5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

古刀につて語りませう。

1 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/08(火) 08:33:46 ID:o0amt8Wd
いろいろ教えてください。

2 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/08(火) 08:46:41 ID:2N8zho10
>>1
成瀬関次氏の本を読みんしゃい

3 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/08(火) 10:12:18 ID:KWhiejfz
1、古刀は素晴らしい
2、古刀と呼ばれている刀の約九割はニセモノです

4 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/08(火) 11:47:46 ID:o0amt8Wd
>3
その根拠は?

5 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/08(火) 11:48:10 ID:hGf1oejR
>>3
>2、古刀と呼ばれている刀の約九割はニセモノです
え〜ここん所をちょっと詳しく頼みます。
つまり今まで「古刀は地鉄から新刀以降とは全く違う、それがわからないのは初級者の
目がない連中だけだ」と言われてきたわけです。
それなのに約九割も古刀に成り済ませてこられたのはどうしてでしょう?

6 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/08(火) 19:54:24 ID:Skng8V74
古刀ではないということだけではなく、
磨上げ、額銘、などは偽物だらけですからねぇ。再刃も多いし。
もちろん、新刀以降の刀が古刀に成りすましている場合も多いでしょうが。


7 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/08(火) 20:44:33 ID:4U7nIzv/
俺の現代刀は古刀に見えるといわれる
何故なら鍛えが雑だからW
刀の大部分が鍛えが雑だと末古刀に自動的に分類されてしまう様な??

8 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/09(水) 07:53:42 ID:E1up5nqB
日刀保の鑑定は信用できますか?

9 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/09(水) 08:19:10 ID:JutESjJ8
志津や月山等の流派までの鑑定なら信用が出来るとおもいますが個名は鑑定者が勝手にそう言っているだけです。


10 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/10(木) 21:59:38 ID:ZCsb2UXY
天気予報ほどの信頼性はないと思いますよ。
地震予測よりは頼りになるかもしれない…という程度。

11 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/19(土) 22:01:15 ID:p3m8q/Af
古刀を一口も持っていないので、次に買うのは古刀にしようと
思っているのですが、どういう点に気をつけたらいいのですか?
よく、古刀は難しい…と聞きますが。

12 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/19(土) 23:05:06 ID:zjw+CBkK
匂口と地景の若さを判別出来れば間違えることは無い
でしょうネ

13 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/20(日) 22:23:15 ID:tS3P2GQV
それが出来るのは、相当の目利きだけですよね?

14 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/21(月) 08:48:25 ID:4Dc3jMPg
>>13さん
目利きと言うんじゃなくて経験ですヨ
まず、きちんとした刀剣店(田舎の3,4流店は×)に行き
脇差(若い人でもローンで購入可能 長いのはヒヤカシとバレて×)
の同じ伝法(自分が欲しい)の在銘正真(3流でも疵物の安い物で可)を古刀、新刀、新々刀のどれに
するか迷っていると伝え 並べてもらうのヨ
例えば、室町中期あたりの勝光とか忠光の大疵安物と区送り新刀横山祐定と
新々刀祐永とかを同時に手にとって見て(ガラス越しでは絶対×)
そこで、正統派の匂口と地鉄の差異をしっかり見てヨ
それが、判ってきたら 今度は、他の伝法を同じようにやるのヨ
(できれば違う刀剣店でネ)
経験を積んで 正統物が判ってきたら 次は
一番、騙され安い 新々刀の肌物を見るのヨ
こいつらが、古刀に化けてるのが 本当に多いから
いわゆる、混ぜガネ物(代表工の一貫斎義弘でなくとも無銘でゴロゴロ)
で わざと匂口を眠く焼いているんだけど これも10振りも見れば
判ってくるよ←3,4流店に行けば 必ずあるといってイイ 判ってくると
「この古刀はスゴイでしょう 豪壮でしょう あっちの古刀は鎌倉期かも」
なんて言われたら もう吹き出すのをコラエルのが必死ヨ
私の知り合い研師(無鑑査の一番弟子だぜ〜)もある日 肌物、眠い刃の
新々刀太刀を見せたら「古刀の波平」なんて言うんだから
こいつなんか、いつもイイ物ばかりしか見てない不幸の代表者
協会の審査員も似た面があるのヨ
なにしろ、経験 経験 数を見てネ


15 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/21(月) 10:01:11 ID:4Yr3BiOr
↑得意がって書いているのも素人っぽくてかわいいよ

16 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/21(月) 19:55:09 ID:QOHsIsK7
素人じゃ書けんでしょ

17 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/21(月) 20:51:37 ID:4Dc3jMPg
眼の利かない 自称玄人の蔑みには慣れっこですから、、、
3,4流店と揶揄されるのが辛いんでしょうナ


18 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/21(月) 21:05:27 ID:Zu1XhKzy
>>14 っつーかアナタすげぇッス
相当つぎ込まれたんでしょうな

19 :11:2009/09/21(月) 21:53:42 ID:cSSdQW9r
ありがとうございます。最近、近所の小さな刀屋で見かけた
出来のいい、末関の平造りの脇指(70万)が欲しくなっていたんですが
少し考えます…。

20 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/22(火) 00:06:15 ID:XttJUvVB
優柔不断なヤローだナ
買っちゃえよ

21 :11:2009/09/22(火) 00:18:43 ID:G3vbpahP
いや、この手のものは新刀の可能性があるので、
よほどじっくり調べてみないと。
これを買ったら、今年4振り目ですわ…。

22 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/22(火) 00:27:24 ID:RBh+1lOq
>>11
脇差で70万といえば特保のかなり良いものが買えますよ。
肥前の5代忠廣 大業物 特保 つきで78万くらいとか
脇差は値段がかなり安く取引されるのでよく考えたほうが良いですよ

昔では250万程度の刀の特保あたりでも90〜130程度でいまは
売られてる時代です、刀剣店の小さい所はほとんどぼったくりというか
昔の感覚で売る時代と値段の流れに取り残されてるところが多い、
色々言って適正な価格よりかなり値段を高くしてあります、
それと良い品がまず少ないです。


基本的にあまり刀剣に詳しくないのなら町の刀剣店は避けるべきです
ネットで 刀剣店 でぐぐれば結構まともな店をまとめたサイトがすぐに
でるので色々みたほうが

23 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/22(火) 01:46:22 ID:uySJ8FVm
>>7
それは鍛えの加減と研ぎでないかな?

24 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/22(火) 17:50:51 ID:FzSrrJDq
Dr.コトー診療所

25 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/22(火) 19:18:15 ID:4khc7aKT
Dr.コトー診療所 最終回

      /;:"ゝ  三三  f;:二iュ  どうしてこんなになるまで放置したんだ!
三   _ゞ::.ニ!    ,..'´ ̄`ヽノン
    /.;: .:}^(     <;:::::i:::::::.::: :}:}  三三
  〈::::.´ .:;.へに)二/.::i :::::::,.イ ト ヽ__
  ,へ;:ヾ-、ll__/.:::::、:::::f=ー'==、`ー-="⌒ヽ >>24
. 〈::ミ/;;;iー゙ii====|:::::::.` Y ̄ ̄ ̄,.シ'=llー一'";;;ド'
  };;;};;;;;! ̄ll ̄ ̄|:::::::::.ヽ\-‐'"´ ̄ ̄ll



        oノ oノ
        |  |  三
-―'"⌒"~⌒"~ ゙゙̄"'''ョ  ミ
...-'-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ    |`----|
..|   l,_,,/\ ,,/l  |
'"l\,,j  /  |/  L,,,/
/\,/ _,|\_,i_,,,/ /

26 :11:2009/09/22(火) 20:23:54 ID:keNxhxxg
70万の脇指を見たのは、地方都市の小さな店ですが、
いままでの刀はほとんど銀座の店で買っています。
確かに高いと思います。保存がついていますが、棟に割れがあるし。
すくなくとも、」有名店より安くないのは確かです。


27 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/22(火) 21:01:29 ID:pyujomeb
>>26
だからさ、欲しけりゃ買えばいいじゃん?
ぐだぐだ言ってないでさ。

28 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/22(火) 21:49:01 ID:eMZ511Zo
気に入った物に投資するのは無駄ではありません。
たとえそれが 他人から不評を買ったところで
御自身が納得されていれば良いのです。
バブル以降 購入金額を上回る売却金額を念頭に
入れる 所謂 利益優先の資本投下の観念が
蔓延っていますが そのような意識を固持する方が
名品を入手出来ず 紛い物を掴まされる現実が
実に多い事を御忠告致します。


29 :11:2009/09/22(火) 21:53:28 ID:rf2FHt3e
いけません。「これ、特保とれますか?」と訊いたら
返事がないし、値引きも5万までと言っています。
私の勘が、危険なものを感じているようで…。

30 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/22(火) 22:21:34 ID:eMZ511Zo
迷いがあるならば「止めるべし」
これは、刀剣に限らず 趣味人の鉄則です。

31 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/22(火) 22:34:45 ID:oMZBwIDi
迷いはある意味、危険の直感です
止めたほうがいい


32 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/22(火) 22:43:32 ID:lgPCfviY
>>29
もう消えろバカ

33 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/22(火) 23:07:13 ID:pyujomeb
>>29
チラシの裏に書けば?

34 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/23(水) 08:43:56 ID:mAyuPQsp
特保とっても値段あがらないよ。


35 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/23(水) 12:07:03 ID:tQ8x4TzI
特保をとれるような優刀ではない、という意味じゃないの?
オレも、買った刀を売るようなことは考えたこともないよ。

36 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/23(水) 16:39:27 ID:wx3o/DbO
お前のことなんか訊いてませんからWWW

37 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/26(土) 15:45:15 ID:CfY099aU
無銘の刀が、古刀か新刀見分ける方法はありますか?

38 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/26(土) 16:16:03 ID:6uifucTj
体配 帽子の焼き 焼き出し 美濃、大和系以外ならば鎬地の鍛え
匂口の働きの方向

39 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/26(土) 16:18:50 ID:S2kvCtpm
古刀ってことは太刀じゃないの?新刀ってのは打ち刀じゃない?
太刀は戦国時代まで主流の長い刀で打ち刀は江戸時代から主流になった
太刀より短い刀、まぁ知ってるか。

40 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/26(土) 16:51:03 ID:CfY099aU
>38
具体的にどのようなものでしょうか?

41 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/26(土) 17:46:05 ID:6uifucTj
極く基本的な要素で詳細な刀剣説明をする書物には
載っている筈ですが?
時代的に 藤末鎌初の腰に踏ん張りがあり先が伏さり気味
     鎌倉中期 猪首切っ先 蛤刃 鳥居反り風 完全な匂出来の出現
     鎌倉末期頃から 切っ先が伸び始める
     南北朝期 延文貞治体配(段平で重ね薄)の流行
     もちろん優美な姿もあり(陰の造り  ↑は陽の造り)
     室町から先反りが出現
     慶長新刀体配は、南北朝磨上風
     寛永体配は、鳥居反り
     寛文は、棒反り
     
 と言うのは誰でも知っているのだけど 研磨で修正されていたり
再刃後の姿の矯正で変化している物が多数あるので要注意

帽子は、古刀期は、大概は、直刃出来以外は乱れているが
新刀期は、乱れ刃文でも直ぐで丸に返っている場合が多い
江戸、大阪石堂は、乱れ込んでいるけど

新刀期の鎬地は、美濃伝の流行で柾流れ 石堂も同様
だから古いところに化けてる石堂は、樋が掻かれている

厳密に言えば 古刀期は、乱れ刃文は大きな鍛え
でも長光なんかは精緻だけど 
新刀期は、細かい鍛えで大きな刃文=新刀特伝

焼出しは、古刀期には 室町末期の島田や千子等の田舎鍛冶に
は、似た風があるが基本的には、慶長、元和後

応永期くらいまでは、匂口から刃先に向かって働くが
段々と、刃先から地に向かって働くようになる
沸粒なんかの付き方が良い例
新刀期では、虎徹と肥前が刃に向かって煙込んで行く

これが、いわゆる「釣」ってやつなら勘弁してほしい

42 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/26(土) 18:53:07 ID:y5MhUOSw
ありがとうございます。
書物には、おっしゃられるような内容が書いてあります。
薄学で申し訳ありませんが、具体的にどういうことかが
わかりにくいのです。  すみません・・・

43 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/26(土) 21:44:16 ID:6uifucTj
>>42さん
釣りでない事を願いますが、、、
これは、経験で会得する以上の何物でもありません。
出来れば、疵が多くとも 正真物の「脇差」でいいから
正統な御品を入手されてください。
無疵、無欠点を求める方に限って「紛い物」を
掴まされます。
10万円出せば 膨れ、鍛え割れ、研減り有りながら
正真物が入手できるかと思います。
それらの、特徴を精査し勘案すれば
自ずと、道は拓かれます。
元手を掛けずに、目利きになるのは、ほぼ不可能ですヨ
本当は、目利きと知己を得れば良いのですが、、、
私の知る限りでは、東京都目黒区の石黒龍一氏
神奈川県鎌倉市の本阿弥光次氏が研師では、秀逸かと、、、
鑑定家では、吉川系保存会の某医師かと思いますが、、

44 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/28(月) 07:07:08 ID:tg9orRHr
ありがとうございます。
参考になりました。

45 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/09(金) 07:44:28 ID:hwRYbD+V
ところで、無銘の刀が、古刀か新刀見分ける方法はありますか?

46 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/09(金) 11:41:10 ID:IFjuJ/nD
>>45
私も訊きたいです。
特に古刀写しの新刀とどう見分けるのでしょう?
応永以前と地鉄に明らかな差があると言いますがどう言う所でしょう?

47 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/09(金) 12:40:01 ID:cjpxuzap
>>45
無いのでは?重文の中には新しいものが鎌倉期のものとして
認定されちゃったものもあるんですから。おそらく古刀の4割
ほどは正真ではないとも聞きます。

48 :46:2009/10/09(金) 18:15:59 ID:IFjuJ/nD
>>47
ふ〜む、現代刀鍛冶も古刀再現がどうしても出来ないと言うし、ベテランは経験を積めば
地鉄の差ははっきりわかると言うのですが。
みんな迷信にまどわされているのでしょうか?

49 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/09(金) 18:38:44 ID:cjpxuzap
そのベテランが見極めて重文にしたのが間違いなんですから
どうにもこうにも・・・。国宝・重文を福永さんが時間かけて
1振1振見てくれれば助かるんですけど。

50 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/17(土) 18:14:12 ID:nfpXXrwU
皆さん、
もう、いい加減に古刀神話から目覚められたら。
古名刀が再現できない、と言われていたのは、20年も前の事です。
今の刀工の中には、
昔の大鑑定家が、腰を抜かす様な物を造ってしまう人もいます。
刀剣界が、根底から揺るがされかねない時代です。
業界人は困って、ますます迷信の権威に逃げ込むでしょう。

51 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/17(土) 18:27:33 ID:K5ZyIKIH
>>49
福永氏に見てもらうより年代測定の方が良いと思う。
>>50
誰が昔の大鑑定家が腰を抜かすようなものを作っているの?詳しく教えて。
現代刀匠の頂点にいる天田さんですら「古刀は遥か先」と言っているんだよ。
無鑑査になった後の大野さんも大包平を写してみて「これを写す技量は私にはない」と言っていたし。



52 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/17(土) 20:33:35 ID:pVZ5hnMf
古刀は傷のない末備前か、こういう覇気のある短刀に限る
http://www.maruhidetouken.com/sub53.html

53 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/17(土) 20:37:00 ID:Kb8XJjeA
玉鋼に拘ってる限り古刀超えるのはありえん
科学的に

54 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/18(日) 10:16:16 ID:5SSvnUlQ
>>53
おっしゃる通り
そもそも鉄質の差異が
一つの特徴である事実を
現代刀匠が看過している時点で
再現なんて無理無理

55 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/18(日) 10:35:57 ID:YCaHjF6E
南紀重国
「全新刀を押並べても屈指のものと言うを憚らない(日本刀大鑑)」、「地刃の明るさに於いて他の追随を許さない(名品刀絵圖聚成)」
「重国の作風は・・・相州上位郷義弘を学んだと思われる作がある。このような出来の物は虎徹あたりも狙った気配が有るがはるかに上手である(重国の方が)(日本の名刀)」
「相州上位を私淑したと言われるが、むしろ凌駕した作品(刀剣美術358号)」

鍛えの上手さと上質の玉鋼があれば造れる

56 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/18(日) 11:16:06 ID:5SSvnUlQ
南紀は、イイ 確かに肌がイイ
国包も古く見える
堀川一門も同様
しかし玉鋼(和鋼の質性は不明)
友人の日刀保学芸員に言わせると
(20年前くらいだったかナ)
鎌倉期には、既に輸入鉄を使用していた。
又、現在のタタラは、その設計を
幕末期の資料に基づいてされている。
だから、古刀の再現を 現玉鋼でやろうとするには
無理があるのヨ
尤も、故隅谷氏も自家製鋼に挑んだものの
結果が出せずにあきらめたようだけどネ
もう少し、鉄に対する研究姿勢を持つべきですね
現代刀匠は、、、、、

57 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/18(日) 13:52:09 ID:L6d4+BWW
>>55
相州伝は新刀期でも古刀と同等と言えるものが作られていると思う。
でも備前、山城(特に粟田口)なんかは再現できていないね。
まあ備前、山城伝を作る刀工が少なかったのも関係しているんだろうけど。



58 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/19(月) 15:36:11 ID:aK2Vd54W
>>55
高卒田舎研師のHPからの引用か

59 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/19(月) 17:15:12 ID:3/9JKcOS
>>57

末物はネ
でも、南北期以前の物とは
相当な乖離があるのでは、、、
新刀特伝の大阪物の小さめの肌や
関伝(新刀全般の傾向だヨ)の鎬柾
とは異質の存在だヨ
刃文ばかりでは無く肌(鍛練方法)にも
気をつけて鑑てネ
伝正宗 貞宗 行光(延応年期入り) 新藤五国光
等を手に取って鑑たけど 
刀剣界の重鎮と若手との意見の激しい差異には笑えたヨ


60 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/19(月) 17:36:07 ID:Rrvnef5j
>>58
引用してないよ。色々と見た感想。
>>59
書き方が悪かったです。新刀期の著名工の傑作には古刀期の相州物と同等の
物があると思うという意味で書きました。平均点でも同等とは思っていません。



61 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/19(月) 18:07:15 ID:3/9JKcOS
>>60

イイの イイの 細かい事は
私が、述べたのは 「鑑定上の差異」
でも、美的評価は個人の見解だから
因みに、今、私が狙ってるのは
高木助直の直刃仕立てだよ〜ン


62 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/20(火) 08:23:42 ID:9SyeoW5A
ところで、無銘の刀が、古刀か新刀見分ける方法はありますか?




63 ::2009/10/20(火) 08:55:35 ID:+733kBlL
>>37の中の人?

64 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/20(火) 10:16:40 ID:VUIUfu8A
>>62

>>38-47参照。判ったら回線切って市ね


65 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/20(火) 17:14:11 ID:YCe89/y9
>>59>>61
どんな差異があったんですか?

66 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/20(火) 19:01:04 ID:SBKx7E3w
>>65さん
聞いちゃイヤ
ゴマスリスリスリの
眼が利かない 知識も無い
でも 役職(某協会の支部)には
就きたい 糞野郎がチェックしてるから
ほとぼりが醒めた頃 又、聞いて
凄〜く おもろいからネ

67 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/20(火) 19:03:41 ID:c5L5T89D
偶然にせよ、失敗からにせよ、ある日製鉄法見つけてしまった人がいたら、
ベルリンの壁は、一気に崩壊し始めるという事になりますね。
もっとも、秘伝はしばらく隠されるでしょうが。

68 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/20(火) 19:13:06 ID:c5L5T89D
今は特許があるから、隠す必要もなかった。

69 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/21(水) 11:10:20 ID:uoy514Aj
刀の世界にも特許かよ。何だかなあ

70 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/22(木) 08:11:18 ID:9VlWEJ6L
ところで、無銘の刀が、古刀か新刀見分ける方法はありますか?

71 ::2009/10/22(木) 09:34:35 ID:bDg7Mw8V
レス抽出:3件

72 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/22(木) 22:36:31 ID:GbV2Kimp
んなもんねぇ!

73 :名前なカッター:2009/11/03(火) 23:43:32 ID:y7omLuBV
誰か詳しい方お願いします。備前長船住忠光、備州住忠光、備前国住忠光
は同じ刀工なんでしょうか?私は備前国住忠光の刀を所有してるのですが
ネットや雑誌で調べても備前国住忠光言う書き方が見つからないので
もしかして偽者なんだろうかと思ったりもしてます。

74 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/04(水) 09:19:18 ID:EBpPVKTO
備前国住忠光って前流行った偽銘だよ。
でも刀としては悪くなかったはず。よかったじゃないか

75 :名前なカッター:2009/11/04(水) 21:04:43 ID:5GPI/hX1
じゃあ堂々とは売れないって事なんですね
今オクに備前国住忠光って言う脇差がでてますが
違反なんですね。

76 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/05(木) 09:23:09 ID:LqUXnTLz
日本刀の歴史をみて思うのは
結局のところ
鉄と製法の変遷だと思うんだけど

戦乱から治世に移行するにつれて
使えない刀しか作れない鉄と製法に
変化してくんだよね

いわゆる新刀しかり、現代刀しかり

江戸期以降の刀用の金属の流通や
昭和戦後の銃刀法にしても…
何かこう、意図的に使えない刀しか
作れないように決定付けられている?

そんな気がしなくもないようなと
訝しんでしまう。

77 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/05(木) 09:30:39 ID:LqUXnTLz
でも現代の感覚から言うとやっぱり
昭和戦乱期の刀って野蛮なんだよね

たぶん江戸治世の時代からみても
いわゆる古刀ってのは野蛮に
映ったんじゃないかな?

意図的というより無意識がそうさせて
いるのかもしれない。



78 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/05(木) 09:38:54 ID:LqUXnTLz
ほら、刀って男そのものだから

治世には華やかで役に立たない男が
求められるでしょう?
現代刀も新刀もそうなんだよ

昭和戦乱期の刀ってのは
頑丈で粗野だけど合理的で
地味だが磨けば光る男ってとこか

だとしたら古刀の時代の男ってのは
実も華も兼ね備えた実に魅力のある
男たちだったのかなと
思いを馳せてしまう

79 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/05(木) 09:46:14 ID:LqUXnTLz
して、これからの日本の刀は
つまり日本の男はどうあるべきか

それが古刀や昭和軍刀の再現では
いかんはずだ。

新しい日本の男のあるべき姿は…

…リアル斬鉄剣?
そんなのいやだっ!!

80 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/05(木) 09:47:10 ID:LqUXnTLz
ポエムでスマソでした

81 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/05(木) 12:07:15 ID:LyqzRXa7

      r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
.      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
       i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
.      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ
      l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、 ここはお前の日記帳じゃねえんだ
        レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト
       ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ  チラシの裏にでも書いてろ
:ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ
::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ    
::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,  な!
:::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /


82 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/05(木) 16:00:49 ID:SNda246H
ところで、無銘の刀が、古刀か新刀見分ける方法はありますか?




83 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/05(木) 16:04:03 ID:aldigXx8
しつこい、死ね。

84 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/05(木) 19:07:21 ID:LqUXnTLz
↑試し斬り

85 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/06(金) 11:52:19 ID:NcEMWKaa
>>82
考えるな、感じろ

86 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/06(金) 12:56:12 ID:5W4xcLLB
俺は自分のチンポと合わせてみて、チンポより反っていたら古刀。
反ってなかったら新刀だと思ってる。

ちなみに俺のチンポは新刀じゃなくて珍刀

87 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/07(土) 13:04:50 ID:2faIAd+O
古刀は実戦を目的に鍛え上げた訳だから、生きるが死ぬかを己の命と同じ…それを思いながら見てみる事と、本物の古刀をたくさん見て、目を肥やせば判断力つくよ

88 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/08(日) 19:51:10 ID:lty46nVR
 _/_          |/
  /_  __/- ―‐、 /
  _/ /_/ヽ    _/ |__

 ヽ 旦 ノ三 -/-、ヾ L|」  ̄7
 冫勿  メ し / /  .l__|__l  (_

  l      ー―
  |   ヽ  /  
  |    |   ̄ ̄ヽ
  レ      </
 _..._ _..._                   _..._            _                  _..._
 i´ ヽi´ ヽ.      i'´ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ i´  ヽ.          /´ ヽ        ,.r‐-、 /⌒ヽ.  i´  ヽ.
 ゙、  ゙、  ゙、    / ,.-----ァ  / ゙、   ゙、       _/  /_       !、  ''   /  ゙、   ゙、
  ゙、 冫__冫,ィ1 i  'ー――'  /   ゙、   冫 ,ィ1 i'´         ヽ     丶    ス、   ゙、   冫 ,ィ1
  ヽィ゙ ,r''´   | l       /    ヽィ゙ ,r''´ | ゙ーァ   r 、  | i'´ ̄ ̄l  ゙メ      ゙i   ヽィ゙ ,r''´ .!
   _,r''´     ! し  ̄7  /     _,r''´    !   /  / /  / ゝ__,! /    r、 !   _,r''´    !
 ,r''´    ,.r''´     /   /    ,r''´    ,.r''´   /  / /  /      /    / \| ,r''´    ,.r''´
 l.   ,.r''´      ./   /     l.   ,.r''´    /   / /   /      /    /     l.   ,.r''´
 `ー‐'´         ゙ー─'       `ー‐'´       ゙ー‐' ゙ー‐'         ゙ー─‐'      `ー‐'´
     「L_/>、   r、_「L   r-「'‐┐ 「)     __「L、
    r┘。 rニ_> .ノ r ハヽ  ニ ニ   | |     '┐c'ニ7
    ア L石7 ヽ.゚ノ _ノノ  ,ニ ニ  い、__、 //r 、
    ´⌒` ー'   ` ー´  ヽ三_rゝ   ヽー'  <ノ `ヽフ

89 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/14(土) 14:40:30 ID:g+dfoq3V
目の眼 特集日本刀五ケ伝の旅
http://www.zasshi-online.com/product/me_no_hitomi5091027.html

90 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2009/11/25(水) 22:49:30 ID:HsDLwZBU
>>89
目の眼ってチョー小さい本なんだよな
実物を初めて見た時、ビックリした

91 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/30(水) 15:43:23 ID:D4aH1ZyX
http://www.choshuya.co.jp/sale/sword/0804/kanetsune_tanto/kanetsune_tanto.htm
いいねぇ。芯金出てるけど。もっと簡素な拵えなら半額か。
http://www.choshuya.co.jp/sale/sword/0911_t/hirosuke/hirosuke.htm
いいねぇ。でも広助でこの値段は高いねぇ。
http://www.tsuruginoya.com/mn1_3/f00062.html
いいねぇ。安くなったねぇ。
http://www.ginzaseikodo.com/tantomorimitsu.html
いいねぇ。でも未だにこの価格はねぇ。

でもどうして現代刀工はこの肌造らないのだろう。
みんな肌が詰みすぎで。肌綺麗に出せるのに乱れ刃でも
縮緬状の肌。。。あと映り、あれは映りじゃなくて
弱い焼き。画像にくっきり写るのが映りって言われてもねぇ。

92 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/30(水) 18:14:02 ID:UFodThYE
平造りの脇差って、高いなぁ…。
兼常の芯金は、もの打ちあたりの棟側のところですか?

93 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/30(水) 21:29:04 ID:D4aH1ZyX
大きいのはそこねぇ。

94 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/31(木) 18:29:53 ID:vwM7wV2O
>>90
死ねカス

95 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/03(日) 13:43:27 ID:/aHhpE2I
>>92
大刀の半額が平造り。
大刀の七割安が鎬造の脇差。
大刀の次に高いよ。

96 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/04(月) 16:33:09 ID:sMYTr3aY
>>91
三番目がよさそう。
盛光地味で高い。地味も良いが。

97 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/07(木) 11:52:15 ID:EeonO8tJ
てすt

98 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/09(土) 23:03:11 ID:L/4gejSs
古刀は敷居が高いような気がするなぁ。
知識が追いつかない…。

99 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/11(月) 01:50:41 ID:hOkjE0fO
>>51
大包平なら故・今泉俊光氏が写してるよ。
天田さんは普通に上手いと思うけどな。
そりゃ本物の大包平に敵う日本刀は存在しないけど。

100 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/11(月) 02:36:24 ID:5xcmdaa5
>>99
天田氏や今泉氏も写しているのか〜。全然知らなかった。
大包平写しは見たことが無いけど俺も天田氏は上手だと思う。
ちなみに本物の大包平も見たことが無いけどね・・・


101 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/12(火) 11:41:32 ID:QMd93Ab7
400万の予算があればどんな古刀が視野に入りますでしょうか?
http://www.tsuruginoya.com/mn1_3/a00119.html
これなど良いかと思案しているのですが。

102 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/12(火) 22:33:25 ID:VqH7mfDJ
膨れを直すにはどういった工作があるかな、埋金以外で。

103 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/25(月) 23:27:09 ID:XdEMKljH
http://www.siseidou.gr.jp/SHOP/298.html
最近、盛光のこの刀や備前長船刀剣博物館等の盛光等多数見てるが
やや時代の下がった六郎左ェ門祐光の地鉄がいつも秀逸。
双璧の則光よりも上手じゃないかな?さすが勝光宗光の父か。
売り物でもこんなに出来が良い。
http://www.tsuruginoya.com/mn1_3/f00062.html
欲しい。

104 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/26(火) 00:04:38 ID:TMFSL1wB
盛光でも上記刀よりも
http://www.e-sword.jp/sale/2009/0910_3028syousai.htm
こちらの地鉄のほうが良さそう。
中心が残念だが。彫りも行の倶利伽羅が研ぎ減りを過剰に見せて惜しい。

105 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/26(火) 00:09:14 ID:TMFSL1wB
康光でしたね。
でもこの短刀生ぶ中心っていうのは。。。。。一寸弱は上がってる。

106 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/26(火) 05:57:56 ID:LhUtdwps
上がっているのに、彫りの位置やら意図的な砥ぎ減り倶梨伽羅は
後彫りの証だね、価値を落としてるなあ。

107 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/26(火) 17:37:17 ID:TMFSL1wB
本当に。
彫りなければスリアゲ在銘でもよいものなのにね。

108 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/30(土) 14:11:33 ID:NgZOJWXu
>>102
タガネで寄せて研ぎ直すとか聞いたが埋金より高いそうな

109 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/01(月) 05:54:42 ID:kbP5b5Qf
末備前に始まり末備前に終わる

どういうこと?

110 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/01(月) 09:53:45 ID:RRC7q15t
ヘラブナみたいなもん

111 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/04(木) 12:29:50 ID:oZO4/b4o
過疎っているのでよい古刀あれば是非ご紹介を。
品物と価格のバランスもよければ最高ですね。

http://www.nona.dti.ne.jp/~sword/katana/shizu02.html
無銘だけど出来抜群。

112 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/04(木) 21:59:14 ID:ynz/rJ8J
無銘 伝 広光 本阿弥光常折紙
http://www.tokka.biz/sword/hiromitsu.html 
私は皆焼の刀がすきなんだけど、皆焼って人気あるの?

113 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/05(金) 00:06:56 ID:PwSsaLbU
人気はそんなに高くは無いと思う。
同じく勝光の皆焼
http://www.tsuruginoya.com/mn1_3/f00117.html
地鉄いいね。

114 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/05(金) 06:13:48 ID:PwSsaLbU
http://www.nihontou-minosekikaji.com/katana/087.html

115 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/05(金) 06:55:18 ID:DLOlu2fX
>>111
この志津は前から良いと思っていた。
無銘でも早い時期の特重指定を受けているし画像で見ただけでも
相当良さそうだから1400〜1500万はするのかな。
これが在銘で戦前に見つかっていたら重文になっていただろう。
兼氏在銘は1本だけ重要であったけど後に重文に昇格していたし。




116 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/05(金) 11:05:09 ID:PwSsaLbU
>>115
やはりそれでもいかんせんそこは無銘、
その半額以下でしたよ。

117 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/05(金) 11:48:54 ID:TSr5zX+E
http://taiseido.shop-web.org/cn11/pg291.html
http://taiseido.shop-web.org/cn11/pg291.html

どちらがいいですか?

118 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/05(金) 12:14:16 ID:TSr5zX+E
↑ここのHPの、千手院と兼長です。

119 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/05(金) 17:00:48 ID:PwSsaLbU
正直、両方よくない。
まだ千手院のほうがまし。

120 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/05(金) 18:51:10 ID:TSr5zX+E
どのあたりが、ダメでしょうか?

121 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/05(金) 21:30:03 ID:DLOlu2fX
>>116
>その半額以下でしたよ。

半額ってことは700万以下?
いくらなんでも特重、しかも志津がそんなに安いわけは無いだろう。
成蹊堂に出ていた志津の重要止まりの短刀ですら400万くらい
だったから単純に3倍としても1200万くらいはするはずだよ。
他の店(成蹊堂よりは安めで出している)でも半年くらい前に
志津の特重昇格が可能と思われる短刀が売られていたけど600万台だった。

>やはりそれでもいかんせんそこは無銘、

無銘が値下がりしているとか言われているけど長州屋、高遠堂、
真玄堂辺りではいまだに無銘重要、特重が1000万円超だよ。
しかもそれで売れている。
無銘でも一部の本当に良いものは殆ど値下がりしていないんじゃないかな。




122 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/05(金) 22:49:00 ID:PwSsaLbU
>>121
600万でした。

123 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/05(金) 22:54:59 ID:DLOlu2fX
>>122
そんな分けないよ。
成蹊堂では志津の重要の短刀で400万くらいだったんだから。
来の無銘重要でも500万で出しているんだから特重の志津で
600万はありえない。






124 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/05(金) 22:59:25 ID:PwSsaLbU
本家か弟さんの店か忘れましたが特重在銘の抜群の
吉用が1200万、景秀在銘が1000万でしたよ。
出来は景秀太刀は本当に見事な出来でした。
上記三店は高いと思います。某店では備前物、違う場所で
売られていた比較的安価なものが80万円アップで出ていますし。

125 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/05(金) 23:07:45 ID:DLOlu2fX
>>124
>本家か弟さんの店か忘れましたが特重在銘の抜群の
>吉用が1200万、景秀在銘が1000万でしたよ。

柴田?柴田も比較的高めだと思うよ。
少し前に柴田で在銘重要の国広が2000万ちょっとで拵えつきの
無銘一文字特重が2500万、重美の新刀が3500万くらい。
だから特重の吉用や景秀が1000万ちょっとって言うのは
信じられない。3倍近くするんじゃないの?
ちなみに真玄でも重美新刀は3000万台で扱っているから柴田と
そんなに変わらないと思うよ。



126 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/06(土) 00:46:18 ID:GaH3GGYG
先月の大丸の高級品専門ケースに出ていましたよ。
最近値段落としています。
ランクは違いますが横山祐包の傑作大刀130万で
安い店と同じ価格づけですし。
祐包は先週も展示していたので今でもあると思います。
吉用も在庫していると思います。
映りが見事です。

無銘は鮮明な移りの出ている刀以外は以前の半額ちかくで
取引されています。来も落ちてきています。
来か延寿か鑑定時わかれましたが美しい重要の先月の
取引額100万でしたから。古三原・二王・直江・當麻・尻懸
あたりは80万、保昌は未だに100万以上をキープ。
他の相州物は物によってバラバラ。
青江と

127 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/06(土) 00:59:18 ID:GaH3GGYG
新刀なのでスレ違いだけど越前守包貞も個人的には非常に
美しいので新刀では好きだが相場はガタ落ち。
重要でもトップクラスの刀が去年、青いで格安、現在は
他店で190万円上乗せで出てるね。

価格は競り落とした時期で値段が変わるから厳然たる出来で
値段づけがされていないので難しいと思う。

128 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/06(土) 05:49:48 ID:Kwq6jpMk
>>126
>先月の大丸の高級品専門ケースに出ていましたよ。
>最近値段落としています。

成蹊堂の特重志津600万もそうだけどちょっと信じられない。
ここ3ヶ月で刀剣の相場が半額以下にでもなったの?
成蹊堂のホームページでは無銘で重要止まりの来が500万だし
柴田の麗見ても重要の貞綱の脇差で340万だよ。
貞綱の脇差340万から考えると特重でしかも上位の太刀が
1000万ちょっととは考えられない。
嘘書いてるんだったら止めたほうが良いよ。


129 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/06(土) 09:11:24 ID:GaH3GGYG
大丸に電話すれば早い。
「あの1千万の吉用、売れてしまいましたか?」と。


130 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/06(土) 09:15:03 ID:GaH3GGYG
http://www.touken-sato.com/web-gallery/tadamitu-wakizasi.html
これも実際見たが名品。
もちろん売り物です。


131 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/06(土) 09:18:18 ID:GaH3GGYG
http://taiseido.shop-web.org/cn11/cn22/pg256.html
これも値段の割りにはすごく良かった。
出所もいいしね。

132 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/06(土) 17:19:57 ID:noAaHfLP
>119
くどいようですが、どのようによくないのか教えてください。

133 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/06(土) 21:01:26 ID:GaH3GGYG
棺おけに片足つっこんでいる

とにかく傷物

134 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/07(日) 01:04:23 ID:Udc+fQ/s
電話しなくても嘘って分かるよ〜
成蹊堂で志津の重要止まりの短刀が400万なのに在銘特重の志津、
しかも2尺3寸以上あるものが600万なんてことはありえない。
それに柴田が長州屋や真玄堂と比べて少し安いといっても
半額以下で売っているわけは無い。
良い刀は少ないが都内の刀剣店ではかなり安めの価格設定で売っている
葵美術ですら在銘特重(特重の中ではあまり良い刀ではない)を1800万で
売ってたよ。





135 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/07(日) 05:54:56 ID:3SEbHCz2
三段論法の好きな御仁だなぁ。
あれこれ言う前に電話すればわかるのにね。
今出てる短刀だって白鞘のみなら二百後半が妥当。

また三段論法を使うなら青いの包貞や、少し前に本家で300万弱
だった祐光短刀が独立した元番頭さんのお店で半額近く。
この祐光はこのスレで出てるね。
また良品が安価でたまに出る青い、じゃどうして出来の悪い
當麻無銘あんなに相場より高いか分かる?
早く換金したい物もあるんじゃね。

136 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/07(日) 06:11:10 ID:3SEbHCz2
http://www.iidakoendo.com/info/item/a044.htm
この勝光の価格って。。。

980万円!半額でも高い。ちなみに特保。

137 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/07(日) 09:19:40 ID:Udc+fQ/s
>>135
>今出てる短刀だって白鞘のみなら二百後半が妥当。

確かあの短刀は400万ちょうどではなく400数十万だった。
白鞘だけで200万後半だとしても無銘特重ならこの3倍にはなるね。
だから600万はありえないよ。

>じゃどうして出来の悪い當麻無銘あんなに相場より高いか分かる?

葵は委託もあるから。
ちなみに長州屋で去年、在銘長谷部の短刀の特重が1800万。
短刀でこの値段なのに太刀で1000万はありえない。
柴田が本当にそんな値段で売っているのなら長州屋や高遠堂は
全く客が入っていないはずだよ。

>>136
現物見てないけど重要が約束されているレベルの刀なら
その値段でも普通だよ。
特重に受かるレベルの刀だと鑑定書無しや特保の状態で特重の
値段が付いているし。



138 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/07(日) 09:25:37 ID:Udc+fQ/s
今思い出したけど成蹊堂に出ている特重の無銘二字国俊は1500万だった。
これは現物も見ている。


139 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/07(日) 11:55:48 ID:3SEbHCz2
http://www.aoi-art.com/sword/katana/09502j.html

出来はよさそう。本当に大スリ上げなら安いね。
でも刃区にそって表裏とも刃方に流れて行ってるからどうか。

140 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/07(日) 12:14:53 ID:3SEbHCz2
http://www.tokka.biz/sword/shikkakejyuto.html

この尻懸も無銘だったが実見したところ抜群の出来でした。
もっと上位に極められてもと思いましたね。
たしか研ぎは松雄さんだった。

みなさんもどんどんよさそうなもの紹介してくださいね!

141 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/07(日) 12:52:44 ID:U8TN/FXo
特重志津の茎を改竄して正宗にされた事件があったみたいだけど
改竄された刀はどうなったんだろうか?
店頭販売した場合、安くなったりするんだろうか。

142 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/08(月) 01:29:10 ID:e006unOn
>>141
普通に考えれば寸法が現代に手を加えて寸法を短くしたり
目釘穴を増やしたりしているのだから安くなる。
しかし正宗とも極めても良い志津の大傑作と言うことで
高くなる可能性もあると思う。


143 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/09(火) 00:27:27 ID:woJthLeQ
高くはならないと思う。中心をいじったんだからね。
新しい刀剣入荷情報もあればどんどん紹介してください。

144 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/10(水) 00:04:31 ID:WY0zK2Yk
来国光2口、来国俊1口、特保で出来は今一つだけどとうとう
在銘で二百万円代か。
名前があっても出来で判断されてきているね。
良いこと。

145 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/10(水) 05:04:39 ID:d9SPSRfc
>>144
長州だと拵え付きで来国俊の特保が400万だった。
店の人も「健全さからいってお勧めは出来ませんが」と
言って出してきた。
他の店で似たような来国俊が拵え無しで350くらいだったはず。


146 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/10(水) 10:47:41 ID:WY0zK2Yk
あおい国光280万
○日で、国俊300万、同国光300万
値引きありでもう少し安くなる
徴収やがんばってるねー
でもネット通販に手を出し始めたのはあれだねー

147 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/10(水) 11:12:59 ID:WY0zK2Yk
本当に高い店で買うのは損だよー。
コレ情の包貞重要、今もキャッシュで残っている某店で900万が
コレ情では670万言い値。

市では同じ落札価格でもお店の名前で数百万の値段差が出る。
銀座一流店って行っても買取・下取り保証もないのにねー。

148 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/10(水) 11:58:15 ID:bx9aksr7
白黒コピーだけで判断するの恐いなー
裁判停止中の日本人の会会長は仮病臭いし

149 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/10(水) 12:30:14 ID:WY0zK2Yk
>>148
あの刀は大阪で販売されている時見ましたが
重要でも天辺の出来でしたよ。
http://www.nipponto.co.jp/swords/JT988892.htm
http://www.samurai-nippon.net/osusume/

あと上の方で出ていた、安いと言っていた末保昌がさらに
10万円も値引き・・・・
いったい刀剣の元値って・・・

最近出来と値段に関心したのは無銘と言う最大の欠点を補って余りある
成型同の志津、剣の屋の祐光、青いの包貞ぐらいかなぁ。

150 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/10(水) 12:32:18 ID:WY0zK2Yk
すまん。包貞はスレ違いだった

151 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/13(土) 21:35:13 ID:3zCkA3Co
http://www.aoi-art.com/sword/sale/09554j.html
岩戸一文字
http://www.aoi-art.com/sword/sale/09597j.html
福岡一文字

時代が若く感じるというか確信するんだが。。。

152 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/13(土) 21:43:06 ID:oObvvRo0
↑なぜ若いと確信するのか?説明してくれ。

153 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/17(水) 04:36:06 ID:qIR5Prt4
青いの備前在銘南北朝が二口でたね。安いけど出来は悪い。
地鉄がもうへたりすぎ。

154 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/17(水) 05:37:32 ID:XAMmaVAn
4000万だせばいい物買えるよ

155 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/17(水) 20:35:19 ID:H1GaxiXX
>>152

地の肌が詰んでるのに 鎬地の肌が流れ過ぎだからだろうネ
きっと石堂系と鑑たんでしょうネ
古い物は、研減ると大肌や流れ肌が出ちゃうけど
地が詰んでるし 帽子もたっぷり残ってるのに 
鎬地が流れてるのをオカシイと
鑑たと思われるヨ

156 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/17(水) 22:00:32 ID:pZ9ro5j7
>>155
そんなまともな見方が出来る人間ならばその二つの刀を「若いと確信する」などとは
書かないだろう。
どう見ても二振りとも古い。
おそらく151は、古刀=研ぎ減っていて肌も良く出ている、と言う程度の知識しかない。
良い研磨にかかった健全な刀はたとえ鎌倉期の物であっても若いとしか見ることが出来ないのであろう。

157 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/17(水) 23:41:14 ID:qIR5Prt4
>>156
>どう見ても古い。
説明してください。
現物の匂口と刃縁のぷっつり感はあきらかに新刀のように
自分は見えました。
あと中心のスリアゲがすごく下手でした。

158 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/18(木) 01:05:32 ID:LcuAMOIz
あと福岡一文字のほうはほぼ生ぶ中心に見えました。
完全に刃区横の刃紋がなましがかかっていましたので。
私見では南北朝の傍系備前刀工の銘を消して格上げしたように
見えました。研ぎ溜りと中心の減らし方が不自然なので。

159 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/18(木) 06:21:08 ID:ZI4VPcK4
時代公証以前に、イイものは高い。安くてイイもはない!ガセもの掴まないでね(笑)

160 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/18(木) 13:58:13 ID:OPBBILej
>>157 映は、どうでした 石堂系の
刃文がとろけたような 作為的な物?
そうでなければ 再刃かナ

不人気工や三流工の上出来を無銘にした物って
結構あるよネ

二振とも画像では 決定的なことは、言えないけど
特保の方は通常、あれほど焼刃が残存してれば
重刀に出すな もし落ちていれば
ま〜〜〜 貴方の意見が正しいのだろうネ
切先が延びた一文字も珍しいけどネ
葉と柾目が気になって仕方ないナ

161 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/18(木) 16:57:44 ID:DGykLVmQ
>>160
荒沸の付いた一文字なんか聞いたこと無いな。
時代の下がった傍系の刀じゃないか。
こんな鑑定で重要指定するんじゃ先は無いよ。


162 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/18(木) 17:26:49 ID:OPBBILej
持ち主が 読んだら怒るだろうネ

163 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/18(木) 23:57:56 ID:LcuAMOIz
>>160
岩戸のほうは石堂よりも現代刀工が出しました!っていう感じで
福岡のほうが中々自然な角度によっては完全に見えないよい映りでした。
あと最近でた二王は良い鉄でしたよ。

あと高木貞宗、、、数ヶ月で店舗変わるだけで80万も安くなってる。。。
本当に無銘の落ちぶりは予想以上。
備前上工の無銘ももう持たないな。

164 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/19(金) 00:22:19 ID:sI/BSlAH
最近実見した刀でよかったものは
刀博所蔵の景秀(地鉄)、柴田吉用(地刃)、盛光堂盛光(地鉄)兼定
(地鉄)、つるぎ祐光(地刃)葵二王(地鉄)たいせい近景(地刃)
値段幅は20倍近くの開きがあるけどね。

165 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/19(金) 01:14:34 ID:FwazuiTo
>>164
刀の価格は出来によって決まるとしつこく主張する人がいますが、
上出来なのに20倍も価格が開くのはどうしてですか?

166 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/19(金) 02:22:57 ID:sI/BSlAH
刀は出来、伝来、長さ、人気、等々色々な要素が価格に反映されるから。
また大金持ちの人には大紙、大銘ものは言い値で買ってもらえる場合
等、表だけでは分からない要素も沢山あります。
それらが複雑に絡み合って価格ができます。


167 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/19(金) 02:27:44 ID:sI/BSlAH
出来で決まる、銘で決まる、古さで決まる、人気で決まる、紙で決まる
だけの単純な議論では水掛け論に終わるよ。
四つの例を挙げただけでも4の4乗以上の絡みが出てくる。

一番単純明快なのは価格をつけるのが業者、購入するのが客。
その時点、その価格で納得すればその売買において適正価格。

168 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/19(金) 14:29:06 ID:RyEEy6Yo
>>163
現代のような映ですか 所謂、沸映とも白け映とも違う
やたらはっきり出てるやつですネ
古いところは、角度や光線の加減で
陽炎のように浮かびますから 一目見て
「こりゃ〜〜イカン」ってやつですネ
私も、先日 某名家伝来の伝○光を拝見しましたが
茎を磨り上げ風に見せかけてましたけど
「掟通りの処理」どころか まるで産ぶでしたネ
目釘穴なんて三つもうがかれてましたが 鎬筋も
平、鎬地の肉置きも変化無しでした
それに気づいたのは ほんの数名で 後の
刀剣鑑定歴30年以上の お か た達は
その指摘にも 意味が解からずにいましたヨ
保有業者も 貴方の指摘が理解できますでしょうかネ、、、

169 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/20(土) 00:31:48 ID:/fBn+azi
>>156
もうついてこれないね。

170 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/20(土) 00:53:59 ID:T9cND+WF
>>168
>保有業者も 貴方の指摘が理解できますでしょうかネ、、、

葵の鶴は刀が見れないって評判だから理解できていないと思います。
ところでプロの端くれさんが「店長が目利きで刀も良いものばかりを
扱っている」と思う刀剣店はありますか?
あれば教えてください。



171 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/20(土) 00:57:42 ID:7V1ixkS0
>>169
156だが、ついてこれないもなにも現物を見たならば最初からそう言ってくれ。
有る程度鑑識の有る人間が現物を見た上で上記の様な事を思ったのならばそれは正しいのかも知れない。
私は写真のみの情報を100とした場合の事を書いたのだ。

172 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/20(土) 01:10:21 ID:/fBn+azi
ならば写真のみで古く見えた根拠は?

>>170
プロの端くれさんではく端くれさんと話してたものだけど
刀が見れる、あと良いものばかりって言う刀屋はないが
刀と値段のバランスがかなり優秀なのは元柴田番頭の
つるぎの屋がお勧め。
眼が利くようになればまれに葵で相場より安いものが買える。

173 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/20(土) 01:34:16 ID:T9cND+WF
>>172
>つるぎの屋がお勧め。

あそこは確か店舗が無いだけあって比較的安いね〜
なかなかの名品も扱っているようだし。

>眼が利くようになればまれに葵で相場より安いものが買える。

葵にもたまに良い刀はあるけど少ないね。
葵で見た300万以下の刀で良いと思ったのは今まで1本しかない。
まああまり行っていないから他にも良い刀はあったんだろうけど・・・
それと鶴が良くない刀を「うちが紹介する研師に研がせれば
重要に受かると思う」とか言って勧めてくるのであまり好きではないな。


174 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/20(土) 01:38:58 ID:T9cND+WF
ちなみに刀屋で話しているとどの店も長州屋は良いと言う。
「うちの店が最高、扱っている刀は全部その刀工の最高傑作で
特保は重要候補、重要は特重候補」
みたいなことを言っている業者も長州屋だけは良い店といっていたな。


175 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/20(土) 02:15:13 ID:m82xSme1
 無銘、無鑑定の脇差の日刀保の鑑定結果が出て保存がついて「島田」
になったけど、なんか普通の人の名前みたい。いい刀なのか、どんな評価なのか、
喜んでいいのか。教えてください。

176 :手製クロスボウ:2010/02/20(土) 11:12:10 ID:KndNVfmV
肥後守の鋸、鎌付きってもう売ってないの?  超ほしいっ!

177 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/20(土) 11:21:15 ID:DcpK7YHA
無名島田じゃあ捨て鑑定みたいでやだねえ
せめて義助とか広助とか個名を
付けて貰いなよ
お金取るんだからサービスしてよってね

178 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/20(土) 21:49:38 ID:/fBn+azi
>>174
高すぎ。
あの祐永、100万安く出てたんじゃね。

179 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/21(日) 16:44:12 ID:vfhYW7Gr
肥後守の鋸や鎌は熊本に行け。

180 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/23(火) 12:59:39 ID:o3+fbTmb
ttp://www.bidders.co.jp/item/134925378
酷い偽物が出てきたな。
これの何処が表裏同じなんだろう?
可哀想な人が騙されて幾らまで行くか楽しみ♪


181 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/23(火) 23:50:21 ID:tfJaIgih
まず説明が・・・
中学生でも騙そうって言うのか。

182 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/24(水) 12:16:37 ID:Ynyi+1ZV
上駄目、下駄目、銘駄目の見事な3D認定だが、大銘なので20マソは超えるとだろうな、ご愁傷様

183 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/24(水) 19:17:23 ID:nfD0an73
千手院の重要を今回、特重に出そうと思うのですが、研ぎしは合格の可能性
があると言っていますが、 無銘の千手院の合格の可能性はあるでしょうか?

184 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/25(木) 01:11:53 ID:noMF9GhW
>>183
>研ぎしは合格の可能性があると言っていますが、 
>無銘の千手院の合格の可能性はあるでしょうか?

無銘の千手院の特重は見たことが無いな。
とりあえず日刀保に無銘の千手院の特重があるか問い合わせてみれば?
あと研ぎ師の中には昇格が無理な刀なのに自分の名前で出せばとか
手を加えればとかいって金を取ろうとする人もいるから気をつけたほうが良いよ。


185 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2010/02/25(木) 01:18:05 ID:Dm/NnztC ?2BP(3200)
>>184
>無銘の千手院の特重

ぱらっと見た感じ、8,11,14,16,17回特重にあるね。

186 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/25(木) 01:53:29 ID:noMF9GhW
>>185
無銘の千手院にも特重があるんですか。
ちょっとお聞きしたいのですが無銘古三原にも特重はありますか?
一度業者のところで特重に・・・とか言われて古三原を勧められた
ことがあります。



187 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/25(木) 07:44:13 ID:zr5LhG6w
>185
そうですか・・・
20回(重要)の千手院なんですが。

188 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/25(木) 20:45:45 ID:VDlZ90LQ
中原信夫は刀剣界の岩崎弥太郎じゃ。

”田野辺のような金持ちにはわしの気持ちは分からん”がぜよ。




189 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/26(金) 23:50:11 ID:XmNMbXfJ
https://www.aoi-art.com/auction/auction.cgi?acc=disp&no=1267160754&t=1213703271

これよさそう。
でも致命的な欠点があるからねー。キズ無ければ倍以上するか。。

190 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/28(日) 14:46:09 ID:jOf1nCu3
今五島美術館で古刀の展覧会やってるよね。
行った人いる?

191 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2010/02/28(日) 14:55:38 ID:aDr67nHw
>>190
胸キュン刑事の遠山光が行ってる
http://tohyama.blog4.fc2.com/blog-entry-1184.html

192 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/11(木) 13:48:56 ID:jcvGo0DS
https://www.aoi-art.com/auction/auction.cgi?acc=disp&no=1268281468&t=1213703271
なかなかよさそう。大肌出すぎかもしれんが画像で
これだったら実物はもっと綺麗かな。
末左っぽい。

193 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/12(金) 18:38:41 ID:Yki0kxN0
備州長船盛光
http://www.token-net.com/katana/2w180-morimitsu0802/morimitsu.html

 

194 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/13(土) 01:33:52 ID:33iLVYlK
>>193
これいいよ。すぎたさんにすれば安価だし出来が良かった。
ただこの中途半端な長さの鎬造りはね。
これが一尺前後の長さの平造りなら200万でも欲しい。
でもこの時代の刀ってきちんとなまして刃区部分の刃が
沈んでいるのに上の方は刃が明るいね。

195 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/18(木) 01:38:29 ID:QCmNmOIa
たいせいどうの兼定、之定初期銘ではないが
出来よく安くお勧め。
かって損は無い。

196 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/18(木) 10:25:59 ID:e1IS4HVr
>>195
あれで180万は安いね
初代かな

197 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/18(木) 16:21:03 ID:QCmNmOIa
天文頃だろ

198 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/21(日) 21:48:02 ID:WokQ+WcC
五島美術館行ったよ!!
意外と女性客多くてびびった(つーかカップル)

村正の短刀が良かった。
久しぶりに良いものをたくさん見た気がする。

199 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/27(土) 02:37:49 ID:EOIqAHwZ
◆永享備前名品祐光◆
(石田三成次男杉山源吾又は直系11代成範遺品・長崎県初代知事杉山宗次郎旧蔵)
・協力長浜歴史博物館 三成会

これぐらいの伝来って貴重品?それともゴロゴロ転がっているレベル?

200 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/27(土) 18:11:00 ID:VLe6O4St
そこそこ貴重品だと思うけど、石田三成次男と言われても誰その人なんだよね
刀の出来じゃなくて、伝来品で買う場合は福島正則無銘脇差大和志津が販売から
福島さんのほうがいいかな

201 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/28(日) 14:29:38 ID:6Ej07ptj
石田重成
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
石田 重成(いしだ しげなり、1589年(天正17年)?−1641年(寛永18年)?)は、石田三成の次男。母は宇多頼忠の娘・皎月院。兄に石田重家、妹に辰姫(津軽信枚室)。
官位は隼人正。名は重成のほかに、杉山源吾某、杉山仁兵衛俊成。妻は朽木氏の娘、子に杉山八兵衛吉成、石田掃部、後妻は柘植氏の娘、子に杉山嘉兵衛成保。
豊臣秀頼に小姓として仕えていた。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで父をはじめとする西軍が東軍に大敗し居城佐和山城も落城したことを知ると、
津軽信建の助けで乳母の父・津山甚内らとともに陸奥国津軽に逃れた。
その後は杉山源吾を名乗り、津軽氏の保護のもと深味村に隠棲する。慶長15年(1610年)4月28日に若死したという説があるが、
慶長15年ごろまで隠棲しその後出府して寛永18年(1641年)に53歳で没したという説も有力である。三男の成保系『杉山系図』には
藤堂高虎に仕え伊勢で死去したという記述があるが真偽は不明。長男・吉成は弘前藩主津軽信枚の娘を妻として家老職についており、
子孫の杉山家は弘前藩重臣として存続した。
石田三成が豊臣を名乗ることを許されていたという記録は無いが、宗徳寺(青森県弘前市)にある重成以下杉山家の代々の墓には
豊臣の姓が刻まれているといわれている(江戸時代に豊臣氏を正式に名乗っていたのは北政所の実家木下家のみである)。
参考書籍 [編集]
* 白川亨『石田三成とその一族』(新人物往来社、1997年)


202 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/29(月) 03:16:23 ID:WJQ+kcja
どのスレに出てたか忘れたが新新刀が安くなって備前の在銘古刀が
少し上がってきてるってあったが本当だな。
あの激安葵ですら、天正の両刃造が145万。

あれ書いた人、市に出入りする本物の人だな。もっと出てきてー

203 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/30(火) 06:30:09 ID:l5gzRQka
見てきました。
祐定。出来良いです。もう少し寸があればなーっといった感じですが
良い短刀でした。
最近見た古刀短刀で
http://www.aoi-art.com/sword/tanto/10033j.html 祐定
http://www.choshuya.co.jp/sale/sword/0911_t/hirosuke/hirosuke.htm 広助
http://www.ginzaseikodo.com/tantomorimitsu.html 盛光(高い!)
http://www.tsuruginoya.com/mn1_3/f00062.html 祐光(拵も良い)

が出来素晴らしかったですね。本筋なら盛光・祐光、異形出来でも
よいなら祐定もいいですね。ただ値段は120ぐらいといったところかな。
広助、盛光はあと50は下げなきゃ相場と合っていない。

204 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/30(火) 06:39:45 ID:l5gzRQka
>>201
http://ameblo.jp/yamazakibakufu/theme-10014888656.html
お墓も残っているんですね。

205 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/30(火) 08:21:47 ID:HGBM3aBL
>>203
区送りだけど葵の清光はどうだった
出来よかったですか

206 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/30(火) 09:50:56 ID:l5gzRQka
刀身の半分ぐらいが心鉄出ていました。

207 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/30(火) 09:59:39 ID:HGBM3aBL
ありゃりゃ、残念
情報ありがとう



208 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2010/04/01(木) 00:43:13 ID:eiHpZIZm ?2BP(3200)
>>203
>祐光(拵も良い)

現物見たけど、非常に素晴らしい御刀でした。
金具もうっとりの素晴らしいもので。

209 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/01(木) 21:36:56 ID:jju+eOCp
家康公から安藤直次に長年の軍功に対して下賜された
「備前友成 弓張月」の太刀は現存しているんでしょうか
知っていたら教えてください。拵えは現存しています。

210 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/20(火) 21:14:23 ID:PhO1kw/i
兼定と之定の刀upされたけど残念な出来だな
期待したんだけど

211 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/23(金) 00:27:40 ID:4nuEUiEc
>>208
おお剣さんも見られましたか。
すでに売約済みだったんですが見せてもらって欲しくなりました。
剣さんも良いと書いてるのを見て自分の眼もほんの少し上がったかなと
安心しました。

212 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/09(日) 04:31:13 ID:QLfdAbh2
古刀備前伝って丁子より圧倒的に小互目乱れがおおいですよね。
現代、備前伝っていえば皆、派手な丁子。
あれは一部の一文字伝ですね。

213 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/09(日) 08:43:03 ID:llsm/mgm
福岡一文字派大好き

214 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/09(日) 16:20:22 ID:Pl8+XQgA
靖国神社の遊就館で、庖丁正宗の拵を見た。
幅が10センチぐらいある短刀拵で、柄もすごく持ちにくそうだった。
セオリー通りの拵で、細工も見事ではあるのだが、なんだかギャグっぽく見えてしまった。

215 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/13(木) 06:55:32 ID:cklJMQMT
>>214
もともとギャグなんだから、包丁正宗って。


216 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/16(日) 00:47:08 ID:yOpV3oYX
>>215
いや待てよ、刀としてはギャグとしか考えられないが(実用性ゼロ)、包丁として作ったんじゃないのかな。
当時の包丁はこんな形だったらしいし。
四条司家とか一流包丁人用として作ったんではなかろうか。

217 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/16(日) 14:15:42 ID:1JLj2McJ
>>216
包丁正宗は包丁として作られたと誰かが言ってたなぁ。
其の方が説得力がある。短刀としては非実用的な造り込みだからねー
そうだとすれば、あんなのを国宝に指定するのはどうなんだろうね。


218 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/18(火) 23:38:17 ID:oIfJmvPD
>>217
いいんじゃない。
人殺し用の刀が国宝になれるんだったら、料理用の包丁ならおおいばりだろう。

219 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/20(木) 23:51:12 ID:zahFUcgJ
http://www.nona.dti.ne.jp/~sword/katana/yasumitsu.html
これって本当に傑作白眉ですかね?
肌が起きすぎて大肌まるみえで地景というより
汚いかねに見えるんですが。。。

220 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/21(金) 00:11:20 ID:0SEH7LA4
応永備前は肌が”ギラ”つく傾向があるのです。
もちろん、研師の技術である程度その肌を抑えることもできますが、
非常に難しい。

上手な研師さんに研ぎ直してもらえれば、もっと良くなると思いますよ。

221 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/21(金) 01:25:32 ID:QNkDbVgM
>上手な研師さんに研ぎ直してもらえれば、もっと良くなると思いますよ。

さいてーー!

222 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/21(金) 08:05:58 ID:0SEH7LA4
結論

どんな刀工でも心鉄が出ていなくて美しい刀はよい。
高名な刀工でも心鉄が出ているとついそこを何度も見てしまい
気になりだして嫌になってくる所蔵者が多い。

刀剣歴三ヶ月ですかーー!

223 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/21(金) 09:07:15 ID:vGshzXTg
アンコと埋金を見間違えないように

224 :(・〇・):2010/05/25(火) 18:52:54 ID:4f+/2U+l
>迷いはある意味、危険の直感です
>止めたほうがいい

すばらしい!

225 :(・〇・):2010/05/25(火) 19:07:50 ID:4f+/2U+l
それと正秀と古刀を茎を隠して見せられたら区別が付かないのですが、
なにか見方があるのんでしょうか?

226 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/26(水) 10:28:46 ID:Ou0DNFU/
>>210
之定売れたね。やっぱり銘だけでも売れるんだな。

227 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/31(月) 19:32:29 ID:6gMKXSQL
無銘だっていい物はある。
銘で価値が上下してしまうのはなんか納得いかないと思うのは俺だけか?

228 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/01(火) 01:41:17 ID:LXHoNBKu
>>227
正宗、貞宗、郷は無銘でも高いよwまあこの三本は別だけど・・・
無銘の値段が下がっているといわれる現在でも本当に良い無銘の刀は高い。
少し前に刀屋で見せてもらった無銘、鎌倉中期の名刀は同時代の在銘重要の
最上作よりも高いんじゃないかと思う値段が付けられていたけど
すでに買い手が決まったあとだった。
刀屋は「無銘が安くなったと騒がれていますが無銘でも本当に良い刀は
安くならないんですよ」と言っていた。


229 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/01(火) 17:58:48 ID:x0xDAwNS
>>228
レスthx。確かにそうだな。
去年の暮れに俺が刀買った時も他の無銘で予算の倍以上する物があったっけか。
確かに、物はかなり良かった。一目でマジ欲しいと思う位に。ローンの組み方を数分考えたよ。

230 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/01(火) 18:57:02 ID:LXHoNBKu
>>229
戦前は無銘でも今の相場から考えると相当高い刀があったんだよね。
無銘でも健全で出来の良い刀は同時代の在銘最上作の倍くらいの
値段が付いたものがあった。ちなみに明治時代に記録的な高値が
付いた刀は無銘の光忠で現在国宝。


231 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/02(水) 19:12:27 ID:m0pjKzlP
>>230
国宝か、そりゃたいしたもんだ。是非一度拝んでみたいなあ。
結論として、銘に関わらず出来が良ければ値は高い。か…ま、当然だな。
…然し出来の良さか。ネットなんかの写真だとやっぱり現品負けすると思う。現品確認が一番だよなあ。
こっちは田舎だから骨董屋なんて片手で数えて釣りがくる位しかない。関東方面なんかへ時々行ける程度か。

232 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/02(水) 20:03:16 ID:CV4rfpLe
>>231
>国宝か、そりゃたいしたもんだ。是非一度拝んでみたいなあ。

>>230に書いた光忠は俺も見たことない。
押し型でなら見たけど立派な名刀だと感じたよ。
ただ今村長賀は光忠ではないと鑑定したみたいだけど。

>ネットなんかの写真だとやっぱり現品負けすると思う。現品確認が一番だよなあ。

やっぱり本物見ないとね。

>関東方面なんかへ時々行ける程度か。

俺東京に住んでいるけど刀を見るのならやっぱり東京が便利だよ。
博物館や日刀保の鑑定会にも行きやすいし刀屋もたくさんある。
一度何も買ってない刀屋で特重、重美数本、合計1億円以上の刀を
手にとって見せてもらったことがある。





233 :家電.com家電.com:2010/06/02(水) 20:24:27 ID:XzUuztoe
家電.com
HP
http://Kadencom.chochouo.com


234 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/02(水) 21:26:41 ID:ywoCTslb
たたら製鉄は3〜4世紀ころ,朝鮮半島から製鉄職人の一団が日本にやってきたといわれています。
この製鉄法には沢山の樹木が必要で,粗鋼1トンつくるのに,ひと山(あいまいな表現ですが,
その位の量が必要とのこと)の木が必要です。朝鮮半島は寒冷な気候なので,一度木を採り尽くすとなかなか樹林が再生しません。
その点,温帯モンスーンの日本は鉄生産に向いていたと思われます。しかも,中国山地には良質の砂鉄がとれます。
島根県や広島県にはたたら製鉄の設備を復元したものがあって,いまでも日本刀づくりを儀式的に行っています。
私もその設備を見たことがありますが,ソウルの歴史民族資料館にも古代の製鉄の設備が「復元」展示されておりまして,全く日本のそれと同一でした。

どうにもしんじられません


235 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/02(水) 21:36:15 ID:TEXlTY8q
>>232
そうなんだよ。東京在住の人が羨ましいったらないよ。
博物館やら刀屋(骨董含む)が豊富だしね。あと神田の古書店街も好き。
光忠の押し型か…それでも見てみたいなあ。
現品確認の話だけど俺の刀はそれで買ったよ。…店に着くまでが大変だったが。
然し合計1億以上の刀を見た、か…正に至福のひと時だったろうね。
俺が東京に滞在するなんて祖父母の家に行く時程度だな。
やや端の千葉寄りの所なんだけどそれでも交通の便が便利って思う。
…お盆休みに合せて都内の博物館&刀屋巡りのマップでも作ってみようかな。

236 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/02(水) 23:32:43 ID:CV4rfpLe
>>235
神田は近いけど古書店街は行ったこと無いな・・・

>光忠の押し型か…それでも見てみたいなあ。

光忠は重美だったか特重の太刀なら現物見たことがあるけど良かったよ。
長光より華やかで良く冴えている。

>お盆休みに合せて都内の博物館&刀屋巡りのマップでも作ってみようかな。

名前は書かないけど接客の悪い刀屋もいるよ。
高遠堂、真玄堂、刀剣柴田、日本刀柴田とかは良かった。しかも
このうちの2店はこっちが予算を言った後に買えないと分かっている
名刀を金庫から出してきてくれてじっくりと観賞させてくれたよ。
あと俺は行ったこと無いんだけど刃物板の書き込みやブログなんかで
見る限り服部美術も感じの良い店らしい。





237 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/03(木) 06:12:20 ID:FLsQzt00
>>236
情報thx。太刀ってあまり現品見た事ないんだよね…
知識としては大体どんな物か知ってるけど現品はやっぱり内刀と違う重厚感があるよね。
接客の情報thx。よーしコレを元にマップでも作ってみようかね。

238 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/03(木) 18:40:20 ID:c+G/Fw2U
>>237
上に書いた四店舗は山手線の駅から徒歩15分以内でいけるよ。
日本刀柴田は店舗が表に出ていなくてマンションの中に入っているから
分かりにくいけど・・・

>知識としては大体どんな物か知ってるけど現品はやっぱり内刀と違う重厚感があるよね。

東京の刀剣店をまわれば手にとって見せてもらえる機会があると思う。
あと東京国立博物館か代々木の刀剣博物館にはいつも名刀が展示してあるから
行ったほうが良いよ。刀剣博物館は駅からちょっと遠いけど途中に
日本刀柴田があるし近くに葵美術もある。


239 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/03(木) 20:51:21 ID:B/WIQQKd
>>234
朝鮮青磁という物があってだな、コレは確かに名品揃い。
だが、件の通り木を切りすぎて土石流>全滅で技術が残ってない。
これを再現するのに未だに苦労してるくらい。

そういえば、備前長船も戦国期に同じ理由で全滅してなかったっけ?
一部が関に渡ったとか。

240 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/04(金) 18:10:38 ID:hkChS3wy
>>238
おお、更に詳しい情報thx。休日を利用して必ず行ってみる。今から楽しみだ。
…都内はやっぱ便利だな。地元とは比較にならない程に。
地元の骨董屋、接客態度悪いのが一店あってね…一見さんお断り?みたいな感じで
話もロクに聞いてもらえなかった上に重要があるとか言って現品を見せてもくれなかった。
前述した都内の店とは大違いだよ。そこは好きなだけご自由に、みたいな感じだった。

241 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/05(土) 01:07:37 ID:oKIA8Bvy
>>240
>休日を利用して必ず行ってみる。今から楽しみだ。

土日休みの刀屋が多いから平日に行ったほうが良いよ。
確か刀剣博物館とその近くの葵は月曜休み。

>…都内はやっぱ便利だな。地元とは比較にならない程に。

都内は免許無くても何の不便も無いからね。

>地元の骨董屋、接客態度悪いのが一店あってね…一見さんお断り?みたいな感じで
>話もロクに聞いてもらえなかった上に重要があるとか言って現品を見せてもくれなかった。

上のほうにも書いたけどこういう店は都内にもある。
でも別格に出来の良い刀を扱っていると言うわけではなかったから
いく必要は無いと思うよ。
あとこれから刀を買うのなら健全な古刀の短刀が良いのかなと思う。
全体的に値下がりはしているけど刀、太刀に比べて古刀の
よい短刀はあまり値下がりしていない気がする。
>>228に書いたように無銘でも値下がりしていなくて在銘よりも
高いんじゃないかと思う刀があるけど本当に少ないね・・・
>>228に書いた刀は一目見ただけど1発で特重に合格すると分かるような
刀だったし無銘という点を除けば以前見た同工の在銘重文よりも
良いと思えた。ただ上記の在銘重文よりは確実に制作年代が若かったけど。



242 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/05(土) 17:51:02 ID:J+J0rYp5
>>241
色々教えて貰ってありがとう。
休館日と休店日には注意しておくよ。

>これから刀を買うのなら健全な古刀の短刀が良いのかなと思う。
一応、古刀の短刀は一振り買ってあるんだ。無銘の法華派の作なんだけど。
室町時代の作で表に倶利伽羅、裏は梵字に独鈷付剣って装飾がある物。
一目見てなんとなくヒヤッときて買ってしまった…ついでに普通の刀の法華と一緒に。
俺が死ぬまでの付き合いになると思う。まあ、遺言書く暇があったら刀と一緒に埋葬しろと書くけど。
ところで最近、居合いに使えるような深反りの太刀が欲しくてねえ…自分の物欲に厭きれてしまうよ。

243 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/06(日) 01:24:13 ID:edcypS/N
>>242
>一応、古刀の短刀は一振り買ってあるんだ。無銘の法華派の作なんだけど。

法華ってあまり見る機会が無かったな〜
確か無銘重要なら記憶があるけどあまり憶えていない・・・

>一目見てなんとなくヒヤッときて買ってしまった…

自分にもそういう刀はあったよ。見た瞬間、良いなと思い
次に見たときも良いと思った。位列の高い刀工の作ではなかったけど
その刀工の生涯の傑作と呼べるもので出来だけなら並の出来の
最上作を凌駕していたね。かなり悩んで結局買わなかったけど・・・

>俺が死ぬまでの付き合いになると思う。まあ、遺言書く暇があったら刀と一緒に埋葬しろと書くけど。

墓まで持っていくのには反対。もう作れない刀なんだから信頼できる人に
譲って自分の子供や孫の代の人間に伝えるべきだと思う。

>ところで最近、居合いに使えるような深反りの太刀が欲しくてねえ…

平安〜鎌倉の太刀のような反り方をしていると居合には使いにくいと思うよ。
あれは差すんじゃなくて佩くものだから。
そして太刀となると室町に入ってからのものでも出来が良いと今の相場でも
かなり高くなってしまうんだよね・・・


244 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/06(日) 02:28:25 ID:dK1+p5dI
>>243
法華で無銘重要ってあったんだ…知らなかった。
なんか地味で冴えないって感じが頭から離れなくてね…

見た瞬間に良いなって思って、時間を置いて見てもやっぱり良いなって思える物ってあるよね。
法華以外の無銘で一振りあったけど、肌、刃紋、切先、樋の入り方どれを採っても見事な一品だったよ。

墓まで持ってくのは反対か。確かに、新刀以降は端的に言って古刀の再現みたいなものだからねえ。
現代では材料の流通から技術に至るまで色々変わっているからなかなか難しいようだけど。
その刀、刀身を静かに見てると自分の心が映っているように見えてね…
澄んでいる/濁っている、迷い等が見えてるようで、なんか禅問答してるような気がしてくるんだよ。
それが手放したくない理由。超私的でごめん。

やっぱり平安〜鎌倉期はちょっと使いにくいか。あの頃の作は好みなんだけどねえ。
まあ室町でも太刀である以上、相場は結構高価か…仕方ないかもしれんね。薄給の身にはなかなか厳しいな。

245 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/07(月) 01:38:00 ID:obLHFbIT
>>244
>法華で無銘重要ってあったんだ…知らなかった。

あるよ。確かに古備前や長船、相州上工と比べると地味だし
冴えて(地刃も含めて)いないと思う。

>法華以外の無銘で一振りあったけど、肌、刃紋、切先、樋の入り方どれを採っても見事な一品だったよ。

そういう刀は無銘でも良いと思う。正宗や貞宗を除くと無銘は重大な
欠点となるわけだから他の部分が優れていないとほしいと言う気にはならないね。
以前、志津の無銘重要で良い刀を見たけど残念ながら寸法が2尺1寸ちょいで
樋も後樋で彫り方も下手だった・・・あれが2尺3寸あり樋も良ければ
特重になったかもしれない。

>その刀、刀身を静かに見てると自分の心が映っているように見えてね…
>澄んでいる/濁っている、迷い等が見えてるようで、なんか禅問答してるような気がしてくるんだよ。

福永氏が似たようなことを言っていたはず。刀は自分の心を写すとか何とか。
縁があって自分のところに来たわけだから大切にしないとね。
自分は死んでもまだその刀の一生は終わっていないわけだから
自分が死んだからと言って刀の一生を終わらせるのは良くないと思う。

>やっぱり平安〜鎌倉期はちょっと使いにくいか。あの頃の作は好みなんだけどねえ。

俺も平安〜鎌倉期の備前刀が好き。でも高い。
無銘大磨上げでも本当に良い刀だと今の相場で1000万超えるからね。
在銘ならその倍。特に健全でよいものだと特重、重美でも重文が買える
値段になることもある。
そう考えるとやっぱり魅力的と感じるのは応永以降の片手打ちや脇差だね。
非常に出来の良いものが案外安く買える。



246 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/07(月) 05:06:18 ID:5yx6RoRN
>>245
>福永氏が似たような事を言っていたはず。刀は自分の心を写すとか何とか。

あ、そうなんだ。自分と同じ様な事考える人もいるんだなあ…。
縁があって自分の所に来たのかどうかは正直、判らない。
ただ、短刀の方は写真を見た時に強く惹かれるものはあったっけ。
で、現品を一目見てヒヤッときたと。感覚的なものだから論理的に説明できないけど。
…でなきゃ貴重な休日にン時間も掛けて東京まで行ったりしないよ。道に迷ってホントに疲れたし。

>自分は死んでもまだその刀の一生は終わっていないわけだから
自分が死んだからと言って刀の一生を終わらせるのは良くないと思う。

……なるほどね、そういう考え方もあるわけか。確かに一理ある。胸に留めておくよ。

>無銘大磨上げでも本当に良い刀だと今の相場で1000万超えるからね。
在銘ならその倍。特に健全でよい物だと特重、重美でも重文が買える値段になる事もある。

うわー…相変わらずそうなんだ。数年前とさして変わらんなあ。
でも脇差か…うーん、あまり気が進まないなあ……長さが…長さが足りない。
然し出来の良い物がお値打ち価格で手に入るのも確かだし……悩み所だ。

247 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/07(月) 21:20:43 ID:IY71tLcb
脇差で抜刀二刀流なんてカッコイイと思うけど。

248 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/08(火) 10:14:09 ID:M4pWnNKn
>>247
うーん…どうせ二刀流するならもうちょっと刀身に身幅と重ねが欲しいんだよね。
接近して打ち合う訳だから結構荒っぽい使い方が予想される。頑丈さが欲しい。
例えるなら何かアレだけど干将・漠耶みたいな物が好ましい。形状的にね。
あ、別に剣鉈が欲しいって訳じゃないよ?あくまで大雑把に形的にだから。

249 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/08(火) 19:15:13 ID:vkJqoJMR
鬼塚の孤島があればいいわけやね

250 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/09(水) 10:01:24 ID:RsLB6nVG
>>249
…それは鬼塚吉国の事??確かにあれは強度も良く考えられてると思うけど。

251 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/10(木) 01:53:33 ID:RFZet1tl
>>246
>縁があって自分の所に来たのかどうかは正直、判らない。
>ただ、短刀の方は写真を見た時に強く惹かれるものはあったっけ。

やっぱり縁があったんだと思うよ。
数百年前に作られた刀が色々な持ち主を経て自分の元に来たんだから。

>うわー…相変わらずそうなんだ。数年前とさして変わらんなあ。

俺が書いたのは一目見ただけで特重以上と分かる刀だからね。
前に見た無銘なのに1000万円台半ばだった刀は寸法もかなりあって
尚且つ刀身の出来が重文並かそれ以上だった。
しかも出来が同工の国宝指定品とそっくり。

>でも脇差か…うーん、あまり気が進まないなあ……長さが…長さが足りない。
>然し出来の良い物がお値打ち価格で手に入るのも確かだし……悩み所だ。

脇差も良いと思うよ。最近は平造りの脇差や短刀が人気だし。
無銘でも良いというのなら刀の寸法でもかなり選択肢は増えるね。
一部の名店以外だと特重、重美でかなり良いと思える刀を
1000万円以下で出している。
ただ在銘のうぶで健全な太刀となるとどこで買っても軽く1000万は
超えると思う。


252 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/10(木) 20:03:55 ID:EDR0IFTV
>>251
縁…そうなのかな…
本当に数百年前に作られた物かは半信半疑って部分はある。
それなりにくたびれてる部分もあるけど自分の思い違いって線も否定はできない。
日刀保の証明書だって100%当てになるとは思ってないし。

別に刀の銘は問わない。銘なんて邪魔、無銘であれば尚良しと思ってる位。
そういう所では寸法の選択肢も購入費用も幅広くてお得だなとは思う。
…ただやっぱり太刀に憧れるんだよなあ。深反りの逸品に。

253 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/12(土) 02:23:07 ID:Hn6DR6lQ
>>252
>本当に数百年前に作られた物かは半信半疑って部分はある。
>それなりにくたびれてる部分もあるけど自分の思い違いって線も否定はできない。

新々刀、現代刀ではないと思うよ。新刀初期のものは磨上げれば古刀に
化けるものがあるけど新々刀以降は化けにくいと思う。
堀井俊秀の刀ですら入札鑑定に出すと古刀という人はいないみたいだから。
でも現代刀工の刀が磨上げられて千手院で重要になったとか
言う話があるけど本当かどうかは分からない・・・

>別に刀の銘は問わない。銘なんて邪魔、無銘であれば尚良しと思ってる位。

俺の場合は刀が別格の出来なら無銘でも問題は無いと思っているけど
やっぱり在銘が良いな〜

>…ただやっぱり太刀に憧れるんだよなあ。深反りの逸品に。

となると無銘うぶ茎の太刀になるね。在銘よりは確実に安いけど
非常に数が少ない・・・押し型とかでなら無銘うぶ茎の名品は見るけど
刀屋で見たことは一度もないよ。無銘でもうぶ茎で健全な
古備前なんかがもてたら最高だね。



254 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/12(土) 07:23:45 ID:t1X4hoY4
>>253
>新々刀、現代刀ではないと思うよ。
うん、それは俺も同感。何て言うか…匂い?みたいな感覚で近年の作ではないと思う。
材質と構成がこう…うーん、説明しづらいなあ。
…どうでもいいけど、柄と一体型のハバキにしてくれた前の持主しをどついてやりたい。
刃の側が割れかけててねえ……全体を新調するのにいくら掛かるんだろ。

>となると無銘うぶ茎の太刀になるね。在銘よりは確実に安いけど
非常に数が少ない…押し型とかでなら無銘うぶ茎の名品は見るけど刀屋で見た事は一度もない。

…あちゃー、やっぱりか。地道に探すしかないようだねえ。
それとも妥協して知名度の低い刀工の作を探すかなあ。…どちらにしろ難関だねえ。

255 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/12(土) 17:35:20 ID:Hn6DR6lQ
>>254
>全体を新調するのにいくら掛かるんだろ。

短刀ならハバキを金無垢や金着せにしない限り7〜8万で新調できるよ。

>…あちゃー、やっぱりか。地道に探すしかないようだねえ。
>それとも妥協して知名度の低い刀工の作を探すかなあ。…どちらにしろ難関だねえ。

数年前のことだから忘れてたけど無銘うぶ茎の長光と一文字が
売りに出ていたのなら知っている。現物は見ていないけど
一文字のほうは特重に昇格可能な刀だったみたい。
長光については詳しく聞いていないけど健全だといっていたから
これも特重候補かすでに昇格している刀だと思う。
値段を聞いたけどその頃で一文字が1000万と記憶しているから
今の相場だと数百万だと思う。しかもその業者が高値で売ると評判の
ところだったから今、安めで出しているところだったらその頃より
かなり安く買えるはずだよ。
あと無銘買うのなら妥協はダメだと思う。無銘なんだからとにかく刀の
出来と健全さを求めないと。自分なら在銘のかなり疲れた刀と同額以上の
お金を出してもいいから本当に良い無銘を買うね。



256 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/13(日) 01:36:39 ID:7/HZi7Dd
>>255
>短刀ならハバキを金無垢や金着せにしない限り7〜8万で新調できるよ。

あ、そんなもん?実は内刀の方も鞘とハバキが結構キテるんだ。
それとほぼ同額かな。……年内になんとか新調したいなあ。

>無銘買うのなら妥協はダメだと思う。
>無銘なんだからとにかく刀の出来と健全さを求めないと。

もちろん出来と健全さは妥協しないよ。その上で在銘か無銘かを選ぶ…安い方をね。
……でもやっぱ難関だわ。

257 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/14(月) 02:16:21 ID:/nXJiidN
>>256
>あ、そんなもん?実は内刀の方も鞘とハバキが結構キテるんだ。
>それとほぼ同額かな。……年内になんとか新調したいなあ。

刀はもう少しかかるよ。白鞘も長い分、高くなるからね。

>もちろん出来と健全さは妥協しないよ。その上で在銘か無銘かを選ぶ…安い方をね。
>……でもやっぱ難関だわ。

応永以降の無銘ならどんな傑作でも古備前や一文字に比べれば
かなり安くなるはずだけどうぶ茎、無銘の傑作は見たことないな。
探せばあるんだろうけど・・・


258 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/17(木) 15:11:03 ID:ZG3VFtAl

ハバキとか古いほうがいいよ。刀屋にだまされちゃだめだよ。
良いハバキがみんな銀無垢のハバキになってる。

> 257

末備前でも健全で在銘、うぶなかごの刀は高いよ。
今年も一振り買う予定だよ、意外な刀屋が持ってたりするよ。
問い合わせてみるといいよ。



259 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/17(木) 17:21:23 ID:geMVOjhC
なんで銀無垢ハバキがあんなに流行ってるんだろうね?
別に素銅でいいと思うんだけど。

260 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/17(木) 17:48:13 ID:jCPwyIhA
素銅は手間のわりに儲けが少なくて生活が大変だとか
銀無垢は柔らかいし加工しやすいし、適度なやわらかさが衝撃にいいとかなんとか
素銅なら金着せにして欲しいということだわさ

金のほのかなやわらかさがこれまたいいとかなんとか、見た目いいだわさ
金は魔よけ
銅は見た目がいまいちだし、緑青さんとか、銀のほうが抗菌作用もあって衛生的だわさ

色々考察あるけど、普通は銀でいいんじゃねという結果におさまっていくだわさ
俺は金着せがすっきやねん



261 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/17(木) 19:26:44 ID:scp6QoOO
銀着せならまだしも人件費ケチってるのか銀価格が安いのか?

262 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/17(木) 19:38:58 ID:jCPwyIhA
銀価格は金、プラチナと同様値上がり中

263 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/17(木) 19:53:59 ID:jCPwyIhA
まああれだ
銅だけだと、見た目もあれだし、それで値段が高いと色々けちつける
奴いるし、工作の手間とか考えると割りにあわないようだ
緑青の問題とかあるし、金着せたり、ハバキのかかりも気持ちいいとか
ある感じ〜とかで金きせたほうが見栄えとか、込んだ作り応えしたりとかあったりするみたい
結構無責任で詳しくは知らないけど。

銀は加工しやすいし、値段上がっているとはいえ、そんなに高いものではない



264 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/17(木) 20:17:36 ID:otPCV07a
眺めてるだけならハバキに銀はいい素材だよ
竹やら切るのでぶん回す人はやわい銀より銅ハバキのがいいよ

265 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/17(木) 20:29:24 ID:geMVOjhC
やっぱり銅ハバキは人気がないのか
素朴な感じがして好きなんだけどなあ…

266 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/18(金) 08:36:19 ID:Ixmkwtbi
>>257
色々情報thx
…まあ、鞘は年内に何とか新調してみるよ
新しい刀は……気長に探すかねえ
>>265
その気持ち解る
金はなんか色合い的に暑苦しい感じがするし、銀はちょっと派手に見える
>>264の言うようにただ眺めてるだけなら銀でもいいんだろうけど…
…でもシンプルにいくなら地味だけど銅がいいんじゃないかと思う

267 :298:2010/06/19(土) 00:12:18 ID:FvGLhoRM
昔の素銅ハバキっていい色してるよね…
無理を承知で探してるけど、合うのがなかなか見つからない
今出来のもんだと10円玉色だしね

268 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/19(土) 00:13:17 ID:FvGLhoRM
変な安価打ってしまった
失礼!

269 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/19(土) 03:17:50 ID:NW+LQxyj
>>267
298での発言に期待する

270 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/21(月) 03:17:50 ID:CSmXvDrK
http://www.geocities.jp/wbcjp/sukemitsu.htm

欲しい・・・・

271 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/22(火) 00:02:30 ID:2munjiiJ
>>

272 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/22(火) 00:04:09 ID:2munjiiJ
>>270
つるぎで180万円
買い逃した
これは素晴らしい出来だった

273 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/22(火) 00:59:46 ID:vohq1ha4
361 :名前なカッター(ノ∀`)[]:2008/10/30(木) 10:03:42 ID:v7AJpbx0
今思い出したけど日本刀関連のスレで急に勝徳の話題が出たときに
中島のホームページに勝徳の画像と説明があった。
そして誰かがそれを貼り
「この勝徳は○○で見た重要の勝徳より出来が良い。
400万で交渉したけど断られた」
という内容の書き込みがあった。今考えれば中島が自分の持っている
刀を高く売ろうと自演していたんだな。
結局その勝徳は葵○術で200万で販売されていた。
200万ですぐに買い手がつかなかったからそれほど良いものではなかったはず。
362 :名前なカッター(ノ∀`)[]:2008/10/30(木) 12:39:14 ID:z/i2+rmg
自分の所有する刀剣を高く売るために掲示板で自作自演をする。
そして初心者が現れると『ここに相談して見たら?』
と『刀剣と歴史』のサイトに誘導。
そこで刀剣店に顔が利くから安く買えると自分の刀剣をあたかも
安いかのように紹介。実際は刀剣店より高い値段で販売する
立派な詐欺師。
中島はそういう人間。


会長、また自演ですかw


274 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/22(火) 02:30:09 ID:2munjiiJ
意味不明ですが刀剣店で180万円でしたよ

275 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/22(火) 02:38:25 ID:r48KCHFU
>>273
自分が中島ですって言っているようなものだなw




276 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/22(火) 15:26:10 ID:1gctt3ew
勝村徳勝 勝徳ていう?

277 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/22(火) 19:38:49 ID:njMAa6Ie
>>270
ttp://sinogi.dee.cc/katarogu/1707/sukemitu-w35162/w-35162.htm

278 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/22(火) 19:41:11 ID:njMAa6Ie
ゴザひいてある
ttp://www.bidders.co.jp/aitem/136967430

279 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/22(火) 21:10:57 ID:r48KCHFU
>>277
確かしのぎって中島と繋がりのある店だったな。この脇差しも中島が
関係している刀だったりしてw



280 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/24(木) 00:24:05 ID:zSst865c
最近、葵は名品多いな。
体力あるんだね。

281 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/24(木) 01:31:06 ID:TR4m/q05
>>280
こんなペンキの垂れた支那製太刀掛けのプライスが6万だもんね
http://www.aoi-art.com/fittings/other/F08170j.html

282 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/24(木) 01:34:21 ID:45dScD5G
>>280
葵の名品ってほぼ全て委託だから体力とかは関係ない。
刀剣業界が今みたいな状態でも葵以上の刀を委託ではなく買い取って
置いている店もあるわけだから葵はそこまで金のある店ではないと思う。



283 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/24(木) 01:50:06 ID:zSst865c
昔は委託品は委託って出てなかった??

284 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/24(木) 02:17:23 ID:45dScD5G
>>281
葵って一時期、ビッダーズで偽物を偽物と表記せず売っていたこともあったよね。
店でも安めで売っているのは評価したいけどイメージは良くないな…

>>283
今も上の方に書いてあるよ。


285 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/30(水) 02:42:25 ID:vDyaR6UL
http://seiyudo.com/KA-010606.htm

古刀かいな???

286 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/30(水) 22:16:24 ID:sJqe/x0r
素人のおれには現代刀に見える

287 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/01(木) 02:07:06 ID:96nr7f8/
信頼のブランド・現代(ヒュンダイ)

288 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/06(火) 05:08:39 ID:DfogqYI3
>>270
亀で悪いが本当にいいな、これ
研ぎが特に恐ろしく上手

289 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/06(火) 13:27:59 ID:zKiZVFpU
>>288
撮影者のウデもあるとおもう

290 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/08(木) 00:39:10 ID:OJ81DeUQ
>>289
でもこれ葵や真鍋さん所で撮ったらもっとよく写ると思う。
今のは照度高すぎかな。
地鉄の勉強用にはよいが。

291 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/08(木) 23:12:54 ID:9ilQRFwB
あなたの日本刀は新品で買いましたか?もしも違うのなら想像してみてください。
日本刀のグリップを握っていた幾人もの殺人者たちのことを。
人間の体に挿れられ、大腸や小腸をぐりぐりしていた。
時には妊婦を切った。そうは思いませんか?
あなたが握った刀の柄は他の殺戮者に掴まれていた汚れた繊維。
その日本刀で犯罪(現代では)おかした犯人たちのことを考えると胸が熱くなりませんか?興奮しませんか?

あなたの刀は、あなたと出会った時に既に中古品でした。
これは、あなたの刀の鞘をちみどろにした男のみならず、
あなたが刀に出会う前に人を切った男だちのすべてが
あなたが、あなたの刀を初めて拭いた時よりも良い状態の切れ味、感触を堪能していたのです。
あなたと出会う前より新しかった時の状態の良い波紋で他のサムライたちがふいていたのです。
あなたは、その何人もの人をころされ、被害者たちの汗や血を刀身に付着させられ、
しかも劣化が既に進行してしまっていた中古に本当を愛刀にしたのです。
ひょっとしたら、再刃も経験しているかもしれません。
あなたの刀は、まともな居合いが出来ない刀なのかもしれないのです。
あなたは、一人の愛刀家として、悔しくありませんか?
日常の伴侶である刀が中古刀であった事を。
悔しさで胸が張り裂けそうになりませんか?

あなたは、それでも、今の刀で堪能できますか?

292 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/09(金) 00:16:31 ID:7sfCiBvw
>>288>>290
中島さんご本人ですか?

293 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/09(金) 00:40:38 ID:AOy5TxZ+
>>たしかに葵は店の中・・・
にしては画像は綺麗ですね。

294 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/09(金) 00:43:08 ID:AOy5TxZ+
>>290
のことね。

295 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/17(土) 18:33:36 ID:hwntw3GX
古刀は折れないと言う話を聞きましたが本当でしょうか?

296 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/17(土) 18:42:24 ID:SIurOfgg
>>295
90式戦車で踏んでも、対物ライフルで撃っても、素人が雑に扱っても簡単に折れるよ

297 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/17(土) 22:25:40 ID:Ree7WyeO
> 295
工事業者が錆刀をグチャグチャに曲げたのを研ぎなおしてた。
刀は長光で地文も刃文もボロボロだったけどね。折れてなかった。
人を切った刀も物打下3寸位のところで曲がってるね。形を直して
研ぎなおすのでアンコが出ちゃう。


298 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/19(月) 19:55:31 ID:8mCKeRPU
昔の刀と比べ、比較にならない程綺麗です。自分の為にのみある刀で家宝にする刀です。
出所不明の事件現場に残る安売刃物を考えてみて下さい。家宝にはなりません。
子供の守り刀として、短刀など昔の刀を買ってはいけないのも納得の行く事です。
古物商が扱う刀と現代刀を比べれば、同価格の現代刀ははるかに良い刀です。
昔の刀が600万とすれば、同じ質の現代刀は、200万前後で買えます。
昔の刀を騙されて買い続け、マニアをやめた人を何人も知っています。100万前後の刀は、 ほとんどが疑問です。由来も鑑定書も無意味です。
本物は研ぎだけで40万はしますから、どんな刀なのか考えてみて下さい。
昔の通人の多くは、古物商をやり負かして買うのが 粋でした。落語等にこうした話 はいくらでもあります。従って騙されるのは当たり前、
やられる方がヘボでした。
有望視されている刀匠の、比較的求めやすい刀を買い、刀匠の成長を共に楽しむという方も  いらっしゃいます。なかなか粋な方だと思います。
国宝刀を扱う研ぎ師によれば、現代刀の最高ランクの刀匠は、刀が最も隆盛を極めた  新刀時代の最高峰に匹敵すると言います。
.昔の鋼が良いと言う話をよく聞きます。それは国宝級の刀の写しを研究する時に、刀匠が気  にするレベルのもので、
今の玉鋼は昔の玉鋼に優るとも劣らない質の良いものが作られてい  ます。

299 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/23(金) 20:35:07 ID:nkehMLI/
あなたの日本刀は新品で買いましたか?もしも違うのなら想像してみてください。
日本刀のグリップを握っていた幾人もの殺人者たちのことを。
人間の体に挿れられ、大腸や小腸をぐりぐりしていた。
時には妊婦を切った。そうは思いませんか?
あなたが握った刀の柄は他の殺戮者に掴まれていた汚れた繊維。
その日本刀で犯罪(現代では)おかした犯人たちのことを考えると胸が熱くなりませんか?興奮しませんか?

あなたの刀は、あなたと出会った時に既に中古品でした。
これは、あなたの刀の鞘をちみどろにした男のみならず、
あなたが刀に出会う前に人を切った男だちのすべてが
あなたが、あなたの刀を初めて拭いた時よりも良い状態の切れ味、感触を堪能していたのです。
あなたと出会う前より新しかった時の状態の良い波紋で他のサムライたちがふいていたのです。
あなたは、その何人もの人をころされ、被害者たちの汗や血を刀身に付着させられ、
しかも劣化が既に進行してしまっていた中古日本刀を愛刀にしたのです。
ひょっとしたら、再刃も経験しているかもしれません。
あなたの刀は、まともな居合いが出来ない刀なのかもしれないのです。
あなたは、一人の愛刀家として、悔しくありませんか?
日常の伴侶である刀が中古刀であった事を。
悔しさで胸が張り裂けそうになりませんか?

あなたは、それでも、今の刀で堪能できますか?

97 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)