5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【最終】仏陀はアートマンを説いた!?【決着】15

366 :4a/6 旧7:2009/09/18(金) 00:54:01 ID:YIwpV8RG
>>345
> 同じ人間を「聖」と「俗」に分類することは、オットーなどが唱えたようなキリスト教的概念。
 キリスト教誕生以前から、インドはもとより、世界中あらゆる所での宗教的事象には、
 この「聖」と「俗」という【区分】は存在する。日本には別のニュアンスとして「ハレ」と「ケ」という概念も存在する。
 何でもかんでもキリスト教と結び付けりゃいいってもんでもないw
 そして、この≪「聖」と「俗」、「ハレ」と「ケ」、「非日常」と「日常」、「稀」と「頻」、「異」と「同」、「あちら」と「こちら」≫等は、
 「光と闇」や「明暗」、「善悪」のような二項対立ではない。
 そこに価値の上下や優劣はない。あってもそれは流動的であり、TPOで大きく変容する。
 それらは並列されるものであり、【その、在り様が、性質が、役割が、期待されるものが違う】のだ。
 だから、区分されるのだ。だから 『結界』 という言葉・概念が存在するのだ。
 列挙した≪「聖」と「俗」、「ハレ」と「ケ」、「非日常」と「日常」、「稀」と「頻」、「異」と「同」、「あちら」と「こちら」≫のような言い方、
 それぞれ意味がある。歴史的、地域的、文化的視点で、価値の変転事例が見いだせる筈だ。
 そして、(古代インドに於いて)、遊行者が、沙門が、どこに位置づけられるか、
 聡明な貴方ならお分かりでしょう?
 古代インドに限らず、《宗教的領域に属する事柄、人、物、(思想)》が、どこに位置づけられるか、
 (→《人々にどのように受け止められるか》)、お分かりでしょうw

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)