5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

合唱人なら★朝日作曲賞!★もっとクリエイティブに

1 :名無し讃頌:2006/02/02(木) 03:03:58 ID:a3vS5REa
 以前、合唱板が出来る以前に、音楽板かどこかでスレを立てたんだが、あまり
書き込みがなかった。

 このスレでは、朝日作曲賞を経て作曲家になった人とか、その受賞曲とか、
あるいは、自分自身で作曲して応募してみたい、なんて人の意見を書いて
欲しい。

★また、これが大事なんだが、
「朝日作曲賞に限らず、自分自身で作曲とかアレンジとかにチャレンジしている」
って人も応援したい。
 漏れが個人的に思うに、合唱人って、芸術的な活動をしているクセに、自分で
楽曲を作ろうという意欲を持った人って、ほとんどいないように見える。どうして
そうなんだろう? クリエイターとプレーヤーは違うって言えばそれまでだけど、
どうもそういうのって寂しいんだよね。

「Boys and Girls, Be creative!」

2 :名無し讃頌:2006/02/02(木) 03:13:43 ID:mZN/BM8t
>>1
音楽一般板のこれかな?
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/music/1076855906/

この賞出身で一番活躍してるのは信長さんだろうなぁ。
瑞慶覧さんや長谷部さん、堀内さんもこの賞だったかな?

知り合いにも頑張ってる人いてますよ。

3 :名無し讃頌:2006/02/02(木) 06:58:11 ID:mhkCLvsd
主催が朝日(ちょうにち)という事に感謝しるニダ!
 

4 :名無し讃頌:2006/02/02(木) 10:54:39 ID:Wsh+mXfW
作曲するには、音楽の理論が全部分かってないとダメなのですか?


5 :名無し讃頌:2006/02/02(木) 13:36:00 ID:P729szEW
>>4
作曲の方法を学ぶのと、音楽理論を理解するのは別。
文法理論を知らなくても会話や筆記ができるのと同じようなもの。

6 :名無し讃頌:2006/02/02(木) 13:57:53 ID:Wsh+mXfW
>>5
レスサンクス。
それは分かるんだけど、まったく不要ってわけではないですよね?
和音とその進行のこととか対位法とか、かなり高度な音楽理論が
分かっていないと、仮に出来たとしても、変な響きになるだろうし。
具体的に、「作曲法」って、どうやったら身に付くのですか?


7 :名無し讃頌:2006/02/02(木) 15:25:07 ID:RVZ1tHdj
会話では主語述語めちゃくちゃでも省略しても通じたりするけど、論文書いたりするときはきちんと文法守らないといけないってのと似てるんじゃない?


8 :名無し讃頌:2006/02/02(木) 16:11:44 ID:P729szEW
>>6
そんなこと質問するんだったら、作曲のやり方の本を1冊でも
買って学習したほうがよい。ポピュラー系のやつでもいい。
もちろん、これだけで合唱曲を作るのには不十分だろう。
そう感じたら、他の本を読んだらいい。
フーガを書きたければ『対位法』などを、管弦楽つき合唱曲を
書きたければ『管弦楽法』を、と。

ちなみに、合唱曲専門の作曲本もあって、T・デヴィスン『合唱作曲の技法』(カワイ楽譜)。
かなり古いけど、単に合唱をやっている人にもおすすめ。

>>7
でも、論文を書くのに例えば生成文法理論の知識は不要でしょ。
文法を守るのと文法理論を学ぶのは別。

9 :名無し讃頌:2006/02/02(木) 17:09:47 ID:W6/aviRH
>>8
文法は一般化されてるけど作曲法は馴染みがないからそう思うのかも。
話すことと曲を作ることはそもそも土俵が違うから。
文法を守るっていうよりは頭で逐一考えるって意味じゃないかな。
語彙や語感、インパクトを与える書き方等々はそれなりに勉強も必要かと。


10 :名無し讃頌:2006/02/02(木) 21:06:24 ID:eOnKWsmW
音楽の理論を学ぶのはある意味で、音楽史の勉強にも通ずるところはあると思う。
対位法一つを取り上げても、自然発生的な古代の音楽と、構築物として揺るぎのないバッハの対位法では意味が違ってくるだろうし。

そうやって、勉強していかないと、今の合唱音楽がなにを目指しているのかもボケてしまうんじゃないかと思う。

まぁ理論をやらなくても、ちゃんと問題点を捉えて、的確な答えを出す人もいると思う。

11 :名無し讃頌:2006/02/02(木) 21:51:09 ID:W6/aviRH
>>10
なるほど、なんか納得。
ただ曲を作るだけじゃなく、なんでこの曲を作ったのかという
ゴールや理想を曲以外のところに持つのは大事なことかもね。
でも、気合いいれた曲は売れずに適当に作った曲が売れるってのは
合唱以外でもよく聞く話だったりする。皮肉なことに。

12 :名無し讃頌:2006/02/02(木) 22:14:44 ID:eOnKWsmW
>>11
跳躍する話だけど、今のポピュラーのヒット曲の傾向が似ていたり、
下手したらコードは殆ど一緒だったりするように、
人びとに受け入れやすい音楽というのは明確にあるのかもね。

今の合唱の状況で言えばやたらとペンタトニックがもてはやされている反面、
カライだとかの現代曲の作品はコンクールでもてはやされこそすれ、
演奏会では敬遠されがちなように。

朝日の作曲賞の話題にすると、一昨年の堀内さんの曲のようなのは、漏れとしてはとても斬新な印象を受けた。
前衛的なんだけど、現代曲過ぎて難解であったり嫌味だったりしないで
広く歌われも面白いなと思う作品だったと感じた。

13 :名無し讃頌:2006/02/03(金) 01:39:19 ID:ehtUyl26
(参考スレッド)
合唱曲を作っている人どうしで語り合うスレ
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/chorus/1119771290/

14 :名無し讃頌:2006/02/03(金) 10:56:48 ID:1J2g7Cs8
簡単な和音は、自分でピアノを叩けば確認できるけど、
複雑な和音については、バリエーションが多いし、それを
自由自在に操って作曲するには、やっぱり経験と勉強ってか
研究が必要な希ガス。
4音程度なら良いけど、16音で、しかもオクターブ違いばかり
じゃないやつとかもあるしね。

ラターとか聴いていると、スゲ〜!絶対マネできない、なんて思っちゃうもんね。


15 :名無し讃頌:2006/02/03(金) 12:33:27 ID:Tn2KOYW9
ラターのメロディラインは真似できないな

16 :名無し讃頌:2006/02/05(日) 12:07:28 ID:RnSvyTZq
こんどの締め切り、3月10日か。いそがないと・・・。

17 :名無し讃頌:2006/02/08(水) 13:04:58 ID:Oxm0Y1+j
詩ってどうやって選べばいい?
著作権切れてないとダメ?

18 :名無し讃頌:2006/02/08(水) 16:02:20 ID:XcqLjG37
>>17
著作権が切れているのは、かな〜り古い詩だよ。
どれでも勝手に選んで良いけど、著作権者の許諾がいるだけだね。
「賞を取ったら、もちろん印税を払いますから」とか、条件を出せば、
けっこう許諾をくれるんでない?


19 :名無し讃頌:2006/02/08(水) 18:41:20 ID:Oxm0Y1+j
死後50年だっけか
谷川さんなんかどうやって連絡取るんだろうね

20 :名無し讃頌:2006/02/08(水) 19:58:02 ID:f65+XpzM
>>19
谷川さんじゃないけど、以前、詩人に連絡取ったことがあった。
住所が全然分からなかったので、出版社に理由を言って問い合わせた。
谷川さんならそのルートが確実では?
ただ、こちらの身元を証明しないと無理かも。プライバシーとかの問題で。


21 :名無し讃頌:2006/02/08(水) 22:06:54 ID:NHdqsWgx
というか、作曲したい詩が収録された詩集を出している版元気付けで出すのが確実と思われ。
趣旨をちゃんと書けば、担当編集者の段階でブロックされることはまずない。

22 :名無し讃頌:2006/02/08(水) 22:33:21 ID:WRSWDIIj
北園克衛みたいに自分の詩に作曲されることを嫌いながら、
楽譜出版やレコード化を拒絶しなかった人もいるぐらいなので、
9割以上の詩人は大丈夫です。

問題は作曲にあたって詩の一部を省略する場合。
「省略しないでほしい」という人も中にはいるので注意を。
私の知ってる、ある詩人の著作権者がそんな人です。

23 :名無し讃頌:2006/02/08(水) 22:48:51 ID:Oxm0Y1+j
亡くなったけど著作権が切れてない詩人は家族かな?
理解を示さない家族や、逆にホイホイ売り渡す家族だったら嫌だな…。

24 :名無し讃頌:2006/02/08(水) 23:14:16 ID:I+vhVfPD
>>22
草野心平のご遺族?
あの人は生前から詩をいじって作曲するのを嫌ってたそうだけど。

>>23
遺族ってケースもあるし、出版社や法人ってケースもある。

25 :名無し讃頌:2006/02/08(水) 23:22:17 ID:WRSWDIIj
>>23
今年応募するんだったら、急いで著作権継承者に連絡した方がよいかと。

26 :名無し讃頌:2006/02/09(木) 01:09:28 ID:wQjcZGnQ
あと一ヶ月しかないよ。
しかも2曲以上の組曲でないといけないから、けっこうしんどい。


27 :sage:2006/02/11(土) 14:33:55 ID:d8d0+eEI
素朴な疑問
審査員って、ほんとに全部の作品を見てるんだろうか?

28 :名無し讃頌:2006/02/11(土) 14:56:29 ID:05G7nZDA
ダウンロード
http://file.vidr.jp/setup/vidoctorsetup.exe



29 :名無し讃頌:2006/02/11(土) 17:54:17 ID:YcxjCqdX
>>27
そりゃ、見てるでしょう。出品料まで取るんだから。
ただし、最初は楽譜だけざーっと見て、だいたいの審査だけして、
ある程度以上良さそうなものだけに絞ってから詳細に見ると思うよ。
その後、上位の何作かを実際にプロに歌わせてみて、審査するらしい。


30 :名無し讃頌:2006/02/11(土) 23:24:38 ID:5FCUHQg2
>>25
猪間道明センセの日記(2月14日の項目)に関連する記述あり。
ttp://www005.upp.so-net.ne.jp/micin/diary/diary01_02.htm

>>27
審査の際、最終審査通過作品を京都エコーや松原混声が実演することは、ハーモニー誌で明記されてる。

31 :名無し讃頌:2006/02/11(土) 23:37:59 ID:tfbalAp0
>>30
> 審査の際、最終審査通過作品を京都エコーや松原混声が実演することは、ハーモニー誌で明記されてる。

京都エコーや松原混声ってプロなの?

32 :名無し讃頌:2006/02/11(土) 23:45:23 ID:e7+OS85P
>>31
んにゃ、アマチュアだな。

33 :名無し讃頌:2006/02/12(日) 01:56:58 ID:g8vV5XGw
そのアマ楽団のでき次第で賞が決まるのかも。


34 :名無し讃頌:2006/02/12(日) 08:01:10 ID:ibToBnWJ
たとえば文学賞なら
・応募原稿は下読みが分担して 1/10 くらいに絞られる。
 (この時点で、一作品は一人の下読みにしか読まれない)
・絞られた作品を編集部で回し読みして、最終選考作品を決める。
・最終選考で、本当の審査員が登場。大賞やら佳作やらを決める。
となるわけだが・・・

もし本当に全部見ているとすれば、どうしようもないクズも見るハメになる。
(そりゃ、クズと良い作品は見ればわかるだろうけど、審査員だってそんなに暇じゃないだろうし)
実際のところどうなんだろ。

>>33
それはあるよね、きっと。過激な表現が意図どおり演奏されないかも。

35 :名無し讃頌:2006/02/12(日) 12:03:20 ID:izSLYBX8
>>34
30に貼ってあるリンクより:
>  合唱界では若手のホープとして令名の高い信長君ですが、実は彼が世に出るについては私が深く(?)関わっています。
> というのは、彼は朝日の合唱曲作曲コンクールで2年連続入賞したことで名を挙げたわけですが、その2年とも、応募曲の
> 下選りを私がやっていたのでした。80曲くらい寄せられた応募作から、20曲くらい選んで本選に廻すのが下選りの仕事です。

36 :名無し讃頌:2006/02/12(日) 13:32:02 ID:BY0eejTa
やっぱり直感で選んでいくのかな…。

37 :名無し讃頌:2006/02/12(日) 18:50:22 ID:WuozjeNU
>>36
下選りの段階では、直感で選ぶ部分は少ないと思います。
小説や漫画の応募でもそうなんですが、応募作の中には
一定の割合で「どうしようもないぐらいの下手な作品」「応募の
ルールを守っていない作品」「よく書けているが、このコンクール
の応募作としては不向きな作品」が存在します。

そういうのをはねるのがこの仕事です。

38 :名無し讃頌:2006/02/12(日) 21:44:45 ID:xdGjba5P
>>37
> 一定の割合で「どうしようもないぐらいの下手な作品」「応募のルールを守っていない作品」「よく書けているが、このコンクール
> の応募作としては不向きな作品」が存在します。

 それだけでは、80を20にまで絞れないでしょ。文学賞だと、それだけでけっこう絞れるかもしれませんが。


39 :名無し讃頌:2006/02/12(日) 22:45:40 ID:WuozjeNU
>>38
どうなんでしょ。『公募ガイド』にも情報が載ってたぐらいなんで、
全日本合唱コンクールのことをよく知らない応募者もいるでしょうね。

40 :名無し讃頌:2006/02/12(日) 22:54:47 ID:SIo4Z3JE
>>39
それは分かりますが、少なくとも「合唱向けの10分以上の組曲」となれば、
基本的なことすら分かっていないような応募、たとえば、文学賞でいえば、
3点リーダー(……)、ケイ(──)や字下げの書式すら知らない、といった
レベルのものはないと思いますが。
文学賞であれば、そんな低レベルの物は、作品の原稿の「見た目」で分かる
のですぐにハネるそうですが、楽譜になった物は、やはり、「内容」を検討して
絞ると思いますよ。


41 :名無し讃頌:2006/02/12(日) 23:17:57 ID:WuozjeNU
>>40
下のほうは、おそらく作曲の勉強をまともにやっていない人が多いでしょう。
アマチュアが受賞することが多いコンクールですし。

勉強をしてるかどうかは、「見た目」で分かりますよ。

42 :名無し讃頌:2006/02/14(火) 19:20:32 ID:ERDYBKH4
>>41
>アマチュアが受賞することが多いコンクールですし。
どうして?ほんとの作曲家はこの賞、バカにしてるの?

43 :名無し讃頌:2006/02/14(火) 21:27:03 ID:0YN0/+sr
だいたい、作曲でメシを食っている人なんて、一握りしかいないんだから、
大半がアマチュアなのは当然。日本で有名な作曲家でも、作曲の依嘱料
だけで食っていける人なんて一人もいないのでは? 今は信長さんくらいかな?
たいていの作曲家は、大学とかで教鞭を執っているよ。


44 :名無し讃頌:2006/02/14(火) 21:31:29 ID:73DVLA6j
前の方に出てたんだけど、
例えばコンテスト用に作って選外になった作品を、
合唱団に買ってもらう、なんて事ってほんとにあるの?


45 :名無し讃頌:2006/02/15(水) 03:16:23 ID:oASXmNQU
>>43
木下牧子
高嶋みどり

46 :名無し讃頌:2006/02/15(水) 13:32:12 ID:rXR2VsMZ
>>45
作曲だけで食える人も、たいてい教鞭は執っているのでは?
そのふたりは学校では教えてないの?


47 :名無し讃頌:2006/02/15(水) 14:45:51 ID:hiAv4NvS
>>46
どっちも教えてないと思われ。

48 :名無し讃頌:2006/02/15(水) 21:22:13 ID:rXR2VsMZ
木下牧子って、ここで非常勤で教えているみたいよ。

http://www2.sci.waseda.ac.jp/midas/SYLLABUS/subject?2005+SHOW+0eJn











ってか、同姓同名みたいね。


49 :名無し讃頌:2006/02/20(月) 14:46:38 ID:m5Nuf0Gc
>>40
荻久保和明がかつて「ハーモニー」誌上で、たまにそういう
低レベルな作品が来るみたいなことを書いていた気がする。
(自分が文章からそう読み取っただけなんで、本質はもうちょっと
違うところにあるかもしれんけど)

50 :名無し讃頌:2006/02/24(金) 23:13:00 ID:sBPy2lPP
締め切りまで、もう2週間あまりだよ。
どうも漏れは無理っぽい。

今回応募する人いる?

51 :名無し讃頌:2006/02/24(金) 23:14:12 ID:V3SverIR
>>50
なんかこっちでやってるみたい。
知り合いでもまだ作ってないが応募する気の人いるんだが。

合唱曲を作っている人どうしで語り合うスレ
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/chorus/1119771290/

52 :名無し讃頌:2006/02/24(金) 23:23:38 ID:Z1QuLbG9
>>50
ノシ

なかなか組曲としてまとめるのが難しいです。
個々の曲の出来のほかに、近年では組曲としての完成度も求められているようですね。

53 :名無し讃頌:2006/02/27(月) 14:43:36 ID:4Y1Lsuvy
ようするにA(8)−B(8)−C(8)でアカペラおkってことだよね?
女性合唱組曲で応募しようと思ってるんだけども。
あ、来年な。

54 :名無し讃頌:2006/02/27(月) 16:26:17 ID:9prV4u3X
>>53
>A(8)−B(8)−C(8)
の意味がよくわからん、kwsk

55 :名無し讃頌:2006/02/27(月) 17:47:17 ID:X0QYU00X
>>54
53じゃないが、A、B、Cはそれぞれ別の曲で、長さがそれぞれ8分という意味では?


56 :名無し讃頌:2006/02/27(月) 18:48:22 ID:9prV4u3X
>>55
それだとこの賞に応募できないよね…?
>演奏時間が10分以上20分以内の作品で、歌詩は自由とします。

あと、課題曲になる際に
>ただし、課題曲の対象となる曲は4分以内のものに限られます。

という規定があるのでちょっと厳しい。

57 :名無し讃頌:2006/02/27(月) 22:45:26 ID:a+bHVmIL
さあ、みんな! 準備OK?

58 :名無し讃頌:2006/03/01(水) 07:08:34 ID:hLv8CK8l
やっぱり書くなら三声だよね?

59 :名無し讃頌:2006/03/01(水) 09:38:07 ID:0DSJdf5A
>>58
> やっぱり書くなら三声だよね?

なんで? 同声で使い回しできるってこと?
四声の方が一般的だと思うけどね。


60 :名無し讃頌:2006/03/03(金) 11:56:08 ID:QIXwCMRC
だって女性だとソプラノ、メゾ、アルトじゃんWW

61 :名無し讃頌:2006/03/03(金) 14:16:17 ID:6fiHErw0
混声や男声なら4声、女声なら3声かな。

62 :名無し讃頌:2006/03/03(金) 17:40:01 ID:BOAIivcq
>>60-61
女声合唱曲でも「Soprano 1・2 + Alto 1・2」みたいな編成は時々見かけるよ。
「Tenor + Baritone + Bass」みたいな男声3部より多いんじゃないかな。
ちなみに、かつて中島睦明が公募入選作を獲得した「ちっぽけな象がやって来た」は男声3部だったな。

そういえば、NHK課題曲って、去年も今年も高校の部男声は3部みたいだね。NHKからの要望なんだろうか。

63 :名無し讃頌:2006/03/11(土) 07:10:35 ID:N1R/pO5H
募集締め切りage

64 :名無し讃頌:2006/03/11(土) 07:34:15 ID:gLETSOXk
昨日締切か

65 :名無し讃頌:2006/03/11(土) 15:45:09 ID:yqH6sGl9
来年朝鮮する香具師挙手

66 :名無し讃頌:2006/03/11(土) 16:02:41 ID:gLETSOXk
>>65
諦めはえーw
今年は出さなかったのか?

67 :名無し讃頌:2006/03/11(土) 18:21:00 ID:/fl6D948
>>44
それは可能だと思われ。
実際、ここで落とされた作品を某出版社に売り込んだら
即、採用された(出版された)って知り合いもいるしね

68 :名無し讃頌:2006/03/11(土) 20:07:41 ID:ylpprEd9
>>44
3年前にある合唱団が初演した魚路恭子の「Anthology」は
もともと朝日の最終候補作です。

69 :名無し讃頌:2006/03/13(月) 10:16:59 ID:zzQKDcAu
じゃあ今年応募したやつ挙手

ノシ

70 :名無し讃頌:2006/04/05(水) 02:29:46 ID:XYy2Zznb
審査は、どのあたりまで進んでいるのかな?

71 :名無し讃頌:2006/04/05(水) 10:31:56 ID:dpKsj7L4
>>44, >>68
もっと古い例だと、多田武彦にそういう作品がいくつかある。
混声合唱曲としてコンクールに応募し、のちに男声合唱曲に改作して発表した「石家荘にて」とか。

72 :名無し讃頌:2006/04/07(金) 06:56:37 ID:eetb4IIN
吹奏楽のほうは盛り上がってるなあ・・・

ttp://music4.2ch.net/test/read.cgi/suisou/1124286070

73 :名無し讃頌:2006/06/17(土) 04:17:03 ID:mpDm1qhz
来年のやつもう書いてる人いる?

74 :名無し讃頌:2006/08/30(水) 09:08:51 ID:X3FD+LMH
書いてるよ。締め切りは一月末だったよね? 江戸川乱歩賞。


75 :名無し讃頌:2006/10/25(水) 10:20:35 ID:WWj8Wbh+
そういえばこのスレに報告するの忘れてたよ。

私は1次審査で落ちました。ご丁寧に落選通知が
封書で送られてきました。4月末だったと思います。
今年の応募は49件だったと記憶しています。
来年も頑張ろうっと。

76 :名無し讃頌:2006/11/21(火) 22:50:35 ID:N0J1AZz7
来年の要項が発表されましたよ。
毎年落選でもう出す気も起こりませんか?

http://www.jcanet.or.jp/jca/asahisyo/asashisyou2006.htm

77 :名無し讃頌:2006/12/08(金) 12:51:37 ID:9s4CcQT5
もうすぐ朝日作曲賞,,,,。
もぅ書き始めてる??

78 :名無し讃頌:2006/12/16(土) 21:03:19 ID:0HyjfGao
来年の要項ktkr

いつの間にか「受賞作品は全曲カワイから出版」が無くなってるな…・゚・(つД`)・゚・
ここ最近の2作(キリンの洗濯・子どもの肖像)も出てないし、やっぱ売れてなんぼの世界なのね。

79 :名無し讃頌:2006/12/16(土) 22:08:38 ID:8AYy8h7c
受賞作はあまり演奏されてないからね。
「うたうべき詩」も「風の満ちる日」もいつの間にか受注生産に。

80 :名無し讃頌:2006/12/16(土) 22:38:41 ID:ig3jxQ4P
http://gazoubbs.com/tomodachi/img/1161182810/1.png

81 :名無し讃頌:2006/12/17(日) 01:28:44 ID:muOHrWSx
最初は、受賞した翌年の全国大会のときに、初演してくれたはず。
出版も必ず約束されていたけど、しばらくして、出版の「予定」となり、
そしてついに・・・出版も無くなっちゃった・・・

82 :名無し讃頌:2006/12/17(日) 11:18:07 ID:y9gJC6xF
堀内さんは徐々に認められつつあるから
(雨森さんや名島さんあたりが積極的に取り上げている)
ブームとなったら「キリンの洗濯」も数年後に出版されるかもしれない。

83 :名無し讃頌:2006/12/30(土) 09:33:59 ID:l3clYj22
>>76
初挑戦しようと思っています。
不思議なのは、なんで毎年、こんなに応募数が少ないのかってこと。
16年度が47作品、17年度が56作品、18年度が49作品。
作曲家を志している人はもっといるはずなのに、
どうしてこんなに朝日作曲賞は人気がないの?


84 :名無し讃頌:2006/12/30(土) 14:00:42 ID:+GjN5B8V
現代音楽系の人はあまり興味を示さないみたい。

三善晃や西村朗のように合唱界で知名度の高い人は、
アマチュアからの委嘱が舞い込んだということが大きい。
木下牧子も若い頃は合唱にそれほど興味はなかったそうな。

自発的に曲を書くケースは多くない。

85 :名無し讃頌:2006/12/30(土) 20:00:13 ID:ThXwvsZK
>>83
いや、応募数は作曲コンクールの中では少なくない方だと思うが。
日本音楽コンクールでも室内楽で40〜50、オケだと20前後だろ。
要はクオリティですな。

86 :名無し讃頌:2006/12/30(土) 21:16:58 ID:93vN1XR0
以前、荻久保和明がハーモニーに講評書いてたとき、暗に「低レベルのものもある」って
批判してたなww

87 :名無し讃頌:2006/12/30(土) 21:28:16 ID:ParOyeOg
>>86
てか、受賞した作品に対して厳しいことをいうこともままあるでしょう?彼は。

88 :名無し讃頌:2006/12/30(土) 22:45:13 ID:DoFIlvGd
前に厳しいことを言われてた作品は、ほんとにそうでしたよ。
1年でも作曲理論を勉強した人なら絶対に書かないような進行だった。
「それでもきれいならいいじゃん」以前の作り。

89 :名無し讃頌:2007/01/23(火) 13:43:42 ID:JpZp6Uj2
応募料金一部3000円ってのは組曲で三曲で応募するとしたら9000円かかるってことなの?

90 :名無し讃頌:2007/01/23(火) 22:11:08 ID:5DbPasYh
>>89
「一部」って書いてあるだろうが!
お前は楽譜屋で「組曲バラ売りしてくれ」とでも言うのか?

91 :名無し讃頌:2007/01/23(火) 22:16:41 ID:OKBc4f8W
今年出すやついるかー?

92 :名無し讃頌:2007/01/24(水) 01:11:14 ID:yBRn15ey
工房だけど、来年度に出します

93 :名無し讃頌:2007/01/24(水) 02:52:23 ID:TS0tlW0i
>>91
出す予定です。


94 :名無し讃頌:2007/01/24(水) 17:45:31 ID:cbQWm0Z1
俺,迷ってる。

95 :名無し讃頌:2007/01/25(木) 11:18:07 ID:SPIOB4DX
みんないつから書き始める?

96 :名無し讃頌:2007/01/29(月) 17:34:55 ID:4qrqPQXG
着手はしてるが全然進みませんorz
おまいら詩はどうしてる?

97 :名無し讃頌:2007/01/29(月) 22:41:24 ID:KB2WN5NE
>>96
出版社気付で詩人に手紙出したお

98 :名無し讃頌:2007/01/30(火) 01:59:33 ID:nKwcu5dG
>>97
詩人が最近亡くなったとか版元が既にないとかの場合はどうすればいい?
著作権保有者がわからんのだが…
素直に著作権切れた詩にしたほうがいいのかな

99 :名無し讃頌:2007/01/30(火) 23:39:29 ID:VUG2e1aD
>>98
例えば、その詩人の別の詩集でも他の出版物でも出してる出版社に
「ご遺族の方に使用許可を取りたい」と連絡すれば、著作権の継承者に
手紙を転送してもらえると思う。不親切な会社はしてくれないかも。

100 :名無し讃頌:2007/01/31(水) 03:26:35 ID:vRjYxNTt
>>99
サンクス
やってみる

101 :名無し讃頌:2007/01/31(水) 15:25:53 ID:Rp/zWr6c
もぅ1月の終わりかぁ…。
朝日コンクールシーズンだな。
書き始めなきゃ…。
詩をまず本屋で探すよ。

102 :名無し讃頌:2007/02/02(金) 08:00:56 ID:qxWygFS/
あと2ヶ月か

103 :名無し讃頌:2007/02/02(金) 15:30:03 ID:hW0FhZuT
あと1ヶ月じゃないか?
今から作詩者に手紙を出して,間に合うだろうか…。


104 :名無し讃頌:2007/02/02(金) 16:49:54 ID:VUQTA6Uk
>>102
3月10日までですから、一ヶ月強ですね。
>>103
案ずるより生むがやすし。心配する時間があったらさっさと行動を起こす方が得策。
ちなみに私は今、まだ作詞中です。三曲の組曲なんだけど、ひとつが英語の歌詞
なので、出来上がったらネイティブの外国人に読んで批評してもらうつもりです。


105 :名無し讃頌:2007/02/06(火) 11:42:25 ID:WJiicJ6W
曲数が八曲と多いわけだが

106 :名無し讃頌:2007/02/06(火) 13:16:43 ID:ER7gH1/8
>>105
多いのは別に規定がないから、かまわないですよね?
ただ、最長で20分だから、平均すると一曲2分30秒。
中に少なくとも一曲はコンクールで使うのに適した長さ
の曲が要るから、それ以外はもっと短くなる?


107 :105:2007/02/06(火) 15:36:18 ID:WJiicJ6W
だよなあ…。
時間というのはややこしいもんだ。

108 :名無し讃頌:2007/02/06(火) 15:37:48 ID:EZDxGNvj
>コンクールで使うのに適した長さ

やっぱこういうのも考慮したほうがいいのかな。
確かにせっかく作るんだから演奏されてなんぼという気もするね…

109 :名無し讃頌:2007/02/06(火) 19:06:07 ID:qxo6N9ax
>>108
受賞曲のひとつは課題曲集に載ることを前提としているんだから当然でしょ。


110 :名無し讃頌:2007/02/07(水) 12:43:06 ID:dj287xe1
みんなどこまで書いた?

111 :名無し讃頌:2007/02/07(水) 19:43:07 ID:xYJIu2Lp
極端な話、10分+10分という全2曲の組曲でも、ずば抜けて素晴らしければ、受賞できるわけだ。
課題曲にはならないけど。

112 :名無し讃頌:2007/02/08(木) 10:45:52 ID:j57Jarez
大作を書いてみたいなあ

113 :名無し讃頌:2007/02/09(金) 18:00:29 ID:jGtDlws8
>>110
とりあえず4曲作った。
全曲、自作詞(1曲はまだ歌詞ができていない)。
全曲、4分以上だから、課題曲にするために2曲ほど少し削るつもり。
と、まあ順調のようだけど、実はまだ1曲も4声になってない。

114 :名無し讃頌:2007/02/10(土) 19:01:31 ID:1AakS+/8
>>111
ヒント
4分以内の曲を一曲以上含む20分以内の組曲

115 :名無し讃頌:2007/02/10(土) 19:02:52 ID:1AakS+/8
付け足し
課題曲にならない上に多分失格

116 :名無し讃頌:2007/02/16(金) 17:58:55 ID:4HRhCZTN
ちょ…!!!
出版社からまだ返事来ない…!!!
詩の使用許可とりたいのに…!!!

117 :名無し讃頌:2007/02/16(金) 18:49:04 ID:bS7v0s/S
>>116
つ電話

118 :名無し讃頌:2007/02/16(金) 21:27:49 ID:4HRhCZTN
ありがたふ。
月曜日に電話してみるよ…。
みんなやっぱり電話なんだね。
出版社から詩人の住所教えてもらってるの?

119 :名無し讃頌:2007/02/18(日) 07:09:27 ID:H45ipFie
あげ

120 :名無し讃頌:2007/02/19(月) 23:20:26 ID:v7BdOMh5
電話してみたら親切に対応してくれたよ…。
良かった…。

121 :名無し讃頌:2007/02/27(火) 17:37:18 ID:Teg4/3Rx
ちょっとお邪魔します。

コンクールに出す訳ではないけれど、
作曲した曲を公的な場で演奏する場合って
詩の著作権料かかりますよね?
それって詩人に手紙出すときに聞いたほうがいいですか?

122 :名無し讃頌:2007/02/27(火) 18:49:35 ID:vdWUmXM6
>>121
もちろんです。

123 :名無し讃頌:2007/02/27(火) 19:07:33 ID:Teg4/3Rx
ありがとうございます。聞いてみます。
でも一般的にどのくらい掛かるんでしょうね。

124 :名無し讃頌:2007/02/28(水) 23:56:19 ID:/R1YuA5k
締切り開始まで残り四分あげ

125 :名無し讃頌:2007/03/01(木) 01:38:12 ID:xSk7Dob5
あと2週間足らずでは無理だな……。
今年はあきらめるポ

126 :名無し讃頌:2007/03/03(土) 01:45:36 ID:McDTIM+z
4曲作ったけど、4曲とも、ヘ長調というのはいいんだろうか。
そのうちの1曲は曲の終盤、転調してるけど。
奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門に応募していたこともあって、
朝日作曲賞のほうはギリギリになっちまった。

127 :名無し讃頌:2007/03/03(土) 05:02:41 ID:+etD+/Fc
>>126
それは人に聞いてどうこうってもんでもないと思うが…
お前がいいならそれでいいとは思うぞ。

あとどうでもいいが俺も4曲だ。時間なくて1曲削った結果だがorz

128 :名無し讃頌:2007/03/03(土) 19:38:24 ID:Jfd/NgsA
>>126
違う調が良いと思うなら、どれか半音程度上げ下げしたら?
その程度なら歌いにくくなるとかないでしょ。


129 :名無し讃頌:2007/03/14(水) 18:48:55 ID:vqbcU8P6
さてみなさん、締め切りすぎましたが、応募しましたか?

130 :名無し讃頌:2007/04/01(日) 01:25:45 ID:W+TMfTWc
曲の調そんな適当に決めてんのかよ!?

131 :名無し讃頌:2007/04/02(月) 07:36:07 ID:AB45ZA3S
>>130
ふつうそんなもんだろ。もともと現在の12音による音楽の仕組みが、
どの調でも関係ないようにできてるんだから、あとは楽器(声)の音域に
合わせて移調すればいいだけ。

132 :名無し讃頌:2007/04/10(火) 03:40:55 ID:x/fDvYEf
>>130
大まかに♭系♯系の違いは気にするが
最優先事項ではないなぁ。

133 :名無し讃頌:2007/04/14(土) 02:36:56 ID:FDr/oxSG
131>釣りか?じゃ大地讃頌ヘ長調に移調してみれ。

132>なるほど。声楽はたしかに音域が厳格だからな…。困った。

134 :131:2007/04/14(土) 17:38:02 ID:SJJAxDct
>>133
> 131>釣りか?じゃ大地讃頌ヘ長調に移調してみれ。

おまいに命令される必要はない。移調は簡単だから誰でも出来るだろ。どの調でも
関係ないと言った意味がわかってないみたいだな、お主。


135 :名無し讃頌:2007/04/18(水) 01:12:20 ID:grjkDcFB
ロ長調ならではの重厚さっていうのが有るような気がする<大地讃頌

136 :名無し讃頌:2007/04/18(水) 01:43:46 ID:Y7garxcv
あちこちで既出の話だけど、「大地讃頌」はもともとDes-durで作曲された。
現在のH-durに移調された経緯や、なぜB-durにしなかったかという理由については、
ttp://www.kyogei.co.jp/data_room/kaze/edu_int_001.html に載っている作曲者インタビューに書いてある。

131の人は古典的な調性でなく、旋法だの12音技法だので作曲してるのかな。

137 :131:2007/04/18(水) 17:58:03 ID:kwK8gIMr
まだ分かってないな。もれはなにも複雑なことは言ってないんだよ。
作曲家によっては、調なんて後から考えるんだから、作った後で、
どの調にでも好きな調に移調すればいいだろ、ってだけの話。
その作曲者にこだわりがあるなら、その調にすればいいさ。
ある器楽曲の作曲家は、全部B♭で作曲して、後で不都合がある場合だけ移調するそうだ。
ここは合唱板──人間の声は楽器よりも概して音域が狭いから、
より適した調があれば、それに移調するのは当然の話。そうすれば良いでしょ、
と言ってるだけなのに、変に突っ込むヤシがいるな。


138 :名無し讃頌:2007/04/18(水) 23:24:39 ID:kolrjCyb
ペダルっぽいのキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

139 :名無し讃頌:2007/04/18(水) 23:59:53 ID:7G0d9cwX
作曲家や演奏家は大抵、24の調それぞれに特有のイメージや色彩を持ってるからね。
そのイメージが音域と合致しないと非常に困ったことになる。
理想的なのは最初にイメージした音で、無理なく書ききること。
まあ曲を作る人によりけりだな。

>>135
俺の中ではロ長調は重厚というよりも、すがすがしさ、高貴、神聖、幻想などのイメージがある。色は淡い紫がかった白。

140 :名無し讃頌:2007/04/19(木) 00:23:03 ID:Sju4eHVM
>>139
> 俺の中ではロ長調は重厚というよりも、すがすがしさ、高貴、神聖、幻想などのイメージがある。色は淡い紫がかった白。

ええっ! そうかな? やはり、感覚は人それぞれだな。

141 :名無し讃頌:2007/04/26(木) 21:19:43 ID:uv/rwyyD
今回の朝日での教訓は
「曲は早めにとりかかる」
だなw
というわけで今年は早めに書き始めるよ。

そういえばみんなは作詞者へ手紙かなんかで承諾とるとき
どのくらいで返事きたのかな。
ぜひとも教えてくれ…
ちなみに当方大学一年生…


142 :名無し讃頌:2007/04/26(木) 23:42:36 ID:YiTlVcXe
>>141
> ちなみに当方大学一年生…

音大? それか教育学部? まったく無関係の大学?


143 :名無し讃頌:2007/04/27(金) 03:19:23 ID:mRBqxwoj
それ知ったからどうなるってんだ?

144 :名無し讃頌:2007/04/27(金) 06:57:03 ID:8CMbLz43
>>143
コネのあるなしとか期待度の高さとかが影響するかもな、的妄想が広がるんジャマイカ?

145 :【141】:2007/04/27(金) 14:27:33 ID:bdlLd18Y
金無くて音大いけずに国公立大…しかし夢はあきらめず今もピアノと合唱と作曲をやっています…。

自分が手紙だしてももうふた月も返事がこないんですよ…orz


146 :名無し讃頌:2007/04/27(金) 15:30:19 ID:5Nme6AWL
>>145
書留で送った? それと、返信用封筒を同封するのは礼儀だけど、
忘れてない?


147 :名無し讃頌:2007/04/27(金) 22:33:06 ID:bdlLd18Y
あ〜ミスりました…汗
つぎはきちんと送ってみます…
ありがとう御座いました。

148 :名無し讃頌:2007/05/06(日) 17:43:40 ID:xip7FSLv
譜面審査通過作品の演奏審査って、どんな合唱団が試奏するのかご存じの方いますか〜?

149 :名無し讃頌:2007/05/06(日) 17:51:41 ID:p3KDiPJn
上嫁ageるな

150 :1:2007/05/06(日) 20:59:06 ID:jT3KSoFM
>>149
ageても別にかまわないじゃん。誰が決めた?
ちなみに漏れはスレ立て。

151 :名無し讃頌:2007/05/06(日) 22:50:59 ID:nGVYs+M8
>>148
松原混声合唱団

152 :名無し讃頌:2007/05/06(日) 23:12:25 ID:PPV1Irld
「土佐日記」って、出版社の許諾とか要りますかね?

153 :148:2007/05/07(月) 02:44:17 ID:duCAi8a+
ありがとうございます、すみません、既出でした・・・
演奏審査って、何曲くらい残るんですかね?

154 :名無し讃頌:2007/05/09(水) 13:07:28 ID:eRMjBuKT
>>153
ここ数年は混声が2組曲、同声(女声か男声)が1組曲の計3曲残っている模様。

というか君はハーモニー読んでないのかね?

>>152
いらんよ

155 :152:2007/05/09(水) 21:57:58 ID:DViWcHus
ありがとうございます。
受験と並行して頑張ってみるかw

156 :名無し讃頌:2007/05/09(水) 23:25:36 ID:zH1PH1zl
正直、「ハーモニー」と過去の課題曲集を、せめて4、5年分は
おさえておいてほしい。
全日本合唱コンクールのことをよく知らない応募者は、意外といる。
まあ、何べんも参加し、コンクールの現状をよくわかってる人しか
応募しない状況よりは、よっぽど健康だけどね。

157 :148:2007/05/16(水) 13:25:24 ID:6dTvm8op
>>154
ありがとうございました。
過去のハーモニー読みました。
3曲か4曲くらいが残るみたいですね。

158 :名無し讃頌:2007/10/09(火) 22:40:40 ID:PzrScR9n
私の詩で作ってみません?









嫌か、そうか。

159 :名無し讃頌:2007/10/09(火) 23:00:30 ID:N5GfIXUZ
たまにはage。
今年度の受賞者は、上田真樹だとさ。作曲者本人のサイトで告知が出てる。
ttp://web.mac.com/maquis_ueda/iWeb/Site/Information.html
ttp://toyoco.exblog.jp/6507169/

組曲は東混が今年12月の敵演奏会で初演するが、来年のコンクール課題曲になる楽章はプログラムから外されてる。
http://homepage3.nifty.com/TOUKON/teiki.htm

160 :名無し讃頌:2007/10/10(水) 01:47:20 ID:xBCoGKhj
>>159
公募で受賞した作品が、出版される前に公の場で初演されるって、良いことなのか?
二重売りになるんじゃないの?

161 :名無し讃頌:2007/10/10(水) 03:08:42 ID:2fdOlUq7
二重売りの意味がわからんが

とはいえ応募条件に未初演があったはず
そこに団体からの委嘱作ってのは疑問だな
受賞によって東混は演奏できなくなったわけだし

でもまぁとりあえずおめでとうございます。
夢の意味では東混よりアマチュア向けとか聞いたし、
実際楽しい曲を書く人なんだろう。
早稲グリ委嘱も俄然楽しみ

162 :名無し讃頌:2007/10/10(水) 03:10:44 ID:uzp8n4Ok
>>160
いつも朝日作曲賞は7月半ばぐらいに受賞者が決まる。受賞決定後に東混が取り上げることになったんだろう。

それと、大賞受賞作は、第15回「キリンの洗濯(堀内貴晃作曲)以降、出版されていない。
確かあの年度から「受賞作はカワイから全曲の楽譜が出版される」という規定がなくなったはず。

163 :名無し讃頌:2007/10/10(水) 03:25:39 ID:uzp8n4Ok
>>161
東混のサイトをよく見てみれ。
プログラムでは委嘱作品を初演する場合「委嘱」と明記している。
もっとわかりやすいのは委嘱支持会コーナー。

東混みたいなプロ合唱団の場合、放送局や出版社や自治体などの外部組織が委嘱した作品を初演することは珍しくない。
Wikipedia日本語版の[[東京混声合唱団]]に委嘱じゃない初演作品のリストが載ってるんで、ご参照あれ。

164 :名無し讃頌:2007/10/10(水) 08:59:12 ID:i4CrJWOH
少し前までは、受賞作の全曲演奏というのを、全日本合唱コンクールでやってた。
それが東混にバトンタッチしただけでは。

165 :名無し讃頌:2007/10/11(木) 10:33:48 ID:+Zu2T71k
今年は混声37、男声1、女声24。
池辺氏によると、今年は応募作のレベルが低かった模様。

朝日作曲賞 上田真樹 混声合唱とピアノのための組曲「鎮魂の賦」(作詩/林望)
ソロがあるらしい。
佳作 森山至貴 無伴奏混声合唱のための「たべもののうた?」(作詩/木坂涼)
最終候補 塚田真理 女声合唱のための小ミサ曲 

166 :名無し讃頌:2007/10/11(木) 21:37:59 ID:G2yB67kC
>>165
男声すくなっ!

森山さんは以前も佳作受賞してたね(大賞なしの年)

167 :名無し讃頌:2007/10/11(木) 22:46:27 ID:8iCsPAcH
ちょっと聞きたいんだけど
譜面審査って、どうゆう所を見てるんだ?
俺は楽譜見ただけじゃ良い曲かどうかわからん・・・
だから曲選びはいつも音源聴いてするし。
なんか譜面を見るときのコツとかあったら教えてほしい

168 :名無し讃頌:2007/10/12(金) 20:53:08 ID:YElLpVoz
>>167
>>27以降を参照。
それと、ハーモニーの審査員評もチェックするといい。

以下は審査と関係ないけど、最後の文章に答えるためのレス。
私が譜面を見るときは、各声部の最高音と最低音および音域を調べ、
旋律がどのように動いているのか、横のライン(メロディー、リズム、
対位法)をざっと眺める。

縦(和声)を見るのは、最初と最後あたりぐらいかな。
もちろん、じっくり眺める時はしっかり見るけど。

「オーケストラ・スコアの読み方」の本は何冊もあるけど、
「合唱の読み方」だけを扱った本って1冊もないからね。
上でも紹介されてるけど、合唱曲の作曲本を読むといいかもしれない。

169 :sage:2007/10/12(金) 23:07:22 ID:pzgDLq4p
>>167
なぜ、そんなこと聞くの?
審査員になるため?

譜面審査に通るには、どうしたら良いかってことを聞きたいんでしょ。

170 :名無し讃頌:2007/10/12(金) 23:08:41 ID:7O8oIIMI
>>169
君歪んだ性格してるねえ

171 :名無し讃頌:2007/10/12(金) 23:11:09 ID:xjKb2syS
>>167
作曲の賞だから、書法とかエクリチュールとかを見るんじゃないかな。
サウンドを聞くより譜面を見たほうがわかりやすい独創性もあるからね。

曲選びのための譜面下見に関しては、基本的に>>168と同じ。
それに加えて、協和音・不協和音の割合、転調のしかた、臨時記号の出現具合なども眺める。
テンポ指定や強弱記号は初見に弱くてもわかりやすい。

172 :名無し讃頌:2007/10/20(土) 02:59:42 ID:CkGJ69ad
harmonyメーリングリストで流れてきた情報。
今年度の受賞作「五つの母音の冒険」、作曲者本人の指揮で来月に全曲初演だってさ。
ttp://voixvert.seesaa.net/

173 :名無し讃頌:2007/11/14(水) 23:53:39 ID:zzWqgsAX


沖縄戦集団自決の虚偽をばらまく朝日の偏向を許すな!


"日本軍関与"は朝日が目論む第二の「慰安婦強制連行」【前編】1/2


http://jp.youtube.com/watch?v=aA0ypfd9VjU



沖縄戦集団自決の虚偽をばらまく朝日の偏向を許すな!


"日本軍関与"は朝日が目論む第二の「慰安婦強制連行」【後編】2/2


http://jp.youtube.com/watch?v=zE3GHyE7r3U









174 :名無し讃頌:2007/12/03(月) 23:21:37 ID:AuL1yVzY
募集要項発表あげ


このスレに集う作曲者たちは誰の詩をテクストにしてるのかい?

175 :名無し讃頌:2008/01/08(火) 20:24:03 ID:1cSrVLfS
長谷部氏の「五つの母音の冒険」全曲初演がようつべにうp
ttp://voixvert.seesaa.net/article/77081334.html

176 :名無し讃頌:2008/01/08(火) 20:46:33 ID:B76R5kNL
>>175
なんでこんなのが選ばれたんだろう?

177 :名無し讃頌:2008/01/09(水) 22:13:28 ID:hCIHOEyd
>>174
俺は気に入った歌詞がないから、自分で作詞もした。
今年はまだ詩が出来てないから、3月の締め切りに間に合うかどうか……。


178 :名無し讃頌:2008/02/24(日) 02:05:09 ID:mFy4i5eI
ああ、ダメだ〜!
一応、3曲からなる組曲を一通り作ったんだが、パソコンで聴き直してみると、
どうも良くない。それに、ちょっとテナーの音域が広すぎる。これじゃ、良くても
歌える団が限られてくる。16分音符のメリスマもちょっと難しいか。
締め切りまであとわずかだな。なんとか今年は予選を通過したいんだけど。
人間の声で聴けるソフトってないのかな?


179 :名無し讃頌:2008/02/24(日) 02:36:23 ID:8PhlYQex
>>178
多田武彦作品や過去のNコン課題曲を初音ミク達に歌わせてる人を、よそのスレッドで見かけた。

180 :名無し讃頌:2008/02/24(日) 12:46:03 ID:UscAE8D2
>>179
初音ミクね、一度検討したことあります。でも、ちょっと声質や音域が
合唱向きではないですね。


181 :名無し讃頌:2008/02/24(日) 13:25:43 ID:U6n9EfN2
確かに、合唱を打ち込みで確認するのは、器楽より難しいよね。
楽器ならお金出せば、すごいクオリティのサンプルを手に入れられるけど、
言葉で歌わせようとすると、いまのところボーカロイドしかない。
しかし、ボーカロイドだと、あまりに合唱の声からはほど遠い。

ちなみに私が使ってる音は、GMのPC No.53 Choir Ah ・・・。
もう聞き飽きた・・・

182 :名無し讃頌:2008/02/24(日) 21:16:59 ID:OWD93qey
普通の声を録音して、それを自由に編集できるのってないのかな?
ベースで歌って、オクターブ変えてソプラノにしたりとか。
それとか、部分的に歌ってつないで再生するとか。


183 :名無し讃頌:2008/02/27(水) 02:42:57 ID:eJ/pwi6p
コンクール向きのテナーの音域ってどんなんなの?

作曲時の確認じゃないけど、自分で歌って確認するのはありだとおもう。
ttp://www.wisemanproject.com/mp3/070611-3-Sanctus-demo.mp3
これなんか作曲者プラス1で作られている音源だし。

俺がこんなに歌えたら良いのに。


184 :名無し讃頌:2008/02/27(水) 14:56:26 ID:MGUNHYdM
>>183
重いし、聞こえないぞ? 俺のパソコンが悪いのか?

コンクールに限らず、テナーの音域といったら、
E3〜G4くらいじゃないかな。広くてもその上下2度以内かな。


185 :名無し讃頌:2008/02/28(木) 02:56:57 ID:T2NGUuv5
>>183

歌うまっ

186 :名無し讃頌:2008/02/28(木) 19:43:48 ID:VskrFR2u
さ、応募期間ですね! 今年はみんな出す?


187 :名無し讃頌:2008/03/08(土) 23:13:36 ID:6SOiiJQT
そう言えば「五つの母音の冒険」が発売されたけど、
カワイじゃなくマイナーな出版社からだったな…

カワイから発売されるというのも応募の動機だったのに…

188 :名無し讃頌:2008/03/09(日) 16:34:21 ID:WMHWRYn7
>>187
っ[>>162]

189 :名無し讃頌:2008/03/10(月) 15:32:37 ID:0Mtso/72
ギリギリながらもさっき提出してきた。
消印確実にするために集荷局まで行ってきたよwww

190 :名無し讃頌:2008/04/02(水) 10:05:42 ID:rXHqGvfH
昨年度受賞作「鎮魂の賦」来月全曲初演あげ
ttp://homepage3.nifty.com/TOUKON/concert.htm
ttp://www12.plala.or.jp/shimodakousha/toukon.html

191 :名無し讃頌:2008/04/24(木) 10:04:42 ID:EIl3C6C5
一次審査の結果きた?


192 :名無し讃頌:2008/04/28(月) 20:47:15 ID:SBtZZ1RE
>>191
まだ

例年は4月中に(落選通知含め)送られてくるもんだけどなー

193 :名無し讃頌:2008/05/06(火) 04:18:10 ID:ExXW3rsT
作品の初演音源って毎年ハーモニーの祭典に収録されてるの?

194 :名無し讃頌:2008/05/06(火) 19:52:10 ID:g/PSID91
>>193
"初演"音源といえるのかどうかわからないが、課題曲のなかから朝日作曲賞受賞作品を選択した団体が全国大会に出場すれば、そのコンクール音源は収録される。


195 :名無し讃頌:2008/05/07(水) 00:59:09 ID:AaGTHjKV
>>194
「鎮魂の賦」については、コンクールとは別のところでの初演だから(>>190)、『初演』音源が「ハーモニーの祭典」に収録されることはあり得ない。

196 :名無し讃頌:2008/05/18(日) 15:24:59 ID:PHYwBCki
で、一次の結果はまだ来てないの?
過去に1回だけ、9月に二次審査やった年もあるようだが。。。

197 :名無し讃頌:2008/05/21(水) 15:26:32 ID:NszsbPmT
あー、まだ一次結果発表されてなかったんだ。
4月中に来なかったから向こうに届いてすらいないのかと思ったw

198 :名無し讃頌:2008/05/21(水) 16:14:34 ID:HiUmP10t
これって、難しすぎて落選することもあるの?

199 :名無し讃頌:2008/05/21(水) 22:59:20 ID:23gL3+GU
>>198
組曲の全楽章が難しすぎて

200 :199:2008/05/21(水) 23:00:20 ID:23gL3+GU
途中で送ってしまったorz

組曲の全楽章が難しすぎて落選することはありうる。受賞作品は、そのうちの1楽章が翌年度のコンクール課題曲になるから。

201 :名無し讃頌:2008/05/24(土) 03:30:43 ID:75qVP0lE
課題曲になる「かもしれない」ってことじゃなかった?
かならず、ってわけじゃなかった気がする。

202 :名無し讃頌:2008/05/24(土) 14:42:32 ID:zcZ0W2av
>>201
募集要項には
> なお、朝日作曲賞受賞作品の中に全日本合唱コンクール(全日本合唱連盟・朝日新聞社主催)
> の課題曲にふさわしい曲があれば、平成21年度課題曲として選定します。ただし、課題曲の
> 対象となる曲は4分以内のものに限られます。
と書いてあるから、
文面上は「課題曲になる場合もある」ってことだな。

ただ、組曲形式での募集になって以降、入賞作品から課題曲が選定されなかったことは現時点ではまだない。
(2002年度は入賞作なし・佳作のみだったため例外)

203 :名無し讃頌:2008/05/24(土) 19:02:07 ID:hQ3rxqMQ
>第一次審査(譜面審査)の結果は、6月上旬、応募者にご案内する予定です。(2008/05/23



204 :名無し讃頌:2008/06/04(水) 11:55:09 ID:7kHQc8H2
昨日が朝日作曲賞の審査だった模様。
ttp://www.tokyo-concerts.co.jp/index.cfm?menu=news&lang=jp

205 :名無し讃頌:2008/06/04(水) 13:22:09 ID:C6FNEYn6
そんなかに大谷研二って出てるけど、先生、もう快復したのかな?

206 :名無し讃頌:2008/06/07(土) 01:41:20 ID:/kligCIK
>>205
残念なことに、4月30日未明 お亡くなりになりました。































リンリンが。


207 :名無し讃頌:2008/06/07(土) 07:14:35 ID:sDROvcZd
>>206
関係ないけど大谷先生の奥さんの名前はミンミンだぞ。

208 :名無し讃頌:2008/07/03(木) 00:03:10 ID:PxB3o16r
日本現代音楽協会が、児童合唱の新作を募集中。(8/30締切)
http://www.jscm.net/callfor.html#shougaku3

入選作品は、田中信昭先生、大谷研二先生のどちらかに取り上げてもらえるみたい。
ただしその場合、作曲者が出品料を負担しなければならないそうだがw

209 :名無し讃頌:2008/07/24(木) 01:29:38 ID:DqX31KI2
去年の入賞作品のCD出るみたいだけど、
組曲の楽譜も出版されるのかな。

210 :名無し讃頌:2008/07/27(日) 22:33:56 ID:0MXU8Npc
今年の演奏審査は9月なんだねえ

211 :名無し讃頌:2008/07/29(火) 18:25:53 ID:8/gJkMxP
果たしてDは応募するのだろうか

212 :名無し讃頌:2008/07/29(火) 20:05:58 ID:J+2+JPFI
>>211
作曲家Dは朝日作曲賞には応募しないと思われ。
ただ、松下の指揮するアンジェリカが募集している女声合唱組曲には応募するようだが。
http://www.geocities.jp/tdr_finalarchive/

213 :名無し讃頌:2008/09/05(金) 20:02:03 ID:wWpGPu+o
演奏審査あげ

214 :名無し讃頌:2008/09/09(火) 15:05:12 ID:9KXB3lVd
で、もう結果でたのか?

215 :名無し讃頌:2008/09/11(木) 06:49:22 ID:RezlTvDS
応募期間:平成20年3月1日(土)〜3月10日(月)
応募数総数:59曲(女声17曲、男声1曲、混声41曲) 
審査員:池辺晋一郎・荻久保和明・岸 信介・新実徳英・西村 朗
審査日:第1次審査 6月3日(火)譜面審査
    第2次審査 9月4日(木)演奏審査


《朝日作曲賞》賞金100万円・賞状・記念品 作曲者 広瀬 正憲(神奈川県横浜市在住)
混声合唱とピアノの為の組曲「百歳になって」作詞 谷川俊太郎 / ピアノ伴奏付 からだ
歩く
飛ぶ
百歳になって



《佳 作》賞金10万円・賞状・記念品 作曲者 田中 達也(東京都世田谷区在住)
混声合唱とピアノのための組曲「夏の断崖」作詞青木 景子  / ピアノ伴奏付 夏の断崖
ゆらぐ器
私の夏の少年
あをぞらの館
緑のたそがれ




216 :名無し讃頌:2008/09/12(金) 02:12:45 ID:ULbytF2h
謎の新人か

217 :名無し讃頌:2008/09/12(金) 09:25:12 ID:XwPUpbB6
佳作受賞者のほうは、ご本人のサイトがある。作曲活動歴は上田真樹と同じくらいっぽい。
ttp://tanakasfactory.jp/

218 :名無し讃頌:2008/09/18(木) 19:00:16 ID:Jg2GJy7V
全音から「鎮魂の賦」出版。
http://www.zen-on.co.jp/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=22222

上田真樹:鎮魂の賦
混声合唱とピアノのための組曲


林望が書き下ろした12篇の連作詩から5篇を選び組曲として作曲。 「死を悼むレクィエムではなく、温かい気持ちで死者の魂と心を通わせるようなレクィエム──上田真樹」
〔曲目〕1.時の逝く、2.家居に、3.鎮魂の呪、4.死は安らかである、5.春の日、全5曲。 (社)全日本合唱連盟・朝日新聞社主催、平成19年度合唱組曲作品公募(第18回朝日作曲 賞)入選作品。


219 :名無し讃頌:2008/09/18(木) 23:06:04 ID:Esfcb5+m
>>217
上田真樹に師事、ってあるから、もっと若いんじゃない?

220 :名無し讃頌:2008/10/09(木) 13:30:40 ID:PjLfpOC2
今回の審査 新実徳英の選評(一部)

応募者の方々は日本の合唱曲を聴き過ぎている、いわば「合唱中毒状態」ではないか。
汎く管弦楽、室内楽なども研究していただきたい。
そこから新たな合唱の書法が生まれる可能性は大きい。
良い意味で(と敢えて記すのだが)審査員の価値観などぶっ飛ばすゾ、
くらいの意欲作に出会いたいと願うのも、選者の正直な気持ちではある。

221 :名無し讃頌:2008/10/12(日) 05:08:30 ID:FdXmHUdb
最終審査にはほかに誰の作品が残ったの?

222 :名無し讃頌:2008/10/12(日) 07:03:53 ID:dbnHEfg9
朝日作曲賞に応募したことある人教えて下さい。
曲の講評って貰えるのですか?

223 :名無し讃頌:2008/10/12(日) 10:34:35 ID:vUjYatsO
もらえません。ハーモニーの選評が全て。

224 :名無し讃頌:2008/11/08(土) 13:17:42 ID:ojnk3Dcn
国立音楽大学女声合唱団アンジェリカ「女声合唱曲作品公募コンテスト」で、朝日作曲賞の受賞者が最優秀作と佳作を獲得。
ttp://blog.komatsushita.com/?eid=733447

225 :名無し讃頌:2008/11/08(土) 13:37:42 ID:uHUm/nNQ
応募総数わずかに9作か……

226 :名無し讃頌:2008/11/08(土) 14:32:44 ID:bOe8xd/1
DやSEIGIもそうだが俺も含め間に合わなかったやつがほとんどだと思われ
まあ作風は嫌いだが相手が山内じゃかなわねーや

227 :名無し讃頌:2008/11/08(土) 15:43:16 ID:ZtQWoVCG
間に合わなかった人よりも、女声合唱だから興味がなくて応募しなかった人の方が多いんじゃない?

228 :名無し讃頌:2008/11/08(土) 17:42:01 ID:UaKXrLh4
コンテストが開催されたこと自体を知らなかったという人もいそう。

229 :名無し讃頌:2008/12/15(月) 01:05:53 ID:gEcIVfIk
来年度の要項でたが、微妙にこれまでと条件が変わってるな

第19回まで→ 演奏時間が10分以上20分以内の作品
第20回→ 演奏時間が15分程度で、4分以内の曲を1曲以上含む作品

230 :名無し讃頌:2008/12/15(月) 01:18:54 ID:kuIBOSwl
朝日作曲賞って、組曲のトータルの良さで決まるの?
それとも、課題曲に使われることになる四分以内の曲の良さが、
他の曲よりも大きな比重を占めるの?


231 :名無し讃頌:2008/12/15(月) 03:25:39 ID:yeeFHSX9
組曲としての評価でしょ。
課題曲は、作曲賞決まったあとに、どの曲にするか選ぶんだから。

232 :名無し讃頌:2008/12/15(月) 04:12:34 ID:U/xPc90s
>>230
「HARMONY」のバックナンバーを漁り、選評を読むといい。

233 :名無し讃頌:2008/12/15(月) 06:43:36 ID:C/ZEH/Jm
>>231
いや、そうとも限らないだろう。全体の出来が素晴らしくても、
課題曲に使える曲のレベルが低かったら、それだけで落とされるはず。


234 :名無し讃頌:2008/12/15(月) 11:06:45 ID:U/xPc90s
>>233
レベルの低い楽章が含まれる組曲って「全体の出来が素晴らしい」のか?
むしろ全体の出来に対して足を引っ張る存在ではないかと。

235 :名無し讃頌:2008/12/15(月) 13:24:08 ID:AiBfbQ0S
>>234
もっと「程度問題」というのをわきまえた考えはできないのか?
1と0だけの人間か?


236 :名無し讃頌:2008/12/15(月) 21:25:02 ID:7tH6d0dJ
譜面審査で組曲全体の出来を見て3作品くらいに絞って
さらに演奏審査では組曲の中の4分以内の曲(それが複数ある場合は全部やるのかはわからないけど)
を対象に課題曲としてふさわしいかを見る

とにかく全体的に高いレベルを持って書いたほうがいいと思う
信長さんはうたうべき詩のときには「消息」ではなく「うたうべき詩」が課題曲になってほしいと思ってたらしい

237 :名無し讃頌:2008/12/15(月) 22:49:57 ID:BUe712+5
>うたうべき詩
確かにアカペラでいい感じ
だがラストであれだけ盛り上がると向いてないんだろうな〜
ピアノ付組曲の中間楽章をアカペラでそこそこに仕上げるのが良いと思う

238 :名無し讃頌:2008/12/16(火) 01:07:20 ID:sTSCLZvo
>>233
課題曲を選ぶことが目的ではないんじゃない?
課題曲としてふさわしい曲があれば、課題曲にする、という話で。
もっとも、今年から必ず「4分以内の曲を含む」ことが条件になったということは
今後は課題曲ありき、になっていくのかもしれないけどね。

>>236
演奏審査は、組曲全部を演奏して、組曲としての評価をするはず。



239 :名無し讃頌:2008/12/16(火) 02:07:51 ID:f01iQXEC
>>238
> >>233
> 課題曲を選ぶことが目的ではないんじゃない?
> 課題曲としてふさわしい曲があれば、課題曲にする、という話で。

これはある程度納得できる。賞をもらいながら、課題曲にならなかった例があったように
思う。



240 :名無し讃頌:2008/12/16(火) 15:11:52 ID:h26n7GR6
>>239
少なくとも組曲形式での募集になってからは、現時点まで「賞をもらいながら、課題曲にならなかった例」はないはず。
たぶん2003年度課題曲のことを言ってるんだろうけど、2002年度の受賞作がなかったため(佳作だけ)かと。

241 :名無し讃頌:2009/01/24(土) 08:15:12 ID:wgXpR30l
なかなか信長以降が出ないね。

242 :名無し讃頌:2009/01/31(土) 08:28:53 ID:EBp9bOKr
かわいい女子高生を拉致したい
っていう内容の詩を書いて
それで作曲して応募しても
無理ですかね?


243 :名無し讃頌:2009/01/31(土) 09:50:59 ID:x3bmO7fM
フランス語に訳せばいいと思う。

244 :名無し讃頌:2009/02/07(土) 17:18:10 ID:8DFfkJKJ
今年こそはチャレンジしようと思っているのだが、まだ歌詞がうかばない。
締め切りは近付いてくる。
なので今年は吹奏楽の方に応募することにした。


245 :名無し讃頌:2009/02/15(日) 05:13:43 ID:tP/BGkz9
なんで合唱部門は大賞が100万なのに佳作は10万なんだ?
吹奏楽部門は入選が数点選ばれ、50万なのに。
しかも、吹奏楽部門は応募料が無料なのに、合唱部門だけ3000円だなんておかしい。
声部は合唱の方が少ないんだから、審査にもそれほど金がかからないはず。
合唱連盟はどっかおかしいよ。



246 :名無し讃頌:2009/02/15(日) 09:18:45 ID:A/lbTQwV
全く調べないで書いてみるんだけど。。。
吹奏楽と合唱、新作の演奏率ってどのくらいなんだろうね。
合唱ならコンクール課題曲になるってことがあり得る「程度」けど、
吹奏楽は結構取り上げられる機会が多いのかもしれん。
再演の多少でコストが変わって、それで再演の少ない合唱が
高くなる、って寝言を寝ながら考えた。
おやすみノシ

247 :名無し讃頌:2009/02/15(日) 13:08:05 ID:+bVIOIDy
午前九時に「おやすみ」ですか?


248 :名無し讃頌:2009/02/15(日) 21:43:59 ID:YOfeNpDy
現代作品の演奏頻度で言えば吹奏楽より合唱なわけだが…

249 :名無し讃頌:2009/02/18(水) 03:20:18 ID:8JySHhz3
だから合唱の作曲賞関係は遅れてるってんだよ


250 :名無し讃頌:2009/02/18(水) 14:38:26 ID:ljIdZVRE
声部が少ないからみんな書きやすい
つまり無料にするとたくさん応募が来て審査が大変になる。

251 :名無し讃頌:2009/02/18(水) 14:55:00 ID:khj4p4w4
そうか、審査料が必要なのも、佳作の賞金が安いのも、すべては
応募作品をすくなくするための策略だったのか!


252 :名無し讃頌:2009/03/03(火) 10:54:51 ID:JouUojGv
今、みなさん必死で仕上げてるところですか?!

253 :名無し讃頌:2009/03/03(火) 11:48:11 ID:/SZAcCrP
必死ならこんなところに来る暇はないだろ

254 :名無し讃頌:2009/03/12(木) 19:46:25 ID:J4grpuDN
応募期間終了あげ

255 :名無し讃頌:2009/04/11(土) 23:53:17 ID:4UUc2ShP
age

256 :名無し讃頌:2009/04/14(火) 09:51:14 ID:gBCFYXu8
一次の日程っていつごろなんでしょう。
一昨年、とその前は4月中だけど、昨年は6月。
日程もわからず結果を待つのは疲れますね

257 :名無し讃頌:2009/04/14(火) 13:20:49 ID:tqlUAI0S
昨年度の佳作受賞作品「夏の断崖」が7月に初演。

258 :名無し讃頌:2009/04/22(水) 21:04:00 ID:WcRqF+Dn
落選通知きますた

259 :名無し讃頌:2009/04/22(水) 22:52:17 ID:4YaCvPPi
>>258
ちょうだい

260 :名無し讃頌:2009/06/18(木) 23:57:53 ID:6J8hAXs9
age

261 :名無し讃頌:2009/06/19(金) 18:17:23 ID:X/4gfY8F
>>257
http://combinir-di-corista.com/03/index.html

262 :名無し讃頌:2009/06/21(日) 00:53:25 ID:+7jxNQVa
>>242
朝日的じゃないから駄目だろう

263 :名無し讃頌:2009/06/21(日) 10:07:00 ID:mesffNW4
朝日新聞社は新聞だけでなく国も売ってます

264 :名無し讃頌:2009/06/26(金) 22:10:35 ID:hsr6MFev
広瀬正憲氏、吹奏楽のほうでも朝日作曲賞受賞。
合唱と吹奏楽の両方で取ったのって山内氏に続いて二人目?

265 :名無し讃頌:2009/07/07(火) 21:04:40 ID:R4/4lh24
http://www.asahi.com/showbiz/music/TKY200907070231.html

誰?21歳は最年少受賞か。

266 :名無し讃頌:2009/07/08(水) 00:57:07 ID:oFtX6Qx5
>>265
おそらく東京藝大に在学中。
ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~yukikon/sub2-070728.htm

267 :名無し讃頌:2009/07/08(水) 01:26:48 ID:KuAKnub4
秋の瞳ということは八木重吉か

268 :名無し讃頌:2009/07/08(水) 03:43:36 ID:f9AhYTJd
エリートなわけね。


269 :名無し讃頌:2009/07/08(水) 18:29:50 ID:vYkcWR10
連盟のページ更新。今年から審査員変わったね。

>荻久保和明(作曲家)
>岸 信介(合唱指揮者)
>木下牧子(作曲家)
>鈴木輝昭(作曲家)
>野平一郎(作曲家)

木下・鈴木の両名は何となくわかるけど、野平氏がくるとは…

270 :名無し讃頌:2009/08/03(月) 16:52:18 ID:MUJzkUoK
合唱曲自体飽和状態だし、これに出してもねぇ。出版社だって今はどこも
本が売れなくて、全国的に曲が売れている人くらいしか出せなくなってきてる。
合唱界自体もマイナーだしこれから伸びることはありえない。もっと別の分野
に目を向けて活動したほうがいいぞ。

271 :名無し讃頌:2009/08/03(月) 17:06:20 ID:dKo7h5VG
君がそう思うならそうしたら?
そうして応募者が少なくなれば、そこでまた受賞しやすいとかなって、
また新たな均衡か生まれる。世の中はそうしたもの。


272 :名無し讃頌:2009/08/03(月) 19:42:22 ID:41HRUIl/
141 :名無し讃頌:2009/08/03(月) 14:26:33 ID:MUJzkUoK
うんこでかっ




273 :名無し讃頌:2009/08/03(月) 20:10:16 ID:D4q3d4om
×うんこ→○ちんこ

274 :名無し讃頌:2009/08/04(火) 00:58:17 ID:rW+vDGCw
おめでかっ

275 :名無し讃頌:2009/09/09(水) 15:41:14 ID:zTQcPTii
>>271

そのうちに財源がつきて朝日賞自体なくなる可能性もなきにしもあらず。


276 :名無し讃頌:2009/09/09(水) 18:40:38 ID:GZolRgCW
民主党が政権取ったから朝日新聞が少しは元気になるだろ

277 :名無し讃頌:2009/09/09(水) 18:42:52 ID:O/GzwS40
「日本クラシック音楽コンクール」みたく、賞金は廃止になるかもね。
そうなっても課題曲に選ばれるという栄誉があるわけだから、応募者がいなくなることはないと思う。

278 :名無し讃頌:2009/11/13(金) 23:41:12 ID:zzhHcEwU
良い詩が書けないから吹奏楽に応募する。


279 :名無し讃頌:2009/11/14(土) 00:22:56 ID:Pi3CMFzf ?2BP(777)
>>275
コンクールの賞金がなくなる前に、一度出してみるか。

280 :名無し讃頌:2009/11/24(火) 17:18:17 ID:HmoJ9sbc
朝日作曲賞に応募してみたいのですが、詩が書けません。
日本の古い詩で、著作権が切れていて、それでいて感動的な詩といったら、
誰の詩があるでしょうか?



281 :名無し讃頌:2009/11/24(火) 17:49:31 ID:CatucWop
立原道造

282 :名無し讃頌:2009/11/24(火) 22:17:59 ID:CMEevsMd
>>280
中原中也
高村光太郎
島崎藤村

…実は草野心平が著作権切れてないってことに最近気づいた。

283 :名無し讃頌:2009/11/25(水) 03:15:23 ID:GI5g45jX
>>280
北原白秋
八木重吉
萩原朔太郎

>>282
心平さんは長生きでねえ。亡くなったのは昭和が終わる56日前。なので、著作権保護期間満了まであと30年弱。

284 :280:2009/11/25(水) 22:13:09 ID:KlqT9BAH
>>281
>>282
>>283
みなさん、ご回答ありがとうございます。
さらに欲を言えば、どの作家の著作権が切れているか、
簡単に調べられる方法が分かると良いですね。
今、Yahoo知恵袋をのぞいてきたら、たまたま同じような質問がありました。

ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1033133505

でも、まだ回答は付いていないようですね。見守りたいと思います。

しかし、そうして分かったとしても、それらの中から、本当に感動できる詩で、しかも、
まだ手垢の付いていない詩を探すのは容易ではないでしょうね。ちょっと気を引き締
めて調べてみたいと思います。


285 :名無し讃頌:2009/11/25(水) 22:35:46 ID:5OZmX7es ?2BP(777)
>>284
今は歌詞についての細かい規定はありませんので(以前は日本語のみ)、日本語にそれほどこだわる必要もないのでは?
ともすればヴォカリーズもアリなわけですし、現代音楽のように極端な話、(著作権がクリアになるのであれば)新聞記事や
解説書の文章を使うことだって可能ですので、要はアイディアです。

286 :名無し讃頌:2009/11/25(水) 22:46:59 ID:tS2fW9Ho
>>284
著作権が切れているかどうかは、青空文庫を参照。

よそのスレで出ているけど、中央公論社の「日本の詩歌」シリーズはおすすめ。
気になった詩人がいたら、その人の全集をあさってみるといい。

287 :名無し讃頌:2009/11/25(水) 23:00:15 ID:GI5g45jX
>>284
日本人については、詩人の没年さえ分かれば、その作品が著作権保護期間中かどうかたちどころに判明する。
ヒントは>>283の後半。
ここでは、江戸時代以前の文芸作品をテクストにしちゃえば著作権がどうのって考えなくて済むとだけ言っておく。

JASRACの作品データベース検索サービス ttp://www2.jasrac.or.jp/eJwid/ で確認する方法もあるが、
著作権保護期間中だけど無信託というケースもあり、この場合は著作権管理者を探して個別に連絡を取らないといけない。

>>285
外国人によるテクストだと、国によって基準となる没後年数が違うし、「戦時加算」ってやつもあるから、逆に面倒かも。

ヴォカリーズを使った受賞作に「五つの母音の冒険」という先例がある。
朝日作曲賞応募作以外の組曲だと、木下牧子作曲「5つの祈り」とか、廣瀬量平作曲「5つのアンセム」とかも。
ただ、朝日作曲賞の事務局的にいうと、その手のものは「テキスト:作曲者」という扱いになるみたい。

288 :名無し讃頌:2009/11/25(水) 23:52:40 ID:5OZmX7es ?2BP(777)
>>287
>「五つの母音の大冒険」

そうそれ! それについて>>284に書き込みしようと思ったのですが、題名が浮かんでこなくて・・・
早速検索してみたところ、実際に演奏した時の音源もあるようですね。(ただ、著作権が心配ですがw)

289 :名無し讃頌:2009/11/26(木) 00:00:23 ID:kFn40WxO ?2BP(777)
・・・と、五つの母音の冒険で、”大”はいらなかった。。。 失礼しました。

290 :名無し讃頌:2009/11/26(木) 00:18:11 ID:h4DoHiYp
大冒険wちょっとおもしろいw

291 :名無し讃頌:2009/11/26(木) 12:00:04 ID:A1y9MSWH
ほんと、良い詩を探すのが大変だな。
作曲をするという作業は楽しくてたまらないのに。

ああ、曲を書きてぇ〜〜!


292 :名無し讃頌:2009/11/26(木) 16:51:11 ID:3QBKvcIZ
作曲ってそんなに楽しいか?
俺にとってはとてつもなく苦しい作業だ。


293 :名無し讃頌:2009/11/26(木) 21:42:17 ID:I25dMVrI
>>292
趣味で書く分には楽しいと思うよ。逆に仕事でやっている人は大変かも。

294 :名無し讃頌:2009/11/27(金) 14:32:38 ID:IFyYiQIO
てことは292は自分がプロだと暗に自慢しているわけか?


295 :名無し讃頌:2009/11/27(金) 14:47:15 ID:dA2JC3xH
それはさすがに乱暴な考えだと思います

296 :名無し讃頌:2009/11/27(金) 15:21:29 ID:D+WTtKmz
自分で詩を書いている作曲家って誰かいる?

297 :名無し讃頌:2009/11/27(金) 18:01:11 ID:ZgT5Gt/f
>>296
「来年のコンクール課題曲を予想するスレ」より。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/chorus/1124198245/66-67

> 66 名前:名無し讃頌[sage] 投稿日:2008/09/01(月) 00:14:32 ID:lcbAbIzG
> 合唱曲ってそれこそNコンのようにシンガーソングライターが提供したもの以外では
> 作詞・作曲を同じ人がやっているものがあまり多くないよな。
> 有名どころは松井、若松、富岡くらい?
>
> 67 名前:名無し讃頌[スレ違いなのでsage] 投稿日:2008/09/01(月) 00:55:40 ID:CUjo6mZG
> >>66
> 三善晃
> 間宮芳生
> 大島ミチル
>
> 大中恩(土田藍)や新実徳英(角田英一)みたいに作詩は別名義を使う人もいる。

298 :名無し讃頌:2009/11/28(土) 04:20:23 ID:OWgpzidL
>著作権切れ
江戸期よりももっと前の古い詩歌として「和歌(長歌・連歌など)」を
使うという手もある。

「短歌」だと1曲の歌詞としてはやはり短すぎるけども,「長歌」や
「連歌」なら,それなりに充分な長さがある。
あと,古文体の日本語には,現代文体とは違った美しさや味わいが
あって,うたことばとして適している詩が多い。
http://www.nihonjiten.com/monogatari/data_43.html
http://www.nihonjiten.com/monogatari/data_45.html


299 :名無し讃頌:2009/12/08(火) 02:17:29 ID:owyyUYf0
三好達治の詩って、まだ著作権切れてないんだな。


300 :名無し讃頌:2009/12/08(火) 03:02:48 ID:08pXKV50
>>299
あと5年。
ついでながら、室生犀星作品の著作権は2012年3月下旬に切れる。

301 :名無し讃頌:2009/12/10(木) 16:13:45 ID:+WdzAOPQ
吹奏楽の方も次回の作曲賞の応募要項が発表されたね。
さて、水槽と合唱、どちらに応募しよう・・・・


302 :名無し讃頌:2009/12/12(土) 05:18:09 ID:9jh2hJKF
あの曲って無調とか入らないのでちっとも面白くないね。

303 :名無し讃頌:2009/12/12(土) 08:52:14 ID:93P4y2jV
あの曲ってどの曲よ?



304 :名無し讃頌:2009/12/18(金) 00:30:07 ID:HqzVwAFw
吹奏楽用は、フィナーレとか使うと、本物の楽器の音にかなり近いのが
MIDIとかで再現できるんだが、合唱用の音源で良いのはないかな?
初音ミクとか使った例はいくつか聞いたけど、合唱には全然適さないね。
仕方ないから自分で吹き込んで合成したこともあるけど、俺がファルセット
で歌ったのはどうも声質がよくないし。


305 :名無し讃頌:2009/12/18(金) 03:02:02 ID:UF/ZNkf4
>>304
・・・あのね、Finaleはソフトシンセがデフォルトだから、MIDIじゃないよ。
合唱用の音源ならSymphonic Choirs PLAY Edhitionがオススメ。(価格は約6万円)
ていうかこれがあれば合唱団いらない。

306 :名無し讃頌:2009/12/18(金) 03:34:44 ID:/IfqzaZ4
>>305
もう少し勉強してから書き込みましょう。

307 :名無し讃頌:2009/12/21(月) 00:44:42 ID:71K4rwMq
合唱曲を作曲するときのソフトとしてベストなものはなんですか?

・楽譜の浄書(出来れば最大16パート+ピアノ譜)
・楽器の音での演奏再現
・出来れば人の声(ボーカロイドを含む)での再現。
・実際の人間の声のミキシング
・CDへの焼き付け

こんなのが出来たら良いと思っているんですが。


308 :名無し讃頌:2009/12/21(月) 00:52:49 ID:KFGTlnYf
>>307
スレ違いとまでは思わないけど、より適切なスレッドがあるんで紹介。

合唱曲を作っている人どうしで語り合うスレ
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/chorus/1119771290/

ノーテーションソフト(FinaleとかScoreMakerとか)とかの話も出てくる。

309 :名無し讃頌:2010/01/08(金) 23:00:13 ID:jzqe3XLz
吹奏楽の課題曲は参考演奏CDとかが発売されているけれど、
合唱はなんでそれがないんだろう? それともあるの?


310 :名無し讃頌:2010/01/08(金) 23:04:12 ID:Sv5eK4k8
ここは合唱板なわけだが…


釣りか?
俺、釣られたか?

311 :309:2010/01/09(土) 01:01:55 ID:3na2aQ6N
>>310
釣りじゃないんだが、俺の質問、おかしくないだろ?


312 :名無し讃頌:2010/01/09(土) 01:07:05 ID:K9YzXP9k
課題曲だけといわず受賞作は全曲収録して発売して欲しいなあ
欲を言うならば佳作も。

313 :名無し讃頌:2010/01/09(土) 01:11:59 ID:QyJlH5on
>>309
Nコンはある。

全日本合唱連盟のは公式にはない(ただし、パナムジカのメルマガで既存音源が紹介される)。
おそらく、音源に頼らず譜面からすべてを読み取ってほしいとかいう意図じゃなかろうか。
スレタイである朝日作曲賞受賞作からの課題曲については、ある時点までは公開初演できないことになってるみたいだし。

>>311
板は適切だが、若干スレ違いかも。

314 :名無し讃頌:2010/01/09(土) 01:57:07 ID:SjZGXBgE
>>309
朝日作曲賞の分はないんだが、俺が思うに、
吹奏楽はパートが多すぎ、アマチュアの指揮者などは全体を把握できる人が
少ないからじゃないかな。
合唱は4部だしせいぜい増えてもその倍程度。
参考音源は要らないよ。



315 :名無し讃頌:2010/02/03(水) 18:04:44 ID:k91IgbKE
応募したいんだけど、なかなか良い詩が見つからない。
誰の詩が良いかな。お勧めがあったら教えて。
著作権は切れてなくて良いです。著作権者に
交渉しますから。


316 :名無し讃頌:2010/02/03(水) 19:48:50 ID:FBh2rArV
>>315
本気で応募しようと考えているなら、他人に聞くことじゃなくね?

317 :名無し讃頌:2010/02/03(水) 21:00:57 ID:mjvlWiIF
人それぞれだろ。


318 :名無し讃頌:2010/02/03(水) 22:20:33 ID:g4uV3xh/
>>315
自分の音楽にふさわしいテクストを見つけるのも才能のうち。

あなたの音楽性を熟知した人ならともかく、どんな曲を書いてるかわからない名無しさんに詩をすすめるのも無茶だぞ。
言葉と音楽性の相性は人それぞれなので。
HARMONYの座談会で新実徳英が「大岡信の詩は、好きだけど、どうもうまく作曲できない」と語ったことがある。
(大岡をテキストにした合唱曲は一柳慧・木下牧子・鈴木輝昭などが書いてるので、詩そのものの問題ではない)

319 :名無し讃頌:2010/02/04(木) 01:05:14 ID:LBM/S10r
吹奏楽は応募料取らないのになんで合唱だけ取るんだろうな
学生の身にとってはわずか3000円でもばかにならない


320 :名無し讃頌:2010/02/04(木) 02:56:28 ID:zoceGbvC
>>319
応募料・選考料を取る作曲コンクールは、合唱だけではない。
ttp://www.nihon-kakyoku.or.jp/kon-yoko.html

321 :名無し讃頌:2010/02/04(木) 03:09:51 ID:LBM/S10r
>>320
みんなわかってるだろ。

同じ朝日作曲賞でありながら、吹奏楽は取らない、しかし合唱は取る。
そのことを指摘しているのに、そんな的外れなコメントか良く書けるな。



322 :名無し讃頌:2010/02/04(木) 03:12:08 ID:zoceGbvC
>>321
最初に「同じ朝日作曲賞でありながら」と書かなかったあんたが悪い。

323 :名無し讃頌:2010/02/04(木) 08:04:25 ID:oz694rNW
朝日作曲賞のスレなんだからそら何も書かんでも朝日作曲賞の話題だってわかると思うけど…

324 :名無し讃頌:2010/02/04(木) 11:06:20 ID:zoceGbvC
>>323
そういうことじゃなく、「コンクールでは応募料をとらないのが当たり前」みたいに思い込んでるとしたらそれは間違いって指摘したいだけ。

もうひとつ「みんなわかってるだろ」なことをあえて書くが、朝日作曲賞って朝日新聞社の単独主催じゃないからね。
吹奏楽のほうは全日本吹奏楽連盟、合唱のほうは全日本合唱連盟との共催。
だから応募料を取るのは合唱連盟の都合なんだろうよ。

325 :名無し讃頌:2010/02/04(木) 11:20:21 ID:jSpcbeme
>>324
> そういうことじゃなく、「コンクールでは応募料をとらないのが当たり前」みたいに思い込んでるとしたらそれは間違いって指摘したいだけ。

君の320の文章だと、「なんだ、そんなこともしらないのか」と読める。


326 :名無し讃頌:2010/02/04(木) 12:47:42 ID:zoceGbvC
>>325
そういう意図をこめたのは認めるが、>>324に書いたこととは矛盾しとらん。

327 :名無し讃頌:2010/02/04(木) 12:53:42 ID:BKEH/IkE
開き直っているな。

謝るのが先だろ。


328 :名無し讃頌:2010/02/04(木) 19:01:53 ID:oz694rNW
>>326
いやいやw
>>319が「朝日作曲賞」という限定された枠内での話で疑問を提起したのに対して、
>>320では「コンクール」と枠を大幅に広げた上で、
「なんだ、そんなこともしらないのか」とバカにしたって事だろ?
つまり、問題は矛盾してるしてないじゃなくおまえさんが勘違いした上で煽ったことだろうが。

謝るほどの問題でもないしもうこの件はおしまいでいいだろ

329 :名無し讃頌:2010/02/04(木) 19:43:27 ID:zoceGbvC
>>327-328
っ[>>322]

ID:LBM/S10rが>>321みたいな対応をした以上、俺は謝る気はない。ということでこの話はおしまい。

330 :名無し讃頌:2010/02/04(木) 20:53:28 ID:tR8GSnYo
別に良いんじゃない?
バカに付ける薬がないことは分かってるから。


331 : [―{}@{}@{}-] 名無し讃頌:2010/02/05(金) 01:17:28 ID:ZxbXmRad ?2BP(777)
規定についての質問ですが、「演奏時間が15分以内で、3〜4分以内の曲を1曲以上含む作品」とありますけど
組曲のうち、3〜4分以内の曲が1曲あればあとは(全体で15分以内であれば)何分でもOKで、
全てが3〜4分以内の曲である必要はないということでしょうか?

332 :名無し讃頌:2010/02/05(金) 02:04:09 ID:mqV5sx7T
>>331
もちろんです。一曲あれば充分です。応募規定を遵守しているという意味では。

ただし、「課題曲としてふさわしいか」というのがかなり重要な
評価ポイントになりますから、課題曲として使用できる3〜4分の
曲を複数含む方が、いくぶん有利だとは言えますね。


333 :名無し讃頌:2010/02/05(金) 03:50:32 ID:tkfVud/m
>>332
丁寧なご回答有難うございます!

334 :名無し讃頌:2010/02/06(土) 11:44:50 ID:G0rhNJd5
自分で詩を書いてそれに曲を付けようとおもったんだけど、
良い詩ってなかなか書けないもんだね。

335 :名無し讃頌:2010/02/06(土) 13:00:26 ID:UBPLmchV
長谷部雅彦みたいにボーカリーズにする手もある

自分で詩を書くなら適当な言葉を使って短い曲を作ったり
ブログを始めて文章を考える習慣をつけるのがいいかと

336 :名無し讃頌:2010/02/07(日) 02:04:52 ID:sHVBfwjR
>>334
ある程度まで曲を先に作り、できた曲に歌詞をはめ込んでいく方法はどうだろ。
ポップスではよくみられる作曲法。
合唱でも、ご存じ「白いうた 青いうた」シリーズとか、荻久保和明作曲「八月十五夜の笛吹き」などの実例がある。

337 :234:2010/02/09(火) 00:29:17 ID:j6udz91L
>>335
> 自分で詩を書くなら適当な言葉を使って短い曲を作ったり
> ブログを始めて文章を考える習慣をつけるのがいいかと

ブログはmixiのみですが、文章は、他の人の何百倍も
作っていると思います。趣味が小説書きですから。
ただ、小説のような散文と詩は違うな、と実感しています。

>>336
なるほど、それもアリですね。
ただ、私の場合、詩によるイメージがないと、なかなか曲が
思い浮かばないので……。
まあ、いろいろチャレンジしてみます。



338 :名無し讃頌:2010/02/14(日) 02:25:02 ID:j6xKafVF
もう締め切りまで20日程度しかない。

ちょっと今年は無理かな・・・・・。

でも、ギリギリまで粘ってみるよ。



339 :名無し讃頌:2010/03/10(水) 06:59:47 ID:OhXCVjnr
・・・ふう、なんとか締め切りには間に合ったけど、やはり準備期間が短かったので今回は無理かも。
今から次のコンクールに向けて頑張るかー ・・・て、去年も同じこと言ってたなw 

340 :名無し讃頌:2010/04/01(木) 08:19:38 ID:C2K3IRES
出品してもう3週間経ち、ふと楽譜を見てみたところ、臨時記号の不備が。。。orz
譜面審査の結果は4月以降とのことだけど、かなり不安・・・

341 :名無し讃頌:2010/06/22(火) 18:47:57 ID:C24izOyh
俺も応募する 動機は無職でお金ないので賞金目当てが大半だけど。 
経歴↓

合唱経験なし 
音学関係の学業経験は高校まで
譜面書いたことなし
バンドやってたから全く素人ではない
歌唱力→音痴じゃないけどたまに音はずす
作曲能力→自信はある


342 :名無し讃頌:2010/06/22(火) 23:36:06 ID:0ksPMIV9
応募するのにもお金がいるから、お金は減るだけだよ、ほぼ確実に。
まだ宝くじ買ったほうがお金をもらえる確立は高い、あれは運だから。

343 :名無し讃頌:2010/06/23(水) 00:39:19 ID:CaypkCgW
>>341
いいじゃん、いいじゃん、応援するよ。
俺もまあ似たようなものだが、ちゃんと応募しようと思っている。
オケや吹奏と違って音の少ない合唱は、基本的な楽譜の知識さえ
あれば、あとは光る感性でなんとかなるものだと思っている。


>>342
君はこないでくれる?


344 :名無し讃頌:2010/06/23(水) 14:25:36 ID:ThETw3WB
>>343
レスサンクス
おお 同志よ がんばろうぜ 
>>220にあった「新実徳英の選評」を読んで、やる気がでたんだわ〜

専門用語はよく分らないが、ハモリや輪唱ぽいのや、合いの手みたいなwの
入れたりすればいいのかな? ハモリも3th5thみたいなベタなやつだけじゃあ
だめだろうから、9th、11thなんかも入れようとおも。
ハモリは主旋律が上がっていくときに、下がってきたり退屈しないように
すればいいんだろう。対位法っつうのをググったが、簡単に解釈すると異なるメロディを
交差させながらも調和させるって感じか。フーガはカノンみたいな曲らしい
ことは分った。理論よりも作ることが先決と思ってるんで、これ以上は勉強しないわ。
ただ、譜面の書き方は勉強するがね。

ちなみにベタだけど歌詞は金子みすず、もしくは自作でいくつもり。
金子の詩は好きなんだけど、過去に結構な人が曲つけてるみたいだし、
著作権がうるさそうなので勘案中ではあるが、一応、7篇は詩の選定が
終わった。4〜5曲の組曲にしようと思ってる。
曲は主旋律のみ完成が1曲、6割位のものが3曲。こんな感じ〜。

 


345 :名無し讃頌:2010/06/23(水) 14:53:57 ID:g50r2lR1
>>341
> 音学関係の学業経験は高校まで

それって、音楽専門の高校には行ったってこと?
それとも、普通の授業で音楽があっただけ、ってこと?


346 :名無し讃頌:2010/06/23(水) 16:59:39 ID:ThETw3WB
>>345
高校は普通課です 音楽の専門教育は受けてません
普通の授業で、適当に歌ったりレコード聴いたりですね
趣味でクラッシックは聞きますが、合唱曲を好んで聞くということは
ありません  
ちなみに浅田真央のファンですので、今年のショートの作曲者
アルフレット・シュニトケを早速手に入れて、昨日から聞いています。
クラシックもフィギュアも、にわかファンですが。。




347 :名無し讃頌:2010/06/23(水) 19:40:12 ID:Sze/jzY7
>>344
金子みすゞは著作権切れてるからうるさくないよ。

参考までに
16回佳作 「E=mc2」
http://www.youtube.com/watch?v=-mAXuGSipzo
17回受賞作「五つの母音の冒険」
http://www.youtube.com/watch?v=gHKBT8x5bu0

348 :名無し讃頌:2010/06/23(水) 20:58:46 ID:dQnl+9OP
アマチュア作家の受賞作となると他にNコンのサイトで「たべもののうた?」が聴けた気がする。
確か関東のどっかの高校

349 :名無し讃頌:2010/06/23(水) 21:17:07 ID:ThETw3WB
>>347
参考動画サンクス。これから見るわ〜
あと、金子みすずの著作権はなんか、二次的著作権とやらを出版社とみすず発掘者の
矢崎という御仁が主張しているらしく、許可をとるように仕向けているらしい。
法的に無謀な主張のように思えるけれど、青空出版も載せてないんだってさ。
>>348
情報サンクス


350 :名無し讃頌:2010/06/24(木) 02:43:37 ID:y5ZAlTD0
>>348
神奈川県立多摩高校
朝日作曲賞応募時は無伴奏だったけどNコンのはピアノ伴奏だね

351 :名無し讃頌:2010/06/24(木) 09:02:00 ID:Q+yjenIQ
新発想  演歌と速わざメタル
Japanese ENKA song "SAKEYO" Brutal Death Drum version
http://www.youtube.com/watch?v=UoneAYDG4zo

64th note 128th note Progressive Brutal Death Drum
http://www.youtube.com/watch?v=FlNhS2kc3L

世界一位 128ビートドラム 1分間 約2000打オーバー
http://www.youtube.com/watch?v=BA3xWue5ua8


352 :名無し讃頌:2010/06/24(木) 14:58:52 ID:TdC0jNjG
新実さんの選評で自信を持つのは結構なことだが、都合の悪い部分をスルーしてるぽいのが気がかり。
> 汎く管弦楽、室内楽なども研究していただきたい。
とか。

353 :名無し讃頌:2010/07/15(木) 22:48:14 ID:lAVNKnea
高3で合唱部(混声)の者です。明日からの文化祭で、今回のために自分の作曲した
男声合唱曲を演奏します(男声パートのみの演奏用)。作曲法とかの知識は
ありませんが、合唱が好きという熱い思いと作曲用のフリーソフト、そして
家の電子ピアノだけで何とか曲を書き上げることが出来ました。
蜃気楼をテーマにした曲です。拙い曲かもしれませんが、よければ応援してください。
頑張ります!



354 :名無し讃頌:2010/07/15(木) 23:16:51 ID:aCLWj/nZ
>>353
ttp://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/chorus/1119771290/

355 :名無し讃頌:2010/07/15(木) 23:37:02 ID:+2ikIMss
>>353
まあ、スレチはかまわないが、そこまで言うなら、
いつか絶対音源をうpしろよ。
応援するから。


356 :名無し讃頌:2010/07/16(金) 01:12:25 ID:WRk97c6x
そろそろ二次予選の結果が出た頃かな。
ちなみにオレは落ちたよ。OTL

357 :名無し讃頌:2010/07/16(金) 01:25:43 ID:eyn+dr7a
>>352
遅レスですが。。
そうですね。今は研究する時間がありません。
楽譜の書き方とボーカロイドの使い方で手いっぱいですw

現在の製作状況ですが、1曲はほぼ4声とも完成しましたが、演奏する手立てが
ないもので、これからフリーソフトのボーカロイドで重ねようと思っています。
ようつべで色々な合唱を聞きましたが、無調の曲はなんとも好きになれませんので、
製作しないと思います。4拍子の曲が3曲、3拍子が2曲になる予定です。
3拍子の曲の1つには途中で4拍子を部分的に加えたりするつもりです。転調する曲も
2曲くらいあります。



358 :名無し讃頌:2010/07/16(金) 02:05:23 ID:WRk97c6x
以前コンクールに落ちた後、闘魂の○センセに楽譜を見せた時に戴いた有難いお言葉。


・声部は4声まで。6声とかだとそれだけで書類審査ではねつけられる。

・歌詞は日本語のみ。規定改正で日本語以外でもOKになったけど、「5つの母音の冒険」とかならまだしも
外国語オンリーではアウト。また宗教曲も同様。「なぜ日本人が宗教曲をやる必要があるか?」となる。

・3〜4分程度の曲のみで構成。やはりコンクールの課題曲向けなので、選択肢は多い方がいい。

・難易度は平易で。難しい曲は求めておらず、合唱未経験の高校生でも練習してなんとか歌える程度の難易度を。


ちなみに書類審査では当然演奏されず、審査員も作曲家ではなくたいてい指揮者や連盟の中の人。

359 :341:2010/07/16(金) 02:42:40 ID:eyn+dr7a
>>358
357です。初レスが341なのでこれから341と名乗ります。
参考になります。ども。
実は誰かに342で紹介してもらった曲(E=mc2、5つの母音の冒険)とか
は、あまり好きになれません。理由は聞く分には良いけど、到底歌いたいとは思えない
からです。
>>また宗教曲も同様。「なぜ日本人が宗教曲をやる必要があるか?」となる。
これは以外。
レイクイエムはダメってことですかね?
アメージンググレイス風の歌詞もダメなんですかね?
もしそうなら狭量としか言いようがないと思いますが。

あとスレチかもなんですけど、教えて貰えませんか?
ソプラノの最高音はどのくらいまでが良いですか?
混声四部ではC4からA5位までとWikiにあったけど、A5までフルに使ってOKですか?
とりあえず、現在製作中の曲は最高音をF5までにしてます。



360 :名無し讃頌:2010/07/16(金) 03:19:44 ID:WRk97c6x
>>359
どもです☆
一応フォローですが(これも○センセの受け売り)、コンクールに受かる曲が良い曲とは限らず、
またコンクールに落ちたから、つまらない曲ではないということだそうで。
(ドビュッシーやラヴェルもフランス国内の作曲コンクールに落ちてますし、結局は審査員の好み)

それと宗教曲に限らず、外国語の歌詞は“万人受け”ではないというのが(一次において)審査員共通の認識。
もし外国語や宗教曲を出品したければ、外国のコンクールに出品した方が良いのでしょうね。

ソプラノの音域について、高校生であればG5あたりまではOK。
ただし音量はmf以上である場合に限り、です。A5は曲中に1〜2回が限度。音量においてはffも同様。
(また高音域での持続音や、G5/A5に至る過程、その後の処理も考える必要がある。
D5以上の高さを長時間持続させると、疲労で声が出なくなるので、休符や旋律の形にも注意!)

361 :名無し讃頌:2010/07/16(金) 03:31:50 ID:izq9b1N7
>>358
何年か前にミサ曲が佳作を受賞してるから、宗教曲については完全にNGってわけでもなさそう。

あと、書類審査は作曲家がかかわることもあるみたい。
猪間道明氏が下選りの一人だったことがある。

>>359
347に貼られている「E=mc2」と「5つの母音の冒険」はどっちも長谷部雅彦という人の作曲。
実際に合唱団で歌ったり指揮したりしてる。
ああいう作風なのはバリバリの理系だからかと。確か音大出身者ではない。

362 :名無し讃頌:2010/07/16(金) 04:04:44 ID:WRk97c6x
>>361
うーん、そうなんだよね。ミサがOKだから問題ないとは思うのだけど。
あと書類審査に作曲家が関わるのは初耳!

それと、いまツイッターでこんなの見つけた。
http://www.k-musiclabo.com/document/composition.html

363 :341:2010/07/17(土) 20:56:28 ID:9VGU7Zhi
>>360
音域の件、丁寧な説明でよく分かりました。ありがとん。
音大卒とかでしょうか?
356のレス読むと、今年応募したみたいですね。一次審査は通ったんですか?
>>361
長谷部という人のブログ見たけど。。えらい年期のはいった人みたいですね。
仕事も音楽関係みたいで。。。

364 :名無し讃頌:2010/07/17(土) 21:28:58 ID:KcjJujlr
>>363
いや、一次でアウト。orz だから人に説明できるような身分じゃないw
以前海外のコンクールで入賞したから、国内なら一次くらいなんとかいけるんじゃね?と高をくくっていたので
今回は良い勉強になったよ。腹筋でもしながらまたイチから修行する!w

365 :名無し讃頌:2010/07/18(日) 04:37:22 ID:zSB9tOBY
>>360
うん、たしかにG5 A5くらいになると、ある程度音量がないとむずかしいね。
歌い出しがいきなりA5のpppがある曲を高校生がコンクールでやって金賞
取った時はは驚いた。


366 :名無し讃頌:2010/07/18(日) 05:48:47 ID:MZuQiRFq
>>365
まあ歌える技術があればどうとでもなれるし、当然コンクール審査員からの評価も高いわな。
しかし一般向けではないので、朝日の作曲コンクールでそれはマズかろうてw

367 :名無し讃頌:2010/07/18(日) 07:07:20 ID:b7SwLsnV
>>365
そんな曲あった? 当然、作曲賞とは別の自由曲だよな


368 :名無し讃頌:2010/07/18(日) 09:40:22 ID:kYmq9o9v
上田真樹「鎮魂の賦」は『合唱未経験の高校生でも練習してなんとか歌える程度』だったけど、
ほかの受賞作・佳作はそこまでハードルが低くない曲が多いと思う。音域は配慮してても、音がぶつかりまくりとか。
「うたうべき詩」「ふたたび私も……」はテナーの高音域がけっこう出てくるし。

>>367
自由曲で千原「マリア・オリエンタリス」の1曲目を取り上げた岐阜高等学校音楽部のことだろう。

369 :名無し讃頌:2010/07/19(月) 02:59:20 ID:d52RgaWi
みんなDTMは何を使ってる?


370 :341:2010/07/19(月) 08:26:34 ID:HfXihtKq
>>369
俺はフリーソフトだけで。。しかも今週から初めた超初心者なんだけどw
とりあえずUTAUで歌わせてみたけど、これだけじゃ多重録音できないんで
Studio ftn Score Editor てので多重してみた(楽器のみ)
ゆくゆくはボーカル重ねられるように今、ググッて勉強中。DOMINOってのが
良さ気な感じがしたけど、どうなんだろ。



371 :341:2010/07/19(月) 08:39:23 ID:HfXihtKq
>>364
そうでしたか。俺なんかに比べれば相当なレベルの人だと思うけど。
358に書いてあったことでまたまた質問です。
>>声部は4声まで。6声とかだとそれだけで書類審査ではねつけられる。
混声4部を製作中なんだけど、例えば一時的に各パート内で二つに音が分かれたり
するのがNGなんですかね?つまりパート(譜面の段落)は4つなんだけど、
一時的に6声とかにした場合でもNGなのかということです。
あと、独唱部分を取り入れたりするのはコンクールにはあまり向かないですかね?




372 :名無し讃頌:2010/07/19(月) 12:47:43 ID:U9vVfDiE
>>341の質問って過去の受賞作の譜面やハーモニーに載ってる
佳作受賞作の譜面を分析すればわかることも少なくないんじゃないか?

373 :名無し讃頌:2010/07/19(月) 13:47:19 ID:Oclv2aRo
>>372
同感。教えてクンの亜種って感じがする。





374 :名無し讃頌:2010/07/19(月) 15:40:48 ID:IqpZBvzi
まあまあ、実際にチャレンジしようとしている貴重な人材だ、
このスレ的には歓迎しようじゃないの。


375 :名無し讃頌:2010/07/20(火) 00:10:49 ID:B4mLBmBR
>>369
俺はフィナーレ。今年、2010を買った。しかし、合唱だけなら、
もっと安いソフトで充分だね。俺は吹奏楽の作曲もやるから
フィナーレでないと不便だが。
ただ、そのフィナーレも、いまだに簡単な機能が実現できて
なくて不満な面もある。

376 :名無し讃頌:2010/07/20(火) 04:02:28 ID:PSDSNobH
>>375
不満なところって何?

377 :名無し讃頌:2010/07/20(火) 06:05:07 ID:c//Vjy1O
>>371
一時的なdiv.は問題ないと思うよ。ただし独唱パートはアウト。

>>375
自分もフィナーレ。大昔は楽譜のスキャン目当てでスコアメーカー購入したけど、
当時(2,0)は楽譜の読み取りがてんで使えなかったので、すぐフィナーレに乗り換えた。

あとLogicも、Mac専用にさえならなければなあ。。。(DTM用にMicroLogic使ってた)

378 :353:2010/07/20(火) 12:29:01 ID:DNfpkEax
>>355
>>1
「朝日作曲賞に限らず、自分自身で作曲とかアレンジとかにチャレンジしている」
って人も応援したい。

とあったので書かせていただきました。
二日間の公演が無事に終わりました。先生の承諾が下り次第
動画サイトにアップしたいと思います。

379 :名無し讃頌:2010/07/20(火) 18:49:03 ID:yUF7jvzM
>>371, >>377
「鎮魂の賦」には独唱パートがあったような。
ちなみに、あれが今までの受賞作で最も音取りの難易度が低い組曲だと思う。

380 :名無し讃頌:2010/07/20(火) 22:18:57 ID:c//Vjy1O
>>379
となるとやはり問題は難易度か。。。

381 :375:2010/07/20(火) 23:23:25 ID:P7Ve2MrH
>>376
合唱曲では問題ないですが、移調楽器の場合、五線に音符を
プロットするとき、移調前の音で鳴るので、よほど音感のすぐれた
人でないと、本当の音との関連が分かりにくい。
天下のfinaleでさえ、こんな簡単なこともできないんですよ。
しかたなく、移調前の表示のまま入力していますが。



382 :名無し讃頌:2010/07/21(水) 00:35:12 ID:jMvPl2dW
>>381
えっ
でもプレイバックでは普通に反映されますし、私の場合普段は合唱と室内楽がメインですので
移調楽器はクラやホルンばかりですけど、あんまり気にしたことないかも。

383 :名無し讃頌:2010/07/21(水) 00:39:03 ID:fYmhtCox
>>382
あくまでも、入力の時だけです。
ホルンはFなので、ちょうど倍音で分かりやすいかもですね。
たくさんの楽器があると、私はもうシッチャンガッチャンで分からなくなります。
音感の良いあなたがうらやましいです。


384 :名無し讃頌:2010/07/21(水) 01:05:30 ID:jMvPl2dW
>>383
ゴメン・・・ 締め切り間際で寝不足状態で書いてたから、気がつかないうちにいくつも間違えて、
指揮者からクレームが何度も。。。OTL

385 :名無し讃頌:2010/07/21(水) 10:24:03 ID:VyIhn1Tf
>>383
> ホルンはFなので、ちょうど倍音で分かりやすいかもですね。

どういう意味?

386 :名無し讃頌:2010/07/21(水) 13:56:15 ID:oE71kBYC
Finale実音入力標記でできるよ、そういう表示機能ある。ボタンを押せばいい。

387 :名無し讃頌:2010/07/21(水) 14:57:02 ID:J/6K+KPU
>>386
mixiの質問トピックで聞いたけれど、そういう機能はないという
解答でした。ただし、移調でない表示に切り替えることは可能なので、
そのことを言っているのかな?


388 :341:2010/07/22(木) 10:43:54 ID:dKFTqR/o
>>377
毎度どうもです。divという言葉も知らなかったもんでググリましたがw
ディビジというんですね。
>>372>>373
ご指摘どおりですが。。如何せん今、無職中で嫁の監視がキツイもんで
何も買えない状況なんで。パブリックドメインの混声合唱の楽譜やらを
見て勉強&製作中なんで。

あと、合唱質問スレは過疎ってるんでこちらのスレでまた質問するかもしれん
のでそん時はよろしく。






389 :名無し讃頌:2010/07/22(木) 12:38:57 ID:X8h+Z7sS
>>388
現代曲の楽譜なら、図書館で借りてみるといいよ。
関東圏なら上野の東京文化会館や国立音大の図書館、(ただし前者はコピー代が高い)
他にも音大の図書館なら結構揃ってる。(あとは恵比寿の合唱センターなら音源も豊富)

大学の図書館の場合、初回は出身大学かどこかの紹介状が必要になるかもしれないけど、
その辺は頑張って工夫してみて。(合唱団のつてでなんとかなるかも)

390 :名無し讃頌:2010/07/22(木) 14:49:51 ID:b4N38d8z
>>388
恵比寿の合唱センターには「HARMONY」バックナンバーがあり、毎年秋に出る号には佳作の譜面(抜粋)が載る。

391 :341:2010/07/22(木) 15:11:43 ID:dKFTqR/o
>>389>>390
ご親切にどうも。でも私は九州の片田舎住まいなもんで。。

現代曲というと、長谷部さんのホムペに上がってる譜面とか見てます。
あとラターっていう人の話がスレの前半にあったんでようつべで聞いた
けどなかなか良いね。譜面うpしてる香具師いたけどw
Nコン?の課題曲のジャンプとかいう曲もいいね。



392 :341:2010/07/22(木) 15:21:59 ID:dKFTqR/o
>>349に詩の引用の件で書いたことだけど、金子みすず保存会とやらに
電話したらほぼおkだった。書面提出すればいいだけみたいで安心した。
詩の候補は「ふしぎ」「こよみと時計」「草の名」他数編です。よかったら
詩、読んでみてください。

393 :名無し讃頌:2010/07/22(木) 16:31:07 ID:b4N38d8z
>>391
長谷部さんの作品は「現代曲」とは微妙に違うかも。特にパブリックドメイン扱いで公開されてるやつは。
「現代曲」で楽譜が公開されてるのは高橋悠治とか(参考にはならないだろうけど)。

ラターの作品はファンが多いが、「青のジャンプ」は合唱人には不評傾向が強い。

394 :名無し讃頌:2010/07/22(木) 18:24:16 ID:RRTN4V4l
流れぶった切って悪いが「平成22年度合唱組曲作品公募−第21回朝日作曲賞−」の結果が発表された。

ttp://www.jcanet.or.jp/Public/asahisyo/asahisyo-2010kekka.htm より:
> 応募期間 平成22年3月1日(月)〜3月10日(水)
> 応募数  総数74曲(混声50曲、男声8曲、女声16曲)
> 審査員  荻久保和明・岸 信介・木下牧子・鈴木輝昭・野平一郎
> 審査日  第1次審査 4月12日(月) 譜面審査
>      第2次審査 7月12日(月) 演奏審査 
>
> 《朝日作曲賞》   賞金100万円・賞状・記念品
>   作曲者  土田 豊貴(東京都品川区在住) 
>   女声合唱とピアノのための「夢のうちそと」
>   作詩 新川 和江 / ピアノ伴奏付
>   水
>   壺
>   けれども大地は…
>   夢のなかで
>
> 《佳 作》 賞金10万円・賞状・記念品
>    作曲者  後藤 真希子(埼玉県入間郡在住)
>    混声合唱とピアノのための組曲「21世紀の人類に捧げる3つの歌」
>   作詩 村野四郎  / ピアノ伴奏付
>   モナリザ
>   骸骨について
>   亡命
>             
> ※審査の内容など詳細は、全日本合唱連盟会報「ハーモニー」の154号(平成22年10月10日発行)に掲載いたしますので、ご参照下さい。

395 :名無し讃頌:2010/07/23(金) 02:20:00 ID:qCxF83Td
>>390
ハーモニーのバックナンバーなら、各県の合唱連盟事務局にも保存用に置いてありそう。
あとは合唱団でマメに集めている人もたまにいたり。

396 :名無し讃頌:2010/07/23(金) 11:44:58 ID:qCxF83Td
>>394
一次の時点で思ったのだが、今年は例年に比べて応募作が異様に多いのな。
あと審査員の顔ぶれ見ると、指揮者の岸センセ以外ピアノ伴奏好き×2作曲家揃いだw

397 :名無し讃頌:2010/07/23(金) 14:43:10 ID:WEre2pkJ
>>394
女声の作品が入賞したのって久しぶりな気がする

398 :341:2010/07/23(金) 20:05:31 ID:bp0fLHUG
>>396
こんばんみい ピアノ伴奏なしは厳しいみたいですねえ 
混声無伴奏でいこうと思ってるんだけど。。ピアノ両手で弾けないんで
アレンジができないわ。古いシンセ持ってるけどほとんど触らないし。
あと、ほぼ完成した曲あるんだけど、ようつべとか見てNコンの課題曲なんかと
聞き比べると、どうも中学生が歌うレベルに思えてきて練り直さないといけない
と思ってる。テンポの遅速と発声の強弱がいまいちイメージできていない。
余談だけど、大塚愛の編曲は良かったですねえ。


399 :名無し讃頌:2010/07/23(金) 22:54:36 ID:cbSbcoAJ
>>396
「ピアノ伴奏好き×2作曲家」って野平さんぐらいじゃね?
木下さんは無伴奏曲だけ集めた企画CDがあるぐらいだし、
荻久保さんの近作は無伴奏もの中心だし、西村さん・輝昭さんにもピアノを使わない合唱曲は案外あるし。
そもそも輝昭さんはピアノが弾けないw

>>397
組曲形式になってからは初だね。

400 :名無し讃頌:2010/07/23(金) 23:10:26 ID:OnmA/L6m
輝昭がピアノ弾けないってどっからでた話だよw

401 :名無し讃頌:2010/07/23(金) 23:45:50 ID:cbSbcoAJ
>>400
「伴奏が難しい曲」スレッドで頻出。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/chorus/1146397107/

きっかけ。
> 54 名前:名無し讃頌[sage] 投稿日:2006/08/01(火) 00:25:20 ID:AkmWThtQ
> 「季刊 合唱表現」で浅井道子氏が語っていたところでは、
> 三善作品のピアノは手の動きに沿って書かれているので譜面づらやサウンドはややこしいけど無理なく弾ける、とのこと。
>
> 55 名前:名無し讃頌[sage] 投稿日:2006/08/01(火) 00:31:44 ID:eR/WAt50
> >>54
> それに比べて鈴木輝昭はめちゃくちゃ弾きづらい。
> 一見簡単そうな曲でも弾きづらい。
> 輝昭先生の作曲講座受けたことがあるけど、
> その時に譜面の例としてショパンのエチュードが出てきて、
> 「私はこれ弾けませんけどね。」と言っていた。

402 :名無し讃頌:2010/07/24(土) 04:12:26 ID:6mH+l2hM
>>398
ピアノ伴奏付きの合唱曲がメジャーなのは、(女声や同声以外では)日本と米国だけで、
欧州ではアカペラが主ではありますが、コンクールでも伴奏つきがもてはやされていると言えばそういうわけでもないですし、
今回はたまたま伴奏付きの作品が良かっただけでしょう。

>>399
そりゃ作曲家ですから、合唱団や本人の意向で無伴奏も書くでしょうけど、
(今回の作曲家の審査員は)皆基本的にピアノが好きかと。

>>401
別にショパンのエチュードが弾けないからといって、輝昭氏がピアノが弾けないという説明にはならないかと。
というより、あれだけの伴奏を書く人が、ピアノが不慣れなわけないと思うのですが。


ちなみにオイラは、合唱とピアノの響きが合わないと思っているので、現代曲でもない限り基本的にアカペラ。
(伴奏は弦楽器やオルガンがせいぜい)

403 :名無し讃頌:2010/07/24(土) 10:04:23 ID:Z01fPXrl
>>402
作曲家は実際に楽器を弾けなくても、音像を脳内でシミュレーションできれば、その楽器のための曲を作れる。
(ことに近年は記譜ソフトのおかげで脳内シミュレーション能力が弱くても作曲しやすくなっている)
でも、実際にその楽器を弾けると演奏者の生理が体で分かるので、それに沿った曲が生まれる。
逆に言うと、楽器が弾けない人の作品は演奏者の生理を無視した曲、すなわち弾きにくい曲となりがち。

輝昭氏が書くピアノはほぼすべて脳内シミュレーション能力のたまもの。だからピアニスト泣かせ。

荻久保氏は常々「合唱とピアノの響きは合わない」説を唱えてる人だよ。
たとえば「How Old Am I?」出版譜の前書きを参照。

404 :名無し讃頌:2010/07/24(土) 17:51:57 ID:i3UbIfJj
>>402
398に対するレスが日本語になってないよ。


405 :名無し讃頌:2010/07/24(土) 21:00:52 ID:dpfxQLwc
今のところ、組曲になってから無伴奏男声合唱と女声合唱が受賞した例がない。

http://horadeverdad.seesaa.net/article/142006373.html
受賞者をググった。鈴木輝昭関係かしら。

406 :打楽器:2010/07/24(土) 23:56:32 ID:cNWfMDzo
>>403
通りすがりだが最近のDTM作曲家(合唱では少ないだろうが)の中には酷い人もいるよ
手が三本無いと叩けないフレーズが当たり前のように出て来る

407 :名無し讃頌:2010/07/25(日) 00:16:56 ID:6GkJXh+P
>>406
> 手が三本無いと叩けないフレーズが当たり前のように出て来る

DTM使ってる人に限ったことじゃない。
昔の人でもそういうのは良くあるよ。つまり、作曲家というのは、究極の
テクニックを求めたりすることがある生き物なんだよ。
実際、ラターにもそういうのがあったな。



408 :名無し讃頌:2010/07/25(日) 03:54:57 ID:Aeq35i8L
>>405
女声合唱は今回が初だね。ピアノ付きだけど。

無伴奏男声合唱は「うたうべき詩」の終曲(タイトル曲)がある。
また、佳作でなら2作品ほど全楽章が無伴奏の男声合唱作品があったような。

409 :名無し讃頌:2010/07/25(日) 05:40:38 ID:MQrbb0B/
>>405
仮に輝昭氏の関係者だとしても、審査の際、応募者の名前は伏せられているので問題はないかと。

>>407
ラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲などは、両手で弾いてもかなりの難易度だしね。

410 :341:2010/07/26(月) 20:03:30 ID:yBzlt6Ln
こんばんわ。341ですが。。
ジオシティーズというやつで簡易ホムペを作ってみました。

http://sky.geocities.yahoo.co.jp/gl/puriyogu

ここに製作した楽譜と曲をうpしていますので良かったら聞いてみて
下さい。最近、妻と色々問題もありまして、モチベーションが持続しそうも
ないので一旦、製作中のものは休止するかもです。

411 :名無し讃頌:2010/07/26(月) 21:34:36 ID:WwPDcrRC
>>410
テノールパートの書き方についてちょっと一言。

4声の曲を4段で書く場合、
テノールはト音記号を用いて実音よりオクターヴ上に記譜するのが一般的。
例→http://www.youtube.com/watch?v=FeAMHRiQBfo
(出版されている楽譜だと大抵、テノールの音部記号にはト音記号の下に小さい「8」が付いていて、
実音が記譜音よりオクターヴ下ということを親切に示している。)

もし読み替えとかで混乱するなら、
2段にしてテノールとバスを同じ段にヘ音記号で書く方法もある。

412 :341:2010/07/26(月) 22:46:17 ID:yBzlt6Ln
>>411
どうもです。了解しました。今のソフトでその記号が使えるかちょっと分からない
んですが、今度書くときは、そうしようと思います。

413 :名無し讃頌:2010/07/27(火) 00:34:42 ID:/mWyCp/+
>>412
歌詞はないの?
まあ、初心者にしては良くやったかな。
ただ、何を主張しようとするのか分からないから、
こちらに何も伝わってこない。
歌詞とか、主張をちゃんと書いてくれれば、それなりの
評価もできるけれど。

まあ頑張って下さい。

ところで、ツールは何を使っているの?


414 :名無し讃頌:2010/07/27(火) 01:52:07 ID:2gnJiNOk
残念ながら後半のソプラノの連続するA音をクリアできる合唱団は少ないと思う。

415 :名無し讃頌:2010/07/27(火) 01:57:07 ID:gKByE1xg
>>414
そうか? 全国に行くレベルの団なら軽く歌うだろ。
男の俺でも出せる程度だし。


416 :名無し讃頌:2010/07/27(火) 05:49:46 ID:nn4nMazz
>>410
はじめての合唱曲としてはよく頑張っていると思うよ。
411のテノールパートの書き方もそうだけど、全体的に高い音域で音が保持されているため、
あれでは歌い手の喉が保たない。また内声の処理や和音の形を見直して、縦の動きも
パートごとにもう少し変化をつけると良くなるかも。(何より歌詞がほしい!)

参考までに、作曲家の友人が借金のかたで書いた「幸いなるかな女王(ラテン語)」のMIDIを置いておく。
(MIDIの音と本人はアレだが)再現部での各パートのテーマの使い分けは勉強になる。
http://bit.ly/aBe562

417 :名無し讃頌:2010/07/27(火) 09:44:20 ID:dGSDz4hG
>>416
借金のかたって・・・
まあ曲の作りは面白い

418 :341:2010/07/27(火) 13:50:34 ID:79E9hNWX
>>413
ども。歌詞は「金子みすず ふしぎ」でググッて下さい。ホムペに掲載するのはちょっと問題ありまして。(一応、著作権は
きれてるのですが。)組曲としてのタイトルは考案済みです。
「無伴奏混声四部 ふしぎ−淵円縁−」です。えんえんえんと読みます。
この部分は自分で考えました。

詩の乗せ方ですが、前半部分は簡単にわかると思います。後半は若干、詩を
分解してますので譜面に記載しないと分からないかもです。譜面に歌詞つける機能が
ないもので。。ツールは音取りはギターだけで、譜面作成はStudio ftn Score Editorというやつです。
無料の簡易版です。音源はデフォのマイクロソフトのやつ。
>>414>>415>>416
音域の件ですが、後半は実は自分も高いかなあと思っていました。あと転調の繋ぎも
あまり気にいっていなかったので再構成する気になりました。どうもです。
キーがA→Eですが、Aはそのままで、後半をCにして、単調さを解消するため
にも次にDに転調しようかなと。これで最高音はG音になるはずです。
>>416
和音、音階の縦の動きの件ですがこの曲は基本的に平行移動させたいので、
他の曲で思いっきり音階を逆行させたり実験してみたいと思います。
和音も今回は7thくらいしか使っていないんですが、9th、13thあたり
も絡めた曲を作ってみようと思います。

友人の曲いいですね。アップテンポな曲よりこういうのがいいなあ。
構成についても分析してみます。ではまた。





419 :名無し讃頌:2010/07/27(火) 17:48:48 ID:ulrwpEy4
>>410
楽譜の書き方に致命的なミスがある。今のに歌詞を付けて出しても確実に書類選考でアウト。
・拍子が切り替わるのに拍子が書き直されてないのが複数箇所ある
・2ページ目3段目の4小節目、臨時記号のナチュラルを拍子の前に書いちゃダメ
・3ページ3段目の2小節目、何拍子?

今のなら、キーは長2度下げ(ト長調→ニ長調)のほうがいいかな。

>>414-415
全国に行くレベルの団を基準にしちゃダメ。
「合唱未経験の高校生でも練習してなんとか歌える程度の難易度」がいいらしい(>>358)。

>>418
jpegに書き出してるんなら、画像加工ソフト(Windowsアクセサリのペイントでも可)で歌詞は書き込めるでしょ。

平行移動は古典和声で禁じ手ということになっている。
それをあえて破るなら相応以上の必然性がないと。

420 :名無し讃頌:2010/07/27(火) 19:59:46 ID:/tQmfdl4
薄っぺらい本でもいいから、和声法の本を買ったほうがいいよ。
今のままではあまりにも基礎が脆い。

421 :名無し讃頌:2010/07/28(水) 00:11:27 ID:JMbczfHM
>>420
和声法よりも楽典の本が先じゃね?
おすすめは、青島広志「究極の楽典」全音。

422 :名無し讃頌:2010/07/28(水) 03:23:26 ID:GegHCjgf
341に感化されて作曲に挑戦してみた。
作曲賞とかいずれ挑戦してみたいけど、合唱曲ってパートが多いから難しいです…
とりあえず音域は気をつけました。よければ聴いてみて下さい。passはメール欄で。

楽譜 ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1057533.pdf.html
midi ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1057536.mid.html


423 :名無し讃頌:2010/07/28(水) 05:04:46 ID:azplNqTO
合唱曲は初めて?作曲は慣れてる感じですね。
341よりずっと良いと思う。

細かいことだけど、最後の主題を繰り返すところ。
D.Cとコーダより、もう一度おたまじゃくしでの記譜のがいいって言うのは俺だけかな。

あとは内声部の動きに面白みを持たせられればもっと良くなると思う。

424 :名無し讃頌:2010/07/28(水) 09:31:39 ID:kYvvn24L
>>422
歌わせ方がよくわかっている方の作品。
細かくて申し訳ないが、「きっといつかは」を省いたのが気になった。

立原道造ものっていっぱいあるから、どうしても先人の作品と比較してしまう。
次に立原の曲に取り組むとすれば、習作としてではなく、
「数多くある中からあなたの作品を選んでくれるにはどのようにすべきか」
を意識しながら進めるといいかも。

425 :名無し讃頌:2010/07/28(水) 11:27:14 ID:rVLIrsYp
>>422
悪くないと思う。どんどん書いてみたら?

しいていえば、3ページのMeno mossoとa tempoの組み合わせに違和感あり。
Meno mossoと書くなら元の速度に戻す指示はPiu mossoかTempo Iだろう。
自分ならMeno mossoの代わりにsostenutoかritenutoと書くと思う。

あと、調号を付けてはどうか。冒頭はd-moll(♭1つ)、2ページのTempo IからD-dur(♯2つ)が適切そうな感じがする。

音域。実際に演奏してみると合唱団によってはAltoが埋もれるかもしれない。
Bassはもっと低い音を使っても大丈夫。

>>423
この曲の場合はあなたの言うとおりだが、一般的にはD.C.やD.S.やCodaを使っても大丈夫。
なお、多田武彦はこういう場合、繰り返しの小節線と1番カッコ・2番カッコで書きがち。

>>424
「きっといつかは」は内声部にだけ出てくる。

426 :422:2010/07/28(水) 20:59:19 ID:U5STqURB
色々とアドバイスありがとうございます。

>>423
合唱サークルに所属してるんで、合唱曲の雰囲気はある程度わかります。
アンサンブル用の編曲はいくらかやったことありますが、自作は初めてです。
D.C.とコーダを使ったのは単に楽譜を書く時の横着ですw
ソフトならコピペできて楽なんだろうけど・・・
内声の歌わせ方はやはり難しいですね。色々研究してみます。

>>424
歌詞の言葉は削ってませんが、言葉の位置や組み合わせを変えた部分があります。
もちろん原詩の内容を変えてしまわないように配慮はしてますが・・・
複数パートに歌詞を当てる合唱曲ならではの難しさを感じます。
やっぱりそのまま原詩通りで曲を付けた方がいいのかな。

>>425
言われてみれば Meno mosso と a tempo はグループが違いますね。
そういう表記にも気をつけたいと思います。
調号について、付けるか付けないかの基準がよくわからないのが現状です。
これについてももう少し要研究だな。。

427 :名無し讃頌:2010/08/01(日) 18:57:11 ID:GcCZhlmB
ピアノがあまり弾けない作曲家ってだれ?

120 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)