5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新脱亜論

1 :〈(`・ω・`)〉φ ★:2008/10/06(月) 07:15:52 ID:???0
MSN産経正論
拓殖大学学長・渡辺利夫 「新脱亜論」で訴えたかったこと

 ≪歴史はすべて現代である≫
 日本の近現代史に関する資料は、現在では歴史学者の専有物ではない。書店にいけば
各社から発行されている歴史資料集がいくつも手に入る。歴史事典・辞書、人名辞典、年
表なども随分充実している。大手の新聞であれば創刊号から現在までの記事をDVDで読
むこともできる。

 日本の歴史、特に開国維新に始まり第二次大戦敗北にいたる近現代史については、こ
れを十分に理解しておかなければ現代そのものがわからないという思いはかねて強く、時
間をみつけては文献を漁(あさ)っていた。しかし購入した研究書のほとんどは、いまなお自
虐史観というのか東京裁判史観というのか、そういう立場から書かれたものがほとんどで
ある。冷戦崩壊から十数年、日本の国際環境はまったく変わってしまったのに、そんなこと
はまるでなかったかのような装いなのである。「歴史はすべて現代である」。歴史は今とい
う時点に立ち過去を振り返って今をよりよく生きる指針を得るための知的営為である。歴史
学を学ぶものの問題意識はつねに現代でなければならない。不変の歴史などあるはずも
ない。そう考えて専門家ならぬ私も、既存の日本近現代史の「権威」の著作から身を離して
、みずから原資料を読み込み日本の近現代史を「再編集」してみようと思いを定めて『新脱
亜論』(文春新書)を上梓(じょうし)した。本書に寄せた私の思いをまとめれば次の3つくら
いになる。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081006/plc0810060332001-n1.htm


2 :〈(`・ω・`)〉φ ★:2008/10/06(月) 07:16:15 ID:???0
 ≪日清・日露戦前夜に酷似≫
 1つは、現在の日本を取り巻く極東アジアの地政学的状況が、開国維新から日清・日露
戦役開戦前夜のそれと酷似しているという観点である。中国はもとより韓国、北朝鮮、そし
てロシアまでが日本に挑戦的外交をもってのぞんでいる。中国、韓国の反日政策はもはや
「構造化」されてしまったかにみえる。中国は核ミサイルの照準を日本に向けている。北朝
鮮はミサイルを完成し、これに搭載可能な核弾頭の開発に躍起である。照準は日本である
。拉致被害者の数は数百人に上る可能性がある。日本は竹島の不法実効支配という屈辱
を韓国から与えられている。

 にもかかわらず、日本政府は集団的自衛権行使についての旧来の解釈を変えようという
気概がない。インド洋での給油支援活動の継続すらあやしい。PKO(国連平和維持活動)
においてはG8(主要先進8カ国)だけでなく中国、韓国の後塵(こうじん)をも拝している。
現在の日本人の安全保障認識は、この厄介な国際環境に取り囲まれながら、いかにも安
穏なのである。ならば、開国維新から日清・日露戦役開戦前夜において日本の政治指導
者やオピニオンリーダーが当時の緊迫の国際環境をいかに認識し、この認識に立ってい
かに行動したのかを記して、これを目下の日本の外交のありように対するアンチテーゼとし
て突き付けてみたいと考えたのである。

 ≪友邦とすべき相手を選ぶ≫
 2つめは、こうである。往時においても現在においても日本が独力で自国の安全保障をま
っとうすることはできない。とすれば、日本はどういう国と手を組んだ時に成功し、どういう
国に関与した時に失敗したのかを近現代史の経験の中から学んでおかなければならない
。日本は誰を友としていた時に平穏を保ち、誰と付き合った時に辛酸を嘗(な)めさせられたか。

 事実を顧みれば、わが国は日英同盟や日米同盟、つまり英国や米国などアングロサクソ
ンの海洋覇権国家と結んでいた時代に幸福を手にし、中国やロシアといった大陸国家への
関与を深めた時が不幸な時代であった。どうしてそうなったか。そこが理解できれば、日本
の将来の安全保障の方向性に大きな示唆を得ることができるのではないか。

3 :〈(`・ω・`)〉φ ★:2008/10/06(月) 07:16:46 ID:???0
 3つめは、「ヒストリカルイフ」つまり歴史的な「もしも」にかかわる。日本が日清・日露戦役
に敗北していたらという「イフ」である。仮に日本がいずれかに敗れていたならばまずは清
国、次いでロシアの「属邦」に陥っていた蓋然(がいぜん)性はきわめて高い。



 現在の中国は南シナ海の制海権を握り、東シナ海の内海化を目論(もくろ)んでいる。



これに成功するならば、そして日本が集団的自衛権行使に踏み切れないのであれば、尖閣
諸島はもとより、台湾の保全も危うくなり、日本を含む極東の全体が中国の事実上の支配
下となる危険に晒(さら)されよう。
 国力と軍事力において圧倒的に劣勢であった日清・日露戦役時の日本が、それにもかか
わらず勝利したのは何ゆえか。指導者の徹底的に怜悧(れいり)な状況認識と果敢な戦略
にあったとみて間違いない。明治のリーダー達の戦略に学び、これを現代に生かす道を探
るという知的営為がいまほど必要な時期もあるまい。(わたなべ としお)

4 :Ψ:2008/10/06(月) 07:27:03 ID:4W7nFQR20
>わたなべ としお


親米ポチ乙wwww

5 :Ψ:2008/10/06(月) 10:04:45 ID:2w5s08br0
>>4
フィルター外して嫁
核配備出来ない以上、消去法で仕方なくアメ公とつるむしか無いってこったゾ

6 :Ψ:2008/10/06(月) 10:06:49 ID:4W7nFQR20
>>5
洗脳されているなw

7 :Ψ:2008/10/06(月) 10:21:54 ID:7UBYEijyO
読みかけで出て来ちゃったから助かった〜(・∀・)

8 :Ψ:2008/10/06(月) 10:27:24 ID:2w5s08br0
>>6
じゃぁおまえは、どこなら日本を守ってくれると思うんだ?

9 :Ψ:2008/10/06(月) 12:49:42 ID:xnxummoK0
とりあえずシナ、朝鮮とは縁を切りたい。

10 :Ψ:2008/10/06(月) 12:51:35 ID:Hm/3jmHu0
アジアに選択肢がないことは確かだな

11 :Ψ:2008/10/06(月) 16:41:09 ID:gtYk3diL0
>>8
特亜と言いたかったんだろうよw

12 :Ψ:2008/10/06(月) 17:43:34 ID:BzEo0ORe0
完全に支持する。日本人は嫌でも欧米と付き合わ無かったら21世紀は無い。
「脱特亜入世界」だ。金融危機で南朝鮮が騒いでいる。反日国家はほっておけ。
「君子、危うきに近づくな」だ。国家利益にならない。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)