5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本人がキリスト教徒に対して行った蛮行の歴史

1 :神も仏も名無しさん:2009/01/24(土) 04:31:23 ID:jfkKz4/T
1616年、大御所家康が死去し、権力は将軍秀忠に集中する。家康の作った幕藩体制の基礎を固めに入った秀忠はキリスト教禁制も強化していく。
「伴天連宗門御制禁奉書」を発し、日本の万民にキリスト教を厳禁し、外国商船の入港を平戸・長崎の二港に限定した(元和禁教令)。
九州・大村領に追放されたはずの宣教師がいる、との情報が秀忠にもたらされ、領主大村純頼を叱責する。
純頼は自らキリシタンであったにもかかわらず、棄教し、宣教師検索に乗り出す。結果、4人の宣教師と2人の宿主のキリシタンが斬首された。この後に続く殉教事件の皮切りとなるような出来事であった。

一体、どのくらいのキリシタンが殺されたのだろう。秀忠時代の主な殉教事件だけでも、
●1619年京都大殉教52人火あぶり
●1622年長崎大殉教55人火あぶり
●1623年江戸大殉教50人火あぶり
●1624年東北大殉教109人殉教
●1624年平戸大殉教38人殉教
と、キリがない。
新井白石の『西洋紀聞』下巻付録によると、殉教者の数は20〜30万人にのぼる、となっている。しかしこの数はおおよそであり、しかも根拠が無い。
姉崎正治博士の史料に基づく実数計算では、3792人、その後ラウレス博士による計算では4045人を数えた。
これらは確実な史料に基づくものであり、史料発見と共にその数は増加している。未発見の史料、無くなってしまった史料、史料に残されなかった殉教事件なども起こっていただろうから、実際の殉教者総数は、何倍にもなるであろう。

幕府は、最初こそキリシタンを次々と殉教させていったが、崇拝の対象となる栄光の殉教者を作ることを良しとせず、拷問により棄教を迫ることに方針を切り替えた。
これによりさらなる悲劇が生まれていくこととなる。一例を『沈黙』で有名なフェレイラ神父の棄教で紹介しよう。
http://www.collegium.or.jp/~take/christi/rekisi3.html

2 :神も仏も名無しさん:2009/01/24(土) 04:32:11 ID:jfkKz4/T
1609年日本に到着したフェレイラは、他の宣教師と同じように熱心に布教活動を行った。1614年の宣教師追放の折には、日本に残り宣教活動を継続する事になった。その後フェレイラは日本準管区長として、潜伏司祭達の柱として活躍する。
そんな彼も1633年ついに捕らえられることとなった。キリシタン教界は彼が殉教するものと信じて疑わなかった。

彼は、元天正遣欧使節の中浦ジュリアンと共に穴吊りの刑に処される。穴吊りは、この時代最も過酷な拷問と言われた。その内容は、1メートルほどの穴の中に逆さに吊す、というものであったが、そのやり方は残酷極まりない。
吊す際、体をぐるぐる巻きにして内蔵が下がらないようにする、頭に血が集まるので、こめかみに小さな穴を開け血を抜く、などそう簡単に死なないようにし、穴の中に汚物を入れ、地上で騒がしい音を立て、精神を苛んだ。

5時間に及ぶ拷問の末、フェレイラは転んだ。
その棄教の時、吐いた言葉は「南無阿弥陀仏」であったという話がある。

幕府は家康の祖法を守るため、仏教中心の思想統制を行っていた。キリスト教否定のために仏教を用いるのが幕府のやり方であった。
穴吊りで意識が朦朧とした者に刑吏が「念仏を唱えよ」と迫るのである。これが棄教した転びキリシタンに、どれほどの精神的苦痛を与えたかは計り知れない。

転んだフェレイラを待っていたのは、さらなる生き地獄であった。江戸の小日向にある宗門改方・井上筑後守政重の下屋敷(通称切支丹屋敷)で通詞として余生を送ることとなった。
沢野忠庵という日本名をつけられ、日本人の妻を強制的に与えられた。そして屋敷に送られてくる捕らえられたキリシタンに棄教をすすめ、宣教師との通訳を務めた。
彼は1650年長崎で死亡、戒名をつけられ仏教徒として葬られた。
ちなみに同じ時同じ拷問を受けた中浦ジュリアンは、穴吊りに屈せず殉教している。

棄教を迫るための拷問は、どれも凄惨を極めるものであった。
火あぶり、雲仙地獄責め、竹鋸引きなど、残酷な方法が採られた。

3 :神も仏も名無しさん:2009/01/24(土) 04:32:44 ID:jfkKz4/T
火あぶりは、柱にくくりつけ、周囲に薪を置いて火をつける。苦しみを長引かせ、信仰を捨てさせるため、薪は柱から離してとろ火で焼いた。背教したければ逃げ出せるよう、くくる縄は弱く縛ってあったという。
他にも両手両足を引っ張って、回転させながらあぶることもあった。その際、口から煙が出たという。
また簑踊りという火刑は、手足を縛り簑を着せ、火をつける、と言うものであった。苦しみもだえる様が踊っているように見えることから、この名が付いたのである。

雲仙地獄責めというのは、雲仙の硫黄沸き立つ熱湯を、柄杓に入れて少しずつかける、という熱湯責めであり、気絶したり死にそうになったら手当てして同じ拷問を繰り返したという。

竹鋸引きというのは、路傍の柱にキリシタンを括りつけ、首に刀傷を付けておく。そばに竹鋸を置いておき、通行人にそれを引かせた。竹鋸のため切れが悪く、苦しみが長引いた。ホントに人間のやることか、とか思ってしまう。

他にも、木馬責め、切・支・丹の焼印押し、硫黄と灰を鼻に押しあて口を閉じさせる、前回書いた穴吊り、など苦しみが長くなかなか死なないような拷問が数多く採用された。
これらの拷問を考え出したのは、島原領主松倉重政、唐津領主寺沢広高、長崎奉行竹中重義らであった。彼らの非人道的な拷問はキリシタンに、過酷な重税による圧政は農民達に、それぞれ反感を買わせ、それが島原の乱へと繋がっていくのであった。

殺すだけなら斬首で十分、見せしめのためなら磔で十分である。このような残酷な拷問が行われたのは、キリシタン達の心を砕き殉教の栄光を味わわせない事、凄惨な拷問を見せ他のキリシタンを棄教させることがねらいであった。
またキリシタン宗は邪教であるから、どんな残酷な処刑も当然、というキリシタン邪教観を民衆に植え付けようとしたのである。
そして幕藩体制固めのための神仏中心の思想統制と、鎖国の口実作りに、キリシタン禁制は大いに役立ってくれたのである。
そのためキリシタンの処刑は残酷なだけではなく、神州が穢れる、と言う理由から、キリシタンの遺体は焼かれ、その灰は長崎の伊王島の沖まで持っていって捨てたという。
http://www.collegium.or.jp/~take/christi/rekisi3.html

4 :神も仏も名無しさん:2009/01/24(土) 04:33:09 ID:jfkKz4/T
しかし切支丹禁令高札の撤廃、すなわちキリスト教解禁を前にして、最後の大迫害が起こるのである。

明治政府は神道国教化政策を励行、そのためにキリスト教徒は生け贄となったのである。
浦上村では村民総流罪という浦上四番崩れが起こった(こちらを参照)。

五島では、徳川幕府の禁教令施行当時と同じような激しい迫害が行われる。
吹雪の海中に子供を立たせ仮死状態になったら浅瀬に引き戻す、炭火に掌を入れさせ吹いて燃え上がらせる、戸板を腹の上に置きその上に乗り腹水を出させる、などの拷問が行われた。
また六坪の牢の中に200人が押し込まれ放置された。排便の施設もなく全員立ったままで、全くの地獄絵であった。こうした状態で8ヶ月も置かれ、次々と倒れていった。死んだ遺骸を葬ることも許されず、五昼夜も放置され、死骸は変形し平たくなる有様であったという。
二年後残された者は帰宅したが、その後数人が死亡。帰った家は、郷民によって略奪されており、何も残されていなかった。
http://www.collegium.or.jp/~take/christi/rekisi5.html

5 :神も仏も名無しさん:2009/01/24(土) 08:51:18 ID:q7jUmQSu
×日本人がキリスト教徒に蛮行
○日本人が日本人に蛮行

同じ民族だが宗教が違えば迫害する日本人

6 :神も仏も名無しさん:2009/01/24(土) 12:06:16 ID:DddX+MCf
日本人は西欧人の宣教師も虐殺しまくっているから、日本人がキリスト教徒に対して行った蛮行でいいんだよ。


7 :神も仏も名無しさん:2009/01/24(土) 12:06:45 ID:ukMfW55w
キリスト教徒は日本人を何百万人殺したの?

8 :神も仏も名無しさん:2009/01/24(土) 14:05:53 ID:3OZo/n5j
ムカムカするときはキリストの絵を踏むとスカッとする。皆もやってみろ。

9 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 21:33:43 ID:yOmJj3Dh
そういう日本人の体質があのキリシタン大殺戮をもたらしたのだが。
一向に反省の色が見えないな。ま、残虐な愚鈍民族なのだから仕方がないのだが。

10 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 21:53:34 ID:T8GSvlVH
キリシタン大虐殺などないですよ?
バチカンの公式見解では、キリシタンが勝手に政府に反乱しただけで、
困った人たちだということになってるし、クリスチャンですらないのですよ。

11 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 21:58:20 ID:yOmJj3Dh
キリシタン大殺戮の被害者達の一部は聖人に列せられているけれども

12 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 22:15:42 ID:Rye6cr+5
中空の日本人は、理由を深く考えずに迫害しただろ。
 
お上の命令だから拷問してもいい。
お上の命令だから殺さなければならない。

13 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 22:17:38 ID:0LKuRYnG
考え方がおかしいですよ。
日本人が殺してくれたお陰で聖人になれたのです。
イエスも、ユダヤ人がイエスを殺害してくれたからキリストになれたのです。
聖書をよく読みましょう。

14 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 22:36:35 ID:yOmJj3Dh
取り敢えず、日本人がキリシタンを虐殺したことと、教会が犠牲者を聖人にするに値すると判断するほどに彼らを評価していたことは分かったな?

15 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 22:43:48 ID:e83qi0bf
くそお!キリシタンを迫害しやがって!!

許さないぞ日本人!!

って、あなたも同じ日本人なのに・・・。

16 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 22:46:53 ID:e83qi0bf
この世で一番正しいのは神だけだから、殿様や大名には従わなくて
いいんだ!!

とキリシタンが勝手に振舞うから、排除されるはめになったのだと思います。

17 :イエスキリスト:2009/01/25(日) 22:50:15 ID:16XrJv4k
その罰として日本人のキリスト教の女の子の処女は俺のものー
(笑)

18 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 22:50:31 ID:e83qi0bf
昔富山県のあたりでも、キリシタン大名率いるクリスチャンたちが滅ぼされましたが、
それは仏教徒が滅ぼしにかかったのではなく、
キリシタン大名が信仰を深めすぎて、
「ほかの間違った神である仏教と神道を滅ぼさねば!」
と考えてしまい、いきなり聖戦を始めたのが原因です。

つまり自爆したのです。

19 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 22:52:41 ID:DR5zpw/y
あ〜、全世界を植民地化しようとしていたキリスト教が
日本では返り討ちにあった話か

20 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 22:56:07 ID:e83qi0bf
昔は武力争いで権力を勝ち取る時代でした。
お上にはむかう者は、仏教徒であれ、キリシタンであれ、殺されたのです。
信長も、沢山の国を打ち負かして日本の統一を図りました。

キリシタンは、お上に刃向かいました。キリスト教徒だから滅ぼされた
のではなく、お上に刃向かった一集団として滅ぼされただけのことです。

戦争になったら、リーダーだけでなく、戦争に全く加担していない
女子供も一緒に処刑されるものです。

それと同じです。

21 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 23:11:50 ID:yOmJj3Dh
そう、20世紀中頃!まで権力者の意に沿わない宗教は徹底的に弾圧するという国だったんだよ、日本は。

22 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 23:14:54 ID:yOmJj3Dh
>>18
初耳だな。ソースは?

23 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 23:16:33 ID:DR5zpw/y
古来より世界中を侵略して現地の人々を虐殺してきたのはキリスト教国家
さすが血と殺戮の宗教の影響を受けただけの事はある

24 :イエスキリスト:2009/01/25(日) 23:17:52 ID:16XrJv4k
>>21
だから姦してもいいんだ〜
デカちんで日本女はガバガバだー

25 :イエスキリスト:2009/01/25(日) 23:19:29 ID:16XrJv4k
赤勝て白勝てちんちんかもかも
ずぼっ!

26 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 23:20:35 ID:e83qi0bf
>>22
テレビの歴史番組でやってました。


27 :イエスキリスト:2009/01/25(日) 23:21:32 ID:16XrJv4k
きゃー
肥え溜めに落ちたー
うんこだー

28 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 23:21:50 ID:e83qi0bf
>>21
宗教というか、刃向かう団体ね。宗教が同じ国も藩もね。

29 :イエスキリスト:2009/01/25(日) 23:23:13 ID:16XrJv4k
ミッション女
こっち来てしゃぶれ!

30 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 23:23:44 ID:e83qi0bf
>>21

キリスト教は誰も弾圧してないみたいな言い方ですが、
世界で主に、宗教が違うからと言って戦争をして隣人を滅ぼしていたのは
キリスト教国家ですよ。

31 :イエスキリスト:2009/01/25(日) 23:29:40 ID:16XrJv4k
スレ沈黙!
30の勝ちー!

32 :イエスキリスト:2009/01/25(日) 23:31:23 ID:16XrJv4k
スレ主が沈黙。
30の勝ち。

スレは沈黙じゃないわな

33 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 23:35:45 ID:yOmJj3Dh
>>26
何という番組でいつ頃の放送?
何らかの信頼できる文書なりサイトなりのソースはないの?

34 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 23:41:01 ID:yOmJj3Dh
宗教が違うという理由でキリスト教国が起こした戦争なんてほとんどなかったと思うが。
十字軍でさえ、ビザンティン帝国の救援と巡礼者の保護が目的の戦争だったし。

35 :イエスキリスト:2009/01/25(日) 23:41:06 ID:16XrJv4k
>>33
あんたの負け
ジタバタするな
見苦しい!

36 :イエスキリスト:2009/01/25(日) 23:43:15 ID:16XrJv4k
>>34
良くそんな正当化出来るよな

イエスを処刑したのもそうやって正当化するんだ

37 :イエスキリスト:2009/01/25(日) 23:46:55 ID:16XrJv4k
>>34
何しろ処刑される為に生まれた人間だからな俺は!
どーゆう屁理屈だよ!
それだったら馬鹿らしくて生まれないよ!

38 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 23:50:05 ID:e83qi0bf
>>33
どの番組か忘れた。ごめんよ。

39 :イエスキリスト:2009/01/25(日) 23:50:09 ID:16XrJv4k
あーくそっ
遠距離はきついぜ。
溜まって
溜まって
生徒に手を出しそー

40 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 23:52:50 ID:e83qi0bf
教会ではきれいな事しか教えないし、宗教戦争も正当化して教えてしまうのだと
思うけれど、十字軍は聖地をめぐる戦争じゃなかったっけ?
聖地なんて、両者で共有すればいいのに。そうもいかないんだろうな一神教は。

41 :イエスキリスト:2009/01/25(日) 23:53:28 ID:16XrJv4k
うんこ拭いてくれおー

42 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 23:55:51 ID:e83qi0bf
この前だって、キリストは人間じゃないから死んでない派のキリスト教徒が、
キリストが死んだ時に包んだ聖骸布を儀式で使用したら、
その教会の礼拝中に殴りこみしてたじゃん。

これに何か、○○さんの保護のためだったとか、何かいいわけしてるの?

少なくとも、稲荷神社が八幡神社に殴りこみに行った話しは聞いたことが無い。

43 :神も仏も名無しさん:2009/01/25(日) 23:57:58 ID:e83qi0bf
>この前だって、キリストは人間じゃないから死んでない派のキリスト教徒が、
>キリストが死んだ時に包んだ聖骸布を儀式で使用したら、
>その教会の礼拝中に殴りこみしてたじゃん。



>この前だって、キリストは人間じゃないから死んでない派のキリスト教徒が、
>キリストが死んだ時に包んだ聖骸布を(他の教会が)儀式で使用したら、
>その教会の礼拝中に殴りこみしてたじゃん。

に修正。



44 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 00:16:20 ID:6eAXS8+v
>>38
じゃあダメだな。残念だけど却下。

45 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 00:24:18 ID:rqDFWvQ4
古来より世界中を侵略して現地の人々を虐殺してきたのはキリスト教国家
キリスト教徒は支配欲にまみれた残忍な殺人集団

46 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 01:18:35 ID:uK/Wbpud
>>38

あなたが却下しても、事実は消えない。

47 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 01:22:38 ID:2MOBUM8o
そうだよ。キリシタンが寺社打ちこわし、放火、殺戮が相次いだから
「キリシタンは禁止しなければ」
ということになったのですよ。

48 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 01:41:37 ID:uK/Wbpud
>>45
ちょっと言いすぎな感じだけれど、
>古来より世界中を侵略して現地の人々を虐殺してきたのはキリスト教国家
には賛成。
キリスト教の綺麗な側面しか教えられていないクリスチャンには
認め難い事実であると思うが。


49 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 01:49:39 ID:uK/Wbpud
>>47の言う通り。

キリシタンは、残虐な目に遭ったのが、自分たちの行動が根源である事
をお忘れなく。

50 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 02:28:17 ID:6eAXS8+v
何を言ってるんだろうねえ、君たちは。

いいか、君たちが言っていることは、「君ら日本人はかつて南京やシンガポールなどでの大虐殺、重慶やダーウィンでの無差別都市絨毯爆撃、
バターン死の行進などの捕虜虐待など非道の限りを尽くしたから、その後300年に渡り根絶やしにされ尽くされ続けても仕方がない」ということと同じようなもんなんだぞ。
もう少し自分の言っていることを良く考えてからほざけ。脳みそ少しはあんだろ?

51 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 03:10:11 ID:QiUORVDb
このスレも日本人が日本人を罵る。
民族性の問題だな。

52 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 06:36:42 ID:ygXJ3YzK
>>50
馬鹿かよ。
南京大虐殺はキリシタンのでっちあげというのが定説なんだが。


53 :おてんば私立学院総長 ◆gqBBZUnUPk :2009/01/26(月) 08:25:36 ID:e9CwxWL+
キリシタンは血が濁っていたから弾圧されてしまったのだろう。

54 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 10:04:02 ID:dt8SEcBs
>>50
まずキリスト教徒が絶滅してからだな
それくらいキリスト教徒が世界各地で行った侵略と殺戮は凄まじい

55 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 10:37:48 ID:bxNk9zJt
信仰を捨てなかった者は死に捨てた者が生き残った。
信仰を捨てた者の子孫だからキリストを信じない。

56 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 10:41:57 ID:hVP5yOBa
現代は信教の自由があっていいね☆

57 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 13:14:37 ID:6eAXS8+v
いやいや、まず日本人が絶滅するべき。日本人が絶滅しても世界は困らないので。

58 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 14:31:05 ID:vk0m8kfQ
<キリスト教徒が世界に対して行った蛮行の歴史>

キリスト教の信者が多い国と影響†

キリスト教の代表的シンボルであるラテン十字架。気にくわない相手を殺害するための凶器である
十字架は山に群生するキリスト教の信者が多い地方は、ヨーロッパにアメリカである。これらの
地域において、キリスト教は以下のような人類史に対する輝かしい業績を挙げた。

魔女指定による大量虐殺 - キリスト教の広まった地域では、時に飢饉や疫病
(ペスト・天然痘)がはやった。キリスト教的世界観および女性蔑視観により
これは魔女の仕業とされ、多くの女性が虐殺された。

科学・芸術発展の阻害 - キリスト教世界観では「我々の世界は平らで、地球
は全天体の中心にある」とされた。これに反するものはガリレオ・ガリレイの
ように弾圧され、結果として科学の発展を阻害した。

またルネサンスが流行るようになるまでは、芸術にも同じような固定観念を与えてしまった。
現代においても、学問は人間性を破壊すると信じ、無知こそが正しい信者の姿だと教え、
特にアメリカなどでの格差拡大と後進国化に重要な役割を果たしている。

59 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 14:37:24 ID:vk0m8kfQ
<キリスト教徒が世界に対して行った蛮行の歴史>

ペストの猛威 - 14世紀にペストが大流行したとき、ユダヤ人は優れた防疫を
行って被害を最小限に食い止めただけでなく、多くのキリスト教徒の命も救ったが、
キリスト教徒は「ペストは水から感染する」と信じて風呂にも入らず、不衛生な生活を
送って人口の3割にものぼる大量の死者を出した。
さらにユダヤ人の感染者が少ないことに疑いの目を向け、「ペストはユダヤ人が井戸に毒を投げ込んだものだ」
として多くのユダヤ人を虐殺した。
なお、ペストの大流行はそもそも、魔女の手先だとして大量の猫を殺し、流布媒体となる
ネズミが大量発生したことが原因だとする説もある。
しかしなぜ近世におきた魔女狩りで中世でペストが流行したのかは不明である。

60 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 14:39:32 ID:vk0m8kfQ
<キリスト教徒が世界に対して行った蛮行の歴史>

宗教戦争 - キリスト教の中心となるローマ教会は、キリスト教の原型である
はずのユダヤ教や、ユダヤ教とキリスト教の影響を受けて成立した宗教である
イスラム教の信者を汚れた者とし、迫害した。十字軍はその典型的な1例であって、
エルサレムを奪取する際に多くの異教徒をほしいままに虐殺・強姦した。

また3世紀から17世紀まで、同じキリスト教を信じる地域でもその解釈を巡り、
戦争が多く発生した。その末期に発生した三十年戦争は、ドイツ地域民の2/3を失う
事態にまで拡大し、結果として産業発展にも多大な損害を与えた。
キリスト教により、ヨーロッパに平和な日は訪れることはなかった。

61 :大なまず ◆0DUmICC/jQ :2009/01/26(月) 14:48:24 ID:ZEBO84En
ぬぬっ
魔女狩りと言っとるが実の話処刑されたのは殆どが男じゃろて(藁藁藁

62 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 17:35:30 ID:I9w1+7DP
<キリスト教徒が世界に対して行った蛮行の歴史>

植民地の拡大 - 中南米・東南アジアなどの諸国民はキリスト教の宣教師に
洗脳され、自らの領土を宣教師を送りつけてきたヨーロッパの支配下に入れて
しまった。
日本や中国はその様な動きを警戒し、鎖国(海禁)ならびに徹底したキリスト教信者の
駆除を行って自立を保った。
しかしヨーロッパやアメリカの欲望は物凄く、後には中国・インド・アフリカ・オセアニアも
自らの植民地とし、第二次世界大戦直後までのイギリスやフランスの虚栄につながった。

63 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 17:37:02 ID:I9w1+7DP
<キリスト教徒が世界に対して行った蛮行の歴史>

他国の文化の破壊 - 植民地とした地域の多くでは、土着信仰を抹殺し、
キリスト教を押し付けた。結果として、現地の文化が消滅した。

聖戦を騙る侵略戦争 - アメリカが昨今広く行っていることであるが、
キリスト教的聖戦視と異教徒蔑視に基づいて自らの虐殺欲を正当化し、
アフガニスタンやイラクに侵略した。
相手も正当防衛を主張して反撃し、結果として国際平和に多大な悪影響を与えている。
ユダヤ人によるパレスチナ地域の不法占拠を巡る戦争も同様である。

64 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 17:41:37 ID:I9w1+7DP
魔女狩りでは、薬草を扱う女性、助産をする女性も魔女として拷問、
処刑された。
それにより、病気になっても薬が手に入らず、また出産する女性は
誰からも介助が得られない状況になった。
さらに陣痛は、女性が男性をたぶらかした罰として与えられるものと
教えた。

世界を侵略しようとして返り討ちに遭った逆切れ逆恨みは
見苦しいので早く止めましょう。

65 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 18:28:14 ID:tULzb6R/
キリスト教徒ほど異教徒を弾圧する連中って他にないだろ?
回教徒だって危害を加えられなければ手を出さないのに奴等ときたら・・


66 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 19:29:53 ID:Apa4p3nY
キリスト教徒の蛮行に言及するとCDU ◆2xKCm7UiXI が加藤智大よろしく
暴れるからほどほどにな。

67 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 19:36:20 ID:BztOUt4Q
>>66
はーい♪



68 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2009/01/26(月) 19:52:27 ID:/ZzZaS2y
腐れヤソCDプレーヤーよ!

(^。^)来れ♪

69 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 19:53:57 ID:Dyc8LGqg
ゲンダイ社会でもクリスチャン世帯であれ、、、
町会の会費の中に、神社の寄付金を含ませている。
信教の自由を侵している。

70 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 22:05:53 ID:y2m3X3nl
>>69
じゃあ、町内会に、「自分はクリスチャンだから神社にお金払いたくありません」
って言えばいいじゃん。誰も強制しないと思うよ?

71 :神も仏も名無しさん:2009/01/26(月) 23:50:54 ID:AGekNYQ4
こんなふうに有りもしない神話ばかり作って、頭を使わないで簡単な神話で
済ませて人々を苦しめて、科学を衰退させて、産業を停滞させて、
世界侵略をして、
「キリスト教にならないと天国行けない」とか脅迫でしか信者を集められなくて、
「キリスト教を知らずに死んだ人も救われない」とかわけの分からない理論を通して、
そんなことしたら世界中の文化が滅びるのに「世界中の人がキリスト教になるべき」
とか言って

そんなむちゃくちゃな宗教になんでわざわざ改宗して、さらに2ちゃんで、
侵略しようとして返り討ちにあった恨みをはらすようなスレを立てて、
さらに他の宗教を批判するような書き込みをするのかが理解できない。

ここまでむちゃくちゃな宗教になんで入信するわけ?これのどこが魅力なの?

72 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 00:31:29 ID:Gy9GCnAT
>>69
そういえば町内でクリスマス会は強制ですね。
プレゼント交換のためのプレゼントまで買わされて
いまだにトラウマです。

73 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 00:56:42 ID:dJXc3E6V
>>72
なんだ、ちゃんとキリスト教の行事もやってるんじゃん。
だったらお互い様だし、どっちも参加すればいいよね。

行事にお金を出すのが嫌だったら、町内会を辞めればいいよね。

74 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 01:01:32 ID:dJXc3E6V
>>69
ちゃんとキリスト教の行事もやってるんだから、お互い様精神を身につけましょうね。

それが嫌だったら、自分の宗教以外にお金を出すのは嫌だとはっきり言いましょうね。

75 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/27(火) 02:39:32 ID:E/q2htRx
何だか期待されちゃうとかえって出て行きにくいなあ。暴れるというか、常に正論を言っているだけなのだが。

>>42
延暦寺と園城寺が互いに兵力を蓄えながら対立し、仏教徒同士で武力衝突を繰り返したという話ならあるけど。
そうそう、その延暦寺の僧侶だった武蔵坊弁慶が京の五条大橋で通行人に喧嘩を売っては帯刀を強奪していたという話は有名だよね。
寺って軍事教練が盛んなの?

76 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/27(火) 03:27:19 ID:E/q2htRx
>>58
>キリスト教的世界観および女性蔑視観によりこれは魔女の仕業とされ、多くの女性が虐殺された。
これは全く逆。魔女は多神教的な迷信に基づくもの。
魔女裁判は多神教的迷信に捉われた無知蒙昧な大衆が一時的な熱狂から始めたものに過ぎない。
実際、教会は当初は苦々しく見ていたのだが、大衆の圧力に押されて渋々加担したというのが実状。
まあ、そういう意味では教会にも全く責任がないわけではないということは可能なのだが、魔女裁判にキリスト教的基盤がないことだけは確か。

77 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/27(火) 03:44:41 ID:E/q2htRx
しかしまあ、無知なくせにスレ違いの長文レスを随分連投したものだなあ。もう少し突っ込んでおいてやるか。

>>58
>科学・芸術発展の阻害
これについても全く逆。確かにガリレオを異端にしたことは痛恨の出来事なのだが、基本的には教会は広く学問・技芸を振興した。
世界最初の近代的大学は、教会が依然として絶大な影響力を保持していた11世紀に教皇庁のお膝元であるイタリアに設置されている。
日本で始めての近代的大学である東京大学が設置された1878年の実に800年も前のことである。

その後も西欧では各地で大学が相次いで設置されて、教会は大学を保護し、学問の自由も広く保障され、医学・法学・神学・文学などの学問が発達した。
因みに日本において学問の自由が初めて保障されるのは、現憲法が制定される20世紀中頃を待たなければならないのとは対照的。
また、世界で最も優れた芸術である西洋の芸術の成立にもキリスト教が寄与した程度は計り知れない。
西洋の音楽・建築・美術などにおいて、キリスト教の影響は計り知れないのである。

ルネサンスにしても、髭男爵が「ルネッサーンス」と呪文をかければいきなり始まるというようなものではなく、
このようにして中世以来において教会の保護の下、着々と積み上げられてきた文化的遺産があればこそ、文芸復興が行われることが可能だったのである。

78 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/27(火) 04:06:32 ID:E/q2htRx
ほとんど釣りなのは明らかだが、真に受けるバカもいるかもしれないので、一応念のため反論しておく。

>>62
>中南米・東南アジアなどの諸国民はキリスト教の宣教師に洗脳され、自らの領土を宣教師を送りつけてきたヨーロッパの支配下に入れてしまった。
事実関係が全く違う。スペイン・ポルトガルが軍事力で占領した土地に宣教師が行って布教活動を行った。
また征服者たちが行った残虐行為を非難する宣教師たちもいた。

それからイギリスやオランダは植民地化の過程で布教活動を行っておらず、専ら交易と領土獲得が目的の植民地獲得である。
またこれらの植民地獲得活動は、モンゴルやイスラム帝国などにより世界史上において普通に行われてきた侵略・植民地獲得活動と同様のものであって、西欧諸国にだけ特別に見られるような類のものではない。
それとアメリカはウイルソンの民族自決主義などにより植民地化には反対の立場を採っている。

>>63
>結果として、現地の文化が消滅した。
キリスト教化により人身御供や首狩りといった「現地の文化」は確かに消滅したが、これらはいずれも人権を採用した近代政府や国際社会の下で早晩絶滅させられる文化であったであろう。
これらは文化の消滅というより、むしろ文明化というべきものである。

>アフガニスタン
日本政府など国際社会が支持したアフガニスタンでの軍事行動は、それ以前に残虐なイスラム系テロ集団によって行われたテロ行為を受けて、この犯罪に首謀した凶悪犯罪者を摘発するために行われたものであって、
「キリスト教的聖戦視と異教徒蔑視に基づいて自らの虐殺欲を正当化し」て行われたものではもちろんない。

79 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/27(火) 04:26:27 ID:E/q2htRx
>>64
前述のとおり、魔女は多神教的迷信に基づくもの。

薬草については、聖書にも乳香や没薬を供え物として捧げたという記述もあるぐらいであり、別にキリスト教的に忌み嫌うべきものではない。
従って、薬草を扱う女性を弾圧したという事実があったとしても、その背景にキリスト教的根拠は何もない。
これも恐らく多神教的迷信に基礎を置くものなのであろう。

陣痛については、女性が男性をたぶらかした罰として与えられたものだとかいうのは初耳だ。
仏教の輪廻思想のせいで、「苦しい陣痛を経験する女性に生まれたり、障害を持った障害者に生まれたりするのは、前世における悪行のせいだ」みたいな俗信が日本では発生した、という話なら知っているが。
ttp://wiki.blhrri.org/jiten/index.php?%A1%F6%CE%D8%B2%F6%BB%D7%C1%DB

>>65
おいおい、イスラム教徒がジハードだとして侵略しまくった歴史も知らないのか。
そうやって占領した土地において、イスラム教徒は「剣か、コーランか」といって改宗を強制した。

仏教徒も随分キリスト教徒を虐殺したしな。

80 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 04:33:46 ID:l4YUA4kb
>陣痛については、女性が男性をたぶらかした罰として与えられたものだとか
>いうのは初耳だ。
>仏教の輪廻思想のせいで、「苦しい陣痛を経験する女性に生まれたり、障害を
>持った障害者に生まれたりするのは、前世における悪行のせいだ」みたいな
>俗信が日本では発生した、という話なら知っているが。

テモテへの手紙(1)2章9-15
同じように、婦人はつつましい身なりをし、慎みと貞淑をもって身を飾るべき
であり、髪を編んだり、金や真珠や高価な着物を身に着けたりしてはなりません。
むしろ、善い業で身を飾るのが、神を敬うと公言する婦人にふさわしいことです。
婦人は、静かに、全く従順に学ぶべきです。婦人が教えたり、男の上に立ったり
するのを、わたしは許しません。むしろ、静かにしているべきです。なぜならば、
アダムが最初に造られ、それからエバが造られたからです。しかも、アダムは
だまされませんでしたが、女はだまされて、罪を犯してしまいました。
しかし婦人は、信仰と愛と清さを保ち続け、貞淑であるならば、子を産むことに
よって救われます。

コリント信徒への手紙(1)14章34-36
婦人たちは、教会では黙っていなさい。婦人たちには語ることが許されていません。
律法も言っているように、婦人たちは従う者でありなさい。何か知りたいことが
あったら、家で自分の夫に聞きなさい。婦人にとって教会の中で発言するのは、
恥ずべきことです。それとも、神の言葉はあなたがたから出て来たのでしょうか。
あるいは、あなたがたにだけ来たのでしょうか。

キリスト教も大したことないな。

>仏教徒も随分キリスト教徒を虐殺したしな。
具体例出したら?
キリシタン関係なら、連中が最初に暴虐行為をやらかしたからな。

81 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 04:41:51 ID:l4YUA4kb
>これも恐らく多神教的迷信に基礎を置くものなのであろう。
多神教ならば魔女狩りもあんまり起こらなかったんじゃないのか?
同じ一神教であるイスラム教では魔女狩りはどれぐらい起こったんだろうねぇ?

82 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 04:47:37 ID:l4YUA4kb
>また、世界で最も優れた芸術である西洋の芸術の成立にもキリスト教が寄与した程度は計り知れない。
その根拠は?
芸術なんて個人の嗜好・趣味の世界だからな。
価値の絶対化なんてできないと思うがな。w

83 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 04:50:08 ID:KMdwwbmh
聖書って人殺し指南書

申命記やヨシュア記を読めよ

さっさと殺せ
ぶんどり品は自分のものにしてもいいよ
皆殺しだー

ってトーン

聖書は蛮行の書

84 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 05:14:39 ID:l4YUA4kb
>おいおい、イスラム教徒がジハードだとして侵略しまくった歴史も知らないのか。
>そうやって占領した土地において、イスラム教徒は「剣か、コーランか」といって改宗を強制した。
信じているのはキリスト教と同じ神だろ?w
あんな神を信じるとロクなことにならんと、言っているようなものだな。w

85 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 05:16:59 ID:jeYVESss
そして仏教はイスラム教に滅ぼされるのだった。
ヒンドゥー教は平気だったのにね。

86 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 08:54:36 ID:jAYTKwH+
>>75-79
要するに、キリスト教国家及びキリスト教徒が
世界中で侵略と殺戮という蛮行を行ったのは
否定しようの無い事実であるという事だな

87 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 09:08:02 ID:KMdwwbmh
絵を踏んだら助けてあげましょう、なんて生ぬるい敵は日本だけ
キリスト教は問答無用の皆殺し

88 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 10:16:55 ID:jeYVESss
仏教は神道にも廃仏毀釈される邪教。
インドから来たくせに日本を名乗る

89 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 13:08:11 ID:FVks3E3s
日本人はアイヌや琉球の文化を随分破壊しまくったよねえ。
西欧による植民地化を批判する資格は、日本人なんかにはない!

90 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 13:23:18 ID:SqiymbTL
>>76
アホだな。魔女裁判は完全にキリスト教に基づいている。
一部のおかしな民衆が始めたという言い訳をするなら、
>>75の仏教徒だった寺同士が武力争いをした事も、一部のおかしな民衆がやってた
だけという言い訳が完全に通用するぞ。

キリスト教の聖書には、「神を信じないものは滅ぼされる」としっかり書いてあるが、
仏教で仏教にならなかったからといって罰が当たるとも書いてない。

91 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 13:28:33 ID:SqiymbTL
>>77
それはキリスト教のおかしな教えが少し緩和されてからの話だろw
教会で都合のいい話しか教わらないからなクリスチャンはw

せっかく世界地図が、地球が球体で出来ていることを突き止めた頃に、
世界は平面の円で出来ていると主張し、世界地図を何世紀分も後退させたのは
キリスト教徒だろうがw

美術が発展したのもキリスト教のおかしな教えがすこしまともになった後。
人間の全裸像を描いたり、彫刻することを禁止して、その間の美術の進展
をかなり阻害したよね。
キリスト教のせいで発展が滞った話は、テレビでもしょっちゅうやってるよ。

92 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 13:34:48 ID:SqiymbTL
>それからイギリスやオランダは植民地化の過程で布教活動を行っておらず、専ら交易と領土獲得が目的の植民地獲得である。
>またこれらの植民地獲得活動は、モンゴルやイスラム帝国などにより世界史上において普通に行われてきた侵略・植民地獲得活動と同様のものであって、西欧諸国にだけ特別に見られるような類のものではない。

こうやって植民地化という卑劣な行為を正当感たっぷりに話すからなキリスト教徒はw

延暦寺の僧侶が武力対立をしていてどうのこうのとか言っていたが、
キリスト教徒がやったからといってキリスト教の教えが悪いわけじゃないという言い訳をするなら、
一部の僧侶が武力対立したのも、仏教の教えが武力を持って戦うことを教えにしていることにも
ならないだろうがw

アフォだな。キリスト教国家が歴史的に世界侵略を最も多くしてきたという話をしているのに。
また一部の宣教師が植民地化は良くないと言っていただけで、後の宣教師は賛成派だったんでしょ。

93 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 13:39:17 ID:SqiymbTL
>キリスト教化により人身御供や首狩りといった「現地の文化」は確かに消滅したが、これらはいずれも人権を採用した近代政府や国際社会の下で早晩絶滅させられる文化であったであろう。
>これらは文化の消滅というより、むしろ文明化というべきものである。

このように、自分の価値観を勝手に押し付けるのがキリスト教の特徴。
だから世界中の文明や文化が消滅した。
消滅したって別に問題ないとかいうのは植民地化した当の本人たちだけ。

>おいおい、イスラム教徒がジハードだとして侵略しまくった歴史も知らないのか。
>そうやって占領した土地において、イスラム教徒は「剣か、コーランか」といって改宗を強制した。
一神教はすぐに自分たちの価値観を人に押し付けるからね。
ってか、ほかの宗教もやってたから自分たちは悪くないっていう小学生の言い訳?

94 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 13:43:37 ID:SqiymbTL
>仏教の輪廻思想のせいで、「苦しい陣痛を経験する女性に生まれたり、障害を
>持った障害者に生まれたりするのは、前世における悪行のせいだ」みたいな
>俗信が日本では発生した、という話なら知っているが。

仏教は、「これが真実、これが最も正しい」とは教えない。
輪廻については日本人全員が違う見解を持っている。人間は最も罪深いから
人間は人間にしか生まれ変わることが出来ないという考えから、
動物、昆虫、植物と様々なものに生まれ変わるという考えや、上記のような考えや、
死んだらそこで全ておしまいという考え方まで様々。

キリスト教は聖書を読ませて、「これが真実!これが最も正しい」と教え込む。
だからみんな自分達が一番正しい人間だと勘違いする。

95 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 13:46:01 ID:SqiymbTL
>>85
キリスト教徒は自ら離教していってるけどね。

96 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 13:49:12 ID:SqiymbTL
>>88
外来宗教だけど、日本の文化の一部になっちゃたからね。仏教抜きに日本の
文化は語れない。

>>89それを言うなら世界中を植民地化しまくったキリスト教は仏教を
批判する資格はもっと無いね。

97 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 13:55:09 ID:SqiymbTL
途上国文明は滅ぼされて当然、キリスト教のおかげでキリスト教の価値観を植えつけたことで文明化したと主張。
世界中の植民地化をしたのは事実だが、それは貿易や経済を活性化させるためだとなぜか偉そうに語る。

まあこんだけ自分で認めているんだから、しょうもない宗教だなキリスト教は。
こんな低俗な考え方が平気で出来ちゃうんだもんねキリスト教は。

98 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 14:52:34 ID:SqiymbTL
植民地化も美術の発展の阻害も科学の発展の阻害もすべてキリスト教によって
されたものじゃないとか言っておいて、

最後は
>キリスト教化により人身御供や首狩りといった「現地の文化」は確かに消滅したが、これらはいずれも人権を採用した近代政府や国際社会の下で早晩絶滅させられる文化であったであろう。
>これらは文化の消滅というより、むしろ文明化というべきものである。

とか言ってのけちゃうキリスト教徒。

科学を否定して、「神の御心にそむく!」とか言っていたのは紛れもなくキリスト教であり、
美術をキリスト教の考え方に縛って発展を阻害していたのもキリスト教で、それは歴史の教科書にもしっかり
書いてあり、正真正銘の事実。
そういうことをしてきたのはキリスト教じゃないなんていう言い訳は通用しない。


99 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 14:57:04 ID:SqiymbTL
キリスト教が行ってきた数々の愚行を認めないクリスチャン。
キリスト教徒がやったことは紛れもない事実なのに、それは
キリスト教じゃないとかわけの分からない言い訳をする。
そこまで自分たちがしてきた愚行を認められないクリスチャン。
つまりそれを認めれば、キリスト教は信仰に値しない宗教ということになってしまう。
残念ながら植民地化も、美術と科学の発展の阻害も全てキリスト教徒が
キリスト教の教えにのっとってやった事で事実、
よってキリスト教は信仰に値しない宗教。

100 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/27(火) 18:48:59 ID:E/q2htRx
こちらもわけの分からないレスがたくさん付いていると思ったら同一人物による投稿かw
気に入らないスレは早く埋めたいと思って連投しているのだろうけど。

ID:SqiymbTL
魔女裁判は多神教的迷信に基づくものだよ。キリスト教の教義に基づいているというなら、その根拠を示せよ。
魔女裁判は無知蒙昧な民衆の圧力に教会が渋々屈して行ったに過ぎないのに対して、延暦寺・園城寺が互いに僧兵を雇って武力衝突を繰り返したのは寺自身が主導して寺が能動的に行ったものだよ。
延暦寺・園城寺の問題はそういう事実があったといっただけであって、そのことで仏教がどうのこうのとは私は言っていないけど。

ガリレオに異端判決が出された時代には、まだ地動説は一つの仮説に過ぎなかったんだよ。科学的に確認されたものではなかった。
もっとも、ガリレオは昇進などをめぐるトラブルから罠にはめられ、でっちあげの偽裁判で有罪判決を受けたに過ぎないという説も有力だが。
因みに、地球球体説は15世紀のイタリアでトスカネリが唱えた説だが、彼が教会から弾圧されたという話は存在しない。

101 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/27(火) 18:49:29 ID:E/q2htRx
植民地支配は他の文化もやっていたからキリスト教徒のも正しいといっているんじゃなくて、当時はそういうことが普通に行われていたのであって、別にそれが違法な行為だとは当時はされていなかったと言っているんだよ。
植民地支配が問題視するのは完全に現代的な価値観だ。
現代的な価値観を以って、植民地化が特に違法行為だとはされていない時代の、だから植民地化を違法行為だとは考えていなかった人々が行った植民地化を批判するのは、まさに現代人が自分の価値観を勝手に当時の人々に押し付けていることに他ならないだろう。
もちろん、押し付けても構わないんだ、というのも一つの立場でその立場を貫くなら構わないのだが、一方で価値観の押し付けを批判しておきながら他方で自分は価値観を押し付けるというのは通らない。

美術など芸術の発展にキリスト教が絶大な貢献をしたというのは常識だよ。とりわけ音楽の分野では、グレゴリオ聖歌やオルガン音楽など教会音楽がまさに西洋音楽の祖先になっている。
日本で作製されたテレビ番組は一般に偏向しまくっているから、あまり信用しないほうがいいよ。

途上国文明は滅ぼされて当然なんじゃなくて、人権・人道に反する行為を行うような文明はいずれ滅亡する運命だったといっているだけ。
諸行無常というなら、ある文明の消滅などそう大騒ぎすることでもあるまいし。

102 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 19:49:10 ID:l4YUA4kb
また鬼畜!!CDUが適当なことをほざいているな。
>魔女裁判は多神教的迷信に基づくものだよ。キリスト教の教義に基づいて
>いるというなら、その根拠を示せよ。
多神教世界で魔女狩りが行われた事例出してみな。
魔女狩りが起こったのは大抵キリスト教世界だろ。

>因みに、地球球体説は15世紀のイタリアでトスカネリが唱えた説だが、彼が
>教会から弾圧されたという話は存在しない。
あのな、地球球体説は古代ギリシャの時代からあったんだがな。

>現代的な価値観を以って、・・・
キリシタン成敗も当時は問題なかったよな。w
しかし、鬼畜!!CDUは「人類普遍の客観的正義」なんてよく使うが、こういう
場合は引っ込めるんだな。w

>美術など芸術の発展にキリスト教が絶大な貢献をしたというのは常識だよ。
>とりわけ音楽の分野では、グレゴリオ聖歌やオルガン音楽など教会音楽が
>まさに西洋音楽の祖先になっている。
たまたま題材に使われたというだけだろ?w
キリスト教の教義が芸術技法にどれだけ影響を与えたというのだい?

>途上国文明は滅ぼされて当然なんじゃなくて、人権・人道に反する行為を
>行うような文明はいずれ滅亡する運命だったといっているだけ。
キリスト教文明もその候補だな。w
しかしな、「人権・人道に反する行為を行うような文明はいずれ滅亡する
運命だったといっているだけ。」と鬼畜!!CDUはほざくが、それは現代的な
価値観だろ?
侵略行為に勤しんでいたキリスト教国には現代的価値観を当てはめずに、
キリスト教国に滅ぼされた文明には現代的価値観を押しつけるというのも
お前らしいな。w

103 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 19:53:53 ID:zxfAFWlt
世間には、被害者であることを過剰にアピール、演出することによって、自分たちの主張や
存在を正当化し、周囲に認めさせようとする人たちがいます。
彼ら彼女らの言い分はこうです。

「我々は虐げられてきた哀れな被害者だ。だから我々を受け入れなさい。
我々の要求に従いなさい。加害者にはその責任がある。」

こうして相手に罪悪感を持たせ、うしろめたい気持ちにさせることにより反論を封じ、
抵抗力を奪い、相手の内部に侵入、支配しようという魂胆なのです。
しかしこのような“ユスリタカリ”に屈してはなりません。ひとつ要求を呑めば
どこまでもつけこんできてキリがないからです。
以下にその例を示します。
 韓国は“ な ぜ ”反日か
 http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

 従軍慰安婦問題とは
 http://www.lcv.ne.jp/~kobamasa/JYUUGUNIANFU.htm
 韓国側が出してきた慰安婦の実態を示す証拠
 http://photo.jijisama.org/ianfu.html


どう対処すべきか
 スイス政府「民間防衛」に学ぶ
 http://nokan2000.nobody.jp/switz/



104 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2009/01/27(火) 20:04:12 ID:vUbYfaAS
魔女狩りの背景には、ヤソの人頭税による経済的重圧と、過度の性的な抑圧による、農村部の集団ヒストリーがあった。
考えてもみたまえ。
火炙りにされると判っていて、自らを魔女とした人の精神状態を。

また、ケルトの術者も当然ながら虐殺された。
人助けの為に薬草を処方しただけでだ。
ヤソは、コレを正義と嘯く。

105 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 20:16:39 ID:jAYTKwH+
>>101
お前の考え方がよくわからんな

キリスト教国家の侵略という蛮行は、当時は問題無かった
しかし当時の日本でのキリスト教徒弾圧は許せない!

というスタンスなのか?

106 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 20:27:57 ID:xNX6tiaM
中世に入ると、キリスト教社会において(公式な教会の教えではないにせよ)
悪魔が人間や動物を使って悪のわざを行うことが信じられるようになった。
このような考え方はキリスト教以前からの民族信仰の名残りや十字軍兵士たちによって
東方から持ち帰られた思想・文化などが融合して生まれたと考えられている。
from ウィキペディア

というように、
魔女狩りが発生したのは民衆からですが、その民衆もキリスト教徒であり、
これはキリスト教の考えと古来からの考えが融合したことにより
発生しており、しっかりキリスト教が関与しています。教会が始めなかったからと言って、
キリスト教が関係ないということにはなりません。

カトリック・プロテスタントともに個人の特定の行為の責任は悪魔などの超自然の力でなく、あくまでも個人にあるという概念が生まれてきたことは確かなことである
from ウィキペディア

こういう考え方が生まれるまでは、メジャーな教会もしっかり魔女裁判に関わってきた事実があるという事です。
またキリスト教民衆から発生した魔女狩りですが、このように、後にしっかり教会も関与して狩を行っております。

107 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 20:35:33 ID:xNX6tiaM
>延暦寺・園城寺の問題はそういう事実があったといっただけであって、そのことで仏教がどうのこうのとは私は言っていないけど。

だったらなんでわざわざこんな文引っ張り出して来たのかね?wやりたい事がよくわからん。

>ガリレオに異端判決が出された時代には、まだ地動説は一つの仮説に過ぎなかったんだよ。科学的に確認されたものではなかった。

仮説だからってわざわざ宗教裁判??w笑わせてくれる。

>もっとも、ガリレオは昇進などをめぐるトラブルから罠にはめられ、でっちあげの偽裁判で有罪判決を受けたに過ぎないという説も有力だが。
そんな話聞いた事ないな。極まりがわるくなったキリスト教会がでっち上げた言い逃れ説だろうが。
歴史の教科書にはしっかり宗教裁判って書かれてるけどね。
しかもただの昇進問題で裁判にかけられたにしては、ガリレオの理論が宗教的概念から外されたのはずいぶん後だね。

108 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 20:43:17 ID:xNX6tiaM
>美術など芸術の発展にキリスト教が絶大な貢献をしたというのは常識だよ。とりわけ音楽の分野では、グレゴリオ聖歌やオルガン音楽など教会音楽がまさに西洋音楽の祖先になっている。
絶大な貢献をする以前に、キリスト教が美術と科学に関してずいぶん規制をして発展を滞らせた事実は無視なわけね。
そこを認めたら、キリスト教の格式に傷が付くもんね。だれもその規制が解かれた後の発展を否定してないだろ。

>日本で作製されたテレビ番組は一般に偏向しまくっているから、あまり信用しないほうがいいよ。
馬鹿かおまえw実際にキリスト教の教会が裸体を書くことを禁止していた時代には、人間の
裸体を描いた作品がほとんど無いだろうがwそんな事も知らないの?
そういう時代でも、隠れて一生懸命美を追求した美術家の作品が時々メディアで取り上げられているよね。
美術館に行っても、「キリスト教によって表現が規制されていた時代の作品」っていう説明の絵も沢山あるよ。
教会の神父や牧師の話も、キリスト教に都合のいいように変えれてるから、あんまり真に受けないほうがいいよ。
じゃないと、全世界で常識になってる事実も知らない、あんたのようになってしまうからねw




109 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 20:48:56 ID:xNX6tiaM
>諸行無常というなら、ある文明の消滅などそう大騒ぎすることでもあるまいし。
おまえバカだろw諸行無常っていうのは、自分の価値観を押し付けてどっかの民族を
滅ぼしているのを黙っ見ていていいって意味じゃないんだぞw

あと、諸行無常っていうのは、万物は移り変わるものであり、永遠に変わらないものは
ない。だからおごり高ぶっていい気になっていてはいけないという意味なんだよ。
国語の教科書で小学生の時に習ったでしょ。
なんでも移り変わるんだから、隣の文明も破壊しても問題ないっていみじゃないんだよ、
永遠大好き自分だけが最も正しい残忍残虐行為正当化のキリスト教徒さん。

110 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 20:49:18 ID:gcgQwKwX
「キリスト教音楽」なんてないぞ。合唱音楽だろ。

111 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 20:55:49 ID:xNX6tiaM
>キリスト教の教義が芸術技法にどれだけ影響を与えたというのだい?

アハハ!!(~▽~*)/≡クルッヽ( )ノギャハハ!!≡クルッ(*_ _)/バンバン!!全くだ!!

>キリスト教文明もその候補だな。w

ヾ(T∇T)ノ彡☆ギャハハ!!バンバン!!全くその通り☆

>しかしな、「人権・人道に反する行為を行うような文明はいずれ滅亡する
運命だったといっているだけ。」と鬼畜!!CDUはほざくが、それは現代的な
価値観だろ?
侵略行為に勤しんでいたキリスト教国には現代的価値観を当てはめずに、
キリスト教国に滅ぼされた文明には現代的価値観を押しつけるというのも
お前らしいな。w

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆全くだwwwキリスト教はこういう本とに自分勝手な
考え方しか出来ないからねw


112 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 21:02:33 ID:xNX6tiaM
まあ、CDUがキリスト教に関する都合の悪い事実をどんなにここで頑張って
言い訳で捻じ曲げようとしても、世界中の人のキリスト教に対する認識は少しも
変わらないけどねw

伝統的にキリスト教を信仰してきた土地のクリスチャンでさえ、1世紀以内に
無くなると言っている宗教だもん。

CDUのような、自分で発言してキリスト教の墓穴を掘るような人間が減らない限り、
キリスト教圏の人のキリスト教離れは止まらないだろうね。

キリスト教が行ってきた数々の愚行の事実を認め、謙虚になり、優越性を主張しないで
相手を尊重できる宗教になれば、少しは生き残る可能性はあるんだがね。

CDUのような人間がキリスト教の品格をどんどん下げて、キリスト教が消滅に向かっていくのが残念だ。

せっかくクリスマスとか楽しいのに。

113 :神も仏も名無しさん:2009/01/27(火) 22:07:11 ID:xNX6tiaM
>魔女として訴えられた者には、町や村、もしくはその近郊に住む女性で、
>貧しく教養がない、あるいは友人が少ないといった特徴を持つものが多かったようである。
>近代に入ってもカトリック・プロテスタントを問わず、宗教界の権威者たちは
>非キリスト教的な思想を嫌った。それは旧約聖書にあるヘブライ人たちの多神論への攻撃
>にその論拠を求めたものであった。
fromウィキペディア
あれあれ、これじゃ魔女裁判をしていたのは多神教じゃなくて、カトリックとプロテスタントが
多神教を裁いていたんだな。
こりゃCDUの言い分と逆だな。
キリスト教が魔女裁判をしていた事実がありすぎて、これ以上並べきれないや。


114 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 00:57:22 ID:SG/GocO+
日本人の宗教に対する寛容さ(というか無節操さ)を
世界中の人たちが見習えば
宗教対立に端を発する争いは無くなるのにな。 と思う。


115 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 01:01:46 ID:xXzHbzvu
聖書は論理的矛盾に気づかないレベルの児童が読む書物。
アルファベットを学ぶくらいにしか役に立たないし、アルファベットを
学ぶためならもっと良い書物がいくらでもある。
それに、児童がもし聖書の内容を信じるようになってしまったら大変だ。
彼ら彼女らに論理を教えるのは不可能になってしまうだろうから。

116 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 01:05:46 ID:ZDF55gJz
>>114
まったくそう思う。

117 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 01:05:51 ID:ah0uW0PI
>>115
聖書は良いとこだらけってことか

118 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 01:07:18 ID:ah0uW0PI
>>114
そうじゃなだろ
キリスト教がなぜ常に挑戦的なのかというと
それは常に新しいから
新鮮だからですよ
古いものが妬んでるってわけです
wwwwwwwwwwwwwwwwww

119 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 01:18:57 ID:F1+/zmyd
>>114
同感
>>118も、もっと寛容(または無節操)になれば余計な諍いが一つ減るのにな

120 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/28(水) 03:26:47 ID:Dryn1r/b
何言ってやがる、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップどもがw

>>102
>多神教世界で魔女狩りが行われた事例出してみな。
魔女ではないが、「キリシタンバテレンの妖術使い」だとして拷問・虐殺された人たちならいたよね。
http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/naniwa/naniwa050730.html

>あのな、地球球体説は古代ギリシャの時代からあったんだがな。
またネット検索で得た情報か?w で、それがどうした。

>たまたま題材に使われたというだけだろ?w
あほ。違うよ。

121 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/28(水) 03:53:48 ID:Dryn1r/b
>>105
あのな、信教の自由をはじめ人権は全ての人間が創造主たる神から与えられた権利であり、全ての人間が当然に持つものであるから、いつの時代・どこの地域においても侵害されることがあってはならない。
従って、これは人類普遍の客観的正義であり、これに対する侵害行為はいかなる時代・地域におけるものであっても批判の対象である。


他方、国家が行う対外進出行為や植民地支配については、人類普遍の正義からは特に否定されてはいない。
むしろ以前に教会や国際社会において採用されていた考え方は正戦論と呼ばれるものであり、正義に適う戦争ならば構わないとされていた。
また一人一人の個人が持つ自己防衛権の一部を集約したものとしての防衛権が、個人の集合体である国家にも当然に備わると考えられており、自国更には友邦の利益や自国民を守る権利が国家には当然に備わっている。
この点で、自国民の巡礼者や友邦の救助要請に基づいて行われた戦争の合法性はクリアされる。

で、国際紛争を解決するための戦争を開始することが一般に禁止されるに至るのは、パリ不戦条約のような条約によるものであろう。
人類普遍の客観的正義においては認められている国家が正戦を行う権利や自己防衛権を各国間の合意に基づいて一部制限を課したのである。
つまり、本来の自然権としての権利はあるが行使しないという合意を条約によって国際社会は行ったということである。

これを例えると、飽くまで自分の我を通して父の意向を無視した我が儘野郎のBと、
我を通そうと思えば通せたが自分が果たすべき役割をきっちり理解し献身の精神を発揮して敢えて我を抑えて父の意思に従い運命を受け入れたCという2人の男が仮にいたとすれば、
国際社会はこんなアフォなBのような振る舞いはもはや止めて、正しく立派なCに少しでも倣おうとしたというべきであろうか。
図式化すると、
B<<<<<<国際社会<<<<<<C
という感じかな。

植民地もつい最近まで香港やマカオなどに存在したが、これらについて人類普遍の客観的正義に反するといった指摘は聞かれず、それぞれ英国及びポルトガル政府と中国政府との国家間合意によって返還されたものに過ぎない。
従って、これらは現代的な価値観だということになる。

122 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 04:46:24 ID:T6Kez6Zh
何言ってやがる、低脳の劣等教徒イエローモンキー糞カトがw
>魔女ではないが、「キリシタンバテレンの妖術使い」だとして拷問・虐殺された人たちならいたよね。
当時の御法度犯したからな。
別に修験道、陰陽道の祈祷師ならばよっぽどなことしない限り放置だな。w

>またネット検索で得た情報か?w で、それがどうした。
お前の知識不足が露わになっただけ。w

>あのな、信教の自由をはじめ人権は・・・
また長ったらしい駄文を投下しているが、異端審問はどうなるんだい?w
この場合の信仰の自由は?w

で、また釈迦とイエスを引っ張りだしているが、以前にも言ったとおり
イエスは
「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。
平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。わたしは敵対させるために
来たからである。人をその父に、娘を母に、嫁をしゅうとめに。こうして、
自分の家族の者が敵となる。わたしよりも父や母を愛する者は、わたしに
ふさわしくない。わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしく
ない。」
と不和の種を撒きにきたと自ら認めている。w
でよ、お前の言う人類普遍の客観的正義にキリスト教は背いたことはないのかい?w

123 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/28(水) 04:52:40 ID:Dryn1r/b
>>102
>キリスト教の教義が芸術技法にどれだけ影響を与えたというのだい?
例えば、バッハの作品の中には楽譜を見ると十字架の形に音符が並んでいる音形が出てきたり、Kyrie eleisonという言葉に合わせた旋律が出てきたりとか、色々あるんだよ。
あと、教会や修道院での祭儀に用いるための音楽が作曲されるという形で音楽が発展していったし、
教会所属の楽師長やオルガニストとして給金を得て生活費を稼ぎつつ、好きな作品を作曲した作曲家がいたりとかな。

とにかく、西洋の芸術にとって教会との関係は切っても切れないもんなんだよ。
ま、こんなことを質問している時点で、君たちの知的レベルが極めて低いことが改めてばれてしまったなw

124 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/28(水) 04:55:44 ID:Dryn1r/b
>当時の御法度犯したからな。
魔女も当時の御法度犯したんだろ。

>と不和の種を撒きにきたと自ら認めている。w
家族の価値より個人の尊厳を重んじることを述べたと何度言えば(ry

125 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 05:18:36 ID:T6Kez6Zh
>例えば、バッハの作品の中には・・・
既存の技法を使っただけ。
キリスト教の教義が芸術技法に革新をもたらしたものではない。

>あと、教会や修道院での・・・
王侯貴族、富豪と同じくパトロンであっただけ。w

>魔女も当時の御法度犯したんだろ。
どういう具合に?w

>家族の価値より個人の尊厳を重んじることを述べたと何度言えば(ry
その根拠は?
イエスの言ったことは
「わたしは敵対させるために来たからである。」
「個人の尊厳を説きにきた」とどこにある?w

でよ、いい加減
>あれは一定の条件下でのみ起こる現象だっただろうが。
その「一定の条件下」とやらをソース付きで出しな。w

にも答えてくれよな。w

またダンマリ戦法か?w

126 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 05:28:59 ID:T6Kez6Zh
でよ、鬼畜!!CDUよ、
>魔女も当時の御法度犯したんだろ。
と主張するということは、
当時の法に「魔女は処罰対象」とあるということだな。
>魔女裁判は無知蒙昧な民衆の圧力に教会が渋々屈して行ったに過ぎない
と、お前は言っているが「無知蒙昧な民衆」は法に基づいて魔女狩りを
やらかしたということだな。w
「人類普遍の客観的正義」はどこへ行った?w

127 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 05:58:12 ID:H4LaEi91
確か旧約聖書のどこかに「魔女は一人残らず殺さなければならない」とかいう記述があるんだよ。
さすがにこれは当時も不合理な記述だとしてスルーされていたんだが、民衆達がどういうわけかこの記述の存在を知って、
これを持ち出してきて教会に魔女を裁くように迫ったため、教会も抗し切れなくなった、というのが事実関係じゃなかったか?

128 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 06:28:02 ID:xXzHbzvu
つまりキリスト教に教養を高める効果は全く無いってこった。

129 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 06:47:52 ID:gSx9y7e2
「女呪術師を生かしておくな」出エジプト記 22:18
「男または女で、口寄せ、または占いをする者は、必ず殺されなければならない」(レビ記 20:27)

んー、「魔女裁判は多神教的迷信に基づくものだよ。キリスト教の教義に基づいているというなら、
その根拠を示せよ。」というCDUの主張とは異なっているな。

130 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 08:12:39 ID:iHvenpD0
>>121
>信教の自由をはじめ人権は全ての人間が創造主たる神から与えられた権利

これって矛盾してるんじゃないの?(笑
キリスト教って多神教か?




131 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 08:34:16 ID:evcAMnwi
>>121
は?
では、各地域に根付いていた土着の信仰(宗教)を駆逐していったキリスト教徒は
人類普遍の客観的正義を侵害した批判の対象になるじゃないか

132 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 08:45:44 ID:uqmxHS/B
純朴な日本の百姓たちを唆して一揆を起こさせたキリスト狂宣教師は
日本人にひどいことしたよね(´・ω・`)

133 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 15:47:57 ID:gD/Vj6sO
キリスト教徒に殺された日本人

広島:14万人
長崎:7.4万人

134 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 17:57:49 ID:QYvpLKNQ
日本人から欧米人へ

ナザレのイエスは、両親と共にユダヤ教徒でした。
イエスは、アラビア系人種ですから
肌の色は浅黒く堀の深い顔と考えられます。
ですから、肖像画に描かれた白人ではありません。

本当は、イエスの母は、兵士に手篭めにされて
イエスを身ごもったのでした、これで神といえるの?

135 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 19:15:12 ID:gSx9y7e2
CDUは何か言うたびにボロが出るな。

136 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 20:07:43 ID:lanuNWzi
手篭めにした兵士にヤーウェが化けてたんだろw

137 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 20:30:14 ID:xXzHbzvu
ローマ白人に犯されてマリアは子を孕み、
我が子を思って誰の子か言わず、イエスを生んだ。

夫は言わずとも何が起こったのかを察し、
妻マリアのウソをそのまま受け止めた。
いやー、夫婦の愛だね〜。

つーわけで、宗教画でイエスが白人のように描かれるのは、
ローマ白人レイプでできた子だからじゃねーの?

まあマリアが嘘ついてまで生んで育てたイエスも
そのローマ白人の手によって結局殺されたわけだが。
それとも本物のイエスは岩穴でガタガタ震えてて、
おっ死んだのは影武者か?

いやあ白人の文化って素晴らしいですねえ。

138 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 20:58:17 ID:amexu3dO
>それは常に新しいから
>新鮮だからですよ

へえ、絶対正しい全知全能の神のおっしゃるお言葉が新鮮なまでにコロコロ変わるんですかw
それはすばらしい!!


139 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 21:00:22 ID:amexu3dO
>何言ってやがる、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップどもがw

ふーん、キリスト教徒は人種偏見差別するんだな。これじゃいかさまモルモンと同じだな。
今日からキリスト教は、モルモンと同格と位置づけておくよ。

140 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 21:23:30 ID:QYvpLKNQ
マリアが、イエスを生んだ母ではありません。
イエスが、馬小屋で処女降臨したのではありません。

ナザレのイエスは、一言も「イエス=キリスト教」とは言っていません。

西暦325年ニーケア会議で、白人が「イエス=キリスト」教をでっち
あげました。

アラブ系のイエスは浅黒い体は、白い体に変えられ肖像画にかかれました。
しかし、最古の肖像画が発見されました

良い羊飼いのイエスの肖像画でした、皮膚は茶色っぽく白人ではありません
でした。

マリア信仰と言う概念さえ、原始キリスト教にはありません。
その後、白人帝国のキリスト教のご都合主義で「マリアを聖母」
として認めらたにすぎません。

聖母マリアは「処女」でなければなりません。
これもキリスト協会側の御都合主義です。



141 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 21:32:54 ID:amexu3dO
>あのな、信教の自由をはじめ人権は全ての人間が創造主たる神から与えられた権利であり、全ての人間が当然に持つものであるから、いつの時代・どこの地域においても侵害されることがあってはならない。
>従って、これは人類普遍の客観的正義であり、これに対する侵害行為はいかなる時代・地域におけるものであっても批判の対象である。

と書きつつ、

>他方、国家が行う対外進出行為や植民地支配については、人類普遍の正義からは特に否定されてはいない。
>むしろ以前に教会や国際社会において採用されていた考え方は正戦論と呼ばれるものであり、正義に適う戦争ならば構わないとされていた。
>また一人一人の個人が持つ自己防衛権の一部を集約したものとしての防衛権が、個人の集合体である国家にも当然に備わると考えられており、自国更には友邦の利益や自国民を守る権利が国家には当然に備わっている。

と、植民地化は合法扱いされている。
他の国が攻めてきて反撃したら正当防衛だが、攻められてもいないのに外国に攻め入るのと植民地化はただの侵略行為だろうが。
現地の人の人権犯しまくってるし。
現地の人の人権を奪っておいて、それのどこに正義があると言うのか。


142 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 21:33:22 ID:amexu3dO
>創造主たる神から与えられた権利
に人権が入っているのなら、神の子供をむやみに侵略して殺してはいけないし、
権利があるのだから侵略されずに平和に生きる権利がある。

ところがCDUの言い分は、「植民地化は正しい戦争」??

つまり、他人には神からの権利を強要するけど、キリスト教徒が行った侵略行為は正当化されるって言いたいのかな?

神は侵略行為を正しいなんて言わないと思うけどねぇ。それともキリスト教の神ってそういう神なのかな?
他の民族がいけにえとかしてるのは駄目だけど、キリスト教徒が侵略行為で殺人、虐殺するのは許すみたいなw

そういう神なら、救いようの無いほんとにダメダメ宗教だな。
現代社会にそぐわないから滅亡した方がいいわ。

あと、「父の意向」の意味が分からない。また「できるけどしなかった」って何を?


植民地は十分に人類普遍の正義に反すると思うけどね。
植民地化が合法だっていう主張は国連に通用すると思ってるの?それは斬新だなw論文で発表したら?

CDUの言う「人類普遍の正義」は、他の国は他人の人権を守れだけど、キリスト教国が行う
侵略行為は全部許されるっていう「正義」だね。

143 :神も仏も名無しさん:2009/01/28(水) 23:19:48 ID:QYvpLKNQ
ローマ帝国とイエス=キリスト(白人)とマリア(白人)を中心に、周囲の国が栄える。

ローマ帝国の考えた八紘一宇だね。

144 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/29(木) 04:35:50 ID:jP/FEp0u
何を言ってやがる、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップが。

>>125-126
>キリスト教の教義が芸術技法に革新をもたらしたものではない。
いやいや、上述のものの他にも、現在一般広くに使用されている「ドレミファソラシド」という音階は、
教会旋法という教皇グレゴリウス1世が教会で用いる音楽で使用するために作り上げた音階を発展させたものだ。
また、半音も含めて音階を12に分けたのは、キリストの使途の数12に因んでいるとされている。

>王侯貴族、富豪と同じくパトロンであっただけ。w
アフォ。w パトロンによる支援金と労働の対価としての給与とをごっちゃにする気か?

>どういう具合に?w
>当時の法に「魔女は処罰対象」とあるということだな。
どうやら旧約聖書に規定があったらしいな。

>その根拠は?
個人の利益を追求すれば家庭内で争いが起こることもままあるだろう。ゴータマ君とこの家庭が体現してくれているじゃないか。w

>「人類普遍の客観的正義」はどこへ行った?w
人間を魔女として裁くのは「人類普遍の客観的正義」に反しているな。

145 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 04:43:09 ID:OtEjkUvw
>いやいや、上述のものの他にも、現在一般広くに使用されている「ドレミファソラシド」という音階は、
>教会旋法という教皇グレゴリウス1世が教会で用いる音楽で使用するために作り上げた音階を発展させたものだ。
>また、半音も含めて音階を12に分けたのは、キリストの使途の数12に因んでいるとされている。
それのどこがキリスト教義だ?w

>アフォ。w パトロンによる支援金と労働の対価としての給与とをごっちゃにする気か?
パトロンは芸術の保護者の一面を持つが、教会はただの取引相手ということかい?w

>どうやら旧約聖書に規定があったらしいな。
また、お前の無知が一つ明らかになったな。w

>個人の利益を追求すれば家庭内で争いが起こることもままあるだろう。
>ゴータマ君とこの家庭が体現してくれているじゃないか。w
イエスは積極的に家族間に不和をもたらすと明言してるよな。w

>人間を魔女として裁くのは「人類普遍の客観的正義」に反しているな。
キリスト教国は「人類普遍の客観的正義」とやらに未熟だったわけだな。w

146 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/29(木) 04:49:34 ID:jP/FEp0u
>>141-142
おいおい、もう少し落ち着いて私のレスを良く読めや、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップがw
そのレスに対する答えのほとんどは既に書いてあるぞ。

他国を植民地化することと、植民地において人権侵害行為が行われるということは、また別次元の問題だぞ。
英国政府が中国に植民地である香港を返還するに当たって最も懸念したのは、返還後に香港の住民が中国本土の住民と同様に強度の人権侵害状況に置かれるのではないか、ということだ。
この点、中国政府に香港市民の自由は保障するという約束を取り付けさせたことで、返還の交渉がまとまったのだ。
実際、中国本土では法輪功は激しく弾圧されているようだが、香港では自由な活動が認められているようで、中国政府が法輪功の信者に対してどんな弾圧をしているかという展示まで香港ではしているのを見た。
まあ、少し前のことなので、今は状況が変わっているかも知れんが。

東ティモールにしても、オランダ支配下においては住民が抑圧されることはなかったが、インドネシアに返還されてから市民は徹底的に抑圧され、結局国際社会の力で独立をさせるという経過を辿るしかなかった、という事例もある。

いずれにしてもだな、

植民地=人権侵害=悪
どんな抑圧的な人権侵害体制下に人々を置いている文化でも、他国の文化を改めさせるのは良くないよー

みたいな小学生並みのナイーブな感覚も麗しいと見ることもできないこともないが、残念ながら世界はそんなに単純ではないのでな。

147 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 04:58:49 ID:OtEjkUvw
>英国政府が中国に植民地である香港を返還するに当たって最も懸念したのは、
>返還後に香港の住民が中国本土の住民と同様に強度の人権侵害状況に置かれる
>のではないか、ということだ
アヘン販売、アヘン戦争で悪業積んだイギリスが何抜かすというとこだな。w

>東ティモールにしても、オランダ支配下においては住民が抑圧されることは
>なかったが、インドネシアに返還されてから市民は徹底的に抑圧され、結局
>国際社会の力で独立をさせるという経過を辿るしかなかった、という事例も
>ある。
「国連総会ではこの侵略と不法占領を非難する決議が直ちに採択されたが、米・
欧・豪・日など西側の有力諸国は反共の立場をとるインドネシアとの関係を
重視し、併合を事実上黙認した。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AB#.E3.83.9D.E3.83.AB.E3.83.88.E3.82.AC.E3.83.AB.E6.A4.8D.E6.B0.91.E5.9C.B0
欧米には「人類普遍の客観的正義」がないということでOK?

148 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆2LvsSEe6xY :2009/01/29(木) 05:10:27 ID:ODk4OE7Q
エロエロエッサイム!

149 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/29(木) 05:39:42 ID:jP/FEp0u
まあ、日本は自前の植民地を持つことに失敗した腹いせからか、植民地=悪と教育する傾向があるから、
こういう単純思考の持ち主が育ってしまうのも無理のないことなのかも知れないけど、もう大人なんだろうからもう少し勉強して欲しいよね。

150 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 05:45:19 ID:OtEjkUvw
>まあ、日本は自前の植民地を持つことに失敗した腹いせからか、植民地=悪と
>教育する傾向があるから、こういう単純思考の持ち主が育ってしまうのも無理の
>ないことなのかも知れないけど、もう大人なんだろうからもう少し勉強して欲しいよね。
植民地の地元民を物扱いするのには慣れてなかったからな。w

151 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 06:10:23 ID:Uhg5V0PO
イエス=キリストが見たら、愛の無い植民地支配を嘆くだろうよ。

イエスは神を崇めろなんて言ってない。
愛の奇跡を信じろと言ったのに。

152 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 09:34:40 ID:8fvgQkJf
他者の信仰する異教を認めず、異教徒を殺戮しまくってきたキリスト教徒は
人類普遍の客観的正義とは対極の存在だな
キリスト教徒の存在自体が古くから既に悪
イエスも嘆いているだろう

153 :イエスキリスト:2009/01/29(木) 11:08:06 ID:O++rlz5i
嘆いてます!
馬鹿なDCUはICUなんかに毎日祈られて、キモチ悪いっす。
この十字架から降ろせとニランでるのに!
皆さんおひさー

DCUは心療内科の薬飲んで病院へ帰れ!
分裂症は社会の迷惑!

154 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 11:19:07 ID:+PgvJXRU
中世のキリスト教徒が異教徒や、無実の人に対して行った残虐行為に比べれば生ぬるい方です

155 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 11:40:42 ID:87Oq3XMZ
中世に行われたことと同等以上のことを20世紀に入るまで続けた日本(笑)

156 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 12:03:07 ID:+PgvJXRU
>中世に行われたことと同等以上のこと

いやとんでもない。教会の残忍さに比べれば。

教会が行った拷問と比較

日本
>火あぶりは、柱にくくりつけ、周囲に薪を置いて火をつける。苦しみを長引かせ、
>信仰を捨てさせるため、薪は柱から離してとろ火で焼いた。背教したければ逃げ
>出せるよう、くくる縄は弱く縛ってあったという。

教会
苦しみを長引かせるため、とろとろと焼く。
「女の方は炎の中で半時間、男は1時間以上燃えておりました。その男が焼かれながら
嘆願する悲痛な声が聞こえていました。それはもう少し薪を加えてくださいというだけのものでした
その願いは聞き入れられませんでした」(ジョン・ヴェルド「異端審問の歴史」リスボン駐在の司祭ウィルコックスの証言
江戸時代の日本は背教すれば逃げられたが、法廷の自白を撤回しても「偽証」「逆戻りの異端者」として生焼き。
日本
雲仙の硫黄沸き立つ熱湯を、柄杓に入れて少しずつかける、という熱湯責め
「転べば」助かる

教会
裸にし、右手の親指と左足の親指をつなぎ、左手の親指と右手の親指をつないで川か池に放り込む
水中に沈めば無罪(溺死)浮かべば有罪「ジェームズ王「悪魔論」

157 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 12:03:56 ID:+PgvJXRU
日本
木馬責め、切・支・丹の焼印押し、硫黄と灰を鼻に押しあて口を閉じさせる、前回書いた穴吊り、
など苦しみが長くなかなか死なないような拷問

教会
予備拷問(教会の感覚では拷問とされていない。)
指責め(手や足の締めわくをあて、もくねじで締め付ける。肉は割け、血はほとばしる)
梯子責め(平らに横たえた梯子に四肢を縛り、ロープと万力で締め上げる

拷問
吊り上げ・・足におもりをつけた被告を背中で縛り上げロープにつるす
吊り落とし・・上記の被告を天井まで吊り上げ、ロープを放し地上すれすれで止めてショックを与える
        (四肢は全て脱臼し、3回やれば絶命した)
骨砕き・・すねなどにわくをはめ、万力で骨を砕く。さらに手足を切り落とし、焼けたペンチで
     肉をちぎり取る

鉄の靴・・真っ赤に焼けた鉄の長靴を履かせ、その靴をハンマーで打ちつぶす

158 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 12:14:02 ID:+PgvJXRU
処刑料金表 1757年 ケルン大司教認可

・四頭の馬で四つ割き(5ターレル26アルプス)
・肢体を4半分に切り分け(4ターレル)
・生きたまま火あぶり(4ターレル)
・車輪に縛り付けて生体粉砕(2ターレル50アルプス)
・処刑開始前に熱した火ばさみで圧搾(26アルプス)
・舌の全部または一部を切り取り、その上で灼熱のコテで口腔内を灼く(26アルプス)
・切り取った舌、または腕を曝し台に釘付け(1ターレル26アルプス)
・第1段階拷問 (1ターレル26アルプス)
・第二段階拷問 (2ターレル26アルプス)

159 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 12:21:14 ID:+PgvJXRU
教会が行った異端者の拘束状態

「被告は自白を拒んだので、一本の敷き藁もない地べたに、陰部を覆うもの意外には
一切れの布きれもなしに、仰向けに横たわらなければならなかった。左右の腕はそれぞれ
壁に固定したロープで引っ張られている。両足も同様である。そしてその体の上には
耐えられる限りの重さの鉄と石のおもしが載せられていた」

(1654年7月24日付 ケント州巡回裁判記録)

>>155
島原の乱よりあとですなこれ。

160 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 12:29:03 ID:+PgvJXRU
ドイツ西北部の町リントハイムにあった「魔女の塔」

「・・その暗い内部にはいると、地面から15フィートのところに人間が立っていられるだけのくぼみがある
そこにはいくつもの手かせ足かせが、壁に固定された数インチしかない長さの鉄鎖でつるされている。
従ってここに監禁されていたものは、この手枷足枷に固定されて、身動きもならず、地上15フィートの
ところに宙づりにして収監されていた・・」

161 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 12:29:38 ID:+PgvJXRU
あげとくわ。ネタはつきないし。

162 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 12:44:19 ID:87Oq3XMZ
>>1以下に書かれている日本の刑罰・拷問と苛酷さにおいて程度に大して違いはないようだが。
しかも、日本の場合はこのようなことを島原の乱以降も20世紀に入るまで継続したわけで。
西欧においては、フランス革命の頃までにはギロチンが採用されるなど、受刑者に必要以上の苦痛を与えないようにするための配慮が行われるようになっていく。

163 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 12:54:28 ID:+PgvJXRU
>>162
20世紀?大丈夫ですか?日露戦争が1905年なんすけどw 日本人?

>>1以下に書かれている日本の刑罰・拷問と苛酷さにおいて程度に大して違いはないようだが。
酷さも数もまた冤罪の数、救いのなさは教会の残酷さに比べれば日本レベルは「第1段階拷問」
つまり、「拷問をえずせず自白した」と見なされる程度だよ

164 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 13:03:48 ID:87Oq3XMZ
それに、日本の「転べば助かる」という道筋を作ったのも、その理由は人道上の配慮をしてとかじゃなくて、『殉教者としての栄光を味わせない』ためのものだ。
実際、当初はお構いなしに殺していた。
人々の内心までコントロールしようとするものであり、より過酷な扱いだと評価することができよう。

165 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 13:08:34 ID:87Oq3XMZ
日本における、特高警察の過酷な拷問や大本教に対する大迫害も知らないのかなあ?
いずれも20世紀半ばの話だよ。

166 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 13:13:55 ID:+PgvJXRU
>>164
いや、教会のやり方はもっとひどいんだけど?よく考えてご覧?教会は自白すれば助ける
といって全部殺しちゃったんだよ?嘘を公然と行った。
日本

転べば助かる→本当に助かる
死ねば殉教者
教会

「転べば助かるよ→(嘘)→偽証者
死ねばやはり背教者
「その改宗の誓いが真実なものであっても、異端の罪で処刑されればならぬ」第4回十字軍シモン・ドモンフォール

167 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 13:18:16 ID:+PgvJXRU
>>165
おまえの大好きなフランス人は19世紀まで人身売買、拷問、拷問、虐待、焼印していた事実を知らないのか?
アブグレイブ刑務所における捕虜虐待 、グァンタナモ米軍基地 ベトナム戦争、CAI 
21世紀にもな
いくらでもあるぞw

168 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 13:18:46 ID:+PgvJXRU
CIAな

169 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 13:23:12 ID:8fvgQkJf
キリスト教国家のアメリカ軍兵士はつい最近までイラクで拷問していた
キリスト教徒の本性が出てしまったな

170 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 13:40:06 ID:87Oq3XMZ
いや、米兵による虐待などは違法行為・違憲行為として行われたものに過ぎない。
日本の特高警察の過酷な拷問や大本教に対する迫害は、日本国としての日本の国内法における合法的な行為として行われたのだから、性質が全く異なる。

171 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 13:45:40 ID:8fvgQkJf
キリスト教徒が現在でも蛮行に及んだ事は確かだろう
大昔からキリスト教徒の残虐で野蛮な性質は変わっていないのだよ
イエスは嘆いているだろうなぁ

172 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 13:45:50 ID:838xucY7
どうも論点がずれてると思うなあ。
>>1では江戸時代の事を取り上げて日本はキリシタンにひどい事をした
といってるわけだろ?
だから同時代の西欧の教会が行なった残虐行為をあげている>>154さんの意見は筋が通ってる

ところが>>155さんの20世紀まで云々の意見はずれているとしか思えない。そこから教会から国に話がとんじゃってるし。

173 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 13:47:39 ID:87Oq3XMZ
>>166
十字軍の時代の話か。
それにしても、言ってることが矛盾してるぞ。
お前の引用によれば、改宗しても処罰するとはっきり言っていたんだろ。だったら、だまし討ちにはならない。

174 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 13:56:24 ID:+PgvJXRU
>>170
国家機関の行為だよ。何しらばっくれてんのよ。違法行為とわかっててやってばれただけのことじゃん。

>>173
>お前の引用によれば、改宗しても処罰するとはっきり言っていたんだろ
違う違う。まず上の例は人口三万人のペジエで二万人の老若男女を殺したときのことで
改宗を申し出た異端者に言った言葉

175 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 14:10:41 ID:87Oq3XMZ
それに、背教者というのはこの世でのことだろ。
もし彼が、本当は正しかったのだが、誤って背教者だという烙印が押されて処刑されたのだとすれば、この世が誤っていたのだとして彼は神の慰めを受けることができる。
もし、本当に神の前で彼が誤っていたのなら、背教者だというこの世での認定は正しかったことになり、問題なし。
しかし、この世で助かるという甘言に惑わされて、正しい信仰を捨てたとなれば、この世で少しばかり生き長らえられたということと引き換えに、神の前で咎めを受けることになろう。
(尤も、実際に処罰に至るかどうかは分からんが。止むを得ないと判断されて寛恕される可能性もある。)
この点で、転びを唆す日本のやり方のほうがより過酷だと評価することができよう。

>>172
>>4も読んだ?

176 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 14:16:53 ID:+PgvJXRU
>>175
あなたの言い分は悪魔のいいわけとしか思えないんですけど?オウムのポア思想とよく似てるけど
キリスト教もオウムなの?

177 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 14:20:08 ID:87Oq3XMZ
>>174
だから、国家機関の行為だとしても違憲行為だろうが。
日本みたいに合法的・合憲的な行為として20世紀に堂々と拷問をしていたのとはわけが違う。


改宗しても処罰されると言っていなかったとしても、改宗しても処罰されるという事例が重なれば、改宗しても処罰されるんだなと自ずと分かるようになる。

178 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 14:24:54 ID:8fvgQkJf
キリスト教徒は、21世紀になっても捕虜を虐待したり
少年に性的虐待したりといろいろやるね

179 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 14:27:11 ID:838xucY7
>>175
もちろん読んだ上で書いてる。論点がずれていることまだわかりません?

>>175さんの書いてあることに依ると、クリスチャンみたいだけど、「だまし討ちじゃない」とか凄い擁護の仕方しますね。


180 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 14:29:15 ID:+PgvJXRU
>>177
>日本みたいに合法的・合憲的な行為として20世紀に堂々と拷問をしていたのとはわけが違う。

ふーん君の言い方じゃこれで済むのでは?

>処罰するとはっきり言っていたんだろ。だったら、だまし討ちにはならない

181 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 14:30:15 ID:87Oq3XMZ
>>176
いや、別に異端を処刑することが正しいと言っているんじゃない。異端審問は誤りだった。
ただ、西欧の異端審問も酷いが、日本のやり方のほうが、人々の内心にまで土足で踏み込んでいる点で、より過酷だと言っているだけ。

182 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 14:33:49 ID:+PgvJXRU
>>181
内心の自由を許さないのは西欧の異端審問だよ。

「全く無実」のものを異端者に仕立て上げ、拷問で白状すれば死刑、白状しなくても死刑。

つまりだ。異端者でもないのに、異端者だと嘘を拷問でいわされて死刑、いわなくても異端者として死刑。
内心の自由どころか比較の対照にならん

183 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 14:38:27 ID:87Oq3XMZ
だまし討ちにはならないといっているだけで、だから正しい、と言ってるんじゃないぞ低脳ども

184 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 14:45:02 ID:87Oq3XMZ
いや、教会の説とは異なる何らかの説を唱えていたから異端だという疑いが掛けられたのだろうが。

ま、日本は占いがやたらによく当たるやつがいるということで、「キリシタン・バテレンの妖術使い」だとして処罰したこともあったけども。

185 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 14:54:59 ID:+PgvJXRU
>いや、教会の説とは異なる何らかの説を唱えていたから異端だという疑いが掛けられたのだろうが。

違うな。たくさんの手紙が残ってて長文のために書けないが、この時代に起こった殺戮は無実の
民間人に対してであり悲惨なものだ。教会関係者の金儲けのために殺されたと言っていい。
悪魔と性交したとか、空を飛んだとか、悪魔の尻にキスをしたとかいう告白なんぞまともとは思えん。

当時は「裁判は大いに儲かる仕事」(magumum emolunmemtum est justica)という言葉があった

数少ない良心を持った人たちの言
コルネリウス・ルース神父「魔術の真と偽」で告発。投獄死
1.魔女の空輸は虚構である 2.自白は拷問により強要されたものである
3、悪魔との契約などあり得ない 4.悪魔と人間の性交はあり得ない
「犯しもしない罪を自白させられ、残忍な屠殺によって罪なき人々の命が奪われ、
新しい錬金術が人血から金銀を作る・・」

懺悔僧フリートリヒ・フォン・シュペ「裁判官への警告」
無知と迷信が不信を生み、妬みと悪意が不安を生み、それを抑制できるような治安判事は皆無。
裁判欲は利欲によって加熱し、どん欲な役人が焼かれた無実の人間の数によって給金を得る
拷問に耐えきれずに知りもしない人の名前をあげ、そのあげられた人はまた別の無実の人の
名前をあげるだろう。そして自白し全員有罪となるだろう・・」

186 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 16:27:41 ID:7kacbaA7
おお、
日本の特高や軍隊と、
ヒトを救うものかという、清らかな宗教が、
拷問において、タメを張れるのですね(笑

なんと素敵な宗教なんでしょう、キリスト教って


187 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 16:55:33 ID:87Oq3XMZ
宗教というか、当時の教会は国家権力と同じようなものだったからなあ。
教会が、ある意味治安維持や教育のような権能・責任も教会が担わされていた。
上でも話が出ていたように、日本でも延暦字や園城寺が僧兵を雇って武装しては互いに仏教徒同士で軍事衝突を繰り返して社会に迷惑を掛けたり、
僧侶が幕府の宗教問題担当官になってキリシタン殺戮拷問政策を立案・実施したりしていたから、
西欧の事情も日本人にとってそれほど理解困難なことではないように思われるが。

188 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 16:59:00 ID:87Oq3XMZ
宗教が専ら人々の魂の救済に専念するようになるのは政教分離が定着した近代以降の話だよ。

189 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 17:36:42 ID:+PgvJXRU
>>187
教会が命令出してたんだよ。キリスト教の場合はね。法王自らだ。全然違う

190 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 19:38:54 ID:uxhYgucG
>他国を植民地化することと、植民地において人権侵害行為が行われるということは、また別次元の問題だぞ。

何が違うのかね?植民地化にあたって人権侵害が行われないってどういう事?
植民地化してその国の政権を奪ってる時点で人権侵害じゃん。

>英国政府が中国に植民地である香港を返還するに当たって最も懸念したのは・・・

おまえ馬鹿かw英国が植民地化したから香港の国力が無くなったんだろうが。

>東ティモールにしても、オランダ支配下においては住民が抑圧されることはなかったが、
>インドネシアに返還されてから市民は徹底的に抑圧され、結局国際社会の力で独立をさせるという
>経過を辿るしかなかった、という事例もある。

おまえ馬鹿かwオランダが植民地化したからその国の国力が無くなったんだろうが。

>植民地=人権侵害=悪
>どんな抑圧的な人権侵害体制下に人々を置いている文化でも、他国の文化を改めさせるのは良くないよー

お前馬鹿かw住人本人達が苦しんでる場合には、その人達の人権を守るために他の国が協力
するべきだと言っているだろうが!!
住人が苦しんでいるのを放っておくのと、住人が幸せに暮らしているのに勝手に
植民地化して侵略するのをごっちゃにするなボケ。
キリスト教はこんな事の区別も付かないんだな。おうちに帰って人間関係形成を
やり直して来たら?w


191 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 19:41:33 ID:WwRbE25m
>日本みたいに合法的・合憲的な行為として20世紀に堂々と拷問をしていたのとはわけが違う。
米国では日系人の強制収容があったがあれはOK?

>ま、日本は占いがやたらによく当たるやつがいるということで、「キリシタン・バテレンの妖術使い」だとして処罰したこともあったけども。

誰なんだい?
名前あげてみな。w

>だから、国家機関の行為だとしても違憲行為だろうが。
>日本みたいに合法的・合憲的な行為として20世紀に堂々と拷問をしていたのとはわけが違う。
違憲行為だからなんだ?
罪が軽いとでもいうのか?w
拷問をやらかしたのは事実だ。w

欧米でも諜報機関が非合法活動をやっているのは事実だな。
あ、アメリカではFBIなどによる電話盗聴は合法だったかな?w

192 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 19:44:11 ID:uxhYgucG
>まあ、日本は自前の植民地を持つことに失敗した腹いせからか、植民地=悪と教育する傾向があるから、
>こういう単純思考の持ち主が育ってしまうのも無理のないことなのかも知れないけど、もう大人なんだろうからもう少し勉強して欲しいよね。

ええーーー!!???アメリカは植民地化して、もとの国が自立できないほどねこそぎ
国を破壊して自分の国にしてしまった残虐非道な許されない行為をしたことを誇りにしているわけ!!???
まじアメリカに対するイメージ下がったわ↓↓

キリスト教では植民地化は正義と教えているんだね。初めて知ったわ!!まじキリスト教って
最低最悪の教えを説くんだね!!そんな神の住む世界はさぞ平和で幸福に満ちているだろうね!!

193 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 20:11:03 ID:87Oq3XMZ
居住・移転の自由は基本的には経済的自由権なんで、思想・信条の自由などよりは強度の公共の福祉による制約を受けるというのが通説的理解。

194 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 20:13:16 ID:uxhYgucG
キリスト教が残酷で非道な拷問を長期間にわたって行っていたことは明らかなのに、
想像を絶する苦痛を生きた生身の人間に与えていた事に対して、
「生きた人間に苦痛を与えるより、信仰を捨てさせてあの世で神に裁かれる方が残虐」??
どんな言い訳だよそれw
じゃあお前を拷問してやるから、天国で幸せに生きろよw
まあ、CDUは天国で暮らすどころか門前払いだろうがなw
拷問で苦しんでも信仰を捨てずに死なないと救ってくれないなんてどんな残虐な
神だよw
そんな神だったら絶対自分の子供(うちら)を愛してないね。
親を表面上裏切ったって、子供が苦しんでる姿を見ていられない、幸せに生きて
いて欲しいと思うのが親の愛じゃないかい?
もしキリストの神がそうじゃないなら、神は子供を愛してるんじゃなくて、
やっぱり自分だけを見て欲しいエゴの塊の神だね。

だいたい、日本でキリシタンが信仰を捨てるように強要されたのは、キリシタンが
「自分の神以外は間違っている」とか勝手な事言って寺院を破壊したりしたからだろうが。

さんざん何世紀にもわたって非道な拷問をしておいて、「日本よりちょっと早く拷問を
止めたから、自分たちは悪くない」??
幼稚園児の言い訳はやめましょうね。キリスト教徒が聞くにも耐えない拷問をし続けて
きたのは事実ですから。

キリスト大国アメリカは、つい先月まで拷問施設を使って拷問してたよね。
オバマさんが先日やっとその施設を封鎖する書類にサインしてやっと拷問
やめたよね。
めっちゃ合法で拷問してんじゃんキリスト教大国家!!!


195 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 20:19:45 ID:87Oq3XMZ
信仰を捨てたからといって救われないとは限らない、と書いてあるのが読めないのかなあw

196 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 20:22:04 ID:uxhYgucG
>ただ、西欧の異端審問も酷いが、日本のやり方のほうが、人々の内心にまで土足で踏み込んでいる点で、より過酷だと言っているだけ。

じゃああんたは、逃げたくなったら逃げられる拷問より、

>指責め(手や足の締めわくをあて、もくねじで締め付ける。肉は割け、血はほとばしる)
>梯子責め(平らに横たえた梯子に四肢を縛り、ロープと万力で締め上げる 拷問
>吊り上げ・・足におもりをつけた被告を背中で縛り上げロープにつるす
>吊り落とし・・上記の被告を天井まで吊り上げ、ロープを放し地上すれすれで止めてショックを与える
        (四肢は全て脱臼し、3回やれば絶命した)
>骨砕き・・すねなどにわくをはめ、万力で骨を砕く。さらに手足を切り落とし、焼けたペンチで
     肉をちぎり取る

>鉄の靴・・真っ赤に焼けた鉄の長靴を履かせ、その靴をハンマーで打ちつぶす

の拷問を受けたいわけね?
よーくわかったわ。
次にキリスト教徒を拷問する時はこうするわねw

197 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 20:24:38 ID:87Oq3XMZ
拷問を受けたいなんて誰も書いていないが。

198 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 20:32:10 ID:WwRbE25m
>居住・移転の自由は基本的には経済的自由権なんで、思想・信条の自由など
>よりは強度の公共の福祉による制約を受けるというのが通説的理解。
もしかして日系人強制収容のこと言ってんの?
そうだとしたら、これのどこが公共の福祉?w
人種差別だろうが。w

>日本のやり方のほうが、人々の内心にまで土足で踏み込んでいる点で、より
>過酷だと言っているだけ。
キリスト教の押し付けはOK?w

199 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 20:33:27 ID:uxhYgucG
日本は国を守るために、キリスト教の信仰を完全に奪う必要があったのです。

癌の腫瘍を摘出した後に、再発の無いよう、残ったがん細胞に放射線療法を行うのと同じです。

日本の国を破壊しようとしたのはキリスト教徒です。
日本には当然防衛権があります。

防衛のために信仰を奪う事より、無実の罪で酷い拷問を受けさせることの方が
ましだと言うのですか。
しかも魔女狩りの拷問で拷問を受けた人間は、多くが冤罪のただの住人で
あったのに。
ただの住人=冤罪=別に独自の信仰を持っているわけじゃない。
しかも何を言ったって絶対死ぬしかなかった拷問。

これを反逆した日本のキリシタンの信仰を奪うためのゆるい拷問より、
魔女狩りの方がマシだったと言うのですか!!
キリスト教はすごい道徳観を持ってますね〜。

200 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 20:33:40 ID:WwRbE25m
でよ、鬼畜!!CDUよ、

>ま、日本は占いがやたらによく当たるやつがいるということで、「キリシタン・バテレンの妖術使い」だとして処罰したこともあったけども。

誰なんだい?
名前あげてみな。w

早く答えてくれよ。

201 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 20:46:26 ID:87Oq3XMZ
アホか。敵性の人間を自由にさせておいたら何するか分からん、と恐れるのは当然だろうが。
テロ行為に及ぶかもしれんし、スパイ活動を行うかもしれん。
また、日系人の身柄保護の目的もあっただろう。なにしろ奇襲攻撃などという卑怯な行為を行った民族だからな。
自分達がやったことを棚に上げといて、何が人種差別だよ。盗人猛々しいとはこのことだな。
ま、そういうわけで米国の一般市民の恨みを買ってもおかしくなく、襲撃される恐れもあるから保護してあげたんだよ。感謝しなw

202 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 20:46:32 ID:+PgvJXRU
複数の法王たるものが無実の処刑を直接命令してるんだからな。なんやらバチカンでは今破門問題
でごちゃごちゃしているようだが、なぜこいつら死んでるとはいえ破門しないの?

まず一人目 ローマ法皇インノケンティウス8世「法皇教書」1484年12月5日付

「近くの国を見渡しただけでも忌まわしい魔女の害毒に感染しているのがわかる。
ドイツでは魔女を焼く火刑柱を立てるのに忙殺され、スイスでは(略)魔女の処刑が
日常に鳴っている地域はたくさんあります。トランキヤだけで魔女が30万人いたというのが真実であるならば
フランスの魔女が一掃されているとは信じられません(略)
もしも、私どもに一片の人情がありますならば、これらの魔女を罰せずにはおれなくなるのが自然でしょう。
私も全ての魔女を一束にし、ただ1つの火で全部を焼き殺せたらと思うのです。」

203 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 20:55:05 ID:+PgvJXRU
二人目 法皇ヨハネス22世の教書
(1318年2月27日付)
フランスの高位聖職者にあてたもの
「いつでもどこでも裁判を開始し、継続し、判決する完全な機能をおまえたちに与える」
(1320年8月22日付)
カルカソンヌのい異端審問官に処刑した後に財産を没収するよう命じる。
(1323年、1326年、1327年、1330年、1331年)
魔女狩り強化令


三人目 法皇ベネディクト12世
1336年の1年だけで5回、1337年に4回、1338年、1339年 各一回。
これに続いた法皇も・・・数え切れないほどの強化令を出している

もう悪の巨魁以外のなにものでもないと・・・

204 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 20:56:50 ID:uxhYgucG
キリスト教国家では、魔女狩りの拷問として、

>指責め(手や足の締めわくをあて、もくねじで締め付ける。肉は割け、血はほとばしる)
>骨砕き・・すねなどにわくをはめ、万力で骨を砕く。さらに手足を切り落とし、焼けたペンチで
     肉をちぎり取る
>鉄の靴・・真っ赤に焼けた鉄の長靴を履かせ、その靴をハンマーで打ちつぶす

などといった苦痛の程度は計り知れない非道で残虐な拷問を行っていた。
そしてその拷問の多くは無罪の人間に行われたものであり、
どんなに命乞いをしようが、彼らには死以外の道は無かった。
彼らは喉が引きちぎれるまで叫び続け、想像を絶する痛みと苦痛の中で死んでいったのだ。

日本
寺院を破壊するなど反逆行為に及んだキリスト教徒を排除するため、踏み絵と、
踏み絵により信仰を捨てなかった者には拷問を行って信仰を捨てさせようとした。
その拷問は、火あぶり、馬攻めなど様々であったが、信仰を捨てると言えば
すぐに拷問は解かれるものであった。

この事実に対し、

>西欧の異端審問も酷いが、日本のやり方のほうが、人々の内心にまで土足で踏み込んでいる点で、より過酷だと言っているだけ。

と、自分たちの残虐行為を大したものではないと言うキリスト教徒達。
これが現世利益を持たないキリスト教徒の考え方、価値観なのである。

拷問が行われたのは中世から近代だが、このような考え方をしているのは、
紛れも無い、現代のクリスチャンである。

205 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 21:00:18 ID:+PgvJXRU
とりあえず、もう一人だけ比較的有名な法皇書いておく

法皇クレメンス5世

テンプル騎士団の弾圧で有名だが、法皇自ら異端審問官をフランスからイングランド
にまわし、エドワード2世と全ての司教に手紙を送り、
審問官が「教会の法律に従って」(すなわち拷問を用いて)裁判を行うよう勧告。

206 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 21:02:16 ID:87Oq3XMZ
日本のやり方のほうが、内心に土足で踏み入れている点でより酷いと言っているだけで、西欧の拷問が大したものではないとは言っていない。
他人の意見を捏造しないように。

207 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 21:18:26 ID:+PgvJXRU
あとこの残虐性はカトリックにとどまらず新教徒による処刑もそれに輪をかけるくらい激しかった
ということ

宗教改革の拠点ドイツは、もっとも苛烈な魔女裁判の本場であり、苛烈になったのは宗教改革から。
それまで「魔女」が一人も焼かれていなかったスコットランドでは新教王ジェームズ6世とカルヴァン
主義の長老教会による摘発と処刑が激化。
イングランドで魔女狩りが激したの新教国としての旗印を鮮明にしたエリザベス女王の魔女狩り令(1563年)から
ジェームズ1世の強化令(1604年)で更に激化

マルチン・ルター
「私はこのような魔女には何の同情も持たない。私は彼らをみな殺しにしたいと思う。創造主に対して
反逆し、また、悪魔には認める権利を神に対しては認めようとしない魔女が、死刑に値しないということ
がどうしてあろうか」「食卓談話」

メソジスト教会創始者ジョン・ウィズリー
魔女を黙殺することは聖書を黙殺するに等しい。私は最後の息でもって、目に見えない世界の証明
を、すでにあらゆる時代で確認されている魔女と超自然現象とについての説明を不信心者に伝えたいと思う」
1768年5月25日「信仰日誌」

208 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 21:22:27 ID:uxhYgucG
>日本のやり方のほうが、内心に土足で踏み入れている点でより酷いと言っているだけで、西欧の拷問が大したものではないとは言っていない。
>他人の意見を捏造しないように。

同じ事です。される側に立ってどっちが酷いか考えてみなさい。

209 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 21:27:59 ID:uxhYgucG
あぁあぁ、キリスト教が一切魔女狩りに関与していないとかほざいてた
CDUの偽りの化けの皮がどんどん剥がれ落ちていくなwww

それともCDUは妄想の中で生きていて、もしかしたらCDUにとっては真実なのかな??w

210 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 21:29:23 ID:+PgvJXRU
>>206
ふーんw

「嘘の約束」・・被告が拷問にもだえているときに適当な頃合いを見計らって
「自白すれば命だけは助けてやるというもの
・「裁判官は真相を知るためには欺瞞を用いて良い」「刑法の実際」(ベネディクト・カルプツオフ)

「魔女の槌」でそういう場合の3つの方法を示唆
1.水とパンだけを与えて、被告が死ぬまで投獄しておく
2.. 約束通り、しばらくの間処刑しないで監禁しておき、しかる後に処刑する
3.担当裁判官を交代させ、交代させた裁判官が死刑を宣告する

>>206
こんな酷い欺瞞日本人には考えられんと思うけどね。

211 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 21:33:22 ID:+PgvJXRU
ちなみに>>210に書いたペテンを仕掛けた「魔女の槌」の著者はローマ法皇が教書を添えて
ドイツに派遣した異端審問官でケルン大学の神学部長、神学博士、修道院長

212 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 21:39:56 ID:uxhYgucG
まあまあ、CDUもこの辺でキリスト教についての虚偽の発言も醜い言い逃れもやめておけよ。

これ以上キリスト教の実態を掘り下げて曝して品格を下げてもいい事ないだろw

謝って出て行けw

そうすればここでしょうもないハッタリを披露しているよりは
キリスト教の価値が少しは保たれるからさっ。

213 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 21:46:53 ID:uxhYgucG
>×日本人がキリスト教徒に蛮行
>○日本人が日本人に蛮行
>同じ民族だが宗教が違えば迫害する日本人

キリスト教諸国も同じ国民を魔女狩りしてたよねw

あと宗教が違うから迫害したんじゃなくて、キリシタンが
寺とか焼いたり打ち壊したりしたから迫害されたんだよ。

214 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 21:51:55 ID:+PgvJXRU
あーそれと日本に布教にしたのはイエズス会だけど、とっても危ない魔女狩りの先鋒
だったから、当然異教徒を殺してたろうね。法皇の教書というものがあるから。

ヴュルツブルク領主司教フィリップ・アドルフ・フォン・エーレンブルク
は政策顧問のイエズス会と組んで、在位中、900人の魔女を火刑にしたという記録が。
1629年には29回にわたって総計157人が処刑され、その一覧表が残ってる

215 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 22:20:19 ID:Uhg5V0PO
織田信長を唆して神社仏閣を破壊させたキリスト狂宣教師は
日本人にひどいことしたよね(´・ω・`)


216 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 22:29:15 ID:87Oq3XMZ
いや、欺瞞を用いて自白を得るなんてのは、日本では今でもやっていかねないよw
「共犯者はもう泥を吐いたぞ」だとかなんとか。
なんで日本では今だに取り調べに弁護士の立ち会いを認めていないんだろうねえw。余程疾しいことがあるんだろうなあww。
欧米では弁護士の立ち会いは常識なのに

217 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 22:43:45 ID:87Oq3XMZ
織田信長は多神教徒。
上杉謙信は狂信的な仏教徒。
いずれも一向宗弾圧に執心した。

218 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 22:45:23 ID:+PgvJXRU
>>216
>いや、欺瞞を用いて自白を得るなんてのは、日本では今でもやっていかねないよw
>「共犯者はもう泥を吐いたぞ」だとかなんとか。
ドラマんぽ見過ぎだな。こちらの方はちゃんと文書で残ってる。弁護士もナシだよ。おまけにこれは
欺瞞せよという命令だ

まだわからないのか? この時代のキリスト教の異教弾圧ほどおぞましく残忍なものはない。
「人間を救済する信仰なしには、いかなる美徳も無意味である」
「信仰の管理と断罪は審問官の他のあらゆる権限に優越し、それを妨げるいかなる法律もない」

このモラル?によって憲法をも超越した。官憲が死刑及び拷問を緩和したならば、異端者として罰せられた。
現に法皇ボニファティウスは処刑を「正確に、かつ敏速に」実行しなかった世俗当局は破門されることを
教会法の中に規定した。

痛めて白状させることが目的ではない。できる限りの、考え得る限りの痛みを追わせることを殺し去ることが目的で
あり、喜びを感じることを義務とした屠殺だったんだよ
そこには赦しもない。日本の封建時代の考え方なんぞ子供だましだ。

君にはパスカルの有名な言葉を与えよう。認めて反省しろ。
「人間は宗教的信念をもってするときほど、喜び勇んで、徹底的に悪を行うことはない」「パンセ」
「人間は宗教的信念をもってするときほど

219 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 22:59:13 ID:87Oq3XMZ
だから、それは何百年も前の話だろ。いま現に行われている可能性が高い欺瞞と同列に扱えるか。
昔のことを言い出せば、日本なんて自白すら取らずに、熱湯に手を浸けさせて爛れるかどうかを見て有罪かどうかを判定していた時代もあった。

220 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 23:00:52 ID:SCSTNR+4
三好・松永の乱は東大寺の殆どを焼失させたよね。


221 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 23:08:32 ID:SCSTNR+4
信長は自分が神になりたかった男。神も仏も信じてない。


222 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 23:13:08 ID:87Oq3XMZ
信長は桶狭間の合戦の直前、熱田神宮で戦勝祈願している。

223 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 23:23:55 ID:+PgvJXRU
>>219
なんで逃げるのかな?
>だから、それは何百年も前の話だろ。いま現に行われている可能性が高い欺瞞と同列に扱えるか?


君のいう話はまず可能性の時点で終わりだし、仮にあったとして日本だけで行われていることかな?
抗えば抗うほどみじめになるだけだよ。

>>1自体が百年以上前のことをいってるのではないかな?それにこの虐殺は人を救うはずの宗教
の名によって行われたのだよ? 処刑者のほとんどはキリスト教徒だった。宗教的権威によって
地獄に行くと宣告された人間の気持ちはどうだったかな?

何世紀にも渡って「継続して」行われた魔女狩りで死んだ数は何十万から何百万といわれる。
爆弾で一気に殺したんじゃない。銃殺でもない。一人一人いたぶって心を持ってイジメ尽くし拷問して惨殺した数だ。

224 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 23:44:15 ID:ygfhqqe1
ああ、CDUwもう立場が無いねw
実際はキリスト教徒はひどい拷問も侵略戦争も何もしていなかったという主張
から、それを論破出来なくなったらそれらを認めて今度は「今はやってないから
悪くない」言い逃れ作戦か??w

しかも>>218に対する反論方法が、存在するかどうかもわから無い、可能性論での日本攻撃??w

アメリカは拷問はお手のものだよね。オバマさんが拷問施設の廃止の書類に
サインする先月まで拷問施設で堂々と拷問してたよね。

しかも自分で昔の話と比較したってしょうがないとか言いながら、何で日本の
昔の尋問の話を持ち出してくるのかね?

自分の国が拷問常習国なのに、他の国の拷問を持ち出して、一体何のために
なると言うんだい?

225 :神も仏も名無しさん:2009/01/29(木) 23:55:24 ID:ygfhqqe1
このスレの流れ

昔日本でキリシタンが迫害されたことに対する怒りの書き込み→
それはキリシタンが反逆したから制圧されただけと言われる→
キリスト教国家こそ世界中で最も残虐な行為を繰り返して来たと指摘される→
キリスト教はこれまで一切そんなことはしてないと主張する→
もろにキリスト教が行ってきた残虐な歴史的事実を暴露される→
反論できなくなって結局認める→
今度は現在の日本が行っている「可能性」がある拷問行為について攻める(もうこのあたりから趣旨ずれ)→
アメリカは今はやってないから悪くないと小学生並の言い訳を並べ始める(もう完全にこのスレと真逆な言い逃れスレに変わっている)→??

226 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 00:26:59 ID:F97aPWPP
>信仰を捨てたからといって救われないとは限らない、と書いてあるのが読めないのかなあw

信仰を捨てさせた日本人の方が、信仰を捨てたことによってその人が天国に行けない
からそのほうが残酷だと書いたのはだれだっけ?

そしたらキリスト教国家が行った拷問の方が酷い事になる事は認めざるをえないよね。

227 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 00:30:15 ID:F97aPWPP
>拷問を受けたいなんて誰も書いていないが。

日本の逃がしてもらえる拷問より、西洋の拷問の方がいいって言ったよね?
だから、拷問の機会があるときは、キリスト教徒に対しては、優しい方の
西洋の拷問にしてあげると言っているんだよ。


228 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 00:32:41 ID:F97aPWPP
>自分達がやったことを棚に上げといて、何が人種差別だよ。盗人猛々しいとはこのことだな。

そういうお前が一番自分の事を棚に上げてるよなw

229 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 00:42:22 ID:F97aPWPP
>なにしろ奇襲攻撃などという卑怯な行為を行った民族だからな。

ほうw自分たちは卑劣な民族ではないと??w

ハワイ、グアム、サイパンなどの小さくて弱い国家を侵略して植民地化するのは
卑劣な行為ではないのか。

またキリスト教らしく正当化するんだろうけどな。

もともとインディアンの土地を奪って国を作ったのもアメリカ人だよな。
何が自分たちは卑劣じゃないだよこのたぬき野郎がw

230 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/30(金) 03:15:59 ID:ORfP6chT
そうだな。確かに西欧の魔女裁判よりは糞ジャップのキリシタン大殺戮の方が酷いということには全く同意だ。
内心に踏み込んでいるという点でも確かにそうだが、西欧の魔女裁判が無知蒙昧な民衆の妄動によって起きたことであるのに対して、
糞ジャップのキリシタン大殺戮は当局の主導であり、しかも全国隈なく行われたものだからより徹底したものであったであることが推察される。
また、犠牲者数においても魔女裁判の犠牲者数は4万人程度であるのに対して、キリシタン大虐殺の犠牲者数は20〜30万人と見積もられている。

>>145
何言ってやがる、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップどもがw

>それのどこがキリスト教義だ?w
教義に基づいてミサを行うんだが。

>パトロンは芸術の保護者の一面を持つが、教会はただの取引相手ということかい?w
もちろん援助も行っていたが。

>また、お前の無知が一つ明らかになったな。w
忘れていただけだと思うが。お前こそすぐに出してこなかったところを見ると知らなかったのでは?

>イエスは積極的に家族間に不和をもたらすと明言してるよな。w
個人の尊厳の大切さを積極的に認めたということだな。

>キリスト教国は「人類普遍の客観的正義」とやらに未熟だったわけだな。w
20世紀中頃まで宗教弾圧・拷問を国家の合法的な行為として行い続けていた糞ジャップに比べたら遥かに早熟だけどね。

231 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/30(金) 03:32:25 ID:ORfP6chT
>>200
>名前あげてみな。w
豊田貢

232 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/30(金) 04:20:41 ID:ORfP6chT
>>202-207,210
取り敢えず、そういう引用はソースを示した上で行うのが常識だが。

>>218
>「人間は宗教的信念をもってするときほど、喜び勇んで、徹底的に悪を行うことはない」「パンセ」
全く同意だな。糞ジャップのキリシタン大迫害も仏教徒どもがそのような信念を持って行ったのだろう。


>>225
>キリスト教はこれまで一切そんなことはしてないと主張する→
そんな書き込みあるか?見つからないのだが、具体的なレス番を指摘してくれ。

>>209
>キリスト教が一切魔女狩りに関与していないとかほざいてたCDU
だから具体的なレス番を挙げてからほざけや。妄想の中で生きているのはお前だろ。

>>204
>これが現世利益を持たないキリスト教徒の考え方、価値観なのである。
つうかさあ、人身御供の犠牲者になる者も、彼にとってはそれが名誉かもしれないから、
人身御供を捧げるような文化といえども他の文化を否定するようなことはするべきではないとかわけの分からないことを口走っておきながら、その言い草かよ。
キリスト教徒の価値観を尊重する気はさらさらないと。
ま、こういうご都合主義な態度が糞ジャップの劣等民族たる所以の一つなのだから仕方がないとは思うが、それにしてもな。

233 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 04:52:07 ID:2rVsko9x
>豊田貢
大塩平八郎の暴走のケもあるな。
ただし、妙なことしなければ占いしようが祈祷しようが放置なのが原則。w

>取り敢えず、そういう引用はソースを示した上で行うのが常識だが。
お前が言うか?w

>全く同意だな。糞ジャップのキリシタン大迫害も仏教徒どもがそのような信念を持って行ったのだろう。
実態。

宣教師フロイスは寺社破壊のありさまを「今まで日本にいた間、最も大いなる
楽しみを味わった。」と記し、また、郡村でのお寺破壊について「彼らは説教を
聞き終えて外に出ると、まっしぐらにその下手にある寺に走り、その寺は彼らに
よって破壊され、何一つ残らなかった。」と書いています。
http://www6.ocn.ne.jp/~fukusige/ayumi/page13.html
糞キリシタンの非キリシタン大迫害もキリシタンどもがそのような信念を持って行ったのだ。

234 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 04:58:28 ID:2rVsko9x
まあ、大成敗の原因つくったのは凶悪キリシタンのほうだからな。w

235 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 05:13:24 ID:2rVsko9x
『南蛮のバテレン』p83より  松田毅一著

五畿内では、堺と京都の通路にあたる河内の三ケ(現在大東市)が、いわば布教の拠点であり、三ケ瀬照サンチョという熱心な豪族が支配していた。彼は1564年に、水月院か、それと並ぶ菅原神社を「聖母の教会」に変え、越えて1577年には領内の寺社を全て破壊した。
しかしこのキリシタンの寺社破壊運動が激烈を極めたのは、何といっても九州の大村・有馬・大友氏の領内においてであった。(中略)
天正2(1574)年には、徹底的殲滅行動をとった。古記録「大村郷村記」は、
「多羅山千手院宝円寺、天正二甲戊、同氏丹後守純忠、及臣民、南蛮の妖教に陥溺し、耶蘇宗門を祟信、而して神社仏閣を焼亡、且つ僧徒を殺害す。惜しき哉、旧来神像霊仏、邪徒の一炬に罹り、忽ち灰燼と為る……」

http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/christ-01.htm

236 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 05:28:49 ID:2rVsko9x
>教義に基づいてミサを行うんだが。
ミサが芸術技法に革新をもたらしたのかい?w

>もちろん援助も行っていたが。
ではパトロンだったわけだな。w

>忘れていただけだと思うが。お前こそすぐに出してこなかったところを
>見ると知らなかったのでは?
健忘症の鬼畜!!CDUでもあったのか。w
いや、だいぶ前に教えてやっただろ。w
その時、お前は「占い師で殺されたやつがいるのか!」と喚いていたな。w

>個人の尊厳の大切さを積極的に認めたということだな。
その根拠は?w
家族への愛よりも自分への愛を強制する糞野郎だっただろう。w

>20世紀中頃まで宗教弾圧・拷問を国家の合法的な行為として行い続けていた
>糞ジャップに比べたら遥かに早熟だけどね。
あれ? 20世紀中頃までアルジェリア人を拷問していたフランス、日系人強制収容の
アメリカ、アボリジニ狩りのオーストラリアなんかは?w

237 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/30(金) 05:30:44 ID:ORfP6chT
>>223
いや、日本の司法当局が酷い取調べをしているのは最早常識だよ。
取調べへの弁護士立会いを求める動きがあるのも、そういう不適切な取調べをされたという告白が被疑者・被告人から出てくるから。
志布志事件は氷山の一角に過ぎず、特に酷いものが問題になっただけのことだお。

>魔女狩りで死んだ数は何十万から何百万
それは一昔前に唱えられていた妄説だ。現在は4万人程度だという見積もりで多くの学者の見解は一致している。

>>190
>植民地化してその国の政権を奪ってる時点で人権侵害じゃん。
はて?何という人権が侵害されているの?因みに参政権のような後国家的権利は、人類普遍の客観的正義が定める自然権たる人権ではないからな。

>おまえ馬鹿かw英国が植民地化したから香港の国力が無くなったんだろうが。
香港はかなり豊かだったけども。香港は国じゃないし。

>住人本人達が苦しんでる場合には、その人達の人権を守るために他の国が協力するべきだと言っているだろうが!!
人身御供や首狩りの犠牲者は十分苦しんでいると思うがw。

>>192
意味が分からない。何で私の意見とアメリカへのイメージが関係する。
私は別にアメリカを代表して意見を言っているわけではないぞ。
キリスト教は別に植民地が正義だとは教えていないし。

>>233
>大塩平八郎の暴走のケもあるな。
いや、これは氷山の一角だと思うぞ。

>>234
いや、でも糞ジャップが神州だとかいうのは糞ジャップの思い込み・妄想に過ぎないし、
キリスト教が仏法にとって脅威だというならそれは仏教の側がもっと人々の関心をつかむように努力すべき問題であって、キリスト教の布教を妨害する果ては追い出すというのは筋違いだろ。

238 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/30(金) 05:36:22 ID:ORfP6chT
>ミサが芸術技法に革新をもたらしたのかい?w
ミサがなければミサで使用する音楽も作られなかったから、上述のような教会音楽の発展もなかっただろう。

>ではパトロンだったわけだな。w
雇い主でもあったが。

>家族への愛よりも自分への愛を強制する糞野郎だっただろう。w
自分への愛、なんてどこに書いてある?

>あれ? 20世紀中頃までアルジェリア人を拷問していたフランス、日系人強制収容の
ソースは?日系人のことについては、上のほうで誰かが説明してくれていたように思ったが。

239 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 05:37:03 ID:2rVsko9x
>いや、これは氷山の一角だと思うぞ。
根拠出せや。w

>いや、でも糞ジャップが神州だとかいうのは糞ジャップの思い込み・妄想に過ぎないし、
イエスが神の一人子というのも糞クリの思い込み・妄想に過ぎないな。w

>キリスト教が仏法にとって脅威だというならそれは仏教の側がもっと人々の
>関心をつかむように努力すべき問題であって、キリスト教の布教を妨害する
>果ては追い出すというのは筋違いだろ。
いや、破壊行為・非キリシタン殺害などをやらかしたからお仕置きされただけ。w
まだ理解できないのかなぁ?w

240 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 05:52:42 ID:2rVsko9x
>ミサがなければミサで使用する音楽も作られなかったから、上述のような
>教会音楽の発展もなかっただろう。
で、教義が芸術技法の革新をもたらしたという根拠はぁ?w
単に需要に応じて発展しただけじゃないか。w

>雇い主でもあったが。
で、どうした?w
パトロンの一つじゃなかったのか?w

>自分への愛、なんてどこに書いてある?
「わたしよりも父また母を愛する者は、わたしにふさわしくない。
わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたしにふさわしくない。」


>ソースは?日系人のことについては、上のほうで誰かが説明してくれていたように思ったが。
http://diary.nttdata.co.jp/diary2005/10/20051025.html
http://www.k4.dion.ne.jp/~kbs-shmz/sub.htm-3
http://www.kaho.biz/degaulle/i.html

http://ayarin.iza.ne.jp/blog/entry/562736/
http://shania.exblog.jp/7972614/

さがせばまだまだあるだろう。
>日系人のことについては、上のほうで誰かが説明してくれていたように思ったが。
出してみな。



241 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/30(金) 06:15:02 ID:ORfP6chT
>根拠出せや。w
「キリシタン・バテレンの妖術使い」というのは慣用句みたいになっているだろ。これ1件だけだったとすれば慣用句に成るはずがない。

>破壊行為・非キリシタン殺害
秀吉もやったことだが。

>で、教義が芸術技法の革新をもたらしたという根拠はぁ?w
だから、ミサは教義に基づいて行われるものだといっているだろうが。
ミサの内容も教義に基づくものだし。
それで、西洋音楽がキリスト教との密接な関わりの中で発展してきたことは分かったな。

>で、どうした?w
雇用機会を提供していた。

>「わたしよりも父また母を愛する者は、わたしにふさわしくない。
それは、信仰の大事さ、ひいては個人の価値の大事さを教えているものだろうが。

>さがせばまだまだあるだろう。
それらはいずれも犯罪行為なんじゃないの?
20世紀中頃まで宗教弾圧・拷問を国家の合法的な行為として行い続けていた糞ジャップの蛮行とはわけが違う。

242 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/30(金) 06:17:58 ID:ORfP6chT
フランスでは植民地支配や奴隷売買の歴史をようやく直視し、恥ずべき史実も教えようとしはじめたところだが、日本はと見ると、
近代化以降の植民地主義と戦争中に国家と軍隊が行った不正や犯罪を隠蔽どころか美化しようと必死な人たちの戦略・戦術(「ずらし」も含めて)に、
メディアを筆頭に多くの市井の人がまんまとのせられている
http://diary.nttdata.co.jp/diary2005/10/20051025.html


確かになかなか参考になるサイトだね。お前はこういうのをたまに出してきてくれるからなんか憎めないなw

243 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 06:43:36 ID:2rVsko9x
>「キリシタン・バテレンの妖術使い」というのは慣用句みたいになっているだろ。これ1件だけだったとすれば慣用句に成るはずがない。
具体例出せや。w

>秀吉もやったことだが。
で、キリシタンがやったことも問題なしとなるのかい?w

>だから、ミサは教義に基づいて行われるものだといっているだろうが。
で、ミサが芸術技法に革新をもたらしたのかい?w

>雇用機会を提供していた。
それがどうした?w

>それは、信仰の大事さ、ひいては個人の価値の大事さを教えているものだろうが。
信仰よりも家庭円満のほうがいいという場合は?w
「ふさわしくない」というのは個人の価値の否定だろ?w

>それらはいずれも犯罪行為なんじゃないの?
20世紀中頃まで宗教弾圧・拷問を国家の合法的な行為として行い続けていた糞ジャップの蛮行とはわけが違う。
フランスは国家犯罪をやらかしていたんだな。w
オーストラリア人も犯罪国民。w
非合法活動大好きな連中だな。w

>フランスでは植民地支配や奴隷売買の歴史をようやく直視し、恥ずべき
>史実も教えようとしはじめたところだが、日本はと見ると、
あれ、日本は昔から教えていただろ?w
日教組なんかを無視するのかい?w

244 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 06:57:35 ID:1rIqFSNx
>>232
>取り敢えず、そういう引用はソースを示した上で行うのが常識だが。
ソースは示してあるが?

245 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 07:03:15 ID:3qeQalb/
結論:キリスト教は世界一残忍で残酷で邪悪な宗教。

246 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 07:15:32 ID:1rIqFSNx
>>237
>魔女狩りで死んだ数は何十万から何百万
>それは一昔前に唱えられていた妄説だ。現在は4万人程度だという見積もりで多くの学者の見解は一致している。

俺の根拠は
・1484年以降ヨーロッパ大陸で処刑された数30万人という説 クルツ「教会史」
・900万人という説 ガードナー「今日の妖術」
・数百万ゾルダン「魔女裁判の歴史」
・ドイツだけで10万以上・イングランドで1000人以下G・L・バー

これに基づいて客観的に幅を持たせて書いているが(この魔女裁判の本質を理解する上で
その幅はあまり関係ないので)、君の言う「学者たち」というのを具体的に書いてくれ

247 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 07:19:39 ID:3qeQalb/
スペインのキリスト教徒であったフランシスコ・ピサロは、1510年にアメリカ大陸にわたり、
南アメリカに存在していたインカ帝国の征服を企てた。
神聖ローマ皇帝カール5世から許可を得たピサロは、32年に約180人の部下を引きつれて
ペルーを襲撃。インカ人の大虐殺の果てにインカ帝国の皇帝アタワルパを誘拐し、
「神の名のもとに」アタワルパの命と引き換えに金塊8トンをせしめ、にもかかわらず
インカ人を裏切ってアタワルパを殺害した。

その後も陰謀と虐殺の限りを尽くし、「神の名のもとに」ピサロは何十万人ものインカ人を
大虐殺したのだ。キリスト教は約束を守らなくてもよいことを教えるし、異教徒は何万人
殺してもよいと教える。キリスト教が真の邪教たるゆえんである。




248 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 13:00:08 ID:b/lotK68
ソースを明らかにするというのは、書物から抜き出してきたならその書物の書名及び著者名を明示し、どこかのサイトからのコピペならそのサイトのリンクを貼る、ということだ。
常識だろ。

249 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 13:19:55 ID:1rIqFSNx
>>248
かいてあるよ。
で、
>>246は?

250 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 13:48:18 ID:b/lotK68
書名及び著者名か、サイトのリンクだぞ。
書いてないけどなあ。レス番示せよ。
どうも怪しげなサイトからのコピペである臭いがプンプンしてきた。w

251 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 13:51:50 ID:1rIqFSNx
>>250
ちゃんと原典は示してある。


>>202-207,210


>>246の答えを待ってるんだが。

252 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 14:13:40 ID:b/lotK68
やはり、出せないのか。これは怪しげなサイトからのコピペに、ほぼ確定だな。w
教皇の公式文書などが日本語で書かれているわけないんで。
必ず和訳した人物がいるはず。その人物の名前の明示を求む。
もし万が一あなたが自分で訳したとか言うなら、原文の提示をお願いできるかな?

253 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 14:19:03 ID:1rIqFSNx
>>252
おいおいw それおうぃうなら>>1自体怪しいじゃないか?わけのわからん
タケちゃんとやらのソースは出されてあるか?

おまえは? 俺は第一次資料を出した。それがベストだ。
おまえはあらゆる本と論文にの著者に「ソース出せよと文句付ける気か?
自分の方は全くだらしないくせに
逃げないでちゃんと

>>246
に答えてくれ。

254 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 14:36:14 ID:b/lotK68
そうか、出せないんだな。良く分かった。捏造だと推定するんで、もういいよ。

255 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 14:40:44 ID:1rIqFSNx
>>254
そうやって真実から目をふさぐのか?逃げるのか?
>>246にも答えずに
何のために原典を明示したと思う?おまえはググることもできないのか

例えば一番上の
>まず一人目 ローマ法皇インノケンティウス8世「法皇教書」1484年12月5日付
なんぞは魔女裁判について語る人間には必須の常識だ。それを知らない時点で
おまえにはこの話題に参加する資格がない。従ってもうおまえには用がない

http://www.google.com/search?as_q=Summis+desiderantes+affectibus&hl=ja&num=50&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&as_epq=&as_oq=&as_eq=&lr=lang_en&cr=&as_ft=i&as_filetype=&as_qdr=all&as_occt=any&as_dt=i&as_sitesearch=&as_rights=&safe=images

256 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 16:57:43 ID:b/lotK68
結局検索結果を出してきて終わりかよ

257 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 17:38:51 ID:Xcwm9fJC
うひょwwww
教会擁護派今日もぼろ負けじゃんw
このところ早朝のデムパCDUと昼間の頭弱っちそうなおっちゃんだけだもんなwww

258 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 18:09:10 ID:b/lotK68
>>257みたいな書き込みする奴は内容のあることは書けないと、相場は概ね決まっているのだがw。

259 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 18:17:40 ID:Xcwm9fJC
>>258
お〜よしよしwww
悔しいのうw 悔しいのうwwww

260 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 18:34:42 ID:b/lotK68
もう少し内容のある書き込みができるようになってからおいで坊やw

261 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/30(金) 18:57:23 ID:ORfP6chT
>>246
ん?あ、ソースか。

「魔女狩りの犠牲者に関してのもっとも極端な説は、19世紀のフェミニスト研究者マティルダ・ジョスリン・ゲージが示した900万人である。
これはあまりに極端であるとしても、かつて魔女狩りについて(客観的な根拠がないまま)犠牲者数が数十万人から数百万人と見積もられていた時代もあった。
しかし近年行われている一次史料からの推計によれば、魔女裁判による処刑者数は1428年から1782年までに全ヨーロッパで最大40000人であるとされており、
ヴォルフガング・ベーリンガー(Wolfgang Behringer)、ロビン・ブリッグス(Robin Briggs)、ロバート・ハットン(Robert Hutton)といった研究者らはこの見解で一致している」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E5%A5%B3%E7%8B%A9%E3%82%8A

ウィキの記述だが、ソースは

ジェフリー・スカール、ジョン・カロウ 『魔女狩り』 小泉徹訳、岩波書店〈ヨーロッパ史入門〉

だそうなので、信用のできる記述かと。


それでさあ、何を必死になって西欧の魔女狩りについて論っているんだ?
それで糞ジャップが戦国時代から明治時代まで継続して行った残虐なキリシタン大殺戮に対して負っている糞ジャップの罪責が少しでも軽減できると思っていたら大間違いだぞ。
しかも自白を取ることすらせずに絵を踏むかどうかで処罰していたんだから、その点でも野蛮性は更に高いよね。

262 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/30(金) 19:02:39 ID:ORfP6chT
日本人がキリスト教徒に対して行った蛮行の歴史(追加)

日本は東南アジアと太平洋の広い地域に侵略を開始し、 1942年2月19日には200機を超える日本軍機によって、絶好の立地条件から、連合軍の主要基地として重視されるようになっていたダーウィンが空襲されました。
8隻の船が沈められ、人口5000人のうち、243人が死亡、350人の負傷者を出しました。

そして、1943年11月までの2年足らずの間に、ダーウィンは64回もの空襲を受け、ブルームなど、他のオーストラリア北部の地域も空襲をうけました。
空襲の結果、ダーウィンは壊滅的に破壊され、 いまでも町の中心には記念碑が建てられ、 Bombing Road (爆撃道路) という名すら残されています。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/seiyousi/kobeya/AustraliaHistory/jau/contents2.htm

↑一般市民を巻き込む残虐な市街地無差別爆撃を敢行し戦争をより悲惨なものにならしめた先鞭をつけるものを糞ジャップが行ったといってよく、
糞ジャップの野蛮さの表れの好例だと見ることもできよう。

263 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 19:11:06 ID:1rIqFSNx
>>261
なるほどwikiね。そのwikiだが
フランスのwikiでは
Historiens et chercheurs estiment aujourd’hui le nombre de victimes entre 50?000 et 100?000.
犠牲者は50000から100000
http://fr.wikipedia.org/wiki/Chasse_aux_sorci%C3%A8res

英語のwikiでは
Current scholarly estimates of the number of people executed for witchcraft vary between about 40,000 and 100,000.
「現代の学者の間」での処刑された人の数は40000人から100000万人の間で推移
http://en.wikipedia.org/wiki/Witch-hunt

イタリアのwikiでは
Le ipotesi minime parlano di circa 110.000 processi e 50.000 esecuzioni[3] cifre successivamente ridotte dallo stesso
autore a 100.000 processi e 50.000 esecuzioni

Esistono poi molti studi che pervengono a conclusioni di poco superiori, mentre a risultati notevolmente distanti si
collocano pochi autori[6] che parlano di 12.000.000 processi e 9.000.000 esecuzioni.

更に詳しく50000を最小の数字で、これは極端だが最大は1200000の裁判と9000000の処刑推定としている
一次的文書が回復不能で証明しようがない。
このようにwikiでもバラバラだ
これは当然で推定の根拠となる記録が残存してるものが少なく、残存しているのも完全ではないから。
例えばユーインは、イングランドの中央巡回裁判区の起訴状について「1643年度分が紛失」「1711年
の夏期裁判については紙膠着のため調査不能」「ある綴りは分散し・・・
と述べている。継続して起こっていた出来事が年度分の紛失で「全く起こらなかったもの」とするのは
おかしいとも言える・・ということは明白だ。また一方で極端な数字があるが否定する根拠もない。
いずれにせよ数字自体を正確には出せない。
つまり断定できないので、諸説により幅を持たせて書いているわけだ。異論はないと思うが。
最小を40000とするならそれでもよい。

ただ4万と断定するにはちょっと無理があるね。

264 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 19:19:10 ID:1rIqFSNx
その日本wikiには疑わしい部分がもう1つある。ヨハンネス・ウィエルス(Ioannes Wierus)についてだが若干
過剰評価との印象を持たざるを得ない。おそらく教会シンパが書いたのか、それとも「説明付き」資料が
そうだったのか。バチカンは必死だからね。信者も。
彼は確かに裁判の方法について糾弾したが、ほとんど効果はなかったといわれる。
当時の問題書になっただけで魔女裁判は急ピッチでピークに向かって激化してる。ジャン・ボダンがす
ぐさま否定したからだ。1885年に彼の伝記が現れるまでほとんど名をしるものはなかったという。
つまり名が出たのは死後で功績はあとづけだ。彼は皇帝から援助がでたものの、給料をもらえず故
郷に帰る。そして単なる医者として終わり墓さえ存在していない。今代わりに町に「町おこし」として彼の
記念塔が故郷に立ってるが、功績は「町おこしのシンボル」の他の例に漏れず、彼のおかげで激減した
という印象を与えるのは誤解を招くといえる。まぁ後付で立派な人だったとはいえるな。
彼が希有とされる理由は、それだけあの時代に専制君主的で残忍な教会に逆らえなかったという感じかな

265 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 19:34:58 ID:1Evhp4I5
>西欧の魔女裁判が無知蒙昧な民衆の妄動によって起きたことであるのに対して、
>糞ジャップのキリシタン大殺戮は当局の主導であり、しかも全国隈なく行われたものだからより徹底したものであったであることが推察される。
>また、犠牲者数においても魔女裁判の犠牲者数は4万人程度であるのに対して、キリシタン大虐殺の犠牲者数は20〜30万人と見積もられている。

教会も一緒になって魔女狩りやってたよね。
罪の無い人の大量無差別拷問殺人より、反逆するキリスト教徒限定の、信仰を捨てさせる
行為の方が酷いと。
キリスト教徒は無差別殺人と、想像を絶する苦しみを伴う拷問を酷いとは考えないんだね。
反逆するキリシタンを食い止めるためのやむを得ない施策と、大量無差別殺人を一緒にしないでちょうだいよ。

266 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 19:39:59 ID:1Evhp4I5
キリシタンの排除を徹底していたのは、破壊的なキリスト教徒から国を守るため。
危険因子を徹底して排除するのは当然であり、国の防衛権だ。

日系人の強制収容も、国を守るための権利だから、危険因子を収容しておくのは
当然だってCDU自分で言ってたよね?だから君の言うキリシタン大虐殺だって
正当行為なんだよ。ほんとは破壊的キリシタンがただ返り討ちに遭っただけのことなんだけどね。

これはCDUに言わせれば正当行為になるから、
教会もしっかり加担していた無差別大量拷問殺人魔女狩りはれっきとした残酷
犯罪行為だよね。

267 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 19:42:06 ID:1rIqFSNx
魔女裁判は残忍さにおいて人類歴史上最悪、ナチス以上の大虐殺ですよ。法皇とか信者たちもとっとと
認めりゃいいのに。

268 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 20:13:14 ID:1Evhp4I5
>全く同意だな。糞ジャップのキリシタン大迫害も仏教徒どもがそのような信念を持って行ったのだろう。

ずいぶんキリシタンが迫害されたことに腹がたっているみたいだが、そもそも
迫害されなければならないような行いをしたのはキリシタン本人達。間違った神は滅ぼさないと
いけないとか言って、寺院を破壊したりね。
そういう事になったのは自分達のせいなんだから、ちょっとは自分たちの愚かさを反省したら?

>>225
>>キリスト教はこれまで一切そんなことはしてないと主張する→
>そんな書き込みあるか?見つからないのだが、具体的なレス番を指摘してくれ。
>>209
>キリスト教が一切魔女狩りに関与していないとかほざいてたCDU
だから具体的なレス番を挙げてからほざけや。妄想の中で生きているのはお前だろ。

>>34宗教が違うという理由でキリスト教国が起こした戦争なんてほとんどなかったと思うが。
>>76これは全く逆。魔女は多神教的な迷信に基づくもの。
魔女裁判は多神教的迷信に捉われた無知蒙昧な大衆が一時的な熱狂から始めたものに過ぎない。
実際、教会は当・・・魔女裁判にキリスト教的基盤がないことだけは確か。
>>79薬草については、聖書にも乳香や没薬を供え物として捧げたという記述もあるぐらいであり、別にキリスト教的に忌み嫌うべきものではない。
従って、薬草を扱う女性を弾圧したという事実があったとしても、その背景にキリスト教的根拠は何もない。
これも恐らく多神教的迷信に基礎を置くものなのであろう。
>>100魔女裁判は多神教的迷信に基づくものだよ。キリスト教の教義に基づいているというなら、その根拠を示せよ。

269 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 20:14:08 ID:1Evhp4I5
>>204
>これが現世利益を持たないキリスト教徒の考え方、価値観なのである。
つうかさあ、人身御供の犠牲者になる者も、彼にとってはそれが名誉かもしれないから、

おまえ馬鹿か!神を信仰して死ぬ価値観のキリシタンは虐殺されただろうが!
だからちゃんとその本人の価値観は尊重されてるんだよ。
信仰の薄かった者が、選択の自由によって拷問を解かれたんだろうが。

ということで、生きる選択肢を与えず、無実の人間を大量無差別殺人したキリスト教国家の方が、
生きる選択肢を与え、かつ価値観の尊重も同時になされた日本のやり方の方がずっとまし。
お前少し頭使えや。

270 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 20:18:13 ID:1Evhp4I5
>20世紀中頃まで宗教弾圧・拷問を国家の合法的な行為として行い続けていた
>糞ジャップに比べたら遥かに早熟だけどね。

あれ?先月まで拷問施設を合法で運営していたアメリカは??

271 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 20:26:30 ID:1Evhp4I5
>フランスでは植民地支配や奴隷売買の歴史うやく直視し、恥ずべき史実も教えようとしはじめたところだが、日本はと見ると、
>近代化以降の植民地主義と戦争中に国家と軍隊が行った不正や犯罪を隠蔽どころか美化しようと必死な人たちの戦略・戦術

そういうお前は、植民地化は当時は合法だったから悪くないってさっきほざいてたよなw

その理屈だったら日本も悪くなくなるじゃん。自分の意見に一貫性を持て。

ま、ここで当時合法だった日本の非をお前が非難するなら、キリスト教国家が
行ってきた当時合法だった植民地化はれっきとした犯罪ということだよな。

272 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 20:42:03 ID:1Evhp4I5
>はて?何という人権が侵害されているの?
ほうwでは仮にお前の国が日本の植民地になったらどう感じるのかね?まずそこから答えてもらおうか。

>香港はかなり豊かだったけども。香港は国じゃないし。
今は特別行政区だろうがw国旗まがいのものもちゃんとあるだろ。豊だったのはイギリス人が勝手に支配してたからだろ。
いきなり変換して政権奪われてたやつらに今日から自分で政治しろって投げ出して
何が出来るって言うんだよ。
>人身御供や首狩りの犠牲者は十分苦しんでいると思うがw。
それが嫌かどうかは本人達に聞いてから決めてください。キリスト教徒の勝手な
価値観で決めないで下さい。もし嫌がっていたら助けてあげて下さい。同じ事何度も
書かせないで下さい。

>意味が分からない。何で私の意見とアメリカへのイメージが関係する。

 お前日本は植民地化は悪だと教える傾向があるとか書いてただろ。
裏を返せばアメリカは悪だとは教えてない事になるだろ。少しは考えろ。

>キリスト教は別に植民地が正義だとは教えていないし。
 でも悪いとも思わなかったんだよね。むしろ合法にしてたんだろおまえの言い分だとw


273 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 20:47:01 ID:1Evhp4I5
>>キリスト教が仏法にとって脅威だというならそれは仏教の側がもっと人々の
>>関心をつかむように努力すべき問題であって、キリスト教の布教を妨害する
>>果ては追い出すというのは筋違いだろ。
>いや、破壊行為・非キリシタン殺害などをやらかしたからお仕置きされただけ。w
>まだ理解できないのかなぁ?w

まだ理解できないの?

274 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 20:52:26 ID:1Evhp4I5
>>246
要は、キリスト教は何人死んだか把握しきれないくらい沢山虐殺しちゃったってことだな。

魔女は人間として扱わなかったから、殺した数も考えなかったんだろうな。

275 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 20:56:13 ID:1Evhp4I5
>>258
そうやって強がっても実際もう勝ち目無いよね・・・。

276 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 21:01:57 ID:1Evhp4I5
>しかも自白を取ることすらせずに絵を踏むかどうかで処罰していたんだから、その点でも野蛮性は更に高いよね。

ふーん、人身を傷つけずに絵だけ踏ませるのは野蛮で
無実の人間に焼けた鉄の靴を履かせてさらにその靴をハンマーで殴るのはキリスト教の
見解からだと野蛮じゃないんですか・・・。

そんなに自分たちの野蛮性を認めたくなくて、
一方的に日本人が悪いという事を主張したいのなら、
論文書いて世界に発表したら?
こんなとこでごねてたって閲覧者は多分3人くらいだし、
世界のキリスト教徒に対する見解は少しも変わらないよ。

ところでキリシタンが踏み絵するはめになったのは、キリスト教徒自信に非
あることだという事は、まだ分からないのかい?

277 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 21:06:54 ID:1Evhp4I5
>↑一般市民を巻き込む残虐な市街地無差別爆撃を敢行し戦争をより悲惨なものにならしめた先鞭をつけるものを糞ジャップが行ったといってよく、
>糞ジャップの野蛮さの表れの好例だと見ることもできよう。

これを野蛮と言うのなら、何世紀にもわたって遺伝子における後遺症を残す原爆
を投下したアメリカは野蛮通りこしてるよね・・・。
時代を超越して人々を巻き込んでるもんね。
今でもその街には原爆記念碑と資料館が残ってるよ。
お前一回その資料館に行って見ろ。
キリスト教大国アメリカの野蛮さがわかるぞ。

278 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 21:15:25 ID:1Evhp4I5
CDUは、西洋の魔女狩りで行われた残忍残虐な拷問虐殺行為より、
日本で行われた踏み絵の方が残酷だという主張をそこまで通したいのなら、

その意見を論文で世界に発表しろ。

279 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 21:28:42 ID:1Evhp4I5
>>254

>スペインのキリスト教徒であったフランシスコ・ピサロは、1510年にアメリカ大陸にわたり、
>南アメリカに存在していたインカ帝国の征服を企てた。
>神聖ローマ皇帝カール5世から許可を得たピサロは、32年に約180人の部下を引きつれて
>ペルーを襲撃。インカ人の大虐殺の果てにインカ帝国の皇帝アタワルパを誘拐し、
>「神の名のもとに」アタワルパの命と引き換えに金塊8トンをせしめ、にもかかわらず
>インカ人を裏切ってアタワルパを殺害した。

>その後も陰謀と虐殺の限りを尽くし、「神の名のもとに」ピサロは何十万人ものインカ人を
>大虐殺したのだ。キリスト教は約束を守らなくてもよいことを教えるし、異教徒は何万人
>殺してもよいと教える。キリスト教が真の邪教たるゆえんである。

まあ仮にこのソースが怪しげなサイトからのコピペだとしても、フランシスコ・ピサロ
がキリスト教徒であったことは事実であるし、 インカ帝国を侵略して滅ぼしたのも事実だから、
何十万人もの原住民を虐殺したという事までは否定出来ないよね。

CDUが否定したいのは、「神の名のもとに」ピサロが虐殺を行ったかどうかという部分だよね。

このソースが怪しいにしても、十字軍の遠征や魔女狩りなど、キリスト教徒が
神の名の下に数々の残虐行為を行って来たことは事実だから、この件に関しても
そう考えるのが自然ではないだろうか。

仮にピサロが、「神の名のもとに」虐殺を行ったわけではなかったにしても、
植民地化と同様、キリスト教徒がインカ帝国を滅亡させた事実に変わりは無い。

280 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 21:54:43 ID:1rIqFSNx
横レスしてごめん。

>「神の名のもとに」ピサロが虐殺を行ったかどうかという部分だよね。
ここにはそう書いてあるね

神、金、および栄光。 これらの3つの単語が新大陸征服の合い言葉みたいなもんで
神の名の中で彼らは約束を破り、偽善、残酷、拷問を行い、それまでになかった伝染病をうつし
無理矢理に改宗させられ、たと。

http://www.millersville.edu/~columbus/papers/white.html

281 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 22:00:42 ID:ifRNBsXG
「我らは善いことをしている」と思いつつ残虐の限りを尽くす。
オウムを彷彿とさせるね。

282 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 22:01:10 ID:1Evhp4I5
CDUがキリスト教が美術を発展させたとか自慢していたが、

近代ヨーロッパ人のギリシア美術に対する関心は、古代文芸の研究が盛んになるルネサンス時代から
しだいに高まった。バチカンにあった『ベルベデーレのトルソ』や『アポロン像』、
1506年にローマで発見された『ラオコオン』群像などが、ミケランジェロ、ラファエロらの美術家の創作や
レッシング、ゲーテらの芸術理論に大きな影響を与えたことはよく知られている。
その後も歴代のローマ教皇はじめ、ボルゲーゼ、ファルネーゼ、バルベリーニ、キジなどのイタリアの名門、
ヨーロッパ各地の国王、貴族、富豪らは競って古代美術品の収集に努めた。

という事で、西洋美術の基礎を築いたのは多神教のギリシア人だね。

キリスト教徒が美術を発展させたとか誇らしげに言っていたが、ニケやミロのヴィーナス
など、その完成度の高さはその後の美術作品に対して少しも引けを取らず、
むしろ他の美術品を超越しているとも言える。

よってキリスト教徒が美術の「発展」に「大きく」貢献してきたとは言いがたい。
キリスト教が美術の発展に大きく貢献したと言うよりは、
多神教のギリシア美術を真似て沢山の作品を生み出したと言ったほうが適切かもしれない。

キリスト教徒は多神教のギリシアの美術を真似ること無く、その技法を発展させる
事は出来なかった。

キリスト教徒は自分たちの功績を誇りにする前に、多神教の国家の功績に感謝すべき。

まあどうでもいいけどね・・・。


283 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 22:02:51 ID:1Evhp4I5
>>282
ちなみにソースは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A2%E7%BE%8E%E8%A1%93
ね。

284 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 22:08:55 ID:ifRNBsXG
日本のものがキリスト教徒どもにどんどん吸い取られているのが痛すぎる。見てられん。
政治屋はキリスト教のいいなり。信者って騙されてるとも知らないで本当のバカだ。

285 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 22:11:14 ID:1rIqFSNx
In the name of God 神の名において
で検索してて思い出した
Forgive me for the things that I have done
In the name of the Father and the Son
You are my religion

俺が今までやらかしたことは忘れてくれ
父と子の御名において
おまえは俺のご本尊さ
<You're my religion/Firehouse>
関係ないが いい歌だなこれ。 って脱線してみたりする
http://jp.youtube.com/watch?v=XqTDRy1bcrw

286 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 22:27:38 ID:1Evhp4I5
CDUの言い分をおおまかにまとめると

日本人がキリシタンを虐殺した→
「それはキリシタンが破壊行為を繰り返したからだよ」→
そこはスルー→
「これまで魔女狩りや植民地化など残虐行為を繰り返して来たのはキリスト教徒だよ」→
そんなことはしていない、キリスト教国家は無罪だと主張→
「でもこんなに証拠あるよ」→
結局認める→
でも日本だってなんたらかんたらとか言い逃れして負け惜しみする→
今度は西洋で行われた魔女裁判より踏み絵の方が野蛮だとか言い出す→
??

果たしてこのむちゃくちゃな主張を通し倒すことはできるのか!??
仮に日本の方が野蛮だったと主張が通ったとして、結局キリシタンが迫害に遭った
原因がキリシタン本人にあることから、迫害に遭ったのはしょうがなかった事実は
一体どうするのか!??
キリスト教が無実の主張も植民地化を正当化する発言もどんどん淘汰され、完全に後が無くなったCDU!
向後期待!!☆

287 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 22:32:19 ID:1Evhp4I5
>>269

>ということで、生きる選択肢を与えず、無実の人間を大量無差別殺人したキリスト教国家の方が、
>生きる選択肢を与え、かつ価値観の尊重も同時になされた日本のやり方の方がずっとまし。

の文を
>ということで、生きる選択肢を与えず、無実の人間を大量無差別殺人したキリスト教国家よりも、
生きる選択肢を与え、かつ価値観の尊重も同時になされた日本のやり方の方がずっとまし。

に修正します。


288 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 22:33:08 ID:Xcwm9fJC
CDUが涌いてたのね
相変わらず言葉遊びで逃げちゃったのねw
>>260
悔しくてレスくれたのねww
懲りんやっちゃのうww
>>285
もう余裕だねw


289 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 22:58:20 ID:1Evhp4I5
「神の名の下」に残虐な行為をしてきたキリスト教の歴史は事実であり、
またそれらの事柄が普遍的に認識されているものでありながら、
ソースが無いから認めないとか、そのソースには信憑性が無いとか
わけの分からない言い訳をして
かなりマイナーな説を引っ張り出してはキリスト教の無実を主張するような真似をし、
てきたCDU。

キリスト教がこれまで科学や美術の発展を阻害、後退させた事は事実であり、
また世界中の国々を神の名の下滅ぼしてきたのも事実である。

これらの事実を持つ宗教をあえて信仰する理由がわからない。

これらは事実であるが、キリスト教徒のCDUはそれを必死に隠滅、養護する必要があった。

それはそれらの事柄を隠滅、養護しなかったことにしないと、キリスト教を野蛮な宗教
と認めることになり、それを信仰する価値も理由も無くなるからである。

しかし後半でキリスト教徒が魔女狩りを行った事も、世界中で植民地化を行ったことも
きれいに認めてしまった。

290 :神も仏も名無しさん:2009/01/30(金) 22:59:11 ID:1Evhp4I5
隠滅、養護してそれらの事実をもみ消し、それらの事実が無かったことにした上で
しか信仰の価値が無かった宗教。それらの事実を認めてはいけなかった宗教。

しかしキリスト教徒が行って来た残虐な行為の事実を認めてしまった今、

「キリスト教は信仰するに値しない宗教」

である。

そもそも聖書が最も正しく、その内容が神の言葉であり、決して誤りがないのであれば、
魔女裁判も科学の発展の阻害も途中で止めるべきでなかった。
絶対であるはずの聖書の内容が間違っていた事が歴史上でいくつも発見されてきた。
つまり、聖書は信用するに値しない書物である、という事になる。

291 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 02:14:35 ID:lCNRXpxF
植民地が現地の人(原住民)にとって人権侵害にならないと言ってのけたCDU君に
、植民地にされた土地の人々がどのような境遇に立たされたかを示してやろう。

植民地の概要:一般に帝国主義的先進国が植民地を原料工場・商品市場として
開発するとともに、住民を政治的に抑圧支配する。植民地を獲得する過程では、
ほとんどのケースで在来住民との軍事的な衝突が起こり、その全殺戮にいたることもある。
例えばフランスはマルティニーク島の原住民を殲滅し、純粋な島民は絶滅した。

→原住民が虐殺される事態が、「人権の侵害が一つも当てはまらない」と?
今は植民地化により原住民の人権が侵害されるかという議論をしているので、
「虐殺が人権侵害に当たらないとは言ってない」みたいな言い逃れは無しね。
あと植民地化によってなされる一般的な原住民に対する権利の侵害について
議論しているので、「虐殺されなかった場合もある」みたいな特殊例を挙げる
言い逃れもやめてね。

平和的プロセスによって植民地が獲得される場合もあるが、
いずれにせよなんらかの形で獲得したあとは、その植民地を統治・経営(植民地経営)することになる。
その過程を植民地化という。

292 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 02:15:10 ID:lCNRXpxF
植民地化の要因:
植民地化の動機・要因には、主に以下のようなものがある。

天然資源や労働力(奴隷)、市場の確保
→奴隷が人権の侵害じゃなかったら、一体何が人権侵害になるんだい?
本国に隣接した地域への領土拡大
→他人の土地を奪っておいて、何も権利を侵害していない?
本国民を移住させるための開拓地獲得
→移住の強制が人権侵害に当たらない?
本国や既得植民地、海上交通路の防衛のための要塞や緩衝地確保
→勝手に人の土地に物を作っておいて権利を侵害していない?
他国の植民地とされる前に勢力圏として確保
→自分勝手だね。
宗教的使命による布教地拡大
→ってか現地の人々の信仰を奪って、強制的にキリスト教徒にさせたんだよね。

統治下の差別・分離政策
植民地では先住民の反乱や独立運動を抑圧するために、本国とは異なった法律が施行され、
先住民には国籍や市民権が与えられなかったり、国籍を与えても「属領籍」「外地籍」
「海外籍」のように本国人とは別個の法的身分に編入され、権利義務について別個の取り扱いが
なされた。こうした区別は、植民地支配を非難糾弾する側からすると不当な人種差別であるが、
正当とする側からみると、未成年者や知的障害者・精神障害者が自己決定権を制約されるのと同様に、
当該地域の住民が、相応の文明レベルに達していないが故に行なわれる、「正当な区別」ということになる。

→ここでまず明らかなのは、市民権を剥奪されているという点ですな。
後は上げたらきりが無いです。

植民地では原住民の人権が一つも犯されないというのがCDUの主張だったから、
とりあえず一つでも権利の侵害の存在を示せば十分だな。

今度は一体どんな見苦しい言い逃れをしてくれるのか楽しみだなw


293 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 02:16:29 ID:lCNRXpxF
そうそう、出展はウィキペディアね。

294 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 02:26:25 ID:lCNRXpxF
CDU:キリスト教は魔女狩りに一切関与していない、無関係だと主張→
結局魔女狩りが教会によってもしっかり行われていた事実も、
旧約聖書に魔女の思想と魔女に対する対応についてもしっかり記述があることを示される→
CDU、認めざるを得ない→認めた→
CDUの負け。CDUの負け犬の遠吠えセリフ:それでさあ、何を必死になって西欧の魔女狩りについて論っているんだ?
必死でキリスト教が魔女裁判に関与していないとほざいてたのはどっちだよw

295 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/31(土) 02:43:53 ID:cOgZK5ii
何言ってやがる、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップどもの分際でw

>>199
>癌の腫瘍を摘出した後に、再発の無いよう、残ったがん細胞に放射線療法を行うのと同じです。
ほう。
じゃあお前は、南京やシンガポールで大虐殺を行い、重慶やダーウィンに市街地無差別絨毯爆撃を行い、バターン死の行進などで捕虜虐待を行うなど非道の限りを尽くし、
それ以前に周辺国に侵略して回り破壊しまくった糞ジャップは、戦犯どもだけではなく一般国民に至るまで300年間根絶やしにすべきというのか。
原爆ぐらいは蚊が刺した程度のことというのかな?
なかなか思い切ったこというやつだね。負けそう。w

>>265
>反逆するキリシタンを食い止めるためのやむを得ない施策
は?隠れて密かに信仰を守っている信者を徹底的に根絶やしにしようとし続けていたのだが。歴史を知らんのか?

>>266
>日系人の強制収容も、国を守るための権利だから、危険因子を収容しておくのは当然だってCDU自分で言ってたよね?
『仮に』危険因子だとすれば、確かに戦時下の比較的短期間における収容所への収容程度なら最小限度の正当な人権制約として赦されたかも知れないね。
しかし、300年にわたる根絶やし大殺戮政策などは話にならん。
しかも危険因子ではなく大人しく隠れて信仰を守っていた者を虐殺しまくっていたのだから、非人道性・人権侵害性の程度において米国の強制収容とは次元が全く異なる野蛮行為である。

>>268
>キリスト教が一切魔女狩りに関与していないとかほざいてたCDU
だからどこにあるんだよw
キリスト教的基盤がない、キリスト教的根拠がない、と言っているだけで、キリスト教が一切関与していないとは言っていない。

296 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 02:45:28 ID:lCNRXpxF
>因みに参政権のような後国家的権利は、人類普遍の客観的正義が定める自然権たる人権ではないからな。

参政権が無いのは人類普遍の客観的正義に含まれていない?
お前の言う人類普遍の客観的正義って一体何だよ・・・。
お前の中だけの正義?


297 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 02:51:16 ID:8flOyHST
>キリスト教的基盤がない、キリスト教的根拠がない、と言っているだけで、キリスト教が一切関与していないとは言っていない。

結局は「キリスト教的基盤がない、キリスト教的根拠がない」というお前の主張もあっけなく崩れたな。w


>隠れて密かに信仰を守っている信者を徹底的に根絶やしにしようとし続けていたのだが。歴史を知らんのか?

>しかし、300年にわたる根絶やし大殺戮政策などは話にならん。
大成敗の原因作ったのはだーれ?w

298 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 03:02:38 ID:8flOyHST
CDUが錦の御旗に掲げる「人類普遍の客観的正義」というのはタネのない
テンプラみたいなもの。

299 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/31(土) 03:08:45 ID:cOgZK5ii
つうか、キリシタン政策は国防政策じゃなくて宗教問題政策であるという理解は常識だろうが。
キリシタン大殺戮を立案・実施したのは糞坊主の金地院崇伝で、奴は宗教問題担当だった。

>>269
>だからちゃんとその本人の価値観は尊重されてるんだよ。
あふぉ。糞ジャップは論旨が全く読めないんだなあw。
殉教者として必要以上の苦痛もなく短時間で殺されるのと、じわじわと拷問の苦痛を味あわせながら、信仰を捨てれば許されるよという飴も散らつかせて誘惑しつつ、
長時間そのような状態で置いてから棄教しなければ結局殺してしまうのとどっちが残酷か、いくら野蛮民族でも想像付きそうなものだがな。
お前らイエローモンキーはそんな想像力もないのかよ。

>>271
それは私の意見じゃなくて、あの記事の執筆者の意見だが。w

>>272
>ほうwでは仮にお前の国が日本の植民地になったらどう感じるのかね?まずそこから答えてもらおうか。
いや感情論じゃなくて、何の人権を侵害するのか訊いているのだが。

>今は特別行政区だろうがw
国か?それw

>それが嫌かどうかは本人達に聞いてから決めてください。
お前は、殉教者として死ぬよりも棄教者として生きながらえる方がいいと考えると決め付けてお前の価値観を押し付けていたようだったが。

>裏を返せばアメリカは悪だとは教えてない事になるだろ。少しは考えろ。
さあな。かの国は、民族自決主義を唱えたウィルソンをも輩出するほどの国だけどね。

>でも悪いとも思わなかったんだよね。むしろ合法にしてたんだろおまえの言い分だとw
植民地だと言うだけでは正邪は決められない。どういう支配を行っているかが重要。

300 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 03:14:17 ID:8flOyHST
>つうか、キリシタン政策は国防政策じゃなくて宗教問題政策であるという理解は常識だろうが。
>キリシタン大殺戮を立案・実施したのは糞坊主の金地院崇伝で、奴は宗教問題担当だった。
ソースは?

301 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 03:22:08 ID:8flOyHST
>さあな。かの国は、民族自決主義を唱えたウィルソンをも輩出するほどの国だけどね。
1919年2月13日、日本全権である牧野伸顕が新設される国際連盟規約委員会に
おいて、連盟規約に人種的差別撤廃を入れるように提案した。これは「人種
あるいは国籍如何により法律上あるいは事実上何ら差別を設けざることを
約す」というもので、国際会議において人種差別撤廃を明確に主張した国は
日本が世界で最初である。
当初この提案は多くの植民地を有するイギリスやオーストラリアなどに猛反対
され一度は退けられた。しかし日本は説得交渉を続け、4月11日の最終委員会に
おいて連盟規約前文に「国家平等の原則と国民の公正な処遇を約す」との文言を
盛り込むという修正案を作成し、再度提案する。
修正案は採決の結果、出席者16名中11名の賛成(フランス、イタリア他)を得るに
至り、賛成多数により可決かと思われた。しかし議長であったアメリカ大統領
ウッドロウ・ウィルソンはこの案に反対。それまで全ての議題は多数決で採決
されていたにも関わらず、突如『重要な議題については全会一致が必要である』と
して日本の提案を退けた(外務省記録「人種差別撤廃」、『日本外交文書』
大正7年第三冊および大正8年第三冊上巻)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%A8%AE%E7%9A%84%E5%B7%AE%E5%88%A5%E6%92%A4%E5%BB%83%E6%8F%90%E6%A1%88
これもウィルソンの業績。w

302 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/31(土) 03:22:39 ID:cOgZK5ii
>>276
いや、拷問もやっていたけどね糞ジャップは。やがて拷問やって自白取るのすらも面倒になって絵踏み敢行w

>>277
原爆を落とされるはめになったのは、糞ジャップ自身に非あることだという事は、まだ分からないのかい?

>>279-280
いや、やたらに「神の名」を持ち出すのは、むしろ不信心者なんじゃないの。
「あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。みだりにその名を唱える者を主は罰せずにはおかれない。」(出エジプト記20章7節)

>>285
そういえば、「天皇の名のもとに」というタイトルで南京大虐殺の実態を描いたビデオがあったね。糞ジャップは、「天皇の名のもとに」大虐殺を行ったんだね。

>>291-292
>植民地では原住民の人権が一つも犯されないというのがCDUの主張
いや、言っていないからw

303 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/31(土) 03:24:28 ID:cOgZK5ii
>>300
「1612年から、京都所司代・板倉勝重と共に宗教行政を担当している。1613年には伴天連追放令を作成した」
http://www.ikedakai.com/jinmei/konchiin-suden.html

304 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 03:25:58 ID:8flOyHST
>さあな。かの国は、民族自決主義を唱えたウィルソンをも輩出するほどの国だけどね。
クラスター爆弾禁止条約にも参加していないような国の大統領がなにをしたって?w

305 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 03:29:04 ID:8flOyHST
>>303
駿府に赴き、外交事務の担当をするようになる。1612年から、
京都所司代・板倉勝重と共に宗教行政を担当している。1613年
には伴天連追放令を作成した(その後も禁中並公家諸法度や寺院法度、
武家諸法度を作成している)。
いろいろやっているやん、外交、武家諸法度などなど。w
で、キリシタン成敗も奴さんの指令?w

306 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 03:36:03 ID:8flOyHST
そして1612年、岡本大八事件が起こる。
岡本大八はキリシタンであり、主君の幕臣・本多正純を通じて、キリシタン
教界に便宜を与えてきた。
この岡本大八と有馬晴信との間に所領問題による贈収賄事件が起こる。
幕藩封建体制の根幹たる所領問題で、このような行為が行われ、またその
当事者が二人ともキリシタンであったことで、家康は禁教令施行を決意した
のであろう。
ちなみに虚偽を暴かれた大八は火刑に処され、有馬晴信は謀反の嫌疑を
かけられ改易され賜死した。
禁教令施行を決意した家康は、まず駿府の家臣団を検問し、キリシタンで
ある者を検挙。信仰を捨てなかったので、改易処分とした。
ここで天領である京都・江戸・駿府に禁教令を布告。キリシタン寺院の
破壊を命じ、布教を禁じたのである。この禁教令によって江戸・京都の
教会の破壊が行われ、武士のみならず一般庶民もキリスト教信仰が禁止
された。
また前述の改易されたキリシタン武士の抱え置きを禁止する旨を、全国の
大名、畿内の社寺、京都・長崎のキリシタン教界に通達された。
1612年4月〜5月のことである。
同年の9月には、関東の幕領に対し、キリシタン禁制を含む禁令五箇条が
発令される。
http://www.collegium.or.jp/~take/christi/rekisi3.html
家康が積極的に動いたようだな、所領問題なんかで。

307 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/31(土) 04:35:51 ID:cOgZK5ii
>>210
>『魔女の槌』
そうだよな。魔女狩りが実施される直接的根拠となったのは、やはり旧約聖書じゃなくて、これだよね。
実際、例の出エジプト記に出てくる「呪術師」というのは、厳密には「悪霊の力を借りて神秘的なことを行う者」といったものであって、魔女ではなくむしろ霊媒師や口寄せ師のイメージに近いものを指すのだそうだ。
魔女の定義付けもこの『魔女の槌』によって行われており、その内容はキリスト教の教義とはかけ離れた内容で(というか、聖書を始めとしたキリスト教の教義には魔女の定義など存在しないのだが)、
キリスト教というよりむしろ当時の無知蒙昧な大衆によって信じられていた多神教的迷信における魔女のイメージをほとんど追認するような内容になっているらしい。
魔女裁判に教会が関わっていることは否定できないが、やはりそれは無知蒙昧な民衆の多神教的な迷信に基づく一種ヒステリックな心理状態から行われたものである面のほうが強いと言えそうだ。

>>263
いやいや、
田中 雅志訳『魔女の誕生と衰退―原典資料で読む西洋悪魔学の歴史』三交社 2008/04刊
においても、魔女狩りの犠牲者が数百万だとかいうのは誇張された根拠のない数字で、近年研究が急速に進み、犠牲者数は4万人で学者の見解はほぼ一致している、といった記述が見られる。(まんまコピペでないのはご容赦)
ウィキの記述は更新が遅れているんじゃないのかなあ。

>>264
犠牲者数の記述とは何の関係もない話だよね、それ。
>おそらく教会シンパが書いたのか、それとも「説明付き」資料がそうだったのか。バチカンは必死だからね。信者も。
そう考える何の根拠もない。憶測ですらない。

「その一方で、「やっかいな悪魔に誘惑された高位高官の人びとに対する真からの同情心」が執筆の動機であるとして、魔女狩りは悪魔の誘惑によるものであり責任は悪魔にあるとの説を展開し、これまで魔女裁判を行った者への配慮も怠らなかった。」
という批判的な記述もあるから、そう過剰評価でもあるまい。

>彼が希有とされる理由は、それだけあの時代に専制君主的で残忍な教会に逆らえなかったという感じかな
1563年だよ。ルネサンスももう後期にさしかかろうという時期だ。

308 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 04:51:34 ID:8flOyHST
けっきょく魔女狩りはキリスト教に責任があるということだな。w
ま、旧約聖書もロクなものではないしな。w

309 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 06:51:35 ID:JRHdeUmg
>>307
>キリスト教というよりむしろ当時の無知蒙昧な大衆によって信じられていた多神教的迷信における魔女のイメージ

論理矛盾だけではなくて、事実誤認もあるわけだね、君

キリスト教を擁護したいのかい?
こういうガセを延々と垂れ流すのは感心しないね
キリスト教の評判落とすだけだからやめたら?もう(笑




310 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 14:53:29 ID:AOSBsSob
>じゃあお前は、南京やシンガポールで大虐殺を行い、重慶やダーウィンに市街地無差別絨毯爆撃を行い、バターン死の行進などで捕虜虐待を行うなど非道の限りを尽くし、
>それ以前に周辺国に侵略して回り破壊しまくった糞ジャップは、

キリスト教国家は植民地化において原住民を一人残らず抹殺した事実もあるよね。
日本より酷い行為を長年にわたって繰り返して来た自分(キリスト教国家)の事を
棚にあげて、他国の批判をして、何が変わるんだい?

>戦犯どもだけではなく一般国民に至るまで300年間根絶やしにすべきというのか。

一般国民を無差別に殺戮し、現代に至ってもなお原爆の後遺症に苦しむ人々を生み出した原爆
を投下したアメリカを非難しているのだが、何で私が「 戦犯どもだけではなく一般国民に至るまで300年間根絶やしにすべき」
と言っていることになるのか説明してくれないか。

>原爆ぐらいは蚊が刺した程度のことというのかな?

原爆を投下したのは人類史上において最大の過ちであるというほどに非難したのだが、
私の文をどう読んだらそういうめちゃくちゃな解釈になるのかな?
原爆投下に対して「蚊が刺した程度」?
この言葉、原爆記念館にアメリカ人の一人の発言として書き込んで来ようかな。

なんかCDUの言い分が苦しすぎて付き合うのがかなり面倒だな。

311 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 14:59:00 ID:AOSBsSob
>は?隠れて密かに信仰を守っている信者を徹底的に根絶やしにしようとし続けていたのだが。歴史を知らんのか?
反逆する可能性を秘めた日系人、危険因子を徹底的に収容するのは当然の国の防衛の
ための権利だと言ったのは誰だっけ?
肌の色が日系であれば、反逆の意志が全く無くても、危険の可能性が0ではないから
強制収用したんだろ?

それが正当行為なら、少しでも危険の可能性のあるキリシタンを徹底的にあぶりだして
宗教をやめさせるのが当然の国の権利だろうが。

312 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 15:07:26 ID:AOSBsSob
>非人道性・人権侵害性の程度において米国の強制収容とは次元が全く異なる野蛮行為である。

殺さなかったからアメリカの方がマシ、みたいな言い方だけど、
殺害せざるを得なかったのも、収容せざるを得なかったのも、国を反逆分子から守る
ために必要だった事。だから国を守るためにやらざるを得なかったと言う点で国の状況は同じ。
殺さないで強制収容にしておけると良かったんだけど、当時日本は木造建築が主流で、
大量の反逆分子を脱獄させずに収容しておける頑丈な建物を作れなかったんだよ。
まさか反逆分子を、頑丈な石組みで出来ている城に住まわせるわけにもいかないしね。
ごめんね〜。
信仰を捨てれば助かったんだ。信仰を捨てずに死ぬほうを選んだキリシタンが殺されたんだ。
殺されたのは反逆の可能性のある危険分子であり、排除せざるを得なかった。
信仰を貫きたいというキリシタンの意思はちゃんと尊重されているから、文句言わないでね。


313 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 15:27:59 ID:AOSBsSob
>他国を植民地化することと、植民地において人権侵害行為が行われるということは、また別次元の問題だぞ。
→>>植民地化してその国の政権を奪ってる時点で人権侵害じゃん。
>はて?何という人権が侵害されているの?因みに参政権のような後国家的権利は、人類普遍の客観的正義が定める自然権たる人権ではないからな。

ここまで言っておいて

>>植民地では原住民の人権が一つも犯されないというのがCDUの主張
>いや、言っていないからw

お前ぜんぜん言い逃れになってない。



314 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 15:32:16 ID:AOSBsSob
>つうか、キリシタン政策は国防政策じゃなくて宗教問題政策であるという理解は常識だろうが。

それはCDUの中での常識だろw 寺院を破壊して回るキリシタンを制圧することが国防政策
じゃなかったら、一体何なの?

>キリシタン大殺戮を立案・実施したのは糞坊主の金地院崇伝で、奴は宗教問題担当だった。

だったら何だ。何度も言うが、寺院を破壊する輩を制圧するのは正当防衛だろうが。


315 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 15:39:30 ID:AOSBsSob
>殉教者として必要以上の苦痛もなく短時間で殺されるのと、じわじわと拷問の苦痛を味あわせながら、信仰を捨てれば許されるよという飴も散らつかせて誘惑しつつ、
>長時間そのような状態で置いてから棄教しなければ結局殺してしまうのとどっちが残酷か、いくら野蛮民族でも想像付きそうなものだがな。

日本人のやり方は野蛮だった。だから西洋の魔女狩りなども差し置いて、それが悪い、と言う主張だが、
西洋の魔女狩りでは、魔女でなければ許してやるという飴をちらつかせながら、じわじわと拷問の苦痛を味わわし、
長時間そのような状態で置いてから、魔女であろうがなかろうが結局殺してしまう西洋のキリスト教徒の蛮行の事実
が有るという時点で、「Aがした事よりBがした事の方が酷いから、悪いのはBだけ」
というCDU君の主張はもはや通らないな。


316 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 15:49:57 ID:AOSBsSob
>>271
>それは私の意見じゃなくて、あの記事の執筆者の意見だが。w

その文を引用してくるという事は、その意見に賛同しているという意味になると思うが。

>いや感情論じゃなくて、何の人権を侵害するのか訊いているのだが。

感情論だけでも立派な人権侵害になるが。CDUは、「そんなの人権侵害にはならない」
と言いそうだから、説明しておくが、心理的いじめも立派な人権侵害であり、告訴することが
出来る。であるから感情という肉体的な暴行の無い心理面での暴力も立派な人権侵害に当たるので
心しておくように。
植民地化においては言語を占有国のものに改めさせられたり、宗教を占有国のものに強制的に
改宗させられたり、伝統や文化を行う自由も奪うし、経済的な権利も持たせないから、立派な人権
侵害だよね。
植民地には色々な統治形態があるとか上のほうでごねてたけれど、ここでもっぱら
問題として議論されているのはキリスト教国家が行って来た近代以前の事が主だから、
現在の香港が人権侵害になってないとか的外れな言い訳はやめてね。


317 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 16:00:33 ID:AOSBsSob
>国か?それw
もはや言葉遊びしかできないのね。

>お前は、殉教者として死ぬよりも棄教者として生きながらえる方がいいと考えると
>決め付けてお前の価値観を押し付けていたようだったが。

お前の反論はもはや他人の意見の捏造でしか出来ないんだな。
何度も同じ事を書くが、 「殉教者として死ぬよりも棄教者として生きながらえる方がいい」
などとど一度も言っていない。殉教者として死ぬものの価値観はちゃんと保たれていると書いているだろうが。
お前は、生きたいと思えば宗教を捨てて生きられるやり方よりも、
生きる選択肢は0で、無実であっても拷問されて虐殺される西洋の魔女狩りの方がマシだと言ったな。
私は、生きたい人が生きられる拷問の方が、生きる道の無い拷問よりもマシだと言ったのだ。
宗教を捨てて生きるほうがいいなんて一言も言っていないだろ。
宗教を守って死んだ人の価値観は保たれていると何度も書いているだろうが。
もう無駄な言い逃れはやめろ。見ているこっちが苦しいよ。

>裏を返せばアメリカは悪だとは教えてない事になるだろ。少しは考えろ。
さあな。かの国は、民族自決主義を唱えたウィルソンをも輩出するほどの国だけどね。

ああ、負け犬の遠吠えだね。ウィルソンを輩出したからって、アメリカでは植民地は
良い事だと教えているということに反論できないからね。


318 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 16:10:26 ID:AOSBsSob
>>276
いや、拷問もやっていたけどね糞ジャップは。やがて拷問やって自白取るのすらも面倒になって絵踏み敢行w

だから何?この書き込みは君の主張を通す上で何の効力があるのかな?

>>277
原爆を落とされるはめになったのは、糞ジャップ自身に非あることだという事は、まだ分からないのかい?

戦争をやめなかったのはアホな日本人。今は非が有った、無かったの議論ではなく、
互いの国が行った残虐行為の程度を議論していたので、これは趣旨ずれ。
結局自分たちが行った残虐行為の酷さを否定は出来ないという事ね。
あと、この板の趣旨はどうやらキリスト教徒が迫害されたことを非難して謝罪させたいという事のようだけれど、
それはキリシタンが反逆してただ制圧されたという自業自得な歴史であるわけで、
それにおいてはは非があった、なかったの議論では意味がないからそこは反論しないでね。
これで謝罪を求めるなら、原爆についてもまだアメリカは謝罪を行っていないから、
日本に非があったけれど君の言い分が通るならアメリカも日本に頭を下げないといけないと
いうことになるから、それは踏まえておいてね。

319 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 16:14:54 ID:AOSBsSob
>>279-280
いや、やたらに「神の名」を持ち出すのは、むしろ不信心者なんじゃないの。
「あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。みだりにその名を唱える者を主は罰せずにはおかれない。」(出エジプト記20章7節)
神の名を唱えるって、「神」と言うことじゃなくて「ヤハウェ」と実の名を呼ぶことだよ。
あんたキリスト教徒なのにそんな事も知らないの?wよって直接神の名をみだりに唱えて
いなかった、「神の名」という言葉を使っていた者は立派な信者。
ってか本人がキリスト教徒と名乗ったら、信仰が薄かろうが立派なキリスト教徒だからw
お前馬鹿だなw

>>285
そういえば、「天皇の名のもとに」というタイトルで南京大虐殺の実態を描いたビデオがあったね。
糞ジャップは、「天皇の名のもとに」大虐殺を行ったんだね
そうだよ。だから何?これを書き込むことによって君の主張を通す上で何の効力が
あるんだい?

320 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 16:22:57 ID:AOSBsSob
>魔女裁判に教会が関わっていることは否定できないが、やはりそれは無知蒙昧な
>民衆の多神教的な迷信に基づく一種ヒステリックな心理状態から行われたもの
>である面のほうが強いと言えそうだ。

だから何だ。キリスト教が魔女狩りに関わった事実に変わりは無い。

>ウィキの記述は更新が遅れているんじゃないのかなあ。

一部の学者がそういっているだけで、他の学者はもっと沢山の数だと推測しているようだが。
まあ数がどうのの問題じゃないけどねこれは。

>1563年だよ。ルネサンスももう後期にさしかかろうという時期だ。

・・・結局逆らえなかったんだね。。。





321 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 16:39:02 ID:yLJJb2BR
イエスがした蛮行。

B29のパイロットは小倉に原爆を投下出来ず、かなり困っていた。
『この時神は動いた』
浦安堂のイエスは霊を動かした。
長崎は雲があるが切れ間があり辛うじて落とせる情報が入たた。
燃料は少ない。
『適当だが仕方ない。落とすぞ!!』
こうして、その時、昭和20年8月9日。
浦安堂イエスの近くで原子爆弾が炸裂した。

一見イエスも被害者のようだが、その時彼は天に避難していた。
また原爆で苦しんだ人々の呻きや痛みは天地絶縁処理を施し無縁を決め込んだ。
彼はB29のテニアン島帰投を決して許さず長崎原爆投下を実現させた。
『その時神は動いた・イエスの蛮行』

322 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/31(土) 21:06:53 ID:cOgZK5ii
何言ってやがる、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップが、といいたいところだが、残っているのは無知なくせにやたら打たれ強い基地外だけかw

>>310
>キリスト教国家は植民地化において原住民を一人残らず抹殺した事実もあるよね。
それは新事実だな。ソース希望。
それはそうと、糞ジャップが南京やシンガポールで大虐殺を行い、重慶やダーウィンに市街地無差別絨毯爆撃を行い、バターン死の行進などで捕虜虐待を行うなど非道の限りを尽くし、それ以前に周辺国に侵略して回り破壊しまくったというのは事実だろ。
他国の批判をして、何が変わるんだい?

>何で私が「 戦犯どもだけではなく一般国民に至るまで300年間根絶やしにすべき」
と言っていることになるのか説明してくれないか。
日本は国を守るために、キリスト教の信仰を完全に奪う必要があったのです。
癌の腫瘍を摘出した後に、再発の無いよう、残ったがん細胞に放射線療法を行うのと同じだというんだろ。
その考え方を完遂しようとすれば、国際社会は国際社会における平和を守るために、糞ジャップの存在を完全に奪う必要があるということになる。
それも、癌の腫瘍を摘出した後に、再発の無いよう、残ったがん細胞に放射線療法を行うのと同じようなものだしね。原爆を2発ぐらい食らわしたぐらいでは、まだまだがん細胞はたくさん残っているので不十分であり、治療としては蚊が刺した程度のことということになろう。

323 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/31(土) 21:08:44 ID:cOgZK5ii
>>311-312
>それが正当行為なら、少しでも危険の可能性のあるキリシタンを徹底的にあぶりだして宗教をやめさせるのが当然の国の権利だろうが。
居住移転の自由と信教の自由では権利としての重要度が全く違い、同列には扱えない。
しかもやったのは信仰をやめさせただけではなく、300年にわたる皆殺しだからな。そんなことを行う権利は認められない。
従って、戦時中という比較的短期間の収容所への一時的な収容なら止むを得ない権利制約として認められ得たであろうが、300年にわたる徹底的な根絶やしなんていう凶悪犯罪行為が認められる余地はない。
そんなことも分かっていないから、糞ジャップは野蛮民族だといわれてしまうんだぞ。w

>収容しておける頑丈な建物を作れなかった
まあ、未開国の糞ジャップのことだからそれは仕方がないことだが、それはてめえらの問題であってキリスト教徒側の問題ではないので、そんなことによる不利益をキリスト教徒の側で負担する義務はない。

>>313
参政権は後国家的な権利であって、自然権的な人権ではないということも分からんのか。そんなことだから、劣等民族だと言われてしまうんだぞ。

>>314
だったら、キリスト教の布教を妨害した寺を破壊するのも正当防衛であり、自己防衛施策だな。

>>315
>魔女でなければ許してやるという飴をちらつかせながら、
ほう、新事実だな。ソース出せ。

>>316
>その文を引用してくるという事は、その意見に賛同しているという意味になると思うが。
違うがw

>感情論だけでも立派な人権侵害になるが。
自分が気に入らない政体が支配しているということは心理的いじめにも心理面での暴力にもならないし、植民地でも現地語の使用を認め信教の自由や経済的自由を保障することは可能だからな。

324 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/31(土) 21:09:31 ID:cOgZK5ii
>>317
>もはや言葉遊びしかできないのね。
それはお前だろ。

>私は、生きたい人が生きられる拷問の方が、生きる道の無い拷問よりもマシだと言ったのだ。
お前バカ過ぎ。キリシタン大迫害を行った徳川政権ですら、殉教者として死ぬことよりも棄教することのほうがキリスト教徒に対しては過酷なことだと分かっていたのに、これだけ説明してやってもお前はそんなことも分からないのか。

>>318-319
>だから何?この書き込みは君の主張を通す上で何の効力があるのかな?
>そうだよ。だから何?これを書き込むことによって君の主張を通す上で何の効力があるんだい?
事実を事実として言ったまでのこと。

>結局自分たちが行った残虐行為の酷さを否定は出来ないという事ね。
お前らが行った残虐行為の残虐性ほどではないけどね
それと糞ジャップの謝罪など無価値であり求めちゃおらんから心配いらん。w

>神の名を唱えるって、「神」と言うことじゃなくて「ヤハウェ」と実の名を呼ぶことだよ。
いや、それに留まるものではない。自分が行おうとしていることを神によって正当化しようとしたり権威付けようとしたりする行為全てが含まれる。

325 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 21:21:36 ID:TV+N/Q6D
>>302
>いや、やたらに「神の名」を持ち出すのは、むしろ不信心者なんじゃないの。
「ヤハウエ」とはいってないからクリスチャンとして問題ないのでは?
もしろ信心深すぎて
「女呪術師を生かしておいてはならない」(出エジプト記22章第17節)を忠実に
守ったために魔女狩りが起きた。


異教徒をマタイ伝で「まむしの子」と呼んだイエスの言葉に忠実な教徒が異教徒弾圧を
行ったといえる


>「天皇の名のもとに」というタイトルで南京大虐殺の実態を描いたビデオがあったね
それは「自由の名において」「王の名前において」とかいう話で別に処刑の際に使われた言葉ではない

ただキリスト教は拷問や死刑判決の時にこの言葉を用いている
例えば
それ故、われらドミニコ修道会の管区長、神学博士フロルス、ならびにアヴィニヨン管区管轄の異端審問
長官は、神の御前において法的に座し、総計すべき神学者と法律家の合法的な指示に従って
この明確な判決文を作り出した・・・」

326 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 21:22:07 ID:TV+N/Q6D
>「天皇の名のもとに」というタイトルで南京大虐殺の実態を描いたビデオがあったね
それは「自由の名において」「王の名前において」とかいう話で別に処刑の際に使われた言葉ではない

ただキリスト教は拷問や死刑判決の時にこの言葉を用いている
例えば
それ故、われらドミニコ修道会の管区長、神学博士フロルス、ならびにアヴィニヨン管区管轄の異端審問
長官は、神の御前において法的に座し、総計すべき神学者と法律家の合法的な指示に従って
この明確な判決文を作り出した・・・」

またあの時期の天皇を非難するなら、ナチスの虐殺犯罪は全てキリスト教の責任である。キリスト教は
ナチスへの協力をし「ホロコーストを放置した今世紀最大の犯罪者擁護集団である。
また全く総括していない。戦争犯罪から逃げ回ってるのはキリスト教である。

「ナチス教皇」の検索結果
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&num=50&q=%E3%83%8A%E3%83%81%E3%82%B9%E6%95%99%E7%9A%87


法王庁は10月初め、「列福については、熟考するのが適当と思われる」との談話を発表しているが、
判断がいつ頃になるかは明言を避けている。法王は同時期にピウス12世の没後50年を記念してロ
ーマで行われた宗教会議で、ピウス12世を擁護するとともに、近々列福したいとの意向も示したこ
とから、出席したユダヤ教のラビ(宗教指導者)たちの反発を招いた。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2530708/3450847

327 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 21:22:40 ID:TV+N/Q6D
>>307
>>『魔女の槌』
これに権威を与えたのは法皇インノケンティウス八世の教書(序文として挿入された)だ。
「魔女の槌」がバカげたものであれ書いた人間自体が、ヤーコブ・シュプレンゲル、ケルン大学の神学
部長だ。彼らをキリスト教に背いた教会関係者というならそれでもよいなら、その言い方をするなら
日本軍の一部の軍人を天皇に背いた不忠者としなければダブルスタンダードと言われても仕方がない

>知蒙昧な民衆の多神教的な迷信に基づく一種ヒステリックな心理状態から行われたものである面
ギリシャ神話のヘカテーとかの信仰者を殺したのはキリスト教によって彼らが魔女であり悪魔と教えられた
キリスト教徒だ。土着信仰の者同士の内輪もめではない。
またキリスト教徒がリンチ等で殺した時期は12,3世紀までの話だ。

そのころは君が指摘したように

・魔女とは厳密には「悪霊の力を借りて神秘的なことを行う者」
または「ヘブライ人はむしろ公認していたのだから、このモーゼの命令は特別の事情だろう」
という考えかただった(古い魔女の時代)

ところが1300年を境にして教会がこの異端者に対する見方が違ってくる
アルピ十字軍と南フランスの大規模な異端運動によって異端運動が激化。
それまで司教に任せていた異端者追及裁判を、異端審問官に任せ、異端審問官
は法皇勅任の威信を与えられ、異端追及に関する限り法皇代理の権限をもち、司教や官憲
に優越することとなった。「魔女の槌」を書いたのはこの法皇代理といえる異端審問官だ。

教会の責任は免れないと思う。

328 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 21:23:17 ID:TV+N/Q6D
あと田中 雅志訳の『魔女の誕生と衰退―原典資料で読む西洋悪魔学の歴史』の4万人
という記述だが、田中雅志というのは単なる訳者である。4万という数字を断定するのには
無理がある。私の4万を最小として数十万または数百万と諸説により幅を持たせるやり方の方
が真実を探求する態度としてはよりよいと自負してる

>1563年だよ。ルネサンスももう後期にさしかかろうという時期だ。
ルネサンスは魔女狩りの終焉に全く貢献していない。それは>>207にも書いたが
特に君がボダンの「魔女の悪魔狂」が章ごととりあげられている
『魔女の誕生と衰退―原典資料で読む西洋悪魔学の歴史』を読んだなら
>犠牲者数の記述とは何の関係もない話だよね、それ
などとは書けないはず。なぜなら>>264
>ジャン・ボダンがすぐさま否定したからだ
と述べたジャン・ボダンはまさにルネサンス一流の思想家であり、そのボダンが魔女狩り
を推進し、Ioannes Wierusを攻撃したんだよ

329 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/31(土) 21:41:38 ID:cOgZK5ii
「十戒のV戒に神の名をみだりに唱えてはならないとありますところから、神名にかけて誓うことがはばかられました。
そこで、天にかけて誓う地にかけて誓うと言えば、神の名にかけて誓ったことにはならないと考えました。
しかし、それはおかしいと主は言われます。天は神の玉座、地は足台、エルサレムは大王の都、直接、『口では神の名を言ってはいなくても、神の名を借りて誓っていることに変わりないと主は言われます。』
そして徹底的に追及なさいます。神の名を借りて誓う欺瞞の正体は「あなたの頭にかけて誓う」ことだと言われます。
神の名をみだりに唱えて誓っていない、天に、地にかけてちかっているだけだと言うけれども、しかし、それは言い訳でしかない、言い訳にならない言い訳である。
それなら、自分の頭にかけて誓うとはどうしたことか。それは誓うのはこの自分であると言うことに他ならない。結局は、自分の意のままにしたいだけだではないかと主は言われます。
そこで、この世は一切があなたの意のままになる世界ではないといわれます。天は神の玉座、地は足台といって、あなたが神の名の代わりに利用しているところは一切神様の支配領域だと言われます。」
http://www.geocities.jp/kita1jo/200610.htm

↑「天に、地にかけて」と言うのですら禁止されるのだから、「神の名において」は当然問題ありと言うことになろう。

330 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 21:50:41 ID:TV+N/Q6D
なるほど確かに
>神の御前において法的に座し
は神の名においてとはいってないな。さすが教会だ。

で、実は続きがあるのだが

「我々は、主イエス・キリストと聖母まりあの御名によって、告およびその共犯者すべては
真の背教者、偶像崇拝者、神聖な信仰への反逆者、・・・」と続くんだよ。

確かにこれならいけるな。すると
「主キリストの名において」に訂正することにしよう

331 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/01/31(土) 22:01:33 ID:cOgZK5ii
>>326
君らは自分が批判していることの内容も分かってないのか。なんか酔っ払いのたわ言に付き合っているみたいだ。w
「神の名において」戦争をしたキリスト教徒を批判しているのであって、神を批判しているんじゃないだろ君らは。
「神の名において」戦争をしたのはキリスト教徒であって、神自身ではないからな。神の命令に基づくものですらない。
このことで神を批判しているなら、筋違いも甚だしい。

>>327
このスレでは、天皇はどうでもいいよ。他に天皇スレはあるしな。

>ギリシャ神話のヘカテーとかの信仰者を殺したのはキリスト教によって彼らが魔女であり悪魔と教えられた
キリスト教には連中を魔女だと定義する教義はないよ。悪魔は魔女とは別物だろう。

>>328
4万という数字には学術的に算定されたと言う根拠があるが、数十万または数百万というのには何の根拠もない誇張された数字だとされている。
4万という数字が絶対正しいとまではいえないとしても、何の根拠もない数字と同列に扱う必要性はない。

>ルネサンスは魔女狩りの終焉に全く貢献していない。
教会権力の弱体化には貢献しているが。むしろ、教会権力が弱体化したからこそ大衆によるヒステリックな魔女狩りが跋扈したと考える方が合理的。
時代的にも教会の影響力の減退と反比例するように魔女狩りが盛り上がってきている。

332 :神も仏も名無しさん:2009/01/31(土) 22:20:09 ID:TV+N/Q6D
あと、>>1のキリシタン弾圧だが、殉教者が世界中にいる事実は世界中
で弾圧されたことを意味している。、あと李氏朝鮮におけるキリシタン弾圧と拷問もすごかった
らしい。あえて出さないがググったらすぐに出てくる。

だから>>1に書かれてあることを持って、少なくとも「日本人はキリシタンに特別残酷である」とはいえないな。
「日本人もまたキリシタンに残酷であった」と行った方がフェアではあるかと思う。

付け加えれば、もしそうでなければ、日韓首脳会談で「ブエナス タールデス」と挨拶しあい、
キリシタンによる異教徒弾圧現場を吉村作治教授が発掘しているかもしれない。

>>331
なるほど、キリスト教徒がしでかしたことであることは認めたわけだ
>神が命令したのではない
それは分かってるし意味はない。信じていない者は存在さえ信じていないから。

>このスレでは、天皇はどうでもいいよ。他に天皇スレはあるしな。
それでいいよ。俺は君が天皇を出したのでレスをした。

>キリスト教には連中を魔女だと定義する教義はないよ。悪魔は魔女とは別物だろう。
定義が無くてもキリスト教徒(神ではない)がそう判断したのだ

>何の根拠もない数字と同列に扱う必要性はない。
それはその人の考え方で数十万といった人はそれが根拠のある数字だと思ってるわけで
田中氏が正しいか、他の説を唱えている人たちが正しいかは客観的に判断する理由が見えてこない

>教会権力の弱体化には貢献しているが
弱体化した「教会」とは「カトリック教会」のことでルネサンスの魔女裁判は、新教のものによって行われ
旧教との応酬競争になったんだよ。むしろ激化。>>207をもう一度読んでくれ

333 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 00:34:14 ID:Qd0r6ZmO
>>323
>従って、戦時中という比較的短期間の収容所への一時的な収容なら止むを
>得ない権利制約として認められ得たであろうが、300年にわたる徹底的な
>根絶やしなんていう凶悪犯罪行為が認められる余地はない。
>そんなことも分かっていないから、糞ジャップは野蛮民族だといわれて
>しまうんだぞ。w

やあ、鬼畜!!CDUよ、
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1205414928/406
で、お前はこう語っているな。
>しかし差別的制度は歴史上において長期間継続されてきたわけで、長期間
>継続されてきたものには正当性の推定が働くんで、長期間継続されてきた
>制度が不当であると主張するなら、そう主張する者がそれが不当である
>ことを論証する責任を負う。
長期間継続されてきたキリシタン成敗にも「正当性の推定が働く」んだよな。w

334 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 01:03:14 ID:71YZyMNE
キリスト教は冷静にまともな奴が見たら、背筋が凍ると思う

335 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 01:36:04 ID:voMd+OuK
ヤクザ屋さんはいかにえげつなくとも、いい事してない自覚はある。
教徒にはそれすらない。どころかいい事してるつもりで悪をなす。

336 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 04:22:43 ID:AnmdzeXB
早い話、ガザあたりのトラブルも、少なくとも原因の一つは
キリスト教、イスラム教が聖典の一つとする旧約聖書だしねえ…
ああいう考え方をおかしい、と思うなら、それはキリスト教・イスラム教の
純正な信徒ではない(笑
彼ら双方とも正しいんだよ、宗教的には
だから、決着がつくまで、争いはとまらない
日本人の常識的な、という意味で間違った宗教(オウム真理教、キリスト教など)
を信ずること、はこういう悲劇(日本人から見るとね)をもたらす
日本には神道、仏教の渾然一体となった宗教思想が根付いている
それこそが日本人の宗教であり、キリスト教への違和感もここから来る

ちなみに、これはここの住人には常識だろうが、旧約聖書はイスラムの聖典でもある

337 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 17:11:12 ID:rsQBwfud
>残っているのは無知なくせに

無知な人しか見てないのに「日本人がキリスト教徒に対して行った蛮行の歴史」
なんてスレ立てて一体何がしたかったの?

>>キリスト教国家は植民地化において原住民を一人残らず抹殺した事実もあるよね。
>それは新事実だな。ソース希望。
例えばフランスはマルティニーク島の原住民を殲滅し、純粋な島民は絶滅したfrom ウィキペディア

>それはそうと、糞ジャップが南京やシンガポールで大虐殺を行い、・・・
>他国の批判をして、何が変わるんだい?
君がキリスト教国家が行って来た非道の残虐行為を棚に上げて他国の批判をしてきたからレスしたまで。

>その考え方を完遂しようとすれば、国際社会は国際社会における平和を守るために、
>糞ジャップの存在を完全に奪う必要があるということになる。
時代が変わってキリスト教徒の脅威が無くなったんだろ。癌の再発の可能性がなくなったら治療をやめるだろ。
後は再発していないか確認するための定期検査だな。





338 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 18:16:42 ID:rsQBwfud
>しかもやったのは信仰をやめさせただけではなく、300年にわたる皆殺しだからな。そんなことを行う権利は認められない。
>従って、戦時中という比較的短期間の収容所への一時的な収容なら止むを得ない権利制約として認められ得たであろうが、
>300年にわたる徹底的な根絶やしなんていう凶悪犯罪行為が認められる余地はない。

あれ?魔女裁判は始められた時期を遅く見積もっても15世紀から17世紀末まで行われていたよね。
これだったらCDUの言う時間の長さで罪の重さが決まるなら、キリスト教徒も同罪のことを
しでかしたね。

>参政権は後国家的な権利であって、自然権的な人権ではないということも分からんのか。
>そんなことだから、劣等民族だと言われてしまうんだぞ。

私は「市民権」と書いたんだが。君は知らないのかもしれないが、市民権には
人権、行動、思想、財産の自由が保障されることも含まれる。
参政権が無いというのも立派な人権侵害だが、100歩譲って君の主張が正しいと
仮定しても、植民地化において原住民の人権は立派に阻害されている。
まあ君は後から、>植民地では原住民の人権が一つも犯されないというのがCDUの主張 <
という書き込みに対して「いや、言っていないからw 」と自分の主張を撤回しているから
、もうこんな記述いらないよね。

>だったら、キリスト教の布教を妨害した寺を破壊するのも正当防衛であり、自己防衛施策だな。

布教を妨害したソース下さい。妨害されるような真似をするから妨害されたんだろうが。
だいたい布教を妨害されたからって他の宗教の神殿を破壊して回る事が正当防衛??
何からの防衛??それはただの破壊的カルトだろw







http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/ykawa/3nen2001/groupeA_jp.htm

339 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 18:34:55 ID:rsQBwfud
>魔女でなければ許してやるという飴をちらつかせながら、
ほう、新事実だな。ソース出せ。
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/ykawa/3nen2001/groupeA_jp.htm

>植民地でも現地語の使用を認め信教の自由や経済的自由を保障することは可能だからな。

CDUならこういう言い訳を書き込んでくるだろうと見込んでいたが、
今問題になっているのはキリスト教国家が実際に行った植民地化の方法であり、
可能かどうかが問題になるのではない。
そもそも原住民全ての人権が守られるような場合であれば植民地とは言わないし、植民地にする意義が無い。
なぜなら植民地の目的は、占有国の領土拡大や経済の発展などのためだからである。
ただ貿易できるようにお願いするのは植民地化と言わない。
原住民の生活を政治的に勝手に抑圧して権利を与えず、占有国が一方的に利益を
上げられるようにするのが植民地である。

まあこれ以上説明しなくても、CDUは>植民地では原住民の人権が一つも犯されないというのがCDUの主張 <
という書き込みに対して「いや、言っていないからw 」と自分の主張を撤回しているから
、もうこんな記述いらないよね。

340 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 18:53:28 ID:rsQBwfud
>お前バカ過ぎ。キリシタン大迫害を行った徳川政権ですら、殉教者として死ぬことよりも
>棄教することのほうがキリスト教徒に対しては過酷なことだと分かっていたのに、
>これだけ説明してやってもお前はそんなことも分からないのか。

馬鹿なのはお前。君がつっかかって来たのは、私が「信仰を捨てて生きる方がまし」と言ったと他人の意見を
勝手に勘違いしたからだろ。だから私がお前の勘違い書き込みに対して勘違いを直させたんだろうが。
議論の筋が完全に違ってるぞ。

>それと糞ジャップの謝罪など無価値であり求めちゃおらんから心配いらん。w

じゃあ一体何がしたいのかね?キリスト教徒がいかに残酷だったかという事実の
暴露と、CDUの馬鹿さ加減の公表かい??

>「神の名において」戦争をしたのはキリスト教徒であって、
キリスト教徒が残虐な行為をしてきたという事実は否定できないという事だな。

341 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 20:32:08 ID:uU8qzzGO
しかし、神が侵略や戦争を命じたことはないが、天皇は御前会議で開戦を裁可している、という違いがないでもないが、まあ実質的には軍部が独走してやったことなんだから天皇には責任がない、と強弁することも可能だろうね。
GHQも天皇の責任は問うていないし。

342 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 21:48:58 ID:ndij0vqb
世界史の規模で眺めたとき、秀吉の伴天連(バテレン)追放令は、ポルトガルとスペインの野望を打ち砕く鉄槌(てっつい)であった。
宣教師たちは、両国の領土拡張競争において、実質的な水先案内人の役を果たし、
植民地化に手を貸していたからである。実際、アジアに進出したイエズス会宣教師たちは、
スポンサーであるポルトガル国王やスペイン国王あてに、日本や中国の武力征服の可能性について、
現地駐在武官さながらの詳細かつ具体的な報告書をしたためている。

イエズス会東インド巡察師の肩書を持ち、日本に3年滞在したアレッサンドロ・ヴァリニャーノは
フィリピン総督に書簡で「日本人は非常に勇敢で、しかも絶えず軍事訓練を積んでいるので征服できない。
だが、中国を征服するとき、日本は時とともに、非常に益することになるだろう」と書いた。
日本布教長だったカブラルは、スペイン国王にあてた書簡で「多くても1万人の軍勢と適当な規模の艦隊で
中国を征服できる」と断じ、「これだけの軍勢や軍艦が調達できない場合は、日本に駐在しているパーデレ(神父)
たちが容易に2、3千人の日本人キリスト教徒を送ることができるであろう。彼らは大変勇敢な兵隊であり、
わずかな給料で陛下にご奉公するだろう」と記している。
宣教師たちは、日本の武力征服は無理でも、戦国動乱に慣れた日本のサムライをもってすれば、
中国の征服は可能だと見ていた。勇敢な日本人を傭兵のごとく扱い、中国を占領する。
その先兵として脳裏に描いていたのは、キリシタン大名だった。日本のキリシタン大名が大勢力になれば、
日本人をして日本人と戦わしめ、スペインがキリシタン大名を支援するかたちで日本を支配下に置くことも
可能と考えていたはずである。
秀吉が当時の世界情勢をどこまで掌握していたかは不明だが、宣教師たちの振る舞いに危険なにおいを
かぎとったのは間違いない。

http://www.hokkoku.co.jp/kagakikou/ukon/ukon22.html

という事で、宣教師はスパイだったわけだ。
日本の賢い将軍に、陰謀を読み取られて植民地化に失敗して残念だったね。

343 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 21:51:26 ID:ndij0vqb
追記
●〔ガスパル・コエリエ〕
 伴天連追放令が出された当時、イエズス会の日本における最高責任者だった。
追放令後、キリシタン大名の有馬晴信に武器の提供と引き換えにして、
秀吉への敵対を呼びかけた。また、フィリピン総督に日本への派兵を要請したが、
いずれも実現しなかった。集めた武器弾薬はひそかに売却されたという。

こんな危険な宗教集団と宣教師を野放しにしておくほうがどうかしている。

344 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 22:13:11 ID:ndij0vqb
>いや、やたらに「神の名」を持ち出すのは、むしろ不信心者なんじゃないの。

神を利用して日本を侵略しようとしていた宣教師は、CDUの理論なら不信心者。
その不信心者の教えを信じていた日本のキリシタンはすなわち真のキリシタンではない。
つまり日本におけるキリシタン大虐殺の事実は無い。

345 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 22:20:51 ID:ndij0vqb
>原爆を落とされるはめになったのは、糞ジャップ自身に非あることだという事は、まだ分からないのかい?

非があれば何をされても怒る権利は無い、というCDUの主張。

ということで、キリシタン大迫害は宣教師とキリシタン本人達に非があったわけだから、
CDUはここで怒りを主張する権利は無いという事になるね。


346 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 22:28:29 ID:ndij0vqb
CDUは負けず嫌いが祟って自分の書き込みでどんどん自爆していくね。

まあもともとこのスレの内容が理不尽な主張だから、自滅するような理論を
並べ立てないと主張が通らないからね。

ということで、このスレを立てた時点で負けが決まっているんだけどね。

キリスト教徒が野蛮な行為を繰り返してきたことは知っていたが、
CDUのおかげでその行為の野蛮さと考え方の卑劣さが深いところまでよく分かったよ。

いい勉強になった。ありがとうCDU。

347 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 22:32:25 ID:ndij0vqb
>「神の名において」戦争をしたのはキリスト教徒であって、神自身ではないからな。神の命令に基づくものですらない。
>このことで神を批判しているなら、筋違いも甚だしい。

つまりキリスト教がだめだったって事だな。


348 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 22:49:58 ID:/hfuzaRI
>>342
>日本布教長だったカブラルは、スペイン国王にあてた書簡で「多くても1万人の軍勢と適当な規模の艦隊で
中国を征服できる」
結局、宣教師がアジア侵略の先兵であったことを示しているね。

>秀吉が当時の世界情勢をどこまで掌握していたかは不明だが、
かなり把握していたように思われる。

Fearing the rising tide of Spanish imperialism in the Orient, he sent an envoy
named Harada Magoshiro to Manila in May ,1592, with a letter
demanding tribute and homage from Spanish authorities, otherwise
he would invade the Philippines. To forestall HideyoShi's threat,
Governor General Perez Dasmarinas sent a Spanish ambassador
to Japan, bearing valuable gifts to him and letter courteously evading
the demand for tribute and homage

Dissatsfied with the Spanish reply, Hideyoshi sent another envoy named
Harada Kiemon with a storonger letter, reiterating his demand Another Spanish ambassador
went to Japan with more gifts and a diplomatic reply. For a time domestic
affairs in japan and war in Korea distracted Hideyoshi's attention.

But in 1596 the garrulous pilot of the Spanish galleon San Felipe, which was
stranded on Tesa's coast, boasted of the far-flung conquests made by Spain with the aid
of Christian missionaries This aroused Hideyoshi's fear of the Spanish missionaries
in Japan and prompted him to prepare his forces for an invasion in the philippines.
(Dr.Sonia M Zaide)

349 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 22:50:28 ID:/hfuzaRI
東洋におけるのスペイン帝国主義の波を危惧した秀吉は、1592年5月に原田孫司郎をマニラに使者
として送り、貢ぎ物と朝貢関係を要求し、さもなければフィリピンに攻め入るという手紙を送った。
脅威を避けるため、将軍ペレスダスマリニャス総督は日本にスペイン大使を派遣し貢ぎ物を
贈りました、秀吉はそれに満足せず、更に強硬な手紙を今度は原田喜右衛門に託して要求した。
それに対してスペイン庁は再び大使を派遣し、更に多くの贈り物と外交儀礼を行った。
それでしばらくの間、内政と朝鮮出兵が彼の関心はフィリピンからそれていました。
しかし、1596年にスペインのガレオン船のサン・フェリペ号のおしゃべりな航海士が、スペインが
クリスチャンの宣教師の助けでいかに広い地域を征服したかを語ったので、秀吉のスペインに
とその宣教師に対する警戒はつのり、日本でフィリピン遠征軍を準備しはじめました。


このあと、秀吉が死んで、計画は挫折するが、その後引き継いだ徳川幕府が
松倉重正等がフィリピンにスパイを潜入させ、スペインの日本侵略の意志、動向や
軍備を家臣が探らせていたらしい

350 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 22:54:10 ID:t02qdVtH
ネロに罪があるとしたら、ローマを焼きながら、キリスト教徒を根絶やしに出来なかった事だ。

351 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 22:57:58 ID:/hfuzaRI
○このあと、秀吉が死んで、計画は挫折するが、その後引き継いだ徳川幕府の
松倉重正等がフィリピンにスパイを潜入させ、スペインの日本侵略の意志、動向や
軍備を家臣に探らせていたらしい。

松倉はキリシタンを弾圧した大名として有名で、特にこの件に敏感な人がwikiに
悪意を持って色々書いているが、ここでは、ちゃんとした動機が伺えるね。

352 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 23:26:19 ID:/hfuzaRI
このあとだが、1606年フィリピンに移住した日本人を強制送還させようとしたのに反発、
その騒ぎでスペイン官吏が日本人を殺害したため、1500人が武装してその敵を討つために
本拠地の宮殿まで押し寄せてきたらしい。このときはフランシスコ会が仲裁に入り、
事なきを得る。

The spaniards were thanksful that the Japanese didn't continue their revolt.
"Had they come this point" said Dr.Morga," the Spaniards would have fared badly"
スペイン人は日本人が暴動を続けなかったことに感謝した。「もし彼らがここまで来ていたら。。」
Morga博士は言う「スペイン人は震え上がった」

スペインは日本人を畏れ敬うようになり、待遇を改善した。

They are treated very cordially, as they are a race that demand good treatment, and it is
advisable to do so for the friendly relations between the Islands and Japan.
彼らは非常に丁重に扱われよう。それは彼らがそう望む民族であるので。そして日本との
友好関係のためにそれが望ましい

スペインは徳川幕府と良好な関係を求め、侵略を諦めるに至り、キリシタンは孤立したということ

353 :神も仏も名無しさん:2009/02/01(日) 23:52:51 ID:/hfuzaRI
まあこのキリシタン関係のwikiは全部ある宗教的背景をもった人物によって書かれていると見た方が良いよ。

サンフェリペ号事件のwikiでは
「スペインの宣教師による侵略」は
証人の言葉として出たとされるもので、日本側の記録には一切残されておらず、その真偽は定かではない
とあるが、zaide博士は在フィリピン政庁の記録で書いていて、日本側の資料は用いていない。

また
>呂宋国(フィリピン)との外交関係に関して秀吉に明確なビジョンがなかったことなど多くの原因が複合
して起こったものと考えられている。

とwikiでは書いているが、ちゃんと秀吉が二回も使者をフィリピンに送ってスペイン政庁もそれに反応して使者を
おくってる事実を隠している。(または知らないのかも)
ということでみんなこの関係のwikiには気をつけようね

354 :神も仏も名無しさん:2009/02/02(月) 00:52:31 ID:05ZnGcJX
最近のキリスト教関係のwikiは、やたらキリスト教を養護するような
内容に変わっていて胡散臭いからな。

355 :神も仏も名無しさん:2009/02/02(月) 01:38:21 ID:X/5F2DSJ
>>354
たぶん同じ人間が関わってると思う。都合の悪い事実は、はっきり否定はしないが(嘘は書いてはならないという
罪悪感はあるのかもしれん)、きゅうにうやむやな表現になり、事実はそうでないかのような
書き方をする。例えば、「〜とは断定できないと言われている」というように、自分の主観を、あたかも客観的にそういう
ことで事実関係が認識されているような手法を使う。人に対する善悪の評価が極端だからばれちゃうけどね

356 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/02(月) 14:12:07 ID:mEYTX1hr
今時間がないので取り敢えずこれだけ。

>>338
>布教を妨害したソース下さい。
フランシスコ・ザビエル ( 日本を去った後の書翰 )
「私たちはパウロ(アンジローの洗礼名)の故郷、鹿児島に着きました。その地でパウロは親戚の人たちにたびたび説教し、約100人を信者にしました。
『もしも僧侶たちが妨げなかった』なら、その地のほとんどが信者になったに違いありません。私たちは1年以上もこの地に滞在しました。」
「その地の領主は広大な領地を持っている大名ですが、僧侶たちは領主に迫って、もしも領民が神の教えを信じることを許すならば、領地を失い、また神社仏閣は破壊され、領民は離反するだろうと言いました。
なぜならば、神の教えは彼らの宗教とは反対であり、領民たちが神の教えを信ずるようになれば、彼等の宗派の祖師たちに以前持っていた信仰を失うに至るからです。
僧侶たちはキリスト信者になった者は、誰であっても死罪に処すと領主が命ずるように策謀して成功し、それで領主は誰も信者になってはならないと命じました。」
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/christ-03.htm

↑仏教徒による妨害のほうが先だ。

357 :神も仏も名無しさん:2009/02/02(月) 19:42:41 ID:sI+d+lK3
>>356

そのアドレス先に繋がらないんだけど・・・。

まあどっちが先でもいいが、宣教師が外国のスパイだったことは分かっただろ。
まあそういう事だ。残念だったな。

358 :神も仏も名無しさん:2009/02/02(月) 19:45:41 ID:sI+d+lK3
>>355
なんかうやむやな事実に書き換えられていた後に、荒らし対策の
ロックがかかったりしてるしね。
このままだとキリスト教徒の蛮行が無かった事になってしまうな。
早くまともな歴史学者がwikiを修正してくれるといいな。

359 :神も仏も名無しさん:2009/02/02(月) 20:16:30 ID:tkVuBJsE
でよ、鬼畜CDUよ、
>現地の習慣を尊重しても、当時のキリスト教の本質そのものは変わらない。
>くりかえし言うが、ザビエルは仏僧を激しく攻撃していた。
>キリスト教が抱える排他性・独善性は、すでに「彼ら宣教師は、支配権を握れば他宗教を根絶するだろう」と予感できたのかもな。

>『ザビエル書翰抄』 (「キリシタン禁制史」清水紘一著p50より引用)
>「2つの悪魔であるこの釈迦と阿弥陀とを始め、その他の多数の悪魔に対して、勝利を得なければならない」

だそうな。
坊主どもは正確に予見していただけじゃないか。w

360 :神も仏も名無しさん:2009/02/02(月) 20:36:45 ID:tkVuBJsE
>島津家の史料では、貴久がキリシタン信仰を禁止したと明確に分かるものは無いはずですが。
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/christ-03.htm


361 :神も仏も名無しさん:2009/02/02(月) 21:13:16 ID:tkVuBJsE
>もしも領民が神の教えを信じることを許すならば、領地を失い、また神社仏閣
>は破壊され、領民は離反するだろうと言いました。

「また神社仏閣は破壊され」
実際その通りになってしまったな。
なんだかんだ言っても、坊主どもは先見の明を持っていたと言うことか。



362 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/03(火) 02:50:37 ID:Y/D7jhII
何言ってやがる、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップどもがw

>>332
>付け加えれば、もしそうでなければ、日韓首脳会談で「ブエナス タールデス」と挨拶しあい、
>キリシタンによる異教徒弾圧現場を吉村作治教授が発掘しているかもしれない。
ちょうどアイヌや琉球が自分たちの文化や言語を失い日本語で挨拶し、博物館のような町としてしか残っていないコタンや遺跡のような状態の御嶽ぐらいでしか、最早彼らの古来の伝統文化を垣間見ることができなくなったようにか。
どうだろう。スペインの植民地となったフィリピン古来の言語であるタガログ語が現在も公用語として残っており市民が虐殺されたという話は聞かないけどね。香港も同様に市民は普通に広東語を話すし、市民が虐殺されたという話も聞かない。
むしろ市民たちは本来の母語のほかに英語も堪能に話せるから、世界のどの文明国で暮らすにも言葉では苦労しないという話ならあるけど。

>田中氏が正しいか、他の説を唱えている人たちが正しいかは客観的に判断する理由が見えてこない
いやだから、多くの学者が現在は4万人という数字で見解が一致していると、
ジェフリー・スカール、ジョン・カロウ 『魔女狩り』 小泉徹訳、岩波書店〈ヨーロッパ史入門〉
田中 雅志訳『魔女の誕生と衰退―原典資料で読む西洋悪魔学の歴史』三交社 2008/04刊
という出版年が新しい2つの書物で言及されているのだから、正しい見解である可能性はかなり高いとみていい。

>弱体化した「教会」とは「カトリック教会」のこと
そりゃまあ、プロテスタントはルネサンス前にはそも存在しなかったのだから、新たな教会として立ち上がり一定数の信者を獲得しただけでも勃興したことにはなるが、
人々が教会より自分の理性に(そして迷信にも)従うようになったという意味では、カトリック・プロテスタントを問わずその影響力は弱くなったといえよう。

363 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/03(火) 02:51:43 ID:Y/D7jhII
>>337
>君がキリスト教国家が行って来た非道の残虐行為を棚に上げて他国の批判をしてきたからレスしたまで。
はあ?このスレは、『日本人がキリスト教徒に対して行った蛮行の歴史』について語り合うスレだろうが。魔女裁判はスレ違いの話題だということがまだ分からないのか。

>時代が変わってキリスト教徒の脅威が無くなったんだろ。癌の再発の可能性がなくなったら治療をやめるだろ。
でも、糞ジャップの脅威は無くなっていないよ。少なくとも、世界はそう認識している。

>>338
>魔女裁判は始められた時期を遅く見積もっても15世紀から17世紀末まで行われていたよね。
そうだな。米国における日系人収容と比べたら、魔女裁判の違法性が遥かに高いのは明らかだろう。尤も、糞ジャップにおけるキリシタン大虐殺と比べれば、魔女裁判の違法性はどう多めに見積もっても団栗の背比べw

>という書き込みに対して「いや、言っていないからw 」と自分の主張を撤回しているから、もうこんな記述いらないよね。
阿呆w。糞ジャップは論理的な思考ができないから困るよね。
「人権が一つも犯されないとは言っていない」ということからは、「人権が必ず侵される」という場合と「人権が侵される場合もあれば侵されない場合もある」という場合の二つの主張が成立しうるだろうが。

364 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/03(火) 02:52:12 ID:Y/D7jhII
>>339
>そもそも原住民全ての人権が守られるような場合であれば植民地とは言わない
「植民地とは、一般に宗主国(本国)に支配されている地域のこと。」
http://atpedia.jp/word/%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0

>>340
>私が「信仰を捨てて生きる方がまし」と言ったと他人の意見を勝手に勘違い
じゃ、生きるために信仰を捨てさせたことが残酷であることは認めるんだな?

>>342
>日本のキリシタン大名が大勢力になれば、日本人をして日本人と戦わしめ、スペインがキリシタン大名を支援するかたちで日本を支配下に置くことも可能と考えていたはずである。
何の根拠もない憶測を根拠に論を進めているような記事を載せているようでは、その新聞社の記事の信頼性はかなり低いな。まあ、ローカルな保守系新聞だそうなので、さもありなんという感じではあるがw

公開の情報若しくは通常人が普通に接することができる事実に関する情報について記述し本国に書き送ったとしてもスパイにはならん。

>>344
医者の不養生という奴だな。行動は伴っていなくても、言っていることは正しい場合はありうる。

>>345
それはお前の主張だw。

>348
>結局、宣教師がアジア侵略の先兵であったことを示しているね。
カブラル自身の個人的見解に過ぎず、宣教師一般の性質だと敷衍するのは無理があろう。

>>359
勝利というのも、暴力によって得ようとしていたものではなかろう。正当な布教活動によって勝利を得ようとしているなら、別に問題なし。

>>361
それぐらい、為政者や支配者が逆らう宗教勢力を弾圧することが、日本では普通のことだったんだろうね。

365 :神も仏も名無しさん:2009/02/03(火) 03:49:15 ID:63K9MVYV
いや、鬼畜!!CDUの断末魔のあがきは哀れなものだ。w

>でも、糞ジャップの脅威は無くなっていないよ。少なくとも、世界はそう認識している。
ソース出せや。w

>勝利というのも、暴力によって得ようとしていたものではなかろう。正当な
>布教活動によって勝利を得ようとしているなら、別に問題なし。
結果。
寺社破壊。非キリシタン迫害。
問題だらけじゃないか。w

>それぐらい、為政者や支配者が逆らう宗教勢力を弾圧することが、日本では
>普通のことだったんだろうね。
フランシスコ・ザビエル(1552/1/29 日本を去った後、インドのコーチン
からの書翰)
「(日本には)各々異なった教義を持つ9つの宗派があります。男も女も、
各人が自分の意思に従って望むところの教義(宗派)を選びます。そして、
誰に対してもある宗派から他の宗派に改宗するように強要することはしません。
このため、夫がある宗派に属し、妻が他の宗派に、そして子供達は別の宗派に
属している家があります。このようなことは、彼らの間では何も不可思議な
ことではありません。なぜなら、各人が自分の意思に基づいて〔宗派〕を
選択しているからです。」

当時の日本は外道キリスト教国とは違って信仰の自由があったんだよなぁ。w

366 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/03(火) 03:59:21 ID:Y/D7jhII
>ソース出せや。w
「瓶の蓋」理論も知らんのか。
http://tagataga.hp.infoseek.co.jp/data/sennsou/gunj/military_powers/japan.htm

>当時の日本は外道キリスト教国とは違って信仰の自由があったんだよなぁ。w
フランシスコ・ザビエルは寺請制度も見ていないからな。

367 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/03(火) 04:24:51 ID:Y/D7jhII
「鳥居が設置されている御嶽が散見されるが、これは明治維新から琉球処分以降の「皇民化政策」による神道施設化の結果であり、本来のものではない。
とりわけ戦時中は、ノロの存在を「邪教を流布する者」として禁止し、祈祷行為が見つかれば摘発されノロは検挙された。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E5%B6%BD_(%E6%B2%96%E7%B8%84)

368 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/03(火) 04:30:30 ID:Y/D7jhII
>>332
>あと李氏朝鮮におけるキリシタン弾圧と拷問もすごかった
そうだな。多神教国ローマのキリスト教弾圧も凄まじいものであった。
多神教徒及び仏教徒は一般に異教に対して不寛容であるということができるであろう。

369 :神も仏も名無しさん:2009/02/03(火) 04:31:14 ID:fUx88uvi
>フランシスコ・ザビエルは寺請制度も見ていないからな。
笑った、無茶苦茶笑った。
「寺請制度(てらうけせいど)とは、近世初期の1664年(寛文4年)に江戸幕府が
キリスト教や不受不施派を禁制として、信徒に対し改宗を強制することを目的と
して制定された制度。檀家制度(だんかせいど、だんけせいど)、寺檀制度
(じだんせいど)とも言う。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E8%AB%8B%E5%88%B6%E5%BA%A6
制度制定・・・1644年
フランシスコ・ザビエル・・・1506年4月7日 - 1552年12月2日
鬼畜!!CDUよ、もうちっと勉強しような。w

「鳥居が設置されている御嶽が散見されるが、これは明治維新から琉球処分以降の「皇民化政策」による神道施設化の結果であり、本来のものではない。
とりわけ戦時中は、ノロの存在を「邪教を流布する者」として禁止し、祈祷行為が見つかれば摘発されノロは検挙された。」
当時の日本では鬼畜!!CDUみたいなのが権力持っていたのだろうな。
日本の悲劇。

370 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/03(火) 04:33:44 ID:Y/D7jhII
>鬼畜!!CDUよ、もうちっと勉強しような。w
何が言いたい?
フランシスコ・ザビエルは寺請制度を見ていなかっただろ。私の言っている通りじゃないか。

371 :神も仏も名無しさん:2009/02/03(火) 04:40:52 ID:fUx88uvi
>「瓶の蓋」理論も知らんのか。
その割には自衛隊の海外での活動を要求する声もあるがな。w
http://www.hit-press.jp/column/sk/sk65.html

372 :神も仏も名無しさん:2009/02/03(火) 04:44:30 ID:fUx88uvi
>フランシスコ・ザビエルは寺請制度を見ていなかっただろ。私の言っている通りじゃないか。
当時の日本にない制度を持ち出して何を主張したいんだ?w
寺請制度なんてキリシタンの悪行などに手を焼いた徳川幕府がつくったもの
だろう?w

ま、ザビエルが見た日本には信仰の自由がかなりあったということだな。w

373 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/03(火) 04:52:16 ID:Y/D7jhII
>>372
>当時の日本にない制度を持ち出して何を主張したいんだ?w
ああそうか、じゃあ延暦寺や西明寺の焼き討ちを見ていなかったからだな。

374 :神も仏も名無しさん:2009/02/03(火) 05:01:14 ID:fUx88uvi
>ああそうか、じゃあ延暦寺や西明寺の焼き討ちを見ていなかったからだな。
宣教師と付き合ってた織田信長の所業。
武装勢力と化した天台一門を攻撃したわけだな。
で、奴は当時の人々から大六天魔王と恐れられた。

で、信長による比叡山焼き討ちは1571年。
ザビエルはとっくに死んでしまっている。w

375 :神も仏も名無しさん:2009/02/04(水) 02:20:25 ID:D1roGpSu
>でも、糞ジャップの脅威は無くなっていないよ。少なくとも、世界はそう認識している。

そうか、原爆を所有する軍事力第1位のアメリカが、原爆を持たない食料自給率30%以下の日本に
勝つ自信が無いのか。

世界的にはキリスト教の脅威の方が大きいと思うがね。

>>他国を植民地化することと、植民地において人権侵害行為が行われるということは、また別次元の問題だぞ。
>→>>植民地化してその国の政権を奪ってる時点で人権侵害じゃん。
>>はて?何という人権が侵害されているの?因みに参政権のような後国家的権利は、人類普遍の客観的正義が定める自然権たる人権ではないからな。
>ここまで言っておいて
>>>植民地では原住民の人権が一つも犯されないというのがCDUの主張
>>いや、言っていないからw

負けず嫌いが祟って理論が通ってないのがお前。

376 :神も仏も名無しさん:2009/02/04(水) 02:37:33 ID:D1roGpSu
>じゃ、生きるために信仰を捨てさせたことが残酷であることは認めるんだな?

うーん認めない。そんなに信仰を捨てて生きるのが嫌だったらそのまま殺されれば良かったじゃん。
その人が、信仰は死んでまで守るほどじゃないと思ったから生きるほうを選んだんでしょ。
キリシタン禁制は日本を守るためだからね。

それを残酷と言われてもね・・・。

>多神教徒及び仏教徒は一般に異教に対して不寛容であるということができるであろう。

キリスト教は寛容だって言うのかい?www



377 :神も仏も名無しさん:2009/02/04(水) 02:54:36 ID:D1roGpSu
CDU、もう悪あがきはやめろよ。
君の書き込みはコピペの羅列で理論が全く通っていない。
相手が低脳であるから通じないという事にしても、筋が通っていないものは通っていないんだ。
そして君は他人のソースは全否定。
君の主張に無理がありすぎるんだよ。
いくら君が雄弁であろうと、誰にも君の主張は伝わらないよ。

キリスト教国家は軍事力と宣教師を利用し、その時代世界中の国々を植民地化していった。
日本の将軍はその情勢を見抜いた。
日本をヨーロッパの植民地化から守るためにキリスト教は禁止になった。
ただそれだけの事だ。

日本は始めキリスト教に寛容だった。
日本は八百万の神の国だ。イスラムであろうが、キリストであろうが、
何でも神として崇める。
それが理由も無く急にキリシタン禁制になると思うか?

どんなに筋の通ったソースを出そうが、君はいちゃもんをつけてそれを認めない。
強引な、無実のキリシタンをいきなり日本人が迫害した、という意見を通そうとする。

このスレを誰が見ても、君の主張に説得力が有るとは言えないだろう。

言葉遊びで相手を淘汰する事は出来るかもしれない。

しかし歴史的事実がある限り、歴史そのものを捻じ曲げる事は出来ないんだ。

378 :神も仏も名無しさん:2009/02/04(水) 06:04:21 ID:7ulGLvhx
魔女狩りと称して民間の薬草学者を大虐殺したキリスト教と教会は
人類史に残るほどの最低なことをしたよね(´・ω・`)

379 :神も仏も名無しさん:2009/02/04(水) 06:06:03 ID:7ulGLvhx
神の名において野蛮な揉め事ばかり起こすキリシタンを
禁制にした英断のおかげで日本はとても平和だったよね(´・ω・`)

380 :中国人:2009/02/04(水) 07:11:14 ID:glq7lraq
何コピペしてやがる、低脳の劣等民族イエローモンキー糞小日本CDUがw

381 :神も仏も名無しさん:2009/02/04(水) 19:56:16 ID:Y7p5u1VY
追い詰められたCDUの取る行動。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1183347061/581-588
のような書き込みをするのがデフォ。

382 :貶められる日本を憂う中国人:2009/02/04(水) 20:46:05 ID:glq7lraq
    彡川川川三三三ミ〜プゥ〜ンプゥ〜ンプゥ〜ン
    川|川/  \|〜プゥ〜ンプゥ〜ンプゥ〜ン
   ‖|‖ ◎---◎|〜 プゥ〜ンプゥ〜ンプゥ〜ン   ←CDU
   川川‖    3  ヽ〜プゥ〜ンプゥ〜ンプゥ〜ン
   川川‖  ∴)д(∴)〜
   川川‖    〜 /‖
  川川川川___/‖ 
     /       \
   _| |       | |_
   ||\          \
   ||\\          \
   ||  \\          \.    ∧_∧
.       \\          \   ( ;´Д`) (オイ、なんか変なのがいるぞ)
.        \\          \ /    ヽ
.          \\         / |   | .|
.           \∧_∧   (⌒\|___/ /
            ( ;´д`)目合わせるなって     ∧_∧
            _/   ヽ          \    (    ) うわー、こっち
            |     ヽ           \   /   ヽ、 見てるよ


383 :神も仏も名無しさん:2009/02/04(水) 23:32:30 ID:Ui3vuQI/
>>381
とうとうここでの論議を諦めたか・・・。
うさ晴らしかね?
よっぽど日本が嫌いなんだな。CDUも日本人な気がするが。
日本の掲示板であれだけ書いたら総攻撃されてまた潰れるだろうね。
アメリカの現状を棚にあげてあそこまで書けたらあっぱれだなw
日本が世界で信頼されないとか書いてたけど、アメリカ製品が日本製品に負けて
売れないので僻んでるのかな。
ドイツと比較してたけれど、もしかしてドイツ在住??
日本でひどいイジメにあって日本人を憎んでるとか???


384 :神も仏も名無しさん:2009/02/04(水) 23:48:00 ID:Ui3vuQI/
でも書き込みの日付がけっこう前だったな。
あんなところでも日本攻撃してたのか。
かわいそうなやつだな。

385 :神も仏も名無しさん:2009/02/05(木) 07:14:11 ID:1ybrQUct
追い詰められたCDUの逃げ場
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1205414928/901-1000

386 :神も仏も名無しさん:2009/02/05(木) 23:42:06 ID:DiX9W77G
>>385
結局ぼろ負けしてたな。まあ当然だけどな。

387 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/08(日) 04:41:19 ID:5MTGgMro
何言ってやがる、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップともが、と久しぶりにやってきたのだが、残っているのは訳の分からんレスを付けて勝手に勝利宣言しているイタイ奴だけか。
このスレももう終わりかな。結局糞ジャップどもはスレタイに対してスレ違いの魔女狩りについてウダウダと見当外れの妄言を吐くことでしか対抗できなかったと理解してよろしいかな?

議論ねえ、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップどもにそんなことがまともにできた試しがあっただろうかw
まぁ、議論「らしきもの」には付き合ってやっているから、これを議論だと勘違いしているのも無理ないが。

>勝つ自信が無いのか。
勝つ自身があるかどうかということと、脅威に感じるかどうかは全くの別問題だ。

キリスト教の脅威ねえ。そんなものあるのだろうか。
糞ジャップにとって最も重要な同盟国であると糞ジャップの多くの政治家たちでさえ口を揃えるのがキリスト教国米国だし、糞ジャップと違ってキリスト教国ドイツはその真摯な謝罪と反省によって周辺国などの信頼はかなり高まっているし、
イスラム国のトルコですらキリスト教国連合であるEUに擦り寄っている。

>負けず嫌いが祟って理論が通ってないのがお前。
まずは、
「「人権が一つも犯されないとは言っていない」ということからは、「人権が必ず侵される」という場合と「人権が侵される場合もあれば侵されない場合もある」という場合の二つの主張が成立しうる」
という文章の意味が読み解けるだけの読解力を身に付けてからまたおいで。w

>うーん認めない。そんなに信仰を捨てて生きるのが嫌だったらそのまま殺されれば良かったじゃん。
残酷なことを平気でいうやつだな。糞ジャップなのだから仕方がないが。
お前自分に当てはめて考えてみろや。自分が持っている信仰を捨てなければ殺される、或いは何かの信仰を持たなければ殺されるという状況をな。
禁教と国防を結び付けるのはこじ付けだし、仮に百歩譲って国を守るためのものであったとしても個人の信仰を残虐な刑罰や拷問の脅威によって捨てさせるという行為は残酷であり野蛮であるということには何ら変わりがない。

>キリスト教は寛容だって言うのかい?www
キリスト教国で信教の自由を保障していない国なんて存在しないはずだが。

388 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/08(日) 04:45:55 ID:5MTGgMro
>>377
お前がどんな筋の通ったソースを提示したというんだ。再掲してみろw
論理と言葉遊びの違いが分からないのはお前ら糞ジャップの低脳さの現われだからそれは大目に見るとしても、キリシタン大虐殺を正当化しているお前らに魔女裁判を批判する資格はない。

糞ジャップが当初キリスト教に寛容だったのは、西欧との交易品に目が眩んだことと(戦国時代を終わらせたのは西欧から伝来した武器だといっていい、従って戦国時代が終わった以上それらは不必要になった)、
キリスト教の平等主義・個人主義的な教義が糞ジャップの持っている封建的な体制にそぐわないことがまだ分かっていなかったからだ。

>>383
いや別に米国やドイツが何の問題も存在しない国だなんて主張したことは一度もないがw
ただ糞ジャップどもが糞ジャップに対する酷評に対しては極めて攻撃的になるという体質を持っている生物だという君の指摘には全く同意。
まあそういう糞ジャップどもの生態を観察するのが楽しくて、ついこういう書き込みをしたくなるのが悪い癖だといわれればそうかもしれんが、趣味なんで仕方がないよね。

389 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 05:02:49 ID:npghk/fU
>>387
なんでキリスト教徒は他の宗教の人に対して行った蛮行は謝らないのなぁ
十字軍とか魔女裁判 南米の人へのむちゃくちゃな信仰改宗
教皇とか土下座して謝ってほしいですね
で、生きるために信仰を捨てさせたことが残酷なの?
キリスト教徒がやったことを日本がしたから怒ってるの?
キリスト教徒が宗教上の自己満足のために、他の宗教の人殺して
日本は国を守るために死んでもらったわけだけど
やったことがキリスト教徒に帰ったんだね きっと
天の采配ってやつ


390 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 05:11:47 ID:npghk/fU
記録によれば魔女裁判が盛んに行われたのは1450年から1750年までの間
なんと徳川9代目将軍のころまで
開国し続ければこんなのが来てたんだよね?日本に


391 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/08(日) 05:17:24 ID:IJ15jvLd
こんな無知な奴にもいちいちレスを付けてやらないといけないのかなあ。ホントに虱を一匹一匹潰している様な感じ。

>>389
十字軍はビザンティン帝国の救援要請に応じてのものであり、また同時にエルサレムへの巡礼者保護のためのものであった。
あと十字軍を指揮した教皇や各国国王たちに領土的野心があったかもしれんが、それは政治的な目的のもので行われたものに過ぎず、キリスト教一般の問題だとするのには無理がある。
魔女裁判については過去ログをよく嫁。
南米の原住民は人身御供を捧げるなど人道に著しく反するような信仰形態を持っていたから改めさせたまでのこと。
もちろん征服者たちの行為に宣教師による批判にもあるように行き過ぎた行為もあったようだが、それも主としては各征服者の問題であって、キリスト教一般の問題だとするのには無理がある。
糞ジャップが国を守るためキリシタンを大虐殺したというのは何度も指摘されているように単なる言い逃れ。

392 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/08(日) 05:18:49 ID:IJ15jvLd
>>390
つうか、お前ら自らが魔女裁判以上のことを既にやっていたんだがw

393 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 05:32:57 ID:npghk/fU
>>391
>南米の原住民は人身御供を捧げるなど人道に著しく反するような信仰形態を持っていたから改めさせたまでのこと。
そして当時の文書などの貴重な資料を焼き、文化を取り上げ、強制的に残酷にも生きるために信仰を捨てさせたわけですね
てか、人の宗教を否定した行為をよしとした人が日本人にどうこう言う資格なし
>キリスト教一般の問題だとするのには無理がある。
ばか?めちゃばか
政治的な利用だろうが、魔女裁判だろうが
キリスト教の偉い人は止めないでいないで一緒になって利用しあってたってこと
また、キリスト教徒の魔女裁判に走り安い傾向は20世紀でも魔女裁判もどきの私刑があったことから明白
イエスズ会はプロテスタントといえ、交流が続けばカトリックだってきたろうしな


394 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 05:36:17 ID:npghk/fU
>>392
関係ないな。キリスト教が江戸時代将軍9代目になるまで
魔女裁判やってて教会も信徒も排他的で宗教上の自己満足な理由で
他の宗教だって理由とかで人を殺すことをよしとしていた事実はかわらない
こんな連中を日本に入れないでくれたことに感謝するわけだが

395 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/08(日) 05:44:45 ID:IJ15jvLd
>てか、人の宗教を否定した行為をよしとした人が日本人にどうこう言う資格なし
何で?
人道に反するような教義を持っているような宗教は改めさせても問題はなしとは言っているが、虐殺行為が正当だとは私は言っていないぞ。

>キリスト教の偉い人は止めないでいないで一緒になって利用しあってたってこと
教会権力者が教義に反して行った犯罪行為と、キリスト教の本質そのものと同一視することはできない。

>20世紀でも魔女裁判もどきの私刑があった
はて?具体例を挙げてみ。

396 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/08(日) 05:52:47 ID:IJ15jvLd
>教会も信徒も排他的で宗教上の自己満足な理由で
>他の宗教だって理由とかで人を殺すことをよしとしていた事実はかわらない
かわるよ。w
キリスト教国では既に15世紀には信教の自由の萌芽が見られ、18世紀にはこれが人類共通の自然的権利だと看做されるようになりつつあった。
20世紀半ば!!まで宗教弾圧が普通に行われていた糞ジャップとは違うよ。
魔女裁判が一時期行われたことがあったにせよ、それがキリスト教国にだけに顕著に見られる社会現象ではない以上(むしろキリスト教国では比較的早期に除去された現象)、
そのことで糞ジャップにおいて行われたキリスト教徒弾圧を正当化することは全くできない。

397 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 05:55:25 ID:npghk/fU
>>395
>人道に反するような教義を持っているような宗教は改めさせても問題はなし
そうですか。じゃ魔女裁判をしてもいいって言ってるような宗教を改めさせても問題はなし
当時のカトリック教徒はみんな宗教改宗させないといけませんね
もちろん日本に入ってこないように鎖国し、布教を禁止していくのは当たり前です
当時のキリスト教が魔女裁判をしたように、日本もがんばったんでしょう
>教会権力者が教義に反して行った犯罪行為
ぷw当時のキリスト教の偉い人と信者がが魔女裁判をよしとしていた事実はかわりません
本質とか関係なし。日本に来るのはその偉い人の手先や信者なんです
>20世紀でも魔女裁判もどきの私刑があった 具体例
ttp://kobe.cool.ne.jp/daini_densho/page051.html



398 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 06:03:06 ID:npghk/fU
>>396
そういえば訂正する忘れてたよw
日本に布教しようとがんばってたのはイエスズ会w
イエスズ会はプロテスタントでね。魔女狩りはプロテスタントが張り切ってたw
当時リアルタイムで魔女ガリしてたお仲間が日本で布教してたんだ へぇ〜w
カトリックがしてたのは異端審問 異端審問にはプロテスタントが狙われたそうだよ
日本でイエスズ会がプロテスタント広めてのっとりした後で、カトリックが異端審問で殺していかれたらいやだね〜
双方そろって鎖国当時にとんでもない宗教だね


399 :CDU:2009/02/08(日) 06:12:56 ID:RIuCb77e
>>397
いやだから、魔女裁判を批判しながらキリシタン弾圧を正当化するのは二枚舌だと言ってるんだが。w

>>398
いちいち教えてやらないが、大いなる事実誤認があるよ。^_^;

400 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 06:17:53 ID:npghk/fU
>>399
弾圧しなきゃ日本にこっそり入ってきて広まった
魔女裁判するような人道にもとる宗教は改宗させないといけない
よって、よし
踏み絵さえできたら助かるんですから
拷問や民衆裁判させて死刑にするキリスト教よりまし


401 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 06:25:22 ID:npghk/fU
てわけで、当時魔女裁判や異端審問なんて人道にもとるような宗教だったんで改宗させる必要があったんですよ
あぁ、信者さんにいたっては20世紀になっても魔女裁判するような状態だったそうで
そりゃ江戸幕府終了まで禁止になるでしょう


402 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 06:34:38 ID:npghk/fU
>キリスト教国では既に15世紀には信教の自由の萌芽が見られ、18世紀にはこれが人類共通の自然的権利だと看做されるようになりつつあった。
だが、それでも魔女がりはキリスト教国からなくならなかった〜w
>20世紀半ば!!まで宗教弾圧が普通に行われていた糞ジャップとは違うよ。
 1981年には、暴徒化したメキシコ市民が1人の女性を石殺しに しました。
 その女性が「魔術」を使って教皇ヨハネ・パウロ二世の襲撃事件を起こさせたと
 信じていたからだそうです。
ほうw
こんな宗教日本にもってくんな by当時の日本人



403 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 06:39:55 ID:npghk/fU
今でもキリスト教の魔女裁判気質は残っているようで
ハリーポッターが流行ったときのことです
魔女や魔法を華美するような本が流行るのは好ましくないと
一部のキリスト教徒さん怒ったそうです
たかが児童書w

404 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 06:58:05 ID:npghk/fU
21世紀になってまでキリスト教は魔女(キリスト教以前の土着宗教)への弾圧してます

ハリー・ポッターのシリーズに関しては、「賢者の石」から既に、異端書として問題視されていますよね。
アメリカ図書館協会からも受け入れ禁止書籍として認定されていますし、
以前にも、一部の狂信的カトリック関係者及びカトリック僧職者によって、焚書騒ぎがありました。
アメリカでは、ハリー・ポッターの映画に協賛したコカ・コーラに対して抗議と非買運動が起きましたし、
ロイター通信によると、正式見解ではないものの、現法王ベネディクト16世も、このシリーズに対して遺憾の意を表していると報道されています。

いまさらですが、日本の過去の弾圧どうこういうなら
今でも平気で弾圧しかねないキリスト教こそ出て行ってくれません?

405 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 10:01:39 ID:mV5cBBk2
>結局糞ジャップどもはスレタイに対してスレ違いの魔女狩りについてウダウダと見当外れの妄言を吐くことでしか
はぁ?
スレタイ云々ほざくんなら
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1205414928/
なんかで醜態さらすなよ。
インチキカト風情が。
この二枚舌野郎。

406 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 10:29:26 ID:08Xj3JAj
やあ、蘇る金蠅CDUが不快な羽音を例の如くたてているな。w

>キリスト教国では既に15世紀には信教の自由の萌芽が見られ、18世紀にはこれが人類共通の自然的権利だと看做されるようになりつつあった。
ニッポンでは
フランシスコ・ザビエル(1552/1/29 日本を去った後、インドのコーチン
からの書翰)
「(日本には)各々異なった教義を持つ9つの宗派があります。男も女も、
各人が自分の意思に従って望むところの教義(宗派)を選びます。そして、
誰に対してもある宗派から他の宗派に改宗するように強要することはしません。
このため、夫がある宗派に属し、妻が他の宗派に、そして子供達は別の宗派に
属している家があります。このようなことは、彼らの間では何も不可思議な
ことではありません。なぜなら、各人が自分の意思に基づいて〔宗派〕を
選択しているからです。」
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/christ-03.htm

こと、信仰の自由に関しては欧米は遅れていたんだな。w

>キリシタン大虐殺を正当化しているお前らに魔女裁判を批判する資格はない。
何で?
魔女とされた人々がどんな犯罪やったんだい?
暴虐キリシタンどもは寺社破壊・非キリシタン殺害をやらかしたんだから
成敗されただけ。




407 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 12:28:13 ID:TAzG39aG
ついに原城への海上支援はなかった。

408 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 12:52:18 ID:npghk/fU
はいはい結論
鎖国当時の日本においてキリスト教が布教禁止になったのは至極当然
なぜならCDU曰く>人道に反するような教義を持っているような宗教は改めさせても問題はなし
鎖国当時、キリスト教国は宗教違うだけで人を殺す魔女裁判、異端審問するような宗教だからです
このような人道にもとることをする宗教が日本に入ってきて広まれば
キリスト教は神道を魔女(つまり土着の多神教)裁判や異端諮問していた可能性あり。。。
>暴虐キリシタンどもは寺社破壊・非キリシタン殺害をやらかしたんだから成敗されただけ
してるじゃないか
また、CUDはどうこう言っているが20世紀終わりまで魔女裁判で人殺してるな>>402
21世紀になってもまだ反省してないキリスト教>>404
さらに今でもアメリカで進化論教えないとか横暴がすぎるな



409 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 12:59:24 ID:npghk/fU
さらにキリスト教に殉死をよしとする野蛮性もあり、その排他性攻撃性より
>暴虐キリシタンどもは寺社破壊・非キリシタン殺害をやらかしたんだから成敗されただけ
そりゃこんなのが広まれば、土着の神道や仏教を消すために何するもんだが
殉死を尊いとするなんてそりゃ今から見ても危ない宗教だよな
日本に感染する前に徹底的につぶすのは当たり前


410 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/08(日) 13:04:24 ID:IJ15jvLd
>>400
あほ。魔女裁判などキリスト教の本質とは関係ないよ。糞ジャップ自身が魔女裁判以上のことをやっていたし。

>>401-402
キリスト教徒にも犯罪者はいる。一般に、ある団体の一部の構成員が犯罪を行ったという一事を以って、その団体の存在そのものを否定することとは論理的に繋がらない。

>>403-404
>ハリー・ポッターのシリーズに関しては、「賢者の石」から既に、異端書として問題視
そうなんだな。個人的には結構好きなシリーズなんだが。別にキリスト教そのものを冒涜するような内容ではないし。
フィクションのおとぎ話だし、そういうものとして作られた物語なんだから、笑って見過ごせばいいのにね。

とはいえ、フィクションどころか『ザ・レイプ・オブ・南京』など現実にあったことに関する書物の出版に対してさえ批判し出版を遅らせるような糞ジャップに批判する資格はないだろうけどね。

>>406
>こと、信仰の自由に関しては欧米は遅れていたんだな。w
別に信教の自由として保障されていたわけではないだろうが。w
実際、一向宗弾圧や比叡山・西明寺焼き討ちからキリシタン・不受不施派・大本教弾圧に至るまで、実に400年以上もの宗教弾圧の伝統が糞ジャップにはある。

>暴虐キリシタンどもは寺社破壊・非キリシタン殺害をやらかした
糞ジャップにおいては普通に行われていたことをやったまでのことだが。

411 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/08(日) 13:11:18 ID:IJ15jvLd
>>408
魔女裁判はキリスト教の教義とは直接の関係がないということは、上の論争でも明白になっただろ。

>>409
おいおい、「殉死」の意味も知らないのかw
糞ジャップはジャップ語ぐらい正確に使えよ。

412 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 13:26:50 ID:npghk/fU
>>410
キリスト教の本質なんてどうでもいいよ
キリスト教徒がやっていたことが重要。もちろんキリスト教の偉い人が関わってきたわけだしな
>フィクションのおとぎ話だし、そういうものとして作られた物語なんだから、笑って見過ごせばいいのにね。
法王まで加担してたかが物語にやっきだね。まして>アメリカ図書館協会からも受け入れ禁止書籍として認定されていますし
いまでも宗教弾圧(魔女裁判)を実行してるキリスト教に日本をどうこういう権利ないよな
>糞ジャップにおいては普通に行われていたことをやったまでのことだが。
じゃ普通に悪いことをしたから制裁されたんだろ。したがって原城のは正当だな

なんだますます日本のやったことは正当じゃないか

413 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 13:31:39 ID:npghk/fU
>>411
教義かどうかはかんけいないわw20世紀終わりまで魔女裁判で人が殺された実例をもち
今でも反省してないで宗教弾圧を使用って気まんまんのキリスト教国
簡単にいうわ。反キリスト教の教えをしたっていいよな。信教の自由があるなら
でなんで、魔法使いを歌った児童書が図書館入り禁止で焚書なんだよw
400年度ころじゃないよな現在進行形

414 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 13:38:05 ID:npghk/fU
はいはいワロスワロス
教義や建前で奇麗事いっていたところで、当時のキリスト教国は他宗に排他的かつ野蛮
魔女裁判や異端審問ワロスワロス。
国にとって有害な思想として認定受けてあたりまえ
まして、禁止にしたら殉死する始末 あほ?
日本では国政上で禁止にしてたが、キリスト教じゃ宗教の違いで弾圧
国政上必要なくなったらやめたけど。キリスト教国じゃ今でもやってるとな


415 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 13:47:13 ID:npghk/fU
日本は歴史に関する文書の規制あるんか知らんが
あのオウムですら悪いことするまで自由。あの創価ですら自由
信教の自由の徹底はすごいよな。過去に禁止になったのはキリスト教だけってのはどういうことだ?
キリスト教国じゃ、キリスト教以外が禁止で同じキリスト教の派閥の違いだけで異端審問w
どっちがおおらかですか?
で。アメリカは?魔法使いを歌った児童書が図書館入り禁止で焚書
さすがキリスト教国。進化論教えないとか避妊おしえないとか
すみずみまで宗教による統制を現在進行形ですね おっくれてる〜
だから、犯罪国なんですよね

416 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 13:49:46 ID:npghk/fU
昔富山県のあたりでも、キリシタン大名率いるクリスチャンたちが滅ぼされましたが、
それは仏教徒が滅ぼしにかかったのではなく、
キリシタン大名が信仰を深めすぎて、
「ほかの間違った神である仏教と神道を滅ぼさねば!」
と考えてしまい、いきなり聖戦を始めたのが原因です。

417 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/08(日) 16:51:24 ID:IJ15jvLd
>ID:npghk/fU
だからさあ、指摘を受けたら「殉死」の意味ぐらい調べてから書き込もうよ。低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップはw
殉死はてめえら野蛮な糞ジャップの風習だろうがボケがw

アホか。糞ジャップにおいては、延暦寺・西明寺の焼き討ちや一向宗の弾圧から、キリシタン・不受布施派・大本教の弾圧に至るまで、400年を超える宗教弾圧の伝統があるのも知らないのか。
もちろんその間には糞ジャップによるアイヌや琉球の伝統的文化の徹底的破壊も含まれていることは言うまでもない。

で、確かにハリー・ポッターシリーズに目くじらを立てるのもおかしいとは思うが、他方でアメリカ図書館協会にはどのような蔵書を収蔵するかを選択する権利があるだろうし、教会にも一定の書物に対して批判する権利はあるけどね。
魔女裁判への教会の関わりは限定的かつ受動的なものに過ぎなかったことはここでの論争でも明らかになったし、そもそも魔女裁判以上の過酷なキリシタン弾圧を行っていた糞ジャップに魔女裁判を批判する資格はない。一体糞ジャップがどの面下げて魔女裁判を批判できるのやらw
またキリスト教国において宗教弾圧を行おうなどという動きは存在しない。

418 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 17:18:22 ID:iMi0kWZs
キリスト教は、純粋に宗教だけ入ってくるわけじゃないだろ
かならず植民地化と非キリスト教文化の破壊がセットになってただろ
そういう実態を知っていれば、むしろ弾圧は必然じゃないのか
むしろ、一時期でも布教が許され、それなりの数の入信者がいたのは、日本の寛容さだろ
だいたい、同じ時代にローマやパリでイスラム教の布教したら、無事に帰れたものなのかね


419 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 18:26:06 ID:08Xj3JAj
>実際、一向宗弾圧や比叡山・西明寺焼き討ちからキリシタン・不受不施派・
>大本教弾圧に至るまで、実に400年以上もの宗教弾圧の伝統が糞ジャップ
>にはある。

一向宗や比叡山は様々な大名とつるんで信長や謙信と武力対決したからな。w
>不受不施派・大本教弾圧
不受不施派は頑固さ故の迫害という気の毒な面もあるが、大本教は出口王仁三郎
あたりが某宮家の御落胤とかの風説流したり、時の政府を刺激しまくったようだからな。
まあ、浮かれすぎた結果があれだ。
で、キリシタンは何度も言っているが寺社破壊・非キリシタン殺害をやらかしている。
しかし、神道・仏教に対して憎悪の炎燃やすお前がこの点では擁護する側に回るのか?w

>もちろんその間には糞ジャップによるアイヌや琉球の伝統的文化の徹底的
>破壊も含まれていることは言うまでもない。
時の権力者にCDUみたいな鬼畜がいたんだろうな。
日本の悲劇。
侵略先の文化を破壊したキリスト教国みたいなもの。

420 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 18:27:52 ID:08Xj3JAj
>魔女裁判への教会の関わりは限定的かつ受動的なものに過ぎなかったことはここでの論争でも明らかになったし、
嘘つけ。
お墨付きを与えたんだろ。

421 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 18:32:40 ID:08Xj3JAj
>そもそも魔女裁判以上の過酷なキリシタン弾圧を行っていた糞ジャップに
>魔女裁判を批判する資格はない。一体糞ジャップがどの面下げて魔女裁判を
>批判できるのやらw
それぞれの面下げて批判してんだよ。w
魔女との因縁を付けて人々を惨殺してまわったんだろ、クリスチャンは。
で、暴虐キリシタンは成敗されるようなことをしでかしたわけだからな。

>またキリスト教国において宗教弾圧を行おうなどという動きは存在しない。
何時の時代の話?w

422 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 20:36:09 ID:QVZtTmyG
それよりも、キリスト教徒が無辜の人間を拷問し虐殺してきた歴史を学べよw

『キリスト教の超不都合な真実200』
丁寧に書き込んだキリスト教の暗黒の裏面史。
小社「キリスト教封印の世界史」のコラム版。
内容(「BOOK」データベースより)
お金があって、権力があるから隠されてきた。
キリスト教の裏世界の真実を知ったら、あなたは「こんな宗教は要らない」ときっと思うはず!全てのものには、善と悪、光と陰の部分がある。これまで、光の部分ばかりが強調されてきたキリスト教の陰の部分、闇の部分を赤裸々に暴く。

423 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 21:06:31 ID:mMcB2vjK
>またキリスト教国において宗教弾圧を行おうなどという動きは存在しない。

前にも書いたけど、去年の秋くらいに、ヨーロッパのある教会で聖骸布を使って
儀式をしていたら、キリストは復活したから死んでいない派の信者が教会に乱入して、
「聖骸布はあってはならない!!」と暴動を起こしたニュースをやってましたよ。

424 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 21:41:29 ID:707kBHHx
魔女狩りと称して民間の薬草学者を大虐殺したキリスト教と教会は
人類史に残るほどの最低なことをしたよね(´・ω・`)

425 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 22:01:24 ID:mMcB2vjK
>ウダウダと見当外れの妄言を吐くことでしか対抗できなかったと理解してよろしいかな?
それはお前。

>議論「らしきもの」には付き合ってやっているから
こっちのセリフだよ言葉遊び野郎がw

>勝つ自身があるかどうかということと、脅威に感じるかどうかは全くの別問題だ。
そういえばこの前の国際アンケート調査で・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090207-00000071-yom-int
アメリカは最悪ですね。。。

>キリスト教の脅威ねえ。そんなものあるのだろうか。
今でも宗教弾圧が止められない宗教だからな。
「この考え方が最も正しい」で何でも押し通すし。
そもそも現段階で軍を所有して実際に行使している国に、これから自衛隊を
軍にするか検討しているというだけで勝手に脅威だとか言われたくない。
だいたい何でそんなのがアメリカの脅威になるのかが分からない。
日本軍が出来ることによって脅威になるのは北朝鮮くらいだし。
ヨーロッパに攻め込むわけないし。
もうちょっと現実的に物考えたら?

426 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 22:02:29 ID:mMcB2vjK
まずは、
>はて?何という人権が侵害されているの?因みに参政権のような後国家的権利は、
>人類普遍の客観的正義が定める自然権たる人権ではないからな。
という自分が発言してきた文脈に責任を持ちましょうね。
「はて?何という人権が侵害されているの?」は、「人権なんて一つも侵害されてないよ、いったい
どんな人権が侵害されているというんだい?」
という意味になりますからね。この単語を言った、言わないで、そんな事は言っていない
とか言わないでね。その単語を発したかどうかではなく、その言葉がどういう意味か
によって、君の発言内容となりますからね。
まあ、ここを「人権が一つも犯されないとは言っていない」と言うことで、
結局植民地化では少なからず人権が侵害されることを認めるということですね。
自らの言葉遊びで自爆w

>キリスト教国で信教の自由を保障していない国なんて存在しないはずだが。
キリスト教が寛容なのかと聞いたのだが。誰もキリスト教国家がどうかなんて
聞いてない。それを言うなら日本だって信条の自由がありますよアホだねぇ。
まあ、もともとキリスト教と違って日本の神は他の神に寛容だけどね。

427 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 22:02:55 ID:mMcB2vjK
論理と言葉遊びの違いが分からないのはお前。

>酷評に対しては極めて攻撃的になる
それはお前もだろw
>まあそういう糞ジャップどもの生態を観察するのが楽しくて、
こっちもCDUの馬鹿さ加減を毎日楽しませてもらっているよw負けず嫌いで理論では勝てなくなって
言葉遊びでなんとか勝とうとして、結局自分の発言で自滅してしまう様をなw

>魔女裁判はキリスト教の教義とは直接の関係がないということは、上の論争でも明白になっただろ。
それは君の中ででしょ?他の人にとっては、「魔女」という概念が旧約聖書に
基づいていることがばっちりわかったし、教会も魔女裁判にしっかり関与して、
能動的に魔女狩り、魔女裁判を行っていた事が明らかになったよ。

>別に信教の自由として保障されていたわけではないだろうが。w
保障されていなくても、信条の自由があったから、実際に一人ひとりが好きな宗派に属していたんだろうがw
信条の自由が当たり前だったから、わざわざそんな事保障する必要が無かったんだよ。
ヨーロッパだったら一発で異端者として裁判所行きw

428 :神も仏も名無しさん:2009/02/08(日) 22:38:18 ID:1FEwKv8T
バテレン追放令下の桃山時代に大挙して宣教師が日本にやって来たのは、
当時唯一殉教できる国だからだったって書いてあったな
何かの本に
日本人信徒道連れにしてでも殉教したかったんだよ殉教
いい加減現実見ろよ馬鹿クリスチャン共は

429 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 02:10:41 ID:+oXqK1k6
>確かにハリー・ポッターシリーズに目くじらを立てるのもおかしいとは思うが、
意味わかってないおばかなようなので説明しとくわ。いやむしろ分かってさけてんな
魔女だと弾圧されたのは、結局キリスト教以前の土着の多神教、
ハリーポッターシリーズが嫌われたのはそれがかっこよく書かれたため、キリスト教が否定したものをかっこよく書いたため
>他方でアメリカ図書館協会にはどのような蔵書を収蔵するかを選択する権利があるだろうし
誰が働きかけたんでしょうか?誰が決めたんですか?この本を否定しているのはキリスト教だけです
>教会にも一定の書物に対して批判する権利はあるけどね。
は?たかが児童書に批判するほどの排他主義。こんな過剰反応しめすようで何が弾圧するような動きがないw?




430 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 02:19:27 ID:+oXqK1k6
あと魔女裁判はキリスト教の本質と関係ないとか言ってるが、そんなもんどうでもいいw
20世紀終わりまで魔女裁判もどきで殺人犯すような集団
21世紀にもなっていまだに魔法を扱った「児童書」に批判だの焚書だの弾圧する集団
日本が文書に対して圧力かけるのを弾圧だといったのお前
はっきり言おうか。反省してないじゃん。キリスト教
>キリスト教は、純粋に宗教だけ入ってくるわけじゃないだろ
>かならず植民地化と非キリスト教文化の破壊がセットになってただろ
こういう事実もあり。本質とかの言い逃れどうでもいいよ
キリスト教が実際やってきたことが最悪に人道にもとるんだよ
人道にもとる宗教を改宗させるのはいいことだっていったのはお前だろ

431 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 02:30:49 ID:+oXqK1k6
日本の政治家は日本を守らないといけない。その伝統と国民と宗教を
人道にもとる宗教かつ日本の宗教や伝統壊して、植民地化をしかねない宗教
禁止して消えるならいいさ。他の宗教を否定しようと聖戦起こしたどっかの富山県のあたりでも、キリシタン大名
無辜の住民殺したどっかの原城に立てこもった連中
なんせたちの悪いことに殉教をよしとする連中だ
これ以上日本にひろめて被害者増やさないために徹底的にやる必要があった それだけ
あぁ、キリスト教の他の宗教否定と弾圧の伝統には負けますのでご謙遜しないでください
21世紀になってまで遅れたこと言ってませんので。日本の神々を否定しないなら布教させてあげてますし
土着の多神教を愛する日本国民より

432 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 03:03:11 ID:+oXqK1k6
『ドミヌス・イエズス』ローマ教皇庁が二〇〇〇年九月五日に発表した文書
イエスは「排他的、普遍的、絶対的」な存在であり、
カトリック教会は他のキリスト教各派に比べて、絶対的優位性を持つもの
他の宗教は「救い」に関して重大な欠陥があるものだと決めつけた。
ローマ教皇庁教理省が作成し、教皇ヨハネ・パウロ二世が承認

『教会についての教義をめぐる質問への回答』二〇〇七年七月一〇日
教皇ベネディクト一六世が、カトリック教会だけが唯一の正統だとする文書
前教皇の立場を引き継ぎ、他宗教、他教派を不完全なものとしている。


433 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/09(月) 03:22:16 ID:B4H7ZQeR
何言ってやがる、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップの分際でw

>>418
>かならず植民地化と非キリスト教文化の破壊がセットになってただろ
アホやね。むしろ現地の伝統的な風習を重んじることを認めるような布教活動をしていたから、本国で問題になった団体もあったぐらいだが。

>>419
>一向宗や比叡山は様々な大名とつるんで信長や謙信と武力対決・・・・
で、何らかの理由があれば宗教弾圧も認められるべきだというのがお前の主張か?
私は別に擁護しているわけではなくて、事実を指摘したまでのこと。

>時の権力者にCDUみたいな鬼畜がいたんだろうな。
いや、私は極めて善意と愛からくる義憤からキリシタン大殺戮を批判しているのであるから、鬼畜だという指摘は心外だなw
それはそうとして400年以上も鬼畜が権力を握り続けているなんて、やはり糞ジャップはとんでもない野蛮国だな。

>>421
>それぞれの面下げて批判してんだよ。w
まあ、確かに糞ジャップは厚顔無恥なんだから仕方がないよね。

>>422
Amazonのページからコピペして書物を紹介するなら、まずは最低限レビューも読んでからにしようねw

434 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 03:29:56 ID:+oXqK1k6
>>433
21世紀にもなって15世紀当時の異端審問と同じことしてる
カトリック>プロテスタントの主張>>432
やば〜〜ん

435 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 03:32:15 ID:+oXqK1k6
>何言ってやがる、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップの分際でw
21世紀にもなってフィクションにすら弾圧かける時代遅れの
サルでもできる反省もしないサル以下がなにいってるんだw

436 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 03:38:41 ID:+oXqK1k6
極めて善意と愛からくる義憤より、魔女裁判や異端審問などして
無辜の人をころすような宗教が日本に入ってきたことを批判します
また、21世紀にもなっていまだに異端審問を現在進行形のキリスト教に対し
サルでもできる反省しろと強く義憤をいだくものです



437 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/09(月) 03:44:53 ID:B4H7ZQeR
屑が相変わらず五月雨的に下らんレスを連投しているな。連投規制が解除される頃に次の投稿をしているのが手に取るように分かって、可愛くもあるがw
深夜はなかなか連投は難しいだろ。w

>>423
だんあつ 【弾圧】
権力者が反対勢力を、警察、軍隊などを使って強制的に鎮圧または妨害すること。

>>425
窮鼠猫を噛むということもあるからな。つうか、糞ジャップはあれだけ世界中を侵略して回り非道の限りを尽くしたような好戦的野蛮民族なんだから、世界から脅威に感じられても不思議ではなかろう。
それから、糞ジャップ政治家の歴史認識に関する発言がころころぶれるのも世界から不信感を持たれる原因の一つだな。

>>426
>「はて?何という人権が侵害されているの?」は、「人権なんて一つも侵害されてないよ、いったい
>どんな人権が侵害されているというんだい?」
>という意味になりますからね。
ならないよw
「はて?何という人権が侵害されているの?」は単純に疑問文だ。植民地は人権侵害だと主張したのはお前なのだから、どの人権が侵害されているのか説明する責任がお前にある。

>キリスト教が寛容なのかと聞いたのだが。誰もキリスト教国家がどうかなんて聞いてない。
おいおい、お前は自分が発言したことも覚えていないのか。酔っ払いの喧嘩に付き合っているみたいだな。
>日本では国政上で禁止にしてたが、キリスト教じゃ宗教の違いで弾圧
>国政上必要なくなったらやめたけど。キリスト教国じゃ今でもやってるとな(>>414)
w屑がw

で、因みに、少なくともカトリックに関する限り、異教に対しては極めて寛大であるということは教えておいてやるよ。

438 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 03:46:14 ID:+oXqK1k6
>現地の伝統的な風習を重んじることを認めるような布教活動をしていたから、本国で問題になった団体もあったぐらいだが。
でも実際にはセットになってるね
CDUってさ、姑息な言い逃れがすきだよな
本質じゃないからどうとか、一部がどうとか。それがどうしたって?
結局、やってることじたいの否定にはまったくなってないじゃん

439 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 03:57:26 ID:+oXqK1k6
植民地独立付与宣言
# 外国による隷属・支配、基本的人権の否定を構成する搾取、
これらへの人々の従属は国連憲章に反するもので、世界平和と協力の推進にとっての障害。
# すべての人々には『自決権』があり、その権利によって、
自由に自らの政治的な地位を決め、自由に自らの経済的・社会的・文化的な開発を遂行することを得る。
宣言の議決に対し、賛成89、反対0、棄権が9カ国
(主要宗主国であるアメリカ合衆国、イギリス、フランス、ベルギー、ポルトガル、スペイン、
南アフリカの7カ国と、オーストラリアにドミニカ共和国)であった。
キリスト教の国なんで棄権すんの?

440 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 04:10:08 ID:+oXqK1k6
はいはい キリスト教はかならず植民地化と非キリスト教文化の破壊がセットになってた
(一部の団体のことなどどうでもいい
21世紀でもサルでもできる反省してないから、20世紀に魔女裁判で人死亡
(なんでかCDUはこのことスルーするんだが
魔女扱いされる土着の多神教もってる当時の日本に本格的にキリスト教来たら
かならず植民地化と非キリスト教文化の破壊がおきるだろう
なんせ1960年にもなっても植民地独立付与宣言を棄権するようなキリスト教徒だからな


441 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/09(月) 04:11:34 ID:B4H7ZQeR
>>427
>それは君の中ででしょ?
上の論争をもう一度読み返してみろや。

>信条の自由が当たり前だった
いや、そんなものがなかったから400年にわたる宗教弾圧の伝統が糞ジャップにはあるんだろ。いい加減認めなさい。

>>428
いや、あの時代宣教師は世界中に派遣されていたから。中国では現地の王朝に仕えていた宣教師さえいた。

>>429
>ハリーポッターシリーズが嫌われたのはそれがかっこよく書かれたため、キリスト教が否定したものをかっこよく書いたため
かっこいいかどうかは分からんが、魔術を使用する場面がふんだんに出てくるから批判しているんだろうが、そのことも分かった上で目くじら立てる必要はないのでは、といっているのだけどね。
お前の低次元さに私を引っ張り込むなよ。

>誰が働きかけたんでしょうか?誰が決めたんですか?
アメリカ図書館協会が自主的に判断したんじゃないの?誰かが働きかけたとでも言うならソース出せよ。

>は?たかが児童書に批判するほどの排他主義。こんな過剰反応しめすようで何が弾圧するような動きがないw?
批判しているだけだろ。ハリーポッターの書物は書店に行けば簡単に手に入るよね。

>>430
>20世紀終わりまで魔女裁判もどきで殺人犯すような集団
一信徒が犯罪を犯したというだけの話だろうが。話を摩り替えんな。
批判は言論の自由。「焚書」といっても、当事者が合法的に入手してきた本を処分しただけのことなら、正当な財産権の行使。

>>432
自分たちの信じている教義が最も正しく、他のは誤謬を含んでいる、というのはどんな宗教でも持っている発想だよ。
自分たちの信じている教義には誤りが含まれていると公言しているような宗教団体が存在するというなら紹介してくれ。w

442 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 04:16:03 ID:+oXqK1k6
>>441
批判してる時点で現代では弾圧と一緒だな
違いはキリスト教の影響力の違い
法王が批判したら15世紀当時は即時文書がキリスト教国から消滅
ようはまったくかわってない



443 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 04:17:18 ID:+oXqK1k6
>一信徒が犯罪を犯したというだけの話だろうが。話を摩り替えんな。
集団でやったんだよ 話をすりかえんな
キリスト教の集団が一人の女性を嬲り殺したんだよ

444 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 04:18:22 ID:AZ0og8Xb
>で、何らかの理由があれば宗教弾圧も認められるべきだというのがお前の主張か?
>私は別に擁護しているわけではなくて、事実を指摘したまでのこと。
阿呆。
敵の一つだということさ。それも強力な武装集団。

対する連合軍は比叡山山頂に布陣し、隙を見て山を下っては京都近郊の集落に
放火を繰り返した。そこで信長は山門宗徒に対して、味方になればこれまで
召し上げた山門領を返還するし、味方しないのであれば宗教者として中立的
立場を取るように、と交渉の姿勢を見せたが、宗徒側はこれに応じようとせず、
つまりは朝倉・浅井方に味方するということで、交渉は決裂となった。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~echigoya/ka/HieizanYakiuchi.html

>で、因みに、少なくともカトリックに関する限り、異教に対しては極めて
>寛大であるということは教えておいてやるよ。
根拠は?w
かつては異端審問とかやらかしていた糞集団のくせに。w

445 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 04:22:58 ID:AZ0og8Xb
>いや、そんなものがなかったから400年にわたる宗教弾圧の伝統が
>糞ジャップにはあるんだろ。いい加減認めなさい。
いやいや、当初はキリスト教も布教できていただろ?
暴虐をやらかしたからお仕置きされただけ。w

446 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 04:25:00 ID:+oXqK1k6
>>441
全体的に話をすりかえすぎ
おまえさんがどう思うかなどどうでもいい 事実だけあればいい
児童書程度に過剰反応したキリスト教 21世紀でも15世紀と反応が一緒だということだな
>「焚書」といっても、当事者が合法的に入手してきた本を処分しただけのことなら、正当な財産権の行使。
はい、またすり替え
ここで問題なのは土着の多神教否定のために実力行使する傾向
キリスト教の影響力が魔女裁判時と同じならこれはすべてのほんの焚書になっていた
>どんな宗教でも持っている発想だよ。
すり替え3
異端審問おきたりして問題になるからと反省して言わないでおくこともできるのに
あえて言った

447 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 04:28:46 ID:AZ0og8Xb
>で、何らかの理由があれば宗教弾圧も認められるべきだというのがお前の主張か?
>私は別に擁護しているわけではなくて、事実を指摘したまでのこと。
キリスト教徒によるインカ、アステカの文明破壊もお前は許さないというスタンスかい?w

448 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 04:34:00 ID:+oXqK1k6
どんなに信教の自由があっても、治安上に問題ある組織だと
政治上において治安維持のために成敗される
もしくは、宗教のための集団が政治に介入しすぎるなら
正常な政治のために成敗される
それと信教の自由がないとかはまったくの別物

449 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 04:36:50 ID:AZ0og8Xb
でよ、鬼畜!!CDUよ、
微粒子の生成・消滅関係での
>「あれは一定の条件下でのみ起こる現象だっただろうが。」
>とほざいていたな。
>その「一定の条件下」とやらをソース付きで出しな。w

という要求にも応えてもらおうか。
何度要求させれば気が済むんだろうねえ。w

この問い、見えてないのかい?w

都合の悪いことは全部見て見ぬ振りをして済まそうとするのが、卑劣なCDUの常套手段だよね。
そんなことをしているから糞CDUはいつまで経っても皆から信頼されない。

450 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 04:37:02 ID:+oXqK1k6
>で、何らかの理由があれば宗教弾圧も認められるべきだというのがお前の主張か?
オウム真理教は人を殺した。国に弾圧された 認められることだな
キリスト教は多神教の人をころしたり、キリシタン大名は聖戦おこしたりした
国に弾圧された 認められることだな

451 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 04:50:42 ID:+oXqK1k6
キリスト教に破防法が適用されたってことでおわり

452 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 21:11:50 ID:+oXqK1k6
GDUの理論によるとアメリカには信教の自由はないことになります
モルモン教迫害しましたから
最初は一夫多妻だから
別に本妻だけ戸籍にいれるなら違法じゃありません。なのに軍まで動かしました
一夫多妻の国なら他にもあります。単にキリスト教徒の常識に合わないって程度の理由です
追い詰められたモルモン教徒は、間違いで殺人しちゃいました
まぁ。決まりがかわったので宗教つぶすとこまでしませんでしたが
1800年代後半のことです

これってアメリカに信教の自由がないからですか?

453 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 21:26:24 ID:+oXqK1k6
アメリカのキリスト教徒は児童書にすら弾圧を加えます
15世紀と変わりません
アメリカ人が図書館から締め出したい作者の投票が行われ、
首位は、ハリー・ポッター シリーズの作者 J.K.ローリング氏となりました。
彼女の本が魔術を奨励しているから、という理由です。
禁書週間のためのリストを作成した米国図書館協会(ALA)によれば、2000〜2005年の間に、
ハリーを図書館から締め出そうとする試みが3000以上あったといいます。
ttp://news.scotsman.com/weirdoddandquirkystories/Rowling-tops-US-library-ban.2814976.jp

454 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 21:33:05 ID:+oXqK1k6
というわけで日本には信教の自由という明文化されてはいないものの
きちんと信教の自由があり、最初は布教させてもらっていました
だが、そのあまりの排他性そして暴力性のために、今で言う破防法のような対象になりました
禁止しただけで止めたら良かったのですが、キリスト教には殉教者を褒め称える狭義(誤字に非ず)がありました
来なきゃいいのにくる宣教師。止めるチャンスはきちんと与えてあるんですが
みな殉教者なんてものになりたがるんですね。止めるより死ぬことを選ぶんです
このような恐ろしい宗教を根絶するため、徹底的にすることになったのです
信教の自由があっても、その教義や行動に問題はあれば弾圧され改宗を迫られます
アメリカでもあったことですね

455 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 23:10:29 ID:D+trFkw8
ローマ白人に犯されてマリアは子を孕み、
我が子を思って誰の子か言わず、イエスを生んだ。

夫は言わずとも何が起こったのかを察し、
妻マリアのウソをそのまま受け止めた。
いやー、夫婦の愛だね〜。

つーわけで、宗教画でイエスが白人のように描かれるのは、
ローマ白人レイプでできた子だからじゃねーの?

まあマリアが嘘ついてまで生んで育てたイエスも
そのローマ白人の手によって結局殺されたわけだが。
それとも本物のイエスは岩穴でガタガタ震えてて、
おっ死んだのは影武者か?

いやあ白人の文化って素晴らしいですねえ。

456 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 23:19:31 ID:+oXqK1k6
>>455
実際にはイエスもユダヤ人(ユダヤの王の嫡流が白人なわけない)なので
有色人種は間違いないですね
白人による白人のための歴史認識改ざんです
まぁ、白人とか決める肌の色で人種を確定する遺伝子などないのに
白人は人類の優良種とかいってるおばかさんたちの仕業ですよ
かわいそうにイエスは白人キリスト教徒によって人種すら改ざんされたんですね
いやぁ、気に入らないと教祖の人種すら都合よく改ざんするんですから
こんなのは入ってこなくて良かったですね
なぁ。神は一人子を有色人種に誕生させてくれたわけだ


457 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 23:33:37 ID:+oXqK1k6
え〜ちなみにキリスト教徒による魔女狩りともいえる他宗教弾圧の歴史ですが400年どころじゃありません
1095年に、当時の法王ウルバヌス二世がキリスト教徒に対して聖地の奪還を
訴えかけたことによって十字軍が始まった。十字軍兵士に付き従っていた農民たちは、
聖地エルサレムに向かう途上、「聖地を浄化するまえにまずユダヤ人を始末して
ヨーロッパを浄化せよ」と叫びながら、ユダヤ人社会を襲った
ほか、1348年に全ヨーロッパでペストが猛威をふるうとユダヤ人のせいにされて
フランスのストラスブールでは約2000人のユダヤ人が生きたまま焼き殺された
ドイツのマインツでは6000人が殺されたが、ヨーロッパ全体で何人くらいになるのかは分からない。

458 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 23:39:01 ID:+oXqK1k6
キリスト教徒にとってユダヤ人はイエス殺しですので平気で殺したんでしょう
ユダヤ人とはユダヤ教徒とさすことがほとんどです ですので宗教弾圧そのままですね
なんと1000年前からわけのわからんこといって無差別ユダヤ教徒殺害w
ペスト等わけがわからないことあると、いちゃもんつけてユダヤ教徒集団焼き殺しw
キリスト教徒の支配下にあるユダヤ教徒には改宗をせまり、確かめるために拷問を科す
いやぁ。信教の自由がないんですね 1000年も前から


459 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 23:45:00 ID:+oXqK1k6
日本でキリスト教徒の迫害があったのは破防法の適用のようなものですが
(排他的な教義や破壊活動するから)
1095年にはたかが宗教の違い程度で、おとなしく暮らしていたユダヤ教徒を
ユダヤ教だってだけで無差別集団殺人w
1348年ごろには根拠もなくユダヤ教ってだけでおとなしく暮らしてた人たちを
何千人以上も生きたまま無差別集団焼き殺しw
支配下にあればユダヤ教とには改宗せまり拷問

CUD!お前の愛と義憤はどうしてこっちは向かないんだ?



460 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 23:48:33 ID:e51Wvpmd
>団体もあった
だけであってほとんどはそうでは無かった。実際にマオリ族の文化もアボリジニ
の文化もその他の原住民の文化もキリスト教の手に掛かった民族の文化はほとんど
消えてるし。

>善意と愛からくる義憤からキリシタン大殺戮を批判しているのであるから
本当の善意と愛があったら残酷なキリスト教なんてとっくに辞めてるよな。

>深夜はなかなか連投は難しいだろ。w
CDUと違って忙しいんです。深夜は睡眠をとっているだけです。

>権力者が反対勢力を、警察、軍隊などを使って強制的に鎮圧または妨害すること。
君の言い逃れの手口は予想的中ですな。絶対そう言ってくると思ったよ。
厳密に「弾圧」といえば権力者が主導的にある集団を鎮圧、妨害することだが、
ここで皆が言っているニュアンスは、キリスト教では現代においても他宗派、他宗教
を認められず、互いに排除し合う動きや思想があるということを言っているのだ。
教会の長が主導的に弾圧をしていないにしろ、各教会が>>432みたいな教えをしている
から、個人単位で他の宗派に敵意が芽生えるんだよ。
君も例外ではなく、他の板で「仏教は邪教」とか、「仏教は3大宗教から外すべき」
とか、しょうもない内容の発言で宗教批判をしているだろう?
教会員の個人が集団に膨れ上がって、他の教会を攻撃するようになれば、宗教弾圧
ならぬ他宗派排除活動になるよな。(日本を乗っ取ろうとして失敗して日本人にやりかえされた
返り討ちと、ただの宗教的価値観に基づく自分勝手な宗教排除活動を一緒にするなよw)
主導者が自主的に行おうが行うまいが、そこに排他的な思想や個人での実際の
活動があれば、キリスト教において他宗派排除活動に含まれる行為が行われている現状は
否定することは出来ない。



461 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 23:52:08 ID:e51Wvpmd
>つうか、糞ジャップはあれだけ世界中を侵略して回り非道の限りを尽くしたような好戦的野蛮民族なんだから、
>世界から脅威に感じられても不思議ではなかろう。
いやあ、キリスト教国家さんの侵略回数と残虐行為に比べたら、足元にも及ばないですよw
本当、キリスト教の思想は世界から脅威に感じられても不思議じゃないよね。

>それから、糞ジャップ政治家の歴史認識に関する発言がころころぶれるのも
>世界から不信感を持たれる原因の一つだな。
君の歴史認識も相当酷いけどね。一回精神病院に行って、宗教妄想から逃れられるように
治療してもらったら?w

>「はて?何という人権が侵害されているの?」は単純に疑問文だ。
だからみんなから馬鹿だって言われるんだよ?w
私に質問しないとどんな人権が侵害されるかわからなかったんでしょ?
だから、どの人権も侵害されないと思ってたんでしょ?
聞いているってことは、知らないから、自分はそうは思っていないから聞く事になるんだよ。

>おいおい、お前は自分が発言したことも覚えていないのか。酔っ払いの喧嘩に付き合っているみたいだな。
>日本では国政上で禁止にしてたが、キリスト教じゃ宗教の違いで弾圧
>国政上必要なくなったらやめたけど。キリスト教国じゃ今でもやってるとな(>>414)
残念ながらこれは私の書き込みではありません。君は複数の人間に批判されている事を
お忘れなく。



462 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 23:53:51 ID:e51Wvpmd
>で、因みに、少なくともカトリックに関する限り、異教に対しては極めて寛大であるということは教えておいてやるよ。
>>カトリック教会は他のキリスト教各派に比べて、絶対的優位性を持つもの
>>他の宗教は「救い」に関して重大な欠陥があるものだと決めつけた。
>>ローマ教皇庁教理省が作成し、教皇ヨハネ・パウロ二世が承認
これは事実だと思いますが。

>いや、そんなものがなかったから400年にわたる宗教弾圧の伝統が糞ジャップにはあるんだろ。いい加減認めなさい。
キリスト教が反逆、破壊行為、(外国が)侵略行為行為をしようとするから弾圧されるんです。キリスト教だから
弾圧されたわけではありません。何度言ったら分かるのかな?

>いや、あの時代宣教師は世界中に派遣されていたから。
世界中を植民地化していたしね。

>お前の低次元さに私を引っ張り込むなよ。
その低次元な行いを本気でくそ真面目にやっているのがキリスト教。ああ恥ずかしい(/-\*) ハジュカチ…

>アメリカ図書館協会が自主的に判断したんじゃないの?
アメリカは様々な宗教を信仰する人々のいる多民族国家のはず。キリスト教の価値観
だけで、他の宗教の人々の価値観を無視した勝手な書物排除は立派な宗教排除行為。

463 :神も仏も名無しさん:2009/02/09(月) 23:56:36 ID:e51Wvpmd
>一信徒が犯罪を犯したというだけの話だろうが。
一信徒であろうがキリスト教徒がキリスト教の概念によって魔女殺しを行ったのは事実。
その信者がその宗教に関係した思考でその犯罪を行っていれば、
一信徒であるからといっての宗教が関係ないと言うことにはならない。

>自分たちの信じている教義が最も正しく、他のは誤謬を含んでいる、というのはどんな宗教でも持っている発想だよ。
>自分たちの信じている教義には誤りが含まれていると公言しているような宗教団体が存在するというなら紹介してくれ。w
そのような短絡的な考え方しか出来ないのは君が一神教徒だから。
八百万の神の概念の私は、自分の宗教が全て正しいとは考えていないし、この世に
最も正しい神があるとも思っていない。神は全部本当だが神は全部本当ではない。
自分でいろんな考え方を複合して、自分独自の宗教的概念を持っているんだよ。
ことに日本人はそういう考え方の人間が多くて、みんなそれぞれ神様についての
考え方はばらばらなんだ。
お坊さんや神主さんですら、お参りやお払いをするのは稲荷神社だろうが寺だろうが
どこでもご利益があるからどこでもいいって言ってるよ。
日本はそういう考え方なんだよ。どの神でも信仰し、認めることができる。
同時に、それらを極端に妄信しないんだ。だから宗教戦争もしないし、宗派同士で弾圧もしない。
君には不思議だろう、理解出来ないだろう。

464 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 00:03:55 ID:wAVNcWTl
神でも仏でも何でもいい日本人が一応宗派に属しているのは、お葬式を
して遺骨をどうにかするため。
だから宗派なんてぶっちゃけどうでもいい。自分の宗派が何かわからない
日本人も沢山いる。
でもどうでもいいからってキリスト教に入るわけではない。
カルトに入らないのと一緒。

もちろん中には熱心に宗教に入信する者もいるけどね。そういう人は稀。

465 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 01:11:52 ID:vYsuvagO
>「はて?何という人権が侵害されているの?」は単純に疑問文だ。
これの回答は>>439
国連の宣言で植民地には基本的人権の否定を構成する搾取があり
『自決権』による自主的な政治と開発ができないとある
しかも棄権した国
アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ベルギー、ポルトガル、スペイン、
南アフリカの7カ国と、オーストラリアにドミニカ共和国)

466 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 01:58:39 ID:vYsuvagO
イエス自身は死ぬ瞬間までユダヤ教信者のつもりだったろうから
キリスト教徒がユダヤ教徒迫害ってとんでもない

467 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/10(火) 04:07:53 ID:YYqZdC7T
>>462
>キリスト教が反逆、破壊行為、(外国が)侵略行為行為をしようとするから弾圧されるんです。
迫害者の秀吉自身が、日本は神州だから、キリシタンは仏法に対する脅威になるから禁止すると書いているんだがw

>他の宗教の人々の価値観を無視した勝手な書物排除は立派な宗教排除行為。
ハリー・ポッターの書物を収蔵しないことで、どの宗教の価値観を排除したことになるんだ?w

>>463
前段:だから、どんな「キリスト教の概念」から魔女裁判を行ったというんだよ。具体的に根拠を示せや。
後段:いや、それがおめえらの浅はかさの現われだというんだよ。w
「多くの神が存在しそれぞれどの神を拝んでもいい」とする価値体系は、「唯一の神だけが正しくそれ以外に神は存在しない」という価値体系を許容することは本質的にできないんだよ。そういう排他性を持っている。
それに加えて、絶対者たる神が存在し人々はそれに従わなければならないとする一神教であれば信者の動向に対して神が定めた規範による歯止めがまだあると言えるが(実際に機能したかどうかは別として)、
自分の価値観に従えばよい、自灯明、なんてことを説くような価値体系にそのような歯止めすら一切なく、信者たちの暴走は一神教のそれ以上のものとなる危険性すらある。
実際歴史上を見ても多神教徒による宗教弾圧は極めて過酷なものがあるということからも、その排他性・凶暴性がうかがい知れるというべきであろう。

>>465
おいおい、条約文を勝手に変造するなヴォケ。分かりやすくなるように余計な部分には()を付けて条約文を引用してやるから良く読め。

「(外国による隷属・支配、)基本的人権の否定を構成する搾取(、これらへの人々の従属)は国連憲章に反するもので、世界平和と協力の推進にとっての障害。」

つまり、外国による隷属・支配や基本的人権の否定を構成する搾取やこれらへの人々の従属は国連憲章に反するもので、
世界平和と協力の推進にとっての障害になると書いてあるのに過ぎないのであって、植民地支配が常に人権侵害を構成すると書いてあるわけではない。

また、『自決権』とやらは、この条約において特別に認められた権利に過ぎず、自然権たる人権ではない。

468 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/10(火) 04:35:27 ID:YYqZdC7T
>>457-458
「その中には朝鮮人が「暴徒化[3]した」「井戸に毒を入れ、また放火して回っている」というものもあった。
このような状況のもと、大災害時に情報が遮断された中で朝鮮人の「井戸に毒を入れ、また放火して回っている」という噂を信じる日本人は多かった。
時の警視総監・赤池濃は「警察のみならず国家の全力を挙て、治安を維持」するために、「衛戌総督に出兵を要求すると同時に、警保局長に切言して」内務大臣・水野錬太郎に「戒厳令の発布を建言」した。
これを受けて内務省警保局(局長後藤文夫)が各地方長官に向けて警報を打電した。その内容は次のとおりである。
「東京付近の震災を利用し、朝鮮人は各地に放火し、不逞の目的を遂行せんとし、現に東京市内に於て爆弾を所持し、石油を注ぎて放火するものあり。
既に東京府下には一部戒厳令を施行したるが故に、各地に於て充分周密なる視察を加え、朝鮮人の行動に対しては厳密なる取締を加えられたし」。
また「行政戒厳」の形で戒厳令を発令した。
更には送信所自身からも“襲撃されるかもしれない、警護求む”“送信所周辺に不穏な動き、大至急救援を”などと。
更に警視庁からも戒厳司令部宛「鮮人中不逞の挙について放火その他凶暴なる行為に出(いず)る者ありて、現に淀橋・大塚等に於て検挙したる向きあり。
この際これら鮮人に対する取締りを厳にして警戒上違算無きを期せられたし」と“朝鮮人による火薬庫放火計画”なるものが伝えられた(出典は全て『現代史資料第6巻-関東大震災と朝鮮人』みすず書房)。
実際、当時の混乱の中、大衆の多くが“暴徒と化した朝鮮人”を恐れ、民間の自警団との衝突も発生した。そのため、朝鮮人や中国人なども含めた死者が出た。
一説によると、 朝鮮語では語頭に濁音が来ないことから、道行く人に「十五円五十銭」や「ガギグゲゴ」などを言わせ、うまく言えないと朝鮮人として暴行(俳優・千田是也が暴行されたといわれる)したという。
また、福田村事件のように、方言を話す地方出身の日本内地人が殺害されたケースもある。聾唖者(聴覚障害者)も、多くが殺された。
殺害の犠牲者は複数の記録、報告書などから研究者の間で議論が分かれており、当時の政府(司法省)の調査では233人、吉野作造の調査では2711人、最も犠牲者を多く見積もる立場からは6415人(「独立新聞」社長の金承学の調査)と幅が見られる。

469 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/10(火) 04:36:30 ID:YYqZdC7T
>>460
マオリ族の文化
アホか。マオリ族の文化は、アイヌや琉球などのような野蛮な支配者に征服された例と比べると、かなり温存されている方だぞ。

>ここで皆が言っているニュアンス
お前らのニュアンスなど、どうでもいいんだよ。会話に使用する言葉は、辞書的意味に準じて用いろ。

>>461
>いやあ、キリスト教国家さんの侵略回数と残虐行為に比べたら、足元にも及ばないですよw
統計取ったのか?
いずれにせよ、世界から危険因子だと看做されているのはお前らの方だという自覚だけは持っておいたほうがいいぞ。w

>聞いているってことは、知らないから、自分はそうは思っていないから聞く事になるんだよ。
そうだな。植民地下ということから直ちに侵害される人権というのは確かに寡聞にして知らないな。
もちろん植民地下における支配の仕方によっては人権侵害が生じる場合もあるだろうが、それはその支配の仕方の問題であって、植民地そのものの問題ではないし。

>残念ながらこれは私の書き込みではありません。君は複数の人間に批判されている事を
自演の可能性もあるからなw
自演でないなら、他人に対するレスをあたかも自分に対するレスであるかのように返答してくるのは相手に対して無礼であろう。

470 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/10(火) 04:51:00 ID:YYqZdC7T
>>442
阿呆。書物を批判したら全て弾圧になるなら、世の批評記事は全部弾圧になるわ屑が。

>>444
>敵の一つだということさ。それも強力な武装集団。
西明寺・キリシタン・不受不施派・大本教が武装集団?意味不明。

>>449
おいおい、NGワード制度がある2ちゃんが卑劣?2ちゃん辞めたらどうよ?w

>>452
一夫多妻は公序良俗に著しく反するというのが普通の理解だが。だから2人目以降の妻を戸籍に入れることはできないし、文明国では刑罰を以って禁止している。
公序良俗に著しく反するような教義は改めさせても問題はないと私は思うが、違うの?

471 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 04:52:46 ID:n75cffd8
でよ、鬼畜!!CDUよ
微粒子の生成・消滅関係での
>「あれは一定の条件下でのみ起こる現象だっただろうが。」
>とほざいていたな。
>その「一定の条件下」とやらをソース付きで出しな。w

という要求にも応えてもらおうか。
何度要求させれば気が済むんだろうねえ。w

この問い、見えてないのかい?w

都合の悪いことは全部見て見ぬ振りをして済まそうとするのが、卑劣なCDUの常套手段だよね。
そんなことをしているから糞CDUはいつまで経っても皆から信頼されない。

472 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 05:00:57 ID:n75cffd8
>西明寺・キリシタン・不受不施派・大本教が武装集団?意味不明。
よく読めや。w
西明寺
http://www.geocities.jp/shigeki_miyoshi/kotousanzan.html
「戦国時代にはいり織田信長の比叡山焼き討ちがあり、そのおり旧勢力に
加担して敵対したので、この寺もまた焼き討ちにされた。」
キリシタンは暴虐行為、不受不施派は頑固、大本教は浮かれすぎ。
不受不施派は気の毒、後はねぇ・・・

>おいおい、NGワード制度がある2ちゃんが卑劣?2ちゃん辞めたらどうよ?w
意味不明。w
お前の主張のソースをとっとと出しな。

473 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 05:09:31 ID:n75cffd8
>おいおい、NGワード制度がある2ちゃんが卑劣?2ちゃん辞めたらどうよ?w

>都合の悪いことは全部見て見ぬ振りをして済まそうとするのが、卑劣なジャップの常套手段だよね。
>そんなことをしているから糞ジャップはいつまで経っても世界から信頼されない。
2ちゃんの管理者はどこの国籍?w

都合の悪いことは全部見て見ぬ振りをして済まそうとするのが、卑劣なCDUの常套手段だよね。
そんなことをしているから糞CDUはいつまで経っても皆から信頼されない。

474 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/10(火) 05:15:55 ID:YYqZdC7T
>>472
武装集団だとどこに書いてある。w

475 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 05:17:44 ID:n75cffd8
ま、

微粒子の生成・消滅関係での
>「あれは一定の条件下でのみ起こる現象だっただろうが。」
>とほざいていたな。
>その「一定の条件下」とやらをソース付きで出しな。w

という問いから逃げ回っているということは、ただのハッタリ、嘘と
いうことだったわけだな。w

476 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 05:20:51 ID:UWFp6j3a
>武装集団だとどこに書いてある。w
「そのおり旧勢力に加担して敵対したので」
信長の敵となったから攻撃されただけ。w

477 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/10(火) 05:30:29 ID:lZuRmfPG
>>475
しつこいなあ。お前が以前に提示したソースにも書いてあったと思うが。

>>476
敵だったら、攻撃してもいいの?

478 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 05:37:51 ID:UWFp6j3a
>しつこいなあ。お前が以前に提示したソースにも書いてあったと思うが。
じゃ、それを出してみな。w
俺が出したのは
http://www.kek.jp/kids/class/particle/class01-05.html
相対論的量子場理論が描く素粒子の世界は、以下に説明するように、
粒子と反粒子が次々と生まれたり消えたりしながら移り変わっていく
とてもダイナミックな世界です。

だぜ。w

>敵だったら、攻撃してもいいの?
あれ?お前の好きな「正当防衛」は?w

479 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/10(火) 05:52:01 ID:lZuRmfPG
>俺が出したのは
やはり、対消滅は粒子と反粒子が正面衝突した場合に限ってのみ、対生成は一定以上のエネルギーが蓄積した場合に限ってのみ起こる現象だとちゃんと書いてあるじゃないか。

>あれ?お前の好きな「正当防衛」は?w
敵だというだけでは正当防衛は成立せんw

480 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 06:07:11 ID:UWFp6j3a
「粒子と、反粒子が出会うと、量子数が正と負で打ち消しあってゼロになり、真空と同じ状態になります。」
ということで
「相対論的量子場理論が描く素粒子の世界は、以下に説明するように、
粒子と反粒子が次々と生まれたり消えたりしながら移り変わっていく
とてもダイナミックな世界です。」
なのだよ。w
常に起こっているということさ。w
で、水の分子の中にはそれが起こらないという証拠を出してもらおうか。w

>敵だというだけでは正当防衛は成立せんw
ふーーーん、敵対したんだろ?
十字軍とイスラムのようにな。w

481 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 06:20:21 ID:/+t5Qo0X
キリスト教は本質でないところでも本質でも、とにかく虐殺人殺しが好き。

482 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 06:25:31 ID:PhDdKBWZ
>>480

>「粒子と、反粒子が出会うと、量子数が正と負で打ち消しあってゼロになり、真空と同じ状態になります。」

光子出ますよ。

>で、水の分子の中にはそれが起こらないという証拠を出してもらおうか。w

係わるエネルギーの大きさが1/100万以下の世界だから。

483 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 19:51:07 ID:UWFp6j3a
>光子出ますよ。
その通りだけど?

>係わるエネルギーの大きさが1/100万以下の世界だから。
量子的ゆらぎもない?

484 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 20:34:59 ID:yLNbvgsX
>迫害者の秀吉自身が、日本は神州だから、キリシタンは仏法に対する脅威になるから禁止すると書いているんだがw
ああめんどくさいな。手厚くキリスト教を保護していた人間が気まぐれで
宗教を禁止するわけないだろ。

なぜ秀吉が、それまでの保護政策を一変、キリシタン弾圧に転じたのか、それには理由があった。
そのきっかけになったのは、これに先立ち行われた九州征伐の途次、秀吉が見聞きして
脅威を感じたキリシタン布教の実態である。一部の大名は、領民にキリシタン改宗を強制して、
領地内の 神社仏閣を破壊するなどの行き過ぎた事実があり、また大村純忠が長崎の地をイエズス会
に寄進してその領地としたことは、すでに秀吉の知るところであった。
 秀吉は最も効果的な時期と場所を選んで、禁教令を発したものと思われる。

 もともと秀吉は、宣教師たちの布教事業の健全性に疑惑を抱いていたが、
前年すでにイエズス会のコエリュ神父から、宣教師が軍事にも関わっていることを聞いていたし、
博多湾に大砲を備えた洋式の帆船を所有していることも知っていた。
 また、どこまで秀吉が察知していたのかわからないが、長崎を領有し、砦を築いて軍事力を強化、
日本制圧の基地とする意図のあることを肌で感じ、宣教師およびその背後勢力の脅威を知ったようだ。

これが禁止令を出した理由だよ。
http://www.geocities.jp/syo_suke_jiji/kirisitan.html



485 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 21:30:09 ID:vYsuvagO
そりゃ昔からキリスト教布教には地元の宗教と文化破壊と植民地化をセットなんだから
警戒しないほうがおかしいよ
まして日本はキリスト教の大嫌いな土着の自然神型の多神教なんだし
キリスト教の殉教という形での死を恐れない異常性 破壊性
他の土地で文化と宗教と自治権を破壊していくさまを聞いて
これは簡単に禁止するだけじゃ 日本を守れないとみたんだな
先見の明 たすかったな

486 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 21:33:41 ID:vYsuvagO
サンフェリペ号遭難
積荷を没収されたサン・フェリペ号の航海長は、
腹立ちまぎれに世界地図を広げて、スペインがいかに強大な国で、
広大な領土をもっているかを吹聴し、
「これらの領土はすべて、まず宣教師たちが住民を入信させ、
そのあと、軍隊が攻め込んで獲得したものだ」と恫喝ともいえる暴言を吐いた。


487 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 22:00:34 ID:yLNbvgsX
>ハリー・ポッターの書物を収蔵しないことで、どの宗教の価値観を排除したことになるんだ?w
問題は「書物を収蔵しなかった」ことではなく、「アメリカ合衆国の図書館協会が、
キリスト教的価値観に基づいて「ハリー・ポッター」を収蔵しなかった」こと。
仮にキリスト教図書館があったとして、その図書館が「ハリー・ポッター」の蔵書
を禁止することは大した問題ではない。(だとしてもたかが児童書にかなりみみっちいが。)

>ALAは、あらゆる個人が、いかなる制約も受けず、いかなる観点に基づくものであれ、
>情報を探求し享受する権利であり、どのような問題、主張、運動が展開されたものであれ、
>表明された思想へのアクセスを保証するもの、と定義する、「知的自由」を奨励することを任務としている。

>ALA「知的自由擁護事務所」の副代表デボラ・キャルドウェル=ストーン (Deborah Caldwell-Stone) は、
>「我々は書籍が排除されること無く保持されることを望んでいる。(排除の試みは)究極的にはあらゆる議論から
>思想を排除することに他ならない」とインタビューで述べている。

488 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 22:00:34 ID:cdjF4X5+
いいえ。
当時の日本においては、領主が自分が支配する領地の一部を自分が帰依する寺社に寄進することは特に珍しいことではなく、
キリシタン大名がその支配する領地の一部を教会に寄進したからといって、そのことが当時の日本において咎めるに値する事実であるとは言えず、
従いましてそのことがキリシタンを弾圧するに至る主たる動機だとするのは無理がありましょう。
むしろ、主たる動機は他にあってそれをカモフラージュするため或いはそれを補強するための口実としてそのことが利用されたのだと考えるのが通常の歴史認識であります。
寺社破壊についても、同様に考えていいでしょう。

489 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 22:01:04 ID:yLNbvgsX
キリスト教的価値観に反していたとしても、非キリスト教徒にとっては何の関係も
無いこと。
ALAが、キリスト教的価値観に反するという理由で特定の書物の収蔵を拒否することは、
いかなる民族であれ、その思想にアクセスくることは相応しくないと判断することである。
キリスト教的価値観に反する思想へのアクセスを制限する事は、
キリスト教的価値観を押し付ける行為であり、様々な民族を代表する
機関の行為としては相応しくない。

「ハリー・ポッター」に関して言えば、魔女についての思想は非キリスト教徒に
とってはただの御伽噺であり何の問題も無いもの。
ALAがその書物を禁じて、非キリスト教徒がその書物にアクセスできない事は、
ALAのキリスト教的価値観によって非キリスト教徒の知的自由が侵害される事になる。
またALAがキリスト教的価値観に反するという理由で特定の書物を排除する事は、
キリスト教的価値観に相応しくないものは、いかなる民族であれ享受するには相応しくない
と、キリスト教的価値観を押し付ける行為であり、これはキリスト教的価値観に関係の無い人々の、
「ハリー・ポッターという思想にアクセスしたい」という価値観を排除する事に繋がり、
同時に非キリスト教徒の思想と価値観(宗教的なものも含め)を排除することになる。
デボラ・キャルドウェル=ストーンも、排除の試みは、究極的にはあらゆる議論から
思想を排除することに他ならないと述べており、協会員自ら書物の収蔵の拒否(書物の排除)は思想の排除
となると述べている。思想とは、宗教的思想も当然含んでいる。

であるからALAの「ハリー・ポッター」の排除行為は非キリスト教的価値観の排除、
つまり他宗教(の価値観)の排除になる。

490 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 22:13:48 ID:vYsuvagO
>>488
その寺社が一般的な日本の宗教であればな
前述されているようにすでに宣教師の口自身から軍にかかわる等の
キリスト布教に必ずセットになる侵略行為を知っていたわけだから当たり前


491 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 22:24:05 ID:vYsuvagO
南米で他の宗教や文化の資料を、悪魔の書物だっていって焼き捨てて
貴重な文化を構成に伝える資料を消滅させたいわば文化の破壊者たちの末裔だからな
今でもその傾向は脈々とキリスト教という形で伝えられているんだろ
この醜悪な破壊者どもめ

492 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 22:24:17 ID:yLNbvgsX
>「多くの神が存在しそれぞれどの神を拝んでもいい」とする価値体系は、「唯一の神だけが正しくそれ以外に
>神は存在しない」という価値体系を許容することは本質的にできないんだよ。そういう排他性を持っている。

それは君の思い込み。君が排他性を持っている宗教を信仰しているから、そういう発想しか
できないだけ。それぞれどの神を拝んでもいいという集団の中で生きていることは、
つまり、他の人は皆ばらばらな思想を持っているから、ある個人が一つの神だけを熱心に拝んでいたとしても、
その人が複数の神を拝んでいるのか一つの思想に執着しているのかを判断することは、
本人が申告しない限り出来ない。したがってそこに一つの信条を熱心に信仰する
人へ対しての排他的思考は生じない。

仮に本人が一神教を信仰している事を申告したとしても、どの神を拝んでも
問題ない人が聞いたら、「ふーん」で終わる。なぜならその人が特定の神だけを
拝んでいても、多神教の人にとってはそれは自分も信仰し得る神の一つだから。

仮にその人が信仰しなくても、多神教の人にとって、自分の知らない神様は
何千何万と存在する。多神教にとって大抵は嘘の神様は存在しない。だから少しも気にならない。
もともと全員が違う思想を持っている文化だから、ある人が一つの神を信仰していて
その思想を持っていたとしても何とも思わない。
イスラム教徒がスカーフを被って日本国内を闊歩していても、「文化が違って面白いね」で終了。

日本人が「信仰している」と聞いて気になる宗教は、一般に言われるカルト
を信仰している人。これはどの国でも警戒心を抱くであろう。多神教徒の日本人
に限ったことではない。

493 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 22:24:41 ID:yLNbvgsX
一神教であるキリスト教を極端に嫌う日本人もいるが、それはキリスト教徒が
歴史的にも現在においても宗教的思想に基づく価値観の押し付け行為や
利益の侵害行為を行っているから毛嫌いしているだけ。(ハリー・ポッターの排除活動をしたりとかね。)

多神教が排他性を持っているのではなく、一神教徒(特にキリスト教徒)が
おしつけがましい態度を取り、そのせいで一神教徒が嫌われるだけであって、
その信仰スタイルを排除したいと考えているわけではないので勘違いしないように。
信仰スタイルではなく、信者の態度が嫌われているんです。

494 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 22:34:20 ID:vYsuvagO
>「多くの神が存在しそれぞれどの神を拝んでもいい」とする価値体系は、「唯一の神だけが正しくそれ以外に
>神は存在しない」という価値体系を許容することは本質的にできないんだよ。そういう排他性を持っている。
ある多神教の宗教では仏陀がある神の化身で、悪いやつらを堕落させるために仏教を作ったそうですが
あと、よく分かってないようだけど神道自体が発展の過程で、各部族の宗教を飲み込んでいって構成されたものだし
同じように後から来た仏教や道教すら日本流に飲み込んでいったという柔軟性をもつ

ま、キリスト教も少なくてもイエスが死んだ当時のままってことはないけどな


495 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 22:39:16 ID:yLNbvgsX
>それに加えて、絶対者たる神が存在し人々はそれに従わなければならないとする一神教であれば
>信者の動向に対して神が定めた規範による歯止めがまだあると言えるが

キリスト教国家では、歴史的にその絶対の規範(これが神の真の規範でないにせよ)が「神の御名において」という
言葉を使う事によって、侵略行為や聖戦と称する虐殺行為が正義であるという意識付けをするように働いて、人々
の残虐行為を強化してきた。

>自分の価値観に従えばよい、自灯明、なんてことを説くような価値体系にそのような歯止めすら一切なく、
>信者たちの暴走は一神教のそれ以上のものとなる危険性すらある。

一人ひとりの価値観が違うので、一神教のように「信者たち」といった同じ思想を持つ集団になりにくい。
お互いの価値観が違うことが当たり前なので、他人の価値観を尊重する精神が日本人には強い。
日本人は互いの価値観を尊重し合い、和を大切にする。だから一神教の集団のように、
他人に自分の価値観を一方的に押し付けるといった事は、よっぽど自分の利益が
侵害されるといった事態にならない限り稀である。
「信者たち」には一神教と比べてなりにくいので、暴走する事も無く、一神教のそれ以上のものとなる危険性はほとんど無い。

>実際歴史上を見ても多神教徒による宗教弾圧は極めて過酷なものがあるということからも、その排他性・凶暴性がうかがい知れるというべきであろう。
実際歴史上を見てもキリスト教徒による宗教弾圧は極めて過酷なものがあるということからも、その排他性・凶暴性がうかがい知れるというべきであろう。


496 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 22:45:26 ID:yLNbvgsX
>植民地支配が常に人権侵害を構成すると書いてあるわけではない。
キリスト教国家が行って来た植民地化と植民地支配は、現地の人々の人権を
侵害する行為であった。植民地支配において人権侵害が必ずしも生じるわけでは
ないという理論を打ち立てたからといって、キリスト教国家か歴史的に
行って来た植民地化において人権侵害といった卑劣な行為がなかったことにはならない。

現代では参政権も人権の一つになっているから、現代において植民地化にあたり、
現地の人々の人権侵害が全く構成されないということは有り得ない。


497 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 22:48:00 ID:vYsuvagO
CUDって結局多神教を否定したいの?
で、キリスト教徒がやった多神教迫害を正当化したいの結局
1100年ごろに十字軍遠征ついでにキリスト教徒がユダヤ人を
ついでに集団虐殺してるけど、これって歯止めが利いていた行動なんだ
一神教だと多神教より優れてるなんて帰結したがるなんて
ローマ法王見たくやっぱり、他の宗教を下にみたがってるんだな
やはり魔女裁判や異端審問、ユダヤ人の虐殺しておいてまだ反省してないんだ
他の宗教を見下すその態度こそが宗教戦争のもとであり
それを抑える大人の態度ができない子供な一神教徒がばかにされるゆえんなんだよ
わかった?イエスが信じてたユダヤ教徒と、イエスの血縁がも知れないユダヤ人を大量虐殺したキリスト教徒

498 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 23:06:19 ID:yLNbvgsX
>アホか。マオリ族の文化は、アイヌや琉球などのような野蛮な支配者に征服された例と比べると、かなり温存されている方だぞ。
マオリ族の文化はたまたまちょびっと生き残ったんでしょ。野蛮なキリスト教徒から、
隠れてなんとか文化を継承していたんだよね。たまたま残ったものに、「ちゃんと残っているぞ」とか
下らない自慢するな。
キリスト教徒の手によって死滅した民族もあるよね。

>そうだな。植民地下ということから直ちに侵害される人権というのは確かに寡聞にして知らないな。
「植民地化の時点で人権侵害だろうが」の後に「はて?なんという人権が侵害されているの?」
という書き込みを経て、「植民地化において一つも人権が侵害されないというのがCDUの主張」
という書き込みに対し、「一つも侵害されないとは言っていない(自然権は含まない)」と書いたのは誰だっけ?w

>自演の可能性もあるからなw
>自演でないなら、他人に対するレスをあたかも自分に対するレスであるかのように返答してくるのは相手に対して無礼であろう。
自分の勘違いが判明して悔しい気持ちは分かるが、自分の書き込みでない事は事実であり、
自演していないので。他人に対するレスをあたかも自分に対するレスであるかのように返答すらしていない。
君の意見を見てそれに対する意見を書いたことはあるがね。今回のはそれも含めて全くの勘違いだよ。

>いずれにせよ、世界から危険因子だと看做されているのはお前らの方だという自覚だけは持っておいたほうがいいぞ。w
ソースは?
仮に危険因子だと勘違いされていたとして、何か私たちに影響があるんですか?



499 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 23:14:53 ID:yLNbvgsX
>一夫多妻は公序良俗に著しく反するというのが普通の理解だが。だから2人目以降の妻を戸籍に入れる
>ことはできないし、文明国では刑罰を以って禁止している。
>公序良俗に著しく反するような教義は改めさせても問題はないと私は思うが、違うの?

一夫一妻制の国は、一夫多妻制の国より少ないですよ。生物学的にも一夫一妻制は異常事態。
かなり稀な事。
一夫一妻制が文明国だと考えるのは、君の勝手な価値観でしょ。そしてキリスト教的価値観?
またキリスト教的価値観の押し付け?キリスト教の考えこそがもっとも正しい?
世界中の一夫一妻制より多い一夫多妻制の国の制度を、キリスト教的価値観に
基づいて全部改めさせる?w
>公序良俗に著しく反するような教義は改めさせても問題はないと私は思うが、違うの?
反逆行為をしていた日本人キリシタンは公序良俗に反していて、それを改めさせたら
君はすごい怒ったよね。なんで日本のキリシタンは改めさせちゃだめなの?
キリシタンは公序良俗に反していたから、宗教を改めさせても問題ないと私は思うんだけど、違うの?

アメリカにおいてモルモン教徒を迫害した事は、日本におけるキリシタン弾圧と
何か違うの?



500 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 23:27:08 ID:vYsuvagO
>2人目以降の妻を戸籍に入れることはできないし、文明国では刑罰を以って禁止している。
戸籍に入れないで同居すればいいじゃん
それに宗教の教義でしてて本人たちがそうしたいと言っているのに
それをなんでキリスト教徒の公序良俗にあわせないといけないの?
イスラム教の人にそれ言ったら、文化の否定だろ
信教の自由の侵害じゃん 別に宗派が違うからってだけで、集団虐殺したキリスト教徒と違って
追い詰めれるまで人も殺してないぜ


501 :神も仏も名無しさん:2009/02/10(火) 23:33:15 ID:ycpgDl80
>自分の価値観に従えばよい、自灯明、なんてことを説くような価値体系にそのような歯止めすら一切なく、
君の意見は全く的外れ。
この価値観に従えばよい、自分たちこそ最も正しいという考えをするのは一神教。
他の価値観を持つ事を認めないから、信者が全員が同じ価値観になる。だから間違った
ことをしていても、悪い事をしているなんて意識は芽生えないし、神の名の下に行って
いるからますます歯止めが利かない。

多神教だとみんな違う考え方をするから、間違った事を集団で始めたとしても、
内部の人間が疑問を持ち始めて議論するから、歯止めがいくらでも利く。
ばらばらの価値観を持った集団の中の個人が、「自分の価値観に従えばよい」と
思っても、他の人も同じ価値観を持たないと集団にはならない。
むしろみんな違う価値観を持っているから、互いの価値観を譲歩し合って
結局前に進まない。
これが日本人の体質であり、一長一短。だれも自分の意見を貫かないから、
政治もまとまるのが遅いし、企業でもカリスマ的リーダーがなかなか誕生しない。

502 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 00:47:45 ID:xKp+06b/
文化人類学者ジョージ・マードックにより、世界中の849の民族社会を調査した結果、
一夫一妻制が16%一夫多妻制が83%、一妻多夫制が0.5%であることを明らかにされている。
http://www.arsvi.com/0s/0207r.htm

503 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 01:34:59 ID:xKp+06b/
Q:キリスト教では他の宗教の神々をどうみていますか。

A:聖書には、他に神は存在しない、あるとすれば悪霊があるだけだと書かれています。
人の理想を反映した立派な宗教もあると思います。しかし、人の不安につけこんだ
まさに悪霊の仕業としか思えないような宗教もあります。多くの宗教は未知の事柄に対する
不安や畏敬の念から生まれました。そこから良い習慣が生まれた場合もありますし、
悪い習俗や迷信が生まれた場合もあると思います。いずれにせよ、キリスト教では、
それらは、罪人である人間によって作られたものであり、それらを神と同等あるいは神に代わるもの
として礼拝することは罪であると考えます。神でない者を拝むことをキリスト教では偶像礼拝と呼びます。

なるほど、キリスト教徒が他の宗教を邪教として見下した扱いをする理由がよく分かる。
キリスト教を他の民族に押し付けようとする理由もな。
キリスト教徒が初詣に神社に行くのでさえ嫌がる理由が分かったよ。
これだもん排他的になるよね。

504 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 01:35:44 ID:xKp+06b/
Q:キリスト教国でも宗教戦争があるのはなぜですか。

A:戦争というものは、必ず、政治や経済的なことが原因となって起こります。
その時に、宗教や民族意識が政治によって利用されるのです。
権力者が国民の心を統一させる場合に、宗教をもちいてマインドコントロールしようと
もくろむのです。かつての日本も天皇を神とすることによって国民を支配し、
その結果、悲惨な戦争へと突き進んでいきました。
 ですから、政治と宗教は厳格に分離されていなければなりません。そういう意味では
キリスト教国と呼ばれること事態間違っています。神が直接支配される
神の国以外にキリスト教国は存在しません。
キリスト教では、「あなたの敵を愛しなさい」と教えられています。
これが完全に実践されるのは、神の国においてのみです。

都合の悪い事は宗教と分離するご都合主義。 政治と宗教は厳格に分離されていなければ
ならない?
宗教は政治に利用されるけど、宗教を利用した結果失敗したらそれは宗教のせいじゃない?
これなら宗教によって成功した政策は宗教の功績になり、宗教によって失敗した政策
は宗教には関係ないという事になるな。キリスト教の理論だと、結局はキリスト教に都合
のいい事しか残らない仕組みなんだな。
こんなことをキリスト教会は教えるんだもん、熱心なキリスト教徒が変人
だったり、CDUが鬼畜である理由がよく分かるよw

505 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 04:24:08 ID:3suoDG36
CDUの心境

♪いつまで続くぬかるみぞ〜

506 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/11(水) 04:36:03 ID:XdB/8lQL
>>487,489
つうかさ、そもそもアメリカ図書館協会(ALA)が『ハリー・ポッター』シリーズの収蔵を拒否したという事実はあるの?
検索を掛けた限りでは、ハリー・ポッターシリーズがアメリカ図書館協会(ALA)の「問題本・受け入れ禁止本リスト」の上位にランクされている、という記述しか見当たらないのだが。
むしろ↓このALAのサイトを見る限り、本を焼いたり切り刻んだりすることに対して批判的な論評の記事があるのだが。
http://www.ala.org/ala/aboutala/offices/oif/bannedbooksweek/bookburning/21stcentury/21stcentury.cfm
Where they have burned books, they will end in burning human beings. 
「本を焼くような者たちは、やがては人をも焼くような状態に至りかねない。」
とか書いてあるしな。非常に批判的。

>>492-493
それは信教の自由や政教分離が定着した現代においてのみ言えること。
信教の自由の保障が為されていない若しくは不十分で、かつ国家の統治体制に宗教が深く組み込まれて、
人心の掌握のため宗教が利用されているような社会においては、国が支配のために利用している信仰体系に反するような教義を持つ宗教は弾圧の憂き目にあう。
このことは、支配体制の側に組み込まれている宗教が一神教であるか多神教であるかを問わず生じうる。

で、支配体制とは離れて純粋な信仰体系のみで考えた場合は、他宗教に対して必ずしも攻撃的ではない。
なるほど確かに創造主たる神以外は神ではなく、創造主たる神以外のものを崇拝している者に対しては正しい教えを宣教することが教義上求められてはいるが、
その反面で一般的な自由と同様に永遠の滅びに至ることを選択する自由すらも神は尊重していると考えられているので、異教徒を無理に改宗させるということは実はキリスト教の教義からは出てこないのである。
一部の地域で強制的な改宗強要が行われたこともあったといわれているが、それはその地域を支配する支配者の方針として為されたものに過ぎず、教義に基づくものではない。
実際、イギリスやオランダなどは植民地支配において宗教はほとんど利用してはいない。イギリス人やオランダ人はもちろんキリスト教徒ではあるけれどもな。

507 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/11(水) 05:11:32 ID:XdB/8lQL
>>495
>一人ひとりの価値観が違うので、一神教のように「信者たち」といった同じ思想を持つ集団になりにくい。
信者の共同体すら成立しないのなら尚更危険。共同体における共通の理解すら生じないので、一人一人が自分の勝手な価値観を振り回してそれこそ自分が神であるかのように暴走しかねない。
もっとも、日本人の場合は実際はそうではなく、むしろ共同体意識が極めて強い。

一神教文化であれば、共同体は存在しても最終的には神と個人という関係に帰結されることになり、神が定めし客観的正義と各個人が神との間で結んだ契約の内容こそが最終的な規範としての機能を営み、共同体のルールはそれらに違反しない限りでのみ効力が認められる。
しかし、日本の場合はそのような個人と神との関係など存在しないため、共同体こそが最高の価値を持つものとして扱われ、個人は抑圧される結果となる。
個人の価値観などは圧死させられるのである。

>>496
香港・マカオや東ティモールの例を見ても明らかなように、植民地時代のほうが解放後よりも人権状況は良かった場合もある。

508 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 05:18:35 ID:la9zsOhL
>それは信教の自由や政教分離が定着した現代においてのみ言えること。
>信教の自由の保障が為されていない若しくは不十分で、かつ国家の統治体制に宗教が深く組み込まれて、
>人心の掌握のため宗教が利用されているような社会においては、国が支配のために利用している信仰体系に反するような教義を持つ宗教は弾圧の憂き目にあう。
>このことは、支配体制の側に組み込まれている宗教が一神教であるか多神教であるかを問わず生じうる。

あれ?暴虐キリシタン成敗を「信仰の自由」否定だ!といって騒いでいた
奴の発言とは思えぬな。
だったら中世欧州のキリスト教の暴虐もセットで批判しろよ。w

509 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/11(水) 05:40:32 ID:XdB/8lQL
辻斬(つじぎり)とは、主に江戸時代に武士が街中などで無差別に通行人を刀で斬ること。

辻斬りをする理由としては刀の切れ味を実証するためや、単なる憂さ晴らし、金品目的、自分の武芸の腕を誇示するためなどがある。
特に、1000人の人を斬る(千人斬りを行う)と悪病も治るといわれ、庶民から恐れられた。

『八十翁疇昔物語』によれば、番町方の長坂血鑓九郎、須田久右衛門の屋敷と、牛込方の小栗半右衛門、間宮七郎兵衛、都築又右衛門などの屋敷とのあいだは、道幅100余間もあり、草の生い茂った淋しい原であったので、毎度辻斬りがあったという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E6%96%AC
↑このような野蛮な風習があった糞ジャップは野蛮国w

510 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/11(水) 05:45:00 ID:XdB/8lQL
>>488
だよね。
大体、領地の教会への寄進や寺社破壊なんてことが、300年にわたる完全なる信者根絶という蛮行を正当化する根拠にはならない。
寄進が気に入らないなら、寄進地の返還を求めた上、以後は勝手な寄進を禁止すれば済む話だし、寺社破壊が問題なら同様にそういう行為を禁止すれば目的が達成できるであろう。

511 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 05:51:42 ID:la9zsOhL
>辻斬(つじぎり)とは、主に江戸時代に武士が街中などで無差別に通行人を刀で斬ること。
当時でも犯罪行為だな。
とっ捕まれば処罰される。

>そのような行状に対して、幕府は辻斬りを重大犯罪と見なし、厳重に取り締まった。
>幕府が旗本奴のボス格である水野十郎左衛門に切腹を命じてから、辻斬りはいったんは収まっている
http://wishpafupafu.blog110.fc2.com/blog-date-200712-2.html

512 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 05:57:51 ID:la9zsOhL
>寺社破壊が問題なら同様にそういう行為を禁止すれば目的が達成できるであろう。
で、それを暴虐キリシタンは順守するのかい?w

513 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 08:48:30 ID:7O5RJqgA
31 :神も仏も名無しさん :2009/02/05(木) 03:34:13 ID:x5rkOZVt
【竹島問題】「日本による苦痛を共にして下さい」… 韓国カトリック教会が『独島を守る聖母マリア像』建立 ★2 [02/04]
ttp://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1233765078/

キリスト教徒ははこんなことを許すのか?



32 :神も仏も名無しさん :2009/02/05(木) 04:01:18 ID:yQ10qTiW
>>31
日本のキリスト教徒の祖国は韓国ですよ。

514 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 09:21:43 ID:QjXAbkS+
>香港・マカオや東ティモールの例を見ても明らかなように、植民地時代のほうが解放後よりも人権状況は良かった場合もある。

何か、論拠がおかしくないかね
治安がよければ、植民地化してもいいのかね?
良い植民地化と悪い植民地化があるのかね?
俺は、朝鮮併合は日本の侵略だと思ってるけど、併合で白丁は奴隷の身分から開放され、半島の人口はわずかな期間に倍増したよね
差別があったのは事実だけど、教育も受けられるようになり、識字率も向上したよね
ロシアにならずにすんだよね(北朝鮮にはなってしまったが)
朝鮮併合は、厳密には植民地化とはいえないかもしれないけど、良いこともあったからOKといえるのかね?
それは、あなたのアイデンティティーの否定じゃないの?

515 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 13:57:14 ID:WcgsPztH
>>510
ええ、寄進・寺社破壊の禁止・直接の関係者に限っての摘発という段階を経ずに、いきなりキリシタンの全面禁止に至っているわけですから(秀吉の時代は不徹底だったとはいえ、取り決めとしてはそうでした)、
キリシタン弾圧の主たる動機がキリシタンによる寄進や寺社破壊にあったと考えると、いかにも合点がいきません。
やはり主たる動機は他にあったと考えるべきでしょう。

516 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 18:06:44 ID:kWdvGtWu
NHK解説委員の長谷川浩さんが、911のときWTCに勤務している人間のうち
イスラエルとの2重国籍の人間の死亡者が一人もいないことを報じてその5日後に変死

不思議な事に検死、遺体解剖されていない。
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1231434348/16

517 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 18:35:30 ID:la9zsOhL
>>515
宣教師どもの日本侵略計画への荷担、日本人傭兵化計画の気配に秀吉が
勘付いただけだろ?

518 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 18:39:25 ID:U5SrGQ52
>一部の地域で強制的な改宗強要が行われたこともあったといわれているが、
>それはその地域を支配する支配者の方針として為されたものに過ぎず、教義に基づくものではない。

教義に基づいていようがいまいが、キリスト教徒がそのような改宗行為を強制的に
行ったのは事実。現地の人々の信仰心を潰す行為である。日本人がキリスト教徒
に改宗を迫ったのと同じ。それは君にとって信仰の自由を奪った残酷な行為としての
批判の対象にはならないの?


519 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 18:44:44 ID:U5SrGQ52
>共同体における共通の理解すら生じないので、一人一人が自分の勝手な価値観を
>振り回してそれこそ自分が神であるかのように暴走しかねない。

だから、「共同体」になりにくいと言っているだろw
お前何言ってんの?共同体の中の個人が一人で勝手に振舞っても、ほとんど影響力
無いだろw一人で外国を侵略出来るか?wしかも自分が神だなんて思わないからw
神を沢山崇拝しているからって、何で自分が神だと勘違いするっていう思考になるわけ?

>もっとも、日本人の場合は実際はそうではなく、むしろ共同体意識が極めて強い。
それは狭い島国で閉鎖的に生きていたから。資源が少ないから、仲間割れすると生きていけないからね。
多神教であることと共同体意識が強いのは関係ないよ。ただ日本の環境がそうしただけ。

>一神教文化であれば、共同体は存在しても最終的には神と個人という関係に帰結されることになり、
多神教だと神と個人という関係にならないの?何で?
っていうか、人々が教義を厳密に読んで、「最終的」に「神と個人の関係になるのが大切」
だと気が付いても、集団で他の民族を滅ぼし終わった後だったら遅いだろw

>共同体のルールはそれらに違反しない限りでのみ効力が認められる。
誰に認められるの?神?

>共同体こそが最高の価値を持つものとして扱われ、個人は抑圧される結果となる。
それは一神教でも同じだろ。魔女狩りで多神教を排除していたキリスト教徒さんw

520 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 18:49:24 ID:U5SrGQ52
ところで、アメリカにおいてモルモン教徒を迫害した事は、日本におけるキリシタン弾圧と
何か違うの?
国の秩序を乱す変な集団を、国を守るために排除さたかったんでしょ?正当防衛
だと思うけど。キリシタン禁制と本質は何か違う?そっちは批判の対象にならないの?
都合の悪い事はスルー?


521 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 19:04:21 ID:hOZMDEnD
>>1
結局、キリスト教を熱心に信仰しても奇跡など起こらない
インチキだって言いたいんだよな よくわかるよ

522 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 19:14:58 ID:U5SrGQ52
>大体、領地の教会への寄進や寺社破壊なんてことが、300年にわたる完全なる信者根絶
>という蛮行を正当化する根拠にはならない。
>寄進が気に入らないなら、寄進地の返還を求めた上、以後は勝手な寄進を禁止すれば済む話だし、
>大体、領地の教会への寄進や寺社破壊なんてことが、300年にわたる完全なる信者根絶という蛮行を正当化する根拠にはならない。

お前馬鹿だなw秀吉と徳川家がそれくらいの理由でわざわざ300年間もキリシタン
禁制にするわけないだろw

>前年すでにイエズス会のコエリュ神父から、宣教師が軍事にも関わっていることを聞いていたし、
>博多湾に大砲を備えた洋式の帆船を所有していることも知っていた。
> また、どこまで秀吉が察知していたのかわからないが、長崎を領有し、砦を築いて軍事力を強化、
>日本制圧の基地とする意図のあることを肌で感じ、宣教師およびその背後勢力の脅威を知ったようだ。

これが秀吉がキリシタンを禁制にした一番の動機だよ。徳川家の動機も一緒。

だいたい、「他の神は間違っているから、寺を破壊してやるぞー!!」
って言って他の人の信仰の神聖な寺院を破壊して、自分たちが悪いのに、自分たちのせいで
キリシタン禁制になったら、「何で禁止にするんだよ!!」って怒るのおかしくない?

そもそも、キリシタン禁制になって、罪の無いキリシタンたちが迫害される
はめになったのは、宣教師がキリシタンに寺院を破壊するようにけしかけ、
キリスト教国家がキリスト教を利用して日本を侵略しようとしたから。
キリシタンが迫害されるはめになったのは、宣教師とキリスト教国家のせい。
批判するなら自分の教会の祖先の行いを批判するべき。
宣教師とキリスト教国家がキリスト教を利用して悪行を行おうとしたから、
沢山のキリシタンが苦しむはめになった。
キリスト教徒は自分たちの悪行のせいで日本人に返り討ちにされただけ。
日本は悪くない。



523 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 19:16:04 ID:U5SrGQ52
>寄進が気に入らないなら、寄進地の返還を求めた上、以後は勝手な寄進を禁止すれば
>済む話だし、寺社破壊が問題なら同様にそういう行為を禁止すれば目的が達成できるであろう。

は?お前当時は寺院の破壊が認められていたと思ってるの?そんな事したら普通に捕まるからw
禁止すればって禁止されなかったらしていい事と悪い事が分からないの?
他人の建物を破壊するのはもともと禁止だからwキリシタンに寺院破壊するなって
言ったって、いう事聞かないから意味ないんだよ。彼らは独自の正義感で
勝手に行動しているんだからな。

ただの言いがかりで400年間も魔女狩りを行っていた。
このような野蛮な風習があったキリスト教国家は野蛮国w


そうやって当時のやり方に「こういうふうにすれば済む話だ」って批判するなら、
キリスト教国家が行って来た植民地化も、現地住民の人に貿易してくださいって
お願いすれば、だいたいの目的は達成できたんじゃないの?そっちは批判の対象にならないの?

524 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 19:20:56 ID:la9zsOhL
>香港・マカオや東ティモールの例を見ても明らかなように、植民地時代の
>ほうが解放後よりも人権状況は良かった場合もある。
清国人を阿片地獄に叩き落としたイギリス支配の人権状況が良好?w

525 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 19:24:32 ID:la9zsOhL
http://ameblo.jp/greg-greger/entry-10038330582.html
↑これを貼るの忘れた。

526 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 19:33:05 ID:U5SrGQ52
>いずれにせよ、世界から危険因子だと看做されているのはお前らの方だという自覚だけは持っておいたほうがいいぞ。w
ソースは?
仮に危険因子だと勘違いされていたとして、何か私たちに影響があるんですか?

>一夫多妻は公序良俗に著しく反するというのが普通の理解だが。だから2人目以降の妻を戸籍に入れる
>ことはできないし、文明国では刑罰を以って禁止している。
>公序良俗に著しく反するような教義は改めさせても問題はないと私は思うが、違うの?

普通の理解って誰の理解?一夫一妻制の国は、一夫多妻制の国より少ないですよ。生物学的にも一夫一妻制は異常事態。
かなり稀な事。
一夫一妻制が文明国だと考えるのは、君の勝手な価値観でしょ。そしてキリスト教的価値観?
またキリスト教的価値観の押し付け?キリスト教の考えこそがもっとも正しい?
世界中の一夫一妻制より多い一夫多妻制の国の制度を、キリスト教的価値観に
基づいて全部改めさせる?w

答えろよCDU!!

>公序良俗に著しく反するような教義は改めさせても問題はないと私は思うが、違うの?
反逆行為をしていた日本人キリシタンは公序良俗に反していて、それを改めさせたら
君はすごい怒ったよね。なんで日本のキリシタンは改めさせちゃだめなの?
キリシタンは公序良俗に反していたから、宗教を改めさせても問題ないと私は思うんだけど、違うの?

おい、都合の悪い事実から逃げるなCDU!!

527 :中山車:2009/02/11(水) 20:17:03 ID:PkwDS5Tb
人間属性間で殺し殺されがあっただけなんだがなあ プロテスタントとカトリック シーアとスンニも殺しあってるし

日本においてもクリスチャンだけ殺したわけじゃなくて、武装坊主も殺しまくって
あとからの菜食坊主のイメージで比叡山の坊さん殺すなんてみたいな、いまだに大河ドラマばかなんだけども

それに殉教させる悲劇的な街道引き回しなんか、逆に神かかってしまい。引き回しの列に一般人が参加して一緒に十字架にかかる始末
だから、棄教させるために、拷問と棄教したら手厚い保護の二重対応にした。まったくもって素晴らしいくらいだ。日本の対応は

528 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 21:09:37 ID:JluEfAi8
      />-// ///ヘVム 、ヽ 、V;.ミヽ
      く.._,.{{_x-tf'  、}_}ハ } }⌒>CDUは
      }ノ , Й r…、  ,ム刈」り‐<}    自分が
      j/ /,{d    、   ` И、__ノ「   キチガイだって
      / / ハ λ   「  ̄}  /ソ|l  i |    気づいてないんだ
     / {⌒} / \ ! __ノ ,.イYl !|  |{   アハハ
 r-冖i ̄} ー{ -、r〈_ `ー '/ { ! l i  い
 い、ヽ、‘く`< ヽ ` ̄¨ス! l | l  ヽ \
/`ー^ー<.入.__}   ,ヘ   `<{ ヽ  \ ヽ


529 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 23:16:33 ID:7rjoLW76
アフリカから奴隷として黒人を拉致してきて農場で酷使したアメリカ。
奴隷を解放した後も、現在まで激しい人種差別をしてきたアメリカ。
有色人種を差別してきた白人のキリスト教国家。
有色人種差別を撤廃しようと活動してきたキング牧師を白人凶弾が殺害。なんて野蛮なんだ。
有色人種が何をしたって言うんだい?キリシタンのように、侵略行為や破壊
行為をしたか?

こんな書き込みの後のCDUの発言は、「人種差別がなぜいけないの?w」
→反逆分子のキリシタン差別がなぜいけないの?

530 :神も仏も名無しさん:2009/02/11(水) 23:49:23 ID:7rjoLW76
「問題本・受け入れ禁止本リスト」の上位にランクされているんだから、
ハリー・ポッターの本は受け入れが禁止されているのでしょう。

ALAが反キリスト教的思想を排除する事が、他の宗教を排除することになる
という事がわかったかい?w

531 :神も仏も名無しさん:2009/02/13(金) 00:11:34 ID:XelUjZ2k
CDU、

>>457,>>458,>>459

についてはどうなの?キリスト教徒が行って来た事ってかなり頭悪くて野蛮じゃない?
自分の頭で考えないで、何でも聖書の迷信、御伽噺を信じてそれで片付ける。それで一体何人の人が犠牲になったことやら・・・。
真実とこの世の理を自分で一生懸命考える仏教を少し見習ったら?w
こっちは都合が悪いからスルー?それともまた正当化?
答えろよCDUw

>>いやあ、キリスト教国家さんの侵略回数と残虐行為に比べたら、足元にも及ばないですよw
>統計取ったのか?
は?統計取らなくたって一目瞭然だからwあんた馬鹿?
侵略国の数で言えば、アフリカ大陸の国々を地図上で勝手に線引きして領土を
分け合ったのはキリスト教国家。この数だけですでに日本の侵略行為をはるかに
上回るよ。軽く5倍はあるんじゃない?wそれプラス、キリスト教国家はオセアニア、東南アジア、
南アメリカ大陸もなども侵略したからね。他に日本が侵略できるとしたら、
あとは一体どこが残ってるの?w
その他魔女狩りや十字軍の遠征、ユダヤ人迫害と虐殺、ユダヤ人に拷問で改宗を迫った行為、
植民地での原住民の大量虐殺、アフリカ人の奴隷・・・。
もう絶対キリスト教国家には野蛮さでは勝てないよ。

532 :神も仏も名無しさん:2009/02/14(土) 18:49:10 ID:urVDTa9o
面の皮の厚さでは定評のあるCDUもさすがに懲りたようだな。

533 :神も仏も名無しさん:2009/02/14(土) 23:11:32 ID:jTkxLD3R
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪

534 :神も仏も名無しさん:2009/02/15(日) 00:36:26 ID:zhmIqkkv
もともと筋の通らない主張だったもん勝てるわけがない・・・。

535 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/16(月) 04:29:54 ID:9xK1phlU
何とぼけたこといってやがる、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップどもがw
劣等民族の屑どもに私が負けるわけなかろうw

>>511
禁止するまでは野放し状態だったろ。
3代将軍家光自身が辻斬りに執心していたという話もある。
http://www.ffortune.net/social/people/nihon-edo/yagyu-zyube.htm

>>518
おいおい、教義そのものが排他的かどうかが論争の中心テーマの一つだったはずだが、早くも放棄か?

>>519
私がしていたのは、信仰共同体の話な。多神教徒だろうがなんだろうが、国家や民族というレベルでの共同体は当然成立するし、他国への侵略も行う。

>>522-523
あのな、こういう論争にコミットしようとするなら秀吉のバテレン追放令ぐらいは読んでくるのが当然の前提だぞ。
宗教といわず何といわず、大名の統治施策上邪魔になるような集団は攻撃・排除されるのが、当時の糞ジャップにおけるデフォであった、ということぐらいいい加減に理解しろ。

>>526
「瓶の蓋」理論を前にも教えてやっただろうが。
人間の文明的な生活形態からは一夫一婦制が整合的だとされている。
仮に百歩譲って日本人キリシタンが公序良俗に反する行為を行っていたのだとしても、それに対する処断の内容が公序良俗に反していたら本末転倒。

>>529
>有色人種が何をしたって言うんだい?キリシタンのように、侵略行為や破壊行為をしたか?
モンゴル帝国による世界大侵略・破壊も知らないのかい。話にならんな。

>>530
ただ単にアンケート結果を公表しただけの話だろうw

536 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/02/16(月) 04:43:41 ID:9xK1phlU
>>531
ユダヤ人はわれらが救世主たるキリストを殺すという大罪を犯した民族だと認識されていたからなあ。
またキリスト教徒でないと市民権が与えられなかったんじゃなかったかな?だからユダヤ人はゲットーと呼ばれた居住区域に隔離された。

それよりも、そもそも坂上田村麻呂の時代以来1200年以上ものアイヌ侵略・文化破壊の歴史を持つ糞ジャップの野蛮さに敵う民族は、世界広しといえどもそうはあるまい、ということについてもう少し考察してみようか。
何せ、政治上の実権を握っている最高権力者が「蝦夷を征伐するための将軍」なんて肩書きを名乗るようなすごい国だからなあ。
まさに糞ジャップの歴史は侵略の歴史といってよかろうw
こんなDQN民族に批判される謂われはないよ。

537 :神も仏も名無しさん:2009/02/16(月) 05:51:40 ID:eLr3oy+F
ああ、阿呆復活。
はぐれカト殉教派は懲りないねぇ。w

>禁止するまでは野放し状態だったろ。
犯罪だから禁止されたんだよ。w

>3代将軍家光自身が辻斬りに執心していたという話もある。
柳生十兵衛などの武芸者には根拠のない話が付きまとっているんだが。
実際に家光が辻斬りやったという証拠でもあるのか?w

>「瓶の蓋」理論を前にも教えてやっただろうが。
それが大勢だという証拠は?w
それだったら日本に「国際協力」なんて要請されないよな。w

>人間の文明的な生活形態からは一夫一婦制が整合的だとされている。
ソースは?w

538 :神も仏も名無しさん:2009/02/16(月) 05:58:01 ID:eLr3oy+F
>ユダヤ人はわれらが救世主たるキリストを殺すという大罪を犯した民族だと認識されていたからなあ。
>またキリスト教徒でないと市民権が与えられなかったんじゃなかったかな?だからユダヤ人はゲットーと呼ばれた居住区域に隔離された。
民族差別だな。
聖書的にはイエスを殺すよう計画したのはGODであって、ユダヤ人は駒にされただけじゃないのか?

>それよりも、そもそも坂上田村麻呂の時代以来1200年以上ものアイヌ侵略・文化破壊の歴史を持つ糞ジャップの野蛮さに敵う民族は、世界広しといえどもそうはあるまい、ということについてもう少し考察してみようか。
>何せ、政治上の実権を握っている最高権力者が「蝦夷を征伐するための将軍」なんて肩書きを名乗るようなすごい国だからなあ。
>まさに糞ジャップの歴史は侵略の歴史といってよかろうw
>こんなDQN民族に批判される謂われはないよ。
w。
敵対する者を成敗するという役職名だけさ。w
でよ、白人は侵略行為は一切しなかったのかい?
中南米文明の破壊、ネイティブアメリカンへの迫害、東洋支配、阿片公売、
アフリカ侵略などやりたい放題。w

539 :神も仏も名無しさん:2009/02/16(月) 06:13:55 ID:QBjUzcvT
そうだな。蝦夷地侵略は十字軍と似たようなものだといっていいだろう。
否、弱い者をいたぶったという意味では、十字軍よりも醜悪さは遥かに上かな?

540 :神も仏も名無しさん:2009/02/16(月) 06:35:11 ID:eLr3oy+F
>そうだな。蝦夷地侵略は十字軍と似たようなものだといっていいだろう。
>否、弱い者をいたぶったという意味では、十字軍よりも醜悪さは遥かに上かな?
取ったり取られたりの領土戦争さ。
それぞれの支配圏が伸びるにつれて、ぶつかりあうのは宿命みたいなもの。

541 :神も仏も名無しさん:2009/02/16(月) 17:02:32 ID:oQytGsTv
どうやらこのスレにはとんでもないキリスト厨がいるらしいな…

542 :神も仏も名無しさん:2009/02/16(月) 20:17:36 ID:oPc/6Q4q
なんだまだいたのかCDU。

教義が排他的か?排他的じゃん。他の宗教は間違っているってちゃんと聖書に書いてあるよ。
教会の牧師も神父も他の宗教は間違った宗教だって言ってるし。絶対に他の神を拝んではいけないと
も言ってるよ。
またソース持って来ようか?

教義に基づいていようがいまいが、キリスト教徒がそのような改宗行為を強制的に
行ったのは事実。現地の人々の信仰心を潰す行為である。日本人がキリスト教徒
に改宗を迫ったのと同じ。それは君にとって信仰の自由を奪った残酷な行為としての
批判の対象にはならないの?

敗北を避けるため、教義がどのという厳密な話に持ってきたのは君。
厳密な教義がどうであろうが、なんとなく教義をかじったら、他の宗教は
全て改宗させないといけないといった意識を生じさせるなら、それは教義
によってそうなったと言っても語弊ではなかろう。当時の政治家が
全員教義を厳密に吟味していたとは思えないし、もし吟味していたなら、
隣人を滅ぼすような真似も、むりやり他人を改宗させるような事もしなかったはず。

教義がどうかから外れたら、君はこの議論に勝てない?


543 :神も仏も名無しさん:2009/02/16(月) 20:29:22 ID:oPc/6Q4q
>私がしていたのは、信仰共同体の話な。多神教徒だろうがなんだろうが、
>国家や民族というレベルでの共同体は当然成立するし、他国への侵略も行う。

あれ?一神教より多神教のほうが共同体になりやすいとか、暴徒化しやすいとか
言ってたよね。まあいいけど。





544 :神も仏も名無しさん:2009/02/16(月) 20:29:47 ID:oPc/6Q4q
>あのな、こういう論争にコミットしようとするなら秀吉のバテレン追放令ぐらいは読んでくるのが当然の前提だぞ。
だからそれは秀吉がわかりやすいように書いた部下向けのお触れだからw
理由はこっちなの。↓

前年すでにイエズス会のコエリュ神父から、宣教師が軍事にも関わっていることを聞いていたし、
博多湾に大砲を備えた洋式の帆船を所有していることも知っていた。
 また、どこまで秀吉が察知していたのかわからないが、長崎を領有し、砦を築いて軍事力を強化、
日本制圧の基地とする意図のあることを肌で感じ、宣教師およびその背後勢力の脅威を知ったようだ。

>宗教といわず何といわず、大名の統治施策上邪魔になるような集団は攻撃・排除されるのが、
>当時の糞ジャップにおけるデフォであった、ということぐらいいい加減に理解しろ。

ああ、やっとキリスト教だから排除されたわけじゃないことが分かってきた?w
邪魔になるっていうか、日本が侵略されそうだったんだから正当防衛だよね。
非キリスト教国は、キリスト教侵略国の政策から自分の国を守るための防衛策
を行ってはいけないの?

日本は将軍に先見の明があったからなんとか侵略されずにすんだけど、
隣の中国や東南アジアの国々は酷い目にあったよね。
自分で侵略しておいて、日本では返り討ちにあったら、それを非難するのは
かなりずれてるぞ。

ヨーロッパでも、国にとって都合の悪い多神教や隣国は滅ぼすのがデフォであった
ということぐらいいい加減気づかないかね?

545 :神も仏も名無しさん:2009/02/16(月) 20:38:07 ID:oPc/6Q4q
>仮に百歩譲って日本人キリシタンが公序良俗に反する行為を行っていたのだとしても、
>それに対する処断の内容が公序良俗に反していたら本末転倒。

ふーん、公序良俗に反する行為をしていたキリシタンに責任は問わないんだ。
キリスト教国家の植民地化侵略行為も、魔女狩りも公序良俗に反していたよね。
そっちは批判の対象にならないわけ?
本末転倒って何が?国の防衛にはしっかり効果があるけれども。
公序良俗に反する行為をやめない集団から安全に国を守るためにはどうすればいいと
思ってるの?

>モンゴル帝国による世界大侵略・破壊も知らないのかい。話にならんな。
ほうw黄色人種モンゴル人に白人が国を追放されたか?w
アフリカの黒人がヨーロッパを滅ぼしに遠征に来たか?w
白人には何もしていないだろう。自分たちに何も危害を加えなかった民族に
対する蛮行が正当化されるのか?w


546 :神も仏も名無しさん:2009/02/16(月) 20:46:34 ID:oPc/6Q4q
>ただ単にアンケート結果を公表しただけの話だろうw
アンケートの結果受け入れ禁止になったらどうなるの?

まあとにかく、ALAが反キリスト教的思想を排除する事が、他の宗教を排除することになる
という事がわかったかい?w

>またキリスト教徒でないと市民権が与えられなかったんじゃなかったかな?
>だからユダヤ人はゲットーと呼ばれた居住区域に隔離された。

他の国がそうしていたからって、どうしてそれを虐殺する必要があるんだい?
キリスト教徒にならないと市民権が与えられない事で、他の国が何か不利益を被ったかい?w
ユダヤ人の政策が公序良俗に反していたからといって、他の国が公序良俗に
反する行為を行っては、本末転倒だねwなんて野蛮なんだw

君の理屈なら、キリシタンは日本の寺院を破壊して回るといった大罪を犯した
集団だから、虐殺されようが改宗を迫られようが正当性が働くんだよなw





547 :神も仏も名無しさん:2009/02/16(月) 20:53:47 ID:oPc/6Q4q
>それよりも、そもそも坂上田村麻呂の時代以来1200年以上ものアイヌ侵略・文化破壊の歴史を持つ糞ジャップの野蛮さに敵う民族は、世界広しといえどもそうはあるまい、ということについてもう少し考察してみようか。
>何せ、政治上の実権を握っている最高権力者が「蝦夷を征伐するための将軍」なんて肩書きを名乗るようなすごい国だからなあ。
>まさに糞ジャップの歴史は侵略の歴史といってよかろうw
>こんなDQN民族に批判される謂われはないよ。

琉球やアイヌ民族の土地、文化を奪った事が悪かったのは認める。
今はアイヌ民族の文化の復興にかなり力を注いでいる。

キリスト教国家は世界中の国々を侵略し、多くの原住民の文化を奪ってきた。
中には全滅させられた民族もいる。
CDUが最も嫌う、宗教の強制改宗も多くの民族に行って来た。
それと比べたら、やはりキリスト教国家の蛮行量にはかなわないだろう。

ヨーロッパでは、最高権力者が「神の名」を使って考えられないくらい
野蛮な行為を何百年も行っていたしね。

548 :神も仏も名無しさん:2009/02/16(月) 21:01:08 ID:oPc/6Q4q
>人間の文明的な生活形態からは一夫一婦制が整合的だとされている。

男性のY染色体が短くなってきているので、早ければ今世紀か来世紀までに
人類は絶滅すると言われている。
現段階でも男性の生殖能力がかなり低下しており、不妊症のカップルが増えている。
また、先進国において不妊治療を行う事により、遺伝子の劣等性がさらに助長されており、
人類滅亡に拍車をかけている。

近々人類は急速に減少する。男性は希少となる。
現代の文明において、男性が希少となったからといって日本などの一夫一妻制の国々
が一夫多妻制に切り替えることに必ずしもなるとは言えないが、
人類存続のためにそのような事態になった場合、かたくなに一夫多妻制を否定する
キリスト狂徒は一番先に滅びるであろう。


549 :神も仏も名無しさん:2009/02/16(月) 21:05:01 ID:oPc/6Q4q
>否、弱い者をいたぶったという意味では、十字軍よりも醜悪さは遥かに上かな?

インディアン、インディオ、マオリ族、アボリジニ、
東南アジアの国々、アフリカの国々・・・。
弱いものをいたぶってきたキリスト教国家は、世界で最も野蛮な国家と言えるだろう。

550 :神も仏も名無しさん:2009/02/16(月) 21:07:21 ID:oPc/6Q4q
カトリックの総本山バチカンが地動説を受け入れたのは1992年
でもうアフォとしかいいようがない。

551 :神も仏も名無しさん:2009/02/17(火) 22:36:09 ID:WCwb6GV5
こんな話を読んだことがある。
イラク戦争開戦時にCNNが各宗教の代表を迎えて討論番組を放映したという。
その番組にはユダヤ教ラビ、カトリック神父、プロテスタント牧師、イスラム教学者、ニューエイジ系新宗教への質問コーナーが設けてあり、視聴者からの質問に各パネリストが回答する。
視聴者の質問の中の一つに、
「我々はクリスチャンであるのに、戦争で人殺しをしているがこれは許されることなんでしょうか」
といったものだった。
その質問に答えたのはユダヤ教ラビで、
「答えは簡単だ。これは神との契約であり、犯罪では無い」
と答えたという。

そのユダヤ教ラビは、旧約聖書のヨシュア記に記述されているジェリコの戦いを持ち出してきたのだという。

神に約束されたカナンの地、ジェリコ街を異教徒から取り戻すために、ヨシュアに率いられたイスラエル軍が、契約の箱を担いで城壁を取り囲み、女子供を含めた数万人の市民を殺戮するという話。
不義、不潔の街は容赦なく滅ぼすのだ。これは神との契約のもとに実行されたのだから、正義であり犯罪ではない。

この論理を踏まえてユダヤ教ラビは、イラク戦争は神が認めた戦争だ。要するにバグダッドはジェリコであるとまでほのめかしたという。
この答えに対し、他のパネリストからの異論は皆無だったというのだ。寧ろ当たり前といった表情をしていたらしい。

これを読んで感じたのは、この番組のパネリストの中に仏教者がいたなら、また違っていたかもと思うのと同時に、こんな連中と同類視されなくて良かったと考えた。


552 :神も仏も名無しさん:2009/02/22(日) 21:32:42 ID:DZy2yWNc
なんだ、CDUもついに諦めたか。w

553 :神も仏も名無しさん:2009/02/22(日) 21:38:48 ID:e+i6qLtu
キリスト教徒(西洋人)の行った蛮行も数しれず。

554 :神も仏も名無しさん:2009/02/22(日) 21:47:47 ID:k0aZ9zRU
まあ日本は非キリスト教徒が蛮行行う国なんだから
やっぱり日本は世界とは違う特殊な国
日本が蛮行国家脱却するには日本をキリスト教国家にすべき
他の国は別にして日本はキリスト教が最も適する国で

FIN


555 :神も仏も名無しさん:2009/02/23(月) 13:58:37 ID:pirCvZIu
日本で1%未満のキリスト教徒、せいぜい頑張ってくれw

Fin

556 :神も仏も名無しさん:2009/02/24(火) 18:15:21 ID:2r6kwDBk
こないだの日曜日に中浦ジュリアンの番組がやってたよ
小野真弓がナビゲーターで長崎ロケ

557 :神も仏も名無しさん:2009/02/24(火) 19:36:19 ID:RxycyUQB
ジェレマイア・ライト牧師

『アメリカ合衆国政府は彼ら(アフリカ系アメリカ人達)にドラッグを与え、より大きな刑務所をつくり、
三回重罪加重懲役法を成立させたくせに、我々(アフリカ系アメリカ人)に「神よアメリカに祝福を」
と唱わせようとする。とんでもないことだ。このようなことをする国に対して聖書は「神よアメリカに断罪を 」
と唱えよと教えている。我が市民(アフリカ系アメリカ人達)を人間以下に扱っているアメリカに神よ断罪を。
自分があたかも神であるかのように、かつ至上の存在であるかのようにふるまっているアメリカに神よ断罪を』

なかでも最も大きな論争を起こしたのが、アメリカ同時多発テロ事件の直後に発していた次のような説教であった。

『・・・我々は広島を爆撃した。我々は長崎を爆撃した。そして我々は核爆弾を落とし、このたびニューヨークとペンタゴンで
殺された数千人よりもはるかに沢山の人々を殺害した。我々はこのことから目を背け続けている』


ああまったくこの通りだ。現代でもこんなんなんだから、アメリカを差し置いて
日本が最も野蛮だなんていうCDUの言い分は絶対に通らないなw

558 :神も仏も名無しさん:2009/02/24(火) 19:48:38 ID:RxycyUQB
アメリカは、キューバ南東部にあるグアンタナモ空軍基地はアメリカによるとキューバ政府から借用しているという。
そしてアメリカは無期限で借りられると主張しているが、キューバ政府は不法占拠だと主張している。

テロ容疑者の収容されるキャンプデルタは周囲を壁で仕切られ中をうかがうことは困難だ。
その中には800人以上が拘束され、そのほとんどが1年以上も拘束されている。
グアンタナモ基地のスローガンは「自由を守る」だ。
しかし、そこに収容された者には自由など無い。
しかも、容疑者なのだ。
基地では、拘束者がどのように扱われているのか質問することすら受け付けてもらえない。
当然、受刑者ではないので、刑務所の扱いとは全く異なる。
この基地の目的は、アメリカ国内の法律に拘束されず、テロ容疑者を無期限で拘束し、拷問、尋問を行う場所なのだ。


現代でも不法占拠と拷問がやめられないキリスト教国家。なんて野蛮なんだw
CDUの基準なら、やっぱりキリスト教国家が最も後進国だなw

559 :神も仏も名無しさん:2009/02/25(水) 12:21:37 ID:usfwYEjh
>>554
名無しのCDUの最後っ屁乙

560 :神も仏も名無しさん:2009/02/25(水) 18:31:29 ID:GoAXAJfW
キリスト教徒が世界中、とくに中南米やカリブ海諸国でおこなった現地人
にたいするジェノサイトは語られることがないのはなぜだ。
 秀吉や家康がキリスト教を禁じたのは彼らの危険な本質に気がついたからだ。
そこを見ぬ振りして殉教だ、殉教だと騒ぎ立てるのは如何なものでしょうか

561 :神も仏も名無しさん:2009/02/25(水) 20:39:28 ID:7dp3keC6
西洋人は戦争のたびに美術品やら浮世絵やら文献やら強奪していく。
金塊を強奪する場合もある。

562 :神も仏も名無しさん:2009/03/03(火) 20:31:53 ID:tcqukxKD
>陣痛については、女性が男性をたぶらかした罰として与えられたものだとか
>いうのは初耳だ。
ツッコミ忘れ

創世記
そこで、神である主は女に仰せられた。「あなたは、いったいなんという
ことをしたのか。」女は答えた。「蛇が私を惑わしたのです。それで私は
食べたのです。」
神である主は蛇に仰せられた。「おまえが、こんな事をしたので、おまえは、
あらゆる家畜、あらゆる野の獣よりものろわれる。おまえは、一生、腹ばいで
歩き、ちりを食べなければならない。わたしは、おまえと女との間に、また、
おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、
おまえは、彼のかかとにかみつく。」
女にはこう仰せられた。「わたしは、あなたのみごもりの苦しみを大いに増す。
あなたは、苦しんで子を産まなければならない。しかも、あなたは夫を恋い
慕うが、彼は、あなたを支配することになる。」

例によってCDUは無知。

563 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/03/04(水) 01:56:42 ID:E1NoHbwK
何言ってやがる、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップがw

>教会の牧師も神父も他の宗教は間違った宗教だって言ってるし。
そんなことは仏教だろうがイスラム教だろうが同じようなことは言っているよw
敗北を避けたい云々じゃなくて、排他性や侵略性がキリスト教に特有の性質かどうかが主要論点だっただろうが。
尤もスレ違いの論点だがw

>だからそれは秀吉がわかりやすいように書いた部下向けのお触れだからw
だから根拠出せや。お前の妄想では話にならん。

>隣の中国や東南アジアの国々は酷い目にあったよね。
は?中国は元朝や明朝の時代、宣教師を高官として仕えさせるなど厚遇していたのだが。中国が領土を日本など列強に切り刻まれるようになるのは、それよりもずっと後の時代の話。

>公序良俗に反する行為をやめない集団から安全に国を守るためにはどうすればいいと
いや、公序良俗に反する行為などせずに隠れて密かに信仰を守っていた者を炙り出して殺しまくっていたのだが。
まあ、確かに仏教に基づいて封建的な支配体制を確立することにした当時の日本にとっては、仏教的な封建体制の維持のためにキリスト教を滅ぼす必要があったという意味では、
国防という目的があったといえるかも知れんが、そうだとしても国防だからといって自国民を殺しまくるような行為が許されるわけでもないし。

>黄色人種モンゴル人に白人が国を追放されたか?w
ロシアなどはモンゴルによる専制的な支配に苦しめられたという歴史を持っている。「タタールの軛」という言葉ぐらい覚えておけ。
また有名なゲルマン民族の大移動の原因も、黄色人種の匈奴と呼ばれた民族によって本来居住していた地域から追われて西に逃げたためだとされている。
16世紀に至るまで西欧キリスト教圏は野蛮な有色人種どもに侵略され続けるという歴史を持っている。

564 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/03/04(水) 02:26:59 ID:E1NoHbwK
>ALAが反キリスト教的思想を排除する事が、他の宗教を排除することになる
さっぱりわからんがw

>他の国がそうしていたからって、どうしてそれを虐殺する必要があるんだい?
>キリスト教徒にならないと市民権が与えられない事で、他の国が何か不利益を被ったかい?w
>ユダヤ人の政策が公序良俗に反していたからといって、他の国が公序良俗に
>反する行為を行っては、本末転倒だねwなんて野蛮なんだw

>君の理屈なら、キリシタンは日本の寺院を破壊して回るといった大罪を犯した
>集団だから、虐殺されようが改宗を迫られようが正当性が働くんだよなw
ジャップ語でok

>琉球やアイヌ民族の土地、文化を奪った
そう。それがお前ら仏教徒若しくは多神教徒糞ジャップの歴史的・民族的特質だということが分かったな。
これほど長期間かつ広範にわたり執拗に他文化破壊・侵略を継続してきた歴史を持っているDQN民族は地球広しと言えども珍しいぞ。w

>アイヌ民族の文化の復興にかなり力を注いでいる。
大したことはやっていない。法律を作った程度のこと。
その上、そんなのは極めて最近になってからのことに過ぎない。しかも彼らアイヌの人々の政治的・文化的な活動の結果実現されたものである。
1997年!!まで北海道『旧土人』保護法などという極めて無礼な名称を持った法律を存在させ続けて彼らの文化破壊・同化を強いていたのが糞ジャップw

>この答えに対し、他のパネリストからの異論は皆無だったというのだ。
嘘くせえw。イスラム教学者もいたんだろ?彼が異論を言わないはずがない。

一牧師の個人的見解はともかく、広島・長崎は糞ジャップが先に行った蛮行に対して報復を受けただけのことに過ぎず、お前ら糞ジャップが被害者面できるような性質のものではないし、
グアンタナモは米国とキューバ政府との間の条約に基づいて米国が借り受けているものだろ。現キューバ政権が認めていないだけ。
警察の市民に対する暴行事件なら糞ジャップにおいては今日もニュースになっていたよね。
tp://www.asahi.com/national/update/0303/SEB200903030005.html

565 :神も仏も名無しさん:2009/03/04(水) 04:31:34 ID:V0ItXSna
やあ、忘八蛋CDUよ、鬼畜大宴会でリフレッシュしてきたかい?w
>いや、公序良俗に反する行為などせずに隠れて密かに信仰を守っていた者を炙り出して殺しまくっていたのだが。
>まあ、確かに仏教に基づいて封建的な支配体制を確立することにした当時の日本にとっては、仏教的な封建体制の維持のためにキリスト教を滅ぼす必要があったという意味では、
>国防という目的があったといえるかも知れんが、そうだとしても国防だからといって自国民を殺しまくるような行為が許されるわけでもないし。
「キリシタン大成敗は糞キリシタンが先に行った蛮行に対してお仕置きを受けただけのことに過ぎず、お前ら糞クリスチャンが被害者面できるような性質のものではない」

>国防だからといって自国民を殺しまくるような行為が許されるわけでもないし。
アルビジョア十字軍をお前も否定するようになったんだねぇ。
しばらくなりを潜めている間に少しは進化したようだな。w

そういえば長崎の原爆投下ではカトの根城である浦上天主堂も大きな被害を受けたがカトも報復されたということだな。

566 :神も仏も名無しさん:2009/03/04(水) 04:43:50 ID:V0ItXSna
>そう。それがお前ら仏教徒若しくは多神教徒糞ジャップの歴史的・民族的特質だということが分かったな。
>これほど長期間かつ広範にわたり執拗に他文化破壊・侵略を継続してきた歴史を持っているDQN民族は地球広しと言えども珍しいぞ。w
キリスト教徒どもの悪行は無視かい?w

>その上、そんなのは極めて最近になってからのことに過ぎない。しかも彼らアイヌの人々の政治的・文化的な活動の結果実現されたものである。
>1997年!!まで北海道『旧土人』保護法などという極めて無礼な名称を持った法律を存在させ続けて彼らの文化破壊・同化を強いていたのが糞ジャップw
CDUみたいなゲスがいたのは否めないな。
ところで
http://travel.jp.msn.com/special/overseas/australia/column/about/03.htm
http://bondi-beach.blog.so-net.ne.jp/2008-02-13-1
みたいな悪行に対してもお前は批判するんだろうな?w

>警察の市民に対する暴行事件なら糞ジャップにおいては今日もニュースになっていたよね。
欧米じゃ日常茶飯事のことだろうな。w

567 :神も仏も名無しさん:2009/03/04(水) 17:03:42 ID:6vAFjM2y
キリシタン弾圧の真相
http://chinachips.fc2web.com/repo2/04501.html

568 :神も仏も名無しさん:2009/03/04(水) 21:18:16 ID:d5NSio7e
>>567
トンデモデンパサイトだな(^O^)

569 :神も仏も名無しさん:2009/03/04(水) 23:19:29 ID:yxXxLXcy
>そんなことは仏教だろうがイスラム教だろうが同じようなことは言っているよw

そりゃイスラム教はキリスト教と同じ神だからだろうがw
お坊さんは間違った宗教はこれこれだなんて言わないよ。全部正しいって言うよ。

>だから根拠出せや。お前の妄想では話にならん。
何度もソース出したからw上に戻ってそれ読めw

>国防という目的があったといえるかも知れんが、そうだとしても国防だからといって
>自国民を殺しまくるような行為が許されるわけでもないし。

殺しまくっていたんじゃなくて、改宗するように強要していたんだが。改宗
しないものは、危険分子だったので、やむなく殺された。
キリシタンを危険分子に成り上がらせたのは、まぎれもなくキリスト教を
布教した宣教師。彼らは日本を侵略するためのスパイであり、入信した日本人
は兵力としての駒だったからな。

>ロシアなどはモンゴルによる専制的な支配に苦しめられたという歴史を持っている。・・・・・。
ソースは??

>さっぱりわからんがw
うん、どうせ君の知能はその程度だと思っていたよwあと、キリスト教に対する
思い入れの強さと、それによるキリストひいきな考え方も含めた考え方なw


570 :神も仏も名無しさん:2009/03/04(水) 23:21:21 ID:yxXxLXcy
>そう。それがお前ら仏教徒若しくは多神教徒糞ジャップの歴史的・民族的特質だということが分かったな。
>これほど長期間かつ広範にわたり執拗に他文化破壊・侵略を継続してきた歴史を持っているDQN民族は地球広しと言えども珍しいぞ。w

一神教徒の歴史的、民族的特質もここのスレによって分かったかな?w
これほど長期間かつ広範にわたり他の国家を植民地化し文化破壊・侵略を継続してきた
歴史を持つ民族は地球上広しといえどもキリスト教国家の野蛮行為はありすぎて
珍しくもないぞw

2009年になっても人種差別がやめられないのが白人だけどね。

>イスラム教学者もいたんだろ?彼が異論を言わないはずがない。
ソースは?まあ仮にイスラム学者が何か発言したとしても、キリスト教系
学者が異論なかったのは事実だけどね。

>広島・長崎は糞ジャップが先に行った蛮行に対して報復を受けただけのことに過ぎず、
>お前ら糞ジャップが被害者面できるような性質のものではないし、

おうおうwだったらキリシタンは日本を侵略しようとした蛮行に対して報復を受けただけのことに
過ぎないから、お前が被害者面できるような性質のものではないよなw

>グアンタナモは米国とキューバ政府との間の条約に基づいて米国が借り受けているものだろ。現キューバ政権が認めていないだけ。
ソースは?グアンタナモ収容施設は今月末まで使用するんだっけ?w
容疑者というだけで、人権を無視した野蛮な収容をしているアメリカは、現代においても
CDUの嫌うキリシタン禁制のような行為をしているのと一緒だな。キリシタンのように、
危険分子であるだけで無実の人も沢山いるわけだしね。こんな野蛮行為を
現代でも合法で行っているなんて、なんて野蛮で遅れてるんだw

571 :中出汁:2009/03/04(水) 23:31:01 ID:xHlLrUGm
中南米みればわかるが現地人は少数派にされるジェノサイト
フィリピンの見本もあった時代

秀吉や家康は正しい処置をしただけのことだね
それに武装坊主も殺した。べつにキリスト教だけのことじゃない
ようは宗教と武装、宗教と外国勢力を切り離しただけの適切な処置だしね

572 :神も仏も名無しさん:2009/03/05(木) 15:49:34 ID:3jwlrQoa
そそ。いつまでも言ってるのはキリスト教だけだよ。
どこが許しの宗教なんだろう。

573 :神も仏も名無しさん:2009/03/05(木) 18:34:41 ID:CbVBFSN8
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090305/trl0903051410007-n2.htm
被告人質問で、渡部被告は「自分は悪くない」とひたすら強調し続けた。
弁護人「(女性が下北沢で)占いをやっているのを見たのは初めてですか」
被告「はい。(キリスト教への)信仰が深くなるほど邪悪なものに映りました。
   最初は説き伏せるつもりで冷静に話し、『運命を安易に口にしては
   いけない。霊的な覚醒(かくせい)なくして人の人生にどうこう言う
   なら、間違いなく地獄に行きますよ』と言うと、女性が激怒しました」

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090305/trl0903051410007-n3.htm
渡部被告は社会批判も交えながら、不平や不満をぶちまけた。まるで独演会の
ようでもあった。質問者が弁護人から検察官に交代し、傷害事件の状況を
細かく追及すると、突然、怒鳴り声を上げた。
検察官「先ほど、2、3回殴ったと言いましたが…」
被告「(自分の話の)どこを聞いてんだよ。(殴った回数の全体ではなく)
    よけたときに2、3回ということだ。司法の勉強をしてるのかよ。
    普通の会社ならクビだぞ」


クリの独善ぶりが目立つ。

574 :神も仏も名無しさん:2009/03/06(金) 17:56:12 ID:GHL/gDT/
CDUはキリスト教だけを持てはやし、キリスト教に都合の悪い事は一切知らない
お馬鹿ちゃんだからなwキリスト教を狂信する前に、冷静に歴史的事実を見ろやw

他の人もキリシタン弾圧の真相ソースを出してくれたが、これら二つのソースを
もっても、まだ私の言うことが妄想だとか抜かすか??w

君はキリスト教に都合の悪い事実については無知で、他人にキリスト教の都合の悪い
事実を知らされると、何でも妄想扱いだからなwなんて無知で馬鹿なんだ!!
これだから洗脳された狂信クリスチャンは困るw

575 :神も仏も名無しさん:2009/03/07(土) 14:12:48 ID:hMRwphWi
1549年鹿児島にザビエルが上陸し、2年3ヶ月に及ぶ日本滞在で
日本のキリスト教化の方針をたてた。日本は相当の軍事力を擁し
ているから武力征服は難しい。だが改宗させることさえできれば、
日本人は誠に従順な神の僕となる素質を持っている。まず大名を
改宗させることができれば領民は上へ倣えで続々と改宗するだろう。
大名を改宗させるには貿易を餌にすればよい。日本には金銀が
たくさんある。貿易の利益を布教に回せば一石二鳥にも三鳥に
もなる。この方針に基づいてイエズス会は有能なエリート宣教師を次々
日本に送り込んだ。(略)

宣教師たちは布教にあたってまず仏教や神道を邪教だと決め付け
領内の神社仏閣を大々的に破壊させ、本尊を奪って教会での炊事
の薪にするという暴挙ぶりであった。彼らは「本尊を薪にした食事は格別に
うまかった」と本国の友人に得々として書き送っている。(略)
改宗したキリシタン三大名はローマから来た巡察師ヴァリアーノに社寺の
破壊をやめさせてほしいと嘆願したが、もちろん聞き入れられなかった。
この宗教の強制、社寺の破壊が後に豊臣秀吉をキリシタン禁令に向かわせる
こととなる。「大名を改宗したからといって、なぜ領民まで改宗を強制するのか。
なぜ日本の諸宗と融和しようとせず、神社仏閣を壊したり、焼いたりするのか」
秀吉はイエズス会副管区長クエリヨにこう詰問している。

(『世界六大宗教101の常識』大澤正道著より抜粋)

576 :神も仏も名無しさん:2009/03/07(土) 19:22:04 ID:QYv9gJY1
ソース3つ目。これでもまだ妄想扱いするかな?お馬鹿CDUちゃんw

577 :神も仏も名無しさん:2009/03/07(土) 21:07:17 ID:P647XHuO
またまた怪しげなデンパ本が出てきたw

578 :神も仏も名無しさん:2009/03/13(金) 16:41:16 ID:QkRlcxVR
アメリカには、クリスチャンを収容する数十か所の強制収容所、
数千の運送用の専用貨車、
そして信じ難いことに数千数万のギロチンがすでに用意されているというのである。
どうしてそうなってしまったのだろう。
日本も同じようになるだろうか?

ttp://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/ch9.html


579 :神も仏も名無しさん:2009/03/14(土) 03:45:45 ID:OPb5ZoUn
こりゃまた凄い電波源。
この牧師、相当おかしいな。

580 :神も仏も名無しさん:2009/03/21(土) 13:00:44 ID:KFj8uEht
なんだ、外国から帰ってきて少しはここのスレも進んでいるかと思ったらこの様かw
CDUも教会にのめりこみ過ぎた無知さ加減でとうとう完敗だなw

ところで由緒正しいモン・サン・ミッシェルの寺院(カトリック)だが、そこの
会はヴェネディクト会で、もともと修道僧はCDUの大嫌いな菜食主義だったそうだ。

CDUは大天使ミカエルの教えも由緒正しいモン・サン・ミッシェルも否定するんだねw
カト辞めたら?w

581 :神も仏も名無しさん:2009/03/24(火) 17:14:23 ID:mcZRSqz2
「低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップがw 」
腹の中でそう思っているキリスト教徒って多いんですか?




582 :神も仏も名無しさん:2009/03/28(土) 21:26:34 ID:iKDmYip+
朝鮮人CDUみたいなのが教会には多いのだろうね

583 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 01:03:45 ID:h4UQa+Ql
確かに日本の歴史は虐殺の歴史だよね。

584 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 10:58:48 ID:AW8iVVjr
意味不明

585 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 20:55:13 ID:h4UQa+Ql
>>1以下を読めや

586 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 21:02:40 ID:AW8iVVjr
傲慢クリかい?

587 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 21:26:20 ID:h4UQa+Ql
大人しく隠れて信仰している者を炙り出して皆殺し

588 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 03:00:35 ID:Floubrgl
キリスト教徒同士の醜い魔女狩り、火炙り刑のことかな?

589 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 03:40:53 ID:fbQP7C17
スレタイ読めよ

590 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 03:48:06 ID:Floubrgl
殺戮やめろよ

591 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 04:21:23 ID:fbQP7C17
だな。日本は

592 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 06:52:30 ID:Floubrgl
意味不明

593 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 10:47:25 ID:fbQP7C17
お前、自分で書いたことだろw

594 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 15:57:29 ID:3vlWNzkM
殺戮者の理論はサッパリわからん

595 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 16:43:32 ID:ZaiMDGMA
宗教弾圧したいなあ

596 :中山車:2009/04/07(火) 17:24:53 ID:WwH1j+bE
http://www.dailymotion.com/yamataoroci/video/x2c2rm_history-of-slave-japaneseeng-sub_news
秀吉が弾圧したのは当然だったわけだ

597 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 17:52:23 ID:fbQP7C17
殺戮者の屁理屈を正当化する日本人は今でも殺戮を行っているのと同然だということ

598 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:14:46 ID:OvNPYfxh
>殺戮者の屁理屈を正当化する日本人は今でも殺戮を行っているのと同然だということ

意味不明なコメントですな。では、日本に原爆を2発も投下して大量無差別殺戮を
行ったアメリカは、今でも無差別大量殺戮を行っているのと同然という事ですな。
アメリカ人は原爆投下を正当化して、絶対謝罪しないしね。
まあ、今でもアメリカは中東を相手に無差別殺戮を行っているけど。

キリスト教国家が行って来た殺戮蛮行の屁理屈をCDUが散々正当化していたから、
今でもキリスト教徒は蛮行を行っているというのと同然という事ですな。

正当化っていうか、日本を侵略から守るためにそうするしか手段が無かったんだよね。

自分で他人に危害を加えておいて、返り討ちにあったら「殺戮、殺戮」と騒ぐのは
いかがなものですかね。

キリスト狂徒は本当に自分本位な考え方しかできないんだね。

599 :神も仏も名無しさん:2009/04/08(水) 02:03:44 ID:jU3gBioa

意味不明なコメントですなw
自分で他人に危害を加えておいて、返り討ちにあったら「殺戮、殺戮」と騒ぐのは
いかがなものですかね。w

日本人狂徒は本当に自分本位な考え方しかできないんだね。w




600 :神も仏も名無しさん:2009/04/08(水) 12:53:18 ID:sscAj04Y
>自分で他人に危害を加えておいて、
自分で危害を加えさせるようにあらゆる手段で日本を圧迫して、
わざと日本から攻撃させて悪者に仕立てあげて
の間違いでしょ

601 :神も仏も名無しさん:2009/04/08(水) 15:46:02 ID:Y1pnpHyc
「大東亜戦争は、正当防衛だった」ってやつww
殺戮蛮行の屁理屈を正当化しているから、
今でも蛮行を行っているというのと同然という事ですな。w
結局は自分で他人に危害を加えておいて、返り討ちにあったら
「殺戮、殺戮」と騒ぐのは いかがなものですかね。w



602 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 02:05:00 ID:xRYLOw4v
>「大東亜戦争は、正当防衛だった」ってやつww

だれかそんな事書きました?
キリスト教侵略からの正当防衛の話をしてるのですが?

603 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 02:10:06 ID:xRYLOw4v
>意味不明なコメントですなw
>自分で他人に危害を加えておいて、返り討ちにあったら「殺戮、殺戮」と騒ぐのは
>いかがなものですかね。w
>日本人狂徒は本当に自分本位な考え方しかできないんだね。w

は?具体的に言ってくれない?キリスト狂徒さんw
さんざん宣教師が日本人キリシタンに日本を破壊するようにけしかけておいて、
それを日本が制圧する事のどこが「自分で他人に危害を加えておいて」なの?

クリはキリスト教に都合のいい事しかしらない盲目のどうしようもない
おバカちゃんばかりですなw
少しは自分の脳みそで物事考えたら?w

604 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 04:49:34 ID:lpw129lU

日本人狂徒は日本人狂徒に都合のいい事しかしらない盲目のどうしようもない
おバカちゃんがいるみたいですねw あなたみたいにねw
他はここまでおバカちゃんとは思ってませんよ。ww
少しは自分自身の方に当てはまらないか
自分の脳みそで物事考えてから書き込んだら?www




605 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 05:24:18 ID:5xsvLDv/
he

606 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 12:36:44 ID:gy37AcB3
WWWWWWW。

607 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 16:09:17 ID:JnLTnKcd
>>601
「奇襲、奇襲」
と騒いで陥れる殺戮大好きなキリスト教徒に対して
殺戮とズルさを指摘・批難するのは当たり前だ。

608 :イエズス:2009/04/09(木) 17:05:09 ID:LaDvToeZ
汝の敵を殺せ。
汝の敵の金を奪え。
汝の敵を奴隷にせよ。
汝の敵を全滅し、繁殖させるな。
我々の神ルーシェル様と共に敵と戦いぬこう。

609 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 22:07:20 ID:1s9opm3s
>>604
結局具体的には何も言えないわけねw
クリちゃんは聖書と牧師の言う事しか知らないからしょうがないですねww


610 :神も仏も名無しさん:2009/04/10(金) 11:04:51 ID:QjEd/ema
つうか、戦争で敵及び敵国人を攻撃するのと、無抵抗の自国民を殺戮するのとは同列に扱えんがな。

611 :神も仏も名無しさん:2009/04/10(金) 14:52:11 ID:I3Cb/ZtN
アメリカ大陸 フィリピンやアジア キリスト教国がやったことってスルーらしい

612 :神も仏も名無しさん:2009/04/11(土) 14:48:16 ID:Qt/NdsK5
それらの批判されているインディオ等に対する行為を教会は正当化しているという事実は存在しないし、正当化しているキリスト教徒もほとんどいなかろう。
そればかりか、当時においてさえ信仰からみて批判している宣教師もいたぐらいである。

それにひきかえ日本においては、キリスト教迫害を正当化しようとする動きがむしろますます盛んである。
これには日本が、明治時代における外圧と、その後のGHQによる軍事力を背景にした強制的改革により、人権保障と民主化を渋々行わさせられてきた国に過ぎない、という事実が関係しているのであろう。

また、キリスト教迫害を画策・実施したのが他ならぬ仏教僧侶であったという事実もある。

613 :神も仏も名無しさん:2009/04/12(日) 06:10:17 ID:AeSiZfoD
確かに外圧がなかったら、お前ら今だにキリスト教迫害を続けていそうだもんな。w

614 :中山車:2009/04/13(月) 11:36:59 ID:b/pxagcJ
つうか人権教が行き渡ったから迫害がなくなっただけで
実は人権が宗教のフランス革命から国民国家がアメリカからプレゼンされて
そのふたつが世界を蹂躙する過程でも世界的な殺戮があったんだがね
たとえばフランスでのノルマン虐殺100万、トルコのアルメニア人虐殺100万

それに各地方がなんらかの主要宗教で寡占され安定してれば穏健
安定に支障なくメリットもあるなら見逃す、<九州島部での隠れキリシタンは海産物輸出があるから黙認>

いずれにしてもその国に不安定要素がある存在は叩かれるに、どちらが主流もしくは少数中心になるかの
争いでは前面対決になるだけのこと

どちら側であるかとか、何人であるかという属性は関係ないと思われ
ただしキリスト教のカトリックとプロテスタント系は明確に外部進出の正当性があって世界に迷惑をかけた構造であるのは明白
ことキリスト教相手の戦いはこの構造があったのは秀吉の対処でも明らかで秀吉は日本を救ったと言える。フィリピン化排除したね

615 :神も仏も名無しさん:2009/04/13(月) 11:44:14 ID:VxA3mYEs
そんなに日本が好きならもう少し正しい日本語を使え!歴史云々の話をするのはそれからだ。
そんなブロークンな日本語を使いながら、日本文化保護を語っているのは笑わせるw

616 :神も仏も名無しさん:2009/04/13(月) 22:49:37 ID:gskdovFm
>それらの批判されているインディオ等に対する行為を教会は正当化しているという事実は存在しないし、
>正当化しているキリスト教徒もほとんどいなかろう。

あれ?キリスト教代表CDUはめちゃめちゃ正当化してたけど?ちゃんとここのレス全部読んだ?
当時はそれが合法だったから、別にキリスト教国家らの残虐行為は蛮行ではないとか言ってたけど。
反省すらしてないよ。

>そればかりか、当時においてさえ信仰からみて批判している宣教師もいたぐらいである。

一部そういう人もいただけでしょ。信者は「神の思し召し」とか言って、平気で植民地化したり
虐殺したりしてたじゃん。

>それにひきかえ日本においては、キリスト教迫害を正当化しようとする動きがむしろますます盛んである。

正当化しようとしてるんじゃなくて、ただキリスト教国家がキリスト教を利用して
アジアの国々を侵略しようとしていたという汚い事実をただありのまま見ているだけでしょ。

もう、クリは自分たちの行いは棚に上げて、他教徒を根拠もなく残虐残虐とののしるんだから。
途中でクリに改宗したって、キリシタンを排除してきた日本人であるというルーツは変わらないのにね。
クリになった事で、自分のルーツが改められて偉くなるとでも勘違いしているのかね?

612も613も615も、えらそうに日本を批判しているけど、私と同じキリシタンを
迫害した日本人なのにwまじ笑わせるw


617 :中山車:2009/04/13(月) 22:52:24 ID:uURpK5sh
>612も613も615も、えらそうに日本を批判しているけど、
>私と同じキリシタンを迫害した日本人なのにwまじ笑わせるw

日本人じゃないからCDU

618 :神も仏も名無しさん:2009/04/14(火) 11:01:09 ID:ptEmzf6H
は?日本人だったら日本を批判しちゃいけない?
どういう屁理屈だよ。w
そんなことだから、日本はいつまでたっても真の民主主義国になれない。

619 :神も仏も名無しさん:2009/04/14(火) 21:21:13 ID:tiIBEiT4
誰が612と613と615がCDUだって言ったのかな?w
CDUが日本人じゃないって何で分かるの?相当日本に長く住んだ人だと思うけど。

誰が日本人だったら日本を批判しちゃいけないって言ったの?
日本人のくせに、自分がクリだからって日本人じゃなくなったような
上から目線の勘違いがアホだと言ってるんだよ。
日本語の意味わかる?ww

クリは妄想だけ激しくて、他人とコミュニケーションが成立しないから困るw

620 :中山車:2009/04/14(火) 21:28:16 ID:2/I82nbZ
日本人が日本人の悪口いうな?言ってないが?属性エラー毎回

621 :神も仏も名無しさん:2009/04/15(水) 02:04:39 ID:KCnFbVIh
アホはお前ら。w
上から目線も下から目線もない。事実を事実だと指摘して批判しているまでのこと。
だから、この行為に対して何らかの異議を唱えるなら、それは私に対する批判するなという命令を構成することになる。
まあ、敢えて言うなら横から目線かな?お前らの上にさえ立ちたくないんで悪しからずw

622 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 13:48:49 ID:1FrQ/eXa
>アホはお前ら。w
>上から目線も下から目線もない。事実を事実だと指摘して批判しているまでのこと。
>だから、この行為に対して何らかの異議を唱えるなら、それは私に対する批判するなという命令を構成することになる。
>まあ、敢えて言うなら横から目線かな?お前らの上にさえ立ちたくないんで悪しからずw

>それにひきかえ日本においては、キリスト教迫害を正当化しようとする動きがむしろますます盛んである。
というように、クリはキリシタン禁制を日本人にしか非がないただの差別迫害だと
ほざく。
事実は、→キリスト教国家がキリスト教を利用して アジアの国々を侵略しようとしていた
だが。日本はキリスト教から国を守ったまで。横から目線なら、どうしてこういう
事実に目を向けられないの?クリが都合のいい立場からしか物を見れないのは、完全
なる上から目線だと思うがw

>確かに外圧がなかったら、お前ら今だにキリスト教迫害を続けていそうだもんな。w
この「お前ら」という表現が、自分が改宗した事で、迫害を行って来た日本人では
なくなった気になっているという勘違いをしていると指摘しているのだが。

>そんなに日本が好きならもう少し正しい日本語を使え!歴史云々の話をするのはそれからだ。
こいつは自分の国が好きじゃないんだ。で、自分がクリになった事で、日本人じゃなくなった気になっている。
かつ、自分の日本語は完璧だと思っている。だから上から目線。

何が「アホはお前らw」だ。相手の書き込みに噛み付く前に、文脈読んでから
考えろw



623 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 20:02:03 ID:Ih7bJt2B
アホか。
その「お前ら」は「今だにキリスト教迫害を正当化しているような糞日本人ども」を指していることは文脈から分かるはずだが。
もっとも、普通の読解力があればのことだけど。
日本語が完璧だなどという話も誰もしていないし。シャドーボクシングもいい加減にな。

624 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 20:56:04 ID:Ih7bJt2B
つうか、クリは日本人であるのにそうではないかのように勘違いしているんじゃないか、とか書いているけど、
仮にそうだとしても、そのように仕向けてきたのは、キリスト教徒であることを理由に同胞を差別し殺戮してきたてめえら屑の日本人どもの方だろう。

625 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 23:39:07 ID:YUR2d8n0
>お前ら今だにキリスト教迫害を続けていそうだもんな。w
というように、キリスト教迫害を継続していただろうという書き込みですが。
なんで、「今だにキリスト教迫害を正当化」に摩り替えるわけ?w

あと、やたら正当化、正当化って言うけど、キリスト教徒に非があった事はわからないわけ?w

>そのように仕向けてきたのは、キリスト教徒であることを理由に
>同胞を差別し殺戮してきたてめえら屑の日本人どもの方だろう。
とか、また自分は野蛮な日本人じゃないよ発言だけど、キリスト教徒を禁止に
せざるを得なくしたのは、まぎれもなく自分たちキリスト教徒のせいでしょ。
さんざん日本の寺院を破壊したり、宣教師たちは、日本以外のアジアの国はほとんど
侵略して植民地にしちゃったんだから。
正当化とかじゃなくて、当時日本を植民地化から守るためには、植民地化のために
利用されているキリスト教を排除するしかなかったんだよ。
あと、お前らお前らって言うけど、君たちクリ日本人と一緒で、私たちはキリスト教
迫害はしていませんからね。過去の君たち、私たちの先祖がやっただけ。
君の先祖だって立派にキリシタン迫害に加担していたんだから、
自分たちはクリだから潔白みたいな勘違い発言は止めてくれないかな?w




626 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 23:44:34 ID:YUR2d8n0
>つうか、クリは日本人であるのにそうではないかのように勘違いしているんじゃないか、
>とか書いているけど、 仮にそうだとしても、そのように仕向けてきたのは、

wwそのように仕向けてきたのは??ww勝手に改宗して勝手に勘違い
してんだろw誰も勘違いするように仕向けてなんていないけどwまじ笑わせるw

そうやって改宗しただけで勘違いになっちゃうところが、カルト的だよね〜。
「自分は改宗したからもう野蛮な日本人じゃなくなったんだ、えっへん!!」みたいなww


627 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 23:56:23 ID:YUR2d8n0
>日本語が完璧だなどという話も誰もしていないし。シャドーボクシングもいい加減にな。
は?
>そんなに日本が好きならもう少し正しい日本語を使え!
と、このように、他人の言葉遣いを指摘する書き込みがありますが。
自分の言葉遣いが完璧だと思っている発言でしょうこれは。シャドーボクシングねww


628 :神も仏も名無しさん:2009/04/17(金) 00:09:55 ID:UA23pgAG
オレは某ルーテルの信徒だけど、徳川の禁教政策は正しかったと思っている
徳川のおかげで怠惰で享楽的なラテン系宗教のカトリックに染まらずに済んだ
ルーテルをはじめ、優秀なゲルマン民族の宗教であるプロテスタントこそ
勤勉な日本人にはふさわしい

629 :神も仏も名無しさん:2009/04/17(金) 00:46:36 ID:4FKv+TWr
あのな、よしんばキリスト教が植民地化の道具として利用されていたのだと仮にしても、そんなことを理由にキリスト教やその信者を迫害し殺戮すれば、それはとんでもない人権侵害だということは、お前らみたいな能無しどもでもさすがにわかるよな?
お前らの主張は、日本人は人権意識が希薄であり、日本は人権の定着度合いが低い、という事実に対する反論には全くなっていないということにいい加減気付けw。

630 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/17(金) 02:20:41 ID:UpVj1saH
しかしまあ、久しぶりに来てみれば低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップどもの妄言は相変わらずだな。w
こいつら本当にクズだから何を言っても無駄だよ。
それと驚いたのは、私がいつからキリスト教の代表になったというのだろうか、ということw

>事実は、→キリスト教国家がキリスト教を利用して アジアの国々を侵略しようとしていた
>だが。日本はキリスト教から国を守ったまで。
相変わらずそれかよ低脳が。過去の論争であれだけ論破されてぼろぼろになった言い草にまだしがみついているわけ?プゲラッチョ
・西欧列強が植民地化を進める上で必要としたのは軍事力であってキリスト教ではない。
・弾圧の最高責任者たる秀吉自身が国防・植民地化云々ということをいったという事実を示す書証はなく、伴天連追放令では日本は神国だの仏法を守るためにキリスト教は出て行けだのわけの分からないことを述べているのみであること。
・その当の秀吉自身が寺院破壊に関与していたこと。
などなどといった事実を指摘してもそれらはスルーして、
「日本は国を守ろうとしただけなんだー。だからキリスト教徒を大虐殺しても悪くないんだよー」(こういうのを世間では正当化しているというんだよ坊やw)なんていう後付けの子供染みた空理空論にしがみついているんだから話にならない。
こんな屁理屈を楯にあの残虐なキリスト教徒大殺戮を現代においてもなお正当化しようとしているんだから、欧米文明国をはじめとした国際社会からの外圧やGHQによる強制的改革がなければ迫害を継続していたであろうという推論は実にご尤も。
否、大殺戮を正当化している以上、心の中では殺戮を現在も継続しているのである。
ここは一応宗教板なので、外面的な行為だけではなく内心面についても問題にすべきであろう。

631 :神も仏も名無しさん:2009/04/17(金) 14:35:54 ID:4FKv+TWr
つうか、テストで80点取った奴が20点しか取れてない奴に「もう少し勉強しろ」と言うことはあるよね。普通に。
100点取った奴しか言えないわけではない。
屑の日本人は、こんなことも分かっていないのだから、どうしようもないよなw。

632 :神も仏も名無しさん:2009/04/17(金) 20:54:51 ID:4FKv+TWr
とにかく日本人はダメだね。残虐過ぎ。

633 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 00:25:10 ID:cIkbdN+g
>日本人は人権意識が希薄であり、日本は人権の定着度合いが低い、という事実に対する反論には
>全くなっていないということにいい加減気付けw。

キリスト教は止めてくださいと言ったのに、死を持ってでも信仰を貫くという選択を
とったのはキリシタン。その場でやめれば迫害される事も殺されることもなかった。
日本を破壊しておいて、それを取り締まったら何が人権侵害なの?
キリスト教徒の犯罪者は取り締まっちゃいけないわけ??
なんか、判断基準が根本的におかしいよねクリは。

634 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 00:27:38 ID:cIkbdN+g
>お前らの主張は、日本人は人権意識が希薄であり、日本は人権の定着度合いが低い、
>という事実に対する反論には全くなっていないということにいい加減気付けw。

そんなに自分の国の人権意識が低いと思うなら、こんなところでほざいてないで、
政治家にでもなって人権レベル高めたら?w
2ちゃんでほざいて「自分はクリだから野蛮な日本人じゃないよ」勘違い上から目線
発言でいい気になってないでさw


635 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 00:29:08 ID:cIkbdN+g
>つうか、テストで80点取った奴が20点しか取れてない奴に「もう少し勉強しろ」と言うことはあるよね。普通に。
>100点取った奴しか言えないわけではない。
>屑の日本人は、こんなことも分かっていないのだから、どうしようもないよなw。

どっちみち、自分がその人の国語力より優れていると思い込んでるんだろ。
恥ずかしい発言だww



636 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 00:33:33 ID:cIkbdN+g
クリは残虐であるだけでなく、自分たちの行いは全て正当化で、残虐行為
や植民地化が成功したら、「消滅した文化が消えても誰も困らない」「そういう時代だったんだから
当時の価値基準では別に悪い事ではない」とわけのわからない屁理屈を並べ立てる、
植民地化に失敗して返り討ちにあったら、今度は「自分たちを攻撃するなんて、
野蛮な行為極まりない」だもんな。

本当に救いようがないよクリは。

せいぜい、自分たちの行いに全く非はない、残虐なのは他教徒だけだ
の判断方法で、天国行って下さい。アーメン

637 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 00:35:02 ID:cIkbdN+g
>相変わらずそれかよ低脳が。過去の論争であれだけ論破されてぼろぼろになった言い草にまだしがみついているわけ?プゲラッチョ

まじうけるww論破されたのが自分だって事にも気づけないのかw
あっぱれだなw


638 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 00:48:46 ID:cIkbdN+g
>・西欧列強が植民地化を進める上で必要としたのは軍事力であってキリスト教ではない。
宣教師が自国に手紙で、「この調子で信者を集めて、日本人信者をコマにすれば、上手い具合に
日本を崩せる」という内容の手紙が見つかっているけど、そういう
都合の悪いソースを全部お前がスルーしているだけだろw信憑性がどうのとか下らない言い訳してさ。w

>・弾圧の最高責任者たる秀吉自身が国防・植民地化云々ということをいったという事実を示す書証はなく、
>伴天連追放令では日本は神国だの仏法を守るためにキリスト教は出て行けだのわけの分からないことを述
>べているのみであること。
だから、それが庶民向けのメッセージにそう書いているだけであって、根本的な理由は違うって
何回言ったらわかるのかなぁ?wクリに都合の悪い事には盲目のキリスト狂徒さんよw

>・その当の秀吉自身が寺院破壊に関与していたこと。
信長もずいぶん僧侶達を成敗してたけど?それって何かキリシタン禁制と関係あるの?

>などなどといった事実を指摘してもそれらはスルーして、
それらの事実に対して、そうなった経緯を教えてやってもその事実をスルーしてるのはお前だろw

639 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 00:49:42 ID:cIkbdN+g
>こんな屁理屈を楯にあの残虐なキリスト教徒大殺戮を現代においてもなお正当化しようとしているんだから、
>欧米文明国をはじめとした国際社会からの外圧やGHQによる強制的改革がなければ迫害を継続していたであろうという推論は実にご尤も。
>否、大殺戮を正当化している以上、心の中では殺戮を現在も継続しているのである。
>ここは一応宗教板なので、外面的な行為だけではなく内心面についても問題にすべきであろう。

ふーん、原爆を投下して、世代を超えた大虐殺を未だに正当化して謝罪の一つもしない
キリスト教国アメリカが、心の中では殺戮を現在も継続しているのである残虐極まりない
国だと言う事がようやく理解できてきた??w

ま、君たちクリはいかれポンチだから、原爆投下は別にむごい事じゃないんだよね。
日本に非があるからね。
だったらキリシタン禁制もクリに非があるから、クリの基準なら別に問題視するような事じゃないよね。
キリシタン禁制は無差別大領殺戮でもないし、棄教すれば迫害される事もなく、殺される事も
なかったからね。原爆投下よりずっとマシな出来事だよね。
死んでも信仰を守るという信念を君たちの祖先(?)が貫いただけの事なのに、どうして
そんなに日本を破壊したテロ集団が死んだ事を騒ぎ立てるの?

640 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 00:55:23 ID:KjFRqvuM
キリストのゴミが何人死のうが知るか宗教屋はみんな死ねや

641 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 01:00:58 ID:cIkbdN+g
キリシタンは寺院を破壊して回る、宣教師に簡単に洗脳される、
そして海外では、アジアの国々がキリスト教国家にどんんどん植民地化
されているという事実が当時あった。

当時、キリスト教は破壊的カルト的存在であり、宣教師の出入りも含め、
キリスト教は国を滅亡させる可能性のある脅威の存在だった。

寺院の破壊行為を行うキリシタン達。

キリスト教は、社会に悪影響を及ぼす、麻薬のような存在だった。

現代でも、麻薬を所持しているだけで刑務所行きだろ?
ただ持っているだけで。何の犯罪も犯していなくても。

当時、キリスト教は麻薬と同じ存在だったんだよ。
信仰しているだけで犯罪。日本にとって危険だったから。
仮にその時点で犯罪を犯していなくても、麻薬と同じように、
信仰しているだけで、後に他のキリシタンのように寺院を破壊して回るなど、
他人を巻き込む犯罪を犯す危険性があった。

そして、現代と違い、日本は日本だけで国を守らなければならなかった。
だから、危険な麻薬は全て排除、また外国人の出入りを禁止した。
それが国を守る必死の策だった。狭い島国だからな。
まあ、そこで歴史の一部が狂って、キリシタンが国を切り取って
クリスチャン国家を作っていたら、面白かったかも。
もっとも、そんな事をしたら、その後その地域は一発でキリスト教国家の植民地に
なっていただろうけど。
そういう事になっていたら、今ここで日本人は野蛮野蛮と騒いでいる日本人クリは、今頃
騙されたー!!クソキリスト教め!!みたいな、俺たちの文化と人権を侵略したなっていう
恨みを侵略したキリスト教国家にぶつけていただろうね。

642 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 01:09:26 ID:cIkbdN+g
まあとにかく、大いにキリスト教を歓迎してきた日本人が、
何の理由も無くいきなり気まぐれでキリスト教を禁止し(そうすることで、
外国との関係にひびが入ってデメリットが生じるリスクがあるにもかかわらず)
、何の理由もなくキリシタン禁制行為を行って来たとしんじるなら、それも
クリの信仰の一つなんだろうから、勝手にそう信じていれば?

事実は、キリスト教を最初は歓迎して、それに伴って異国文化を取り入れていた
が、キリスト教徒の破壊的行為が目立つようになり、さらに近隣の外国がキリスト教
国家に植民地化されているという噂を聞き、キリスト教に脅威を感じて、
海外からの知識や品物、技術を絶つことになっても、キリシタン禁制措置をとって
鎖国する必要があるからそうした、という事だけど。

実際に宣教師が書いた手紙(日本人キリシタンを利用して、
兵士として日本を滅ぼすという内容のもの)も残っているし、キリスト教国家が
当時アジアの国々を植民地化していたのも事実。
だいたい、そこまで脅威の条件が揃っていて、さらにキリシタンは破壊的で、それでいて
キリスト教が禁止にならない方がおかしいと思うけど。

643 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 01:31:11 ID:cIkbdN+g
当時日本においてキリスト教は麻薬同然のものだった。
麻薬を利用したものは、犯罪を犯して他人に危害を加える可能性が高いから、とても
危険なので、仮に吸っていなくても、持っているだけで犯罪。
キリシタンも、信仰すると他の神の寺院を破壊するなど、他者に危害を加える可能性が高く、とても
危険だったから、仮にその時点で何も犯罪を犯していなくても、信仰しているだけで犯罪。

麻薬は所持しているだけで投獄されるもの。
キリスト教も、信仰しているだけで、仮に何の犯罪を犯していなくても捕らえられる
ものだった。

仮に現代において麻薬教という宗教があったとして、「信仰の自由」があるから、犯罪を犯さない
かぎり信者は麻薬を所持、利用する事が社会で許されると思う?

そうなったら、麻薬教の人はその場で取り押さえられて、ひそかに隠れて信仰
している人でも探し出されて引っ張り出されて、刑務所に入れられて、棄教するように
迫られると思うけど。
現代ならそれで死刑にはならないけど、棄教するまでずっと牢屋暮らしだと思うよ。棄教しないなら
死ぬまで。(麻薬教にとって、麻薬は切っても切り離せないものだから。キリスト教における聖書のようなもの)

それで100年後に、麻薬を持つ事を異端とする新しい麻薬教ができる。
そして彼らが、100年前に麻薬教を棄教するように強要して牢屋に死ぬまで閉じ込め続けた
非麻薬教日本人を野蛮、野蛮、とののしる。

クリの言い分を分かりやすく説明すると、こんな感じかな。
まあ、こんな事を書いたら、「拷問と投獄では残虐のレベルが違うから
全然説明になってない」とか小学生のような屁理屈を誰かさんが言い出すんだろうけどw

644 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 01:52:49 ID:cIkbdN+g
死んでも麻薬所持を貫きます!!という麻薬教信者の個人的価値観により、
その人が牢屋で生涯を終えたとして、
それをどうして後の新麻薬教信者が、「過去の兄弟を投獄しやがって!!」
と非麻薬教信者をののしる必要があるのかがわからない。

社会で違法にされている、他人に迷惑を及ぼす可能性のある行為を、死刑になってもあえて貫く集団が、
そんなに立派?
社会的に禁止されていたものを取り締まる事が、そんなにいけない事?
キリシタンという迫害された集団は、社会のルールを守れなかった集団というだけ。

ヒトラーと違い、どうにもできない人種うんぬんで無差別殺人をしたのではない。
棄教するなら許された。それでもあえて、死んででも法律に反する行為を止めないと決めたのは、
当時のキリシタン達。
日本人は、国を守りたいというお上の指示に従い、違法行為を行うもの達を取り締まって
きたまで。
拷問は良くないけど、いきなり殺すよりは良いと思ったんだろ。それで棄教してくれて、
その人の命が助かるなら。現世利益の無いキリスト教徒にとって、棄教して生きるより、
死んだほうがずっと得だということが、非クリスチャンにはわからなかったんだな。
いきなり殺したほうが、キリシタンにとって良かったんだろうけど、分からなかったんだよね。
だからといって、キリシタン全員を投獄しておくような場所も無かったし。
社会のはみ出し者にとってはかわいそうな時代だった。
今なら国民の税金で、麻薬教信者でも一生牢屋でご飯もらって拷問もされずに生きていけただろうけど。

645 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 02:47:09 ID:AIAPUHvC
っていうか、日本人は野蛮野蛮と騒ぎ、かつ、これだから日本人はだめだ
とか言ってる当の本人もその野蛮でだめな日本人の一人なのに、
どうして自分自身に対してそこまで自虐的なのかがわからない。

やっぱり自分はクリに改宗したから、その野蛮だという日本人ではなくなったような
気持ちになっているのかな?

で、ここで仮に日本人の行為が一方的に悪かったという事になって、誰の
謝罪が欲しいの?私たちはその同じ野蛮な日本人同士なのに。

私の祖先がキリシタンだったら、私でさえ謝罪をする義務のある立場でないどころか、
謝罪を受ける側でしょ?
これだけ時間が経っていたら、どこかしらで祖先がキリシタンで、ほとんど全員が謝罪を
受けるような立場になるのに。

どうして、過去に日本人同士の中でこういう悲しいいさかいがあった、という
事実目視に留まれないのかね?
どうしてキリシタンは何も悪い事してないのにいきなり酷い目に遭わされた、
そして現在クリになった自分は野蛮な行為はしていない立場だ、クリじゃない日本人
はみんなだめだ、みたいな事を一生懸命主張するのかね?

何か自分が人より偉くなった気になって、優越感を感じたいの?それとも、
クリになって他人を批判する立場になって、優越感が得られるものが欲しいの?

646 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 03:02:23 ID:KEGhLZT9
しかしまあ、久しぶりに来てみれば低脳の劣等教徒シーモンキー糞クリCDUの妄言は相変わらずだな。w
>それと驚いたのは、私がいつからキリスト教の代表になったというのだろうか、ということw
ノンクリの俺より聖書の知識がないお前が代表扱いというのも確かに変だな。w

>・西欧列強が植民地化を進める上で必要としたのは軍事力であってキリスト教ではない。
侵略先の強制改宗は?w

>弾圧の最高責任者たる秀吉自身が国防・植民地化云々ということをいったという事実を
>示す書証はなく、伴天連追放令では日本は神国だの仏法を守るためにキリスト教は出て
>行けだのわけの分からないことを述べているのみであること。
ttp://www4.plala.or.jp/kawa-k/kyoukasyo/3-6.htm
これも秀吉が語ったとフロイスがあげた資料で確認しておこう。同じく
「日本史4・16章」に秀吉が以下のように語ったことが記されている。
「(略)だがいっぽう奴ら伴天連らは、別のより高度な知識を根拠とし、異なった
方法によって、日本の大身、貴族、名士を獲得しようとして活動している。
彼ら相互の団結力は、一向宗のそれよりも強固である。このいとも狡猾な
手段こそは、日本の諸国を占領し、全国を征服せんとするためのものである
ことは微塵だに疑問の余地を残さぬ。(略)」(「フロイス日本史」4・16章)
『このいとも狡猾な手段こそは、日本の諸国を占領し、全国を征服せんと
するためのものであることは微塵だに疑問の余地を残さぬ。』


>・その当の秀吉自身が寺院破壊に関与していたこと。
強大な軍事力を持つ敵対組織だったということを教えてやっただろ?w

>相変わらずそれかよ低脳が。過去の論争であれだけ論破されてぼろぼろに
>なった言い草にまだしがみついているわけ?プゲラッチョ
うーーーーん。
阿呆が記憶を改竄しているようだな。w

647 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/18(土) 04:52:58 ID:YQJ5JKYr
何を言っているんだろうねえ。w

>>636
自分たちの行いは全て正当なんて主張しているキリスト教徒がいるのか?私は知らないが。
相手の意見を勝手に極論に捻じ曲げて論争を有利にしようという魂胆なのだとすれば頂けないなあ。

>>638
はあ?一宣教師が送った書簡(確か彼の祖国の国王宛てだったな)をもって何を示そうとしているの?
そういう書簡を書いたのには、宣教活動に国王の援助が欲しかったのか、それとも別の動機があったのかは知らないが、いずれにしても彼個人の願望だろう。
また逆に言えば、教皇庁ではなく一宣教師がそんな書簡をしたためなければならないほどに、教皇庁は宣教師を送ることだけに熱心で植民地化に対する関心は低かったことを示しているだろう。

庶民向けのメッセージのメッセージだったら、神国だからとかそんなわけの分からないことより、国防というより明確で具体的な根拠を示しただろう。もしそれが本当の理由だったならばな。

648 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/18(土) 04:54:41 ID:YQJ5JKYr
>>639
少なくとも、原爆投下を犯罪だと糾弾するなら、キリシタン大殺戮もとんでもない犯罪行為だとして糾弾しないと一貫性がないだろう。
原爆使用を犯罪だと定義する法的規範は未だ存在しないばかりか、核兵器保有はインドやパキスタンなど多くの国において有効な国防手段の一つとして認識されているのに対して、
信教の自由は憲法・法律によって保障されそれに対する侵害は人権侵害として明確に違憲・違法行為だと多くの文明国では定められているのだから、むしろキリスト教弾圧をより強く批判すべきだということになるであろう。
もちろん第2次大戦における原爆使用に関しては、それ以前に糞ジャップがシンガポールや南京などでの大虐殺・重慶やダーウィンなどでの市街地無差別絨毯爆撃・バターン死の行進などの捕虜大虐待といった、
それ以上の残虐行為を既に繰り返してきていたからという面があることも忘れてはならない。
隠れて密かに信仰を守っていた者までをも徹底的に殺戮して回ったという糞ジャップの蛮行と比肩できるような代物では全くない。

>>642
何の理由もないなんて誰も言っていないだろ。
糞ジャップにおける封建的統治にキリスト教が邪魔だと糞ジャップの為政者が認識したから、キリスト教は徹底的迫害の憂き目に会った、と一番最初に述べたはずだが。

>>643-644
麻薬であれば多くの国で禁止されているはずだが、キリスト教は当時世界中の多くの国で禁止されてはいなかった。
糞ジャップの勝手な定義などには何の価値もないので、仮に糞ジャップが勝手にキリスト教を麻薬だと認識していたとしても、それを基に何らの立論が可能なものでもない。

>>645
糞ジャップの謝罪など何の価値もなく糞の役にも立たないので求めていないと前にも言ったはずだが。

649 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/18(土) 05:17:05 ID:YQJ5JKYr
>>646
>侵略先の強制改宗は?w
植民地化のための必須条件ではなかっただろう。人身御供を行うなどの野蛮文化を改めさせるために必要だっただけ。

>『このいとも狡猾な手段こそは、日本の諸国を占領し、全国を征服せんと
>するためのものであることは微塵だに疑問の余地を残さぬ。』
植民地化という言葉は出てきていないが。一向宗の領国支配のより強固なもの、程度の認識だったのろう。
因みに、「国防」とは「『外敵の侵略』から国を守ること。」
自国民がキリスト教王国を作ったとしても、それは『外敵の侵略』ではない。従って「国防」という言葉も出てきていないことになる。

650 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 07:29:42 ID:KEGhLZT9
阿呆が詭弁を繰り出してきているな。w
>植民地化のための必須条件ではなかっただろう。人身御供を行うなどの
>野蛮文化を改めさせるために必要だっただけ。
へー、侵略先でそこの土着信仰に敬意を払って手出ししなかったという
例を出してみな。w

>植民地化という言葉は出てきていないが。
占領、征服は何のため?w
>自国民がキリスト教王国を作ったとしても、それは『外敵の侵略』ではない。
阿呆。w
鬼畜カトリックどもがキリシタンを扇動して自らの勢力を増やそうとしていたんだろ?w
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%98%B2
外敵の侵略とは、ここでは相手国の国土に対して直接的に軍事力で侵攻攻撃
する直接侵略と、間接的な手段によって相手国の内部で反乱や騒擾を引き
起こして武力攻撃する間接侵略と定義されている。

わかったかな?鬼畜!!CDUちゃん。w

651 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 07:46:41 ID:KEGhLZT9
>教皇庁ではなく一宣教師がそんな書簡をしたためなければならないほどに、
>教皇庁は宣教師を送ることだけに熱心で植民地化に対する関心は低かった
>ことを示しているだろう。

教皇庁ではなく一宣教師がそんな書簡をしたためるほどに、教皇庁は宣教師を
侵略是認思想を植え付けることに熱心で植民地化に対する関心は高かったこと
を示しているだろう。

652 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 07:52:34 ID:KEGhLZT9
あー、言うの忘れていた。
>植民地化のための必須条件ではなかっただろう。
エンコミエンダ制は?w

653 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 12:27:09 ID:OpmqhB0v
いやまあ、あいつよりは国語力が優っていることは確実だろうよw

654 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 12:41:36 ID:OpmqhB0v
>>633
人権侵害だよ。屑が。w
もうね、日本人に人権意識が希薄であることをこれ以上示さないほうがいいと思うけどなあ。上塗りするだけだからさ。

655 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 19:43:27 ID:KEGhLZT9
>>654
ちなみにどのような人権侵害?

656 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 22:34:26 ID:OpmqhB0v
信教の自由

657 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 23:15:33 ID:KEGhLZT9
>>656
信教の自由侵害って、キリシタンの得意技じゃないか。

658 :よそ者:2009/04/18(土) 23:18:08 ID:H230be93
目くそ鼻くそなのが、わかってきた。w


659 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 23:28:30 ID:sZsGHjSF
俵に人を巻き 火をつけて 
俵踊りなんてやった。


660 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 23:32:16 ID:OpmqhB0v
布教活動が信教の自由侵害とは片腹痛し

661 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 01:18:58 ID:WWI9f/nt
>自分たちの行いは全て正当なんて主張しているキリスト教徒がいるのか?私は知らないが。

おや?お前さんざんキリスト教国家の蛮行を正当化してただろwお前マジで
認知症なの??
わざわざお前の書き込みをコピペして持ってきてやろうか?
まあ、やっとキリスト教国家の野蛮さがわかったなら、ここで他国の行いを
野蛮野蛮と騒ぎ立てる必要も無いんじゃない?


662 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 01:23:09 ID:WWI9f/nt
>また逆に言えば、教皇庁ではなく一宣教師がそんな書簡をしたためなければならないほどに、
>教皇庁は宣教師を送ることだけに熱心で植民地化に対する関心は低かったことを示しているだろう。

お前ほどキリスト教にとって都合のいいように歴史を捻じ曲げて解釈できたら
あっぱれだなwだからキチガイみたいにクリに入信してるんだろうけどw

何が「逆に言えば」??教皇が植民地化するためにスパイとして宣教師を送り込んだんだろw
だから宣教師は教皇宛に現在状況を知らせる文書を送って連絡を取り合っていたんだろ。

まあ、仮にその宣教師が単独でそんなことをしていたなら、その宣教師の
教えはまがい物だし、その信者もまがい物。だから聖なるキリシタンじゃないだろ。
君の同志じゃないから、暴徒化した結果殺されても騒がないで。

663 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 01:30:17 ID:WWI9f/nt
>庶民向けのメッセージのメッセージだったら、神国だからとかそんなわけの分からないことより、
>国防というより明確で具体的な根拠を示しただろう。もしそれが本当の理由だったならばな。

庶民に、「キリスト教と宣教師は日本を滅ぼす危険のあるもの」と示したら、
庶民は恐怖で隣人のキリシタンや海外に逃がす前の宣教師を捕らえて殺してしまうなどという
混乱が起こるかもしれないだろ。
国民に不必要な不安を与えずに、速やかにできるだけ落ち着いて外国人とキリシタンを
追放できるようにするためには、その方法が良いはず。
大パニックが起こったら、国の体制も乱れるし、その隙に海外に攻め込まれる可能性もある。

664 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 01:46:21 ID:WWI9f/nt
>少なくとも、原爆投下を犯罪だと糾弾するなら、キリシタン大殺戮もとんでもない犯罪行為だとして糾弾しないと一貫性がないだろう。
では、原爆投下が犯罪でないなら、キリシタンの処刑も犯罪ではないな。

>原爆使用を犯罪だと定義する法的規範は未だ存在しないばかりか、核兵器保有はインドやパキスタンなど多くの国において有効な国防手段の一つとして認識されているのに対して、
へえ、クリの君は原爆の使用がよい事だというのか。やっぱ野蛮だなクリは。
国連では核の撤廃に向けた運動を強めているし、どこかの国が核を作り始めただけで大騒ぎだけど、
それでも全世界で核が認められていると言うの?
パキスタンとかイランとか、紛争の収まらない後進国じゃん。そんな国の法律が合法だからとか
言ったって、何の説得力も無いよ。

あらゆる国で、宗教の自由が合法だったら、それは世界の法律?関係なくない?
正義はメジャーかどうかで決めるものなの?

>信教の自由は憲法・法律によって保障されそれに対する侵害は人権侵害として明確に違憲・違法行為だと多くの文明国では定められているのだから、
それは現代の話だろ。しかも、宗教と言っても、昔のキリシタンのような暴徒化する危険な組織で
あり、かつその信者と宣教師により国を滅ぼされる可能性が高い以上、禁止にせざるを得ないだろ。
それとも、国を滅ぼされても、クリの野蛮な行いを規制することは許されないのかな?

665 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 01:47:30 ID:WWI9f/nt
>むしろキリスト教弾圧をより強く批判すべきだということになるであろう。
いくらキリシタンが危険で野蛮でも、それを規制るすのは批判すべき事実と言う事ね。
自分勝手なんだねクリの考え方は。他人にどんなに迷惑をかけても、それを止められたら
怒り狂うんだ、クリは。自分のやりたい放題させてもらえないと、気が済まないんだね。
いくら法律で信条の自由だの、「これはこう」という条文があっても、ケースバイケース
というものはあるよ。いくら宗教の自由があったって、麻薬のように他人に危害を加える
可能性のあるものはだめだろ。

>もちろん第2次大戦における原爆使用に関しては、それ以前に糞ジャップが
>シンガポールや南京などでの大虐殺・重慶やダーウィンなどでの市街地無差別絨毯爆撃・バターン死の行進などの捕虜大虐待といった、
>それ以上の残虐行為を既に繰り返してきていたからという面があることも忘れてはならない。
それ、アメリカと関係ないじゃん。アメリカには他国を裁いてその刑罰を執行する権利があるの?

>隠れて密かに信仰を守っていた者までをも徹底的に殺戮して回ったという糞ジャップの蛮行と比肩
>できるような代物では全くない。
何言ってんの?だから、当時キリシタンは麻薬のように危険で違法のものだったと
言っているだろ。麻薬所持者をあぶりだすのは当然の事。隠れて麻薬吸うのが正義なわけ
ないだろ。

666 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 01:52:54 ID:WWI9f/nt
>麻薬であれば多くの国で禁止されているはずだが、キリスト教は当時世界中の多くの国で禁止されてはいなかった。
侵略国家の宗教だったからね。侵略する側で禁止されないのは当たり前だろボケ。
こっちは攻め込まれる側だったから禁止になったんだよ。
麻薬は多くの国で禁止されていた??中国にアヘンを持ち込んで国民をぼろぼろにしたのはどこのだれだっけ?

>糞ジャップの勝手な定義などには何の価値もないので、
一つの国がキリスト教は危険だと判断したのです。クリに価値は無くても、当時の日本にとっては
大いに価値があったのです。君にとっての価値はどうでもいいです。

>それを基に何らの立論が可能なものでもない。
キリスト教国家は宣教師をスパイとして送り込み、宗教を利用して
日本人を洗脳して兵士とし、日本も植民地化しようとした。
これでキリシタンの危険性の立論は十分です。


667 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 01:55:03 ID:WWI9f/nt
>糞ジャップの謝罪など何の価値もなく糞の役にも立たないので求めていないと前にも言ったはずだが。

負けず嫌いなんだね。っていうか、君が愛してやまないキリシタンの子孫たちに向かって
イエローモンキー糞ジャップだの、劣等民族だの、暴言を吐いてなんて罰当たりなやつだw


668 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 02:09:03 ID:WWI9f/nt
>植民地化のための必須条件ではなかっただろう。人身御供を行うなどの野蛮文化を改めさせるために必要だっただけ。

ほら、野蛮な宗教は強制改宗させていいんだろ?信条の自由は?
日本でも、キリシタンは日本を破壊する野蛮宗教集団だったんだよ。
強制改宗させても何も悪くないだろ。

日本の諸国を占領し、全国を征服せんとするためのもの
って日本を侵略するって事だろ。植民地化と一緒だよボケ。

>自国民がキリスト教王国を作ったとしても、それは『外敵の侵略』ではない。従って「国>防」という言葉も出てきていないことになる。
は?だから、日本人キリシタンの一部がキリスト教国を作ったら、宣教師とキリスト教国家は日本の占領が目的だったわけだから、その国は思う壺で占領されるだろうといっているのだが。

>もうね、日本人に人権意識が希薄であることをこれ以上示さないほうがいいと思うけど.>なあ。上塗りするだけだからさ。
だったら2ちゃんでも人権希薄と発言するのをやめたらもっといいんじゃないの?w


669 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/19(日) 03:51:49 ID:LvKoW8qe
何言ってやがる、低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップのクズどもが。w

>>661
正当なものもあったし不正なものもあっただろうねえ。全て正当なんて主張した記憶は、少なくとも私に関する限りないな。

>>662
>教皇が植民地化するためにスパイとして宣教師を送り込んだんだろw
>だから宣教師は教皇宛に現在状況を知らせる文書を送って連絡を取り合っていたんだろ。
ソース出してからほざけ屑が。根拠もなくそういう世迷言を公共の掲示板に書き込んでいると、名誉毀損が成立する可能性もあるぞw

>>663
あの伴天連追放令でも十分キリシタンが危険性を吹聴しているだろうが。
それにお前の主張に乗っかれば、追放や処刑されたキリシタンや宣教師たちに追放や処刑に至る本当の理由は示さずに追放や処刑を糞ジャップは行ったことになるがそれでいいのか?やはりとんでもない野蛮国なんだな。お前の主張によると。

>>664
前段:それだと、喫煙が犯罪でないなら、麻薬吸引も犯罪でないと言っているに等しいが。w
中段:原爆使用がいいとも悪いとも言っていない。原爆使用を犯罪だと定義する法的規範は未だ存在しないばかりか、核兵器保有はインドやパキスタンなど多くの国において有効な国防手段の一つとして認識されている、という事実を示したまでのこと。
パキスタンやイランだけではなく、もちろん常任理事国はみんな核保有しているが。
後段:キリシタン大虐殺が正しかったとお前が主張しているのも現代の話だが。w
キリシタンが暴徒化したという事実はもちろんその可能性も存在しないし、信者と宣教師により国を滅ぼされる可能性が高いともいえない。
しかも虐殺された者たちの多くは、大人しく隠れて信仰を守っていたに過ぎない。

670 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/19(日) 04:10:09 ID:LvKoW8qe
>>665
>麻薬のように他人に危害を加える可能性のあるもの
キリスト教はそれには該当しないが、仮にそういう宗教が存在するとしてもただ可能性があるというだけで特定宗教の信者や指導者などを追放・虐殺するような行為はとんでもない人権侵害行為。
犯罪が現に行われた場合でも、実際に犯罪を行った者だけを処罰することが可能なのであり、その宗教の信者や指導者を追放・虐殺するような行為は許されるものではない。

>それ、アメリカと関係ないじゃん。
集団的自衛権の概念も糞ジャップは知らないのか?話にならんな。それとバターン死の行進などの捕虜大虐待では米国民も直接被害にあっている。

>だから、当時キリシタンは麻薬のように危険で違法のものだったと
だから、麻薬で立論することはできないと言っているだろうが屑が。

>>666
前段:阿呆。キリスト教は世界中のほとんどの国で禁止されてはいなかった。糞ジャップのようなほんの一部の変わった国は除いてな。
アヘンは英国でも禁止されていた。本国では禁止されているようなものを輸出していたから問題になったんだろうが。
中段:いや糞ジャップにおける勝手な定義などキリスト教徒にとってだけではなく国際社会において全く無価値だからこそ、外圧でキリシタン禁制は改めさせられたんだろうが。歴史的事実を直視しろ。
後段:こちらの反論は全部スルーして妄信を展開かよw。まあ、何を信じようが自由だけどね。

>>667
いつからキリシタンの子孫になったんだよ。証明してからほざけw

>>668
前段:宗教上の儀式や宗教的な活動そのものにおいて著しい人権侵害行為を行うような宗教は邪教だから、確かに改めさせられても止むを得ないだろうね。
でも、そのような例外的場合を除いては信教の自由が優越する。
中段:宣教師は占領など関心がなかった。自国による支援を求めた宣教師が仮にいたとしても、それは布教をより円滑に行えるようにするためのものに過ぎなかった。

671 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/19(日) 04:27:21 ID:LvKoW8qe
>>650
>例を出してみな。w
まあ、宣教師は布教活動をしていただけで、侵略などはしていないがな。
「リッチは中国において知識階級に受け入れられるために儒学者の衣服をまとい、中国語と中国文化を学んだ。
相手を低く見てヨーロッパの文化を一方的に押し付けるのではなく、相手の文化を評価・尊重し、これに適応するのがイエズス会の「適応政策」(適応主義)であった。」

「中国人の生活の中にこれらの宗教は密接に結びついていた。特に儒教と道教において祖先の位牌の前で香を焚き、祈りをささげる行為は人々の生活から切り離せないものだった。
イエズス会員たちはこれを「宗教的儀式」ではなく「宗教色のない古来からの社会的習慣」であると主張し、カトリックに改宗したものであってもそれらの儀式を行うことはさしつかえないと主張した。」

>占領、征服は何のため?w
一向宗門徒が作ろうとしたのと同じような宗教王国を作ろうとしたんだろう。
「宗麟自身もキリスト教の教義に惹かれるようになり、遂には入信し日向にムシカ(理想郷。漢字表記は務志賀とされる。現在の宮崎県延岡市無鹿町の付近)の建国を夢見て耳川の合戦を引き起こすことになる。
ムシカとはスペイン語で音楽を意味する「ムジカ」に由来し、宗麟はかつて西洋の音楽を聴いて非常に感銘を受け、その旋律のように平和な理想郷を夢見た。」

>間接的な手段によって相手国の内部で反乱や騒擾を引き起こして武力攻撃する間接侵略
相手国の内部での反乱や騒擾は既に起こっていただろうが。w
宣教師がやってきたとき、たまたま戦国時代だったというのは、宣教師や信者たちにとってはむしろ不運だった。
好戦的な糞ジャップらしい時代じゃないかといわれてしまえば、そうだというしかないけどね。w
もし宣教師がやってきたときに既に絶対的かつ継続的な支配者が確定していれば、彼に許可を得れば安定した布教活動を続けていくことができたであろうに。中国みたいにな。

672 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 05:50:47 ID:4nBrIQrv
>>660
>布教活動が信教の自由侵害とは片腹痛し
布教活動とやらの内容を知らぬようだな。w

でよ阿呆CDUよ。
>まあ、宣教師は布教活動をしていただけで、侵略などはしていないがな。
侵略のススメ!というのもやった屑宣教師もいただろ?w

>イエズス会の「適応政策」(適応主義)であった
フランシスコ・カブラルは?ww

673 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 05:53:14 ID:4nBrIQrv

>一向宗門徒が作ろうとしたのと同じような宗教王国を作ろうとしたんだろう。
>「宗麟自身もキリスト教の教義に惹かれるようになり、・・・
ttp://cost-off.seesaa.net/article/112442149.html
という美談に仕上げていたが、実際の宗麟は
「他人の気持ちを考えない横暴な性格」
「家臣の妻を略奪するほどの好色家」
「政略は一流、軍事は二流」
などと評価は悪く、また
「キリシタンになったことで大友家臣団の宗教対立が勃発」
「キリシタン王国を作るために神社仏閣を徹底的に破壊」
という記録が残っている。洗礼名は「ドン・フランシスコ」。
(略)
その時の2○h実況板の書き込みのほうが、よっぽど面白かったので一部引用。
キリスト教に殉じた 稀有な人   ×
白人のために働いた馬鹿な大名 ◎
宣教師   ×
奴隷商人 ◎
大友・F・宗麟でいいよもう
キリスト教は侵略の道具
フロイスってカッコつけてもタダのスパイか
大砲買うために、奴隷として仏教徒を何十万と南蛮商人に売り渡したらしいじゃん
普通に仏罰だろ
南蛮の手先宗麟の野望を打ち砕いた島津は救国の英雄
さすが島津だぜ
理想郷を信じる奴にろくな奴いねーな
俺の戦争はきれいな戦争 俺がガンダム

674 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 05:59:00 ID:4nBrIQrv
>相手国の内部での反乱や騒擾は既に起こっていただろうが。w
宣教師どもが騒擾を煽っていただろ?w

つーかさ、低能鬼畜外道CDUよ。
お前の
>・弾圧の最高責任者たる秀吉自身が国防・植民地化云々ということをいったと
>いう事実を示す書証はなく、伴天連追放令では日本は神国だの仏法を守るために
>キリスト教は出て行けだのわけの分からないことを述べているのみであること。
という主張が間違っていたということだ。
御託並べる前に己の間違いを認め、反省しておけ。w

675 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 10:27:59 ID:6ZjLBLnc
ぜーんぶひっくるめて


        『神の試練』


でおk。感謝しろよ、日本人にwwwwwww

676 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 18:53:53 ID:39RKGe3G
早い話、日本人はクズだということだね。

677 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 18:54:47 ID:bvPL4aaH
在日朝鮮人

678 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 20:18:41 ID:01ezwqOc
在日のアンチキリストと、
日本人のクリスチャンどちらのほうが、
ましですか?



679 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 20:52:31 ID:iC/bRVP4
>不正なものもあっただろうねえ。
キリスト教国家の野蛮さがわかった?不正も数多く行って来たということで、
クリが他国をクズだと侮蔑する資格なし。

>ソース出してからほざけ屑が。根拠もなくそういう世迷言を公共の掲示板に書き込んでいると、名誉毀損が成立する可能性もあるぞw
は?お前何言ってんの?根拠もなくそういう世迷言を公共の掲示板に書き込んでいると、名誉毀損でつかまるぞw
お前が「キリスト教国家が日本を占領し、植民地化にする意図は全く無く、宣教師がスパイとしての活動を
一切行った事実も無く、キリシタンは日本に対して一切危害を加えなかった」
という証拠を出してからほざけ。
さんざん日本人を低脳イエローモンキー糞ジャップだの、劣等民族だの公共の掲示板で書きやがって。
てめえが侮辱罪で捕まるぞアホ。



680 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 20:58:58 ID:iC/bRVP4
>追放や処刑されたキリシタンや宣教師たちに追放や処刑に至る本当の理由は示さずに
>追放や処刑を糞ジャップは行ったことになるがそれでいいのか?
は?日本を滅ぼそうとする敵国に、わざわざ追放する理由を教えなきゃいけないの?
面と向かって、「お前の国は日本を侵略しようとしている意図が見えるから、国から
出て行って下さい」とか?wまじ笑えるね。で、なんで国から出て行ってもらうことがそんなに野蛮なの?
現地にずかずか踏み込んで、現地人を殺戮して強制改宗させて、国を占領して植民地化を多地域において
行ったキリスト教国家の行いの方がはるかに野蛮じゃない?

>やはりとんでもない野蛮国なんだな。お前の主張によると。
アジアやアフリカの国々を、自分たちの利益のためだけに植民地化しまくった
キリスト教国家は、とんでもない野蛮国。国を守るためにキリシタン禁制を行った
日本とは比べ物にならない野蛮さと利己的さ。

681 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 21:06:00 ID:iC/bRVP4
>それだと、喫煙が犯罪でないなら、麻薬吸引も犯罪でないと言っているに等しいが。w
は?意味不明。

>原爆使用がいいとも悪いとも言っていない。原爆使用を犯罪だと定義する法的規範は未だ存在しないばかりか、
法律が無ければ何をしてもいいというのね。さすがキリスト教の考え方だね!典型的w

>核兵器保有はインドやパキスタンなど多くの国において有効な国防手段の一つとして認識されている、という事実を示したまでのこと。
示しただけなんだね。だったら原爆使用が良い事だという説明にはならないね。君の負け。

>キリシタン大虐殺が正しかったとお前が主張しているのも現代の話だが。w
正しかったなんて言ってないだろ。そうするしか方法が無かったから仕方が無いと言っているんだよ。

>キリシタンが暴徒化したという事実はもちろんその可能性も存在しないし、
は?事実ならいくらでもあるけど?

>信者と宣教師により国を滅ぼされる可能性が高いともいえない。
何言ってんの?そうだったからキリシタン禁制になったんだけど?

>しかも虐殺された者たちの多くは、大人しく隠れて信仰を守っていたに過ぎない。
法律違反のキリスト教を隠れて信仰し、棄教せずにかれらが殉死を選んだだけにすぎない。
彼らは法律違反を貫く事に価値を見出しただけ。棄教すれば殺されることもなかった。
虐殺じゃなくて処刑の間違いでしょ。



682 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 21:21:55 ID:iC/bRVP4
>キリスト教はそれには該当しないが、
当時は該当したんだよ、キリスト教大好きCDUちゃん。

>仮にそういう宗教が存在するとしてもただ可能性があるというだけで特定宗教の信者や指導者などを
>追放・虐殺するような行為はとんでもない人権侵害行為。
ふーん、じゃあ、クリスチャンに日本が滅ぼされるのを、ただ黙って待つしかなかったんだね日本は。
クリの発想は野蛮だね。自分たちがどんなに迷惑な行為をして、他人に危害を加える思想の活動をしていても、
それを禁止されたら腹立てて怒りまくるんだ。自分の権利だけ主張するのは得意だよねクリは。公共の福祉なんて
無視だもんね。クリは、「人権」は自分がすき放題できる権利というのと勘違いしているんでしょ?w

キリスト教国家は、植民地先の生贄の習慣のある原住民を強制改宗させたり、反逆する原住民を沢山虐殺したよね。
そんな事を時代を率先してやってきたんだもんね。クリ国家は人権侵害しまくりなんて野蛮なんだろうね、キリスト教国家は。

キリスト教が違法であり、犯罪だった。実際に犯罪を行った者だけを処罰していた。
迷惑行為を行う集団を追放したらだめなの?どこまで面倒見れっていうの?
追放したのは宣教師がスパイの役割をしている可能性が高かったから。そういう文書も見つかって
いるしね。スパイは国際的にも重罪で、追放どころか拷問&投獄されるような犯罪だけど。
何度も言うが、麻薬は所持しているだけで違法なんだよ。キリスト教は、日本にとっては
その麻薬に匹敵するほど危険なものだった。当時のキリシタン=麻薬。これで
罪の重さは一目瞭然だろ?
いくら現代の法律で宗教の自由があることを主張したって、当時の日本にとっては
キリスト教は危険物そのものだったんだよ。それはキリスト教諸国の行いが悪くて結果そうなったんだ。
日本人クリが酷い目にあう羽目になったのは、まぎれもなく汚いクリ国家の野蛮人の野望のため。
蔑むなら、そっちを批判すべき。

日本人を沢山処刑しなければならないような状況を作りやがって!!かつてのキリスト教国家、許さん!!


683 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 21:30:30 ID:iC/bRVP4
>集団的自衛権の概念も糞ジャップは知らないのか?話にならんな。
キリシタン禁制は、日本国内における自衛権です。日本を自衛して何が悪いの?
自衛は犯罪?自衛が犯罪なら、原爆投下も立派な犯罪。何もしていないイラクに攻め込んだアメリカ
も、列記とした犯罪キリスト教国家だけど?

>それとバターン死の行進などの捕虜大虐待では米国民も直接被害にあっている。
キリシタンによって日本人も負傷し、寺院も多く破壊された。日本人は直接的な
被害に遭っている。だからキリシタンが処刑される理由はしっかりある。
バターン死の行進において、犯罪を一つも犯さず、全く無関与の日本人も
大量に殺戮された。無関与の人間でも、「日本人」の一人であれば、殺されても当然なんだろ?
日本人に直接危害を加えた日本を脅かす犯罪集団キリシタンの一人であれば、棄教か処刑
を迫られて当然ということを君は説明してくれてるんだな。

684 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 21:40:47 ID:iC/bRVP4
>だから、麻薬で立論することはできないと言っているだろうが屑が。
麻薬で立証?あほちんCDUのために、分かりやすく麻薬を例にして説明
してあげてるだけだけど。

>阿呆。キリスト教は世界中のほとんどの国で禁止されてはいなかった。
世界中のほかの国が禁止していなかったから何?日本では禁止だったと言ってるんだが。
他の国が合法としているものは、ある国では違法にしてはいけない国際法律ってあるの?

キリスト教国家に植民地化された原住民は、キリスト教を禁止したくても、抑圧されて
出来ない状況だったんだよな。
禁止されたくなかったら、キリスト教国家が植民地化なんて野蛮な行為を行わず、
日本の寺院を破壊させるような真似を宣教師がさせなきゃよかったんだよ。
全ては自分たちに非があることに少しは気づけアホ。

>いつからキリシタンの子孫になったんだよ。証明してからほざけw
当時日本では、キリスト教は結構流行してたんだ。多神教国家の日本において、
キリスト教も仏教の一つだと勘違いして信仰していた信者も沢山いた。
禁制により棄教させられたキリシタンは、無宗教かその他になった。
もとキリシタンの祖先は沢山いた。だから現代の日本人のほとんどにおいて、
かつて棄教されたキリシタンの血が混じっている率は高い。証明しなくても、
少し考えれば分かる事。
CDUは愛してやまないキリシタンの子孫を劣等民族イエローモンキー糞ジャップとののしっている。
キリシタンの祖先はさぞお悲しみであろう。自分の子孫が、野蛮鬼畜CDUによって
そのように蔑まれている事を。
CDUってまじ頭悪いんだね。


685 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 21:52:15 ID:t5QRaLUa
>キリスト教国家は、とんでもない野蛮国。国を守るためにキリシタン禁制を行った
>日本とは比べ物にならない野蛮さと利己的さ。
棄教しないからといって、逆さづりにしてうんこ漬けにしたり、煮え湯の温泉に突き落としたり、
ぐるぐる巻きにしたみのに火をつけてあざ笑ったり・・・。よっぽどこっちのほうが野蛮だと思うよ。
それでも意思を貫いて虐殺された人たちのほうが真の日本人だったと思う。
武士道精神ここにあり。

686 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 21:53:30 ID:iC/bRVP4
>宣教師は占領など関心がなかった。自国による支援を求めた宣教師が仮にいたとしても、
>それは布教をより円滑に行えるようにするためのものに過ぎなかった。
はいはい。キリスト教大好きCDUちゃんの思い込みね。

>好戦的な糞ジャップらしい
国内にとどまらず、世界中を侵略して虐殺しまくるクリ国家よりずっと穏便だけどねw
キリスト教国家って、非好戦的な穏便な文化だったんだw歴史の教科書作り変えなくちゃwww

>もし宣教師がやってきたときに既に絶対的かつ継続的な支配者が確定していれば、
>彼に許可を得れば安定した布教活動を続けていくことができたであろうに。中国みたいにな。
クリは絶対主権を指示するのかwまあ仮に日本がそうだったとしても、クリ国家が日本を侵略しようとしている
意図が見えた時点で国外追放だけどね。
中国のように日本がアヘンで汚染されずに済んで、本当に良かった。

687 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 21:57:35 ID:iC/bRVP4
>ソース出してからほざけ屑が。根拠もなくそういう世迷言を公共の掲示板に書き込んでいると、名誉毀損が成立する可能性もあるぞw
面白いねw日本人は自衛のためにキリシタン禁制にしたって意見を書いたら名誉毀損罪になるわけ?w

根拠も無く、日本人を「劣等民族イエローモンキー糞ジャップ」
と公共の掲示板に書き込む方が、はるかに捕まりやすいと思うけどw
民族差別かつ、人種差別かつ、侮蔑だもんね。
CDUの基準だからな〜。自分は侮辱罪には到底当てはまらないと本当に思っているんだろうね。

688 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 23:23:13 ID:iC/bRVP4
日本が近世初期にキリスト教(当時の表現ではキリシタン宗門)を弾圧し、ついで厳禁した理由については従来いろいろ論じられてきたが、
現今、このことでは内外の日本学者の見解は一致していると認められる。
豊臣秀吉が1587年(天正15)に、いわゆる「バテレン追放令」を出したときに、そこで述べている、わが国は「神国」だからという理由は、
国際的にも神学的にも通用しないが、宣教師たちやキリシタン大名が神社仏閣を破壊させたり、領民を強制的にキリシタンに改宗させたり
することは許しがたい、と指摘していることは当然である。秀吉はその後、フィリピンの総督にあてた書状において、「あなたがたはキリ
シタン宗門を広めることをもって、海外領土を獲得する一手段としているのであろう」と述べ、「日本においてあなたがたの国民がしてい
るのと同じことを、日本人があなたがたの国で行うならば、あなたもこれを禁じるであろう」と述べている。
秀吉や家康が、アステカ、インカの両国においてスペイン人征服者たちが行ったことの詳細を知らなかったとはいえ、また16世紀の終わりから
17世紀の初めにおいて、スペイン人やポルトガル人が日本を軍事的に占領することが不可能であったとはいえ、日本の為政者として、
キリシタンの布教には純然たる宗教的意図以外のものがあるとみなして、その布教を禁じたことは当然の処置であった。

在日宣教師たちのなかには、布教事業が思うにまかせぬ焦燥感から、スペインの軍事力に頼って西日本のどこかを要塞
(ようさい)化し教会の基地として、日本の政府当局に立ち向かおうというような不穏当な考えの者もいたし、
事実、一時的にせよ、長崎の岬が教会領となり、要塞化されたこともあった。

日本人は元来、多神教に慣れ、宗教的には甚だ寛容な国民である。
したがって、キリシタン宗門が伝来してから当初数十年の間、同宗門は弾圧されはしなかった。
それが、秀吉、家康の代に禁圧されるに至ったのには、それなりの理由があったといいうる。

http://100.yahoo.co.jp/detail/

689 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 23:44:32 ID:iC/bRVP4
スペインやポルトガルの侵略のやり口についてはその通りで、長崎などは
教会領になっており現実に侵略の危険があったから、鎖国の動機の一つにはなりうると思う。
慶長17年(1612)9月29日にはオランダ国王が家康にポルトガルの密謀を密告しているが、
オランダが「スペインやポルトガルなど旧教国はキリスト教を利用した植民地拡張政策をとっている」
と繰り返し中傷したことが大きかった。

http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-39.html

690 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 12:45:19 ID:7sYyCFVJ
キリシタン殺戮というあの残虐行為を「現代において」正当化すればするほど、屑日本人どもにいかに人権意識が定着していないかということをアピールすることになるということがまだ分からないのか?

691 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 15:21:35 ID:XxLGD9SD
キリシタンだから殺戮したというわけではないだろ。
仏教徒でもきちがいは処刑。
ぎゃーぎゃー大げさに騒ぐのはキリシタンだけ。きちがいだから。

692 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 16:56:40 ID:7sYyCFVJ
歴史的事実を考察しているだけだが

693 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 18:32:01 ID:ON3Jny6i
>>692
屑キリシタンどもの暴虐が招いたことさ。w
身から出た錆。

694 :某オヤジ:2009/04/20(月) 18:44:34 ID:SCNA9oG+
キリスト教に名を借りた朝鮮の宗教屋の洗脳工作かなコリヤ。

695 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 18:57:38 ID:shbig/bC
>キリシタン殺戮というあの残虐行為を「現代において」正当化すればするほど、
>屑日本人どもにいかに人権意識が定着していないかということをアピールすることになる
>ということがまだ分からないのか?

は?関係なくない?ただ事実をありのまま見ているだけじゃん。
クリこそ、「日本の将軍が、なんの理由も無くただキリシタン禁制にして、彼らを処刑した」という、
クリに都合のいいように歴史を捻じ曲げて解釈しようとする動きをするほうが、
事実を直視していなくて、カルト化してかなり危険だと思うけど。

キリスト教の残酷さと、クリスチャン達が神の名を利用して行って来た
蛮行を、きちんと見据えた方がいいよ。


696 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 19:01:10 ID:shbig/bC
>キリシタン殺戮というあの残虐行為を「現代において」正当化すればするほど、
>屑日本人どもにいかに人権意識が定着していないかということをアピールする
>ことになるということがまだ分からないのか?

日本の人権意識の高さをアピールするために、歴史的事実を偽る必要なし。
歴史を事実として見るという行為において、その人の人権の意識がどうかという事は
全く無関係。事実は事実。クリや日本人の人権意識の高さアピールのために、
歴史をおとぎばなしにして何の価値がある。

697 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 19:06:14 ID:shbig/bC
歴史を研究し、事実として直視しただけで、その人の人権意識が問われるなら、
歴史学において真実を公表するという事はできなくなるな。

クリは歴史解釈を、自分の人間性を取り繕うために行うのかな?

まあ、いくら進化論や、その根拠を裏付ける科学的事実がどんどん解明されても、
それらを完全否定して、聖書の御伽噺だけを本気で信じる人もいるくらいだし、
熱狂クリにとって歴史的事実はどうでも良い事なのかもね。
どうでも良いというか、クリがすばらしい集団になるように歴史を偽りたい
という間違いかw

698 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 19:12:07 ID:shbig/bC
>キリシタン殺戮というあの残虐行為を

犯罪者でも、クリを裁くのは残虐行為なんだね。

ようは、「世界で最も聖なるクリ」が裁かれるのが許せないんだね。

クリは他人に迷惑かけようが、自分のやりたい事を妨害されたら激怒するんだもんね。
3歳のおこちゃまなのかな??w

699 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 19:27:52 ID:shbig/bC
まあ、従来でも現代においても、日本の将軍が鎖国とキリシタン禁制を行った
理由として、「キリシタンは何も悪い事はしていないが、日本が神仏の国だから、外国の宗教は追放する」
という事だけという見解は大変斬新だから、その主張が歴史学の論文で事実として
認められたら、認めてやるよ。

こんな2ちゃんでごねてないで、世界に公表しなよ。
まあ、その理屈の根拠があまりに軽薄で偏っていて浅はかだから、論文として
すら成立しないと思うけどw

キリシタン禁制が、日本の将軍の趣味、きまぐれで施行されたなんて真実じゃないんだから
お前どうせ論文にできないでしょw

700 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 19:31:02 ID:yKCR015z
>>692
>>691で終了だ

701 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 19:34:43 ID:shbig/bC
>在日宣教師たちのなかには、布教事業が思うにまかせぬ焦燥感から、スペインの軍事力に頼って西日本のどこかを要塞
>(ようさい)化し教会の基地として、日本の政府当局に立ち向かおうというような不穏当な考えの者もいたし、
>事実、一時的にせよ、長崎の岬が教会領となり、要塞化されたこともあった。

>日本人は元来、多神教に慣れ、宗教的には甚だ寛容な国民である。
>したがって、キリシタン宗門が伝来してから当初数十年の間、同宗門は弾圧されはしなかった。
>それが、秀吉、家康の代に禁圧されるに至ったのには、それなりの理由があったといいうる。

こういう事実をスルーして、「キリシタンも宣教師もスペイン、ポルトガルも
禁教されるようなやましい事は何もしていない!!日本人が野蛮だから理由も無くキリシタンを追放
したり処刑したりした!!」
と騒ぐクリは完全カルト。

702 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 19:45:20 ID:shbig/bC
>自国による支援を求めた宣教師が仮にいたとしても、
>それは布教をより円滑に行えるようにするためのものに過ぎなかった。

ふーん、その援助要求の手紙の内容が、「日本人は戦術に長けており、我々の武力をもって
淘汰出来るかどうかはわからないが、信者を駒として国を滅ぼさせれば、
我々の勝ち目は見込めるだろう」というようになるのか。
一体どうやって布教するつもりだったのかなぁ??布教のために相手の軍事力を
推察して、自分の信者を戦闘員として使う事まで考えるんだもんね。
ああ、恐い宗教だw

703 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 20:19:17 ID:shbig/bC
>棄教しないからといって、逆さづりにしてうんこ漬けにしたり、煮え湯の温泉に突き落としたり、
>ぐるぐる巻きにしたみのに火をつけてあざ笑ったり・・・。よっぽどこっちのほうが野蛮だと思うよ。
もちろんそのような行為は野蛮以外の何者でもない。
しかし、どちらが野蛮かと比較したら、何の犯罪も犯さずに、平和で暮らしていた
原住民の領地を、自分の私利私欲のために侵略し、原住民を世界中で虐殺しまくったキリスト教
国家の方が、規模的にも倫理的にもずっと残酷かつ野蛮。

>それでも意思を貫いて虐殺された人たちのほうが真の日本人だったと思う。
>武士道精神ここにあり。

生を捨ててでも信仰を強要するというキリスト教の残酷さ、狂気さ加減が具間見える。

聖書を読んでも、伝説を聞いても、宣教師から話を聞いても、
キリスト教の教義は暴力と脅迫の上に成り立っていると感じる。

704 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 20:29:42 ID:shbig/bC
>領民を強制的にキリシタンに改宗させたり

キリシタン自信は信条の自由を騒ぎ立てるが、キリシタンの中に他教徒の
信条の自由は無い。

705 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 20:37:05 ID:7sYyCFVJ
あほうw
歴史事実には争いがないんだぞ。その事実をどう評価するかの問題だ。
日本人はやはりどこかずれてるねえ。

706 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 21:29:41 ID:7sYyCFVJ
ここ読んでると、日本人は今だに残虐民族なんだなということがよく分かるよね。

707 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 00:35:40 ID:a0nchd1s
どうしても日本人を残虐民族にしたい輩がいるようだけど、
60年間戦争をせず、キリスト教諸国に比べ遥かに低い犯罪率で、核兵器も持たず、
恒久平和が憲法にあり、開発途上国に多くの援助を行っている日本国の現状から考えると、
現代の日本が野蛮だと言う主張はかなり説得力ないよね。。。
大根はやっぱり赤いと言っているようなものだ。

野蛮対決なら、核の保有の「疑惑」だけで無実の市民を大量に死なせる“戦争”をしてしまう国だとか、
性上納とか現時点で問題になっている国の方が遥かに野蛮だと思うけど・・・。
ああそうか、キリスト教には女性と異教徒の人権は無いんだっけね、忘れてたw

歴史事実に争いが無いとか書いてる人いるけど、戦争は事実じゃないんだ。
知らなかった。だったら第二次世界大戦も無いよね。戦争は争いの事だもん。
歴史事実にアメリカと日本の争いは無かったわけだから、原爆を日本に投下した
キリスト教国アメリカは大罪を犯したね。

708 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 01:18:26 ID:XJNASTt9
ここ読んでると、クリスチャンは今だに被害妄想なんだなということがよく分かるよね。

709 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 01:28:23 ID:WPBp7/zm
何で根絶やしに出来なかったのか悔やまれる

710 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/21(火) 03:35:53 ID:AGl0wNbf
醜い国ジャップは世界の僻地で、文化的にも最後進国だったといってよかろう。今でもそうだが。

ジャップはそんな野蛮国だったから借り物文化で猿真似をして、自らの文化を築き上げるしかなかったのだ。

つまり醜い国ジャップにはキリスト教を批判できる論理的根拠など何一つないのである。

実際ここでもキリスト教批判は感情論ばかりだもんな。w

ズルズル汚い音を立てないと、スパゲッティやスープを食べることが出来ない糞ジャップは野蛮民族である。

信号のない横断歩道で歩行者が横断しようとしていても、車を停止させようとするドライバーがほとんどいない糞ジャップは野蛮国である。

世界に兵器それも大量破壊兵器への転用可能な品物を輸出しまくっておきながら、「武器を輸出していない唯一の平和的国家である」などと嘯くジャップは偽善国家である。

都合の悪いことは全部見て見ぬ振りをして済まそうとするのが、卑劣なジャップの常套手段だよね。
そんなことをしているから糞ジャップはいつまで経っても世界から信頼されない。

西欧においてカテドラルの壁やモアイ像に落書きしたり大声を出したりするなど、糞ジャップのマナーの悪さも世界中で有名。野蛮民族なのだから仕方がないのだが。

711 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/21(火) 03:38:05 ID:GDXBPymi
ジャップはやはりドイツとは比較にならないほどの野蛮国なんだな。
というかドイツだけに限らず、多くのキリスト教国と比較してジャップはかなりの野蛮国。w

路上などの公共の場所での喫煙が野放しになっているなど、喫煙対策が未だに立ち遅れている醜い国糞ジャップは野蛮国である。

それ以前に糞ジャップは野蛮で低脳だから、何をほざいても説得力は全く生じないんだよねえ。
残念ながら。w

糞ジャップはそもそも低レベルな文化しか持っていないDQN国だから、そんな野蛮国の連中がキリスト教をどんなに誹謗中傷しても、結局負け犬の遠吠えにしかならないわけなのだ。w

全部借り物文化で独自の文化を殆ど全く持ち合わせていない『醜い国』の糞ジャップは、キリスト教を誹謗中傷できるような根拠がないのだから、それも仕方がないんだけどね。

「敵性語」なんて言葉を使うこと自体が低次元な糞ジャップの野蛮な発想なんだよね。そんな発想を持っているから戦争で惨めな大敗を喫してしまうんよ。w

とにかくね、糞ジャップは民族的に能力が極めて低いから自前の文化を築き上げるようなことはできなかったのはある意味仕方がないんだけどね。
ただ、現在糞ジャップが持っている文化は全て外国からの借り物に過ぎないのだということは、分かっていないといけないよ。
そういうことが分かっていないと、本来は良いものであっても、使用を誤って良くない効果を出してしまうことが往々にしてある。
自由とか個人主義といった概念も低脳な糞ジャップにはその実体の正確な理解が困難なようなので、意味を取り違えて誤用をしてしまうことがあることもそのことによるのであろう。

712 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/21(火) 03:40:31 ID:GDXBPymi
諸行無常なんて、見たまんまじゃねえか。w
生々流転する被造物たる自然物や自然現象の背後にある永遠普遍の真理、更にそれを支配している全知全能の神を見出すことが出来なかったことが仏教の限界でしょうな。

例えば、氷が水になり更に水が水蒸気になるという現象を表面的にだけ見れば如何にも生々流転して変化しているように見えてしまうが、
実はH2Oという分子自体は何も変わっていないというが如しだな。
こんな現在なら中学生でも常識になっているようなことすら釈迦は分かっていなかったんだなあ。w

諸行無常や輪廻転生も科学的にありえんし、差別思想にもつながりかねない危険な発想だよね。
やはり釈迦はアフォやね。w
教祖がヴァカなら、信徒もヴァカ。
道理で仏教が影響力を持っていた地域においては科学が発展しなかったわけだ。
やはり東洋思想はダメだね。話にならん。消えるべき。

生れ落ちた直後に立ち上がり何を血迷ったか「自分こそ宇宙で唯一尊い」などと口走ったトンデモ勘違い思い上がり野郎の妄言なんか信じてんじゃねえよ。

「自灯明」とはオレ様正義を振り回せということであり、「法灯明」とは人類普遍の客観的正義たる法に従えということだろ。
こんな矛盾したことを平気で同時にいえるような奴は分裂症気味だよね。w

王位継承者である王子の身分に生まれながら、世の中が空しくなったとかわけの分からないことをほざいて、
後継者がいなくなればやがて路頭に迷うことになる恐れもある家臣・領民を身勝手にも捨てて出て行くような無責任野郎の言うことは信用できないよね。

生老病死が苦だと勝手に決め付けてネガティブキャンペーンをして布教活動していたのはどこのどいつだよ。
出家していくときも、高齢者や病人を見て彼らを惨めな連中だと思ったそうじゃないか。敬老の精神や弱者をいたわる感覚が欠如しているんじゃねえの。
だいたい、生老病死が苦だというのは、若くて元気で生きているのが当然のことだなんて傲慢な考え方を前提としていることになるよね。
人間は神のお恵みによって生かされているという基本的な認識が欠如しているのは不届き千万だ!

713 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/21(火) 03:41:59 ID:GDXBPymi
殺生戒なんて実現不可能の絵空事な戒律作ってんじゃねえよ。
これを本当に遵守しようと思えば、人体の持つ免疫機能もなくさないとダメだよね。
死ねといっているに等しい。w
シャカは殺人鬼。
父の思いも無視して勝手に隠れて家出していった我が儘野郎で親不孝息子のゴータマ君は『家族の価値』など当然軽視していたんだろうな。

犬の生命も更にはウィルスや細菌の生命もその尊厳性において人間の生命と同等だとブッキョはいうんだろ。
逆に言えば、人間の生命の尊厳性もウィルスや細菌の生命と同等程度しかないと。
これが仏教の限界。
あまつさえ、「生命を奪った者は、自らの生命を以って償うのが「生命尊重の本質」」というが、ある生物の生命を守るために他の生物の生命を奪うというのが自然の摂理である。免疫然り、動物が他の動物の肉を食すること然りである。
したがって、このような考え方は「生命尊重の本質」どころか生物のその存在の基礎を奪う考え方であるばかりか、自然の摂理を真正面から無視した考え方である。
また、生命の尊重を言うなら、他人の生命はもとより自己の生命すらも勝手に処分することも認めるべきではないだろう。
他人の生命を奪ったものが自己の生命をもって償うということは、その罪の償いのための道具として自らの生命を扱うということを意味し、これは生命の価値軽視以外の何物でもなかろう。
死刑が未だに存在する醜い国糞ジャップは野蛮国である。

サービス残業という名の事実上のタダ働きが当たり前のように行われていて、経営者のやりたい放題が認められている醜い国糞ジャップは野蛮国である。
また後期高齢者虐めの保険制度をゴリ押ししたのも、糞ジャップが野蛮国であることの表れ。

花見などと称して公共の場で宴会を行い、多人数で酒を飲み奇声を発するというマナー無視の傍迷惑な習慣を持つ糞ジャップは野蛮民族である。

インチキ映画や暴力ゲームばかり制作して暴利を貪り世界で顰蹙を買っている○ニーみたいな悪徳業者も多いイエローモンキーの低脳糞ジャップは野蛮杉。

政府の方針に批判的な言論を行っている者を自衛隊が監視し、その名前をリストアップするなどというナチスまがいの蛮行がまかり通っているイエローモンキーの低脳糞ジャップはやはり野蛮国。

714 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/21(火) 04:07:44 ID:GDXBPymi
>>672-674
つうか、偉そうな口を叩く前にコテ付けろや。
また怪しげなブログかよ。進歩がねえな。w

>>679
前段:糞ジャップの野蛮さには負けるよ。
後段:アフォw↓こんな主張をする奴に立証責任がある。
>教皇が植民地化するためにスパイとして宣教師を送り込んだんだろw
>だから宣教師は教皇宛に現在状況を知らせる文書を送って連絡を取り合っていたんだろ。
劣等民族のイエローモンキー糞ジャップを劣等民族のイエローモンキー糞ジャップと呼んでどこが悪い。

>>680
はいはい。糞ジャップは処刑や追放を行う相手に対して理由も告げないような野蛮国だというわけだね。禿同w

>>681
>正しかったなんて言ってないだろ。そうするしか方法が無かったから仕方が無いと言っているんだよ。
そういうのを世間では「正当化」と呼ぶと折角教えてやったのに、まだ分からないのかよ。ったく低脳の劣等民族イエローモンキー糞ジャップは本当に学習能力がないんだな。話にならんw

>>682
おいおい、的外れな反論をするのも自由だが、他人が書いた文章はしっかり読め。。
「『ただ可能性があるというだけで』特定宗教の信者や指導者などを追放・虐殺するような行為はとんでもない人権侵害行為。」だ、私が言っているのは。クズが。

>>683
前段:なーに論点をはぐらかしている。クズが。
糞ジャップが行った残虐行為に対して米国が集団的自衛権を行使したことは、国際法でも認められている全く正当な行為だということは分かったな。
後段:阿呆。糞ジャップどもは国家総動員体制の下で国民一丸となってあの戦争を支持し協力していただろうが。

>>684
>世界中のほかの国が禁止していなかったから何?日本では禁止だったと言ってるんだが。
だから糞ジャップの取り決めなど全く無価値だといっているだろうが。実際国際社会によって禁教令は改めさせられたという話はしてやっただろ。
植民地化されていなかった国でもキリスト教は禁止されていなかったといってるんだよ。論旨を汲み取れクズが。

715 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 04:53:08 ID:XJNASTt9
>つうか、偉そうな口を叩く前にコテ付けろや。
お前の大好きな「表現の自由」により拒否する。w

>また怪しげなブログかよ。進歩がねえな。w
阿呆。w
ファティマの預言とか釈迦架空人物説とか怪しげなサイトを引っ張って
来た低能外道たるお前が何を抜かす。w

でよ、飽きもせずコピペか。
>例えば、氷が水になり更に水が水蒸気になるという現象を表面的にだけ見れば如何にも生々流転して変化しているように見えてしまうが、
>実はH2Oという分子自体は何も変わっていないというが如しだな。
>こんな現在なら中学生でも常識になっているようなことすら釈迦は分かっていなかったんだなあ。w
これなんぞは間違いだということを何度も教えてやっているだろうが。w

716 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/21(火) 04:53:13 ID:GDXBPymi
>>684
>かつて棄教されたキリシタンの血が混じっている率は高い。
非キリシタンの血のほうが大半だろうが。w

>>687
>根拠も無く
根拠は>>710-713で示してやったぞ。感謝しろ。

>>688
おいおい、リンク切れしているぞ。お前の捏造文じゃないのか。

>>689
「鎖国の動機の一つにはなりうる」だろうが。
自国民の信者も含めた全キリシタンの殺戮の動機となりうるとは、そのサイトの管理人も書いてはいない。

>>695-704
つうかさ、そんなくだらない無内容のレスを五月雨的に連投しているんじゃねえよクズ野郎。

>理由として、「キリシタンは何も悪い事はしていないが、日本が神仏の国だから、外国の宗教は追放する」という事だけという見解は大変斬新
斬新も何も、秀吉のバテレン追放令の文章まんまだろうがw
統治の上での邪魔になる寺社を破壊したことは秀吉らもやったことだから、キリシタンが寺社を破壊したことが弾圧に至る主たる理由になるとは考えられんし。

>>705
いや、歴史事実そのものについて全く争いになっていないわけではないが、ここで中心的に問題としているのは、キリシタン大虐殺という歴史的事実に対してどう評価するかということだね。
それと、「キリシタン大虐殺があったという歴史事実そのものはここでは論争の的になっていない」と書かないと、誤解してしまう人がいるみたいだから気を付けてw

717 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 04:58:36 ID:XJNASTt9
>ここで中心的に問題としているのは、キリシタン大虐殺という歴史的事実に対してどう評価するかということだね。
調子に乗った暴虐キリシタンが成敗されたということだな。w

718 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/21(火) 05:00:27 ID:GDXBPymi
>>672
>フランシスコ・カブラルは?ww
彼は、「日本人と日本文化に対して一貫して否定的・差別的であったため、巡察師アレッサンドロ・ヴァリニャーノに徹底的に批判され、解任された」んだろ。
このことからも、彼の上司ひいては本部は「否定的・差別的」ではなかったことが推察できよう。

719 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 05:02:52 ID:XJNASTt9
>彼は、「日本人と日本文化に対して一貫して否定的・差別的であったため、
>巡察師アレッサンドロ・ヴァリニャーノに徹底的に批判され、解任された」
>んだろ。
>このことからも、彼の上司ひいては本部は「否定的・差別的」ではなかった
>ことが推察できよう。
そんな屑の思想調査もせず日本に送り込んできたイエズス会が粗忽だったということだな。w

720 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/21(火) 05:08:58 ID:GDXBPymi
釈迦架空人物説は学者が唱えた説だろ。現在でも完全に否定されたわけではなかったはずだが。

721 :CDU ◆2xKCm7UiXI :2009/04/21(火) 05:14:25 ID:+5FfOlpo
>>719
任命責任の問題か。それはどんな組織でもあることだろ。
コンクラーベですら失敗することもあるかもね?

722 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 05:14:31 ID:XJNASTt9
>釈迦架空人物説は学者が唱えた説だろ。現在でも完全に否定されたわけではなかったはずだが。
イエス架空人物説もあるでよ。w

723 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 13:02:17 ID:Q07zRHUV
明治時代に既に国際社会から非難され改善しなさいと命じられていたようなキリシタン迫害を、日本人はどうしていまだに平気で支持しているの?
やはり、人権保障も国際社会から求められたから仕方なくやらされた、という感じなのかな?

724 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 18:10:38 ID:XJNASTt9
>明治時代に既に国際社会から非難され改善しなさいと命じられていたような
>キリシタン迫害を、日本人はどうしていまだに平気で支持しているの?
当時の欧米の植民地主義の道具だったキリスト教の悪辣さを思えば、支持
して当然。w

725 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 18:18:23 ID:Q07zRHUV
つまり、やはり日本人は人権無視の残虐民族だということなんだね。

726 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 18:21:15 ID:XJNASTt9
>つまり、やはり日本人は人権無視の残虐民族だということなんだね。
欧米の侵略主義者の手先には容赦する必要ないからな。w
押し込み強盗の手引きをする奴は処断されて当然。w

727 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 18:31:24 ID:Q07zRHUV
押し込み強盗の手引きじゃなくて静かに信仰生活を送っていた者を見つけては殺しまくっていたんだろお前ら。
だからこそ国際社会から非難され改善しなさいと命じられたわけで。
それを必要だったとかいってる日本人は残虐民族以外の何者でもなかろう。

728 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 18:46:45 ID:OPV78c+3
ヒュパティアは4世紀、アレクサンドリアに生きた女性の数学者・天文学者・哲学者。プラトンや
アリス トテレスらについて講義を行い、その才能と雄弁、謙虚さ、美しさは、多数の生徒を魅了した。
天体観測儀や液体比重計を発明したが、当時のキリスト教徒から神に対する冒涜の象徴とされた。

キリスト教徒のテオドシウス1世は、ローマンカトリック以外の宗教・哲学・科学を迫害する方針を定め、
アレクサンドリアの司教の求めで、エジプトの非キリスト教の宗教施設・神殿を破壊することを許可した。
キリスト教の暴徒は、サラピス寺院やアレクサンドリア図書館や他の異教の記念碑・神殿を破壊した。

キリスト教徒の集団によりユダヤ人の強制追放が行われ、
415年、総司教キュリオスの部下である修道士たちは、馬車で学園に向かっていたヒュパティアを馬車
から引きずりおろし、教会に連れ込んだあと、彼女を裸にして、カキの貝殻で、生きたまま彼女の肉を
骨から削ぎ落として殺害した。死骸はばらばらに切り刻まれ、高々と往来へと運ばれ、そして焼かれた。
しかも誰もこの殺人のかどで罰せられることはなかった。

370年代にはギリシア哲学も攻撃するようになる。四世紀半ば頃、ナグ・ハマディ文書として知られる
異端文書がエジプトの砂漠のなかに隠された。
五世紀になると、異教徒と認められた者は皇帝の勅令によって高位の行政職・軍事職を追われた。
異教の知識人の多くは社会から身を退くか、ペルシアのようなキリスト教圏外の国々へ流れるようになった。

彼女の死を契機として、エジプトにおける異教的な学問研究に終止符が打たれた。
アレクサンドリアの学者たちは迫害により次々に亡命し、学問の中心地であったアレクサンドリアは凋落した。

しかもこのような暴挙を行ったアレクサンドリアのキリスト教司教キュリオスはアレクサンドリアから異教徒を
追放した功績者として讃えられ、その死後、教皇レオ13世により「教会の博士」として聖人の列に加えられた。

これらの事件により、ピタゴラスの 誕生から続いてきたギリシャの数学・科学・哲学の歴史は終焉する。
そしてヨーロッパの科学的な思考は、14〜16世紀のルネッサンスまで長い、1000年前後の眠りに入る。

http://www.teamrenzan.com/archives/writer/hara/post_336.html 

729 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 19:02:41 ID:XJNASTt9
>押し込み強盗の手引きじゃなくて静かに信仰生活を送っていた者を見つけては
>殺しまくっていたんだろお前ら。
>だからこそ国際社会から非難され改善しなさいと命じられたわけで。
>それを必要だったとかいってる日本人は残虐民族以外の何者でもなかろう。
阿呆。w
侵略者の先兵となる連中を成敗しただけ。w
改宗すれば助命されたんだからな。w
逆に欧州では異端、魔女と決めつけられ悲惨な死を遂げた人々も多いだろ。
それには言及しないのかい?w
で、当時の国際社会なんか侵略者どもがのさばっていただろ?w

730 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 19:08:06 ID:a+3nBadv
>醜い国ジャップは世界の僻地で、文化的にも最後進国だったといってよかろう。今でもそうだが。

あははは。ここまで来ると笑えるねwwよっぽど日本が嫌いなんだねw
そこまで意識してもらえるほど、存在が偉大で大きな国だという事だw
はやく君の国韓国も、憎くんで止まない、世界一の憧れの国日本のようになれるといいね!
皮肉でも何でもなく、本当に心から、純粋に良い意味で応援しているよ!!

>ジャップはそんな野蛮国だったから借り物文化で猿真似をして、自らの文化を築き上げるしかなかったのだ。

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆野蛮=借り物 が繋がるところが面白い!!もう、屁理屈すらもへったくれも
無い当てこすりでしか日本を批判出来ないぼろぼろCDU!!
しかも、陸続きで散々文化交換融合して現代の形になったキリスト教文化ヨーロッパの
国々の事なんか棚上げwwイエスの聖地エルサレム以外のキリスト教国家は、元多神教的な
土地だったわけだから、それらの国も全部輸入と借り物の文化なのにwwまじ面白いねCDU!!

>つまり醜い国ジャップにはキリスト教を批判できる論理的根拠など何一つないのである。
ぜんぜん「つまり」になってないしwwとうとう小学生程度の知能まで落ちぶれたか・・・。
まあ熱狂クリは聖書しか知らないし信じないからしょうがないか。

>ズルズル汚い音を立てないと、スパゲッティやスープを食べることが出来ない糞ジャップは野蛮民族である。
まじ受けるその侮辱の仕方ww若い男性の多くど女性はそんな事しませんよ☆
熱々のラーメンや蕎麦を、音を立てずに食べ切れたら褒めてあげるww
アメリカ人宣教師は、ラーメンを音を立てずに食べるのは無理だって言ってたよwCDUは宣教師すら野蛮呼ばわりw
何の罪も無い聖なる宣教師を野蛮人呼ばわりするなんてwwCDUは地獄行きww

731 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 19:28:07 ID:a+3nBadv
>路上などの公共の場所での喫煙が野放しになっているなど、喫煙対策が未だに立ち遅れている
>醜い国糞ジャップは野蛮国である。

君は喫煙についてきちんと分煙対策が取られていない国全てを野蛮国扱いするんだねw
これは全世界に対する侮辱行為だねww性上納を未だにやっている国が、偉そうに世界を
野蛮扱いするんだから面白いw自分の国はよっぽどすばらしいんだねw

>711
負け犬の遠吠えだな。お前そろそろ精神的にやばいんじゃない?ちゃんと寝てる??
もうちょっと理屈立った書き込みしようよ。

>サービス残業という名の事実上のタダ働きが当たり前のように行われていて、
>経営者のやりたい放題が認められている醜い国糞ジャップは野蛮国である。
日本人はクリ国と違って生真面目だからしょうがないんだよ。体壊すまで働くのは良くないけどね。
そのおかげで日本の技術と製品の制度は世界でも突出し、結果フランス人の多くがcannonのデジカメ
を使用するような状況になる。世界中が日本の技術を享受している。君がいくら
日本を嫌っても、世界は何も変わらない。

732 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 19:42:00 ID:a+3nBadv
>インチキ映画や暴力ゲームばかり制作して暴利を貪り世界で顰蹙を買っている
>○ニーみたいな悪徳業者も多いイエローモンキーの低脳糞ジャップは野蛮杉。
インチキ??君の国ではノンフィクションしか作っちゃいけない法律でもあるの?
日本の映画が受賞して腹立った?負けたくないもんね。日本の技術が卓越していて
とても売れているのが気に喰わないんだね。映画の野蛮さなら、キリスト教国アメリカには
適わないけどね。アメリカ映画大好きだけどさ。

>政府の方針に批判的な言論を行っている者を自衛隊が監視し、
>その名前をリストアップするなどというナチスまがいの蛮行がまかり通っている
>イエローモンキーの低脳糞ジャップはやはり野蛮国。
へえw野党は全員リストに乗ってるんだwそして世論調査で不支持を表明した国民
もみんなwwクリスチャン麻生政権支持率は11%まで落ちたから、89%の
国民がそのリストに乗ってるんだな。ご苦労さまです。

>後段:アフォw↓こんな主張をする奴に立証責任がある。
は?先に「クリは何も悪い事をしていないが日本が気まぐれでキリシタン禁制にした」
っていう斬新な主張を始めたのはお前でしょ??w
学会で通ってもいないのに、根拠も無く黄色人種と日本人を侮辱するような書き込み
したらだめだよwそもそも今どきイエローモンキーって・・・w自虐??

>話にならんw
原住民を殺戮しまくってあげくキリスト教に強制改宗させたキリスト教国家は野蛮この上ない。
これも正当化出来ないんだよな?クリの野蛮さがわかるだろ?君の辞書には「そうするしかなかった」という
概念はないんだからwまあ、そもそも何の罪も無い原住民の土地を占領して殺戮
しまくったなんて、どう頑張っても正当性がないけどね。
いくら原爆が認められている国があろうが、アメリカが日本に原爆を落とした正当性も
どこにもないことになるね。原爆も正当化だからなCDUとアメリカは。だから野蛮なんだよw

733 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 19:44:10 ID:Q07zRHUV
ほらほら、やはり日本人は人権無視の残虐民族。w

734 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 19:48:42 ID:XJNASTt9
>ほらほら、やはり日本人は人権無視の残虐民族。w
芸がない。
もうちっと捻れ。w

735 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 19:51:47 ID:8oaY6KGG
キリスト教国もひどい事したもんね。

1,日本2カ所で原爆投下、死んだのは兵士じゃなく市民、女性、子供、老人
2,奴隷売買、アフリカの奴隷を売買、アメリカで主に奴隷作業で使われる
3、南米インカ文明の破壊、インカ文明を滅ぼす
4、インド植民地化、中国アヘン戦争
5、十字軍と称しての侵略戦争
6、今の中東戦争のきっかけはイギリスの2枚舌外交の成果
キリスト教国の非道さにはかなわんよ。

736 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 19:56:21 ID:a+3nBadv
>おいおい、リンク切れしているぞ。お前の捏造文じゃないのか。
ごめん切れちゃった。ヤフーのフリー辞典です。
反対意見を言う者の書き込みは何でも捏造にしちゃうCDU。。。

>自国民の信者も含めた全キリシタンの殺戮の動機となりうるとは、そのサイトの管理人も書いてはいない。
キリシタン禁制 理由 で検索すれば、同じ内容の理由が出てくるよ。普通に考えれば
わかるでしょ。キリスト教国家がキリスト教を使って日本を侵略しようとしている意図が見えたから、
鎖国&キリシタン排除になったんだよ。

>斬新も何も、秀吉のバテレン追放令の文章まんまだろうがw
表面上の表記だけで禁止の真意を考えるとは、クリは本当に思慮が浅いんだね。
普通に考えれば、鎖国が日本にとって不利益を被る事は明確なのに。もうちょっと
頭使って歴史を考えたら?

>統治の上での邪魔になる寺社を破壊したことは秀吉らもやったことだから、
>キリシタンが寺社を破壊したことが弾圧に至る主たる理由になるとは考えられんし。
統治の上で邪魔になる寺院は破壊されたし、その寺院の関係者もみんな処刑された。
キリシタンも日本にとって危険だから禁止されたし、それを守らない者は処刑された。
日本人は宗教で差別しないよ。仏教徒もキリシタンも神道も、平等に破壊し裁いてたよ。

>それと、「キリシタン大虐殺があったという歴史事実そのものはここでは論争の的になっていない」と書かないと、
>誤解してしまう人がいるみたいだから気を付けてw
超誤解してた!!そのものがあった事実を議論しているんじゃなくて、「キリシタンは何も悪い事していないのに
日本人がいきなりキリシタン禁制にしたかどうか」を議論(?)しているのかと思ってた!!

キリシタンの大虐殺ならしっかりあったよ。まぎれも無い事実。

これで議論の半分は終わったね。あと半分!!がんばろう!!w川・o・川w オォーーー!!

737 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 19:58:17 ID:XJNASTt9
ttp://www.nobitown.com/dom010725.html
さらに時が流れ、1864年。
日本では、ペリーが黒船でやってきた10年後のことです。

フランス人宣教師であるエイロがイースター島に上陸し、「島には何百枚も、
絵文字が刻まれた板が存在する」と報告しています。

この時初めて、この絵文字が島民達から『ロンゴ・ロンゴ』と呼ばれていること
に言及しています。

しかし、4年後の1868年に、タヒチ司教が絵文字の板を持ち帰ろうとした時には、
たった数枚の板しか発見できなかったのです。4年前には何百枚もあったはずの
絵文字が、4年後に数枚しかなくなってしまったのです。

何故でしょう?
その4年間に何が起きたのでしょうか?

実は、その4年間に、絵文字の板は、焼き捨てられてしまったのです。
キリスト教宣教師たちが、「悪魔の文字」であるとして、焼き捨てたのです。
まさに世界遺産の損失ですね。

この愚劣な破壊行為によって、絵文字の板は、現在、たった21枚しか存在してい
ません。そのため、この文字は解読ができないのです。

738 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 20:38:35 ID:a+3nBadv
>ここで中心的に問題としているのは、キリシタン大虐殺という歴史的事実に対してどう評価するかということだね。
やっぱりキリスト教国家は野蛮な行いをしていたという事だね。キリスト教国家が
世界中で植民地化とか残虐行為をしていなかったら、こんなえぐい事にならなかったのに・・・。

>劣等民族のイエローモンキー糞ジャップを劣等民族のイエローモンキー糞ジャップと呼んでどこが悪い。
おwwじゃあ裁判所でそう発言してねw

>糞ジャップは処刑や追放を行う相手に対して理由も告げないような野蛮国だというわけだね。
処刑される日本人には、キリスト教が違法になったという理由をちゃんと伝えているよ。
敵国に対して追放する理由は、秀吉が相手の教皇に手紙で書いてると思うけど。
この前引用しておいた中にあるけどさ。
侵略しようとしている国民に向かって、「お前らは、私たちの国を侵略しようとしているから追放とする」
って言っても、「自分はそんな事しません」って言って出て行かないじゃん。
それ以前に相手の陰謀を見抜いた事を敵に伝えたら、鎖国状態になれる前に状況が悪くなる可能性があることは、
ちょっと考えれば分かるよな?日本は野蛮どころかめちゃくちゃ頭の切れる民族だったことが分かる。

>「『ただ可能性があるというだけで』特定宗教の信者や指導者などを追放・虐殺するような行為は
>とんでもない人権侵害行為。」だ、私が言っているのは。クズが。
「ただ可能性がある」からというだけでただ麻薬を所持していた者を逮捕できるんだが。
キリスト教も当時麻薬のような存在だったと、何度説明したら分かるのかな?

739 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 20:39:22 ID:a+3nBadv
>米国が集団的自衛権を行使したことは、国際法でも認められている全く正当な行為だということは分かったな。
原爆を日本に使用した事実が正当だと、国際的に認められたの??初耳!!
あと、原爆投下は集団的自衛権を行使した結果行われた事だったの??初耳!!
まあとにかく、「自衛権」により日本が自国をキリスト教国家から守ったことは分かったかな?

>糞ジャップどもは国家総動員体制の下で国民一丸となってあの戦争を支持し協力していただろうが。
現代に生まれた日本人も、先祖からの原爆の後遺症に苦しんでいる人が沢山いるよ。

>だから糞ジャップの取り決めなど全く無価値だといっているだろうが。
うわ〜、すごい発言だね!!さすが自分以外の宗教の人間の人権は考えないクリの発言だね!!
>実際国際社会によって禁教令は改めさせられたという話はしてやっただろ。
現代のキリスト教が昔より少しまともになったからでしょ。根本的には少しも
変わってないけどさ。少なくとも宗教を利用してどっかの国を侵略しようなんていう
宗教じゃなくなったよね。昔のままだったら、余裕で、キリスト教に限って禁止することは
例外的に認められるよ。
自分たちの宗教がやってきた事を棚に上げて、よく「自分たちの宗教はすばらしいから禁止するな」
とか言えるよね。恥ずかしくないの??

>植民地化されていなかった国でもキリスト教は禁止されていなかったといってるんだよ。
>論旨を汲み取れクズが。
キリスト教によって植民地化されるような羽目にならなかったから、禁止にならなかったんだろ。
植民地として狙われた国は、日本以外は全部植民地化されちゃった。
頭悪いねCDU。

>非キリシタンの血のほうが大半だろうが。w
いや、少なからず混じってくるよ。もちろん当時の非キリシタンの数は
大半ではなかったけれど、これだけ時間が経ったからね。混じらずに結婚するほうが大変。

740 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 20:55:45 ID:a+3nBadv
>だからこそ国際社会から非難され改善しなさいと命じられたわけで。
見つけて殺していたんじゃなくて、棄教するように強要した。
棄教せず殉教する道を選んだものが、処刑された。
国際社会が命じた命じたと偉そうに言っている輩がいるけど、野蛮大国キリスト教
諸国がやっと文明的な物の考え方が出来るようになり、その結果日本にとってキリスト教が脅威で
はなくなったから、やめる様に言われたまで。

>逆に欧州では異端、魔女と決めつけられ悲惨な死を遂げた人々も多いだろ。
>それには言及しないのかい?w
>で、当時の国際社会なんか侵略者どもがのさばっていただろ?w
こういった事実を無視していつも独善的な上から目線で物を言うのがクリの十八番。
他教徒が行った行為の原因が何であるかを考えずに、(自分たちが原因であるにもかかわらず)
偉そうに他教徒を批判するからなwさすが選民思想自で分が一番清くて正しいクリww

741 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 22:39:55 ID:a+3nBadv
>統治の上での邪魔になる寺社を破壊したことは秀吉らもやったことだから、
>キリシタンが寺社を破壊したことが弾圧に至る主たる理由になるとは考えられんし。

まったく同意。キリシタンが寺院を破壊したこと事態は、キリシタン禁制にする1要因にすら
なるかさえ微妙なところだからな。

何度説明してもさっぱり分からんのだなCDUちゃんは。自分が思い込んでる
古い情報以外は新たに記憶できないのかな?認知症?

弾圧に至った理由は、キリスト教国家が日本の近隣のアジア諸国を侵略し、
植民地化しまくっており、日本も占領目的で接近されているという情報を
得て、キリスト教国と、たびたび寺院を破壊するといったキリシタンの破壊的行動
が国の存続において脅威となったため。

寺院を破壊した事実というよりは、日本を崩そうと意図する宣教師により
キリシタンが洗脳され、日本の建造物や寺院、異教徒を滅ぼそうとする
意識が植え付けられたために、脅威として日本から排除する必要が生じたため。

742 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 22:56:29 ID:Q07zRHUV
ここは、本当にループだな。w
少なくとも、明治時代においてさえ国際社会から非難され、改善しなさいと命じられたようなキリシタン殺戮政策を、
現代においてもなお支持し必死に正当化しているような糞日本人は、人権無視の残虐民族だということでいいな?

743 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 22:59:26 ID:vScNj2vW
完全なる正当防衛だけど。

744 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 23:05:53 ID:OPV78c+3

宗教って麻薬で廃人を作り出して、且つ、悪行の免罪符だな。
このスレみていて、つくづく、そう思った。




745 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 23:07:47 ID:Q07zRHUV
正当防衛じゃないから、国際社会から非難され、改善しなさいと命じられたんだが。
それに対して、当時の日本の為政者ですら、これを正当防衛などと強弁するほど厚顔無恥ではなかった。

746 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 23:10:16 ID:vScNj2vW
>>745
国際社会っていうかキリスト教社会の言い分だろ。

747 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 23:28:28 ID:OPV78c+3

宗教屋と議論するのはムリ。
商売でやってるやつと、宗教性自閉症の二通りしかいないから。

営業やってるならわかるだろうが、商売人はまちがってても譲れない一線がある。
自閉症は、病気だから、善悪の二極化単純脳にされてるから、理解力が幼稚園レベル。
特に教義がきまってるから、この一線を否定すると自己否定になっちゃう。

まあ、チョーセン人の日本粘着教みたいなもの。
否定すると、自己否定になっちゃうからね。





748 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 23:28:46 ID:Q07zRHUV
キリスト教社会というか、欧米列強を中心とした国々だろ。

749 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 01:52:15 ID:EtRu3sO0
>少なくとも、明治時代においてさえ国際社会から非難され、改善しなさいと命じられたようなキリシタン殺戮政策を、
残虐行為を世界中ではたらきまくっていたクリ諸国がどの国どの民族からも非難されていないという
勘違い乙。殺戮政策じゃななくて撤廃政策の間違いでしょ。どうしても法律を守らないクリが
いた場合は処刑もあったけどさ。

>現代においてもなお支持し必死に正当化しているような
正当化じゃなくてただ事実を述べているだけだけど。何熱くなってんの?

>糞日本人は、人権無視の残虐民族だということでいいな?
何でそうなるの?

人権無視の残虐行為だったら、クリの蛮行の歴史には到底適わないよ。。。

そもそも外国を占領しようなんて考えが人権無視の野蛮冷酷残虐行為だよね。
何でそこんとこのクリの残酷性を無視して、クリからの自衛を遂行した日本人を
残虐民族に仕立てあげようとするのかが理解出来ない。

750 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 02:05:17 ID:EtRu3sO0
>正当防衛じゃないから、国際社会から非難され、改善しなさいと命じられたんだが。
それまで正当防衛だったけど、明治のその時点でキリスト教国の脅威が無くなり、その政策の
必要が無くなったから、その時キリシタン禁制が正当防衛としての行為に当てはまらなくなり、
撤廃することを建言されたという事だけど。
途中の過程を抜かして書かないでね。

国際社会っていうかキリスト教諸国ね。

751 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 02:14:56 ID:EtRu3sO0
>それに対して、当時の日本の為政者ですら、これを正当防衛などと強弁するほど厚顔無恥ではなかった。

必要なくなった政策を撤廃する上で、「これは正当防衛だ!!」とか言って
政策を立ち上げた理由を主張する必要あるの?
まあ、日本人がどんなに思い上がりなキリスト教諸国に上から目線で指摘されようが、
不必要なものは不必要と素直に気づき、受け入れる事ができるオトナな民族だと
いう事がわかるな。

「ですら」とか書いてるけど、彼らにCDUの言い分「キリシタンを禁制にした
日本人は野蛮国」を言ったら、さすがにそれまで必死にキリスト教諸国
から日本を守り続けてきた日本人は怒ると思うよ。
そもそも誰のせいでそうなったんだよってな。

752 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 05:15:16 ID:0pTGjwX9
ま、一番悪いのは悪さを繰り広げた宣教師とキリシタンなんだな。

753 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 08:06:37 ID:HBjoRJ6g
1801年の「(しんゆう)辛酉教獄」で清国人宣教師の周文謨をはじめ300余名を処刑した

1839年 - 己亥教獄 : アンベールら三人のフランス人宣教師をはじめ200余人を処刑

丙午教獄(1846)金大建ら20余人を処刑

丙寅教獄(へいいんきょうごく)とは1866年3月に朝鮮で起こったキリスト教弾圧事件。
在朝鮮外国人宣教師が処刑された事件でベルヌー司教ほか9名のフランス宣教師
高宗の乳母(朴マルタ)を含んで8000名におよぶ信者が処刑された。
捕盗大将李景夏の活動が有名。

754 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 12:21:08 ID:1a2Rc+br
しかしまあ、日本人はつくづく残虐民族なんだなあ。
まだあのとんでもない人権侵害行為を正当化しているよ。
くずには何を言っても無駄だということかな。

755 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 14:18:13 ID:awp3rJue
>ま、一番悪いのは悪さを繰り広げた宣教師とキリシタンなんだな。

全くその通り。クリは自分たちの行いのせいで沢山の犠牲者を出した事を反省し、悔い改めるべき。

756 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 14:36:28 ID:awp3rJue
元々興宣大院君はキリスト教に友好的だった(妻がキリスト教徒だったと言う)。
ロシアの南下政策によってロシアが通商を要求すると、キリスト教徒たちは興宣大院君に
3国同盟(朝鮮、フランス、イギリス)を申し入れた。
しかし時間の遅滞によって計画は失敗し、興宣大院君はキリスト教徒を擁護するという非難を受けた。
非難を終息するために起きたのが丙寅教獄である。

757 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 16:24:57 ID:PCg2KTqe
教案(きょうあん)とは、19世紀末以降の中国(清帝国)において、
西洋から伝わったキリスト教(カトリック、プロテスタント、正教会)に対する
排撃運動(仇教運動)を背景に発生した衝突事件である。
統計によると1840年から1900年までの間に400件以上

揚州教案(ようしゅうきようあん)とは
1868年に清国・揚州で発生した教案(反キリスト教事件)。

もともと清帝国における反キリスト教運動は
「仇教運動」として、1860年代から地道に続いていた。キリスト教会は
政治的働きかけによって布教に関して特権をしばしば与えられていたし、
キリスト教じゃない信仰=異教であるから、確かに
「先祖代々の信仰を破壊する存在(仇教)」であるから、
排除されねばならないというわけである。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C1%CF%C2%C3%C4%BB%F6%B7%EF

758 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 16:27:31 ID:PCg2KTqe
白蓮教(天理教)の乱(白蓮教も天主教[カトリック]も弾圧)

太平天国の乱と鎮圧した側の洋務運動(同治中興)

759 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 16:45:37 ID:PCg2KTqe
大院君の執政---「衛正斥邪」の時代

東学党の叛乱---「斥倭洋倡義」の時期

760 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 19:00:23 ID:1a2Rc+br
つまり、日本は中国や朝鮮と同等の野蛮国だと、まあこう言いたいわけだ。

761 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 21:02:54 ID:0pTGjwX9
↑クリの本性を看破され、そして成敗されたのがそんなに悔しいか?w

762 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 21:13:18 ID:1a2Rc+br
は?静かに信仰生活を送りたかったというのが、大半のキリスト教徒の本性だが。

763 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 22:15:03 ID:ELCp68JY
キリスト教を布教する側は日本を乗っ取るために来た。それ以外の目的はない。

764 :神も仏も名無しさん:2009/04/22(水) 22:44:33 ID:DvLL3bZi
自衛のためにキリスト教を排除する行為は野蛮

自衛されるような行為を平気で世界中で繰り広げるキリスト教国家は超野蛮

765 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 03:34:42 ID:+CmPM246
>は?静かに信仰生活を送りたかったというのが、大半のキリスト教徒の本性だが。
神社仏閣の焼き討ち、非キリシタンに対して改宗を強要するのが静かな
信仰生活?w

766 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 12:55:44 ID:H8/ZT6Gm
そんなのは、一部の者が統治者の方針に従って一時期行っただけに過ぎないだろうが。

767 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 14:47:19 ID:DYFm4XgE
若い女を奴隷として外国に売っていた。表と裏が違いすぎだろ。

768 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 15:20:27 ID:65hwrntH



韓国】“盧武鉉不正疑惑”、盧武鉉前大統領側近のチョン容疑者を緊急逮捕…盧武鉉氏と後援者をつなぐ疑惑のかぎを握る人物か[4/20]



1 :諸君、帰ってきたで?φ ★:2009/04/20(月) 08:09:34 ID:???
 韓国の盧武鉉(ノムヒョン)前大統領に対する有力後援者の不正資金提供疑惑
を捜査している最高検察庁は19日、盧政権時の青瓦台



(大統領府)総務秘書官、鄭相文(チョンサンムン)容疑者を緊急逮捕したことを明らかにした。
聯合ニュースが伝えた。最高検は、同容疑者
について盧氏と後援者をつなぐ疑惑のかぎを握る人物とみている。

 報道によると、具体的な逮捕容疑は明らかにされていないが、
鄭容疑者は今回の事件以外の第三者から金品を受け取った疑いがあると
いう。



ソース(毎日新聞) http://mainichi.jp/select/world/news/20090420ddm007030080000c.html









769 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 18:28:50 ID:+CmPM246
>そんなのは、一部の者が統治者の方針に従って一時期行っただけに過ぎないだろうが。
宣教師が煽っていただろ?
成敗されて当然。w

770 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 20:03:30 ID:M1xk5WHa
火薬一樽で50人の娘が売られていった悲劇をどうして語り継ごうとしないのか。

http://www.gameou.com/~rendaico/nihonchristokyoshico/zinshinbaibaico.htm


771 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 20:16:45 ID:H8/ZT6Gm
ああ、なるほど。
すると、日本人は南京やシンガポールで虐殺するなど、とんでもない犯罪行為を繰り返していたから、原爆はおろかその後300年に渡り殺され続けても当然の成敗だと言うのか。ふむふむ。
なかなか過激な意見を吐くもんだ。

772 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 20:56:01 ID:+CmPM246
欧米人はインド、南米、ベトナム、アフリカなどで虐殺・拷問・阿片販売
するなど、とんでもない犯罪行為を繰り返していたから、その本質を数世紀
前に見抜き、その後300年に渡って侵略主義の手先たるキリスト教を成敗して
きたのは当然だと言うのだよ。
低い知能の持ち主はなかなか理解できないのだろうな。w

773 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 21:01:16 ID:+CmPM246
>>771
でよ、阿呆よ。
お前の論法でいけば、中国人・朝鮮人に向かって「昔のことを
グダグダ言って、日本人を責めたり、たかったりすんじゃ
ねーよ!」
ということだな。w

774 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 21:06:22 ID:+CmPM246
キリスト教徒は奴隷狩り、異文化の文化財破壊、先住民への虐待など
やりたい放題。
我らが先人たちはキリスト教徒の魔手からよくぞ日本を守り通した
ものだと驚嘆するわい。

775 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 21:10:44 ID:Ylw+3K4Y
>>770
その当時、日本人は朝鮮半島から奴隷を連れてきていたよ。リンク先で引用されてる
「クワトロ・ラガッツィ」にもその記述があるよ。2ちゃんばかりやってないで
たまには書籍も読もうねw

776 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 21:25:27 ID:+CmPM246
>>775
http://ameblo.jp/syamo0001/entry-10007074564.html

777 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 21:25:52 ID:H8/ZT6Gm
キリスト教を成敗したんじゃなくて、日本はキリスト教徒たる自国民を虐殺しまくったんだが。
当然、犠牲者達は南米などの植民地化などには全く関与していなかったばかりか、彼らの多くは植民地化など全く与り知らぬことだったであろう。

それにひきかえ太平洋戦争時の日本人は、あの残虐行為を日本が行った大侵略戦争を自国が行っていることを知っていたばかりか、
あの大侵略戦争を熱狂的に支持するなどほとんどの国民が深く関与していた。
君の論法によれば、太平洋戦争後の日本人の方がより重い罪を背負っていることになるだろうし、従ってより徹底した成敗を受けるべきということに当然なるであろう。

778 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 21:33:09 ID:+CmPM246
>キリスト教を成敗したんじゃなくて、日本はキリスト教徒たる自国民を虐殺しまくったんだが。
最初から俺はキリシタンが成敗されたと言っているだろぉ?w

>当然、犠牲者達は南米などの植民地化などには全く関与していなかった
>ばかりか、彼らの多くは植民地化など全く与り知らぬことだったであろう。
やってることは侵略主義者の行動そのものだがな。w

>それにひきかえ太平洋戦争時の日本人は、あの残虐行為を日本が行った大侵略戦争を自国が行っていることを知っていたばかりか、
>あの大侵略戦争を熱狂的に支持するなどほとんどの国民が深く関与していた。
>君の論法によれば、太平洋戦争後の日本人の方がより重い罪を背負っていることになるだろうし、従ってより徹底した成敗を受けるべきということに当然なるであろう。
なんで?
戦争だったんだろぉ?w
お互いに殺し合いをやっただけさ。w
勝てば官軍の世界さ。w

わかったかな?低能外道CDUちゃん。w

779 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 22:04:22 ID:H8/ZT6Gm
あほうw
戦争だったら何やってもいいのか。

780 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 22:10:56 ID:+CmPM246
>あほうw
>戦争だったら何やってもいいのか。
原爆は?ソンミ村虐殺事件は?老斤里事件は?ドレスデン空爆は?w
答えてみな、低能外道CDUちゃん。w

781 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 22:22:11 ID:H8/ZT6Gm
だから、戦争だからしょうがない勝てば官軍なんだろ?W
何を大騒ぎしている。

782 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 22:34:21 ID:Ylw+3K4Y
>>776
なんですか。その狂信的愛国者のブログはw
しかも、秀吉を義に憤る善人に描いているところは爆笑ですね。

ちなみに、>>770で言ったのは戦国時代に九州大名が主に行ったことだよ。

あと、日本では一生奴隷となることはなく、債務が贖われれば自由となるとそのブログにあるけど
江戸時代の無宿人が佐渡金山で強制労働させられた事実はどう説明するんでしょうか。

783 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 03:00:25 ID:6us99ecn
>だから、戦争だからしょうがない勝てば官軍なんだろ?W
>何を大騒ぎしている。
だったら、黙っておけよ。w

>>782
ん?
>しかも、秀吉を義に憤る善人に描いているところは爆笑ですね。
秀吉が全く義憤を持たなかったという証拠でもあるのか?w

>ちなみに、>>770で言ったのは戦国時代に九州大名が主に行ったことだよ。
キリシタン大名だな。w

>あと、日本では一生奴隷となることはなく、債務が贖われれば自由となるとそのブログにあるけど
>江戸時代の無宿人が佐渡金山で強制労働させられた事実はどう説明するんでしょうか。
それに関してはブログ主の見落としだな。w

784 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 04:58:25 ID:RqdjajKQ
キリシタンが悪さしたとか騒いでいるのはお前だろW

785 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 05:09:53 ID:6us99ecn
>キリシタンが悪さしたとか騒いでいるのはお前だろW
実際に悪さしていたからな。w

786 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 12:54:48 ID:RqdjajKQ
戦争だったら何でもあり勝てば官軍なんだろ?w

787 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 18:31:26 ID:vk6HEng4
>戦争だったら何でもあり勝てば官軍なんだろ?w
つまり、宣教師及びキリシタンは日本国に対して戦争を仕掛けてきたという
のが御主の主張か。
敵なら徹底殲滅して問題なかろう。w

788 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 19:21:52 ID:het6jAlr
御主(おぬし): あなた・貴様(きさま)・御前(おまえ)

789 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 19:46:19 ID:RqdjajKQ
俺じゃなくて君の主張だがw

790 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 19:53:49 ID:vk6HEng4
>俺じゃなくて君の主張だがw
つまり成敗されてしまったものをグダグダ言ったって後の祭りと
言いたいのだな?w

791 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 20:01:27 ID:RqdjajKQ
これを正当化している日本人が残虐民族であるということは、現代の話だけど。w

792 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 20:07:50 ID:vk6HEng4
>これを正当化している日本人が残虐民族であるということは、現代の話だけど。w
キリシタンの悪業を正当化しているクリスチャンが残虐教徒であるということは、現代の話だけど。w

793 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 20:17:49 ID:RqdjajKQ
「キリシタンの悪業」というのが何を意味しているのかわからんが、そういうものがあるとして正当化している奴がいるのか?

794 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 20:23:05 ID:vk6HEng4
>「キリシタンの悪業」というのが何を意味しているのかわからんが、そういうものがあるとして正当化している奴がいるのか?
非キリシタンへの迫害、つまり寺社焼き討ち、改宗強制、仏僧殺害などは
悪業じゃないのか?w

795 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 20:32:51 ID:RqdjajKQ
それらを正当化している奴など、俺が知る限りいないはずだが。
それらを口実に、それらに直接関わっていない信徒の殺戮まで正当化しているのが君たちw

796 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 20:34:13 ID:vk6HEng4
>そういうものがあるとして正当化している奴がいるのか?
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1232739083/671
>占領、征服は何のため?w
一向宗門徒が作ろうとしたのと同じような宗教王国を作ろうとしたんだろう。
「宗麟自身もキリスト教の教義に惹かれるようになり、遂には入信し日向にムシカ(理想郷。漢字表記は務志賀とされる。現在の宮崎県延岡市無鹿町の付近)の建国を夢見て耳川の合戦を引き起こすことになる。
ムシカとはスペイン語で音楽を意味する「ムジカ」に由来し、宗麟はかつて西洋の音楽を聴いて非常に感銘を受け、その旋律のように平和な理想郷を夢見た。」


797 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 20:36:13 ID:vk6HEng4
>それらを正当化している奴など、俺が知る限りいないはずだが。
>それらを口実に、それらに直接関わっていない信徒の殺戮まで正当化しているのが君たちw
つまり、キリシタンどもは悪業を重ねた犯罪集団だと認めたわけだな。
そういうのは成敗されて当然だよな。w

798 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 20:44:50 ID:RqdjajKQ
一部の者が、統治者の方針に従って、一時期行っただけのことに過ぎないけど。

799 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 20:47:03 ID:vk6HEng4
>一部の者が、統治者の方針に従って、一時期行っただけのことに過ぎないけど。
で?
そんなことをやらかしたからオシオキされただけだ。w
身から出た錆。
ついでに言えば宣教師どもが煽っていたんだぜ。w

800 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 22:27:19 ID:sx1/bEwQ
日本のカトリック教徒たち(プロテスタントもふくめて)は、キリシタン殉教者の悲劇を語り継ぐ。
しかし、かの少年使節団の書いた(50万人の悲劇)を、火薬一樽で50人の娘が売られていった悲劇をどうして語り継ごうとしないのか。
キリシタン大名たちに神杜・仏閣を焼かれた悲劇の歴史を無視し続けるのか。
数千万人の黒人奴隷がアメリカ大陸に運ばれ、数百万人の原住民が殺され、数十万人の日本娘が世界中に売られた事実

こんなんだもん、キリスト教禁止になって当然だよwこんなことをしておいて、
「国内で我が聖なるキリスト教を禁止するなんて、違法だし野蛮だ」とか言うなんて、ほんと図々しいよなクリはw



801 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 22:30:44 ID:sx1/bEwQ
日本でクリが消滅したって誰も困らないから、ちゃんと歴史の教科書なり
メディアで、キリスト教国家が日本に行った行為をきちんと教えればいいのに。
ちゃんと公表しないから、CDUのようなイカレポンチクリが騒ぎ出すんだよ。

802 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 22:51:04 ID:sx1/bEwQ
>それらを正当化している奴など、俺が知る限りいないはずだが。
つまり、キリシタンおよびキリスト教諸国は悪業を重ねた犯罪集団だと認めたわけですね。

>それらを口実に、それらに直接関わっていない信徒の殺戮まで正当化しているのが君たちw
まるで、自分たちは一つも正当化していないから、全ての罪業が許される、というような口ぶりですなw
面白いんだからクリの発想はw認めようが認めまいが、犯した罪が消えるわけじゃないのにw
だったら裁判所でだれも処罰を受けないと思うよw

それらを正当化している奴など、俺が知る限りいないはずだが。 ←とか言ってるけど、
ここでクリの罪業を並べ立てたら、めちゃくちゃな屁理屈でことごとく正当化していたのは
誰でしょうwww

例:植民地支配と虐殺について→劣等文化やその民族が消滅しても、誰も困らないだろ。当時は虐殺は違法ではなかった。だから
別にクリは悪い事は一つもしていない。しかも、植民地において、人権が侵害されることも無かった。(クリ本位な利己的で残酷かつ野蛮な考え。信じられない野蛮さ。
現代でこのような、人を人と思わないような発想を持っているんだから、クリがどういう教育を教会でされているのかが
具間見えて恐くなる。これだからブッシュも平気で戦争勃発しちゃうわけだよ。)

日本侵略の洗脳のために広められたのが「キリスト教」だからな。つまり、その「キリスト教」の教えは、
日本の侵略道具そのもの。だから、それを信仰する事自体が日本を破壊する事に繋がる。つまり、
信仰する事事態が「それら」に関わっているんだよ。

宣教師が日本を侵略するために教えたのが「キリスト教」。その「教え」は、侵略のための
教えだから、「聖なる」ものではない。それを「聖なる」ものであり、尊ぶべき
教えと位置づける(正統な神聖なキリスト教の教義と同一と位置づける)ならば、
キリスト教の教義自体が野蛮で劣悪な宗教という事になるけれど、それでいいのかな?CDUw



803 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 22:52:02 ID:RqdjajKQ
つうかさあ、仮にキリシタンの中に仏僧殺害などを行った者がいたとしても、そのことについて咎められるべきなのは、そういう行為に具体的に関与した者だけだ。
そういう犯罪に何の関係もない者を、キリスト教徒だというだけで殺戮する、などというとんでもない残虐行為を、
仏僧殺害などを口実に今だに正当化するような残虐民族であるようでは、この国で裁判員制度を導入するのは時期尚早だなw。

804 :神も仏も名無しさん:2009/04/24(金) 23:55:08 ID:sx1/bEwQ
CDUのキリスト教徒の蛮行の正当化発言


>>34 十字軍でさえ、ビザンティン帝国の救援と巡礼者の保護が目的の戦争だったし。

>>101 植民地支配は当時そういうことが普通に行われていたのであって、別にそれが違法な行為だとは当時はされていなかったと言っているんだよ。
植民地支配が問題視するのは完全に現代的な価値観だ。
現代的な価値観を以って、植民地化が特に違法行為だとはされていない時代の、だから植民地化を違法行為だとは
考えていなかった人々が行った植民地化を批判するのは、まさに現代人が自分の価値観を勝手に当時の人々に押し付けていることに他ならないだろう。

>>121 (キリスト教諸国が行った植民地化と植民地支配について)国家が行う対外進出行為や植民地支配については、人類普遍の正義からは特に否定されてはいない。

    植民地もつい最近まで香港やマカオなどに存在したが、これらについて人類普遍の客観的正義に反するといった指摘は聞かれず、
    それぞれ英国及びポルトガル政府と中国政府との国家間合意によって返還されたものに過ぎない。

>>146 東ティモールにしても、オランダ支配下においては住民が抑圧されることはなかったが、
    インドネシアに返還されてから市民は徹底的に抑圧され、結局国際社会の力で独立をさせるという経過を辿るしかなかった、という事例もある。
   (そもそもクリ国家に植民地化されければ、原住民は抑圧されるような運命は辿らなかったと思うけど・・・。)

>>149 まあ、日本は自前の植民地を持つことに失敗した腹いせからか、植民地=悪と教育する傾向があるから、
こういう単純思考の持ち主が育ってしまうのも無理のないことなのかも知れないけど、もう大人なんだろうからもう少し勉強して欲しいよね。
  (「植民地化も、場合によってはOKだ」発言。)

805 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 00:19:50 ID:+WXga2U0
>>302 

>スペインのキリスト教徒であったフランシスコ・ピサロは、1510年にアメリカ大陸にわたり、
>南アメリカに存在していたインカ帝国の征服を企てた。
>神聖ローマ皇帝カール5世から許可を得たピサロは、32年に約180人の部下を引きつれて
>ペルーを襲撃。インカ人の大虐殺の果てにインカ帝国の皇帝アタワルパを誘拐し、
>「神の名のもとに」アタワルパの命と引き換えに金塊8トンをせしめ、にもかかわらず
>インカ人を裏切ってアタワルパを殺害した。

>その後も陰謀と虐殺の限りを尽くし、「神の名のもとに」ピサロは何十万人ものインカ人を
>大虐殺したのだ。キリスト教は約束を守らなくてもよいことを教えるし、異教徒は何万人
>殺してもよいと教える。

に対し、

いや、やたらに「神の名」を持ち出すのは、むしろ不信心者なんじゃないの。
「あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。みだりにその名を唱える者を主は罰せずにはおかれない。」(出エジプト記20章7節)

806 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 00:33:12 ID:+WXga2U0
>>391 南米の原住民は人身御供を捧げるなど人道に著しく反するような信仰形態を持っていたから改めさせたまでのこと。
   もちろん征服者たちの行為に宣教師による批判にもあるように行き過ぎた行為もあったようだが、
   それも主としては各征服者の問題であって、キリスト教一般の問題だとするのには無理がある。
   (キリスト教徒が行った事には変わりないのに。。。)

>>410 キリスト教徒にも犯罪者はいる。一般に、ある団体の一部の構成員が犯罪を行ったという一事を以って、
    その団体の存在そのものを否定することとは論理的に繋がらない。
   (それはそうだけど、キリスト教国家が犯した、という事実は変わらないだろ。。。)

>>417 魔女裁判への教会の関わりは限定的かつ受動的なものに過ぎなかった
    (キリスト教徒が魔女狩り・魔女裁判を行っていた事実は変わりませんが。。。)

>>441 >20世紀終わりまで魔女裁判もどきで殺人犯すような集団
    一信徒が犯罪を犯したというだけの話だろうが。話を摩り替えんな。
   批判は言論の自由。「焚書」といっても、当事者が合法的に入手してきた本を処分しただけのことなら、正当な財産権の行使。

>>506 一部の地域で強制的な改宗強要が行われたこともあったといわれているが、それはその地域を支配する支配者の方針として
   為されたものに過ぎず、教義に基づくものではない。
  実際、イギリスやオランダなどは植民地支配において宗教はほとんど利用してはいない。イギリス人やオランダ人はもちろんキリスト教徒ではあるけれどもな。
  (教義に基づいていなければ、「キリスト教国家の蛮行」には結びつかないという言い逃れ
   宗教をほとんど利用しなかったという理由で、「キリスト教」国家が植民地化をしたわけでは
   ないと言う言い逃れ。つまり、キリスト教徒やキリスト教国家が行った蛮行だけれども、
   教義に基づいていなかったり、一部の人がやっただけだから、クリの野蛮性は無いという発言。)


807 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 01:29:30 ID:l/CIVO9N
えーと、「キリシタン(=日本のキリスト教徒)が行った犯罪行為」を正当化している事例は見当たらないようだが。
植民地化とかは「犯罪行為」ですらないし。

808 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 01:44:35 ID:6XlIfAdf
>えーと、「キリシタン(=日本のキリスト教徒)が行った犯罪行為」を正当化している事例は見当たらないようだが。
だったら暴虐キリシタンは成敗されて当然だよな。w

>植民地化とかは「犯罪行為」ですらないし。
侵略行為を正当化するんだな。w

809 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 01:47:35 ID:6XlIfAdf
>つうかさあ、仮にキリシタンの中に仏僧殺害などを行った者がいたとしても、そのことについて咎められるべきなのは、そういう行為に具体的に関与した者だけだ。
>そういう犯罪に何の関係もない者を、キリスト教徒だというだけで殺戮する、などというとんでもない残虐行為を、
>仏僧殺害などを口実に今だに正当化するような残虐民族であるようでは、この国で裁判員制度を導入するのは時期尚早だなw。

阿呆。
犯罪集団は一網打尽にしないと後々も悪さをし続けるからな。w
集団で非キリシタンを迫害したから大成敗されただけ。w

810 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 05:50:41 ID:6XlIfAdf
キリスト教徒が日本人に対して行った蛮行の歴史

811 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 12:41:13 ID:l/CIVO9N
だから、正当化云々以前に、そもそもキリシタンが行った悪業というのは挙げられていないようだが、といっているんだが。
植民地化などは、正当化も何も、そもそも犯罪ではないのだから、正当化しようがない。

812 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 13:33:25 ID:6XlIfAdf
>だから、正当化云々以前に、そもそもキリシタンが行った悪業というのは挙げられていないようだが、といっているんだが。

阿呆ぶりはCDUをも上回っているな。
寺社焼き討ち、非キリシタンに対する改宗強制、仏僧殺害などは問題なし?w
で、そういう連中がキリシタン成敗について信教の自由侵害だとか喚くわけか。w

>植民地化などは、正当化も何も、そもそも犯罪ではないのだから、正当化しようがない。
侵略による先住民迫害・虐殺も問題なし?w
クリどもがそういう考えだったなら、日本の権力者によるキリシタン成敗が
妥当だったとますます思えてくるな。w

813 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 14:25:51 ID:HhHbgm+c
キリスト教の目的は植民地支配だから、植民地化したりされたりすることは
少しも悪いことではなく、最も善いことです。

814 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 14:34:55 ID:l/CIVO9N
植民地化と先住民迫害などは別物だと上にも書いてあるようだが。

815 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 14:35:34 ID:HhHbgm+c
やっぱし植民地化がおまえらの目的か。

816 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 14:41:30 ID:6XlIfAdf
>寺社焼き討ち、非キリシタンに対する改宗強制、仏僧殺害などは問題なし?w
これへの回答は?w

>植民地化と先住民迫害などは別物だと上にも書いてあるようだが。
歴史上では大抵セットになっていただろぉ?w

817 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 15:03:15 ID:Bw+AV1os
戦国日本の軍事力と禁教弾圧がなければ、どうなっていたことか。

818 :中山車:2009/04/25(土) 17:13:18 ID:C/l+Cel0
>>817 フィリピンのようになって、ロシアに分割
アイヌと東日本人は中央シベリアで、東半分はロシア領
西半分はアメリカ領でしょうね  秀吉ありがとうと言いたいです。


819 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 17:46:40 ID:mLksAv85
>>818
日本のような資源に乏しい、平野の狭い、国民のずる賢い土地を占領し続けて
はたしてメリットがあるだろうか。
たぶん植民地経営は失敗するだろうね。

820 :中山車:2009/04/25(土) 17:54:18 ID:C/l+Cel0
>>819
石見銀山知ってる?江戸時代て銅も輸出して日本製銅が安くて
ヨーロッパで問題になったのは?

で沿海州の朝鮮人がどうなったか知ってる?

821 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 18:00:23 ID:l/CIVO9N
植民地支配と原住民抑圧が伴っていない事例も普通にあろう。

仏僧殺害などが仮に一部キリシタンによって行われたとすれば、それに具体的に関与した者だけが処断を受けるのは不当ではないと既に回答済み。

植民地化は主として政治家達の関心事であって、我々の関心事ではない。

822 :中山車:2009/04/25(土) 18:03:38 ID:C/l+Cel0
>>821
教皇がスペインとポルトガルに与えた線引きて知ってる?

823 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 18:18:41 ID:l/CIVO9N
日本が植民地化されなかったのは、そこまでのメリットが日本にはないと列強側が考えたことと、軍事力によるところが大きい。
キリスト教迫害はむしろ、日本はまともに付き合うに値しない国家であるとの認識を欧米列強に与える理由の一つになり、不平等条約を突き付けられるなどといった、日本にとって国益を大きく損ねる原因になっていた。
だから、当時の日本政府も慌てて禁教令を解いたぐらい。
従って、キリスト教迫害を支持する輩は売国奴だと認定することができよう。

824 :中山車:2009/04/25(土) 18:42:36 ID:C/l+Cel0
>>823  志村ーーーーーー!
時代が200年以上いったりきたりしてるぞ
そもそも鎖国の期間が抜けてるし、鎖国できるということが力があったということなんだがW

価値がないじゃなくて、武力でもかなわない。宗教進入のあと、貿易利益で仲たがいさせながらのゆさぶり
それが島原でもダメだった。実際はオランダを日本は選び、貿易利益だけ得たオランダと取引したわけ

まったくもって大成功だな

825 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 18:49:37 ID:l/CIVO9N
阿呆、島原は実態は領主の過酷な支配に耐えかねた農民が起こした一揆に過ぎないし。
つうか、お前はここに書き込むのは国語をもう少し勉強してからにした方がいいと前にも言ってやったはずだが。w

826 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 18:54:28 ID:mLksAv85
>>820
石見銀山なら知ってるよ。世界遺産になったからね。
昨年の産出量は何tですかw
これをもって日本は資源が豊かだというのは苦しいんじゃない?

827 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 20:31:35 ID:6XlIfAdf
>>826
石見銀山ってとっくの昔に閉山になってるんだが。
>昨年の産出量は何tですかw
実に恥ずかしいなあ。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E8%A6%8B%E9%8A%80%E5%B1%B1#.E7.9F.B3.E8.A6.8B.E9.8A.80.E5.B1.B1.E3.81.AE.E7.99.BA.E8.A6.8B.E3.81.A8.E9.96.8B.E7.99.BA
>当時の日本の銀産出量は世界全体の三分の一(その生産量の平均は年間200
>トン程度、内石見銀山が38トン(10000貫)程度であったと推測されている
銀の産出量なら当時の日本は世界トップクラスでないか?w

828 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 20:36:27 ID:6XlIfAdf
>植民地支配と原住民抑圧が伴っていない事例も普通にあろう。
普通にあるというのなら実例を多く挙げてもらおうか。

>仏僧殺害などが仮に一部キリシタンによって行われたとすれば、
>それに具体的に関与した者だけが処断を受けるのは不当では
>ないと既に回答済み。
キリシタンどもが集団で暴虐行為を働いたからまとめて成敗されただけ。w

>植民地化は主として政治家達の関心事であって、我々の関心事ではない。
いや、俺達にとっては関心事だ。w
キリシタン成敗、鎖国の要因の一つとなったものだからな。

829 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 20:36:33 ID:mLksAv85
>>827
遺産になってる時点で閉山されてるぐらい誰でもわかるよ。

だからさ、何度言ったらわかるのかな、それをもって日本が資源の豊かな国だと言えるのかい?

830 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 20:47:23 ID:6XlIfAdf
>キリスト教迫害はむしろ、日本はまともに付き合うに値しない国家で
>あるとの認識を欧米列強に与える理由の一つになり、不平等条約を
>突き付けられるなどといった、日本にとって国益を大きく損ねる
>原因になっていた。だから、当時の日本政府も慌てて禁教令を解いた
>ぐらい。
>従って、キリスト教迫害を支持する輩は売国奴だと認定することが
>できよう。
なんで?
他国を侮り不平等条約を押し付けるような国々だぜ、お人好しよろしく
付き合っていたなら、それより遥か前にトンデモ要求を日本は突きつけ
られていそうだな。w

>阿呆、島原は実態は領主の過酷な支配に耐えかねた農民が起こした一揆に過ぎないし。
キリシタンがどさくさにまぎれて混ざり込んでいたようだが?

831 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 20:54:01 ID:6XlIfAdf
>>829
江戸時代は世界有数の銀山だっただろ?
さらに佐渡金山も金銀の産出量は世界有数だったとか。
>だからさ、何度言ったらわかるのかな、それをもって日本が資源の豊かな国だと言えるのかい?
金銀資源に関しては当時の日本は豊かな国だったわけさ。w
金銀に目がない南蛮人がほっとくわけがない。w

832 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 20:54:47 ID:l/CIVO9N
>>828
つ香港

833 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 20:55:34 ID:6XlIfAdf
>>832
何時の時代?w

834 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 20:56:45 ID:6XlIfAdf
ID:l/CIVO9Nは低能外道CDUっぽいな。

835 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:03:43 ID:l/CIVO9N
いつの話だろうと、植民地支配と原住民虐殺とが一体ではない事例があることには違いがない。

836 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:07:11 ID:6XlIfAdf
>いつの話だろうと、植民地支配と原住民虐殺とが一体ではない事例がある
>ことには違いがない。
でよ、低能外道CDUよ、他に事例はないのかい?w
南米は?インドは?アフリカは?オーストラリアは?東南アジアは?w

837 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:10:37 ID:84jFXnFo
【ワシントン=山本秀也】米中央情報局(CIA)がブッシュ政権時代、テロ容疑者に「水責め」など
過酷な尋問を行った問題で、証拠の機密文書を公開したオバマ大統領が難局に直面している。
機密の開示をめぐりチェイニー前副大統領ら共和党側が反発しているのに加え、与党の民主党内でも、
尋問を容認した当時の政府高官の刑事責任を追及しないという大統領の判断を問う声が出始めたためだ。

                  ◇

 司法省は16日、「水責め」などを裏付ける2002〜05年の文書4件を公開した。
大統領は、就任直後の1月、「水責め」などを禁じる大統領令に署名しており、過酷な尋問が繰り返されるのを
避けるため文書公開に踏み切ったと説明していた。

 オバマ大統領が文書を公開したことで、過酷な尋問を含むテロ対策を進めた前政権の高官は激しく反発した。
ヘイデン前CIA長官は、FOXテレビに対し、「(公開は)対テロの前線にいるCIA工作員が国家を守ることを難しくし、
国の安全を危うくした」と厳しく批判。チェイニー前副大統領は、「(こうした尋問の)有効性を実証した文書が公開されていない」として、
公開のあり方に不満を述べていた。

 一方、民主党内からも批判の声が上がっている。上院軍事委員会のレビン委員長(同党)は、過酷な尋問の立案などに
関与した高官が訴追を免除されることについて、「法規と実務の両面で、拷問に枠組みを与えた明確な責任がある」と指摘した。

 身内からの批判を受け、オバマ大統領は、CIA工作員の訴追を避ける方針を重ねて示したものの、元高官に対する
訴追免除の言質を白紙の状態に戻した。米メディアによれば、こうした尋問方法が「違法ではない」とのお墨付きを与えた
当時の司法省の法律顧問3人に対して責任追及を求める声も高まっている。

838 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:12:42 ID:84jFXnFo
「拷問」で混乱広がる=大統領、収拾に苦慮−米
4月25日17時32分配信 時事通信

【ワシントン25日時事】ブッシュ前米政権下で問題化したテロ容疑者に対する「拷問」をめぐり、
米政界に混乱が広がっている。
「拷問」を正当化した前政権作成の機密文書をオバマ政権が開示したのをきっかけに、保守、リベラル勢力が
それぞれの立場で批判を展開。オバマ大統領は収拾に苦慮しており、対応にぶれも目立つ。
 
1月の就任直後に拷問を禁止し、4月16日に機密文書開示に踏み切ったオバマ大統領は、前政権の「恥部」をさらけ出し、
同じ過ちを繰り返さない姿勢をアピール。一方、拷問の実行者を訴追しない方針も示して軟着陸を図ろうとした。
 これに対し、前政権高官や共和党保守派は「文書開示で米国の安全が低下した」と批判。
民主党リベラル派や市民団体は逆に、事実調査と刑事責任追及を強く要求した。
大統領は、元高官の訴追の可能性や独立調査委員会の設置に言及してリベラル派に配慮を示したが、
保守派から「魔女狩りをすべきではない」と猛反発を招いた。 

839 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:18:43 ID:84jFXnFo
>えーと、「キリシタン(=日本のキリスト教徒)が行った犯罪行為」を正当化している事例は見当たらないようだが。
>植民地化とかは「犯罪行為」ですらないし。

私はCDUがキリスト教国家が行った蛮行を正当化している発言を提示したので。
誰もキリシタンが犯した自身の犯罪行為の正当化を提示するなんて言ってないけど?

CDUが、過去にキリスト教国家が犯した罪業を正当化する人は一人も
見た事が無いという発言をしたので、CDUが自身で書き込んだた正当化発言を羅列したまで。

クリは何でだんだん話の趣旨をそらして言い逃れしようとするのかね?
最期の審判でミカエルに裁かれる時に、自分の罪を言い逃れするための
訓練が盛んにされているのかな?

840 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:20:19 ID:6XlIfAdf
ああ、阿呆CDUの醜態を思い出すなあ。
米国による拷問についてCDUに見解を糺したところ、幾度となく
スルーした挙げ句、出てきたのは「拷問はよくないねえ」だけ。

あいつの人権感覚ってこんなもの。

841 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:25:12 ID:l/CIVO9N
日本人信徒が行ったこと或いは日本国内で行われたことではないことをこのスレで書いて、一体スレタイに沿うどんな主張をしようというのか?

842 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:25:13 ID:84jFXnFo
>だから、正当化云々以前に、そもそもキリシタンが行った悪業というのは挙げられていないようだが、といっているんだが。

馬鹿だねぇ。誰が「キリシタンが行った悪行をそこのレスで挙げると言ったんだい?
CDUが、キリスト教徒でキリスト教国家がかつて行った蛮行を正当化する人はだれも
いないとほざいたから、CDU自身がキリスト教国家の蛮行を正当化している発言を羅列したまで。

そんなにキリシタンの罪業を羅列して欲しいのなら、また若い番号のレスからコピペして
持ってくるけど、そうして欲しい??


>植民地化などは、正当化も何も、そもそも犯罪ではないのだから、正当化しようがない。
ほら、全部正当化しているだろ?侵略支配が犯罪ではないとか言ってるんだから。
キリスト教国家によって、沢山の文化が破壊され、奪われ、大勢の原住民の命が奪われたよな?
それのどこが犯罪行為じゃないんだい?キリスト教国家の行った行為は、全て現代でも通用する許される
行為だと言うのか?

キリシタン禁制も、ただの自衛行為で、犯罪ですらないから、そもそも正当化の余地が無いよ。

843 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:29:25 ID:84jFXnFo
>植民地化と先住民迫害などは別物だと上にも書いてあるようだが。

また言葉遊びかい?w
キリスト教国家が行った行為の実態は、侵略と先住民迫害だろうが。
私はキリスト教国家が行った蛮行について述べていうのだよ。
だれが植民地化が犯罪行為かどうかを考えると言ったんだい?
まあ、植民地化自体も公序良俗に反する立派な犯罪行為だけど。
現代においてどこかの国が開発途上国を植民地化したら、全世界から
批判されると思うよ。


844 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:30:07 ID:6XlIfAdf
>日本人信徒が行ったこと或いは日本国内で行われたことではないことを
>このスレで書いて、一体スレタイに沿うどんな主張をしようというのか?
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1232739083/710-713
はどうなんだい?低能外道CDUちゃん。w
素うどん喰って寝ろ。w

845 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:32:40 ID:84jFXnFo
>戦国日本の軍事力と禁教弾圧がなければ、どうなっていたことか。

ご先祖様の英知に感謝。


846 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:38:19 ID:6XlIfAdf
>戦国日本の軍事力と禁教弾圧がなければ、どうなっていたことか。
平和ボケとは無縁の時代の実力者達は災厄をもたらすものに対して
鋭い感性と対応力を持っていたんだろうな。

847 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:39:24 ID:84jFXnFo
>日本のような資源に乏しい、平野の狭い、国民のずる賢い土地を占領し続けて
>はたしてメリットがあるだろうか。
>たぶん植民地経営は失敗するだろうね。

あははは。小学生より知識ないんだね。
日本は金銀が沢山産出される国だったんだよ。
マルコ・ポーロにも、「黄金の国ジパング」と紹介されただろ?wまああれはちとおおげさすぎる表記だったけどな。
鎖国前は、貿易による金銀の海外流出が問題になっていたんだぞ。
当時は石油なんか資源として使われていなかっただろ。現代と当時の物質価値の違いを少しは考えろw


848 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:42:35 ID:84jFXnFo
>植民地支配と原住民抑圧が伴っていない事例も普通にあろう。

ほとんどが伴っている事例だけど、それについてはどう考えてるの?
おもいっきり野蛮じゃん。キリスト教国家は大犯罪集団だな。

>植民地化は主として政治家達の関心事であって、我々の関心事ではない。
我々って誰?現代のクリ達?

849 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:45:24 ID:8F379W2X
大東亜共栄圏とかいうのも世界的な歴史学者から見れば
天皇を神としたカルト国家の植民地支配のための侵略戦争だからね。
結果論からアジア諸国をキリスト教国の植民地支配から独立をうながしたと受け取れるだけで
全くキリスト教国が行った植民地支配と同じ事をやろうとしてたわけ。
あと宗教だけで戦争やらを考える視野が狭い人が多いが、純粋な宗教のみの戦争は歴史上一度として無かった。
これは歴史を学んだ者なら常識。
必ず政治的・経済的・資源、領土の確保などが密接に絡みついている。

850 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:48:15 ID:l/CIVO9N
>>842
あほやね。論争の流れをよく嫁や。
日本人信徒が行ったことでもない、日本国内で行われたことでもない、論争の流れにもスレタイにも沿っていないことを長々と引用して、スレタイにも沿うどんな主張がしたいんだときいている。

851 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 21:50:01 ID:84jFXnFo
>日本が植民地化されなかったのは、そこまでのメリットが日本にはないと列強側が考えたことと、
>軍事力によるところが大きい。
アフォ。キリスト教国家は日本を植民地化したかったが、日本の軍事力が大きく、はるばるヨーロッパから
それに適うだけの戦力を運んできて、正面から戦う事が非現実的だったんだよ。
だから内部に潜入して、宗教を使って国民の一部をマインドコントロールして国崩しの戦力に
しようとしたけれど、その意図が読まれて入国禁止になり、侵略道具の宗教も禁止にされてしまって
交流も経たれたから、植民地化できなくなったという事。
もうちょっといろんな文献読んで、理論的に物考えたら?w妄想家のCDUちゃんw


>キリスト教迫害はむしろ、日本はまともに付き合うに値しない国家であるとの認識を欧米列強に与える理由の一つになり、
>不平等条約を突き付けられるなどといった、日本にとって国益を大きく損ねる原因になっていた。

それは幕末と明治の時点での話しだろボケ。

>だから、当時の日本政府も慌てて禁教令を解いたぐらい。
もうその時点では必要なくなったからね。

>従って、キリスト教迫害を支持する輩は売国奴だと認定することができよう。
あまりにも時代の背景が伴っていなさ過ぎて、「従って」には全然結びつかないけど。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)