5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Pascalのいた時代

42 :31:03/07/06 07:07
Pascalが廃れた理由の一つにCの処理系がUnixと親密であったことは確かだけど
実際問題としてパソコン用=一般用のアプリケーションをどう開発するか。とい
いう現実的な選択の問題で、MSのMSC3.0のリリースが転換点になったと思えます。
MSC3.0は当時CのDOS対応の処理系として定評を勝ち得つつあったLatticeC3.0の
ライセンス買い取り版で、MSはCの処理系をスクラッチから開発したわけではない。
だからMS-C1.0とか2.0なんて無かった。でこのMS-C3.0に対抗するためにPascalの
処理系で定評を得ていたボーランドがCを出して、DOS系の開発言語市場はMS対ボー
ランドという構図になってしまい、Lattice対抗で競っていたMarkDesmetとかMarkWilliams
とかWhiteSmithとかいったCの処理系が消滅していったわけです。MS-Cは DOSの開発元である
MSお墨付きのオフィシャル開発環境というステータスを勝ち得たわけで、MSがまともにPascal
を出していればPascalもそこそこの地位を得たかもしれないけれど、MSは爾来、Basicの会社
であったし、Fortran/Cobolは手がけていたもののPascalには一度も手を付けていない。

DOSの時代はDOSのAPIなんて無きに等しいものであったから、ボーランドはMSと
互角にやれたけれど、APIの固まりであるWindowsが巾をきかすにつれ、API対応の速度の点で
ボーランドは遅れをきたす(WindowsはMSの専有物であったから)ようになった。この観点で
見るなら、ゲイツ氏の個人資産の増加とPascal人気の衰退は反比例していたのです。



81 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)