5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【根拠無しOK】死後世界について詳しく頼む9

1 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 01:09:26 ID:sha4J1wk
>>2
テンプレはお願いします。

2 :939:2009/04/03(金) 08:01:29 ID:TwHxrysu
前スレ

[根拠なしお断り]死後世界について詳しく頼む8
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1237738157/l50

注意:このスレッドは、 死後世界や霊魂 といったものが実在することを
無前提に認め、それらについて詳しく対話する という目的のスレッドです。

死後世界に付いて、その存在有無を論議したい人はこちらへどうぞ

姉妹スレ:【根拠なしお断り】死後世界について詳しく頼む9
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1238686984/l50

3 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 12:57:41 ID:S1BBrdRK
ここでは根拠を求めちゃいけないのか?

4 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 15:30:11 ID:7Vij8p5n
無前提だからなんでもあり!!

5 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 15:31:03 ID:Nd9YGlC4
マイあの世もおk?

6 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 16:01:36 ID:w7L8SMRU
>>5
おkでしょ?
その為に立ったスレなんだから。

7 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 18:17:22 ID:qeIR/70r
>>3
黙って聞く事だ。
いろんな場所があるから異なって書く場合もある。
根拠などな無い。
しかし質問程度ならいいのではないか?

>>5
好きなだけ書きたまえ

8 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/03(金) 19:04:12 ID:vC+0O2UI
こんばんは、今 ホスト規制でスレが立てれません
観音さまスレも、スレ違いみたいになって来ていて、どうしていいかわかりません
せっかくスレタイ考えてくださったのに、申し訳ありませんでした

9 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 20:06:44 ID:qeIR/70r
>>8
こちらは、死後の世界に関してだからその関連で書いたら良いのではないかな?
観音様のスレは、住人の意思で良いと思いますが
ちびさんから見た死後の世界など解る事を書いてくださればよかろう

10 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 20:23:24 ID:9geFma1A
根拠が無くてもいいというのは、もともとはっきりとした、つまり明確な確証を示すことが
出来ないからということであり、妄想や信じていることをそのまま書けばいいわけではない。
まして宗教がらみや霊能者などもっての外。

できるかぎり真実めいた論理により検証してほしい。

それに「死後世界について詳しく頼む」とある以上、肯定派が中心になって教えるためにある
スレなので、否定派は極力、中傷、罵り合いなどしないようにしていただきたい。
もし、したいのなら別スレで・・

また肯定派は同士、知識を積み上げるために、またはより理解を深めるために議論を交わして
欲しい。

11 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/03(金) 20:27:04 ID:kGEEugrV
霊能者ではないですけど、霊能力は持っています
書かない方がよいですね

12 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 20:37:03 ID:qeIR/70r
>>10
宗教板で宗教がらみがもっての外という訳ですな?
参加者を制限するのはどうかと思う。

俺は帰るが、貴方から書きなされ>できるかぎり真実めいた死後の世界
霊能者から見た死後の世界も聞きたい者もいるのではないか?

13 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 20:39:41 ID:qeIR/70r
>>12
霊脳力ある立場で見た死後の世界なども聞かせてほしい
個人的見解である。



14 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 20:43:18 ID:qeIR/70r
>>13
は、ちびさんへのレスの訂正

15 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 20:43:54 ID:9geFma1A
>>12
2ちゃんねるには本物の霊能者はいない。
よって聞くことが出来ない。
もし、霊能者が来て語るなら私(肯定者)が徹底的に質問攻めにして正体を暴いてやるので
覚悟して書き込むように・・

2ちゃんねる自称霊能者は災いのタネにしかならない。

16 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 20:50:46 ID:qeIR/70r
>>15
君が本者霊脳者だと言うのか?
2ちゃんねるに居ないとかどうやって調べたんだね

来たらやればいいだろ
それも面白い

よろしく
君がまず書く事だな



17 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 20:52:04 ID:gZjB14H3
>>15
そう?漏れは霊能力はないけど 、変な目にはよく会うよ。

18 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 20:56:03 ID:qeIR/70r
どんな変な目に会うかも書けばいいだろ

自称霊脳者でなく名無しなら誰でも参加できるって事のようだ。

>>15の死後の世界の話を楽しみにしてようではないか


19 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 20:57:19 ID:9geFma1A
>>16
肯定者が霊関係を分らないでどうする? 見分けられないとでも思っているのか?
少しは考えて言えよ・・

20 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/03(金) 20:58:03 ID:kGEEugrV
誰でもそうだと思いますが、自分が何故この世に生まれたのかを
知りたいと思います
私もそうです 私は、幾つかの理由は分かっています
でも、不思議な事が多すぎます
魂の光が何なのかとか、色んな事を知りたいのです
知らないうちに、霊力があった と言うのが私です
知らないものどうし、何だろう?と分かる限り、解明していきたい
それが、2ちゃんに書きだした理由です
霊能者ではありません、知らないうちに霊力があっただけです

21 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 20:59:29 ID:U5VOfSf3
魂が光ったら電磁相互作用してる事になるので、立派に魂は物質という事ですね。

22 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:00:48 ID:9geFma1A
>>20
では聞く。霊力とは何だ?

23 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:02:19 ID:qeIR/70r
>>19
そこまで言うなら霊脳者もさせろ。

君の知恵を拝見してるぜ
固定付けたらどうだ。
名無しで能書き垂れても始まらんぞw

24 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:04:31 ID:aMuGbFtb
ひとつ言えるのは仏教が説く方便なんかを独自の解釈でオカルトと一緒くたにしないでほしいな

25 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:04:44 ID:qeIR/70r
>>22
霊力って何だ?

お前に聞きたい

26 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:05:09 ID:vIgsEs1X
>>21
魂はこの世にも作用を及ぼすけど物質ではないよ。
未来や過去には作用を及ぼせない「物質」とは一線画する存在だよ。

27 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:05:36 ID:9geFma1A
>>23
前スレまでのように中傷、罵ることをしなければコテつけてもいい。
そうできるのかな?
少しは考えてから言えよ・・

28 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:07:50 ID:qeIR/70r
>>27
君は、徹底的に暴くとか
そういう発言をするからだろ?

固定つけても質問はするだろな

29 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:08:17 ID:9geFma1A
>>25
私は>>20に聞いているんだ。
少しは考えてから言えよ・・

30 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:09:41 ID:qeIR/70r
>>29
君も考える間もなく質問するの

少しは考えてから言えよ・・

31 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:09:55 ID:8nOqq9sX
死んだ後くらい好きなことさせろよな

32 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:11:38 ID:qeIR/70r
>>31
同意

>>29
お前根拠ありそうだからあっちのスレ行けばよくね?
邪魔

33 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:13:34 ID:9geFma1A
>>30
あんたのレスはスレにはそぐわないので「根拠なしお断り・・」へ言ってくれないか?
今後、あんたには返答しないので、あんたも突っかからないでくれ。

34 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:14:27 ID:vIgsEs1X
霊力とはたとえば、お寺の鐘の音色で檀家に亡くなった方が出たことを
悟ったりとか、そういう力だよ。
ちなみに、科学事象のように解釈の余地なく定義することはできないんだよ。
上のように喩えでしか表現できないものなんだよ。

35 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:14:43 ID:95wqIaT1
>>26
今に変化を及ぼすと、ずっと未来まで影響しちゃうんですけどw

36 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:16:04 ID:vIgsEs1X
>>35
そういうアホがでてくると思ったよ。「物質」の場合、時間の経過を待たないと
影響は現れないでしょ。

37 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:16:24 ID:qeIR/70r
>>33
あんたもちび攻撃はするな

最初から脅かしつけてどうする?

じゃお前から書け

後でな

38 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:17:58 ID:9geFma1A
で、>>20は逃げたのか? 「肯定者限定スレ」の常連だった奴だけど、
まるで分かっていなかったな。

自己否定して生きている奴は哀れだな。


39 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:20:30 ID:NmIYkfZt
>>36
言葉で遊ばないようにね。

40 :つきピエa@神社くん:2009/04/03(金) 21:24:17 ID:9Z7PDw+p
>>21
光にも色々と種類があるんですよ
光子ではなく本人にしか見えない光もある
他の人がそこに居合わせたらどう映るのかについては実験してませんが
居合わせないので

まぁ勘のいいおばさんなら光自体は見えてなくても"あらやだ、今日の○○ちゃんは輝いてるわ"と適当に誉めたりするだろう

エランヴィタールが励起すれば轟々と"光"が溢れるが
それは何らかのエネルギーが強くて光と感じられるまでに至った"光と表現されるようなもの"ですよ(指向性はある)
タイの寺院なんかは微笑の国タイランドといわれるだけあって
本尊(ブッダ)の背景に電灯がぐるぐる回ってましたよ
表現がそのまんまです
また、サンガに限っては日本より戒律に厳しいのでその程度なら体験しているのが当たり前なんだろう

以前この板に来ていた聖霊大王も、励起したエネルギーほど強烈な光は経験してなさそうだったけど
しょっちゅう光についてレスしてましたね
紫とか茶色とか色のある光だから弱い光だと思われるのだけど
弱い光でも修行をしていたり霊感の強い人には感じられるのだろうね
僕は強い光しか感じられないけど(シルバーとかゴールド)

41 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:24:47 ID:vIgsEs1X
>>39
>>35 へのアンカーの付け間違いですかw

よく考えると、未来にずっと影響を及ぼすなんて科学的発言ではないよね。
万人にとって検証可能でないといけないのではないんですか。
なぜまだ現実にならないことを検証できるのか。100年後のことを検証できる人がいるのか。

42 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:26:43 ID:NmIYkfZt
>光子ではなく本人にしか見えない光もある

後頭ぶっ叩くと、視神経が刺激されて光るね。殴ってやろうか?>>40

43 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:28:30 ID:NmIYkfZt
>>41
はあ?科学は可能な範囲で予測しますが何か?

44 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:29:57 ID:aMuGbFtb
恒常性とかそのあたりの可能性とか考えたりしたのかな
所謂神秘体験の類いは脳機能と恒常性のフィードバックという説もある

45 :つきピエa@神社くん:2009/04/03(金) 21:30:18 ID:9Z7PDw+p
なにこいつ
自己否定論者?

46 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:32:01 ID:j9lCzuuy
神社君?
今晩は。

47 :つきピエa@神社くん:2009/04/03(金) 21:33:04 ID:9Z7PDw+p
他人にも判るのならそうでもなくなりますがね

48 :つきピエa@神社くん:2009/04/03(金) 21:39:56 ID:9Z7PDw+p
こんばんは〜
今日はおにゃのこの大切なものが御神体になってる神社に行ってきました

49 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/03(金) 21:42:19 ID:HlOC5Jbt
>>22
霊力とは、霊界と、人間界をつなぐ架け橋です

パソコンの調子がおかしくて、遅くなってすいません

50 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:43:19 ID:j9lCzuuy
架け橋の仕組みを詳しく頼む

51 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/03(金) 21:50:17 ID:HlOC5Jbt
>>50
霊界(浮ばれない魂、自縛霊、浮幽霊など)の魂を浄霊する事
霊界で 浄霊出来ない魂の浄霊
霊界の魂を、あやつる力を持つもの


52 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:52:19 ID:qZ62HLJS
早くも根拠ありの人は、批判することでしか、進行できないと見える。

53 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/03(金) 22:03:42 ID:HlOC5Jbt
>>38
自己否定って何ですか?


54 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 22:36:45 ID:IB3yJoER
こっちはいい感じで伸びてるな。
いきなり荒れてるっぽいけども。

55 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 22:42:29 ID:J4fKFN+7
あの巨大メディアの2ちゃん破壊工作が発覚! 謎の言論工作組織「朝日校閲隊」の正体とは・・・!?

【ネット】 朝日新聞社員(49)、2ちゃんねるで荒らし行為…「失語症躁鬱ニート部落民は首つって氏ねよ」と差別表現も★188
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1238764538/6-n

これが問題の平均年収1500万円の朝日新聞社員の書き込みだ!恐ろしいまでの偏見と冒涜!
金欲と欺瞞で塗り固められた偽善者たちの、その本性がいま明らかになったのである!
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1238764538/45-n

工作はどうみても組織的!? 分析官によれば、2ちゃんで暗躍している
日本人と中国人からなる謎のネット工作部隊との関係が強く疑われるという。
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1238763750/164-n

激しさを増す「朝日校閲隊」によるネット破壊工作!ついにテレビ朝日と連動した工作まで!?
なんとインチキブログを自作自演で捏造し「ネットは嘘だらけ」とテレビ放送!
http://www19.atwiki.jp/usobuster/

巨大なマスメディアの巨悪を前に我々は無力なのか・・・!?
いや、僕たちにもきっと、何かできることがあるはず・・!
http://www.youtube.com/watch?v=rPbLrs1fQg4
【毎日新聞・変態報道】電凸のすさまじい破壊力 インターネットとマスメディアの関係性根底からひっくり返す
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1217987915/
【論説】 「毎日新聞『変態報道』騒動…"第四権力"として好き放題のマスコミだが、ネットにより力関係に変化が」
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1216165783/
"日本貶め報道のツケ" 「毎日.jp」、自社広告だらけに
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1215604257/
【携帯】NTTドコモ、iチャネルの情報提供元を「毎日新聞」から変更。不買運動も影響か?
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1217066032/
「押し紙」率7割!老舗販売店経営者が直言「毎日新聞は癌末期」
http://news.livedoor.com/article/detail/3394103/

56 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 22:47:01 ID:zRB4aDDO
>>50の問いに>>51で答えになるのか?
意味不明だぜ。

57 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 22:51:28 ID:aMuGbFtb
スレタイが根拠無しでいいのだから意味不明でも個々の解釈でよいんじゃね?
まあ不毛さは増すだろうけど

58 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 22:57:01 ID:49PTMjIF
>>56
意味不明で分からないなら
あんたが自分の意見はこうだって書けばいいだろ

何処が意味不明か書け

59 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 22:57:50 ID:BX9bYj6O
量子力学の多世界解釈の延長線上にやがて説明がなされると思う。
死後の世界というのとはスケールが違いすぎる気もするが。
21世紀中には何かわかるんじゃない?

60 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 23:23:39 ID:zRB4aDDO
>>58
架け橋の仕組みを訊いてるのに、どこがどう答えになってるってか?

61 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/03(金) 23:28:24 ID:HlOC5Jbt
>>60
架け橋という言葉は、守護霊さまから聞いた言葉です
霊界と、人間界をつなぐもの 
霊媒体質で生まれてしまう人間です

62 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 23:30:28 ID:9Z7PDw+p
ベートーベンはロマン派への"橋渡し"をした
というニュアンスですよ

63 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 23:30:32 ID:49PTMjIF
お盆に先祖を迎えるって昔からの行事がある。
そして16日にお帰りいただく

何処にお帰りいただくか?
それが霊界なんじゃないか?
霊界と現世の連絡役が>霊力ある(特別)人って事じゃないのか?
霊界に帰る道が分からない死んだ人を誘導するお手伝いをしてやる。
>霊界で 浄霊出来ない魂の浄霊
↑これはちょっと分からないが
霊の魂を操るってのは、書き方が違うように思うがまあ分かる。

個々の解釈でいいんじゃないか?

64 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 23:34:01 ID:qZ62HLJS
>>60
橋は川をわたるための足場。
それにものの例えになぜ突っ込みを入れるか不思議

65 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 23:35:49 ID:49PTMjIF
応力がないんだろ?w

66 :22:2009/04/03(金) 23:37:28 ID:xq04YAGD
>>49>>51
まったくの回答になっていない。きちんと分るように書け。

人間界とは何だ? そんな言葉は始めて聞いたぞ。勝手に作るな。

架け橋というのは除霊のことか? 何を言っているのか???

自己否定はありふれた言葉だ。人に聞く前に辞書で調べろ。



67 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 23:39:15 ID:49PTMjIF
応用力○

架け橋で分からないなら連絡の力と思えばいいだろ?
>>60
あんた霊界も知らないのか?肯定派でも知らない者もいるんだな

68 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 23:42:36 ID:qZ62HLJS
>>66
はじめから上から目線で聞いたら、ちゃんと答えてくれるわけがない。
一応答えてくれるだけまし

69 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/03(金) 23:45:04 ID:HlOC5Jbt
>霊界で 浄霊出来ない魂の浄霊
例えばの話を書きます
現世で 自殺した魂があるとします その霊は、自殺という行為を
永遠と続けます
悔い改めるまで、永遠に続けなければいけないのです
悔い改めが終わると、霊界に行きます(霊力のある人間の浄霊が
あればです)
悔い改めをしても、人間の浄霊が無い魂は、霊界で口を閉じられて
いたり、耳が聞こえないとか、色んな魂があります
霊界の魂の浄霊もする霊力の事です
意味が分からないかもしれませんが、書き方が下手ですいません

70 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 23:45:05 ID:49PTMjIF
>>66
あんただけ分からないようだな?
NETで調べろよ。人間界 グーグルで検索しなw
参考になるだろ

で?あんたの死後の世界はどう思ってるんだね?

71 :22:2009/04/03(金) 23:46:51 ID:xq04YAGD
>>68
スレのはじめから読み直してこいよ。そうすれば分る。分ってない奴が何を言っているのかね。

72 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 23:50:07 ID:49PTMjIF
>>69
そうい事か理解した。

霊界に行った後の事だね
そこまでするのは大変だな

73 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 23:54:13 ID:qZ62HLJS
>>71
>>10からみてます、上から目線に見えすね。
見たところ、自分意見中心ありきと思えますよ

74 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/03(金) 23:54:47 ID:HlOC5Jbt
>>38
自己否定して生きている奴は哀れだな。

の意味を教えてくださいと 書きました

75 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 23:58:59 ID:49PTMjIF
どうみても(ちびさん)が自己否定してるように見えないが
あのレスから読み取ればちびさんがとなるが

どういう見解でなったのか説明してやる事だな>71

76 :22:2009/04/04(土) 00:01:51 ID:xq04YAGD
>>74
だったらはじめから分るようにそう書けよ!
あんたの文は何から何までさっぱり分らんし、間違っているな。
それだけは分る。

 あんたが自己否定している生き方をしているというのは、分ってもいないのに
分っているような振りをして自分を騙し続けているということだ。
長いことそういうことを続けていて、今ではそうなっていることも気づかないんだろう
とは察しが付くが・・

77 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:10:18 ID:+myW5+L3
>>76
自分が自己否定した生き方をして無いと思っているならば
答え=していません
分からなかったら 何度聞いてもあんたの頭では理解できないな

寝たくないなら死後の世界についてあんたの知識を書けよ。
みんな聞きたいだろ?

78 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:10:38 ID:orFZ2d5f
おまいらもっと仲良くしろよ。
明日には北朝鮮からミサイルが飛んできて、
今相手にしている奴はいなくなっちゃうかもしれないんだぞ。

79 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 00:10:59 ID:AUJsDdE4
>>76
いつも、言葉が足らないと怒られます
意味不明で、分からない事は、聞いてください
文章は、下手で すいません


80 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:14:12 ID:+myW5+L3
>>78
仲良くしようとしてるんだが?w
1人で喧嘩売ってるようだから勝手に援護してますです。

死んだら死後の世界みれるかもなw

81 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:16:15 ID:+myW5+L3
>>79
文字で伝えるのは難しいな
読解力の相違だから

気にする事はない

82 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:16:33 ID:Evc75XnN
自殺という業の輪廻があるとすれば、カーストなどの差別も業だと?
その身勝手な解釈は知らず知らずに誰かを傷付けてないかい

83 :22:2009/04/04(土) 00:16:45 ID:spQd0R8M
>>77
あたりまえだろ、自ら肯定者と名乗っていて、そして、間違いは間違いだと言っている。
私を肯定者だと気づいていなかったか?
 ただ知識を書け、というのもおかしいだろ?
質問をされて始めて答えるものだろ?  そういうスレだ。



84 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:19:44 ID:+myW5+L3
>>83
肯定者さんですか?

死後の世界をご存知ですか?
教えてください。

85 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:20:32 ID:orFZ2d5f
>>80
>死んだら死後の世界みれるかもなw

嫌だし。

86 :22:2009/04/04(土) 00:21:07 ID:spQd0R8M
>>84
だから、死後の世界の何を知りたいんだって?

87 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 00:22:13 ID:AUJsDdE4
自己否定は、していません
なんでも、中途半端が嫌いで、自分なりに精一杯生きてきました
霊的な事も、逃げずに自分におこってる事の探求をしつづけました
見えないものは、見えないし、分からない事は、分からないと言います
自分の中に逃げる事は、自分が一番きらいな生き方です 

88 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:25:33 ID:+myW5+L3
>>86
じゃどんなとこ?

>>82
カーストとか分からない者がいるから詳しく書けと

89 :22:2009/04/04(土) 00:26:36 ID:spQd0R8M
>>87
それなら、中途半端で間違っているその文章や考えのどこが嫌いで、それでいて
直そうとしてないじゃないか?
精一杯って何を言っているのかわからない。


90 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:26:45 ID:yarHMYTt
>>76
あなたが科学者だとしたら、その意見は失敗ではないでしょうか?
なぜなら、視点の限界を作ってしまったことで、見る角度が小さくなった


91 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:28:02 ID:+myW5+L3
>>85
分からないぞ?楽園かも知れないしなあw

92 :22:2009/04/04(土) 00:31:13 ID:spQd0R8M
>>90
完全に過小評価してるな。スレが進むにつれて相手がどういう者か分るもんじゃないか?
そうあわてなさんな。

93 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:31:52 ID:+myW5+L3
>>89
PCが慣れてなくて上手く書けないって事もあるだろ?

あんたも自分のレス読んでみろよ。
バラバラでずれてるしw

94 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 00:31:58 ID:AUJsDdE4
>>89
質問をしてもいいですか?
もし、貴方が、見ず知らずのひとに 刃物を向けられ殺されかけたとします
命は助かったとします
その相手の方を、心から愛する事ができますか?
一つ一つの積み重ねの心の持ち方を、精一杯生きると書きました


95 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:37:00 ID:+myW5+L3
>>92
意地悪爺さんにしか見えんなw

>>94
何言っても理解しようとしてないから相手しないで今日は寝たら良いよ。

96 :22:2009/04/04(土) 00:37:08 ID:spQd0R8M
>>94
そういう質問をするところがまるで霊界のことを知らないという証拠になるんだよ。
詳しい本を読まずに自分だけの僅かな知識を元に信じこんでいるということだ。
霊界の摂理を知らないよ、君は・・

97 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:40:26 ID:yarHMYTt
>>92
分かりました。
でも命令口調は、やめてほしいな

感情が入って正しく見れなくなるかもしれないし

判官贔屓してしまうかもしれないし

98 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 00:40:58 ID:AUJsDdE4
>>96
この話は、現実です
自分の体験した事、見た事しか書きません
空想は、嘘の世界を描いてしまいます

99 :22:2009/04/04(土) 00:42:50 ID:spQd0R8M
>>88
霊界は楽園に近いよ。だけど、ふつう直接霊界へ行く者はいないね。
まず、幽界と呼ばれるところに留まる。
これは誰でも現世に執着心があるからだ。

100 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:44:42 ID:+myW5+L3
幽界を説明してください

101 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:46:18 ID:+myW5+L3
>>99
どこの本から学んだんだね?



102 :22:2009/04/04(土) 00:51:36 ID:spQd0R8M
>>98
さっきから言っているようにまるで分からないね、その文章。
それに命令口調になるのは、決定的に間違っていることを言いふらしていることから来る。
もっとね、本など読んで勉強して来てもらいたいね。
経験ってね、はっきりしている現象界とは違って、脳裏で起こっていることだろ?

誰がそれを真に受けるかってーの。

103 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 00:56:29 ID:AUJsDdE4
>>102
>>94で書いた事は、現実です(空想の話ではなく 実在の話です)
17歳の時の話です

104 :22:2009/04/04(土) 00:57:06 ID:spQd0R8M
>>100
死んだ後は魂だけになるから、想念がすべてになる。
つまり、思いつくことがそのまま現実として作り出す世界になる。
執着心に満ちた世界、それが幽界だ。
別名、人によっては地獄に成り得る。

本来の魂が居る場所では無い。

105 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:57:59 ID:+myW5+L3
>>99

おまえも何も本当はしらねえんじゃねえの?


まったく答えてない
寝るから幽界ぼ説明と その後の霊界の分別もよろしくな

命令するな自分もまともに答えろよ。

106 :22:2009/04/04(土) 00:58:55 ID:spQd0R8M
>>103
悪いけど君の話は役に立たないよ。 会話を終わりにする。

107 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 00:59:10 ID:+myW5+L3
>>104
ブー はずれ

寝るわ 

108 :22:2009/04/04(土) 01:00:31 ID:spQd0R8M
ID:+myW5+L3 アホは早く寝てくれ。今後突っ込まないように・・


109 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 01:03:53 ID:+myW5+L3
>>108
お前もいい歳こいて、ちびつっこんで遊んでないで寝れよ。

アホは本でも暗記してねやがれよ。w


110 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 01:05:44 ID:AUJsDdE4
霊媒体質には、霊的修行が、霊界の力によって行われます
霊的な導きという言葉を使う事もあります
霊媒体質の体がどうゆう者なのかを、少しだけ理解してください

寝ます おやすみなさい

111 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 01:08:18 ID:yarHMYTt
>>104
が正しいならば
>>69 >>51 >>20
はある意味間違いではないように見られます

112 :22:2009/04/04(土) 01:08:34 ID:spQd0R8M
>>109
おまえのようなアホには今後、気をつけるよ。
良い教訓になった。
ついでに、アホは死ななければ直らないっていうけど、あれはウソ。
アホは死んでも直らない。
地獄で苦しむんだな・・

113 :22:2009/04/04(土) 01:14:12 ID:spQd0R8M
>>111
詳しく言ってもらわないとね。

114 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 01:24:46 ID:eWszExqR
>>96
貴方は詳しい本を読んで死後の知識を学んだんですか?

115 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 01:28:08 ID:2G0yn7t5
スイスの地下にある巨大な実験施設で去年「5次元」の存在を証明するための実験が行われたよね。失敗したけど。
もし成功したら魂の謎を解く鍵になるかもしれない。


116 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 01:45:33 ID:yarHMYTt
これは、あくまでも、こうゆう見方ができますねということ

仮に魂が半分抜けた人と仮定する
>>104では
(思いつくことがそのまま現実として作り出す世界になる。
執着心に満ちた世界、それが幽界だ。)
という

魂だけだと
思いつくことがそのまま現実の世界として見える。

つまり人それぞれの違った世界が見えるはず

>>69 >>51 >>20さんは、死人でもないから、見たまんま言っているという

だから間違いとも言えるが、正解ともいえるのではないでしょうか?

117 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 01:50:48 ID:yarHMYTt
規制がかかって書き込みがしにくいから寝ます

118 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 02:47:13 ID:aQc/pADE
死後の世界とは
生きてる人間が作り出した妄想の世界です

119 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 07:21:55 ID:eql5ymVo
>>118
それを言ってしまうとあなたが今この世にあると思っているものも、
実は全てそう思っていると言うだけの錯覚なのかもしれませんよ。
それが前スレに挙がっていた議題でした。

120 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 07:37:23 ID:Evc75XnN
あらゆるものは実体が有るというものでもなく、無いというものでもない

121 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 07:59:08 ID:uLmk63HX
>>119の話は前スレ読んでたからわかるけど、
>>120の話は抽象的過ぎてよく分かんないお。

122 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 08:16:44 ID:Evc75XnN
>>121
言葉の本性を知らないとね
何でもいいけど例えば自我で説明する
自我とは言葉であり、便宜上理解できるように作られたただの言葉
つまり言葉で定義された対象(自己)には本体は無いし、実在しないことになる
しかし、全く存在せず、全くその定義である自我と関係が無いのであれば、自我と定義した意味がない
認識する対象の自我が無いとするのはおかしなはなしだ
このように、自我は存在するのでもなく、存在しないものでもないことになるというわけだ

123 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 08:26:38 ID:7aQNqGKo
>>61

>霊力とは、霊界と、人間界をつなぐ架け橋です

>霊界と、人間界をつなぐもの 
>霊媒体質で生まれてしまう人間です

ともにあなたの言った事だけど、普通に日本語の文章とすると、
「霊力とは、霊媒体質で生まれてしまう人間です」という、意味不明の結論になってしまいます。
ちび ◆y648IMf2Ew には、まともに疑問に答えてくれる気は無いのですね?


124 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 08:58:17 ID:+6zep4K4
>>123
いつまで日本語コンパイラを続けてんだバカ

125 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 09:35:50 ID:eql5ymVo
霊力って霊能力って事でいいなら
Wikiにはこんな感じで載ってたよ。

霊能力(れいのうりょく)とは、霊(霊魂)や魂、生霊、精霊などを感覚したり、
霊的な力を行使して、通常の人間ではなし得ないことを行なうとされる能力である。
単に霊能(れいのう)と呼ばれたり、神通力(じんつうりき)、法力(ほうりき)等とも
呼ばれている。ただし、霊能力は、超心理学の研究対象ではあるが、現時点では、
科学的に証明されてはいない。また、能力と呼べるほど自在に行使できるほどではないが、
受動的に霊的なものを感知する感性は「霊感」と呼ばれる。


126 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 09:46:46 ID:+myW5+L3
また戻ったのか?w

疑問だと思ったら自分で調べろと

本によってまったく違う表現の仕方があるな
霊界を楽園と呼ぶ者もあれば、天界と呼んでいるいる者もいる。
個々の頭の中のまま書くから混乱する。

自分なりに読解して修正しなきゃならんな 致し方ない

127 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 09:58:18 ID:eql5ymVo
>>124
ちびさん、そういうレスを付けるならID変えないと。

128 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:00:38 ID:eql5ymVo
あらら、私の勘違いでしたか。ごめんなさい。

129 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:02:43 ID:+myW5+L3
>>125
おまえもな 丸分かりだろ?w

130 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:05:56 ID:+myW5+L3
あ。アンカミス
>125 ×
>127

ちびファンか

131 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:13:34 ID:+6zep4K4
JNNニュース速報

「人工衛星をまもなく発射する」と朝鮮中央通信が報道

132 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 10:20:04 ID:V7g3zJvm
>>123
現世で 霊媒体質に生まれる事からすべては始まる と言う意味で書きました
霊媒体質には、霊を自分の中に入れて(降霊タイプ)しまう人
       霊を側に来させて、話をするタイプの人
       魂を側に来させて、話をするタイプの人
       霊媒みずから、過去に行き霊と話をする事もある
      (これは、その霊がそこに踏みとどまってる場合)
       幽体離脱により霊界に行く人
       そして、使命をもちうまれてきます
使命とは、霊界で浄霊できない魂の浄霊、人に霊界はあると言う事を説く
ために生まれる人(本などもそうだと)
本の場合は、霊界の魂によって書かされます(すべてとは、言いません)
霊的威圧が、霊媒の方にかかります
自分の意思ではなく、書かされる それが、霊的威圧です
まだ、色々ありますが、霊媒体質と、霊感を持つは、少しだけ違います

分からない事は書いてください
       
       


133 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:20:34 ID:+myW5+L3
>>104
まったくあんたの説明では、知らない者から見たら分からない。
現世にある同じような場所に例えるとか、工夫しろよ。
2ちゃんは年齢巾多いんだぞ
小学生から爺さん迄見てる。
思考してるだけで疲れるw

誰かに解説してもらっても不明な部分もあるだろ

ちびさんは、分からない事があったら聞いてくれと書いてる
そういうとこ飛ばすんだな

134 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:24:33 ID:+myW5+L3
>>133
おはよう

聞かれたらゆっくり答えればいい
馬鹿みたいな突っ込みならスルーして行けばよいな

全レス変えず義務などないから適当に休めばよかろう



135 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:31:56 ID:Evc75XnN
霊媒霊感霊魂やらも便宜上万人がそのようなものを認識できるように作られた言葉だろう

対象となる霊なんとかという言葉自体が無かったら一体何と認識してたんだろうとか考える

136 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:37:54 ID:+myW5+L3
>>135
今更考えても他の言葉が見つけられないからそれで行くしかないだろ?

137 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:39:23 ID:Evc75XnN
至極当然の如く使う霊や魂という言葉に何の疑いも無いことも変だなと

138 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:40:26 ID:+myW5+L3
>>137
あっそ

139 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:44:54 ID:Evc75XnN
>>138
確かに言葉を介して理解しないと始まらないけど、それは絶対的ではないってこと

140 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:46:34 ID:sST2cxhI
霊界も幽霊も宗教も無くなれ〜



141 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:50:23 ID:+myW5+L3
独り言でもしてろw

そんな事言い始めたらすべて絶対的な言葉にならんだろ?



142 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:50:44 ID:7aQNqGKo
霊界と、人間界をつなぐ架け橋の仕組みについて誰か詳しく。

143 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:54:57 ID:+myW5+L3
まだ理解できないか?

出かける

144 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 10:56:14 ID:Evc75XnN
>>141
じゃ君は火と言葉を発すれば口から火を噴く?
つまりこういうこと言ってるわけ

君が理解できないのも、言葉とは曖昧であるという意味だよw

145 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 11:00:19 ID:V7g3zJvm
>>104 22さんの補足
霊的考え方では、人間は殻の存在でその中に魂がはいると言われています
人間は、死を迎えた時、
殻の存在の中から、霊が出ます(まだ魂の存在になっていません)
その霊は、しばらく行きたい所に行きます
例えば、家族で過ごした旅行先に行きたい(見たい)と思えば、一瞬でいけます
自分のお葬式とか 見たいと思えば お葬式を何処からでも見る事ができます
その後 幽界(そのまま言葉を使わせてもらいます)へ行きます
幽界では、現世の悔い改めが始まります
霊的に、自分の子供の時からの悔い改めです
鏡のような物に、すべてが映しだされます(よみがえりが始まると言います)
人生は、色んな事があってあたりまえです
その時のその時の 自分の心はどうであったかを問われます
その時も 心に嘘はつけません(絶対です)
心の嘘に対しての 霊的威圧がかかります
幽界でのよみがえりが終わり、霊界へ行きます




146 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 11:21:36 ID:sST2cxhI
霊がいるなら人間に迷惑かけるな!

147 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 11:35:00 ID:ms7IjS6H
>>144
そうですねw

わざわざ出て来てくれてありがとう

148 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 11:37:01 ID:Evc75XnN
私は宗教は持たないし、ただそういう能力があるだけだと言ったとしても
その輪廻などの思想や霊の概念は、詐欺や脅しに使われる霊感なんたらと何等変わらない

149 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 11:40:21 ID:ms7IjS6H
幽界とは、霊界の何処へ行くかの判定の場所って事になるようだな。



150 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 11:44:17 ID:ms7IjS6H
>>148
そう思う人もいると思う。

ちびさんは、無宗教のようだから利害などないと思われるが
そういう悪徳商法などもあるから気をつけた方が宜しいと思われます。

151 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 11:47:31 ID:lxRAHzEb
>>146
あんたが死んだら幽霊になって人に迷惑掛けそうな気がするんだが。
>>148
本物の霊能者は悪いことをしたらどうなるかを、はっきり知っているから
能力をそんなことに使わないんだよ。
偽者は霊に関して無知だから霊感詐欺をやらかす。そして大きなカルマを背負う。
>>149
それは違う。関係ないね

152 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 11:51:12 ID:ms7IjS6H
>>151
>それは違う。関係ないね


説明よろしく


153 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 11:52:26 ID:lxRAHzEb
>>150
それは違う。
知らないから何をしても(勘違いでも)許されるというわけではない。
それはこの社会においても分るとおり。
きっちりとそれ相応の見返りが用意される。くれぐれも気をつけるように。

154 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 11:59:40 ID:Evc75XnN
あの世のルールも現世に人により定められたようにしか見えない

あの世が有るとは無いがあるから成り立つわけで、あまりにも有無に執着し過ぎているから、その実体はますます怪しげで曖昧なものに感じる

155 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 12:02:03 ID:+6zep4K4
>>142
まだいるのか。ワロタ。たとえばお前みたいなのを言うんだよ。地縛霊というのは。
霊界というのは、構って欲しいという考えで一杯のお前の頭の中だ。
架け橋はキーボードを叩いているおまえ自身だ。
はやく成仏しろw

156 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 12:07:18 ID:lxRAHzEb
>>152
>>104を読むように・・
執着心により自分が考えている世界だと気がついたら幽界を離れることができる。
強い執念などの場合、自分の力では抜けることはできない。
霊界の指導霊が、ごくたまにその思考の中に入っていって気づきを促す。
これを何度となくやるが、なかなか本人はわからないでいるのだ。
だから、その言わば地獄ともいえる幽界に千年かそれ以上留まるのだ。

157 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 12:15:40 ID:Evc75XnN
天国や地獄や霊や魂などは有るものでもないし、無いというものでもないという考えが執着から離れてると思う

158 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 12:21:01 ID:lxRAHzEb
>>157
それは、無いという思いの想念だ。それがその世界を形作る。
だから、真っ暗闇で自分だけがポツンといることになる。
気がつくまでその状態だ。
抜け出すのはどうするのか難しい。

159 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 12:25:53 ID:Evc75XnN
>>158
有るというから無いが成り立ち、無いというから有るが成り立つ

有るにも無いにも執着しないのが無執着だろう

160 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 12:27:39 ID:t8ar9MLJ
霊界と人間界をつなぐ架け橋
霊界にも法則があります
人間界で踏みとどまった霊を、霊界へ導く事は、霊界からは 手出しが出来ません
その霊の心が、人間界に霊として踏みとどまってしまうからです
人間界に踏みとどまる霊を 霊界に導き つれていくのも架け橋の役目です
踏みとどまる霊と話をし、説得し、霊界の助けをかりて、霊界へ行かせます
この場合は、その踏みとどまる霊が 霊界へ帰りたい思いがあり 
踏みとどまったその悔いねの反省が 終わった霊に限ります
これも、一つの例えです


161 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 12:31:10 ID:Evc75XnN
>>159は訂正する。なんとなく無執着に執着してる気がするw

162 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 12:32:56 ID:lxRAHzEb
>>159
自分でよく考えてみろよ。言葉遊びもほどほどにして真剣になって考えないと分らないゾ・・


163 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 12:37:41 ID:Evc75XnN
>>162
言葉遊びでは無い。あらゆるものはそういう縁起で成り立っている

164 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 12:55:48 ID:t8ar9MLJ
>地獄ともいえる幽界に千年かそれ以上留まる
留まる魂もあれば、輪廻転生により現世に生を受ける魂もあります
その魂が、現世で修行という場(心の悔い改め)を与えられます
それでも、悔い改めの意味さえ分からない魂には救いの道があります
それが、魂の殻を割り、新しい魂をいれるという事が行われます
魂は光輝いています
人間界に修行としての生を受けた時、魂に幾つかのベールを掛けられます
そのベールを剥がすための修行が 人間界です
中には、ベールを剥がすどころか、どんどん魂にベールを掛け続ける魂があります
その時には、魂の殻を割り、新しい魂が入れられます
これは、幽界で行われる事もあり 地獄で行われる事もあります
魂の殻を割られた魂は、過去の記憶もすべて持ち、
反省からのやり直しの魂に生まれ変わります

165 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 13:24:17 ID:yHD8zcP+
>>162
物質として存在しているか事象として存在しているかの
違いだけであって、それを混同するとそういう事になる。
皆周りの人はそれが分かっているから言葉遊びと言われるのでは?

166 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 13:47:47 ID:pnRJn+8j
>>163
で、あんたは何を知りたかったんだ? 
言葉の意味か?
そんな話しのスレではないぞ。
あんたのレスを見ていくと>>122に象徴されるように、やっとぱり言葉遊びだな。
付き合えないわ・・

167 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 13:48:42 ID:Evc75XnN
>>165
言葉は実体を持たないものだよね
これを言葉遊びと括られると、あらゆる会話は書籍やこの掲示板ですら言葉遊びになってしまう
いや、全ては言葉遊びであるとも言えるかもしれないが

先ずは言葉を介して理解するし思惟もできるわけだけど、物質に例えれば、車。
車はあらゆる部品が集まることで成り立つ、タイヤのゴムや窓のガラスだけでは車とは言えない
これは万人が理解できるように便宜上車という言語を用いているだけだ
しかし車では無いというわけでもない

物質的なものも縁起によって仮に成り立っているだけだという考えだよ

168 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 13:58:24 ID:rIK7Bzoe
>>167
言葉と言うものは、それぞれ人が一つものに対し、
共通の認識を取る為に情報を通達する手段であって、
そもそも、ものの状態を伝える情報だから
ものと一緒くたにすること自体がおかしいよね?

169 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 14:04:41 ID:Evc75XnN
どこが一緒くたにしてるのかな


俺は中道を述べてる


非有非無の考えがあったっていいじゃない

170 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 14:16:56 ID:/FXlMKue
>>169
どんな言葉や表現方法を使っても、
その言葉が指しているものの状況は変わらない。
要するに、ものの実体や事象の存在に、
言葉は何ら影響することはない。
逆はいくらでもあるけどね。

171 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 14:20:35 ID:Evc75XnN
>>170
いや、さっきからそれを言ってるんだけど‥

172 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 14:27:57 ID:/FXlMKue
>>171
では、なぜ最初の時点で言葉の理解などというものを
持ち出してきたの?

173 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 14:42:54 ID:Evc75XnN
>>172
なんでだろ、流れ的にというかw

まあ自分の思うあの世観は
我々1人1人も、確固たる実体として存在しているようだけれども、
実際は分子、原子、素粒子から成り立っていて、死ねば分解されて消滅し、
別の化学的生成物になるわけです。「仮の存在」なんですね。
自分も、自分の愛する人も事物も、嫌いな人も事物も、全てがそういう儚い
存在に過ぎない。(諸行無常)
そのことが分かっていれば、何かに執着して苦しむこともなくなるわけです。


というような考え

174 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 14:50:54 ID:TxklqEPd
お話中 少しわり込みます
霊界では、魂の融合があります それは愛する人、家族との融合です
心と心が、一つになるような優しい感じに包まれます
個々の魂であって、離れていてもいつも隣にいるような不思議な感じです


175 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 14:55:37 ID:geLhKVgm
>>160
架け橋の役目や担当を訊いているのではありません。
現世と霊界を繋ぐ架け橋がどんな仕組みで出来ているのかを知りたいのです。

176 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 14:59:09 ID:Evc75XnN
>>174
私は中観派的な考えで、どちらかといえば霊界などというものには否定的で、合理主義的な考えです

177 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 15:01:03 ID:TxklqEPd
>>175
生まれる前の事ですか?どうゆう風に架け橋としての使命があるかですか?

178 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 15:04:04 ID:geLhKVgm
>>177
現世と霊界を繋ぐ架け橋がどんな仕組みで出来ているのかです。

179 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 15:04:11 ID:TxklqEPd
>>176
否定から知らなければ 思い込みがはいります
最初から、納得するのではなく、否定から知った方がいいと思います

180 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 15:08:39 ID:TxklqEPd
>>178
守護霊さまが現れて、導きがあります
「霊界をみろ 使命じゃ」「その先をもう一度見てみろ」
と声をかけられます
霊視をして、霊界をみます
勝手に霊界をさわる事はしません

181 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 15:13:06 ID:geLhKVgm
>>178
何故はぐらかすのですか?

182 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 15:14:03 ID:geLhKVgm
失礼。>>180です。

183 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 15:17:25 ID:geLhKVgm
>>49に於いて、

>霊力とは、霊界と、人間界をつなぐ架け橋です

と述べられていますね。
従って、架け橋の仕組みを知る事は、まさに霊力がどのように作用するかを知る事になります。
是非お教え願いたい。

184 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 15:19:57 ID:TxklqEPd
>>182
現世に生まれる前に 架け橋としての宿命を持ってうまれます
何が知りたいのか、教えてください

185 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 15:22:22 ID:RVwqQy5+
ですから何度も言うようにその架け橋はどのような仕組みで出来ているのですか?

186 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 15:24:59 ID:PPVoO511
>>183
そんな奴に訊いてもムダ!
分ったりしないことに気づかないのかね?

187 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 15:28:28 ID:TxklqEPd
>>160も霊力を使います
1 霊界の魂と話をするのも霊力です
2 現世に踏みとどまった霊と話をするのも霊力です
2の場合に霊界に導くのに、1の霊界の魂に頼みます
1に2に分かるように、霊界から光を出してもらいます
1は、光に導かれて、霊界にいきます
光をどうやって出すかは知りません
私自身も、光を出すと言われていますが、自然にでる光ですので(無意識)
分かりません


188 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 15:36:38 ID:Evc75XnN
>>179
否定的見解と述べましたが少し語弊がありました

私は両極端を否定します
つまり非肯定、非否定ですね

否定知り肯定を知るというものではありません
その両方を否定します

否定から入らないと思い込みに囚われるということは、その逆、つまり肯定から入るのも思い込みに囚われることになります

否定に執着するのも肯定に執着するのも同じように思い込みだと考えることもできますよね

189 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 15:42:48 ID:TxklqEPd
>>188
そうです 否定も肯定も思い込みがあります
確認が必要なんです 
私の場合は、霊力を使う時 確認をします
光もそうですが、相手の方(人に光を使う事があります)に確認をします
(霊界の世界の確認は、守護霊さまにしか出来ません)

190 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 16:00:14 ID:Evc75XnN
>>189
ではこういうことなのかな

あなたのような力というか、そういった霊感のような臨場感世界を共有または感じ取れる人は限られているわけだよね
だからその臨場感を共有できてる限られた人達の中では、その能力を使うことで救いがあるというのがあなた達の理屈なのかな?

例えば、霊を幻視して怯えている人に対して、祈祷師軍団などがその臨場感世界に介入してそれを取り除くといった理屈と同じみたいな感覚というか
それがたとえ医学的理由の幻覚であっても、あくまで霊能という立場での介入に意義があり、改善してやれるという理屈かな

191 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 16:10:42 ID:TxklqEPd
>>190
>その能力を使うことで救いがあるというのがあなた達の理屈なのかな?
何処の宗教にも入っていません(勉強はきらいです)
団体に属して 霊力を使うわけでもありません
必要な時に、周りから頼まれた時に使うだけです
浄霊は 勝手にやっています(守護霊さまの指示のもとだったり、
自分で感じた時です)


192 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 16:16:17 ID:TxklqEPd
>>190
>霊を幻視して怯えている人に対して
まず、言いません
霊障がついていても、もし浄霊をしても、ほとんどいいません
言う事により、その方が気にしてしまうからです

193 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 16:25:32 ID:Evc75XnN
>>191
>何処の宗教にも入っていません(勉強はきらいです)
>団体に属して 霊力を使うわけでもありません


いや、何かの教団に入信している、いないは問題じゃありません
し、指摘もしていません
また、そのお祓いを受ける方に伝える伝えないもそちらの都合です

しかしその行い自体は、祈祷師や催眠療法の類いとの差異は無いでしょうと述べたまでです
そのようなものと同じ論理には変わりないということが知りたかったんです

194 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 16:30:04 ID:TxklqEPd
>>193
祈祷師や催眠療法を知りません
霊界の力をかりるのが 霊力です
祈祷師さんは、霊界の力をかりられるのですか?
催眠療法は、霊界の力をかりませんので違うと思います


195 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 16:36:52 ID:TxklqEPd
例え話をします
普段おとなしい子がいたとします
その子が突然、霊障により 暴力的な言葉を使い出したり、
行動があきらかに変わったとして
その子に憑いている霊障を 勝手に浄霊する
その行いは同じですか?

196 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 16:37:47 ID:ms7IjS6H
>>156
只今戻ったが

霊界の指導霊とは何ですか?
どこから学んだんですか

197 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 16:44:50 ID:Evc75XnN
>>194
知る知らないも貴女の匙加減だからそこに言及するものではありません

催眠療法と霊界とは違うとのことですが催眠療法は知らない貴女が何故違うと言い切れますか?

198 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 16:48:05 ID:d6Ky8fab
明らかに違いますね

199 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 16:48:26 ID:TxklqEPd
霊界にも指導する魂の存在があります
人間界から、霊界にいきます
子供の魂を成長させる 指導霊
動物界の魂を見る 指導霊
悔いねを持った魂の 指導霊
霊界は幾つもの層に分かれています
それぞれの層に指導霊の存在があります(霊界を助ける魂です)

200 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 16:48:49 ID:d6Ky8fab
否定論者は平気で見下されることを言うなぁ

201 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 16:49:44 ID:ms7IjS6H
自分だけいう事が絶対みたいな奴だな

ちびさんの言う事も解るが

202 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 16:52:22 ID:ms7IjS6H
>これを何度となくやるが、なかなか本人はわからないでいるのだ。
だから、その言わば地獄ともいえる幽界に千年かそれ以上留まるのだ。

せっかくだから、どういう風に早く抜け出せるか、簡単に教えてもらえないか?
死んだ時の参考になるだろ?

地獄とも言える。地獄の説明よろしく



203 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 16:53:58 ID:Evc75XnN
>>195
その霊障という概念も危険だろう。勿論西洋医学的見地だけでも危険かもしれないが。

もしその子供が狂ってしまって、心霊療法などを用い、症状が悪化しても霊の仕業だと言いますか?
その子供を救うためならあらゆる方法を模索しますよね

204 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 16:54:38 ID:TxklqEPd
>>197
催眠療法は、その人の奥底にある存在意識を出すものだと思っています
(これは、された方に聞いた話です)
催眠療法を知らないのは、経験した事が無いという意味です
祈祷師さんは、見た事や、された方に聞いた事がないので知りません

205 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 16:58:55 ID:ms7IjS6H
ちびさんは、
霊界にも行った事がある
現在の自分の守護霊様(死んでしまった人から聞いた話)
を語っている

22=ID:Evc75XnN
何かの本から学んで習得した事を語っている

現在の流れ
ですね?

206 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 17:01:09 ID:TxklqEPd
>>203
その子は何も知らないのです
その時は、少しだけその場を離れ、浄霊しました
その子の元に戻って何気なく聞いても
自分の言った言葉さえ覚えていませんでした



207 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 17:09:32 ID:TxklqEPd
>>205
おかえりなさい
私の場合はそうです

208 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 17:16:13 ID:ms7IjS6H
体験談と言うものは、理屈などいらないのではないだろうか?
目の前で起こった事を教科書を開いてる暇などないだろな

どう対処したらいいか個人の選択が1番早い事を行なう

体験があれば自信を持って書けるのではないかと思う

209 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 17:25:35 ID:ms7IjS6H
本で学んだ者の欠点は、難題の質問されたら
本を開いて引用しますので

しばらくお待ちください。

210 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 17:30:10 ID:Evc75XnN
本に学ぶにしろ人に教わるにしても、その仮説はいつでも捨てる覚悟はしとかないと思考が停止する

211 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 17:36:08 ID:TxklqEPd
地獄とは、その霊の心の作り出した世界を、霊的に見させられる世界です
例えば、自分は死後火の海の中に行く(これは、現世での心の悔いねの現れ)
と思えば、その世界に行ってしまいます
その中から抜け出せない霊になってしまいます
そこから抜け出せるには、自分を知るという事です
何故、そうなったか 自分の悔いねは何だったのか
心からの反省のもと、救いがあります
救いだされた魂は、もう一度現世に生まれ、やり直しをします
同じような事を書いたような気がします

212 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 17:46:38 ID:TxklqEPd
食事の準備がありますので落ちます

213 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 17:51:03 ID:ms7IjS6H
なんだ仮説かと?

それなら仮説ですと書けばよかろうに....

>>212


214 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 17:56:06 ID:ms7IjS6H
みなさん、地獄とやらに行かないように

これからの人生を?

覚悟して死んで生きましょう

215 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 17:57:03 ID:ozKHULiK
一体ちびさんは>>8でどんなスレを立てたがっていたんだろう。

216 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 18:07:53 ID:TxklqEPd
>>215
誰か観音スレにスレタイ置いていった方がみえます
ここのスレの住人の方だと思ったんですが 違ったんですね
観音スレ見れば分かります

217 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 18:37:19 ID:2nfOJdMn
>>216
ちびさんは途轍も無く平和なスレから来たんですね。
>>8の事も今、観音スレを読んで確認しました。
多分、タイミングから考えてこのスレの
事だと思います。

218 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 18:55:38 ID:7kdPXoZ9
>>217
そうですか、改めて申し訳ありませんでした

219 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 19:02:15 ID:y409hM27
なんかアホばっかしか集まらないな。類は友を呼ぶか。ん

220 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 19:12:22 ID:ms7IjS6H
>>219

221 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 19:20:20 ID:ms7IjS6H
>>211
>救いだされた魂は、もう一度現世に生まれ、やり直しをします

すべて転生するという事はないと思うが
地獄から救いだされたのが優先的に行なわれる?

と解釈してもいいのかな

222 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 19:55:49 ID:Evc75XnN
選民思想と変わらんな

こうなるとホロコーストやシオニズムとの違いがわからん

自分が何を言ってるのかよく考えるべきだよね

223 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 20:01:41 ID:d6Ky8fab
選民は必要悪ですよ

224 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 20:05:37 ID:ms7IjS6H
>>222
おまえもな

225 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 20:07:25 ID:xQhoQGrQ
多分、むこうで飽きてきた荒らしが来る事が
今後もあると思うが、相手にしてはいけない。
奴らにとってそれは最高の餌なのだ。

226 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 20:08:17 ID:ms7IjS6H
ワロタ

227 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 20:27:24 ID:O6gbR5HP
>>221
>救いだされた魂は、もう一度現世に生まれ、やり直しをします

生まれ変わりも、拒否ができますが、この場合の拒否はできません
優先順位があるとすれば、先になります

228 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 20:55:10 ID:O6gbR5HP
>>227 補足
全ては平等であるという霊界の法則があります
輪廻転生も平等の法則のもと行われています

選民思想も捉え方により、違うみたいですね(ネットで見てきました)


229 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 20:58:42 ID:+myW5+L3
>>227
そうかい?
ある情報では、地獄に行った者の話では、まだ転生拒んでいる者がいるが
この時代産むのも拒んでいるから特例として認めざるを
得ないのかも知れないな。

霊界からの情報は、伝えた者が誤報として流がす事もあるだろうから
ちびさんの情報は正しいのかもな

特に意義なし

230 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 21:15:10 ID:d6Ky8fab
前スレの最後にチベット仏教の文章がコピペされてたけど
あれがまた読みたいです
誰かコピペするかスレッドをうpしてちょんまげ

231 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 21:23:30 ID:O6gbR5HP
人間界も移り変わりがあるように霊界も変わっています
人間界の言葉では、霊界の階層といいますので その言葉を使います
上の階層の方が、下の階層の方に悔い改めの心を説く事もあります
霊界で、下の階層から、上の階層に行く事もあります
霊界の人達も仲良く過ごしています

232 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 21:49:27 ID:JFuceAaX
>>229
ある情報ってどこからの?

233 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 22:30:46 ID:FPG2zzXl
霊界と現世を繋ぐ架け橋、霊力の仕組みについて、どうして明らかにされないのでしょうか?

234 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 22:44:27 ID:ZYWaIv7p
>>233
根拠を求めたいのか?

235 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 22:46:50 ID:U+KE7jiJ
架け橋の仕組みだけど何か?

236 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 22:56:54 ID:d6Ky8fab
霊力なんて百通りはありますよ

237 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 23:02:38 ID:O6gbR5HP
>>233
霊力については書いてあります
何故、自分に光がでるのか、知りませんので 答えられません
霊界からの光は霊界の魂の光です
自分の光も 魂の光だという事しか 知りません


238 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/04(土) 23:04:54 ID:O6gbR5HP
霊力に仕組みがあるのなら、私が教えてほしいです

239 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 23:20:32 ID:RHTrajlm
"虹の架け橋"、若しくは"愛の砂嵐"って
知ってる奴いる?

240 :神も仏も名無しさん:2009/04/04(土) 23:55:18 ID:+myW5+L3
知らぬ間に気づいたらこれが霊力だった。
本人にもそんな仕組みなんか分からないまま過ごしてた。

そんな事もあるだろ

241 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 00:00:38 ID:+myW5+L3
>>231
上の階層とか下の階層とか書いても意味分からんかもな

この世とどのように違うか書いたら分かりやすいかもなあ

242 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 00:00:47 ID:xU8JEIee
>>240
補足ありがとうございます

243 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 00:05:02 ID:cb1I1cof
>>235
死んだ人から、君に話したい事があったら
自分では出来ないから(霊力ある人)に託して伝えてもらう

そういう風に簡単に考えたらどうだ?
そんなの本に載ってるのか?
こっちが聞きたい。


244 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 00:12:13 ID:IUGwuNyk
橋ってゆうより、ガイドか通訳みたいだね

245 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 00:16:21 ID:xU8JEIee
>上の階層とか下の階層とか書いても意味分からんかもな
人間界から霊界に行く時、階層にわかれます
魂の進化によって階層が決まります(私は、階層ではなく、輪といいます)
1から10までの階層があるとします(数は例えです)
1が神に近い存在の集まる魂だとして、9の魂は、10の魂の集まる階層に行き
魂の心根を説きます
10の魂の集まる所は、人間界に近い魂の集まりです(心の悔いねを持っています)
10の魂の集まりの中で、悔いねを解き離れた魂は9の魂の集まりにいきます
人間界も、会社に属して出世されます
仕組みとしては、同じようなものですが、違うのは、心根の表れの違いです
心根とは、その魂の奥底にあるきれいな光です
魂は、嘘がつけません
魂にベールを持っていると、誰からみても分かります
1から10までのベールと考えると分かりやすいかと思います

246 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 00:18:07 ID:cb1I1cof
そういう風に考えた方が分かりやすいだろ?

>どうしてそんな事できるの?
本人だって何でなのかしらん
そう思ってる霊力ある者は居るんじゃないかと

ちびさんでも、自分の他の人が出来ない事をやれるって事を
悩んだ事もあるんじゃないか?
それを今こうして話するのは、何かあったんだろ?

よく分からんけどな

今の立派な知名度ある守護霊がつく前はどんな人が守護霊だったのかな?

247 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 00:23:51 ID:cb1I1cof
>>245
そういう例もあるとは思うが、各自で集団を作って過ごしている所もあるな

ちびさんの場合の例は、小集団を管理する場所を言っているかと思う

248 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 00:26:57 ID:xU8JEIee
>>246
子供の頃から二人の守護霊さまで、去年から二人増えました
霊力については、あまり悩んだ事はないです
それが、霊力だと知らなかったからが正解です
人の心を見てしまったり、テレパシーは、子供の頃から隠していました
周りがビックリする顔を何度か見て、心の言葉を聞いても聞こえないふりを
ずっとしていました

249 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 00:34:40 ID:cb1I1cof
>>248
子供の時から、お釈迦様とイエス様?
2年前から観音様 閻魔様

こういう事?
お釈迦様とイエスは人間だったけど、他はどうなのか?ちょっと疑問だけど

ま、これ以上聞かないけど
俺も、本など見ないから良く分からないな。
その4名様は、ちびさんに何を望んで守護霊になったんだろうな?

250 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 00:36:20 ID:xU8JEIee
>>247
そうだと思います
10の階層の魂と、9の階層の魂があって、(この階層の数字は例えです)
9の階層の魂に頼まれる事があります
霊界で離れてしまったと、そうゆう時に9の階層の魂に頼んで
10の魂へ行ってもらい、心を説いてもらいます
10の階層の魂が納得すると、(心のベールが9の階層のベールになる)
9で待っていた魂は、霊界で出会えます


251 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 00:41:47 ID:xU8JEIee
>>249
観音さまとイエスさまが先です
守護霊さまは、私を守るためだと言っています
幽界でのよみがえりを知っているのも、守護霊さまによる
子供の頃からの心の悔いねのよみがえりが終わってるからです

252 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 00:56:20 ID:cb1I1cof
>>250
なんだかよくわからんw

魂をAと花子に太郎分けてくれたらどうかな?
霊界で離れてしまった?って誰と

俺、寝ぼけてるのか理解できないw
面倒ならいいです

>>251
この世的に書いてくれる?

253 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 00:56:22 ID:xU8JEIee
そろそろ寝ます おやすみなさい
分からない事があったら、書いといてください

254 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 00:58:06 ID:cb1I1cof
>>253
どうもおやすみなさい^^

255 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 01:06:24 ID:xU8JEIee
この世で、花子と太郎が結婚をして、心から愛していたとします
太郎が先に霊界に行きました 太郎の行き先は、9の階層です
花子はが、霊界に行った時 心の悔いね(人間界での物的な物の執着)が
少しあったため、10の階層にしか行けませんでした
前世でも、二人は出会い霊界で魂の融合をしていたのです
太郎は悲しさのあまり、9の階層の魂に頼みます
「霊界で離れるのはつらすぎる」
9の階層の魂が(指導霊)、10の階層の花子の所へ行き話をします
花子の心の悔いねがとけた時に、太郎と、花子はもう一度霊界で出会い
魂の融合があり、結ばれます


256 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 01:06:55 ID:oiZ638YH
私の守護霊はピカチュウとキティちゃんです。

257 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 01:10:29 ID:xU8JEIee
私もキティちゃん好きで集めていました
可愛いですね


258 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 01:14:19 ID:cb1I1cof
>>255
なるほどね。めでたしめでたしだな

このスレ見てる者は、好きな花子いたら今から言っておきたまえ
>霊界行ったら忘れてくれと俺も忘れるから

あの世では新しい人生を始めよう

>>256
バカが吹いたw

259 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 01:15:13 ID:oiZ638YH
>>257
もちろん、本当にピカチュウやキティちゃんとは思いませんが、わざわざ私の為に
その様な姿で来てくれている様です。

260 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 01:15:49 ID:xU8JEIee
おやすみなさい
255で書いた事は、一度だけです
霊界では 心の悔いねの改めによって 9の階層の魂が
10の階層の魂を迎えにいきます(これは、よくあります)
分からなければ もう一度分かるように書きたいと思います

261 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 01:19:38 ID:cb1I1cof
>>260
分かりました。

あの世でまた別の人と結婚していいでしょうか?

起きてからでいいです。乙

262 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 02:02:59 ID:5Ck+bw+U
971 ID:THsoH5mH
 案内人の話によると彼等の宗教では、種々様々な責苦の地獄についての説教が行われる
そうである。あらゆるタイプの人毎に夫々違った地獄があるらしい。患者を殺した医者
には彼等独特の地獄があって、そこでは医者の方が何回も何回も切り刻まれては又その
後で元通りに組み直されるという。死体の上に黒い線を引き、それに沿うて悪魔が赤熱
した鋸を引いて行くのである。出しゃ張り屋用の地獄も又あって、舌が附根から先まで
幾つかに引き裂かれてから焼き串を通される。愚痴をこぼす者は咽喉に融けた鉛を流し
込まれる。
 地獄には氷山のある処もあって、亡者が割れ目の中に投げ込まれ、大きな氷壁が迫っ
て粉々に押し潰される。
 「説教の中でそんな話を全部聞かされたのでは、可哀そうにチベット人達がおびえる
もの無理はない。しかしあんたはまさかそんなことを信じはしないでしょうね。」と聞くと、
 「まあね。」と半信半疑の様子で答えた。「しかし私たちは人々にそう教えるように
云われているのです。」
 「イヤハヤ、あんた等はみんな偽善者だ。何故あんたは本当の事を人々に云わないの
か。」と思わず私は大声を出してしまった。
 「そうすると私達は国中で何の権力もなくなります。」
 「それなら、あんた達用の地獄もあるはずだ。」と私が云うと彼はびっくりした様子
だった。更に付け加えて私はこう云った、
 「僧院に御布施をしない連中向の地獄もチャンとあることになっているのでしょう。
だからその人たちに恐怖からお布施をさせることができるわけだ。」
 「もちろんそうです。」
 「そんな事をしていると何時かはそれが逆火になってくるとは思わんかね。チベット
は何時までも今のような孤立した国のままではいない。もちろん偉い学僧達はこんな
馬鹿げた事を信じはしまい。」
 「はい、ラマ僧達、大学者方、治療師、預言者達、原子科学者達の間には神秘家達が
おられて、その方々は原子については西洋の貴方がたよりよく知っています。貴方が
ガンデンに行けばそういう学者方にも会うでしょう。その方々が外部の世界について
持っておられる知識には貴方も吃驚する筈です。」
 「私もその事は聞いたことがある。あんたも知っていると思うが、私はリンポッチェ
大師の弟子でね。」


263 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 02:04:02 ID:5Ck+bw+U
972 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2009/04/03(金) 01:42:14 ID:THsoH5mH
 「はい、存じています。『リンポチェ』という名は、『尊きもの』という意味です。
あのお方は大師の大師ですよ。」
 「何故あんたは大師に教えを乞わないのかね。」
 「まことに残念ですが、大師はもう今以上には弟子をお採りにならないのです。その
代わりにスルドゥ先生の弟子になりたいと思っています。このお方の名は『英知の師』
という意味です。ガンデン僧院の教授もしておられました。」
 「その方には私も近く会うことになっている。」と云って私はこう付け加えた。
「それにしてもあんたは大衆に対する自分たちの説教が間違っている事を知っていなが
ら、人々を迷信で縛りつける為に説教を続けているじゃないか。」
 「それはまあそうです。しかし貴方方だって西洋では同じ事をやっているじゃありま
せんか。あなた方のあのどっしりした建物を見て御覧なさい。沢山の貧しい人々を救え
る金を石や漆喰、勲章その他に散じているじゃありませんか。」それに対しては私は
こう指摘した。
 「しかしあんた達は先ず大衆を教育することだ。お国の人々が風呂付の家を与えられ
たところだが、風呂場を石炭入れにしている人があるのを私は見ている。尤も西洋人
だって生贄を信じているんだからね。これは形を変えた搾取ですわ。大した違いは無い
よ。あんた達の方が少し残酷ではあるがね。それにしても結局は同じことだな。」
 私のこの柔軟戦法は効を奏したようだ。
 「ええ、残念ながらその通りです。たいていのチベット人はまだ迷信と恐怖の虜に
なっています。」
 「併し、そんなものも足早に崩れ去って行ってるね。」と私は答えた。
その後吾々は誕生、死、生まれ変わりが終わることなく続くという生命の輪廻の問題に
ぶつかった。
 「それはヒンズー哲学なんだろう。」と私が云うと、彼は待ってましたと云わんばか
りに、人間が何度も生まれ変わる過程と理由を滔々と話し出した。
 「あんたは国中を廻って人々にそれを説いているんだね。」
 この男にはまだ迷いについての知識も悟りも持っていないのが分かった。それに彼は
少しあがっていた。それでその事については私はもうそれ以上は何も云わぬことにした。

264 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 02:04:48 ID:5Ck+bw+U
973 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2009/04/03(金) 01:43:34 ID:THsoH5mH
これでは、リンポチェ大師が彼を弟子にお取りにならぬ道理だ。
 彼は自分が初めてリンポチェ大師の処に行き、弟子入りを頼んだ経緯を私に話してく
た。その話によると、リンポチェ大師は彼を河のところに連れて行き、跪かせた上で一旦
河の水面に顔をつけさせると、矢庭に彼の頭を水中に押し沈め、彼が激しくもがいて起き
上がろうとするまで押し続けたのである。ようやくのことで本人が顔を上げると、水中に
漬かっていた間何が一番欲しかったかと聞くと、「息です。」と答えた。
 そこでリンポチェ大師は、
 「君が今息が欲しいと必死に思った程度に真理を切望するようになった時、わしの処
に来るが良い。」と答えられた、という。



 「ツォン・センの家族は裕福な階級でね。彼は友人たちが勝手に出入りの出来る私室も
持てるのだよ。」
 「それでは貧乏なラマ僧たちはどうなんですか。」
 「ああ、彼らは寄宿舎の大部屋で一緒に寝るのさ。」
 「だのに彼だけは一人で一室に寝るのですか。」
 「そう。彼の家族は僧院に多額の寄付をしているのだね。それがこの国の仕来りなんだ
よ。君がすでに気付いている通り、いろいろと決まった差別があるんだね。時の経過だけ
がそれを変えていくんだよ。」

265 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 02:14:33 ID:5Ck+bw+U
976 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2009/04/03(金) 01:53:59 ID:tXU05kXD
 「物事を頼む前、あるいは行為する前に、まず想念がおこるように、天体の音楽も、
感じたり演奏する前にやってくる。表現を誘い起こすのはこの感じなのである。天体の音楽
はそれに同調する魂の上に働きかける。魂は内在の霊たる神おん自らを現す竪琴である。
君の心情の豊かさに応じて、おん自らの調和が君の中にそしてまた君を通じて表現される
であろう。君がありとしあらゆるものを愛することを学ばなければならないのはそのためで
ある。なぜなら神は全ての全てであるからである。心情の全てを尽くして神を愛するとは
君の隣人を君自身のように愛することである。その時神は君の中において、また君を通じて
語り合い、君に不可能なものは何一つとして存在しなくなる。君が願うものは何によらず
宇宙は急いでそれを満たすであろう。とりわけて君の心身は調和で満たされるであろう。
 君が調和であればある程、君の感受性は鋭くなり、君の魂も肉体も、常に内にまします
神を現すようになるであろう。円満完全なみ業をなし給うのは神だけだからである。こうし
て君は長い歳月が経とうとも心身ともに強健となろう。『常に臨在し給うもの』は常に
元のままに常在し給う。神の霊に年を古ることはないからである。」
 その瞬間、師が心身ともにかくも若くあり給う理由が始めて分かった。私はこの心中の
思いを別に一言も口には出さなかったけれども、大声でしゃべったためでもあるかのよう
に、師は再び話を中絶された。暫くしてから、
 「その通りだね。内にある通りに外は成るものだ。」

 更に続けて云われるには、「もし有機体が混乱状態にあればリズムも同様に混乱する。
君の想念や感情は肉体を貫いて飛び立ち、外気の中に、更にまたその彼方へと飛び出て
行く。」
 「放送局のようなものだな。」と内心思っていると、
 「その通りだ。この電磁波によってエーテル全体が磁気化され、全世界が聖なる放送局
の放送を同時に聞き、かつ感ずることができるようになる。東西南北、上は成層圏の彼方
から下は地球の深奥に至るまでその存在しないところはない。」


266 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 02:36:44 ID:XjhiKQAn
977 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2009/04/03(金) 01:55:44 ID:tXU05kXD
 「将来を大いに期待されながら失敗した人々は多いが、その理由は、創造主とその被造
物とは一体であって、両者はなんら分離していない真理を知らないことにある。心霊のみ
に声はあり、神は声を通じ、調和を通じ、光と音と色と形とを通じて神御身自身を現し給
う事実を、ただ単に観念としてだけでなく、事実として体験することによって把握した時
、あらゆる差がつくのである。神は調和であり、愛であり、英知であり、力であり給う。
ここにこそ人の中なる神の力がある。なんとなれば神は人だからである。『私と父なる神
とはひとつである。』『コトバは神とともにあり、コトバは神なりき。しかしてコトバは
肉となりき。』しかし肉はこのことには何らの発言力はない、その故にコトバは不朽であ
る。吾々は肉の意思や血より生まれたのではなく、人の意思によって生まれたのも無く、
まこと神の意思によって生まれたのである。』

267 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 02:38:59 ID:XjhiKQAn
979 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2009/04/03(金) 01:58:05 ID:tXU05kXD
 此処でリンポチェ大師が口を利かれた。師が前から目を閉じたまま例の主観状態に入っ
ていったのが、私には分かっていた。そのみ声の音色は耳に快い。
 「諸君、私は宗教や実在の探求をけなすものではないが、組織された独断、その儀式、
祈りの詠唱、マントラの繰り返し、ギータや聖書の引用など、そんなものは宗教ではない。
自分をラマ教徒、仏教徒、クリスチャン、ヒンズー信徒であると称したり、あるいは何ら
かの儀式に与えること等によって真理が発見できるだろうか。私はそうは考えない。この
ようなバラバラに分離したものの影響を受けて、諸君は組織化された信仰の網の中に捉え
られてしまっている。それは心を鈍らせる麻薬であり、逃避の温床であり、かくして人の
心を鈍らせ弱めてしまう。」
 ・・・一語を発する者もいない。それはリンポチェ大師がこの様に話をされる時、その
内容こそは神の英知であることをみんなが知っているからである。
 「諸君はもろもろの権威、僧侶、そしていわゆる『師匠』等の組織全体の擒になってし
まっている。諸君は自分自身を解っていない。だから諸君は尋ね究めようとはしないで受
け容れることに終始している。諸君のお祖父さん達がある儀式を行っていたからとか、
従って諸君もその通りにしなければお母さんが泣くからとか、というが如きは、全く愚に
つかないことである。ニセモノを見究めることもできずにただ恐れているのは、諸君が他
に頼っているからである。ニセモノが分からない限り本物が分かるはずもない。
 神について語り、神の名を何千回唱えたところで真理が啓かれるものはない。自分自身
の種々雑多な偏見や恐怖の中に閉じこもっている限り真理は諸君より秘められるであろう。
東洋、西洋の別を問わずこの組織された宗教の誤りの原因は人間自身の無知にある。人間
が権威を求めるのも人間が混乱しているからである。」

268 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 02:40:05 ID:XjhiKQAn
984 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2009/04/03(金) 02:14:14 ID:tXU05kXD
 依然として口を差し挟む者はいない。リンポチェ大師は何かある重要なことに一同を導
いて開眼させようとしておられるようであった。大師はなおも語り続け給う。
 「政治の面であれ、あるいは宗教の面であれ、一旦そのようにして権威を作り出してし
まうと、真理が発見できるだろうとの望みを抱いてその指示に従っていく。
 諸君が他人の権威によって実在について学び知ったと称するものは真理ではない。かく
して諸君は依然として無知である。実在は知られざるものであるのに、どうして一介の
権威を通してそれを探し求めることができよう。権威を求める限り諸君は単なる模倣者と
堕ち、自分自身への確信を失ってしまう。指導者を作り出すのも信念をなくしてしまって
いるからである。諸君は見つけうる限りのあらゆる聖典を読み、もろもろの矛盾を生み出
している種々様々な思想・観念を追い、かくして模倣すればするほど自分自身への確信は
減じ、自分の一生涯を単なる複写帳に終わらせてしまう。」
これは僧院長に対する教訓でもあるが、同時にまた私への教訓であることを私は悟った。
いや、実は全員がこれによって益を得るはずである。
 「子供の頃から」と大師はまた続けられる、「諸君は読むべきもの、為すべき事を教えられ
きた。自分で考えるようにはされてこなかった。諸君は諸君自身の混乱の原因を見つけ出す
ためには自分自身に自身を持たなければならない。ニセモノと本物とについての深い確信を
持たなければならないのだ。しかし諸君はそのことを知らない。それというのも自分の持って
いる種々雑多な信仰や観念・思想を抱くようになった道程を追求したことがないからである。
 混乱しているために、諸君は、ウパニシャッドやギータや聖書その他の本を読むことによっ
て真理が発見できると思っているのではないか。自分自身が惑乱しているのにそういった
書籍から真理を読み取れると諸君は考えるのか。諸君は自分の読んでいることをただ自分
の惑乱やアレコレの好き嫌い、偏見、自己限定等に合わして翻訳するだけだ。

269 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 02:51:10 ID:vhKKWaoW
989 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2009/04/03(金) 02:27:40 ID:tXU05kXD
 真理は自分自身、自分の偏見、思想・考え方、信仰をよく知り尽くした時初めて掲示される
ものである。真理は真理のほうからやってくるものであって、こちらから真理に向かっていく
必要はない。真理は久遠の実在であって、人間が作り出すのではないのである。
 自分は心理に向かって進みつつあると諸君が思うのであれば、それは諸君自信の自己限定
の単なる投映にすぎない。やがてそれは組織化された宗教という自己催眠の一過程となる。
真理には最終結論というのは在り得ないのである。
 諸君が我の心で虚構したものから自分自身を解放した時、初めて諸君は心の虚構物でない
ものを見いだす。諸君が実在を発見する以前に心は勝手な虚構を止めなければならない。
そうすれば組織化された宗教に所属することもなくなり、人を咎めたり非難することも無く、
と言って無心論者になることもないのである。何故なら無神論も信仰の一形式だからである。
 真我を見出すには、それについての思想なるものを造ってはならない。真我はまたこれを
分割して他人の中に入れることもできない。実在は分割されるものではないからである。
真なるものを隠している小我を知り尽くすことによってのみニセモノは消え去る。その時
初めて神の栄光、神の愛と英知と力は顕現する。何故ならそれは初めから久遠・常在であり、
人間が作り出すものではないからである。


270 :全知全能の神さま:2009/04/05(日) 09:16:16 ID:EdbgfMRv
いきなしこのスレにくるのもなんか嫌なので、根拠ありのところで、
一人地獄に落としてからきました。

今全部読んだけど、魂の世界は、すべての人がわざとニュアンスでつながるように
神様が一人一人に合わせていっています。

守護霊もすべて一人の神様が自演していますよ。

それが俺だよ。すべて夢をこわしたな。ふぉっふぉっふぉっふぉっふぉ(^^)

271 :全知全能の神さま:2009/04/05(日) 09:18:13 ID:EdbgfMRv
あと俺に文句をいわないようにな。

神様は気性があらすぎるから。

本当に地獄に落とされるから、気をつけて。

地獄とはこの世のことなんだけどね。

272 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 09:35:51 ID:cb1I1cof
(^^)←ダッサ

273 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 09:42:28 ID:cb1I1cof
俺が神だとかほざいている馬鹿は、キチガイ糞神

274 :亭白:2009/04/05(日) 10:15:17 ID:HPRz/ME4
>>269神も仏も名無しさん
>>989神も仏も名無しさん[sage]
真我はまたこれを分割して他人の中に入れることもできない。
☆真我は全ての人達等の心に既に内在しているのでわざわざ真我を分割する
 必要は無いし他人の中に入れることもできない。

実在は分割されるものではないからである。
☆実在は圧倒的光のエネルギーなので分割は可能であります。
 実際私たちの心に神の子仏の子光の子としての光エネルギーの分光しているのである。
 これなくして私たちは存在を有しないのであります。

真なるものを隠している小我を知り尽くすことによってのみニセモノは消え去る。
☆そのとおりです。

初めて神の栄光、神の愛と英知と力は顕現する。何故ならそれは初めから久遠・常在であり、
人間が作り出すものではないからである。
☆それはその通りですが、根本神からの預言者として神仏の考えなり思想なりを構築して人類にあるべき方向性を示し
 て間違いなく神仏の世界に帰還すべく教えとして説かれているものであって、預言者の教えなくば地獄の広き門に行
 く方々が後を絶たないからであります。
 真理は求めてこそ得られるのであります。真理を求めなかったらこの世の行きやすい生き方で良しとして迷林に彷徨い
 煩悩に翻弄され真理をかえり見なくなり欲界に身をさらしてしまいます。
 真理の多宝塔は自助努力で真理の多宝塔を求めなければ掘ることもありません。
 真理の多宝塔を求め自助努力で掘ってこそ真理の多宝塔は観えて来るわけであります。

275 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 10:26:39 ID:cb1I1cof
誤爆か?

276 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 10:39:31 ID:P+wdWJqp
おはようございます
>>259
よかったですね
守ってもらう存在を知るのは、自分の中で何かが変わりますね

>>261
無理です 霊界では現世で出会い愛した人 家族との愛の融合があります
どうしてか知りたいですか?
どうしたらその人と出会い愛せるかを書いてもいいのなら書きます

277 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 10:52:54 ID:P+wdWJqp
>>270 全知全能の神様
こんにちは
神さまは優しいイメージしかないですよ

>>274 亭白さん
こんにちは
>>262>>269
このコピペは誰か頼んだんだと思います
貼り付けてくださった方 ありがとうございます

278 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 11:11:40 ID:cb1I1cof
おはよう

>>276
是非書いてください。

×1 ×2 離婚は別として死別になった夫婦が
死後再婚した場合、
先に行ってる前夫 妻はどうしたらいいでしょうか?

279 :259:2009/04/05(日) 11:30:32 ID:52HwCwqh
>>276
守ってもらう存在を知ったと言うよりは
あの子たちの方から話し掛けて来てくれました。
それまで守護霊というと自分より歳が上で
もっと堅苦しい存在と思っていましたが、
全然そんなことは有りません。
ちょっと頼れる感じではないですが、
へこんだ時はいつも慰めてくれる、
とても優しい子たちです。

こんな事を言ってると、やはり頭がおかしいと
お思いかも知れませんが。

280 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 12:02:38 ID:P+wdWJqp
>>278 こんにちは
太郎と花子は、再婚どうしという事でいいのですか?
現世の運命の出会い(男、女)は一度だけです
今の出会いが本当なのだとします(愛は本人どうししか分かりません)
その出会いを導くために、前夫、前妻の存在があります
霊界にいっても、お二人から良かったねと祝福の言葉があります
前夫、妻も、本当の運命の出会いを求めて、来世に生まれます
前世で運命の二人が、お互い姿が違うため現世で出会っても
分からない事があります
霊界では、そんな仲間を心配して、二人の為に一緒に現世に生を受ける方も
いらっしゃいます
もし、私の受け取り方が違ってたら、書きますので言ってください

281 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 12:11:43 ID:P+wdWJqp
>>279 259さん
何を書いても大丈夫です 霊界、この世は不思議な事っていっぱいあります
慰めてもらえるんですね、ある意味羨ましいです
私の場合、守護霊さまは優しい反面厳しい方ですので、よく喧嘩みたいな
口の利き方をします 
何でも書いてください

282 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 12:17:45 ID:cb1I1cof
>>280
なるほど

死別しても出会いがあり再婚しても、その出会いは
前夫 妻の導きの出会いになったという事ですな?

過去に引きずられる事なく幸せになっても良いという事ですね。

283 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 12:19:36 ID:cb1I1cof
お釈迦様は、北朝鮮について何か言ってますかね?

284 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 12:24:53 ID:JI/1a3YN
『いま火が燃えさかっている薪というありかたを見てみよう。私たちは、 そこに火があり、薪がある、という。しかしながら、そのメラメラと燃えて いるどこからが火で、どこまでが薪であるか、それをはっきりと区分して、 ここが火でここが薪だとすることは、なんびと荷も不可能である。
両者は一体となって――両者の区分を全面的に拒否しつつ全く一体化してい て、そしてそこに火があり薪があるといわれる。一体化して燃えあがる以前には、火はそこにはない。
薪も単なる木片にすぎず、まだ薪(燃料)とはなっていない。燃えはじめたときに、すでに木片は単なる木片ではなくて薪となり、火もまたそこに現前化する。
そして上述のようなありかたにおいて、両者が或る点において結合して一体化してはじめて、火があり、薪がある、という。
これは両者の一体性をあらわしており、且つ相互肯定的なありかたを示している。縁起のいわゆる相依性(相互依存関係)がここに表明されている。

285 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 12:25:25 ID:P+wdWJqp
>>261
太郎と花子は結婚をしています 太郎は別のC子を忘れる事が出来ません
そして C子は先に霊界に行ったとします
この場合は、3人が誰とも、霊界で魂の融合(霊界での結婚)はないです
太郎とC子が前世でも愛し合い、運命の人だったら、
3人は、来世も同じ環境の元 生まれます
何故、花子がそばにいるのかが不思議だと思います
花子は、C子さんとかの前世の兄弟である事が多いのです
心配をして、運命の出会い(魂の結婚)をしてほしいが為に
一緒に生を受けます
それも、霊界の法則の一つです

286 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 12:25:52 ID:JI/1a3YN
ところが現実に薪に燃えている火は、決して静止したままではいない。 火はさらに燃え盛っていくか、または徐々に消えかかっていくか、どちらかいずれかである。
この場合、火が燃え盛っていくとは、薪を減少させていくことである。火が消えかかっていくとは、薪を増大させていくことである。
いかえれば、火を肯定していくことは、薪を否定していくことであり、逆に、火を否定していくことは、薪を肯定していくことになる。
すなわち、火と 薪との肯定・否定の関係は、前に述べた場合とは異なって、一方の肯定 が他方の否定に通じて、相互に反対の関係にある。
ここには、縁起は相 互排除性を孕んでいて、さらに押し進めれば、矛盾的対立のありかたを示 している。縁起のいわゆる逆の形の相依性が表明されている。
さらに火がいっそう燃えていったならばどうなるか。薪はますます小さくなる。火を肯定し、薪を否定することが進行していって、ついに薪が燃え 尽きたときに、火の存在する場所がすでにない。
こうして火もまた消滅する以外ない。いいかえれば、火はすでにそこに存在せず、否定されている。すなわち、肯定の一方的進行がそれ自身の自己否定というありかたで終止符を打つこになる。

287 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 12:27:05 ID:JI/1a3YN
それとも逆に、火がだんだんと消えかかっていくならばどうか。薪は燃える場所を減らし薪の部分を増大する。火の否定の進行が薪の肯定の 進行に繋がりながら、もしも火が消えてしまって、火の否定が成就したとき、そこには薪もまた存在せず、一個の木片がころがっているにすぎない。
すなわち、否定の進行が、当然そのものの否定の完成となり、同時にそれと矛盾的対立にあった――即ち肯定を進行させていたものも滅 び去って、そこにはやはり自己否定があらわとなる。

288 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 12:28:28 ID:P+wdWJqp
>>283
打ち上げるのは、人間です
霊界は、それを止める事は出来ません
守護霊さまは、悲しんでおいでです

289 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 12:33:06 ID:P+wdWJqp
>>287
否定 肯定の例えも、恋愛に例えられますね?

290 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 12:40:10 ID:cb1I1cof
長文ウザすぎ読みにくい

せめて改行しろと

>>288
霊界は手は出せませんね。
これからどうなって行くのか教えていませんか?

291 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 12:42:27 ID:cb1I1cof
つか3行でも理解できそうなレスだな

292 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 12:43:25 ID:P+wdWJqp
>>285 補足です
愛は本人にしか分からないものです
数千年も輪廻転生の中で 現世で出会えない魂もあります
姿 形が違うため、何度も出会っているにも関わらず相手が分からないのです
そばにいるのに、優しい存在で終わってしまう出会いもあります
愛は難しいですね


293 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 12:45:42 ID:P+wdWJqp
>>290
誰も分からないでしょう

294 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 12:45:46 ID:cb1I1cof
火がウザかったら水でもかけて沈めればいいだろ?
何もしないで御託ならべすんな



295 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 12:49:40 ID:cb1I1cof
霊は未来の事も分かるようだが教える事は出来ないな。

世界戦争の予言もあるがどうかだな?
それも起こってみないと判定できない。
死後の世界も死んでみないと確実な答えはないだろうな。

だが、予言は予言として受け取り信じるのも自由ですな

296 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 12:51:54 ID:cb1I1cof
>>292
それでいいんじゃないか?
愛の価値観はあるから、自分が幸せと思うならどれでも

297 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 13:01:39 ID:P+wdWJqp
>>296
自分の運命の出会いを決めるのも、自分次第です
真実は、浮気をしたら、必ず霊界でばれてしまうという事です


298 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 13:06:12 ID:P+wdWJqp
>>295
守護霊さまから 世紀末の話は聞いた事があります
戦争を起こすのは 人間です
そこに、霊界の作用はないと思います

299 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 13:11:29 ID:cb1I1cof
>>297
それも仕方ないだろ?
好きになった時は見境無く止められない
良い思いしたのは事実だから自己責任で、霊界で罪を償う覚悟でやるしかないな

300 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 13:15:23 ID:P+wdWJqp
>>299
そうですね 
そうゆ方の霊界での喧嘩が、目に浮びます

301 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 13:17:44 ID:cb1I1cof
良い天気になったな。
少し外に出てくるか。春は気分がいいな

ちびさんも散歩でもいかがかな?

302 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 13:22:14 ID:P+wdWJqp
今日は、夜母と外食しますので、今は家でワンちゃんと留守番です
いってらっしゃい

303 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 16:17:59 ID:ACVJKpca
何も知らないで・・・
霊界に喧嘩なんてあるわけないのに。>>300

304 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 16:35:54 ID:36ZLaPef
>>303
喧嘩があると思えばあります、無いと思えばないです
303さんは、喧嘩をしない人なんですね

305 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 17:28:04 ID:cb1I1cof
>>303
ほう?喧嘩はないんだな?
どんなとこなのか君の知ってる事を書いてください。

306 :全知全能の神さま:2009/04/05(日) 17:38:29 ID:EdbgfMRv
>>272,273
お前はもうすでに地獄に落としてある。安心しろ。

その証拠に書いている人を熱にしといた。
今微熱の状態で書かされている。

文句を言われるたびに書いている人が神様にいじめられる寸法だ。

死後あまりにも偉い書いている人に土下座させて許しをこわせるために。

307 :全知全能の神さま:2009/04/05(日) 17:40:10 ID:EdbgfMRv
地獄とはこの世のことだから、安心しろ。

あと顔もお前のせいで自分でなぐられよった。
ふっふっふっふっふ(^^)

308 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 17:45:29 ID:cb1I1cof
意味わからんぞw

神さまに殴られて良かったな

309 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 18:16:09 ID:kkAXq+3M
112 名前:神も仏も名無しさん :2009/04/05(日) 17:49:56 ID:cb1I1cof
>>110
は?じゃあっちの事文句ばっか言ってなっての 書くな

おまえに言われる筋合いないっての
無視すれよ。ヘタレ


上のコピペは、ID:cb1I1cof の「根拠なしお断り」スレでの書きこみです。
この者は、みなさんもご存知のようにスレを2つに分割する事態を引き起こした
原因の代表的荒らしです。現在のように2つにスレが分かれた後でも、まだ
荒らしにきます。ここのスレは、肯定者の常駐スレですが、今まで否定派に
よる荒らしはなかったものと思います。そこで、ここに居られる「良識ある」
肯定派のみなさんにお願いですが、この者に荒らしを止めるよう説得をお願い
できませんでしょうか?この者も、否定派の言うことには反発しても、同じ
肯定派のみなさんからの説諭は受け入れるのではないかと思いお願いにまいりました。

なにとぞ、よろしくお願いします。



310 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 18:22:18 ID:kkAXq+3M
115 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 18:07:21 ID:cb1I1cof
>>114
俺が書き込みすると荒らしなのか?

おまえらもスレ違いレスばかりなのに気づけ


116 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 18:09:11 ID:cb1I1cof
>>114
お前が否定者という根拠もないしな
偉そうな事いってんな


この荒らしの、引き続きの書きこみです。
お願いします。止めさせてください。

311 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 18:24:34 ID:cb1I1cof
アホが、それがどうしたw

312 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 18:27:53 ID:cb1I1cof
ID:kkAXq+3Mは。前からいる小心者だからどうにもならん

引きこもりで寂しいんだろ
こちらのスレの事ばかり気にしている子だなw


313 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 18:37:19 ID:kkAXq+3M
>>312 なあ、そんな小学生がわめく悪口みたいなレスはつけないでいいから、
自分のしてることを自覚しようや。

俺は否定派だから、当然ここでの書きこみの多くに批判的見解をもっている。
しかし、もちろん一度も書きこみをしたことはない。ここは「根拠なしOK」
のスレであるから、そのような書きこみはスレ違いになるとわかってるから。
>>309 が、ここでの初めての書き込みだ。
お前も、少しは良識をもって、人の迷惑になる行為はやめようや。

314 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 18:41:16 ID:cb1I1cof
>>313
おまえもこちらのスレに関してのレスはやめろ
議論するならそっちを先行してやりなさいよ。

お前らは、自分の態度も直したらどうだ?

315 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 18:45:49 ID:kkAXq+3M
>>314 わかった。お前は俺が「根拠なしお断り」スレの103で書いた
感想が気に入らないみたいだな。
もう、こちらのスレに関するコメントは控えよう。
だからお前も二度と荒らしはするな。

316 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 18:49:04 ID:cb1I1cof
>>315
ああいいだろ
他の住人にも勝手な事書かないように言っておけ

ま、俺はお前らが議論いつするのか何をするのか待ってる方だからな
おまえらが、はじめないから肯定者が行くんだろ
進行し始めればどうでもいい




317 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 18:52:20 ID:cb1I1cof
否定議論する為に分割するの提案したのはお前らだ。

荒らしが来ようが、責任持って始めてくれ

318 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 18:54:40 ID:kkAXq+3M
あっちのスレの他の住人がどのように考えているのかは知らないが
俺としては今、再会しても前スレと同じように荒れてしまうのでは?
と、思っている。だから、荒らしがこなくなるまで、暫くのあいだは
ほって置いた方が良いと考えてるわけ。
だから、よけいなレスは邪魔なだけ。

319 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 18:59:28 ID:cb1I1cof
>>318
初心者じゃあるまいし
お前がちゃんと采配して、荒らしなどスルーして進行すればいいだろ?
そんな弱気だから他が茶々入れて来るんだよ。

保守するなら、おまえら住人だけでもsageるとか何か考えればいいだろ?
他板行ってもそんな議論なら可能だ

320 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 19:03:52 ID:cb1I1cof
よけいなレスが邪魔と言ってもなあ
有料でもないし

俺らが書かなくても誰が来るか分からないだろ?

321 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 19:08:17 ID:kkAXq+3M
>>320 

>俺らが書かなくても誰が来るか分からないだろ?

確かにその通りだが、お前ほどひどい荒らしがきたことは、今までなかった。

322 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 19:14:49 ID:kkAXq+3M
>>317 しかしお前も勝手なこというね。
分割せざるを得ないようにしたのは、お前が前スレ荒らしたからだろうが?

323 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 19:15:43 ID:cb1I1cof
>>321
だからおまえ初心者なのか?

荒らしっての勘違いしてないか?
コピペ荒らしでもないし
死後の関するレスに対して、妄想 キチガイ連発してるのはお前らが
挑発してたんじゃないのか?

自分達に意に反する事が、気にいらないから
罵倒する
レス返せば荒らし扱い?
荒らし報告してみろよ。
ここは、宗教板なんだぜ。宗教家はどうだの?
どっちもどっちだろ?

荒らしが来たら仲間にしてしまうのが対策1
そう考えて来た。それは9年目の悟りだ

324 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 19:17:06 ID:cb1I1cof
>>317
俺が居なくても同じだ。前々スレからそうだろ

325 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 19:18:45 ID:PklAXAE2
こんばんは
本当は二人とも仲好いのですね


326 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 19:20:20 ID:cb1I1cof
>>325
そうかい?w

本音でぶつかって来る奴ってのは確かにいいな

327 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 19:24:25 ID:PklAXAE2
>>326
言いたい事が言える、仲がいいと思います


328 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 19:26:22 ID:cb1I1cof
>>327
そうだよな

本音で言わなきゃ分からない事が誤解を招くからな
影で言ってるくらいなら来いと

329 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 19:27:15 ID:PklAXAE2
否定論、肯定論は、お互いが思った事を言って 
その中で中間点は 無かったのですか?



330 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 19:30:30 ID:cb1I1cof
>>329
そうだな彼らは真面目で純粋なんだろ
真実を知りたいと述べている。

知ってる者は、根拠なしでも分かるのだが
それを伝えられない。出来ない
こちら側にも問題があるんだろうな。

ちびさんから何とか教えてやってくれ

331 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 19:30:53 ID:kkAXq+3M
荒らしに対する認識に違いがあるようだな。
俺は基本的に、単発的な雑談はともかく、「スレの趣旨に沿わない、書きこみ
、煽り」が荒らしだと思っている。そして、お前が前スレに来て以来、お前は
自分では何ひとつ自己の見解を述べることもなく、人のレスについて横から
批判的な煽りを繰り返して、スレの機能を崩壊させてしまったことは、多くの
者が認めるところだったわけだ。それを起因としてスレが分裂したわけだが、
お前はまだ、自己の行為を荒らしではないと言い張り、迷惑行為を止めない。

これ以上のここでの書き込みは、このスレの趣旨を著しく害すると思われるので
止めにする。とにかく、今回は一応の区切りがついたと考えられるので、これ以上
あちらのスレの荒らしは止めてくれ。

このスレの良識ある肯定派のみなさんに、スレ違いの書きこみでスレを
汚したことをお詫びします。


332 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 19:36:02 ID:cb1I1cof
>>331
言える環境を作ってやるのもお前らの努力だろ?
見解を述べたくても、こちらも相当煽れたからな
自分達の苦情は、分かったが
肯定派は、煽られ、罵倒した事に対する事は悪く無い訳だな?
お前らも。神社に謝罪しろ

ご苦労だったな。乙

333 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 19:36:15 ID:PklAXAE2
霊がいる、いないについては、誰でもが自分の意見を持ってると思います
何故、いるのか、何故いないのか。
自分の言葉で、思いっきりぶつけてみるのも、手だと思います
本ではなく、自分の意見としてです

334 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 19:41:16 ID:PklAXAE2
霊がいる、いないではなくて、霊が見える、見えないで
争ってる気がするんです

335 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 19:49:13 ID:cb1I1cof
>>333
これで理解し合ったとも思えないが
ぶつかるにしてもこればかりは、根拠なしで認める事だから難しいな
だからかみ合わないな。

見えない物を見ろとは難しい

これで、上手く行けばいい
他の人の行動まで分からないから、
ちびさんは、知ってる事をどんどん書けばいいし教えてあげればよい。

ちょっと落ちる

336 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 19:51:01 ID:PklAXAE2
>>335
いってらっしゃい
宜しくおねがいします

337 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 19:55:23 ID:ER4zmxCa
多分、むこうで飽きてきた荒らしが来る事が
今後もあると思うが、相手にしてはいけない。
奴らにとってそれは最高の餌なのだ。

338 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 19:57:29 ID:WBvAcfHn
まともな言語を頼む

339 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 20:00:10 ID:PklAXAE2
>>337
思った事を書くのは、あらしさんではないと思いますけど、いかがですか?

340 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 20:02:52 ID:PklAXAE2
スレタイに沿ってですけど

341 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 20:13:53 ID:AOWItC+e
>>339
その判断を下せるのは私では有りません。
ここのスレ住人皆がそうでしょうし、
皆が判断付かないなら荒らし報告スレが
有るので、そちらの方に報告して見ては
如何でしょうか。相手がその内何も
書き込まなくなったら2chとして荒らしと
見なされてアク禁を食らったという結論が
出せると思います。但し、アク禁依頼スレは無いし、下手をすると周りの人迄アク禁に
巻き込むので注意が必要です。

342 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 20:18:42 ID:PklAXAE2
>>337>>341さんですか?
周りの人迄アク禁は駄目ですね


343 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 20:20:44 ID:AOWItC+e
>>339
荒らした人に対してレスを付けて反応した場合、両方共荒らしでないと見られるか、両方共荒らしたと見られるかのどちらかになると、経験上はそう思います。

だから

多分、むこうで飽きてきた荒らしが来る事が
今後もあると思うが、相手にしてはいけない。
奴らにとってそれは最高の餌なのだ。

と言うコピペを思い出したかの様にたまに貼っている訳です。

344 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 20:23:24 ID:PklAXAE2
>>343
喧嘩両成敗ですね 
コピペがよく貼られているので、何でだろうと思いました

345 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 20:24:22 ID:AOWItC+e
>>342
そうです。

346 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 20:26:15 ID:PklAXAE2
>>345
そのコピペは、住人さんの意思で貼られているのですか?
反対になるとは思った事は 無いですか?

347 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 20:32:22 ID:AOWItC+e
>>344
このスレはあなたの様に良識を持ち合わせている人ばかりという訳では有りません。
ぞくに荒らしという行為を行なっている人は皆が無視し続けていても更に継続した場合、どこのスレの何レス目でどの様なかき込みを行ったかを報告すると、大概キチンと対応してくれます。


348 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 20:34:09 ID:AOWItC+e
>>346
反対とはどう言う意味でしょうか?

349 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 20:40:37 ID:PklAXAE2
>>348
良かれと思い考えた結果なんだと思います
私は、初めてみましたが 何も思いませんでした
でも、勘違いをする方がお見えになってしまうのではないかと心配しました
相反する意見の人を見たら、警戒をしようともとれてしまいます
だから、反対の言葉ともとれてしまうと思いました
えらそうな事書いてすいません

350 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 20:46:33 ID:PklAXAE2
>>347
ちゃんと報告されて、対処されているのですね
私もこの間、アク禁になった時に(EM全規制)
規制板で、読んで少し勉強してきました
あらしさんは、凄いですね

351 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 20:52:46 ID:AOWItC+e
>>349
いえいえ、私の方こそ。
要するに、頭に来る発言があったからといって、
反応すると結局良いことは無いと言いたかった
だけなので。

352 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 20:55:45 ID:PklAXAE2
>>351
そのままの言葉の方が伝わると思います

353 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 20:57:44 ID:AOWItC+e
>>350
巻き添え規制を食らった場合はそれも報告すると
すぐに解除して貰えますよ。

354 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 20:58:40 ID:kkAXq+3M
ちびさん、喧嘩両成敗との発言がありましたが、これは遺憾ですね。
私はご存知のように否定派ですが、あずみさんが「肯定者限定」スレを
立てたときも、現在のように分裂した後も、肯定者スレで否定派が荒らし
を繰り返したことはないと思います。(肯定派どうしの論争はあったように
思いますが)

前スレの流れをみてもわかるように、あの荒らしが登場して以来、スレが
全く機能しなくなりました。それ以外にも原因があったのでしょうが、
最大の原因があの荒らしの煽りレスだったことは、間違いないとおもいます。
さらにスレが分裂した後も、あちらのスレにきては、「過疎ってる」だの
「早く始めろ」だの、煽りを繰り返してきました。
これで喧嘩両成敗と認識するのですか? 


355 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 21:06:16 ID:AOWItC+e
>>354
かまってしまいましたか?

356 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 21:11:44 ID:cb1I1cof
>>357
よし分かった。
こちらが前面的に悪かった。申し訳ない。

あちらへの書き込みは今後はしない。
これで終わりにしてくれ



357 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 21:14:12 ID:cb1I1cof
最初はROM者だったが、あまりにも肯定派が煽られてるのを
援護し始めたのがきっかけだった。
1人を多数で攻撃しているのは、見てられなかった。

悪かったな

358 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 21:14:40 ID:AOWItC+e
まぁ、私も以前ちびさんに言われて
観音さまスレを確認に行きましたが、
逆にちびさんにもここの前スレを
一度確認して頂ければと思います。

359 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 21:17:16 ID:kkAXq+3M
そうですね。前スレでは基本、スルーで無視してきたのですが、
この荒らしのしつこさは、まさに群をぬいてるのですよ。
延々と煽りレスを付けてきます。それも連続投稿で。
すれ違いなので止めてくれと言っても、今度はそれをエサに絡んできます。
そのあたりの事情は、前スレの後半を見てたものは、みな分かってると思います。
それで、何人かが相談してスレを分けたわけですが、この荒らしはあいかわらず
自分の行為は荒らしではないと開き直り、継続しております。
困ったものです。


360 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 21:17:57 ID:PklAXAE2
>>353
それは知りませんでした 参考になります

>>354
喧嘩というのは、暴言をはけば、暴言をはく
その繰り返しだと思っています
私は、喧嘩というのをした事がないので、えらそうな事は言えません
仕事の話で例えさせていただきます
ずっと、接客業をしてきました
お客さんの中では、クレーマーと言われる方がいらっしゃいます
最初は、丁寧に誤ります。
その態度を見て、クレーマーさんは、エスカレートしていきました
お店によって考え方が違いますが、弁護士に相談した事もあります
最終決断は、店内立ち入り禁止が出来ました
もう一つの店は、体面がある店でした
クレーマーさんと喫茶店で話をして、話を分かってもらうまで、何時間も
話をしました 納得してその方は 帰っていかれました
どちらが良いと思いますか?
前スレは、知りませんのでその事はわかりません
お互いに、言葉ずかいを気をつける事から 始めたらいかがですか?


361 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 21:21:30 ID:PklAXAE2
>>358
ここの前スレとは、もう一つの前スレですか?

362 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 21:24:55 ID:kkAXq+3M
>>356 了解。ただし今度はホントに自分の言ったこと守れよ。
お前は前スレでも何度となく、平気でウソをついてきた前科があるからな。

363 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 21:25:29 ID:cb1I1cof
>>361
ちびさん、検証してもしなくてももういいでしょう
肯定派、否定派がこれで争う事もないかと思う。

私が、消えれば問題もなかろうと思うので
今後2つのスレが起動する事を願って降りる事にします。

ちびさんの検討を願っています。

364 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 21:26:31 ID:cb1I1cof
>>362
あんたも、優しく迎えてやる事だな



365 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 21:27:07 ID:PklAXAE2
>>358
そのスレは何処にありますか?
下の方を見ても分からなかったです


366 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 21:27:10 ID:AOWItC+e
>>361
現在のスレは前スレの派生により二つ出来ましたが、
前スレは>>2に書いてある一つしか有りません。

367 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 21:29:46 ID:rblaIiow
>>354
ちょっと待ってくれ。

ID:cb1I1cof のアホはこちらのスレでも大迷惑だ。

こちらのスレだけに押し付けないでくれ。
もっとも、 ID:PklAXAE2 こいつも同様だが・・・

このふたりだけで話しをしていてくれれば別に問題はない。
あとは、放っておけばいいだろう。
こいつらに構うほうが悪い。 アホが移る。気をつけよう!




368 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 21:33:04 ID:PklAXAE2
>>363
私は 貴方をあらしさんだと思った事はないですよ?

369 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 21:35:53 ID:AOWItC+e
>>368
そうですね。彼は何故か貴方には優しかった様です。

370 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 21:42:29 ID:PklAXAE2
>>369
心は暖かい方だと思いました
ただ、此処は2ちゃんだという事において、言葉遊びになったり
本心を書けず、心の裏表になってしまう事もあると思います
本心は、全く違う事を思っているのに、言葉で出す言葉は反対の
言葉が出てしまうと思います。
それが、私がたまに書く、心と口の言葉です
人は、2つの言葉を持っています、その言葉を一つにしていくのも
現世での、修行の一つなんです

371 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 21:52:00 ID:PklAXAE2
>>369
もう一つだけ書かせてください
肯定者のこちらのスレを 茶化すような発言はされなかったでしょうか?
(否定者スレで)(誰かは知りません)
その言葉を読んで、感情的になってしまったとも 思われませんか?
日付けと、時間を見比べれば分かるかと思います


372 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 21:55:28 ID:PklAXAE2
>>369
何度もすいません(一度で書けばいいのですが)
前のスレは知りません
でも、今回の件は見ていたつもりです
その上で、喧嘩両成敗と書きました
最初から、全部書けばよかったと思っています
>>364
ごめんなさい

373 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 22:00:37 ID:JI/1a3YN
対立し合う二者の間の肯定・否定の進行は、もともと相反的であるはずであり、初めはその通り進んでいって、一方の肯定=他方の否定となり、一方の否定=他方の肯定となるけれども、もしも一方がそれを強制し、自己の肯定のみを(すなわち他方の否定のみを)
強行するときには、その肯定が他方の存在そのものを消滅させて、肯定が成就したかに見える場合、いつか自己も消滅せざるを得ず、肯定どころか、否定をも突き破って、肯定ないし否定するその当体がすでにそこに存在しない。
即ち相互対立に於ける両者は、対立を残していない限り、みずから自己を滅ぼしてしまう結果を招くのがよく表れた結果だね
いかがかな?

374 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 22:02:42 ID:PklAXAE2
>>373
そのとうりだと思います

375 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 22:04:25 ID:kkAXq+3M
相依性?仏教における縁起観に通じる概念かな?

376 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 22:07:24 ID:kkAXq+3M
>>373 お宅は前スレで、ときどき相対的視点に立った書きこみをしてた
人だな。

377 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 22:09:36 ID:PklAXAE2
>>375
男女間に置き換えて考えました
(ちょっと私の例えが間違っていますけど)

378 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 22:14:31 ID:rblaIiow
>>373
よく考えて以前よりも注意深く文章にしたつもりでも、素材があたま良くないから
やっぱりアホって分っちゃいますよ。

あんたは分らないんだろうけど・・

379 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 22:15:10 ID:kkAXq+3M
さて、場違いな俺は消えるとしよう。
お邪魔様でした。肯定者どうしの活発な議論を期待する。
(皮肉ではないよ。俺自身は、肯定者たちの見解の相違には大変興味がある。
変に馴れ合うのではなく、お互いの相違点を掘り下げていってもらいたい
ものだ。)

380 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 22:17:18 ID:JI/1a3YN
>>376
書いたと思います
縁起、無自性、空思想を学んでるから私も否定者になるのかもしれない
だからここにはもう書きません

失礼しました

381 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 22:18:54 ID:rblaIiow
>>379
あんたのような人が集まれば良いスレになると思うよ。

382 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 22:19:10 ID:PklAXAE2
>>379
霊がいる いないは、最終的には、目の前で見るしかないのだと思います


383 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 22:25:36 ID:31VDK0ap
>>380
否定派だったのですか。私はてっきり私と同じ
中立派だと思っていました。
いずれあの時の議論も、むこうで再開出来ればいいですね。

384 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 22:25:53 ID:cb1I1cof
>>367
後は、貴方にお願いします。

色々お世話様でしたね

任務完了

385 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 22:32:16 ID:PklAXAE2
>>384
霊感をもってらっしゃるのですか?

386 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 22:37:13 ID:PklAXAE2
人大杉とでました
肯定者の方、参加してくださいね
私よりも、見てらっしゃる方が、言葉とか上手な方多いと思います

387 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 23:20:28 ID:rblaIiow
さて、私(肯定者)は「死後世界について詳しく頼む」シリーズの最初の頃から、
否定者派、肯定者派の質問に対応してきたわけだけれども、
真に死後や霊関係に興味のある人に知ってもらいたいと思っている。
遊びじゃない、マジメに取り組まないといけない時期に入ってきているのだ。

聖書にもあるように(私は無宗教だが)、もうすぐこの世が終わりに来ていて、新しい世界に
取って代わることを確信している。
これは真実を知ろうと思う者が、手繰り寄せることが出来る確かな情報を元にしているのだ。
新世界と似通っているあの世の真実、これを知ることにより新世界がどういうところかを
理解できる。

これを知る知らないでは雲泥の差がある。
このようなことを私はいつも念頭において、知識を求める人に語る、いわば義務的なものが
あるのだ。
だが、自由というのは誰にとってもその権利は尊いものだ。
相手の意思を尊重して教える、教えないを私は決めている。

今一度、真実に目を向ける勇気と努力を奮い起こしていただきたい。
今からでも、知るということに「遅い」ということはない。



388 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 23:26:46 ID:cUyJ+hx0
>>387
真光の方ですか?

389 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 23:29:57 ID:rblaIiow
>>388
何でよく読まないの?
宗教は嫌いと書いただろ? 真実、真理だ。 

390 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 23:30:19 ID:PklAXAE2
>>387
>もうすぐこの世が終わりに来ていて、新しい世界に
>取って代わることを確信している。
この言葉は何処から聞きましたか?何かで読まれたのですか?
興味で聞いているんではないです 同じ言葉を聞いた事があります


391 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 23:31:41 ID:cUyJ+hx0
>>389
そうですか。いや、以前知り合いで真光やってた人と全く同じ事を言っていたので。
これは失礼しました。

392 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 23:33:05 ID:EH4SeaZw
>>380
縁起、無自性、空思想をもっと真面目に学びましょうね
ちゃんとお寺に行って

浄土真宗の三帖和讃のスタンスになるはずだから

393 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 23:34:09 ID:rblaIiow
>>390
悪いが、あんたは無視する。あんたには教えるだけの心の準備が全く出来ていない。
あんたが霊界について知っているというのなら、これくらいの情報は当然知っているはずだ。
自分の思考の中で満足していればいいだろう。


394 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 23:34:58 ID:PklAXAE2
>>393
聞いたと書いてあります

395 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 23:40:41 ID:rblaIiow
>>391
宗教といえども本当に真剣にやっている人もいるから、そういう情報にめぐり合える。
ただ、そういう情報だけが独り歩きしている懸念もあるわけだが・・
それがオカルトなんかでネタ的に取り扱われる。
だけど、それ以上知ることはできない。
遊びでいるからね。

396 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 23:42:03 ID:cUyJ+hx0
>>393
あまり私が横から口を挟むのもなんですが、
あなたは>>387

>相手の意思を尊重して教える、教えないを私は決めている。

と言っているので、ちびさんの意思を尊重して教えてあげる必要があると
思いますが、如何でしょうか。

余計な事言ってすみません。

397 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 23:44:46 ID:rblaIiow
>>396
私は対応してきたと言っているよ?
その結果から判断したんだよ。教える必要が無いと・・

398 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 23:50:02 ID:n0G4bAAv
>>397
判断なんですね
この世が終わりを向かえるかそうでないかは、まだ決まっていません
それが、事実です

399 :神も仏も名無しさん:2009/04/05(日) 23:55:11 ID:cUyJ+hx0
>>397
>>398

さて、中立派である私には申し訳ないですが、どちらが言う事が
正しいかの判別が勉強不足の為付きません。ので、ちょっと議論から
外させて頂いて、少しROMる事にしたいと思います。


400 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/05(日) 23:56:44 ID:n0G4bAAv
>>399
どちらも、正しいのです
ただ、まだ決まっていないのです

401 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/06(月) 00:04:00 ID:qKFpXO80
>>397
どうして、その判断が出たか教えて頂けませんか?

402 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/06(月) 00:11:01 ID:qKFpXO80
>>397
明日と明後日の夜は来れませんので、(夜遅い時間)
よかったら教えてください 明日覗かせていただきます
おやすみなさい
>>399
ロムらせてすいません
おやすみなさい

403 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 00:44:44 ID:Aja/fK4m
>>400
今日決まったみたいだよ。

404 :全知全能の神さま:2009/04/06(月) 01:04:30 ID:XPf6RyJ8
今読んだが喧嘩していたなぁー。

これは否定者が普通の人から見たら気持ち悪いんだよ単純に。
神社とか壷売りとかからかっているのが。
だから、俺も無名で地獄におちるよといれといた。

喧嘩なんて殴りあいすればいいんだよ。俺は霊能者だけど、殴りあいしてきた。
喧嘩もした。ただで人殴れてラッキーだろ。

だから、擁護していた人は何も悪くないと思うよ。


だから、前に言ったろ?否定者は子供。がき。ただ人間の大事な探究心をもっている。

肯定者は真理を俺はその人に応じて与えてある。だから、真理を知っている人は虐げられるの。

だから、すべての責任を肯定者が背負いなさい。人より優しく生きていきなさいと俺は教えて
います。

405 :全知全能の神さま:2009/04/06(月) 01:19:49 ID:XPf6RyJ8
まぁーcb1I1cofは喧嘩は悪くなかったが、俺に文句を言ったから、
地獄行きなわけだが。

ふぉっふぉっふぉっふぉっふぉ(^^)

406 :全知全能の神さま:2009/04/06(月) 01:31:35 ID:XPf6RyJ8
地獄とはこの世のことだから安心しなさい。

407 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 07:10:08 ID:Fw2DMhrc
>>404
>これは否定者が普通の人から見たら気持ち悪いんだよ単純に。

あなたの言う普通の人と肯定者の違いは
何ですか?しかもいきなり否定者を気持ち
悪い扱いしていますが、否定者にも
色々な人がいるし、またその発言に反応した肯定者も同じではないですか?

>喧嘩なんて殴りあいすればいいんだよ。俺は霊能者だけど、殴りあいしてきた。
喧嘩もした。ただで人殴れてラッキーだろ。

これは、相手と真正面から向き合って
論議するという事で良いですか?
そうだとすると、あなたは前スレの
何を見て来たのですか?

>俺に文句を言ったから、
地獄行きなわけだが。
ふぉっふぉっふぉっふぉっふぉ(^^)

最後は脅迫ですか。
正直、私には貴方の発言は煽りにしか
見えませんので、これ以上のコメントは
控えさせて頂きます。

408 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 08:11:23 ID:CYVMK0lp
>>407
真面目に受け捉え過ぎでしょう。
彼の言いたかった本質はそこでは無いと思われますよ。
ただ、
>これは否定者が普通の人から見たら気持ち悪いんだよ単純に。
この一文は確かに頂けませんね。
仮にも全知全能と言うのであれば、その位の配慮はして欲しいものですね。

409 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/06(月) 11:39:31 ID:qGn3a58q
>>406 全知全能の神さま
こんにちは
霊界からみて、現世は修行の場という事において、そうなってしまうのでしょうね

確かに一言多いです


410 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 14:35:21 ID:84024Qwm
>>409
そうなのでしょうね?

喜怒哀楽の中から得る喜び悲しみなどを体験しながら
考え反省して生きていくのでしょうね。

食べ物を口にして味覚を初めて解る
喧嘩して素の心理を引き出す
そこで解る気持ちも優しさ、憎しみそれも体験して初めて解る真実なのでしょうか。
この世が地獄 修行の場 そういう事になりますね。

411 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/06(月) 14:55:36 ID:hoTOtx05
>>410
こんにちは
>>409の書き方少しおかしかったみたいです(意味は分かって頂いたのですね)
心の隅に少しでも、反省の繰り返しの世である事を
考えて生きる人が増えれば いいと思います
楽しい事も 苦を知るからわかる事です
私も、反省の毎日です 


412 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 15:39:40 ID:84024Qwm
>人より優しく生きていきなさいと

できるものならそうして生きたいと思いますね。
優しくされたら優しくできる。
それは、子育てをする為に考えされる言葉として受け止めて行きたい
そう思います。

413 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/06(月) 15:50:52 ID:CHqceYgi
人の気持ちをわかる人間でありなさい
基本ですね

414 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 16:13:32 ID:84024Qwm
>>413
赤ちゃんが、泣くのも何を求めて泣くのか
愛情があればこそそれを心で通じるママも気持ち
それも人の気持ちを解るに繋がる事かな

去年の秋まで、庭に雀が遊びに来ているので
パンなど与えるようになりました。
最初は警戒して様子見て、私が居なくなるのを見計らって食べていましたが
いつの間にか、私が出て行くと集まって来るようになりました。
冬場は、止めていました。今年になって今日初めて雀を見かけたので
パンを持って出て行きましたら、何処からか数羽が集まってきました。
覚えていてくれたのですね。嬉しかったですよ。
動物は、素直な気持ちで見ていると思いましたね。

上辺だけの付き合いはできますが、たとえ動物でも同じ生きてる仲間
優しさは通ずるものですね

私は、肯定者のみなさんの生き方と死後の世界がどのような所か
という意見を是非お聞きしたいと思っております。

415 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/06(月) 16:39:14 ID:CHqceYgi
>>414
私は子供がいませんので、子供を愛する気持ちについては書けないです
母親、父親になられた方は分かると思いますが、子供を育てるというのは
言葉では表せないものだと思っています

鳩も、人馴れしますね 
公園とかに行くと みんなお弁当とかの残りをあげてるのを見ます
見ているだけで、心が和むものです

416 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 18:16:09 ID:sA8D1rZs
>>415
たとえとして書いたので、
気が付いてやれたらいいな。そんな気持ちで書きました。

自分の書いてる事にチビさんが答えてくださっている。
これも不思議な事ですね。
馴れ合う事も、喧嘩する事も感情を込め合って話している。
どうしてこの人なんだろう?
この人でなければならなかったと考えたらそれこそ軌跡ですね。運命的出会い?
これも修行の相手なのでしょうね。

変な事書いてごめんなさい。

またお会いしましょう、

417 :全知全能の神さま:2009/04/06(月) 18:32:54 ID:XPf6RyJ8
>>407,408

お前たちは人を馬鹿にしている人たちを見て、気持ち悪いと思わないのか?

あと否定者を訂正しとこうな。

このシリーズのスレで前から、肯定者に対して批判ばかりしている人。
その人が俺は気持ち悪いと書いた。


ただ、否定者の気持ちもわかるよ。俺は神さまだもん。

肯定者はなんか現実離れしているだろう?浮世離れしているし、実際会っても
話がかみ合わなかったり、なんか心配にさせたりする。

肯定者は普通の人から見たら、気持ち悪いんだよ。単純に。

ただ、肯定者は心をもっている。人のために何かしたいという心。

だから、肯定者(霊能者)は普通の人に虐げられても神さまからは愛される。

批判している人たちでも神さまのことを見ている人は愛される。

ただ、単純に批判して喜んでいる馬鹿は気持ち悪い。

そういうこと。

418 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/06(月) 18:35:05 ID:bKn2lodN
>>416
運命の出会いって本当にあると思います
男と女としてではなく、何か共通の感ずるものがあり、
そこから、いろんな事を知っていく そうゆう出会いもあるんだと思います

子供の事は気にしなくても大丈夫です
いない私が、偉そうな事書けないだけです
でも、母を見て育っていますので 子供としてなら書けます

419 :全知全能の神さま:2009/04/06(月) 18:36:31 ID:XPf6RyJ8
あといちいち否定者を馬鹿にするたびに反論するのが気持ち悪い。

気持ち悪いスレだな。

よそのスレで文句言われながら、書くんだからな。

それでいて、批判者は自分たちを正義だと思っている。

まったくの馬鹿者。

神さまはすべてみているよ。

420 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/06(月) 18:44:30 ID:bKn2lodN
>>417 全知全能の神さま
神さまは、すべて平等のもと愛される と言う事でよるしいですか?

421 :全知全能の神さま:2009/04/06(月) 18:46:43 ID:XPf6RyJ8
あと反論した馬鹿407は地獄行き。

反論が文句になることもわからないのか?

地獄とはこの世のことだから安心しろ。

1週間以内にだれか怪我するよ。の呪いをかけといた。

1週間現実でも苦しみなさい。

422 :全知全能の神さま:2009/04/06(月) 18:57:49 ID:XPf6RyJ8
>>420
あなたは、4人もの神さまがついているのでしょう?

平等ですか?

あなたが一番わかっているはず。あなたは愛す側。ほかの人たちは愛される側。
しかし、上だと思ってはいけません。

イチローと普通の人はランクが違うでしょう。孤児よりも普通の人がランクは上。

この世に生まれてくるときに障害をもった子もいるでしょう。その子はランクが下。

結局王様が一番上。それよりも上が霊能者。さらに上がイエスや釈迦。

そして嫌いな人は地獄におくる。


ただ、私がこんなに言葉が汚いのは、すべての事実を背負っているから。責任を
もっているからです。

簡単に言うと私は人を幸せに近づかせるよりも、現実を見せる神様なんですね。

あなたの神さまのほうが平等については知っていると思いますよ。

ただ私も、天国、地獄を含んでこの世界を愛していますけどね。

423 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 19:04:11 ID:630mJ7rb
>>421
馬鹿が顔真っ赤にしてなにをそんなに
いきり立っているのか。

424 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/06(月) 19:10:07 ID:bKn2lodN
>>422 全知全能の神さま
私には、神さまではなく、守護霊さまがみえるのです
>>420で 書いた平等とは、天秤の法則みたいな事です
周りくどい書き方をして すいません

425 :全知全能の神さま:2009/04/06(月) 19:12:10 ID:XPf6RyJ8
>>423
お前も地獄行き。

地獄とはこの世のことだから安心しなさい。

お前がこのことを覚えている限り、死後問われるんだよ。
忘れていても思い出させられる。閻魔大王に。


俺に文句を言うと神直通なんだよ。

ハァハァ
もっと文句をいってぇぇぇぇん(ハート)
汚い言葉で罵ってみてぇぇぇぇん(ハート)

はっはっはっはっは(^^)

俺が神さまのトップということを証拠として残しとこう。

不動明王、ヤーウェ脳みそグチュグチュになって死ね!!

はっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは(^^)

426 :全知全能の神さま:2009/04/06(月) 19:22:33 ID:XPf6RyJ8
>>424
守護霊様ですか?お釈迦様とか観音様ですよね。霊関係ということですね。

霊界関係の霊能者なんですね。

天秤の法則がわからないのでなんともいえません。

427 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 19:30:37 ID:oqKovy2J
>>408
キショイんですけど

428 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/06(月) 19:31:59 ID:WKU9DhDX
>>426 全知全能の神さま
霊界関係の霊能者という捉え方もあると思います
天秤につける錘の事です

429 :全知全能の神さま:2009/04/06(月) 19:37:01 ID:XPf6RyJ8
>>428
天秤の重りだけではちょっと意味がわからないですね。。。
すみません。



430 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/06(月) 19:45:51 ID:WKU9DhDX
>>429 全知全能の神さま
天秤を人間界の平等に例えたのです
両方を平等(同じ重さ)にするには、左にも、右にも錘がいるという事です
左にも、右にも平等に、人間界での修行がある(輪廻転生で)という意味で書きました


431 :全知全能の神さま:2009/04/06(月) 20:24:55 ID:XPf6RyJ8
>>431
すべての人に等しく試練がある。ということですかね。
あと、因果応報もふくんでいますね。

生まれ変わりは私の次元ではないですよ。

魂とは、個をもつ核となる魂の周りに未熟な魂が100個近くあり、それを総称
して魂と言っているのです。

ですから、個を持った魂は死後、永遠にあの世に行きます。そして、未熟な魂たちが
10個ほど集まって合体して、次の人間にいき個となり、また未熟な魂がまわりに
集まって、魂となるのです。

ですから、魂においてはすべて平等な人生を送れるようにしてありますよ。


たぶんにあなたの神さまも魂の修行といったり、魂の上で平等といったりしている
のではないですか?

人間が平等とは神さまは言っていないし、差別があるから、この世の大変に貴重な
経験ができる。
それがまた、魂の修行につながる。と言っていますよ。

魂においてもまた、ランクがありますが、私のスレで書いていますが、ミカエルになる、
修行を達成できれば、すべてにおいて平等ですよ。

それも魂の話ですけどね。

ただ誤解しないでほしいのは、それほどまでにあなたたちの自我、自由が重い
から、差別がうまれるのです。

人間界は差別だらけです。それが自然です。

432 :依頼人:2009/04/06(月) 20:29:32 ID:3qTcfDOz
ちびさん、仕事が忙しくなかなか顔を出せなくてすみません。
皆さん是非色々と学んで来た事を自分なりに伝えて下さい。
学んで来た事により、考え方の違いがあるかもしれませんが、そこは互いに尊重し合って学んで行きましょう。

我々全員が見えているこの世でさえ、「説明しなさい」と言われても人によって伝え方は十人十色。言わんや死後の世界…

同じものが見えていても捉え方が違うと、全く異なる様に聞こえてしまう…
ですから互いに尊重し合い、さらに理解を深めて行く事が大切だと思います。

有意義なスレにして行きましょう。

433 :全知全能の神さま:2009/04/06(月) 20:31:24 ID:XPf6RyJ8
これが俺のスレです。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1227012407/l50

434 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 20:41:58 ID:xRSV3Asn
>>433
うわ、キショ

435 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/06(月) 20:47:54 ID:WKU9DhDX
>>432 依頼人さん
お久しぶりです
>同じものが見えていても捉え方が違うと、全く異なる様に聞こえてしまう…
話の中で よくある事ですね
霊的な話はとくにそうです 実態の無い世界であり、ある世界です
学んだ言葉の受けとり方の違い 同じ光を見ても違うように見えるのです
色んな意見を出しあって、学ぶ場所にするのが良いですね

>>431 全知全能の神さま
守護霊さまは、すべてにおいて平等だと言われます
魂、霊、人間とわけられません
すべてにおいて、平等に修行するといわれます
魂の周りに魂が集まる事を、輪をつくるとは言われませんか?

今日は落ちます おやすみなさい



436 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 20:58:20 ID:2YcXvNkW
>>419
気持ち悪いスレと思うなら来なきゃいいのに。

437 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 21:07:58 ID:X4kpgmYB
>>421
傷害予告か。
これはちょっとマズいよな。
通報して来るか。

438 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 21:30:20 ID:jrMigfUY
>>425
>>423

439 :全知全能の神様:2009/04/06(月) 22:17:47 ID:XPf6RyJ8
>>437,438
お前らは一週間以内に死ぬよ。
あと地獄行き。

地獄とはこの世のことだから安心しなさい。

440 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 22:35:23 ID:+F4vmLgI
>>439
殺人予告に格上げだw

441 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 22:42:58 ID:IJtpwVhk
よっぽど>>423で言われたのが悔しかったんだろうな。
神の名前をみだりに使う奴なんて死ねばいいのに。

442 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 22:48:42 ID:e+ApgupP
>>439
冗談はもういいですから

この世にランク付けについてお聞かせくださいますか?
これは、生まれる前に神様が決めたのですか。


443 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 23:03:48 ID:EQUqhvSj
うーんと昔にあったガキデカって漫画の
「死刑!!」って言うのを思い出した。

444 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 23:07:22 ID:RCxcl6fQ
ここも名無しのどうでもいいのがうじゃうじゃと沸いてくるなぁ

445 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 23:09:04 ID:VjCN8yIa
>>444
なかなかいい番号踏んでるな。

446 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 23:17:39 ID:e+ApgupP
>>443
ガキデカって漫画記憶にあんまりないけど
漫画は思い出沢山あるね。

447 :全知全能の神さま:2009/04/06(月) 23:40:08 ID:XPf6RyJ8
>>442
まー忠告だから法律には触れないよ。
もうめんどくさいので文句言ったやつはとりあえず地獄いきな。

ランク付けですか?
生まれる前から決まっていますよ。
あなたも五体満足ならそれだけで発展途上国の孤児より上ですよ。

世の中パソコン使える人が上ですよ。科学が上。

そして、心がいい人がもっと上です。


もう言いたいことは書いたのでまたしばらく去りますね。

とりあえず批判者は気持ち悪いと書いたから、これだけでいいや。

ではさらばっ!!地獄に落ちないようにきをつけろよ。

448 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 23:41:29 ID:e+ApgupP
全知能神様は寝てしまわれたようです。

449 :神も仏も名無しさん:2009/04/06(月) 23:47:30 ID:e+ApgupP
>>449
そんな中途半端な答え・・・・
誰が決めたのか位言ってくださればいいのに


貴方は心がいい人なのですね?
また明日戻って来て答えを言う義務がございます。
待ってますよ。いい夢みてください

450 :全知全能の神さま:2009/04/06(月) 23:55:19 ID:XPf6RyJ8
>>449
すべて俺。なにもかもランク付けしているのは俺。

俺は隠れないで俺のスレにいるから何か質問があるならこっちにおいで。

霊能者だから、心がいいに決まっているだろ。
今は書かされているからあれだけど、実際は友達に文句を言ったことが2,3回
しかない人だよ。
武道していたけど。

もういいかな?では去りますね。

451 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 00:03:13 ID:0HqO3Lf2
>>450
貴方が神様に操られて書かされているのですか?
自分の意思ではなく神様がお書きになってるのですね。

たまには、神さまから離れてもらって遊んでください。

貴方のスレへですね?
教は眠いですからそのうちお邪魔します

452 :全知全能の神さま:2009/04/07(火) 00:16:59 ID:N7FdBfpa
>>451
神さまが離れる方法があるなら自分が知りたいくらいです。

すべて動かされているんです。

私は何も悪くありません!!

ウンジャラパー!!

このぐらい書いとけば神さまに動かされているのが伝わるかな?

私生活はオナニーのときまで神さまが動かしていますよ。
右腕全自動です。すごいですよ。

ここまで書いて、まだ、神さまだと思えるなら来てくださいね。

ただ一ついえることは神さまはゲテモノだけど、どこまでも偉大で優しい
ということです。

ではさらばっ!!

453 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 00:31:21 ID:0HqO3Lf2
>>452
そうですか?大変ですね。

信じる事にします。

今夜も右腕全自動でがんばってください。

さようなら ノシ

454 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/07(火) 07:15:29 ID:4qv8wNpq
おはようございます
>>439 全知全能の神さま
私も、霊界の話を書き時に、死という言葉を使う時があります
これから、私も違う言葉で書きますので、むやみにその言葉は辞めませんか?
此処は、掲示板です 子供さんから、大人の方まで見られています
誰からみても、嫌な思いをさせない言葉を使いませんか?

神に書かされてる意味はわかります
最初は、自由意志の選択があったはずです
書くのを決められたのは、全知全能の神さまでは ありませんか?
そして、神はそのような言葉を使われる方ではありません

455 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 08:27:02 ID:Pqj6fSgU
>>454

>>452を読んだ時点で本当に神様に操られているのか
違うのかなんてすぐにわかるでしょう?

456 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/07(火) 08:45:29 ID:yno+6QGp
>>455
おはようございます
某スレを読んでそう思いました(何度かの会話でも)
ただ、一言多いのです

457 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 10:20:25 ID:0HqO3Lf2
>>454
おはようございます。

全知全能神様は、悪い人ではないようです。
一応神に書かされてるとおっしゃっていますので
はっきり言う方には、はっきり言った方がよろしいかと思います。
相手を知る。
受け入れる、受け入れてもらうそれがスレ住人の居心地の良い場所になれば
と思いますね。

いろんな方が、意見を言える場所になれたらいいですね。
ちびさんの優しさは、とてもよく感じられます。

458 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/07(火) 10:37:34 ID:Aip8WGeK
>>457
おはようございます
此処で書かれる言葉も、心の言葉と、ベールを被った言葉があります
2つの言葉を考えながら 読んでいます
私も、霊 魂 人間全ての世界の不思議の探求中です
いずれ分かると 一言で済ませればいいのですが、
私自身 いろんな事を知りたいのです
これからも、宜しくお願いします  ありがとうございます

459 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/07(火) 17:45:56 ID:KuTizgpo
霊と魂について(幽界から霊界に行ってからの話)
霊は肉体を持っています
魂は肉体を持たず光の存在です
霊と魂は同じ存在です
霊界に行くと、霊の姿になったり、魂の存在になります
自由自在の存在です
質問のある方は、書いてください(何故言えるのかは、見たからです)
 

460 :全知全能の神さま:2009/04/07(火) 18:29:43 ID:N7FdBfpa
書き込まないといいながら、書き込んですみません。

私のスレでも書きましたが、私は神さまでもあり、悪魔でもあるのです。

最近もイタリアで地震がおこったように、何人も人を殺めます。

ですから、言葉づかいが悪いのはなにもかも背負っているからと書きました。

私の言葉を聞いて、悪いことをしたくなりますか?


すべての人はよい言葉を発し、人々によい影響をあたえる責任がある。

しかし、次元が上がってくると、よい言葉と、なよなよした言葉とはまた違って
くるのです。

私は低レベルでしょう?

神さまなりの謙遜ですよ。

優しい言葉を使うのは簡単。問題はどのようにして人を導くかだ。
そしたら俺もランクを落として悪魔にならないといけない。

そして、私のすべての言葉は、あなたたちが崇拝する、もしくは考える、全知全能の神さま
が全責任を負う。

以上です。かんにさわったのならすみませんでした。反面教師として見てください。

461 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 18:34:57 ID:Ri3wigZF
地獄への道は皆様の善意で舗装されております

462 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/07(火) 18:41:56 ID:KuTizgpo
>>460 全知全能の神さま
こんばんは 誰も怒ってはいません
地震、災害が 何故起こるのですか?
私は 頭の中では理解していても、納得できません
どう思われますか?
 どんどん 書いてください

463 :全知全能の神さま:2009/04/07(火) 18:44:56 ID:N7FdBfpa
それと肯定者のみなさんはそのままでいいのですが。

優しい言葉を使うのはどっか上から目線が入るのですね。

俺はこんなにもランクが上だ。だから優しい言葉を使っている。

そんな言葉を使って、
本当に犯罪者の気持ちをわかっているのか?
どんなに苦しいか。

犯罪者になれといっているわけではありません。
犯罪者は地獄行きですからね。

ただ、その人の気持ちをわからせるため、書いている人は神さまに3年近くいじめられて
います。(顔200発なぐられたり、骨はずされたり、車の運転中、対向車線にだしたり)

だから、私の言葉は下品なんですね。

上から目線は入らない。

すべての人をあるところまで必ず連れて行く。

救いが俺。だから、心配はしないように。

では、本当にさようなら。またなにか書いてあったらきます。

464 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/07(火) 18:49:00 ID:KuTizgpo
>>463 全知全能の神さま
また 書いてください

465 :全知全能の神さま:2009/04/07(火) 18:58:20 ID:N7FdBfpa
>>462
地震や災害がおこるのは、仕組みは科学で解明されてはいないんですけど、プレート
のずれでおこります。私は科学の範囲でしか答えられないのでこのぐらいですね。

なぜ、自然災害があるのかは、自然の威厳をみせるためです。
台風や地震など災害が無かったら、食べ物のある空間がただそこにあるだけになってしまい、
ありがたみが薄れるんですね。

あと、科学の発達にも貢献していますね。

そして、人間自身が強くなっていってる。それが一番重要です。

自然にも魂があるんですね。人間を強くするための試練。と思ったほうがいいですね。

466 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/07(火) 19:11:25 ID:KuTizgpo
>>465 全知全能の神さま
一言足りませんでした
地震 災害で、多くの人が亡くなられるのは何故ですか?

と質問したかったのです

467 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 19:14:37 ID:CW+k3S53
根拠無しに話が出来るってのは馬鹿の証拠だね

468 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/07(火) 19:17:42 ID:KuTizgpo
>>467
まだ、科学の証明はされていません
すべては、憶測です
根拠、科学で証明できる事柄があれば、書いていただけますか?

469 :全知全能の神さま:2009/04/07(火) 19:20:08 ID:N7FdBfpa
>>466
465で書いたとおりです。人間自体を強くさせるためです。

大事なのは自然に対して畏怖の心を知ること。

それが人間の幸せにつながるんですね。

470 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/07(火) 19:26:01 ID:KuTizgpo
>>469 全知全能の神さま
神さまは やさしいですね
(その答えを読みそう思いました)

471 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 19:49:04 ID:8INvwJG4
>>461
> 地獄への道は皆様の善意で舗装されております

なるほど
例えば医療が発達することにより云々ですね
http://tukipie.net/bbs/test/cell.cgi?/log/1102596566/110
皆様の善意により舗装されるがよいよ
最近では知能検査でも倫理の問題が出される

472 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/07(火) 20:23:50 ID:YACm9ZxN
>>471
読みました 正直な気持ちですね


473 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 20:29:05 ID:0HqO3Lf2
前知能神様戻って来られたのですね?

お元気ですね。 

地震は各地で死亡者を多数出します。
天災ですから逃れる事もできません。

資源も無くなって食料も減少して行く。
生きてる者が生存しにくくなって行く。
温暖化が進んで、南極の氷が解けて海の底になるとか?

ある話では、あの世で人員の為このような 天災 戦争などで
減らすように何か起こしている。など聞いた事がございます。
どうなのでしょう?

聞いた話でございますのでなんとも言えませんが

474 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 20:40:01 ID:0HqO3Lf2
>>471
もっともな意見ですね?
この先の事を考えると子供を産んでいいか考える人も多くなると思いますね。



475 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/07(火) 21:03:32 ID:YACm9ZxN
今日は、落ちます おやすみなさい

476 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 21:04:16 ID:0HqO3Lf2
>>458
私もそう思いますよ。

顔も見えない場所ですから、暴言のような書き方でも
笑って書いてるかもですしね。
最後迄しっかり読み取り、2つの意味を想像してみるのも良いかと思います。

477 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 21:05:33 ID:0HqO3Lf2
>>475
今日は、早いですね?
おやすみなさい。おつかれさまでした。

478 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/07(火) 21:08:18 ID:YACm9ZxN
>>477
入院中です 明日退院します 暗い所ではあまり書けません

479 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 21:12:31 ID:0HqO3Lf2
>>478
そうでしたか?
ゆっくり休んでくださいね。

明日退院ですか?気をつけて帰って来てください。

480 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 21:35:39 ID:i+e0OSLG
>>468
相手が非物質であろうとなかろうと、物質に情報を伝えるためには最小限の相互作用が必要ってこと。
でもって、物質と相互作用するのは物質の範疇だから、結局霊も物質という事にならざるを得ない。
じゃあ、霊界も物質で出来ている筈だから観測可能な筈。
ところが客観的な観測例は皆無。
こりゃあ、妄想ってのが妥当な結論じゃあるまいか?
そんなとこです。

481 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 22:18:28 ID:5sNez+HB
>>480
>>2

482 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 22:18:45 ID:0HqO3Lf2
459 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/07(火) 17:45:56 ID:KuTizgpo
霊と魂について(幽界から霊界に行ってからの話)
霊は肉体を持っています
魂は肉体を持たず光の存在です
霊と魂は同じ存在です
霊界に行くと、霊の姿になったり、魂の存在になります
自由自在の存在です

霊界に行くと人間の元の姿になったり、光(玉)のように自分の思うがままの姿になれる
という事ですね?
一説では、自分の好きな時代の姿にも変わられる
そんな事も聞きましたが?

そんなになれたら楽しそうですね。


483 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 22:48:07 ID:JRLkO2p6
類は友を呼ぶ、とはよく言ったもんだ。 
井の中の蛙のおしゃべりは誰も聞きたがらない。世間には全く通用しない戯言のオンパレード。

本来のスレの趣旨ではないから、限定スレ作って引越ししてくれや。


484 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 22:54:54 ID:0HqO3Lf2
>>483
どうぞ スレ趣旨にそってお書きください。

拝見させていただきます。

485 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:03:52 ID:9OJRKYu+
>>483
ここがその引越し先だよ。
知らなかったの?

486 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:06:20 ID:JRLkO2p6
>>484
そうするには、戯言は止めていただきたい。
それに、肯定者が一人で語るわけにもいかない。
語るものが居れば、それを聞くにふさわしい者が居なければならない。

君には役不足(聞いて理解するには)だと言っているんだよ!

487 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:10:43 ID:0HqO3Lf2
>>488
じゃ貴方がすればやればいいじゃないですか?

聞いて理解する役

ちびさんが虚言だと言われるのなら貴方が訂正なり意見言いなさいよ。

どうぞ 交代しましょう

488 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:12:45 ID:M2epa2qz
>>486
って言うかなぜ根拠なしお断りの方のスレに行かない?

489 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:13:15 ID:0HqO3Lf2
>>487のレス>>486へね。

490 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:14:04 ID:JRLkO2p6
>>485>>487 、言うだけムダだと思っているけど、
              、最初から読んで来いアホども。

491 :488:2009/04/07(火) 23:14:40 ID:M2epa2qz
>>487
えぇ〜?
俺がやるの?

492 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:15:39 ID:M2epa2qz
>>489
なんだ。焦った。

493 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:15:57 ID:0HqO3Lf2
>>491
ごめん 間違えた

494 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:18:17 ID:0HqO3Lf2
>>490
書けばいいでしょ?

どこからでも入れるでしょ

>限定スレ作って引越ししてくれや。
じゃスレ立ててくれない?

立ててくれたら引っ越してあげてもいいですよ。


495 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:25:37 ID:ogx3ZzLz
>>490
最初から読んで来い?
なかなか面白い事言うね。
今スレからなぜ二つに割れたか知ってて言ってるの?
取り敢えず前々スレ辺りから読んで
状況を把握してから言って下さいね。

496 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:29:00 ID:JRLkO2p6
>>495
アホか? それは私の言うセリフだ。だから、最初から読んで来いと言っているのに・・


497 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:31:51 ID:AIjrzTCr
>>490
なんだ、むこうのスレに書き込んだ後に
返事が帰って来ないらこっちに来たのか。
みんな荒らしをまだ警戒しているから
もう少し待ってくれないだろうか。

498 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:32:00 ID:0HqO3Lf2
>>496
貴方 全知全能神様に似てるけど

間違ったらごめんね。

神様だから、こんな意地悪言う訳ないわよね......

499 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:38:27 ID:JRLkO2p6
>>497
あのな、このスレはアホどもが蔓延っているからあまり居たく無いことを分ってくれないのね?
また、別のスレ除いてくるぜ。ちょっとな・・

500 :亭白:2009/04/07(火) 23:39:21 ID:5zyphghE
>>480 神も仏も名無しさん

☆霊は荒い波動の物質より精妙な波動のため、物質の概念にかからないので現代の科学では証明できま
 せん。例えば目の粗いザル(物質)で、細かい粒子(霊)が目の粗いザルの目から落ちて通るように、
 霊は軽く通ってしまうから、光速より速い霊速が発見されれば、発明王のエジソンが研究途中の霊速
 を使った霊界通信機が将来発明されれば亡くなって天国に行った身内などと会話が可能になってまい
 ります。霊的な事は現代の科学の限界があり証明ができません。証明できないことを持って霊や霊界
 がないとするのは早計であります。

501 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 23:51:28 ID:0HqO3Lf2
瞬間加速するスレなのねw

おつかれさまでした。みなさんおやすみなさい。

502 :神も仏も名無しさん:2009/04/08(水) 00:02:08 ID:UCPvbYAS
>>500
そうだね。有るとするのも無いとするのも
早計だとは思うけど、
一応ここのスレの趣旨がある事を前提に、という事だからそれで良いのではなかろうか。

503 :神も仏も名無しさん:2009/04/08(水) 01:26:31 ID:RhIIELQQ
なにを言おうとあるものはあるんですよ
慨然性についてはその人次第です

504 :全知全能の神さま:2009/04/08(水) 03:39:06 ID:KfwjFJgC
俺じゃないよ。id変わったから、証明にならないけど、昨日書いたのはid,N7FdBfpa
だから、違うよ。

505 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/08(水) 07:17:18 ID:JoG+5Qh6
みなさまおはようございます

>>479
ありがとうございます
霊界の世界があるという事について、
一つ一つ皆さんと一緒に 考えていけたらいいと思っています

>>480
霊は物質か、そうでないか
魂は、人間の体を通り抜けます 物質であるはずの壁、窓すべての物質を
通り抜ける事ができるのです
光の存在になると、一瞬で何処でも行けます
心で行きたいと願う所に一瞬で行けてしまいます
物質か、そうでないか まだ、答えが出ていません
そこら辺から、考えて行くのもいいかと思います

>>482
前世の姿に変わる事もできます
自分のためにではなく、人間界で修行を終えた霊にすべてを教えるためです
姿を見せ、前世、その前の前世の姿をみせる事もあります



506 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/08(水) 07:37:48 ID:JoG+5Qh6
>>500 亭白さん
霊界があると証明するのは、難しいと思います
でも、無理とあきらめたくはないのです
何か見逃している事があるような気がします
それを、考えていきませんか?
これからも、書いてください お願いします

>>503
何故あると思うかを書いていただけると嬉しいです

>>504 全知全能の神さま
コテは、入れられますよね

507 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/08(水) 09:19:10 ID:t1bbEpES
神はどうやって人間を創造されたと思いますか?

人間創造から考えてみても いいかもと思いました
そこが原点ではないでしょうか?

508 :神も仏も名無しさん:2009/04/08(水) 10:38:13 ID:CksT27yJ
ちびさん おはようございます。

>>482
に関しては、私はちびさんを信じます。
何故かといえば私も現実そのような体験をしているから賛同します。
しかしそれを証明しなさい。根拠は?と問われてもここでは証明できませんよね

通じ合えたちびさんと私が話せる内容だったという時間でしたね。

妄想とかに捕らわれやすい事柄ですが
妄想ならこれほど書き続けられませんね。

自信を持って書いてくださいね。





509 :神も仏も名無しさん:2009/04/08(水) 11:19:50 ID:CksT27yJ
すみません、スレ立て規制で立てられません
何方かお願いできませんか?宜しくお願いします




266 :ちび ◆y648IMf2Ew :09/04/08 07:59 ID:9zzxK95w
☆(現在)人生を語る 喜怒哀楽 (未来)

日頃の悩み 喜び 悲しみ 愛情
どんな事でも話できる場にしたいと思います

雑談をしながら心の癒しの場スレにしていきませんか
〔ただし霊視は致しません。個人的煽りはお控えください〕



510 :神も仏も名無しさん:2009/04/08(水) 17:03:08 ID:hdpBrgCi
残念ながら立てられませんでした。

スレ立て依頼スレはなかったかな?

511 :神も仏も名無しさん:2009/04/08(水) 18:16:29 ID:8EDF8VG4
>>481が口出す事じゃない。
>>486のご用命だ。

512 :神も仏も名無しさん:2009/04/08(水) 20:14:04 ID:ns1NQlOj
>>511
じゃ、他所でやれ。

513 :神も仏も名無しさん:2009/04/08(水) 23:51:55 ID:KMr/Te60
>>480
>物質と相互作用するのは物質の範疇だから、結局霊も物質という事にならざるを得ない。
じゃあ、霊界も物質で出来ている筈だから観測可能な筈。

正当な意見だが、ちょっと違うなあ・・
 例えば、光が物質と相互作用するが、光は物質とはいえない。
エネルギーと物質の形態が変換すると考えるべき。
アインシュタインの相対性理論の核エネルギーが分りやすい。

 だから、霊界は一種のエネルギーの世界であり物理世界の範疇ではない。


514 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/09(木) 00:34:54 ID:kJbjoVVR
こんばんは
>>509
まだ、検討中のスレです
スレは、私達で考えて立てようと思ってます
ご心配ありがとうございます

515 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 00:50:11 ID:4XYMVJJE
>>513
 >>だから、霊界は一種のエネルギーの世界であり物理世界

その霊界の様子など教えてください。
具体的に、

516 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 01:12:57 ID:4XYMVJJE
>>496
人をアホ呼ばりしたっきり自分は何もしないとは?

どんどん書けばいいのに、死後の世界について(詳しく)

517 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/09(木) 01:22:56 ID:kJbjoVVR
>>508
レスありがとうございます
このスレの中で、私自身勉強しながら みなさんと意見を出し合って
少しでも形のあるものにして行きたいと思います


518 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 01:40:43 ID:4XYMVJJE
>>917
そうですね。みんなの意見を参考にしていきたいものですね。

あれは虚言とか言いながら、自分は何も意見しない方がよほどドアホです。
ちびさんの意見楽しみにしています

おやすみなさい。

519 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 01:40:58 ID:gim2eaOG
>>513
ボソンを物質に含めないなら、世界はスカスカになるぞ。

520 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/09(木) 01:51:06 ID:kJbjoVVR
>>508>>509
ごめんなさい 違う人だと思いました


521 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/09(木) 02:06:38 ID:kJbjoVVR
>>518
ありがとうございます
今日病院で「貴方の体は神に借りているかりの姿です もとの体にもどして
あげましょう」と言われた時
「科学的根拠を教えて」と言いたかったです

みなさまおやすみなさい

522 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 07:18:36 ID:DHcRPIjQ
>>518
だからー、あんたはドあほ。読んで来いと言っているのに言うことをきかない。
書いているの。

523 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 08:52:45 ID:rwSveYiE
だったらいいながだったらいいね

524 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 09:08:45 ID:4XYMVJJE
>>522
皆さん最初から読んでるのでないですか?

貴方は>>10 >>15さんですか?

貴方こそ残念ですけど、想像で言ってるだけですね。

525 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 09:57:04 ID:4XYMVJJE
>>521
科学的根拠で解明される事はおそらくないように思われます。
霊能力と言えばある人にしか分からない。それを側で見ている人が証人です。
ちびさんを知る周りの人がおそらく驚きそして1番の理解者になって
それを世間に知らせて行くの信じさせる事なのかな?

霊能力無しで霊界の話はできないでしょうね。
22さんも間違って無いと思いますが、きっと聖書などから引用したのではないかと
考えますが?
キリスト系と日本でも行く霊界の場所は異なると思います。
ですから、あれは虚言などといえる立場でもないですね。


526 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 10:00:38 ID:Emmip+sm
先に一言言わせて頂く。
感情的になったらまた荒れるぞ。

527 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 10:04:04 ID:4XYMVJJE
>>526
ありがとうございます。
冷静です。お互いを尊重していただきたいと願って書いております。

良いお天気ですね。
桜も咲き初めて気持ちの良い朝ですね♪

528 :亭白:2009/04/09(木) 10:14:26 ID:1i4j+SdP
あの世の天国は信仰する形態と心の心境によって住み分けられています。

唯物論者は信仰が唯物論信仰なので、唯物論信仰は天国にありませんので、この世に留まるか地獄に落ちて行くかになります。
唯物論信仰は神仏は良しとされません。

反省と仏宝は仏陀の三宝帰依のある正しい宗教に宗旨変えして、唯物信仰から唯仏信仰に心を切り替えてはいかがでしょうか?

529 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 12:34:37 ID:uLWeEJG4
>>524
私の知識はもっぱら本からによる。だから、いつでもその本のどこに書いてあるかを指す示す
ことが出来る。
このスレにいる霊力とかいうやつは自分の想像(脳裏に起こった経験が本物だと思い込んでいる、
つまり妄想)だけで、本を読むことは嫌いだそうだ。

 そしてあんたは、ただ、こういう話が長続きするというだけで本物だと判断している。
あんたの真理を見抜く目というのはその程度。やっぱり本を読もうとしない勉強嫌い。同類ですよ。
好きにすればいいけど、このスレにいるのは場違いと言っているんだよ。

まだ分りませんか?


530 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/09(木) 12:47:33 ID:/+fMEZjd
おはようございます
>>525
私の周りの人達は、分かってくれています
何故すぐに信じられるのか?と疑問に思った事さえあります
自分の霊力が 普通ではないからだと 理解するしかありません
霊力により、霊界からの通信を受けた人達は、理解者なんだと思っています

人は必ず霊界に行きます、先立たれて亡くなられた御身内、愛する人と
もし話が出来るならしたい
そして、霊界の世界でも元気にやっているのか?
困った事とかないのか?
仲間、家族とうまくやっているのか?
そんな思いを 誰もが持っていると思います
少しづつ分かるように、書いて行きたいと思います
人間界を一言で語れないように、霊界も語れません
知っている事もあれば、知らない霊界もいっぱいあります
知っている事のなかで 言葉の勉強(相手の方に分かるように)もしながら
自己の反省もし、やっていけたらなって思います

531 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/09(木) 12:57:01 ID:/+fMEZjd
本の元になっているのも、霊界通信であったり、体験であったりしますけど?
霊的威圧により書かされるのも、霊界通信ですし、
私が思うのは、すべては、誰も知らないという事です
人間界のすべてをしらないと同じ事だと思います
霊的修行により、霊界を知る人間もいます(私だけでなく)
霊的修行とは、霊界からの導きです
本にも、書かれてあると思います


532 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 13:59:13 ID:efyWdQd5
>>529
誰でも書いていい掲示板だ。
場違いだから移動命令はできない。

全員を自分の思想に合わせるというのは無理がある。
自分の真理を自己主張したいのであればお主が自スレ立てるべきだろうな

533 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 14:20:10 ID:uLWeEJG4
>>532
ID:4XYMVJJE とほぼ同類だよ。


534 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/09(木) 17:49:00 ID:/L3PCgBz
今日、霊的進化と霊的後退の事が 書いてあって読んでました
霊的進化を求めるためにも、心の持ち方が大事だと書いてありました

535 :亭白:2009/04/09(木) 20:24:53 ID:9EUj58+V
霊的進化は正しい信仰心と仏法真理の学びを深めて霊的認識力を高めて、清らかな心を維持するよう心がけて明鏡止水の心境維持
を心がけることです。夜空に浮かぶ満月が煌々と輝いていますが、私たちの心の修行によって皆の心にも満月を観る事ができます。
心の満月に雲が掛かるように観えたら、反省をしてください。なにゆえ黒い雲が掛かったかを八正道で反省することで、また綺麗な
心の満月を観る事ができます。ここまでの心の統御の維持の習慣化をすることで、更なる心の境涯へしシフトアップし霊的進化をす
ることが可能であります。そのためにも反省からの瞑想をお勧めします。
無理に難行苦行みたいに苦しい場合は、平均的に心の清らかさの維持ができればあの世の天国の門は開くでありましょう。

536 :亭白:2009/04/09(木) 20:49:30 ID:9EUj58+V
>>535追伸
瞑想はリラックスな心と集中する心のバランスが大事です。瞑想は椅子に座っても良いし、
腹式呼吸でリラックスしてゆっくりと口から息を出して、新鮮な空気を鼻から静かに吸っ
て丹田(へそのあるお腹)に新鮮な空気を静かに入れてみて下さい。
それを5回くらい腹式呼吸を繰り返して下さい。そうするとさわやかな心になってまいり
ます。煩悩がある場合は心に去来する雑念が払われるように反省してみて下さい。妄想が
わいてどうしょうもない方は危険ですので瞑想しないでください。
さわやかな心で胸が温かくなった方は瞑想に入いることができます。

無理に難行苦行みたいに苦しい場合は瞑想は止めてください。
難行苦行は精神力が高まりますが霊的進化には関係ありませんので念のため申し添えます。

537 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/09(木) 20:49:46 ID:otVeod1d
>>535 亭白さん
こんばんは
亭白さんの話を読んでると、毎日頑張ってるんだなぁってつくづく思います
すべては、心ですよね

538 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 22:19:10 ID:4XYMVJJE
>>529
これ以上揉める事も無いかと思いますが。

私の体験した事とちびさんの言われて居る事が同じだったので
信用しています。
本を読まないから勉強嫌いはないでしょう?
みんな、誰でも高校 大学と勉強はしましたと思います。私もがんばってましたよ。
今は仕事しながら、他色々で暇もないですけどね。
その参考になる本のタイトルでも教えていただけたら読みましょう
霊能師が、妄想だと断定は出来ないと思います。

これ以上は、ROMってますので
貴方様の意見を拝見して参考にしたいと思います。

539 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 23:28:22 ID:irz/S5EH
>>538
誰もが義務的にする勉強のことを言っているんではないだろうが・・?
霊界を知りたいならそれなりの本を読んで知識を積む。
これをやるべきだ、と言っているのだ。

ニセモノの(特に2ちゃんねる在住の)霊能者のいうことは妄想だ、と言っているのだ。
はっきり区別をしておけよ。
 宜保愛子、江原啓之を本物だとみる。



540 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 23:28:59 ID:PtbRqYgZ
本による知識=聞慧

541 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 23:29:58 ID:lcJVow4V
>>538
体験。
そうなんだよなぁ。
正直、俺を否定派にさせないで
中立派に留まらせているのも体験なんだ。
実際に身の回りに不思議な事が起きていなければ
多分、とっくに否定派になってるんだろうけどなぁ。

542 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 23:40:10 ID:PtbRqYgZ
俺はあんまり江原とかその界隈は好きじゃない

543 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 23:43:50 ID:4XYMVJJE
>>539
貴方の言いたい事は分かってますよ。

>宜保愛子、江原啓之を本物だとみる。
私もそう思います。
下さん 木村さんも本物だと思います。

私は、ちびさんの言ってる事の対して同じ事があるから信用した。
そう書いたのです。
疑問な事もありますが、信用した。です

>>541
そうですね。私もそうでしたよ。
ありえない事が目の前に起きればそうなりますよ。
それを数人で見たなら信じざるを得なくなりますね

544 :神も仏も名無しさん:2009/04/09(木) 23:45:36 ID:4XYMVJJE
>>542
好みもあるからねw

ある時期まったく霊力がなくなった時期があったようだけどね
自分で努力して開花させたらしいよ。

545 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/10(金) 01:11:44 ID:bppEf3dl
死後の世界はあるかないか というスレタイに少しずつ戻して行きませんか
此処は、根拠なしです
おやすみなさい


546 :神も仏も名無しさん:2009/04/10(金) 02:59:02 ID:khUVaWZG


547 :亭白:2009/04/10(金) 14:49:10 ID:0Gx+GD+M
>>537 :ちびさんこんにちは
  お声をかけて頂きましてありがとうございました。

 多くの人が正しい信仰心の心をあの世に持ってもらいたいと思います。
 死ぬ間際「この世の使命果たしました。それでは皆さんありがとうございました。」
 と皆さんに感謝してあの世の天国の高い所に還りたいものですね。

 「力」入りすぎでしょうか?
 



548 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/10(金) 15:23:24 ID:/PC4me9Q
>>547 亭白さん
こんにちは
すべてに感謝して、ありがとうと言って霊界に帰りたいですね
同じ考えです
力ですか、たまに先ばかり見てしまう所があるみたいです
もう少し落ち着いてもいいと思います
何も、逃げてはいきません ゆっくりでいいと思います

今少し考えていた事があって、一緒に考えてもらってもいいですか?
(といいつつ、書きます)
霊障についてです
私自身最初は、霊が私の体の中に入ってきて、その霊の魂と話をしていました
話とは、日常会話から、浄霊に至るまでずっとです
中に入ってくる時も分かりますが、出る時もわかります
人間の体の中に、2つの魂(自分と、霊の魂)が入ってるという事ですよね
その霊が、中に入ってる時に写真を撮っていますので
その霊が、写真にも映っています
よく降霊とかありますけど、中に霊をいれてるんですよね
霊、魂は、自由自在であるという事が言えませんか?

549 :神も仏も名無しさん:2009/04/11(土) 11:43:45 ID:i/JQ5kLe
>>545
みなさま今日は ここしばらくRomって
いたものです。 三年前に大切にしていた母を亡くし 改めて霊界の存在をわたしなりに追求する機会が多くなりました。
ボルグ霊界通信(中々難しい内容ですが)
とか様々な「あの世に関する」書籍を読むあさりました。その理由は母があの世
で楽しく元気でやって居るか?(薬害肝硬
変で亡くなったので)三年を経た今現在に至っても心配でなりません。何かのメッセージでも送ってくれたらどんなに安心
できることか。




550 :おしょう:2009/04/11(土) 11:48:01 ID:i/JQ5kLe

メッセージを感じる事も出来ないわたし

心が汚れていると。。。
わたし自身の幼児期の霊体験を書きます。
以下事実ですが母が亡くなった今、
現実に起こった幼児期の霊体験の希少性
というか、霊の存在そのものに触れる機
会が
40年以上ない為に、真実かどうか、分からなくなっているのです。40年以上の
「ブランク」はわたし自身の実体験を風
化させてしまっているようで成りません。
以下に幼児期の体験を書きます。
私は4歳の時に父を母と同じ肝硬変で亡くしました。(父の場合はお酒で急性の肝硬変) 私自身、まだ幼く、父を亡くしたことの実感も湧かず、父の遺体が家に帰って
きた時は、ただ嬉しいばかりで、しきり

父に話し掛けたことを憶えています。
私が四才 妹がニ才 母は三十代
父自身は、これから充実した人生の出発だった時期と思います




551 :神も仏も名無しさん:2009/04/11(土) 11:53:40 ID:i/JQ5kLe
続きです。恐悦です。
父が亡くなって、初七日か四十九日
(親戚の方がたくさん泊りに来ていた時
期)
蒸し暑い夜だったと思います。天井が
七色にキラキラと輝く不思議な煙のよ
うなものが漂って居るので親戚のオバと
オジ達を夜中に起こして伝えたところ スゴくキツイ勢いで気持が悪いことを言うな!と相当厳しい叱責を受けた事を明白

憶えています。当時、私は霊の存在自体、わからない年齢なので何回伝えてもキレ
イな七色の天井に映った存在を認めて
くれないことをハッキリ憶えています。
七色の煙の帯は
当時の寝室の横の茶ダンスの上に留ま
りました。私はその煙を追い掛けました。七色の煙の下辺りで ハッキリと
「父の泣き声」が聞こえました。
その後、私自身、一生記憶される事件
が起きたのです。まず、父がしばらく
会いたいと言ってきました。父は、
もう自分には顔が無いから見せれない
ことが悲しいと泣いていました。
おそらく父が亡くなって一週間位は
毎日決まった場所で、会ったことは




552 :おしょう:2009/04/11(土) 12:05:17 ID:i/JQ5kLe
続きです。恐悦です。私自身がまだ四才

細かな会話までシッカリと憶えていない
部分も有りますが 母を頼む 妹を頼む
死んでしまって申し訳ないといったよう
なことを泣きながら仕切りに語っていた
ことは間違いないと。毎晩キレイな七色
のところにゆく事が子供ながらに嬉しか
った。
最後の日にはパパはもう行くからと七色
の煙に中にシューっと消えてゆきました

そのような人に話せない体験を私はしま
した。今まで話せなかった理由は、人に
話せば たとえ事実であろうとも信じてもらえないと思ったからです。しかしこれ
は事実であり 夢物語とか後々の記憶間違いでも有りません。〜〜〜〜〜私は母を失ってから幼児期の体験に基き 母からのメッセージがなぜ受け取れ無いのか?
残念で成りません







553 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/11(土) 13:07:10 ID:Ay30EGGH
みなさまおはようございます
>>549
薬剤肝炎の大変さをわかっています
周りに多いせいかもしれません
患者さんは、見た目には分からない苦しさを抱えているのですよね
腹水 肺に水 目の瞳孔の水 経験しないと分からない苦しさだったと思います
霊、魂は自由自在ですが、やたら滅多に人間界に姿を見せてはいけないのです
霊界で過ごされてる魂(霊)は、普通は人間界に降りて、御家族の前に姿を現す時
霊界の指導霊の許可を得て現れます
お父様がお姿を見せられたのは、霊界の前に幽界という所があります
そこに行くまでは、お父さんの霊は自由行動が出来ます
行きたい所にいきます 545さんの事が心配で見に来られたのでしょう
どんな霊も初七日ぐらいまでは自由です(中には2日とか3日とかで幽界にあがる霊もみえます)
顔が無いとおっしゃられたのは、霊は自分の悔いねがあると それが自分の体に現れます
今は、霊界でお父様 お母様一緒に過ごされてみえます
お二人が 545さんの気持ちを受け取り (御両親)霊界から笑ってみていらっしゃいます
子供の頃から先走ってしまっていたと笑ってみえます
大丈夫です あまり深く考えなくても ご両親は見ていらっしゃいます
その体験は夢でも、記憶間違いではありません
周りに霊的な体験者が少ないと 人に言えないという事もわかります
此処に書かれるのも、悩んで決意してくださったのですね
ありがとうございます 

554 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/11(土) 13:56:44 ID:Ay30EGGH
昨日某スレで話をしてて ある事を思い出しました
霊的エネルギーは、電磁波を通すのかなという事です
前使用していた携帯電話なんですが、バックの中に入れておいて
誰からも電話が入っていないのに 電話がなる事が何度もありました
着信履歴には何も入っていないのに、携帯がなります
携帯が壊れていると思っていましたので 気にもしていませんでした
今の携帯も 着信履歴が無いのに鳴ります 不思議だとは思いませんか?

もう一つは ある実験を何人かでしました(大した事ではありません)
以前住んでたマンションですが、インターホンが壊れていて鳴りませんでした
でも私が押すと そのインターフォンが鳴ります
友達達に押してもらってもインターフォンは鳴らないのです
科学的に説明は 難しいので出来ませんが 何か霊的エネルギーの作用があると思います

555 :神も仏も名無しさん:2009/04/11(土) 14:11:32 ID:pahMIXrF
>>554
ちびさん
初めまして。
しばらくROMっていましたが
初めて書き込ませて頂きます。

私も少なからず霊感があるようでして、
ある日突然このスレッドを見るようにと指示を受け、
(その時はニュース速報+を見ていました)
ちびさんを応援してくれと頼まれました。
(誰に頼まれたのかは例(霊)によってわかりませんw)
私は2ch歴は長いですが、普段この板そのものを見る事はしません。

私は仕事柄、コンピュータを扱っておりまして、
霊的な力が電子機械に影響する経験が少なからずあります。
恐らく、かのエジソンもそれを見抜いて、
霊の声を録音する装置(?)を作ろうとしたのだと思います。
ちびさんの疑問の回答には至らないと思いますが、
霊が電子機械を通じてメッセージを送り易かったりするのだと思います。
もしくは、霊感が強い人は電子機械に強いとか?

という訳で、ちびさん、がんばってください。
心より応援しています。

556 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/11(土) 15:21:21 ID:Ay30EGGH
>>555
はじめまして
私と同じですね この板を見たのは今年初めてです
守護霊さまから「書いてみよ」とのお言葉をいただいてから書いています

携帯の事は昨日某スレで聞いてから、あれ?って思ったのです
あまり気にしないタイプですので、何かが違っていても気ずかないのです

お気持ちありがとうございます

557 :777イエスキリスト777:2009/04/11(土) 17:09:34 ID:gx66zJ1T

>>555
あなたは霊と対話できるのでしょうか?
霊的なことが詳しく知りたい
もしよければあなたとメールでやりとりしたです
もしよければメールください お願い致します

また この文章を観てるすべての霊能者も
もしよければメールください

558 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/11(土) 17:32:09 ID:Ay30EGGH
>>557
こんにちは
名前変えられたのですか?
私自身が 霊力があるといっても、すべてが分かるわけではありません
いろんな話や、本や、霊的に見られた事の話を聞きながら、
霊的進化に向けて頑張ってください


559 :神も仏も名無しさん:2009/04/11(土) 17:42:15 ID:Bai1iJNe
今宗教やっている人とオウム信者の違いって何でしょう。

560 :おしょう:2009/04/11(土) 17:44:42 ID:pafXmFxt
ちび様 ご返事恐悦です。父の肝硬変の
手術後の状況は幼かったながらも
憶えています。腹部を包帯だらけにして
うなってました。くしくも母も肝硬変で
亡くしてしまいましたがあの苦しそうな状況は思いだすことも可哀想で今でも強く
心の傷跡として残っています。何故もっと
長生きさせる事ができなかったのか。
未だに持って反省とざんげの毎日です。
わたしを含め家内が毎日朝と晩に御供えとご供養あげてくれていることに感謝しています。ところで、ちび様が私の父母が無事でいることを教えていただいただけで
精神的に私も立直れる一歩を明日から歩めそうです。有りがとうございます。


561 :おしょう:2009/04/11(土) 18:06:33 ID:Zm2L0BWz
続きです。恐悦です。まさか母がこのま
ま病院で亡くなるとは思ってもみません

した。アンモニア濃度が強くなり意識不
明の昏睡状態におちいって奇跡的に意識
を回復したのですが回復後の母は少し人
格が変って妙に明るかったです。病気の
こともあって少し鬱気味でしたが異常な
くらい明るく振舞ってくれました。そし
て丁度亡くなる一週間前、自分はあと一
週間であの世に行くから、、、とまるで
誰かと相談したような口振りで母さんが
亡くなったら決して悲しまないで。49日後には伊勢神宮でお礼参に行って欲しい。
母を祈るのではなく「世界平和」を祈っ
て欲しいと不思議な事を言っていました。
先祖供養の大切さは生前よく教えられま
したが神道ではない母が伊勢神宮とは
驚きました。49日後早速、伊勢参りを
した次第です。

562 :超スーパー女教師河合希:2009/04/11(土) 18:07:42 ID:gx66zJ1T

>>558
こんにちは
あなたは信頼できます 
これからもよろしくお願いします

わたしはさまざまなハンドルネームを使ってます

全宇宙全生命永久永遠の大天国 河合希 光 @@@
超スーパー女教師河合希 明和高校名古屋大学河合希
神イエス 心(良心)=主イエス様 ミカエル
聖ミカエル 聖ミカエル大天使 ジャンヌダルク様は超善人

などです

563 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/11(土) 18:51:21 ID:0ij1XZNM
☆(現在)人生を語る 喜怒哀楽 (未来)
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1239441018/l50

気楽に参加してください。




564 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/11(土) 18:58:53 ID:0ij1XZNM
>>561
お母様の言葉を聞けてうれしく思います
様はいりませんので、よろしくお願いします

>>562
そんなにいっぱい名前があったんですね
自分の意思を持ち、まっすぐに向かってくる人ですね
これからも宜しくお願いします

スレの意向にずれていってしまっていますので移動したいと思います
根拠ありさま
根拠なしさま また書かせていただきますので宜しくお願いします

565 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/11(土) 19:42:05 ID:0ij1XZNM
>>561
お母様が亡くなられる前に お母様の所にお父様がいらっしゃったのです
霊界の話など、お二人でされたみたいです
お二人は、霊として(魂)霊界で生きていらっしゃいます
病気の痛みも無く、幸せに暮らされてみえます
近いうち、お二人で貴方の様子を見にお見えになるでしょう
待っていてください

566 :おしょう:2009/04/11(土) 22:15:07 ID:WGAiI+WE
ちびさん みなさま
こんばんは 私なりに「死後の世界は存在する」という
結論に至りました。証明は出来ませんが。。。私は元来ROM派ですが
このスレに参加しなければという想いで書かせていただき、ちびさんから
ご返事をいただいたことに深く感謝します。
私は現在霊能力らしいものはありませんが10年ほど前までは、
いろいろな経験をしています。母が生前、世の中は偶然では成立ってないのよ!
すべて必然性があって動いているのよ。それに気ずかないだけ。と話していました。

>病気の痛みも無く、幸せに暮らされてみえます

だた、それだけ、、、ただそれだけお聞きするだけでも安心しました。
母のあの世での、幸運を祈らざるを得ません。

お許しいただけるのなら、私自身の不思議な体験を折を見て書かせていただこうと思っています。





567 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/11(土) 23:06:38 ID:0ij1XZNM
☆(現在)人生を語る 喜怒哀楽 (未来)
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1239441018/l50

気楽に参加してください。



568 :亭白:2009/04/11(土) 23:41:31 ID:VAvPBgF/
>>548 :ちびさん 今晩は
>>547 ☆サポートありがとうございました。

今少し考えていた事があって、一緒に考えてもらってもいいですか?
(といいつつ、書きます)
 霊障についてです

☆霊障の状態は肉体に不調和がおき絶不調になり、心も体もだるく重く感じますし、冷え症にもなりまする
 邪霊・悪霊・悪魔に支配されると肉体が勝手に動いたり耳元でささやいたり、耳鳴りしたり、頭痛したり、体も背中やいたる所痛みがありますね。

 霊障でないときは、体調も良く、自分の心をコントロールし神仏の御心に沿うものであれば良いと思います。
 神仏の光を受けとれる器があって、体に霊が入って神仏の光を入れて除霊したりしても構わないと思います。
 

 霊、魂は、自由自在であるという事が言えませんか?  
☆本来霊や魂は原則自由自在ですね。ただ執着している霊や魂は不自由ですね。

 人間の体の中に、2つの魂(自分と、霊の魂)が入ってるという事ですよね
☆自分の心と魂のことでしょうか?





569 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/12(日) 00:24:49 ID:r6IiLxZr
>>566 おしょうさん
こんばんは 此処は根拠なしのスレタイです
ここで書かれるのもお母様の押しがあるのだと思います
霊的体験は どんどん書いていってもいいと思います

>>568 亭白さん
こんばんは 書いてくださってありがとうございます
霊媒体質の中には、霊を降霊される方がみえます
私も、最初の頃は、霊を中に入れていました
その場合 人間の体の中に自分の魂と、霊の魂がいるという事です
二つの魂が人間の中に入ってるという事は自由自在だと思ったのです

570 :亭白:2009/04/12(日) 23:50:34 ID:6okudM3T
>>569 :ちびさん 今晩は
 二つ魂の意味が解りました。この世的解釈すると一個の卵に黄身が二つ入っている感じですね。
 春陽も射し暖かくなってきたので、私は車でひとり瞑想がてらに仮眠を取ります。
 楽しみの一つであります。ではちびさんお休み、皆さんお休みなさい。
    

571 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/13(月) 11:54:52 ID:PcSGgcsr
>>570 亭白さん おはようございます
卵の黄身を思い出せばよかったですね
中々 霊的な事の例えって難しいのですね
夜も涼しくて過しやすい季節になってきましたね
体調を崩さないように気をつけてください

572 :亭白:2009/04/13(月) 17:30:59 ID:ws+L0Dnj
>>571 :ちびさん 今日は
    春になると、四回クシャミをします。花粉症でないかもしれません。
    ところでクラシックの避難所って良くわかりませんのでお教えいただけますか? 
    
   
    



573 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/13(月) 18:00:20 ID:TXBR2Ywg
>>572 亭白さん こんばんは
ラウンジclassic@2ch掲示板
肯定派 避難所

オカルト異常現象@2ch掲示板 オカルト太郎
☆(現在)人生を語る 喜怒哀楽 (未来)
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1239441018/l50
 こつらの方がいいと思います のんびりスレです

クシャミは コウソの原因とかもありますね
今日も注意報が流れていました(何故かマイクで流れます)
  


574 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/13(月) 21:19:53 ID:TXBR2Ywg
>>572 亭白さん

http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1237984149/l50

575 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/14(火) 10:35:13 ID:Qw+qaHeu
>>529
おはようございます
このスレに最初からおみえになられたのでしょ?
ただ、真実を知り伝えたかったのではないですか?
本もいい本が沢山出ています
その中で自分の見る目を持ち 真実を追求されるのも良いと思います
私が本を読まなくなった理由は3つあります
一つは アレルギー 
一つは 本を読みながらでも浄霊してしまいます
その本は封印しなくては危険なものになります
その事に気ずいてからは読みません
一つは 守護霊さまによる言葉がありました

何でも思った事を真っ直ぐに言う
そして諦めも早いのではないのですか?
霊がいる 魂の世界がある 人は霊界へ行く
何が大事なのかという事はわかってらっしゃると思います
書いていただけませんか?お願いします


576 :tama:2009/04/14(火) 11:02:35 ID:O5NAGGnn
 ちびさん
 今日はたまたま休みが取れたのでネット・サーフィンしていると、このスレが目にとまりましたので少し
書き込ませて頂きます。
 わたしは霊能力なんて少しもないけれど、それで良かったと思ってます。
 霊能力が備わった方は、それなりの使命を持って生まれこられたか、高い境地に達して自然と備わったか、
でも、多くは生まれながらの霊的体質で残念ながら悪霊に通じてしまった方が多いようにも思えますが、
いずれにしろ、最近増えて来ているのではないかと感じています。
 オーラの泉で代表されるように、これらの霊現象がお茶の間にも認知されつつあるのも、今が霊性の
目覚めの時代であることと関連しているかも知れませんね。
 さて、このスレのテーマである、死後の世界の存在は、わたしも強く確信しています。
 でも、先のことは煩わずに、死後のことよりも、今を精一杯生きることが一番大切であること心得ています。
 霊能力などは全く無縁なわたしですが、わたしなりに最も自然な生き方を追求しています。
 心の声は聞こえませんが、自分の心の欲求、願望、望み、欲望など、生身の人間にとって正邪様々な
ものが、わたしたちの存在の内側から外側に向かって湧き出て、放射され、エネルギーそのものとして
生きてゆく中で、それらの中で自分が本当に望む思い、本当にやりたいこと、悔いの残らない欲求、感銘を
感じる欲求に乗り、それに沿って、自然に生きてゆくのが、わたしたちが幸せに近づいてゆける生き方たかなぁ、
と最近思っています。
 この、心の感銘、うずき、ワクワク感、これが、わたしにとっては、心の声ですね。
 わたしは霊媒体質で無いぶん、外部(良からぬ地下の者)からの影響が少なく、自分自身が間違った方向へ
行きかけても、極端な所までは行かず、自分自身の力(と言っても自分の気づかない導きは大いにあるとは
思いますが)で、割りと自由に気づきへの経験を積んで行けること、このことが自分の魂の修行になって
いると思っています。
 ちびさんのような霊体質の場合、その心境の維持管理に結構大変で、ご苦労されて来られたのではないで
しょうか。
 長文失礼致しました。

577 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/14(火) 12:22:36 ID:Qw+qaHeu
>>576 tamaさん
こんにちは
私の書きたかった事も同じような事です
霊がいる いないは誰もがいずれ気ずく事です
今 現世で生きています その中で仕事 家族 友達 そんな仲間と
楽しく 助け合い 励まし合い生きていくのが現世であると思っています
すべては その時々の心の持ち方が一番大事なんです
霊界に行った時すべての人が 
(よく頑張ったな) と 
ご先祖さまや、霊界からの言葉を受ける事を願っています

心の維持は 大変だったと言えば大変でした
今はいつも 心の瞑想をしている状態です
お気ずかいありがとうございます


578 :tama:2009/04/14(火) 13:12:29 ID:O5NAGGnn
 ちびさん
 早速のレスありがとうございます。
 いま、ざっとこのスレに目を通したのですが、

>>164の「それが、魂の殻を割り、新しい魂をいれるという事が行われます 」
というのが少し理解できませんでしたが(特に拘っていませんのでレスは不要ですよ)、それ以外はちびさんの
ご意見にとても共感いたします。
 本当に心が全てですよね。

>>462 「地震、災害が 何故起こるのですか? 私は 頭の中では理解していても、納得できません
どう思われますか? どんどん 書いてください 」

 これについては、やはり、もし起こるとすれば、わたしたち人類の悪想念(エゴの思いと行い)の過去からの
累積で、地球の自浄作用が起こってしまうのだと思いますね。
 神が人を罰するのではなく、わたしたちが自ら招いてしまうことであり、神は無限に許しても、決して罰したりは
しないと思いますので。
 ちびさんのような優しい心根の方がこの世に増えれば、きっと(起こるかもしれない)天変地異も緩和される
と思いますね。
 ちびさんの思いが、このスレを通じて、少しでも多くの人に伝わって、一人でも多くの人の魂の修行における
気づきのキッカケとなりますようお祈りいたします。


579 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/14(火) 14:06:05 ID:Qw+qaHeu
>>578 tamaさん
神はすべてを見ておられます
そして すべての魂の心の成長を願い信じていると聞いています
(魂の殻の話も心の成長のために行われる事です)

災害 地震 そしてテロ色んな事が起こっています
昨日もニュースを見てて何故?って思っていました
心を平静に保ち話合う事で いくらでも解決出来るはずなのにと思い悲しんでいると
(しかたのないことです)と守護霊さまからの心の声が聞こえます
分かりやすい言葉で書いてくださってありがとうございます

皆様
このスレを読んで 感じた事 思った事なんでも書いていってください
(スレタイにそって)




580 :tama:2009/04/14(火) 15:19:15 ID:O5NAGGnn
 >>579
 >神はすべてを見ておられます
 >そして すべての魂の心の成長を願い信じていると聞いています

  ちびさん 
 そうですね。
 自分自身が神性を心の奥に埋め込んだ素晴らしい神の子であることに気づき、その神の心から
出てくる愛の思いで足元の家族や職場や仲間たちと助け合い補い合い、精一杯お互いの個性を伸ばして
人生を豊かに有意義に過ごしてゆきたいですね。
 そうして、「今」を精一杯生きてゆけば、「死後の世界」など思い煩う必要はない、神様は、きっと
自分に合った世界に導いて下さるに違いない、というのがわたしの結論です。
 でも、魂が永遠であることや、わたしたちが地球の輪廻転生の修行システムの中で魂の修行をしている
ことを、少しでも多くの人が知る(信じる)だけでも、この世も少しは良くなるかも知れませんね。
 と言うのも、人間、「死後の世界」を信じなければ、この世「だけ」の己の最大幸福だけを求めるがゆえに
目先の欲望の実現に走ってしまい、「永遠」の観点から見た己の最大幸福を考えないものです。
 そういう意味では、「死後の世界」を語り合うことは有意義かも知れないですね。

581 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/14(火) 16:41:32 ID:7u23d9ec
>>580 tamaさん
人は霊障であったり 本であったり 宗教であったり色んな教えから
永遠であると言う事に気ずくんですね
霊界があり それは永遠に続いているんだと自覚した時から始まるんです
そして、霊界はすべて自分自身の心(魂)が行き先を決めます
そして、霊界の魂はすべての人を心配していつでも見ているのです

死後の世界はあるそれは何故か
ご自分の考え方でも何でも書いてほしいです
(同じこと書いていました)  



582 :tama:2009/04/14(火) 19:01:16 ID:O5NAGGnn


>>581
>死後の世界はある。それは何故か
>ご自分の考え方でも何でも書いてほしいです

 ちびさん
 わたしの場合は、ちびさんと違い、死後(霊)の世界なんて見たこともありませんが、スウェデンボルグ
の著書や、高橋信次の著書、最近では、レムリア・ルネッサンスの霊言書などを読んで100%の確信
に到りました。 http://www.lmr.cc/
 みなそれぞれに信じるところが違うのでしょうが、やはり、魂が永遠であることを知る(信じる)ことが、
世の中を少しでも良くするのに役立ちそうですね。
 この世で終わりだ、と思うから、この世の最大の快楽(≒幸福)の享受だけに走ってしまう。
 魂が永遠であると知れば(信じれば)、永遠の視野に立って魂にとっての最大幸福を希求するようになり、
より高次な心の奥からの望みと、刹那的な欲望を選択する自由を得る。
 自分がどちらを本当に望んでいるのかを自分自身が選び、その結果を自己責任として受ける。
 この違いは大きいですね。

583 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/15(水) 00:20:00 ID:36WZwDnj
>>582 tamaさん
この間偶然に 高橋信次さんの事を書かれているHP見つけました
最初の頃の 高橋さんの言葉とかが書いてあって感動しました
難しい言葉で書いてありましたけど 魂の分霊 分身についてとか 
魂とエネルギーと光と神を書かれていたんですね
イエスさまと話をされていたと何処かに書かれてありますが 本当だと思いました



584 :亭白:2009/04/15(水) 00:49:13 ID:NfRx0PhN
>>583 :ちびさん 今晩は
「高橋信次の霊言集」の本があります。人間釈迦の本も沢山ありますが、悪霊の諸相とかがありました。
 結局、死後お釈迦の生まれ変わりでないことが後で解りました。
 霊天上界の天狗や仙人のいる裏の世界におられる方です。
 人間味のある面白い方でした。
 

585 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/15(水) 00:56:36 ID:36WZwDnj
>>584 亭白さん こんばんは
人間釈迦は読んでみて 楽しんで読む本だと感じました
(4冊しか知りません)
難しい本の中で遊び心も入った良い本でした

霊言集の一部分がネットに載っているんだと思います


586 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/15(水) 01:07:21 ID:36WZwDnj
>>584
ごめんなさい 今ネットで見たら霊言集では無いみたいです
高橋さんの言葉が載ってるHPみたいな所でした

587 :tama:2009/04/15(水) 06:49:25 ID:6JnS00xP
>>585
 ちびさん
 レスありがとうございます。
 「人間釈迦」は本当に素晴らしいですね。
 わたしも、高橋信次さんが大好きで深く尊敬しています。
 でも、氏の評価については停泊さんのような評価もありますし、スレのテーマから外れるかも
しれないので、テーマである死後世界について話しましょうね。
 霊にも、浮遊霊(死んだ事を認めず行き先が分からず浮かばれない霊人)、自縛霊(土地や
建物などに執着して離れようとしない霊人)、憑依霊、などが居ると思うのですが、どのように
霊人の反省を促すのでしょうか。
 また、かなり危険な作業ではないでしょうか。

588 :tama:2009/04/15(水) 06:52:47 ID:6JnS00xP
訂正:
 御免なさい。間違えました。
 停泊さん→亭白さん 

589 :神も仏も名無しさん:2009/04/15(水) 10:44:13 ID:eDuUblJb
心と愛だよ。

霊とて自分の事を助けてくれる気持ちを分かってくれるなら
身を任すであろう
この世の生きてる人間と同じ気持ち理解してあげる事
怒るだけではだめ

590 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/15(水) 11:44:33 ID:roO/a1m9
みなさまおはようございます
>>587 tamaさん
浮遊霊の魂の中には 一つの輪をつくりその場所に留まって
次から次へと人に憑依する霊
場所を作らず人から人へ渡りあるく(憑依)霊がみえます
憑依しなくても 勝手に人間に言葉を投げかけて悪戯する霊もいます
浮幽霊の魂で人間に憑依する霊は 悲しんでる霊 遊んでる霊 
まだ死をさ迷ってる霊 すべて話をします
どうやって死を迎えたのか、何を悔いているのか 色んな話をして
霊界の守護霊さまの助けをかり、光に導かれて霊界に行ってもらいます
その魂に見える光を霊界から出してもらいます
魂にも「安心してください みんな待っています 光に導かれ信じてください」
と言い 霊界に行っていただいてます

古い魂の自縛霊は 今でも2日位話をしてからでないと霊界に導くのは大変です
悲しんでいると 一緒に悲しみます
涙とか止まらなくなる時とかありますけど 同じ気持ちになり霊界に導きます
私の浄霊は いつも泣いています
泣きながら霊と話します 同じ気持ちになる事から始めます
中にその魂を入れずに その霊を側に呼んで話をしますので 危険はないです
解らなかったら 質問ください

591 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/15(水) 12:29:41 ID:roO/a1m9
>>589
心と愛ですね
魂と魂は 嘘隠す事なくすべての心が見えてしまいます
相手の心も自分の心もすべてです
半端な気持ちで浄霊はできないのがそこにあります
霊媒体質で浄霊をする人は いつでも自分の心をさらけ出す事ができる
そして いつ見ても同じ心でいる事が必要になります

592 :tama:2009/04/15(水) 21:20:16 ID:6JnS00xP
>>590
 ちびさん
 レスありがとうございます。
 いや〜ぁ。
 こんなに心優しい真摯な浄霊を行う方がいらっしゃるとは知りませんでした。
 ちびさんは、浮かばれない霊を決して怖がることなく自分の心を裸にさらけ出し、相手の悲しい境遇に自分を
溶け込ませ、同じ人間として同じ気持ちに成り切り、一緒に悲しみ、一緒に泣き、一緒にとことん語り合われる。
 そして、守護霊様のお力をお借りして、迷える友を光に導いてゆく。
 なんと素晴らしい愛の実践でしょうか。
 あなたが迷える魂たちに与えられた暖かく貴い愛は、きっとあなたに至福として還って来るに違いありません。
 ちびさん。あなたが大好きですよ。
 でも、霊の世界は思わぬところに危険があるかもしれませんので、くれぐれも気をつけてくださいね。

593 :神も仏も名無しさん:2009/04/15(水) 22:06:56 ID:8JGjpioy
自己暗示でしょう。
霊媒などありません。
脳が見せる幻です。

594 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/15(水) 22:16:34 ID:esTEYhpM
>>592 tamaさん こんばんは
ありがとうございます
私には私のやり方でしか出来ないのです
浄霊も誰から教わる事なく 気がついたら出来てたが本当です
身につけるものも何もいらないのです

今日考えていたんですが 
霊を科学的に証明できても黙ってしまうのでは無いかとふと思いました
霊がいる 自分達の帰る所の世界です
先の答えを知る事になります
それでは輪廻転生の意味さえも無くなってしまうのではないか
そんな事を考えていました

霊の世界の危険は以前に 何度も遭っています
だからこそ真剣に浄霊しなくてはいけないんだと思います
お気ずかいありがとうございます


595 :霊能者のみなさんへ:2009/04/15(水) 22:23:09 ID:Mc/3va40

霊能者のみなさんへ

http://www.newsfilter.org/video/48312/Crazy_Asian_psycho_slices_herself_open_and_tears_out_her_guts/




この動画は本物か偽物か誰か教えてください

お願いします

596 :霊能者のみなさんへ:2009/04/15(水) 22:26:26 ID:Mc/3va40

どうしても気になるんです

597 :神かまうな仏ほっとけ。:2009/04/15(水) 22:28:08 ID:uIKFAL5e
死後の世界は無いよ。
生きてる内が花。
生きてる時に幸せに成るしか無いね。
頑張りましょう!

来世とか、天国とか、黄泉の国とか、
永遠の命とかに騙されないで、
お金は大切にしましょう。

598 :tama:2009/04/15(水) 22:29:43 ID:6JnS00xP
>>593
>自己暗示でしょう。
>霊媒などありません。
>脳が見せる幻です。

 そんなことないと思いますよ。
 死後の世界は確実に存在しいると思うけどなぁ。
 誰でも死ねば分かるかとですが、生きているうちに知っている(信じている)ほうが良いと思います。
 だって、人生この世限り、と思ったら、どうしても刹那的な快楽を求めてしまいますもの。
 永遠の観点から幸せを希求するほうが、より高次な思いに生きることが出来るし、より純粋な深い
幸せを享受できる。
 そんなものだと思うので。
 現代科学が既に最高を極めて、発展の余地がないなんて思えない。
 肉眼で見えない魂が現に存在していることを、100年後の未来の科学は証明するかも
知れませんよ。
 あまり、ご自分の認識力を過信しない方が良いと思うなぁ。

599 :神も仏も名無しさん:2009/04/15(水) 22:31:04 ID:8JGjpioy
こんなこと言いだすおじさんが
現れてから日本はおかしくなった。

600 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/15(水) 22:45:29 ID:esTEYhpM
人が信じる事を否定はしてはいけないと思います
霊などいないんだと信じて生きてる方も多いです
人それぞれに考えかたが違います
今を一生懸命に生きるという意味においては 否定も肯定も同じだと思います
ただ その先の信じるものが違うだけだと思います

601 :tama:2009/04/15(水) 23:06:06 ID:6JnS00xP
>>597
>生きてる内が花。
>生きてる時に幸せに成るしか無いね。
>頑張りましょう!

 少し違うんだよなぁ。
 確かに、生きている時に幸せになるしかない。それはそうだ。
 それは、そのとおりと思うけど、永遠を信じて、死後を当てにせず「今」を精一杯生きる、
このことが本当の幸せをもたらすと思うよ。
>>580 の前半は、その積りで書いた。
 でも、ちびさん のように見える人は容易に信じられるが、見えないわたしたちは信じるしかないね。
 でも、信じるに充分な根拠は幾らでもある。
 わたしの場合は、霊言集(レムリア・ルネッサンス)を読んで確信している。
 また、オーラの泉なども全くの作り話だとは思えない。
 ちびさんのお話しなど、全く真実だと感じる(人間誰しも多少の先入観はあるかも知れないが)。
 頭ばっかりで考えずに、素直な感性も、時には必要だと思うね。
 それと、このスレは、死後世界肯定派のスレだよ。
 死後世界の存在の是非を議論するなら、別のスレで「思う存分」語り合ってね。

【根拠なしお断り】死後世界について詳しく頼む9
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1238686984/

602 :tama:2009/04/15(水) 23:51:47 ID:6JnS00xP
>>594
>今日考えていたんですが 
>霊を科学的に証明できても黙ってしまうのでは無いかとふと思いました
>霊がいる 自分達の帰る所の世界です
>先の答えを知る事になります
>それでは輪廻転生の意味さえも無くなってしまうのではないか
>そんな事を考えていました

 ちびさん
 なるほど。
 でも、科学的に霊(死後)の世界が証明されて、自分たちの帰る世界の全てをわたしたちが知るに
到ったとしても、やはり、輪廻転生の修行の意義は残ると思うなぁ。
 仮に科学の進歩により肉体を持ったままで天上界のことを全て知ってしまったとします。
 それでもやはり過去の転生の記憶は潜在意識に眠らせたままなので自分の心のうずきを頼りに
この世を生きなくてはいけないので、成功や失敗を重ねながら経験を積み、自分のあの世での
悟りが生悟りでなかったか、本物であったかを試すこともできるし、あの世では波長の合う
同類の人しか回りには居なかったけれど、肉体を持つと仏様のような人から、鬼のような人まで、
様々な個性的な人と人生で交わり経験を増やし見る目を養い様々な人たちを指導教育できる技量を
磨くことも依然出来るし、死に怯える必要は無くなるが、やはり欲望に突っ走っても、あの世の
ように後戻りが効かないほどに自分の姿さえ瞬時に醜く変化して極端な世界に堕ちてしまうことも
なく、心の反省だけで立ち直り易いし、自分の行き方を自分で選び自己責任の人生を歩み、
その過程で様々な愛を学び悟りを深め経験を積める。
 そして、死が訪れたら、悠然と元居た世界に返り、過去の転生の記憶も蘇る。
 このように、帰るべき世界を知ってしまっても、地球の転生輪廻システムによる修行の意義は、
依然あまり薄れないと思いますよ。

603 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 11:18:46 ID:gvcqD1bQ
丹波哲郎の本が詳しい

604 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/16(木) 14:31:06 ID:s7VXcdrx
みなさま こんにちは
>>602 tamaさん
輪廻転生の意味については
ちょっと自分を中心に考えていたみたいです

私は霊界での記憶が大分戻ってきています
自分が何故生まれたのか
霊界での約束も思い出してしまっています
すべての人が私と同じように すべての記憶を持ち現世に生まれる事は無い
という 肝心な事を忘れていました
現世に生を受ける時 記憶は消されるんです すみません
輪廻転生の修行があるからすべての魂の霊的進化があるんですね
霊媒体質の人や霊感を持って生まれる方が増えてみえるのは事実ですね
霊的世界がある 死のその後がある 色んな霊がいる
どうして 死のその後に(霊界)色んな世界があるのかを教える為でもあると思います
霊的世界を 本を通して書かれる方 宗教もそうだと思っています 



605 :亭白:2009/04/16(木) 14:51:49 ID:QKpD8O8O
>>604 :ちびさん
ちびさんこんにちは 皆さんこんにちは

現世に生を受ける時 記憶は消されるんです 
☆本当にそのとおりですね。

輪廻転生の修行があるからすべての魂の霊的進化があるんですね
☆本当にそのとおりです。

霊媒体質の人や霊感を持って生まれる方が増えてみえるのは事実ですね
☆世界規模の天孫降臨だからね。

どうして 死のその後に(霊界)色んな世界があるのかを教える為でもあると思います
霊的世界を 本を通して書かれる方 宗教もそうだと思っています 
☆本当にそのとおりです。
日本に仏陀再誕されておられるからおのずと使命は大きなものになってきますね。

606 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 14:58:26 ID:mCZVXE5E
死後の世界があるなら現世などいらんと思うがなぁー?

607 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/16(木) 15:41:11 ID:s7VXcdrx
>>605 亭白さん こんにちは
ありがとうございます
宗教にも色んな宗教があって殆どの宗教は 過去 現世 来世 輪廻転生を説いています
言葉による違いは少しずつあるとは思いますが そのために今をどう生きるかを
説いておられるのが宗教だと思います
私の周りにおれらる宗教家の方も 
亭白さんみたいに 頑張ってらっしゃる方が多いです

>>606
死後の世界があるから、現世での人間としての修行があります
人間界 霊界 人間界 霊界 その繰り返しにより霊的進化があります
両方なくてはならない存在です
例えを書きます
1から10までの課題(例えです)を持って人間界に生をうけます
人間界から幽界へ行った時 人間界での心の反省が行われます
1から10までの課題(宿命です)の内 5の課題が自分には修行不足だと反省します
その人(霊)は来世に 5の課題(宿命)を持つ事を約束されます
それは 輪廻転生によってしか出来ない霊的進化だからです
意味が分からなかったら質問ください 

608 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/16(木) 15:49:26 ID:s7VXcdrx
>>606 補足です
中には生まれ変わらない霊(魂)の方も見えるのも事実です
その霊(魂)の方は 霊界での仕事があります


609 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/16(木) 15:51:17 ID:s7VXcdrx
>>603
丹波哲郎さんの本は読んだ事は無いですけど
ネットで見てみると いい事沢山書いてらっしゃいますね

610 :亭白:2009/04/16(木) 16:07:49 ID:QKpD8O8O
>>606 :神も仏も名無しさん
死後の世界があるなら現世などいらんと思うがなぁー?
☆死後の世界は波長同通の世界です。
 お互い似たもの同士が集まる世界ですので、考えることも似ているし行動認識も
 にているため、情報も似たり寄ったりですので心の向上がありません。
 心安らいで楽しい世界ですから、でも同じような考えの住人だとだんだん飽きて
 まいります。 神仏は進歩と調和を求めています。
 確かにこの世が無ければ地獄もなくなってまいりますね。
 神仏はダイナミックな心の進化をお望みならば、それぞれ違った価値観のある
 考えの人達を一緒になればイモがイモで洗う切磋琢磨が生まれ、心も進化なさる
 方も増えますが、天国は多次元から高次元世界と多岐にわたっていますが、いか
 んせんあの世は波長同通で住み分けられていますので、価値観の違った方々を
 一緒に住まうことができないのです。
 故にこの世の世界の地球に住むことによって価値観の違った方々が一緒に住むこ
 とによって悟りの高い大如来や如来が預言者として、神仏の言葉を預かる者として
 直説金口の説法によって、真理価値を学び正しい信仰心のもと利自即利他の伝道実
 践を通して、心がダイナミックに進化して行けるのでこの世の必要性があります。

611 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 16:46:51 ID:sjw6Y5KF
>>610
うん ほとんど当たってる。

幸福の科学の教えですか?

楽な場所は、飽きて来るんだよ。
だから転生 守護霊になって修行が始まる。

612 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/16(木) 16:51:45 ID:s7VXcdrx
>>611
ありがとうございます
私は無宗教で、宗教の本読んだ事無いんです
守護霊さまからの教えと、見た、感じた事を書いています

守護霊としての仕事をされた方もお見えになるのに、記憶を思い出さないだけなんですね

613 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/16(木) 16:53:52 ID:s7VXcdrx
>>611
レス間違いをしました ごめんなさい

614 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 17:04:44 ID:sjw6Y5KF
守護霊も立場が違うと教えが違ってくる場合はあるね。

615 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/16(木) 17:48:15 ID:2iOw17uK
>>614
守護霊さまの教えは 自分以外知りません(私は霊的修行の教えです)
どうやって教えられるのか 知って見えるのですか?

616 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 17:57:22 ID:sjw6Y5KF
よく分からないが、ちびさんの守護霊様はりっぱな方々ばかりですが
きっと全体で見て一部の組織を言われてるのではなかろうか?
亭白さんの後付けがあるから解りやすい説明です。

良いコンビです。

守護霊は、一般人からなる場合が多いですから
神に近い人と教えが違ってきますね。
イエス様とお釈迦様でも違う場合ありませんか?

617 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/16(木) 18:31:30 ID:2iOw17uK
>>616
多分そうだと思います
霊界を見る時は いつも同じ所の霊界(階層)を見ます
浄霊して色んな霊と話する時は その霊の留まった時代とか見えます
見る場所が違うんだと いつも思います
霊界にも色んな場所があって 先がないのが霊界だと思っています
私の書く事は 分かりずらい事が多くて 亭白さんのフォロに助かっています

私の場合は 守護霊さまの教え方は全然違います
イエスさまは 心の教えです(慈悲の心) 
お釈迦さまは 心の修行(魂の教え)
教え方も 霊的教えなのですが 全く違います
黙って見て教える きずくまで待つ教えと 
メッセージを伝えながらの教えと
そういえば 違いますね 

618 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/16(木) 20:49:50 ID:3vMuWL7L
>>617 補足です
後半は一人事のように書いてました
気にしないでください

人が、一人一人違うように守護霊さまの教えも違って当然ですね

619 :霊能者のみなさんへ:2009/04/16(木) 20:53:06 ID:TDS1M9hL

ちびさん みなさん
>>595の質問に答えてくれませんか?
真剣なんですが。。。

620 :霊能者のみなさんへ:2009/04/16(木) 20:58:16 ID:TDS1M9hL

霊能者のみなさんへ

>>595
これは作りものか?作りものでない(本物)か?
どちらが事実のはず 
人の思い込みや思いは関係ない
で どっちなのですか?
霊能力でわからないのですか?

621 :霊能者のみなさんへ:2009/04/16(木) 21:00:46 ID:TDS1M9hL

訂正

霊能者のみなさんへ

>>595
これは作りもの(偽物)か?作りものでない(本物)か?
どちらが事実のはず 
人の思い込みや思いは関係ない
本物だと思うから本物とか偽者と思うから偽者
というのはおかしい 事実はどっちのはず
で どっちなのですか?
霊能力でわからないのですか?


622 :霊能者のみなさんへ:2009/04/16(木) 21:02:22 ID:TDS1M9hL
↑↑↑

少し訂正

↑↑↑

本物だと思うから本物とか偽ものと思うから偽もの
というのはおかしい 事実はどっちかはず
で どっちなのですか?

霊能力でわからないのですか?

623 :霊能者のみなさんへ:2009/04/16(木) 21:05:50 ID:TDS1M9hL

訂正

事実はどっちかはず

事実はどっちかのはず

624 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/16(木) 21:24:00 ID:3vMuWL7L
>>619 霊能者のみなさんへさん
こんばんは
某スレでも書きましたが
私のPCはウイルス対策していませんので リンクを開く事はしません
(セキュリティの強化だけしています)

霊的世界も自分の心の業が霊界を映しだします
すべては心の業なのです
一人一人の心の思いが違うように見え方も違います
どっちかは、みなさまの心の判断で良いと思います

625 :亭白:2009/04/16(木) 21:31:04 ID:marqv/dy
611 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 16:46:51 ID:sjw6Y5KF
>>610
☆幸福の科学の教えです。 ありがとうございました。




626 :霊能者のみなさんへ:2009/04/16(木) 21:46:29 ID:TDS1M9hL
>>624
大丈夫ウイルスは入りませんよ
そのリンク先は大丈夫です
あなた様も他人のブログとか読むでしょう?
それとそのリンク先とどう違うのですか?
他人のブログと同じで 安全です 信用してください

627 :tama:2009/04/16(木) 21:54:23 ID:/hJs2NzV
>>619〜623
 その動画が事実であってもトリックであっても、わたしたちの人生にとっては、どうでも
良いことですね。
 撮影の背景も目的も何も明らかでない映像に拘ること自身が、あなたの精神の課題を
現していると思う。
 霊能力は、人の幸せのために用いるものだと思いますね。
 ものあての類はどうでもいいことではないでしょうか。
 そんな動画の真偽の評価を他人に依存するより、そんな事に拘ってしまう自分自身を客観的に
評価してみる方が、あなたの人生にはよっぽどプラスになると思うよ。
 ちびさん。そんな動画、見なくて良いですよ。

628 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/16(木) 22:07:44 ID:3vMuWL7L
>>624
その答えも某スレに書かせていただきました

629 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/16(木) 22:09:04 ID:3vMuWL7L
>>624
今日 何かあったのですか?
なんか いつもと違うような気がします

630 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/16(木) 22:10:46 ID:3vMuWL7L
>>626 です
 >>624 自分にレスしていました

631 :tama:2009/04/16(木) 22:11:21 ID:/hJs2NzV
>>610
 亭白さん
 これは、わたしも同感ですよ。
 色んな個性の人、色んな精神年齢の人、長老も若者も、認識力の深い人も浅い人も、
同じ地球の上でお互い切磋琢磨して学び合えるのは、肉体を持った現世だけですよね。
 こうやって、同じ国の同じ時代に生まれて意見が交わせるのも、信じるところはお互い違っていても
魂の修行仲間かも知れませんね。

632 :神かまうな仏ほっとけ。:2009/04/16(木) 23:44:28 ID:8vFIkEbJ
死後の世界は有りません。
騙されないでね。
お金は大切に!

633 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/16(木) 23:50:46 ID:3vMuWL7L
>>627 tamaさん
そのリンクは見ません 大丈夫です

みなさまおやすみなさい


634 :神も仏も名無しさん:2009/04/16(木) 23:58:11 ID:EROL5zQo
>>595のリンク先を
Googleでアドレスのまま検索したらなにやら怪しそうな検索結果になりました
クリックしたら危険かもしれません

635 :神も仏も名無しさん:2009/04/17(金) 00:20:52 ID:7QveUoHK
人間は死ぬことを恐れるべきではなく、自分の人生をまったく生きないということを恐れるべきなのだ

636 :神も仏も名無しさん:2009/04/17(金) 00:32:38 ID:VamwK4Jj
>>635

それは、その通りだが、いかに努力しようと所詮は精神世界は弱肉強食。
人からエネルギー、魂の親を奪う特殊能力を持った人間のみが現世においても
その世においてもうまみを全て持っていってしまう。

ずたずたに、そしてすっからかんにされて、出来ることからとか云われてもな。
あまりにご都合主義だろ。

余りにも不利だな。
せめて、この手の情報が一般的に周知徹底されないといつまでも被害者は泣き寝入り。

637 :神も仏も名無しさん:2009/04/17(金) 02:07:00 ID:FJoNZAAs
生き残れる者は
どん底困難に成った時、這い上がる力があるかどうかだ。
誰のせいでもなく自分の弱さ

638 :神も仏も名無しさん:2009/04/17(金) 05:42:15 ID:+RPExBBv
人から奪い取り、押しのけてでも、己が生きることがこの世に生まれてきた唯一の目的。
そのためには、何をしても許される。
現に、神とそれを扱う人間がそうであるからな。

一人で己を頼りにしていたときが一番だった。他人の力や神にすがった時、人は自分を失う。

日本に神様が多いのは、それだけ、俺の精神世界が最高です。いや私のがというのが
いかに多いかということの表れだからね。

639 :亭白:2009/04/17(金) 07:12:54 ID:VHk6zExF
>>631 :tama:さんおはようございます。皆さんおはようございます。
>>610
 幸福の科学の教えを信仰なさっている方ですか。
 
 行間にやわらかな光の波動を感じます。

640 :霊能者のみなさんへ:2009/04/17(金) 19:20:09 ID:OI/apXEG

>>629
>>630
ちびさん
同じですよ
どこがどう違うと感じたのか?
詳しく聞かせてくれると嬉しいです

641 :亭白:2009/04/17(金) 22:49:05 ID:f0awW792
>>607 :ちびさん 今晩は
>>605 ちびさんも頑張っていますね。細やかな優しさはちびさんの強みですね。
   波動のきついのもありますので、第二矢は受けない心境で頑張ってまいりましょう。 
    


642 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 00:18:39 ID:7CBGqTD/
>>638

> 人から奪い取り、押しのけてでも、己が生きることがこの世に生まれてきた唯一の目的。
> そのためには、何をしても許される。

その渦に呑み込まれたらおしまいですね


> 現に、神とそれを扱う人間がそうであるからな。

神か邪神かはその人の審神(さにわ)にかかってますよ


> 一人で己を頼りにしていたときが一番だった。他人の力や神にすがった時、人は自分を失う。
すがり方によります
供養をするのも大切だが悟りを求める心が堅実で不退転だと浄土真宗のお経には書いてあります
自力がなければ感応しませんよ


> 日本に神様が多いのは、それだけ、俺の精神世界が最高です。いや私のがというのが
> いかに多いかということの表れだからね。

甘いね
一言では説明できないですよ

643 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 00:29:32 ID:7CBGqTD/
誰かのことを好きになるとき
その人のどんな仕草に惹かれるかを考えよう
その人がどんな心をしているから好きなのか
そうすれば神が誰の味方をするのかもわかる

644 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 00:32:58 ID:KvcuvCSV
>>643
私など、神様が人の選り好みをするほどの小物とは思えないですが。

645 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 00:38:26 ID:7CBGqTD/
選り好みではないですよ
ただ僕の経験からすると
愛される時とそうでない時がある

646 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 00:45:18 ID:k1wWlbZO
神仏に参拝するのは、お願い事はできない。
>お守りください
その程度で、神は個々の願いなど聞いてられない。
参拝して自分で自分の背を押す切っ掛けを作りに行く。

自分の先祖の墓参りした方がよほどご利益がある。

647 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 00:57:09 ID:k1wWlbZO
自分1人では生きられない。

>他人の力や神にすがった時、人は自分を失う。
それで自分を変える事もできる。
自分に無い他人の力を借りて、自分の弱さを知りそれを素直に出す事により
大きな力に変わり幸せになる事は罪ではない。

大きな力がつき自信が持てたなら、また弱者を救える強者になる。



648 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 01:13:49 ID:KvcuvCSV
>>645
愛されていないってどうしてわかるの?そんな時こそ、本当は愛されてるんじゃないですか?


649 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 01:35:29 ID:k1wWlbZO
愛されたいなら、誰かを愛する事を知る事

愛する気持ちを知らない者は、愛されても鈍感で気がつかず幸の時期を過ぎてしまう

650 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/18(土) 01:51:57 ID:yoLQFx9u
>>640
自分にレスをつけたと思ったのですが勘違いかも
明日ゆっくり読み直します

>>641 亭白さん
こんばんは ありがとうございます
亭白さんとは 途中の道は少し違うかもしれませんが
最終の目的の為の生き方による考え方は同じですね
お互い頑張りましょう



651 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/18(土) 01:59:53 ID:yoLQFx9u
愛については難しいですね

一つだけ感じた事は 人は愛を知るためにも生まれてきているという事だと思います

おやすみなさい


652 :tama:2009/04/18(土) 02:16:21 ID:AZmW/CP2
>>639
>幸福の科学の教えを信仰なさっている方ですか。
>行間にやわらかな光の波動を感じます。

 亭白さん
 わたしは、OR総裁の初期の霊言集や初期の著書には強く感銘を受けた者ですが、残念ながら
その後のKK会には少し批判的で、レムリア・ルネッサンス(ボランティア団体)の読者です。
   http://www.lmr.cc/
 お互い、信じるところは少し違うようですが、救い主が下生されたこの現代日本の同じ時代に
生を受けた者どおし、目指す終着点はほとんど同じだと思いますので、精一杯 魂の修行をし、愛を
学び、愛を実践して行きましょう。
 亭白さんのお言葉には、わたしも光を感じますね。



653 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 10:08:22 ID:7CBGqTD/
>>646
墓参りしても御利益はないですよ
御利益が感じられるとしたらよっぽど家格の高いところではないかと思えるけど。
ありがた迷惑なら断ったほうがいいですよ

実際は行者をやっていても完成する人はいない
百人に一人もいないらしい
誰もが空には程遠いから少しでも供養をするんだよ

654 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 10:12:20 ID:7CBGqTD/
>>648
反応見てれば推測はつくよ。
神はたのしげなところに降りてくるんですよ。

655 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/18(土) 11:20:38 ID:3x/Pno6A
みなさま おはようございます
>>640
おはようございます
何か嫌な事でもあったのかなと 少し気になっただけです
気にしすぎのようですね 
あのリンクは何人かの人が見ないほうがいいと書かれています
何故、私に見てほしいのかが理解出来ないのです
惨殺なシーンとかも見たくはありません
もし見たら悲しむかもしれません
だから 見ません ごめんなさい



656 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 17:59:22 ID:YmByjjAn
>>610>>611飽きてくるの?暇つぶしに現世に来るみたいに聞こえるなぁー。 しかも>>610矛盾だらけなのに気付かない?

657 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 18:26:19 ID:mfBCUqyj
>>656
どこが矛盾なのか書けよ。




658 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 18:34:16 ID:YmByjjAn
>>657めんどくさいわぁー

659 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 18:35:09 ID:mfBCUqyj
>>658
なら黙って見てろよ。

660 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/18(土) 18:52:28 ID:QI9V+mmz
>>656
飽きてくるという言葉は例えで書かれたのだと思います
霊界では家族や、前世 現世など同じ霊的進化の仲間と輪を作って暮らしてみえます
次の生まれ変わりを待つ霊の方や 霊界でも修行をされて見える方
人間界の人の守護霊さまや指導霊さまや
霊界の方達も 頑張ってらっしゃいます
時には休息もあり みなさん仲良くすごしてらっしゃいます
人はみんな現世に生まれる事を望まれたのです
すべての人が 自分で来世に生まれたいと願い生まれています

地獄と言われている霊界も 自己の反省を繰り返し
来世では 同じ悔いねを持たないと心に決め生をうけます
言葉が分かりかと思いますが すべての魂が望み生まれてきているのです

661 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/18(土) 18:54:20 ID:QI9V+mmz
>>660 訂正です すいません 
× 分かりかと思いますが
○ 分かりずらいかと思いますが

662 :神も仏も名無しさん:2009/04/18(土) 19:03:27 ID:YmByjjAn
>>659ん?なんで?

663 :亭白:2009/04/18(土) 20:53:25 ID:Gke/cPBR
>>656 :神も仏も名無しさん:
>>610は私が書き込みしたのですが何処が矛盾ですか、気づかないのでお教え願いますか。




664 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 10:22:30 ID:31qgksk/
>>663アホだな。

665 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/19(日) 11:16:47 ID:EiKt+omD
みなさまおはようございます
>>664
一つの言葉をそのまま読んでしまうのでは無く 
言葉の優しさを分かってあげては貰えませんでしょうか


666 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 12:03:45 ID:31qgksk/
>>665いい人ぶってはいるが中身がスカスカでんな。

667 :亭白:2009/04/19(日) 12:12:06 ID:nfvV64Fz
皆さんおはようございます。
>>664 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 10:22:30 ID:31qgksk/
>>663アホだな。
☆ ここに心の傾向性について書き込みしてまいりたいと思います。
 日ごろ御自分に言い聞かせている部分が言葉として相手を批判するときにでてきます。
 例として上げてみます。
  相手に対して
   「アホ」と批判する方―自分がアホだからです。
   「おかしい」と批判する方―自分がおかしいからです。
   「詐欺師だ」と批判する方―自分が詐欺師だからです。 
  お解りでしょうか?

668 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/19(日) 12:12:55 ID:EiKt+omD
>>666
中身がスカスカの意味を教えてください(具体的でお願いします)


669 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/19(日) 12:24:20 ID:EiKt+omD
>>667 亭白さん こんにちは
すべては心の見せる業が表れるという事ですね
心の言葉の表と裏 出す言葉の本当の心だと思います


670 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 12:42:48 ID:iqINiXS+
アホに拘らず2ちゃんでは、よくある言葉です。
スルーして

今日は、皆様休日ですから

暇つぶしに

スレタイに沿って
振り出しに戻って死後の世界について詳しく語ってもらえませんか?
お願いします。

どんな所
生活
他色々


671 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 13:05:57 ID:iqINiXS+
根拠なしOKなんだから、どんな事でも

議論 質問は後でも 批判は無しで
名無しさんでも知ってる人がいたならとりあえずどんどん書いてほしい。 
自分の知ってる死後の世界と異なる事もあるだろうから
○○宗教から
本から
守護霊様から(どんな立場の方 先祖 他)
付け加えてもらえたら分かりやすいです。

672 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 13:44:48 ID:RWT136x8
生まれてくる前に、自分は2chをやるんだと言う事が見えていたと思うのですが。
今回の生で2chをやっている意味とは何でしょうか。無意味なんでしょうか。

673 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 14:04:53 ID:25FoBN9o
根拠なしにすると、馬鹿ばっかりになるな。

674 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 15:23:49 ID:gvKyzBVl
ν速民が混じってるなw

675 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/19(日) 15:32:58 ID:BDsXMCyG
>>671
霊界の世界はとても広いのです
その中のどんな事が知りたいとか具体的な事を書いてくださるとありがたいです

676 :亭白:2009/04/19(日) 15:46:28 ID:IqvNmqdP
>>669 :ちびさん こんにちは
すべては心の見せる業が表れるという事ですね
心の言葉の表と裏 出す言葉の本当の心だと思います

☆ちびさんの言われる通りですね。
 多分自分の劣等感ともリンクしていて、それが相手を批判するときにでてきます。
相手に対して中身がスカスカとか馬鹿ばっかりという悪口を言うことで、自分の抱
えているどうしょうも無い劣等感のマイナス感情を埋めようとして、悪口いうと自
分の劣等感の苦しみが緩和したような錯覚を起こし、塩水を何回も飲んでいること
に気が付かない人達ですね。ゆくゆく自分に帰ってくることを思いもしないから悪
口が言えるのでしょうね。マイナスの心の状態が解らないのですから。

677 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/19(日) 16:06:31 ID:BDsXMCyG
>>676 亭白さん
嘘とかも同じかも知れません
一つの嘘は次の嘘を生み出す
そしてその嘘に自分が翻弄されるまでになってしまう
何が嘘で何が本当なのか分からなくなるまでになってしまう事もあるんですね


678 :亭白:2009/04/19(日) 17:30:12 ID:IqvNmqdP
>>677 :ちびさん
嘘とかも同じかも知れません
一つの嘘は次の嘘を生み出す
そしてその嘘に自分が翻弄されるまでになってしまう
何が嘘で何が本当なのか分からなくなるまでになってしまう事もあるんですね
☆そのとおりだね。
 嘘の上塗りは苦しいね将棋で王手されてどこへも逃げれない状態ですね。
そう言っても今更「それは嘘でした」とプライドあるから降参もできない。 
嘘がまことみたいになってしまったら引っ込みつかなくなります。
そして嘘によって翻弄されていきますね。
嘘はつきたくはないけど、相手の心を傷つけまいとしての嘘はやむおえない
のかな。なんて思います。悪いことしての嘘で塗り固めるのは好ましくないですね。
他の人を生かすための方便としての嘘は許されるのかなと思います。

679 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 17:36:04 ID:gvKyzBVl
嘘の認識するのは自分でもあり他人であるということ

真実を述べているつもりでも、傍から見れば嘘に見えたり、故意ではなくとも、自分が嘘を嘘と気が付かないで話していることもある。

真実なんてものは幻みたいなもので、言葉や文章で表現できるものではないだろう。
この現象、事物は絶対であり、真実であると述べてみても、それは私、あなたの頼りない(不可知)認識でしかなく、たかだか人間が対象であるものに言葉で名称を付けて知覚、認識しているに過ぎない。

例えばこれは絶対に死後の世界や魂や霊であるとしよう。
ではそれを魂や霊と認識するに至るにはどういうプロセスを踏んだ?
何かに書いてあった?夢のお告げ?

仮にそうであったとすれば魂や霊って何?皆がそう呼んでいるから?万人が理解できるようにその霊魂という言葉を用いているだけ?その得体の知れない何かを説明するためにやむを得ず?
それにしては具体的名称などが次々に出てくる。

こうなると本質的にそれが何であるか具現化すること自体不可能な話である。

私は真実を伝えているというものは、私に共感してくれている人以外は私が嘘を述べていると認識されているだけである。

要するに嘘に見えてしまうだけであり、あらゆることに真実というものなどは有るとも言えず、無いというものでもない。

680 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/19(日) 20:13:45 ID:qCG+YsLL
>>678 亭白さん
スレから少しずれていますけど 嘘について考えてもらってもいいですか
霊界では、心根が(魂の心)すべて映し出されます
自分の心の嘘は ついたらすぐに分かってしまうのが霊界です
その人の事を思う嘘であっても、その人を思う為の嘘だと
周りにもわかります
霊界では周り道の言葉とかは無いのです
人間には、口の言葉 心の言葉があります
霊界には、心の言葉しかないのです
それが、霊的教えの一つだったのです
でも、今みんな生きています
知っていても教えられない嘘
その人の為にと思う嘘
実は 昨日弟との話のテーマが嘘についてで 結論が出なかったのです
どう思われますか?
皆さまも良かったら御意見頂けませんか?


681 :亭白:2009/04/19(日) 20:38:53 ID:LS+Id80e
>>679 :神も仏も名無しさん:
☆真実と嘘の関係について考察されている所参考とさせて頂きました。
  「例えばこれは絶対に死後の世界や魂や霊であるとしよう。
  ではそれを魂や霊と認識するに至るにはどういうプロセスを踏んだ?
  何かに書いてあった?」を拝読し求道心のある方でおもてがきとあとがき読んで
  批判だけして逃げる方でない責任感のある方と感じさせて頂きました。
  下記のとおりの真実のプロセスの書かれてある書籍です。
  幸福の科学の大川隆法著の基本三部作「太陽の法」・「永遠の法」・「黄金の法」があります。
   「太陽の法」の書籍は、創世記や愛の段階、悟りの構造、文明の流転を明快に説明し切った書籍です。
  「永遠の法」の書籍は、真実の書であり、絶対的真理(真如)から伝えられた書籍です。
  「黄金の法」の書籍は、光の指導者たちの業績にも一定の評価と批判を加えた書籍です。
   大手本屋にあります。基本三部作は読破できましょうか?大きい図書館にあるときもあります。
   基本三部作読み終えた感想を聞いてみたいものです。

682 :亭白:2009/04/19(日) 20:45:57 ID:LS+Id80e
>>680 :ちびさん
嘘としてのテーマですが、ちびさんの弟さんの譲らなかった嘘の見解はどのようなものでしたか?
お聞かせ願いますか?
取っ掛かりが欲しいのですが・・・・。

683 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/19(日) 21:08:05 ID:qCG+YsLL
>>682 亭白さん
事実を話すべきか そうでなく黙ってるべきか
何時かは分かる 今知らせるべきかどうか
その人にとって今知る事よりも もっと後になって話た方が理解できるのか
でも、何で教えてくれなかったと悲しむかもと思った 
私は最後言葉が出なかったのです

684 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/19(日) 21:12:15 ID:qCG+YsLL
>>682 亭白さん
柏観さんが調べてくださってます
避難所を覗いて見てください(もう少し後の方がいいと思います)

685 :亭白:2009/04/19(日) 21:15:59 ID:LS+Id80e
>>683 :ちびさん
随分深刻ですね。緊張感が伝わってきますね。でも意味解らないけど。
弟さんと何かあったのですか?

例えば病院の医師からの告知とか?

686 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/19(日) 21:23:04 ID:qCG+YsLL
>>685 亭白さん
病気ではないんですけど 内容的には同じような事なんです
嘘をつくのか 黙っているのか 話をして先が見えない事をするのかです
ただ、話をしたのは 嘘はいつかバレルと その時その嘘をついた事を
全部背負えるのかどうかです 
 


687 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/19(日) 21:25:27 ID:qCG+YsLL
>>685 亭白さん
避難所覗いて頂けませんか?

688 :神も仏も名無しさん:2009/04/19(日) 23:59:08 ID:31qgksk/
暇なオッサンばっかりだね。

689 :神も仏も名無しさん:2009/04/20(月) 04:27:32 ID:zQNryRR7
688ももうすぐ死ぬから心配はするな!

690 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/20(月) 19:03:13 ID:Jg3YlR1p
みなさんこんばんは
昨日はご迷惑をおかけして 申し訳ありませんでした

霊界の事 魂の事 霊の事分かる範囲で書かせていただきますので
何でも 質問してください


691 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/20(月) 19:35:49 ID:Jg3YlR1p
>>670
霊界を一言でいうと 魂のうえで人間界とは反対になります
人間界は自分の目で見える物 聞こえる音 話す声 行動 などがあります
霊界はすべて心で見えます
目の前にきれいな木々や川や池があります
目の前にあるきれいな景色が見える人と見えない人がいます
目の前にある景色など無いと否定してしまうと
その人には景色が映りません
霊界では すべてが心の業となり反映されます

霊界へ行くと魂の融合が行われます
愛する人家族との融合です
きれいな光に包まれて融合が行われます
霊界へ行き 愛する家族との出会いが会った時に自然と霊的に融合されます
霊界は幾つかの階層に(輪)分かれていますが
同じ魂の集る仲間の輪の中に導かれ みなさんで仲良く暮らします
霊界で一番気にかけて見えるのは 現世で生きていらっしゃる家族
前世で仲間だった魂 霊界で同じ階層(輪)の中で生活をともにした仲間です

書いてある内容を見落としていました ごめんなさい
 

692 :679:2009/04/20(月) 20:27:12 ID:6TZTJA5n
>>亭白氏

貴方の拠り所とするものは、その幸福の科学の著書ですか。
拠り所が何であろうと構わないのですが、そこから貴方自身の言葉が見えません。
大前提としてその拠り所を選択しているのは貴方自身であるということを知らなければならないと思います。
一度その宗教から離れてみたり、もしそれがどうしても不可能であれば、ほんの少し距離をあけてみて、客観視してみるのも宜しいかと思います。
経典、仏教書、聖書、哲学書、様々な著書に真理を求めるのは自由だけど、最終的には自らが拠り所になるんじゃないですかね。
学び取り、吸収して(良い部分を)、捨てる(悪い部分)ことが大事なんじゃないだろうか。

693 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 12:49:47 ID:gUH7fYdY
>>691根拠無しOKのスレならではの醍醐味っす。

694 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/21(火) 13:16:59 ID:9LLAQslr
>>693 ありがとうございます
霊的融合と書いても言葉では何となく分かっていても 
実際には体験してみないと分からないと思います
本当はみなさん誰もが 霊界で魂の融合をされています
現世に生を受けた時 記憶として消されています
でもすべての人が愛を感じて生きて行こうとしています
霊界での魂の融合とは 家族 愛する人との愛なのです
守護霊さまに魂の融合とは何かと尋ねました
「霊界での契りじゃ 結婚じゃ」と言われました
言葉も何もいらない暖かい愛に包まれる
離れていても心は一つです それが魂の融合です
人間界に生を受ける時 記憶は忘れていますがその愛をどこか覚えています
愛する事 愛される事は 心の隅に誰もが覚えてみえます
  

695 :亭白:2009/04/21(火) 14:54:23 ID:EOeVYk+C
>>692 :679:氏
☆私の拠り所とするものは幸福の科学の著書です。
 大前提として仏法真理があります。善悪の分ける峻別が人生を間違いなく生きていく羅針盤であります。
 自らを拠り所として仏法真理を拠り所としなければ迷林を彷徨う人生になつてしまいます。
 善悪の分ける峻別が仏法真理であります。それによって良きものは吸収し、悪しきものは捨てていくこと
 が間違いのない生き方が、この世とあの世を貫く幸福こそ真なる幸福です。

696 :亭白:2009/04/21(火) 15:08:56 ID:EOeVYk+C
>>694 ちびさん
この世の経験をして死後魂の兄弟とあの世の天国であって互いに感謝して労をねぎらって
この世の経験とあの世の経験を霊的融合して共有して魂の兄弟の真理価値の認識を高めて
いくことだと思います。

697 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/21(火) 16:06:58 ID:3KuSulTa
>>696 亭白さん
魂の融合にも愛の融合 家族の融合 使命の融合 輪(階層)の融合
色々あります
すべてに輪という形で融合があります
694で書いた融合は愛の融合です

698 :tama:2009/04/21(火) 22:58:50 ID:njQAywBv
>>695
 亭白さん
 あなたの言葉を読んでいて、仏陀が涅槃に入られる前のアーナンダへの「最後の教え」のことを
思い出しました。
 「自燈明・法燈明」(自らを拠り所とし、法を拠り所として精進しなさい)
 両方必要だという事ですね。


699 :神も仏も名無しさん:2009/04/21(火) 23:11:39 ID:3fqDATRY
>亭白氏
善悪の基準とはなんであろうか。宗教や神格化された思想家に依るもではないでしょうか。
善悪中毒。その「善悪」という言葉は錯覚、葛藤の要因になっている。
歴史が物語るように、「善悪」が個人だけではなく、巨大な集団においても善と悪の峻別が、小さな(個人)葛藤から強大(集団)な葛藤になり、犯罪や搾取、戦争に至るまで様々な問題を引き起こしてきたのは明白だろう。

貴方の自燈明、法燈明は、その仏法真理から悪しきものを棄てているとは思えず、丸ごと吸収しているような気がする。具体的なことを書くのは控えるけど。

貴方から見た私は、信ずることを欠いた人間かもしれない。そのような宗教本に帰依する貴方は私こそ世俗に依存する人間に見えるかもしれないがね。

700 :亭白:2009/04/21(火) 23:18:36 ID:oqkoob8+
>>698 :tama:さん 
 「自燈明・法燈明」(自らを拠り所とし、法を拠り所として精進しなさい)
 
☆おっしゃるとおりですね。
 両方あれば人生の羅針盤として、暗闇の海を照らす灯台として生きて行くことで
 間違いのない真実なる生き方ができます。仏法真理を単なる思想として終わらせ
 ることなく、生活の中に取り入れていくことが大事であります。

701 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/22(水) 09:14:24 ID:zPusBqle
善悪という言葉って考えさせられますね
何が善で何が悪なのか
現世で善悪を考えながら生きる人
善と思っていた事が悪であったり
悪と思っていた事が善であったり
全ての善悪は 自分に返ってくるものだと思っています


702 :亭白:2009/04/22(水) 11:26:30 ID:yxYdLqVD
>>701 :ちびさん
おはようございます。
退院おめでとうございます。やはり自宅がいいですよね。
おっしゃる通りですね。
善悪の判断基準は仏法真理です。
魂の傾向性も関係して因・縁・果・報の縁起の理法で
本当に全ての善悪は自分に返ってきますね。
今日はオレンジ色の光が二回来ていますね。

703 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/22(水) 15:46:04 ID:KyasK7RQ
>>702 亭白さん こんにちは
ありがとうございます
(病院も話する人が増えて楽しいです)
オレンジの光は ネットを通してしまうのかも知れませんね
気になるようでしたら言ってください


704 :亭白:2009/04/22(水) 21:37:12 ID:kUy0WElp
>>703 :ちびさん 今晩は
内緒にしていましたが、本当はオレンジの光はちびさん以外の方もいます。
その方は男性の方です。
失礼しました。




705 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/22(水) 21:52:04 ID:CKzZRHEY
>>704 亭白さん こんばんは
男性の方もお見えになるのですね
私の場合はすぐに分かると思います
よかったです

706 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/23(木) 11:05:27 ID:rkcCCQiG
みなさまおはようございます
よく神は無からすべてを創造されたと聞きます
水平線のような真っ直ぐな何もない無の魂からの創造だと思っています

ご意見がありましたらお聞かせください

707 :神も仏も名無しさん:2009/04/23(木) 11:53:40 ID:AMPdGg1Q
>>706

ビッグバン以前に宇宙は指数関数的(2倍4倍というように)に膨張したという理論です。
ビッグバンの原動力は真空のエネルギー。
水が水蒸気に変換されるときに熱(泡)が生じるように、潜熱の解放エネルギーによって斥力(反発力)が生まれた。
その際に、無数の宇宙が生まれた。その無数の宇宙の中の一つが、この地球がある宇宙というひとつの説です。

このようなことを「インフレーション説」と言います。これはある程度証明されていて、WMAP背景観測衛星の成果により、宇宙の揺らぎ、量子揺らぎがインフレーション理論の予測するとおりに観測されているみたいです。

人間が神と定義付けた存在の正体の元とは、エネルギー(量子)のさざ波なのかもしれませんね。

708 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/23(木) 13:20:21 ID:rkcCCQiG
>>707
レスありがとうございます
ネットで少し調べてきました
宇宙創造は宇宙エネルギーと霊的エネルギーが働いているような気がしました
人間界 動物界などは霊的エネルギーによって創造された気がします
神が霊的エネルギーを発したと思うんです
霊力はやはりエネルギーの一つなのだと最近感じています

709 :亭白:2009/04/23(木) 19:47:03 ID:bPpIWdG4
わが太陽系では、十一次元の太陽系霊の努力により、水星意識や金星意識、地球
意識、火星意識、木星意識、土星意識、などがつぎつぎに誕生しました。こうし
た惑星意識霊の創造は、四百二十億年くらい前までに、ほぼ完了したといえます。
 そして、いまからちょうど四百億年前に、大宇宙霊の内部で、異変が起きました。
すなわち、十三次元の大宇宙霊の意識体の内部で、核融合、核分裂のような現象、
あるいはまた、大きな宇宙花火のような現象がつぎつぎと起きたのです。
いわゆるビック・バン現象です。
 こうして、十三次元宇宙霊の内部に、人体でたとえるならば、内臓諸器官のよ
うな三次元空間がポッカリとできあがってきたのです。それは、もちろんまだ、
現在のような整然とした宇宙空間ではありませんでした。いわば、透明なクラゲ
のような胃袋状のものが突然出てきたといった感じでした。このクラゲのような
宇宙空間を明瞭化するために、十二次元の星雲意識、十一次元の恒星意識、十次
元の惑星意識が協力しあって、三次元宇宙空間に、惑星、恒星、星雲というものを
つぎつぎと具体化していったわけです。
 この四百億年前の三次元宇宙空間の出現以来、各星雲、各太陽系で、宇宙創造の
進度はことなります。銀河系のなかでも、わが太陽系が三次元宇宙空間に出現した
のは、約百億年前です。七十億年前には水星が、六十億年前には金星が、そして、
約四十六億年前に地球が誕生しています。これが、私たちの星の誕生です。
星もまた、生命をもつ意識体として最初の存在なのです。
         書籍「太陽の法」大川隆法著一部抜粋しました。

710 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/23(木) 21:33:28 ID:WtkaslYc
>>709 亭白さん こんばんは
ビックバン現象が爆発なのですね
クラゲと胃袋の例えは 想像するだけで凄まじいものがあります
宇宙創造はいつか解明されると書いてありました
すべての宇宙空間をタオに合わせる事を考えると 少し分からなくなりませんか?

711 :亭白:2009/04/24(金) 15:15:29 ID:r/ceCexS
>>710 :ちびさん こんにちは
主エル・カンターレが、再生パアーを増幅して原初の人間の出現は霊体からゆらゆらとゆらめいて
そしてクラゲみたいに白く輝くばかりの肉体が出現しました。
透明感があって血管や内臓が透けて見えていたということを考えてみると、人間が一つの小宇宙
の観点から考えてみると妙に納得がいきますね。
タオは真理の教えの一つだと思いますが、タオは私の理解が及ばない所があるのでタオは合わな
い感じを受けます。多分タオの認識を超えた存在認識の神仏の師、主エル・カンターレの創造で
すので人間心で測れないものを感じます。    

712 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/24(金) 16:21:32 ID:2baaLw/m
>>711 亭白さん こんにちは
タオをネットで調べて道教と書いてありました
710で書いたタオは 宇宙創造の時 宇宙空間(全宇宙)
を神の軸にあわせる(宇宙をエネルギー空間にあわせる)という意味で書きました
エル・カンターレを神とされるのがKKなのですね
分からない言葉をネットで調べるのも勉強になります
クラゲの説は誰のお言葉なのですか?


713 :亭白:2009/04/24(金) 20:59:51 ID:r/ceCexS
>>712 :ちび さん こんばんは
主エル・カンターレが最初の人間を創造しました。

クラゲの説は誰のお言葉なのですか?
大救世主であり本仏である幸福の科学の大川隆法総裁です。

道教は老子の無為自然であずみさんが好む宗教です。



714 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/24(金) 21:37:45 ID:UWU5ZMSZ
>>713 亭白さん こんばんは
言葉が違うだけで天照大神とエル・カンターレは一緒なのですか?
クラゲは綺麗な光を出すという例えで使われたのですね
ゆらゆらでは無く一瞬の光輝く光線の先に人間創造があった方が綺麗です
道教も教えの一つだったのですね
知らずにタオという言葉を使っていました

715 :亭白:2009/04/24(金) 22:16:47 ID:r/ceCexS
>>714 :ちびさん こんばんは
天照大神、とエル・カンターレは一緒ではありません。
天照大神は日本を中心とした民族神です。エル・カンターレはお釈迦様の本体であり本仏です。
クラゲは例えとして使っていましたです。
風に吹かれていたのでしようか?人間心の限界です。道教の老荘思想は惹かれますね。

716 :神も仏も名無しさん:2009/04/25(土) 01:09:30 ID:xT1hSBWm
犬は死んだらどうなるの?

717 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/25(土) 09:59:50 ID:NFoyYEKK
みなさまおはようございます
>>715 亭白さん おはようございます
天照大神とエル・カンターレは違うのですね
国によって神の呼び名が違うのと同じだと思っていました ごめんなさい

>>716 おはようございます
ワンちゃんも死を迎えると体から魂(霊)がでます
しばらくは、飼い主さんと一緒にいたり 好きな所に行きます
飼い主さんが悲しんでいると、周りの物を使って悪戯して
自分は元気なんだと教えるワンちゃんもいます
霊界では ワンちゃんの面倒を(動物)見る指導霊がみえます
ワンちゃんも一緒に暮らした仲間の動物と中よく遊び暮らしています
ワンちゃんもご家族の方が心配されてると 
時には人間界に降りて 様子を見にくるワンちゃんもお見えになります
人は霊界に行った時 家族だったワンちゃんや 
仲の良かった動物と一緒に遊び回る事ができます
ワンちゃん達も そんな日がいつか来るのを待って暮らしています

718 :神も仏も名無しさん:2009/04/26(日) 00:17:57 ID:7FFeY5UI
>>717実はね、霊とかなんて信用してないしどうでもいいんだ。もしそんな世界があってもオレなんか地獄行きだしね。ただ、ウチの家族やワンコだけはそういう世界で幸せに暮らしてほしい。霊を信じてないのにおかしいけどチョッと安心した。ありがと

719 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/04/26(日) 08:22:50 ID:Gl0qOJVL
みなさまおはようぞざいます
>>718 おはようございます
心の言葉をありがとうございます
子どもの頃から心の苦しみをかかえていらっしゃったのですか?
家族 動物を愛する思いは大切です
私には 718さんはとても心の優しい方に見えます

720 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/01(金) 13:50:03 ID:wsBB1KhC
みなさまこんにちは
せっかくこのスレがありますので 死後の世界についての質問してください
皆さんがこの世界に生きて 考え方や見え方が個々により違うように
霊界の世界も霊媒体質であっても個々に違います
霊媒体質の方が100人いらっしゃれば 100人の方が見える霊界があります
私は 私の見える霊界しか解りませんが 何でも書いてください

721 :神も仏も名無しさん:2009/05/02(土) 21:23:24 ID:vfokEcP1
>>720
人間は死後の世界を忘れて生まれてくるのに、なんで知る必要があるんですか?

722 ::2009/05/02(土) 22:19:59 ID:qUYzmVsd
そもそも宗教板にそういった主張は向いてないのかもね

死後の在る無しは知らないけど、中傷受けやすい場所でもあるわけだしね
それで嫌な思いするのなら、自分のblogやHPですきなだけ述べたほうがよい

723 :神も仏も名無しさん:2009/05/02(土) 23:11:47 ID:idUdagGf
>私は 私の見える霊界しか解りませんが 何でも書いてください

つまり、自分の妄想で見える霊界か?  役に立たんな。

724 :神も仏も名無しさん:2009/05/03(日) 00:58:13 ID:GDoLz+4y
あなた方がちびさんを疑うのは勝手だが、
ちびさんは本物の霊能者だ。
静かに見ていて欲しい。

>>721
今は旅行に行かれていて返信が遅いようなので、
気長に待って頂きたい。

725 ::2009/05/03(日) 12:02:36 ID:QD0Afn32
>>724
本物であるということに囚われすぎではないかい?
本物とは偽物があって成り立つわけです。偽物が無く本物だけが在るはずもなく、それ自体で成り立つものは無いのです。
縁起を見る者は何とやらと言うでしょう。
そういう執着をなくせば、心は安定しますよ。

726 :神も仏も名無しさん:2009/05/03(日) 20:22:45 ID:6sY96Hfk
どことなく縁起の解釈が曖昧な気が…

727 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/04(月) 02:25:10 ID:SQgMH7lB
みなさまこんばんは
旅行に昨日から行っていて EMが繋がらない所でしたので書く事が出来ませんでした

>>721
一つはこのスレが死後の世界について詳しく頼むというスレだからです
死後の世界を忘れて生まれると言うのは 少し言葉が違うと思います
輪廻転生を繰り返す中で 人間界に生を受ける時 
霊界の記憶を消されているのです
中には ご自分の生まれる前の記憶を思い出す方も見えます
この現世に生まれる時 すべての人が宿命 運命を望み生まれます
この現世での悔いを残さないために 霊界を少しでも知っていてほしいです
霊界を知るという事は 
今生きている私達の生き方が少しでも変わるのではないかと思います

>>722 暁さん
霊的な教えも宗教の一つだと思っています
ありがとうございます

>>723
この世に生きている人がどれだけお見えになるかを少し考えてください
すべての人それぞれに考え方が違います
同じ物を見ても 物は同じなのですが 感じ方が微妙に違います
言葉で話す事は 言葉は同じですが その言葉による受け止め方が違います
そうゆう意味で書きました 言葉が足らなくですみませんでした

>>724
ありがとうございます
旅行先から携帯で書こうとも思いましたが 
携帯からの書き込みは止めました
言葉がうまく伝わらないのに 携帯からだとよけい伝わらない気がしました


728 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/04(月) 02:31:25 ID:SQgMH7lB
>>725
このスレはある事情があって 私が関わっています
せっかくのスレだから 1000まで行きたいと思っています
私に対する指摘はどんどんして下さい

>>726
輪廻転生 カルマの法則なんでも書いてください
お願いします

みなさまおやすみなさい

729 :721ですが:2009/05/04(月) 21:23:05 ID:2gPTNSws
>>727
そうです、私の書いた過去を忘れて生まれてくるというのは、仰るように、過去の記憶を消されて生まれてくる
事と同じ意味です。

だからこそ、なんで過去の記憶を消されてまで生まれてくるのに、無理に知る必要が有るんだろうと思ったんです。
むしろ、知らない方が良いのじゃないか。だから、記憶を消されて生まれてくるんじゃないかと思った次第です。
霊界を知ったから悔いの無い人生を送れるんでしょうか?人生に悔いを残すか残さないかとそれは関係ないと思います。
霊界を知る事が、悔いの無い人生の必要条件なら、みな霊界を知って生まれてくるでしょう。

730 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/04(月) 21:57:55 ID:wX4X2HAj
>>729 721さん こんばんは
霊界を知るという事は 自分が何故生まれてきたかを知る手がかりになります
すべての魂は輪廻転生の繰り返しの魂です
過去→霊界→現世→霊界→来世→霊界です
人は誰もが 苦がやってきます
四苦の苦しみは 誰もが経験する苦しみです
その苦をすべての人が望み現世に生まれています
現世は、前世のやり残した悔いねの修行の場です
霊界を知るというのは、霊界の仕組みを知るという事です
現世から霊界に戻る時 現世の悔い改めがあり 
その時に前世の記憶を思い出し 現世での修行の反省の時があります
その反省の中で 来世に生まれる事を希望します(生まれ変わりは拒否も出来ます)
その時の悔いねの反省が来世の修行の目標となります
すべての人が霊界での記憶を持ったまま生まれるとしたら
輪廻転生での修行さえ意味が薄れてしまうと思います
でも知る事により 生きる考え方が変わるのも事実だと思います
それも 自由意志だと思っています
説明が解りずらかったら 質問ください

 

731 ::2009/05/05(火) 16:54:28 ID:2KXwgObm
>>729
仏教は無我説を立てることで有名であるが、その思想内容は歴史的にかなりな変遷がある。それにともない「諸法無我」の解釈にも変化がみられる。
無我説の始まりは、最古層の経典の執着するな、わがものという観念をすてよという教えにある。初期の無我説は、「我は存在しない」ことを説くのではない。
倫理主体としての真の我の確立は、むしろ積極的に求められていた。

「常に思念をたもち、自己に関する誤った見解を捨てて、世界を空なるものとして観よ。そうすれば、死を超越したものとなるであろう。このように世界を考察するものは、死神には見えない。」

迷信や妄執を捨てれば、迷いや苦しみは無くなり、心は安定するだろう。

732 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/05(火) 20:14:03 ID:W4lMU6rJ
>>731 暁さん こんばんは
諸法無我説の話が出てますので 私が受けた教えを書きます
無我とは心根だと聞いています
その心根は魂とも言います
人は人間界に生を受けた時 その心根に幾つものベールを巻いています
そのベールがこの世に生まれて来る時の修行のベールです
そのベールを現世で生きて行く事により 一つ一つ剥がしていく
その全てのベールを剥がした時の心根を無我だと聞いています
 暁さんの言葉で無我 空を書いて頂けませんか?

733 ::2009/05/05(火) 21:16:10 ID:2KXwgObm
>>732

物事は確率的に存在し、観測により実在が確定することは無く、物事は空(性)と力の具現であると思います。
我に依る人、物事への愛着、執着が生まれ、それが苦しみになる。
我とは実体を伴わない幻想である。二元論、二項対立の相対的世界で認識し理解することを知恵と呼び、常に有無、善悪、是非などの対立概念で判断するから迷いや理解を得られない苦しみが生ずるわけです。
その時の判断基準には、常に我が在るというこです。「我」即ち俺が私がを捨て去れば、気持ちも落ち着くでしょう。
「我」がご都合主義の源泉であり、永久不変の実体など無いことが衆知されてる現代でも、我執、自我という幻想を、「不変の実体」「変わらない自我」と勘違いして生きている世界で、分別、差別、競争が正当とされている畜生、餓鬼、修羅に準えられる知恵の世界でしょう。

734 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/05(火) 21:40:22 ID:W4lMU6rJ
>>733 暁さん
少し解らない事がありますので質問させて下さい
相対的世界の認識出来るものがすべてであるとお考えなのですか?


735 ::2009/05/05(火) 22:01:36 ID:2KXwgObm
知恵(ちえ)=分別知=凡夫の知恵=差別知

という意味です。

相対的世界に囚われるのは苦しみが生じてしまうということです。

有る無い論争で言うと、有るというものでもなく、無いということもない。空という立場になるわけです。

736 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/05(火) 22:14:23 ID:W4lMU6rJ
>>735 暁さん
レスありがとうございます
私は少し勘違いしていたようです
認識できるものがすべてであり そうでないものは幻想だという考え方だと思いました
人は悩み考え生きて行かなくてはいけない中で
一つの事に囚われすぎるのは良くないと思います
どうしても悩んでいる時は 心を狭くしてしまうものです
そうゆう時は 狭くなった心を広げていかなくてはいけないと思います

空から有 無が生じたとよく言われますが 暁さんの言われる空を教えて頂けませんか?

737 ::2009/05/05(火) 23:05:38 ID:2KXwgObm
あらゆるものには自性など無いということです。
諸行無常、即ち常に同じ状態を保てるものなど、見えるものであれ見えないものあれ、この宇宙のどこにも存在しない。
自性とは、そのもの独自の不変の性質を言います。全ては変化の中で起こる一つの性質。なにもかも他との関係性、依存性の中でしてか存在しえない。これが「縁起」です。
つまり、縁起が無く、そのものだけで成り立つものは何も無いということです。

すべては縁起に依っているのだから、自性など無く、「空」となるわけです。

私の拙い説明はわかりにくいですから、空観、仮観、中観あたりで調べてみられては如何ですかね。

738 :721ですが:2009/05/05(火) 23:17:25 ID:JRtqIo/p
>>737
魂の存在は認めない立場ですか?

739 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/05(火) 23:51:02 ID:ZwcAE6A4
>>737 暁さん
私は 神は空からすべてを創造されたと思っています
暁さんの空は何も無いという意味に感じられます
空とは何処まで行っても水平線の心根だと思います
有でもなく無でも無い心根が空だと
空を人間界 霊界の輪廻転生において 
有から空へ 無から空へする為だと思っています
ネットで調べるのは簡単です
その中で暁さんの考え方を知りたかったのです



740 ::2009/05/06(水) 00:11:28 ID:dK7IiOY4
>>738
「魂」というのは何をもって「魂」なのかということですね

>>739
空(くう)=虚無と勘違いしてはいけません


縁起をみるものは、苦、集、滅、および道を見る。

でわでわ有意義なお話を。
私は去ります。

741 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 00:29:45 ID:SE4PbZLr
>>740
空は虚無では無いです
言葉が違うだけで 同じ事を言ってるような気がします
空とは何ものにも囚われない心をいいます
現世に生きて 物欲 私欲 愛欲 色んな欲があります
欲は目に見える事です(例えです)目に見えるものが全てではないという事を分かり
その心根の奥にある本質の空を知るのが 生きる宿命の一つだと思います

縁起の先にあるのは 霊界だと思っています
去らなくても書いてください

人間は殻を持ち生きています
その中に魂があります
霊界に行く時には 魂の存在になり生きます
魂とは綺麗な光の存在です
霊界では、魂の存在になるのも 霊の姿になるのも自由自在です
魂=霊=人間の殻が無い状態です

742 :神も仏も名無しさん:2009/05/06(水) 00:51:33 ID:8LDcBxeR
>>739
そのベールを剥がして行くのに、必要な行動や考えとは、簡単に言えばなんですか?
例えば、慈悲とか、愛に基いた行為を繰り返す事によって、ベールが破れて魂が成長して行くという事でしょうか?

あの世で、自分の行為を悔い改めるとは、何を基準に悔い改めるのでしょうか?
悔い改めるというなら、善や悪の絶対的な基準無しには悔い改める事が出来ないと思うのですが
社会の善悪は相対的なものですが、絶対の善悪が有ると思いますか?

人間の行動は、簡単に善悪決められるほど単純ではなかったりしますが
多くの人を救うために、行った行為が、逆に多くの人を苦しめたり。
例えば原爆を落とした人は、彼にとっては善行であった訳で。そうは思わなくても、やらなくては軍にいられなかった。
家族も居る、食べていかなくてはいけない。命令違反は軍事裁判になる。
この人は、どう悔い改めるのでしょか。どうすべきだったのでしょうか。大げさな例ですが、我々の日々の生活も
これをもっと小さいスケールで繰り返しているだけに過ぎないと思います。

いったい人生に悔い改めるべき罪があるというのなら、我々はどうやって、その罪を知る事ができるのでしょうか。

743 ::2009/05/06(水) 09:07:03 ID:dK7IiOY4
人間は人間の原点を完全に解明できていません。人間は単位個体である。だから時として、自身の不安や恐怖を解放しようとする。
解放(安心など)に成功すれば、その成功を単位同士に共有しようとする。
そういった安心などの個体的体験を実体と錯誤した二次的な経験を素材に、物語を想像できるのも人間です。
それを伝播するたびにより洗練化させ、夢想である個人的経験を他人に共有させようとするのが宗教でしょう。
人格化させた神、何かに置き換えた神、神の代理人、様々に仮定された神が出来上がり、大衆の細胞レベルに宿る抽象的な命の不安を、具体的恐怖に統合して支配する構図が出来たのが初期の社会です。

個体である人間の、小さく他愛がない嘘が洗練され、矛盾を昇華して来たのが「神」の歴史です。

だけど神を冒涜などしません。存在しえない文学の世界の登場人物を冒涜などできない。

744 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 10:38:17 ID:7AOLc713
みなさまおはようございます
>>742
霊界での善悪はすべて自分自身で決める事になります
人間界での反省の時を持ち 自分自身で決めるのです
反省の時には 霊的に自分の犯した罪 それによって人が傷ついたとしたら
すべて 嘘隠しなく霊的に見る 感じる事になります
そしてそれが善であるのか悪であるのかを決められるのは自分自身なのです
その反省の時を基準として来世の人間界での修行の課題を自分で決めます
その修行の課題が 魂に取り巻くベールとなります
愛は人間界すべての人の生まれてくる課題の一つです
人間界で生まれ持ってきた宿命 人としての生き方(人を思う気持ち)
などにより ベールは剥がれて行きます

絶対の善悪の悪とは 自分の命を絶つという事があります
それは霊界では許されない事です
その魂が自分が何をしているか判らなくなり 自殺に翻弄され
永遠に繰り返します
すべて人間界での罪は自分に帰ってきます
人間界には人間界のルールがあり 霊界には霊界のルールがあります
少しだけ切り離して考えないと 分からなくなると思います

人間界に修行に生まれるという事は すべての魂が心の浄化を求めて
生まれて来たのです
罪を最終的に知るのは 霊界で知る事になります
霊界で すべての記憶を思い出し 反省のもと知る事になります
答えになってなかったら質問ください




745 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 10:55:44 ID:7AOLc713
>>743 暁さん
昔も今も霊力を持ち生まれた人がいます
その人達には 生まれながらにしての宿命があります
その宿命も自分で受け入れ 霊力を持つ事による人間界での使命を持っています
その方達はそれぞれのやり方で 個々に修行をしなくてはいけません
自分を強く持ち 感情に流されない意思(心)いつでも透明な心でいる事が必要となります
世の中には色んな宗教があります
霊的な事を否定するのも自由だと思います
何を信じるかが問題では無く 自分の信じた道をどのように進むかが大事なのではないのでしょうか?
生意気な事を書いてすいません


746 ::2009/05/06(水) 13:26:05 ID:dK7IiOY4
有だけの否定ではなく、無も否定する。どちらにも囚われないことを信ずる人もいるってことです。
あらゆる人にあらゆる解釈があるわけで、真偽の論争も本来実体が無いものです。

747 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 13:58:32 ID:q0ZZ/1Cn
>>746 暁さん
神の存在が矛盾だとするなら この宇宙は 人間は 
どうやって創造されたのだと思いますか
ビックバン現象のその後の人間界の創造を書いて頂けませんか?

何を信じて生きるのは自由だと思います
暁さんの書かれてる事は否定だらけなのです
それは人の心の本質の気持ちも否定されるという事なのですか?

748 :全知全能の神さま:2009/05/06(水) 14:49:31 ID:+RibYCQH
2chで俺に地獄行きって言われた人。それ却下になったからな。
安心していいぞ。

すまなかったな。

749 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 15:11:02 ID:A/pmk9dB
>>748 全知全能の神さま
こんにちは
霊的な事は終わられたのですか?
(書かされると言う意味です)

750 :全知全能の神さま:2009/05/06(水) 15:32:07 ID:+RibYCQH
>>749
まだ続いていますね。霊能力を剥奪すると神さまがいっていたので、それから、
少しづつ体調がよくなってきているぐらいですね。

いつ終わるのかまだわかりません。

751 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 15:54:54 ID:A/pmk9dB
>>750
体調は少しづつ良くなってきてるのですね
詳しい病気の内容は分かりませんけど 大変な病気だという事だけはわかります
早く完治の日が来るといいですね
これからも 書いてくださいね (読んでます)

752 :全知全能の神さま:2009/05/06(水) 16:14:03 ID:+RibYCQH
>>751
まー病気ではなく、神さまが体調悪くしているだけなんですけどね。

どうですか?
愛についてあなたの守護霊様はなにか言っていますか?

753 :全知全能の神さま:2009/05/06(水) 16:16:12 ID:+RibYCQH
あなたの言う愛とはなんですか?

に訂正しときますね。

難しい質問でごめんなさい。

754 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 16:19:00 ID:A/pmk9dB
>>752
愛については 自分で考え答えを出すものだと聞いています
愛と一言でいっても色々あります
愛を愛だと思う事は愛では無いのだと
愛とは後になって気ずくものだと思います

755 ::2009/05/06(水) 16:26:25 ID:dK7IiOY4
般若思想が掲げる否定の論理は、龍樹へと引き継がれます。
一切のあらゆるものを論理的に否定し尽くした先には、「肯定による否定、否定による肯定」そのような縁起すらも、もはや超越し、そこには否定、肯定にとらわれず、執着が無くなり、無分別、対が無い、絶えたことになります。
分別無く、戯論が滅され、あるがままの真理にいざなわんがためであったと考えます。

756 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 16:27:07 ID:A/pmk9dB
>>754
もう少し補足します
神の愛はすべての魂にそそがれる
それを有にするのも無にするのも自分自身なんだと
神はこの宇宙 人すべてを愛するがゆえに 輪廻転生の法則
カルマの法則 すべてを創造されたのだと思います
その偉大な愛が 愛だと思います


757 :全知全能の神さま:2009/05/06(水) 16:30:18 ID:+RibYCQH
>>754
そうですね。人それぞれのさまざまな愛の形。それらすべて答えですね。

ただ、究極の愛もある。

それが私のスレで広めている

自分を殺そうとしている人を救うために地獄へ落ちて永遠に苦しめられることができるか?

まー言葉で書くとなにか重々しいですけど、結局最終的にはこれではないかと
私は思うんですね。

これ以上の愛はありますか?

ためしているようですみません。

758 :全知全能の神さま:2009/05/06(水) 16:32:35 ID:+RibYCQH
>>756
神の愛はすべてこえていますね。あたりまえです(笑)
上の愛は人間が持てる最高の愛はこれ以上のものはありますか?

ということです。

759 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 16:38:51 ID:A/pmk9dB
>>755 暁さん
般若思想も人によって囚われ方が違います
私は般若心経が好きですが 私なりの考えによる囚われかたしか分かりません
(本を読み 自分で見た事 感じた事 からによる考えです)

760 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 16:45:04 ID:A/pmk9dB
>>757
>自分を殺そうとしている人を救うために地獄へ落ちて永遠に苦しめられることができるか?
人を救うために自分が地獄へ落ちるのは 罪です
救おうとした人は その事により苦しみます
霊界は 自分の行為 心の行為すべて体験し 考える事になります
救い助けたと思う心は 後になり助けたつもりの人を苦しめる結果になります
すべてを考える心も大事だと思います
愛を愛と勘違いして それは罪であった事になります

761 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 16:53:50 ID:A/pmk9dB
>>758
人においての愛は難しいですね
家族 恋人 仲間 色々あります
心の中で願う愛
愛する人を思う愛
心配する愛 その心根が愛だと思います

762 :神も仏も名無しさん:2009/05/06(水) 16:56:04 ID:4ysMA0Hb

絶対の善悪の悪とは 自分の命を絶つという事があります
それは霊界では許されない事です
その魂が自分が何をしているか判らなくなり 自殺に翻弄され
永遠に繰り返します

一度自殺したら永遠の地獄?
それはおかしい 地獄があるがどんな者もいづれ救われるのではないのですか?

763 :全知全能の神さま:2009/05/06(水) 16:59:40 ID:+RibYCQH
>>760
わかりました。
愛ではなく罪ということですね。

まーいじわる問題で論理的に矛盾していますよね。
いいことをしたのになぜ地獄に落ちないといけないのか?

地獄ではなく、ランクは落ちますが、

自分を殺そうとしている人のために助けて死ぬことができるか?

これだと罪ではないですよね。

これは愛情のうちにはいりますか?

まー神さまが書いている人にいろいろ教えるために今日質問しています。

764 ::2009/05/06(水) 17:04:14 ID:dK7IiOY4
この宇宙は150億年前にビッグバンが起こり、生まれたと言われてますね。
ビッグバンも、量子の揺らぎなどが発生し、宇宙というものが出来上がったとすれば、それは量子の揺らぎが因で果が宇宙ということになります。
このような縁起で生ずるものは仮の存在に過ぎないのであれば、宇宙もやがて消滅するでしょう。

地球、いや宇宙にあるいかなるものも、150億前には存在しなかったことになります。つまり、その後縁起で生じたものに過ぎない。

昨日の自分は今日の自分と違うように、さっきの自分は今の自分と違うように、永遠に同じ状態を保てるものなど何一つ無いということです。

永遠不変なものは無く、永遠とはただ言葉で言えているだけなのです。

765 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 17:35:48 ID:sRQd3N+3
>>762
>一度自殺したら永遠の地獄?
>それはおかしい 地獄があるがどんな者もいづれ救われるのではないのですか?
その魂が自殺という罪を自分で知り 何をしているか分からなくなるまで
永遠に続きます
来世では 同じ過ちは繰り返さないとの誓いのもと霊界に行きます
1 霊界に行かれてもしばらくは 罪が与えられます
口を閉ざされたり耳を閉ざされます
来世に生まれる時にその罰からの開放があります
2 霊界に行かれて 少し立つと罰から解き放たれます
霊界で孤独と闘いながら 来世に生まれます
何処かに書いてありますので 最後まで書きませんでした
ごめんなさい 



766 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 17:46:05 ID:sRQd3N+3
>>763
>自分を殺そうとしている人のために助けて死ぬことができるか?
自分を殺そうとしてる人が もし自分を殺そうとしたら
それはその人の心に罪をつくる事になります
その時の自分の心次第だと感じます
その時になり 自分を殺す事により相手の方が苦しむ気持ちをわかり思う気持ちが大事だと思います
それを罪と感じるのかそうでないのかは その時の心次第だと思います
すべてを受け止め一緒に感じる事は一つの愛だと思います


767 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 17:56:23 ID:sRQd3N+3
>>764
縁起とは原因があり結果があるという事ではないのですか?
永遠に不変な物など何一つ無いの意味は分かります
すべて進化してるのは事実だと思います

霊的存在は否定派なのですか?

768 :全知全能の神さま:2009/05/06(水) 18:05:56 ID:+RibYCQH
>>766
まースレ違いだったからこのぐらいで愛のことはやめときますね。

ちびさんの愛とは結局俺からみたら現実的な愛ではなく理想の愛に近いのかな?

すべての人がそのちびさんのいう霊界の罪や罰をうけないようにするのが結局
ちびさんのもとめる究極の愛でしょう?間違ってたらごめんなさい。

優しい愛なんですね。

俺の愛は現実にまみれている。醜悪、未練、怨念その中にも愛はある。
自分を殺そうとしている人を助けるために自分が地獄に落ちる。その霊界の罪や罰も
すべて背負えばいい。結局それだけの話。

理想の愛も現実で実体化すると結局壮絶。

769 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 18:16:38 ID:sRQd3N+3
>>768
霊界にも仲良く暮らされてる方は沢山いらっしゃいます
反対に自我の霊界に踏みとどまってる魂も沢山いらっしゃいます
すべての魂が輪廻転生において ご自分が幸せだと思う霊界に行ってほしいです
私の愛に対する考え方は 書かれてらっしゃる通りです

人の罪や罰は最後は背負う事は出来ないです


770 ::2009/05/06(水) 18:17:38 ID:dK7IiOY4
「有・無」「表・裏」「正・誤」「善・悪」「苦・楽」「生・死」「不安・安定」「愛・憎」「明・暗」「白・黒」など
このような二項対立、二元対立をには、本質的に意味が無く、それは「空」のようなもの、即ち中道に至れば、迷いや苦しみは滅するというものです。

何回も述べるようですが、肯定の否定、否定の否定であり、どちらもにも囚われない、また、中間にも囚われないことが理想です。

771 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 18:35:35 ID:sRQd3N+3
>>770
何故肯定者スレに書かれたのですか?
何か不思議で お聞きしたいです

「有・無」「表・裏」「正・誤」「善・悪」「苦・楽」「生・死」「不安・安定」「愛・憎」「明・暗」「白・黒」
の心の奥にあるものを知って空が分かるのだと思っています


772 ::2009/05/06(水) 19:11:22 ID:dK7IiOY4
>>ちびさん
非有非無の立場を取る私が、何故此処のスレに書き込んだのかということですが、それで気を悪くされたのなら申し訳ありません。

肯定の否定、否定の否定だと行き場が無かったのかもしれませんね(笑)

ニ項対立ではどちらもいつか破綻をきたすだろうと、自分の考えを述べてみたのです。
そこには、中間、空に囚われる自我があり、それを妄信していたのかもしれません。

肯定に囚われる人達に指摘したいという煩悩があったのでしょうかね。


失礼しました。

773 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 19:29:03 ID:BepKWinb
>>772 暁さん
暁さんの感じた事はどんどん書いてください
私は否定 肯定 中間全てを否定するという意見も正しいと思っています
霊界は すべてが心の業であるとの教えを受けているからです
霊媒体質の方は 霊と交信したり 浄霊をされています
信じてとは言いません 少しだけ分かってほしいのです
あやまらないでください
私の方こそ 生意気な書き方をしたと思います
これからも 思った事をご自分の言葉で書いてください
お願いします


774 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/06(水) 20:47:45 ID:BepKWinb
今日は落ちますので守護霊さまの今日の言葉を書きます

有とは無になりけり
無とは有になりけり
その心根が空じゃ  

みなさまおやすみなさい

775 :神も仏も名無しさん:2009/05/07(木) 19:38:11 ID:+KmB/KFs
>>774
守護霊さんって、霊能力の無い私の様な者は、どうやったら話を聞けるんでしょうか?
直接ご指導の言葉が聴けるのって、結構うらやましいですね。

776 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/07(木) 20:06:50 ID:UIxmFRYE
>>775
私の場合は後になって霊能力がある事に気ずいたのです
霊的に導かれて 自分の体質を知った そして本を読みました
何時でも心を静かに保つこと 曇一つも無い心を保つ事を心がけています
守護霊さまと心を一つにする事が大事だと思います

守護霊さまによる霊的修行しか知りませんので
修行をして守護霊さまと話が出来るようになったのでは無いのです
私の意見は参考にならないと思います

777 :亭白:2009/05/07(木) 21:03:36 ID:XoOfJBob
>>775 :神も仏も名無しさん

過去世の心の修行が出来ている方ははやいかもしれません。

我執を捨て、仏法真理を学んで、心の平静心を楽しめる心境になり

利自即利他の使命に目覚めることです。

幸福の科学の教えが一番の王道です。

778 :神も仏も名無しさん:2009/05/07(木) 21:35:53 ID:+KmB/KFs
>>776
なるほど、>>何時でも心を静かに保つこと 曇一つも無い心を保つ事を心がけています
私が今日本当に偶然に買ってきた本、早川書房の「マザー・テレサ語る」は読み始めたばかりですが、冒頭の頁にこう有ったんですね。

−私はいつも沈黙のなかで祈りをはじめます。心が静かになると、神が話し出すのです。神は静寂の友です−

ちびさんの話とだぶります。

779 :神も仏も名無しさん:2009/05/07(木) 21:49:35 ID:tEpvcYV5
カルマの法則は神の法則です。
 
浄霊ができるなら、カルマの法則を歪めてしまいませんか?
 
地獄の霊の浄霊ができたら、この世で何をしてもいいことになりませんか?
 
自殺の霊の浄霊をなぜやらないのですか?

780 :神も仏も名無しさん:2009/05/07(木) 21:54:52 ID:wseISHHx
>>779
あくまで手助けをするだけらしいよ
本人が罪をつぐなう気がないなら、浄霊されることはないとおもうよ。
ちなみに、霊能者ではありません。
聞いた話ですけど。

781 :神も仏も名無しさん:2009/05/07(木) 21:57:50 ID:tEpvcYV5
除霊ができるようですが、その霊はなぜこの世にやってくるのですか?
 
霊は霊界で、この世のカルマを落とすために修行するというのに、
この世に顔を出したら、さらにカルマが増えてしまう。
変だと思いませんか?

782 :神も仏も名無しさん:2009/05/07(木) 22:01:13 ID:tEpvcYV5
>>780
その手助けがカルマの法則を歪めていないかを聞いています。

カルマの法則を歪めないと言うならその浄霊は無意味です。

783 :神も仏も名無しさん:2009/05/07(木) 22:06:22 ID:wseISHHx
これは俺の推測、霊能者ではないので

例えば、駅に行きたいとする、
道を教えてあげました。というのは別に問題ないんじゃね。
たいていの場合駅につくまで、困難があります。死にそうな目にあうこともあるでしょう。
絶望することもあるでしょう。
その困難をうける過程こそが、カルマの法則なんでしょう。
罪は、霊能者が背負うわけではないのでしょう。あくまで自分のちからですすむのでしょう。

784 :783:2009/05/07(木) 22:07:04 ID:wseISHHx
なんか、でしょうばっかりで変な日本語、気にしないで。

785 :神も仏も名無しさん:2009/05/07(木) 22:39:34 ID:tEpvcYV5
死んだ人間の道案内など不可能だと思うけど、
こっちいったら地獄です、と教えるのはカルマを左右している。
そしたら死んだ人間のカルマはだれが背負うのだろう?
カルマが不滅なら霊能者が背負うのでは。

786 :神も仏も名無しさん:2009/05/07(木) 22:54:14 ID:wseISHHx
道案内くらいはいいでしょう。
こっちへいけば、地獄ですなんて道案内はしません。
道案内というのは、正しい考え方を教えることでしょう。
その結果、地獄へとどまることも、あるいは天国(天界)へ
道を歩むも本人の意思に任されます。
たぶん、多くの人が地獄にとどまることをしないでしょうね。

しかし、天界へいくにはやはりそれだけの困難を乗り越えねばいけません。
天界へ行くにも自分の罪を清算しなければならないでしょう。
それは苦しいことだと思います。


あくまで、今まで聞いた話からの推測です。本物の霊能者さんにないのかな?

787 :神も仏も名無しさん:2009/05/07(木) 22:59:01 ID:wseISHHx
地獄についての考え方そのものが違うのかも。
地獄とは落とされるものではなく、落ちるものだそうです。
罪を清算するためにあるのではないのでしょうね。
おそらく、手にもった石を放すと下におちる、自然現象みたいなものなんでしょう。

推測です。

788 :亭白:2009/05/07(木) 23:20:17 ID:XoOfJBob
>>785 :神も仏も名無しさん
死んだ人間の道案内など不可能だと思うけど、
☆この世においては仏法真理を学んでいる霊能者です。
 あの世においては導きの霊が案内します。
 地獄に落ちる方は一旦は三途の川をおぼれかかってあの世の岸にたどり着き、
 あの世の四次元精霊界に案内され、御本人の生前の人生劇場を映画のスクリ
 ーンで先に亡くなって天国行った方で知人友人身内と顔見知りの方がたに恥
 ずかしい思い行いが出てしまいます。
 そして結果が出て恥ずかしくて天国行けないので地獄に落ちてまいります。
 もう一つは憑依している悪霊の地獄の世界へ奈落に落ちるように直行便で
 落ちてまいります。
 カルマは自己責任の原則で御本人もちです。この世もあの世もカルマを持
 つことになります。
 

守護霊が人間の道案内をします。

789 :亭白:2009/05/07(木) 23:33:32 ID:XoOfJBob
>>786 :神も仏も名無しさん

地獄の世界の道案内は地獄霊がする場合がありますが、騙されるのがオチです。

天界は天国ですね。

天国の門を開く方法は、「心の清らかさ」が鍵になります。

学歴が高くても、いくら才能あっても心の清らかさがないと地獄の世界に行くことになります。

おっしゃる通り。天国に上がる前の四次元精霊界で反省し改心し清らかな心を取り戻したら

地獄の世界には行かなくて済みます。

現在は50%以上地獄の世界に落ちています。

790 :神も仏も名無しさん:2009/05/07(木) 23:47:22 ID:wNPyxUyH
>>786>>787
浄霊とは汚れている霊を清めることです。カルマを左右することです。
カルマを左右しない道案内なら無意味です。
除霊とは悪さをする霊を取り除くことです。
死んだ霊がさらにカルマを積み上げるとは変な話ですね。
いずれにしろカルマの法則がめちゃくちゃになります。
>>788>>789
いまの話は、生きた人間に除霊・浄霊が可能かどうかです。
カルマの法則がある以上、そんなことは不可能でしょう。

791 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2009/05/07(木) 23:48:12 ID:0zF8Mp94
知らない人が仏法って聞いたら、仏教と思うから、
ちゃんと、「大川が勝手に考えてる仏法みたいなの」って書きましょうね?(笑)

792 :亭白:2009/05/08(金) 00:12:08 ID:AelgBE/F
>>790 :神も仏も名無しさん
☆浄霊とは仏神の光を霊に入れて本来の仏性を輝き出すことです。
 カルマの意味を勘違いしていませんか?
 カルマとは心の傾向性であります。
 アフリカに行くのに道案内がいるように、あの世はこの世よりはるかに広いですから迷子になってしまいます。
 道案内は無いと困ると思います。

除霊とは悪さをする霊を取り除くことです。 ―そうですね。
死んだ霊がさらにカルマを積み上げるとは変な話ですね。ー死んだ霊が地上の人間に憑依して犯罪を犯せれば
カルマの罪は重くなります。

☆いまの話は、生きた人間に除霊・浄霊が可能かどうかです。―まあ可能性はあります。
カルマの法則はカルマの法則があり御本人の心の向上と思いにおいて愛、行いにおいて仏神のお手伝いの使命を果たせば
人生の課題(カルマ)が解決してまいります。

793 :亭白:2009/05/08(金) 00:15:05 ID:AelgBE/F
>>791 :承狂さん

本仏の仏法は仏教です。笑止な。



794 :神も仏も名無しさん:2009/05/08(金) 00:28:55 ID:EpKbuNa7
>>792
あなたの方こそ違うと思うよ。可能かどうかは別にして、
除霊も浄霊もカルマの法則を破壊してしまう。
できると思うのは妄想でしょう。

795 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 06:56:49 ID:wzixNFLa
みなさまおはようございます
>>778
マザーテレサさんも同じような事を言われたのですか
私はシルバーバーチの本を齧っただけです
守護霊さまと話をされる方は みなさんきっと同じ事を言われると思います
自分の心が平静さを持っていないと 話は出来ないと思います
(私は無宗教なので祈りはしません)

796 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 07:04:11 ID:wzixNFLa
>>779
必要な魂の浄霊をします
自殺の魂もその時が来たら守護霊さまの力を借りて浄霊します
自殺の魂は 自殺をした魂の心と霊界と霊媒体質の人間の三つの力によってしか浄霊出来ません


797 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 07:08:18 ID:wzixNFLa
>>781
徐霊と浄霊は違います
徐霊は 霊を追い払うだけです
霊がこの世にやって来るのではないのです
この世で亡くなった魂がさ迷うのです


798 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 07:27:53 ID:wzixNFLa
>>785
>>790
>>794
人が亡くなった時 霊界に行きます
すべての人が心の悔いねを改めて霊界に行きます
最初に幽界という所で 人間界での悔い改めをし 前世を知り 
来世に人間界に生まれる宿命を自分で決めます
普通は輪廻転生を繰り返し心の浄化を自分でされます

自縛霊 浮遊霊 自殺霊 自縛霊が姿を変えた悪霊 色んな魂の存在があります
行く道を間違えた魂は自分の力で霊界に行けないのです
霊界と霊媒体質の人間の力を借りてしか行けません
心から反省を繰り返した魂です その魂はしばらくすると人間界に生まれます
浄霊が必要な理由の一つです
これもカルマの法則なのです

799 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 07:42:19 ID:wzixNFLa
>>791 承狂さん
こんにちは
此処にも書いてくださいね

>>789 亭白さん
ありがとうございます
lは毎日違いますので 決められない方が良いと思います

800 :亭白:2009/05/08(金) 10:55:48 ID:0cPEDa+z
>>794 :神も仏も名無しさん

カルマの法則を破壊してしまう。

☆仏神がつくられた法則です。除霊や浄霊でカルマの法則は変わりません。

 御安心ください。 仏神がつくられた法則のカルマは破壊されるような弱い

 カルマはつくっていません。カルマに関して誤解しているとしか思えませんね。

801 :亭白:2009/05/08(金) 11:10:15 ID:0cPEDa+z
>>799 ちびさん おはようございます。
☆チョツト心配しました。元気そうなので安心しました。
 ちびさんの言われる通りパーセンテージは変わっていくのは承知しています。
 現在地獄界に落ちるのは50%以上おりますが、地獄界へ落ちる人のパーセンテージを限りなく
 少なくして、天国へ行く人のパーセンテージを限りなく増やしてことが、主エル・カンターレの
 信仰のもと主のお手伝いとして使命遂行に向けて、無私・無我で良き感化力を与え続けて行きた
 いと思っています。

802 :神も仏も名無しさん:2009/05/08(金) 11:34:34 ID:s5DuFkfc
私の背後霊の独り言ですが、皆が気に入りそうな内容なので書き込みます

人はもっとも愚かな器である、しかしもっとも懐かしく麗しい姿を残してる
     我が愛する入れ物=人  霊医アトス

シルバーバーチは難しいことは言っていない、ただ人を愛せよは皆が言うことだ。
我々の合言葉はイエスの時代より何の進化もないが、それで全てが動いてる。
この世でもっとも許せない犯罪は宗教を謳ったものであるが悲しい者ものも又
宗教詐欺師達である、何故なら本物を知らないで犯罪を思いつく憐れな輩達

以上です。 又何かあれば書き込ませてください。

803 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2009/05/08(金) 12:18:54 ID:Lfa/Nm9j
>799
(^。^)遠慮します♪(笑)

804 ::2009/05/08(金) 15:39:42 ID:4wxfQc6E
苦しんでる人や不慮の死を遂げた人々に、それは前世の業だと言えますか?

そういった業の法則などを学ぼうとも、知ろうともせずに生きていたあなたが悪いんだと言えますか?

805 :神も仏も名無しさん:2009/05/08(金) 16:34:23 ID:zuU70izo
>>804
俺は
霊能者ではないけど、

苦しんでる人は偶然だと思う。
仮に前世の業だとしても、今の生き方で幸福にも不幸にもなれる。
それを、前世の業といって逃げるのはのは間違い。(本当に前世の業だとしてもね。)
今の生き方を改めなさいってことだとおもう。
偉そうなこと言えるほど人間できてないけどねw

不慮の死は、かわいそうだけど諦めるしかないとおもう。

806 ::2009/05/08(金) 17:03:36 ID:4wxfQc6E
>>805
前世の業だと言い切れる人は、ある意味究極的に冷徹なんだろうかとか思ってね。
そんな人を宗教板では多く見掛けるもんで。

807 :神も仏も名無しさん:2009/05/08(金) 18:45:39 ID:ex6V942Z
 
 
講釈師、見てきたような嘘を言う
 
 


808 :神も仏も名無しさん:2009/05/08(金) 18:46:21 ID:k1O+H1gg
mo

809 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 20:18:59 ID:pGKGhFAj
>>803 承狂さん
遠慮はいらないのです
仏教的から見ての死後の世界もあると思います
皆さん参考になるかと思います

>>804 暁さん
不慮の事故や幼くして亡くなった魂は前世の業ではありません
偶然に人間界で起きた事すべてカルマの法則にしてしまうのは違うと思います
前世の業と言ってはいけない事です


810 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 20:28:31 ID:pGKGhFAj
>>801 亭白さん
たまに9時に落ちますので気にしないでください(元気です)
エル・カンターレは何となく分かって何となく分かりません
でも すべての魂が地獄の世界から抜け出す日が来るといいですね

>>802
宗教も信じる事から始まります
シルバーバーチも霊的宗教の一つだと思います
その中で自分の生き方を見つけるのだと思っています
全ては自由意志なのです

811 ::2009/05/08(金) 21:18:21 ID:4wxfQc6E
>ちびさん

>不慮の事故や幼くして亡くなった魂は前世の業ではありません
>偶然に人間界で起きた事すべてカルマの法則にしてしまうのは違うと思います
>前世の業と言ってはいけない事です

これだとあなた方が主張するカルマの法則に矛盾が生じませんか?
このケースには当て嵌まる、そのケースには当て嵌まらないといった、規範のようなものは一体誰の指図なんでしょうか
私には個人の匙加減次第に思えてなりません

これは私見ですが、業報を説くのはあまりよくないような気がします。特に業で生死を説く場合、そこには差別、慈悲などとは真逆の思想が植え付けられるような気がします。

812 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 21:40:48 ID:pGKGhFAj
>>811 暁さん
人間は死を迎えた時 幽界で現世の反省をします
その反省の悔いねを来世での修行の課題として持ちます
現世での反省は霊界で行います
現世に生まれてくる前の課題で出来なかった事の反省もあります
来世は同じ過ちをおかさない決意をして生まれるのです



813 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 21:53:39 ID:pGKGhFAj
>>811 暁さん
>規範のようなものは一体誰の指図なんでしょうか
すべて自分自身の心の業です
心の悔いねが霊界に表れます
この世の未練 執着 すべてが業となり霊界での悔いねの反省があります

幼くして亡くなった魂は 修行半ばの魂です
霊界で指導霊のもと成長して 来世に生まれます
この世で起きた事故 災害すべてカルマでは無いのです

私は守護霊さまの教え 霊的に見た事 感じた事を書いています


814 :神も仏も名無しさん:2009/05/08(金) 21:54:15 ID:zuU70izo
>>811
>このケースには当て嵌まる、そのケースには当て嵌まらないといった、規範のようなものは一体誰の指図なんでしょうか

それは、自分の判断なんです。
前世、こうすればよかったと思うと、よし次はこういう誘惑に負けないように
こういう環境におこうと自分できめるわけです。
多くの人の場合、神様が決めるわけでも、仏様が決めるわけでもないんです。

当然、偶然、死ぬこともあります。苦労することもあります。


多分ね。いろんな人の話を聞いた結果ですけど。霊能者ではありませんのであしからず。

815 ::2009/05/08(金) 21:56:35 ID:4wxfQc6E
>ちびさん
私は死ぬと地球、宇宙の塵となると考えます。
伝え、聞いたものなどが、生まれてくる生命へのDNAの伝達という形で伝わるのを輪廻転生だとするならそうかもしれません。

人もあらゆるものも仮の姿であるのなら、集合した要素はやがてまたバラバラになるのが自然だろうと考えてます。

816 ::2009/05/08(金) 22:06:11 ID:4wxfQc6E
>>814
そのようなことも、生きてるうちに思惟できるというものですね。
縁起で生じたこの肉体と意識があって成せることと観ずれば、過去や来世を思うより、今この瞬間を懸命に生きた方が健康的ではないでしょうかね

817 :神も仏も名無しさん:2009/05/08(金) 22:07:11 ID:zuU70izo
>>815
死んでみなければわからない。
もしかしたら、霊界などというものはないかもしれない。
だけど、あるという人もいる。
私は両方否定しませんね。どちらにも根拠がないから。
興味があるから、自称霊能者の方の話はきいてますけど。

あるにしろ、ないにしろ、今生きてるそれで十分じゃないですか。
結局、やることは一緒なわけです。後悔しないように生きる。それだけです。
どっちかに結論を出す必要なんてないんじゃないですか
というか無理ですよ。
私は割と霊界について肯定的なほうだとおもいますけど、
それでも、実際みるまでは100%信じないでしょうね。

暁さんはちびさんが何か言っても信じないでしょう。
だったら聞くだけ無駄でしょうよ。
輪廻があるかないかの答えを知る必要はないのではないでしょうか?

818 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 22:08:49 ID:pGKGhFAj
>>815 暁さん
宇宙のちりやごみとなる意見を始めてしりました
人間は魂を持った殻です
確かに自由に何処でも行ける魂の存在は そうゆう言い方もあるのかなと思います
でも それでは人間は何のために生まれたのか分からなくなりませんか?

819 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 22:16:27 ID:pGKGhFAj
>>817
霊界があると思えば 霊界の世界へ導かれます

地縛霊の魂は霊界など無いという魂の存在が多いです
古い古い魂の存在がみえるのも事実です
話をする時に霊界の世界があるという事から始める事もあります 

820 :俺和尚:2009/05/08(金) 22:18:39 ID:os6opRQu
生に意味はない。
よって死に意味もないのじゃ。

答えは 無 じゃよ。

821 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 22:21:06 ID:pGKGhFAj
>>820 俺和尚さん
生にも死にも意味があって無なんだと思います



822 :俺和尚:2009/05/08(金) 22:26:12 ID:os6opRQu
生から死に向かう間も、無なのじゃよ。

823 :神も仏も名無しさん:2009/05/08(金) 22:28:27 ID:zuU70izo
>>819
なるほど。
いつも、興味深い話ありがとうございます。
話をきいてると楽しいです。

>>820 822
なぜ、そう思うのですか?

824 ::2009/05/08(金) 22:36:22 ID:4wxfQc6E
>死んでみなければわからない。
>もしかしたら、霊界などというものはないかもしれない。
だけど、あるという人もいる。

>>817
二項対立で話してるわけではないですよ。理解力ありますか?
死んでみなければ分からないとはよく言われるよね。
死んでみても分からない場合は想定してないの?だったら生きてるうちにこういう話もしとこうと、考えを述べてるだけですよ。

これのが合理的でしょ(笑)

825 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 22:38:22 ID:pGKGhFAj
>>822
それは無の心根を持てと解釈してもいいのですか?

>>823
その地縛霊も泣き疲れ 何故そこに踏みとどまってるのか分からなくなり、 
霊界という所があるのなら行きたいと願う時だけ力をかします
むやみやたらに話はしません
霊能者ではないです(勝手に色んな魂の浄霊をしてるだけです) 

826 :神も仏も名無しさん:2009/05/08(金) 22:42:16 ID:zuU70izo
>>824
>死んでみても分からない場合は想定してないの?

死んでみてもわからないなら、わかる必要はないんじゃないかな?
それこそ、宇宙の塵となって死んだら終わりなわけでしょ。

結局、話を聞いたりしただけでは、死後の世界はどうなるかなんてのは答えはでませんよ。

827 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 22:46:23 ID:pGKGhFAj
>>824 暁さん
霊界はあると思えばある 無いと思えばない
どちらが本当なのか
すべて自分自身で決める事です
霊界に帰ると信じてる人(私もです)は 霊界に帰った時
迎えてくれる魂の存在を知っています
それはご先祖さまであったり 前世のご先祖さまであったりです
誰もが今を一生懸命生きようとしてると思います
その為に宗教を勉強したり 本を読んで勉強したりして 自分を見つめ直し 頑張ってらっしゃる方も多いと思います


828 :神も仏も名無しさん:2009/05/08(金) 22:47:17 ID:zuU70izo
>>824
ああ、二項対立で話をしてるわけではないのね。
ごめんね。勘違いしてたよ。

829 ::2009/05/08(金) 22:47:23 ID:4wxfQc6E
>ちびさん
人間は何のために生まれたかというのは少し傲慢に聞こえます。
人は何かに依存しないと生きていけません。酸素、水、食、また生きる術を学ぶ人とかね。
動物や植物だってそうだと思います。

縁起で成り立つもの(人を含むあらゆるもの)は、地球の構成要素だと考えてます。
何かに依存しないでそのものだけで存在する自性は無く、無自性なんだろうと思います。

830 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 22:57:00 ID:pGKGhFAj
>>829 暁さん
>私は死ぬと地球、宇宙の塵となると考えます
この話では何のために生まれて来たかわからないと思いました

霊界があり人間界があります
人間界は物質的社会(例え)だとすると
霊界は物質の無い社会になります
人間界は 衣 食 住が必要になり 霊界は何もいりません
片方だけ見れば 暁さんの言う事はそうだなって思います
両方を見ると 相反していますので考え方も違ってきます

831 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 23:01:25 ID:pGKGhFAj
>>828
暁さんは無否定 有否定 中間否定です


832 ::2009/05/08(金) 23:15:33 ID:4wxfQc6E
>ちびさん
私は縁起で生じた肉体が朽ちたら、粒子の塵となると考える信仰なんです。
身も蓋も無いことを言うようだけど。肉体と意識は対であり、要素の集合であり、縁起による仮の姿で、本質的には実体はない。

色即是空 空即是色という信仰と考えてもらうといいです。


あ、中間にもとらわれないが理想すな(笑)

833 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 23:27:32 ID:pGKGhFAj
>>832 暁さん
般若心経には 祈祷をすれば梵天帝釈四大天王 日本国中大小神祇・・・
我等の所願を成就せしめ給ふ
と書いてあります
それをどうお考えなのですか?

834 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/08(金) 23:45:39 ID:pGKGhFAj
>>832 暁さん
お釈迦さまは霊界で生きてみえるとの考えではないのですか?

この世には色んな霊言集があり 幽体離脱された方の本とかもあります
魂には心の目 心の耳 心の口があります
例えば人は口で話す言葉と心で話す言葉が違う時があります
思ってもいない言葉が口から出てしまう事です
後になり何故あんな事を言ったのか心で反省する事もあります
両方が本質なんだと思います
口で話す言葉が現世の言葉
心で話す言葉が魂の言葉だとは思いませんか?


835 ::2009/05/09(土) 00:23:52 ID:PQ6hg2rH
般若心経現代語訳
全知者である覚った人に礼したてまつる。 求道者にして聖なる観音は、深遠な智慧の完成を実践していたときに、存在するものには五つの構成要素があると見きわめた。
しかも、かれは、これらの構成要素が、その本性からいうと、実体のないものであると見とおしたのであった。
シャーリプトラよ、この世においては、物質的現象には実体がないのであり、実体がないからこそ、物質的現象で(あり得るので)ある。
実体がないといっても、それは物質的現象を離れてはいない。また、物質的現象は、実体がないことを離れて物質的現象であるのではない。(このようにして)およそ物質的現象というものは、すべて、実体がないことである。
およそ実体がないということは、物質的現象なのである。これと同じように、感覚も、表象も、意志も、識別知も、すべて実体がないのである。
シャーリプトラよ、この世においては、すべての存在するものには実体がないという特性がある。生じたということもなく、滅したということもなく、汚れたものでもなく、汚れを離れたものでもなく、減るということもなく、増すということもない。
それゆえに、シャーリプトラよ、実体がないという立場においては、物質的現象もなく、感覚もなく、表象もなく、意志もなく、識別知もない。
眼もなく、耳もなく、鼻もなく、舌もなく、身体もなく、心もなく、かたちもなく、声もなく、香りもなく、味もなく、触れられる対象もなく、心の対象もない。
眼の領域から意識の領域にいたるまでことごとくないのである。(さとりもなければ)迷いもなく、(さとりがなくなることもなければ)迷いがなくなることもない。
こうして、ついに、老いも死もなく、老いと死がなくなることもないというにいたるのである。苦しみも、苦しみの原因も、苦しみを制することも、苦しみを制する道もない。
知ることもなく、得るところもない。それ故に、得るということがないから、諸の求道者の智慧の完成に安んじて、人は、心を覆われることなく住している。
心を覆うものがないから、恐れがなく、顛倒した心を遠く離れて、永遠の平安に入っているのである。過去・現在・未来の三世にいます目ざめた人々は、すべて、智慧の完成に安んじて、この上ない正しい目ざめを覚り得られた。」

中村元氏「第一章・空の意義・B本論(一)理論的思考」抜粋

836 :全知全能の神さま:2009/05/09(土) 00:33:19 ID:czFnRQ6T
暁さんの考え方は自然を見ていますよ。
ただ、人間の創ったものと自然のつくったものの区別がついていないように感じますね。

人間の創ったもの(人間の創った法則)には終わりがあって、自然の創ったもの(神の法則)
には神の法則が存在する限り終わりはありません。

つまり天文学者や自然に接している人たちが神の存在を感じるようにこの世にある普遍的な
法則を見ているわけです。宇宙の神秘とかね。

だから、自然のものと人間の創ったもの同じ破壊、死があるようですけどともに、自然の
法則はのこる。人間の法則はのこる。そして、人間の死にも神の法則は残る。

結局より自然で普遍的なものを見つめればそこに神の言いたかったことが見えてくるわけです。

この宇宙、自然を勉強すれば人生の意味も見えてきますよ。

私も霊能者になる前は、この自然を循環させるための力それが本能。そして、
生きていくうえで心をえた。心をえ、この自然に驚愕し、この自然をあらわそうとした。
そして、それを受け継いで洗練させているのが人間だ。

という考えをだしました。

でも、人それぞれ答えなんて自分自身の考えだし、すべてを否定から入るのも
自己の欲の否定が、結果的に他人のためになる。

私も結局むりやり2chで神に書かされているわけですから、なにが正しいのか
わかりません。

神さまは一生懸命勉強しなさいと言っています。

837 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/09(土) 00:33:56 ID:Yo700UsB
>>835 暁さん
般若心経持ってます
人それぞれ同じ物を見ても 同じお経を読んでも捉え方が違うのだなって思いました

今日は寝ます おやすみなさい

838 ::2009/05/09(土) 00:34:00 ID:PQ6hg2rH
最後は言葉や戯論の超越を示そうとしてるんでしょうかね。まだ私には難解すぎますが。

梵天などの神々はよくわかりません。

839 :神も仏も名無しさん:2009/05/09(土) 00:52:47 ID:/4GJB0zs
>>835
キリスト者のわたしからすると伝道の書に近い意味のように思える。

840 :全知全能の神さま:2009/05/09(土) 01:02:52 ID:czFnRQ6T
836
言い忘れてましたけど、私は霊能者で神さまに霊界に連れて行かれたこともありますし、
霊界がどんなところかもいろいろと教わりました。

でも、いまだに私自身は信じていません。中間派ですね。
だから、普通の人同様、哲学で考えていく感じですね。


>>835
難しい内容ですね。この文面だけでは判断しにくいのですが、一種の悟りに近い
状態なのかな?

ただ、私のほうから言うと、虚と実に近い感覚が入っていますね。つまりうつりゆく
ものが虚である。虚とは幻。それはなぜか?100年もたつとすべての人がいなくなって
すべての出来事が幻となる。
これも現実目線で言うと一つの悟りに近いですね。
ただこの文は、未来から見た虚ではなく、現実に起こった出来事としてなにも無い状態
それに近い。という感じですね。

ここでいう実体がないとはどういうものかわからないので、これ以上は書けませんが、
この世の中、実際に痛みもあるし、幸せもあります。

虚と実のことをこの文面が言っているのだとすれば、現実は間違いなく実です。
すべてにドラマがある。また、虚の部分もあるかもしれませんが格闘技が虚を
フェイントとして使うように、実を引き立たせるためのものこの現実を引き立たせています。
全然対立していません。

まー人それぞれが答えだから、難しくて楽しいんですけどね。

841 ::2009/05/09(土) 01:06:56 ID:PQ6hg2rH
>神さま
自然と人間の区別なんて俺にはできないな。
まあ、何が真実かは俺にもわからんが。結局自らが拠り所て訳だもんね。

ああである、こうである、で話を進めるのはやめにしますよ。


元々このスレに俺は相容れないのは薄々感づいてました(笑)

また縁があれば会いましょう。

さようなら〜

ちびさんもお元気で

842 :全知全能の神さま:2009/05/09(土) 01:18:25 ID:czFnRQ6T
>>841
悟りは1つではありません。いっぱいありますよ。ただすべての人にあたえている
ものでもありません。

特別な人が到達するものです。

死後の世界は、私も結局あるのかないのかわかりませんが、この世界の見えているところ
の答えはあります。

一生懸命考えるのも人生の楽しみです。

それではー。

843 :神も仏も名無しさん:2009/05/09(土) 01:24:40 ID:XfcNGFh0
行の無い仏教の話って、どうでもいいね。

844 :全知全能の神さま:2009/05/09(土) 04:05:38 ID:czFnRQ6T
835の文面、悟りの一種と書きましたが、神さまが言うところによると私の経験したことのある
悟りに近いものだそうですね。補足しときます。

私の場合、悟りはけんか組み手の武道をやっていたものですから、怪我をしながらのものでした。
アキレス腱を3回ほど切ったことがあります。また割りのたびに筋肉が切れるのですが、それも何十回
と経験しています。何回も組み手で倒されてました。

このように書くと怪我自慢のようですが、このような環境のなかで、並行して人はなぜ生きているの
だろうか?生きている意味とはなに?と考えるようになっていきました。

私の悟りはそうしたなかで、あるとき自分の意識や体の感覚が外に出たのを感じたのです。
そして、何に対してもただ見つめるようになり、面白いことにさっきのレスで現実は痛み
はあると書いたのですが、体の痛みそのものが感じにくくなり、それでいて、エネルギー
だけが満ち溢れている。
しかし、表情はなく、感情そのものが薄れ、ただ、現実を見つめ、そして、雑念などは一切無く、
言葉がポンと出てくるのです。それも本質を表す言葉が。

例として本でたとえると、現実的な側面では、この本がどのような会社のどのような製造ラインを
経て誕生しているのか?
内容では、要約した内容がわかり、また、著者の伝えたいことがわかる。
またこの本が、著者の自分のブランドのために創った本か?それとも生きていくうえで切磋琢磨して
えた知識がのっているのか?また、この著者はその知識をどこまで開示する人なのか?

という、まー例えですけどね。こういう自分なりの本質が考えなくてもポンと頭にでてくるわけです。
ただ私の場合、感情は薄れていたけど、エネルギッシュだった。ということはもう一度言っておきます。
虚無的ではなく、なにかしら、希望が体を包んでいたという感じですね。

そして月日がたってもとにもどりました。

845 :全知全能の神さま:2009/05/09(土) 04:41:32 ID:czFnRQ6T
あとこれも悟りを開いていたときのことですが、私は自分で雑念を消したりできるようになりました。
集中するでもなく見つめるのみです。ただじっと見つめてもいけません。
これが神さまから私もはじめて聞いたのですが空のことのようですね。

自分自身で雑念をコントロールし消し去れる状態までもっていけばだれでも空に達せることが
できるそうです。

そして、元にもどって神さまが来てからは、心に雑念があるとありえない熱をだされるので、
常に心はなにも考えていません。雑念を消すことも悟りから元にもどってからはできなかった
のですが、神さまが来てから、またできるようになりました。

絵や漫画、ゲームなど空想することが結構好きで楽しみだったんですけど、それを神さまが来ていらい
やっていません。そのかわり、神さまの話をずっと聞かされています。話の中に空想に近いものがあるので
耐えれます。

日常生活で考えないといけないことは、そのときだけ考えることを許されます。

空や悟りはさまざまに種類があり、私のも一例にすぎないそうです。

また、悟ったからといって達観するのではなく、私は思春期のころから一貫して、
人や自然のために生きたい。人や自然のために死ねるのが一番の幸せだ。ナウシカ
のように生きたい。これは笑われましたが、この思いは今も変わらずあります。

そして、霊能者として、上から救ってあげるのではなく、私は神さまから、泥にまみれて
生きなさい。と言われています。

結局人の気持ちはわからないのですが、人の気持ちをくんであげる。それすらもはたから
みたら、愛情ごっこの域をこえないでしょう?というようなことを神さまから言われます。

結局力。壮大な力。説得力。それでいて愛情。それが神さまなんですね。

私は人間のあり方を示すための修行中の身です。

846 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/09(土) 12:02:37 ID:+ZVX5w+y
みなさまおはようございます
>>838 暁さん
私も神に会った事がないのでよく分かりません
835に書いてある正しい目覚めとは個々により正しさが違います
感じ方が違うように 目覚めにも人すれぞれあると思っています
霊界があるなしでは無く 
人は生きていく上で自分の信じた道を進むのが一番だと思います
暁さん 意見は書かれてもいいと思います
人の意見 考え方によって新たに考えさせられる事もあると思っています

>>839
宗教の教えにも色々あると思いますけど 私が感じるのは言葉が違うだけで
心の教えは同じだと思います

>>840 神さま
浄霊とかさ迷う魂との会話はされるのですか?
その事について読んだ記憶がないのです(見落としていたらごめんなさい)
人は知らない事を知ると また新しい疑問が沸いてきて知りたいと思います
(私の場合は得にそうです)
その中で霊的に色んなものが見えたり感じたりする事により分かって行くのですね

>>843
仏教の勉強をされてみえるのですか?
行をされていらっしゃるのですね
もし その中で霊界の事とか悟った事とか書いてください




847 :亭白:2009/05/09(土) 15:38:45 ID:Gtvz96wc
838 :暁さん
梵天などの神々はよくわかりません。
☆梵天の位置付けは八次元如来界と七次元菩薩界の間の世界になります。
 その世界を梵天界となります。梵天の神も梵天の世界におられます。
 梵天はどちらかというと菩薩的救済に軸足をおいて聖なる仕事をして
 おられます。

848 :全知全能の神さま:2009/05/09(土) 20:46:29 ID:czFnRQ6T
>>846
浄霊は神さまが来る前に一度だけ本格的にやったことがあります。
戦争兵だったんですけど、悲しんでいるようで、話を聞いたりして、あなたの世界が
永遠であるならばこの悲しみもいつかは水のように流れていく。
永遠の世界と有限のこの世すべてあわせて融合している。悲しみをすべて流してくれるのが
この世界だ。

というようなことを声が聞こえたのは初めてだったので頭にでてきたことを言いながら、最後には
ありがとうと言って消えました。

神さまがきてからは100人ぐらい一斉に浄霊しています。ただ、私のほうからはそういった霊も
さまよえる魂も神さまがきてからは聞こえることは無いですね。

849 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/09(土) 21:12:23 ID:bFdpStuU
>>848 神さま
私とよく似ていますね
私の最初の浄霊は自分の言葉ではなく 私の中の誰かが浄霊していました
(神さまと同じように声がして私が話すのです)
守護霊さまだと後になって分かったのですけど
浄霊は 不思議な出来事から始まりました

少し霊力について聞かせて頂いてもいいですか?
 

850 :全知全能の神さま:2009/05/09(土) 21:32:09 ID:czFnRQ6T
>>849
そうですか。

霊力は予知とか浄霊とかいろんな超能力みたいなものですか?

そういうのは私がスレで書いている範囲でしかありませんよ。予知もあんな感じです。
神さまが前もって何か言ったりやったりするとテレビが神さまの言ったとおりになるという
感じです。
あのスレで書いたら世界が少しづつ動いてきたようにみなさんにも見せたはずです。
全然不思議じゃないけど、実際には不思議。この世界も全然不思議じゃないけど、
よく考えると不思議。あのスレに世界の不思議の感じをあらわしたと神さまは言っています。

あとは、実際になにもないところでにおいをだしたり、夢を神さまが自由自在に操れたり、
夢の中でボカスカ殴られたり、といったことですね。

ほかには、自分は行きたくないのに風呂場につれていかれて窒息死させられそうになったり、
車を逆走させられたり、神さまがなんでもできるということを証明させられたぐらいですね。

だから、私自身には霊力はありません。神さまがなんでもできるということだけです。

851 :神も仏も名無しさん:2009/05/09(土) 21:37:34 ID:V8rlVNnC

>ほかには、自分は行きたくないのに風呂場につれていかれて窒息死させられそうになったり、
>車を逆走させられたり、神さまがなんでもできるということを証明させられたぐらいですね。

こんなこと神様がするだろうか?

神仏を感じることができるひとは、低級霊にも影響されやすいと聞きます。
なんでも、神様とおもうのは間違いかも。
良い予知、感覚は神様からのものでしょうけど。

852 :全知全能の神さま:2009/05/09(土) 21:57:58 ID:czFnRQ6T
>>851
ですよね。

悪魔にとりつかれて困っているとき、
霊能者に3人ほど会っているのですが、1人は観音様がついている。後の2人は
ありえないほど神さまと悪魔がくっついているというだけでした。

神はずしをしてもらい、悪魔祓いをしてもらったのですが、結局かわらず悪魔は私を
苦しめ続けました。

どうすることもできないので、これも人生だ。しょうがない。生きぬいてみせる。と
思ったやさき、体が勝手に動き始め神さまをなのる人が悪霊を目の前で地獄に落としました。
とても怖かったです。

そのあとから、神の修行が始まったのですが、体調も悪く意味がまったくわかりませんでした。

神さまか悪魔か判断してもらうのは難しいのですが、ただ、空の雲や天気をあやつったり、
人との出会いをあやつったり、自分自身をどうしようもなくあやつれるのです。

853 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/09(土) 21:58:03 ID:bFdpStuU
>>850 神さま
霊力にも色々あると思いますが 引き寄せるタイプと霊界に行くタイプがあると思います
神さまは 霊界を引き寄せるタイプなのですか?
引き寄せるとは、霊界を目の前に映し出したり 
守護霊さまも目の前に引き寄せるタイプの事です

854 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/09(土) 22:00:50 ID:bFdpStuU
>>852 神さま
かぶってしまっていますね ありがとうございます
引き寄せるタイプなんですね

855 :神も仏も名無しさん:2009/05/09(土) 22:07:32 ID:V8rlVNnC
>>852
自分を客観的にみれてれば大丈夫だとおもいます。。
どうやら、心配しすぎてしまったようです。
釈迦に説法をしてしまったようです
あなたならきっと憑いているのが神様だろうが、悪霊だろうが
乗り越えられるとおもいます。
つらいこともあるかとおもいますが、がんばってください。

856 :全知全能の神さま:2009/05/09(土) 22:16:17 ID:czFnRQ6T
>>853
私の場合、引き寄せるとか霊界に行くではなく、すべて神さまがやっていることと
いわれているんですね。

戦争兵を浄霊したときもこの戦争兵自体が神さまだったことをあとから知らされました。
私にその次についた悪魔も神さま自身でした。自分でやって自分で地獄に落としているん
ですね。

ただ、戦争兵を浄霊した時、私の知らないところで本物の戦争兵も天国につれていったと
言っています。

だから、私におこった様々な出来事、悟りや浄霊、悪魔との戦い、地獄に落とされたこと、
すべて神さま1人がやったことと認識しています。

そして霊能者も3人しか会ったことがないのですが、それぞれに私しか知らないことが
リンクしていて、私もどういうことかわからないのですが、すべて1人の神さまが動いている
という教えです。

霊界に行ったというのも神さまが夢で体験させたのですが、なにもないところで火傷させたり、
体調を急によくしたり、悪くしたりいろいろできるので、その錯覚ではないのか?というのが
私の考えであり神さまの教えです。神さまの教えが霊界をただ信じるな。この世の中にある
普遍的なものをみつめなさい。ですからね。

857 :全知全能の神さま:2009/05/09(土) 22:21:32 ID:czFnRQ6T
>>855
すみません。
そんな高尚ではありません。
がんばっていきます。

858 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/09(土) 22:44:16 ID:bFdpStuU
>>856 神さま
使命を持った人間は 時には信じられない事が起こります
悪霊もその一つだと思います
すべてを教える為なのだと 思っています


859 :神も仏も名無しさん:2009/05/10(日) 09:37:05 ID:TK9sksjO
>>822
無ではなく空ですよ

860 :亭白:2009/05/10(日) 10:34:32 ID:IrjZKpaW
>>845 :全知全能の神さま
☆たいした心境ですね。誰でも可能なのは阿羅漢までは行けますね。
人や自然のために死ねるのが一番の幸せだは天使・菩薩の心境になるとそうなりますね。
壮大な力。説得力。それでいて愛情。と述べる神さまも大したもんだね。
人間のあり方を示すための修行中の身ですか素晴らしいですね。

861 :亭白:2009/05/10(日) 10:55:09 ID:IrjZKpaW
>>852 :全知全能の神さま

悟る前はどうしても悟らせまいとして悪魔が邪魔し始めます。
この場合自我力ではどうしようもない時はありますが、死を覚悟して自分の強みで
戦うことになります。戦うと言うより、心の統御維持が悪魔の攻撃に打ち勝つ一つでもあります。
これも人生だ。しょうがない。生きぬいてみせると運命を受け止める決意が
活路を開いたのですね。
とても怖かった気持ちはわかりますね。(悪魔を軽く見ていたこと自分に甘い修行をしていたことを思い出します。)

霊能者めぐりや邪教にはまると霊障状態のようになることもあります。
仏神や真理を求めれば求めるほど体調は悪くなりますね。
これもまた霊障者を救済するお手伝いの時に必ず役に立つ経験知です。
私も勇気を頂きました。仲間がいる安堵感を感じます。頑張ってください。

862 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/10(日) 13:21:47 ID:j48DdqCj
>>861 亭白さん
霊力を持ってる人がいるという安堵感なんでしょうね
私も霊能者の方と話をしてる時 同じように霊的な事を感じ嬉しかった事があります
すべての人が宿命を持って生まれてきています
私は その中の霊力がメッセージ(宿命)となっていると考えています
みんな 頑張っていきましょう


863 :亭白:2009/05/10(日) 14:01:43 ID:pm1CpBwT
>>862 :ちびさん こんにちは
仏神の御心に適う生き方で自己確立して神仏のお手伝いとして不惜身命で使命に生きている方は
煌々しく見えるとともに仲間意識みたいな安堵感を感じます。
霊的認識を通して潜り抜けてきた共有もありますね。ちびさんの言われる「霊的な事を感じ嬉し
かった事があります」になりますね。

864 :神も仏も名無しさん:2009/05/10(日) 15:46:47 ID:Qw8B029g
根拠無し脳は、甘酸っぱい発酵臭と腐敗のアンモニア刺激臭が入交じり、凄いですね。

865 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/10(日) 16:56:07 ID:VaZTNC98
>>863 亭白さん
霊的世界に関わるという事は 言葉では言えない事もありますね
私は此処に書けない事とかもいっぱいあります
だから 安堵感があるのかもしれないです

>>864
何故かという理由も書いてくださいね

866 :神も仏も名無しさん:2009/05/10(日) 18:05:19 ID:bFbbVtqr
根拠無しスレに理由を書く程無粋じゃありませんのでww

867 :神も仏も名無しさん:2009/05/10(日) 19:32:11 ID:2Lnwfjpy
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1241951181/l50

868 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/10(日) 19:39:40 ID:58uytV8S
>>867
わざわざありがとうございます
意味はわかっています

>>866
折角ですので否定派の意見も書いていただけませんか?

869 :亭白:2009/05/11(月) 15:13:44 ID:I6XDBwun
>>865 :ちびさん こんにちは

確かに霊的世界の言葉で言えない美しさとか、絵にも書けない美しさはありますね。

870 :全知全能の神さま:2009/05/11(月) 16:55:38 ID:gSxszBQ8
>>860-861
さまざまな宗教を見ていると神さまにもランクがあり、そのランクが宇宙と関係している
ことがわかります。
ある神は地域レベルだったり、国レベルだったり、地球レベルだったり、銀河団レベルだったり
します。
そして、私が最後の神さま。この宇宙をつくった宇宙神のそのまた上のグランドマザーレベルの神さま
です。

神さまの本体がでてきて新しい世界へと変わっていきます。

ネットでこうして布教しているのも実際に会うと天使も悪魔も両方の縁を引き寄せるからです。
だから、最後の霊能者は弟子もとっていません。

871 :全知全能の神さま:2009/05/11(月) 17:17:33 ID:gSxszBQ8
仏教について

この現実世界においてすべて変化している。永遠なものはない。
そして、私たちの存在も原因があり、縁があって生き、生かされている。

物事の本質は原因と縁の関わりあいによって生じる。

よく勘違いされるのがそれを未来から見たら、何もなくなるから現実は虚である。
という考えになる人がいる。
しかし、すべてのものに原因があり、関わり合いがあり、その永遠普遍の自然の
法則を見つめていたのが仏陀だと私は思う。

つまり、前者は、この世のものはすべて無くなる。だから、意味が無い。となり、
後者は、この世のものはすべて無くなる。しかし、なお美しい。となる。

この境地に達することを悟りとといたと思っている。
つまり、永遠普遍に法則が存在する自然の中でこの有限の世界を生きている私たち人間。
動物。自然。すべてが今を関わり合いの中、存在している。

このことを体感することによって、苦しみからとかれる。と説いたのだと思う。

人それぞれが答えですのでこれでもあっていると神さまは言っています。

872 :全知全能の神さま:2009/05/11(月) 17:58:29 ID:gSxszBQ8
私が悟ったもの


この世のものは物体、自然、生物すべてに力(惑星の自転や動物の本能など)がある。

なぜすべてのものに力がそなわっているのか?

また、心など、精神的なものや魂など科学で解明されない事柄もある。

これら精神もあわせて考えたとき、

この世のもの目に見えないものもあわせてすべて循環している。

すべては世界をきれいにするためにすべてに力がそなわっている。

そして、人間はその力を発達させる上で心を身につけてきた。

そして、人間はほかの生物よりあらたに3つの使命ができた。

1つ目は、この自然に驚愕、感嘆すること。

2つ目は、その感じたことを、文化や信仰、哲学、思想、科学、建築など、形に
すること。

3つ目は、心は、遠く離れた友達にも届くし、亡くなったおじいやおばあの声はいつまでも
身に届く。
時間や場所を越えてつながっていくのが心だ。
様々な文化や思想を受けつぎ、より洗練させていくのが人間としての責任だ。


これが悟り状態の時にできた思想です。

873 :神も仏も名無しさん:2009/05/11(月) 18:13:39 ID:lx2ldY5f
>>870
ちょっと、休んだ方かいいかもしれない。
よく眠れていますか?自分の姿を客観的にみれていますか?
以前あなたの神様は泥にまみれて人を救いなさいといったはずです。
私は、そっちの神様こそ本物と思います。

悟ったと思った時こそ慎重に。

874 :全知全能の神さま:2009/05/11(月) 18:54:30 ID:gSxszBQ8
>>873
私は神さまに泥にまみれて人を救いなさいとも言われましたし、ズタボロになりなさいとも
いわれています。
すべて同じ神さまです。

870で書いたことは普通の人が見たら、なんか怪しいですよね。
ただ、霊能者は神さまから、私はこの土地の神様といわれたり、国レベル、だったり、
宇宙人といわれたり(宇宙レベル)、この地球銀河団をすべるといわれたりするんですね。
ほかの霊能者は、たとえば、イエスや釈迦、守護霊など人間だったり、ミカエルなど天使
だったり、するんですけど、さまざまにランクがあるんです。

どの霊能者も(もちろん普通の人もです。)一番なんですけど、神さまがこのようにランク
わけしているのも事実なんですね。

まー私もこうやって書かされていて、深い意図はまだわからないんですね。
ただ、むりやり書かされているのは事実です。

私の書いたものはすべて私の聞こえている声が、体を動かして書かしているものです。
もちろん、日常生活のすべて神さまが動かし始めて1年と半年動かされ続けている
状態です。どんな時も。
私はその物語を見ているだけ。

875 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/11(月) 18:55:00 ID:tSvUXUBF
>>869 亭白さん こんばんは
それ以外に ありえない恐怖の体験とかもあります
守護霊さまに助けてもらったありえない体験とか 色々です

>>872 神さま こんばんは
その時にご自分の魂の光を見られましたか?
私は悟りとは知るものであり 知ってどう生きるかが人間界だと思っています
誰一人として悟りを開いた人はいないとの考え方です
人間は生きています
その中で いろんな雑念 考え事 迷い など思いながら生きて行くからです
それが人間界で生きて行く修行だと思います


876 :神も仏も名無しさん:2009/05/11(月) 19:02:41 ID:lx2ldY5f
>>874
動かされてることに抵抗できないのですか?
確かに、私にはわからない範疇のことかもしれませんが
心配です。
あなたは神の奴隷ではないはずです。

877 :全知全能の神さま:2009/05/11(月) 19:24:34 ID:gSxszBQ8
>>875
魂の光は、その時は幻覚などはありませんでしたので、光を見ていません。
ただ、人間の感覚というんですか?人間の気というものが目の前で見えるぐらい
感覚は敏感でした。
自分の持つ気というのもわかりましたし、人のもつ気というのもわかりました。
気の形が見えるまでわかったという感じですね。色は無かったけど、形や思いは
わかったという感じです。

悟りを開いた人はいないですか。
まー私も生意気にも仏教を簡潔に思っていることを書きました。三法印をまとめた
だけなんですけどね。それ以上に仏教が奥深いと思っていますし、結局仏陀の思いは
こうだとは思うと書いたけど、到達できないというのが(これは普通の人の思いにもです。)
結局私の考えです。

878 :全知全能の神さま:2009/05/11(月) 19:26:29 ID:gSxszBQ8
続き

私は悟りとはいろいろありますと書きました。
世の中すべて金だ!。
世の中すべて非情だ!。というのも結局は一種の悟り(真理)だと思うんですね。

悟りにもランクはある。ただ、仏陀の伝えたかったことと違いますが、悟りを
真理という意味で書いています。

ただ、霊界の次元から考えると世の中金だ!という考え方も欲に執着していることに
なる。

そういう意味では、人間はどんなに謙虚になっても、心を無にしても、
世の中を悟った。現実とはこうだ!と主張する時点で一種の世界をわがものにしているん
ですね。

ちびさんの言う、悟りを開いた人はいないとはこの世の壮大さを解明した人はいない。
まだ世界のすごさをわかっていない。という言葉にするとあれですけど、もっと高尚
な考え方だと思います。

でも、仏陀は世界の仕組みを理解し、その教えを学ぶ上で世界をわがものにしたという
固執を注意し、それを教えに組み入れた。
それを悟りだといってもいいんじゃないかなと神さまは言っています。

879 :全知全能の神さま:2009/05/11(月) 19:35:21 ID:gSxszBQ8
>>876
一切抵抗できないですね。神さまがその気になったら、自分で自分の目を取り出せるぐらいです。
これは本当にはやらないですけど、自分がどういう心境かをあらわすために書いています。

神の奴隷ではないですけど、神の奴隷だということをあらわしている書物もたくさんあります。

ただ、心配にならないように言っておきますが、神さまは悪魔そのものではありません。
悪魔もふくんでいますが、最終的にはみなさんを救うとさまざまな書物や感覚、心であらわして
います。

そして、みなさんに自由をあたえていますしね。

880 ::2009/05/11(月) 20:02:22 ID:6Lkmy3IO
見ていて思った事を述べます。

教義や思想にカルマや輪廻転生をアプリオリとするのは、カルト以外の何物でもない。

申し訳ないが、あなた方はオウム真理教と同じである。


霊界のステージ等もそう。自分が何を言っているのかもう一度よく考えてみましょう。

881 :神も仏も名無しさん:2009/05/11(月) 21:42:21 ID:lx2ldY5f
>>879
私の恥をさらすようで、本当は書きたくないのですが、
私も以前、不思議な感覚を得て悟りをえたなどと声がきこえたことがありました。
それこそ、私は特別な人間であるかのように勘違いをしました。
離れた場所にいる、兄の姿を見せらたときもありました。
ますます有頂天になりました。素晴らしい力を得たと。
しかし、その私に語りかけてきた自称神は最終的には自分の体を傷つける
ことをしてきました。

今は信じてくれなくて結構です。
ただ、もし、自分の体を傷つけるような行為をされそうになったら、
全力で抵抗してください。あなた自身が不幸になるようなことはさけてください。
あなたの自由を奪う時点で私はその神はどこか違うと思います。
自分の目を自分でとりだすことはしないだろうといってますが、
車の逆走をさせること自体、本当に危険です。

私の心配のしすぎでありますように。

882 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/11(月) 21:50:36 ID:5S4pXAnE
>>876
神さまは守護霊さまにより霊的威圧がかかります
体験した人で無いとどんな事なのかは分からないと思います
霊言集でよくペンを通して守護霊さまが働くというのを聞かれた事があると思います
それも 守護霊さまによる霊的威圧がかかっています
威圧がかかっている時は 自分の意志さえコントロールされる事もあります

883 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/11(月) 22:00:51 ID:5S4pXAnE
>>878 神さま
悟りについては 悟りにふれた 悟りを知ったでいいと思います

悟りを知るのも個々の感じ方があります
同じ感覚を知っても 一人はまだ悟りとはこんなものではない
一人はこれは凄い悟りだと感じる方もみえます
どちらも本当であると思います


884 :全知全能の神さま:2009/05/11(月) 22:18:50 ID:gSxszBQ8
>>881
あなたも大変な目にあっていますね。
私も最初聞こえたときは、恥ずかしい話ですが、有頂天にはなってはいないんですけど、
さまざまに不思議な体験をしていたものですから、私も神さまの声が聞こえて当然なんだと
思ったりしました。ただ、そこまで本気で思ったというより少しではあります。(ちょっと
恥ずかしいですからね。)

お気遣いありがとうございます。
ただ、全力で抵抗ができないんですね。神さまは力とかそういう次元じゃない
ということを思い知らされます。
できれば2chで書きたくはないですし、人に文句も言いたくないんですね。

これは信じても信じなくてもいいんですが、2chで神がだれか人を地獄に落とすといったとき、
その前に私がまず、自分の手で殴られるんですね。そのあと熱でうなされ、そして、地獄におちた
人を必ず救います。ということを確認してから、ネットに書き込まされるんです。

すべて責任をとりなさい。そして最終的なのは神さま自身が背負う。ということなんですね。
今はすべての人地獄行き却下がでましたから、そういうことはもう書かないと思います。

関係ない話でしたが、結局どうすることもできないですねー。人に2chに書き込むのを止めて
もらおうにもその言葉がだせないんです。というかそういう行動ができない。

再度ですが、お気遣いありがとうございました。あなたもそういう体験をしているということは、
現実の人生を生きていく使命の人かもしれませんね。がんばってください。

885 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/11(月) 22:20:31 ID:5S4pXAnE
>>880 暁さん
素直なご意見をありがとうございます
霊感についても 霊媒体質についても科学で証明されてはいませんけど
いつかは 証明できると信じています
書かれてみえる方は ご自分の経験から感じた事を書かれています
見た事 感じた事 守護霊さまとの会話です

>>881
恥では無いと思います
突然霊的な力を持つと 誰もが一瞬でも そう感じてしまうのだと思います
優しい方なのですね
貴重な体験を書いていただいてありがとうございます


886 :亭白:2009/05/11(月) 22:34:07 ID:GYJZMVqr
>>870 :全知全能の神さま
確かに人格神から始まって大宇宙の根本仏(神)まで段階がありますね。
あなたが最後の神さまと言うと最後の預言者マホメットみたいな感じですね。
仏陀の本体本仏主エル・カンターレが大川隆法総裁で世界70億人の心の救済
が一つの使命なのです。後の世に第二の創世記として世界のエル・カンターレ
文明(霊文明)をつくる予定です。まさに「新世界建設」です。
本当に天使は私を応援し、邪魔立てしょうとして悪霊・悪魔が攻撃してきます。
私はありがたいことに大悟された本仏の使命を持たれる大川隆法総裁の直弟子
になっています。

887 :全知全能の神さま:2009/05/11(月) 22:45:04 ID:gSxszBQ8
>>883
悟りを知った。悟りにふれた。という言い方でしたら、悟りを開いた。という、
個人の考えではなく、この自然に目に見えないけどあるさまざまな真理(真理が近いですね。)
にふれたという意味あいが近いですね。

個々によって悟りの感じ方が違うというのは、結局人は他人の人生の重さをわからないから
でしょうね。
生まれて3歳で死ぬ人と80歳で寿命で死ぬ人どちらが重いかと言われたら、神さまはあなたたち
にわかりやすく言うには80歳のほうが重い。といいますが、神さま次元だとすべて平等な重さ
なんです。

真理にはその人の人生すべてがつまっています。3歳の子供のお母さんが一番!という考えも、
80歳の人の人生は無常だ!も結局神さま次元では同じ重さなんですね。

話がだいぶそれましたが、悟りや真理、人の考えがごっちゃになりましたが、そのなかで、
そういう感じですね。

888 :亭白:2009/05/11(月) 22:54:30 ID:GYJZMVqr
>>871 :全知全能の神さま
仏教について
☆この世を否定してからこの世の心の修行の場として素晴らしさを肯定します。
虚無主義から本来の心の考え方にもどることになります。

永遠普遍に法則を知ることによって真実なる生き方が肉体が自分ではなく霊的存在としての実感であり、
仏法真理の学びを通して善と悪の判断力が悪を捨て善を取ることによって苦から抜け出す力となります。

無為自然の神様の答えみたいですね。

889 :全知全能の神さま:2009/05/11(月) 23:01:39 ID:gSxszBQ8
>>886
誤解させてしまったので書いときますが、最後の神さまというか段階をふんで位の高い神さまが
現れた時代の終わりの神さまという感じですね。一番の位ですからね。
ただ、1番といっても世界の影響力とかそういうのは江原さんとかがありますように、結局どの人が
上かはわからないようになっています。
また、これからも様々な神さま仏様がでてきます。

エル・カンターレ文明というのがどういうものかわかりませんが、霊界に創るということ
ですかね。

壮大な計画ですね。

悪霊や悪魔の攻撃は大変だと思いますが、がんばってください。

890 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/11(月) 23:05:53 ID:5S4pXAnE
>>887 神さま
例えば現世で3歳で亡くなられた方がみえ 80歳で亡くなられた方がみえる
現世ではすごく不公平にみえる事だと思うのですが
二人を前世 現世 来世(おおまかです)でみると平等なんです
同じ意見です

神さまの悟りの先を見てください
もう少し先に見える事があると思います(勝手なおせっかいです)

891 :全知全能の神さま:2009/05/11(月) 23:06:53 ID:gSxszBQ8
>>888
さまざまな考えがすべて答えですからね。勉強になります。

892 :亭白:2009/05/11(月) 23:17:06 ID:GYJZMVqr
>>872 :全知全能の神さま
私が悟ったもの
☆半分同感です。宇宙を貫く二大原理の進歩と調和があげられますが
 限りなく仏神の圧倒的認識力に近づかんとしての心の向上があります。
 それと使命の遂行です心は永遠の生命です。ですから永遠の転生で永
 遠のチャレンジができます。 やはり神様の個性の違いでしょうか。   
 
 参考になりました。 悟りの内容ありがとうございました。

893 :神も仏も名無しさん:2009/05/11(月) 23:20:14 ID:XZS7Qs+j
>>888
このレスは、老子を読んでいる気分になります。

894 :全知全能の神さま:2009/05/11(月) 23:27:10 ID:gSxszBQ8
>>890
この世はこの世かぎりのもの。前世や来世はあるかどうかわかりません。と神さまは
教えています。

この世ではこの2人は不公平ですけど、神さまの力のある魂の世界まであわせると2人は
平等という意味です。魂の世界があるかどうかはわかりませんけどね。


今も悟りから思想は続いていますよ。ただ昔考えていたように、この世の中から
わかる範囲でしか考えないという哲学の思想とは変わっていますけどね。
私の悟ったとき書いたものはみんながわかっていることを前提に書き上げたものです。

今は神さまに教えられている状態です。霊界も死後の世界もあるかどうかわからない
けど、私の聞こえている範囲で神さまはいる状態を肯定した上での思想となり、書いている人的には、
万人には積極的に教えるつもりはないですけどね。

まー神さまの悟りの先がどのようなものかわからないので教えてもらえますか?すみません。

895 :亭白:2009/05/11(月) 23:34:05 ID:GYJZMVqr
>>889 :全知全能の神さま
霊文明で誤解されておられるのでここに述べます。
実はこの世の世界人類70億人の心の救済です。地上に仏国土ユートピア建設を世界に
向けて建設中です。
現在の自分が自分と思っているけれど、肉体人間は本当の自分ではありません。
肉体人間の唯物論を捨て霊的人間こそ本当の存在なのです。
霊的人生観に裏打ちされた人生はこの世とあの世を貫く幸福こそ本当の幸福です。と地
上の方々にお伝えしていく使命があります。あの世の霊天上界は歴然と住み分けの信仰
の世界です。

896 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/11(月) 23:37:26 ID:5S4pXAnE
>>894 神さま
890で書いた神さまは 全知全能の神様が悟りにふれた先の事です
悟りに行きついた先を見てほしいのです
守護霊さまに聞いてください
書き方によって間違った事になってはいけないからです

神さまは現世の教え 私は霊的教えを教えていただいてるのですね





897 :全知全能の神さま:2009/05/11(月) 23:37:38 ID:gSxszBQ8
>>892
私の神さまは永遠のチャレンジとは言わないですね。
この世しかないのだから、この世を生きなさい。
無常も心の平安もわかった上で人生を楽しみなさい。すべてが夢を形にするため。

あなたは夢を人に与える使命があるとも言われました。

それでいて神さまは書いている人を哲学の霊能者ともいうんですね。

神さまはとりあえず計り知れないということだけははっきりしていますけどね。

たぶんに神さまの違いですね。


どうもです。

898 :全知全能の神さま:2009/05/11(月) 23:46:38 ID:gSxszBQ8
>>895
なにかすごい計画ですね。
霊能者的な人生が最高の幸せですか。

霊能者になってわからないことも見えてくるようにはなりますね。

ただ、悪霊や悪魔と戦ったり大変ですよね。

壮大な計画がんばってください。

899 :全知全能の神さま:2009/05/12(火) 00:06:31 ID:V5K4vjPG
神さまではなく書いている人自身が悟りにふれた先をみなさいということですね。

思想として言っていることだと思いますので、悟った後のことを知りなさいという
ことですかね。

さまざまに訳がとれてよくわからないですね。


私は現世の教えではなく、神さまがここまで力が強かったら、あの世の話もすべて
万物の個々を創っている人だから創れる。だから、あの世があることかもしれないし、
無いかもしれない。
ただすべての霊能者の言っていることも、もし魂の世界があるのならすべてであるはず
だから、ニュアンスですべて本当。
という教えです。

900 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/12(火) 00:14:25 ID:0NvrKhVk
>>899 神さま
素朴な質問です
神さまの守護霊さま(教えていただいてる方)は霊界の存在だとは思っていないのですか?

悟りの後はいずれ分かると思います


901 :全知全能の神さま:2009/05/12(火) 00:30:17 ID:V5K4vjPG
>>900
私の聞いている声が霊界の存在かどうかですよね。

私の聞いている声があまりにも力が強すぎるのです。
私の体を操るだけでなく、私の忘れている子供のころの思いを瞬時に出したり、
それを加工してだしたり、そうかと思ったらそれを私から忘れさせたりできるんですね。

新しい記憶を創るのは夢の中でしか体験したことありませんが、夢で現実に痛みをだしたり、
やけどさせたり実際にできたのです。

私の心すべてを操ることができるんですね。

これは実際に体験しないとわからないのですが、霊界にいるとかそういう次元の
人じゃないんです。

私におこった奇跡も文面では伝わらないですけど、ほかの人も操っていないと
できないことなんですね。(これは私もあやふやなんですけど)

だから、江原さんを代表する日本の霊的な守護霊さまではなく、西洋の絶対神に
考え方は近いんです。

だから、この世界を創ったとするのも結局声の言っているだけですが、実際自分
の範囲では自分自身を動かしているのは止めることができないという証拠だけですが、
私は霊界もこの声の主自身が創っているものと思えてならないんです。

声自身があるかないかわからないと言っていますし、私自身も子供のときから、唯物論者
だったので、霊界があるとは言いにくいんですね。今も私におこった経験上の範囲から
言っています。

902 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/12(火) 00:41:44 ID:0NvrKhVk
>>901 神さま
守護霊さまに霊的威圧とか念写とか言葉では教えて貰えないのですか?
霊的威圧の守護霊さまを抑える事は 出来るような気がします
私も教えの中で霊的威圧をかけられた事があります
その後 守護霊さまに真剣に向き合い 叱りました
「人間界に してはいけない事がある」
それが威圧だと言いました
一度向き合って頂けませんか?

今日は落ちます おやすみなさい

903 :全知全能の神さま:2009/05/12(火) 00:57:39 ID:V5K4vjPG
>>902
私も怒ったことがありますよ。人間が幸せになるにはどうしたらいいのか?という
ことを考えているとき、神さまがいたずらをしたんですね。
それで、人のためを考えているときは考えさせてください。という感じになったんです。

その後で体を動し始め、100発近く顔を殴られました。

神さまと向き合っても苦しめられることばかりですね。
神さまの壮大さを知るのみですね。

904 :全知全能の神さま:2009/05/12(火) 01:48:01 ID:V5K4vjPG
>>902
あと神さまがなにを言っているのかわからないということなので、悟りにいきついた先
について教えてもらえますか?

あとちびさんも悟ったことがあるのでしたら、なにか教えてもらえますよう
お願いします。

905 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/12(火) 11:31:53 ID:Dr4YLgVT
みなさまおはようございます
>>903 神さま
何故威圧が間違ってるかを説明されましたか?
守護霊により動かされるのを受け入れてみえるのですか?
霊界には霊界の決まりがあり 人間界には人間界の決まりがあります
もう一度話をしてみてはもらえませんか?
>>904 神さま
私はすべて霊的修行によって 見て 感じて 知ったのです
悟りも霊的修行により知りました
ただ悟りを知るという事は 始まりにしかすぎないと知りました
その先は分かりやすい言葉が見つかりません
私の言葉では説明不足になるような気がしますので
分かりやすい言葉を考えて(例えみたいな事)書いていきたいと思います
 



906 :全知全能の神さま:2009/05/12(火) 14:57:01 ID:V5K4vjPG
>>905
あなたが思っているほど、私の聞いている声はあまくないですよ。
私も動けるうちは、抵抗しましたよ。死ぬほど。

でも結局孫悟空がお釈迦様の手の内で遊ばされたように、そういう表現がぴったり
来るほど、振り回されただけでした。


やっとで意味がわかりました。私の言っている悟りとは、霊能者が神の声を聞いて
ではなく、この現世で生きてて実感したこと。という意味合いで書いてるんですね。

声を聞いたら、考えが広がるのは当然のことです。天使や悪魔、悪霊の声を聞くわけ
ですから、そのものたちの救いも考えなくてはいけない。

私も通った道です。

でもこのことを悟りの先とは神さまは言いません。

現実で生きている人たちも一番。その人たちが人生をかけて到達した思いを
踏みにじることになるからです。

結局、普通の人から、霊能者になるにあたって、永遠普遍の法則から、永遠普遍の
現実を見ることになる。そのときに、思うことはたくさんありますね。

でも私は普通の人でいたいのです。だから、霊界の存在も半信半疑なんですね。

907 :全知全能の神さま:2009/05/12(火) 15:36:04 ID:V5K4vjPG
まー早い話が、永遠普遍の法則を感じるまでは、悠久の時の中を生きている今を
知ることになっていいんです。

ただ、永遠普遍の現実を知るのは、普通の人の場合、これは感じるのではなく、
ただの信仰になりますよね。

霊能者は、信じ込ませてはいけない。気づかせてあげなさいです。

908 :881:2009/05/12(火) 16:04:12 ID:B6DNNNDY
>>906
悪霊や、悪魔までも救いたいという思想は立派です。
しかし、現実世界であなたは、あなたに害をなすものを許すことができますか?
あなたを傷つけるものを許すことができますか?
世の中には、自分の快楽のためだけに、人を傷つけるものがいます。
そんな人をどのようにして救うのでしょうか?

地獄を見たものが、地獄に人を落としたくないその気持ちはわかります。
しかしながら、「地獄に落とさないことが救い」その考えは安易です。

私の考えをかきます。
仏様ですら、神様ですら、人間の考えを魔法のように変えることは不可能です。
悪いことをしている人間に対して指を振っただけで改心させることは不可能です。
ちびさんのおっしゃるとおり、意思や行動を操作させることもあることは私も承知しております。
しかし、それは神仏の影響をうけた一時的な感情です。本来の救いではありません。
犯した罪は自分に返ってきます。そして、苦しんで、考えるのです
なぜあんなことをしたのか、迷いますどうすればよいのか?
その時に、そっとどうすればいいのか道をみせること救いなのだとおもいます。

会社で仕事をするときを考えたらわかるとおもいます。
自分がしたミスを誰かに拭ってもらうだけでは本人のためにはなりません。
本人が成長するように、仕事を手助けするのが、仕事を手伝うことではないでしょうか。
現実世界では、怠けて仕事をしないものがいます。その人が行わなければならない
仕事をすることが救いですか?その人が怠けたことでしたミスまでかばうことが救いですか?
それは自己満足です。

若輩ものが偉そうなことをいってしまってすいません。
でも、私はそう思います。

909 :881:2009/05/12(火) 16:34:17 ID:B6DNNNDY
アンカーミスです。
×>>906
>>884
どっちでもいいですけどね。同じ人ですから。^^;
ちょっと生意気なことを書きました。反省してます。
また、しばらくROMに戻ります。

910 ::2009/05/12(火) 16:37:15 ID:7ML4DGFO
>霊感についても 霊媒体質についても科学で証明されてはいませんけど
いつかは 証明できると信じています

>>885
あなたは私が科学万能主義であるかのように思われているようですが、別にそのようなことは考えてないし、望んでもいません。

>書かれてみえる方は ご自分の経験から感じた事を書かれています
見た事 感じた事 守護霊さまとの会話です

私が述べているのは、そのスピリチュアルカウンセラのような真似事、または無責任な自覚の無い垂れ流しが
また新たにオウムのようなカルトを生む可能性あるということです。
私達はカルトとは関係無いと主張するでしょう。関係あります。あなた達の主張とカルトの主張は見事に一致します。
守護霊が見える、神様のお告げあった。結構。それについてとやかく言いません。

私が一番問題視しているのは、魂の永続、生まれ変わるという概念、カルマです。この垂れ流しこそ一番危険なんです。
そのような古くからあるバラモン教の論理を取り込んだ瞬間に強力な差別が生まれる。
オウムやナチズムの差別主義と同じである。自覚なき殺人肯定論理でしょう。
不変の魂、輪廻転生、霊的ステージ、これはカルトの論理と何等変わりなく符合します。

実際に生まれ変わりの論理を聞いて自殺した少年がいる

「僕は生まれ変わるんだ、もっとできる人間になる」

と遺書を遺して

あなたがたはこれについてどう思いますか?
私達の論理を履き違えた少年の勝手な解釈だと言い切れますか?
未熟で、感受性の強い子供にそんなことが言えますか?
その子供は霊界で自分の行為に気がつくまで苦しみの輪廻を繰り返すと言えますか?
それとも今世でカルマを落としたから来世では少年が望んだ人間になると言えますか?
子供を亡くした両親に、それはあなたがたのカルマが原因だと言えますか?

911 ::2009/05/12(火) 16:41:35 ID:7ML4DGFO
魂は永遠などという主張は、そういう危険性を孕んでいるということですよ。
私はあなた達の人格否定をしているわけではない。この不特定多数が閲覧する(未成年もいるだろう)掲示板で
根拠が必要無いとはいえ、あまりにも無責任な発言を繰り返すことに何の疑問も感じないのかと思ったのです
命を断った少年、カルマを落としてあげるという理由で理不尽で凄惨なテロ被害に遭った人々
間接的、ほんの些細であれ、そのようなものに加担してると見ているのは私だけではないでしょう

912 :全知全能の神さま:2009/05/12(火) 16:44:11 ID:V5K4vjPG
>>908
害をなすもの。たとえば家族の命をねらったりとかそういう事態になれば、私も
相手を倒します。人間ですからね。自分や仲間の命を守らないといけない。
ただ、自分の命を自然や人のために使いたい。相反するようですけど、人間は
矛盾の上で生きていると思います。
上の文は、誤解の無いようにで、本当はすべてを許したい心境ではありますけどね。

どのように悪人をすくうのか?ということですが、私も意味がわかりませんが、悪人の
気持ちを知りなさいという神さまの教えで、私は地獄に落とされたんですね。
地獄の儀式も現実で体験しましたし、悪魔(サキュバス)とHする夢までリアルに見させられて、
それが悪魔との契りだと神さまから、言われているんです。

そして、私のスレのことなので話は、長くなるので省略しますが、私は私の宗教をつくる
上で、地獄と天国を越えている存在だと教えられるのです。
でも、いまだに地獄行きは変わっていません。だから、死ぬことに不安が残ったままなんですね。

すべての悪人の責任を善人が背負いなさいと私のスレでといたのですが、最終的には、私が全責任を
おいなさい。と神さまから言われてるんです。

悪人の救いは私の宗教上で説きましたが、結局神さまがこの世界の全責任をおっているから、
救われるんですね。

続く

913 :全知全能の神さま:2009/05/12(火) 16:47:12 ID:V5K4vjPG
続き

神さまが操作はちょっと反論になってしまうのですが、なんでもできるのが神さまです。
悪人を一瞬で善人にすることもできます。ただ、人間の強さ、尊厳をあらわすためそういうことは
あまりやらないんです。だから、神さまに逆らえないというのが、私の考えです。
ちょっとあなたの考えと相反していますね。すみません。

カルマの法則ですね。自分で気づかないとその法則からぬけだせないですね。
他人の教えをうのみにするだけでもその教えに縛られたことになる。難しいですよね。

気づいてもらう。そして、信じ込ませるわけではない。そして、気づいたことにたいする
優越心も自然の法則を知ったという固執になる。だから、それをぬぐえるように気づかせ
ないといけない。

心というのは奥が深いですよね。

どうも勉強になりました。ありがとうございました。

914 :神も仏も名無しさん:2009/05/12(火) 22:34:14 ID:u9/BApFx
>>911
仏教は論理的です。だというなら、自殺した人が、みなあの世を信じていたから自殺したのでしょうか?
そんな根拠はどこにあるのでしょうか。あの世を信じていないから、死んだらすべて終わりだから、死んでしまおう
と思った人も居なかったかどうか。考えて見ましょう。

仏教の経典を読んで、諸行無常だ、諸法無我だと学んでみても、座ってみなければ、何も身体でわからないんだ。
今の瞬間に生きること。過去と未来でなく今を生きること、と本で読んでも、今の呼吸の一息一息を見ていなければ、何の意味もありません。
絵に描いた餅なんだわ、今の呼吸一息一息を観ている者は誰なのか。それが少しでも身体で分かれば、
あなたのような事はいえない。つまり、お前は仏教の何も本当は分かっていないんだよ。

915 ::2009/05/12(火) 23:03:04 ID:7ML4DGFO
>自殺した人が、みなあの世を信じていたから自殺したのでしょうか?

>>914
すり替えをするな。何処に皆という文章を見付けた?自殺した少年と書いてるが?
「皆」がという言葉にすり替えて反論の余地を探したんだろうけと、その論法自体カルト思想そのものではないか。

916 ::2009/05/12(火) 23:20:15 ID:7ML4DGFO
人は自分が信ずることを否定されると極端に嫌がる。
そんな人はおそらく帰依している宗教、または何かの情報から得た教えに死後の世界があるのだろう。

霊の存在などを否定してるわけではない。生まれ変わりという論理を「批判」しているだけだ。

生まれ変わりを布教したり、無責任に書き込むことは、許されない範囲がある。

人を人とも思わない危険思想への入り口に成り兼ねないということだ。

917 :亭白:2009/05/12(火) 23:43:13 ID:yqdk6o9k
>>897 :全知全能の神さま
この世しかないのだから、この世を生きなさい。

☆あの世は無いのでしょうか?
 当会はあの世の天国からこの世に生まれあの
 世に帰還します。これを永遠に繰り返す事に
 よって心の修行し神仏の使命のお手伝いをし
 ます。永遠の転生輪廻や仏法真理を知るこ
 とで、この世の人生の課題を真摯に取り組
 む姿勢が出てきます。我執に捕らわれない
 さわやかな心を持つこともできます。 
 
 あの世は無いという神様はいないですね。


918 ::2009/05/13(水) 00:03:27 ID:7ML4DGFO
永遠に続いて欲しいもの。人間は自分に都合がいいことは永遠であっとほしい願う一方、都合の悪いことは、すぐにでも変化してほしいと願う。
例えば、子供は早く大人になりたいと思うが、大人になると老いたくない、若返りたいと願うように。
そういうわがまま(エゴ)を仏教では認めません。
ものごとはすべて「うつろいゆく」もの。つまり、すべては例外なく変化するということを教えている。

これは厳しくもあるが、逆に言えば自分の将来は、努力、行為次第で変えることもできるというポジティブなものともいえる。

919 :全知全能の神さま:2009/05/13(水) 00:14:20 ID:BpY9tJp0
>>917
あの世はないのかどうかの質問ですよね?

私もあの世について教えられています。
それは個人一人一人の心ごとに世界が創られており、Aさんの世界、Bさんの世界というふうに
わけられており、他人の世界におじゃまして、この人が人生であじわった様々な経験をまったく
同じように体験できるといわれています。

また、この世の中とリンクしており、この世にいる感じで、この世にある建物があの世でも同じ
ところに立っていたり、また、変化していたりできるそうです。

また、あの世は場所も時間も無限なためどんな夢でも形にできる世界だと教わっています。


ただ、本当にあるのかどうかはわかりません。私自身は霊界に言ってみたことがないんですね。
さまざまな夢を見たことあり、えたいの知れない感覚に包まれて(現実な感触です)飲み込まれた夢
とか夢でやけどをあじわったり、様々な体験をしているんですね。

だから、そういうこともできるんだから、霊界に行ったように見せることもできるにはできる
というのが私の考えであり、神さまの教えです。

920 :全知全能の神さま:2009/05/13(水) 00:20:11 ID:BpY9tJp0
919
神さまが言うには、私は霊界には言ったことがあります。
ただ、夢のようだったともいえるし、そうでなかったともいえます。

霊界に確実に行ったという人ほどたしかには体験していないということです。

921 :亭白:2009/05/13(水) 01:01:25 ID:8BWMTvKb
>>920 :全知全能の神さま

あの世の霊界は夢みたいなもので主観の世界です。
 瞑目しているとあの世の天国である霊天上界の一部分の住人が光に包まれた方々
 を観ます。
 また、あの世の一部分の地獄の世界も俯瞰したように観えてまいります。
 俯瞰から下に降ろし、浅い地獄の住人を観ていて「随分精巧に出来ているなぁ」
 「目も二重に綺麗に入っているなぁ」と思って観ていると目線が合って向こうは
 暫く不思議そうに見ていましたが、そうすると腰を上げてにらんで私に近づいて
 来たので「まずい」と思い瞑目を解きました。
 高次元の天国は光に包まれている住人が真近に感じました。この世の人々の成り
 行きを見届けている感じでした。 参考になりましたでしょうか? 

922 :全知全能の神さま:2009/05/13(水) 01:24:37 ID:BpY9tJp0
>>921
貴重な話ありがとうございます。

目をつぶると様々な世界が見えるのですね。亭白さんもだれかの声を聞いてらっしゃる
のですか?

私の場合は、天界の人とか現実で見える場合があるのですけど、その人も神さまが創り出した
幻覚なんですね。

また、夢でさまざまな人や世界を見るのですけど、ちゃんとにおいもするし、味もあります。
痛みもあるし、感触もある。でもそれらすべて神さまの創りだした感覚なんです。

だから、とっても巧妙に人がいて、においも触感も本人だろうと思っていても、それが急に
さまざまに変化したりするんですね。私に見せているのは結局神さまの創り出した夢なんです。


だからといって亭白さんの見たものを否定するわけじゃありません。
たぶんに私と亭白さんの使命がちがうんでしょうね。
亭白さんの使命は私にはわかりませんが、私の使命は神さまがすべての答えを私に
教えていくと言っています。

ただ、普通の人も合わせてすべての教えが真実なんですね。霊能者の言う霊界も
あの世のことをあらわしているのかもしれない。

ただ、私の神さまの話のランクでは、あの世があるかもしれないし、ないかもしれ
ない。になるんですね。



923 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/13(水) 11:25:23 ID:0e+qXjUs
>>906 神さま こんにちは
悟りの先は違います
悟りを知るという事は輪廻転生の仕組みをしる事でも
霊界があり 現世があり 生かされてる自分がある事を知る事でもないと思っています
霊界との会話が出来 すべてを知ったと思いこむのも違います
私の知った悟りとは 自分の魂を見るという事です
前世を知る事でも 何のために生まれて来たかを知る事でもありません
自分の魂を感じ その魂が綺麗な光のままでいる事
色んな物 や事に惑わされず 純粋な心の魂になるという事です
霊界 人間界 輪廻転生を知り 自分を見つめ直し 自分の魂にふれて
雲一つない心でいる そうゆう魂を知る事だと思っています


924 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/13(水) 11:41:51 ID:0e+qXjUs
>>906 神さま
霊的威圧の中に 霊的暴力の威圧があります
その暴力の威圧にかかると 自分の意思とは反して暴力を使います
(言葉だったり 行動だったりします)

>>910 暁さん こんにちは
反対に 宗教や霊的な存在を信じて
自分を正しくしていこうと考え行動されている方も多いです
よの中には色んな事が起きています
これはいい これは違うと勝手な解釈はおかしいと思います
自殺した魂は 自殺を繰り返します
その魂の心の悔いねの反省のもと 霊界に導かれます
そして来世は 自分の体を傷つける過ちは絶対にしないと誓 来世に生まれます
私は 身内が二人自殺で亡くなられています
泣きながら繰り返し自殺をするのを見ています
その方達も 悔いねの改めが来て 浄霊しました


925 ::2009/05/13(水) 11:49:18 ID:1B8YBat3
>>924
その論理だとあなたは圧倒的差別者として輪廻転生を繰り返すことになりますね

926 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/13(水) 11:59:00 ID:0e+qXjUs
【根拠無しOK】死後世界について詳しく頼む10

http://gimpo.2ch.net/psy/index.html#1

母の入院で今日も帰りが遅いと思いますので 次スレ立てさせて頂きました
>>依頼人さん
勝手に立てましたけど 宜しかったですか?
このまま終わるのは 中途半端だと思いました

927 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/13(水) 12:06:11 ID:0e+qXjUs
>>925 暁さん こんにちは
差別では無いと思います
輪廻転生も 拒否ができます
すべては 自由意志です
でも ほとんどの魂が自分から望み来世に生まれたいと望み生まれます
すべては 自分の意思(心)で決められるのです

928 ::2009/05/13(水) 12:17:59 ID:1B8YBat3
差別、分別、そのものと受け止めます

この解釈は私の自由意思です

これと同様、自由と言えば何を書いても構わないということではない

929 :神も仏も名無しさん:2009/05/13(水) 12:41:28 ID:Up89Uepj
>>928
いい加減にしなさい。
たいした経験も、たいした行いもないのに、
えらそうな事は言わないように。

あなたが輪廻転生を信じないのは勝手だが、
差別論者と決め付けるのは、それこそ差別論者のすることだ。

昨今より、仏陀もユングもダライ・ラマも輪廻転生を唱えている。
般若心経に書いてあることばかりに囚われているのなら、
それこそ般若心経から遠ざかることになる。
十牛図を知りなさい。

禅は禅から遠ざかることにより、禅に近づくのです。

930 :神も仏も名無しさん:2009/05/13(水) 12:50:10 ID:GNY7BdHs
>929
暁さんはそんなことをいってない。
輪廻転生があるかないかの話しをしてない。
よく読んで考えた方がいい。

俺も、霊界について肯定的だが、暁さんのいいたいことはわかる。

931 :神も仏も名無しさん:2009/05/13(水) 12:52:28 ID:QRdJZf5z

 
 
口が達者なのはいいことではない。
 
自分をだまし、そのつぎに周囲の人間をだましていく。
 
底のほうに見え隠れするのは悪意である。
 

 

932 :神も仏も名無しさん:2009/05/13(水) 12:56:28 ID:GNY7BdHs
>>931
誰に対していってるのかしらんが、
ネットで話をしただけの人に悪意がみえるとはいいすぎ。

933 :神も仏も名無しさん:2009/05/13(水) 13:02:26 ID:QRdJZf5z
口が達者な人に言っている。 
一般的な話なので、自分はそうでないと思えればそれでいい。
あなたはたまたまそこにいただけ。


934 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/13(水) 13:07:57 ID:0e+qXjUs
>>928 暁さん
確かに自由意志があります
すべての人に平等に与えられた権利だと考えています
書くのも自由だと
でも書く内容は自己責任においてだと思います
霊界はすべて心の業がみせるものだと思います
例えば 暁さんは亡くなった後は 宇宙の量子になると書かれてみえます
量子になると考えるのは 物質的な考えだと思います
心の思いとはああなる こうなるとは少し違います
量子になると解明はされてはいないのです
すべての人が 死を経験します
何故生きてるか 何故生まれてきたのかを考えます
その中での 霊的真理も一つだと考えています

>>929 こんにちは
人間界で生きていくという事はとても不思議な事が沢山あります
自分の意見を持ち 考え いい事だと思っています
すべては心の業 という言葉も 仏教 宗教 霊的に考えると
少しづつ違います
同じ事のような気がします ありがとうございます

935 ::2009/05/13(水) 13:16:25 ID:1B8YBat3
>>929
当時のバラモン教、ジャイナ教、アージービカ教はなんらかの意味で不変、恒久的な自我、実体的な霊魂を想定し、それが一つの生涯から次の生涯へと輪廻し生まれ変わると考えてました。

仏教はアートマン(形而上学原理での)を認めなかったから、それに代わって具体的人間存在のもろもろのあり方の体系により人間の現実存在を解明しようとした。


お釈迦さんがどんな永久不変の魂の輪廻転生を唱えたか具体的に述べなさいよ。

いいかげんなのはあんただろ

936 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/13(水) 14:02:37 ID:0e+qXjUs
>>935 暁さん
お釈迦さまが残されたお経も 考え方によっては本当か嘘かの世界になってしまいます
誰もその時代から生きてる人は現世にいないと言えばいないからです
私は宗教も前世からの繋がりがあると考えています
前世で信じた宗教があり 現世でも同じように信じて生きる
心のどこかで 前世の記憶の一部が残ってて(本人には分からない事)
宗教との出会いに忘れてた何かを思い出させる感覚を持つ方も多いと思います

霊的な本はいろいろ出ています
その本に書かれてある事を自分で感じ受け入れる ただそれだけだと思います


937 :神も仏も名無しさん:2009/05/13(水) 14:22:53 ID:aCGHHHqV
929=ちび

このからくりで人を欺き騙しているわけだが・・
まだ悪い癖が止まないのかね
誰が悟ったのかね?
十牛図がどうしたって?
禅の勉強をいつどのくらいしたのかね?
病気は治ったのかね?

938 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/13(水) 14:31:04 ID:0e+qXjUs
>>937
私のPCはEMを使っていますので 再起動とかの時にIDが変わります
それ以外は途中で変わる事はありません

癌の病気は以前書きましたが 進行性ですのでなんともいえません
治療が続いています

間違いは間違いですので 気になさる事はないと思います

939 ::2009/05/13(水) 14:35:44 ID:1B8YBat3
あら自演なの?
まあ、それもどちらでもいいけど

940 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/13(水) 15:07:04 ID:0e+qXjUs
病院に行きますので落ちます



941 :全知全能の神さま:2009/05/13(水) 15:27:54 ID:BpY9tJp0
遅くなりましたが。。。

>>923-924
その魂の光がきれいな光のままでいることはそのときの体験的心境といえます。
思想的にはどのような思想ですか?この世の中をどのような意味があると悟り
ましたか?

942 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/13(水) 15:29:25 ID:0e+qXjUs
>>938 補足です
板によってもIDが変わるみたいです
初めて知りました

943 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/13(水) 15:32:11 ID:0e+qXjUs
>>941 神さま
妹が迎えに来ましたので 落ちます
帰って来てから書きたいと思います(夜になると思います)


944 :全知全能の神さま:2009/05/13(水) 15:34:51 ID:BpY9tJp0
また923が悟りの思想もあわせた内容なのでしたら、悟りの先についてもよろしく
おねがいします。

たぶんに魂に関することだとは思いますが。

945 :全知全能の神さま:2009/05/13(水) 15:36:21 ID:BpY9tJp0
>>943
どうもです。

946 ::2009/05/13(水) 16:41:40 ID:1B8YBat3
>>936
お釈迦さんはお経を遺していませんよ。

それから、私は>>929のお釈迦さんが輪廻転生を認めているといったレス対して具体的に述べてくれと返しただけ。
嘘か本当かの問題以前でそこには到っていない。


もし自演でなければ929への私のレスに返す必要はないのでは?

947 :神も仏も名無しさん:2009/05/13(水) 17:20:06 ID:Up89Uepj
>>946

仏、仙尼に告げたまわく、
「我が諸の弟子は、我が所説を聞きて、
悉く義を解せずして、而も慢を起こし、
無間等は無間等に非ざるが故に慢、則わち断ぜず。
慢断ぜざるが故に此の陰を捨て已りて與陰相続して生ず。
是の故に仙尼、我れ則ち記説せり。
是の諸の弟子は身壊れ命終して彼彼の処に生ずと。
所以は如何。彼れ余の慢あるを以ての故なり。
仙尼、我が諸の弟子、我が所説に於て、能く義を解すれば、
彼の諸の慢に於て無間等を得。無間等を得るが故に諸の慢則ち断ず。
諸の慢断ずるが故に、身壊れ命終して更に相続せず。
仙尼、是の如き弟子は、我れ、
彼れは此陰を捨て已りて彼彼の処に生ずとは説かず。
所以は如何。
因縁の記説すべきもの無きが故なり。

雑阿含経「仙尼経」より

948 ::2009/05/13(水) 18:46:15 ID:1B8YBat3
>>947
ここで阿含経とは展開がすごいな(笑)

釈迦の直説を持ち出したんだろうけど、漢訳であることを注意しなさいよ。

余談ですが、オウムの麻原が帰依していたのが阿含宗らしいね。

949 ::2009/05/13(水) 18:50:14 ID:1B8YBat3
お釈迦さんがお経を遺していないというのは、口伝であったということですよ

詳しくはお経や経典は、お釈迦さんが亡くなった後に、ビクにより纏められたものつうこと。

950 ::2009/05/13(水) 18:55:13 ID:1B8YBat3
私はこれでも労働してて、帰宅したらくたくたで、飯食うとすぐに寝ちゃうんだよね
そして夜中に目がさめる
この輪廻から解脱したい(笑)

951 :亭白:2009/05/13(水) 20:35:59 ID:fAM1pdG4
>>922 :全知全能の神さま
瞑目であの世の世界が観えるときは、どこからも指導なさる声も聞こえません。

ただ間違った思いや間違った行為に対しては守護霊様からの声だと思っています。
人一人に守護霊様が付いて魔から守って頂いたり、注意を受けたりしています。

魔は霊的威圧したり、勝手に体が動いて自力で止められない時は魔と判定してプラス思考の考えを持つよう努め
魔はいない光のみ実在と思うことで一切無視をしますと暫くすると外れてまいります。
守護霊様は平和主義で霊的威圧はかけません。自らの心の王国を支配されてはならない。自らの心を支配し心の
王国を築きなさい。と言われますね。
この世もあの世も仏神様が創り出したものですから、仏神様が創り出したものを一瞬に消し去ることも可能です
からね。

952 :全知全能の神さま:2009/05/13(水) 21:00:45 ID:BpY9tJp0
>>951
なるほど、人一人に守護霊様がついているとはあなたの守護霊様がついているという
ことですね。

霊的威圧のはずしかたは光の存在を感じることではずれるんですね。参考になります。


ただ、進展がないようですけど、なにをどんなふうにやっても操られる事は解除できない
ですね。すみません。

これは昨日、私も知ったんですけど、イエスキリストは神さまの子供だと言っていましたよね。
そして、私は普通の人を名乗り、神さまと一体化した人を名のりなさいと昨日から言われ始めて
いるんですね。

つまり、神の声を聞こえない普通の人だったころ、悟りの境地に達し、そして、仏教の教えどおり
(仏教では、人間の最高の位は宇宙との一体化ですよね。)私の元にこの宇宙を創った宇宙神がおりてきた。
そして、むりやり一体化させられたんです。
それは等身大ほどの身が燃えるほどの熱い心に包まれたのを覚えています。
だから、私は宇宙神と一体化した普通の人。そして、聞いている声が宇宙神のそのまた上の
グランドマザーという意味らしいです。

笑っちゃいますよね。


心の王国を築きなさいですか。現実でも壮大な計画があって使命があって燃えますね。
がんばってください。

953 ::2009/05/13(水) 21:14:13 ID:1B8YBat3
もしも世界が時間的に有限なるものであるならば、どうして他の世界(来世)が存在するであろうか。

またもしも世界が無限であるとしても、どうして他の世界(来世)が存在するであろうか。

個体もろもろの構成要素より成るこの連続は、灯火の光輝の連続のように存在しているから、それ故に、時間的有限であるとか無限であるとかということは、理に合わない。

もしも個体を構成している、以前の緒要素が壊滅し、そうして個体を構成しているこの緒要素に縁って後の緒構成要素が生起しないのであるならば、世界は有限なものとなるであろう。

もしも個体を構成している、以前の緒要素が壊滅しないで、そうして個体を構成しているこの緒要素に縁って後の緒構成要素が生起するのでないならば、しからば、世界は時間的に無限となるであろう。

もしも(世界が)一部分は時間的に有限で、また一部分は無限であるというならば、世界は時間的に有限にしてかつ無限なるものであるということになるであろう。しかし、そのことは理に合わない。

まず、執著して取る一部分が消滅して、他の一部分が消滅しないということが、どうしてありえようか。そうだとするならば、このことは理に合わない。

また執著のもとの一部分が消滅して、他の一部分が消滅しないということが、どうしてありえようか。このことは成立しない。

もしも、時間的に有限であることと無限であることとの両者が成立するのであるならば、<時間的に有限でもなく、無限でもない>ということもなるほど成立するであろう。

あるいはまた、一切のものは空であるから、<常住>などの緒見解は、いずれが、どこで、だれのために、何故に起こるのであろうか。

一切の(誤った)見解を断ぜしめるために憐愍(れんみん)をもって正しい真理を説き給うたゴータマにわれは今帰命してたてまつる。

「中論第二七章より」

954 :全知全能の神さま:2009/05/13(水) 22:15:19 ID:BpY9tJp0
952
>わらっちゃいますよね。

とは普通、宇宙と人間の一体化っていったら、なにか心の境地のことで、そういうものだと
思うじゃないですか。

そしたら、宇宙をあらわす宇宙神がおりてきて人間と合体するんですね。文字通り。

神さまはいたるところでユーモアだらけですよ。

955 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 01:20:04 ID:fhAV5ixe
>>946
レスしてしまうのは 思った事を書いてしまうだけです
深い意味はありませんでした
勝手にレスしない方がいいかは分かりませんが 感じた事は書いてしまうと思います
すいませんでした

956 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 01:34:35 ID:fhAV5ixe
>>941 神さま
私は自分の事しかわかりませんけど
悟りとは空の心を知るという事だと思っています
空と言っても解釈により違います
空から有 無になる心の動きを知るという事です
霊的な空とは何もない事では ありません
魂にベールが巻かれ現世に生まれます
その魂のベールの巻かれる前の状態が前世の霊界と前世の人間界です
でもその魂にもベールが巻かれています
悟りの先とは 神から頂いた魂の原点を知るという事です
魂の分散分身によって生まれた自分の原点の魂を知るです
知るというのは 魂が吹き込まれたのを感じるという事なのですが
多分 意味が分からないかも知れません


957 :全知全能の神さま:2009/05/14(木) 02:04:47 ID:7um/1SWu
>>956
ちびさんの悟りとは思想というよりは空という心の心境に達することが近いですね。
ただ、この現実を見るのではなく、この世にありもし、ないもの、この自然の法則
というよりは心の深みを見ている感じですね。
神さまが言うには、ただ、その深みも広い範囲では、自然の法則になる。この自然にある
心を見つめているのですから。だそうです。

魂のベールは、また、私とちびさんの教えでは違うのですけど、私は、実際には生まれ変わりはない。
魂には中心の魂があって、そのまわりにまだ我をもたない魂が100個から偉大な人では、1000個
また、数え切れないぐらいある偉大な人もいて、中心の魂が死んだら、霊界で永遠に生まれ変わりなしで
くらす。その周りにあった魂が別の人の中心になったり、また、まわりについたりする。
そのことを生まれ変わりと教わっています。

また、上のことはわかりやすく書いたのですが、魂の周りにある魂のまた、周りにも魂が
周りについていて、魂の仕組みが複雑になっています。

ですから、私はちびさんの言う魂のベールとはその周りについている魂のことと今教わりました。

悟りの先は、自分の魂の原点を知るということですね。たぶんにそれは霊能者しか
わからない特別な体験をすることですね。普通ではありえない心境とか体の感覚
なのでしょうね。

私の場合、魂の光は見えないといったのですが、神さまがきてからは見えるんですね。
ただ、その自分の体を包むオーラのような色が自分の思った色に何色にも変えれるんです。
また、人のオーラも見えるのですが、それも何色でも思った色を写せるんですね。

また、魂が吹き込まれたのを感じるという文を見たとたん首筋になにか変なものをそそぎこまれた
感覚が今あったんです。

私には魂の存在があるのかないのかわからないですし、話を聞いたところ、ちびさんの言う魂の
原点はわからないですね。

958 :全知全能の神さま:2009/05/14(木) 02:10:02 ID:7um/1SWu
957
>魂が吹き込まれたのを感じるという文を見たとたん首筋になにか変なものをそそぎこまれた
感覚が今あったんです。

これを神さまが魂をそそぎこんだと言っているんです。

神さまはやりたい放題ですよ。

959 :全知全能の神さま:2009/05/14(木) 03:18:59 ID:7um/1SWu
あとやっぱり神さまが書いときなさいということなので。(無理やり書かされているん
ですけどね。)

悟りの先は魂の原点を知ることとのことですが、906でものべたとおり、霊界の声や体験を
通じてえた知識や体験のなかに魂の原点を知ることも入るんですね。だから、そのことを
私は悟りの先とは言っていないんですね。

そういうことになったら、すべての霊能者が霊界的な体験をそれぞれが悟りの先と定義して
仏陀を越えてしまうことになる。

また、さまざまな悟りがあるともときました。現実の人が生きていくうえで世界の意味を
知ったこと。世の中は愛情だ!とか無常だ!とかそれを人に言うのも顕示欲があるでしょうが
その人のためを思ってのことなんですね。その人たちの思いも踏みにじることになる。

ただ、私は悟りをさまざまな真理という意味合いでといていますが、厳密には上のことは悟りとはいいません。
この世の中を普通の人が自分の目で誰にでもわかるようにそして信仰にならず平和な世の中に
なるようにこれらの責任をすべて背負った思想が悟りとよべるのではないのかなと私は思っています。
まー厳密には違うと思いますが、仏陀も人に広めた以上教えた人の人生にも責任をもっていたと思います。

そして、仏教的な悟りはどこか寂しい。遊びがない。
書いている人が872で書いた悟った思想にはその遊びの部分も入れてあるんですね。
遊びを入れつつ人が自然の法則をみつめ、今を生き、幸せが来るように願いをこめた
悟りなんですね。悟りとは人のためです。

心のあり方だけをみつめると心境が悟りだと思われますが、思想もあわせて悟りなんですね。
仏陀は人の責任をおい様々に思って思想をだした。それが書いている人が思っている悟りです。

だから、思いついても人のためにならなければ言わない。信仰にさせるなら霊界についても言わない。

むしろ神さまがそんな書いている人の思いをくんで、ありったけの力をこめて霊界はあるのかないのか
わからなくしている。

960 :全知全能の神さま:2009/05/14(木) 04:02:12 ID:7um/1SWu
ただ上の悟りは真理の意味合いではなく、悟りを人の分まで責任をもったうえで見つけ、
世界の真理をみた心境をさまざまな責任をすべて背負って思想化したという意味合いが強い
ですね。

書いた人がなぜこの悟りのほうを悟りというのかというと、書いた人が悟りを開く上で、
仏陀が世の酷さを憂いたように、結果として、自分の死からの救いが、人の死からの救いを
すべて背負って世界を文章にあらわそうとしたんです。
だから、そういう人の責任をせおって人のためになるようにと到達したという側面も
強いんですね。
だから、そういう悟りなんです。


ただ、悟りにも種類があることをのべたとおり、また、本来普通の人が使う範囲では
真理に到達するという意味合いが近いので、私のほうでも文章で若干矛盾することに
なってしまったわけです。

だから、心の心境でも悟りであり、それが一般的かもしれません。


ちびさんの言う悟りを開いた人はいないというのもこの食い違いかもしれませんね。

961 :全知全能の神さま:2009/05/14(木) 04:05:17 ID:7um/1SWu
また、誤解しないように書いている人は人のためを思い思想化していくうえで、
心の心境でも雑念をコントロールできるようになったりしています。

思想と心境の両面で悟りの境地に達したと神さまはいっています。

962 :全知全能の神さま:2009/05/14(木) 04:24:37 ID:7um/1SWu
まー早い話が、悟りにはおおまかに3つ意味があり、
心の心境のこと。
仏教でいう自然の法則。
この世界をあらわす心理を思想化したもの。(仏陀など)

心の心境の場合は様々な境地がある。

仏教でいう自然の法則は諸行無常など。

この世界をあらわす真理を思想家したものの場合、ただ世界を見つめるのではなく、
人のためを思い責任を持たなくてはいけない。人の未来まで責任をもった思想。

あとほかにはあるのかな?

こういう感じですね。食い違っていたのは種類があったからなんですね。

963 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 10:21:01 ID:AOPKKJIH
>>957 神さま おはようございます
病院に出かける時間ですので行きます
きちんと読みたいので 帰ってから読みたいと思います
帰ってきてから書かせていただきます

964 :亭白:2009/05/14(木) 11:28:27 ID:GpYwtv0d
>> 957 :全知全能の神さま
中心の魂が死んだら、霊界で永遠に生まれ変わりなしでくらす。

☆「中心の魂が死んだ」というのは地獄の世界に堕天使みたいに堕ちていったら、
 確かに仏性の輝きのある魂は暗黒の光のない世界へ堕ちている様を魂が死んだ
 という意味ですね。中心の魂の無いグループは上位の光の大指導霊様に中心の
 グループに合った中心の魂を選んでグループが選ばれた中心の魂につくのでし
 ょうか?本体1分身6の魂グループもあれば、本体1分身6を超えた魂の兄弟
 もあり、ソウルメイトとしての数十人の単位のもあると言われています。
 余談ですが、四足の動物は死後動物霊の群魂の中に入ると無個性の魂になるそ
 うですが、動物霊の群魂でないのですね?

 魂の周りにある魂のまた、周りにも魂が周りについていて、魂の仕組みが複雑になっています。

☆地球を選び地球環境を調え、原初の人間を創造したエル・カンターレは現在進行形でエル・
 カンターレの系統樹として魂が網の目のように幾重にも重々無尽に連なって約550億単位
 の魂の連なりです。しかもあの世は次元別に四次元から九次元までの系統樹ですから、創造
 できない限界を感じています。

965 :亭白:2009/05/14(木) 11:33:03 ID:GpYwtv0d
>>964のつづきです。
悟りの先は
☆根本仏(神)を仰ぐことになりますが、人間の魂はそこまではいけません。
 人間の魂としての最高の悟りは八次元如来界までです。
 
その自分の体を包むオーラのような色が自分の思った色に何色にも変えれるんです。
また、人のオーラも見えるのですが、それも何色でも思った色を写せるんですね。

☆御自分の心境によってオーラも変わってまいりますが、それとは違いますか?

>>959 :全知全能の神さま
責任をすべて背負った思想が悟りとよべるのではないのかなと私は思っています。
悟りは人のためです。
心のあり方だけをみつめると心境が悟りだと思われますが、思想もあわせて悟りなんですね。
仏陀は人の責任をおい様々に思って思想をだした。それが書いている人が思っている悟りです。
☆そのとおりですね。金言な内容です。

>>960 :全知全能の神さま
☆仏陀はこの世に転生しなくても良いんだけれども、責任の観点から人類救済として
の使命とこの世を縁として数多の魂が真実なる目覚めの機会として教育指導する魂の
教育があり、お釈迦様自らも沙門として皆と同じスタートを切って苦行しても悟れず、
ピパラの樹木を背に禅定して降魔成道し大悟して、過去世において仏陀であっても、
この世に何回も転生して人類救済の正理を説いていたことを智り、過去七仏の伝承も
現代まで細々と伝えられています。

>>961 :全知全能の神さま
心の心境でも雑念をコントロールできるようになったりしています。
思想と心境の両面で悟りの境地に達したと神さまはいっています。
☆あなた様は青年なのでしょうか?
あなた様の神様はあなた様が足場がこの世にあるから、この世の不適応を起こさな
 いようにガードをかけて神様が守っているように感じます。

966 :全知全能の神さま:2009/05/14(木) 15:20:28 ID:7um/1SWu
>>963
はい。

>>964-965
中心の魂が死んだというのは、中心の魂がこの世で意思をもち、人間として暮らす。
周りの魂も合わせて魂とよんでいますが、その人間が死ぬことを中心の魂が死んだと
書きました。魂自体が死ぬわけではないです。人間が死んだら、我をもつ中心の魂だけが
霊界で永遠にくらすと教えられています。

中心の魂がない場合、まだこの世に生まれているわけではないので、まだ、あるともいえるし、
ないともいえる世界です。

動物霊と一緒にはしていません。

オーラの色は私の心境や体調に連動するのではなく、思った色ででてくるんです。
ただ、常に空想や妄想や雑念ができない状態ですので心の方は常に静かだとは
神さまは言っています。

年はいえませんが青年ですね。まだひよっこです。

967 ::2009/05/14(木) 17:23:57 ID:g5PT4rkp
空は無、虚無と解されやすい傾向がある。私は空を無と同一視し、一切を否定して虚無を説くようにみえるのか、特に私なんかは虚無論者であるように映るみたいだ。
これは空を無の意味に解しているように見えるのなら、自分の説にはそぐわぬ恐ろしい邪説を称えているように見えるのか。

有自性を主張する人には私が述べる空は無と解す。しかしそれは無を空の意味であると偏執しているに過ぎない。
つまり、私が述べる空は虚無に見えるということへの妄執です。それは空観への断見なんですね。

空とは縁起せるという意味で、不空は縁起せざると同義。

あれも無い、これも無い、と述べたことが虚無であると思われたのなら、それは違うんだな。
空=縁起、それは自性が無い無自性という意味です。
有自性とは、そのもの自体で成り立つわけです。つまり縁起せざるですね。なにものにも依らず、それ自体で存在するもの。
人で言うなら肉体も酸素も水分も食べ物も母も父も兄弟もなにもいらない人となるだろうか。あ、不変の魂とか?

そんな馬鹿な話は無い。不変なものを主張する人はこの理屈がわからないようだ。

自性が無い、無自性、すなわちこれが空、縁起なのですよ。

自性するもの。それは不変。絶対に変化しないものだから、現象界の変化は成立しないことになる。反して事物は無自性であるから、現象界は変化できるわけですね。
あらゆる否定からなる空観は、空虚ではなく、あらゆることを成立させるものなんですな。

一切皆空であるから、一切が成立しているのであり、一切不空であり実有なら、一切成立しないよっつうことです。

「もしも<それ自体>にもろもろの事物の実有であることを認めるならば、もしもそうであるならば汝はもろもろの事物を因縁なきものとみなすのである」

「汝はすなわち結果、原因、行動主体、手段、作用、生起、滅亡および果報を破壊する」

(中論第二四章・第十六・十七詩)より


有自性を論じる人に、空観は向いてませんね。どう頑張ってもおかしな話になってまうからね。

968 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 18:16:19 ID:zRe5lG/0
>>960 神さま
悟りとは 輪廻転生の中に自分の存在があるのを感じる事
輪廻転生はすべて平等であると知る事
自分は無から生まれた存在だと知る事
自分はこの宇宙の中の小さな存在であるのを感じる事
霊界の神に近い存在に触れる事
自分の魂を知る事
頭の中で知るのでは無く すべて心で感じ知る事です
悟りも神さまが言われるように 
種類がありすべてが本当であると考えた方がいいのかもしれません

オーラは人についてるオーラでは無く
魂に包み込まれてるオーラです(分かってると思いますが書きました)

魂を入れる瞬間と言われたのですか?
霊力の中に癒しの浄霊があります
魂の一部を 入れる癒しです
暖かく 癒される感じになります
守護霊さまは霊力を使い 霊力を教えてくれる事があります
私は教えから 知らなかった霊力を使えるようになりました

話は変わりますが 以前守護霊さまにすべてを見せると言われ
霊界を見た事がありますが 守護霊さまは霊界とは言われないです
人間界が勝手に霊と名前を付けたのかも知れないですね



969 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 18:28:02 ID:zRe5lG/0
>>967 暁さん
量子の本を少し読んだのですが 数字の世界でとても難しいですね
ちゃんと勉強されてみえるのだと思いました


970 :全知全能の神さま:2009/05/14(木) 19:25:56 ID:7um/1SWu
悟りに種類があることを先に書いとけばよかったです。
思想と心の境地いっしょで悟りと書きましたが、これは現実の真理を知ろうとして、
仏教とは関係なしに、自分だけの真理にたどりつき、なおかつそれを人に言う場合
はすべての人の責任も持った上での思想の場合なんですね。仏陀とかです。

だから、心の境地でも悟りといえます。ごめんなさい訂正しときます。

>>968
悟りの内容ありがとうございます。勉強します。

オーラについては私は江原さんの本から読んだ知識がもとになってるんですね。
体の回りにあるオーラでもあるし、また、胸だけにあるようにも写すことができるん
です。また、恐竜などの幻覚も自在に目に写すことができ、魂については私の言っていることは
あまりあてにならないかもしれません。

魂を入れる瞬間というのも神さまが言っているだけで、体調をどんなふうにでも変えれるんですね。
現実でさわる感覚をだしたり、においをだしたり、風をふかしたり、できるんですね。
これは私の意志ではできません。

971 ::2009/05/14(木) 20:03:15 ID:g5PT4rkp
業報輪廻思想は危険だって。

あんた達は自覚が無いだろうけど、その業のお祓いを他人に向ける輩に責任持てる?

身勝手な解釈をした感受性豊かな子供にお前が悪いと言えるのか?

972 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 20:23:45 ID:zRe5lG/0
>>971 暁さん
仏教の中にも業報輪廻思想は出てきます

何故お祓いが関係してるのか分かりません

何が正しいのか 宗教の世界も すべて自己責任だと思っています
宗教もあれは正しい これは違うと決めるのも自由意志だと思います


973 :亭白:2009/05/14(木) 20:23:46 ID:26RIIjv0
>>966 :全知全能の神さま

そうでした。忘れていました。ありがとうございます。
霊界で永遠にくらすのは、私は解らないけど一般的には人が死後あの世に帰還し時期を見て、
この世に生まれて来ることになります。


確かに人間霊と動物霊は別になっていますね。動物霊を守る神は稲荷大明神ですね。

オーラの色思った色ででてくるのは想像しがたいですね。
青年の若さでよく心の方は常に静かさを維持できますね。感心します。

なかなかどうして。 なにかと参考になりました。

974 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 20:33:22 ID:zRe5lG/0
>>970 神さま
私の言いたい事分かってくださったと解釈させていただきます
言いたい事を分かってもらう為の言葉は難しいですね
ありがとうございます

霊力は守護霊さまの力(霊界の力)をお借りしないと出来ないと思います
霊的現象に関わってる方は 守護霊さまの力をお借りしてる人が多いです

幻覚を自由自在に映し出すのは 霊視による念写です
さわる感覚はわかります
においと風はどうするのか 分からないです

975 :亭白:2009/05/14(木) 20:39:41 ID:26RIIjv0
>>967 :曉さん
自性が無い、無自性、すなわちこれが空、縁起なのですよ。
自性するもの。それは不変。

☆自性は根本仏で創造主です。無自性は被創造物になります。

 一切皆空は根本仏が創造したものを言い、根本仏の念で
 創造物を消すこともできます。

976 ::2009/05/14(木) 20:41:09 ID:g5PT4rkp
結論としては、人殺しになるも自ら命を絶つのも、戦争を起こそうが、自己責任だそうです。

酷いなこれは。

977 ::2009/05/14(木) 20:43:59 ID:g5PT4rkp
これを観ている人は何とも思わないのかね

スレ違いだから無記ってことかね(笑)

978 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 20:46:29 ID:zRe5lG/0
>>976 暁さん
殺戮は何故起こるのか考えて頂けませんか?
自殺は自己の体を傷つけ 魂までも傷つけてしまいます
絶対にしてはいけない事です
何故自殺がいけないか 考えて頂けませんか?
戦争が何故おこるか考えて頂けませんか?
レス お願いします

979 ::2009/05/14(木) 20:55:44 ID:g5PT4rkp
>>975
>☆自性は根本仏で創造主です。

創造主は何の縁起により成立してるのかね

980 ::2009/05/14(木) 20:59:51 ID:g5PT4rkp
>>978
何故いけないという前に、自己責任と宣ったあなたは殺しを肯定している。
自己責任。すなわち死んだやつが悪い。仕方ない。諦めろ。
これと同じではないか。あなたは話をすり替えてごまかそうとしているだけだ。

981 ::2009/05/14(木) 21:05:37 ID:g5PT4rkp
それから、亭泊氏。
あなたはこの話を静観しているようであるが、いくら思想が似通っているとはいえ、間違っていることは指摘してあげなさいよ

この方が何を言ってもイエスマンの姿勢を保つことは良くない。

982 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 21:15:53 ID:zRe5lG/0
>>976 暁さん
>結論としては、人殺しになるも自ら命を絶つのも、戦争を起こそうが、自己責任だそうです。

誰もこんな事書いていません
これは 暁さんの解釈だと思いますので レスください

>>980 暁さん
人は生きていくのにすべて自分で考え行動します
いい事 悪い事の判断 
それを自己責任とは言わないのですか?



983 :全知全能の神さま:2009/05/14(木) 21:23:03 ID:7um/1SWu
>>973
心の静かさをたもつというよりは雑念をだすと顔を殴られるという感じですね。
すみません。どうもありがとうございます。

>>974
ちびさんの悟りの内容たいへん勉強になりました。
ありがとうございました。

984 ::2009/05/14(木) 21:26:40 ID:g5PT4rkp
>>982
前にも言ったように、まだ思考や志も定まらないだろう子供が見てるやもしれないこの掲示板で、永遠不滅の魂があると垂れ流すのが問題だと言っている。
社会で経験もない小学生、中学生、高校生、これからである大学生に自己責任だと言い切れるのかと言っている。

985 ::2009/05/14(木) 21:35:06 ID:g5PT4rkp
死んでも魂が永続するわけだから、死んでも構わないという人が出てくる。
自殺はあの世で地獄行きと戒めようと、地獄で反省すれば新たに生まれ変われると信じて死ぬ人がでてくる。
今現在苦しい人は、この世の生き地獄よりはあの世の地獄の方がましだと思う人がでてくる。

それを一様に自己責任だと宣える厚かましさは俺にはありません。

986 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 21:43:28 ID:zRe5lG/0
>>984 暁さん
未成年も犯罪を犯したら 法律が決めます
それは自己責任なのではないのですか?

987 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 21:46:53 ID:zRe5lG/0
>>983 神さま
>心の静かさをたもつというよりは雑念をだすと顔を殴られるという感じですね。
私の霊的修行は殴られる事はありませんでしたが 同じような感じだと思います
 
書いてよかったです 

988 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 21:48:57 ID:zRe5lG/0
>>985 暁さん
霊的な本には 自殺は絶対に駄目だと書かれています


989 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 21:56:20 ID:zRe5lG/0
>>985 暁さん
その反対の言葉を考えられた事は無いのですか?

990 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 21:58:37 ID:zRe5lG/0
【根拠無しOK】死後世界について詳しく頼む10

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1242183287/l50

991 :亭白:2009/05/14(木) 21:59:08 ID:26RIIjv0
979 :曉:2009/05/14(木) 20:55:44 ID:g5PT4rkp
>>975
>☆創造主は縁起の法則を創られたからね。

 被造物に対しての縁起の法則ではないでしようか。

992 :神も仏も名無しさん:2009/05/14(木) 22:08:43 ID:W6USHnCI
>>988 名前:ちび ◆y648IMf2Ew
>霊的な本には 自殺は絶対に駄目だと書かれています
 
「霊的な本」とは、江原尊師の本でしょうか?

993 ::2009/05/14(木) 22:08:45 ID:g5PT4rkp
>>991
創造主が縁起という概念を創造したから創造主には縁起で生じたわけではないと?

994 :亭白:2009/05/14(木) 22:11:12 ID:26RIIjv0
>>981 :曉さん
あのう亭泊でなくて亭白です。 心臓痛くなってきた。
明らかな間違いは指摘しますが、数回指摘しても、相手は間違っていないと思っている場合は、
焼け石に水ですので、あとは自己責任となりますので、あの世で結果が出てきます。
まあ相手に時間を与えることも愛ですから。 お互い様ですので多めに見てやってください。

995 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 22:11:59 ID:zRe5lG/0
>>992 暁さん
江原さんの本は読んだ事はありません
自殺がいいと書かれた本はありません


996 :神も仏も名無しさん:2009/05/14(木) 22:13:53 ID:W6USHnCI
では霊的な本とはだれの本ですか?

997 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 22:16:32 ID:zRe5lG/0
>>996 暁さん
ネット検索で調べられます

998 :ちび ◆y648IMf2Ew :2009/05/14(木) 22:18:27 ID:zRe5lG/0
>>996
ごめんなさい
暁さんではありませんでした

999 :神も仏も名無しさん:2009/05/14(木) 22:21:00 ID:W6USHnCI
あなたの話はあいまいでわかりにくい

1000 ::2009/05/14(木) 22:21:39 ID:g5PT4rkp
>亭泊氏
万有の原因は霊魂でもなく、知性でもなく、また説いたり考えたりすることができないものなのである

絶対者は、数もなく、順序もなく、大きさもない。

微小性、平等、不平等、相似、不相似は存在はしない。

つかあんたと此処で問答するつもりはないわ。どう考えても相容れないだろうし(笑)

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

419 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)