5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

キリスト教のココが嫌だ!

1 :神も仏も名無しさん:2009/08/21(金) 06:15:38 ID:PomnMxc0
愛しても敵は敵

163 :宝珠愚者 ◆9XuF3XEACk :2010/04/09(金) 08:55:26 ID:XAAP2Yfq
元々はキリスト教にあった
“生まれ変わりの教え”が抹殺された証拠として、
つまり、553年のコンスタンティポリス公会議での出来事についてです。

あれからも調べていました・・・。
当時の条文そのものについては、ついに見つかりませんでしたが、
それでも由緒在るカトリック系の某名門大学の図書館に入る許可を得て、
研究者の筆に拠るそれまで古代キリスト教の教義として強く支持されていたオリゲネスの転生思想が
コンスタンティポリス公会議(553年)で異端の烙印を押されて、
ついに、この転生思想がキリスト教の教義から削除されるに到った、
という記述を確認することができました。

ここ2chスレで投稿するのは控えて、
後日、私のウェプページのコンテンツとしてアップすることにします。
これで希望者はいつでも拝読、確認ができるようになります。

〜勝利せり!!

164 :神も仏も名無しさん:2010/04/09(金) 11:36:38 ID:DtgMsuVe
ここで控える理由が全くわからないです。

しかも具体的な情報・内容を一切書かずに
一方的に勝利宣言なんて
悪い予感しかしない。

165 :宝珠愚者 ◆9XuF3XEACk :2010/04/10(土) 07:07:56 ID:1hw27S/5
>>164
心配は無用です。
後日、閲覧できるようにしてお知らせします。

166 :神も仏も名無しさん:2010/04/10(土) 08:16:23 ID:6Jw3+Xi9
研究者の名前、主張・論証の骨子を書いて下さい。
とくに前者は伏せる意味が全く無いものです。

167 :神も仏も名無しさん:2010/04/10(土) 08:35:56 ID:6Jw3+Xi9
あらかじめ準備的にここでやれば
コンテンツ作成・推敲の叩き台にもなるでしょう。

記事URLだけ貼って、以降のスレでのやりとり(議論)を
拒絶なさる可能性を懸念してもいます。
こちらが言ったことでスルーされたことは一度ではないので。

あと、そのコンテンツ(記事)にはこのスレのタイトルとURLも併記しておいてほしいですね。

168 :宝珠愚者 ◆9XuF3XEACk :2010/04/10(土) 12:52:20 ID:1hw27S/5
>>166-167
ウィリストン・ウォーカー
D・クリスティ=マレイ
有賀鐡太郎
---------------------------

肝心の引用部分については後でちゃんと紹介します。
正直、すみませんが議論の必要は(こちらとしては)特に感じていません。
私が述べていた事柄そのままに、ただ同じことを記しているだけなのですから。
ただその出処が、あなた方から見た場合に“ニューエージ(グループ)の勝手な妄想”ではない、
という違いだけなのですから(この場合、これが重要なのですけれど・・・)。

閲覧はできるようにします。
あとはそれを信じるか信じないかは、あなた方次第ですよ。
そもそも自由なんですから・・・(強制好きなのがキリスト教なのですが)。

これらを知る(認める)ことの意味とは、より真実に近づけたことになり、
要するに、更にイエス本来の教えに迫ってきたということなので歓迎すべきことなのです。

つまり、生まれながらの盲目(障害)を神の気紛れなどにしたり、
生れてすぐに死去した赤子と様々な体験を経て人生を真っ当した人間を同じの測りによって神が裁く、
などといった愚かな発想(今生1回の人生を裁く)をしないで済むようになるでしょう。
イエスほどの大覚者がそんなことすら分らない筈がないのでしょうからね。

あなたがイエスが好きで、
イエスの真実(教えの)に本気で近づきたいのなら、
教会の話(からの情報)は鵜呑みにしないことです。

私はキリスト教批判はしますが、
イエスを悪くいってことは人生において1度もない。

*あなたがとても真面目で熱心な信仰者であることは、この私にもよく伝わってきます。

169 :神も仏も名無しさん:2010/04/10(土) 13:13:34 ID:6Jw3+Xi9
議論の必要はあります。

たとえば、論拠が新たに発見された資料というなら(a)
それの真贋を見極める必要があります。
既知の資料の分析の場合(b)も、それが妥当かを見ていく必要があります。
他で見つからなかった事柄ならば、なおさら慎重さを要します。

その本の主張はaとbのいずれかでしょうか。

170 :神も仏も名無しさん:2010/04/10(土) 13:35:35 ID:6Jw3+Xi9
あと、前にも書きましたが私はキリスト教徒ではありません。

キリスト教徒を我々と同様な人間として扱うようにしているだけです。

同じ理由で、聖書の神観・世界観をそのように矮小化もしません。
自分の思う「かくあるべき」を投影もしません。
不毛なだけなので。異文化理解の初歩ですね。

ついでに、魔女狩りについて私が出した引用・リンクについて感想をください。

171 :神も仏も名無しさん:2010/04/10(土) 18:29:54 ID:/rMc6O8k
ウィリストン・ウォーカー(Williston Walker)
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Williston_Walker
ttp://www.archive.org/search.php?query=creator%3A%22Williston%20Walker%22
D・クリスティ=マレイ(David Christie Murray)
ttp://www.librarything.com/author/christiemurraydavid
ttp://www.archive.org/search.php?query=creator%3A%22David%20Christie%20Murray%22
マレイのほうは同名の小説家もいる?

書名(原題)と、件の情報が書いてあるページ。章の名前を教えて下さい。
(アーカイブやgoogle books等)ネットで閲覧出来るものなら、こちらでも確認しようと思います。

172 :宝珠愚者 ◆9XuF3XEACk :2010/04/11(日) 01:56:52 ID:p/b4ytcT
>>170
>キリスト教徒を我々と同様な人間として扱うようにしているだけです。

もちろん彼らも同じです。
ただ条件付けられているだけですから。
基本的には、(今の)平均的なクリスチャンは心が優しい人が多いでしょうし。

>ついでに、魔女狩りについて私が出した引用・リンクについて感想をください。

では、すみませんが時間を貰います。

173 :宝珠愚者 ◆9XuF3XEACk :2010/04/11(日) 01:58:19 ID:p/b4ytcT
>>171
イヤハヤ〜
その逸る気持ち(と熱意)は分りますが^^

では(待てない)、
自分で読めるという人はご自分でそうして下さいね。

>マレイのほうは同名の小説家もいる?

私はキリスト教分野の研究者や著述家のことを知りません。
検索で掛かってくるのならば、いるということではありませんか?
本来、小説家で同一人物かもしれないし・・。

「」内は章題?
あと私は学がないので邦訳しか読めません(あしからず)。

私も部分しか見ていませんし(文献探しと複写利用にて)、
入手できる人はそうして全頁を読まれることがベストでしょうね。
これらは、一般的なキリスト教思想の常識を覆す重要な記述であり、
今後は更に、広く知られていくべき事柄でしょうから。

174 :宝珠愚者 ◆9XuF3XEACk :2010/04/11(日) 02:01:17 ID:p/b4ytcT
>>171
ウィリストン・ウォーカー著
 『キリスト教史@古代教会』ヨルダル社(1984年9月初版)
  p159「アリキサンドリア学派/グノーシス主義による危機からコンスタンティヌス帝まで」

D・クリスティ=マレイ著
 『異端の歴史』教文館(1997年10月初版)
  p15「異端の教義」

有賀鐡太郎著
 『オリゲネス研究---有賀鐡太郎著作集』創文社(1981年1月初版)
  p3.282-283.491「有賀鐡太郎著作集刊行の辞、第四章/神の摂理、付録/著書」

175 :神も仏も名無しさん:2010/04/11(日) 08:48:14 ID:g9lt1P/T
言うまでもなく、キリスト教徒には過去の人々も含まれます。

条件付けられている、て・・・
それを不適切な発想としているのです。

まるで「未開人」に向けるような視線じゃないですか。
その書き方だと、彼らの信仰にどのような論理があるのか知ろうとはしていないのでしょう。
ただ歪つな異常宗教を信じさせられた哀れな人々・・・
この見方は見下す(上から)視線です。
理解を拒めば、無意味な美化(「高貴な野蛮人」)したり過小評価
するしかありません。

176 :神も仏も名無しさん:2010/04/15(木) 21:25:16 ID:6zzsDvBD
ここでキリスト教を批判しても何もならない。
宗教は全て統一されるのであるから。
近い将来においてそれに反対する勢力は消滅するだろう。


177 :神も仏も名無しさん:2010/04/16(金) 15:13:29 ID:zemKg0sW
信ずる当人たちにとっては重大な違いを
軽んじそぎおとすことになるでしょうね。
つまらないものになりそう。

178 :神も仏も名無しさん:2010/04/21(水) 19:35:36 ID:gTzVZnBB
こんな場所でも散々に言われてる

シベリア超速報:ヘタリア好きのやおよろず雑談35
ttp://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1271754841/

646 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/21(水) 18:57:41
【国際】継父の暴行を受けた10歳少女が妊娠 法律に阻まれて中絶ができず 論争が再燃 メキシコ
ttp://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1271759300/

648 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/21(水) 19:00:24
>>646
なんつうかそんなに宗教大事か?って疑問になるよね
子供一人救えないくせに信じろとか笑止

カルトじゃなくてもあんまりのめり込むのはダメだねぇ
-----------
目の前に自力で切り開ける道があるのに、大きなものばかり追いかけて思考停止してるように見える

179 :神も仏も名無しさん:2010/04/21(水) 20:39:41 ID:wyCmUG5Q
こいつら、目的のためには手段を選ばない所があると思う
何つうか、甘んじて刑に服したイエス・キリストの姿はどこへ行った?って感じがするよ

180 :神も仏も名無しさん:2010/04/21(水) 22:40:01 ID:uxypWKrr
火薬を1樽で日本の若い女性50人と交換。キリシタンは奴隷売買商人であり偽善者。

181 :sage:2010/04/22(木) 12:27:28 ID:ozjsP856
名古屋のGBGCっていうゴスペルスクールで、
牧師でも無い韓国人の女性が教祖みたいに崇められていたよ。

なんか、そいつの唾液入れた水を、
「浄化させるから」と言って飲まされそうになった。

キリスト教ってこんなんなの?

182 :神も仏も名無しさん:2010/04/22(木) 18:23:09 ID:VPItBjJ/
キリスト教を母体としたカルト宗教は腐るほどある。
特に3大異教とされるのが「統一教会」「モルモン教」「エホバの証人」だ。
正統派クリスチャンにとって見れば、自分達と彼らを一緒にされるのは大迷惑という事になろう。
しかし歴史を振り返れば、伝統的カソリックやプロテスタントが行った殺人や強奪は
これらの3大異教の比ではない。
数百万の壷を買わせることなんて可愛いものに思えるほど残虐非道な事をしてきた。
しかし、洗脳された信者に共通した思考回路、つまり
「自分達の宗教だけは正しい 自分達だけは真理を知っている」
という暗黙の概念が彼らの罪悪感をすっかり消している。
過去のキリスト教史が立派な殺人を犯している事を知りつつ
「自分達だけは許される 自分達の宗教だけは特別だ」と思っている。
神が「殺せ!」と言えば平気で殺人を行う事実がある以上、
殺人集団のオウム真理教と区別することが出来るだろうか?


183 :神も仏も名無しさん:2010/04/22(木) 19:30:04 ID:8FsxTTEa

to181

宗教被害相談所なる掲示板に出ていた話の団体のことかな?
まず4/20(火)に72であなた宛に回答してくれている人がいるので詳細はそちらを読むように勧める。
あの掲示板に出ていた回答に少し付け加えさせてもらうと、愛知県にあるこのゴスペルスクールは
アメリカ系の団体だ。プロテスタントの新興宗教と密接な関係があるが、最近はプロの新興宗教
というと、どうしても韓国教会の影がちらつくのは仕方がないようだ。
韓国のプロテスタントは韓国土俗のシャーマニズムにキリスト風味のエッセンスをふりかけただけ。
だから教祖はシャーマンで生神様になっている。
日本にも得体の知れないじいさんやばあさんが生神様とか生仏様とかいって拝み奉られているなんて話があったりするだろ?
これの韓国版だと思えばいい。簡単にいえば韓国のどんつくどんつくおたぬき様〜だ。
日本ではどんつくどんつくおたぬき様〜は神道というシーズニングスパイスをかけるが、韓国ではプロテスタントの
シーズニングをかける。
最近は日本のキリスト教も韓国の影響を受けて、教祖を生神様として信仰するタイプのものが増えてきている。
こういう新興宗教系の宗派の教会にひっかかると人生あぼーんするケースが多いので、こういう教会にはもう二度と
足を踏み入れてはだめ。
プロテスタントの見分け方は宗教被害相談所の掲示板の回答を参考にするといいだろう。

184 :181です:2010/04/22(木) 21:15:56 ID:ozjsP856
183さん

ありがとうございます。

人種差別発言になってしまうけれど、
韓国人を信用出来なくなりました。

185 :神も仏も名無しさん:2010/04/25(日) 16:17:48 ID:trkCxlZA
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1270867654/562
>神の気紛れ(お遊び)のせいにしないことです(幼稚な神学論)。

聖書の価値観では、このように受け止めはしないことは了承されるかと思います。
ヨブ記のアレなんて現代人からみれば理不尽でしか無い。
信仰を試すために善人であったにも関わらず財産ばかりでなく妻子を奪われ、
信仰を認められた後もかつての妻子には会えない。たしかに倍の財産をもらって
新しい家族にも恵まれた。でも、それで前の家族の死が報われるのか?

結論からすると、(聖書、ヨブ記、イスラエルの神観からすれば)
「報われているのか」どうかは神が決めることであって、人間はそれを恩寵として受け入れるだけです。

興味深いのは、ヨブの友人たちが上記のような「正論」をヨブに対して振りかざした後、
「ヨブのように正しく語らなかった」「ヨブに牛や羊をもっていけばヨブはお前らのために祈り、
神も罰するのをやめる」とされている点です。人間が神の論理を振りかざすことへの
戒め、警告ともとれます。

186 :神も仏も名無しさん:2010/04/25(日) 16:42:07 ID:trkCxlZA
妻子、と書きましたが、妻は死んでないようです。訂正します。

ヨブ記、アブラハムの宗教の論理からすると、
「善人であったにも関わらず」(>>185)なんてトンでもない、
ということになるでしょう。なぜなら人間側が善であることをダシに
神が〜〜するべき、と要求してしまっているからです。

宝珠氏がカルマ論的にとらえている章句もこうした前提の上で書かれています。
ひとがおこなう善が報われるのは、神がその善に強いられているからではなく、
そうされることが要求されたからではなく、
ヨブへの試みと同様に、あくまで神の正しさ、神が義である事によります。

187 :神も仏も名無しさん:2010/04/25(日) 18:00:07 ID:trkCxlZA
まとめ+α「ヨブ記の効用」

・人間の努力・徳を盾に神を操作しようとする発想を戒める。
アブラハムの宗教では唯一絶対の神が世界のすべてを掌握しているのですから、
神が知らないうちに何かそうなっていた、神の力でもどうにもならなかった、
という説明はありえません。世界がどうなっているかは、神がどう考えているかに直結する。
つまり人間が自分の境遇を理不尽だ、と言うとき、天の配剤が理不尽だ、と言うのに等しい。
公正な処遇を求めようとして、自分の善行や美徳をあげる場合、それは神を、被造物の意図に
従わせようとする理屈になる。これは重大な僭越であるため戒められる。

・義人でも試されることによって、地獄のような目にあう。悪人ばかりが苦痛に遭うのではない
(これは当時のユダヤ人にとっても自明のことであったはずです)ことに説明をつける。
聖書には罪によって本人や子孫に害を与える、という記述もあるが、それを否定することも無い。
同じく神の義、神の正しさが前提としておこなわれている配剤である、とみなさせる。
ある人の苦痛をみて、神の義を持ち出して「お前が至らなかったせいではないか」と責めることを戒める。

苦難にある人を過去(生)で罪をおかした「前科者」にしないで済む、という要素が救いになることがある。

キリスト教徒である横田早紀江さんは、娘のめぐみさんが北朝鮮に拉致された時、
ttp://homepage3.nifty.com/taejeon/book/book11.htm
> 「こんな事件が起きるのは、因果応報だ」
> 「きちんと先祖をお祀りしていないからだ」
と言われて苦しんだという。

188 :宝珠愚者 ◆9XuF3XEACk :2010/04/25(日) 20:02:40 ID:pXFXRgeK
>>185-187
誠にすみませんが、
そもそも神を人格神と扱う信仰そのもの自体が幼稚なものとしか思えません。
聖書の記述の多くはただの宗教的な文学作品であり(信仰心を謳った)、そして象徴と比喩です。

189 :神も仏も名無しさん:2010/04/25(日) 20:19:16 ID:OcmXvh8k
>そして象徴と比喩です。

この言葉の意図はなんでしょう。多くは神話や伝説であり史実とは限らない、ならその通りです。
書いた人々、伝承した人々の側の意識はまた別の問題ですが。

190 :神も仏も名無しさん:2010/04/25(日) 20:41:55 ID:OcmXvh8k
イエスが神に「アッバ(父ちゃん)」と呼びかけるような信仰は幼稚なのでしょうか。
人格ある神との精神的な結びつきを支えにするような信仰は幼稚なのでしょうか。
幼稚、とは何なのでしょうか。私にはむしろ、唯一神論を突き詰めた帰結、
ユダヤ人の(ひいては人間誰しも直面する)苦難を踏まえた骨太な信仰に感じられますが。

これは予想でしかないのですが、宝珠さんは「理不尽な暴君(唯一神)への奴隷根性」
「人格神崇拝は情緒的、感情的であって論理的、理性的ではない」という評価をしてるんでしょうか。

191 :宝珠愚者 ◆9XuF3XEACk :2010/04/25(日) 23:22:02 ID:pXFXRgeK
>>189
文字通り、受け取るべきではない記述が多いということ。

>>190
>宝珠さんは「理不尽な暴君(唯一神)への奴隷根性」
>「人格神崇拝は情緒的、感情的であって論理的、理性的ではない」という評価をしてるんでしょうか。

ある意味ではそうです。

聖書が描きあげた神のイメージはどんなだか?今一度、思い起こして下さい。
要するに、自分の気に入らないものには怒り、破壊して滅ぼそうとする存在なのですね。
自分を褒め称えよ、などと要求するのは人間社会でも意識レベルの低い人のことです。

こんなものが神の筈はありませんから、
これらはユダヤ人たちの信仰意識の自己投影にしか過ぎませんね。

「神」とは起こったり喜んだりしない存在です。
そんな人間レベルの感情意識を遙かに超越した普遍的な意識存在です。
勝手に自分達の理解(レベル)できる概念に置き換えようとしたのが、彼らの人格神に過ぎない。
ただの概念です。


192 :神も仏も名無しさん:2010/04/26(月) 00:14:21 ID:OFYgyNsc
>>191
>文字通り、受け取るべきではない記述が多いということ。

どういう意味においてですか?
・じつは全く別の意味が秘められている。
・そのままだと倫理的に不味い。←これは著者の意図、文意がどうであったか、とは関係ないですね。

>勝手に自分達の理解(レベル)できる概念に置き換えようとしたのが、

これをすぐ上に書かれた記述にあてはめると、人間の尺度に当てはめて、
神意、天の配剤に意見した、となります。
試しに、宝珠さん神にこれを当てはめてみると、
「神は人間には計り知れない御心の持ち主であって、宇宙に充満する原理のような存在ではない。
それは哲学的思考・解釈から導き出された、単なる「第一原因」でしかない。ただの概念です。」
となります。

大前提としてどちらが神であるか、という選択が違っているだけで、構造は同じなのです。
各人が置かれている情況によって、どちらにリアリティ(あるいは心情的な要請)を抱きやすいかが、
左右される、というわけです。

193 :神も仏も名無しさん:2010/04/26(月) 00:35:11 ID:OFYgyNsc
>・そのままだと倫理的に不味い。

に「科学的、その他もろもろの意味で」を加えておきます。

194 :宝珠愚者 ◆9XuF3XEACk :2010/04/28(水) 20:35:44 ID:FK97GWS2
>>139-141
感想です〜大変、遅くなりましたm(__)m

魔女狩りが“女性嫌悪”といったものの顕れではないことは、
男性の魔女(魔術師)も多く含まれていたことからも明らかだと思います。
基本的には、魔術を悪魔崇拝と決め付ける無知からくるところの忌むべき邪教扱いなのでしょう。
そもそもが正統派と認められる思想以外はすべてが魔道であり、
そのすべてを信奉者もろとも抹殺したいわけですから当然でしょうね。

ただ、これまでの魔女狩りのイメージは誇張されてきたものらしい・・・
ということは、実に新しい話でした。

〜勉強になりました(短いコメントでした)。

195 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 17:05:56 ID:uek3tPqq
カトリックには未来のビジョンを魅せられたと称するヤカラが多いな。
それもほとんど悲惨なものだ。
人々に恐怖心を煽って信者を増やしたいのか?


196 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 17:39:17 ID:d571EWsQ
他スレにも書いたけど、やっぱりキリスト教ってニーチェの言う弱者のルサンチマンみたいな感じが拭えないよね。
弱者を開き直らせるだけで現世で強くさせはしない。
こういうこというと勝手にあわれんでくるけど、非信者の多くは逆に信者をあわれんでる件

197 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 19:48:31 ID:NTYtDphB
日本では少数派で相手にされてないからますますそんな感じ

198 :神も仏も名無しさん:2010/05/05(水) 07:11:50 ID:E0CI1aXC
> 自分を褒め称えよ、などと要求するのは人間社会でも意識レベルの低い人のことです。

神は人間に相手されて喜ぶような存在じゃあないよなあ・・・
聖書の神は所詮人間の創造物


199 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 23:07:47 ID:lufBXJvN
なんか、どこまでもKYなんだよね。
クリスチャンって。
空気も行間もよめないやつが勝手に奇跡とか神の恵みとか妄想しちゃって周囲を見ないオメデタい人たちw

200 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 15:06:13 ID:Y8ZYa3qF
>>196
キリスト教国で福祉が発達するわけだよね。

201 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 00:52:09 ID:11eSI5m3
>>200
キリスト教の国が勘違いして他国の弱者救済するとか言って、利権を貪るわけだよね。

202 :神も仏も名無しさん:2010/05/23(日) 13:02:55 ID:4rWRN4EQ
>>199オマイはKYというより、低能者(低脳者)!

203 :神も仏も名無しさん:2010/05/23(日) 14:23:32 ID:1NS8KYkx
君は逆ギレした信者さんみたいだね……

204 :神も仏も名無しさん:2010/06/01(火) 10:47:48 ID:COlpzlWX
違う考えを持つ相手を異端と称して、昔は殺していたからなあ。
クリスチャンは地上から消滅して欲しいね。

205 :神も仏も名無しさん:2010/06/01(火) 22:05:57 ID:Q1oX8/Zu
キリスト教の核は
@主、イエスキリストのみに奉仕せよ。他のものに
 奉仕してはいけない。
A互いに愛しなさい

強さは奉仕>>愛 ということなのだろう。
真のキリスト教徒は他の宗教のいかなるカリスマにも
奉仕しないが、愛することはする。
俺はキリスト教徒だが、他の宗教は全く問題なく愛せる。

206 :神も仏も名無しさん:2010/06/02(水) 09:44:03 ID:G3c3KStR
クリスチャンは地上から消滅して欲しいね。

207 :神も仏も名無しさん:2010/06/02(水) 18:21:29 ID:6B9FzMIF
>>205
それ全然核ではない。
カソリックはマリヤを拝んでいる。

208 :神も仏も名無しさん:2010/06/06(日) 11:03:04 ID:QFhy8hBx
マリア崇拝はカトリックでも禁じられている

209 :神も仏も名無しさん:2010/06/06(日) 11:08:07 ID:SlzQWSKu
マリアのあそ毛

210 :神も仏も名無しさん:2010/06/07(月) 10:51:49 ID:fK8HrDpj
http://www.sacred-destinations.com/italy/anagni-cathedral-photos/slides/IMG_3449p
(*´д`*)ハァハァ

211 :神も仏も名無しさん:2010/06/30(水) 01:08:15 ID:A49JRV1j
聖書ほど無意味で無価値なくだらない物がありますか
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1277826688/l50

このスレが完走するまで生残ってたら、次スレとして使えるな。

212 :ありがとうおじさん:2010/06/30(水) 22:03:31 ID:5u4cVFl5
アーメン

114 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)