるだろ。
それだけで満足じゃw

876 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 16:02:41 ID:sXlTEtPs
「No.2」は当分変わらんぞ・・・

877 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 16:05:50 ID:sahWxMdc
>>875
GDPランクは上がってもお前のランクは上がらんぞ

878 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 16:06:18 ID:wtHtOtLB
>>877
下がらなきゃ良いです!

879 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 16:07:04 ID:zq9xA/uH
東大や京大の理系ならともかく、MITじゃダメだな。
外人って数学弱いから、モデルが実務上、机上の空論って事に気付かなかったんだろ。

880 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 16:09:54 ID:RE5Gl0WP
>>874
分かるけど受講料の取れない相手には教えない。

881 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 16:16:36 ID:VOs5hQqz
もう少し生け贄がないとすっきりしない罠。

882 :名無しさん@お金いっぱい。:2008/10/05(日) 16:19:48 ID:0oIHLx04
この記事はわかりやすいね。

いくら金を貸しても保険料払えば、BSから外せた便利な仕組みだったんだね。

そりゃあ、リスクがないならバンバン金貸すよな。

883 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 16:20:09 ID:/W3Rohmt
こんにゃくぜりーよりは遙かに危険だよな。

野田は即刻社長を呼びつけて禁止にしろよ。


884 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 16:24:16 ID:1W3pddrR
>>873
これはもぅブラマン


885 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 16:28:15 ID:id8wTobf
>>873
あれ?これが合意したから金曜の欧州は株上がったんだったよーな。
撤回されたらちょっとヤバイんじゃないの。

886 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 16:45:19 ID:U1WqWjTD
>>127
リンク先、

>ゴールドマン・サックス・グループとモルガン・スタンレーは商業銀行ではないため、OCCは
>スワップ取引高を把握していないが、格付け企業フィッチ・レーティングス(ニューヨーク)に
>よると、スワップのカウンター・パーティとして最大規模だという(フィッチは具体的な金額を
>明らかにしていない)。

って、さりげなく凄いこと書いてあるね。

887 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 16:51:47 ID:w5b1eCu7
>>879
二週半ぐらい回って
天才がアホになる感じ

888 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 17:49:54 ID:pLXszk5J
ここにいる奴は誰一人CDSのことを理解していないなwwwwwwwwwwww




よく理解できてないものに対して断定的に言葉を発言するとは知能が低すぎるwwwwwwwww




デリバティヴは損益ゼロだから誰かの損は誰かの利であって経済全体でみれば損益はゼロなの




例えばGMのCDSを売った人と買った人がいてGMがデフォルトすれば買った人は儲かって売った人は損をする




それ以上でもそれ以下でもなく第三者からみれば金がAからBへ移動しただけで何の意味もない




CDS悪者記事なんてのは全ての元凶は宇宙人だぁぁっていってるのと同じ知能レベルwwwwwwwwwwwww




無知は罪なんだよ自覚しろwwwwwwwwwww

889 :名無しさん@お金いっぱい。:2008/10/05(日) 17:52:54 ID:0oIHLx04
>>888
CDSがあるから無闇に貸しまくった、って記事なんだが? 

本・新聞を読んでないだろ?

890 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 17:56:29 ID:JZdDLtVa
高度成長期に稼ぎ
バブル経済の恩恵を受け
リストラなど知らず
年金は60歳から満額ですが
保険料負担は拒否します
               ―――後期高齢者

891 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 17:58:05 ID:aWZVTLSq
>>888
CDSの補償額を保証できないという事は、本来誰かが自己資本の範囲内で
しか貸し付けできないはずなのに、それを逸脱していたという事。
でなきゃAIGは飛びません。

892 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 17:59:26 ID:yyUjQs5I
>>888
馬鹿じゃね?
倒産しなかった間に儲けた分を、投資家から剥ぎ取る具体的な方法でもあるのか?


893 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:01:46 ID:RmK8f6MK
>>888
胴元がいるだろ、詐欺まがいの商品を開発して大儲けした奴が。

894 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:03:41 ID:pLXszk5J
だからさー




大損した奴の裏には大儲けした奴がいるんだよwwwwwwwwwwwwww




経済全体としてはプラマイゼロなのwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

895 :名無しさん@お金いっぱい。:2008/10/05(日) 18:06:28 ID:0oIHLx04
>>894
破産して借金を踏み倒した奴が、『儲けた』というならな。

896 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:06:34 ID:bg1EqWH3
無駄に行間をあけて必死なのがいるな。

897 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:06:40 ID:pLXszk5J
じゃあAIGが飛ぶような損失って損失の意味わかってんのおまえらwwwwwwwwwwwwwww





CDSで保証する義務があってその潜在的義務がとんでもない含み損を抱えていたからぶっ飛んだことぐらいわかるだろ?




てことはAIGに対して膨大な含み益を抱えてボロ儲けしてる奴もいるってことぐらい気づけよwwwwwwwwwwwwwww

898 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:08:30 ID:aWZVTLSq
>>894
ちと違う。
ゼロサムなのは確かだが、投資資金のほとんどは「借金」だったんだよ。
つまり儲けのほとんどは借金の返済に使われて、何も残らない。
日本でもバブル崩壊した時みんな思ったよ。
「あのジャブジャブあった金はどこに行ったのだろう?」

899 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:08:49 ID:S2odDwRs
>>894
いま起きているのは、プラマイゼロではないよ。
CDSが飛んだ時に、保証している会社がとんで、担保の価値も下がっている。

900 :名無しさん@お金いっぱい。:2008/10/05(日) 18:08:59 ID:0oIHLx04
頭にも、行間にもユトリがありすぎの奴・・・ ( ´゚,_ゝ゚):;*.':;ブッ

901 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:13:53 ID:pLXszk5J
金融のプロフェッショナルがおまえらサルでもわかるように解説してやってんのにホント救いがたいなwwwwwwwwwwwwwwwwww




偏差値70以下のバカ高校生に家庭教師してやった時を思い出したわwwwwwwwwwwwwww

902 :名無しさん@お金いっぱい。:2008/10/05(日) 18:15:03 ID:0oIHLx04
なんだ ただのアラシか・・・

903 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:15:16 ID:vCJFAJKu
日本の証券危機の時、「簿外債務」や「飛ばし」がマスコミから指弾されてたけど、
CDSはあれをあたかも危機が軽減して、かつ商売の種になるように
「見せかけていた」ようなものでしょ。


904 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:16:15 ID:8phmcdHz
キチガイ降臨

905 :名前をあたえないでください:2008/10/05(日) 18:17:42 ID:obNHtxq/
1990年に100億で土地を売ったが
その金はまだもっとる
泡は消えん

906 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:18:21 ID:pLXszk5J
おまえらがあんまり無知蒙昧で哀れだから救いの神の手を差し伸べてやってんだろwwwwwwwwwwwwwwwww




泣いて拝聴しろよ




おまえらじゃあ理解できない代物だから簡単に教えてやってんだろwwwwwwwwwww




とりあえずハイイールドの5-8%トランチェのシンセティックCDOのプライシングの方法論の一つでも語れる奴なら俺様と対等な会話をしても良いぞ

907 :名無しさん@お金いっぱい。:2008/10/05(日) 18:19:24 ID:0oIHLx04
各々方、プラマイゼロ厨はスルーで・・・・

908 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:21:15 ID:pLXszk5J
それ以外は何も理解できてない証拠なんだからしったかぶりは止めろwwwwwwwwwwwww




お前らがいってんのは写真取ると魂抜かれるといってるぐらい低知能なんだよwwwwwwwwwwwww




原子炉開発のプロが原子炉の安全性をシロウトに説明するときには結論しか言わんように




金融のプロである俺が結論だけ教えといてやるとCDSの商品性に問題点はゼロ

909 :名前をあたえないでください:2008/10/05(日) 18:23:04 ID:obNHtxq/
CDSの商品性てなんなんだ

910 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:25:03 ID:NIcNPCJr
日本のCD売上を壊滅させたCCCDも「CDS-200」とかいう規格だったような・・・

911 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:26:17 ID:j2cRE74D
CDSがはじけても、経済全体ではプラマイゼロだから、何も問題がないって…
素人以下の意見のような… 信用収縮って何なのかだれか解説してあげて。

912 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:27:08 ID:pLXszk5J
おまえらの唯一の情報源である低脳マスコミはサル以下の知能指数だが




経済評論家として出てきてるインチキ詐欺師の解説はデタラメ放題で抱腹絶倒wwwwwwwwwwww




CDSの想定元本が7000兆円だから最大損失は7000兆円とかいってる阿呆にそれを信じる阿呆wwwwwwwwwwwwww




年商10億の社長=年収10億だーとか勘違いしてるビンボー人並に哀れだwwwwwwwwwwwwwwwww

913 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:27:44 ID:K4cPoSBc
金融のプロであるID:pLXszk5J さんに質問です
明日の日経は下がるのですか?上がるのですか?お手数ですが教えてください
私は 無知でお馬鹿なので全然わかりません 

914 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:30:24 ID:bg1EqWH3
大損して涙目の奴がいるねw

915 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:30:44 ID:D/0HtOot
プロのプレーヤーは説明などする必要はないが
スポンサーから活動資金を得て社会的に活動する組織としては
ノンプロ「合理人」への説明責任は求められるよ!

916 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:32:50 ID:aWZVTLSq
>>912
なんで?
>>2
にあるように、
最も貸し倒れリスクの高い上位10%を特定して売却したのが最初のCDSじゃん。
しかも連鎖倒産のリスクも考えなければならない。
まあ比率はどうでもいいが、5%倒産したとしても総額の巨大さゆえに大問題だと
思うのだが。

917 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:33:42 ID:vCJFAJKu
バフェットは「判らないものには投資しない」そうだけど、
その理由がなんとなく分かったような気がする。

918 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:34:25 ID:pLXszk5J
想定元本について解説してやろう




例えばX社を参照銘柄としたCDO100億円の想定元本の取引を想定する




AとBがそれぞれプロテクションの買いと売りの取引をする




次にBとCが同じくがそれぞれプロテクションの買いと売りの取引をする




最後にCとAがそれぞれプロテクションの買いと売りの取引をする




この取引の後、ABCのポジションをそれぞれX社の売りと買いを100億円持ってるからX社がデフォルトしても損益はゼロ




正確にはスプレッドの損益が反映されるがそれはABCの合算ではプラスマイナスゼロ




この3つの取引の後に残るのはCDSの想定元本300億円という数字のみ




CDSの想定元本が7000兆円だから最大損失の7000兆円という大法螺な解説の誤りはこれで理解できただろう




これが極めて単純化したCDSの初歩の初歩




おまえら低脳は会話禁止な




賢い人間の言うことだけ素直に聞いとけば間違いはないんだよwwwwwwwwwwwwww


919 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:43:39 ID:aWZVTLSq
>>918
そんな取引は誰も儲けないから成り立たないと思うのだが。
AGIとか最終保証者がいて、それが飛んだわけでしょう。
保証で儲けるってそういう事。


920 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:44:17 ID:pLXszk5J
ようやく少しは理解できたようだなwwwwwwwwwwwww




お前ら幸せ者だぞ!




俺がもし講演すれば1時間100万は余裕で取れるぐらい価値のある知恵知識をもってるからなwwwwwwwwwww

921 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:45:33 ID:j2cRE74D
なんだよくわからん説明だな。CDSは別に怪物でもなんでもなくて
>>1はただのヨタ記事であるといいたいのかね。しかし>>1とpLXszk5J
を比較すると、やはり>>1を書いたやつのほうが賢そうだなぁ。

922 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:47:17 ID:pLXszk5J
質問の仕方に気をつけろってのwwwwwwwwwwwwwwwwww




私が間違ってるのは確実ですが理解できないのでもっと教えて下さいだろwwwwwwwwwwwwww




想定元本に関する説明は以上はわかったはずだ




なぜそういう取引をするのかと言えばスプレッドが違うからであり他のポジションとの兼ね合いで取引するからだ




1時間100万というのは一人あたりな

923 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:49:36 ID:pLXszk5J
おいおい1の記事を書いてるサルはマスコミだぞwwwwwwwwww




マスコミの金融記事はほぼ全て見当はずれであり加えてCDSのような商品なんて理解できるわけねーだろwwwwwwwwwwwww




世の中には賢い人間とそうではない人間がいるのだよwwwwwwwwwwwwwwwwwww

924 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:50:44 ID:7ID0Hhq0
>>922
天才様、私は理解できないばかものです。

ガンダムかドラえもんにたとえて説明していただけないでしょうか。

925 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:52:29 ID:k6ovkuiM
倒産、連鎖倒産を考えると相対取引(先物、オプションなど市場取引以外のもの)の
金融派生商品(金利スワップなど)は大丈夫なのでしょうか?

926 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:53:11 ID:pLXszk5J
もう少しおまえら愚者にサービスしてやろう




CDSに問題は全く無い




この結論は動かない




その上で今起きているクライシスの原因は他にある




それを理解しているのは俺を含めて世界中でも数百人単位だろうなー




バフェットは投資のプロであって最先端のCDS関連のデリバティヴと証券化を組み合わせた商品を理解してるはずねーだろ




畑違いなんだよ




ただバフェットが賢いのはよくわからないものには手を出さないこと




お前らみたくよくわかりもせずわかったような口を利くのとは大違いということだwwwwwwwwwwwwwww

927 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:54:19 ID:yplOrTJb
どうしてムダに改行が多いのか教えてください。

928 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:54:29 ID:q3+EDIGI
説明がカタカナばかりで分かりにくいよ

929 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:54:56 ID:BntgVhXU
>>927
ワロスw

930 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:55:11 ID:q3+EDIGI
他にある原因を教えてください

931 :913:2008/10/05(日) 18:55:57 ID:K4cPoSBc
ID:pLXszk5J さん
913ですが 私の質問はわからないからスルーですか?

932 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 18:58:11 ID:aWZVTLSq
>>918
やっぱりわからん。
この例でABCはそれぞれ100億ずつ損したわけだ。
合計300億。
これをうんと拡大させて7000兆円にしたとして、問題にならなくなるのか?
どこにその7000兆円があるの?

933 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:00:56 ID:j2cRE74D
Wikipediaを読むと、CDSには問題ありありじゃん。

CDSには自己資本比率維持の規制がかからないから、自己資本に比して
巨額の保証をおこなうが、いったん破綻すれば、その影響がどこに及ぶか
わからない。AIGはとてつもない巨額の保証をおこなっていたから、救済対象に
なったわけだ。

CDSは想定外のシステミックリスクを排除しているともいわれる。要するに
最近の連続的な金融破綻など想定外の事態に至れば、いつどこに問題が
噴き出してもまったくおかしくないっつーこった。

934 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:02:26 ID:KTABe0se
>>890
その5条件を全部充たす人は兵隊に行って、命からがら帰ってきた人が
多い。


935 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:02:56 ID:jzFXR4+U
>>894
釣りを承知で。

CDSは企業についての保証債券ではなく
債券その物(サブプライムのCDOとか)についての破綻保証がその殆どを占める。

そしてもっと問題なのがその保証された債権をまた別の債券に組み直して
また別の金融機関が保証を付けて売り出すと言う事をやっている。

また、ヘッジファンドなどはよりCDSを発行する際により高いプレミアムを得る為に
わざと高いプレミアムを得る為に破綻懸念の高いジャンク債(格付けの低い債券)に
自社保証を付けて独自発行している。

で、その後ろ盾に成ってるのが大手金融機関だけど、この分の不良債権額は未だに明らかにされていない。
有る程度大きな規模のヘッジファンドっていうのは元々銀行の関連企業や1部門の事で
ココが破綻すればお互いにCDSで債券も含め、複雑に保証し合ってる大手金融機関が次々に
連鎖破綻する可能性が有る。

シティなどは一見ケリが付いた様に見えるが全然違う。
シティについて言えばこないだ中国の政府系から受けた資本注入の殆どが
自社傘下のヘッジファンドの不良債権分に消えたという話しも有る。
あと3月にもレバレッジの高い地方債へ10億ドル資本注入をしたが
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK812078220080311
この他にもまだ莫大な焦げ付き債券を抱えているらしい。

そして他の大手銀もほぼ同じ状況。バンカメとくっ付いたメリルとかもな。
だから今回の75兆は多分不良債権の中身を明らかにしないでこの方面につぎ込まれるだろう。
つまり事態の先延ばしの為に75兆を使うだけの話しだ。

この75兆が通らなかった場合は10月末にバタバタ逝っていたらしいが
これで3ヶ月ほどは先延ばしできるらしい。




936 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:04:23 ID:KTABe0se
>>898
>>「あのジャブジャブあった金はどこに行ったのだろう?」
日本人全員の懐に少しずつ分散して入った。
私も今の貯金の多くはバブル時に貯まった。

937 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:06:40 ID:pLXszk5J
CDSが自己資本規制に引っかからないだと?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




とりあえずBasel2でも勉強しろやwwwwwwwwwwwwwwww




935みたいなとんちんかんな釣りにはもう引っかかるバカはおらんろうてwwwwwwwwwwwwwww

938 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:09:03 ID:pLXszk5J
最先端の金融技術について理解できてる奴なんて世界中でも数えるほどなんだよwwwwwwwwwwwww




そういう類の情報をwikiで信じるとか基本的な知能がなってないぞお前wwwwwwwwwwwwwwwww

939 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:10:18 ID:aWZVTLSq
>>938
世界の大多数の人間が理解してもいない仕組みだとしたら、
それは大問題だなw

940 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:12:22 ID:obNHtxq/
pLXszk5Jさん 長くなるとおもうが  数式を交えて詳細に説明し欲しいが


941 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:12:31 ID:pLXszk5J
原子炉の構造を理解してる者がごく少数でも一般人が原発による電力を使うことはできる




結論だけ言えばCDSに問題は無く1の記事は全くの見当はずれで話にならない




現在の危機の理由はそういうものではない




それだけ理解すればお前らは大多数のアフォよりは賢くなれる

942 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:12:32 ID:KTABe0se
>>937
それで、今後は具体的にどのようになるのですか?
将来を予測してこそ、貴方の考えは認められる。


943 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:12:32 ID:U1WqWjTD
このスレで、CDSの犯罪性の本質が暴かれてるもんだから、スレ流そうと必死な奴がいるな。

手遅れだけど。www


犯罪性の要約が、これな。

>>294
>他社にCDSを引き受けてもらえば準備金を積む義務がなくなるなら
>A社とB社が相互に同等の規模の債権のCDSを引き受けあえば
>準備金は積まなくてもよくなるのか?

>>696
>サブプライムもCDSも、リスク評価するときの景気の係数は0なんだよ。

944 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:12:52 ID:jzFXR4+U
>>937
投資銀行は自己資本比率に引っ掛からないよ。
格付けさえ保てれば自己資本に関係なく無制限に債券を発行出来る。

それが投資銀行のメリット?(騙しのテクニック)だった。


945 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:13:45 ID:jV1rkZQx
937=926=・・・の言い方は他の人には不快だろうが
言っていることは正しい。

おそらくこの掲示板にいる大半がCDSやそもそも債券すら扱ったこと
がないやつらが記事と調査だけで話しているだけだろうからしょうがないが。

946 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:14:11 ID:KTABe0se
>>944
無知なんですが、日本には投資銀行なんかあるのかな

947 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:15:46 ID:j2cRE74D
まあ、金融の世界じゃ、自称賢いやつのいうことを鵜呑みにしていると
有り金あっという間に巻き上げられてスカンピンになるのが落ちだから
俺のいうこときいてりゃいいなんていう奴のいうことを鵜呑みにしては
いけない。これ第一原則。

948 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:15:53 ID:mVpvqgPX
ウォール街は巨大なのにインサイダー組織だし

949 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:17:57 ID:jzFXR4+U
>>943
投資銀の保有してる債券の格付けがAAとかなら
それを担保にして幾らでも自分でまた債券を発行できる。
発行した様々な債券のフィー(手数料)と引き受けた債券に自社保証を付ける事で
更にその債券の格付けを上げて、それを又売りして喰ってきたのが投資銀行ビジネス。

950 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:19:05 ID:obNHtxq/
まさか特異点がすぐ近くにあるとは
ていうとかだろうな


951 :913:2008/10/05(日) 19:20:01 ID:K4cPoSBc
逃げたかな?w

952 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:20:43 ID:jzFXR4+U
>>946
アメリカ型の投資銀行は無いね。
しかも日本では金融法で様々な制約が有る。


953 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:22:58 ID:jzFXR4+U
結論だけど
>>941は大アホ。

954 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:23:20 ID:j2cRE74D
洋上より艦影消滅。

955 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:23:39 ID:8+5u/bSQ
まぁ、ハイイールドのメザニントランチェなんか、
もうアメリカじゃ全然人気無かったしな。
マークアップして買わされた連中がケツ吹いてるだけ

956 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:23:58 ID:vWbPw0g4
>月曜日にフレディ&マックのCDS決済500兆円が迫っている。

 どんなインチキでごまかすのか?

957 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:24:55 ID:KTABe0se
>>952
ありがとうございます


958 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:25:18 ID:e8e29tUt
>>943
あいかわらず、まさたかがバカすぎて笑えるw

959 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:25:30 ID:uqXxdHyL
債券市場を意図的に機能不全にし続ければ、直接金融が出来なくなって
古典的間接金融に頼らざるおえなくなり、日本型の金融が復活する。
金利も高く吹っかけられるし、いいこと尽くめでね?




960 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:26:44 ID:vEyrdVsv
【コラム】「CDS」:ウォール街を破滅させた怪物(ニューズウィーク日本版) [08/10/01]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1222876805/822

127 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 03:08:49 ID:9L4harpf
CDS市場に潜む崩壊リスクの恐怖
http://www.bloomberg.co.jp/media/pdf/story.pdf

なんとなく解ったつもりになれる。
CDS関連で一番良かった記事。


822 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 22:00:29 ID:RBr64R3q
日本のでよければ
http://www.j-cds.com/jp/index.html


961 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:27:41 ID:e8e29tUt
>>943
犯罪性の要約って、お前の言う『犯罪』が脳内定義だから笑えるwww

962 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:30:05 ID:aUqCD4JC
2 名前:名無しさん [2008/01/04(金) 17:30]
2010年までに資本主義は崩壊する 〜著名人たちの発言集〜

アメリカの経済学者 ラビ・バトラ氏
「どんなに遅くとも2000年までに共産主義は断末魔の苦しい革命を経て崩壊し、
2010年までに資本主義は崩壊する。」
「『富の過剰な集中』が資本主義の崩壊を引き起こす。少数の富裕層はひたすら貯蓄に励んでお金を使わず、多数の
貧困層はもともとお金が無いため消費できない。この『消費の歯車』の停止が資本主義を崩壊させる。」
「原油価格は投機バブルによって1バレル=100ドルを超える。しかしその後この原油バブルは崩壊する。」
「資本主義の崩壊(世界同時大恐慌)はアメリカ住宅バブル・原油バブルの2つの投機バブルの崩壊に端を発する
NY株式市場の大暴落から始まるだろう。搾取的資本主義は花火のように爆発する。それにより「貨幣による支配」は終了する。」
「大恐慌による混乱期を経てプラウト主義経済による共存共栄の社会が実現するだろう。」

ラビ・バトラ氏の恩師 サーカー師
「共産主義は早死にするだろう。資本主義は爆竹のように弾けて終焉するだろう。」

イギリスのコラムニスト ウィル・ハットン氏
「今回のサブプライム問題に端を発する世界金融危機によって、市場原理主義的経済政策は
終わりを迎え、米英中心の覇権は崩壊するだろう。」

経営コンサルタント 船井幸雄氏
「資本主義崩壊によって人々は農業に回帰し、自然と共生する新時代が幕開けするだろう。」

963 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:32:50 ID:OwOXZPow
面白い人がいると聞いて飛んできますた

964 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:40:09 ID:VOs5hQqz
やっぱり投資から貯蓄だね。
外資利権のプロパガンダに騙されるな。

965 :913:2008/10/05(日) 19:42:04 ID:K4cPoSBc
>>963
残念!逃げたあとでしたw

966 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:45:18 ID:qunuyPMO
CDS考案した連中は頭が良いからそのうち破綻するのもわかってる。
結局周り回ってツケは国民に。

頭良いよねー。

967 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 19:49:40 ID:bg1EqWH3
金融庁みたいのが暴走に歯止めをかけなきゃならんかったよね。
最終的にこうなるのは薄々分かっていただろうに。

968 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:04:11 ID:TMonAguF
中途半端にかじった俺からの質問。
間違ってたら指摘して。
ファニーやフレディが発行してる債券って、実際に住宅を買った人達がどうなろうが、ファニーやフレディーが倒産しない限り100%元本は保証されるよね?
それで今回、GSEの名の通り政府に保証されるから大丈夫なんだよね?
サブプライム系の債券は発行体が元本保証しないの?
発行体が破産って聞いたこと無いし。


969 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:06:23 ID:8+5u/bSQ
>>967
金融庁とか、財務省なんてバカの集団じゃんw
pLXszk5Jの言うとおり、CDSに欠陥は無い。

金融当局は、現在のリスクすら把握出来ないことすら解からないし
そもそもCDSが何なのかすら、解からないよ。

CDSが単体でリテールトランチェに出回ることは無い。
大抵はストラクチャードノートに組み込まれる形でマークアップされてる。

解からない奴は、コレだけ覚えておけ。
CDSがらみのストラクチャードノートは、
一言で言えばイールドカーブに対する賭けだということだけ覚えておけ。
そこのレバが大抵一番高いからな。

それでも解からない奴は、貯金だけにしておけ。
カモって事だからなw

970 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:13:42 ID:U1WqWjTD
>>949
>投資銀の保有してる債券の格付けがAAとかなら
>それを担保にして幾らでも自分でまた債券を発行できる。

CDS売る側は、それでいいんだけどね。

自らの貸し出し債権へのCDSを買った銀行が、準備金も積んでない貸し出しをAA格付けが
発行したCDSがあるからとオフバランスした部分が、犯罪。

>>956
GSE債権は政府保証っぽいから、額面で値がつくんじゃないのか?

971 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:19:28 ID:U1WqWjTD
>>968
>サブプライム系の債券は発行体が元本保証しないの?

発行体による元本保証って、発行体が破産した時に何の意味があるの?

>発行体が破産って聞いたこと無いし。

インディマックとかって名前、聞いたことない?

972 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:22:03 ID:e8e29tUt
>>970
だから、お前の犯罪ってなんだ?

脱法と犯罪とごっちゃにしているところが、お前の限界。

そもそも、
>他社にCDSを引き受けてもらえば準備金を積む義務がなくなるなら
>A社とB社が相互に同等の規模の債権のCDSを引き受けあえば
>準備金は積まなくてもよくなるのか?

上記の状態で準備金をつむ必要など全くない。

973 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:25:14 ID:TMonAguF
>>971
インディマックなんてGSEの債券に比べたら大した額じゃないんじゃないの?

974 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:28:26 ID:8+5u/bSQ
>>970
全く理解出来ていないようだなw

もともとCDSは、その準備金の積み増しを迂回する為の、合法的な手段

975 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:33:11 ID:6dxq9763
>>974

ど素人なんだけど、これで合ってる?

CDS自体は問題なく、資本を有効活用ができる。
今回の破綻は、自分が負える額以上のCDSのリスクを請け負ったことが原因。

976 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:34:27 ID:jzFXR4+U
>>970
「債券自体に付けた大手銀のCDSが更にその債券の担保価値を上げる」
って所が犯罪なんだろうね。

準備金ウンヌンって言うのは保有している格付けの良い債券に担保価値が有るんで
それにより銀行自体の担保価値も上がるって考え方だから。

「付けたCDS分の債務保証については他の格付けの良い債券の担保価値分からのスライドだから準備金は必要なし」
これも犯罪だよね。
簡単に言えば債券の格付けという確たる根拠は何も無い価値基準に元付いて債券の担保価値が決まる所が
このCDSの最大の犯罪性な訳よ。



977 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:36:27 ID:uqXxdHyL
>>974
合法的というより脱法的というべきだろ。
マジック・マッシュルームは麻薬で無いから幻覚見るけどおk?みたいなw

978 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:38:25 ID:U1WqWjTD
>>973
>インディマックなんてGSEの債券に比べたら大した額じゃないんじゃないの?

>>968
>発行体が破産って聞いたこと無いし。

発行体であるインディマックの破産を聞いたことなかった奴が、見苦しいな。

>>974
>もともとCDSは、その準備金の積み増しを迂回する為の、合法的な手段

>>294
>他社にCDSを引き受けてもらえば準備金を積む義務がなくなるなら
>A社とB社が相互に同等の規模の債権のCDSを引き受けあえば
>準備金は積まなくてもよくなるのか?

どう見ても、違法。

979 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:39:11 ID:TMonAguF
複雑な中身は置いといてどう見ても売り手が悪いことは素人の俺でも判る。
地震保険を大量に契約させといて、いざ地震が来たらこんなに被害があるとは思わなかったから補償出来ませんとか言ってるようなもんじゃん。

980 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:41:22 ID:jzFXR4+U
つまり
CDSってのは名付ければ
「格付け債券詐欺」って事だろうね。

やってる当事者もFRBもムーディーズも全部この終末は見通せてたはず。

見通してた上で放置した責任論へ全然発展しないのが俺は不思議で成らない。



981 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:42:28 ID:e8e29tUt
>>978
>どう見ても違法 

違法云々以前に、お前は犯罪といってたよな。
なに?またいつものように少しずつ話をずらそうとしてるのか?


しかも
>他社にCDSを引き受けてもらえば準備金を積む義務がなくなるなら
>A社とB社が相互に同等の規模の債権のCDSを引き受けあえば
>準備金は積まなくてもよくなるのか?

そもそも、上記の事案で準備金をつむ必要などなく、これが違法なわけがない。


982 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:43:22 ID:U1WqWjTD
>>976
>「債券自体に付けた大手銀のCDSが更にその債券の担保価値を上げる」
>って所が犯罪なんだろうね。

いくら売り手が大手銀でも、売り手が準備金を積んでない時点で、犯罪だよ。

>簡単に言えば債券の格付けという確たる根拠は何も無い価値基準に元付いて
>債券の担保価値が決まる所がこのCDSの最大の犯罪性な訳よ。

簡単に言えば、これが通れば民間のマネーサプライが無限に膨らむあたりが、
最も分かりやすい犯罪。


983 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:44:24 ID:8+5u/bSQ
>>975
違う。解かりやすく一言に要約すれば
原因の起源は、イールドカーブがフラット化したことだ。

イールドカーブがフラット化すると、MBSの償還が早まり
MBSがらみのストラクチャードノートは紙くずになる。
MBSを一手に引き受けているのは、フレディックとファニーメイ。
MBSやCDSは、格付けを得るために通常ストリップを組み合わせる。
S&Pやムーディーズはそのストリップを評価して、格付けを与えるからな。
当然このストリップもイールドカーブの影響を受ける。

CDSやCDOは、ただの道具。だからこのニューズウィークの記事は、
見る人が見れば「ニヤニヤ笑える」記事って事だ。
一見大恐慌の兆しが見える。
しかしpLXszk5Jも言っていたが、絶好調に儲けている奴もいるって事。

984 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:44:51 ID:TMonAguF
>>978
見苦しいとかじゃなくて説明しろよw
お前も分かってないんだろ?w
>>969は俺は理解出来ないが分かってると思う。


985 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:45:27 ID:e8e29tUt
>>982
> いくら売り手が大手銀でも、売り手が準備金を積んでない時点で、犯罪だよ。

バーカ。

986 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:47:11 ID:U1WqWjTD
>>979
>複雑な中身は置いといてどう見ても売り手が悪いことは素人の俺でも判る。

買い手も悪質なんだ。

>地震保険を大量に契約させといて、いざ地震が来たらこんなに被害があるとは思わな
>かったから補償出来ませんとか言ってるようなもんじゃん。

買い手もそれをわかってて、しかも耐震強度の計算が間違ってることも知りつつ、「地震
保険があるから安全」と、他社に売るようなもん。

987 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:49:14 ID:e8e29tUt
>>986
>買い手も悪質なんだ

というか、買い手の方が圧倒的に悪質だ。
あえてデフォルトする可能性の高い債権を買って市場を大きくしたのだからな。


988 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:51:21 ID:TMonAguF
>>983
ストラクチャードノートって仕組債のこと?

989 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:52:22 ID:jzFXR4+U
>>985
準備金というか
債券(リスク)に担保価値をくっ付けるのがおかしくないか?

俺はどう考えてもおかしいと思うんだが
それをゴチャゴチャ理屈つけて
「おかしくない!!!!!!!!!!!!!!!」
と、言い張ったのがこの債券ビジネス発明して推進した金融工学博士らしいが。




990 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:53:29 ID:jzFXR4+U
ああ、すまん。
>>989>>982へのレス。

991 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:54:32 ID:U1WqWjTD
>>987
>というか、買い手の方が圧倒的に悪質だ。

売り手は、買い手にメリットがあることをわかってて、その分高く売ったわけだから、十分悪質。

CDS市場がここまで拡がったのは、売り手にも買い手にもメリットがあったから。

馬鹿を見るのがそれ以外じゃあ、アメリカ国民は納得しないのも当然。

992 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:55:16 ID:jzFXR4+U
>>983
>>989で書いた推進組の信者みたいだね。

竹中平蔵も未だに信じてるみたいだけど。

993 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:55:35 ID:70k7heUU

また竹中を限りなく劣化させたような馬鹿が暴れはじめたか。

994 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:56:30 ID:jzFXR4+U
>>983
圧倒的に儲けたドルが紙切れに成った場合はどうする?


995 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:56:40 ID:OwK/g3Zt



CDSは無限次元連帯保証制度だ




996 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:57:52 ID:e8e29tUt
>>991
お前、CDSの仕組みわかってないだろ。
もとの債務がデフォルトしたとき、誰が誰に金を払うか言ってみろよ。


997 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 20:58:42 ID:TMonAguF
>>983
MBSがストリップつけて格付け上げるなんて聞いたことないが?
CDSはただの権利だし。
お前も嘘臭い。

998 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 21:00:18 ID:2M/amwgc
硫化カドミウムセル

999 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 21:01:03 ID:jzFXR4+U
>>995
まあ、形式はねずみ講に近いな。

1000 :名刺は切らしておりまして:2008/10/05(日) 21:01:19 ID:oTObAcja

詐欺を前提に作った商品だが、
債権があっちこっちに行くとは思わなかったという詭弁。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

304 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)