5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

50代のためのニーチェ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 14:36:31 ID:YXUrpzfk
昔から哲学を少しずつ読みかじってきました。若い時はニーチェの永劫回帰、
力への意志といった思想に共感しましたが、最近、以前よりはまじかに死を
意識するようになり、昔のような思考の自由や躍動を失い、ニーチェの思想に
距離を感じるようになりました。

ニーチェに限らず、哲学・思想など、かつて好きだった考え方について50代
になってどうお考えですか。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 21:37:22 ID:+Q7d7Wbv
47歳が喰い付きましたよ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/26(金) 03:10:18 ID:H+KjqSOw
むしろ、死が近づいてきて初めてニーチェらしく生きれるんではないかな。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/26(金) 04:08:10 ID:/xUCTKLm
50台で死のことマジかに考えてるのか。今や男人生75歳かな。
織田信長のころは人生50年だったがな。わしは59歳。しかしまだ
まだやれるがな。まず***塾を経営する。そこは右脳開発塾で今は
中学生中心だがゆくゆくは小学校から大學、成人まで対象を広げよう。
わしの思考ベクトルモデルに従って教育する。思考は思考ベクトル空間
を構成する。その思考ベクトルの基底をこしらえるのが基礎教育なのだ。
この基礎教育は文科系理科系に係わらず自然科学実験を通して身につけ
ねばならない。でないと、オウム真理教の秀才信者のようになってしま
うからだ。ゆるぎない土台(自然科学実験)の上にわが思考ベクトルの
基底を形成すべし。そこで発明の面白さを知る。発明には生活発明と
技術発明がある。自分の身の回りの生活に係わる発明と、科学技術など
専門的知識の必要な技術発明と。そこで発明市民大学を創ろう。卒業作品は
***研究所で大切に保管してその人の生きた証とする。***学派は
***学を利用してあらゆるすべての学問の研究をする。また新しい
学問を創造さえする。その成果を発明や事業に生かすのだ。そこで得た
利益の一部は***研究所での研究費になるのだ。***学万歳!

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/26(金) 09:23:28 ID:/xUCTKLm
***学派は***主義者であり***主義世界協会を創る。***主義者は
真の意味のエリートである。ニーチェの超人はここで完成する。新人類は
ここで初めて現実のものになる。***学によって生み出された新しい学問は
宇宙に向かう扉を人類に示すのだ。***学万歳!

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/26(金) 11:31:05 ID:H+KjqSOw
確かに先入観にとらわれず、新たな視点でものを見るっていう点で
発明はニーチェの発想に近いかもね。

ところで、***学とはなにかい?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/26(金) 20:00:50 ID:IvGlziHp
老いてますますお盛ん→ニーチェ
世捨て人→ショウペンハウエル
頑固爺→カント

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/26(金) 21:28:45 ID:cBeSjJT3
綱渡りがすきっ!!
誰か語りき!

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 05:41:31 ID:RnoyOXhw
儒教は宗教の部を持っていることはあまり知られていない。
儒では人間は精神のコンと肉体のハクからなりこのコンとハクが一致している
時が生きていることになる。では死はコンとハクの分離を意味する。コンは
天上にハクは地下に行く。これが死である。すると理論的には逆に分離していた
コンとハクを呼び戻し、一致させると生の状態になると言うことになる。
このための行事が今に伝わって位牌になったり墓になったりした。その儀式は
不気味なので省略。孝行とは先祖との関係(過去)と父との関係(現在)子孫との
関係(未来)をあらわしこれらの関係を大切にすることが孝行なのであって親孝行は
その一部に過ぎない。それによって家族の血筋は保たれ自分が死んでも子孫が
自分のコンとハクを定期的に合わせてくれてこの世に復活するのである。すなわち
子孫がある限り自分は不滅なのである。これが中国人の儒教のもう一つの面である。
さてこれをわが***学に取り入れよう。今日コンはミームと呼ばれているものであろう。
すなわち知の遺伝子。しかしこれは社会の中に吸収されて世界精神の一部となる。
薄まっているので呼び出しにくい。そこで発明作品が個人のコンを代表する。次に
肉体のハクであるがこれはその子孫でいい。そして復活の儀式をする。この儀式については
あらためて考えよう。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 05:49:46 ID:RnoyOXhw
子孫がいない場合、しかし血筋は親戚に渡って絶えている訳ではない。
が自分のために儀式を行ってはくれまい。そこでわが***協会は彼らのために
一役買うことになる。人類はみな兄弟であるが++良吉さんは遠慮しよう。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/27(土) 06:00:11 ID:RnoyOXhw
発明作品は明細書になる。これは記録しておくことはいいことである。
なぜならどんなつまらないと思われる作品もいつか役に立つ日が来るだろう。
また役立てるようにすることは後に続く個人の励みになる。***学万歳!

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/29(月) 02:03:31 ID:l7k++ImC
言葉が難しすぎて何を言ってるのかわかりません。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/02(木) 06:41:43 ID:yI/dv4dX
ニーチェの考え方のどんなところに感銘したのですか?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/08(水) 23:09:48 ID:pP7cJy2K
年金暮らしの文句言いで、女に振られ続けた挙句三度も自殺をはかっている。
しみったれた音楽を作曲していて後世ネットでさらしものなところ。
おなか痛いかしらんがココア飲みすぎ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/11(土) 09:06:03 ID:aSTLCyfM
とりあえず若者受けを狙って
beautiful survivor: DOPING PANDAをスナック以外の場所で歌う

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 16:02:06 ID:lV3BI/yL
1900年(51歳) 最高傑作「死の舞踏」

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 07:21:03 ID:y8kabIS8
ニーチェの思想が非常に注目された第一の理由は、一神教を精神的基盤としていた
西欧において、「神は死んだ(殺された)」にあったのでは。
その意味でh、そもそも神がいない特に日本の50代以下にニーチェはインパクトが
小さいのでは。
ニーチェによって鼓舞される人々は、記憶する限り、強者の資質も備えた人が多い。
とすれば、哲学・思想は、絶体絶命的な状況にあって、役に立つかどうかが問題なので、
強者によって持てはやされても、そのような人々によりニーチェの思想が立証される
ことは望めない。

ニーチェは、自分の人生の末路を若い時分から予期していた面はあったのだろうか。
その思想によって、彼自身、人生を完成できたと言えるのだろうか。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 07:45:16 ID:y8kabIS8
超人ということは、神のみならず「一切の精神的拠り所」を排しても、超過酷な人生を肯定
出来るに至ること、を意味するのでは?
ニーチェ自身、それで救われたのでしょうか。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 08:04:35 ID:y8kabIS8
だから最後は気が変になっちゃたんでそ・・・


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 00:45:27 ID:PfF+GqrX
因習的な一神教を否定した人間回復の思想という点では、実存主義は大きな意味が
あったのだろうけれど、個人の意志・理性によって人間は自分を如何様にも制御・
構築し、如何様にも自由に人生を実現しうるというような、未熟な強者による全く
幼稚でズサンな言説が、日本ではここかしこに溢れて、実際は限界だらけの現実に
生きる人々を、気分的に追い詰めるようなことにもなってしまったのではないか。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 19:10:46 ID:4vg0qf1I
実存主義のイメージ論って結局今の逃避産業につながっていくんだよ

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/26(日) 01:27:20 ID:Slj4xcmr
おっしゃる意味はよく分かりませんが、たしかにイメージ論になっていました。
ただ、実存主義をきちんと勉強している人達は一部にいるのでしょうけれど、
一般社会には、その思想が薄められて広められた面はあるのではないでしょうか。
それで、都合の良い表面や空気だけを読み取るように受け入れた人達も多いのでは。

どうしてそんなことを言いたくなったのかと言えば、人にとって自明とも言えるような自然な
ことを、いちいち「何故なの?」と理性による回答を求める人達に多く出会った気がする
からです。曽野綾子さんは、「理想という枠を作って、そこに人を当てはめようという所に
無理があるのだ」(正確な言葉は覚えていません)と言っていますが、一神教から人間性を
救い出したところに意味はあるのかもしれませんが、人間の理性や意志が万能だというような
錯覚を起こしているのではないかと思われる軽薄な言説に出会うことも多い気がしたからです。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/27(月) 17:37:58 ID:ut7jjhkP
衝動と目的との間にはズレがある スピノザ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 22:04:26 ID:dATtUMXf
理由などない、人間はそういう存在なのだ  レヴィ・ストロース
(正確には覚えていない)

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/29(日) 12:35:48 ID:Uui49CL5
何それ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/11(木) 12:01:04 ID:yqRpgb3e
私は理科系の人間で、うだうだと漢字の多い長文は苦手である。
皆さんの書き込みはほとんど理解できない。
簡潔で分かり易い文章にしていただけないだろうか。

講談社+α新書でニーチェの「アンチクリスト」の超訳で「キリスト教は
邪教です」というのが出版されている。この本読まれた方おられますか?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/13(土) 09:53:53 ID:qmKe6pWd
内容を伝えたかったら、
とりあえず改行だけでも、掲示板の形式にしてくれまいか、
文章の途中で句読点以外に改行がはいるから
思考が途切れちゃうわけよ、非常読みにくい。

28 :HG名無しさん:2010/02/23(火) 18:24:38 ID:Q3sDdo6p
おじちゃんたち、ニーチェとかなに言ってるの。
よぼよぼの体で先もみえかけてるのに超人とか権力への意志とか馬鹿じゃないの。
年金の計算でもしていたほうがいいんじゃないの。

-------ツアラストラはこういった------

29 :株式会社ニーチェ ◆j.Ypl7DW.o :2010/03/07(日) 02:13:26 ID:lPBtBs1s
さあ一刻も早く超人思想と虚無主義を体現して永劫回帰に自らの身を完全に委ねるんだよなー。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/07(日) 19:03:07 ID:BfzUSxjJ
永劫回帰てね。死んでしまったら後の祭りなのよ。
輪廻といったいどこが違うのよ。今ニーチェは誰に生まれ変わっているの。
もしかしてダライラマ?

________ショウペンハウエルはこういった_________

31 :グランファンタズム ◆j.Ypl7DW.o :2010/03/11(木) 18:51:00 ID:G7sLQMmu
例え死んでも絶対に無に為ったりしません、異次元霊界か輪廻転生か永劫回帰何打よねー。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。::2010/03/12(金) 16:08:35 ID:kuG2FSpc
存在と人間存在が関係する場合、ものを認識するには、
理性とか常識を排除したそのものに還元しなければならない。
それが私の考える判断中止ということであるが、
最近は50歳以降の頭のぼけた状態のことを判断中止という誤使用が
あるようだ。
とくに、永劫回帰とか異次元霊界か輪廻転生といっている輩がその
範疇である。

-------フッサールはこういった------

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/17(水) 00:23:43 ID:ka8u+15+
右脳と左脳には深い溝があるでよ。そこに一本の綱が張ってあるでよ
そこを渡りやす。先に進むも難く戻るも難く立ち止まるも難い。
見よ、超人をその先を。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。::2010/03/18(木) 17:33:23 ID:8hpwr99a
知と愛を統合すること。小説を書くということを通して私が追求してきたことである。
その集大成として私は「デミアン」を書き下ろした。
そこには右脳とか左脳という脳解剖学の知識は不要である。
ところでだ。貴国の西田幾多郎がドイツに留学していた時分に哲学と名古屋弁はなじまない
と嘆いていた。

-------ヘルマン・ヘッセはこういった------


35 :宇宙戦艦ゴモラ復活篇 ◆j.Ypl7DW.o :2010/04/20(火) 21:02:53 ID:xxpsOpqy
チェーンソーで神様何て楽勝。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/25(日) 07:30:21 ID:79I5IgcX
シナイ山でヤーヴェから十戒
を受けて石版に刻み込んだんだけど・・・。

その中で、偶像を作るなって彫りこんだよ。

チェーンソーで神様云々言ってるから仏像のことかな。
なら許す。

-------モーゼはこういった------




37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/02(日) 21:22:21 ID:FpurIlrU
ニーチェに関する専門書を読んでも途中で飽きると思うので、
最近話題の超訳の本でも読んでみようかと思っている。


38 :宇宙戦艦ゴモラ復活篇 ◆j.Ypl7DW.o :2010/05/02(日) 21:39:17 ID:9p4trbq4
主人公はチェーンソーを神に使った。
神はバラバラに為った。
神は死んだ。
俺様は超人に為るのだ。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/04(火) 11:08:43 ID:Wl4IvVbE
ニーチェは私を指して最高の心理学者と評した。
彼の超人哲学と「未成年」「悪霊」「カラマーゾフの兄弟」
の一連の作品で私が登場させた主人公は、近代人間の自意識過剰と
不条理を照射するものである。
「生への意志」について彼も私も探究し思索を重ねたが、神の解体はなし得なかった。
超人とは「悲劇の誕生」そのものなのである。すなわちイバラの道である。

-------ドストエフスキーはこういった------

40 :宇宙戦艦ゴモラ復活篇 ◆j.Ypl7DW.o :2010/05/12(水) 16:32:19 ID:sw5t4yMU
神は跡形も消し飛んで消えて無くなれゴッドイレイザー。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。::2010/05/14(金) 07:18:05 ID:IPt5bmV7
人間存在とはあるもの(即自)からあらぬものへの対自的な存在である。
真の存在の密度とは即自であるものの存在との人間(対自存在)のかかわりの
深度で量るものである。
実存主義にとっては、神の存在の有無とは、議論に値することではない。
しばしば神の信仰が、対自存在である人間を即自的なもの
に退化することがある。
私はNHKの朝ドラマ「ゲゲゲの女房」を実存主義的な観点から
毎日楽しく観ている。これからも水木しげるさんはまだまだ元気で活躍してほしい。

-------サルトルはこういった------

42 :宇宙戦艦ゴモラ復活篇 ◆j.Ypl7DW.o :2010/05/14(金) 16:51:44 ID:O4YC6sT1
我が力は神をも滅ぼすオールデストロイクラッシャー。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。::2010/05/15(土) 19:16:11 ID:FueXmSay
「神は死んだ」そう宣告すること自体が、自然と人間を対立するものとして
位置づける二元論である。西洋思想は二元論の呪縛からのがれることはできない。
自然は克服するものではない。
私は、小説「暗夜行路」で生の意志を日本人として考え、主人公は間近に迫った
死を前にして自然と一体化した超人を実現することができた。

ちなみに鳩山首相も超人だ。アメリカ人には日本人のファジーな
思考プロセスは理解できない。ファジーは日本人の古来からの思考的資質
である。表徴としての人間をみないファジーな瞳で鳩山は今日もテレビにでている。
細川護熙もだけどね。安部もかな? 福田もだなぁ。
あーあー 日本はどうなるんだろう。

-------志賀直哉はこういった------

44 :ヒ∃コ戦艦 ◆j.Ypl7DW.o :2010/05/15(土) 22:41:02 ID:MvTf5J/+
俺達の手で神は死んだ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/16(日) 18:31:06 ID:XmdQILZQ
哀れな天草の民を率いて私は原城に立て籠った。
神の加護を待ちつつ、神の救いを待ったのである。
信徒とともにオラショをセミナリオで唱えて来るべき
神の救いを待ち望んだ。しかし神は最後の日に私たちの前に
現れなかった。
神はいる。しかし、私たちの目の前を通り過ぎたのである。
西洋キリスト協会史では農民の反乱として位置づけ、キリスト教徒の抵抗としては
認めていない。
深い絶望である。

-------天草四朗はこういった------



46 :ヒ∃コ戦艦 ◆j.Ypl7DW.o :2010/05/17(月) 22:43:09 ID:SKFBlY9Z
もう神は死んだんだ、この宇宙は、もう終わりだ。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/18(火) 10:52:58 ID:Ta0VJWC+
私の最新宇宙理論では、宇宙は反転した面に宇宙を自ら創る、
ベビーユニバースというものの存在を理論的に究明した。
宇宙は滅びない、宇宙は自ら宇宙を再生する。
さらに我々と同じ世界が、すなわち私と同じ存在がベビーユニバースで存在する
ということを私は予言した。
宇宙科学が期せずして、宗教と似通った世界観を共有するのである。

-------ホーキング博士はこういった------

48 :ヒ∃コ戦艦 ◆0pPPHCf0SY :2010/05/20(木) 23:18:39 ID:NWti4C5m
神の死が予測された宇宙滅亡終焉終末終局破滅を引き起こした。
再生不可能な再生出来ない再生する事の無い宇宙の終わりだよ。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 19:57:04 ID:0NQFuApY
8歳の時、父に聞いてみた。
私 「仏とは如何なるものなのですか」
父 「仏とは人がなったものだ」
私 「人はどうして仏になったのですか?」
父 「仏の教えでなったのだよ」
私 「教えてくれた仏様に教えたのはだれですか?」
父 「それもその前の仏が教えたんだよ。」
私 「教えを最初に始めた一番目の仏とはどんな仏だったのですか?」
困った父は
  「空からふってきたんだろう、土から湧いてきたんだろう」
と言って笑いました。

父は「子供に問い詰められて答えられなかった」と周りの人に語り興じた。

------- 徒然草 第243段 吉田兼好はこういった------

長い間、スレを独り占めにして申し訳ありませんでした。
吉田兼好の言葉をもって 「○○○はこういった」シリーズの終わりとしたいと
思います。

50 :ヒ∃コ戦艦 ◆0pPPHCf0SY :2010/05/21(金) 21:32:45 ID:pWL4TTJs
人は仏に為り仏は神に為って神は超神に為る。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/26(水) 01:38:33 ID:sHj3e4Ob
不幸こそ(動物と異なる人間らしさという)幸せだ、 という考え方を聞いたが
そのような人は、自分の子供のもっと単純な意味での幸せは望まないのだろうか?
不幸こそ、人の幸せとは。絶句してしまう。
不必要に誤解を招くような表現なら、避けるべきだと思う。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/27(木) 17:20:18 ID:WIzB+0K2
>>51 不必要に誤解を招くような表現なら、避けるべきだと思う。

そなたの読解力に思いっきり問題があったのでは?
哲学はパラドックスをよく使うからね。
そもそも大衆受けのする哲学なんてないよ。

53 :ヒ∃コ戦艦 ◆0pPPHCf0SY :2010/05/27(木) 17:29:22 ID:HU0tbVFZ
全部の不幸を吸収して幸福の科学の入信しようねー!?♪。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/27(木) 18:45:36 ID:WIzB+0K2
51と53は、同一人物か?
釣り針を垂れて獲物を待っているのかな?

ヒヨコ戦艦て何?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/28(金) 01:02:08 ID:mfhW0HSk
>>52 >そもそも大衆受けのする哲学なんてないよ。

許せるパラドクスとそうでないものがある。不幸があればこそ幸福なんてことは
幾らでも言われている。しかし、それはあくまで副産物もある、ということに
過ぎない。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/28(金) 01:38:08 ID:mfhW0HSk
>>52 >そもそも大衆受けのする哲学なんてないよ。

受ける受けないw

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/28(金) 01:41:08 ID:mfhW0HSk
受ける受けないw そういう、いわば考え方の趣味嗜好ということなのかね

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/28(金) 02:03:32 ID:mfhW0HSk
>>52 >そもそも大衆受けのする哲学なんてないよ。

例えば、衣食足りて礼節を知る、というのは、(99%以上の人達に適用される)
人の真実を言い当てているものでは。そういう意味で、現実に直面した場合、
どれだけの人々が、その限界から自由であれるのか?
参考までに、>>52の言う、そういう大衆では無い、人の一般的法則から真に開放
されて自由に哲学的に生きることが可能な人々は、何人に独りくらい存在している
と思うのかな?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/28(金) 06:19:42 ID:pB3APzh8
>>58
そういう大衆では無い、人の一般的法則から真に開放
されて自由に哲学的に生きることが可能な人々は、何人に独りくらい存在している
と思うのかな?

そうだよ。哲学者って大衆には迎合しないよ。政治家とか小説家じゃないんだから。
ソクラテスがそうだっただろ。アテナイの大衆が気に入る弁明をしなかったから
死の判決が下ったわけだよ。
そしてソクラテスが誇っていたのは、自分の生き方に忠実であったがために
貧乏であったこと。

ブームになって大衆化されると、本来の本質的なことが歪曲されてしまう。
ニーチェブームも然り。(ニーチェは大衆というものに嫌悪感をいだいた
貴族主義だよ)
ドストエフキーにしても、今の“大衆”は推理小説として読んでるものな。
唖然とするよ。

日本の例をあげると、儒教と心学の違いがこの場合わかりやすい。




60 :ヒ∃コ戦艦 ◆0pPPHCf0SY :2010/05/29(土) 10:44:31 ID:S2N7mLlr
幸福も食料だか幸運は美しいが不幸も試練で有る!?♪。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/29(土) 12:14:34 ID:LaZXTBQy
>>60

そういうこと。ただ、50歳を超えてからの
試練はこたえるわなぁ。

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)