5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日蓮系諸派共同・初心者質問スレ

1 :神も仏も名無しさん:2008/01/21(月) 19:30:30 ID:qP31518n
日蓮大聖人を宗祖と仰ぐ各教団への御質問・御相談を承ります。
信仰者が、答えられる範囲でお答えします。
初心者のためのスレッドであり、回答者も善意あるボランティアであることをお含みください。
宗教板関連スレ
日蓮正宗のスレッド5
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1183160235/
【本門八品】日扇聖人パート3【上行所伝】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1194094406/
◎☆ 素人の妙法蓮華経の読解 ☆◎
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1200735495/

2 :神の愛の証言者 ◆IHSXPiND6Q :2008/01/21(月) 19:57:39 ID:Fx6h2F3O
2GET SGI

3 :hage:2008/01/21(月) 22:02:04 ID:t4MleP5T
こんばんは。
また居候させていただきます。

4 :名無し ◆1T2swboMiw :2008/01/22(火) 15:14:06 ID:5sAF+bfE
早速、質問します。
創価学会の方の告別式に出席しなければいけないのですが、
創価学会さんの告別式ってどんなのですか?
中の人じゃないさんなら、答えてくれると思うのですが・・・

5 :hage:2008/01/22(火) 19:46:31 ID:crXPwuyw
南無するとは

一切の神仏を敬い奉る始めの句には南無と申す文字ををき候也。
南無と申すは如何なる事ぞと申すに、南無と申すは天竺の言葉にて候。
漢土、日本には帰妙と申す、帰妙と申すは、我が命を仏に奉ると申す事也。

6 :名無し ◆NEqzDWYTZU :2008/01/22(火) 21:49:34 ID:AhALZ+uP
>>4
「中の人じゃない」氏が適切な回答者と思いますけどね。まだ回答が付いていないから法華講の回答。
通常、僧侶を頼まない会員が多いので学会幹部が僧侶の役割を果たします。
僧侶の不存在以外は一般の告別式と特に変りありません。


7 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2008/01/23(水) 00:43:15 ID:PcNqOP/4
>>4
>>6の通りと思っていい。

>>6
代わりの回答、アリガトン。

8 :hage:2008/01/23(水) 07:20:39 ID:TOkND6FT
回答ありがとうございます。

9 :hage:2008/01/23(水) 21:23:51 ID:fU2ey1oX
やっぱり、学会さんと私のとこは法要の様式がだいぶ違いますね。
あつわらさんも、中の人じゃないさんも「方便品」と「寿量品」は暗記してらっしゃる?
興門派の方が佛立宗系の見られたら、ビックリするのかも・・・

昔、日蓮宗での地鎮祭を見たことありますが、あれもビックリしました。

10 :神も仏も名無しさん:2008/01/23(水) 22:03:31 ID:0k9h18CN
>>4
君はそのコテを知ってる時点で友人葬の実情を知ってるのさw
因みに、香典は持って行かなくても不審者扱いされないのでぇす

親戚の方だと折伏は覚悟して参加して下さいなwwwwwwwwwwwwwwww

11 :神も仏も名無しさん:2008/01/23(水) 22:10:12 ID:0k9h18CN
>>9
葬式で「方便品」と「寿量品」も呼吸がピッタリw
一般人はドンビキしますがなぁ〜

因みに、僕の勤行は坊主より上手ですwwwwwwwwwwwww

12 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/01/23(水) 22:50:27 ID:y64lrPG1
>>9
学会は僧侶不要を主張します。戒名も塔婆も不用だと言います。
御書に根拠を見出せない作法にわたしは反論不能です。

方便品・寿量品は当然暗記しています。

>>11
二等兵〜w
御経が読めてもなぁ他宗・他門と唱和してはイカンのだぞ。


13 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2008/01/24(木) 00:29:40 ID:+rBu8kfb
>>9
>>12と同じく、方便品(十如是まで※)寿量品(長行※+自我偈)は音に限れば暗記してる。
(まじめに朝晩勤行していれば、否が応でも覚えてしまう。)
ただし、漢字書け!となると怪しい怪しい・・・orz

※富士門流では、上代では方便品(十如是まで+長行)、寿量品(長行+自我偈)を読んでいた。
まず、方便品の長行を省略。
今の形式の5座3座(2座のみ寿量品長行を読む・方便品長行完全省略)になったのは、第六十四世日昇上人のころだとか。
学会は正宗と分かれた後、さらに寿量品の長行を省略・1座の勤行。

14 :神も仏も名無しさん:2008/01/30(水) 21:01:10 ID:UtwhuI+k
定期あげwwwww

15 :hage:2008/01/30(水) 21:25:19 ID:3Ov5ZMup
現証の御利益、現証の御罰
やはり理屈で説明するのは難しいです。

御指南
今の時は道理も文証も聞きわくるもの、一人もなし。
唯現証の利益を見て信心を起す時也。

16 :神も仏も名無しさん:2008/01/30(水) 22:09:49 ID:enNxl5RW
在家葬だと、引導文はないのですね?

17 :神も仏も名無しさん:2008/01/30(水) 22:14:45 ID:+b5mDNY5
日蓮さんが、釈迦の予言した仏だって証拠はどこにあるのでしょうか?
できるだけ詳しく説明していただけるとありがたいです。

18 :hage:2008/02/02(土) 05:28:56 ID:Rhh5+KIG
宗派によって解釈が違いますが、法華経の中に出て来る上行菩薩の生まれ変わりと言われてます。


19 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 09:43:19 ID:jx1NFhOK
レスありがとうございます。
その生まれ変わりという明確な証拠はなにかあるのでしょうか?

20 :南無大師遍照金剛:2008/02/02(土) 11:38:31 ID:aueVIctd
>>16
そもそも死後の世界が無いから不要
だからこそ死後の名前の戒名も不要
葬式ではなくお別れ会


21 :南無大師遍照金剛:2008/02/02(土) 11:40:19 ID:aueVIctd
>>19
日蓮の多くは死後の世界が無い
霊の存在を認めない
なのに
何故生まれ変わりはあるのかねぇ


22 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 11:49:42 ID:jx1NFhOK
>>21
そう。日蓮系って矛盾だらけだよね。
日蓮さんが釈迦の予言した仏って証拠誰も出せないし。

23 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 15:56:34 ID:bEJ1FuvQ
>>17さんは>>19さんですね。
>>18さんの「生まれ変わり」は判りやすくいっているので「上行再誕」と言います。
法華経の「従地涌出品」で釈尊は弟子に(仏滅後)法華経を広める事を許さず上行菩薩に託しています。
これは「霊山虚空会」の出来事で地上の現実とは違います。
仏教には「正法・像法・末法」の時代区分があり末法では、釈尊の教えは力を失い人は救われなくなります。
しかし人を救うのが仏教ですから末法には法華経を広める方が出現なさいます。
釈尊が直接のお弟子に法華経を託さず、上行菩薩に託したのは末法に生きる私たちを救うためです。

末法に入って法華経を広め法華経の預言の通りの難に逢ったのは日蓮聖人だけですから
日蓮聖人は「霊山虚空会」で法華経を託された上行菩薩です。

24 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 16:02:18 ID:jx1NFhOK
法華経の予言のとおりの難、を詳しく解説していただけるとありがたいです

25 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 16:46:18 ID:bEJ1FuvQ
>>17の質問に移ります。
釈尊の時代ですら不信を起こし救われなかった人たちがいます。
法華経「方便品」には「若し余仏に遇わば、此の法の中に於いて、便ち決了することを得ん」
未来の仏に依って(此の法)法華経で救われると説きます。
未来つまり末法で法華経を広め人々を救うのは上行菩薩だと説明しました。
上行菩薩は法華経「霊山虚空会」では「是の諸の菩薩は、身皆金色にして、三十二相、無量の光明あり」と
仏と同じ相を具えて出現しています。表向きは菩薩でも本当は仏との証拠です。
釈尊と上行菩薩は「不二」(その二つが切り離せない)関係にあります。
末法で力を失う釈尊は末法を救う上行菩薩と立場が入れ替わります。
「「互為主伴」(互に主となり伴となる)と言います。
従って
日蓮聖人は仮の姿として上行菩薩の再誕であり、真実の立場は末法の仏となります。


26 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 17:11:58 ID:bEJ1FuvQ
>>24
法華経「勧持品」に二十行の偈があります。
悪口罵詈等 散々に罵詈雑言を浴びています。
及加刀杖者 小松原の法難で額に傷を受けています。 竜口法難では処刑されそうになります。
數數見擯出 二度の流罪。鎌倉では庵を焼かれています。

末法に法華経を広めると受けると預言された難と日蓮聖人の遭われた難が符合しています。

27 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 17:15:27 ID:jx1NFhOK
>>26
法華経を広めて同じような難を受けられた方は、ほかに全くいないのでしょうか?

28 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 20:52:27 ID:bEJ1FuvQ
>>27
日蓮聖人以前にはいません。
日蓮門下ではその後も迫害を受けています。

29 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 21:02:40 ID:jx1NFhOK
>>28
顕正会の浅井先生も、
「私は日蓮と同じ艱難辛苦を味わってる」っておっしゃってるそうですが、
では浅井先生も、上行菩薩の生まれ変わりなのでしょうか?

30 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 21:27:00 ID:bEJ1FuvQ
>>29
顕正会は日蓮大聖人が末法の御本仏という教義です。
御本仏が生まれ変わったり再誕することは絶対にありません。
仏には出現した理由と目的があります。目的を遂げた仏は仮に入滅した姿を現じます。
(滅不滅・三世常住といいます)
目的を遂げた日蓮聖人は再びこの世に出現する理由がありません。

浅井氏は上行菩薩の生まれ変わりではありません。

31 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 21:32:32 ID:jx1NFhOK
>>30
日蓮さんが本仏でなくて、実は浅井先生が本仏ってことはないのですか?
法華経に書かれた艱難辛苦を受けたって条件が上行菩薩ならば、
浅井先生も当てはまると思います。艱難辛苦の時期は関係なく(法華経に時期が指定されてるのでしょうか?)。
実際浅井先生も「私が上行菩薩である」と言う話を一部ではされてるそうです。

32 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 22:02:53 ID:bEJ1FuvQ
>>31
>法華経に書かれた艱難辛苦を受けたって条件が上行菩薩ならば
それだけが上行菩薩の条件ではありませんし、現代の浅井氏よりも苦難に逢った日蓮門下は沢山います。
信仰の自由が保障されたのは明治以後ですからね。
日親と云う僧侶は拷問を受け灼熱の鍋を被せられたので」、「鍋かぶり日親」として有名です。
日経師は鼻を削がれています。
近代では牧口氏が不敬罪で逮捕され獄死なさっています。

日蓮門下の誰かが宗祖を押しのけて本仏にも上行にもなりません。
顕正会の教義では仏が末法の衆生を救う目的は大御本尊の建立であり、すでに日蓮聖人が建立なさっていますから
浅井氏は本仏ではありえません。

33 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 22:05:58 ID:jx1NFhOK
>>32
大御本尊ってのはなんですか?
浅井先生自身が「私は上行菩薩である」っておっしゃっていることについては
どうお考えですか?

34 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 22:11:33 ID:0LfuadqV
僕の六難九易聞く勇気あるw

35 :hage:2008/02/02(土) 22:16:20 ID:oXaFKqnv
日蓮聖人ご自身は、「私は上行菩薩である」とは仰ってなかったと思います。
浅井さんが、そのように言うとすれば「慢心」です。「謗法」となります。
折伏してあげないといけないでしょうね。

36 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 22:27:27 ID:jx1NFhOK
>>35
でも浅井先生が「私は法華経に言われてる難を受けている、だから上行菩薩である」って言われたら
あなたならどう反論しますか?

37 :南無大師遍照金剛:2008/02/02(土) 22:29:40 ID:aueVIctd
>>36
(`▽´)思い込み

38 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 22:33:26 ID:0LfuadqV
>>36
だったら証明してミロw
女信者に性病移されたてっーのはなしだぞ

口先だけなら僕も言えますからwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

39 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 22:35:51 ID:jx1NFhOK
>>37
>>38
口先だけっつーのは、日蓮系全部
「日蓮が上行菩薩である」ってのは思い込みでしょ。
証拠無いし。

40 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 22:45:08 ID:0LfuadqV
>>39
議論のすり替え手法から見て現役の顕正会員ですかw
思い込みと思うなら日蓮聖人の法を破ってミロ

おっと、君達お得意の「揚げ足取り」はヤメレwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

41 :hage:2008/02/02(土) 22:46:59 ID:oXaFKqnv
八品派では日蓮聖人は悟りを開かれた仏様ではなく、菩薩道を歩まれた聖人(人間)大菩薩とされています。
日蓮聖人ご自身「私は上行菩薩である」とは仰っていませんが、(自覚はあったそうですが)
日蓮聖人の歩まれた道を見た場合には、上行菩薩の生まれ変わりであると多くの方が思われます。
仏教では、「輪廻転生」といいまして、死んだ後の魂はまた何かの命として再誕するとされています。

その方の行い、ご弘通ご奉公、功徳、生き様を見て、「生まれ変わりに違いない」と信じるわけです。




42 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 22:47:01 ID:jx1NFhOK
>>40
だから、日蓮が仏だって証拠無いしwww。

43 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 23:00:51 ID:0LfuadqV
>>42
チミね僕は日蓮本仏論者では無いのよw
本仏は僕であり、君でもある

三徳の備えた凡夫で十分ですからwwwwwwwwww

44 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/02/02(土) 23:23:04 ID:FvW4u7FT
顕正会の浅井会長は自分が上行菩薩あるいは日目上人の
生まれ変わりだとは言っていませんよ。
自分の行動と日目上人の行動を対比し同等と思わせることは言っても。
さすがそこはぎりぎり止めていますし、指導はしていません。
多分わかってやっていると思います。
これ以上のことを言うとやばいって。

創価の池田名誉会長もそうだが、会長=仏とは信者が勝手に思っていることであって
そう指導しているわけではなく、仏かと聞かれれば凡夫ですと答えます。
無論下のほうで会長は仏だとささやかれているのは知っているだろうが、それを正すことは
しないでしょう。
幹部もそう思うように誘導していることは確かですが、言っているのは信者の私見だからと
答えるでしょう。

45 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/02/02(土) 23:25:26 ID:FvW4u7FT
追加。
ある意味>>41と同じことです。
自らは言わないが、それをにおわすニュアンスで語ったり信者がかってに
崇め奉ると。

46 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 23:46:54 ID:jx1NFhOK
>>44
一部の幹部には
「私は上行菩薩である」という指導を浅井先生はされているそうです。

47 :神も仏も名無しさん:2008/02/02(土) 23:52:55 ID:A1252pRw
ナルホド日蓮本仏論でないとすると池田本仏論か…。

48 :神も仏も名無しさん:2008/02/03(日) 00:04:42 ID:EnKzecPX
>>47
独り言は善くないねw
明日の勤行に備え寝る時間なのでサラバだヒュぅー

負け犬丸出しの顕正会員乙wwwwwwwwwwwwwww

49 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/02/03(日) 00:19:56 ID:Y1k7u64I
>>46
聞いたのですか?それを。

50 :神も仏も名無しさん:2008/02/03(日) 00:51:07 ID:V9nuL1H8
独り言しか言えないのは日蓮カルト2号君、おまえだ。

日蓮カルト三莫迦兄弟は全部同じ穴のムジナだっていってんだろ。



51 :神も仏も名無しさん:2008/02/03(日) 11:05:43 ID:UpHe64Cx
>>46
浅井先生どんだけ思い上がってんだよwww

52 :神も仏も名無しさん:2008/02/05(火) 23:40:52 ID:IKu17hVR
龍の口の法難の奇跡で、自分が上行菩薩だと自覚したんだよね?
あれってすごいドラマチックだよね
段々に折れた刀、その後どうなったんだろう

53 :hage:2008/02/06(水) 15:12:06 ID:kvputfqs
謗法について

http://www.onmyoji.or.jp/004/KISO/kiso_5.htm

54 :神も仏も名無しさん:2008/02/06(水) 21:46:03 ID:JHmsv+Fq
アンカー撃って掛かって来いよw
見逃してじゃねーかょチキンヤロー>>50

僕はフリーの日蓮信者ですからボケシネwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

55 :神も仏も名無しさん:2008/02/07(木) 09:57:00 ID:qgNMZqWH
>>53

>教務を悪く言うなども謗法です。

こんな事が書いてありますね。
人を洗脳して一宗一派に拘束しようと目論むのが謗法ですよ。
どこの教団にも所属していなくとも、
法華経に帰依し、題目を唱える者は、まさしく日蓮聖人の法門の
信者なのです。フリー信者大いに結構なわけですよ。

題目に優劣をつけて、こういう題目でなくてはいけないと
こじつけたのが、八品派です。

56 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2008/02/07(木) 16:53:47 ID:T7By5dx8
>>55
初めに断っておくが、俺は八品派ではないし、八品派の味方をするつもりもない。

> 題目に優劣をつけて、こういう題目でなくてはいけないとこじつけたのが、八品派です。
「かかる日蓮を用いぬるともあしく(悪しく)うやまはば(敬まはば)国亡ぶべし」種種御振舞御書
題目なり、本尊なり、その他すべてに関し意味づけが間違っていると、下手をすれば国が滅ぶほどの事になると仰せられている。
「法華経」という言葉の意味にしても、各教団で意味づけが違うし、同じ教団でも前後の文章によっては違うものを表す。

> どこの教団にも所属していなくとも、法華経に帰依し、題目を唱える者は、まさしく日蓮聖人の法門の信者なのです。
> フリー信者大いに結構なわけですよ。
<大聖人の仰せの通り>に信心を行うならば、どんな形にしろ必ず折伏(布教)をする事になる。
そして相手が信者になれば、そこには同じ教学でもって大聖人を信じる集団ができることになる。
これを繰り返せば、やがて教団ができる。

57 :神も仏も名無しさん:2008/02/08(金) 00:23:30 ID:F1KxRkk8
>>56

ま、あんたの立場はどうでもいい。

素っ気無い言い方で恐縮だが、>>53は、
自分の見解ではなく、本門仏立宗(八品派)の頁に
リンクさせて、初心者に「謗法」を認識させようとしている事から
>>55の批判が出たまでのことである。

教務というのは、同宗の事実上の僧侶である。
同宗がどのように定義付けようとも、客観的に見て僧侶である。
同宗はその「僧侶」の言葉に従わないだけで
「謗法」だと教えているわけである。
これは、在家教団から見れば、容認し難い事である。

>「かかる日蓮を用いぬるともあしく(悪しく)うやまはば(敬まはば)国亡ぶべし」種種御振舞御書

この御書は、日蓮系のあらゆる教団が用いている。
耳にたこが出来るほど聞いている。
皆、各々自己の教学こそが「唯一正当」と信じきるから、
それ以外のものは、全て「悪しくうやまはば.......」に相当することになる。
このような、セクト意識ばかり強めた信仰は、迷妄に陥りやすい。

自己の心の持ち方を考えず、ただ折伏によって教勢拡大に励めば
祖師の心に叶うと信じ、他人を傷つけてでも「強制入信」させれば、
救った事になるなんぞに至っては、カルト教団そのものである。

58 :hage:2008/02/08(金) 07:59:32 ID:rUKpYXyx
「僧侶」の言葉に従わないだけで 「謗法」だと教えている。

というと、確かに誤解が出ますね。
教えを受ける筋として人には師が必要となりますが、
弟子は師が体験として学んだ教えを素直に従うことは大切です。

但し、これは師の教えが正しいとした場合で、間違いであるのに従えば謗法となります。
たとえ三才の子どもでも正しいことを言っている場合には従うべきですし、三才の子どもが師となります。


59 :神も仏も名無しさん:2008/02/08(金) 19:30:58 ID:Bl9Nl7GT
お祖師様は日蓮教団をとのご意思で法華経の宣布をされた訳ではありませんね。
日本国を救わんがために絶対唯一の仏の教えと解釈なされ、教えを説いて廻られました。
その志を日蓮系諸派も今一度、省みまして民の為に法華経を通じて説かれることを望みます。

追記・上行菩薩は誰しも成れます。 純粋に法華経を信じ広めれることが出来るなら。

60 :hage:2008/02/08(金) 19:59:47 ID:rUKpYXyx
私も純粋ということが大切と思います。


61 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2008/02/08(金) 20:46:23 ID:egxnucQy
>>57-58
了解した。

62 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2008/02/08(金) 23:10:53 ID:egxnucQy
>>59
> 追記・上行菩薩は誰しも成れます。
(言わんとするところは判らなくはないが・・・・)地涌の菩薩の棟梁は一人。

63 :神も仏も名無しさん:2008/02/08(金) 23:23:31 ID:F1KxRkk8
>>58-60
そうですね。師は確かに大切ですし、その師如何に依って
信心の持ち方も全く変わってきますね。
「正しい」とされている、「師」が乱立し、特に寺院ごとに師がいる
教団では、その資質にかなりの差がある事も事実ですね。

私の所属教団(私はさほど熱心な信者とは言えず、他教団の事も
色々調べています)では、「本当の師」は、日蓮聖人ただお一人、
法灯を継ぐ私も「仮の師でしかありません」と名言されています。
教団のトップが、こうした考えで謙虚でいることは、素晴らしい事です。


64 :hage:2008/02/08(金) 23:50:09 ID:olBMphSX
私はこう感じます。
師から弟子へという流れで伝わる「教え」は、「慈悲」の一部。
お釈迦様から、日蓮聖人そして代々の先師聖人、そして現在、
時代と場所を超えて仏の「慈悲」が脈々と河の流れのように
伝わってきていると・・・・
仏という泉から湧き出た「慈悲」を私たちはいただいている。
そして、今現在もその泉からは「慈悲」が湧き出ている・・・・

お題目口唱していて、ふとそのように感じました。


65 :神も仏も名無しさん:2008/02/09(土) 16:22:26 ID:PU2sS4j+
59です。
皆様、本当に良いお話をされており感激しています。

>>62
そうですね、経典の中で地涌の菩薩は、お一人です。
しかし、私の云わんとすることもご理解頂き光栄です。

>>60>>64
そうなのですよね
度重なる迫害をお受けになられても真を決して曲げなかった
斬首されるまでに至りながらも八幡大菩薩を叱責するくらいの勢いは
只々、純粋無垢に法華経を信じておられたからこそだと思います。

「慈悲」成程、そのとおりだと思います。
他宗旨にもあてはまることかと思います。
仏に替わって、後世に伝えることの大切な役割、
僧侶も教師もその処、考えるべきでしょう。(金に走らずに)

>>63
南無立正大師日蓮大聖人(南無日蓮大菩薩)
菩薩号に関しては、皆様もご存知でしょうから敢えて書きません。
しかし、私達は、常にお祖師様を仏とは見ずにおりますよね
六老九老僧、総じては日蓮門下法華引通の先師先哲に於かれましても
我々にしましても、全ては法華経の下、お祖師様のお弟子であると思っております。
hage様が>64で良いことを仰ってますね、そのとおりだと思いました。

では、長文失礼致しました。






66 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2008/02/10(日) 00:52:46 ID:FzrMaYCp
>>65
> そうですね、経典の中で地涌の菩薩は、お一人です。
・・・・・地涌の菩薩の数は、六万恒河沙。

67 :神も仏も名無しさん:2008/02/10(日) 11:13:49 ID:MraJOG+/
日蓮自体が仏教を謗法してませんか?

68 :神も仏も名無しさん:2008/02/11(月) 10:02:17 ID:RCETYulo
>>65
>お祖師様のお弟子であると思っております。

勿論そう自覚されるのは、良い事であり大事な事です。
菩薩様ですから、広義には仏の位にあられる方ですが、
某門流のように、釈尊に代わる「本仏」というと疑問が生じます。

つまりは、門祖とか派祖とか開導とか中興の祖と
言われている方々のフィルター色に染まり過ぎて、
それを通してしか、お祖師様を見ないようでは、
門祖の弟子ではあっても、お祖師様の弟子と呼ぶに
ふさわしくない方々もいるのです。
重要なのは、その点です。

慈悲というのは、仏教の根幹なのです。

>>67
具体的に書いてください。




69 :神も仏も名無しさん:2008/02/11(月) 10:09:42 ID:RCETYulo
>>67
あくまで具体的に言ってください。

70 :hage:2008/02/16(土) 17:28:39 ID:tH8mplTM
質問です。教えて下さい。
今日2月16日は何の日ですか?


71 :神も仏も名無しさん:2008/02/16(土) 17:44:18 ID:umIOPOt2
善日麿の誕生日w
でも正宗の発表なのでちょっと怪しい

72 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/02/16(土) 17:52:39 ID:7Ci/XD8M
>>70
御冗談を・・・初心者じゃなくて回答者じゃないですか。
「お誕生会」(おたんじょうえ)です。
わたしたちは釈尊入滅が2月15日、日蓮大聖人御誕生2月16日に不思議な因縁を感じます。
(特に強調されたのは中興日寛上人以来のようです)


73 :神も仏も名無しさん:2008/02/16(土) 18:12:37 ID:tH8mplTM
さすが、あつわらさん。
でも、今日を覚えていない信者さんは、私を含めて多いような気がします。

74 :神も仏も名無しさん:2008/02/17(日) 06:43:42 ID:yCB7AUs8
2月15日というのはインド暦では?
よく知らないんですけど、太陰暦ではないと思います。
日寛さんの言う事はどうもねえ。あっ。余計でした。


75 :神も仏も名無しさん:2008/02/17(日) 10:16:17 ID:rByIDP7V
はじめまして。
突然の質問、すみません。

難しい専門用語が出て来ない全くの初心者なのですが、お許し下さい。

主人の家が本門仏立宗という宗教をしているのですが、主人は熱心ではなく子供の頃から連れて行かれたりしているので違和感がなく、親の顔を立ててお寺に顔を出さない訳には行かない..という位の信者さんです。

私は無宗教で、主人も認めてくれてるのですが、主人の親には理解できないらしく断固として入信しない私は現在では絶縁状態です。

何故、平気で人を追い詰める様な言葉を吐き、家族の幸せの為と言いながら揉めさせるのでしょうか..。

妊娠が分かった時には「入信しなかったせいで奇形の赤ちゃんになったり死産したりしたらいけない」と半ば脅す様に入信書に名前を書かされそうになり、私はそんな言葉を妊婦に吐けるお坊さんの人間性がまず信じられず、余計に嫌いになってしまいました。

主人の親も同伴していたので主人は反論できず(情けない主人ですが、小さい頃から叩かれて育ったせいで未だに父親に頭が上がりません)、3人のお寺の方に囲まれ「こんな頑固なお嫁さんだと後々大変ですね」とまで言われました..。

私達夫婦は宗教の事さえなければ他に悩みの種はなく、ゴタゴタがあって新居には主人側の親族は呼べず幸せな筈が最悪のマイホーム計画になりました。

もうおかしくなりそうです..。
押し付けがましく人の家庭にまで土足で踏み込み、揉め事の種です。私には必要ないのに..話が通じない。本当に苦しいです。

無理やり入らせてメリットがあるのですか?
何も分からない子供まで入れようとするなんて、洗脳と同じではないですか?

北朝鮮の「将軍様」と呼び慕う洗脳された子供達の様にはしたくないのです。
(私には同じ様にしか見えません。)

76 :hage:2008/02/17(日) 11:09:42 ID:2S/bTk20
>>75さん、ありがとうございます

入信しなかったせいで奇形の赤ちゃんになったり死産するということはありません。
そういう脅しは、間違っていると私は思います。
死産しそうになったところを、御願いして助けていただいたという事はありますが、
仏教でいう因果から外れて、死産したりする事はないです。

>半ば脅す様に入信書に名前を書かされそうになり、私はそんな言葉を妊婦に吐けるお坊さんの人間性がまず信じられず、余計に嫌いになってしまいました。

と言われるのは、ごもっともす。ただ単に信者さんを増やしたいが為であるなら間違いです。
75さんにも信心で本当の幸せをつかんで欲しいというのであれば、それは言動に現れてくるはず
ですし、そうでなくては間違いだと思います。


>無理やり入らせてメリットがあるのですか?

本門仏立宗にも、入信者の数の目標数のようなものがあるそうです。
その意味ではメリットかもしれません。
本当の目的は、75さんにもお題目口唱の御利益を頂いてもらうことなのですが・・・・


77 :神も仏も名無しさん:2008/02/19(火) 23:23:43 ID:k17b+6tf
>断固として入信しない私は現在では絶縁状態です。

いいではありませんか。信心に凝り固まっている人は
教団内の人間関係の中でしか生きていけないのです。
ほかに友人や知人は要らないと思っている人も多いのです。
休日の大半は、信仰の活動になるように仕向けられます。
お子さんの為にも、あなたは中立的な立場でいたほうが良い。

>本門仏立宗にも、入信者の数の目標数のようなものがあるそうです。

マルチ商法と同じです。私は一度この教団の寺を覗いた事があります。
信者の浄財(献金)の金額を、高いほうから順番に声高らかに
ご宝前(本尊)に向かって坊さんが唱えている光景を見たとき、
「ここはダメだ。企業宗教だ」と思いました。
坊さん(教務と呼ばれる人)が、スグに入信手続きの用紙を持ってきました。
気が変わらないうちにという方針らしいです。
私は、他宗の僧籍がありますので、とウソを言って帰って来ました。
以後二度と近づいていません。
人生は一度しかありません。安易に決めてはいけないことがあります。

納得いかないものに入る必要はないです。


78 :神も仏も名無しさん:2008/02/19(火) 23:25:39 ID:72fv7F67
通信教育で在家僧侶になりました。

79 :75です:2008/02/20(水) 08:44:54 ID:rWFQOGRY
77さん、ありがとうございます。
とても心強いです(泣)

お金絡みのヘンテコなしくみ等は(自営業で義父が社長なので毎月お給料からお布施を引かれてます)信心してる方達には見えていないんでしょうね..

攻防戦は一生続くと思いますが、ストレスをうまく発散しながら付き合って行くしかないです..。

今身重なので余計なストレスになるのは分かりきってますので回避してますが、町内の信者さんからの電話やいきなりの自宅訪問..なんとかしのいでる状態です。

信じたい人だけ信じれば良いのでは..と、困惑するばかりです。

妊娠の事も、また陰で不吉な事を言われると気持ち悪いので伏せています。

今の私には宗教は必要ないのに..。
熱心な信者さんには言葉が通じないのが、怖いです。

80 :hage:2008/02/20(水) 12:47:35 ID:I9U0WXFN
75さんの毎月お給料からお布施を引かれているのですか???
もし、そうなら直ぐに義父さんに止めさせないといけません。



81 :hage:2008/02/20(水) 20:06:37 ID:Co7lJ5MP
質問です
「法の中に食あり。食の中に法なし」
とは、どのような意味でしょうか?

82 :神も仏も名無しさん:2008/02/20(水) 21:56:53 ID:x9Y2/xBA
食法餓鬼じゃないw


83 :神も仏も名無しさん:2008/02/21(木) 19:14:00 ID:9mepS+Mz
75様

結婚される前から信仰のことは知っていましたか?

私の交際相手の家族も信仰されており、考えています。

84 :75です:2008/02/22(金) 10:37:10 ID:c0Slwygx
85様..

結婚式の打ち合わせの時にお寺に連れて行かれ、そこで初めて知りました。

主人は熱心な信者ではないのでさほど問題視してなかった様ですが..。

もう後に引けない段階でしたし私も若かったので、主人は主人・私は私(宗教の考え方等)と思ってましたし、今も個人の自由だと思っています。。。

しかし..後々のお参りの時の耳障りな音や、異様な光景にかなり引きましたι

初めは付き合ってお寺にも行っていましたが(義父と義母に促された時しか主人も行きません)、苦痛になりはじめ、ふと考えた時に「これが一生続くのか..」と不安になり、結婚8年目にして思い切って義理の父母に話したんです。

で、結果は..敷居をまたぐな、との事でした。

結婚話しが出た時に宗教の話しをされていたら..どうなんでしょうかね..まだ10年目ですが、主人を好きなのにちっとも気持ちは変わらないのですが、初めから話し合って義理の父母の承諾なり、説き伏せるなりしていれば何も悩みはなかったでしょうね..

自営なので父母に毎日顔を合わせる主人もキツイですし(私も主人も10円ハゲが出来ました)、縁は切れませんのでこの重苦しい関係がずっと続くのかと思うと、最近は気が狂った様に笑いたくなる衝動に駆られます(Θ_Θ)

85 :85:2008/02/22(金) 12:16:13 ID:T/d5n8Cb
75様

大変そうですね。気になってはいたのですが、パソコンで調べても情報等が少ない為、問題はないのかな。って思ってました。

86 :神も仏も名無しさん:2008/02/22(金) 23:42:15 ID:d/0jzHe2
強引な「折伏」の話題ですかw
日蓮大聖人の弟子が折伏を行うのは正しい行いです

問題は「何の為」に折伏を行っているかですね
折伏対象者は「誰の為の折伏」かをよ〜く観察して下さい


87 :神も仏も名無しさん:2008/02/23(土) 10:14:39 ID:8nMV0pMW
>>84
>敷居をまたぐな

人の幸福を考えている宗教ではないことは、この一言にあらわれています。
仲間にならない者は「いらない」と言っているのですから。
あなたも、そういう人達と、『そういう宗教』は要らないと思ってください。

あなたがそんな宗教に入れば、生まれて来るお子さんは、将来
今のご主人と同じ姿になるだけのこと。
日蓮聖人という方と、今のその宗教の方針とは、何の脈絡もありません。
日蓮聖人の教えを『好き勝手』に利用して、お金儲けをしている
教団と人物が数多くいることに注意してください。
いつか、ご主人も抜けられるといいですね。良い家庭を作ってね。

88 :hage:2008/02/23(土) 10:37:50 ID:KfRVXJA9
>>84さんへ
ここでは、いろいろな方がアドバイスされるでしょうし、話を聞いてもらえて少しは
気が楽になると思います。私も、貴方の話だけを聞くと、貴方の周りの方に間違い
が有るように思えます。
本来、妊娠するとお母さんは、「どうか無事に生まれますように、どうか健康に生まれ
ますようように、どうか良い子が生まれますように・・・」といろいろな願いをかけるもの
だと思います。そういう願い、思いはとても素晴らしい願い、思いです。宗教の存在理由
があるとすれば、そういう願い、祈りの向かう先になるはずなのです。
ところが、84さんの周囲ではそれを勘違いして、祈らなければ逆になるような事を言い、
恐怖心を煽ってしまっています。これでは全く逆の事になってしまって大きな間違いだと
思いますし、その様に脅してしまっている周りの人は大きな罪を犯していると思います。

85さんは、どうか周りを気にせず、おなかの中の子どもさんに、たくさんの願いをかけて
あげてください。どんなにあつかまし願いでも良いと思います。いっぱいいっぱい
「よい子が生まれますように・・・」と、貴方自身の方法で願ってください。

「ばかばかしい」などと思わずに、おなかの子どもさんの為に願ってください。
本当に、心の底から、真剣に願えたならば、きっと良い子が生まれるでしょう。


89 :神も仏も名無しさん:2008/02/24(日) 18:22:30 ID:xnkM+V2x
>>79
>町内の信者さんからの電話やいきなりの自宅訪問..

これってさ、創価学会とか、法華講(日蓮正宗の信者団体)の
やっていることとそっくりなんだよね。
hageさんって人は、盛んに「彼女の周りだけで起きていることであり、
その人たちだけの問題」っていってるけど、
そうじゃない気がする。教団の体質っていうか、他でも絶対やってる
と思うね。幹部の指導がなけりゃ、そんな社会的マナーのない事
しないだろう。
人の「精神の支え」になるべき宗教が、人を精神的に追い詰める策に出る。
いやらしい事この上ない。要注意ですよ。

90 :神も仏も名無しさん:2008/02/24(日) 20:51:17 ID:q+fOiY55
>>89
>町内の信者さんからの電話やいきなりの自宅訪問
>これってさ、創価学会とか、法華講(日蓮正宗の信者団体)の
>やっていることとそっくりなんだよね。

電話はする。それが電話の役割だ。
いきなりの自宅訪問はしない。信徒同士でもしない。

佛立スレをROMして思う事は「悪いのはみんな創価だ」レスが頻繁に見受けられる。
ここに妙観講ではなく法華講を出すあたりあなたの悪意がある。
佛立の相談者に他宗を悪しき例として持ち出し正しく誠意のある回答に難癖をつける。

あなたは当て推量をもって結論を出している。
「いやらしい事この上ない」


91 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 08:08:29 ID:h1jCaPUM
結婚を前提に付き合っている彼より入信を勧められています。
私も前向きに考えいるところですが、
話しの中に矛盾してる事がある気がしてよくわかりません。
(彼は不幸になる、上手く説明出来ないけどそれが正しいと言います)

他宗に関するものは一切捨てなければいけない
彼は仏間に先祖の位牌や親友から貰った神社のお守り、お札を飾ってあります。
私には既に他界している両親の位牌仏壇等一切捨てるよう言います。
妥協案として私の親戚に預けるのは可、但しその親戚への説明は断られました。

神社への参拝を含め関連する行事に参加してはいけない(意味がないからとの説明)
彼は生まれ育った地元やその近隣のお神輿を毎年担ぎます。
担ぐだけで神を信じている訳ではないから問題無しとのことです。
でも私は今後やってはいけないと言います。(私も子供頃から地元のお神輿を担ぎます)
勿論私は無信心者ですから、神社にお参りするとか信じているとかもありません。
子供の頃から楽しみであり、近所、友人達との交流として参加しているのですが‥。

上手く説明は出来ないが、君はこれはダメ、僕はokと言われる事が多く戸惑っています。
どなたかご説明願えませんか?
出来ることならきちんと納得した上で入信して彼とやっていきたいと思いますので。



92 :91:2008/02/26(火) 08:12:30 ID:h1jCaPUM
>>91は日蓮正宗のことです。


93 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 09:35:43 ID:CIimNt5n
>>91-92
彼の話も行動も日蓮正宗の信徒としておかしなものが有ります。
ご質問は「謗法(ほうぼう)」と呼ばれる正しい信仰を続ける上で注意を要する根本教義です。

>他宗に関するものは一切捨てなければいけない
「謗法払い」のことです。絶対に必要なことです。従って
>彼は仏間に先祖の位牌や親友から貰った神社のお守り、お札を飾ってあります。
日蓮正宗を正しく信仰する信者はそのような事はしません。
>私には既に他界している両親の位牌仏壇等一切捨てるよう言います。
貴女の妥協案でも結構ですし位牌は日蓮正宗の寺院に納めるのが普通です。捨てたりはしません。
仏壇は謗法ではありませんから仏壇自体は処分する必要はありません。
※位牌には故人の霊が宿っているわけでもなく礼拝の対象ではないので寺院に納めます。

>神社への参拝を含め関連する行事に参加してはいけない
その通りです。
>彼は生まれ育った地元やその近隣のお神輿を毎年担ぎます。〜問題無しとのことです。
彼が本当に日蓮正宗の信者か疑わしい行為です。
神社には神様は存在しないうえに解かり易く言えば「疫病神」のような良からぬモノの棲家です。
だから神札・お守り等は良くないのです。
信じていなくても神輿を担げば「疫病神」にエサを与えるのと同じで自分に罪を作り人を不幸にします。
日蓮正宗の本尊を保ち信仰すれば「諸天善神」の加護がありますから神社の行事も神輿もお札も不要です。

彼が貴女に入信を求めるような日蓮正宗の信者(法華講員)か疑問です。
貴女へ信仰の説明できないうえに彼自身の行動が教義に反しています。

94 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 10:54:41 ID:ozVy5PvP
例えば、「高野豆腐」は高野山から広まったものだから、謗法とするかといえばNOです。
高野豆腐をお供えすることだってあります。「高野豆腐」を食べたからどうなるということもありません。
しかし、高野豆腐に対して、「ありがたい」と手を合わせて信仰の対象としても、高野豆腐さんは
「わたしに、おがまれても・・・・・・」と困惑してしまうでしょう。

占いというものがあります。おみくじを引いて大吉が出れば運がよくなり、凶では運が悪くなる。
占いを頼りにする人もいますが、逆に見れば、占いを信じている人は、実は自分自身に迷っているのです。
迷ってどちらに行けばよいか分からないので、占いに頼ってしまうのです。

仏教では「因果応報」と言いまして、未来の果を良くしたいなら、今の因をどうするかという事が大切で、
何を頼りにするかといえば、自分の積む功徳を頼りにします。

「謗法払い」とは、心の中の「迷い」を払いのけることなのです。
きちんと納得した上で入信するには、「迷い」の元となるであろう占いのような物は払いましょうということです。

>君はこれはダメ、僕はok
は、確かに間違いですから、折伏してあげてください。



95 :91:2008/02/26(火) 12:28:39 ID:h1jCaPUM
>>93-94
とてもわかりやすいご説明をして下さりありがとうございます。
彼とも再度話しをしてみます。
彼は信徒である自分から何かを感じ取って貰いたいし、
彼自身の学んだ事、考え、感じた事を自分が教えるからと言います。
そういうものだと思い聞いてましたが、何か変だなと思い質問させていただきました。
彼自身ほぼ独学?で信心してきた感じで、
それだけではやはり今回の話のように偏ってしまうし、
解釈の違いその他で揉める原因になる気がします。
夫婦が同じ信仰をもっているだけでは意味ないような‥。
上手く言えませんが。
彼の所属寺院はかなり遠方で中々行く事が出来ないため、
ご住職や他の信徒の方と接する機会も全くないのが、
彼なりの解釈=私に教える全て になっているような気がします。
よそに所属している者が、近くの寺院の行事に参加するのはいけないでしょうか?
もし、良いなら私は彼からだけでなく参加する中からも色々知っていきたいと思ったのですが。
元々信仰心の無い私にはよく分からなくなってしまいました。


96 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 13:23:16 ID:ozVy5PvP
>>91
宗派はちょっと違うのですが・・・・参考にしてください。

御教歌
信行の立石を見ぬひとり旅 晩のとまりや慢心の森

勝手信心を戒められたもの。昔の道中での行程・旅を人生になぞらえて、教えを当時の標識
(立石)に喩にとられて、ご信心の慢心の恐ろしさを御折伏くだされた御教歌です。
立石は昔の人々が往来する大きな道でも見かける、人々にとっては旅に出かける時には絶対
にかかせない標識でした。
私たちは戻ることのできない人生の旅を続けています。人生の終着駅は〈自分が死ぬ〉ということ。
そのことを心に覚悟を決めないと、その人の生き方は欲望のつまらない生き方で迷いに迷いを重ね、
また苦しみを苦しみでふさぎ、もがく一生になってしまう。そうした人生の旅に対して、仏様はその道
しるべを教えとして残してくださいました。その教えを見ないで自分の旅を続けることは本当に恐ろし
いこと。
自分の持っているささやかな知識だけで人生がわかったような錯覚をおこす。これこそが仏様が戒
めてくださいます「慢心の心」です。
お釈迦様が最も大事とさせて頂かなければならない立石が【本門の菩薩道】で、その教えを頂く場所
が立石。お会式参詣で教えて頂く教え・月々の御総講や教区御講等で教えて頂く教え、その一つ一つ
の立石が私たちの仏道修行の場であり、その教えとは先師先聖の経験を含めて聴聞させて頂き、そう
したところから学ばなければ、勝手信心に陥り、御奉公させて頂いても愚痴や不満が出てくる。
御奉公は慢心や我慢を捨てるためにさせて頂くのであり、今させて頂いてる御奉公は先師先聖達の
つみ重ねの中で形が出来上がったもの。それを忘れて「自分は、これができないからこのようにしよう」
とか安易なものに変えてしまっては、本来の教えは消えてしまう。それが恐ろしいこととこの御教歌で
【晩のとまりや慢心の森】とおっしゃってます。
自分だけ良ければ良い。という生き方は〈二乗〉といい仏様になれないと教えて頂きます。わずかでも
一句聴聞して人に伝えようという生き方が菩薩です。

97 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 17:41:02 ID:CIimNt5n
>>95
>よそに所属している者が、近くの寺院の行事に参加するのはいけないでしょうか?
お寺には月に一度は参詣したいものです。
まだ信仰を持っていない貴女はお近くの日蓮正宗寺院に参詣し住職・信徒に接して質問等をなさってください。
他の寺院に所属している方も別の寺院行事に参加するのは結構です。
住職は信徒の師匠ですから所属寺院以外の僧侶への質問等は控えたほうがいいでしょう。

日蓮正宗公式ホームページ
http://www.nichirenshoshu.or.jp/page/jpn/link/index_1_j.htm

日蓮正宗入門(初心者へのガイドブック)
http://www.geocities.jp/shoshu_newmon/

夫婦が信仰を共有するのは大切なことですし、信仰は楽しく実り豊かな人生にも必要です。
>>94>>96さんのレスも参考になさってください。


98 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 22:02:04 ID:dmmu2b8T
>>97

> 夫婦が信仰を共有するのは大切なことですし、信仰は楽しく実り豊かな人生にも必要です。

全く、その通りですね。私も家族そろって信心させていただいてとても幸せです。

ところで、最近思うのですが、お互いに2ちゃんで知り合った頃に比べて、だいぶ変わりましたよね。
とても不思議ですね。

99 :89:2008/02/27(水) 10:30:37 ID:Cbal7o8s
>あなたは当て推量をもって結論を出している。

いいえ。私は実際、創価学会員の突然のアポなしの
不躾な訪問を受けています。
あまりに失礼なので、インターホンで話してお帰り頂いた事もある。

私の知人である学会員は、元旦早々から、突然アポなしで
法華講員の来訪を受け、あまりに頭に来たので怒鳴って追い返した
と憤慨していた。そんな話をよく聞く。

私が言いたいのは、幹部の指導でこの様な事は頻発しているという
「事実」である。実例を聞かないことは、例え2ちゃんだろうが、
一切書きはしない。

>電話はする。それが電話の役割だ

あなたも、相当社会常識がないね。相手がどんなに迷惑しようと
一方的に電話をかけるのは「セールスマン」のやることだ。
もっとも、あなた方のやっている事は宗教のセールスそのものですよ。

100 :89:2008/02/27(水) 10:46:18 ID:Cbal7o8s
もう一つ。

>正しく誠意のある回答に難癖をつける。

私は難癖などつける趣味はありません。
あなた方と一緒にしないで頂きたい。
正しく?誠意ある回答か否かを判断するのは
相談されたご当人です。
第三者が言う事ではありません。 以上

101 :神も仏も名無しさん:2008/02/27(水) 17:00:59 ID:D0l+ngUr
>>90
うちには、法華講の人
来るよ
呼び鈴は押さずに
一時間ぐらい家の前を うろうろしている
それに気付いて、玄関からでると「今、たまたま通りががったの」といって折伏が始まるよ
自宅訪問ではなく、たまたま通りがかったと言ってるけど
自宅訪問より、たち悪い

102 :東海子 ◆Ci3UmwhFqY :2008/02/27(水) 17:06:06 ID:9vk+Ljdz
>>101
警察に連絡なされ。
「家の周りをウロウロしている不審な人がいる」と。

103 :神も仏も名無しさん:2008/02/27(水) 21:23:59 ID:D0l+ngUr
>>102
法難だと思い込み、より折伏に熱心になられても困るし、あまりかかわりあいたくないので放置してます

104 :神も仏も名無しさん:2008/02/28(木) 00:03:02 ID:xfnvgVHZ
>>100-101
>あなた方と一緒にしないで頂きたい。
>>1を読んでね。「あなた方」が回答します。「第三者」の回答は拒絶しませんが傍論にすぎません。
相談者は信仰者に質問しているのです。
仏立宗の相談者に立場を明かさず他宗を例に出されては迷惑です。
法華講と学会の遣り取りはあなたの与り知らぬ事情があるのだ。

法華講には「幹部」はいない。
>>電話はする。それが電話の役割だ
迷惑電話と普通の電話の区別をつけてほしいね。

105 :神も仏も名無しさん:2008/02/28(木) 00:10:08 ID:EkuUFEd3
結局、なんですね。
「折伏というもののあり方」「謗法と謗法払い」
これから信心しようか迷っている人、嫌がっている人
既に信仰してるけど迷惑な想いをしている人の
悩みは、この2点に集中してるみたいだね。

後者の話は長くなるので、前者の話だけをちょっと
させてもらいますよ。但し、私が入っている所の考え方
をお伝えするだけです。

106 :神も仏も名無しさん:2008/02/28(木) 00:25:37 ID:EkuUFEd3
折伏っていうのと、無理強いっていうのの「違い」を
即答できる人が少ないのには閉口してしまいます。

「その2つがどう違うって?折伏は邪宗の信仰を捨てさせて
『こちら側の信者にさせること』だから無理強いの要素が入っても
やむをえないだろう」
こう考える人がいたら、それが間違い、トラブルの原因ですね。

日蓮聖人は、法華経によってのみ「成仏」出来る、それ以外の
経典に依って立つ宗旨をいくら熱心に信じても、救われないと、
確かにいたるところに書かれています。
相手が誰であろうと、言うべきことはきっちりといい、教えて
「諌めて(いさめて)」いるのです。
しかし、その後の事は、全て本人次第としています。
決して、信心が決定(けつじょう)「お題目を唱える心になって
いない人」に、無理矢理、本尊を与えて、弟子(僧侶)や檀那(在家
の有力信徒)を遣わして、取り囲んで洗脳していくような事を
した例は皆無です。

107 :神も仏も名無しさん:2008/02/28(木) 00:38:53 ID:EkuUFEd3
続き
解りやすい簡単な例を一つ出しましょう。
日蓮聖人の信者に「大尼御前」という方がありました。
この人は、聖人が幼少の頃から、庇護した恩人でしたが、
聖人が佐渡へ流罪になった時、一時信仰を捨ててしまいました。
その事を、とても後悔した彼女は、4年後、身延にいた聖人に
供養の品を贈り、本尊を下さいと願いましたが、聖人は、
この時点で、まだ、信心が決定していると思えませんといって、
これを断りました。

しかし、「大尼御前」がこれを逆恨みして、再び退転し、
折角、正法(しょうぼう)に帰依する心を持ったのに、
成仏への切符を捨ててしまうことの無い様、弟子に信心の
指導を徹底させています。聖人とはこの様な方なのです。
折伏とは、慈悲の心の発露であるといえます。

108 :神も仏も名無しさん:2008/02/28(木) 00:49:36 ID:EkuUFEd3
続き
又、日蓮聖人の師である「道善」という方は天台僧でしたが、
弟子である聖人に思いやりをかけながらも、とうとう、日蓮教団
には入りませんでした。この他に聖人が最初に修行した、清澄山
には、2人の兄弟子がいましたが、この人達も聖人をかばいは
しましたが、日蓮教団には入りませんでした。
聖人は、こうした人を無理に口説いて、勝手に本尊を届けるような
事はしませんでした。
「師匠は臆病な人だったが、それでも師匠として恩はある」
と、後に「報恩抄」というのを書いて無き道善師の墓前で弟子に
読ませています。
本尊など持たせても、「保ち通せる信心」でない限り無意味なのです。

109 :神も仏も名無しさん:2008/02/28(木) 01:02:38 ID:EkuUFEd3
続き
ところが、戦前・戦後に新しく出来たり、急成長を目指した
多くの「日蓮系教団、宗派」は、そういう事では信者が
増えないので、とにかく入信を急がせよう、本尊を与えれば
いやいやでも活動するだろうと、入信の無理強いを折伏だの
破折だのといって、入信書類にサインさせるよう、多くの
人が取り囲んで、強要する形で信者を急増させました。

宗祖がやらなかった事をやって、大聖人の弟子(といえるかも疑問
ですが)なら、これをしなくてはならないと入った信者にも又
強要するのです。強引な事をして顰蹙(ひんしゅく)を買っても
それが、結局は本人の救いになるならいいではないか、という論理です。
こういう考え方が、集団的に強まり過ぎると、いわゆるカルト教団になります。

110 :神も仏も名無しさん:2008/02/28(木) 01:22:35 ID:EkuUFEd3
創価学会、日蓮正宗法華講、顕正会(元々は妙信講という法華講の一つ)
本門仏立宗、などなど、どの教団がどう組織的に違うか、
それが大事なのではなくて、やっている事が五十歩百歩であれば、
「世間の見方は同じ」なのです。

強引な無理強いによって入信させられた人は、自分もまた同じ事を
していかなくてはならない立場になるのです。
その人の人生は、そこから変わります。

私は30年以上、これらの教団について研究して来ましたが、
私の周辺には、親や祖父母の代から信仰している、いわゆる
2世、3世でありながら、信仰のあり方に疑問を持ったり
辞めてしまう人が沢山ありました。

生まれながら、幸福への切符を掴んでいる人???が
どうして、そういう気持ちになるのか、考える必要があります。

111 :神も仏も名無しさん:2008/02/28(木) 01:51:40 ID:EkuUFEd3
最後になりましたが、>>105-110
を書いた私が所属しているのは「在家日蓮宗浄風会」
という教団です。
私達の「折伏の精神」は、法華経の常不軽菩薩の精神に
依らなければならない、と堅く教えられています。
他の教団とは、言い方が違うでしょう?
今、その話は深くはしません。教学絡みの話はこのスレには
ふさわしくありません。

尚、上記の教団の中には、オウムの残党と同じようにカルトとして
既に公安調査庁の監視下にある教団もあります。
いずれにしましても、これから信仰を始められるか、思案中の方は
十分な情報収集をなさり、十分な時間を取って、検討されてください。

私は、現在の教団に通い始めて信者になるまで5年間かけています。
それまでお金は1円も払っていませんが、たまに訪れる私を歓迎し、
よく納得のいく指導をしてもらったのです。

こういう掲示板には、匿名をいい事に、人の醜い面も如実に現れます。
強圧的、攻撃的な言動が目立つ教団にくれぐれも用心されてください。
ストーカーまがいの行為はスグ警察に連絡してください。
電話の内容は証拠物件になるので、必ずいつも録音しましょう。
普通の電話か、迷惑電話かは、それでわかります。
又、機会ありましたら、謗法のことについてもお話致します。

112 :神も仏も名無しさん:2008/02/28(木) 08:23:47 ID:vj9ADoGk
補足意見
日蓮宗浄風会さんはリンクを無断で張って欲しくない旨の発言がありましたので敢て>>1に載せませんでした。
宗教板関連スレ として
涛蓮宗浄風会
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1122304621/
追加します。
>公安調査庁の監視下にある教団もあります。
顕正会を指しています。
公安調査庁「内外情勢の回顧と展望」
5  特異集団
>また,10年以内に300万人会員の達成を目標とする集団 と記述されていて>オウムの残党と同じようにカルトとして とは
相当な懸隔が認められます。
内外情勢の回顧と展望(平成18年1月)
http://www.moj.go.jp/KOUAN/NAIGAI/NAIGAI18/naigai18-04.html#05
>普通の電話か、迷惑電話かは、それでわかります。
>>89氏の横レスと>>99のすり替えに対して誤読があります。
89氏の横レスは「信仰に疑問を持つ信者への熱心な信者からの電話」が>>99で迷惑な宗教セールスとして難癖をつけて
いる。
信徒間での通信手段としての電話連絡を述べたに過ぎない。
>>105->>111に述べられる事柄・・・本スレに於いて過去頻出。各派からの折伏観に一致した見解です。(つまり正しい)




113 :神も仏も名無しさん:2008/02/28(木) 09:26:52 ID:500JVUuz
日扇聖人御教歌
「義は強くことやはらかに身を下る これぞ不軽の折伏としれ」
「信心の起りて人を助けんと 折伏するは慈悲にぞ有ける」
「吾祖師は不軽の跡をしたふとよ されば弟子等も口唱折伏」



114 :hage:2008/02/28(木) 19:55:15 ID:lwEUmQmX
浄風会さんのスレは、どうなってしまうのですかね?
書き込みされている方は、関係ある方なのでしょうか?何か書き込みされる理由があるように思えます。


115 :昭彦 ◆tHpukwbZRY :2008/02/28(木) 22:12:36 ID:EkuUFEd3
>>114
特にはないですよ。会合に出てもこういう掲示板の事は
話題にも出ません。でも、ある事は知って居りましたので
私が書き込みしました。
ところで、「浄風」という偶数月発行の小冊子はお読みに
なった事はありますか?機会がありましたら本部に連絡して
送って貰ってください。
当会では大体の方が、これを読んで、会長の公演に何度か
足を運ばれて、会館にいらした方にお声がけをさせて頂いて
お話するチャンスを作るといった流れですね。

その冊子だけを何年も読んでらっしゃる「友の会」の方も
多いですよ。私は、今休んでいますがコーラスグループに
参加もしていました。和気あいあいとして、愉しいです。

116 :昭彦 ◆tHpukwbZRY :2008/02/28(木) 22:25:17 ID:EkuUFEd3
追伸
支部間の交流は少ないので、私は浄風会スレの方々は
存じ上げていません。私は首都圏支部に居ますが、
4つの支部が合同した大所帯なので、まだ交流が希薄
ですね。
先程、スレを立てた札幌の方にご挨拶の書き込みを
しました。殆どは落書きが多いスレみたいですが、
本部では、チェックされている可能性が高いので
こちらに、会の名称を出して私が書いた事を報告
した次第です。
本門仏立宗さんとは、共通点も多いので(お教歌を
読んで気づきました)浄風会のスレにもいらしてください。

117 :hage:2008/02/28(木) 22:35:33 ID:lFV6rBI5
昭彦 さんへ
>>114の書き込みはちょっと誤解されるようなものになってしまいました。
申し訳ないです。
114での書き込みをされている方というのは、坊や というHNの方が、
去年の夏ごろからずっと、ほぼ毎日、一日一回書き込みされています。
ほかのスレには書き込みされていないようなので、なにか理由がありそうな
気がしていました。

118 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/02/28(木) 23:24:39 ID:vj9ADoGk
>>117
雑談スレのあの雰囲気では真面目な明彦さんは来てくれないでしょうねぇ。
2chはあれで良いと思いますけど。

昔の学会の本を読むと浄風会とは随分渡り合っていますよ。

119 :hage:2008/02/28(木) 23:28:21 ID:lFV6rBI5
>>118
雑談スレって草加少佐さんのスレですか??

120 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/02/28(木) 23:33:06 ID:vj9ADoGk
そうです。(二等兵がくだらないスレタイにするもんだから)
もう題目くんのような法論スレもありませんから諸派が集まれるのはあそこです。

121 :hage:2008/02/28(木) 23:41:00 ID:lFV6rBI5
やっぱり今は、あのスレなんでしょうね。
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1201004343/l50
(´・ω・`) (´・ω・`) さんも忙しそうですし・・・

話は変わりますが、意識についての
http://www.granular.com/ISC-J/9607/main.html
のコラム、面白かったです。
無意識についての重要性が述べられてます。


122 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2008/02/29(金) 12:09:14 ID:p1rH0NaK
>>121
> http://www.granular.com/ISC-J/9607/main.html
> そういう「万人が納得する定義」のような物を作るのは無理だろう。
はげどう。
> むしろ、「これが意識である」という定義を作り上げて、それについて徹底的に研究をする、という態度が必要とされるだろう。
これは、意識の一部分に着目するという意味なら、同意。

モノは、徹底的に突き詰めていけばいくほど、反対に境目が不明になっていくことがある。
例えば、生命にとって最重要なのはDNA・RNAなのは間違いない。
しかし、これらは単体で結晶として存在する性質も持っており、生命かと問われると?マークが付く。

似たような話は、ミリンダ王の問いという経典にも出てくる。(以下、資料丸写しw)
 僧は、王が乗ってきた車を指して「何か車なのか」と聞く。「輪か?」「軸か?」「車体か?」等々……。
しかし王は、車を構成するすべての部分を挙げて尋ねられても、「そうではない」と答えるしかない。
「では、これらの各部分とは別に車があるのか?」。もちろん違う。
そこで王は「輪によって、軸によって、車体によって……『車』という名称が生じる」と気づく。
(車を、「自分」や「意識」に置き換えて考えてみてくれ。)

123 :神も仏も名無しさん:2008/02/29(金) 14:24:56 ID:Qe1H3xkK
一言に日蓮宗と言ってもいくつかにわかれてるようですね
少し調べたら大きく2つに分類されて、さらにいくつかに分類されているようですが
お寺の外観やお経で見分けることが出来るのでしょうか?

124 :神も仏も名無しさん:2008/02/29(金) 20:50:08 ID:75niVUtp
>>120
アイアイサーw
次からは格好いいスレタイにするかも

>>122
相変わらず良いこと(上手)言うねw
「ミリンダ」はレモンライムかオレンジしか知らんけど

エスペラント語で「幸せな・楽しい」って言う意味なんだww

125 :hage:2008/02/29(金) 21:37:02 ID:Xy02XXlD
太陽の光は、粒子なのか波動なのか・・・・
それがいったい何なのか頭で理解できなくても
生命はそれを明るく感じ、暖かく感じることができる。
世界が光で満たされていることを感じることができる。
ということでしょうかね。



126 :神も仏も名無しさん:2008/03/01(土) 17:59:29 ID:4qIrSQAz
>>125
そうじゃなくて、>>121の中でも触れられているが、意識の定義は厳密な事を考えたら設定不可能という事。

脳の中でどこがどういう風に働いているとかの研究が進んでも、さてどこに意識/無意識があるかというのはハッキリしない。
ハッキリしているのは、脳の各部分で信号をやり取りしその中で決定されるという事だけ。
どこが違っても結果はどこかかしかちがってくるので、これらすべてで意識/無意識を司っているという事にはなるが・・。

もっと広義に考えれば・・体を動かす際には、動作信号を出す→神経→筋肉→触覚・目(・耳・鼻・・・・)からのフィードバック→動作信号の訂正→・・・動作完了。
この場合、脳・手の筋肉・手や腕などの触覚や位置情報・目・(場合によっては、耳・鼻・・)のすべてが意識/無意識上の意志形成にかかわっている。
どこが違っても結果はどこかかしかちがってくるのでry

>>121リンク先
>大脳は処理できないもの、矛盾を生じているものは全て「無意識」の世界に追いやってしまい、自分で処理できる部分だけを取り出して世界を構成している。
うまく出来ているよな。

例えに出したミリンダの問いは、「(小)我」や霊魂の否定に使われる部分。
生命にとって固定したコアになる部分などなく、各部分相互の働きの調和そのものこそが重要なコアであるという事。
・・・・hage氏はよくHPを紹介してくれるが、どうやってたどり着いているのかな?

>>124
>エスペラント語で「幸せな・楽しい」って言う意味なんだww
エスペラントか・・・・唯一生き残った人造語だな。

127 :神も仏も名無しさん:2008/03/01(土) 20:32:37 ID:NGFXu34d
現代の心の病を念仏で癒そうとする日蓮宗
http://news.livedoor.com/article/detail/2664625/

128 :神も仏も名無しさん:2008/03/09(日) 22:05:03 ID:eA4QHPrg
>>116
共通点が多いのではなくて、浄風会は仏立宗から分かれた教団ですよ。
自分が所属する教団のいわれ、歴史ぐらいちゃんと把握しておいてほしいですね。

129 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 18:51:20 ID:yGDvSZXT
質問
2008/03/09(日) ID:LROTQ8rk
2008/03/10(月) ID:MKaEQTiL さんはいったい誰なんでしょうか???



130 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 18:55:24 ID:yGDvSZXT
きっと>>126さんと同人物です。

Ri・・・さん?Mu・さん?それとも、ずっと名無しさん??

131 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 19:29:16 ID:59rc/2t0
>>129
現行スレでは
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1201004343/196
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1202542486/347
日蓮正宗に異常な敵意を漲らせるも知識なし。「経証」を得意として華厳経最勝と考えている。
自分以外は莫迦と思って他者を舐めきっている。精神有害。佛教を学びながら増上慢。
>>130
違います。良くご存知のコテハン。つ「中ry


132 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 19:43:13 ID:59rc/2t0
誤解を招くとイケナイので補足
>>129
この人は良く創価板をROMしている反法華の立場で最近まで常連としてはカキコしていない。
>>130
勿論、>>129の名無し増上慢とは別人。

133 :hage:2008/03/10(月) 19:56:41 ID:Yj6sSUA4
なるほど、了解です。ありがとうございました。

ところで、貴方はAt…さん??



134 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2008/03/10(月) 21:12:26 ID:+uY8NUD8
>>131-132
その通り、俺じゃない。
・・・・たまには、キャラクターを変えてカキコするかな・・・・・w

>>133
ほぼ間違いなし・・・と思う。

135 :◆WffpE1Y46U :2008/03/11(火) 07:26:57 ID:vVoY9FHp
はじめまして。浄風会員の風と申します。
このスレのことを伺って一応読ませていただきました。
管理がしっかりしていそうで、良いスレですね。
私たちの教団は世間的にはあまり認知もされていない小教団で
関心を持つ方がいてもここで聞かれるかどうかは疑問です。
ただ、その存在を知って頂くだけでも有意義かと考えます。
>>128
あなたは、浄風会の公式HPをご覧いただいていますか。
浄風会が、本門仏立宗から分かれた教団であることは、
会員なら全員知っています。
そこには、教団史から全てが書いてあり、他に教団史の本もあります。
分派だからこそ、共通点が多いと書いたのでしょう。
物事には全て理由があります。偶然はないのです。
ご自分の「思い込み」で簡単にレスしないで、吟味して読んでいただきたい
と思います。
hageさんへ
ありがとうございます。
いたずら書きが多いので「浄風会スレ」は書きづらいと思います。
折角リンクを貼っていただいたようですが、私はもう向こうのスレに
積極的には関与しません。
質問が無い限り、こちらにもあまり書きません。
先ず、公式HPを一読していただく様、誘導していただければ幸いです。
では、今日はこれにて。

136 :hage:2008/03/11(火) 11:59:06 ID:4J+dnCFY
風さん、ありがとうございます。

「浄風会スレ」は私も大好きなスレだったのですが、最近は寂しい限りです。
浄風会スレでの、小五郎さんと風さんの対話は本当に素晴らしいと感じました。
mixiで浄風会さんのスレがあるようです。そちらに行かれた方もいるのでしょうね。
2ちゃんでは、いろんな方が書込みされるので、それこそ十人十色で、いろいろ個性がおありです。
私自身も、心無い書込みをしているのではないかと、反省することもあります。
人生山あり谷ありと同じように、2ちゃんも山あり谷ありなのでしょうかね??

浄風会への公式HPへの誘導の件了解しました。
またの再開、楽しみにしています。

在家日蓮宗浄風会公式HP
http://www.jofukai.or.jp/


137 :神も仏も名無しさん:2008/03/17(月) 01:14:42 ID:u1YTyPBv
>>135-136
いい加減意味のない感謝は慎め。偽善者め。

138 :神も仏も名無しさん:2008/03/17(月) 09:18:11 ID:/XxjG35e
     ∧__∧
    ( ・ω・)   いやどす
    ハ∨/^ヽ
   ノ::[三ノ :.、
   i)、_;|*く;  ノ
     |!: ::.".T~
     ハ、___|
"""~""""""~"""~"""~"


139 :神も仏も名無しさん:2008/03/17(月) 17:24:49 ID:T39s3ELN
うはwwwwここも感謝をないがしろに扱う「ありがとう教」かよ。

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1196024893/l50

140 :神も仏も名無しさん:2008/03/18(火) 14:20:55 ID:XkAJ8Nk4
http://wannabe.fam.cx/service/2ch_01/read.cgi?news4vip/1176948656/l50

http://209.85.175.104/search?q=cache:wWu_ADyFWGgJ:www.23ch.info/test/read.cgi/psy/1185696073/+%E3%81%8A%E6%AF%8D%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93LOVE%E3%80%80%E6%97%A5%E8%93%AE&hl=ja&ct=clnk&cd=33&gl=jp

141 :神も仏も名無しさん:2008/03/18(火) 19:58:47 ID:Ejj5+Bzq
「ありがとう教」じゃないんだよ。
でも、あんたに説明したって多分わからない。
スレを転々として、難癖つけて荒らしまわって
面白けりゃ、やってれば?

142 :神も仏も名無しさん:2008/03/20(木) 18:05:54 ID:p2g5FAIc
ww

143 :hage:2008/03/24(月) 22:42:40 ID:SRqSIGhJ
ここダプチ刑務所からは空しかみえない
空を流れる雲たち
それが父や母だったら、どんなに素敵だろう
監獄の友たちよ
わたしたちはノルブリンカの花
どんな雹や霜だろうが
わたしたちのつないだ手を離れさせることはできない
いつか必ず雲の後ろから太陽があらわれる
だからそんなに悲しまないで
たとえ太陽が沈んでしまっても
こんどは月が照らしてくれる
だからそんなに悲しまないで

http://abetoshiro.ti-da.net/e2030283.html 
http://www.butsuryushu.or.jp/cgi-bin/bbs0_mini/minibbs.cgi

どうか、世界が平和でありますように。

いっしょに祈願していただけませんでしょうか?


144 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 23:08:11 ID:Chd+t3GK
日蓮正宗のスレッド5の980
じゃあ、間口を広く開けてるぶん、日蓮正宗ホッケ講もミョーカン講も、顕正会員流入で、公安に監視されてる団体なんですね。
おお!コワw
うかつに関われないなw



145 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 00:16:28 ID:kSSll+DK
>>144
日蓮正宗は「公安」(複数ある)から監視されていません。
公安関係者から監視されている人は相当数に上り、その人が何かの宗教を信仰してもその教団が監視対象に
なる訳ではない。それと同じです。
日蓮正宗の信仰は強要されませんから関るのも関らないのも貴方の自由意志です。



146 :hage:2008/03/26(水) 19:44:38 ID:/Wu+N/Yj
質問します。

時間をどんどん細分化して、限りなくゼロとした場合、
意識や心は存在するでしょうか?

意識や心は、時間の経過がなければ、存在しないものなのでしょうか?

147 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 20:59:35 ID:4f3UvN3x
質問ですw
牙城会ってなんですのぉ?

頭悪そーな連中で遊んでて楽しいですよwww

148 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 21:59:41 ID:4o0Debmc
>>147
たぶん、創価学会で、より抜かれた若者たちの会で

地域ごとにあるようです。

会館の警護やら、交通誘導やら、そんなことしてるボランティア

だったような。別に「創価班」というのもあるようですが、

詳しく知りません。

149 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 00:38:23 ID:hGvMTZXg
>>147
だいぶ前に創価板で読んだな
会館の駐車場の交通整理をするんだけど、会員のマナーが悪くて参ったとか・・・

創価・公明板へいけば専用スレもあるよ

150 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 04:31:08 ID:SobMRgVA
仏教質問スレでカキコしたんで、ちとマルチになるかな?
富士ケンショウ会って何ですか?
入信しませんかと勧誘がしつこく、困ってます。
日蓮様の怨念を利用して世の中を解釈し、世直ししようとしているみたい。


151 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 09:40:22 ID:DJSV9vZY
>>150
冨士大石寺顕正会は日蓮正宗から処分・除名された「妙信講」が名前を変えた宗教法人です。
日蓮大聖人に怨念はないので利用は出来ません。
顕正会の浅井会長が自分勝手な教義解釈をし終末思想・日本滅亡論を説きます。
教団拡張の為に強引な会員獲得工作をしていますが入会はお勧めできません。
勧誘から逃げるのは警察へ通報するのが一番です。
論破は素人には無理です。
警察沙汰にまでしたくないのでしたら新聞勧誘や訪問販売・セールスマン同様に対処するか相手との交友を絶つしか
ありません。
顕正会の宗教的脅迫は根拠がないので入会しなくても不幸になったり罰があたったりはしません。


152 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 10:39:19 ID:/usYNqPx
>>150
オウムの残党などは別問題として、
今、我が国で、最も注意しなくてはいけないのが、
冨士大石寺顕正会です。私は妙信講だった昭和56年ごろ、
つきまとわれて、不幸になるとか、さんざん嫌がらせを受けました。
こういう教団に限って、近寄る時には甘言で寄ってきますから、
興味を少しでも示してはなりません。
「ちょっと位なら」ここから悲劇が始まります。
「話だけでも聞いてください」といわれても、
聞いてはいけません。
個人情報を勝手に悪用された場合、いくらでも罪に問えます。
あそこだけは、注意ですよ。

153 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 14:27:13 ID:H5ryOsKz
>>123ですが、ひと月待ちましたが
さようなら

154 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 08:33:01 ID:ZZmdGT3/
>>153
結論だけいえば、お寺の外観や、お経での見分けはつきません。
宗派名で判断するしかないです。以上

155 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 09:39:13 ID:5jy0kh5E
http://namumyouhourengekyou.blogspot.com/
http://ameblo.jp/hage1119/

156 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 19:50:43 ID:5YqztGgZ
>>155
あれ、hageさんなんですか.........カワイイ。いやっ、失礼。
私もマネしてみようとしましたが、技量不足と文才の無さで、
中座してしまいそうです。私の弟位のご年齢だったんですネ。
ヘンなレスしてしまい、ごめんなさい。お気を悪くなさらずに。

157 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 02:18:50 ID:wxv+fnwq
こちら、浄風会です。
早くも、本年の「立宗節」(当会ではこう呼んでいます)の葉書が
届きました。初詣で・立宗節・御会式が、当会の3大式典です。

他宗では、「立教開宗会」ですね。どんな事をなさっていますか?
潅仏会「花祭り」は、本門重視の勝劣派では、先ずやらないようですね。

158 :hage:2008/04/05(土) 18:21:49 ID:KXaCYPTs
>>50

> 独り言しか言えないのは日蓮カルト2号君、おまえだ。

> 日蓮カルト三莫迦兄弟は全部同じ穴のムジナだっていってんだろ。



159 :hage:2008/04/05(土) 18:27:39 ID:KXaCYPTs
>>157

> 他宗では、「立教開宗会」ですね。どんな事をなさっていますか?

私のところでは、立教開宗にあわせての行事はないです。
風さんのところでは三大会はどうですか?


> 潅仏会「花祭り」は、本門重視の勝劣派では、先ずやらないようですね。

花祭りはないですね。

160 :hage:2008/04/05(土) 20:48:09 ID:Zbxsapd4
>>158は、書き込みミスです。
申し訳ありまん。

携帯で書き込みしようとしたら、何故か158のフレーズが、
勝手に入っていることがあるのですが、なぜでしょうかね??

161 :◆WffpE1Y46U :2008/04/06(日) 09:07:43 ID:MaK4UJjj
>>159
立宗節は、3大式典の中では、そんなに人が集まるほうではないです。
御会式が一番盛大でしょうか。仏立宗さん同様、桜花の献花は行わないです。
聞いたことはないのですが、何故なんでしょうね。

>>160
私はPC専門派なので、携帯の事がイマイチわかりません。
それにしても、すごい「暴言」を吐く人がいるものですね。
モノには言い方というものがあるのに。


162 :神も仏も名無しさん:2008/04/10(木) 01:03:24 ID:n1qcYdtX
創価学会以外の宗派が、えらそうに色々言ってんじゃねえよ

163 :神も仏も名無しさん:2008/04/10(木) 09:12:32 ID:n1qcYdtX
その通り!
創価学会以外はくずだからね、
池田先生こそ日蓮大聖人の生まれ変わりなんだから
世界の王ですよ

164 :神も仏も名無しさん:2008/04/10(木) 09:36:00 ID:WWG/xC+M
>>162-163
いま醜い自演を見た

165 :hage:2008/04/11(金) 07:31:56 ID:KKTZvMp6
>>163さん、はじめまして。
こちらにも、時々、創価学会の信者さんが来られます。たいへん素晴らしい方ですよ。

163さんも、率直な意見をいろいろ書き込みして下さい。

166 :◆WffpE1Y46U :2008/04/11(金) 10:38:54 ID:+YpJOxPH
私にも創価の知り合い、近所にいますよ。
私と同じ年。私は白髪、彼はスキンヘッド、ホントです。
大白蓮華も読んでますよ。御書のところだけ。

167 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 04:04:38 ID:5l1PT6Wz
初めまして、最近家の宗教に興味を持ち始めた者です。
日蓮宗である事は知っていたのですが、自分の宗派がどれなのか、いまいち分かりません。
何度か身延山の久遠寺や池上本門寺にお参りした事があるので、
いわゆる「身延派」だとは思うのですが・・・
でも久遠寺にお参りしてる時に、色んな宗派の団体さんがいらっしゃったので、
多分身延派も更に細かく分かれているのかなと疑問に思い、
質問させていただきました。
よろしくお願いします。

168 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 08:17:56 ID:ZeeDrrFR
ここで自分の宗派を名乗ると法論の餌食ですw
お教本に発行宗派が書いてあると思うので見てね

太鼓の音は小さめでお願いしますよwww

169 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 13:15:03 ID:5l1PT6Wz
ありがとうございます。
教本に書いてあるんですね、実家に帰った時にでも見てみます。

太鼓・・・うるさいですよねあれ。苦手です。

170 :神も仏も名無しさん:2008/04/22(火) 16:46:48 ID:QvbGdWjl
池田さんに昔、軟禁された日蓮正宗の幹部?って誰ですか?

171 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 19:34:32 ID:/2pRgpJP

>>800

アドレスが変わっていましたので上げ直します。どうも。

3.29リチャード・コシミズ東京講演会

http://jp.youtube.com/results?search_query=3.29%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%EF%BD%A5%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%BA%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A&search_type=


172 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 22:38:39 ID:/1CtbQb6
>>170
日蓮正宗の高僧と言う意味かな?
高僧には該当者はいませんね。在家の反池田氏の信徒まで広げてもそのような人はいませんね。
学会以外の在家には「幹部」の立場の信徒は存在しません。


173 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 22:44:29 ID:lJ4bcodp
>>170
小笠原慈聞?

174 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 23:14:06 ID:PcnTK6ip
日蓮系の香具師は選挙どうすんの?
公明以外で共産?とか・・・

175 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 23:26:24 ID:L5VJ4stH
>>172 >>173
おお!レスどうもありがとうございますm(__)m
私の恋人は日蓮正宗の信者なのですが(最近知りました)
その軟禁された日蓮正宗のおじさん(偉い人?)に反対されたらしく
私(無宗教者です)との結婚は無しになってしまいました。
恋人は一時は日蓮正宗をやめようとしていたそうですが
その偉いおじさんにかなり説得されたらしくて結婚の方を諦める事になってしまいました・゜・(ノД`)・゜・


176 :神も仏も名無しさん:2008/05/13(火) 11:07:56 ID:/CW7vScO
質問です。
日蓮宗の僧侶はどのような袈裟を纏っているのでしょうか?
できれば画像を見たいのですが。

177 :神も仏も名無しさん:2008/05/13(火) 12:09:42 ID:/CW7vScO
事故解決しました。

178 :はじめまして:2008/05/19(月) 02:54:36 ID:HhW43tAH
質問があります。
日蓮系にも色々ありますが、日蓮系そのものは右派 中道 左派 のどれにあたるんですか?また 同じ日蓮系でも 別れてるんですか?是非教えて下さい。

179 :神も仏も名無しさん:2008/05/19(月) 04:06:52 ID:pxbXEcF5
>>178
政治的な立場と理解してよろしいですか?
中道は政治用語としてはもう中道政党(かつての公明・民社)は存在しないか保守となったので死語です。
右は宗教右翼に分類される國柱會(日蓮宗身延派)から左翼の日本山妙法寺(日蓮宗身延派)まで包括しています。
宗教法人・日蓮宗(日蓮宗身延派)は教義の異なる各門流が野合しているので特定の政治信条はありません。

日蓮聖人の教義は右派 中道 左派のいづれにも該当しませんが共産主義とは共存できません。

180 :神も仏も名無しさん:2008/05/19(月) 07:13:33 ID:g4Obkbbq
国柱会は単称日蓮宗と無関係。日本山も無関係。興門本山で富士山の傍にあるのは富士派
というが他にはそういう言い方(地名+派)はない。**門徒という。単称単称日蓮宗は6門徒
全部の連合。

181 :神も仏も名無しさん:2008/05/19(月) 10:37:50 ID:VykSNMnz
日蓮宗は、浄土宗や真言宗の様な、過去に於いて摂関家の子弟が入り込んでは為政に近寄り
過ぎて、身分・職分に拠って「其の正統」を唱え出しての分派は在りません。
当時の物理的な距離と布教拠点で別れていたに過ぎず、大聖人に所縁の場所が、大本山格
として在り、御真廟の在る祖山は身延なので、総本山となってます。

まとまった契機となったのは、日興さん系統の「在家信徒団体の強力な布教活動」に在るのは
否めませんね。

182 :神も仏も名無しさん:2008/05/19(月) 10:50:04 ID:2AwuO4Hk
boo

183 :神も仏も名無しさん:2008/05/19(月) 15:27:20 ID:Z3usL5Ba
>>178
>>179とは違う意見をば・・・。
日蓮大聖人の仏法は、中道。
中庸とは違う。
中庸は、どんな場合でも中間。
中道は、場合によっては極端(に見える)。

     左   中道   右
          中庸
社会全体が左に偏れば
左   中庸   右
          中道

中道は、常に絶対的な基準で物事を見るから、ブレがない。

184 :名無しさん@3周年:2008/05/19(月) 15:54:01 ID:FeObG51w
政治の中道と、仏教の中道はまったく異質のものなんだが・・・

185 :ありがとうございました。:2008/05/19(月) 16:30:20 ID:HhW43tAH
では物流宗や層カはどうなのでしょうか?

186 :神も仏も名無しさん:2008/05/19(月) 19:28:31 ID:Z3usL5Ba
>>184
左や右というのは、別に保守VS革新とか、世界市民VS国粋主義だけの意味じゃない。
ひとつの分野において、相反する両極端の意見が右・左。
仏法は、世法を含む包括的な法であり、絶対的基準となる。
だから、>>183のようになる。

ついでに言えば、中道はその時々で必要ならば、(絶対的基準に基づいて)右にも左にも能動的に振れる。

187 :186:2008/05/19(月) 19:32:12 ID:Z3usL5Ba
>>186補足
>仏法は、世法を含む包括的な法であり
本当は違うのだが、分かりやすいのでこのような説明とした。

188 :神も仏も名無しさん:2008/05/19(月) 20:20:37 ID:FduFj9Bd
佛教は日蓮大聖人に縁って既に広宣流布されている。
没後の室町期には洛中の庶民をはじめ、武家・公家にも檀家は増えて、守護・地頭制度の
お陰で末寺も増えたのだ。

「在家信徒団体」活動は、明治維新のドサクサに始まる。

平成の御世でこそ、「日蓮宗直檀家」として、本山・大本山・総本山への帰参が望まれるな。

189 :179:2008/05/19(月) 21:10:09 ID:pxbXEcF5
>日蓮聖人の教義は右派 中道 左派のいづれにも該当しませんが

>>186
>仏法は、世法を含む包括的な法であり、絶対的基準となる。
に基づき
日蓮大聖人の佛法は中道に訂正します。

>>188
>佛教は日蓮大聖人に縁って既に広宣流布されている。
大騒ぎならぬ大間違い。
広宣流布は時を待つべきのみ。未来の話だ。
こういうのがいるから区別の為に日蓮宗身延派と呼称せざるを得ない。

190 :名無しさん@3周年:2008/05/19(月) 21:30:07 ID:FeObG51w
>>186>>187
>仏法は、世法を含む包括的な法であり、絶対的基準となる。
それは間違ってないし、違ってもない。

ただし、世法を低く見て否定するだけでは、仏法は体現できんわな。


191 :神も仏も名無しさん:2008/05/19(月) 23:50:50 ID:FduFj9Bd
>>190 (笑) 否定は「苦」の点で参票w

192 :神も仏も名無しさん:2008/05/20(火) 01:16:15 ID:321vuWjQ
広宣流布は第五の五百歳に起こること。これを過ぎれば次第に本未有善の機ではなくなる。
すでに題目を聞き下種を受けた人達に変わっていくから。室町時代に十分題目は流布した。

193 :神も仏も名無しさん:2008/05/20(火) 01:19:42 ID:321vuWjQ
新興宗教は日蓮宗ではないから自分の信者が圧倒的な数になることを広宣流布というらしい。

194 :神も仏も名無しさん:2008/05/20(火) 11:34:53 ID:321vuWjQ
広ク宣ベテ流布セシム

なんだから日蓮宗と無関係の新興宗教であっても信者の数ではなく、
何かの言葉を流布することをいうのでないと変。そういう意味では
マスメディアがある現代では流布は早い。創価学会とか池田大作氏
とかの名はすでに広宣流布しているね。

195 :神も仏も名無しさん:2008/05/20(火) 18:52:22 ID:bLVfJAH/
>>192
奇説・珍説。笑止の与太噺。
”念の為”宗教法人・日蓮宗のサイトでも室町時代広宣流布説なし。
広宣流布とは日本一同に南無妙法蓮華経を唱えている仏国土だ。

196 :神も仏も名無しさん:2008/05/20(火) 19:00:12 ID:F/cG+ZX6
http://same.u.la/test/r.so/sports11.2ch.net/ski/1210608139/l10#down

197 :神も仏も名無しさん:2008/05/21(水) 02:11:24 ID:ym77xOiv
オウム真理教も広宣流布しているな。「修行するぞ」を知らない人は少し前にはいなかった。

198 :神も仏も名無しさん:2008/05/21(水) 02:23:47 ID:ym77xOiv
誰も知ってしまえばその時点で教勢は止まる。どんな商品やサービスとも同じ。
バージョンアップすれば別だが。だから広宣流布と教勢伸長と結局同じになる。

199 :神も仏も名無しさん:2008/05/21(水) 02:44:35 ID:ym77xOiv
誰も知っておりシェアが1割の商品があるとする。誰も知っているのだから
それ以上売りようがない。営業費をいくらかけても見返りはほとんどない。
シェアを2割にしようとしたら別の商品といえるほどのものを作るしかない。
宗教の教団の場合、単品販売だからマイナーバージョンアップが限界だろう。

200 :神も仏も名無しさん:2008/05/22(木) 02:09:07 ID:tGXq5Yyp
日蓮勢力のピークは法華乱直前。人口の1/2と書いている宣教師もいる。1/3はあっただろう。
第五の五百歳の終わる頃、京都を支配する日蓮宗徒は法敵山科本願寺を総攻撃、難攻の要害
本願寺城ついに陥落炎上した。しかし延暦寺が参戦、圧倒的な比叡山兵の武力の前に抗する
すべなく京都21本山破却、京都市内は3/4を焼き、応仁の乱をはるかに越える被害を受けた。
以後、日蓮勢力は回復することは無かった。第五の五百歳は終わったのである。

201 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 05:23:59 ID:waFeTi9e
「然五五百且従一往。末法之初冥利不無。且據大教可流行時」(文句記)

大集経月蔵分によると「第五五百年。白法隠滯多有諍訟」だが
「微有善法得堅固」。かすかに善法ありて堅固を得。

だから「末法の初冥利無きにあらず、且く大教の流行すべき時に拠る」

大集経による末法の初め500年(1052-1551)にはまだ微かに善法がある。
浄土教ではこれを称名念仏とし、天台宗では法華一乗とする。

202 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 05:31:58 ID:waFeTi9e
法華乱は法華一乗の同士討ち。日蓮宗を退治した比叡山もその後信長公によって征伐。
山科を焼かれ石山に拠った本願寺も10年戦争の後、信長に降伏。日本仏教は終わった。

203 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 22:38:08 ID:JSTkjxL4
>>200 室町から戦国に掛けての人口は精々が2000万人程度です。
で、京都には100万人も居なかったが??? 江戸期の御江戸で100万人都市だかんね
其の半分なら新仏教の会員の半分にも満たない

本願寺の檀家の方が多かったよ。 近畿全般に行き渡っての組織だったし〜w

204 :hage:2008/05/31(土) 09:41:35 ID:KwlF89aB
信長が殺された、本能寺は本門法華宗(八品派)の本山です。

205 :神も仏も名無しさん:2008/06/05(木) 11:26:00 ID:ORSPGdR5
室町の終わりの頃、一説によると全国の日蓮宗人口は1/2。京都市内は完全な支配下にあった。

206 :神も仏も名無しさん:2008/06/09(月) 11:02:43 ID:keCqlp/b
織田家は日蓮宗。日蓮宗のよいところは他宗は全部邪教というところ。
でもそんな独善的なこといってると他宗学ばないから議論すると必敗。
自分の日蓮宗の間違いに気づき易い。そうすると全宗教が邪教と分かる。

207 :神も仏も名無しさん:2008/06/09(月) 11:40:53 ID:keCqlp/b
つまり日蓮は俺だけ正しい宗教、他みんな邪宗、信仰すると地獄に落ちるぞと狂って吼えた。
そこまで脅されると保険を掛けていちおう日蓮やっとくかという人が出る。他宗は何を信仰
しても正しい行いをしていれば地獄に落ちないという。日蓮はどんな悪事をしてもよいけど
俺を信じないと地獄行きという。なら日蓮に保険掛けとくのが計算上正しい。もし日蓮が
正しいと悪事してもいいわけだし。要するにカルヴァンと同じ。どっちも計算が得意な商人
が信者になった。保険掛けとくだけで時間が経てばもう馬鹿馬鹿しいから宗教一切やめよう
となる。無神論の時代が来る。日蓮やカルヴァン自身は基地外なんだが、宗教全廃の世界を
あっという間に結果的に開いた。日蓮がいたから日本人は西洋人に互せた。だから人類史上
の両聖人なんだ。

208 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆BJxtZcoB2U :2008/06/18(水) 06:06:41 ID:uIclue45
なんとも激辛な論たな(ニガ笑)

209 :神も仏も名無しさん:2008/06/19(木) 22:36:32 ID:F1kb/HiA
危険な原理主義の台頭〜なぜ日蓮系と福音派が伸張しているのか
http://www.phoenix-c.or.jp/~m-ecofar/152-2.html

210 :神も仏も名無しさん:2008/06/19(木) 22:56:23 ID:HgNXG/U7
信長個人は法華宗だが、織田家は曹洞宗だよ

211 :神も仏も名無しさん:2008/06/19(木) 23:37:57 ID:F1kb/HiA
信長の墓所は法華宗本門流本能寺(本廟)、臨済宗大徳寺総見院その他。
信秀の葬儀は曹洞宗万松寺、信長の葬儀は臨済宗大徳寺で行われた。
織田宗家(天童藩)の菩提寺は浄土宗三宝寺。

212 :神も仏も名無しさん:2008/06/20(金) 01:12:33 ID:jP8vZkiv
信長の首塚は西山本門寺(日興門流・単立寺院)にある。
本能寺の変の後、信長の遺体が見つからなかったのは謎とされている。

213 :神も仏も名無しさん:2008/06/20(金) 13:48:29 ID:rbZWGPq2
変の前夜、日海(後の本因坊算砂)は本能寺で同寺の僧林利玄(林家元祖)と碁を打った。
この碁で三劫が出来たので以来三劫を縁起が悪いとする。
西山本門寺の伝説によると、日海は原宗安に指示し、自刃した信長と父原胤重、兄原清安の
3人の首を本能寺を脱出して、原家出身の日順が住持を勤めていた同寺に納めさせたという。

214 :神も仏も名無しさん:2008/06/20(金) 23:10:24 ID:rbZWGPq2
僧形の棋院四家の中、本因坊家と林家の祖は法華宗の僧であるが、
本邦最初の棋譜と称するものは日蓮・日朗の対局である。

http://members.at.infoseek.co.jp/igosennin/nichiren.htm

ただし三劫の伝説もこの棋譜もはるか後代のものである。

215 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 08:49:59 ID:7aozUYRP
    「出世の本懐」

 弘安二年の「 本門戒壇の大御本尊 」は、大聖人の出世の本懐であられる
 ゆえに聖人御難事には「 去ぬる建長五年四月二十八日 --- 午の時に此の法門申しはじめて
 今に二十七年弘安二年なり。仏は四十余年、天台大師は三十余年、伝教大師は二
 十余年に出世の本懐を遂げ給う、其の中の大難申す計りなし、先々に申すが如し。余は
 二十七年なり、其の間の大難は各々かつしろしめせり 」と。
  
 佐渡以後、大聖人は強信・有縁の弟子に御本尊を授与されているが、これらの御本尊は
 「一機一縁」といって、個人に授与されたものである。
 弘安二年の「 本門戒壇の大御本尊 」は、末法の全人類に総じて授与し給うた大御本尊
 で、広宣流布の暁には本門戒壇に奉安さるべき御本尊なるゆえ、「 本門戒壇の大御本
 尊 」と申し上げるのである。この大御本尊こそ、久遠元初の自受用身・日蓮大聖人の御当体であられる。
 三大秘法のうち、本門の題目は立宗の時唱え出されたが、その本門の題目の実体こそこの
 本門戒壇の大御本尊 」であられる


216 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 08:50:52 ID:7aozUYRP
   「三大秘法」

 日蓮大聖人が弘通あそばした仏法は三大秘法である。ゆえに法華取要抄には「 問うて
 云く、如来滅後二千余年、竜樹・天親・天台・伝教の残したもう所の秘法何物ぞや。答えて
 云く、本門の本尊と戒壇と題目の五字となり 」と。
  この仰せのごとく、三大秘法とは、本門の本尊と、本門の戒壇と、本門の題目である。
 
  三大秘法は本尊と戒壇と題目の三つに分れていても、合すればただ本門の本尊の一大
 秘法となる。そのわけは、本門の本尊のおわします所が本門の戒壇であり、またこの御本
 尊を信じて南無妙法蓮華経と唱えるのが本門の題目である。
 すなわち戒壇も題目もすべて本門の本尊より発するゆえである。ゆえに「 本門戒壇の大
 御本尊 」を、三大秘法総在の本尊と申し上げる。


217 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 08:51:57 ID:7aozUYRP
    「付嘱」

 弘安五年九月、御入滅近きをおぼされた大聖人は、あまたの弟子の中から
 師弟不二・一体の境界の日興上人に、この戒壇の大御本尊を付嘱され滅後の大導師に任じ
 あそばした。その御付嘱状が次の 「一期弘法付嘱書 」である。

 「 日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を付嘱す。本門弘通の大導師たるべきなり
 国主此の法を立てらるれば、富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり。時を待つべきのみ
 事の戒法と謂うは是なり。就中我が門弟等此の状を守るべきなり。弘安五年壬午九
 月 日  日蓮 在御判  血脈の次第 日蓮 日興 」
 
 この御付嘱状に、付嘱の法体たる戒壇の大御本尊と、血脈は赫々明々である。


218 :hage:2008/06/26(木) 09:07:52 ID:HjnJzmVQ
>>215
富士派では、
>「 去ぬる建長五年四月二十八日 --- 午の時に此の法門申しはじめて
 今に二十七年弘安二年なり。仏は四十余年、天台大師は三十余年、伝教大師は二
 十余年に出世の本懐を遂げ給う、其の中の大難申す計りなし、先々に申すが如し。余は
 二十七年なり、其の間の大難は各々かつしろしめせり 」

の解釈が独特ですね。
他の宗派からすれば、そこから大石寺の御本尊を、「末法の全人類に総じて授与し給うた大御本尊」
には結び付けれることはできません。
富士派にとっては、大石寺の御本尊が特別な拠りどころのようですけど・・・・

219 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 11:40:02 ID:7LLAhwiE
>>218
>>215-217はコピペですね。
>他の宗派からすれば、そこから大石寺の御本尊〜結び付けれることはできません。
堀上人は「熱原法難史」で戒壇本尊の直接の文便ではないと仰せになっています。
聖人御難事の該当箇所の解釈として「余(日蓮大聖人)は二十七年に出世の本懐を遂げた」
建長五年から弘安二年まで27年目にして天台・傳教大師と同じく出世の本懐を遂げた。
これ以外に解釈のしようがない御文ではないでしょうか。
弘安二年に出世の本懐に該当する事蹟を見ると大石寺で主張する戒壇本尊建立以外にはないようです。
戒壇本尊建立の事実がないとしたら聖人御難事はどう解釈しますか。
日蓮大聖人の出世の本懐とは何でしょうか。

コピペ全体が他門の肯定できかねるところでありましょう。
貼っていった人は疑難への回答ができるからここに貼ったのでしょう。
感想ではなく質問をどうぞ。


220 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 12:38:22 ID:7aozUYRP
  「末法下種の本仏」

 この世には「仏」という実在がある。仏とは、透徹の智恵を以て生命・宇宙実相を見究め
 自ら成仏という永遠に崩れぬ幸福境涯を証得されると同時に、この成仏の境界に一切衆
 生をも導き入れんと、大慈悲を以て法を勧め給うお方である。
 この広漠の宇宙法界には、三世・十万にわたって無数の「仏」が存在する。三千年前
 インドに出現した釈迦仏も、その中の一仏である。しかし釈迦仏法は入滅後二千年で滅尽する
 そしてそれ以後の時代を「末法」という。

 末法は貪・瞋・癡の三毒が強い荒凡夫で充満し、争い事の多い荒れた世の中となる。この
 末法においては、釈迦仏のような三十二相で身を荘厳った並みの仏すなわち「熟脱の
 仏」では、大衆は救えない。このとき「久遠元初の自受用身」という、三世十万の諸仏の根
 源たる本仏が出現され、三大秘法という根本の仏法を以て、人を、国を、人類を、救済される
 この「下種の御本仏」こそが、七百年前、日本に出現された日蓮大聖人であられる

 日蓮大聖人は大慈悲を以て、三大秘法の「南無妙法蓮華経」を唱えることを、人々に勧
 められた。末法にはこの大法以外に成仏の法はない。また大聖人は立正安国論を認められ
 三大秘法を根底として国家を安泰にすることを、国主に進言された。


221 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 12:39:15 ID:7aozUYRP

 そして、もしこの三大秘法に背くとき、人も、国も、人類も亡びることを 「日蓮によりて日
 本国の有無はあるべし」 とのお言葉を以て、強々と一切大衆にお示しになられた。これ、
 全人類を救うために、帰依すべき唯一人の仏を教え給うたものである。

 日蓮によりて日本国の有無はあるべし」の意を、ここにおいて深く思うべきである。日
 蓮大聖人に背くとき、人も、国も、人類も亡びる。このことを立正安国論には「自界叛逆・
 他国侵逼」と示され、さらに同奥書に「未来亦然るべきか」と警告されているのである。
 人類の存する限り、国家の在る限り、立正安国論に示されたこの法則は、永遠に生きている
 そして「未来亦然るべきか」の「未来」とは、まさしく今日のことなのである。


222 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 12:40:14 ID:7aozUYRP
    「本門の本尊」

本門の本尊とは、日蓮大聖人が末法の一切衆生の成仏修行の対境として、御自身
が証得された生命の極理を、一幅に図顕し給うた妙法五字の大曼荼羅である。
大聖人はこの本門の本尊を、佐渡御流罪以後書き顕わし給い、その数は現存するものだけで
百数十幅に及んでいる。しかし文永・建治年間に顕わされた御本尊は、上行菩薩としての
御立場から図顕された趣きがその御相貌に拝され、未究竟(未だ究極の意を尽くしてない
)の御本尊と申し上げるべきである

まさしく弘安元年以後の御本尊こそ、久遠元初の自受用身・末法下種の御本仏としての
御内証を、余すところなく顕わし給うた究竟の御本尊である。その中でも弘安二年の「 本
門戒壇の大御本尊 」は究竟の中の究竟、本懐の中の本懐であり、日本を始めとして世界
の全人類に授与せられた総体の大御本尊である。
 ゆえに日寛上人は「 なかんずく弘安二年の本門戒壇の御本尊は、究竟中の究竟、本
懐中の本懐なり。すでにこれ三大秘法の随一なり。況や一閻浮提総体の本尊なる故なり 」
」(観心本尊抄文段)と御指南されている。

 この戒壇の大御本尊と他の御真筆御本尊との関係を拝するならば、まさに根本と枝葉。
また同じく戒壇の大御本尊と日興上人以下御歴代書写の御本尊との関係は、本体と分身
の関係と拝し奉るべきであろう。まさしく「 本門戒壇の大御本尊 」こそ三大秘法の随一、本
門の本尊の根源であられる。


223 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 12:51:30 ID:7aozUYRP
    帰依三宝(仏、法、僧)

 仏宝 末法下種の「本仏日蓮大聖人」
 法宝 大聖人出世の本懐たる 「本門戒壇の大御本尊」
 僧宝 血脈付法の「第二祖日興上人」

          「折伏理論解説書--日蓮大聖人の仏法」より


★冨士大石寺顕正会向上委員会 資料館
http://blog.goo.ne.jp/kensho_kai/c/1f281cfacc904403f2eacf2dd86a1a1a
★御遺命守護資料館
http://sanity1.at.infoseek.co.jp/vsub.html

224 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 14:01:36 ID:zi77EpwF
>>223
顕正会、あまりにも無知だな・・・・。
仏法僧の三宝のくくりなら、
仏:日蓮大聖人
法:南無妙法蓮華経
僧:日興上人

三宝と大聖人の仏法の独自な部分を無理やり整合しようとするから、変な解釈が生まれる。
法はどこまでいっても法であり、特定の物質ではない。
法則=特定の物質 と定義する矛盾に気がつかないとは・・・・。
唱法華題目抄「一切の諸仏菩薩十界の因果・十方の草木・瓦礫等・妙法にあらずと云う事なし」

225 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 14:54:05 ID:7LLAhwiE
>>224
さてさて貼ったのが顕正会となると疑難への回答は無理だな。
いつもの法本尊正意の人か。コピペ魔に回答は無理でもコピペの内容は正しいから無知ではない。
石山教学そのものだからな。
三宝一体ってのもあるんだけどな。
唱法華題目抄で片付くなら法本尊・人本尊の論争など最初からない。
大聖人の佛法は三大秘法。三大秘法を合すれば一大秘法。つまりは本門戒壇の大御本尊。

226 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 15:12:58 ID:7LLAhwiE
まてよ>>224は・・・
では
>法則=特定の物質 は矛盾する。
それでは「人法一箇」の理解が顕正会ではおかしいと言っているだけか。
なるほど。


227 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 16:10:16 ID:zi77EpwF
>>225
> 大聖人の佛法は三大秘法。三大秘法を合すれば一大秘法。つまりは本門戒壇の大御本尊。
仏法僧のくくりと、本尊・三大秘法は何かというのはイコールじゃない。

三宝は、仏と、その仏が説いた法と、それを継いだ(最初の)弟子。
大聖人の仏法独自の定義ではなく、一般的な仏教の定義であり、また本尊の定義でもない。
仏は日蓮大聖人、その大聖人が説いた「法」は南無妙法蓮華経・・・。
大聖人が説いた法が「御本尊」では、意味が通じない。

大聖人は、一切衆生に南無妙法蓮華経を修行させるための不可欠な縁(本尊)として、自分の代わりとなる御本尊を書きあらわされた。
だから、唯一無二として大切にする。
これと本尊の定義ではない三宝の定義を無理やり結びつけるから、おかしなことになる。

本尊は、妙法を余す所なく具現化しているが、妙法そのものではない。
何故なら、たとえ地球が破壊(本尊も破壊される事になる)されて人類が滅亡しても、妙法は厳然として存在するからだ。

228 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 18:06:16 ID:7LLAhwiE
>>227
久保川擯斥理由に小論「究極の御本尊」がある。
戒壇本尊の奥にまします久遠元初の自受用報身如来を拝す。(戒壇本尊そのものを拝むのではなくその奥に究極の本尊がある)
これを読んだときレグルス文庫「現代文明と宗教」の所論によく似ていると思った。
大御本尊御図顕前から妙法は存在し楠板も物体だからいずれ朽ちるが妙法は存在する。確かこんな内容だった。

石山教学では目に見える戒壇本尊は日蓮大聖人の御当体とし消滅を想定していない。
あなたの考えなら久保川の(擯斥理由となった)本尊論は正しく異説ではなくなる。
>本尊は、妙法を余す所なく具現化しているが、妙法そのものではない。
                     ↑
これは邪説とされた久保川の小論と同じ。


ちょっと纏まっていない雑然とした文章になったが”「本尊は妙法そのもの」”なのではないか?

229 :hage:2008/06/26(木) 18:07:56 ID:HjnJzmVQ
以下コピペ

滅後といいますと仏滅後、つまり仏様がお亡くなりになりご入滅された後をいいます。
 さきほど久遠本仏は過去久遠以来、衆生を救済し続け、未来永劫(えいごう)、永遠の命を持ち続け
るという意味のことを書きましたがインドに誕生された釈尊は人間として生を享けられた以上、最後は
この世の鉄則としてご入滅になることは避けられないことです。しかし、それは本当の滅(ご入滅)で
はなく仮に現された滅です。これを「非滅現滅」(滅にあらざる滅を現ず)と申します。これは一つには、
方便としてお姿を隠されるという面があるのです。いつでも居られ、いつまでも教えを説いておられる
と思えば、なにも今日、み仏のもとにお参りしなくてもよいことになります。そのお姿が見えないから
こそ人々の「棡(きょうし)を起して厭怠(えんだい)を懐く」【おごり高ぶり気ままな心を起し、飽きやす
く修行を怠ろうという気になる…法華経寿量品(じゅりょうほん)】という気持ちにストップがかかるので
す。姿を隠されたからこそ「恋慕渇仰(れんぼかつごう)」【恋い慕い喉が渇(かわ)いた者が水を求める
こと…出典は如来寿量品】の心で残されたみ仏の教えを聞くということができるようになるのです。
 ですから久遠本仏は実際には滅度(めつど)されず常にここ、娑婆世界に住して法を説かれている
のですが、私たち顛倒(てんどう)の衆生【転倒した考え、善悪、正邪、損得、苦楽、浄不浄などを逆
に考える人々】には近くにいてもそのお姿を拝見できないといわれています。ただ、「質直(しちじき)に
して意柔軟(こころにゅうなん)」【素直正直で心に柔軟性がある】で一心にそのお姿を拝見したいと願い、
みずから身命を惜しまず、ご奉公をさせていただく人だけがお会いできお計らいを頂戴すると説かれ
ているのです。
 

230 :hage:2008/06/26(木) 18:08:43 ID:HjnJzmVQ
このように常住不退…常住されて退くことがない、つまり本当は滅して退くことがないのにあえて滅
する、亡くなられるというのは、一つには当時、仏様ご在世の人々と滅後千年までの正法時代、二千
年までの像法(ぞうぼう)時代の人々のため、もう一つは滅後二千年を過ぎた末法といわれる時代の
人々を救済されるためでした。
 特に末法の人のためにはご自分が姿を隠されるかわりに上行(じょうぎょう)菩薩という久遠以来の
一番弟子【本化の菩薩】を召し出され末法の人々を救うための良薬すなわち南無妙法蓮華経の御
題目を授けられたのです。【これを付嘱(ふぞく)といいます】
 その上行菩薩が末法の世、日本に日蓮大士としてご出現になったのです。反対にいえば釈尊のご
入滅がなかったなら上行菩薩への御題目の付嘱、そして日蓮聖人のご出現とご法難を忍びながら
のご弘通ご奉公もありえず、したがってお互いが妙法御題目口唱をさせていただくこともご利益を蒙
ることもなかったというわけです。

231 :hage:2008/06/26(木) 18:11:13 ID:HjnJzmVQ
「五五百歳」とは釈尊のご入滅後、五百年ごとに五つの時節が移り変わり【五紀】、その時代の人々
の機根(きこん)【宗教的素養と能力】が移り変わり世の中も変わってくると大集経(だいしっきょう)と
いう経典に予言されていますが、そのうち第五の五百年を表します。
 仏滅後、第一の五百年を解脱堅固(げだつけんご)といい、この時代は解脱、すなわち悟りを開き
煩悩(ぼんのう)の束縛から逃れることができたよき時代、仏法が盛んな時です。
 第二の五百年は禅定堅固(ぜんじょうけんご)といって禅定の修行を盛んによく行えた時代をさしま
す。この第一、第二の五百年、あわせて千年を正法(しょうぼう)といいます。
 第三の五百年は多聞読誦堅固(たもんどくじゅけんご)といって仏教を広く尋ね、求めて聞き、経典
を読誦(どくじゅ)することが盛んな時代です。
 第四の五百年は多造塔寺堅固(たぞうとうじけんご)といい寺院の建立や仏像の造立(ぞうりゅう)が
盛んに行われる時代です。以上の第三、四の五百年を合わせた千年は像法(ぞうぼう)といい、だん
だん実践修行より形式が先行する時代です。
 第五の五百年は闘諍堅固(とうじょうけんご)・白法穏没(びゃくほうおんもつ)といって争いごとや戦
乱が盛んになり、正法(しょうぼう)が滅尽し仏法の光が消え去ろうという時代、いわゆる末法をさしま
す。この末法はただ五百年では終わらず万年、つまり半永久的に続くとみなされております。

232 :ドリフト族:2008/06/26(木) 22:29:00 ID:HZb192DA
三大秘法って、

本門本尊
本門題目
本門戒壇

じゃなかったか?
日蓮宗管轄の立正大ではこう教えてるよな

富士門流は解釈違った?

233 :hage:2008/06/26(木) 22:35:49 ID:MIje2Lwo
本尊とは礼拝の対象、また、ご信心のより所、帰依処であり、おすがりして現当二世の
お計らいをいただく「よすが」でもあります。
本尊には三つの意味合いがあります。
第一は本来(ほんらい)尊重(そんじゅう)。これは無始(むし)久遠よりこのかた、つくろう
ことなく(法爾として)尊く重んじられる尊貴珍重の法という意味です。
第二は根本(こんぽん)尊崇(そんすう)。これは何ものにも比べることができないほど尊い、
もっとも尊い存在という意味です。あるいは修行の根本であり、成仏の手本となるという意味です。
第三は本有(ほんぬ)の尊形(そんぎょう)。これはもとより尊いということで、いつからとか
誰によってということによらず尊い姿をたもたれているという意味です。
本尊の実体は入文の如く中央には事行の妙法蓮華経、左右には二仏四大士等を列ね
玉へり。此の事具(じぐ)三千の妙法の本尊を信心修行すべき旨を顕し玉ふ故に観心本尊抄と云ふ。
此の観心は即ち信心修行の義也。所詮(しょせん)、観心は手習(てならい)するが如く、本尊は手本の如し。
と先師の書に説かれていまして、これは非常に具体的に分かりやすく解説されています。中央の御題目、
左右には釈迦(しゃか)、多宝(たほう)の二仏、そして上行(じょうぎょう)、無辺行(むへんぎょう)、
浄行(じょうぎょう)、安立行(あんりゅうぎょう)の四大士=四菩薩等を列ねておられる。この妙法御本尊を
信心修行すべき旨を顕されたゆえに観心本尊抄という。この観心とは信心修行の意味である。分かりや
すく言えば、観心は書道を手習いすることにあたり本尊はその手本ということになる。 というような意味です。
故にこの観心本尊抄はご信心のお手本はかくあるべしと全篇にわたり解説された御抄ということになります。

234 :hage:2008/06/26(木) 22:38:34 ID:MIje2Lwo
本尊といえばよく、仏像や紙に画いた絵像を本尊とするのですが、私たちは文字を御本尊として
尊崇するのです。この文字の御本尊は妙法御題目という法ですから法本尊(ほうほんぞん)とい
い、仏像形式の本尊は人本尊(にんほんぞん)といいます。もともと仏様は妙法を悟られ妙法と
人間とが一体となった方ですから、これを人法一箇(にんぼういっか)といいます。そしてこれを
分離しようとしてもできませんが、表現するときは法本尊か人本尊(にんほんぞん)の形式のど
ちらかしか顕すことはできません。法本尊として妙法蓮華経を表に顕したとしても、その裏には
仏様が隠れてましますのであり、人本尊(にんほんぞん)として仏様を表に顕してもやはり、その
裏には妙法蓮華経がついて離れないのです。ですから妙法蓮華経を法面人裏の法本尊、仏様
は人面法裏の人本尊(にんほんぞん)というのです。では、なぜ私たちは人面法裏(にんめんほ
うり)の人本尊(にんほんぞん)を本尊とせず、法面人裏(ほうめんにんり)の法本尊を本尊とする
のかと申しますと、第一に「仏にも本尊あり御題目」と開導聖人が御教句にお示しのように、仏
も南無妙法蓮華経の御題目を信じてお持ちしたからこそ仏となられた、すなわち妙法蓮華経は
能生(のうしょう)=生み出す方、仏は所生(しょしょう)=生み出される方という関係にあるからで
す。第二に、縷々(るる)説明いたしましたように、仏のご在世は、そこに仏が現にいらっしゃって
法をお説きになっているということは、否応(いやおう)もなく仏が面となり法が裏となっているわ
けです。そして仏の滅後、つまり如来滅後は仏が隠れられるからこそ、今度は妙法が面となら
なくてはならないのです。そうでなくては如来が滅せられるという意義がなくなり、わざわざ
上行菩薩に妙法御題目をお譲りになり【付嘱】末法に遣わされて御題目を下種させられる必要
もなくなってしまうからです

235 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 22:47:08 ID:7LLAhwiE
>>232
三大秘法の名目は諸派共通。
宗派によって順番が違う。
日蓮正宗は
1:本門の本尊2:本門の戒壇3:本門の題目 の順で並べる。
意味となれば各宗派で相当な隔たりがあり共通の理解は不可能。


236 :227:2008/06/26(木) 23:59:24 ID:zi77EpwF
>>228
> ちょっと纏まっていない雑然とした文章になったが”「本尊は妙法そのもの」”なのではないか?
「一念三千を識らざる者には仏大慈悲を起し五字の内に此の珠を裹み末代幼稚の頚に懸けさしめ給う、 」(観心本尊抄 全254)
「仏」=日蓮大聖人、「五字」=御本尊、「此の珠」=事の一念三千の南無妙法蓮華経

>戒壇本尊の奥にまします久遠元初の自受用報身如来を拝す。
別に奥にあるわけではない。(言い方が悪い。)
御本尊という物体があり、その御本尊の示す意味・法則がある。
このうち、意味・法則自体は久遠元初から未来永劫にわたって存在する。
しかし、地球上でその法則を人類に示す方法は、御本尊のみしか存在しない。
この意味では、御本尊とそれが示す意味・法則は、不可分。

繰り返しになるが、本尊の定義と三宝の定義は、厳密には別の範疇。
(三宝の)法は何かというくくりなら「事の一念三千の南無妙法蓮華経」。

237 :227:2008/06/27(金) 00:02:55 ID:zi77EpwF
>>236訂正
× しかし、地球上でその法則を人類に示す方法は、御本尊のみしか存在しない。
○ しかし、地球上でその法則を末法の人類に示す方法は、御本尊のみである。

238 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 01:16:42 ID:HHvoqP43
日寛の本尊論は、三秘を一秘に集約した本門の題目論ではなく、
本門の本尊を一秘と規定しました。
三秘を集約すれば、本門の題目の一秘になるのは祖意であり、
日蓮門下共通の見解です。ですから、大石寺を除く日蓮教学はみな題目論から展開するのでありますが、
石山は本門の本尊から三秘を展開してきます。
石山教学というのは教学は全て本尊論から展開されてくるのです。ここは大きな違いであります。
http://www.genshu.gr.jp/DPJ/kyouka/02/02_060.htm

239 :227:2008/06/27(金) 01:53:14 ID:zthcCNGn
>>233
> この妙法御本尊を信心修行すべき旨を顕されたゆえに観心本尊抄という。
> この観心とは信心修行の意味である。
もっと深い意味がある。
観心⇔教相
観心:法華経を大聖人の立場で読むこと。(文底)(成仏を目指す修行)
教相:法華経を釈尊(天台)の立場で読むこと。(文上)(教説を理論的に究明すること)
大聖人の本尊は、教相文上の本尊ではなく観心文底の本尊。

>>234
> 仏像形式の本尊は人本尊(にんほんぞん)といいます。
人本尊とは、仏(法を示して修行させ成仏させようとする大先達)そのものをさす。

>>238(一応反論しておく。)
本尊こそが最重要。
何故なら、正しい本尊に向かって題目を唱えるからこそ、境智冥合の力を発揮しわが身も仏界を涌現できる。
これが、狐に向かって題目を唱えれば、狐の生命(畜生界)に感応してしまう。
本尊を間違う事は恐ろしい結果を生む。

240 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 02:06:47 ID:HHvoqP43
>>239
正宗系ならな。
あんたはどこに属してるの?

241 :654:2008/06/27(金) 02:18:24 ID:KJDZOayn
層化の教本を貰いました。
題目をあげるのは好きです。でも、層化の組織は違和感がある。

なので、法華経でまともな宗教おしえてください。

242 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 03:08:48 ID:/dQ2hNYj
>>241
ここは諸派共同です。
宗教はあなたの人生を左右するのですからこんな掲示板で聞くべきではありません。

日蓮聖人は本弟子六人を定めました。その後の各門流の歴史と現在を調べると良いかと思います。
各宗派が出版する歴史書は中立・公平な記述とはなっていません。
歴史専門出版社の書籍も中立ではありません。

ん〜適切な書籍は存在しないとおもいますね。でも一応これ
日蓮入門―現世を撃つ思想 (ちくま新書)
ttp://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E8%93%AE%E5%85%A5%E9%96%80%E2%80%95%E7%8F%BE%E4%B8%96%E3%82%92%E6%92%83%E3%81%A4%E6%80%9D%E6%83%B3-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%9C%AB%E6%9C%A8-%E6%96%87%E7%BE%8E%E5%A3%AB/dp/4480058559


243 :227(富士派に近い):2008/06/27(金) 13:15:37 ID:zthcCNGn
ここは初心者質問スレで、法論スレじゃなかったな。

244 :hage:2008/06/27(金) 15:47:08 ID:zzG9Jzti
それでは、質問。

みなさん、一日に時間にしてどれくらい御題目口唱されてますか??

245 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 19:18:35 ID:A786inp5
カルト創価以外で、

日蓮宗
顕本法華宗
日蓮正宗(かなり癖あり)
浄風会(在家団体)

あたりならまともか

246 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 21:42:07 ID:/dQ2hNYj
>>242
本の命は短くて悪書ばかりが多かりき。
絶版でエラい高値になっていますね。

>>243
殆ど質問者いないしみんな誰だか判っているしw

>>244
少ない日は40分(恥かしい)普通は一時間程度ですよ。
助行の読経が長く正行のはずの題目の時間が短いのはかねてよりの疑問です。
江戸期の異流義もこの点を問題視していました。

247 :hage:2008/06/27(金) 22:42:52 ID:nzCuWSLI
>>246
仕事もあるし、残業だってあるでしょうから、40分なら恥ずかしくは無いのでは?
私なんかは、毎日たったの15分くらいで、めちゃくちゃ恥ずかしい限りです・・・

私のところでは、御題目が中心で、読経はありません。


248 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 19:00:50 ID:6s5RijqP
>>246
> 殆ど質問者いないしみんな誰だか判っているしw
・・・・・・w

>>246-247
万人に万人の都合があるのだから、15分だろうが40分だろうが他人に対しては恥ずかしいと考える事はないと思う。
どうしても時間が取れなければ、題目三唱でもよいわけで。

249 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 21:30:43 ID:ZsS+LrkQ
大体人間として恥ずかしいのは創価かエホバか毎日新聞くらいだろ

250 :hage:2008/06/29(日) 21:34:00 ID:Go+1MC+4
なぜに、毎日新聞????

251 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 21:57:45 ID:pbxJU+ku
>>250
http://www9.atwiki.jp/mainichiwaiwai/

252 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 20:41:18 ID:LUrHXbIs
2ちゃんでとんでもない祭りが起きてるなw


253 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 15:16:50 ID:DwHccnRB
日蓮宗クイズ

1 随身仏(立像釈尊)は今どこにあるか?
2 数珠丸は今どこにあるか?
3 注法華経は今どこにあるか?
4 蓮華阿闍梨日持の俗名は?
5 清澄寺が日蓮宗になったのはいつの時代か?

すぐわかった 大講師並 調べて分かった 准講師並

254 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 17:38:26 ID:65TeWcd8
本禅寺
本興寺
妙法華寺
蓮華阿闍梨?
昭和24年

255 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 18:51:29 ID:2krB4tcS
松野松千代かな?

256 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 19:22:00 ID:DwHccnRB
蓮華阿日持は松野六郎左衛門の次男で幼名松千代と伝承。
たぶん少くして出家し、元服名はない。

函館に来たのであろうか? 謎の海外伝道者・日持
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/soumu/hensan/yowa/yowa_contents/yowa_045.htm

257 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 19:24:45 ID:65TeWcd8
http://www8.ocn.ne.jp/~kubonobo/yurai/nitiji8-17.htm

258 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 20:05:24 ID:P/WsloAq
>>253の1以外は答えがあるが、随身仏は行方不明が正解。
随身仏は本禅寺以外にも仏現寺が所持していると言うが本物なら宗宝となるだろう。

259 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 20:34:48 ID:DwHccnRB
海光山仏現寺は随身仏感得の縁起の寺だけれども、
別の随身仏はないのでは。仏現寺にある理由がない。
本禅寺のがほんものかはわからないが。

260 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 10:31:45 ID:V+DB35IS
キリストのメッセージ 
「最も大きな罪を犯した人であっても、わたしの憐れみを願うならば、わたしは、彼に罰を与えることが出来ない。
その代わりに、わたしの限りない、はかり知れないいつくしみによって彼を義とする」
http://www.nowaksvd.net/jp/jiai/jiai02.htm

ご遺体は腐敗していなかった 日本を愛した宣教師 チマッティ神父様
http://www.v-cimatti.com/pub/cimatti/intro/intro.htm
http://www.v-cimatti.com/pub/beatification/reppuku_chosa.htm

煉獄に居る霊魂の驚くべき秘訣
http://www.sanpaolo-shop.com/product/4359

キリストと会話できる女性 ヴァッスーラ・ライデン
http://www.tlig.org/jp.html

キリストの人生を見せられた女性 マリア・ワルトルタ
http://swedenborgian.hp.infoseek.co.jp/valt.htm

キリストの受難を目撃し体験した女性 アレキサンドリーナ・ダ・コスタ
http://www.salesio.jp/web/sdb_saints/biography/alessandrina.htm
http://salveregina.dyndns.org/avemaria/data/book2.html

病を患いながらも信仰心が篤かった女性 マルタ・ロバン
http://homepage3.nifty.com/mercy/treasure/marthe01.html

カトリック書店/日本国内にあるカトリック教会の住所と地図
http://www.donboscosha.com/
http://www.sanpaolo-shop.com/
http://shop-pauline.jp/
http://www.cbcj.catholic.jp/publish/shoten.htm
http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/diocese/index.htm

261 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 22:32:23 ID:xwHlUi3E

誓願論 上原專禄(元一橋大学学長)
http://home.att.ne.jp/blue/houmon/shiryo/senroku02.htm

対談 日蓮認識の諸問題

上原専禄(元一橋大学学長)
田村芳朗(元東京大学教授 立正大学教授)
http://home.att.ne.jp/blue/houmon/

262 :神も仏も名無しさん:2008/08/09(土) 17:39:39 ID:uzL4XgU1
上げ

263 :神も仏も名無しさん:2008/08/19(火) 22:02:56 ID:RqRVYgEM
日蓮宗はCMやってるんだな。創価の真似してんのか?

264 :神も仏も名無しさん:2008/08/24(日) 02:16:53 ID:Ck7fY4Ua
所詮世の中金次第♪
地獄の沙汰も金次第♪

265 :神も仏も名無しさん:2008/08/24(日) 13:32:47 ID:Yfuo2e5q
146 :神も仏も名無しさん:2008/08/23(土) 17:19:06 ID:z0b4FgkT
人々の心を掴めないということが
何かの事実を物語っていると思わないか?

266 :たいら:2008/08/24(日) 15:33:42 ID:FHxyv5AH
わたしたちはみなひとつな筈なのに、この混沌は何だ?セックスできない奴がいるのはどうしてだ?教えてくれ神よ。わたしたちはすべて一体な筈だろう?

267 :神も仏も名無しさん:2008/09/04(木) 17:04:10 ID:U6cisERE
日蓮のことは何で学ぶの?
本門寺とか行ったけど、何もないのな。
信濃町の賑わいを想像して行った

数珠の房が珠になってないタイプの数珠が欲しいなあ
創価で扱ってるから?

268 :神も仏も名無しさん:2008/09/04(木) 19:05:04 ID:yusCbRTS
「阿弥陀様助けて・・・」日蓮聖人の新文書見つかる
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1181050412/

269 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 08:50:20 ID:e7SAnftT
日蓮系の皆さん
おみやげや数珠や仏具はどこで買いますか?

創価学会みたいにあちこちに仏具屋やお店があったり、信濃町に創価帝国ができていたり
そういうのは他の宗派ではないのでしょうか?

270 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 10:19:24 ID:PwVPkMnd
日蓮大聖人のお墓と直の総本山が山梨県にある身延山です。七百数十年の間、日蓮大聖人を慕う弟子や信者達で門前町が自然に形成されました

271 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 00:33:21 ID:pRrKFw7v
法華経は宇宙の全ての神仏を含む、アラー阿弥陀しかり。イエスとアラーは世界を法華経に向ける為に千数百年戦争を続け、苦しめる事によって気付かせようとしてる

272 :神も仏も名無しさん:2008/09/22(月) 03:14:41 ID:x76ucHIM
学会二世三世救いたいってスレのスレ主さん質問しても無視するのはなぜ?でもおかげでシ○決心 勇気 出ました ありがとうございましたm(__)m バイバイ

273 :日蓮:2008/09/22(月) 08:24:16 ID:aC+4LniN
馬鹿!死ぬな!メール待つ

274 :鰯の頭:2008/09/22(月) 16:51:54 ID:2wOZjeVm
日蓮の教え、あるいは日蓮仏法でも構わないが
それは現世利益かどうかをお尋ねしたい
ここで教えていただけるのであればここで答えを頂きたいと思うし
ここでは無理ということであればどこで質問すればいいか
教えていただけないだろうか?

275 :神も仏も名無しさん:2008/09/22(月) 19:01:36 ID:S7mu+OcH
現世利益を辞書検索すると
>信仰した結果がこの世において実り、欲望が達せられるということ。▽仏教語。
このような解説がされています。
単刀直入にお答えしますと日蓮大聖人の教えは「現世利益」ではありません。
現世安穏・後生善処(現世は安穏に暮らすことができ、後生は善処に生まれることができる)このように説かれます。

276 :鰯の頭:2008/09/22(月) 22:08:09 ID:ydb0F1xD
>>275

それでは願いは叶わないと?

通俗的な意味での成仏を求めて宗教の門を叩くものは極少数
大抵の者は悩みを抱えてその解決を求めて宗教にすがる
これは日蓮の教えにすがる者とて同じこと
しかし、そのお答えに拠ればそのような解決を求めても無駄であると?

277 :神も仏も名無しさん:2008/09/22(月) 22:41:43 ID:S7mu+OcH
>>276
現世安穏ですから生きている間も幸せを感じます。
例えば思わぬ大病を患った方が信心をして健康を取り戻す。このような功徳はあります。
願い事は叶う場合もありますが自分の思いのまま、望みどおりに願望が成就するものでもありません。
信心をすれば病気が治る、良い暮らしができる、そういった事を売り物にし強調はしていませんしそのような事は
仏法の目的ではありませんから、
日蓮大聖人の教えは「現世利益」ではありません。
正しい信仰の結果として功徳をいただけます。
仏教はおすがり信仰ではなく自らの努力で幸福を得ます。

278 :鰯の頭:2008/09/22(月) 23:24:33 ID:ydb0F1xD
>>277

> 現世安穏ですから生きている間も幸せを感じます。
> 例えば思わぬ大病を患った方が信心をして健康を取り戻す。
> このような功徳はあります。
> 願い事は叶う場合もありますが自分の思いのまま、
> 望みどおりに願望が成就するものでもありません。

悩みに苦しみ、解決を願い門を叩いたのに願いは叶うこともあれば
叶わぬこともあるという
叶った者は安らぎを得、信仰への確信を深め、更に本来のその宗派本来の
目的とするものに目覚めるだろうが、叶わなかった者までが悩みの苦しみを
抱えたまま現世安穏と感じ取れるものだろうか?

279 :神も仏も名無しさん:2008/09/22(月) 23:37:13 ID:aC+4LniN
船が沈む事を知ってる。友人知人が乗っているが、信じてくれない人も多い。一人で逃げる。信じた人だけ連れて逃げる。殴ってでも目を覚まさせる。全部やり沈んでも船内で活動を続ける、不死身だから。最後が法華経の行者

280 :神も仏も名無しさん:2008/09/22(月) 23:38:51 ID:KdK9Y8dF
遂にタブーとされる闇の領域へ〜
VIP VS 創価学会(カルト教団)
ttp://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1222071442/l50

ttp://www.sokanet.jp/sg/sn/index.html
        ↑敵のアジト

攻撃は今日0:00 予定


281 :hage ◆hage6/00M2 :2008/09/22(月) 23:49:18 ID:Dc3AzlbZ
「現世利益」は、この世だけの利益ですね。
私のところでは「現証利益」といいまして、願いが叶うことで信心が起きてくる
信心を起させる為に目に表れる「現証利益」がいただける。
願いが叶うからこそ信じる心が起きてきます。

一番最大の御利益は「信心が起きる」ということです。
信心が起きることで功徳を積むことができ、罪障を消滅させていただける
「現世安穏・後生善処」となるというのが仏の大慈大悲です。





282 :hage ◆hage6/00M2 :2008/09/22(月) 23:58:49 ID:Dc3AzlbZ
現実に「幸せ」であるかどうかは、その人の心によって変わってきます。

同じように生活していても、ある人は不足を感じて深い欲に囚われ不幸に感じます
ある人は、足ることを知り感謝する心を持ちとても幸せに感じるます。

心の持ちようによって、「幸せ」か「不幸」かが変わってくるように、
心の持ちようによって、現実の世界が変わってきます。

仏教では「色心不二」といいまして、心と現実世界、心と社会や環境は
お互いに影響しあい、依存しあって、けっしってバラバラにはならないとされてます。

283 :鰯の頭:2008/09/23(火) 00:10:34 ID:uoe31qG9
>>282

確かに心の持ちようで目に見える世界は変わったように映ろう
しかし、いかように心を持とうとも火の熱さは変わることなく
氷の冷たさも変わることは無い
病は治らず貧乏からは抜け出せず
目の前には苦しみが横たわっている
それでも心の持ちようというのは、もはや修行僧の領域であり
何の確信も持たぬ一般の者にそのようなことが出来るだろうか?
あくまで現世利益という門をくぐった者にしか真に会得することの
出来ない境地ではないのだろうか?

284 :神も仏も名無しさん:2008/09/23(火) 00:27:45 ID:gyr/+7UB
宗教に依存しないと自我を保てない人ってなんなの?
自己複製分子による巨大化の一過程に意味なんてないのにw

285 :鰯の頭:2008/09/23(火) 00:41:24 ID:uoe31qG9
>>284

> 宗教に依存しないと自我を保てない

それが何か問題でも?

> 意味なんてないのに

意味が無いことはやってはいけないと?

286 :神も仏も名無しさん:2008/09/23(火) 00:54:10 ID:bl/H4r7r
>>273 >>272からメール来ましたか?

287 :神も仏も名無しさん:2008/09/23(火) 01:05:08 ID:gyr/+7UB
宗教に依存しないと自我を保てない奴とそいつらを食い物にして金銭を要求する奴らん馬鹿にするのが楽しんだけ。何の問題もないよ。

そもそも意味がある事自体存在しないのでwww

288 :神も仏も名無しさん:2008/09/23(火) 02:07:48 ID:whYVYRwW
>>283
仏教はこの世界を娑婆世界と呼びます。別名が忍土(にんど)。苦しいのが当たり前の世界です。
ところが見方を変えるとこの世界はそのままで仏国土です。
これを「裟婆即寂光(しゃばそくじゃっこう)」と呼びます。
見方を変える道を教えるのが仏教です。
苦しさ、辛さから逃れたい。それを欲望と呼びます。欲望にたいする執着を断ち切ると安穏な境涯となります。
生・老・病・死の四苦からは誰も逃れられません。
末法の凡夫のために説かれたのが法華経であり日蓮大聖人の教えです。

>>284
ドーキンスの利己的な遺伝子説ですか?批判的見解は学者からもありますね。
仏教は依存を否定していますよ。

>>287
同上です。従って馬鹿にもできず楽しめません。お生憎さま。
無意味な事など何一つありません。
存在論なら哲学板へどうぞ。

289 :鰯の頭:2008/09/23(火) 02:56:25 ID:uoe31qG9
>>288

> 苦しさ、辛さから逃れたい。それを欲望と呼びます。
> 欲望にたいする執着を断ち切ると安穏な境涯となります。

これはもはや現世利益云々を通り越して悟りそのものではないのか?
見方を変え、考え方を変えようとも現世利益無くば病の痛みが
和らぐ事は無く、貧乏の苦しさも変わることは無い
にも関わらず、痛みや苦しさを断ち切ると安穏な境涯という発想は
心頭滅却の類なのでは?
また、悩み苦しみという自分を包む現実を、自らの内面で断ち切るなど
という作業は到底凡夫の為せることとは思えない
結局はひたすら耐えるだけというのが現実なのでは?

290 :273:2008/09/23(火) 05:13:13 ID:buwUmXzm
メールがない。無事なら連絡してください。通報すべきか?

291 :神も仏も名無しさん:2008/09/23(火) 11:22:04 ID:Bde2NNSa
日蓮大聖人の人から勧誘されたんですがその宗教のメリット、デメリットを教えてください

292 :神も仏も名無しさん:2008/09/23(火) 13:36:19 ID:buwUmXzm
日蓮系にも、日蓮宗法華宗など伝統穏健派と創価、顕正、正信会、日蓮正宗などの正宗系。さらに日蓮宗総本山身延山へ参拝する在家新宗教諸派があります、どれだかわかりますか

293 :神も仏も名無しさん:2008/09/23(火) 16:43:42 ID:Bde2NNSa
どれだかは言いませんでしたが、仏法の南無妙法蓮華経を唱えてんだよねとしか言ってませんでした。
あとはそのおかげでダウン症が治ったなどの効果についてです。

294 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/24(水) 02:08:56 ID:hlXelc76
>>293
治るが治癒の意味なら、ダウン症は治らないと思うんですが。

295 :taka:2008/09/24(水) 10:22:17 ID:39DasZDm
はじめまして。創価学会2世3世を救いたい 3スレの 不良学会員様 からここを紹介して
もらったので、ここを使わせてもらいたいと思います。なおこのスレの 502様 の言い分は
これです。

>学会の正宗批判が100%間違っているのではありません。引用の地湧は正しい。
>仏法は王法の上位にあります。天皇御帰依の上なら兎も角謗法の国主からの大師号は必要
>ありません。
>時の貫首の己義は用いないのが開祖・日興上人の遺誡です。
>現在だれも大聖人を立正大師とは呼んでいません。用いません。
>国家批判に該当するカキコは>>487にはありません。
>大正天皇批判も書いていませんよ。

まず最初に、私はある特定の意図が無い限り『地湧』といった特定の宗教団体の書物は読
みません。国会図書館・公文書館、その他にも手はありますが・・・・ 宮内省関係の資料、
例えば『宣下書』も読めますので。例えば 浄土真宗 の 見真大師号 の下賜に関する事と
か。そこらはご理解ください。

さて本題に入ります。貴方は『日興遺誡置文』の一文を用いて、「時の貫首の己義は用い
ない」と言いましたね。これについてあなた方は確かこう解釈していなかったですか?
「もしその様な言動があれば、それは、表現上の不注意による誤解、伝聞などによる誤解、
曲解などによる場合以外ありえないのです」と。第五十七世法主 阿部日正様 は、間違い
を犯されたのですか? 仏法に相違する行為を行ったという事、つまり正宗として自分達は
間違っていたと認めている事なのでしょうか?

296 :taka:2008/09/24(水) 10:38:50 ID:39DasZDm
>現在だれも大聖人を立正大師とは呼んでいません。用いません。

そう言われるという事は、立正大師 という諡号を貰ったのは間違いだという事になる。そ
の場合、自らの過ちを認めない以上国家が、天皇陛下が過ちを犯したと批判している行為
にも見えると思いますが? くしくも貴方自身仏法は王法の上位にあるという発言からして
も、国家からの贈り物は拒否するという事からしても、それが 国家批判・天皇陛下 への
批判である事以外何物でも無いのでは?

誤解されると行けませんが、私自身は国家批判はとんでもないと思っていますが、教義が
そうでありそれが信者への幸福に繋がると真剣に考えているのであれば、教義について教
えを請うだけでいちゃもんをつけるつもりではありません。ですが、貴方の言っている通
りだとすると明らかにその場その場の言い訳、ダブルスタンダードに思えてきますが違い
ますか?

あなた自身が用いた『日興遺誡置文』の一説にこうあります「一、衆議たりと雖も、仏法
に相違有らば貫首之を摧くべき事」、確か私が紹介したその一説、正宗の解説では「師弟
の厳然たる筋目が立て分けられている。しかして、貫主の御教示が正義か己義か、その用
否を判ずるのは誰かといえば、何よりも第一に後代の御法主上人が判ぜられる。」ではあ
りませんか? ということは、正宗全体の運動として行われた事ではないでしょうか?

もし間違っていたのなら間違いだと総括し、正しいと思うのなら国家から頂いた諡号を使
う、というのが筋なのではと思います。

297 :神も仏も名無しさん:2008/09/24(水) 12:59:19 ID:lGUkMNrN
>>295
日興遺誡置文
>時の貫首為りと雖も仏法に相違して己義を構えば之を用う可からざる事
普通の読解力を有する人が読んでその侭に理解できる。
>貫首が己義を構えた場合にはその貫首の意を用いてはならない
(日顕上人)
>前略常にあるべきことでない。中略なんで仏法の大義を犯して勝手な言動をなそうや。中略
>いかに考えても、偶然に、まれに起こるべき不祥事であるとしか思えぬ。
(堀上人「日興上人詳伝」)
>正宗として自分達は間違っていたと認めている事なのでしょうか?
>>1にある通り信仰者が回答をしています。日蓮正宗を代表して回答しているのではありません。
宗門の認識は答える立場にありません。

>>296
>貴方自身仏法は王法の上位にあるという発言からして
これは大聖人御自身の認識です。何のための国家諌暁ですか。諌暁とは誤りをいさめることです。
「立正安国論」は国家諌暁の御書です。
>正宗全体の運動として行われた事ではないでしょうか?
法主及びその他の方々が関与なさっていますが反対の声もありました。
>国家から頂いた諡号を使う、というのが筋なのではと思います。
貴方が入信して進言なさったら如何ですか。私たちはそう思いませんから
日蓮大聖人とお呼び申し上げます。



298 :taka:2008/09/24(水) 13:49:16 ID:39DasZDm
>>297
一部分だけを取って回答していただいてもあまり意味をなさない様に思えます。

>>>1にある通り信仰者が回答をしています。日蓮正宗を代表して回答しているのではあり
>ません。 宗門の認識は答える立場にありません。

そんな事は解かっています。創価もおかしいですが、以上の事から正宗の立場もおかしい
とは思いませんか? という話をしているのですよ。宗門の認識も明らかにおかしい、と私
は思いますが。だから、創価がおかしいとか正宗がおかしいとか顕正会がおかしいとか、
どちらが正統だとかそんな事をお互いが主張する資格があると思いますか? という話をし
ているんですよ。

299 :taka:2008/09/24(水) 13:50:59 ID:39DasZDm
>これは大聖人御自身の認識です。何のための国家諌暁ですか。諌暁とは誤りをいさめるこ
>とです。 「立正安国論」は国家諌暁の御書です。

いやそんな事は解かってますから。ですが、仏法は王法の上位にあるという事はそれすな
わち 天皇陛下 より上位に位置しているとも見られるのでは? と言っているのです。事実
戦前戦後、そう認識されていた事も事実です。また、私は教えをどうこう言うつもりはあ
りません。ただ

>法主及びその他の方々が関与なさっていますが反対の声もありました。

そういうのを逃げの答弁だと思いませんか? 国家の誤りを正す前に、自らの誤りを認めて
正す事こそ必要なのでは無いでしょうか? 自らの誤りを認めずして、何故国家の誤りを諌
める事が出来るのでしょうか?

>貴方が入信して進言なさったら如何ですか。私たちはそう思いませんから
>日蓮大聖人とお呼び申し上げます。

ご冗談を。自らの誤りを明らかにせず、他の宗派をカルトと批判するだけの宗教に誰が入
信します? それに一部分だけ取り上げる手法はおやめいただきたい。私が国家から頂いた
諡号を使え、といつ発言しました? 自分達が誤っていたのならそれを認めお詫びをした上
でその諡号は使いません、というのが筋では無いか? と言っているだけです。

300 :神も仏も名無しさん:2008/09/24(水) 16:03:16 ID:8MfLpDMF
これ創価学会と関係あるの?

301 :神も仏も名無しさん:2008/09/24(水) 16:30:05 ID:lGUkMNrN
>>298-299
貴方は質問スレに質問し回答を得る。回答に不満が有れば他の回答者を待つべきでしょう。
逐条的な回答はしません。
>仏法は王法の上位にあるという事はそれすなわち 天皇陛下より上位に位置しているとも見られるのでは? と言っているのです。
そのように理解出来る様に答えてあります。
天皇が正法に御帰依する。天皇が仏法の上位にあると認識する教団などない。
天皇本尊論を主張した清水梁山に与同する気はありません。
貴方の貼った他板のカキコが貴方への回答なのですがそこから天皇批判、天皇の過ちを読み取るなど不可能。
立正大師の賜号を用いない→国家・天皇の賜号は過ちを犯した  論理の飛躍もさることながら主客転倒している。
宗門の考えは書かなくてもわたし個人の考えなら答えてあります。

貴方は立正大師様と常に表記しますが後光厳天皇から賜った日蓮大菩薩を無視し軽んじている、となりますよ。



302 :taka:2008/09/24(水) 16:58:40 ID:39DasZDm
>回答に不満が有れば他の回答者を待つべきでしょう。

他の回答者を待っていますが、残念ながら一言レスしか出てこないもので。先程も言いましたが、私自身は創価であろうと顕正であろうと正宗であろうとその教えは教えとして尊重しているつもりですし、とんでもないなどと言うつもりはありません。

ですが

>立正大師の賜号を用いない→国家・天皇の賜号は過ちを犯した  論理の飛躍もさ
>ることながら主客転倒している。 宗門の考えは書かなくてもわたし個人の考えなら答え
>てあります。

そういう論理には納得しかねるから質問しているのですよ。それ、明確な答えにはなって
ないですよ。創価学会2世スレの>>487で、後の 第六十六世法主細井日達様 が諡号につい
て反対運動をしていたと発言していますよね? 誤り過ちでなければ何故反対運動をしてい
るのですか? 祖師の教えに反すると思うから反対しているのではないでしょうか?

諡号を用いないから過ちを犯したとは言ってはいません。細井日達様 が反対運動を起こし
た、と仰るからそれは明確に過ちである事をお解かりでは? どっちにしろ、正宗の教えに
帰依している人が本当に反対運動が出来たのかは疑問ですが。事実、『日達上人全集』の
中でも 阿部日正様 を尊敬している部分がありますからね。

>貴方は立正大師様と常に表記しますが後光厳天皇から賜った日蓮大菩薩を無視し軽んじて
>いる、となりますよ。

ああ、北朝第四代の 天皇陛下 ですか。そこは素直に謝罪します。これからは、立正大
師・日蓮大菩薩様 と併記させていただきます。

303 :神も仏も名無しさん:2008/09/24(水) 17:48:03 ID:lGUkMNrN
>>302
学会出現以前の宗門と現在とでは違いがあると一般には頒布されない「日達上人全集」を読める立場の人なら
判りそうなものです。
昔は法主の考えに反対できたんですよ。
若き日の細井精道師は師匠のお考えに反対も表明できました。
師匠を尊敬するのと誤りありと考えるのは別問題です。
堀上人は日精上人を批判なさっても血脈附法の法主として精師を尊敬なさっている。
>祖師の教えに反すると思うから反対しているのではないでしょうか?
そうですよ。
大師号は必要ありません。これが当時に於ける細井精道師のお考え。


304 :taka:2008/09/24(水) 18:12:12 ID:39DasZDm
>>303
あのですね何か凄く勘違いされているようですが、私自身は「国家から貰っている諡号を
ありがたく使え」だとか、「それを否定する根拠となる教えはやめろ」とか言うつもりは
ありません。正宗の教えがどうであろうとそれはその教えを尊重するべきだし、同時に正
宗系の団体のそれぞれの教えも尊重するべき。お互い相手を非難しあう事はやめてね。

ただね、大正天皇陛下 や宮内省が頭を下げて「どうぞ 立正大師 の号を贈らせてくださ
い」と言ったわけじゃないでしょ? むしろ日蓮宗各宗派の代表が、それぞれの宗派を代表
して贈らせて下さいと頼んだ結果贈られた事でしょ? つまりあなた方が過去大勢として運
動をし、あなた方の運動に答える形で贈られたわけだ。

であるなら、「過去自分達の大師号宣下の運動は間違っていました。この運動については
自ら誤りを認め以降は 大師号 を用いる事は無いので、この号を返上したいと思います」
と総括して一言仰るのが筋なのでは?

>そうですよ。大師号は必要ありません。これが当時に於ける細井精道師のお考え。

この言い方だと、逆に「阿部日正様 が全て悪い。私は当時から反対していたのだから、何
も過ちは無い」と言っているのと同じでは? それが宗教のあり方とはとても思えません。
下品な言い方をすれば、自分のケツは自分で拭けないのはおかしいと思う。

305 :hage ◆hage6/00M2 :2008/09/24(水) 22:28:37 ID:n+8fk4EU
私には仏教と日本の天皇をなんでいっしょに考えるのかが理解できませんので
傍観するしかありませんが、「大師号」ってなんですか??

私は個人として戦前の天皇制に戻るのはどうかと思いますが・・・
人間で完全な人なんていないでしょうし・・・

306 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/09/24(水) 22:58:25 ID:lGUkMNrN
>>305
日蓮大聖人が大正天皇から「立正大師」と賜号された件です。
門下統一運動もあり日蓮正宗も大師号宣下運動に加担したのです。
ttp://www.houonsha.co.jp/jiyu/11/386.html
この学会側文書は仏罰などの誹謗を除けば正しいと思います。
将に謗法与同。

307 :神も仏も名無しさん:2008/09/24(水) 23:42:12 ID:026NtxnV
>>272 (=人=)

308 :taka:2008/09/25(木) 10:24:27 ID:SnCPok+Z
すみません、訂正があります。303様、さる全集の事は忘れてください。私は嘘つきの卑怯
者で最低な人間です。全集の事は見た事も聞いた事もありません。

また正宗の人間とも創価学会の人間ともなんら関係がありませんし、信者でもなければ付
き合いもありません。また外部の人間が、内部限定の本を読んだ事もありません。全集っ
ていうのは何の全集でしょうか? とにかく、忘れてください^^;

309 :taka:2008/09/25(木) 10:32:31 ID:SnCPok+Z
>>305
306様 が殆ど紹介してくれました。私は大師号が良いと言うのならそれで良いし、それが
駄目だと言うならそれでも良いと思います。

ただあなた達がくださいと言うからあげたら、何の一言も無いどころか逆に「そんな物は
使えん」だとか、「それを使うのは邪道だ」だとか言われて、「これは親が勝手にやった
事で家としては関係ありません」とか言われたんじゃ、やった方もたまった物じゃないと
思っただけです。

310 :神も仏も名無しさん:2008/09/25(木) 14:45:59 ID:pg7yI58i
20cm×30cm位の大きさで
板曼陀羅を建立したいんですけど
何処にたのむのが一番いいでしょうか?

因みに蓮祖様直筆の曼陀羅の画像を模刻したいと
考えております。

311 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/25(木) 20:11:08 ID:C6x7Bkx1
>>306
横レス申し訳ない、少し解説してもらいたいのですが。
リンク先を読むと「立正大師」という名前に反対しているというより、謗法の僧たちの
提案だから良くないといっているように見えるんですが。
名称そのものより、謗法の僧たちに協力し同座したから名称に反対と言うことでしょうか。

もう一点。
>一同は宮内省を退出、築地水交社に向かった。
>水交社とは、海軍将校のために社交・共済を目的にした団体である。
とありますがこの請願と海軍はどういう関係なのでしょうか。
寺で唱題なら分かるのですがなぜ軍のところで行うのでしょう。
時期的に戦勝祈願てわけでは無いようですし。

312 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/25(木) 20:28:05 ID:C6x7Bkx1
追加。
そもそも日蓮各宗はなぜ大師の名前にしたかったのでしょう。
その辺の時代背景が良く分からないですね。
各宗数百年日蓮聖人という尊称をッ使ってきていただろうに。

調べると、
>明治以降の諡号追贈には、明治政府の仏教軽視に対して、仏教界の
>あせりがあり、それを政府側も利用した。
と言うのがあったけど、、権威付けって事でしょうか。

313 :taka:2008/09/25(木) 20:52:37 ID:SnCPok+Z
>>311

はじめまして、築地水交社の疑問には私が答えましょう。海軍関係の場所に行きお題目を
唱えた理由、それは学会でも日蓮宗批判に重点が置かれてあまり他の事に目を向けていな
いため詳しく解説されてませんが、『日蓮聖人大師号隆賜請願』を提出したメンバーを全
て見れば納得いただけると思います。

 日蓮宗管長   大僧正 河合日辰・日蓮正宗管長  大僧正 阿部日正
 顕本法華宗管長 大僧正 本多日生・本門宗管長   大僧正 瀬*島日濟
 本門法華宗管長 大僧正 尾崎日ワ・法華宗管長   大僧正 津田日彰
 本妙法華宗管長 大僧正 清瀬*日守・日蓮宗不受不施派管長 一等上座 釋日解
 日蓮宗不受不施講門派 権大僧正 佐藤日柱
 従一位・大勲位・侯爵 東郷平八郎海軍元帥閣下
 正二位・大勲位・第二十四代内閣総理大臣・伯爵 加藤高明閣下
 正二位・勲一等・海軍中将・子爵 小笠原長生閣下
 勲一等旭日桐花大綬章・第二十九代内閣総理大臣 犬養毅閣下
 海軍中将 佐藤鉄太郎閣下等

この面々を見る限り、大師号を下賜されたのは国の為に戦われた英雄の皆様のご尽力があ
ればこそなのです。ことに、国の英雄であられる 東郷元帥閣下 は、日蓮宗派が一体とな
って大師号の運動をしているのを黙って見ている事が出来ず、この名簿に名前を連ねる事
で助力となればとの思いで署名し、その結果 鎌田栄吉文部大臣閣下 を通じて宮内省に
『日蓮一代略歴』を添えて『日蓮聖人大師号隆賜請願』を提出して受理されたのです。

314 :taka:2008/09/25(木) 20:59:46 ID:SnCPok+Z
この様に、この運動には海軍の英雄の方々が多数助力をしており、その結果大師号を下賜された事による
お礼に築地水交社においてお題目を唱えられたのです。

315 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/25(木) 21:11:28 ID:C6x7Bkx1
連投申し訳ない。
調べると余計分からないのですが。
「立正大師」の誓願は正宗内において何の話し合いも行われずに阿部日正上人の
独断で行われたのでしょうか。

歴史では
大正4年11月
・日蓮宗の小泉日慈、正宗阿部日正、顕本の本多日生、法華宗田辺日諭等の管長は教団帰一の理想実現に努む。
対象11年9月11日
・二十名の連名にて『日蓮一代略歴』を添えて文部大臣を経由して宮内大臣牧野伸顕に請願書を提出する。

これを見ると日蓮宗との融和を計っているように見えるんですけど。
その一つの結果として各宗呼び名が違っているのを統一しようとなったように見えます。
大正4年から行っていたなら、請願書まで「邪宗の僧」と協力するとは何事だ、謗法だと正宗内部から
声が出ているはずですけど。

316 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/25(木) 21:17:37 ID:C6x7Bkx1
>>314
なるほど、お礼にですか。
今の時代の感覚では理解できませんね。
そういう時代だったのでしょうけれど。

317 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/09/25(木) 21:21:32 ID:9Ez3A/ec
資料
日達上人述懐
大正十一年の秋の頃と思うが、日蓮大聖人に大師号が宣下になるという問題が起きた。勿論、身延あたりの策動であったのだ
ろう、文部省から日蓮門下各派へ、大師号を下賜するから門下連合して頂戴に来るようにとの通達があった。其の頃上人(※日
開上人)は宗務院総務であったから急遽登院して宗会を招集せられ、その仕儀を協議せられたのである。私はそれを聞いて(中
略)大師だとか、菩薩などの称号は要らない(中略)ということを書いて建白書として宗務院宛上人に送った。(中略)『お前
の云う事はよくわかっておる、しかし今の宗門は非常に小さくて力が無いのである、今文部省に抵抗してもどうにもならない、
もう暫時待って宗門を大きくしてからでなければどうにもならない、もう少し辛抱しなさい』と諭された。
(日開上人第二十五回遠忌記念 序・達全一―五―七二〇)
>>311
私たちが謗法と考える宗派に与同し一緒に勤行をするのは
>一、謗法と同座すべからず、与同罪を恐るべき事
(日興遺誡置文)
に反します。
宗門からの反論には
>日蓮正宗僧俗であれば、当然のことながら、御本仏に対し奉る大師号の下賜を懇望したり、勅額降賜を喜ぶわけがないのである。
>まして謗法の身延と連合しての運動などに反対なのは当然のことである。
とあります。

何故軍人会館で奉戴式を行ったのか。何故、偕行社ではなく水交社だったのかはわかりません。
日蓮主義運動が活発な時代で軍人に日蓮信者が多かったからかもしれません。

318 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/09/25(木) 21:32:09 ID:9Ez3A/ec
>>312
>権威付けって事でしょうか。
そうです。あの田中智學居士でさえ世界悉檀としての意義しか認めていません。
※世界悉檀
状況適合的な布教方法
衆生の化導にあたり時機を鑑みて世間一般の見解と希望に基づいて適切に法を説き喜びを与える

319 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/25(木) 21:32:53 ID:C6x7Bkx1
>>317
ありがとうございます。
内部でももめていたのですね。
当面の敵は文部省で、正宗としては名称そのものよりその経緯と門下連合することが
問題ありとかんがえていたと理解してよいでしょうか。

今と違って弱小教団だったから生き残りを模索したと。

320 :taka:2008/09/26(金) 07:26:44 ID:iluGnuNY
>>317

そういう正宗の歴史創作には厳重に抗議をしたいですね。『達全』では「統合問題では身
延派が「日蓮正宗の御本尊中心じゃいやだ」といいだして、逃げてしまった。確か講習会
にも講師を出さなかったでしょう。そんなことから講習会も1回切りで取りやめになり、
結局、門下大合同を実現しませんでした。それにしても、大師号宣下までことが運んだの
は日正上人の腹が大きかったわけですね」と642項に書いているじゃないですか。しか
も、貴方が紹介した文の前に「私は若輩で生意気盛りであるから」と反省の文も書かれて
います。

それに、東京日日新聞には正宗の運動の盛んさがしっかりと記録されているのに、なに?
如何にも身延と文部省のせいにするとは何事ですか。自分達の誤りを全て他宗派や国に押
し付ける等、創価学会となんら変わるところがないじゃないですか。

私自身は大師号が間違いだとか、大師号反対を唱えているのはとんでもないとか、そんな
事は教義の中の話であるから、法話の部類に入るので勝手にやっていただきたいが、自分
達が起こしておいた運動の結果を全て他人のせいにするこのやり方は最低ですね。正宗と
はなんですか? 自分のケツも自分でふけない人の集まりなのですか?

321 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/09/26(金) 07:33:38 ID:I3b80Ln8
>>320
忙しいので後でね。不良くんは誘導先を間違えている。ここは質問スレ。
議論はこっち
■創価学会VS日蓮正宗VS顕正会■第二会
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1218825797/
スレ検索をしてカキコして欲しい。


322 :taka:2008/09/26(金) 07:57:12 ID:iluGnuNY
議論ではありません。むしろ、質問に対する解答が適切ではないという指摘です。解答者
に適切かどうかの議論の進行を見せたくないのなら、それで構いませんが。

323 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/09/26(金) 08:27:39 ID:I3b80Ln8
>>332
>議論ではありません。むしろ、質問に対する解答が適切ではないという指摘です。解答者
>に適切かどうかの議論の進行を見せたくないのなら、それで構いませんが。
質問に対する回答が適切かどうか何故質問者が判じる?
それなら質問ではなく議論であり異論。
回答者は私なのだが?進行は見ている。
「議論の進行」と既に質問から離れているのを認めている。
ギャラリーは日蓮系スレを全部巡回しているんですけどね。スレ違いを認識しながら書きたいならお続けなさい。

324 :taka:2008/09/26(金) 09:11:24 ID:iluGnuNY
>>323

>回答者は私なのだが?
これはこれは失礼しました。ただ、質問者には色々な意見を知る権利があり、回答は貴方
だけしかしてはいけないという法は無いはずですが。これは貴方への意見と同時に、オヤ
ジ様 への回答でもあるのですが。

ま、確かに議論はスレ違いという点は確かですし、議論の様な形になったのも事実ですか
らそこは謝罪したいと思います。貴方の紹介してくれた板に行かせてもらおうと思います。

ただ、質問者には最後までチャンと見せる義務はあると思いますがね。

325 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/09/26(金) 17:09:49 ID:I3b80Ln8
>>324
>>1
>信仰者が、答えられる範囲でお答えします。
貴方は信仰者ではないはずですが信仰者だったのですか。
私個人の考えは古くからのコテハンにはここでも書く(例えば>>306)ここでは大旨宗門見解を踏襲した回答をせざるをえない。
初心者の為のスレですからね。
だから議論スレに誘導している。
>>320
従って既に貴方には回答済みです。私が宗門見解に異議を唱えているのが判るはずです。
>>295
>学会の正宗批判が100%間違っているのではありません。引用の地湧は正しい。
(貴方は勘違いしているが引用の地湧とは私がリンクを貼った箇所です)
>>306の全文。
>>317
>私たちが謗法と考える宗派に与同し一緒に勤行をするのは
>>一、謗法と同座すべからず、与同罪を恐るべき事
>(日興遺誡置文)
>に反します。
貴方が日蓮正宗批判をしたいなら議論スレがあります。(オヤジさんも住人)
(貴方の批判は学会員に良く似ている)>>320切り文への言い掛かりと感情がないまぜ。創価板住人も訝しがる貴方は何様?


326 :taka:2008/09/26(金) 17:37:16 ID:iluGnuNY
あつわら様

1.貴方は日本語が読めませんか? 移ると言っているのですよ
2.信仰者しか答えていけないという決まりは無いはず。そもそも、あの人は明らかに私
の投稿を見て質問してますよね? ま、後からは何とでも言えるが、貴方も学会と一緒で海
軍との関係まで掘り下げて答えられるとも思えませんが。
3.歴史をちゃんと認識できない人間が、言いがかりだとか感情だとか笑わせますね。現
実というものをちゃんと受け入れようとしない貴方の姿勢、まさに学会員と同Lvですよ。
4.貴方の言う創価板住人というのは、反創価ですか? それとも親創価ですか? それに
私に何様という前に、自分で下さいと言いながら、一言の断りも無く誤りだとかは要らな
いとか、一人で大騒ぎしている事をしてきしたら、逆にそれを正当化している貴方こそ何
様?

327 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/26(金) 21:29:31 ID:zaK15gHZ
にわか調べで何が真実かは分かりませんが。
正宗の法主については
http://www.houonsha.co.jp/jiyu/06/240.html
を見ると時の法主でも辞任要請されることがあった。
阿部日正上人は大正11年の請願書に連名し翌年病死するが、解任されたわけでは
ないようですね。

請願書は誰が発起人となったかというと、顕本法華宗管長 大僧正 本多日生氏らしいです。
http://otowatid.u.cnet-ta.ne.jp/p4a.htm

ほか、ざっと見た感じでは日蓮宗も「立正大師」の名称をほとんど使っていないようです。
海外向けには「Nichiren Shonin」 と書いてあるし。
hageさんも知らなかったようです、当然私もこの件は初耳です。
もし、立正大師を誓願して使わないのは悪い、謝罪すべきというなら日蓮宗を含む
請願書に著名した僧侶、教団全てが責任を負うべきではないでしょうか。

日蓮門下統合の目的は、協同団結して興隆する、のようで議席が危ない政党が連立を組むような
ものでしょうか。
当時の正宗としては謗法の僧侶と組むのは嫌だったのかもしれません、しかし背に腹は変えられない、
当時の政治下で生き残るためには選択として統合の道を法主が選んだののではないでしょうか。
当然内部から批判はあるでしょう、日蓮宗も保守と革新でもめていたようです。

日蓮門下統合は教団の本心とは違ったかもしれません(本多日生氏は日蓮門下統合を理想としたようですが)
戦後、法律が変わり教団が力をつけてきたらそれぞれが独立していったし。

328 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/26(金) 21:29:58 ID:zaK15gHZ
にわか調べで何が真実かは分かりませんが。
正宗の法主については
http://www.houonsha.co.jp/jiyu/06/240.html
を見ると時の法主でも辞任要請されることがあった。
阿部日正上人は大正11年の請願書に連名し翌年病死するが、解任されたわけでは
ないようですね。

請願書は誰が発起人となったかというと、顕本法華宗管長 大僧正 本多日生氏らしいです。
http://otowatid.u.cnet-ta.ne.jp/p4a.htm

ほか、ざっと見た感じでは日蓮宗も「立正大師」の名称をほとんど使っていないようです。
海外向けには「Nichiren Shonin」 と書いてあるし。
hageさんも知らなかったようです、当然私もこの件は初耳です。
もし、立正大師を誓願して使わないのは悪い、謝罪すべきというなら日蓮宗を含む
請願書に著名した僧侶、教団全てが責任を負うべきではないでしょうか。

日蓮門下統合の目的は、協同団結して興隆する、のようで議席が危ない政党が連立を組むような
ものでしょうか。
当時の正宗としては謗法の僧侶と組むのは嫌だったのかもしれません、しかし背に腹は変えられない、
当時の政治下で生き残るためには選択として統合の道を法主が選んだののではないでしょうか。
当然内部から批判はあるでしょう、日蓮宗も保守と革新でもめていたようです。

日蓮門下統合は教団の本心とは違ったかもしれません(本多日生氏は日蓮門下統合を理想としたようですが)
戦後、法律が変わり教団が力をつけてきたらそれぞれが独立していったし。

329 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/09/26(金) 22:49:30 ID:I3b80Ln8
>>327
立正大師宣下とそれに関る一連の動きについての宗門公式見解は大要>>317の通りです。
資料
日達上人述懐と宗門からの反論の部分です。
taka氏が妙な事を言っていますが
>>308
>全集の事は見た事も聞いた事もありません。
一般に頒布も配布もされていないので私も所持していません。
>>320
『達全』(日達上人全集の略称)ここで本の内容に触れていますが私は知りません。
少なくとも細井精道師(後の66世日達上人)が師匠(日正上人)に異を唱えた事実。
一宗を挙げての運動ではなかった事実。
これは確実です。
学会側批判文書でも非難は個人に集中していることからみて明白です。
(本来このような胸を張れない史実も正信会・学会などからの批判に答えて宗門も渋々反論します)
元より資料自体は公開されているので批判される以前から知っている人は知っています。
>にわか調べで何が真実かは分かりませんが。
ご謙遜を。。当時の正宗としては〜当然内部から批判はあるでしょう  その通りです。
統一団、本多日生師は國柱會・田中智學居士には劣る日蓮主義運動推進者。そのサイトがほぼ全貌を招介しています。

330 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/09/26(金) 22:50:00 ID:I3b80Ln8
>>327
立正大師宣下とそれに関る一連の動きについての宗門公式見解は大要>>317の通りです。
資料
日達上人述懐と宗門からの反論の部分です。
taka氏が妙な事を言っていますが
>>308
>全集の事は見た事も聞いた事もありません。
一般に頒布も配布もされていないので私も所持していません。
>>320
『達全』(日達上人全集の略称)ここで本の内容に触れていますが私は知りません。
少なくとも細井精道師(後の66世日達上人)が師匠(日正上人)に異を唱えた事実。
一宗を挙げての運動ではなかった事実。
これは確実です。
学会側批判文書でも非難は個人に集中していることからみて明白です。
(本来このような胸を張れない史実も正信会・学会などからの批判に答えて宗門も渋々反論します)
元より資料自体は公開されているので批判される以前から知っている人は知っています。
>にわか調べで何が真実かは分かりませんが。
ご謙遜を。。当時の正宗としては〜当然内部から批判はあるでしょう  その通りです。
統一団、本多日生師は國柱會・田中智學居士には劣る日蓮主義運動推進者。そのサイトがほぼ全貌を招介しています。

331 :taka:2008/09/27(土) 11:14:45 ID:VDI5T4az
>>327
オヤジ様、私の仰る事を誤解なさっているようですね。

>もし、立正大師を誓願して使わないのは悪い、謝罪すべきというなら

もちろんそういう私自身はそういう思想ですし、ある意味私は極右ファシストですからそ
う思っています。

ですがそれはあくまで私の思想であり、それについての間違いかどうかというのは私の思
想と日蓮宗各派の法論の問題であります。私は法論をするつもりはありませんし、天皇陛
下 から下賜された称号なんか使えん、というのならそれは思想であって私がああしろこう
しろ等と言う事もありません。

問題は教団の認識ですよ。例えばね、私があれが欲しいクダサイと オヤジ様 に頼んで、
貴方が私に何かくれたとしましょう。そして私の家族も喜んだとしましょう。ところが、
私が死んだ後に家族から貴方に「あんたがあんな要らない物を押し付けたから」と言われ
たら、あなたはどういう気分ですか? という話をしているのです。

自分達でくださいと運動をしておいて、その自分達が「あんなのは正法じゃない。使える
か」という言い方をするのは、どうなんでしょうかね? という話なんです。

称号を使うのなら使えば良いし、使わない、これは誤りだというのであればまず信徒に向
けてこの運動における総括をして正宗としての責任と反省を明らかにし、現文科省や宮内
庁にこの称号は使えない旨の意見と謝罪をするのが筋じゃないでしょうか?

332 :taka:2008/09/27(土) 11:22:56 ID:VDI5T4az
そうしてこそカルト創価・顕正とは違い、誤りを誤りと認める謙虚で誠実な団体として世
間にも広がっていくと私はそう思いますよ。

>日蓮宗を含む請願書に著名した僧侶、教団全てが責任を負うべきではないでしょうか。

もちろん、それを使用しないのであれば日蓮宗各派・そしてかつては正宗の信徒であった
創価・顕正を含めて謝罪するべきだと思います。それについても、キチンと追求するつも
りですよ。

それから、本多日生様 が大師号宣下・統合問題の中心に居たかのように書かれていますが、
当時の新聞記事を見るとインタビュー記事は、日蓮宗・日蓮正宗法主だけですから2人が
代表格である事は間違いありません。

それから『地涌』は、正宗攻撃だけを目的としている書物ですから、なるべくなら裏づけ
だけは取っておいたほうが良いでしょう^^

333 :taka:2008/09/27(土) 11:34:13 ID:VDI5T4az
元原理派・あつわら様

そうですか、公式見解以上の事を思われないのならそれはそれで参考までに受け取ってお
きます。

>これは確実です

私もそこまで否定しているつもりはありません。細井日達様 は教義に忠実で、信念の通っ
たお方。筋はキッチリと最後まで通すお方だと思いますよ。それだけに残念ですね。

ある意味 細井日達様 を賞賛する形になると思いますが。

334 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/27(土) 15:38:15 ID:Zf8RxQFT
>>331
誤解と言うかこの件については良く分からないから。
総則ですが、見方を変えれば当時の廃仏政策を行った政府にも責任はあるともいえます。
ある程度の共通教義なりが無ければ同一宗派と認められないでしょう。(宗祖の名称など)
教団としては寺の存続を取るか、教義に忠実になり没落するかの選択だったのかもしれません。
そうせざる得なかったのは政策のためですし。

taka氏の問題提起は良い点を突いているとは思いますが、もう少し整理されては?
>私がああしろこうしろ等と言う事もありません。
と主張されているのに謝罪しろでは、読んでいる側が意味が分かりません。

その下のたとえでは、私が謝るでしょう。
送った側が謝ることになります。

335 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/27(土) 15:56:27 ID:Zf8RxQFT
もう一点。批判ではないです。
請願書の署名純を見ると
 日蓮宗管長   大僧正 河合日辰
 日蓮正宗管長  大僧正 阿部日正
 顕本法華宗管長 大僧正 本多日生
 本門宗管長   大僧正 瀬*島日濟
 本門法華宗管長 大僧正 尾崎日ワ
 法華宗管長   大僧正 津田日彰
 本妙法華宗管長 大僧正 清瀬*日守
 日蓮宗不受不施派管長 一等上座 釋日解
となっています。

日蓮宗が筆頭次が正宗で代表格ともいえますが、中心かはわかりません。
寺の大きさ順かもしれないし年の順かもしれません。
資料が無いからわかりません。
筆頭の日蓮宗はどのような謝罪や対処をしたのかと疑問もあります。

あと、創価・顕正は当時は存在しなく一切かかわっていないから関係ないのでは?
日本人だから戦争の責任を取れ謝罪しろと、現代の日本人に言っているようなもので。
『地涌』のうらづけは取りたいですが、当方田舎なものでなかなか資料が得られません。
こういった掲示板での情報も役に立っているので、何か資料がありましたらよろしくお願いします。

336 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/27(土) 16:21:26 ID:Zf8RxQFT
>>334
総則ですが→推測ですが
>>335
請願書の署名純を見ると→請願書の署名順を見ると

に訂正。
2chが重くなっているようで前回の二重書き込みは、書き込み時エラーが
出たので再度書き込んだためです。

337 :taka:2008/09/27(土) 16:33:36 ID:VDI5T4az
オヤジ様

>もう少し整理されては?
もう少し良く読んで意味を解かって欲しいと思います。

>主張されているのに謝罪しろでは、読んでいる側が意味が分かりません。

一部分を抜き出して解釈するのなら、ヒトラー総統 も心優しきの様に解釈出来ると思いま
す。ちゃんと書いてるはずですよね? 法論や教えについては何も言うつもりはありません
と。だけどこのやり方は一般的に見て失礼にあたるのではないですか? と。

廃仏毀釈が国の政策として行われた事実はありません。現に明治四年、東京日日新聞や横
浜毎日新聞には、太政官からの布告として仏像破壊や焼き討ち等は辞める様に言っていま
す。それが国の政策で行われたという証拠に、『神仏分離令』や詔書『大教宣布』等が揚
げられているが、そこのどこにも仏像や寺院を破壊しろ等という言葉は一言も入っており
ません。

それから一般には廃仏毀釈と言われていますが、正式名称は排仏棄釈です。それから大正
時代になって排仏毀釈というのは少々無理があると思います。

338 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/09/27(土) 17:03:13 ID:CQkxFSKu
>>335
日蓮宗は大別して一致派・勝劣派となります。法華経の本門・迹門に勝劣が有るか無いかの論争です。
日蓮宗→一致派
日蓮正宗→勝劣派
弱小の日蓮正宗の席次が高いのは最も門下統一・合同に抵抗があるためです。(教義が他門とかけ離れている)
富士のメンツを立てたのではないか?と思います。
大師号宣下運動と日蓮門下統一・合同運動は一体のものです。
(hageさんが関係する本門佛立宗は昭和22年本門法華宗から独立)
>>332
>当時の新聞記事を見るとインタビュー記事は、日蓮宗・日蓮正宗法主だけですから2人が
>代表格である事は間違いありません。
本来該当記事を証拠に提出しなければ根拠とならない。日蓮正宗は代表格ではない。

オヤジさんのリンク先
ttp://otowatid.u.cnet-ta.ne.jp/p4c.htm
國柱會・田中智學居士、顕本法華宗・本多日生師→日蓮主義運動推進の中核。

日蓮大聖人の呼称、表記は他門に於いては日蓮聖人。次いで日蓮大聖人。まれに日蓮上人。
立正大師はあまり見たことがない。日蓮大菩薩(後光厳天皇からの諡号)曼荼羅にも書かれ幟(のぼり)も良く見かける。
呼称としては通常用いられていません。
(もちろん日蓮正宗は使用しない)


339 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/09/27(土) 17:24:14 ID:CQkxFSKu
>>335
追加
>『地涌』のうらづけ
「地湧」の黙しし難い誤りは当然宗門から正式な反論があり応酬もあります。
多くは事実関係そのものではなく解釈の相違です。
(情報・資料収集なら恐るべき能力を創価は発揮する)

340 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/09/27(土) 21:25:33 ID:CQkxFSKu
>>337
詭弁だな。
どうみてもWikiの丸写しww
リンクを貼ったほうが早い。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%83%E4%BB%8F%E6%AF%80%E9%87%88
廃仏毀釈 - Wikipedia
http://www.google.co.jp/search?num=20&hl=ja&safe=off&q=%E5%BB%83%E4%BB%8F%E6%AF%80%E9%87%88&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
廃仏毀釈 の検索結果 約 90,100 件中 1 - 20 件目 (0.18 秒)

>現文科省や宮内
>庁にこの称号は使えない旨の意見と謝罪をするのが筋じゃないでしょうか?

失礼かどうかは宮内庁が判断する。
国体が変り帝國憲法・(旧)皇室典範が現行では機能していない現実を理解していない。


341 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/27(土) 22:13:55 ID:Zf8RxQFT
>>337
読む側が悪いと言われてもねえ。
読解力をつけるように努力はしますけど。

>このやり方は一般的に見て失礼にあたるのではないですか?
失礼と思っていないから使っていないのでは?
天皇陛下より日蓮聖人が偉いと思っているし。
称号も権威付けのためか日蓮門下統合のためと思われますので、総合宗派が
無くなれば称号の意義もなくなりますから。
心情的には、むしろ使いたくないと思っているのではないでしょうか。

排仏毀釈は明治ですがその流れみたいなのが戦時中まで続いていたようなきがします。
仏教が低く見られていたような。(推測です)
それとも統合にいたる理由が何かあったのでしょうか。
>>317の日達上人述懐を見ると「今文部省に抵抗しても」とあるから、何かしらはあったのでしょう。
その後統合することが必要なくなったから、称号もいらなくなったのかもしれません。(推測です)

342 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/28(日) 00:02:43 ID:dITs69zc
ひょっとして大師号とは改名ではなく尊称で肩書きのようなものだからだから使っても
使わなくても自由なのでは。
今の時代でも立正大師の尊称は廃止されたわけではなく生きているけれど、知られて
いないしほとんど使われていないだけで。

大師 ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B8%AB_(%E5%83%A7)
この中で知っているのは弘法大師だけですね。
最澄は伝業大師だと今まで思っていたし。
○○大師だけ言われたら誰のことだかさっぱりわかりませんし、使わないから失礼とも思いません。

takaさんの着眼点は良いのですから、失礼かではなく切り口を変えてみてはどうでしょう。

343 :taka:2008/09/29(月) 15:18:32 ID:NmwnnuxD
あつわら様

1.自分で本当かどうかも探そうともしないで、俺のUPを待つような人間が偉そうな事
を言わないでください。貴方の日常は普段から、図書館とか書物とかには無縁な生活なの
ですか? いちいち俺がUPしなければ、貴方はなんにも出来ないのですか? UPして欲
しいのなら、どうぞしてくださいと頼むのが礼儀では?

2.どうせ貴方は証拠の記事を提出しても「それは内部の事情が解からない記者が勝手に
解釈している。」とか、どこにも「率先して運動をしていたとは書いていない。証拠能力
としてはおかしい」というでしょうからUPする前に言っておきますが、『達全』で後か
らいくら何を言おうと少なくても証拠能力という点では貧弱ですから。当事者の後からど
うこう言おうと、証拠能力としては駄目なんですよ。

3.339で貴方は解釈の相違だと先手を打ったつもりでしょうが、そんな物が世間で通用す
るものなら苦労はしませんがね。事実か事実でないか? それ以外になにかあるのなら是非
教えて欲しいものですね。

4.wikiの丸写し? それが丸写しであろうがなんであろうが事実は事実。それで笑うのな
ら、国家が命令したという貴方の大好きな証拠という物を提出してもらいましょうか? そ
れともなんですか? 正宗信者とは自分の言いだした事も出来ない、無責任な団体という事
ですか?w ま、信者と言ってもピンからキリまで。とにかく、貴方という人間性は良く解
かりましたよw

344 :taka:2008/09/29(月) 15:35:49 ID:NmwnnuxD
オヤジ様

1.読む側が悪いと言われても、とあまり気分を良くされないのでしたら、最初から読み
もしないで もう少し整理されては? 等と失礼ですから最初から言わないでください。貴
方がそう思ったと言うのなら、私も貴方に対してそう思っただけの話です。

2.排仏毀釈で仏教が低く見られたのは明治の一時期だけです。事実、浄土真宗は爵位を
得てますし、当の 東郷元帥閣下 も日蓮宗徒でしょう。一時期のその運動を除いて、仏教
が低く見られたという具体的な事例は見当たりません。もっとも、仏教を救ったのは美術
史の観点から 岡倉天心 の功績は大きいですが。

3.>使っても 使わなくても自由なのでは。
良い所に気がつきました。だったら、私が 立正大師・日蓮大菩薩様 と書いている事に横
から口を挟んで「正宗ではそうは読んでいません」だとか「そんなのは必要はない」とか
言う必要もない事では? 確か注意してください、とも書かれていたような。私がどう読も
うとそんな事は、あなた方に駄目だとか指図される謂れもありません。

浄土真宗でも、私は 見真大師様・慧燈大師様 と読んでいますが、そのいわれについて丁
寧に教えてくれましたよ。事実無根、私が勝手につけた大師号で書いているのならいざ知
らず、あんたらの運動の結果の号で書いているんだから、総括もしないくせに人に注意す
るなよと言いたいですね。

345 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/29(月) 16:34:59 ID:h6iJ4Q9g
>>344
taka氏の読み手が理解していないというなら、taka氏にも関連スレ読んで下さいといえるが。
私は反顕正、反正宗だし、あつわら氏は最近、正宗から一歩引いた感じになっています。
こちらも大師号が良いとも悪いとも駄目だとも言っていません。
正宗としてはこう答えるでしょう、教義上こう答えるでしょうって話ではないのでしょうか。

taka氏の提唱する問題点が良く分かりません→よく読め。
だから読んでも把握できません、と言っているのですが。

2に関しては、教団経営の問題なのかもしれませんね。
浄土真宗は規模も大きく檀家もたくさんあったから。
それと違い日蓮系は貧窮していたようですし。

346 :神も仏も名無しさん:2008/09/29(月) 18:00:11 ID:81cRmXTT
>>345
彼が何を云っているかは本人以外には理解できません。→対話能力の欠如及び慢心。

明治政府の無理な宗教政策で廃仏毀釈が引き起こされ影響は現在も続いています。
佛教が低く見られた例証として三島の「金閣寺」がある。
金閣寺住職が来客に佛教軽視の風潮を嘆く場面がある。

国策による宗教政策は弾圧につながり日蓮宗諸派が「御遺文削除問題」「曼荼羅不敬問題」に悩まされ
一部教団の僧侶は逮捕されている。
創価教育學會の法難は有名。(これは神佛分離令と神道の事実上の国教化に直接起因している)

347 :月見 ◆GQVAicDWLY :2008/09/29(月) 19:05:35 ID:mTA757bO
横から失礼。
現象として排仏は確かにあった。しかしこれは国家主導ではなく、末端の問題。
特に寺の持つ山林等の財産が狙い。
神社合祀令で、神社の資産もかなり処分された。

348 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/29(月) 21:28:23 ID:h6iJ4Q9g
いろいろな要素が絡まって複雑化していますし、私の説明も不足ですね。
私の考えとしては
taka氏の前提が
>下賜された称号なんか使えん、というのならそれは思想であって私がああしろこう
>しろ等と言う事もありません。

> 法論や教えについては何も言うつもりはありませんと。
>だけどこのやり方は一般的に見て失礼にあたるのではないですか?

である場合、
正宗「教義上大師号使いません。それが教えであり私たちの思想です。一般的でもないですし」
と、言われたら終わってしまうのではないでしょうか。
思想や教義に口出しはしないと言っているのだから。
となると、失礼かどうかは感情の問題になります、しかしこれも思想ですし。
「失礼と思いません」
「おかしくないか?」
「おかしくありません」
「なぜ?」
「そういう教義だから」
で終わるのでは?
これは攻め口としては弱いのではないのでしょうか?ということです。

349 :神も仏も名無しさん:2008/09/30(火) 02:50:15 ID:P+NkIzSo
>>348
前提自体に無理と某氏の理解不足がある。
”攻め口”として使えないからこれまで誰もしていない。
一宗一管長制は国策。日本の全宗教まで間口が拡がる。
大師号宣下運動と門下統一・合同運動は一体のもの。

現在
日蓮系各教団どこも大師号を使用していない。日蓮系全般に因縁をつけなければならなくなる。
「お大師さま」と云えば普通は弘法大師。「お祖師さま」が日蓮聖人。
これが世間一般の認識。

教義でも教団決定でも立正大師を否定している宗派は存在しない。


350 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/30(火) 04:22:39 ID:ZJIpTdQN
>>349
アウトライン的に少しつかめてきました。
現在においては立正大師を否定はしていないが、使っていないという事ですね。

新たなキーワード「一宗一管長制」が出たので検索すると
宮沢賢治の詩の世界 のページ
ttp://www.ihatov.cc/blog/archives/2008/09/post_573.htm
日蓮宗 現代宗教研究所 のページ「明治初期日蓮門下教団の動向」 以降
ttp://www.genshu.gr.jp/DPJ/syoho/syoho29/s29_050.htm

がかなり興味深い考察をしています。
神仏分離令、一宗一管長制が大正になっても大きな影響を与え、それが戦時中の
強烈な管理、戦争協力強制、弾圧につながって行ったようです。
大正当時で何が正しいのかと考えると、かなり難しい問題です。

351 :taka:2008/09/30(火) 10:44:20 ID:XA+uya/h
オヤジ様

1.膨大な量の関連スレを読む時間もありませんし、読んだところで貴方よりは普段から
資料を集めている分結果は変わりません。

2.こちらが良いとも悪いとも言っていない、と仰いましたがまさにその通りで、オヤジ
様は私に注意をして文句を言った人と論争をしている最中に、横から相手の見方をして口
を出したのであって、少なくても貴方自身が言ったとは私は一言も言っていません。

3.読んでも把握できませんと言っているのですが、との事ですが、だからよく読んでく
ださいと思っただけです。

>>346

1.また横から口を出す御仁が居るようですが、どうせ口を出すのならもう少しましな事
を言ったらどうです? 対話能力の欠如と慢心? さぞかし貴方は対話能力があるのでしょ
うね?w

2.貴方は人にそういう失礼な口調で上から目線で言った挙句、やっと挙げた証拠が三島
の『金閣寺』ですか。私も文学は嗜み、またそういう記述があるのは認めますが、文学は
教養の範囲であってそれを全て事実とするとは。歴史小説を鵜呑みにしている歴史学者も
居るぐらいですから仕方は無いでしょうが、現実と空想の区別はつけて欲しいものですね。
いくらなんでも証拠が弱すぎるんですよ。

352 :taka:2008/09/30(火) 11:02:06 ID:XA+uya/h
3.月見様 の文章を読みませんでしたか? どこに、国策としての仏教軽視と仏教弾圧の
証拠があるのです? まさかとは思いますが、その文学と学会の言い分と言う訳じゃないで
すよね?

オヤジ様、貴方は都合の良い時には『地涌』を引用して、都合の悪い時は『地涌』を引用
しないのですか? 資料とはバイキングレストランの様に、好きなところを摘む物なのです
か? 何故この何も知らない人間に、『地涌』で法華講の新聞『慧妙』が 第二代会長戸田
城聖様 が各理事長に宛てて「毎朝天拜において、武運長久を祈願すべきことを強調指導す
べきこと」「皇大神宮の御札は粗末に取り扱はざる様」と言っていたことを紹介しないの
ですか?

もっともこれには続きがあり、学会側は 戸田城聖様 の筆跡ではないと反論しています。
ただね、どう否定しようと正宗が紹介した文章は事実なんですよ。何故事実かというと、
『大善生活実証録』っていう資料ありますね? 第5回総会報告ですが、そこでは軍歌が歌
われていて「いまや、皇国日本が只管(ひたすら)に目的達成に邁進しつゝあることは、
すでに皆様熟知されるところである」と言っているんですよね。

しかも、初代会長牧口常三郎様 は「吾々は日本国民として無条件で敬神崇祖をしてゐる」
と言って、戸田様 はむしろ神道について正しい解釈をされているんですよ。これのどこが
法難ですか? ただ、政治的な意図でそうなったのであって、宗教解釈等では無いんですよ。

353 :taka:2008/09/30(火) 11:15:53 ID:XA+uya/h
4.オヤジ様、あなたの前提自体が間違っているんですよ。私が 立正大師 と書いていた
ら、どこぞのわけわからない人が「正宗では使いません。そんな称号も必要ありません。
注意してください」と俺にのたまってたから、じゃああんたそこまで言うならこれはどう
いう事なんだ? ってなっただけ。オヤジ様 は本来関係ないわけよ。

>「失礼と思いません」「おかしくないか?」「おかしくありません」「なぜ?」「そうい
>う教義だから」

だからそれで終わる話しだから、私は自分のケツも自分でふけない団体として人に紹介す
るし、あなた達は正宗の素晴らしいところ、創価の素晴らしいところを紹介すれば良いだ
けの話。貴方の言うとおりごく簡単な話しなんですよ。いちいち横から口を出さなければ。

>>349様 オヤジ様

5.だから仏教を弾圧されたという証拠がどこにあるんだ? 貴方たちの様な人間が居れば、
以前女子更衣室を除いて逮捕された僧侶が居て逮捕されたらしいけど、その僧侶も仏教弾
圧の可愛そうな被害者になってしまうでしょうなw

なんか、具体的に仏教を弾圧するそんな法律でも出来たのですか?

354 :神も仏も名無しさん:2008/09/30(火) 12:09:06 ID:NrAcWSMr
興門血脈論は浅井・池田が利用した。現在の正宗は被害者であり、日蓮宗法華宗との対話の用意はあるのでは?

355 :taka:2008/09/30(火) 13:14:53 ID:XA+uya/h
失礼、書き間違いがありました。

>>353
>以前女子更衣室を除いて逮捕された僧侶が居て逮捕されたらしいけど

以前女子更衣室を覗いて逮捕された僧侶が居たらしいけど、に訂正させていただきます。
ま、どちらでも良いのですが。

356 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2008/09/30(火) 13:47:14 ID:kxJu6v6b
発端は、ここかな
>>296
俺は反日蓮なんだけどね
日蓮系が立正大師と呼ばないのはかまわない
日蓮系が大師号は不要、迷惑というのは経緯からして、筋違いでいいんじゃないかな
>正しいと思うのなら国家から頂いた諡号を使
う、というのが筋なのではと思います。
それを言ったら浄土宗の法然なんて
円光大師・東漸大師・慧成大師・弘覚大師・慈教大師・明照大師・和順大師・慧光菩薩・華頂尊者・通明国師・天下天上人無極道心者・光照大士・記主良忠上人・鎮西聖光上人・法然房源空と呼ばないと失礼という事になってしまうよ

357 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2008/09/30(火) 14:06:14 ID:kxJu6v6b
>>353
勘違いしてるみたいだね
オヤジ君はアンチ正宗系だよ
>以前女子更衣室を除いて逮捕された僧侶が居て逮捕されたらしいけど、その僧侶も仏教弾
>圧の可愛そうな被害者になってしまうでしょうなw
意味不明
>なんか、具体的に仏教を弾圧するそんな法律でも出来たのですか?
仏教弾圧を目的とした法律ではないが
財政難の藩が、寺領目当てに暴走したんだろ
勘違いした神社側が寺院攻撃したとこもあるしな

358 :イエス:2008/09/30(火) 15:31:21 ID:NrAcWSMr
キリスト教スレは私を偽預言者と無視した寒いスレだったが、仏教スレは面白そうだなぁ

359 :神も仏も名無しさん:2008/09/30(火) 16:01:34 ID:eWsdvfyW
初心者的な質問なのですが、創価学会の曼荼羅って、上のほうにいる方が、
人間社会で言うエライ方という考えでいいのでしょうか?
また、左右にある意味などもあれば、教えていただきたいと思います。

360 :taka:2008/09/30(火) 16:16:19 ID:XA+uya/h
>>356
はじめまして、理趣経様

そうそう、法然上人の諡号は凄い事になりますよね^^; なにせ、50年ごとに大師号を送られるんですから。ただ、それは
意識の問題だと思うんですよね。浄土宗でも浄土真宗でも全部は使用しませんが、それは教義上多岐に渡る諡号というのは解
りにくいから使用を控えているのであって檀家や信者の方がどうお呼びしようと自由ですし、過去天皇陛下から下された諡号
自体はありがたくお受けしている、と関係者は言っています。

ところが私が 立正大師 の号を使用すると、先程も書きましたが鬼の首を取ったみたいに「正宗信者は使ってない。そんな者
は必要無い。」なんて頭ごなしに言われれば、誰でもむかつきますよ。その上、それ以前に「日蓮上人 の教えに反する」「
使用は控えろ」とも言われましたから、ま、同一人物か別人か解りませんが、そこまで言うなら、あんたらこれはどうなんだ?
となったわけでして。

要らないだの必要ないだの言うのだったら何故運動をしたんだ? と、「貴方が教義の事を言うつもりは無いのなら、教義とし
て呼ぼうと呼ぶまいと自由でしょう。」というのなら、私がどう呼ぼうとも自由でなぜ横から一々私が 大師号 で呼ぶ事に控え
ろと言われなければならないのか? というだけの、オヤジ様 が仰るとおり全く単純な問題なんですよ。

361 :taka:2008/09/30(火) 16:26:13 ID:XA+uya/h
>>357
ああ、あの意味不明の文で解りにくいでしょうが、簡単に言えば創価が法難にあった
って言うから、私が資料を提供して宗教的な事ではなく危険団体として弾圧されただ
けと言ったんですよ。

罪状も実際の彼らの行動も知らず、一々逮捕される度に弾圧だのなんだのと言われた
ら、それこそ私が紹介した様なつまらない事件で逮捕された事例でも、宗教弾圧の被
害者になってしまうと言っているのです。

事実、PL教団の教祖が幼女強姦事件で逮捕されたが、彼らは未だに事実無根・宗教弾
圧だと主張していますからね。創価の法難と言われる物も、それよりちょっと上程度
の物にしか過ぎないんだと思いますよ。

362 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2008/09/30(火) 17:20:23 ID:kxJu6v6b
>>360
なるほどね
>「日蓮上人 の教えに反する」「
>使用は控えろ」とも言われました
そんなもん、その宗規と、その根拠となる御書は何だ?
といえば終わる事だよ
>要らないだの必要ないだの言うのだったら何故運動をしたんだ?
そういう、よくある質問には、すでに答えがある
議論する時は、感情抑えて、論点を明確にし、
相手のレスを予測して
質問しないとね
でないと論点がずれて
何を主張したいのか
わからなくなるよ

363 :大分本性を晒してきたので:2008/09/30(火) 17:40:30 ID:P+NkIzSo
>>351
>横から口を出す御仁
>>311>>306に質問。ところが、
>>313
>築地水交社の疑問には私が答えましょう。
>>326
>貴方も学会と一緒で海軍との関係まで掘り下げて答えられるとも思えませんが。
>>351
>読んだところで貴方よりは普段から資料を集めている分結果は変わりません。
何様だ?
>>324
>質問者には色々な意見を知る権利があり、回答は貴方だけしかしてはいけないという法は無いはずですが。
この自己中心の増上慢。笑うべし。
>>344
>確か注意してください、とも書かれていたような。
>>353
>注意してください」
>>「 使用は控えろ」とも言われましたから、
精神分析批判を連想する(記憶が後になる程鮮明になっていく事例、記憶の嘘、記憶の捏造)
書かれていた事実があるならリンクを貼って欲しい。
使い慣れない文体は底が割れる。奇妙な表現はやめ地の文章で書くといい。


364 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/09/30(火) 18:19:52 ID:P+NkIzSo
>>322
>議論ではありません。むしろ、質問に対する解答が適切ではないという指摘です。
質問スレに質問に非ず議論に非ず
>>326
>1.貴方は日本語が読めませんか? 移ると言っているのですよ
実行せず何が言いたいw
>>343
こういうレスだから何様?となる。
証明するのは貴方。何を勘違いしてのぼせ上がったレスをしている。
>3.339で貴方は解釈の相違だと先手を打ったつもりでしょうが
更に自分へのレスでもないところまで言及し傷を広げている。
>事実か事実でないか? それ以外になにかあるのなら是非教えて欲しいものですね。
事実か事実でないかでけりがつくなら誰も苦労はしない。
どこの「世間」の話をしている?
事実の有無を巡っての論争よりも「解釈の相違」が歴史観の違いとなり国際問題となるのが歴史。
貴方は資料を読み解く技量があるのか?
横レスも含め都合の良い箇所は長文連投しそれ以外の箇所は無視をしている。
以後二重基準は謹んでいただこう。
貴方には疑問が寄せられている。>>324>ただ、質問者には最後までチャンと見せる義務はあると思いますがね。
要実行。義務だ。



365 :taka:2008/09/30(火) 19:10:28 ID:XA+uya/h
あつわらへ
>>364
>実行せず何が言いたいw

では、まず先に貴方が実行してください

>証明するのは貴方。何を勘違いしてのぼせ上がったレスをしている。

あなたが証明してください、というからわざわざ私がうpするのですか? と、だったら私
にうpしてくださいと頼むのが礼儀でしょ?

>事実か事実でないかでけりがつくなら誰も苦労はしない。

貴方にそもそも苦労があるかどうかも解りませんが、だったら貴方こそ証拠もない事を捏
造するなと言ってるだけですよ。貴方の脳内が世間一般常識では無いのですからね。貴方
はいざとなったら「解釈の相違」と都合よく逃げますが、貴方という人間性は普段からそ
うなんですかね?

長文投稿をさせてるのは貴方でしょ? 貴方にも疑問が寄せられているのですよ。一体法
律・詔勅のどの部分に排仏毀釈を決めた条文があるのですか? 当事者同士の言い分は普通
は証拠にならないのですが、あなたが当事者の言い分『達全』をまるっと鵜呑みにしてい
るのは如何なる根拠なのでしょうかね?

366 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/30(火) 19:30:29 ID:ZJIpTdQN
横から口を出すなといわれれば控えますけど。
だだ、反正宗かつにわかの私が思簡単に思いつく疑問を論破できなくて正宗の信徒、教団を
説得できるのかとも思います。
ぶっちゃけ正宗への攻撃材料が増えるのは好ましいのですが、どうも弱いような気がします。
正宗信徒の発言が面白くないといった感情論になっているようで、。

問いかけ的にあるので、以下は発言します。
>>352の『地涌』を都合によって使い分けているのか、の件は
引用したのは法主解任要求のくだりですが、それを覆す資料が無いから『地涌』ではこうありますと
リンクを張ったのです。
法主解任要求が無かったという資料があれば双方を吟味して判断します。

>>353
4についてはこれも意味が分かりませんので答えられません。
一ついえるのは何で私が正宗、創価のすばらしさを語らなければいけないのかなぁ。
すじちがいなんですけど。

5については>>350の日蓮宗 現代宗教研究所ページを見ると宗教弾圧的な流れはあったと感じます。
リンク先読む読まないは自由ですが。

367 :taka:2008/09/30(火) 19:30:46 ID:XA+uya/h
理趣経様

ようするに冷静になれという事ですか^^ 確かに私が冷静でない部分がある事は認めない
といけないようですね。

別に私は日蓮正宗にも創価学会にも恨みがあるわけでもなければ、なにかがあるわけでも
ありません。事実久遠も含めてある程度のお付き合いもさせていただいています。

ただ、最初に2ch内ですがある学会員の方ですか、柔軟な人なので楽しく話をしている所に
そう言われてつい頭に来た物で。基本的に、正宗の教義は正宗の教義で好きな様に教えれ
ば良いし、学会は学会で好きな様に教えれば良いと思います。ただ、外に向かって強制ま
がいの事をするのだけはやめてほしいと思っただけですよ^^;

368 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/30(火) 19:39:17 ID:ZJIpTdQN
>>365
口出しを控える発言して何ですが、あつわら氏はVSスレスにスタンバイしているよ。

369 :taka:2008/09/30(火) 19:41:22 ID:XA+uya/h
オヤジ様

言い方がきつすぎましたか。どうもすみません。

私は 理趣経様 にも言いましたが、正宗がどんな教えをしていようと、学会がどんな教え
をしていようと、事実無根の名誉毀損にあたる発言やオウムの様な危険な教え以外でした
ら、私にとったら別に関係ありませんよ。あくまで興味の範囲内の中ですから。

正宗の教えが気に入らない、創価の教えが気に入らない、というのなら法論で好きなよう
にやってくれればよろしいですし。事実、あるスレでも創価と正宗の法論について、私は
深入りもしていません。端的に言えば、貴方の言うとおり感情論です。

答えられないという部分ですが、これは私が貴方は正宗か創価信者なのかと邪推していま
した。そこの部分については謝罪します。


370 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/09/30(火) 19:54:03 ID:P+NkIzSo
>>365
議論・論争の初歩も判らず御託を並べていたのか?
挙証責任があるのは
>>332
>日蓮宗・日蓮正宗法主だけですから2人が代表格である事は間違いありません。
根拠:当時の新聞記事
貴方の提示する根拠に疑問を呈されたら証明するのはそちら。

>長文投稿をさせてるのは貴方でしょ?
誰にも理解できない文章を書くから無駄な長文連投になる。人のせいにする奴があるか。

>貴方にも疑問が寄せられているのですよ。
誰が何処で?
>一体法律・詔勅のどの部分に排仏毀釈を決めた条文があるのですか?
これは俺が主張しているのか?
>あなたが当事者の言い分『達全』をまるっと鵜呑みにしているのは如何なる根拠なのでしょうかね?
如何なる根拠なんだろうねw誰が鵜呑みにしているのだろう?とても不思議だねww

相変わらず都合の悪い批判は無視しているな。それでは議論にならない。
人に読解力を要求する以前に、誰がどういう立場で発言しているかを理解する必要がある。
この世は貴方を中心に回っているのではない。



371 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/09/30(火) 20:25:44 ID:P+NkIzSo
>>368
イヤ、すでに「感情論」との給う輩と応酬する時期は卒業しています。(もう昔の私ではありません)
増上慢と遊んでも面白くありませんから。
ここでは初心者の為に真面目に回答し助言する。それだけです。
議論スレで新しく議論に値し建設的なものなら教学研鑽の為に応じますがtaka氏は単なる増上慢。
ここでの初心者質問にも回答不能。

>>366
事のついでに。
>法主解任要求が無かったという資料があれば双方を吟味して判断します。
「宗会ハ管長土屋日柱猊下ヲ信任セス」
一応は「法主」ではなく「管長」辞職勧告です。
>ぶっちゃけ正宗への攻撃材料が増えるのは好ましいのですが
何故オヤジさんに攻撃されなければならないのでしょう。(回答はしなくてもいいですよ)
日蓮正宗が嫌いな人に好きになって欲しいとは要求しません。


372 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/09/30(火) 20:50:56 ID:ZJIpTdQN
>>371
攻撃材料は極端に言いました。
積極的に攻撃したいわけではないし。
当面の問題点は顕正会ですし、ただ正宗と顕正会に共通点がある部分もあるので
引き出しを多く持ちたいという感じです。
攻撃材料が正しいか間違っているかは別にして、別の面から見るということができますから。
批判も、ものの見方の一つですし。

今回の件は歴史的に勉強になったという感じです。
あと、正宗が嫌いというより折伏と折伏に関するものが嫌いなだけで。

373 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2008/09/30(火) 21:10:42 ID:kxJu6v6b
>>367
創価板の不良君のスレにいたみたいだね
ただ、創価板と宗教板は
ちょっと感じ違うよ
創価板ののりは嫌われる
まぁ感情論でやり合ってるのを見ても、つまらないしね、
質問スレなら尚更だよ
まぁそういう事だよ

374 :hage ◆hage6/00M2 :2008/09/30(火) 22:57:13 ID:iR2SR0Kh
折伏とはなんだろうと、ある人に聞いてみたら、
「どんな人にも仏性がある。眠っている仏性を起してあげるのが折伏」
と答えが帰ってきました。
なるほど、そうだなぁ・・・と私も改めてそう思いました。



375 :taka:2008/10/01(水) 11:14:56 ID:4gOeO0T7
あつわらへ

>議論・論争の初歩も判らず御託を並べていたのか?
貴方は一般的な常識も、はては人に対する礼儀も解からない人物とお見受けする。つまり、
貴方はおかしい人って事w

俺が提示してやった証拠と、オヤジ様 が提示してくださった証拠で 阿部日正様 が日蓮宗
の次に中心人物として活動していた事が明らかなのに、なに?

>統一団、本多日生師は國柱會・田中智學居士には劣る日蓮主義運動推進者

本多日生財団のいう事を丸々鵜呑みにして彼が中心に動いた? 当事者の意見を都合よく受
け取って、『日蓮聖人大師号隆賜請願』に日蓮宗の次の位置に署名しているという公式文
書を無視して認めようとしない上に、俺がうpしてやろうと言うんだから頭を下げてお願
いするのが筋だろうが。

しかも、お前が先に>>340で喧嘩を売ってきたんだろうが。wiki の丸写しだろうがなんだ
ろうが、そんな事関係ないんだよ。太政官布告令でもちゃんとあの騒動をやめる様にお達
しが来てるだろうが。

>誰が何処で?

お前は目が無いのか? それともただの馬鹿か? お前が先に俺に証拠をうpしろと言い、
お前が先に俺に排仏毀釈で喧嘩を売ってんのなら、どこにあの騒動が国策として行われた
んだよ。その証拠を提示しろって言ってんだよ。

376 :taka:2008/10/01(水) 11:22:42 ID:4gOeO0T7
>誰にも理解できない文章を書くから無駄な長文連投になる。人のせいにする奴があるか。
ま、少なくてもお前みたいな馬鹿には理解でできんだろうなw

>これは俺が主張しているのか?
じゃあ、俺が詭弁だという証拠がどこにある? そもそも、お前に詭弁という意味が解かっ
てるのか? 俺が排仏毀釈は国の政策じゃないというのが詭弁だといのなら、詭弁だという
証拠をお見せしていただけませんかね。

>如何なる根拠なんだろうねw誰が鵜呑みにしているのだろう?

鵜呑みにしてないのならなんだ? 俺から見たらお前みたいな馬鹿こそ不思議だよw >>329
で「細井精道師(後の66世日達上人)が師匠(日正上人)に異を唱えた事実。 一宗を挙げ
ての運動ではなかった事実でしゅ〜」とか言ってた人間がしらばっくれてんじゃねえよ。

この世は貴方の中心で回ってるのではない? それはそっくりお前に返してやるよ

377 ::2008/10/01(水) 15:59:29 ID:e6kHMyF+
つ旦

378 :hage ◆hage6/00M2 :2008/10/01(水) 20:41:44 ID:APFZEHrt
議論や論争はとことんやって下さい。
でも、他の人に対して蔑んだり罵ったりするような書き込みは、他の人が読まれた時に不快に感じますよ。



379 :hage ◆hage6/00M2 :2008/10/01(水) 21:05:07 ID:APFZEHrt
>>377

御本尊は、物質として有り難いのか?そこに表された概念が有り難いのか?おしためされた方の魂が込めれているその魂が有り難いのか?

富士派はいったい何が有り難いといっているのですか?

物質であるならいつかは必ず朽ち果てる。
概念であるなら特定の形ある物質でしか表現出来ないというのはおかしい。
魂であるならどうでしょうか?


380 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/10/01(水) 22:21:18 ID:aYJ8HBTk
>>378
>>377は題目くんですかね〜?
題目くんなら嬉しいいんですけど。

>議論や論争はとことんやって下さい。
私はお断りです。議論が成立しませんもの。彼は自分が全てを把握しているような錯覚をしていますが、
ちゃんとした本を読んだり資料読解の技倆がないようにおもわれます。
創価板での遣り取り。
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1218373508/419-439
下は大分あいだに他の人がはいっていますが、
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1221002195/485-502
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1221002195/519-520
質問にも議論にも応じてきました。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1200911430/295-376
不毛ですね。彼の持論は立証できれば通説を覆すシロモノですよ。(ありえないっつーの!)
事実関係・解釈は質問スレとして応じてもいいですけど彼は自分が正しいと思い込んでいますしね。

あと、大師号宣下運動、門下統一・合同の問題や神佛分離令と廃佛毀釈について、佛教軽視や弾圧はhageさんも無縁では
ありませんよ。(彼の疑難は日蓮門下全体への疑難)


381 :神も仏も名無しさん:2008/10/01(水) 23:00:08 ID:fwmoGeMW
>>379
御本尊がありがたい
と言われていまする。


382 :hage ◆hage6/00M2 :2008/10/01(水) 23:57:24 ID:AzUBe08J
神佛分離令と廃佛毀釈では、日扇聖人もご苦労されたようです。

教部省は宗教家にとどまらず、俳優、講釈師、落語家等の芸人や
およそ人にものを説くことのできる者は、ことごとく国民教化運動に総動員させられたそうです。
「十一兼題」や「十七兼題」について富士派はどう対処されたのですか?

383 :hage ◆hage6/00M2 :2008/10/02(木) 00:01:40 ID:AzUBe08J
如来滅後々五百歳始観心本尊抄曰、
今本時の娑婆世界は、三災を離れ、四劫を出たる常住の浄土也。
仏既に過去にも滅せず、未来にも生ぜず、所化以て同体。
是即ち己心の三千具足三種世間なり。

迹門十四品に、いまだこれを説給ず。
法華経のうちに於ても、時機未熟の故か、
此本門の肝心南無妙法蓮華経の五字においては、
仏猶文殊薬王等に、これを付嘱し給はず。
いかに況や其已下をや。但地涌千界を召して、
八品を説てこれを付嘱し給う。

其本尊の体たらく、本地の娑婆の上に宝塔空に居し、
塔中の妙法蓮華経の左右には、釈迦牟尼仏、多宝仏、
釈尊の脇士は、上行等の四菩薩、文殊、弥勒等は、四菩薩の眷属として末座に居し、
迹化他方の大小の諸菩薩は、萬民の大地に処して、雲閣月卿を見るが如し。
十方の諸仏大地の上に処するは、迹仏、迹土を表するが故也。

かくのごときの本尊は、在世五十余年にこれなし、八年の間にも、但八品に限る。


384 :hage ◆hage6/00M2 :2008/10/02(木) 00:16:03 ID:vQ4n6HZe
で、takaさんはいったいどこの宗派の方なんでしょうか????


385 :hage ◆hage6/00M2 :2008/10/02(木) 00:18:59 ID:vQ4n6HZe
ひょっとして、右翼の方???

386 :taka:2008/10/02(木) 15:39:59 ID:fTaFyM2s
hage様

>>378
>でも、他の人に対して蔑んだり罵ったりするような書き込みは、他の人が読まれた時に不
>快に感じますよ。

解かりました。どうもすみません。ですが

>議論や論争はとことんやって下さい。

これについては私もお断りします。彼は横からシャシャリ出てきた上に、当事者の述懐等
の文章をさも証拠の様に取り上げて人を小ばかにした上、ちゃんとした資料を読まず現実
を理解せず、しかも証拠も無い事を持ち出してる あつわら とは論争など出来もしません
ね。どうやらこの人は、自分の宗派内の通説しか知らないようですから。

とにかく、蔑んだり罵ったりした書き込みについては素直に謝罪します。どうも申し訳あ
りませんでした。

で、どこの宗派か? との質問ですが私の実家は浄土真宗ですが、私自身はどこの宗派も入
っておりません。何れは両親の付き合いで入る事になるのでしょうが^^;

それと、右翼の方か? との質問ですが、思想の方でしょうか? それとも団体という意味
でしょうか? 思想の方でしたらその通りですが、団体に入ってるか? と言われればあの
様な汚らわしいヤクザの別組織とも言える街宣右翼には入っておりません。

387 :taka:2008/10/02(木) 16:01:18 ID:fTaFyM2s
それから思想についての右翼という面ですが、別に左翼は左翼の考え方があり教えがある
わけで、周りに迷惑を掛けなければ好きな様に教えればよろしい事ですし、仏教徒やキリ
スト教徒・神道等それぞれ教えがあるのなら、それぞれにその教えを迷惑を掛けない範囲
で実践すればよろしいかと思っています。

正直な話し右翼の私から見ても、所謂中臣神道とか吉田神道等色々流派がありますから勝
手にやって頂戴、って思いますから^^ ま、それぞれにそれぞれの教えを、迷惑を掛けな
い範囲で内向きにやれば良いと思いますよ。

388 :hage ◆hage6/00M2 :2008/10/02(木) 17:39:58 ID:FNtE41Bf
takaさん、お返事いただきありがとうございます。
世の中いろいろな考え方や思想をお持ちで、みんなが違うからこそ健全なのかもしれないですね。

あつわらさんは、私とは宗派は違いますが、違いがどこか、同じところはどこかをご存じであり、そのうえで今までいろいろ意見を交わされたりしてきました。
あつわらさんは、自分の宗派を客観的に見る目をちゃんとお持ちだと思いますよ。

389 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/10/02(木) 19:28:37 ID:EKEkwSEZ
>>386
余りに痛く哀れをもよおす。
もう来られないと思いリンクを貼ってしまった。(このスレ内だけでも頻出のきみの嘘も出鱈目も他板での被害妄想も一目瞭然)
少なくとも常識と節度を守れないものは単なる能無し荒らしとして排除される。
きみに議論や論争は無理だ。

相変わらず読解力がない。
>彼の持論は立証できれば通説を覆すシロモノですよ。(ありえないっつーの!)
”宗派内の通説”など誰も主張していない。きみは日本近・現代史の通説に異論を唱えるゆえに立証できれば大したものだと
云っている。
そして
きみは何も証明できていない。(当たり前なのだが。間違いだからね。)
解釈・見解の相違ではなく事実そのものが判っていない。

そういうことだ。媚びを売ってもきみの有利にも不利にもならないが人格誹謗・罵詈雑言は通用しない。

390 :taka:2008/10/02(木) 19:56:15 ID:fTaFyM2s
>>389
貴方こそ憐れに思いますよ。貴方は本当に正宗信者ですか?w 己で証拠も無い事を言い出
したにも関わらず、貴方の真似をして証拠を出せと発言しただけなのに一向に出そうとも
せずに反対に喧嘩を売ってきている。

>宗派内の通説”など誰も主張していない。

すまん、それは間違いだw 宗派内の通説どころか、あんたの脳内の通説だった。現代史だ
の通説だの言う前に、あんた自身がまず立証しろってw

1.排仏毀釈は国家ぐるみじゃないというのが詭弁というのなら、排仏毀釈を推す進めよ
という具体的な法律・詔勅が存在するのか?

2.『日蓮聖人大師号隆賜請願』について、日達上人様 が反対していたという当事者の主
張である『達全』以外に、公的な証拠でもあるのか? それとも、事実が解かってないと言
いはるのなら『日蓮聖人大師号隆賜請願』に正宗は一切関わってないと言いたいのです
ね?

3.私が直接的にむかついた、「立正大師号なんてもってのほか」という物についてお聞
きしたいものですね。確か妙観講の人でしたか、自身で言ってますよね?「大師号宣下は
宗祖の意思にかなったものだ」と。貴方は本当に正宗の信者ですか? 偽者の様に思えてき
ましたよw

4.もしその人が勝手に発言したとすれば、正宗というのは信者組織も統一できてない組織という事になりますが?

391 :※分類枠=地獄界が日蓮型相当:2008/10/02(木) 20:22:19 ID:PULHbQ4s
日蓮自身が四大菩薩の両方の版があることを認識しており(そう書いている)
そのうちの「(雲雷威音王の法華経=十干十二支の幹枝等の)世界樹の
 五行の象徴体系を一部借りた、別名体系としての四大菩薩」を選び、
そこにある意味での上行菩薩としての仕事については、という意味になる。

日蓮自身の意味での聖人と賢人はほぼ仏教での縁覚と声聞に当たるし、
そのぢちらでもないが同じ大分類を持つ道を若い時に選択し進んでいる
日蓮にそれらの名前を使うのは失礼に当たる、また死後に残す成果では
菩薩行の方で評価してもしょうがない(仕事の質の違い)からこれも不当。
 仏教では大小型の価値尺度=自在天(善のイデア)は批判対象なので、
 菩薩のほうが上下型順序尺度(自在天)で見て価値が上と言われても。

日蓮の本地以外の残りの上行型の本地残り4つの型とその対応分野で
日蓮の意味の上行菩薩の分野で法華経に功績のあるものは特に無い。
=「仏教の自発性・自主性・自立性の分野で」日蓮以前に比する者は〜。

古来の意味の四大菩薩については対応する価値ある記述がないため
まるまる作り直すべく生前に行える大枠作りに終わったが、これこそが
「生まれてきた目的」=釈尊の法の復興と可能なら改良・新しい実例等
であり、その一例が四箇の格言に当たる(他の関連内容はそうである)。
説いているのはこの釈尊の法でありその意味では釈尊の使いであるが
もう使えるカタチでは残っていない上に後の世の実例等の研究による
新しい成果まで加えている点で優れている…主に時間による優位だ。

古来のほうの四大菩薩だとほぼ安立行菩薩になるが、こちらの方の意味での
上行の仕事内容は他の全ての環境が揃わないと無意味なので当分無用だ。
仏教の十界論など基準は優先度の高い問題から解決していきそれを前提と
するかより重要性の低いものを上積みする仕組みで自在天とは価値が逆。
 仏界=イデア・類「等価」性機能系・五大空…は大型システムでないと
 本来の機能が働かず、菩薩界=火大も個人内ではほぼ出番がない…
≪語義というより認知分類枠の問題は最初に解決しないと話にならない≫
 日蓮自身が分かるだけに忘れがちだ(詳細中では『若十二十』がそれ)

392 :神も仏も名無しさん:2008/10/02(木) 20:45:16 ID:PULHbQ4s
仏教以外・他言語のものまで含め各時代の虚空会の記述を
丁寧に根気良く追うなどすればこのあたりは難しくはないが、
とてつもなく暇が必要な割には比較的どうでもいいので略。
(私としては語りたいが止めどころがわからないし長くなる)

個々の例の列挙によって用言可能な内容ではないし、
数学的公理に近い本来の正当な記述は抽象が激しすぎる。
三身如来のような粗雑な内容と記述なら簡単かも知れない、
でもそれでは意味がないので、人の通常の十二の本地などだと
手紙などの相手の本地に対して対応する記述を書く方法で
「虚空会上の本地の分類型」の「例」「解説」両方を揃えている。

それ以外では星座自体の並びを立正安国論に盛り込んだり、
それに関する例えば日蓮の意味の安立行菩薩=四天王+明星天
に関する記述を「虚空会システムに特有のあの数値」記述や、
また「四天王と十羅刹女で虚空会では有名な地の印の円・星印になる」
などの内容を書いている(五行象徴が四天王の方位分担のもとだが、
 本来は四天王に東西南北の方位など関係はない、黄道の星座だし)…。

ごめん風邪の為もあり眠くなったので書けないが、まず宗教上の話を
するときは、ガイシュツ文献のどの記述に相当する内容と用語か、または
そこからその記述に従って「聞き手側が何かがそれであるか見分けられる」
方法で記述することを目指し、その分類枠に関する質問にも答えられる
ようにできるだけしとかないと(特定の実例の一致だけで)分類枠=本地や
四大菩薩などの教義上の「機能名」を混同して話を進めると合わなくなるかも
 世界を違う方向から違う方法で区切った時に見える分割枠どうしの話は
 話が合わない・矛盾する・対立するはまだ良いほうで、
 誤解したまま表面上でだけ話のつじつまがあってしまうと…。
 誤解で同じものを違うものと見なす場合は視点の違いですむが
 (視点が違えば色も形も大きさも違う)、誤解で一致は笑えない。

(他人には爆笑モノだが

393 :神も仏も名無しさん:2008/10/02(木) 20:46:31 ID:PULHbQ4s
ちなみに理解力はともかく真剣さはないぞ(ちょ これが岡目八目だな

394 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/10/02(木) 21:05:48 ID:fwDqvBUX
とりあえず言いわけとして、口出しは控えると言ったが、しないとは言っていないので、
排仏毀釈について。
これも解釈の相違かと。
たとえば部落問題も法的には明治時代に身分制が廃止されたから国としては無いことに
なっているが、現代でも部落問題はあるといえばあります(呼び名は変わっているが)

明治から昭和の終戦まで政府が宗教を管理しようとしていたと思われます。
大正時代にも大本教に対する宗教弾圧は行われています。
それらに使われたのは不敬罪、警察犯処罰令、治安警察法、それらの発展系の悪名高き治安維持法です。
第2章 日本近世・近代における政教関係
http://homepage1.nifty.com/tkawase/osigoto/sotsuron/chap2.htm

宗教を、管理するという点では一宗一管長制、明治45年の三教合同があり門下統一・合同運動
につながっていったと思われます。
「今文部省に抵抗しても」につながる情勢の一つが伺えます。
http://elib.doshisha.ac.jp/cgi-bin/retrieve/sr_bookview.cgi/U_CHARSET.utf-8/BD00009069/Body/002000110004.pdf
http://elib.doshisha.ac.jp/cgi-bin/retrieve/sr_bookview.cgi/U_CHARSET.utf-8/BD00009092/Body/002000140003.pdf
※PDFのうえかなりの長文、大サイズです。

395 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/10/03(金) 05:45:10 ID:jTBt7Ody
>>390
先ず態度を改めるように。真面目にやる気があるならばだ。
妄想も止め既にリンクも貼った事でもあるから、こちらの発言は正確に引用して貰う。
きみは立正大師の件につき反論にきている。(質問スレに反論とはね)

間口を拡げたのはそちら。”横レス”で質問者のきみが回答者に立場を変えた所からオヤジさんとの遣り取り開始だ。
(議論のやり方分かっているのか?挙証するのはどちらかなど理解できているのか?)
立正大師以外の件はきみのみが立証し回答する”義務”がある。

きみに主導権があるのではない。
日蓮正宗の公式見解なら既に概要を提示してある。不満なら直接寺院に行って談判しておいで。
ここでは”個人”としてカキコしている。宗門見解はその都度断り書きを入れて詔介している。

君の主張。
それから、本多日生様 が大師号宣下・統合問題の中心に居たかのように書かれていますが、
当時の新聞記事を見るとインタビュー記事は、日蓮宗・日蓮正宗法主だけですから2人が
代表格である事は間違いありません。

俺が提示してやった証拠と、オヤジ様 が提示してくださった証拠で 阿部日正様 が日蓮宗
の次に中心人物として活動していた事が明らかなのに、なに?

日蓮正宗法主が”代表格”(準)”中心人物とのきみの主張は有り得ないのだが根拠が1:当時の新聞記事
2:請願書の署名順、これだけなんだな?
反論は夕刻。

396 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/10/03(金) 21:25:55 ID:jTBt7Ody
670 名前: taka 投稿日: 2008/10/03(金) 20:15:10 ID:0dhPwET6
>>654
不良学会員様

当事者がここには来たくないようですから議論は有りません。
終了とします。

>>390
>確か妙観講の人でしたか、〜宗祖の意思にかなったものだ」と。
「慧妙」掲載反論文からの引用でした。裁判所判例で「慧妙」は日蓮正宗機関紙ではないと認定され
学会もそれを踏襲した上で宗門見解と「慧妙」主張の相異を指摘し妙観講攻撃をしています。
「慧妙」が何を言おうと単なる妙観講見解に過ぎず、こちらの与り知るところではありません。

以上

397 :神も仏も名無しさん:2008/10/04(土) 00:05:32 ID:fXTXCsfI
9.11以降欧米では仏教の研究が盛んだ。聖書の神の守りが嘘であった以上、彼らは家族を守る新たな契約をさがしているのだ。現証なくば価値なし

398 :神も仏も名無しさん:2008/10/04(土) 02:02:28 ID:sphoE0lI
日蓮系って誰彼なく噛み付きまわる野良犬みたいだなー
なんかやだ

399 :神も仏も名無しさん:2008/10/05(日) 15:23:18 ID:czMoJ3eE
くどくってなんですか?

400 :神も仏も名無しさん:2008/10/05(日) 19:03:42 ID:vkqY92sc
法華経の力で世界から戦争とテロと貧困をなくそう。15秒に一人世界で子供達が死んでいる。争っているうちに人類は宗教にノーと言うだろう

401 :神も仏も名無しさん:2008/10/06(月) 16:40:20 ID:dgxE+8I4
じゃあ公明党支援しろ

402 :神も仏も名無しさん:2008/10/06(月) 21:48:50 ID:T/zmqkIi
>>401
君は組織の中でもKY的存在でしょw
この時期に新聞とか友好とかやっちゃうタイプだね

信仰は一人でも始められますょwww

403 :神も仏も名無しさん:2008/10/06(月) 23:27:09 ID:BunbPIx3
ああ、ようやく書き込める
話題の賞味期限が切れちゃってるけど

>>274
概念定義をしないから(ry
>>275
広辞苑の現世利益の定義はそうでも、日蓮さんの現世利益の定義とは違うんじゃないですか?
「身を苦しめ行を作すとも法華涅槃に至らずんば一分の利益無く有因無果の外道なり」(守護国家論)
ここにある利益は現世で得るものでしょう。
そもそも利益とは「修行いのよい成果」という意味であり、悟りも諸天の守護も利益であり、
それを現世で得られるなら現世利益です。

故に>>288の回答も間違いではなく
>>289
>これはもはや現世利益云々を通り越して悟りそのものではないのか?
は愚答です

質問をするなら、
”御書に信仰で病気が治るとか、経済的な恩恵が得られるとか、運がよくなるとかいう
物質的な意味の現世利益があることを示す文言はありますか?”
とかでないと、ぼやけるでしょうね

404 :神も仏も名無しさん:2008/10/06(月) 23:57:28 ID:BunbPIx3
>>344
>排仏毀釈で仏教が低く見られたのは明治の一時期だけです。事実、浄土真宗は爵位を得てますし

親鸞さんの主著の教行信証には天皇批判をした箇所があるが、昭和の戦時中に不敬であると伏せ字にさせられた
明治から二次大戦敗戦まで天皇中心主義に逆らえる教団は存在しなかった

>浄土真宗でも、私は 見真大師様・慧燈大師様 と読んでいますが、そのいわれについて丁寧に教えてくれましたよ。

本当は『顕浄土真実教行証文類』から顕真をとって顕真大師にしてもらおうとしたら、
なぜか見真大師になってしまったという理由は聞いた?
聞くところによると、顕という字を使った名前の天皇か院家がいて、
同じ字は使っちゃ駄目というしきたりによって、顕真は使えず、
かといって別の名前を考える時間的余裕もなく、やむなく見真大師にしたとかいうトホホな話しらしい

405 :神も仏も名無しさん:2008/10/07(火) 00:28:33 ID:2f0fOPjO
>>351
>1.膨大な量の関連スレを読む時間もありませんし、読んだところで貴方よりは普段から
>資料を集めている分結果は変わりません。

五ヶ月前のエイプリルフールネタに引っかかるリテラシーの人がどんなに資料を集めても意味ないと思われ


>>360
>浄土宗でも浄土真宗でも全部は使用しませんが、それは教義上多岐に渡る諡号というのは
>解りにくいから使用を控えているのであって檀家や信者の方がどうお呼びしようと自由ですし、
>過去天皇陛下から下された諡号自体はありがたくお受けしている、と関係者は言っています。

もう東本願寺は見真大師号は使わない
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~posteios/PROJ_B087.htm
大師号を貰ったこと自体を間違いとしているし、下賜した天皇に詫びもしない
東本願寺は左翼系の人間が宗制を握っていたからかもしれない
西本願寺でも、教行信証に伏せ字を入れられたことや戦争協力などの観点から反発している人も少なからずいる
なので、大師号は積極的に使われない

それにしても本人がその大師号を貰って喜ぶかどうかという視点があってもいいと思う
親鸞さんは大師号が下賜されたと聞いたら (゚Д゚)ハァ? という顔でもして、有為転変は娑婆の常か、とでも言うかもしれない

日蓮さんは…
(1)小躍りして喜ぶ(2)謗法の天皇からの大師号はいらないと拒絶(3)布教のためになるならと受ける
どれでしょうね?どれもありそう

406 :神も仏も名無しさん:2008/10/07(火) 07:29:19 ID:e6PdiFfL

緒形拳さんは、上京して俳優になる前に、信仰している
宗教法人の大日本獅子吼会の下足番として下積み時代を過ごしていました。
息子の結婚式も、大日本獅子吼会でさせているくらいだし、
今でも信仰を全うしていますもんね。
http://plaza.rakuten.co.jp/syuukyou/diary/20080112/


407 :神も仏も名無しさん:2008/10/08(水) 13:39:20 ID:BqG04UIl
緒形拳さんの葬儀は7日午前、東京都
新宿区の法華宗獅子吼会本部で密葬の形で営まれた。
http://www.zakzak.co.jp/gei/200810/g2008100711.html

新国劇の高倉典江さんと結婚した緒形拳さん=東京都新宿区の日本獅子吼教会で撮影。
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/ogataken/3.html


408 :鰯の頭:2008/10/09(木) 18:06:20 ID:GNPLwCvA
>>403

また定義かね
そんなものはどうでもいい
言わんとするところは理解できるはずだ
その上で回答なら単なる逃げ口上だ

>>289

これ対する返答も愚答だな

分からないなら分からないで構わないから参加しないでくれ
こちらは真面目に質問している
仏教用語でお手玉をするような連中と会話をするつもりは無い

409 :神も仏も名無しさん:2008/10/09(木) 18:38:03 ID:W/lvPUaR
>>408
あるがまま、ありのままを受け入れる。そして自分で努力する。
貴方は信仰そのものを聞いているのだからこれは信仰の実践をするものだけが得る境界。
どの信仰を選ぶかで貴方の人生も変る。

410 :鰯の頭:2008/10/09(木) 19:55:42 ID:kXzMpDK9
>>409


言わんとするところは分からんでもない
だがそれは私の質問に対する答えではない

411 :神も仏も名無しさん:2008/10/10(金) 00:22:53 ID:y5LzbBnC
>>408
定義をきっちりしないから>>289のような答えが返ってくる
議論を混乱させずスムーズに進めたいなら、概念規定をしなければならない

少なくとも、あなたは>>289に無駄な労力を使わせてしまったわけで、愚問である証左だ


で、答え?
立正安国論、開目鈔、それに佐渡御書の内容と書かれた理由について調べれば、それなりの答えは見つかる
解説して欲しいなら、それなりの聞き方をすれば答えなくもない

個人的には、あなたが”答える義務がある”なんて寝言を言う人種なら答える気が失せるねえ

412 :神も仏も名無しさん:2008/10/10(金) 00:32:29 ID:y5LzbBnC
っと、>>289ではなく>>288

日蓮さんに現世利益があるか?という質問なら御書に書かれている以上”ある”としかいいようがないんだよ

>「身を苦しめ行を作すとも法華涅槃に至らずんば一分の利益無く有因無果の外道なり」(守護国家論)
>ここにある利益は現世で得るものでしょう。
>そもそも利益とは「修行いのよい成果」という意味であり、悟りも諸天の守護も利益であり、
>それを現世で得られるなら現世利益です。

413 :神も仏も名無しさん:2008/10/10(金) 00:56:55 ID:jX5Z1/EH
>>274は質問者の態度だったか
日蓮信仰の外にいる者の話しだから、内にいる人で誤った点があるなら指摘して欲しい

『立正安国論』
平安時代には神社に祭られている諸天・神は仏教信者で法華経読誦などの功徳を積んだら
個人や国を護ってくれると信じられていた。

しかし立正安国論が書かれた当時、天変地異が続発し、さらに蒙古が攻め込もうとしていた。
日蓮さんは問う、国が乱れているのに、なぜ諸善神は護国もせず、なにもしないのか?
日蓮さんの答えは、仏教信者の諸天は正法が廃れたため日本を捨てたためだというものだった。
仁王経や涅槃経に正法が廃れれば七難が起こると説かれていることが一つの根拠だった。

その正法(彼にとっては法華経)が廃れた理由は法然さんの念仏宗が広まったためで、
だから、国主は法華経に帰依し、念仏宗を一掃して正法を広め、諸天を呼び戻すべきであり、
そうすれば国は安らかになると幕府へうったえた。

というのが論旨
神仏混淆の中世の世界観には合理的だった
しかし、日蓮さんの提案は幕府に無視された
彼の意見を採用すれば念仏・真言宗などから反発を受けることは必至で、
(おそらく挙国一致で蒙古と当たらなければならない時局には危険思想そのものだったからだろう)
幕府は、この危険思想の持ち主を佐渡へ流してしまう

そういう状況で書かれたのが『開目鈔』と『佐渡御書』
諸天は正法を広める自分を護るはずなのに襲撃されたり、
法華経には「現世には安穏にして後善処に生れん」とあるのに弾圧されたのはなぜか?
日蓮さんの門弟からこの疑問を受けたし、自分自身も疑問だった、それに対して開目鈔や佐渡御書は書かれた

414 :神も仏も名無しさん:2008/10/10(金) 00:58:25 ID:jX5Z1/EH

開目鈔では、諸天の加護がなかったのは法華経に末法に法華経を広めようとする行者は迫害されると書いてあるから、とした。
だからこそ自分は法華経を広める上行菩薩であり、法華経は正法であり、
ゆえに自分も門弟も迫害されたとしても正法を捨ててはいけないとしている。

佐渡御書では、弾圧された理由について、過去世に犯した法華経謗法の罪に求めている。
そして、その前世の謗法罪なども、今生の善行によって転換し、利益を得ることができるとしている
この謗法の罪について御義口伝(資料としては難有りなのかもしれないが)には
「衆罪とは六根に於て業障降り下る事は霜露の如し、然りと雖も慧日を以て能く消除すと云えり、
 慧日とは末法当今・日蓮所弘の南無妙法蓮華経なり」
としている。

以上で、日蓮さんの現世利益観は、だいたい推測できるだろう
1)正法を護る人や国を仏教信者の諸天は護り、俗的な現世利益を与えてくれる(これは中世の人に共通する世界観であり常識だった)
2)法華経の法華経行者に現世安穏があり、法華経謗法者には苦果があるとする文言への信仰があった(善因楽果・悪因苦果)
3)法華経行者は諸天に護られるが、末法において法華経を広める者は迫害される

…これをどう評価するかは別の話
少なくとも創価学会は会員に俗っぽい現世利益が有ったり無かったりすることの根拠をこのへんから出しているようだ

付け加えると、日蓮さん自身は病気になったら薬を飲むし、敵対者から襲撃されそうな時は門弟を武装させたようだ。
神頼みだけで物事を解決するタイプの人ではなかったわけね。

415 :神も仏も名無しさん:2008/10/10(金) 01:34:39 ID:jX5Z1/EH
付け加えると、日蓮さんの現世利益観について、どこまで独自のものかは吟味する必要がある
というのも、日蓮さん以前から天台でも真言でも現世利益のために加持祈祷や法華経読誦などは行われていたからだ

日蓮さんの教学に現世利益があるか、を問う以前に、仏教の現世利益の系譜を押さえる必要がある
平安時代の現世利益についてなら、当時の貴族の日記や源氏物語などの文学作品にも残っている

日蓮さんの現世利益観の特殊性を探りたいなら、当時の常識的な現世利益観を踏まえ比較しなければ意味がないだろう

416 :神も仏も名無しさん:2008/10/10(金) 02:54:07 ID:I+JnMYlA
そんなに長い文章を打つ気力がない・・・
>>415
今昔物語集などの説話が入手しやすく面白いと思う。
中世鎌倉人の精神生活は佐藤弘夫氏の啓蒙書が面白い。

大聖人の御書は四条金吾宛の御消息が最も理解が得られやすいのではなかろうか。
薬を処方したのも四条金吾。
読めって言っても文句がでるだろうがね。
>>409に付け足すと現世利益はある、が思い通りになるものでもない。
(諸天の加護はこちらが要求・期待するものではなく諸天のほうが決める。信心の厚薄、前世からの宿業等も絡む。)


417 :神も仏も名無しさん:2008/10/10(金) 17:42:11 ID:lwYPgHEE
もし自然災害等で大御本尊が滅失してしまったり
登座した法主が血脈相承を誰にも授けないうちに急死してしまったりしたら
日蓮正宗の教義上どのように対処するんですか?


418 :神も仏も名無しさん:2008/10/10(金) 20:49:46 ID:I+JnMYlA
>>417
>もし自然災害等で大御本尊が滅失してしまったり
戒壇本尊に関しては万が一にも有り得ない事ですから考慮する理由がありません。
>登座した法主が血脈相承を誰にも授けないうちに急死してしまったりしたら
血脈には未公開の口伝法門が未だあります。
御隠尊猊下が血脈不断に備えてまします。
御隠尊猊下がましまさず口伝法門の内容を誰にも知らせず御遷化遊ばされた前例はありませんからこれもまた有り得ない
となります。
貴方の聞きたいのはこういった事でしょう?
現法主が突然遷化なさった場合は改正前の「日蓮正宗宗規」にはその後の定めがありました。
現在の「日蓮正宗宗規」には血脈断絶を想定した条項はありませんから教義でも宗規でも血脈断絶はありえません。
これは日蓮大聖人御指南
>日蓮が慈悲曠大(こうだい)ならば南無妙法蓮華経は万年の外(ほか)未来までもながる(流布)べし。
(報恩抄)
に叶った改正です。

419 :神も仏も名無しさん:2008/10/10(金) 21:02:00 ID:IMu363vN
>>418
富士山大爆発したら顕正会も喜ぶでしょうねw
未公開の血脈じゃ弱いなぁ〜

広宣流布は坊主がやるの?って逆質問OKかなwww

420 :神も仏も名無しさん:2008/10/10(金) 23:09:31 ID:I+JnMYlA
>>419
チミに限っておk。
富士山の噴火は鎌倉時代以後一度ある。宝永の大噴火(江戸時代)だ。
大石寺は当然無事だった。
口伝法門未公開については松本佐一郎氏の著作参照。

>広宣流布は坊主がやるの?
宗門新方針でも僧侶主体となっている。
大聖人以下御歴代に倣い結構なことと思う。
正解は広宣流布は佛がなさる。

421 :神も仏も名無しさん:2008/10/11(土) 00:35:54 ID:jX1H4c58
>>420
ググったの乙w
何だか説得力ありません¥

今夜は「クタバレジャイアンツ」ってねwww

422 :神も仏も名無しさん:2008/10/11(土) 01:48:46 ID:DRgi5RHO
>戒壇本尊に関しては万が一にも有り得ない事ですから考慮する理由がありません。

血脈相承については断絶していないと言えば断絶してないことにできても
大御本尊は物質である以上なんらかの要因で滅失する可能性は皆無ではないよね。
宗門に敵意ある人間にとってみれば、
大御本尊さえ破壊すれば宗門をしてその教義を破綻させられるわけでしょ?

423 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2008/10/11(土) 10:15:57 ID:qsA/v0v/
>>418
> >もし自然災害等で大御本尊が滅失してしまったり
> 戒壇本尊に関しては万が一にも有り得ない事ですから考慮する理由がありません。
bbs@12
ttp://homepage1.nifty.com/imei/bbs@12.htm
>以前、日亨上人に、「戒壇の御本尊様も、火にくべたら燃えてしまうのですか?」と質問した僧侶に対して、日亨上人は、眉も動かさず、「燃えてしまうよ」と答えられたそうです。
>その後、「お前は、それを見て黙っておるのか、命を懸けてお護りするべきでないか」といわれたそうです。
これはBBSのカキコであるが、「燃える。だから燃えないように守るのだ。」という趣旨の発言をされていたのは、昔から知られている。
ありえないのではなく、そうならないように周りが守る事が重要。
だから、考慮する理由がないというのは、暴論。

> 御隠尊猊下が血脈不断に備えてまします。
> 御隠尊猊下がましまさず口伝法門の内容を誰にも知らせず御遷化遊ばされた前例はありませんからこれもまた有り得ないとなります。
前例がないからありえない・・・・論理が成立していないが。
それに、前法主でも隠尊でもない方が相承を中継したとされる前例は存在する。
日正→日柱(2人の在家とされているが・・・)、日昌→日就(理境坊日義)

> 現法主が突然遷化なさった場合は改正前の「日蓮正宗宗規」にはその後の定めがありました。
(詳しい内容は知らないが)そうならば、改正前の日蓮正宗宗規は、相承に関して理に適った宗規であるということになる。
> 現在の「日蓮正宗宗規」には血脈断絶を想定した条項はありませんから教義でも宗規でも血脈断絶はありえません。
・・・想定した条項が存在しないから、そのような事は現実にありえない・・・・・どんな論理だ?

424 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2008/10/11(土) 10:41:32 ID:qsA/v0v/
>>423訂正(読み違えた・・・)
>それに、前法主でも隠尊でもない方が相承を中継したとされる前例は存在する。
>日正→日柱(2人の在家とされているが・・・)、日昌→日就(理境坊日義)
→削除。
内容は間違っていないが、趣旨に合わない。

ちなみに、相伝の中継に在家2人が絡んでいるというのは、宗門の見解。
(惡書「板本尊偽作論」を粉砕す:昭和三十一年日蓮正宗布教会編著、日蓮正宗布教会〈代表・細井精道〉発行)
(ただし、この在家2人が相承を取り次いだという事に関して、嘘であり、相承していないという説を採るものもいる。)

他にもカキコしたい内容はあるのだが、止めておく。
>>418には、もう一度自分のカキコ>>418をよく読んでみる事を薦める。

425 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/10/11(土) 12:22:21 ID:P1fg289B
>>423-424
>だから、考慮する理由がないというのは、暴論。
引用元は正信会檀徒の発言。戒壇様を「ダイナマイト一本で吹っ飛ぶようなもの」と評した某僧侶所属集団に相応しい発想だ。
あなたは「曼荼羅それ自体は、物体という側面からいえば永遠不滅ではありえない。」(聖教新聞平成5年5月5日)
を師匠とする人。

前スレの回答通り
>たとえば戒壇本尊が燃えたらどうするのか?という質問にどう答えるか

本来礼儀からいつてかういふやうな表現は謹むべきもので、ソンナ所にも宗教的体験の欠如から来る宗教的情操
の不足が見られるが、トニカク初心の人を除いてすら猶全国数十万の、分に成仏をした信徒が護持してゐる
御本尊が焼けうるものではない。中略 この信者の護持力が即仏力だ。中略
経にも火不能焼とあつて、仏力信力帝網の相照らすが如く、焼ける材質のものでも焼けなくなる。
信者が信力を尽くした上で猶且焼けたら釈尊は地獄に落ちる。中略
信仰のないものにはかういふ心境はお分かりにならないだらうが、正しい御本尊を信仰のある人が護持してゐる時に
そのやうな仮定などは金輪際成立し得ない。
松本和道「尋勝論」から引用

堀上人もまた近代合理主義の影響下にある方として考えれば堀上人を絶対視する理由もない。

426 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/10/11(土) 12:24:54 ID:P1fg289B
相承預かりの前例は知っていても書きたくないから書かなかったんだけどな。(初心者スレは概ね公式見解を初心者向けに書く)
>改正前の日蓮正宗宗規
正確な表現は知らないが法主が相承せず遷化した場合は能化から後任を選びそれもできないときに大僧都から選任する、とあった。
正信会がその箇条を元に血脈断絶は想定されており大僧都に過ぎない阿部信雄師は法主にはなれないはず、とやった。
宗規違反と主張した。
>前例がないからありえない・・・・論理が成立していないが。
>・・・想定した条項が存在しないから、そのような事は現実にありえない・・・・・どんな論理だ?
戒壇本尊不滅も唯授一人法水瀉瓶も信仰の領域。
>日蓮が慈悲曠大ならば南無妙法蓮華経は万年の外(ほか)未来までもながる(流布)べし
(報恩抄)
大聖人の御金言を信じ佛法の永遠を信じない人にはわからない。

427 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2008/10/11(土) 15:18:53 ID:qsA/v0v/
>>425
>あなたは「曼荼羅それ自体は、物体という側面からいえば永遠不滅ではありえない。」(聖教新聞平成5年5月5日)
>を師匠とする人。
では、現在の大御本尊の状態をどう見る?
図顕(墨)では、後世読めなくなる可能性がある→彫る→木が朽ちる可能性があるから漆や金を使って保護。
現在の大御本尊の形状そのものが、御本尊が永遠不滅でない事の証拠になっている。
少なくとも、大御本尊の建立に携わった人たちは、御本尊をできるだけ長持ちさせようと「努力」している。

そして、その後も僧俗のさまざまな努力があってこそ、今まで大御本尊は守られてきた。
それを考慮しない>>418
>戒壇本尊に関しては万が一にも有り得ない事
は、物事をさかさまに見ていることになるだろう。
有り得ないのではなく、今までもこれからもそうならないよう万全を尽くす・・・・というのが正解と思うが。
歴代貫首が大御本尊を相伝するという事は、そういうことだろう。
(まさか、人類滅亡地球消滅後も大御本尊だけは朽ちることなく・・・という主張をするつもりはないだろう?)

さらに>>418
>血脈には未公開の口伝法門が未だあります。
創価学会の御本尊授与に対する法門上の見解
ttp://ranhou.hp.infoseek.co.jp/houmon.htm
>かつて日達上人が御自身の「相承」の内容について「堀(日亨)上人が全部出してしまったので、特別なものは何もない」と述懐されたのは


428 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2008/10/11(土) 15:28:47 ID:qsA/v0v/
ここは初心者質問スレッドだったな・・・orz
この件は、これで止めるよ。

429 :神も仏も名無しさん:2008/10/11(土) 19:02:19 ID:DRgi5RHO
燃えてしまったらその時の法主が作り直すのはダメなの?
本仏の内証は歴代法主に伝持されてるんでしょ。


430 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/10/11(土) 21:36:02 ID:P1fg289B
>>427
>有り得ないのではなく、今までもこれからもそうならないよう万全を尽くす・・・・というのが正解と思うが。
詳細に回答せよと云うならあなたの言う通り。野晒しにして放置しても大丈夫とは答えない。
学会でも末法万年を考えて堅牢な楠板に彫刻と教わった。
久保川論文破折の尾林広徳(当時)師の反論でもあなたの見解に沿っている。
現在奉安堂に安置申し上げる戒壇本尊は考えられる限りの防護策を講じてある。
>刀杖等に於ては仏法守護の為に之を許す
これだよ。戒壇様と血脈御所持の猊下を守り抜く。
>(まさか、人類滅亡地球消滅後も大御本尊だけは朽ちることなく・・・という主張をするつもりはないだろう?)
人類滅亡までは消滅しない。

口伝法門は言ってくると思った。
日顕上人御指南以上の回答は持っていない。帝國大学で史学を専攻した松本氏は堀上人の考証に疑問を感じても
未公開の口伝法門に依るものか?と考えている。

>>429
戒壇本尊消滅は妙観講が考察しあなたの言う通りの事を「折伏必携」で述べています。
わたしは支持しません。

431 :神も仏も名無しさん:2008/10/12(日) 01:15:28 ID:NeIQk+fg
>本来礼儀からいつてかういふやうな表現は謹むべきもので、ソンナ所にも宗教的体験の欠如から来る宗教的情操
>の不足が見られるが、トニカク初心の人を除いてすら猶全国数十万の、分に成仏をした信徒が護持してゐる
>御本尊が焼けうるものではない。中略 この信者の護持力が即仏力だ。中略
>経にも火不能焼とあつて、仏力信力帝網の相照らすが如く、焼ける材質のものでも焼けなくなる。
>信者が信力を尽くした上で猶且焼けたら釈尊は地獄に落ちる。中略
>信仰のないものにはかういふ心境はお分かりにならないだらうが、正しい御本尊を信仰のある人が護持してゐる時に
>そのやうな仮定などは金輪際成立し得ない。


ただ思考停止してるだけじゃん。


432 :hage ◆hage6/00M2 :2008/10/17(金) 20:11:15 ID:IfXJ4IQr
彼のブログ最近更新していませんが、どこにいったか誰かご存じないですか?

433 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/10/17(金) 21:25:44 ID:gsZka2Dv
>>432
わたしは彼を心配していますよ。
外部掲示板でもみかけません。現実世界で折伏を実践していると良いのですが。
日蓮系スレはアンチも含めて過疎りましたね。ある意味結構なことです。

434 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2008/10/17(金) 21:52:24 ID:eUIIzkDP
確かに止まっているな。
(・・・しばらく彼のHPは見てなかった。)
忙しくなったのか、病気になったのかry

435 :hage ◆hage6/00M2 :2008/10/17(金) 23:00:04 ID:sklGCbzT
やはり見かけませんよね・・・・・
いったいどうしているのやら???

436 :神も仏も名無しさん:2008/10/17(金) 23:46:48 ID:KFXTeeY6
僕の目的も達成されましたw
真面目な信者さんは広宣流布に向って邁進してね

でも彼は真面目じゃないから戻ってきますょwww

437 :神も仏も名無しさん:2008/10/18(土) 18:53:54 ID:S3oNCLNT
ここに興味があります。
創価とはどんな関係なのですか?

438 :オヤジ ◆avupamp2lY :2008/10/18(土) 21:30:52 ID:p91kZBf1
>>437
マルチはちょっと・・・

439 :神も仏も名無しさん:2008/10/18(土) 23:12:57 ID:L7GPtlTt
彼のブログって?


440 :神も仏も名無しさん:2008/10/19(日) 00:32:40 ID:ohnnxZGi
>>438
ここはカルトらしいですね

441 :理趣経 ◆viIIIIIIII :2008/10/19(日) 10:52:03 ID:U7T1mAlp
>>438
最近、名無しで議員・選挙板に常住してるせいか
マルチというと
野田聖子?と思ってしまったw
>>439
題目君の法華講説だよ

442 :神も仏も名無しさん:2008/10/22(水) 13:49:19 ID:o2NAcxPF
父上よ。わたしたちがみなひとつになるよう充分になるよう早期解決になるよう働きかけてください。新しい福音が一夜にして世界を変えますように。天に召します偉大なる父上よ。よろしくお願いします。アーメン

443 :神も仏も名無しさん:2008/10/23(木) 21:18:13 ID:Mj9RP5+Z
>>274が宗教板で受けた答え

日蓮系諸派共同・初心者質問スレ
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1200911430/275-288
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1200911430/413-416

444 :神も仏も名無しさん:2008/10/23(木) 21:39:26 ID:/tVDfWsM
438 名前: 鰯の頭 [sage] 投稿日: 2008/10/22(水) 10:56:56 ID:???
他のスレでも質問したのだが今ひとつ要領を得ない、あるいは的外れではないか
と思えるようなものしか無かったのでここで質問させていただきたい

日蓮の教義は現世利益でしょうか?

ここで当方のことをはっきりとお伝えしたいのだが、当方は仏教や
日蓮の教えに関する知識は殆ど無い
だから使う言葉も仏教的な意味合いではなく、全て俗世間的な意味合いで
使っていると解釈していただきたい
その点を踏まえた上で質問させていただきたい

日蓮の教えは現世利益であろうか?

もしも質問に答えて下さる方が居られるのであれば、他にも色々と質問させて
いただきたいので日蓮その人のつもりになってお答えを頂戴できると助かります
難しいことは一切分からないので、平易な言葉でお答えいただけると有り難い
当方の今の考えは、あちこちの書き込みの聞きかじりでお恥ずかしいが
日蓮の教えは死後の成仏を目的としており、現世利益などは無いのではないか
という考えで居ります

創価板では華麗にスルー  だな

445 :hage ◆hage6/00M2 :2008/10/23(木) 21:57:30 ID:0XEls4j/
御教歌

人界に仏界具する証拠とは 妙法口唱利益現証

今日を無事にくらすも妙法の 御利益也といふをわするな

現証の利益で信を起させて 未来を救ふ祖師の御本意

いかほどに講釈すとも妙法の 御利益見ねば信はおこらず

めに見えた事でなければ今時の 我等凡夫に信はおこらず


446 :恵子 ◆nR0QKwo/p2 :2008/11/07(金) 22:27:15 ID:EgHy4edF
御戒壇さまだって燃えてしまうのだ。
故に写真をバチバチ撮って国民に広くばらまくのがよい。

447 :恵子 ◆nR0QKwo/p2 :2008/11/07(金) 22:42:49 ID:EgHy4edF
>>445
どなたのお歌ですか?

448 :神も仏も名無しさん:2008/11/07(金) 23:52:40 ID:j4cmZ7go
>>446
ここでも他スレでも回答済み。

449 :恵子 ◆nR0QKwo/p2 :2008/11/08(土) 00:26:23 ID:nSjWkCDN
日蓮には秘仏という発想はありません。

御書を使って説明しろこのカス。てめえの我見はうぜえんだよ

450 ::2008/11/08(土) 09:09:32 ID:SG9gh3d0
うるせーバカw

451 :神も仏も名無しさん:2008/11/08(土) 11:26:58 ID:Hm1Sbbsj
日蓮宗って排他的ですよね?柴又帝釈天が日蓮宗って最近まで知らなかった。信徒以外の人が日蓮宗の寺に行っても御利益あるのですか?ないですよね?

452 :悟っただけでは何の価値もないさ:2008/11/08(土) 11:37:07 ID:Ua1J5fW8
初期のレスにある俗語の「縁起」的な発想のぬるさがなつかすぃ
「死後の世界がない」=「生まれ変わりがある」というのが
因果応報などのルールによる必然というもので、
たとえばキリスト教ではそれが来る日の死者全員復活&裁き。
「生まれ変わりがない」=因果応報のベースになっている
等価交換のルールに従えば引き受け先が必要
=「死後の世界が無ければならない」。
(もちろん、両方あってもいいが、転生と死後の世界の
  それぞれの必然性・重要性はかなり落ちることになる。
  等価交換ベースでは、ひとつ代わりが効くなら
  それ以外の代わりも効くってのが常識だから。)

このへんは「その組み合わせは変だよー?」ですむから、
「ああ、そういやそうだな」とかまったりムードで済むんだ。

秘仏ってのは日蓮宗に限らず仏教にはないな。
仏陀として布教の仕事をしているのが本物だから、
仏像であれ仕事をしていないなら仏陀、正確には
仏陀の十号=十大必須資格のうちの如来ではない。
「如来」=「いまこの時点で」である点がみそです。
個々の用語を超えた義の枠組として三つの時制の
「過来・如来・未来」のそれ(〜三身如来等にも関係)
「秘されている時点」では仏陀ではありませんw
「(仏)法(は)自らひろまらず…」とあるとおり、
仏陀が仏陀であるのはその教が広まって行くからで、
仏陀が十号の世間師など師徳を持つのは弟子がいるから。

ふつう、秘仏といえば「『宝物としての』仏像」が
(一般)公開禁止状態な状態にあるってことですが、
それは仕事をサボっているんだから仏じゃあないですなw
説話で仏陀の最も偉大な身体部位とされた場所のうち仏智=
眉間より重要なのは「『布教に使われるから』足の裏」ですw

453 :神も仏も名無しさん:2008/11/08(土) 11:58:54 ID:Ua1J5fW8
例えば禅宗は五大のうち風大=大自在天=乗算・変動系で、
等価ないし加減乗除の象徴が土火木水金の五行では水行、
それが担当領域であり、大自在天=力学(的空間)つまり
因果応報の元になっている必然は、等価交換による順序性、
力学的対称性です(相対性原理により力学法則と同じもの)。
学習・報酬系=情動、いわゆる感情に代表されるような、
因果応報の四つの本地を統べる善のイデア=自在天、
またの名を風星である「木星(『第六天魔王』)」は、
空の一種としての自在天、等価交換による価値順序評価の
元になる交換可能性の等価性であり、それを人に向けることは、
その相手が代わりの効く条件付評価の対象だからで、不可です。

報酬・所有・所属を司る持国天と執着を司る不動明王タナトス
(いわゆる奪命者であり十二支縁起の老死)は七つの曜日等の
元になっている広域システムにおいて結び付けられていて、
道と運搬とをまとめて金曜神格の枠組になっています。
虚空会の北斗である不動明王、専門用語で獅子宮は、
道具や手段の理である道理であり、資源などの消費と獲得の
費用対効果などの使用価値の智である智慧に相当します。
これ自体は正義系機能が最も劣る型ですが、法華経教徒なら
そちらは自前で用意していますので、それは問題ありません。
正義がなかった場合の例は崇神天皇関連を参照。
一般にはこの本地を持っていた四条金吾に関連する御書を参照。

禅宗では「問いが間違っている、それを指摘せよ」が基本で、
因果応報に関する実際の問題は大抵というか全部がそれです。
「片手の拍手の音は?」は、「拍手は片手しかない」が「正解」。
「鳴らそうとする力を持つ片手」が両手とも揃ってしまうと、
それは拍手の音に等価交換され、ただの片手になります。
自然の移り変わり「の『主体的』原因」=無常としての時により、
拍手の音という如来=(一瞬の)今は変換の時にしかなく、
原因=過来・過去は拍手しつつある手、結果・未来はただの手です。

454 :神も仏も名無しさん:2008/11/08(土) 12:27:11 ID:Ua1J5fW8
第六天魔王の語源は(シヴァや儒教の本地である)
原因=増長天の「位置」ですが、これは
(ヴィシュヌや道教の本地である)月天
(=十二支縁起では第一=寅にある)無明、
より正確には不明、結果と隣り合うとはいえ
普通は取り違えられることはありません。
地大の四つの本地に続く風大の四つの本地のうち
小(日天=甲)・大(増長天=亥)は包含・OR・MUCHなど
「量」であり、多(月天=寅)や少(持国天=壬)などの
分離特定・AND・MANYのほう、たとえば帝釈などとは
価値上下関係がない=取替えがききません。

修羅界=内外界のうちの外側=日天やその応用である
内側(家=豚=亥)の元になる側面を実現するのが
日天の機能実現における報身如来である毘沙門天=申
(=蓄積や反動・振動のバネの象形):り隣接参照演算子型で、
間接参照相互関係実現子型(=十干の乙:翼の象形)=帝釈とは
曲と折の違いがあります、前者は戊=「木星」=雷鳴神である
虚空会の織姫=スクルド(=測)の三身如来の報身如来=妻で、
後者(稲穂女神の稲穂=持国天スピカと関連する)=稲妻は
稲穂女神=八幡=ベクトル空間での直進性=報身如来=妻です。
力学的ポテンシャル空間=空大の自在天=善のイデア=戊と、戌=
統計的傾向性等のベクトル空間=空大の八幡=美のイデアは違います。

なら、なぜ字がそっくりなのかって?混同・合併状態で使われるからです。
もっと大変なのは畜生界こと欲望界をなす意欲・表現・信=巳と
希望・裏づけ(義)・裏どり(疑)の己で、混同・競合・対立…が通常状態。
その通常=表裏・信義の対立状態のほうが良く登場するくらいなんですが、
前者は直接参照機能型であり火曜神格(花樹豊穣神)の羅刹型であって、
後者=相互依存性のような安立行菩薩=明星天&四天王=集合演算系
ではありません(この五者すべてのみ法身如来が愛染明王:三宝「僧」
 →織姫=第六天魔王と彦星=増長天の間の天津=デネブ:「集合」)。

455 :神も仏も名無しさん:2008/11/08(土) 12:51:07 ID:Ua1J5fW8
集合演算系の共通第一前提=法身如来である愛染明王の
第一前提は多宝如来、(一部の御書にある)三身如来の数価変換で
数価66、日本諸語文化の本地である近接・焦点・集約性であり、
日本諸語の「主語」の型であって、主格言語の主語の型である
羅刹型=(直接)参照型ではないし、前者はどちらかといえば
大小志向=大は小を包含する=高コスト高機能の文の骨格である
集合演算子による構文や文化の構築を行うのであって、
後者のように多少の少=特定性において全部分より価値が高い
特定部分を(正負の賃金等の報酬分担の主体性である
  持国天=五大集合演算のうちのANDで)取り出すのにも使う
運搬型(の各位置間接続用の帝釈)ばかり使う訳ではないです。

主格言語における主語は動詞類=風大・変動系諸機能のうちの
運搬型しか使わない以上、それを実現する骨格の帝釈が
ほぼ参照先位置間の移動そのものである以上は、
そのスタート地点=起因として常に必要なものです。
同じ参照=別名・代名詞型でも、接続詞=中継点や
定冠詞などの応用を含めた普通の代名詞とは違います。
この圧倒性の感覚は、日本諸語運用者にはないはずです。
「何か下からあるものの持続・延長としてしか
  変化や運動が起きない世界」ではないので。
日本諸語の意識では能格言語をもっと極端にしたような、
(起因ではなく)変動=変換自体に焦点があてられます。

…といった意味で「諸法は一義より生じて」いるわけで、
「一義」を説くのが法華経、で実際に働く諸法則そのものであり
法則を実現する主体でもあり諸法則の適用対象でもある
各領域・機能・資源…分類型が(古代ギリシャなどの)
アナトリア系古代星座体系である虚空会で示され、ローマ字の
元になった虚空会対応文字体系においた各型の法則実現主体:
三身如来に古代ギリシャ式数値変換を行った合計の9の剰余による
等価関係が十如是であり、月天と持国天=月などの対応な訳です。

456 :m( )m:2008/11/08(土) 12:57:35 ID:Ua1J5fW8
…って、また飛ばしすぎたよ!それに長いよ!ゴメンナサイ。

こういった、雲雷威音王の法華経=中国・インドなどで現役の
旧体系・十の幹や十二の枝や五行などの世界樹と、
それがもう広まっている事を前提に説かれた互換性のない
仏教や啓示宗教の新しい広域共通基礎体系=虚空会とで、
特に違いがない部分は書くのが気分的に楽なんですよ。
違いは誤訳と無知だけ、宗教的価値論争の余地がないので。

最近はそちら(四箇の格言の拡大延長精密現代版)ばかりで
きつくってしょうがなかったので、はねを伸ばしすぎましたm( )m

457 :神も仏も名無しさん:2008/11/09(日) 17:55:15 ID:82GYWR03
日蓮について知りたくて池袋のお寺に行ったら
「誰かの紹介がないとダメだ」


一般の人も聞ける法話のようなものはありませんか、と聞いたら追い帰された。
やはり同じようなことを言われて。

日蓮正宗っておかしいよね。
信仰ってそんなもん?

458 :神も仏も名無しさん:2008/11/09(日) 19:16:09 ID:ZxlxiC/D
先ずあなたはこの質問スレでも宗祖を「日蓮」と書いている。
通常そのような表記をする人の質問には応じずスルーしている。
日蓮正宗は興味本位の人は受け入れないでしょうね。
紹介云々は学会のスパイ防止策だね。
礼儀がなっていないから拒絶されたんだよ。普通は未入信の人がお寺に来たら信仰の初歩から教える。
事前の連絡は必要。

459 :日照上人の曾孫:2008/11/09(日) 19:24:08 ID:QU3i3u+m
悲しいなぁ…

460 :恵子 ◆nR0QKwo/p2 :2008/11/09(日) 19:38:44 ID:KrCU1krM
日蓮正宗も落ちぶれたな。
あとは信徒の高齢化で消えゆくのみか。。
以前は乞食に折伏して檀家僧侶そろって面倒をみて更正させたりして
素晴らしい宗教だと思っていたのに。。。

もはや完全に閉じた宗教だね。おそろしい。。

461 :恵子 ◆nR0QKwo/p2 :2008/11/09(日) 19:39:37 ID:KrCU1krM
浄土系のお寺なら親切に応じてくれますよ。
曹洞宗なども仏教の質問なら親切に答えてくれますよ。

462 :日照上人の曾孫:2008/11/09(日) 19:50:04 ID:QU3i3u+m
荒行堂に入っている、全て
お上人様達が無事に
成満(じょうまん)される事を
祈念いたします。

463 :日照上人の曾孫:2008/11/09(日) 21:19:23 ID:QU3i3u+m
日蓮宗については…
http://www.nichiren.or.jp/
 

464 :神も仏も名無しさん:2008/11/11(火) 03:43:05 ID:VQCdz6v5
日蓮正宗は最悪のゴミ人間集団!
早く消えて無くなれ!


465 :日照上人の曾孫:2008/11/11(火) 03:52:15 ID:zkleOhKd
『北ニ喧嘩ヤ訴訟ガアレバ 
ツマラナイカラ
ヤメロト云ヒ』
 
…宮澤賢治さん
『雨ニモマケズ』より

466 :日照上人の曾孫:2008/11/11(火) 03:59:18 ID:zkleOhKd
『立正安国・お題目結縁活動』
(平成19年4月1日〜平成34年3月31日)

467 :日照上人の曾孫:2008/11/11(火) 04:07:58 ID:zkleOhKd
『日蓮が慈悲広大ならば
南無妙法蓮華経は万年の
ほか未来までも流布すべし
日本国一切衆生の盲目を
開ける功徳あり』

468 :神も仏も名無しさん:2008/11/14(金) 01:05:14 ID:5KEgSuWH
日蓮正宗の人さあ、

コンドームをちゃんと着けろよ。
不幸を作り出すな!

469 :日照上人の曾孫:2008/11/14(金) 21:41:41 ID:QKIIgaki
『妙とは蘇生の義なり』

470 :神も仏も名無しさん:2008/11/16(日) 07:10:34 ID:1+K/8wn6
入会してすぐに辞める事は出来ますか?
自分の本当の意思で入会したのではないので悩んで眠れず返って申し訳ないので…

471 :神も仏も名無しさん:2008/11/16(日) 09:30:12 ID:HA2w5Wx4
>>470
どこに入会したのか書いていただけないと答えられません。

472 :神も仏も名無しさん:2008/11/16(日) 10:29:19 ID:1+K/8wn6
>>471
すみません、日蓮正宗です。

473 :神も仏も名無しさん:2008/11/16(日) 11:00:06 ID:HA2w5Wx4
>>472
日蓮正宗は入会ではなく入信ですから破門団体が日蓮正宗を詐称している可能性もあります。が御質問に即せば
信心をやめたければいつでもやめられます。
気が進まなくても下附された御本尊様をお寺に返却なさってください。

474 :神も仏も名無しさん:2008/11/16(日) 11:04:36 ID:1+K/8wn6
>>473
有難うございます。
何も解らないまま連れて行かれ入信致しましたが、取り敢えず入信してと言われたのでご本尊様は頂きませんでした。
そぉ言う場合は何か手続き等した方が良いのですか?

475 :神も仏も名無しさん:2008/11/19(水) 16:25:26 ID:KtrUuPDs
質問があります

今度、新卒である企業に正社員で入ることに
なりましたが面接の際その会社が日蓮宗で
あることを告げられました。入信を強制はしない
とのことですが、入社した暁には、毎月一回強制で、
お寺に行って説法会に参加しなければならないそうです。
詳しいことに関してはそれ以上教えてもらえなかったのですが、
これはやめておいた方がいいのでしょうか?
詳しい方いらっしゃったらアドバイスいただけると助かります。

ちなみにうちは浄土真宗だったりします・・・。

476 :神も仏も名無しさん:2008/11/20(木) 12:26:16 ID:+0zNGZKF
名前がわからないのでこちらで失礼致します。
初書き込みです。お金を持ち逃げした人を探しています。

日蓮関係の宗教にはいっていたとのことでその宗教団体の名前がわからず困っています。
「にっしょう」??のような名前ですごく難しい漢字です。
また、長野原方面に施設をもっています。

ここでその名前がわかり次第警察に連絡、弁護士を入れて裁判したいと思っています。
どうかご協力お願いします
(日蓮関係さまのスレットに何個か書き込みいたしました。いたずらではなく私が協力な情報を
得る為に致しました)

477 :神も仏も名無しさん:2008/11/28(金) 10:37:36 ID:hDbEQxf7
波木井坊竜尊 ◆BJxtZcoB2U大暴れ!
過去ログ必読見!!
菅ちゃん叩きの真実を自ら暴露した!!
【裁判】三馬鹿六馬鹿波木井大暴れ【告訴】18
http://2chplus.2ch.net/test/read.cgi/supportdesk/1227807208/

478 :神も仏も名無しさん:2008/12/02(火) 23:45:13 ID:6fd/0fWZ
1340年
なぜ日尊は日目書写の本尊を模刻したのか。

479 :hage ◆hage6/00M2 :2008/12/14(日) 21:48:45 ID:boEtsKOh
お久しぶりです。
しばらく2ちゃんねるを離れている間に、皆さんどこかに行かれてようで・・・・
日蓮系のスレって最近元気がないようですね。
皆さん元気にされているのでしょうか??



480 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2008/12/14(日) 22:52:38 ID:eH7px1OK
hageさん、おひさ(・ω・)/
宗教板日蓮系はアンチスレも含めて過疎っています。常駐者もいません。(あっオヤジさんはいます)
中山法華経寺スレにカキコしたのは(´・ω・`)ショボーンさんと思いますよ。
題目くんだけが気懸りです。ハァ。
神社・仏閣板のほうが元気で面白いスレがありますよ。

481 :hage ◆hageXIhmhU :2008/12/15(月) 19:30:18 ID:DLBnouPW
あつわらさん、お久しぶりです。
題目くんは9月頃から見かけませんね。
(´・ω・`)ショボーンさんも時々2ちゃんを見られているのでしょうねぇ・・・
神社・仏閣板の方も覗いて見ます。

482 :神も仏も名無しさん:2008/12/25(木) 07:28:12 ID:eyhRG8Dj
あげ

483 :神も仏も名無しさん:2009/01/03(土) 15:35:00 ID:hiIoGd5h
富士門流系宗教や仏立宗について質問します。
とかくこの系統は他宗教に不寛容な規定?が多いのですが、
実際各宗派ではどれほど現場的には徹底的にやってるもんなんか?と思いまして。
日蓮正宗系のHPや掲示板ではよく「神棚の掃除もダメ!」
「クリスマスケーキもハロウィンもダメ!」とか言ってて、
インターネット大白法にも子供がクリスマス会に参加したから
罰があたって風邪を引きました、なんて体験談が載るくらいですが、
創価は現在は神輿かついだり芸能人のTV番組の仕事ならオッケーの模様で
この点は多少アバウトな感じもします。

例えばどの宗派の人でもいいので、下記の例で「うちら的にはアウト」と思われるのはありますか?
・宗教をファンタジー的なネタにした漫画や音楽CD(聖闘士星矢とか
聖☆おにいさんとかw)の所持、閲覧
熱烈創価の渡瀬悠宇は架空の神々のいる漫画を描いてますが。
・お洒落としてのクロス、腕輪数珠
・他宗派系の学校への入学
・他宗教系のホテルに泊まる(法華クラブとか東横インとか、極端に考えると「チャペル」とかいう名前のラブホも)

484 :hage ◆hage6/00M2 :2009/01/03(土) 18:23:19 ID:2nNr6jn8
>宗教をファンタジー的なネタにした漫画や音楽CDの所持、閲覧
A.別に問題ないのでは・・・

>お洒落としてのクロス、腕輪数珠
A.それは、駄目でしょう。

>他宗派系の学校への入学
A.勉強するために学校いくのなら問題ないのでは・・・

>他宗教系のホテルに泊まる(法華クラブとか東横インとか、極端に考えると「チャペル」とかいう名前のラブホも)
A.個人で泊まるのは問題ないのでは・・・

子供がクリスマスの行事に参加して罰が当たったというのはどうなんでしょうかね?
そういう事を言い出すと、普通に生活できなくなりませんか?

例えば、お供えするお酒の名前に「神」とか入っていたら問題ありますが
えびすビールを飲んでも別に問題ないとは思います。
今までえびすビールを飲んで罰があたったことは無いです。
信仰の対象にしなければいいのではないでしょうか。


485 :オヤジ ◆avupamp2lY :2009/01/03(土) 19:31:00 ID:L5I1qNl0
どこまでがNGかは、原則文章でハッキリしたもの以外上の人の
判断次第という面もあるようです。
日蓮聖人関係以外はすべてNGだけど、生活上必要なものは容認しているようです。

顕正会での厳しい例。
>・宗教をファンタジー的なネタにした漫画や音楽CD
漫画は宗教色が濃くなければOk。なぜかセーラームーンはOKです。
音楽は賛美歌、クリスマスソング、おそらく祝詞もNG。

>・お洒落としてのクロス、腕輪数珠
ファッションであろうが信じていなかろうが、親の形見でも一切NG。
交通安全や安産、等のお守りステッカーもNG。
信仰の対象にしようがしまいが、とにかくダメ。

>・他宗派系の学校への入学
>・他宗教系のホテルに泊まる
そもそも、そういうところには近づかない。
やむをえない場合だけOK。
ちなみに、チャペルや教会風のホテルでの結婚式はNG。
修学旅行での神社、他宗寺の見学はNG。

創価は建前上、地域とのふれあいを進めているので信仰ではなく行事や仕事としての
お祭り参加であれば推奨されています。

486 :元不良学会員-法華講員もあ ◆HOKKEv2pHo :2009/01/04(日) 00:51:41 ID:F3qXJ3ul ?2BP(1495)
>>483
富士門流において、他宗の曼荼羅や教典(*)、縁起物を手元に所有することは謗法行為として禁じられています
* 教学研究の用途においては例外
多くの日本人は宗教観を否定していますが、験担ぎ(初詣、合格祈願、安産祈願など)やクリスマスや初詣などの
ルーツが宗教的なものは原則禁止です
何故罰を受けるというかといえば、一つにはノセボ(ノーシーボ)効果もあるでしょう
人間の強い思念は、良くも悪くも作用します

> ・宗教をファンタジー的なネタにした漫画や音楽CD(聖闘士星矢とか聖☆おにいさんとかw)の所持、閲覧
問題ありません
信仰しているわけではありませんから、別に教会のなかを写している番組を見たって問題ありません
そもそも、いちいち気にしていたら、テレビのチャンネルを頻繁に変えなければなりませんよねw

> ・お洒落としてのクロス、腕輪数珠
ダメです
ですが、単に形状が十字であるだけで十字架をあしらったのでないのであれば問題ないでしょう
ここらへんは感覚の問題です、自分が気持ち悪ければ避ければいいだけのことです

> ・他宗派系の学校への入学
微妙なところですが、何を学びたいかにもよります
聖マリアなんとか学園だとかいかにも宗教系であるところは避けるべきですが、たとえば幼稚園が近所にキリスト教系
しかないのであれば、入園させたからと言って罰を受けるとは思えません
ただし、宗教行事への参加は避けるべきです

> ・他宗教系のホテルに泊まる(法華クラブとか東横インとか、極端に考えると「チャペル」とかいう名前のラブホも)
問題ないです
経営者が何らかの宗教を信仰しているとか、そういうのも関係ありません
ただし、チャペルはダメですが、海外で挙式をするなら致し方ないでしょうね
かといって、三三九度以外の洋式の結婚式を禁じるわけではありません

487 :hage ◆hage6/00M2 :2009/01/04(日) 22:42:35 ID:e9P714fZ
質問、教化の御奉公が大切です。何のため??

イ、お寺を栄えさせるため。
ロ、信者仲間が多い方がよいから。
ハ、人を助けることが信心だから。
ニ、自分の罪障消滅は、教化折伏が第一だから

488 :神も仏も名無しさん:2009/01/06(火) 02:23:57 ID:uT8n0E+Q
>>487
hageさんの所って入信するときに四弘誓願を誓うの?
正宗ではやるらしいけどね

で、もし四弘誓願を建立したのなら
その内容を調べれば答えは見つかるよ

489 :hage ◆hage6/00M2 :2009/01/06(火) 22:11:38 ID:NkaK+nW/
>>488
四弘誓願ということからすると、ハの人を助けるためということになるのでしょうかね?
私も始めはそう思ったのですが、私自身には他の人にご利益を与える力なんてありませんよね。
御法様から御利益頂いて助かるのですから、私自身は我が身罪障消滅の為の教化折伏で良いような気がします。
ハか二であることは間違いないと思うのですが、正直わかりません。

490 :hage ◆hage6/00M2 :2009/01/06(火) 22:12:00 ID:NkaK+nW/
>>488
四弘誓願ということからすると、ハの人を助けるためということになるのでしょうかね?
私も始めはそう思ったのですが、私自身には他の人にご利益を与える力なんてありませんよね。
御法様から御利益頂いて助かるのですから、私自身は我が身罪障消滅の為の教化折伏で良いような気がします。
ハか二であることは間違いないと思うのですが、正直わかりません。

491 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2009/01/06(火) 23:38:55 ID:el/zacrV
>>488
ググるとそのような記述がありますが御受戒ではやらない。
機関紙の教学解説で用語は覚えるが読まない人のほうが多い。
特に誓願することも用語を教わることもなく説法等で内容を聞き実践する。

>>489
諸法実相抄は佛立系での真偽論はありますでしょうか。
真撰の立場の私達は地涌の菩薩の眷属として折伏をします。折伏は「ハ」に該当します。
「ニ」は三大秘法抄に説かれる自行化他の題目で説明できます。
題目の二義により唱題は自分の罪障消滅となり廻向として「ハ」と共に先祖代々にも利益となります。
従って沢山の題目を挙げる必要があります。(累計すると自分が生まれる為の先祖は多く不信の人も多いからです。)
八品派では伝統的に三大秘法抄偽撰の立場のようですから自行化他の題目の文証にはできません。

492 :hage ◆hage6/00M2 :2009/01/07(水) 00:04:40 ID:A3JOlyRH
>>491
以前に題目君と「自行化他」について話をした事があるのですが、
私のところでは「化他即自行」という言葉を使います。
他の人を教化折伏するという事は即ち、自分の修行の為であるということなのですが
富士派ではどうなのでしょうか?

御教歌には
「教化せし功徳はわれに帰るとよ かれもよろこびわれもよろこぶ」
とありますし、
「罪滅の為には折伏第一也」ともあります。

諸法実相抄はどうなんでしょうか?
どこかの仏立宗系のサイトで諸法実相抄の中の御文を見かけた事があったと思います。
私のところでは、観心本尊抄、如説修行抄、四信五品抄の御妙判を特に重要視されているようです。

493 :中の人じゃない ◆1Rm6x9u9HY :2009/01/07(水) 01:42:57 ID:ZQw5H4U0
あつわら氏、hage氏、他各位、(ちょっと遅いが)明けましておめでとう。
事情があってまとまった暇が取れないので、しばらくROM状態・・・これからも続きそう。

>>492
> 他の人を教化折伏するという事は即ち、自分の修行の為であるということなのですが
> 富士派ではどうなのでしょうか?
同じ・・・相手のためでもあり、自分のためでもある。
他者を折伏(下種)→・・・→その他者が最終的に成仏。
他者が成仏する手助け(菩薩・化他の修行)をするわけだから、自分にとっては善根となる。
・・・・ということになっている。

ところで、題目氏は??


494 :元原理派・あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2009/01/07(水) 20:39:44 ID:akAOeOVX
>>493
久し振り、そして明けましておめでとう。
題目くんはネットでは行方不明のまま。

正信会のスレと久保川法章師批判スレが立ったよ。不良くんが法華講員になってから創価板に法華講員のカキコが増えた。
貴方や波木井氏がいなければ創価板もつまらない。

今年は俺も忙しくなる。

495 :神も仏も名無しさん:2009/01/08(木) 10:59:46 ID:5YmGwaIX
創価板で自称法華講のあらしがこの数日あばれている。

496 :他スレ118:2009/01/09(金) 04:13:29 ID:sKUMA/lY
よろしくです。

1.一部の非活動学会員宅には今も日顕書写御本尊があったりしますが、これらも同様、
 本尊としての功力は無いということで破棄して構わないということでしょうか。

2.では正宗での葬儀などでは外部の人が手を合わせたり唱題しても意味無しということでしょうか。
 法華講員に連れられて本山・寺院に外部の人が参詣する意味は無いということでしょうか。
 かつて日布上人が外部の者に戒壇の大御本尊を御開扉して写真まで撮らせたのはいかなる理由でしょうか。

497 :他スレ118:2009/01/09(金) 04:22:16 ID:sKUMA/lY
おっと、ここは心と宗教板か。
↑はhttp://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1231324098/l50からの誘導です。


498 :神も仏も名無しさん:2009/01/09(金) 14:54:49 ID:gKa5/dqm
>>496
1:「日顕書写御本尊」とは本山下附の御形木御本尊ですね。
御形木御本尊は「貸与」された「仮本尊」ですから勝手に破棄はできませんし破棄するという発想は理解し難いものが
あります。
日蓮正宗を棄てた学会員には本尊としての力用がなく功徳も積めないのは当然です。
宗門が敢て本尊返却を求めないのは貴方たちの反省懺悔を期待しての慈悲です。
御不敬する罪を犯さず寺院に御本尊様を返却なさってください。

2:葬儀で謗法の人が合掌唱題しても故人の成佛とは関係ありません。
二行目については十分な意義があります。
日蓮正宗は如何なる立場の人も救う義務がありますからかつて大石寺三門には「順逆共に来たれ」と高札が立っていたと
聞いています。
是非、お山や寺院に参詣して縁を結んでください。

日布上人御開扉の際に写真撮影はされていませんから貴方は書籍に掲載された戒壇様の写真と時期を混同しています。
本尊の権能は特に大権で法主のみが与り知るところです。
法主が下種結縁の必要を感じたから拝観を許したのであって当時の僧俗は誰も異議申し立てをしていません。
御開扉も戒壇様写真撮影も極秘事項ではなく当時の機関誌に報道されています。
御開扉は下種結縁のため。戒壇様写真撮影許可は伝記著者の要望に応えただけ(謗法の虞があるので後の版で削除)。
削除理由は写真を在り難がって切り抜き、本尊にする人がいたからだと細井精道総監(後の日達上人)が記しています。

499 :神も仏も名無しさん:2009/01/09(金) 17:47:57 ID:bc2z9om8
えと、お数珠ですが、日蓮上人はどのようなお数珠を使っていましたか?

日興上人のお数珠をみると完全に真言宗の数珠なので
私もそうしようと考えています。

500 :神も仏も名無しさん:2009/01/09(金) 18:03:51 ID:T1dyjwdl
牧口初代会長と戸田第二代会長は広宣流布の実践として
折伏を開始し、その結果、第2次大戦中、国家神道を精神的支柱とする

国家権力によって投獄され、牧口初代会長は獄中で逝去した。

仏法が生活法であり価値創造の哲理であることを説いた牧口初代会長は
、死身弘法の精神を自身の殉教によって後世に遺したのである。
http://www.sokanet.jp/sg/FWIM/sn/soka-info/information/rules01.html




日蓮

1261年(弘長元年)幕府によって伊豆国伊東(現在の静岡県伊東市)へ
流罪となる(伊豆法難)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E8%93%AE




   ↑
なんで犯罪者教団の末裔たちが与党にいるの?

宗教法人の名に 『前科』 が引っ付いてるぞw


前科者教団 教団網走w



501 :神も仏も名無しさん:2009/01/09(金) 18:22:54 ID:gKa5/dqm
>>499
107 名前: 神も仏も名無しさん 投稿日: 2009/01/09(金) 13:39:00 ID:bc2z9om8
君たち、チンコに本尊を巻いて血が出るまでオナニーでもしてなさい。

ID一致。
>>500
>なんで犯罪者教団の末裔たちが与党にいるの?
自民党本部へ問い合わせればよろしい。

502 :神も仏も名無しさん:2009/01/09(金) 18:31:55 ID:Bgsf0LeC
すごいね!
IDって同じのが出るんだね

503 :神も仏も名無しさん:2009/01/09(金) 18:32:42 ID:G8ht4yuD
たまにね。

504 :神も仏も名無しさん:2009/01/09(金) 20:02:13 ID:f3Iby723
日蓮上人と日蓮正宗は無関係なんだってね

505 :神も仏も名無しさん:2009/01/09(金) 22:44:09 ID:A0nFhgFZ
>>499と対自(兼対他)対話=信仰の為に(?
『他宗の物でない・他宗と同体でない』事が重要で、
「道具の形」そのものが重要な訳ではない、で実質終了?。
・この「他宗」は法華経を劣位とする真言宗などのこと。
 僧衣同様、「集団内共通価値上下尺度」(下記)が
 違う相手と同集団にならない・他から混同させない為。
→神道に従う限りにおいて仏教を許す、がだめなのは、
 国家政府に従う限りにおいて信仰を許す、が
 信教の自由(民主主義の大前提)に反するのと同じ。
・対話・協調のための正義の『依法不依人』=「自立性」、
 例えば「(自他の立場・価値観を越えた)反証可能性」等が、

『日蓮の出世の本懐=四箇の格言=広宣流布=(各人)成仏』の基礎。
・具体的には出典教典の明示などによって共有されている、
 例えば「ある前提条件のもとにはこういう結果になる」があって、
 「現在の状況はこの前提条件に当てはまる」から、
 「こうなるはずだ(互いに検証しよう)」、などのこと。
・判断主体に依らず「状況と前提条件の一致」「前提と結果の結び付き」が
 一致すれば「予測される結果」も同じになり、結果=現証を検証できる。
 解釈問題なら、各記述・対応例どうしの付き合わせなどで解決できる。
・(数学の「公理」と同様)諸法則の基礎となる「最も基本的な法則体系」の、
 実現環境/関係構造/法則自体…の『各分類型の一覧』が、『虚空会』。
・詳しくやってこれ以上くどくなると困るからかなり粗雑な記述ですよろ。

・虚空会の「成員」は、最少の=被りの無い体系では全てが不可欠だから、等価値。
 (型に被りのある=冗長な=最少個数でない記述・表現では、もちろん違ってくる。)
・個人・集団内…の取捨選択・行動の基準:広義の善(善のイデア・徳・VIRTUE)と、
 (それが違うもの同士の)対話を実現する(語義正当性など)正義(のイデア)は
 独立した空大=同等性(=イデア)で実現される。 他に:「美」達成のイデアは
  到達・成功・効率(費用対効果)、利害・勝敗、法=道理(手段=道具)、など。
→(国家等)集団には同じ等価交換(善のイデア)尺度が必要だが、他のイデアが
 広義の善=価値上下位置関係へ服従する事は不要・有害だから、強制は邪悪。

506 :hage ◆hage6/00M2 :2009/01/09(金) 23:25:42 ID:IlRPkvzT
急に賑やかになりましたね。

皆さんのところではこの時期、寒修行朝参詣とかされますか??

日蓮聖人が佐渡島に流された時そこは冬、
日本海から冷たい風が吹いて雪に覆われてしまうぐらい厳しい所でした。
そんな寒い中でも日蓮聖人は、法華経を弘めるためのご奉公を続けられました。
その日蓮聖人のご苦労と御恩を忘れないように、この一番寒い時期に
朝参詣をさせていただこうというのが寒修行です。



507 :イデアはカーの訳で、元々日常語:2009/01/09(金) 23:53:29 ID:A0nFhgFZ
小さい物を小さい・大きい物を大きいと言えば「正」ぴったり・まっすぐ、
大きい物を小さい・小さい物を大きいと言えば「不正・歪」=「邪」ななめ。
 「大」という表現・記述で「小」を代用できないから、(「等価交換」による)
 「小」に対する「大」の価値尺度上位は実現していない(対話の時に困る)。
費用対効果は、mとkm等なら換算=等価交換が可能だけど普通は無理で、
高(価値な)燃費=少燃費(移動距離効果辺り燃料が少なく費用が安い)で
「未来・必然」善のイデア(の因果応報関係)とは見る順序が逆になってて、
「過来(=「過去」)」を(=効果から費用を)振り返り、少ない方が優れてる。
 美のイデアはまず目的・目標があっての到達・成功の手段だからこの順。
如来(≠現在)では「ぴったりで止まる」のが一番、大きくても少なくてもダメ。
=言語の正義:語義正当性等のイデア(等価性=空間的な位置づけ法則)。

真言宗にとって真言宗=真言が法華より価値上位(矛盾したら法華を捨てる)が
集団内共通価値上下順序尺度で、法華による取捨選択を真言による取捨選択で
交換するのは良いけれど逆はダメだから“非真言天台宗”とはその点で違っていて、
真言宗の人が他宗の人と同集団として振舞うとか、混同されるような振る舞いはダメ。
混同させる=ニセモノ(似非もの)として振舞う事は、個々を対象としようとした行為を
失敗させるから(美のイデアにおいて)悪でもあり表現・記述・対話の正義を歪める。
だから「どの(集団内の共通価値尺度で)善」であっても、邪であり悪でもある訳だ。

 真言宗と法華宗(真言系でない天台宗の意味で)
 を入れ替えても上記の記述正当性が同じなのは、
 正義(どちらからでも丁度ぴったり)のイデアから。

悪という語は本来は美のイデアに属する;例えば遺伝子の優劣等と同じで、
欠陥の原因も優性遺伝子というようなもの、白鳥はアヒルとしては「醜い」。
…だって、白鳥はアヒルのプロポーズの目標としては適していないからw
「方向性の要素」があるから「道」にたとえられ「数量」だけでは扱えない。

一番単純な純数量:善のイデア(自在天)を「風」にたとえるのは
その分速度に優れる為→風星「第六天魔王」の中国名は木星
 これが過剰になると他が…

508 :hage ◆hage6/00M2 :2009/01/10(土) 00:07:43 ID:3OnLmoGr
イデアですか・・・・
この世界に真の真円はあるでしょうか??
コンパスで円を書いたとしても、芯ずれやペン先のにじみで真円には近いが真円ではない。
コンピューターで円を書かせても、ドットを良く見るとガタガタで真円ではない。
どんなに精確に書かれた円でも、顕微鏡で細かく見ていけば真円でない。
真円でなくとも、直線でも同じ、ほとんど真に直線に見えても直線に近い線
線と思えても、原子の世界で見ると、繋がっていない



509 :神も仏も名無しさん:2009/01/10(土) 02:35:11 ID:TyyMF4z+
          公明党に感謝しる!ウェーハハハハ!
                   ∧ ∧
                   <丶`∀´>  定額給付金 国民は待望
                     U θ U   『もらえるなら早く欲しい』というのが率直な声だ
                 / ̄ ̄T ̄ ̄\
                |二二二二二二二|
                |東順治副代表|
 パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
  ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧   ∧_∧     ∧_∧     ∧_∧
  <   >】     <    >】   <    >】【<   >   【<    >   【<   >
  /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘  └\ \   └\ \   └\ \
 ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://www.komei.or.jp/news/2009/0107/13418.html





                   ∧,, ∧   定額給付金の受け取る、受け取らないは自由なる意思に
                   (`・ω・´)  基づいて行われるもの。 私自身についても該当する」
                     U θU   
                 / ̄ ̄T ̄ ̄\  
                |二二二二二二二|  
                |与謝野大臣 |
パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
 ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 (   )】      (   )】    (   )】 【(   )    【(   )    【(   )
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-35780820090109

510 :他スレ118:2009/01/10(土) 04:57:12 ID:zxaCRNSP
>>498
1については、御本尊としての力用は無いが所有権は宗門にある、ということで了解です。

2については、正宗信徒以外の御本尊への唱題は無意味、ということで了解です。

ありがとうございました。

511 :神も仏も名無しさん:2009/01/10(土) 15:21:08 ID:TyyMF4z+
[006/006] 164 - 衆 - 教育基本法に関する特別… - 3号
平成18年05月24日

○池坊委員

 それでは、先ほどからも質問に出ておりました豊かな情操と
道徳についてお伺いしたいと思います。

 憲法十九条では、「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。」と書いてございます。

しかしながら、私は、心や態度を教育で扱ってはいけないと考えるのは、
果たして正しいのだろうかと疑問を持っております。

教育で最も大切なことは、心の育成ではないでしょうか。

だからこそ、「教育の目標」の第二条の一に豊かな情操と道徳を培うと明示してあるのだと思います。
 知が優先し徳が欠如する人々によって構成される社会は、本当に悲惨なものだと思います。

かつて日本でもカルト宗教が無差別テロを起こしましたが、
そこにいた人たちは、高学歴、優秀な研究者もおりました。

私は時折思い起こすのですが、ヒトラーのナチス・ドイツ、これは
中心者十五人によって形成されていたのです。
そのうちの八人までが博士号を取得しておりました。

この人たちによって五百万以上のユダヤ人が殺されたのです。


kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc_text.cgi?SESSION=5378&SAVED_RID=3&SRV_ID=9&DOC_ID=3813&MODE=1&DMY=5484&FRAME=3&PPOS=49#JUMP1

512 :神も仏も名無しさん:2009/01/10(土) 16:53:32 ID:TyyMF4z+
日本国憲法


第八十九条

 公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは
維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、
これを支出し、又はその利用に供してはならない。






     ↑
定額給付金が 『支持団体の待望』 となるとこの辺が怪しいw


故に、無理やり 『国民の待望!』とすり替えてるんじゃない?

513 :神も仏も名無しさん:2009/01/10(土) 16:54:01 ID:TyyMF4z+
寸鉄2008年7月から(聖教新聞より)

11/9
「人が裏切るのは惰弱さが原因」作家ラ・ロシュフコー。忘恩は犯罪 侘(わ)びしき敗残の弱虫よ。

11/16
恩師−皆の支援で議員になりながら恩知らずの行動をとる卑怯者を許すな

11/30
「悪人は恩人に対しても仇敵同様の不正を行う」弁論家イソクラテス。皆が断罪の末路

12/7
「世の見栄っぱりを容赦しない」詩人バイロン。欲に狂った忘恩一族らは永劫地獄に
http://www.geocities.jp/unofic/08bsunt.htm


          公明党に感謝しる!ウェーハハハハ!
                   ∧ ∧
                   <丶`∀´>  定額給付金 国民は待望
                     U θ U   『もらえるなら早く欲しい』というのが率直な声だ
                 / ̄ ̄T ̄ ̄\
                |二二二二二二二|
                |東順治副代表|
 パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
  ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧   ∧_∧     ∧_∧     ∧_∧
  <   >】     <    >】   <    >】【<   >   【<    >   【<   >
  /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘  └\ \   └\ \   └\ \
 ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://www.komei.or.jp/news/2009/0107/13418.html

514 :神も仏も名無しさん:2009/01/10(土) 20:02:35 ID:hA0VMyLE
結局「ごほんぞうさま」なんて居ないよね(俺親のオマケで入ってるが

515 :神も仏も名無しさん:2009/01/10(土) 23:30:46 ID:R1O6Kms3
私もお数珠は真言のものか天台のものにしようかな

516 :神も仏も名無しさん:2009/01/10(土) 23:45:52 ID:L0/h67tj
末寺がぺんぺん草状態なのに

ニッケンが都内に三億円豪邸立てて贅沢三昧、にょうボは買い物三昧、

生活費切りモミして供養した末端のの信者が可哀想だ。

近所の婆さんは律儀に10万供養してきたが、

供養板に自分の名前さえ書いてもらえずニッケン宗を辞めました。

記録に残さないと言うことは猫ババしたのだろ。

相手が婆さんだからといって舐められたのだろうが、その婆さん泣いていました。

517 :神も仏も名無しさん:2009/01/10(土) 23:51:08 ID:L0/h67tj
そういえば、ニッケンは相承受けてないと聞いたがどうなんですか?

本当のところは。

518 :神も仏も名無しさん:2009/01/10(土) 23:59:39 ID:+H07+KU5
>>516-517
学会員とは暗黙の了解で君のような下衆カキコはしない。
消えろ。

519 :神も仏も名無しさん:2009/01/11(日) 00:01:00 ID:L0/h67tj
河辺何とかという坊主が、宗旨の根幹としている大御本尊様をニセモノだと言い切ったことは

どう思っているのですか?

ニッケン宗ではその大ご本尊をまだ拝んでいるのですか?

520 :神も仏も名無しさん:2009/01/11(日) 00:04:48 ID:BTP/xojx
>>518
スレタイが初心者質問スレとあるので、自分としては質問したいことが沢山あるのです。

答えてください。大事な問題なので。


521 :神も仏も名無しさん:2009/01/11(日) 00:08:08 ID:BTP/xojx
>>518
草加ってどこにいるのですぅか?

このスレにいるのですぅか?

522 :神も仏も名無しさん:2009/01/11(日) 00:14:53 ID:BTP/xojx
大石寺に身延の坊様を引き入れたようですが

その後はどうなっているでしょうか?

正宗は針金宗教と言われていて、ホウボウ厳禁じゃなかったのですぅか?



523 :神も仏も名無しさん:2009/01/11(日) 00:32:45 ID:BTP/xojx
>>518
もっし

トン走しないで下さい。教えてください。

分かる犯意で結構ですから。

524 :神も仏も名無しさん:2009/01/11(日) 00:52:03 ID:c20b3oNQ
相承なんて最初からありません!
第一、明治33年までは大石寺は日蓮宗勝劣派でした。

525 :神も仏も名無しさん:2009/01/11(日) 18:10:55 ID:e0BGIb8w
日蓮正宗 在日チョン派

526 :神も仏も名無しさん:2009/01/14(水) 15:56:08 ID:q+iZIkFQ
あの本尊ってなんなの?

527 :神も仏も名無しさん:2009/01/15(木) 09:14:39 ID:TomjPufg
月刊「現代仏教」誌(日蓮系)に、ユダヤ金融権力のコンスピラシーを論じている注
目すべき立正大学、仏教学部、伊藤瑞叡教授の連載論文。
http://www.ohtaryu.jp/blog/2601-2700/j-1231168145.html

「現代仏教」誌。これは、日蓮宗系の月刊誌である。この二〇〇九年一月号、
四十二頁。ここに、伊藤瑞叡立正大学仏教学部教授の、「立正安国論と平和
運動の思想」(3)、と言う論文が公表されてある。以下に、論説から引用をする。

「FRBは、米国の中央銀行の体裁を繕っている。だが、その内容は、米国民
 の税金を金利に託した配当として受け取る欧州系の金融機関が所有する
 民間銀行(複数の連銀)の司令塔であり、その主体は、欧州ユダヤ系金融
 勢力である、………その米金融界の連続破綻を機に、世界が金融恐慌
 (ハルマゲドン)の崖っぷちへと進みつつある。………また同じユダヤ系で
 クリントン政権時代に通貨グローバリズム攻勢で世界の金融市場を荒らし
 まわったG・ソロスも金融恐慌到来は必至だとするだけでなく……金融恐慌
 の到来を待ち受けているかのような姿勢を隠していない。………
 『立正安国論』には何らかの解決策が明示されているのであろうか。………」

立正安国論は、日蓮系の人々にとって、根本思想とされている。その要点は、
「謗法を禁じて正法を立てること、謗法が広く行われると、他逼、自叛を誘発され
内部崩壊を計る悪鬼、外道の人々が出現する。」と言う。

他逼とは、外国からの侵略。自叛とは、内部から日本、民族を崩壊させること。


528 :神も仏も名無しさん:2009/01/15(木) 09:15:15 ID:TomjPufg
この論文は、G・ソロスの一味は、金融恐慌の到来を待ち受けているかのよう
である、と言う。G・ソロスがロスチャイルド家の有力なエージェントであることは、
欧米の反ユダヤ 反フリーメーソン 反イルミナティ陣営の人々にとっては、
自明の常識である。そしてロスチャイルドは、スプリングマイヤーが言うように
イルミナティトップ十三血流の一つであり、スプリングマイヤーによれば、
この十三血流の中に五つの中核的血流が存在する、と。

スプリングマイヤーは、その中核五血流の名前を示していた。ここでは、
(1)ロスチャイルド (2)コリンズ (3)アスター (4)ロックフェラー (5)デュボン
この五血流と仮定する。五血流―十三血流の下には、イルミナティの五百血流が
存在すると、スプリングマイヤーは述べる。「ロスチャイルド」とは、全世界五百の
イルミナティの血流の頂点に立つ、その代表格である。

「イルミナティと魔術」と言う小著によれば、イルミナティのトップとしてのロスチャ
イルド家は、「ロスチャイルドトリビューナル」と言う世界支配の権力中枢を支配
して居り、そしてこのロスチャイルドトリビューナルは、

(1)金融 (2)政治、軍事 (3)オカルト、宗教 (4)知識、学術
(5)社会、マスコミ、芸術、芸能。

この五つの部門によって構成される。それぞれの部門は五人委員会によって、
総括され、そしてその五人の中に、ロスチャイルド家から三人が出ている、と
説明されている。

日本の仏教界、とりわけ法華経系列の人々は、スプリングマイヤー、マリンズ、
コールマン、デス・グリフィン、マイケル・ホフマン、デーヴィッド・アイク、ヘンリー・
メイコウ、ジューリ・リナなど、現代世界の最高水準の反ユダヤ反フリーメーソン
反イルミナティ反NWOの思想家を、ひたすら一心に研究すべきであろう。


529 :神も仏も名無しさん:2009/01/15(木) 23:30:22 ID:iHiOPe9p
初めて書き込みさせて頂きます。
ここに書く内容か分かりませんが、質問させて頂きます、もしスレ違いなら誘導願います。
私の父と母は日蓮正宗の信仰をしており、特に父は熱心に行っているようです。
別に信仰をするなというつもりもありませんが、父の年金とバイト暮らしの為、収入は少なく、母が浪費家だった為貯金もほとんど無いようです。
このような状況なのにも拘わらず、生活費を削って本山へ年数度行っているようです。
お寺では地区の責任者?の様な事をしている様で、付き合い等もあるとは思いますが、これは本当に正しいあり方なのでしょうか?
以前急に金が必要になった時に数度10万単位のお金の貸した(一回は帰ってきませんでしたが)事もあります。
現在私は仕事の関係で実家を出て離れて暮らしていますので、非常に心配です。

530 :神も仏も名無しさん:2009/01/16(金) 00:04:26 ID:1fc931eB
>>529
日蓮正宗は伝統宗派ですが「金のかからない宗教」とよくいわれます。
大石寺への参詣が年数回はごく普通と思われます。
その際にも交通費以外には宿泊料は無料ですし御供養は御開扉に対してのみです。
地区の責任者になっても自腹を切るようなことはなく付き合いは信徒同士の普通の交友以外にはありません。

御両親の経済状態が信仰により悪化するとは考えられません。
あなたからの借金の額も寺院への御供養その他をあわせても多いように思います。
(御供養等は一切強要・強制されません)講費と呼ばれるお金も月額1000円にもなりません。(具体的金額は控えさせていただきます)
日蓮正宗の信仰と御両親の経済状態への憂慮は直接の関係はありません。

531 :オヤジ ◆avupamp2lY :2009/01/16(金) 00:14:11 ID:fU5CBBJO
>>529
正しいかどうかの受けとり方は立場によって変わってくると思いますが
信仰していない側から見ると、良いとは思えない状況ですね。
個人の信仰の範囲で問題が無いならまだしも、お金が絡むのはちょっと。
功徳とは何?という感じがします。

だいたいの宗教は信者に多くの金銭的負担をかけている面もあります。
顕正会では借金してでもお金を出せと、非公式ですが言われていますし、
創価の金集めもかなりすごいようです。
正宗で金銭的に困った人へのとへのフォローがあるかはわかりません。

ただ、お金に困っているのが個人の問題なのか、宗教によるものか文面では
はっきり分かりませんが。
お金が無いなら、無いなりの活動がよいと思いますけど、簡単な問題ではなさそうですね。

532 :神も仏も名無しさん:2009/01/16(金) 00:33:02 ID:44mAKoZB
>>530
本当にそうでしょうか?
貴方の仰っているのはあくまで他宗教と比べて安いと言ってるだけではないでしょうか?
講費等もご供養も大した額では無いのは分かっています。
ただ、登山となると2人で行けば交通費も往復7,8万かかります。
現に生活費を削ってまで宗教につぎ込むのはやはり違うと思います。
べつに十分な収入があり、小遣いの範囲内でやってるのであれば何とも言いません。

>>531
顕正会でも学会でもなく正宗みたいです。
別に宗教をやってるから貧乏だというつもりはありませんし、実際関係ないと思います。
宗教でお金使わなくても他で浪費してる様な気もしますし。
私は無理せず出来る範囲内でやる分には全く問題ないと思ってます。


533 :元不良学会員-法華講員もあ ◆HOKKEv2pHo :2009/01/16(金) 01:27:21 ID:XuvaHmz9 ?2BP(1495)
>>529
すでに、>>530氏が述べていますが、日蓮正宗において金銭を強要されることはありません
ただ、法華講員として大日蓮など機関誌購読料が月に数百円単位で掛かりますが…
ただし、御本山に参拝するとなれば当然交通費が掛かります
その交通費を工面するのも大変な状況にあって大石寺まで参拝することはやや矛盾を感じます
まず、大石寺に参拝できる状況でないのであれば、末寺であるあなたのお父様が所属するお寺に行かれるか、
最寄りのお寺に行かれる事をお勧めします
大石寺参拝は経済的に可能なときに添書登山なされれば良いかと思います
とはいえ、これはご本人の問題なので、ご本人が自分の御意志で参拝をしているのを咎めて納得してくれるか
どうかは気になるところです

534 :神も仏も名無しさん:2009/01/16(金) 02:10:19 ID:1fc931eB
>>532
やはり大石寺の遠方にお住まいの方でしたか。
それなら貴方のお考えに同意です。
>>533氏の回答通り家計の状況に応じて大石寺へ参詣なさるべきでしょう。
家庭の経済を省みず本山に参詣し貴方に心配をかけては本末転倒です。
日蓮正宗はそのような信心を要求していません。
海外信徒で一生に一回大石寺へ参詣するのを願っている方もいるのです。

「金がかからない」は一般で云う「布施」の割り当てもなく冠婚葬祭の費用も安いのは事実です。

535 :神も仏も名無しさん:2009/01/16(金) 02:25:47 ID:iZ/Zgu0U
意外と普通な考えも許されるんだね…

536 :神も仏も名無しさん:2009/01/16(金) 07:49:32 ID:/IwY8NhK
>>532
信徒を何かの役職につけて、その責任感から多額の布施を引っ張り出すのは宗教団体のよく使う手です。
日蓮正宗は創価学会破門によって大量の金づるを失っているので、その巨体を維持するために現信徒にしわ寄せさせている可能性があります。

まずあなたが、使途不明のお金は貸さないという態度を明確にするべきだと思います。
一般の身内の借金問題もそうですが、ズルズルと巻き込まれて共倒れになるのは絶対にいけません。
悪縁を断ち切る断固たる対応が、お互いの為になります。

537 :元不良学会員-法華講員もあ ◆HOKKEv2pHo :2009/01/16(金) 13:56:21 ID:XuvaHmz9 ?2BP(1495)
>>536
日蓮正宗が創価学会破門によって多量の信徒を失い、財政的に苦しいことは確かです
しかし、創価学会情報筋のように強制登山を強いて法外な御供養を強要されるなどと言うことはありません
御供養というのは自分の意志で行うことで功徳を積めるわけで、強要され、嫌々ながらすることに何の意味も
ないのです、むしろそれは自分の生活を窮地に追い込むだけで不幸になる一方です

538 :神も仏も名無しさん:2009/01/16(金) 14:10:31 ID:dkiMCE0K
この時間に書き込める人たちはなんなのだ?

539 :神も仏も名無しさん:2009/01/16(金) 14:38:10 ID:1fc931eB
>>536
>>1
>信仰者が、答えられる範囲でお答えします。
人が真摯に回答しているのに愚にもつかない憶測でよく誹謗できるものです。
>何かの役職につけて、その責任感から多額の布施
地区責任者は役職ではない。単なる世話人。
貴方は創価学会員と断定されても文句は言えませんよ。よろしくありません

>>537
宗門が財政的に苦しい事実もないよ。
学会破門でどうなるかは折込済み。

>>538
質問ですか?
帰宅したところです。主婦の可能性もあり。

540 :神も仏も名無しさん:2009/01/17(土) 13:10:57 ID:Ixfxfw7w
自称日蓮正宗信者が創価板を毎日荒らしている。

541 :神も仏も名無しさん:2009/01/17(土) 15:57:39 ID:cDjpS3vq
>>540
荒らし行為と考えられる書き込みは単独スレが立てられてからは無い。
2009/01/07付けでスレ立てされている。
単に正宗信徒が書き込むだけで荒らし認定しているコテハンもおり単独スレになってからはそのコテハンが荒らしている。
日蓮正宗信徒を表明したスレ主のスレは機能不全の荒れよう。

どっちもどっちですね。

自治スレと運営に報告してください。
「自称日蓮正宗信者」には信徒側が再三の注意勧告を行ないました。
「自称日蓮正宗信者」の主張は日蓮正宗伝統教義とは相当な隔たりもありこれ以上は打つ手がありません。


542 :神も仏も名無しさん:2009/01/17(土) 17:20:47 ID:YXE76Eqf
立正安国会の御本尊集で、大黒天(大黒福寿神)や弁財天を配した御曼荼羅
は存在するのでしょうか?
知人が「ある」と言って、仏壇に飾ろうとしているのですが・・・

543 :神も仏も名無しさん:2009/01/18(日) 09:05:11 ID:cWNR7IVX
お金を寄付しても仏界は起きません。
お金を寄付して仏界が起きるなら
勤行唱題を一切やらなくてもお金を寄付するだけで成仏できることになってしまいます。

544 :神も仏も名無しさん:2009/01/18(日) 09:13:54 ID:wa5pM1VB
寄付の質が違うわな

そんな腐れ根性だからイカンのだ

545 :神も仏も名無しさん:2009/01/19(月) 07:32:26 ID:ilZiNRMl
>>542
ないとおもうけど。

546 :神も仏も名無しさん:2009/01/19(月) 21:17:33 ID:Vmdy3hy2
>>545
ありがとうございます。
御遺文にも弁財天の記述は無さそうなのでその旨知人に伝えてみます。

547 :神も仏も名無しさん:2009/01/21(水) 10:13:30 ID:WozQqQP9
日蓮正宗のサイトで「何世帯折伏誓願達成!」と
書いてますが、これはいかほど信用できる数字なのでしょうか?
たとえば職場の付合いで断りがたい署名の時に、適当な名前かいたり
最悪犬の名前を書いたりってのはありますが、そのような事例はありますか?
また達成できない場合、何か上から怒られたり不利益を被ることは
あるのでしょうか。
創価顕正の場合よく脱会者の数字の推測は出ますが、
正宗の場合他の宗教や富士門流に流れることもなく辞めてしまう人の割合は
どのくらいになるのでしょう。ほとんど公には資料がないようですので、
身直な実例の感触でもかまいません。

548 :掲示コピー御礼:2009/01/22(木) 09:37:45 ID:i2cn4iDN
創価学会・公明党「政治とカネ」(1)(2)
http://jp.youtube.com/watch?v=HcDW0uqTUN0
http://jp.youtube.com/watch?v=EMe3tmFp5dA&feature=related 

創価学会・公明党「カネと品位」 著者:福本潤一  講談社
http://www.amazon.co.jp/dp/4062150352/
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2150352

福本博士が池田ニセ博士を断罪!福本博士が池田ニセ博士を断罪!
池田大作の子息から職員・幹部に至るまで
http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/daredemo/butsubachi-tokushu.htm
創価学会版ニセ本尊の正体
http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/daredemo/nisehonzon.htm


549 :神も仏も名無しさん:2009/01/22(木) 20:58:35 ID:JcENm2id
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1232138499/351
>>351
それこそ宗門見解。
堀上人は身延の墓について「大聖人は火葬された。それにしては身延の墓にある骨は多すぎる(主意)」としている。
大石寺の遺骨は昔は拝観できたようで「飴色」のお骨と堀上人は仰せになっている。
堀上人は本物は大石寺にあり身延の遺骨は怪しいとされている。

連投規制になったのでこちらに書いとく。

あの異常粘着者は文体がドンドン崩れて切羽詰まっているな。

550 :神も仏も名無しさん:2009/01/24(土) 18:06:23 ID:BUu1bdJf
初心者です。お手柔らかにお願いします。

なぜ日蓮系では他宗を否定しますか?
なぜ仲間割れを続けますか?
ただのケンカですか?

なぜ日蓮は正しいですか?

551 :神も仏も名無しさん:2009/01/24(土) 18:55:32 ID:VzWtYsOm
それは今は大石寺×創価学会の抗争から発生したとこだけのことでは?

552 :神も仏も名無しさん:2009/01/24(土) 19:41:09 ID:BUu1bdJf
そうなんですかね。。
今日蓮正宗のかたから信仰を薦められているので日蓮正宗で検索してみて
創価板での正宗さんがたの書きッぷりにあきれています。
人格的に問題のある人の集まる教団なのかな。。

553 :神も仏も名無しさん:2009/01/24(土) 19:42:30 ID:BUu1bdJf
さっきも
「上から目線」だと書いてしまったのですが
こてんぱんにやられましたw

554 :神も仏も名無しさん:2009/01/24(土) 20:14:32 ID:VzWtYsOm
>人格的に問題のある人の集まる教団なのかな。。

そうとばかり思わないほうがよいです。
「わりと普通の人が多いじゃないか」と
入信してしまわないように。
ネットでは特殊な人が暴れているとおもったほうが安全。

555 :オヤジ ◆avupamp2lY :2009/01/24(土) 21:10:50 ID:jZUdN2Qj
>>552
正宗信徒すべてがおかしいわけではないでしょうが、今の時代掲示板の
影響も無視できないくらい大きいわけで。
一部の人が私見を言っているとしても、正宗代表のように言っているし訂正もないから
>人格的に問題のある人の集まる教団なのかな。。
と一般の見る側がそう思っても、おかしくないのではないでしょう。
法華講の信徒という人間があの口調では、悪いイメージを持たないほうがおかしいです。
こういった情報によるイメージは怖いですね。

556 :神も仏も名無しさん:2009/01/24(土) 21:43:24 ID:VzWtYsOm
たしかにネットではいわば本性が垣間見られることがありますが

「●オウム真理教の一連のテロルについての報道を見聞きしていると、「カルトは恐い」という
印象を抱くことでしょう。確かに、カルトは恐いのですが、カルトの個々のメンバーと接触して
みると、皆さんとても親切だったりします。オウムの場合、「エヴァンゲリオン」の上映会などを
催して人を集めますが、ある程度親しくなるまで自分たちの正体は明かしません。親しい間柄
になってから、おもむろに「実はボクたちはオウム真理教なんだ」と明かすのです。
●「世間では、オウムは恐いといっているけど、君はそう思うかい?」と彼らは尋ねてきます。
「いいえ、そんなことは全然ありませんよ」と答えると、「そうだろう?オウムについて報道されて
いることは、みんなデマなんだよ」と吹き込むわけです。世間でいわれていることや自分でも
信じ込んできた「カルトは恐い」というイメージとのギャップから「何だ、そうなのか」と素直に
信じ込んでしまうケースも多々あります」

カルトから身を守るには?
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/6832/mct_sb7.html

557 :あつわら ◆/VHRcl8dF2 :2009/01/24(土) 21:44:27 ID:FnT5iXo6
>>555
オヤジさん御覧になっていたのですか。
もう私はあそこからは撤退宣言しましたから。S=動画くんを始め一緒にはやってられませんね。
>正宗代表のように言っているし訂正もないから
じゃ私が訂正いたします。

日蓮正宗代表でもなんでもない末端の信徒にすぎません。

>>554
至極健全な助言と思います。

>>550
詳細にお答えしたら大変な長さになってしまいます。
日蓮系に限らず宗教は「非寛容」です。自分の宗派以外にも正しい宗教があるとしている教団が有るなら異常です。
正しい教えは唯一つです。すなわち日蓮正宗です。
分派は正統な教えについていけない人達から正法を守る為めに起こります。
信仰は人生を左右する一大事ですから電脳世界を過信せず書籍を読んだり寺院を訪ねて良くお考えになって
入信するか否かをお決めになってください。
2chローカルルール
>創価学会については、創価板もしくは 創価スレ@心と宗教板と使いわけてね。

558 :オヤジ ◆avupamp2lY :2009/01/24(土) 22:20:18 ID:jZUdN2Qj
>>557
宗教板で騒いでいるから見に行ったら、うーんな状況で。
代表でもなく暴走しているのは分かるんですが。
あそこだけ見たら悪いイメージを持つ人は多いでしょうね。

559 :オヤジ ◆avupamp2lY :2009/01/24(土) 22:36:32 ID:jZUdN2Qj
追加。
>正しい教えは唯一つです。すなわち日蓮正宗です。
異論はあるが、信仰としてはそうなのでしょう。

しかし、創価板の彼らはそれが押し出されすぎ、そのためにはどんな理論
どんな口調でも良いと拡大解釈してるように見えます。
あつわら氏に言ってもしょうがないんだけど、あれはひどい・・

560 :快人21面相:2009/01/25(日) 08:24:54 ID:uJ6AnWAf

逃げても無駄だ 地の果てまでも・・・・sage

561 :不良学会員改め法華講員 ◇fst.YbVV/w:2009/01/25(日) 08:54:16 ID:uJ6AnWAf
     @  @  @
           |\/\/|
           └────┘
          /       \:\
          .|  庶民の王者 ミ:::|
         ミ|_/\;;;´::`;;/=_、:::|;/
        .  ||..-o-| ̄::|-o―ヽ-/ヽ
          |::ヽ二/ ::::\二/:::::∂  
        . /. :::ハ - −:::ハ::::::: |_/
         |  ヽ/__\_ノ  /     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     _ -‐ '"\、 ヽ| .::::/.|/ヽ /ー-- < おちんちん シュッ! シュッ! シュッ!
   /       \ilヽ::::ノ_ /     \ \_____
  /   ; :      しw/ノ         .\
/            . ∪            i
  \   !.     キンマンコ      l_!/ \
    .>、/ヽ.                 |    >
    /    l:    ∞〜 ∬∬       |  /
  /    /,        ,/∀ヽ プーン  |l/
  \_  ./        /  ≡´゙i      |
    ゙`ヽ、.       (   皮 )     _|
       ゙ ー--、   ノミ ≡ 彡|     ヽl
\          ゙ー./ "  ゙ '' i. ̄ ゙̄ー" ゙̄ー―‐"、
  \         ヽ ,! ;  .;  !,;;  ,:         \
_/ l . ,.  ''   \  \  ,; ;゙、ミ゙             \
   l .:、   、   \  \ ,;: i;ミ゙;゙              \
   L  、  \   \  \./


562 :不良学会員改め法華講員 ◇fst.YbVV/w:2009/01/25(日) 10:49:30 ID:uJ6AnWAf
日蓮正宗は、「新興宗教団体」邪宗である

現日蓮正宗員よ

早く授与書きを勝手に消したオマンコ、一枚多色刷りパラペラの二セオマンコに気付け! 

信心は、100日 1年 3年 7年 10年の節目で現証として現れると言われる

最近下記のようなこと自分や周りで多く起きてないか?起きていなくても時間の問題だ!

○オマンコやる気がでない ○引きオマンコ ○オマンコ病 ○オマンコ自殺 ○オマンコの多発 ○大オマンコの多発
○突然オマンコ死 ○最愛の人のオマンコを亡くす ○オマンコ火事 ○オマンコ犯罪者が多い ○オマンコ犯罪に巻き込まれる ○ペットオマンコの異変・異常死
○オマンコ破産・オマンコ倒産 ○オマンコ苦 ○オマンコ障害 ○オマンコ離婚・オマンコ一家 ○オマンコ破綻 ○オマンコ機能障害

悩んでる方は下記のアドへ GO!!!

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/32/Clitoris-Vivero-Becker.jpg




563 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 13:09:48 ID:ye7kpI4i
>>561
下品ですねえ。。これが宗教やってる人の貼るAAなんですね。。。
幻滅しますよ。

564 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 16:31:26 ID:vCyfu6Zn
>>563
特徴ある文体です。
貼っているのは貴方のお仲間です。(一般人の振りは無駄だ。信心のない腰抜け学会員クン)
マルチですからアク禁対象です。

565 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 19:26:35 ID:ye7kpI4i
いきなりの罵声は失礼じゃないか。
そういうのが宗教やってる人の態度ですかと言っているのです。

566 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 19:44:24 ID:vCyfu6Zn
>>565
回答に不満があれば他の人をお待ちください。
貴方に関してはこういう態度は当然です。
(抜け抜けとよく言うねー)

567 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 01:07:30 ID:20HoxhXQ
>>566
あなたが法華講のかたの言う悩乱というヤツか。
最近教わったぞ。

568 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 01:12:30 ID:A09EysKn
2chにはひろゆき氏と自分ともう一人の投稿者しかいないという妄想はよくありますよ。

569 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 11:14:55 ID:0JTCUR/8
創価板に荒らしあい専用スレッドができてから、みんな隔離スレにいってしまったようだ。
日蓮系はやはり90%があらしだったんだな。

570 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 10:45:03 ID:1nEM1cAu
ロン・ポール共和党下院議員

オバマの戦争

しかし、私たちは、あそこにいて、固い決意で、中東に長期にわたって駐留するつもりなのです。
その政策をとらせようとするものがたくさんあって、私たちは皆それを知っています。
まず第一は、おそらく、石油でしょう。大いに関係しています。
ネオコン(新保守主義)の哲学も、大いに関係しています。
イスラエルも、大いに関係しています。
私たちの国家の安全のためには、アルカイダと戦うために、
私たちはあそこに居る必要があるのだという考えも、もちろんあります。

しかし、極めて率直に言って、私が確信していることは、
そして、とてもたくさんのアメリカ人も確信していることは、
アルカイダのことを私たちが心配しなくちゃならない理由は、私たちがあそこにいるからなのです。
さらにあそこに居ろうとすれば、さらに私たちがイスラム教徒たちを殺せば、
アルカイダがやってきて、私たちを殺そうと駆り立てる動機をさらに大きなものにしてしまいます。

Ron Paul : Stop Dreaming 夢を見続けるのをやめよう(現実を見よう)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1424097
http://video.google.com/videoplay?docid=1094521977173934414&hl=en


571 :法道院オマンコ信徒:2009/01/29(木) 13:16:27 ID:XNuucUow
;;;;;;;;;;;;;;;;|       /:::ヾ          \
;;;;;;;;;;;;;;;;;|      .|::::::|   オマンコ人命  |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     ヽ;;;;;|   -==≡ミ  ≡=-|ミ   |  チンポはオマンコが牛耳っとるからな。チンポ説、オマンコ説は流さへんでww
;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     /ヽ ──|  ∀ | ̄| ∀ ||  <     信平の腐りマンコ長妻証人喚問の件も全放送局でブラック・アウトやww
;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    ヽ <     \_/  ヽ_/|    \   信平の腐りマンコのときと同じわが信平の腐りマンコちゃんばりをとくと味わえや。
;;;;;;;;;;;;;;;;;|     ヽ|       /(    )\ ヽ    \オマンコ組と舎弟企業と法華講セメントはわしが全力で守ったるw
;;;;;;;;;;;;;;;;|      | (        ` ´  | |     \ ↓この思考がイ亭止した輩がおる限り、わしは安泰やさかいな。わはははは!
;;;;;;;;;;;;;;;|.   '   |  ヽ  \_/\/ヽ/|          ______
;;;;;;;;;;;;;;|     ∧ヽ  ヽ   \  ̄ ̄//        __    (  丿
;;;;;;;;;;;;;|___,, -'''⌒ ヽv\  \    ̄ ̄/ヽ       /,ハ    ) ノ
;;;;;;;;;;;;|ー- 、_      `ヽ` ヾゝ ── '   ヽ     r(ZZyZZZZZZ■
;;;;;;;;;;/   _,>、    `ヽ, `丁`l   ; √`-、   `ヽ `" //// 〉
;;;;;;;;;|   ´   `ー、    \|  ゝ、  ,〈  /       ゝ、,,_`´´ノ

   /  \ オマンコチンポオマンコチンポオマンコチンポオマンコチンポ
 /ノ  (@)\ オマンコチンポオマンコチンポオマンコチンポオマンコチンポ
.| (@)   ⌒)\ オマンコチンポオマンコチンポオマンコチンポオマンコチンポ
.|   (__ノ ̄|  |   ///;ト, オマンコチンポオマンコチンポオマンコチンポオマンコチンポ
 \   |_/  / ////゙l゙l;   オマンコチンポオマンコチンポオマンコチンポオマンコチンポ
   \     _ノ   l   .i .! | オマンコチンポオマンコチンポオマンコチンポオマンコチンポ
    ↑信平の腐りマンコ亭止中・・・

572 :糞不良学会員@PCそこそこ快調 ▼ 20mennsou:2009/02/07(土) 09:35:16 ID:pF4V/pA3

↓創価アンチはこんな馬鹿でまぬけだ↓ (あほらしい人は全文読む必用はない)

>http://richardkoshimizu.at.webry.info/200810/article_21.html 
情報拡散をお願いいたします。
創価・統一に飼われていないまともな警察関係者の方へ。創価保険金殺人組織摘発のための重要情報です。
ネット・ジャーナリスト、リチャード・コシミズです。
創価学会員を中心とした組織的保険金殺人組織が存在します。手口は、以下の通りです。
1.創価舎弟企業などで、幹部や社員を標的に保険金殺人計画が組まれる。(金儲けだけでなく、邪魔者の排除をも目的とす
る。)ヤクザ主体の外部の創価「専門組織」が、すべての手配を代行する。
2.ターゲットに大量の小口の生命保険(生保協会のデータに登録されないから、多重保険とばれない。)を掛けたり、ダミー会
社を設立し、本人の知らぬうちに役員に就任させ、殺して会社保険を受け取る。(会社は倒産し、保険金の行方は不明となる)と
いった手配をする。
3.計画通り、ターゲットに薬物を飲ませ、昏倒させる。予定通りの病院に担ぎ込んで、別の薬物で意識不明状態にする。医師看
護師は勿論、創価。4−5日過ぎて、「検視解剖」に廻される恐れが減少した時点で、関係者が集まり、病院でターゲットを薬殺
する。関係者を集めるのは、「共犯意識」を持たせて、脱落を防ぐため。創価医師が、「自然死の死亡診断書」を書く。
4.創価警察が、「自然死」を追認する。万が一、検死解剖となった場合でも、創価の息のかかった監察医が、「自然死」のお墨
付きを出す。(解剖はしなくてもしたと偽ることが多々ある。)
5.警察の「自然死認定」により、保険会社各社から、滞りなく生命保険金が支払われる。万が一、発覚しそうになれば、警察内
部の創価信者が動員され、隠蔽工作を行う。不当逮捕で口を封じる。最悪の場合、創価出入りのヤクザを使って、告発者を「始
末」することも実行していると思われる。
注)創価は、在日朝鮮人グループが裏から支配するカルトであるため、同じ朝鮮カルトである統一教会、オウムなどのメンバー

573 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 20:36:27 ID:H45uMnyk
                             /__
                       , -==、_∠ニ _- ̄ ‐-、
                       ,. -‐/       \ ̄  ヽ、
         _ --――- _    / _ /     |    ヽ \  ヽ
       /          `ー 、/ィ´/  !    ト、   ヽ  ヽ ∧
       /          _ ィ ス::. ヽ /  ∧ ト、  ! ヽ 、__ l ! ∨ !
      /   、    , ィ'_´,.ィ´  ヽ:::.ヽ //,.乂=く  ヽ ヽ ̄7ヽl ! l l∧
    { :.   ヾ、-、/__,.ノ〉  r 、_l::::::!/ ′ ヽ `ー-`ヽヽ/ j∧ l !l i
    ∧ :::.  .::::〉'` __  ̄´   ` ーl::::!j  ,,==ミ、   ,z=ミ、 l |// | 創価、妙観、Toyoda
   / ∧:::: |.::::/ -r'てハ`     ,z=、 !/∧ ″    ,      ゙ jィ∧ l l
.  / / />!:::l  ´ !:っ'ソ    lし! |,イヘ| / / / ,. ‐- ァ / / / レイ!イ/
  / ,'  ,' ! ヘヽ{   ´ ̄     、ヒリ レハ|!l   /-‐ ̄ 二ニヽ /_ノ川    全部 お断りしまs・・・
. /     ヽ 'ー  / / /     ′//!ノ |/lヽ、/    -―= くイ l l ∧!
/       `Tヽ_    ,〜 -‐ァ /    レ'/     -‐ , ‐´l ,イ/
       .:::/   ヽ、 `ー‐ '´/     r'‐ 、  ,. -‐'´「/ハ/レ/
     .::/ /       ヽ‐- ´|   , ‐- / ̄ヽヽ,イ   ,.-┴r‐r,‐-- 、
    .:::/ !  _    ヽ_:::::::l  /  /    ヽ〉7 l ヌ / //  / ヽ
    .:::i  |     ̄ ̄  ト::::::! / ! /    /__ヽ∠ _/_// /    !
.:  .:::::l   l            \!/ //    / __/ /´rr'´__ ヽ/     l
:: .::::::::|    ヽ、         ヽイ      /  〈_〈´ レ〉‐-`  l     /
: .:::::::::::|       \        ヽト、    / /イ|ヽ. ゝ‐-   l      /

574 :神も仏も名無しさん:2009/02/18(水) 20:53:44 ID:PFzycKf3
日蓮正宗樋田派。

http://toyoda.tv/

575 :神も仏も名無しさん:2009/02/24(火) 17:50:29 ID:TjDEkmii
大石寺系教団はもう浅間山荘状態。


576 :神も仏も名無しさん:2009/02/28(土) 18:25:24 ID:u9m9iG13
学会を脱会してきた人は犬猫だからシツケが必要。
分かるな?

577 :神も仏も名無しさん:2009/03/01(日) 13:02:03 ID:sUWV4YX4
法華講はひでえなあ

578 :神も仏も名無しさん:2009/03/01(日) 14:47:08 ID:efDjJfp+
今日はお講?に誘われていたけど、ぶっちぎってしまった。

579 :神も仏も名無しさん:2009/03/01(日) 17:06:42 ID:9CLDDksf
散々諸宗の坊主の死に様を罵っておきながら
自分も同じような死に様であった昔の人

580 :hage ◆hage6/00M2 :2009/03/04(水) 08:46:36 ID:B8ZXUgD6
皆さんのところでは御法門はどのようにされてますか?
どの様な内容ですか?

581 :神も仏も名無しさん:2009/03/18(水) 01:31:47 ID:qHVFQq5Z
いくら正しい事言っても 嫌われたら誰も聞かないよ…嫌われ者が集まって傷の舐め合いしてるんだから…そこには…もう成長はないね(^∀^)

582 :神も仏も名無しさん:2009/03/21(土) 22:54:46 ID:6AZ6RqPi
あつわらさんのところでは、
4月1日から7月9日までの100日間、
一人が一日5000遍(2時間)の唱題されるそうですね??


583 :法華講衆あつわら ◆Myoho/FYGk :2009/03/27(金) 20:16:07 ID:I+HMamKG
そうです。

584 :hage ◆hage6/00M2 :2009/03/27(金) 21:39:05 ID:vvFEKekD
100日間は長いですね。仕事勤めの人間には毎日2時間は大変だと思います。
身体を壊さないようにしてくださいね。
私もあつわらさんに負けないように励まなければ!!


585 :神も仏も名無しさん:2009/04/08(水) 16:22:07 ID:4sK6cXAI
何のための唱題会ですか?

586 :神も仏も名無しさん:2009/04/13(月) 09:39:37 ID:i4dhCeG/
つーか、本当に唱題会なんかやっているのかね?
学会はすぐウソをつくから信用できないろろ。

587 :神も仏も名無しさん:2009/04/13(月) 15:30:45 ID:r/opWKpS
法華経は創作物です
ヤコブスの「黄金伝説」を法典にしているようなもの

588 :神も仏も名無しさん:2009/04/13(月) 20:00:27 ID:4sxz5ANv
頭破作七分とかは日蓮は本尊に書かなかったんだろ?
富士門流が追記したんだろ?

589 :神も仏も名無しさん:2009/04/14(火) 16:57:20 ID:5TRhkEAV
>>588
安国会の本尊集に、日蓮の書いた本尊がありますよ。


590 :神も仏も名無しさん:2009/04/14(火) 20:12:44 ID:+CRIdkNE
その中で頭破作・・が書かれた本尊はたくさんある?

591 :神も仏も名無しさん:2009/04/14(火) 20:45:15 ID:nGH2Lz6m
日蓮聖人御本尊集
http://www.lbis.jp/gohonzon/

↑これ以外に真蹟がないとはいえないが、
これは確実とされている立正安国会の日蓮真蹟曼荼羅集。

ネットを検索すると有供養者〜の讃文ありはこの中にはないという記事が幾つか見つかる。
しかしどれも掲示板の短い発言だった。
ただし安国会曼荼羅集にありという発言(反論)は見つからなかった。
ひとつひとつ確かめればわかるだろうが。

592 :神も仏も名無しさん:2009/04/15(水) 17:48:25 ID:RD+GLQ49
thanks!
頭破作・・・はあるまい
日興も書かなかったに違いない


593 :神も仏も名無しさん:2009/04/15(水) 18:41:12 ID:Z4CEefwN
安国会の本尊集以外の、真偽未定のでも、どういう曼荼羅に有供養者〜があるんだろう?
諸尊の勧請や讃文には決まったものはなく、図顕した状況や授与された人の事情による
みたいだが。
有供養者〜は陀羅尼品だから、十羅刹が総勧請してあるとか、御守りとして授与したもの
にあるなら納得な感じだが。

594 :神も仏も名無しさん:2009/04/15(水) 19:50:09 ID:RD+GLQ49
しかしまあ
本尊は胸中の肉団なわけだから


595 :ニセ本尊:2009/04/16(木) 08:47:15 ID:GVT8IHA0
>>592
なるほど、はっきり書いてくれれば良かったが、
つまり、頭破七分はあるが、頭破作七分は無いと。

そのとおりらろろ。

596 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 09:08:37 ID:82SaFKbJ
頭破・・は富士門流の日興信仰の表現だろ
日蓮の門流の正統は、やっぱ身延だろ

597 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 10:53:50 ID:Ko4KCJUo
>>595
「日興上人御本尊集」が興風談所から出版されている。
日興門流以外では「日蓮聖人門下歴代大曼荼羅本尊集成」が出版されている。
いづれも現在は入手困難。
本尊は血脈相伝の上から戒壇本尊の内証を書写するというのが日興門流最大勢力である日蓮正宗の立場。

>>596
日興信仰をしている教団は存在しません。
正統・傍流などの判断はここでは扱いません。


598 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 12:23:41 ID:GVT8IHA0
>>591
有供養者なら、安国会だけでも8体もある。
60とか65とか

599 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 15:57:51 ID:Y7RbGGfC
591です。

「「有供養者系」の誡文曼荼羅は8幅が現存」

「但行礼拝で広宣流布を」
http://www.genshu.gr.jp/DPJ/note/flash047.htm

実はこの記事にも行き当たったのですが、その文には何に現存するのか書いてないので
『本尊集』か別のかわからないから、安国会のにありという発言はなしと書いたのですが、
今、ずっと上の方を見ると、「『本尊集』の127幅中」とあり、この記事は『本尊集』に限って
曼荼羅を分析してあることに気づきました。投稿者の不注意です。有りで確定と思います。

600 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 07:23:15 ID:TSi8BWoB
身延を本山とする日蓮宗は、一致派ですか?

本尊は、曼陀羅ですか?

601 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 13:20:21 ID:/BEFZXqa
一宗一管長制により、明治5年に日蓮宗が結成されたが、明治7年に二つの教団に分裂した。

日蓮宗一致派
日蓮宗勝劣派

日蓮宗一致派は明治9年に日蓮宗と改称、昭和16年に顕本法華宗、本門宗と合同し、
(新)日蓮宗となった。昭和22年に妙満寺派が離脱し、(新)顕本法華宗を結成した。
勝劣派はその後さまざまに分裂し、顕本法華宗、法華宗本門流、法華宗陣門流、法華宗真門流、
本門法華宗、本門宗、日蓮正宗などになった。

したがって今日の日蓮宗は旧勝劣派の本山、末寺も多い。宗定本尊は臨滅度時の曼荼羅である。

602 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 14:37:54 ID:TSi8BWoB
>>601
ご回答有り難う。
宗是本尊は、誰でも複製できるのでしょうか?
特定の業者だけが発行する権利があるのでしょうか?

603 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 15:03:59 ID:/BEFZXqa
複製頒布するためには原本を撮影しなければなりませんから
比企ヶ谷妙本寺の許可を受けた仏師が製作しているのでは。
海外では入手が困難なためWeb上の画像をコピーして
表装している人もいるようです(絵画の写真には著作権はない)。

604 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 16:39:15 ID:TSi8BWoB
>>603
ご回答有り難うございます。

たしかに古い絵画に著作権はないようですが、所有者に無断で、写真を複製してよいものでしょうか?


605 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 19:08:04 ID:/BEFZXqa
>>604
絵画を単に撮影した写真には創作性がないので著作権が発生しない。
そういうWeb上の画像をコピーして何かに利用しても権利上の問題はない。
しかし元がWebの画像では表装してもあまり上等にはなりません。
国内では仏具屋で日蓮宗御本尊用の曼荼羅は各種売っています。
だだし臨滅度時の曼荼羅は仏具屋では入手できないようです。

606 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 13:29:11 ID:56Dbxxli
鬼子母神は本尊ですか?

607 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 15:36:57 ID:BEnohuz1
鬼子母神などは「別尊」であっても本尊(梵語 サトヤデーヴァター true deity or
true idol)ではないね。ただし真言宗用語の別尊はやはり本尊の一種みたいだから
日蓮宗では別勧請というようです。

江戸三大鬼子母神散歩
http://www.tokyo-kurenaidan.com/kishibojin1.htm

608 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 17:40:27 ID:t1NvtjFh
>>605
もとの絵画の著作権が消滅したものなら別だけど
絵画の写真に著作権がないといっても、絵画の著作権者にたいする複製権の侵害になるんじゃないかい

609 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 18:29:02 ID:0TlV24J+
新作絵画の写真は絵画自体の著作権によって利用が制限される。
また**派絵画集などをそっくり複製頒布することはアンソロジーの編集にも
著作権が発生するので権利の侵害となる。

610 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 20:00:13 ID:0TlV24J+
なお

◎私的使用であれば著作物を許可無く使用出来ます。
http://cozylaw.com/copy/tyosakuken/sitekisiyou.htm

611 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 21:35:05 ID:Mm5BO3zA
著作権云々以前に本尊だろ。
勝手に複製して表装しても本尊にはならない。
身延の土産物屋で販売している本尊も開眼されていると神社・仏閣板の日蓮宗信徒が書いている。

612 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 14:46:19 ID:60rYbNw4
>>611
身延の土産物屋では本尊は売っていないと、某信徒はいっている。
またまた創価学会得意のウソではないか。

613 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 07:04:15 ID:Hs3E3ZBc
まあ、証拠写真なるものを創価は提示してくるかもしれない。
しかし、俺がみたかぎりでは、土産物屋ではなく、仏具屋だな。
日蓮宗のポータルサイトでは、仏具屋で用意してくれる曼陀羅は、いいかげんなものもあるので注意が必要だそうだ。

614 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 08:34:39 ID:Wnose+Xc
話をずらすねえ。
仏具屋で用意する曼荼羅がいいかげんならWeb上の画像をコピーして表装するのもいい加減ではないのか。
日蓮宗ではWeb上の画像をコピーして表装し本尊にするも可なのですね。
神社・仏閣板の日蓮宗信徒のカキコは創価成り済ましで済ませたい気持ちは良くわかる。
神社・仏閣板の日蓮宗信徒カキコの紹介を証拠写真にすりかえたい気持ちも良くわかる。
>>612
ここでは日蓮系内部の正邪に判断を示さず中立を建前としている。
身延派諸氏には無理な注文のようですね。
ついでながら俺は創価ではない。




615 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 09:43:30 ID:Hs3E3ZBc
>>614
すり替えたい気持ちが、よくわかるって?
お前は、何も分かっていない。
>>612は、学会員だ。

お前、はずかしいやつだな。

616 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 11:54:31 ID:Wnose+Xc
>>615
釣られて出てきたなw
身延の土産物屋で本尊が販売されているのは行った人なら知っている。
>>612>>613=学会員なら悩乱した師子身中の虫ではないか。
まあ良い。

>まあ、証拠写真なるものを創価は提示してくるかもしれない。

提示してくださいね。学会員さんw
俺は学会員ではないから恥かしくはない。

617 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 13:18:04 ID:l2oeFNTz
タクシー料金踏み倒し追う運転手殴る 韓国人逮捕

タクシーの乗車料金を支払わずに逃げ、追いかけてきた運転手を殴ったとして、警視庁赤羽署は、強盗の疑いで、
東京都北区岩渕町、韓国籍の派遣社員、元吉秀容疑者(26)を逮捕した。
元容疑者は「金を取ってくる」とうそをついて逃走した際、運転手を信用させるために派遣先の上司の名刺を渡していたことから、身元が特定された。
調べでは、元容疑者は昨年12月17日午前1時40分ごろ、北区赤羽の路上で乗車していたタクシーを停車させ、
男性運転手(52)に「ここが自宅だから金を取ってくる」とうそをつき下車。「料金を払ってください」と追いかけてきた運転手の顔を殴りつけ、
乗車料金約1万3000円を支払わずに逃げた疑い。「金がなかった」と容疑を認めている。
元容疑者は千葉県浦安市の東京メトロ浦安駅前でタクシーに乗車。現場で下車した元容疑者がマンションに入った後、
非常口から出てきて逃げようとするのを運転手が発見。不審に思い追いかけたところ、殴られたという。

ttp://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/090126/tky0901261248006-n1.htm

618 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 17:32:52 ID:Hs3E3ZBc
>>616
お前が恥ずかしいのは、気持ちなんか分からないくせに、俺を身延系と判断したことだ。
まあ学会員ではないかもしれんが、恥ずかしいヤツには変わらん。
反省も謝罪も出来ないところは大石寺系だな。


619 :ニセ本尊:2009/04/24(金) 17:46:34 ID:Hs3E3ZBc
>>616
いや、身延の土産物屋で売られている曼陀羅の写真と称するものは、どこかで俺は見たことがある。
だから創価新報だと思う。
ただ見た感じが、土産物屋ではなく、仏具屋だとおもっただけよ。
身延まで確認しにいくほど暇人ではないので、某信徒の書き込みを紹介しただけだ。
まあ、お前が学会員でなければ、お前には用はない。

620 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 17:52:25 ID:FDLBRL/0
Essays and Books by the Rev. Ryuei Michael McCormick

http://nichirenscoffeehouse.net/Ryuei/index.html

621 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 18:32:53 ID:Wnose+Xc
>>619
ニセ本尊くん、ここは工作の場ではないんだよ。
創価板住人はこれだから困る。
反省し謝罪するのはニセ本尊くん、君のほうだろ。
学会に疑問を持ちながら2chで工作しかできない内部造反者は真面目な学会員よりくだらない人間だ。
君は宗教板に向いていない。

悩乱した師子身中の虫=ニセ本尊


622 :ニセ本尊:2009/04/24(金) 19:58:21 ID:Hs3E3ZBc
>>621
得意気に「悩乱」という言葉を間違っている使っているので、ひとつ教えてやろう。
悩乱するのは法華経の行者だ。
俺じゃない。
法華経の行者を悩ませし者=悩乱せし者

無知をひけらかすなよ。
法華経の行者くん。

ちなみに俺は創価学会に疑問なんかないよ。

創価学会のソレはニセ本尊だ。
創価学会は、間違っている。
だからニセ本尊は拝むな。

623 :ニセ本尊:2009/04/24(金) 20:08:25 ID:Hs3E3ZBc
それと、内部アンチを獅子身中の虫と呼ぶのは、変な気がするな。
獅子というのは誉め言葉だと思う。
獅子=丈夫な身体
創価学会は、悪体だろ。


624 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 20:57:31 ID:6VdOeaKq
本尊は胸中の肉団・・・大事なのは信心

625 :ニセ本尊:2009/04/24(金) 21:36:00 ID:Hs3E3ZBc
ニセ本尊には、魔が住んでいる。(戸田城聖)
ニセ本尊を配布する今の創価学会に、信心なんて無いよ。

626 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 09:02:00 ID:Vlt+RIFd
ま、ご本尊なんて元々実体が存在しないデッチあげだからな
架空の存在に本物も偽者もないよ


627 :ニセ本尊:2009/04/25(土) 14:12:10 ID:+1AUzZfc
本尊に限らず、物事すべてに、本物と偽物は、あるよ。
素人には分からないだけさ。

628 :神も仏も名無しさん:2009/04/26(日) 22:49:20 ID:guLzwq0k
在日朝鮮人の犯罪抑止に凄い効果を発揮する方法がある。
それは犯罪者を本国に送り返すこと。
他の外人に対して出来ることを、なぜか在日朝鮮人にだけは適用しない。
あいつらが一番嫌なこと、それは祖国に送り返されること
民族の誇りとか言ってるのは寝言なんだよ。

629 :神も仏も名無しさん:2009/04/27(月) 14:40:51 ID:tw+vgA8H
在日の方々は、なぜ、日本にいるのかな?
まさか戦前強制的に連れてこられたのか?

その辺の事情をはっきりさせないといかんのでは?

630 :神も仏も名無しさん:2009/04/27(月) 18:42:38 ID:8TN0czQz
戦前の朝鮮は大日本帝国の領土だったから
強制連行ではなく国内移動だろ


631 :神も仏も名無しさん:2009/04/28(火) 06:55:39 ID:fPTEsIF2
>>630
それが本人の意思に反していれば、強制だ。
たとえ、国内でも、強制連行だな。
奴隷として連れてきたのではないか?
もしそうなら、犯罪率が高いのは政府の責任だろ。

632 :神も仏も名無しさん:2009/05/02(土) 23:32:03 ID:NGCb0ERo
日蓮宗では、折伏はしないのですか?

633 :神も仏も名無しさん:2009/05/03(日) 12:11:03 ID:+VYg7gN+
しないから
日蓮の遺志を継いでないことになる


634 :神も仏も名無しさん:2009/05/04(月) 07:56:37 ID:7wPYWPIX
元々、在家に折伏しろという話は無い。
折伏は出家者の修行と言える。

635 :神も仏も名無しさん:2009/05/04(月) 14:22:24 ID:hqBRPW5W
>>634
「諸法実相抄」を100回拝読。
行学の二道をはげみ候べし。行学たへなば仏法はあるべからず。我もいたし人をも教化候へ。
在家も折伏をする。
四条金吾殿が主君の不興を買ったのは正法を勧めたからだ。
池上兄弟は親を折伏している。

法華経を信じ参らせて仏道を願ひ候はむ者の争か法門の時・悪行を企て悪口を宗とし候べき
(頼基陳状)
対告衆は四条金吾殿。
このように具体的な折伏指南の御書もある。

>>633
断定できるのか?
折伏・摂受を巡る論争からみれば折伏正意主張が多い。

636 :神も仏も名無しさん:2009/05/04(月) 17:33:32 ID:7wPYWPIX
>>635
諸法実相抄は、出家に宛てた書。
在家宛てではない。



637 :神も仏も名無しさん:2009/05/06(水) 02:43:23 ID:8HFBGQ5L
「諸法実相抄」を100回拝読してから出直すこと。
つ日蓮が弟子檀那、日蓮が一門、男女

対告衆は重要だが総じての対告衆と別しての対告衆がある。
立正安国論の対告衆は北条時頼だが日蓮門下一同は最重要御書と拝している。
これは時頼が別しての対告衆であるのに対し総じての対告衆は一切衆生だからだ。

理解できたかな?

638 :636:2009/05/06(水) 07:25:12 ID:gz/oYI1K
>>637
やれやれ、100回読めば分かる、というその「思い込み」は、迷惑以外のなにものでもない。
ちなみに、俺は100回以上読んで、全文暗記したが、今は、何の価値も感じない。



639 :神も仏も名無しさん:2009/05/06(水) 20:23:36 ID:gz/oYI1K
在日の犯罪率が高いなら、やはり、国の責任だ。

また在日を差別する思想は、教育が遅れている証拠だ。


640 :神も仏も名無しさん:2009/05/07(木) 20:59:24 ID:MrSiNKnx
曼荼羅の中に居る「八幡大菩薩」と「天照大神」は
何故居るんでしょうか?・・・・おしえて

641 :神も仏も名無しさん:2009/05/08(金) 12:30:06 ID:UGdzcIAi
>>640
日本の神様の代表です。
第一天照太神
第二八幡大菩薩

諸天善神といい、法華経の行者を守護するといわれています。

642 :神も仏も名無しさん:2009/05/08(金) 18:11:58 ID:evN1QMA3
仏教の経典で諸天善神が出てくる経はありますか?
・・・・おしえて。
>>641さん ありがとう。

643 :神も仏も名無しさん:2009/05/10(日) 10:23:07 ID:4yG1mrwZ
>>642
法華経の霊山会で、諸々の神が集まったことはかいてある。
しかし、天照太神も八幡大菩薩もでてこない。

644 :神も仏も名無しさん:2009/05/10(日) 10:57:25 ID:V05KoBKf
インドのお経に日本の神様が出て来るわけない。
そこで本地垂迹をいう。天照=本地大日、八幡=本地阿弥陀とするのが普通。
日蓮宗は別だけど(本地釈迦)。

ジュピター=ゼウス、ヴィーナス=アフロディテみたいなもの。

645 :神も仏も名無しさん:2009/05/10(日) 21:15:51 ID:7NfrfGxF
>>643さん ありがとう
>>644さん ありがとう
曼荼羅は神仏習合体系と考えてはダメなんでしょうか?
私の眼にはその様に見えるです。
私だけでしょうか?・・・・おしえて

646 :神も仏も名無しさん:2009/05/10(日) 22:37:10 ID:V05KoBKf
本地垂迹=神仏習合。

外来宗教は土着宗教の上に乗っかっていくので世界のどこでも同じ。
聖マリアは幾柱もの古代の女神の属性を吸収した信仰であるように。

647 :神も仏も名無しさん:2009/05/12(火) 12:02:00 ID:hCmdd4ZN
>>645
日蓮大聖人の時代から神仏習合だから、曼陀羅は間違いなく神仏習合ですね。

648 :神も仏も名無しさん:2009/05/12(火) 21:25:26 ID:oX4CswK7
曼荼羅は日蓮の心の世界をあらわしたものでしょうね
現存する曼荼羅のどれを拝んでもご利益はあるのでしょうかね

649 :神も仏も名無しさん:2009/05/13(水) 11:49:44 ID:dtGVZ+2B
日蓮の心の中に天照太神、八幡大菩薩が居たとなると、、
私としてはショックなんですけど・・・・。
現存する曼荼羅のなかで日蓮が書いた物(批判されそぉ〜)は
いくつあるんでしょうか。

650 :神も仏も名無しさん:2009/05/13(水) 17:39:54 ID:Mu0ubF0+
日蓮の天照大神と八幡大菩薩への信仰は篤かったが。
また弘安3年の上野殿母尼御前御返事には国神の3番目に千眼大菩薩を列ねている。

「いかでか天照太神・八幡大菩薩・富士千眼大菩薩すてさせ給ふべきとたのもしき事なり」
(本地 千手千眼観世音 垂迹 此花開耶姫or赫屋姫 いわゆる浅間 センゲン 大菩薩)

651 :神も仏も名無しさん:2009/05/14(木) 23:57:15 ID:dxHPXtaU
御書を現代文で学ぶ方法とかないでしょうか。
初心者ですみません。

652 :神も仏も名無しさん:2009/05/15(金) 00:23:00 ID:v/t3a+c6
有名な小林一郎著法華経大講座と日蓮聖人遺文大講座が復刻されておりますね。

日新出版株式会社・宗教書
http://www.nissinpb.co.jp/shukyo.htm
小林一郎(1876〜1944)
http://www.nichiren.or.jp/shinjya/002.html

653 :神も仏も名無しさん:2009/05/15(金) 08:03:16 ID:35VCN/IM
>>649
真筆曼陀羅なら
Gohonzon Shu
でググれ

654 :神も仏も名無しさん:2009/05/16(土) 19:11:42 ID:0oUKN/rN
【兵庫】阪神・淡路大震災で全壊の寺再建めぐり恐喝、朴慶七容疑者や金豊岡容疑者ら3人逮捕・・・神戸
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1242133523/

655 :神も仏も名無しさん:2009/05/20(水) 11:49:44 ID:/HKm4eJu
不要になった団扇太鼓はどうやって処分すればよいでしょうか?
位牌などと違って、線香立てなどの一般仏具として自治体のルールに従って廃棄してしまってよいものでしょうか?
お寺さんにお納めしても今では産業廃棄物として対価を払ってそのまま廃棄していることが多いとお聞きし、
お寺さんのためにも自分で処分したほうがよいのかと思い、質問した次第です。
太鼓は勤めていた会社の関係で持たされたもので、私は他宗教徒です。



656 :神も仏も名無しさん:2009/05/28(木) 21:09:31 ID:vWFYkDVj
>>652 ありがたう御座います。
すごく欲しいけど、結構高いですね。
でも価値があるかも。

>>655
罪悪感が無ければ、細かくして捨てられるでしょうけど
「勤めていた会社」にお返しはできないのでしょうか。


657 :神も仏も名無しさん:2009/06/11(木) 01:16:16 ID:eNALkQXy
日蓮正宗と周辺団体では会合(座談会?)あると歌の指揮等に扇子を使うそうですね。
これは他の日蓮系団体では見られないのでしょうか?
またいつごろから扇子を使っているのでしょうか?

658 :神も仏も名無しさん:2009/06/20(土) 15:26:09 ID:f6CskyY+
日蓮誠宗とはなに?
ググッても余り最低限しか出てこない
連れがハマったらしい
ただの宗教?それとも怪しいの?

659 :神も仏も名無しさん:2009/06/20(土) 18:24:12 ID:ckAfcSep
>>658
親が歳を取って来たせいか
自制がきかず子供に布教活動をして醜い
怪我をすれば入信すればすぐ治る
知人がボケれば、あの人は邪教だからと
ちょっとどうかと思われる言動多数
この宗教は他宗を排除する理論で構築されているのか?
だとするなら、その理論で自身を
排除することになることすら
理解できないのか不思議でたまらない


660 :神も仏も名無しさん:2009/06/20(土) 20:39:22 ID:boRmtRVt
日蓮誠宗っていうの?
日蓮正宗(しょうしゅう)じゃな?

661 :神も仏も名無しさん:2009/06/20(土) 21:24:43 ID:cA5Xk+JL
>>660
日蓮誠宗でググればヒットする。
>>658氏が知った以上の回答は>>659氏がしている。

662 :神も仏も名無しさん:2009/06/20(土) 22:37:18 ID:f6CskyY+
>>660>>661
日蓮誠宗三界寺(にちれんまことしゅうさんがいじ)というのが世田谷にある
ホームページもあるのだが途中で日蓮宗から別れたとしかなくイマイチよくわからないのです
ググッても見かけしかわからないからここに来て質問したんですが…
ハマった連れをそのままにしとくか縁きるか辞めさせるかでなやんでるから、まともかそうじゃないかをしりたいのだが?

663 :神も仏も名無しさん:2009/06/21(日) 00:16:44 ID:8d50gUHN
ぐぐらなくてスマンかった

664 :659:2009/06/21(日) 02:21:29 ID:YeDAGTPg
>>658
誠宗なんていうのもあるんか
いずれにせよこの時代に
墓の管理以上の干渉をして来る宗教は
危険ですから手をきらせたほうが良いかと
思います

親は正宗
子供の頃から、なんだか家の中に
妙な空気があるなと思っていた
親父は家庭と距離を置きたがるし
何かと創価を目の敵にしてるが
崇拝対象が違うだけで中身は一緒
宗教に頼る精神構造は自分であることを
放棄してるだけですね

665 :658.652:2009/06/21(日) 06:57:57 ID:V7dPFtiK
月1、2回行くのはかなりやばいということだね…
とりあえず辞めさせる方向で無理ならシカト、回りに迷惑駆け出したら縁切りというふうが正解かな

666 :神も仏も名無しさん:2009/06/21(日) 07:27:51 ID:z/pmBWMV
日蓮世界宗はどこに総本山があるのですか?

667 :神も仏も名無しさん:2009/06/21(日) 07:56:45 ID:l+tguEyV
>>664
何も知らずに別の宗派の妄想を回答していたのですね。
>>1を見ましたか?

>墓の管理以上の干渉をして来る宗教は
>危険ですから手をきらせたほうが良いかと
>思います

宗教の役割が「墓の管理」でありそれ以上の活動をすれば危険ですか?
なんとも稚拙な論理。

宗教に被害妄想を抱き宗派も間違える貴方は回答者に不適です。

>宗教に頼る精神構造

仏教はお縋り信仰ではなく頼っても何も得られません。
仏教は自力救済。
思考停止に陥り自分を放棄しているのは貴方です。


668 :神も仏も名無しさん:2009/06/21(日) 08:41:58 ID:pO3VsGSz
>>665
価値観の判断が自分達では無くなります
それに我慢できるならどうぞ
と思います

私は自分の意思は誰を頼りにすることなく
自分で決めます
自力救済と言うならば日蓮など不要でしょう

彼らの布教活動の折伏とは
他宗は邪教であるとし
排除し改宗させ神棚などは撤去させる
るというものです
つまり他の主義主張は認めない
何故なら正しいのは自分だからという
自己中心的なものです

669 :神も仏も名無しさん:2009/06/21(日) 09:14:16 ID:l+tguEyV
>>668
なんで名前欄から「659」を消したのですか?
宗教に被害妄想を抱き宗派も間違える貴方は回答者に不適です。

>彼らの布教活動の折伏とは〜自己中心的なものです

>>1を見ましたか?
自己中心的なお考えですね。日蓮誠宗を知らない人がどうし質問に回答できるのでしょうね。

670 :神も仏も名無しさん:2009/06/22(月) 00:51:23 ID:SXrlue1C
この宗教はどうかと思いますね。
法事に行けば何故入信せぬかと家族と故人を人質に坊主が営業活動に熱心な説教垂れやがる。
この國は信仰の自由が憲法で保障されております。人権の侵害ですよ。
あんたたちが何信じようが構いやしないが
折伏大迷惑。法人税払って欲しいね。

671 :神も仏も名無しさん:2009/07/16(木) 13:20:22 ID:OIxLKyIj
【文化】 「若い男性参拝者増えた」 お寺にも“萌え看板”。若いアキバ系女性が描く…東京・了法寺
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1247620502/

672 :神も仏も名無しさん:2009/07/22(水) 23:33:09 ID:M3UT8Sdm
この間、職場の人に願正新聞を見せられたのですが、
宗教なのでしょうか?
教えてください。

673 :神も仏も名無しさん:2009/07/24(金) 20:08:26 ID:RMsr6glu
26日に総会があるそうですね。
あつわらさんも参詣されるのですか?


674 :神も仏も名無しさん:2009/07/24(金) 22:37:49 ID:P++/YGkL
>>673
参詣+参加です。大抵の信徒は明日の夜には出発です。
正宗スレは案外法華講員がいて賑わうものだと少し驚いています。

675 :神も仏も名無しさん:2009/07/27(月) 03:03:48 ID:OD79PDid
最初に言います。私は×1子持ちです。7年間付き合ってきた日蓮系の坊主に振られました。
元々私が×1子持ちだからその人の師匠や家族には付き合うこと、結婚することを猛反発されてました師匠って人には『そんな女と付き合うなら絶縁する』とまで言われたそうです。彼は立場的に職業を捨てきれずそれでも私が好きだったんでしょう。
なので7年間周りの人には内緒で彼の知り合いの人には私が×1子持ちということを内緒で付き合ってきました。
7月に入り『他に気になる人ができた。お前は攻撃ばかりで思いやりも優しさも欠片もないお前と一緒になっても別れるのが目に見えてる』
と言われました。
それを言われる直前までは私にメールをしてきたり誕生日おめでとうメールもしてきた。彼の周りは結婚していて周りの人達にも
『結婚とか好きな人とかいないのか、見合いはしないのか』
とか結構頻繁に言われてたそうです。
きっと今年35歳になるから彼なりに焦りもあったんでしょうね…。
私は今はショックで人間不信になり自分の仕事も失い何もなくなりました…。
頼りは眠剤と安定剤です…。
×1子持ちは人間的にも否定されてしまうんですね…。
私は今年37歳…。
一体、今まで何をしていたんでしょうね…
馬鹿しか言いようがないですね…

676 :神も仏も名無しさん:2009/07/27(月) 03:39:33 ID:OD79PDid
675です。
連続すみません
私は彼に
『自分の至らない所は治すから許して下さいお願いします』
と何度もお願いして謝りました。彼は
『何でもっと早く言ってくれなかった』
それでも私は謝りました。
彼は『今度気になる人に告白する』
最後に私に『ウザい』というメールを送ってきました…。私が×1子持ちだから悪いんですね…。反対されてる中でも『結婚しよう』と言ってくれた時もあった…。でも…。居なくなっちゃった…。 もう気になる人には告白したかな…。


677 :神も仏も名無しさん:2009/07/27(月) 16:36:36 ID:g/R4FvCK


【産経抄】3月17日
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080317/chn0803170342002-n1.htm

▼それにしても日ごろ国会の内外で、「人権、ジンケン」と声高に唱えていらっしゃる方々の声がチベット問題では小さいのはどうしたことか。
今国会に人権擁護法案の上程を考えておられるセンセイたちは、与野党問わず「チベット人の人権を守れ」と中国大使館に押しかけても不思議ではないのに、
そういった話は寡聞にして聞かない。

678 :神も仏も名無しさん:2009/07/27(月) 19:26:52 ID:OD79PDid
どうすることもできない…。
助けて…。

679 :神も仏も名無しさん:2009/07/28(火) 03:52:35 ID:7osQ6dbA
ウザいよ…。

680 :神も仏も名無しさん:2009/07/31(金) 00:05:05 ID:m7LHEeI1
あらそう

681 :神も仏も名無しさん:2009/07/31(金) 07:13:20 ID:V+c6Jutt
 法華経の虚空会=啓示宗教の天の体系
それ自体はアナトリア諸地域(古代ギリシャ
 や古代エジプトなど)由来の象徴体系で、
つまりは使い勝手の優れた用語集であり、
信仰そのものではない(だから、それぞれ
 別々の教義を記述するのに使われる)。
 今の日本人が五行体系を「信仰」して
いなくても各惑星を五行の名前で呼び、
天の各星座を古代の神々の姿で描き、
それに「それを借りて呼ばれる実体が」
対応する英語等の曜日や月の名前が
信仰と関係なく神々の名を持つように。

 用語体系は互いに違う視点や価値観
を持つ人々の対話のためにあるもので
情報体系として語義等の正当性(正義)
を、それを借りて記述される信仰などの
「視点や価値観とは独立」で持っている。
もともと、正義とはそういうものなんだ。
 法華経で使った虚空会、あるいは同じ
起源を持つ今の星座体系やローマ字等は
特に関係する信仰などを気にすることなく
使えるし、それらの物語はとても魅力的だ。
その魅力は、人間そのものの価値や魅力を
表現する「道具として」優れているからだ。

 優れた道具は可能性を与え、昔のように
人が死ななければ森が死ぬ(古代文明の
栄えた地はみな砂漠化した)のではなく、
日本の水田耕作のような持続可能な
=他の生命との共存と人類の繁栄を
実現し続けることも可能にするんだ。

682 :神も仏も名無しさん:2009/07/31(金) 07:30:33 ID:V+c6Jutt
 日本人も「漢語の文法」は分からなくたって、
漢字をうまく「日本語として」使いこなしてる。
それを失った・使うのを制限される環境の
不便さは、それらが生み出している価値
そのものから来るんだ。それが大きい、
=漢字を道具としてうまーく使えてる。
 もちろん、日本語としての漢字のルールは
オリジナルの環境であった「古代の」漢語
そのものとは、しばしば相容れないもの。
意味も内容も違いはあって、古代のを
そのまま持ってきても不便なだけだ。

 各宗教・各言語・各地域での各象徴の意味は、
それぞれの地での「身内びいき」などの影響も
あって、かなりの違いもある。それでも、その
「情報体系としての語義・論理的定義・権限
 (個々の用語の適用範囲や力量)正当性」
=正義に関しては、大きな違いはないんだ。
 これは、個々の同朋集団内の・敵味方で違う
他から見て同類=集団を構成する人数として
カウントされるという「等価交換の同等性」が
力・善・忠・情の徳=VIRTUE=善のイデア
=「相殺復元の天秤の数量的価値計測」
に従う、正義とは独立した価値だから。

 道具としての効果対費用は、美(太った羊)、
または他の感覚を近似評価して経験にする
達成(目的到達と多次元成功進行尺度)
のイデアによる手段としての評価尺度、
局所環境適応性=道理で、また別だ。
→他に適さなくなってもいいからこその効率化で、
多数派・強大な勢力を贔屓する事で成り立つ。

683 :神も仏も名無しさん:2009/07/31(金) 07:47:42 ID:V+c6Jutt
 釈尊はその固有最優先価値の実現の為に
その価値観と同じ起源を持つ残る三系統、
古代エジプトで言うカー=古代ギリシャ
(または哲学用語)で言うイデアの
善や美への偏りを防ぐために、
義のイデアを重んじたんだ。

 古代エジプトではラー(システムとしての王)
のカー(イデア)としてマートを尊重していた。
 このマートには真理の意味もあるけど、
 基本的には正義、特に社会正義だ。
「それぞれの名前で呼ばれる物が
 その本物で在り続けること」、だ。
 何者もその名前が示す通りのものであり
そこから期待される手段や努力で得られ、
あるいは問題を解決できて、そうすれば
期待通りの価値を「相互関係を通し」
(これが一番重要)実現してくれる。
皆、本物であれば居場所も価値も実現できる。

 …それは理想だ。しかし実現すべき理想だ。
人はその義=裏打ちの提供・貸しを与えて、
そこからの権=裏打ち・借りでささえあう。
字や語が互いの配列で文を創るように
有言の素材が無限の可能性を産む。
「代わり」はない。使い分けに命が宿るから。
 閉ざされた完全を捨て義=対他相互関係を
重んじた(特化した)アナトリアの新しい体系、
それ自体が「本物の」愛や自由などの義、
「同じもの似ているものどうしではない」
「代わりが効かない・道具ではない」、
「正義という価値の為の体系」ではあるんだが。

684 :神も仏も名無しさん:2009/07/31(金) 08:05:39 ID:V+c6Jutt
 力・善・忠・情のような明暗・白黒・価値上下関係、
他の価値を犠牲=代価に求める価値ではなく。
(例えば、自在天=戒律やカ−ストではなく)
まして、相殺=順序=必然=因果応報の
一部分である原因(力)=天魔や
結果(善)=無明ではなく。
 単純化=恐怖の天秤の両手=一次元の関係で
破壊された人間としての人や他とのつながりを、
あらゆる関係性のパターンを甦らせることで、
善のイデア・自在天そのもの、その価値も
可能性も甦らせる事で、それらにとって
移行に使うリセット=一般性も甦る。
 空(各関係性パターン)のリセット、あえて言うなら
「一般性のイデア」である虚空会の釈迦如来は、
釈尊個人の最上位価値観にして最大機能、
また人類全てが持つ柔軟な可能性だ。
立正安国論にある日蓮版虚空会や
タロットの対応星座では「全天を載せた大きな船」だ。

 人類は自らの全ての可能性を甦らせる事が出来る。
いいかえると、あまりにも多くの可能性を失っている。
それは相互関係の様々なパターンを使いこなせず
結局は「全知全能」=「恐怖」=「単純上下関係」
だけが残ってしまう―これが他の関係性には
必要な複雑性を破壊してしまうためもある。
 しかし、最大の理由は、使い分けができなければ、
今利用している関係性の体系=空が何であるか
自覚できなければ、情報環境の混同・混濁に
よって明暗以外の違いが失われるからだ。
自在天=善のイデア「だけ」環境への
劣化は結果であり、環境劣化の原因ではない。
1)義の力を取り戻し、2)正義として甦らせるんだ。

685 :神も仏も名無しさん:2009/07/31(金) 08:23:33 ID:V+c6Jutt
1)義の力を取り戻さなければ、自在天(善のイデア)、
 権力経済力や善や忠義や情動(感情)は単なる
 恐怖であり自己犠牲はその生け贄でしかない。
2)正義=特色そのものも個々の「善」=(色々ある)
 「身内・味方(だけ)の価値観」の一つであって、
 内部同等性・評価体系によって実現される。
3)罪であれ邪悪であれ正義に反する偽物と
 戦える力は義に依るものだけであって、
 美のイデア=知恵(道理・常識)・経験(環境適応)
  ・テクニックは手段としてしか役に立たないし、
 善のイデア=知能(データ量)や同類の頭数などは
  義のイデアの重要性を相対的に劣化させる。
4)邪義と正義の違いは期待される本物であるか、
 つまりそれと見分けがついているか、本来の
 あるべき場所におさまっているかの違い。
 義=配列の枠組(正義の、空=イデア)
 そのものにも、それを実現する中味
 =実体にも違いはない。関係=配列の違いだ。

なぜなら、「色」は性質・傾向性(角度)「かたち」や
 規模などの「大きさ」とは独立してはいるが、
 (般若心経にもあるように)「空」=イデア
 =各種同等性であって、言葉で言えば
 形容詞類として括れるものだからだ。
※和語やインドには対応語がない為、翻訳不可能
 通称・小乗経は個々の(実際には同時に使われる)
素材を同時にはいくつも登場しないように、また、
対他関係はもちろん個人の内界でも当然の
(虚空会などでの※)素材の機能分類型や
規模程度とは独立の互助関係文脈と
独立した「色」、イデア毎配置の使い分けが欠落。
 ※世界樹の十干十二支 (←小乗ではこの順だけ。

686 :神も仏も名無しさん:2009/07/31(金) 08:42:51 ID:V+c6Jutt
イデア毎配置(循環順序)がひとつのイデアだけ
=各種同等性による各種相互関係空間・空
(イデア)のうち相互変換に使う一般性の
=釈尊の尤も重んじるイデアがない、
登場する機会さえない=つまりは
小乗経は釈尊随自為ではない。

=大乗を否定する小乗は反釈尊の法であって
日蓮が相手の教義に含まれる正当性だけで
相手の「法華経を否定する教義」を否定した
史実が示すように(妄想を持ち出すなよ?)
正義・特色を表現できるという理由だけで、
各地が独立採用したアナトリア象徴体系

(=仏教では虚空会)を否定して、それを欠く
(から棄てられた)インド等の「現状」を研究
・記述した体系「だけ」にすがり続けるなら、
それは仏法・釈尊(釈迦如来)だけでなく
人類全てにとっての正義・自由・愛…を
破壊する邪宗であり邪教でしかない。

人はもう先に進んでいる、足は引っ張らせない。
私は私を超えられる未来が現れることを信じ、
過去(過来)を継ぎ、また打ち破る為にいる。
アナトリア系固有の三時制の象徴=用語で
その「決意=対自定義」をどう呼ぶのかは
…ご想像の通りだ。「如来」とは、定義(正義)だ。

「なる・すでになった者が過去にある」んじゃない、
「やる・そうあろうとする者が現在もいる」んだ。

それ以外の如来はない。

687 :神も仏も名無しさん:2009/07/31(金) 09:02:09 ID:V+c6Jutt
…ところで日蓮の命を救った地方医薬の伝統が
与党と医師会の圧力で破壊されそうなんだが。
かつて救急現場医療=救命に強く反対した
「あの」日本医師会が、安価※で歴史が
安全と有用性を証明した民間医薬を
根こそぎにしようとしているんだ。
※保険から出ようと結局は国民の出費。
本物のユニセフから「偽物=死刑宣告」された
偽物のユニセフ・日本ユニセフなんちゃらを
叩くのは必要だが後でもいい、日蓮の恩、
田舎に住む金持ちではない人々=君と
君の隣人の、先祖と先祖の隣人の恩、
そして子供達の未来が壊される…!
まずは日本医師会の抵抗勢力と戦うんだ、
どの党もこれに積極的ではないからこそ
どこでもいい、圧力を掛けられる党は
どこでも圧力を掛けて従わせるんだ。
公僕を雇ってない者=税金を払っていない
者は、消費税等のお陰?で存在しない!

人気取りの少数の派手な手術など大多数の
生命や幸福にとって何の価値もないはず。
よくある病気気味の状態を、少しだけ
無理のない方法で改善するのが大事なんだ。
宗教も医療も奇跡ではない、現状を前提に
少しでも理想を実現していくことが大事だ。
今あるそのままと比べてどれだけ良くなるか?
何ができるか?善を成す者に報いることは、
悪を成す者を罰するよりも先にすべきだ。
「壊れてからでは高くつく」というクールな効率
計算でもいい、大差ないからこそ各イデアは
お互いにライバルであり続けるんだから。

688 :今北産業風:2009/07/31(金) 09:12:48 ID:V+c6Jutt
かつて日蓮を、そして今ではSARSや新型インフルエンザの
患者を高熱から救ってきたパチュリーを日本医師会が
我々から取り上げようとしているんだ!

aKYブラザーズ:
ωωω<「パチュリー!パチュリー!」

…本当にわかってる?

aKY:「あえて空気読まない」の略。

689 :神も仏も名無しさん:2009/07/31(金) 11:17:12 ID:Y7OWrl/v
ttp://www.geocities.jp/pandiani2006/bs042.jpg

韓国の強姦事件発生率は日本のおよそ8.5倍
韓国の暴力事件発生率は日本のおよそ22.4倍
韓国男子高校生の4割は痴漢経験あり
韓国男子高校生の3.7%は強姦経験あり

690 :神も仏も名無しさん:2009/08/01(土) 02:52:16 ID:4Jvxn5l6
所で坊さんは自分の寺だけではやってけないの?この間とある場所に仕事の面接に行ったらずーと昔知り合いだった坊さんが私の面接したんだよね。
私も面接しながら『似てる人も世の中いるんだなあ』
くらいにしかその時は思わなくて。
それまで携帯番号からの着信が二回ほど入ってたけど出ないしかけ直しもしなかった。結果、不採用だったけど電話切る前に
私に『一つだけ聞いていいですか?あの、僕のこと知ってますよね?』
と聞いてきた。
私は一応『しらない』と言っといたけど。
人を不採用にしといて何を言ってるんだよ?って思いました。

691 :神も仏も名無しさん:2009/08/01(土) 07:10:21 ID:nZ1JJASB
勧誘を受けて検索してここに来た初心者の方々へ

まずは勧誘被害のスレを読んで下さい。
ここから「勧誘被害」で検索すると一つだけスレが出ますからそこです。
勧誘手口も書いてありますので。
読めばこの宗教が
どれだけとち狂って矛盾だらけなのか解りますから。絶対に入信してはいけません。人を脅してお金をとる醜い集団です。

692 :神も仏も名無しさん:2009/08/01(土) 09:31:04 ID:4Jvxn5l6
いや?勧誘なんて今まで一切受けたことありませんが?
『死んだら無』と言うので…。

693 :神も仏も名無しさん:2009/08/01(土) 10:17:00 ID:nZ1JJASB
勧誘を受けた人宛だから。仏法や日蓮大聖人、浅井先生がどうのと勧誘が多発しているのは事実です。断ったにも関わらず相当しつこいです。
悪質かつ、勧誘下手な馬鹿ばかり。皆さん騙されないで下さい。

694 :神も仏も名無しさん:2009/08/05(水) 17:32:26 ID:B1/JgdwD
【芸能】酒井法子が長男とともに行方不明、全国に捜索手配…4日夜に山梨県身延山付近で電波を確認、再び途絶える★85
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1249458957/

覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで夫が逮捕された
歌手で女優の酒井法子(38)が3日から10歳の長男とともに
消息不明になっている問題で、酒井の携帯電話の電波が
山梨県の身延山付近で途絶えていることが5日、分かった。

警視庁などの調べによると、酒井の携帯電話は夫の逮捕以後、
電源が切れたままだったが、4日夜に電源が入ったのが確認されたという。
発信地は身延山付近で、その後電波は再び途絶えており、
電源が切られたか、電波の圏外地域にいるかは不明という。

捜査関係者によると、酒井の夫で自称プロサーファーの高相祐一容疑者(41)が
3日未明に渋谷区の路上で現行犯逮捕された際、酒井は近くに止めてあった
自動車の車内にいたという。しかし、その後、行方が分からなくなっている。

所属事務所、サンミュージックの相澤正久社長(60)は、
酒井と連絡が取れないため前日、親族が警視庁赤坂署に捜索願を出したことを明かしている。


695 :神も仏も名無しさん:2009/08/07(金) 16:28:09 ID:s9GHlL6K
日蓮宗の総本山は身延
まだその付近に滞在してるのかな

696 :神も仏も名無しさん:2009/08/10(月) 12:53:18 ID:Och6Uf5z
>>693
顕正会被害スレに誘導してやりゃいいだろが。馬鹿かお前は


697 :神も仏も名無しさん:2009/08/27(木) 19:45:24 ID:NLpliJsQ
日蓮正宗なら功徳ザックザク!
ぜひいらしてね!

698 :神も仏も名無しさん:2009/09/10(木) 21:05:26 ID:2CTf97ec
顕正下位なら仏罰ザックザク!

699 :神も仏も名無しさん:2009/09/12(土) 15:39:44 ID:ySDLkYMk
助けて池田先生

700 :神も仏も名無しさん:2009/09/14(月) 20:45:26 ID:n/c2DY8w
弘安二年の大御本尊の御図顕が大聖人の出世の本懐なのに。大御本尊への信心が即身成仏の本願力なのに。
日蓮諸宗の信徒のみなさんは、身延・一致・不施 らの高僧の己義を信じてはいけないよ。

701 :hage ◆hage6/00M2 :2009/09/14(月) 21:06:22 ID:L49aZBVq
>>700
どうして弘安二年の大御本尊の御図顕が大聖人の出世の本懐だと言われているかご存知ですか?


702 :神も仏も名無しさん:2009/09/15(火) 11:28:03 ID:60HEXcm8
「幼児の朝鮮風蒸し焼き始めました」パチ屋は店にこのノボリ建てとけ

703 :神も仏も名無しさん:2009/09/16(水) 08:20:57 ID:ZPNHzGoa
はじめまして。日蓮正宗について教えて下さい。

704 :神も仏も名無しさん:2009/09/16(水) 14:35:11 ID:ZPFxxh+g
>>700
大聖人自身が「久遠元初の自受用身」の再誕あると悟られ、末法の一切衆生を成仏せしめんが為に、神力品で上行菩薩として付ロ属された、本門寿量品の肝心・正像未弘の大法、事の一念三千の本尊を建立されたため。

705 :神も仏も名無しさん:2009/09/16(水) 16:07:58 ID:ZPFxxh+g
>>703
大聖人より唯一、大御本尊とこの法門の奥義を相承された日興上人が、地頭波木井実長が日向に軟化され幾度の謗法を冒し、諫めを聞かないので、身延山を離れる。
南条氏の請いで駿河下条に移った上人は、大石が原に本寺を建立。
そして興祖は日目上人に相承され、本門戒壇建立を託される。
↑これを引き継いでいるのが富士門流の日蓮正宗。
正宗の名は、邪義を構える身延派などと混同を起こさないため。


706 :神も仏も名無しさん:2009/09/16(水) 16:14:21 ID:wcQhk1Pf
何のために六老僧を定めたんでしょうかね?

707 :神も仏も名無しさん:2009/09/16(水) 21:22:41 ID:hw2ynFT1
日蓮上人は偉大だと思うけど、本仏論は無理があるのではないでつか?

708 :神も仏も名無しさん:2009/09/16(水) 23:29:04 ID:ZPFxxh+g
>>707
すんごく簡単に言うと、
本仏は
垂迹して釈迦とあらわれ、衆生に仏の境地、衆生も成仏できると説き、成仏の法を上行菩薩に付嘱し末法に流布させるという形で予告し、
末法に凡夫の日蓮と生まれ出でて、すべての衆生を成仏せしめんが為にその妙法を顕したもうた。
竜の口法難で「聖人は横死せず」を実証されたので仏ですよ。

709 :hage ◆hage6/00M2 :2009/09/17(木) 07:33:41 ID:hL8aNiIH
>>704
日蓮聖人が残された御本尊は沢山ありますが、
どうして弘安二年の大御本尊だけが日蓮聖人の出世の本懐だと富士門では言われているかご存知ですか?


710 :神も仏も名無しさん:2009/09/17(木) 17:07:17 ID:cYAJ4cZ/
>>709
広宣流布の暁に、本門寺の戒壇に安置されるべき一閻浮提総与の御本尊だからでしょ?
寺院・信徒に各々下附された御本尊もそこへ帰するわけで…

711 : ◆hage6/00M2 :2009/09/17(木) 19:35:51 ID:C2CA5lZm
>>710
一閻浮提総与の御本尊っていうのはどこから出てきたんですか?
日蓮聖人がおっしゃっているのですか?

712 :神も仏も名無しさん:2009/09/17(木) 21:25:49 ID:cYAJ4cZ/
>>711
聖人御難事に「仏は四十余年・天台大師はは三十余年・伝教大師は二十余年に出世の本懐を遂げ給う、其中の大難申す計りなし先先に申すがごとし、余は二十七年なり其の間の大難はかつしろしめせり」と弘安二年建立の大御本尊が本懐であると示され、↓

713 :神も仏も名無しさん:2009/09/17(木) 21:44:33 ID:cYAJ4cZ/
↓日寛上人の観心本尊抄文段上に「就中(ナカンズク)弘安二年の本門戒壇の御本尊は究竟中の究竟・本懐中の本懐なり、既に是れ三大秘法の随一なり、況や一閻浮提惣体の本尊なる故なり」の述べられています。


714 :hage ◆hage6/00M2 :2009/09/17(木) 21:51:44 ID:qTxIBeBJ
>>712
仏様の出世の本懐とは何ですか?
天台大師の出世の本懐とは何ですか?
伝教大師の出世の本懐とは何ですか?


715 :神も仏も名無しさん:2009/09/17(木) 22:26:29 ID:cYAJ4cZ/
>>714
釈尊の出世の本懐は
「妙法蓮華経如来寿量品第十六の説法」
天台大師の出世の本懐は
「摩カ止観の説法」
伝教大師の出世の本懐は
「法華経迹門の戒壇建立」

大聖人の二十七年とは、建長五年の立宗宣言から弘安二年の間。

716 :hage ◆hage6/00M2 :2009/09/17(木) 22:31:45 ID:qTxIBeBJ
それでは、仏様はいつから四十余年?
天台大師はいつから三十余年?
伝教大師はいつから二十余年?

717 :神も仏も名無しさん:2009/09/17(木) 23:52:09 ID:cYAJ4cZ/
釈尊は始成正覚から
天台大師は大蘇開悟から
伝教大師は南都六宗を帰伏せしめてから

718 :hage ◆hage6/00M2 :2009/09/18(金) 07:03:03 ID:X4DVW8fY
>>717
聖人御難事にはどのような内容の事柄が書かれていますか?
現代語訳してくれませんか?

719 :707:2009/09/18(金) 22:57:17 ID:dao3uTl0
>>708
簡単過ぎて釈然としないのですが、日蓮聖人自体、『自分は本仏である』との自覚はあったのでしょうか?
何か『日蓮本仏論』自体が、単なるこじつけのように思えてなりません。

釈迦仏は二千年後の末法まで予言したのに、僅か数年でバラバラになっしまう
六老僧を指名した見通しの暗さが人間の域を出ていない様に思えてならないからです。

720 :神も仏も名無しさん:2009/09/18(金) 23:39:14 ID:4NWvDfPR
>>719
大曼荼羅は中央首題に「南無妙法蓮華経」その直下に「日蓮 花押」と大書されている。→中尊
釈尊は脇に小さく書かれている。→脇士

「観心本尊抄」
其の本尊の為体(ていたらく)中略塔中の妙法蓮華経の左右に釈迦牟尼仏・多宝仏

此の時地涌千界出現して本門の釈尊を脇士と為す 一閻浮提第一の本尊、此の国に立つべし

※地涌千界とはこの場合上行菩薩

「報恩抄」
日本乃至一閻浮提一同に本門の教主釈尊を本尊とすべし
所謂(いわゆる)宝塔の内の釈迦・多宝、外(そのほか)の諸仏並びに上行等の四菩薩脇士(きょうじ)となるべし

※本門の教主釈尊とは本因妙の教主釈尊(日蓮大聖人)。
同じ御書の本尊の説明に「教主釈尊」(本尊)と「宝塔の内の釈迦」(脇士)と二人の釈尊が出てくれば解釈は「※」以外にない。

「御義口伝」
無作の三身とは末法の法華経の行者なり 無作三身の宝号を南無妙法蓮華経と云ふなり

※宝号=仏の名

> 僅か数年でバラバラになっしまう六老僧を指名
六老僧の上首は日興上人、唯授一人の血脈は御当代まで続いている。師敵対の五老僧にしたところで最後まで改心が
なかったのは日向、日持の両師。日昭上人は検討の余地がある。

721 :hage ◆hage6/00M2 :2009/09/19(土) 00:21:06 ID:AsFojkdN
>>720
それはちょっとこじつけの解釈ですね

722 :神も仏も名無しさん:2009/09/19(土) 08:54:55 ID:t9oPeNlZ
>>721
「観心本尊抄」には
> 末法に来入して始めて此の仏像出現せしむ可きか
大曼荼羅を「仏像」とも表現されています。
「本尊問答抄」
問うて云く末代悪世の凡夫は何物を以て本尊と定むべきや 答えて云く法華経の題目を以て本尊とすべし

本尊は大曼荼羅で大曼荼羅は仏像でもあります。
仏像の「中尊」は「脇士」で判別します。(観音と勢至が脇士なら中尊は阿弥陀)
脇士が釈尊と多宝如来で中尊が法華経の題目としているのが大曼荼羅です。

釈尊と南無妙法蓮華経は同じですか?違いますか?
大曼荼羅の相貌が「南無妙法蓮華経 釈尊(釈迦牟尼仏)」ではなく「南無妙法蓮華経 日蓮 花押」の理由は何故ですか?


723 :神も仏も名無しさん:2009/09/19(土) 13:20:56 ID:0JYuCOAI
明日から静岡

724 :神も仏も名無しさん:2009/09/19(土) 17:17:07 ID:y/eJGUOo
>>719
706だす。最後の一行、まさにその指摘通り。
私はそこを端的に指摘しました。

725 :神も仏も名無しさん:2009/09/19(土) 18:27:42 ID:bYDfdTIp
>>724
六老僧は六人の上老ということですよね。
この弟子の次第の取り決めというのは、あくまで大聖人の御化導を受け、
実際に受戒したことを認めるということです。

それは、このトップの六人が、大聖人御入滅後に御意に違わず護法弘経することが出来る。という意味ではありません。
それが出来るならば、六人全員に対して相承もなされたでしょうし、広宣流布も速いはず。

しかし、大聖人は日興一人を選ばれて相承されました。
他の五老は法難に屈し退転してしまったり、天台の一派と名乗ってみたり、己義を構えて勝手な流派をたてたりしました。
でもこれも「此経難持」大聖人の仏法を正しく受け継ぐことがいかに困難であるかを示す立派な実証ではありませんか?


726 :神も仏も名無しさん:2009/09/19(土) 18:56:09 ID:bYDfdTIp
>>719
大聖人は、自らが本仏であるご内証はありました。
百六箇抄(血脈抄)に「久遠名字より已来(コノカ)た本因本果の主、本地自受用報身の垂迹 上行菩薩の再誕・本門の大師 日蓮詮要す。」
と、その立場を示されています。


727 :神も仏も名無しさん:2009/09/19(土) 19:03:16 ID:t9oPeNlZ
>>724
> 六老僧を指名した見通しの暗さが人間の域を出ていない様に思えてならないからです。
これ?
日蓮系諸宗派は宗祖を上行菩薩としている。法華経にのみ説かれる上行菩薩の再誕。
当然、普通の人間とは違う。

仏は三世を見通す。五・一の相対も勿論あらかじめ見通しての本弟子選定となる。

「身延山付嘱書」(弘安五年一〇月一三日)
> 背く在家出家共の輩は非法の衆たるべきなり
「日興遺誡置文」
> 時の貫首為りと雖も仏法に相違して己義を構えば之を用う可からざる事
末法万年を見通しての御遺誡がちゃんとある。
※日蓮本仏論を教義とする教団には偽書説はないから文証となる。

本弟子序列も「不次第」とし入門の逆から本弟子の名前が列挙されている。(宗祖御遷化記録)
本弟子の上首・日興上人が
> 御弟子悉く師敵対せられ候ひぬ
> 日興一人本師の正義を存じて本懐を遂げ奉り候べき仁に相当つて覚え候へば本意忘るること無く候
(原殿御報)
日蓮大聖人の正義は法灯連綿と日蓮正宗に伝わっている。


728 :神も仏も名無しさん:2009/09/19(土) 19:08:19 ID:bYDfdTIp

そして当然ですが、日蓮その人は人間です。人の子として生まれ、人の姿形、思考、感情、脳や臓器の働き、身体能力を持ち、人間が食べるものを召し上がり、睡眠もとられます。
発迹顕本・御入滅の際でさえ人の姿です。
あるがままの生命で法を説かれたのです。

では、大聖人の何が本仏であるか。
それは、大聖人の生命。凡夫として生まれたその生命そのものが、久遠元初の自受用身であるという究極の法門を悟られ、それを説き顕す使命を悟られたのです。


729 :神も仏も名無しさん:2009/09/19(土) 19:24:10 ID:bYDfdTIp
>>725の最後は、
仏意により、「獅子身中の虫、獅子を喰む」仏法は必ず内敵に破らるる原理を示されたもの。

の解釈が正しいかも。失礼。

730 :707:2009/09/20(日) 22:32:38 ID:WaxWdHti
>>726
上行菩薩というのは末法における釈迦仏からの御使いと云うことではないのですか?

731 :神も仏も名無しさん:2009/09/22(火) 01:32:55 ID:7Fy764Wa
経文上はその通り。
しかし、末法においては南無妙法蓮華経が成仏の根源である事を基に教典を拝さないと仏意を見失うのです。
涌出品では、上行ら地涌の菩薩は釈尊の直弟と説かれますが、釈迦仏法が白法隠没すると説かれた末法に、釈尊の教えを受け継いで法を説いたとしても、その法は効力が無いことになってしまいます。
釈尊は、五百塵点劫本果第一番成道を説き、それ以前の成仏に至る修行(本因妙)については明かしませんでした。
その修行を、上行菩薩の再誕、竜の口での発迹顕本、本地自受用法身の再誕と顕れ、その御振舞いをもって明かされたのは大聖人。


732 :神も仏も名無しさん:2009/09/22(火) 05:38:15 ID:4rlBEh+v
五百塵点劫は単なる喩え話では?釈尊が悟った時とする根拠はどこにありますか?

733 :神も仏も名無しさん:2009/09/22(火) 09:51:00 ID:3dSyGBWa
>>730
法華経には、まず、舎利弗が、華光如来となり、入滅すると、堅満菩薩が華足安行如来となるとあるが、上行菩薩が本仏どころか、仏となる時期などかかれていない
つまり、あくまで、菩薩
普通に読めば、上行菩薩が如来になるのは、華足安行如来以降
日蓮在世は像法
よって、日蓮は上行菩薩ですらない

734 :神も仏も名無しさん:2009/09/22(火) 11:03:24 ID:jKNKhxbe
初心者質問です。

千葉に日蓮系の本部がある山はありますか?

バスの中でお経を流しながら、ツアーがあると言われました。

735 :神も仏も名無しさん:2009/09/22(火) 21:18:30 ID:7Fy764Wa
>>732
五百塵点劫に仏になったと説くことで、仏が達悟した三世常恒の生命の永続性を具体的に時間を示したものです。
その根底では、五百塵点劫よりも始めの久遠元初の自受用報身如来の悟りが釈迦仏を成仏せしめたと理解すべきです。↓


736 :神も仏も名無しさん:2009/09/22(火) 21:32:11 ID:7Fy764Wa
↓大聖人は、三世諸仏総勘文抄に「釈迦如来・五百塵点劫の当初(ソノカミ)・凡夫にて御坐せし時 我が身は地水火風空なりと知しめて即座に悟を開き給いき、
後に化他の為に世世・番番に出世・成道し在在・処処に八相作仏し王宮に誕生し樹下に成道して始めて仏に成る様を衆生に見知らしめ四十余年に方便教を儲け衆生を誘因す、
其の後方便の諸の経教を捨てて正直の南無妙法蓮華経の五智の如来の種子の理を説き顕して」
と自受用報身の境涯、釈迦仏の寿量品・五百塵点劫成道の説法までの次第を示されています。


737 :神も仏も名無しさん:2009/09/22(火) 22:22:30 ID:7Fy764Wa
>>733天台宗の方?
"上行菩薩が本仏どころか、仏となる時期などかかれていない"
↑当然です。
明かしません。釈迦が上行を本仏であると説いたら、衆聞は釈迦への帰依をやめてしまうでしょうし、
地涌の菩薩の上行は寿量品とその前後二半の説法を付嘱されるために召し出されたのであって、
本仏からの垂迹、迹仏である釈迦仏が、本仏・三大秘法の末法出現の象徴である上行に授記する必要性はありません。

"日蓮在世は像法"
釈迦在世の考証でそのような研究がされていますね。ホントはどうなんでしょうねぇ?
仏舎利のDNA鑑定すれば直ぐに判りそうですが。

738 :哲氏@求道者 ◆FVy0/WJrcA :2009/09/22(火) 22:27:21 ID:sN3QXdUZ
釈迦の生誕年代は二説あるからね
日蓮は「周書イ紀」という資料を基に年代など割り出したようだ
この本は佐渡流罪地においても携帯していたとある

739 :哲氏@求道者 ◆FVy0/WJrcA :2009/09/22(火) 22:30:09 ID:sN3QXdUZ
>>738訂正
×周書イ紀

○周書イ記

740 :神も仏も名無しさん:2009/09/22(火) 23:39:51 ID:wtSfHZkR
>>737>>738
>>733が現代仏教学に従い”日蓮在世は像法”と云うのはおかしいと知るべき。
その立場に立つなら法華経が説かれた年代に舎利弗はもう死んでいる。
法華経経文を引用するなら伝統解釈に従うべきなんですよ。
大聖人御出現は事相として末法。法華経に予証された上行菩薩の再誕で矛盾はない。

「「周書イ紀」→「周書異記」、この書は偽書。

741 :神も仏も名無しさん:2009/09/22(火) 23:47:36 ID:3dSyGBWa
>>737
釈迦が上行を本仏であると説いたら、衆聞は釈迦への帰依をやめてしまうでしょうし
釈迦への帰依をやめて、本仏へ帰依したら何か問題でも?
どのみち、日蓮本人が言っただけで、新興宗教の教祖が、私は仏と言ってるのと大差なし
信じるのは自由だけど、他宗派の信仰者には通用しないって話し

742 :神も仏も名無しさん:2009/09/22(火) 23:50:14 ID:QMEmQle5
                  /〜〜〜 皇国の興廃
            ∧_∧  /  ● /   この一戦にあり
           (・ω・´ ) /〜〜〜    瑞穂の国を愛する
           (    つ         国民たちよ団結せよ
             Y  ノ、            日本人の怒りを 
            (_)J             見せてやろうぞ

   【外国人参政権断固反対!全国リレーデモ開催中】

   9月13日は北の大地「札幌」で雨に負けないデモ行進
   9月20日は三英傑を生んだ「名古屋」で前回を上回る威風堂々の大行進
   次の決戦地は首都東京・秋葉原です!

9・27外国人参政権断固反対!『東京』デモ/秋葉原(ニコニコ動画で生中継予定)
【集合場所】秋葉原公園※出発および解散地になります
13:30集合 13:45デモ出発 14:45デモ解散
【デモコース】
秋葉原公園発 - 昭和通り - 神田明神通り - 昌平橋通り - 万世橋交差点 - 秋葉原公園着

雨天決行
日章旗、プラカード持参大歓迎
特攻服など現場にそぐわない服装はご遠慮ください
当日は撮影が入りますので、顔を写されたくない方は帽子サングラスなどをご持参ください
   主催:在日特権を許さない市民の会
   http://www.zaitokukai.com/modules/news/article.php?storyid=270
10月4日(日)『福岡』天神 警固公園・10月10日(土)『大阪』新町北公園

743 :神も仏も名無しさん:2009/09/22(火) 23:56:23 ID:3dSyGBWa
>>740
>その立場に立つなら法華経が説かれた年代に舎利弗はもう死んでいる。
だったら何?
ちなみに、舎利弗はまだ、生まれてないだろ?
それとも、法華経は釈迦滅後、数百年後に説かれたことを言ってんのかな

744 :神も仏も名無しさん:2009/09/23(水) 00:10:50 ID:WetPbtyp
>>740
>現代仏教学に従い〜おかしい
>法華経経文を引用するなら伝統解釈に従うべきなんですよ
そんなこと言うなら、上行本仏なんて、法華経の伝統解釈じゃないので、日蓮系は法華経経文を引用するなというような話し
もう少し考えてレスしてね

745 :神も仏も名無しさん:2009/09/23(水) 00:19:15 ID:WetPbtyp
日蓮系はを、上行本仏、日蓮本仏論の宗派は、に訂正

746 :哲氏@求道者 ◆FVy0/WJrcA :2009/09/23(水) 00:35:39 ID:IG6bmf0N
>>744
法華経寿量品の「文底秘沈」を外したら話しにならない

747 :神も仏も名無しさん:2009/09/23(水) 04:11:07 ID:r9WsUXV1
経典によっては末法も否定されているというのに
末法思想に立脚している時点で限界点を見るなぁ。。。


748 :哲氏@求道者 ◆FVy0/WJrcA :2009/09/23(水) 07:28:36 ID:IG6bmf0N
末法というのは歴史的に何度か言われてきたが
要は白法が隠没する時ということ

それによって人心が乱れ国土が荒廃する
日蓮が在世中の鎌倉は時代は当にそういう時代だった



749 :神も仏も名無しさん:2009/09/23(水) 07:55:40 ID:r9WsUXV1
隠没とは、一時的に隠れ没することであって
それ以降永遠に滅す事ではないんだけどねぇ

750 :哲氏@求道者 ◆FVy0/WJrcA :2009/09/23(水) 08:58:21 ID:M7rv42Y/
末法とは白法(釈迦の正しい教え)が効力を失う時をいう

大集経に「白法隠没」すると載っている

751 :神も仏も名無しさん:2009/09/23(水) 09:48:13 ID:WetPbtyp
法華経に、華光如来、華足安行如来の滅後、正法、像法が32小劫づつとある
つまり、末法は永遠ではない
それに、仏が世に現れ仏として法を説いた後、正法がはじまる
つまり、正法とならず、末法がつづいているのなら、日蓮が仏でないか、仏となるべく生まれたが、仏になれなかったか、正しい法を説いてないかだ
末法がつづいているというなら、せいぜい、上行菩薩は仏ではないが、末法に次に仏が現れるときまでのために法を説いたとするのが妥当だろ

752 :神も仏も名無しさん:2009/09/23(水) 10:17:27 ID:WetPbtyp
釈迦の入滅が五百年ずれていたというのが定説になって
日蓮在世は事相において末法なんて聞くが奈良から平安への遷都の要因として仏教界の腐敗があるように
そもそも、釈迦族も正法の時代に滅ぼされたというし、事相においては正、像、末は数年から数十年単位で目まぐるしく繰り返している
戦国時代のほうが事相の末法に相応しいだろうし、
実際の末法突入の江戸時代の列強による帝国主義、覇権戦争の時代、産業革命による社会の変容こそ末法であり、鎌倉時代は奈良、平安の末期と大差ない、

753 :つきみ ◆5izEvL3bjE :2009/09/23(水) 10:19:17 ID:gD2PLqVq
哲。
法華経で釈迦の次に仏に成るのは誰か知ってる?
このシャバ世界で。

754 :哲氏@求道者 ◆FVy0/WJrcA :2009/09/23(水) 14:42:35 ID:IG6bmf0N
>>740
>「周書異記」、この書は偽書。

その根拠は?
この周書異記という本は7世紀に書かれたものだが
現存はしていない、偽書だとどうして分かるのだろうか

755 :哲氏@求道者 ◆FVy0/WJrcA :2009/09/23(水) 15:00:22 ID:IG6bmf0N
>>751
末法が永遠とは誰も述べていないでしょ
末法万年・・つまり末法の年期を一万年という説
中国の仏教史でも末法だと騒がれていた時代があった

実際はそう言う状況を末法というのだろう
日蓮は末法に妙法が「万年の外・尽未来際」まで流布するとしている


756 :神も仏も名無しさん:2009/09/23(水) 22:32:34 ID:r9WsUXV1
>>750
大集経の一部と法華経しか読んでないんだね
一切経を読破することをお勧めするよ

隠没の正しい意味もそれではじめて理解できる

757 :神も仏も名無しさん:2009/09/23(水) 23:23:06 ID:I9EFAE9G
>>756
貴方は一切経を何回読破しましたか?
一回の読破にかかった年数も教えてください。

758 :神も仏も名無しさん:2009/09/24(木) 11:23:55 ID:q0CeBRZ2
法華経全品を読んで理解しようなんてことは、止めなさい。
日興上人曰く「一には此の経の謂れを知り、二に正業を妨げず、三に折伏を碍えず云々。運末法に居し根機漸く衰う。有識の君子能く之を思量せよ。恐らくは三事相応の人無きか。」
相伝も受けていない人が法華経の一つ一つの文句について通解しようとしても真意は読みとれません。
大聖人の本尊への信心もない人は経文上の文言に囚われて、
「…非現実。ありえない。」
で終わっちゃいますよ。
(学会教学部が現代語訳とか英訳を一般向けに出版したのは大変危険なこと!!)


759 ::2009/09/24(木) 19:41:45 ID:5DhfTTe3
釈迦が入滅した年代に幾つかの説がありますが、この説によっては
正・像・末の次期に影響がでてきますね
現在では「衆聖天記」によるBC566年と中村元氏のBC383年説が有力だと思いますが
皆さんはどの説が正しいと思っているのですか?
これによって正・像・末の時期が変ってきますね、良ければ参考までに教えてください
後の五百歳は



760 :つきみ ◆5izEvL3bjE :2009/09/24(木) 19:59:28 ID:GcyB2W85
法華経読まないんだね。みんな

761 ::2009/09/24(木) 20:18:42 ID:5DhfTTe3
>>758
危険という見方であれば国内でもそうでしょう
法華経自体が釈尊の悟りの胸中を述べているとし、
それを理解出来ない者が読めば御伽噺で終わるのでは?

西洋では聖書(旧約)が昔から出回っているので非現実的な話はなれていると思いますよw

762 ::2009/09/24(木) 20:24:39 ID:5DhfTTe3
法華経は28品で一つの雄大な物語を表しているので
起床転結を見るのであれば一度は全品読むのはいいかもしれない


763 :つきみ ◆5izEvL3bjE :2009/09/24(木) 20:29:45 ID:GcyB2W85
法華経を読まずに南無できるかい?

764 :つきみ ◆5izEvL3bjE :2009/09/24(木) 20:39:53 ID:GcyB2W85
>>753の答え。
法華経の授記を調べてごらん。様々な仏国土が語られる。
ただ一人だけ「この土において」と語られた人。
後の法明如来だよ。
少しは法華経嫁。

765 ::2009/09/24(木) 21:24:04 ID:5DhfTTe3
>>763
法華経の肝心は寿量品にあるから読誦は方便品と寿量品だけ

>>764
諸仏が説かれているのは知っている
だが月見は法華経を本とシャクに立て分けていないのかね?
末法に入った現在では権仏は意味を成さないというのが日蓮系の捉え方なんだよ
日蓮宗以外は日蓮を末法の御本仏と位置付けているんだな

たぶんここの人は日蓮宗と他宗の人じゃないかな?

766 :神も仏も名無しさん:2009/09/24(木) 22:21:08 ID:q0CeBRZ2
日蓮正宗の教学では文証として爾前経・法華経の文言を引きます。あくまで大聖人・日興上人のご教義の依文として用いるのみです。
私は南無妙法蓮華経へ帰依していますから、経文は説明、裏付けの存在。

767 :神も仏も名無しさん:2009/09/25(金) 14:14:59 ID:IeAPUNOP
695 :神も仏も名無しさん:2009/09/22(火) 01:11:35 ID:2GS4JncP
ローマ法王が創価学会に入ったらどうしますか?


696 :神も仏も名無しさん:2009/09/22(火) 18:57:15 ID:6DP8JQkb
>>695
くっだらない質問だけど答えてみる
破門されて、違う人が新しい教皇になるだけだから問題ないと思う


697 :神も仏も名無しさん:2009/09/23(水) 07:43:47 ID:X6kcekGH
>>695
信者数が10億人以上もいて
世界最大の宗教であるローマカトリック教会が、
たかだか、数百万人程度の信徒しかいない新興宗教の創価学会を
信仰するわけがない。


698 :神も仏も名無しさん:2009/09/23(水) 08:53:55 ID:RPK7Wkb2
>>695
池田さんは前教皇様に会いたがってようだけど、面会を拒否されてましたねw


699 :神も仏も名無しさん:2009/09/23(水) 09:01:30 ID:RPK7Wkb2
今後も教皇様が創価学会と会うようなことはないと思います。

768 :神も仏も名無しさん:2009/09/25(金) 14:44:19 ID:YzznTiNp
弥勒菩薩とはイエスキリストですか?
釈迦とイエスキリストと日蓮の出現時期に注目

769 :つきみ ◆5izEvL3bjE :2009/09/25(金) 17:56:02 ID:hzFdp7oE
>>765

>>763
> 法華経の肝心は寿量品にあるから読誦は方便品と寿量品だけ

主流の一致派は違う。

>>764
> 諸仏が説かれているのは知っている
> だが月見は法華経を本とシャクに立て分けていないのかね?

法華経嫁。


> 末法に入った現在では権仏は意味を成さないというのが日蓮系の捉え方なんだよ
> 日蓮宗以外は日蓮を末法の御本仏と位置付けているんだな

真逆。



770 :神も仏も名無しさん:2009/09/25(金) 18:19:01 ID:fAcjcAVy
>>769
一致派は主流とはいえない。
「月水御書」
> 常の御所作には方便品の長行と寿量品の長行とを習ひ読ませ給ひ候へ

法華経の本門と迹門には勝劣がある。
「治病大小権実違目」
> 法華経に又二経あり所謂迹門と本門となり本迹の相違は水火天地の違目なり
> 本迹を混合すれば水火を弁へざる者なり

> 末法に入った現在では権仏は意味を成さないというのが日蓮系の捉え方なんだよ
> 日蓮宗以外は日蓮を末法の御本仏と位置付けているんだな

「真逆」ではない。

771 :つきみ ◆5izEvL3bjE :2009/09/25(金) 18:29:03 ID:hzFdp7oE
一致派が主流なのは最大宗教法人日蓮宗がそうだなら、しょうがない。

真逆では無くても、富士門流以外に日蓮本仏なんていう流派はない。

772 :神も仏も名無しさん:2009/09/25(金) 18:52:56 ID:fAcjcAVy
宗教法人・日蓮宗は勝劣派、一致派の合同宗派。
例えば富士門流では北山本門寺は日蓮宗の大本山。

773 :つきみ ◆5izEvL3bjE :2009/09/25(金) 19:23:15 ID:hzFdp7oE
一致派優勢は変わらない。身延がそうだから。

774 :神も仏も名無しさん:2009/09/26(土) 12:07:51 ID:Ja8NNbyv
金村義明と堂島ロール 卑しい糞朝鮮人ネットワーク
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1238928437/

775 :神も仏も名無しさん:2009/09/27(日) 15:12:27 ID:MrS21WKv
>>766
>日蓮正宗の教学では文証として爾前経・法華経の文言を引きます。あくまで大聖人・日興上人のご教義の依文として用いるのみです。
それじゃあ、爾前経・法華経が同列のあつかいみたいだねぇ
正宗の文証は、正依、法華経、無量義経、宗祖遺文、日興・日有・日寛遺文で、
傍依が摩訶止観、法華玄義、法華文句だろ
爾前経は、そのものを文証にしてるのではなく、日蓮、日興、日有、日寛遺文に書かれている爾前経の文言を文証としているだけ
法華経、無量義経は日蓮等の遺文同様、正依だ
君の言いぶんが正しいなら、法華経等は傍依で、傍依に爾前経が入ってなきゃおかしい

776 :神も仏も名無しさん:2009/09/30(水) 05:04:58 ID:TGZx3big
>>759
アショーカ王(B.C.268-B.C.232頃)の年代は確定しているが、南伝では仏滅後約200年、
北伝では仏滅後約100年出世という違いがある。この辺は確定できていない。
なおB.C.10世紀という昔に中国や日本で行なわれた説は経典に根拠はなく、
「老子化胡」(老子がインドに現れて釈迦と称した)の説に対抗するために偽書を作って
老子よりずっと前にもって行っただけの捏造説。

777 :神も仏も名無しさん:2009/10/02(金) 12:06:01 ID:sow7hDFM
層化折伏大行進のころからだよ

778 :神も仏も名無しさん:2009/10/03(土) 23:30:17 ID:B3g6Ixsd
あまりにも偉大だったが為に、先師を本仏にしてしまった日蓮正宗ってこと。

779 :神も仏も名無しさん:2009/10/04(日) 10:21:33 ID:WPAJu/y/
仏教の本物は釈迦
日蓮は菩薩扱い

日蓮は主親身・・・の徳、、をみにつけているというだけ

780 :神も仏も名無しさん:2009/10/04(日) 16:09:27 ID:QsVBo462
>>779
主親身←意味不明
主師親を言いたいなら主師親の三徳を備えていれば仏

781 :神も仏も名無しさん:2009/10/15(木) 17:22:46 ID:wFlPFGz+
正宗のスレ無くなったのかね
後続スレ立てないのかな?

782 :神も仏も名無しさん:2009/10/15(木) 21:39:31 ID:opE+KSDt
http://orz.2ch.io/p/-/gimpo.2ch.net/psy/?t=%90%b3%8f%40

783 :神も仏も名無しさん:2009/10/20(火) 23:56:11 ID:zzzlBwyh
日蓮系カルト、急速に終わっているね。

784 :神も仏も名無しさん:2009/10/21(水) 06:03:29 ID:4vfihKwZ
禅系はとっくに終わっているな

785 :神も仏も名無しさん:2009/10/25(日) 22:58:02 ID:vIl4ARZV
池田会長の講演
http://www.sokanet.jp/sg/sn/PR/Movie/1226708954713
ガンジー記念館での講演(前半)
http://www.sokanet.jp/sg/sn/PR/Movie/1226708955020
ガンジー記念館での講演(後半)
http://www.sokanet.jp/sg/FWIM/sn/soka-info/achievements/library_02.html
第一回ハーバード大学で講演「ソフトパワーの時代と哲学」
http://www.sokanet.jp/sg/FWIM/sn/soka-info/achievements/library_01.html
第二回ハーバード大学で講演「21世紀文明と大乗仏教」


786 :神も仏も名無しさん:2009/11/06(金) 12:41:04 ID:mfZEhQDL
なぜ街宣右翼は日の丸切り裂き民主党に積極的な抗議活動をしないの?

787 :神も仏も名無しさん:2009/11/16(月) 01:24:29 ID:vlKP1WbG
>>784
座禅などの禅宗体験修行いがいと、流行ってるみたいやで

788 :ルカ:2009/12/21(月) 22:30:59 ID:EGyRoUU5
はじめまして
突然で申し訳ないのですが以前、青い龍という者が霊視をするスレがあったかと思いますが、
覚えている方はいらっしゃいますか?


789 :神も仏も名無しさん:2009/12/25(金) 14:47:56 ID:Lh08YHcU
現在の特別永住者(元協定永住者及びその子孫)は、現在の一般永住者とは違い、
韓国初代大統領李承晩が国際法を完全に無視して公海上に勝手に引いた李承晩ライン内に入ってきた日本漁船を、
漁船に擬装(ぎそう)した韓国武装船(不審船)に至近距離で警告なしに銃撃させて次々に拿捕し、
拿捕された日本船の数328隻、抑留者数3929人、死傷者数44人を出し、
拿捕した漁船は返還せず、銃撃による負傷者への治療を行わず(その結果亡くなった方もいた)、
取り調べが終わるまでは食事を与えないなど、拉致された人達への虐待を行い、
拉致された大勢の日本人と引き換えに、韓国に有利な形で結ばれた日韓基本条約に付随する日韓法的地位協定によって、
一般の永住許可とは別の永住許可(協定永住)を与えられた、
いわば韓国による国家テロによって現在の特別な法的地位を与えられているのであり、
彼らに地方参政権を与えることは、絶対に許されないのである。

790 :神も仏も名無しさん:2009/12/26(土) 13:27:16 ID:az1hnlmb
質問を受け付けるということなので質問を。

・なぜ題目を上げるのか?
・日蓮は信者に何を求めたのか?

791 :神も仏も名無しさん:2009/12/26(土) 17:26:35 ID:U5nD6G4b
>なぜ題目を上げるのか?
現世限りの幸せだけでなく死後の成仏を得るため

>日蓮は信者に何を求めたのか?
命懸け、残された人生のすべてを懸けるっていう位の強き信心

792 :神も仏も名無しさん:2009/12/26(土) 17:33:14 ID:U5nD6G4b
さらに何より大事なことは、たとえ難しい理論は解らずとも仏法は御本尊は有難いっていう思いでお題目唱えること

793 :神も仏も名無しさん:2009/12/26(土) 19:34:30 ID:3QwsZF3q
>>791

・死後の成仏とは具体的にはどのようなものを指すのか?
・強き信心によって何がどうなるのか?
・また信心とは現代の社会生活の中において具体的にはどのような
 行為行動あるいは考えをいうのか?

794 :神も仏も名無しさん:2009/12/26(土) 19:51:50 ID:U5nD6G4b
>>793
>死後の成仏とは具体的にはどのようなものを指すのか?
臨終の後だんだん白くて軽く、柔らかくなる遺体を「成仏の相」という

>強き信心によって何がどうなるのか?
持って生まれた宿命が変わって生活が守られるようになる

>信心とは現代の社会生活の中において具体的にはどのような行為行動あるいは考えをいうのか?
いくら幸せになれるといっても年がら年中良いことばかりとは限らない
生活面でいかなる苦難に襲われたとしても仏法を疑わず不退転を貫くのが本物の信心

795 :神も仏も名無しさん:2010/01/04(月) 12:53:33 ID:tfeZnKDi
千葉にある、立正安国会ってなんですか?
前通りかかったら、老若男女が床に頭つけてナムーって言っているのですが。。。
カルト集団でしょうか?
それともただ単にとても信心深い集団?


796 :神も仏も名無しさん:2010/01/04(月) 13:50:59 ID:s11PQgkJ
お奨め動画、樋田氏 対 金田氏(層化)。

これは、とてつもなく面白い動画だった。金田女史は男根とかバイブとか
ディルドとか連発して何コレもので「何コレ珍百景」に決定w、最後も
なんだなコラwで終了w。
 ↓
1/7 http://www.youtube.com/user/yamasan40web#p/u/78/HalZCg9t7T8
2/7 http://www.youtube.com/user/yamasan40web#p/u/77/LDR-JL9F2So
3/7 http://www.youtube.com/user/yamasan40web#p/u/76/Z6WmITADNqY
4/7 http://www.youtube.com/user/yamasan40web#p/u/66/-jArDroJg1U
5/7 http://www.youtube.com/user/yamasan40web#p/u/73/ZJDx_Bna2j0
6/7 http://www.youtube.com/user/yamasan40web#p/u/71/-UnWeVmqpZ4
7/7 http://www.youtube.com/user/yamasan40web#p/u/70/QlQuLUq-2qc


797 :神も仏も名無しさん:2010/01/04(月) 19:50:38 ID:pm6AquYN
本仏は釈迦という認識で富士門流以外の日蓮系はよいのでしょうか?
文底秘沈は富士門流以外は認めていないという認識でいいのでしょうか?


798 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 00:31:48 ID:DjDnYI4V
まじめに質問します。

風俗嬢をやっている日蓮正宗の友達がいるのですが、日蓮系は性に対して厳しくないのですか?

799 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 00:28:09 ID:gupHiuGO
回向とは?

800 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 19:52:44 ID:9fTvPN44
そうなんだ

801 :神も仏も名無しさん:2010/02/04(木) 23:19:33 ID:yzfcZwUU
差別経典として名高い『妙法蓮華経』が癩病、身体障害者差別を助長したんだよ。
仏教の「業」「因縁」という考えが身体的な差別や身分差別を固定化した。
転生思想が来世での救済を説くことで、現世での不合理を受け入れさせ、
結果として体制の護持に力を貸した。
その仏教(とはいっても似非仏教だが)の主要経典として
法華経にもその責任があるということ。

どこの社会でも、或いは生物たるもの人間以外の生き物でも、
自分たちと異なるもの(外見的異端、障害者)などを排斥しようという
差別思想は多かれ少なかれ見られるもので、その差別思想の発生(原因)が
法華経でないことくらいわかっている。

人間社会がその生物的本能に基づく差別意識をどの様に克服するかというところに
人間の叡智があるのであって、法華経にはその様な叡智も慈しみもないではないか。

釈迦と同時代、法華経成立よりも500年も前の孔子は、
弟子の伯牛が重い病(癩病)に罹った際にも自ら伯牛を訪ねて
窓からその手を握って見舞っている。
「之を亡へるや、命なるかな。斯の人にして斯の疾あり。斯の人にして斯の疾あり。」
と愛する弟子の置かれた境遇を嘆いている。
孔子にとっても伯牛にとっても多分これが最後の面会であっただろう。
決して孔子は、伯牛の病を「因縁」だとか「業」だなどとは言わなかった。
人知の及ばない「運命」なのだと言うだけで、天を恨むわけでもない。
論語のこの場面が如何に人間的であり、感動を呼ぶことか。

片や法華経を罵ると癩病になる、片輪になる、病気になると脅しておいて、
よくも開き直れたものだ。


802 :神も仏も名無しさん:2010/02/05(金) 02:08:05 ID:6UjprtAg
コピペは無意味です。
自分で法華経とその展開、差別経典としてどこで名高いのか?法華思想とは何か?を考え、
法華経を依経とする日蓮系諸宗派に於いて差別の事例が際立って少ない理由を考えてごらんなさい。

803 :神も仏も名無しさん:2010/02/05(金) 19:11:51 ID:xgqwHiuY
現に、今現在の平成の御代でも霊誘拐、立正更生会その他法華教団では
障害者が生まれたり、不幸が重なると法華経を唱えなかったからだ、とか、
先祖の悪因縁だ、とか、前世の報いだなんて言ってますけど。



804 :神も仏も名無しさん:2010/02/05(金) 19:20:21 ID:xgqwHiuY
こういう内容は、法華経の教えなの??
    ↓

各家庭にはそれぞれ億々万劫といわれる遠い過去から現在に至るまで、数々の悪因縁が積み重なっております。
このまつわる因縁を洗浄するには、釋尊が「諸經の中の王なり」「此の經は能く一切衆生を救いたもう者なり」
として悪世末法のために説き遺された法華経に歸依、随順し、その教えを正しく實践することが第一です。



805 :神も仏も名無しさん:2010/02/05(金) 21:43:29 ID:QsL+t5D2
http://sylphys.ddo.jp/upld2nd/news2/src/1243865458664.jpg

806 :神も仏も名無しさん:2010/02/05(金) 23:23:48 ID:6UjprtAg
>>803-804
ここでは各教団の教義について正邪の判断はしません。

仏教(当然、法華経を含む)に先祖の悪因縁がどーしたとの教えはありません。
>>804抜書き自体は用語に奇異な点がありますが、法華経に基づいています。
悪因縁は無始已来の罪障でしょう。私たちは過去世に於いて法華誹謗をしていますから生まれながらに罪障があります。
罪障を滅し即身成仏させるのが法華経です。

807 :神も仏も名無しさん:2010/02/07(日) 09:44:54 ID:iMtXwNv1
家庭の悪因縁というのに違和感を感じるのでしょう。
しかし、因と縁を別けると理解しやすいでしょう。
この家に産まれてきた理由。それに因縁があるとするのは当然です。
そして自らの成仏が先祖の成仏に繋がるのは日蓮遺文に依ります。

808 :神も仏も名無しさん:2010/02/07(日) 10:50:12 ID:o2I6ZI3z
質問
既成日蓮教団は
・四箇格言を放棄?
・文底秘沈を信じてる?
・悩乱すると頭が割れると信じてる?


809 :神も仏も名無しさん:2010/02/07(日) 11:45:29 ID:aP9+rEZN
>>801
法華経における皮膚病の記述に関してならば、
皮膚病患者は全身から痛みを感じるという事から、
皮膚病は「煩悩に支配された人間の状態」を表す比喩だとどこかで読んだ。

まあ現代的な観点からしたら比喩としてもアレだけど、
少なくとも教典のニュアンスをくみ取ろうとせずに
そのまま文字通りに解釈して「差別だ」と騒ぐのも適当でないのでは?

810 :神も仏も名無しさん:2010/02/08(月) 04:33:34 ID:IV/Y9eFj
日蓮正宗は、浮気や不倫、セックスフレンドを作る等、
性に対して貪欲でも、貞操が崩壊していても、
それは前世の業の所為であり、セックス好きな今の自分は仕方無い、
けれど、折伏に励み、謗法厳戒を守り、題目を唱えていれば、即ち信心していれば
全てチャラになる。未来の自分は幸福になれる。そして成仏できる。
と聞きました。あまりにも都合好すぎませんか?
私は上記のような人に折伏されています。
自分の淫らな行為を私への折伏でチャラにしようとしている様にしか思えません。
斯様な人から、宗教を勧められるとは思いませんでした。馬鹿にされている気分です。


811 :神も仏も名無しさん:2010/02/08(月) 16:56:43 ID:E6yIBGnU
>>810
スレ違いではないけど、それならむしろコチラに行かれたほうがよろしいかと…

日蓮正宗法華講信者の集まりです
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1265020224/
日蓮正宗2ch支部スーパーアリーナ大戦争◆第10回
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1216820492/


812 :神も仏も名無しさん:2010/02/09(火) 01:32:13 ID:9iGrZvkp
>私たちは過去世に於いて法華誹謗をしていますから生まれながらに罪障があります。
>罪障を滅し即身成仏させるのが法華経です。

はぁ?
法華経なんか知らずに前世を終えた人はどうなの?
大体、一方で輪廻を説きながら、転生しているはずの先祖を供養するってどういうこと?


813 :神も仏も名無しさん:2010/02/10(水) 15:32:23 ID:fYaVJMFE
ポニョをどう見るか

814 :神も仏も名無しさん:2010/02/10(水) 17:54:30 ID:7GyRKzK6
輪廻と矛盾しないよ。
十界互具と一念三千に依るとね。

815 :神も仏も名無しさん:2010/02/13(土) 08:24:28 ID:1E2NA9EM
>少なくとも教典のニュアンスをくみ取ろうとせずに

経典のニュアンス??
法華経なんて単なる妄想の物語じゃないか。

816 :神も仏も名無しさん:2010/02/15(月) 19:31:10 ID:lrGDJpBk
>>815
法華経に限らず、後期成立の経典は釈尊の教えのそれぞれ傾向が異なる部分に関して発展させたものと捉えるのが妥当。
妄想として捨てるというなら、大乗経典すべてと小乗教典の一部も捨てることとなる。
しかし、釈尊は仏であったが、その行動の大半は菩薩の行動であったこと、阿羅漢果を得ていない弟子達も大いに布教したことを考えると、大乗経典を捨てるのはナンセンス。

817 :神も仏も名無しさん:2010/02/16(火) 08:05:45 ID:xjeCyEIk
日蓮さんお誕生日おめでとうございます!

818 :神も仏も名無しさん:2010/02/18(木) 00:58:59 ID:VidJEdrb
>>789
うん、そうだな。俺も外国人参政権には反対だ。だが板違いだ。
ハングル板で大いに語ってくれ。

819 :神も仏も名無しさん:2010/02/19(金) 01:46:07 ID:Q/S5StD+
駅前で、日蓮正宗を名乗る人から、紙を渡されました
創価は邪教です、悩みを解決できます、気軽に連絡してと名前と電話、メールアドレスなど書いてありました。
彼はバッジに法華講と書いてましたし、紙には大石寺なども記載されていました。
友人はナンパといい、私も連絡先を聞かれたけど教えませんでしたが、このようなことを本当に日蓮正宗はしているのですか。

820 :神も仏も名無しさん:2010/02/19(金) 20:52:59 ID:307BtNCN
>>811

821 :神も仏も名無しさん:2010/02/25(木) 13:28:55 ID:IH7Zpl25
暇だし連想ゲームやろうぜ!
吉川ひなの←NEW!!国生さゆり・細川ふみえ・嘉門洋子・益子梨恵・須之内美帆子・宮脇麻衣子

822 :神も仏も名無しさん:2010/02/27(土) 23:13:59 ID:CHBOm16N
>法華経を依経とする日蓮系諸宗派に於いて差別の事例が際立って少ない理由を考えてごらんなさい。

それはね、日蓮自身が○○、×××の出身だから。



823 :神も仏も名無しさん:2010/02/27(土) 23:34:05 ID:lmrq2Hmk
http://nagamochi.info/src/up64430.jpg
http://nagamochi.info/src/up64431.jpg
http://uproda.2ch-library.com/217829tG6/lib217829.jpg

824 :神も仏も名無しさん:2010/03/01(月) 11:09:47 ID:uLmYbbp+
>>1
テンプレへの追加を推奨します。

Category:法華系仏教
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
法華経系の仏教のカテゴリ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E6%B3%95%E8%8F%AF%E7%B3%BB%E4%BB%8F%E6%95%99

825 :神も仏も名無しさん:2010/03/04(木) 19:39:42 ID:DdVQOIqW
Category:創価学会
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
創価学会に関するカテゴリ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A

826 :神も仏も名無しさん:2010/03/05(金) 17:46:26 ID:AaeOipVZ
Category:仏教
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仏教に関連するカテゴリ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E4%BB%8F%E6%95%99

827 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 22:26:58 ID:QvmkXp/3
Category:仏教
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仏教に関連するカテゴリ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E4%BB%8F%E6%95%99




828 :神も仏も名無しさん:2010/03/18(木) 11:36:07 ID:it1rN8Mr
日蓮って凄い愛国者じゃないですか?
だから戦前は日蓮系の在家団体に多く急進的愛国組織が生まれたわけです
でも創価学会とかってなんで真逆なの??
池田が代表になってからそうなったんでしょうか?

829 :神も仏も名無しさん:2010/03/20(土) 08:20:20 ID:ApAVmxIF
池田は功罪半ば
信者増は池田の音頭とりから。
層化のイメージダウンは政界進出。

強引な布教は教義に則ってるから別に騒ぐほどでもない

830 :神も仏も名無しさん:2010/03/23(火) 17:36:51 ID:AmikdlzA
>>828
だから、ワシはあいつらを
『別当・喪家ゾンビ教』と呼ぶんじゃ!

831 :神も仏も名無しさん:2010/03/26(金) 09:26:38 ID:DxO+v6g7
身延山大学不適格診断下る

832 :神も仏も名無しさん:2010/04/03(土) 07:09:58 ID:AqliSPWh
どこにも所属せず、ただ、南無妙法蓮華経を唱えるだけで十分に特を得れるよ。


833 :神も仏も名無しさん:2010/04/03(土) 17:17:19 ID:59h7ZRaJ
そりぁそうだよ。南妙法蓮華経に念をこめたからね。かなえられないことなんか何もないよ!日蓮大聖人に感謝しないとね。本当はマンダラの前であげるのが一番いいんだけどね。

834 :神も仏も名無しさん:2010/04/03(土) 22:02:07 ID:nd+CabYW


破門にされた血脈の無い池田製のニセ本尊を拝むと仏罰を受け不幸が起こる

因果の報いを受けよ




835 :神も仏も名無しさん:2010/04/06(火) 19:20:41 ID:mTa7RNY8
街宣右翼って民主党の日の丸切り裂き事件もそうだけど、なぜか竹島、ウトロ、パチンコみたいなチョン絡みに甘いよね

836 :神も仏も名無しさん:2010/04/15(木) 18:03:44 ID:woESNIQg
善立寺のボウズでカエルなんちゃらっての居る??

837 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 00:39:48 ID:d1o9fxj2
日蓮正宗のコメントは多いけど霊断師会ってどうなの?

日蓮宗霊断師会の非を問う
http://kikanaiuguisu.blog13.fc2.com/

838 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 01:00:40 ID:vOnQ6iuo
>>837
霊断師を、日蓮宗は公認していません。
ですからもちろん、霊断師会も、日蓮宗公認の団体ではありません。

霊断は、日蓮宗の僧侶の高佐日煌氏が創立した新しい宗教です。
その教学は、「新日蓮教学」といい、通常の日蓮宗の教学とは異なります。
むしろ、何で日蓮宗から独立して、新しい宗派を名乗らないか不思議なぐらいです。

839 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 07:52:31 ID:d1o9fxj2
>>838
近所の日蓮宗のお寺で霊断をやっているんだけど・・
普通の日蓮宗なのかな?
それとも普通の日蓮宗と新しい宗派とのハイブリッドみたいなもの?
もしくは普通にやってる僧侶の小遣い稼ぎの占いアルバイトか。

「レーダーが霧や雲を透して物の位置を正確に捉えるように、
我々の運命が手にとるようにわかります。」↓

日蓮宗霊断師会公式HP
http://www.reidanshikai.jp/index.htm


840 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 08:16:25 ID:oOwOf6eM
>>832-833
信心の血脈なくんば法華経を持つとも無益(むやく)なり (生死一大事血脈抄 1338ページ)

通解:信心の血脈がなければ、法華経(御本尊)を持っていたとしても、少しも功徳はありません。

841 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 09:59:16 ID:oOwOf6eM
>>819
マジレスしますが、法華講員は実際にそういうことをしています。
目的は言うまでもなく学会攻撃。

842 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 11:39:17 ID:vOnQ6iuo
>>839
ハイブリッドというか、日蓮宗の坊さんが、霊断という新宗教にはまってるんです。
基本的に、今の日蓮宗の坊さんは不勉強なので、
普通の教学を良く知らないまま、「新日蓮教学」を勉強して、
霊断の「新日蓮教学」が正統な日蓮宗の教学だと思い込んじゃう人が結構居ます。

最近そういう人が増えているので、このままだと霊断が公認されて、
日蓮宗が乗っ取られる日も近いかもしれませんね。

843 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 19:31:08 ID:Y4Y916a3
新日蓮教学なんてのに乗っ取られると困ってしまいますね。

なんで日蓮宗は新日蓮教学を批判しないんでしょうか。

こんなインチキ教学がまかり通っているなんて信じられませんね。

844 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 22:26:00 ID:vOnQ6iuo
>>843
もちろんしてますよw
たしか以前、日蓮宗全寺院に、霊断を批判した本を配ったと記憶してます。
ただ、余りに学術的な本でしたので、私はすぐ読むの止めちゃいましたw

845 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 22:36:33 ID:d1o9fxj2
日蓮宗も霊断は否定的なんですね〜

でもネットで検索すると結構普通なお寺でもやっているみたいだし

学術的な話はよく分かりませんよね・・

うちのお寺の和尚さんは分かってやっているのか疑問です。

日蓮宗は大丈夫でしょうか・・・?

846 :神も仏も名無しさん:2010/05/05(水) 13:59:18 ID:GABlddLh
倶生霊神符(お守り):日蓮宗霊断師会公式サイト
ttp://www.reidanshikai.jp/omamori.htm
>持つ人の最低条件は、月が変われば前月の霊神符に感謝を込めて御宝前に納め、新しい霊神符を押し頂き肌身離さず所持することです。
>受けた月、止めた月がある様では御加護を戴く資格はありません。

「一ヶ月ごとにお守りを取り替えろ」という時点で、むちゃくちゃ胡散臭い匂いがするわけだが。

847 :神も仏も名無しさん:2010/05/05(水) 20:31:54 ID:ihvBL6ik
法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず (唱法華題目抄 16ページ)

通解:法理によって正邪は明らかにしていくべきである。決して特殊な能力や、通力などに頼ってはいけない。

通力などの特殊な能力は、魔の力の現れであり、法の正邪は、あくまでも法理によって明らかにしていくべきであると教えられています。

848 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 00:02:08 ID:XZPVCReW
日蓮は菩薩なの?如来なの?

849 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 01:22:50 ID:Ak6Vsici
>>848
日蓮宗の一般的解釈では、上行菩薩の生まれ変わりだとしている。

850 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 22:18:10 ID:TK8Z9mzR
日蓮大聖人様は諸宗は無得道・堕地獄の根源、南妙法蓮華経のみ成仏の法なり  と折伏され国家権力による死刑を受けられました。

851 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 17:39:41 ID:BLFqSBdL

倶生神は、人が生まれる時から一緒にいるなら毎月取り換えさせるのは金集め、人集めではないだろうか。

妙法蓮華経が大事だと言ってるのに、五枚のコインに一字づつ妙・法・蓮・華・経って書いた5組コイン25枚を用意して行う

九識霊断法は、コイン占いでお題目をバラバラにするのはまずいだろう。

一般人だって「秘法ではないじゃないか。馬鹿にするな!」って怒っていると霊断師会の非を問う人のブログに書いてある。

霊断師会の非を問う人のブログ

http://kikanaiuguisu.blog13.fc2.com/



852 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 13:43:57 ID:F6wRgm6a
マスゴミって朝鮮人を一切否定しちゃいけないという空気だよな

853 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 21:23:56 ID:1aAKpfY2
日蓮系(法華経)における「先祖供養」とは何ですか?

霊友会系新興宗教が言う「先祖供養」と、他の日蓮系の「先祖供養」とは違うものなのか?
日蓮宗寺院でもお盆はやるが、偽経である「盂蘭盆経」の位置づけは??

教えて下さい!!


854 :神も仏も名無しさん:2010/07/01(木) 01:09:56 ID:802s6FdB
法華宗本門流における獅子吼会の位置付けってなんなんですか?
本門流4本山の一つ鷲山寺は獅子吼会のお寺さんみたいだし
本門流が獅子吼会に乗っ取られてるとかそんな感じなんですか?

855 :神も仏も名無しさん:2010/07/22(木) 17:05:41 ID:vVdyaJCf
>>848仏です

856 :神も仏も名無しさん:2010/07/27(火) 08:13:21 ID:7eOU2eVR
>>853
ぜんぜん違うよ
霊友会は、そもそも霊能者の憑き物落としの術者という大正期に乱立した
霊媒と教祖の夫妻という非常にありがちな宗教で
先祖霊の供養をしなければ不幸なままと、霊祓いのような宗教として発展した。
ここにおいて法華経だの日蓮宗はほとんど関係無くって、単にお経唱えてエイヤ!という意味でしか無いです。
日蓮系新宗教とするのも本当はおかしい。その後霊媒が亡くなって代替わりしていくなかで
徐々にソフトな内容に変わってきて…というのが現状でしょう。

普通の日蓮宗は、普通の他の宗派のお寺といっしょで
単なる江戸期の檀家寺制度で先祖供養の儀式を定型的に請け負うってだけ。
別にそういう教義でもなし、慣習ですね。

857 :神も仏も名無しさん:2010/07/27(火) 08:19:10 ID:X/71XGOy
で、霊友会は多様な派生宗教を生んだわけです。
なので法華経系を名乗りつつ霊能業みたいのがわんさとある。
マントラマントラと真言を名乗る霊能者がわんさと居るのに似てる。
けどこれらは日蓮系というより霊友会の系譜と考えるべき。
>>846とかそういうのじゃないっすかね。

あと日蓮宗にも、修法師といって、修験者のような流派がある。
ここは験力を誇りますから、本来修法師の免状とっても、日蓮宗の寺で
御守り売ったり祈祷することができるってくらいなんですが
真言崩れといっしょで、伝統宗派を離脱して独自の霊能者業をやる野良修法師もいそうな気もする



406 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)