5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

suntory_zooce sparkling_ズース

1 :内容量 774ml:2009/05/11(月) 22:52:17 ID:R3fZsPMB
スレッドがないんで立ててやった。感謝するように。


2 :1様のレビュー:2009/05/11(月) 22:55:39 ID:R3fZsPMB
新製品らしいが薬局で80円ほどで買ってきた。
既に投売り?
と、おもいつつ、嫌な予感をふりはらいながら、
飲んでみたらこれ意外にうまくないか?

サイダーだからうまいのは当然にしても、
今までのサントリーの炭酸飲料での失敗の数々をふりかえると、
これはうまい部類に入るんじゃないか?

バブルマンとかビンゴボンゴとか大宣伝したのにあっというまに消えたっしょ。
バブルマンなんてサントリーお得意の出荷停止商法をやってたけど。

サイダー+フルーツ味で、サイダー好きなら楽しめそうな味。
意味不明な動物絵柄のパッケージは理解不能だが。


3 :内容量 774ml:2009/05/12(火) 00:24:59 ID:8ANXfZOZ
美味いのか〜。
今度買ってみようかな。

4 :内容量 774ml:2009/05/12(火) 03:33:23 ID:LOXaLWcj
これカロリー表示してないよね。けっこう高いのかな

5 :内容量 774ml:2009/05/12(火) 05:42:03 ID:Gkf6u4Ht
薬っぽくて帰来

6 :内容量 774ml:2009/05/12(火) 20:09:47 ID:iQq32mMy
今日クリエイトSDで500ml 58円で特売されてた。
もともと清涼飲料は安い店なんだけど、そのなかでも特に安かった。
もしかしてなんかわけありなのか? 

7 :内容量 774ml:2009/05/13(水) 16:32:11 ID:y/S+g97A
100円で買った俺涙目
だがうまかったよ

8 :内容量 774ml:2009/05/15(金) 01:02:00 ID:???
今飲んでる。
結構甘いけど美味しい。
パッケージも可愛い。

9 :内容量 774ml:2009/05/15(金) 14:36:58 ID:???
サントリーの炭酸飲料ってみんなまずいな

10 :無なさん:2009/05/17(日) 03:32:26 ID:???
これラッキーサイダーと同じシリーズ?
色々な果物の味がする、というのが売りだけど俺には単なるオロナミンCに思えた。
これを飲んで果物の味を感じる人間は居ないだろう。

11 :内容量 774ml:2009/07/03(金) 16:25:57 ID:r3MuqFeK
サントリーの新製品「ZOOCE」の狙いは何だ? (1/2)

 「動物園のようにワクワクする、みんなの炭酸飲料」がコンセプトだというサントリーの新製品「ZOOCE Sparkling フルーツパレード」。
「みんなの」だ。なんというワイドレンジなターゲティング! マーケティングエクセレンスなサントリーにしては珍しい展開。
この製品、一体ターゲットは誰なんだろうか……。
 カラフルな色や模様で描かれた、数々の動物たちのシルエットが踊るパッケージ。
発売日は4月28日。ズバリ、ゴールデンウィーク前日。
春のレジャーのお供にということなのだろう。狙い澄ましたタイミングだ。
 「ZOOCE」(ズース)とは、「ZOO」と「Juice」を掛け合わせたネーミングだという。
うーん、ダジャレのような、ダジャレにもなっていないようなネーミング。でも、なんだかかわいい。
カラフルな動物がら。舌足らずの子どもが「ジュース」とうまく発音できず、
「ズース、ズース」と言っているかのような名前だ。子ども向け飲料なのだろうか。
 ネットの書き込みを見てみると、掲示板やブログでは女性の書き込みが多い。
かわいいパッケージ。おいしいと高評価だ。女性をターゲットにしたのかもしれない。
う〜ん。分からない。少しサントリーのポジションを振り返って考えてみよう。

12 :内容量 774ml:2009/07/03(金) 16:27:19 ID:r3MuqFeK
 サイダー市場の巨人は、三ツ矢サイダー。アサヒ飲料である。
発売以来約125年。透明炭酸飲料市場のシェアを60〜70%握っているが、2004年に製品リニューアルをし、
さらに毎年売上げを順調に伸ばしている。
 チャレンジャーとしてのサントリーの戦い方は「差別化」が基本だ。
例えばサントリーが抱えるペプシコーラでは、キュウリ味やブルーハワイなどシビレるような味が記憶に新しい。
毎年投入されるペプシの「変わり種コーラ」もまた、差別化戦略の一環である。
 チャレンジャーの戦い方のもう1つの特徴は、「セグメントが巧み」だということ。リーダーのように全方位で戦う力はない。ゆえに、勝てるところをみつけて確実にそこで勝っていくのだ。その意味からすると、今回の「ZOOCE」の「みんなの炭酸飲料」は少々合点がいかない。
 悩んでも仕方がないので飲んでみた。フルーツジュース的なフレーバーが感じられなくもないが、
さほど強烈な主張はない。うす甘く、ほんのりと酸味も感じられる味わい。炭酸は軽めだ。なぜだか懐かしい。
 あ、と気付く。「これ、ラムネ味じゃねぇの?」

13 :内容量 774ml:2009/07/03(金) 16:28:21 ID:r3MuqFeK
サントリーの新製品「ZOOCE」の狙いは何だ? (2/2)

 「ラムネとサイダーの違い」。ググってみれば分かるが、ネット上でも百家争鳴である。
 諸説あるが、その出自や語源に言及はされているが、味に関する明確な定義は発見できなかった。
ゆえに、ZOOCEを炭酸カテゴリーの中で明確にラムネ味と定義できる論拠はないのだが、
大事なのは、「どこか懐かしく感じる味」であることだ。懐かしい感じが筆者にはラムネを想起させた。

 誰にとって懐かしいのかと言えば、「親世代」だ。かわいいパッケージに引かれ、子どもが「ズース、ズース」とせがむ。
「子どもに炭酸が飲めるか?」と思いつつ、購入する。最初に親が試しに飲んでみる。
炭酸が弱いので、大丈夫と判断して子どもに渡す。が、試し飲みの時点で、「懐かしい味」にしっかり親もハマる。
子どもがせがめばまた買ってやるだろうし、かわいいパッケージは母親なら、そのかわいさにもはまって自分買いもするだろう。
 つまり、親子二面作戦だ。うーん、何という巧みな戦術。
 消費者の購買に至る態度変容モデルはAIDMAが有名だが、AMTULというモデルもある。
Attention(注意)→Memory(記憶)と、ここまではAIDMAと同じ。
続いてTrial(試用)→Usage(日常的使用)→Loyalty(ファン化)となる。
つまり、ZOOCEはAMTULのステップを狙ったものではないだろうか。
 パッケージが目に止まる→記憶する→子どもにねだられ試し買いする→親子ではまって買い続ける→ZOOCEファンになるという巧みな設計である。
 チャレンジャーはリーダーの10倍アタマを使わなければ生きていけない。ましてや、新製品で生き残れるのは1000に3つといわれる飲料業界だ。サントリーのZOOCEには、深謀遠慮が感じられる。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0905/15/news075.html

14 :内容量 774ml:2009/07/03(金) 16:33:25 ID:???
この記事を読んでラムネだろう思って買ったら全然違うじゃねーか

まー、味は結構良かったが(68円)。

15 :内容量 774ml:2009/09/10(木) 17:28:39 ID:LXDtjszE
ズーチェ

16 :内容量 774ml:2009/10/01(木) 12:53:00 ID:bO8N2T+t
39円だったから買ってみたけど不味くはないんだけど微妙w

17 :内容量 774ml:2009/10/08(木) 19:58:50 ID:UwPC3kRk
ペプシホワイトを薄めたような味。
ドクぺみたいな味想像してたから残念。マズい。

18 :内容量 774ml:2009/10/12(月) 02:47:37 ID:???
炭酸文明美味い

19 :内容量 774ml:2009/10/13(火) 03:37:11 ID:zMCaXQPL
ドクペはうまいだろ常識

20 :南沢木綿子 ◆B7HTzWBNoScb :2010/05/25(火) 22:47:25 ID:???
  ∧,,,∧ 
 (  ・∀・) ほー それで
  (  : ) 
  し─J

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)