5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「神との対話16」

1 :神も仏も名無しさん:2009/10/26(月) 12:50:11 ID:O6fjHi8m
「神との対話」
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1181402317/
「神との対話2」
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1186173819/
「神との対話3」
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1188390536/
「神との対話4」
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1190597671/
「神との対話5」
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1193492166/
「神との対話6」
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1197926667/
「神との対話7」
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1201102685/
「神との対話8」
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1203708463/
★★★神との対話9★★★
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1206258955/
「神との対話10」
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1217158822/
「神との対話11」
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1220592866/
「神との対話12」
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1228140903/
「神との対話13」
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1231042826/
「神との対話14」
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1234361896/
「神との対話15」
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1242723112/

2 :神も仏も名無しさん:2009/10/26(月) 12:56:50 ID:USEWQGnn
2

3 :神も仏も名無しさん:2009/10/26(月) 17:32:36 ID:7EPdSMrI
ここは★★神対スレ★★です。

神使ネタは↓で。 住み分けをお願いします m(_ _)m

神対、神使の共通点と相違点 4
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1255606121/

4 :神も仏も名無しさん:2009/10/26(月) 17:34:21 ID:7EPdSMrI
>>1

5 :5レンジャー:2009/10/27(火) 01:19:31 ID:mg9HN2OV
「2ちゃんコテ嫌い投票箱 Part3」
[PC版]http://www.vote5.net/2kote/htm/1249525268
[携帯版]http://www.vote5.net/2kote/ivote.cgi?result=on&room=1249525268

6 :神も仏も名無しさん:2009/11/06(金) 19:26:50 ID:Qbq0yrVE
神対は、神との対話3冊だけだと思ってたのに、
たくさん本出してるの知ってびっくり。

7 :神も仏も名無しさん:2009/11/13(金) 14:30:44 ID:VSIbQHAK
うーん。
神は、すべての物は物理法則のみに定まって動いているって言ってるよね。
そして人は完全に自由意志を持って生きている。
それでいて、全ての出来事は完璧で、偶然という出来事はないとも言ってる。
この2つって、同時に成り立たないと思うんだけど。

8 :神も仏も名無しさん:2009/11/14(土) 04:50:04 ID:To3hoqrv
それでいいのかと

9 :神も仏も名無しさん:2009/11/17(火) 00:41:39 ID:E9qigFKE
よくわかっていないからそう思うだけだよ。

10 :神も仏も名無しさん:2009/11/17(火) 00:57:47 ID:oqz8eQvI
自分はわかっているつもりなんだね。
自らそう言えてしまえる人間なんて信用できないな。

11 :神も仏も名無しさん:2009/11/17(火) 01:04:02 ID:RZ2h41h1
そりゃそうだろう。
でも私もよく知識をもっていて理解しているんですよ。
それはあなたにはわからないし、信用云々はあなただけのものだよ。

12 :神も仏も名無しさん:2009/11/17(火) 01:33:23 ID:oqz8eQvI
日本語に翻訳された本しか読んでないんでしょ?

それで、知識もあるし理解もしている、と言えてしまえるわけね。
本当に知識があり理解している人はそういう言い方はしないと思うけどね。
何をもって自分は知識があり理解していると断言できるのか、
その基準を示して貰いたいもんだ(失笑)

13 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/11/17(火) 02:48:11 ID:VnuKtIOP
神はあなた方ですよ。(そうでない場合は別として)
神との対話にも書いてありますよね。
神=生命=愛だと思いませんか?

14 :神も仏も名無しさん:2009/11/17(火) 06:25:54 ID:bDpU/+mG
書き込みは自分の心の現れ
そこに愛があるのか

読んでも実践しなければ
読んでないのと同じ

15 :11:2009/11/17(火) 23:55:02 ID:n36raaq4
>>12
どうでもいいんだけど、あなたは「神対」をきちんと読んでいないし理解もしていない
ことがわかるよ。
とりあえず、それをやってから何でも言ってくれ。


16 :神も仏も名無しさん:2009/11/18(水) 01:08:54 ID:F0cI+uZC
>>15
何をもって神対をきちんと読んでいないし理解もしていない、と判断するのか、
その根拠を「きちんと」提示しないとね。

そして、神対をきちんと読み理解する、とはどういう状態を指すのか、
それについても具体的な基準を提示するように。

17 :15:2009/11/18(水) 01:21:03 ID:FaxSvkN2
>>16
その答えは簡単。
>7で言う疑問を解決できないでいるからだよ。

 だからね、解決してからにしてよ。と言っているんですよ、言い換えればね。

18 :神も仏も名無しさん:2009/11/18(水) 01:44:40 ID:F0cI+uZC
>>17
答えになってないよ。

そして、君は>>7の疑問に答えた?

君が何をどう理解しているのか、
>>7の問い掛けに答えるかたちで示してちょうだい。



19 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/11/18(水) 11:30:11 ID:lhyMynl6
>>7
それが神聖なる二分法なんですよ。

20 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/11/18(水) 13:02:54 ID:lhyMynl6
皆さん心の中でこれを繰り返すと良いです。
私は誰だ?私は誰だ?私は誰だ?
私は無条件の愛である。無限の可能性である。全的喜びである。
全てと一体である。

21 :17:2009/11/18(水) 22:00:36 ID:AguS2h7J
>>18
本を読めばわかるだろ。と言ってるんだが・・・
>7、が質問だったなら、はじめから答えるつもりはなかったな・・
あなたには分かるとは思われないと感じてたからね。
自己解決してよ。・・・

22 :神も仏も名無しさん:2009/11/19(木) 00:08:47 ID:Q4SMTAWX
そうやって逃げるしかないよな、君の人生同様に。

23 :神も仏も名無しさん:2009/11/19(木) 05:29:39 ID:ekm1qg+k
言い返すと、言い返される。波長の法則。
精神世界の基本かと。 似たもの同士だから引かれ合う。
まず、そこに気づくこと。気づこうとすること。

24 :神も仏も名無しさん:2009/11/19(木) 14:08:50 ID:tfzpkiu7
相手にするあんたもな

25 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/11/20(金) 06:05:17 ID:L3n6udkE
神を愛する事。神を利用する事。神をしる事。神をだきしめる事。
神を助ける事。即ちじぶんを変える事に通ず。

26 :神も仏も名無しさん:2009/11/20(金) 19:03:54 ID:/Rhjx1ta
それには神とは何か?
愛とは何か?をはっきりさせないと進展しませんね。

27 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/11/21(土) 00:36:15 ID:n7V9u7Yi
>>26
神とは生命=愛です。
愛とは相手に喜びを与える事、受け取る事です。

28 :神も仏も名無しさん:2009/11/21(土) 00:39:41 ID:EQ6opKV5
そんな言い方は誰でも言える。

29 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/11/21(土) 10:15:55 ID:n7V9u7Yi
神とは存在する全て。そしてそうでないものも神です。


30 :神も仏も名無しさん:2009/11/21(土) 10:24:46 ID:QWo2rEkS
>>29
なんでお前にそんなことがわかるんだ?

31 :神も仏も名無しさん:2009/11/21(土) 13:02:38 ID:Q/qvbYI7
>>29
そんな言い方では利用できない。まるで説得性がないつーの

32 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/11/21(土) 17:34:06 ID:n7V9u7Yi
>>30
神との対話を深く読んで理解すればわかりませんか?


33 :神も仏も名無しさん:2009/11/21(土) 21:39:15 ID:QWo2rEkS
>>32
読めば理解できる?
読んでも観念を植え付けられているだけで、それは理解とは言わない。


34 :神も仏も名無しさん:2009/11/22(日) 01:10:54 ID:KO/ihJEr
>>32-33
同じ言葉でも気づきを得ることのできる人とできない人がいますね。
この場合においても経験が活きてくるのだと思います。


35 :神も仏も名無しさん:2009/11/22(日) 01:20:21 ID:Xoyd7z7N
理解とは、『私は誰か?』の問いが、形而上的または哲学的にではなく、
経験的に答えられた時に人間が達成する意識状態を云う。


これはオマケ。
The Size Of Our World
http://www.rense.com/general72/size.htm


36 :神も仏も名無しさん:2009/11/22(日) 01:48:12 ID:3eI5VHPA
神対の本は理解できる人が多いからベストセラーになっているんでしょ?
神曰く、みんな知っている、忘れているだけなんだ。と・・
で、説明しようとすると経験と思考を交えてするものなんだろうね?

37 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/11/22(日) 09:33:59 ID:MR/xEFHA
>>36
その通りです。全部をおもいだしてしまうとそこで終了になってしまう。
だから忘れるようになってるんです。


38 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/11/22(日) 13:31:45 ID:MR/xEFHA
私逹は誰だ?私達は誰だ?私達は無限の可能性である。
全的喜びである。全てと一体である。無条件の愛である。
神と一体である。 

39 :神も仏も名無しさん:2009/11/22(日) 14:28:23 ID:6UHj8Yqc
>>38 どこかの本の引用なら、そう書いた方がいいよ
神様ごっこと思われるよ

40 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/11/22(日) 22:31:55 ID:rCdP0Z/k
>>39
引用ではありませんよ。自分で悟ったんです。

41 :神も仏も名無しさん:2009/11/24(火) 04:42:42 ID:8HLRzghT
>>40 
>全てと一体である。無条件の愛である。 神と一体である。
これって、どういう時に感じたの? また、どういう実践してるの?


42 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/11/24(火) 19:46:46 ID:xUX9KQV8
>>41
日常生活で神を実感した時(人と話したりする時が主です)
に全てと一体である。無条件の愛である。 神と一体である事を
かんじます。つまり誰でもできる事なんですよ。
問題は自分が愛であるかどうかなんです。(不安であればその通りの
事を経験すると思います。)

43 :神も仏も名無しさん:2009/11/25(水) 05:35:38 ID:1HnQm+Y/
>>42 神様ごっこがしたいの?
もう一度聞くけど、人と話した時にどう実感したの?

ここは日記じゃない、他人が読んでもわかるように。
次も情報を小出しにするようだったら、NGにするから。

44 :神も仏も名無しさん:2009/11/26(木) 23:53:24 ID:XJuU5Bf1
なんだこいつww

45 :神も仏も名無しさん:2009/12/08(火) 19:23:50 ID:sRVHQRhE
ニールさんの奥さんってナンシーさんですよね?
最新作では〇〇・クレア(たしか)っていう名前の人が奥さんになってるんですけど、別の人?

46 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/08(火) 22:53:53 ID:ahf3/AJY
>>45
最新作って神へ帰るの事でしょうか?違ってたらごめんなさい。

47 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/08(火) 22:58:43 ID:ahf3/AJY
なんと!検索したらびっくり!
神が望む事って本が出てるんですね!
早速購入しました。

48 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/08(火) 23:14:50 ID:ahf3/AJY
神より幸せ が最新刊なのかな?見つけたとたん神より幸せになりました。
さぁ〜またやることが増えたぞぉ〜

49 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/09(水) 00:03:59 ID:/Ce2flvg
俺、今神より幸せです。もうずっと長い間忘れていた感覚が蘇ってきた。
私は神より幸せである。
そして私達は神より幸せになれる。

50 :神も仏も名無しさん:2009/12/10(木) 00:42:40 ID:ClWkmYm5
>>46
「変えれば変わる」が最新刊です。
その中で奥様の話になってエマ・クレアと表記されてたので、奥さん変わったのかなって思いまして

51 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/11(金) 13:21:49 ID:tiHULBXm
>>50
そうなんですね!!どうもありがとう!!

52 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/11(金) 15:21:13 ID:tiHULBXm
今日の気づき

わたし達は愛である。寛容である。慈悲である。光である。
きぼうである。祝福である。
神の祝福とは生命の祝福である。

53 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/11(金) 15:24:46 ID:tiHULBXm
人生とは気づきのプロセス
私達は限りない栄光を体験するために生を受けている

神が人間を創った目的は人間が神であることを知らせるため

知る。こと、体験する。こと、在ることの順に発達し、進化する。

54 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/11(金) 15:32:00 ID:tiHULBXm
外部の出来事は内的経験を変えることによって変わる。

愛を感じるということ。即ち神を体験するという事。

私達人類は毎日生まれ変わっている。

55 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/11(金) 15:37:41 ID:tiHULBXm
人間の魂の目的はすべてを経験すること、それによってすべてに
なりえること。

悟りとは、行くべきところもすべきこともないし、今の自分以外の
何者にもなる必要もないと理解することである。

ほしがらずに選ぶ事が大事。欲しいと思っても手に入れる事ができない
事のほうが多い。

56 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/11(金) 15:45:36 ID:tiHULBXm
神を愛すること。神を喜ばせる事は、自分を愛すること。
(もちろん他人も)自分を喜ばせること(もちろん他人も)
によって経験できる。

57 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/11(金) 18:18:59 ID:tiHULBXm
優超 というのは幻想である。したがって劣等 も幻想である。

わたし達にひつようなものは何もない。既に与えられているのである。

58 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/12(土) 00:36:20 ID:zM13pe2Q
私達は欲しいもの全てを手に入れる事ができる。
ただ選べばいいのだ。

どうしようもない困難なじょうたいにいる時私達は神からはなれてしまいがちだ。
だがそういうときこそ神の力を利用すべきである。

59 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/12(土) 20:05:05 ID:zM13pe2Q
私達は神と同じように偉大である。なぜならばわたし達もまた神だからだ。

不安というものは人間が創った幻想である。


60 :神も仏も名無しさん:2009/12/12(土) 22:00:01 ID:FdyEhBzm
>>58
どう神の力を利用しますか? 具体的にどうぞ。

61 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/12(土) 23:48:09 ID:zM13pe2Q
>>60
神は人間に無条件の愛と無限の喜びと自由を与えてくれています。
その3つを利用するということです。
答えになってないでしょうか?

62 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/13(日) 12:49:49 ID:R4pYsEgB
気づきには1〜無限の気づきがある。人それぞれ気づきが遅いか早いかの
違いだけである。

63 :神も仏も名無しさん:2009/12/13(日) 23:10:08 ID:IIOVPdIB
この公開オナニー1人語りショーがいつまで続くんだろうな。


64 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/20(日) 14:43:02 ID:vE0yVU0W
あげます。

65 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/20(日) 14:43:10 ID:vE0yVU0W
あげます。

66 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2009/12/20(日) 14:43:09 ID:vE0yVU0W
あげます。

67 :神も仏も名無しさん:2009/12/21(月) 18:55:04 ID:X3Qinf8e
インスピレーション湧かない
体がうずうずして静まってくれない
これ治るの?

68 :神も仏も名無しさん:2009/12/21(月) 18:59:01 ID:X3Qinf8e
おちんちんも勃たない
まだ20代前半なのに

69 :神も仏も名無しさん:2009/12/22(火) 15:25:33 ID:Wc/dWPik
神様、生きてる意味が分からない

70 :神も仏も名無しさん:2009/12/22(火) 17:54:22 ID:dvLTdQmf
>>69

そういう人はACIMのほうがいいよ。


71 :神も仏も名無しさん:2009/12/22(火) 18:03:34 ID:Wc/dWPik
>>70
ググった
教えてくれてありがとうございます

72 :神も仏も名無しさん:2009/12/22(火) 23:11:42 ID:FX4OWgpx
>>69-71
え?生きてる意味ないのがACIMじゃなかったか?

73 :神も仏も名無しさん:2009/12/23(水) 11:28:28 ID:/uA2B4ef
>>72
生きることは死ぬ事なり。
「悟り」が人生の目的なら、ACIM、「神の使者」流に言えば
今の生=この世人生からバージョンアップする変容が必要。


74 :神も仏も名無しさん:2009/12/23(水) 23:59:55 ID:K+s5ixVU
悟るとかバージョンアップするとか変容するというのは
状態Aと状態Bが同一存在上で成り立つことで、一方は在って一方は無いというのは変。

75 :神も仏も名無しさん:2009/12/24(木) 09:21:27 ID:YR6o6cgM
生きてる意味などないから分かる必要がないと言うのがACIMでしょ。
だから「生きている意味が分からない」と悩む必要もない。

まあ、神との対話も通じるところはあるわけだが。


76 :神も仏も名無しさん:2009/12/24(木) 11:23:03 ID:0cRQRoe5
新たにACIM覚えたけど、コースは神対とACIM両立とかじゃなくて一本に絞ったほうがいいかな?

77 :神も仏も名無しさん:2009/12/24(木) 17:51:36 ID:exZjgje6
>>74
>状態Aと状態Bが同一存在上で成り立つことで、
>一方は在って一方は無いというのは変。

あなたの頭が変でしょ。あんたは今の身長で生まれてきた?


78 :神も仏も名無しさん:2009/12/25(金) 23:15:49 ID:wTUzrEyH
>>76
>新たにACIM覚えたけど
覚える?・・・。
>>76の文章は、
自分の学びのコースに新たにACIMが加わったが神対とACIM
を平行させて学ぶか、一つに絞って学んだほうがよいでしょうか?
・・・・・というような意味?コースは奇跡のコースのコースともとれるし?


79 :神も仏も名無しさん:2009/12/25(金) 23:29:02 ID:ZVvq2t/q
>>78
前者です。

80 :神も仏も名無しさん:2009/12/26(土) 01:04:09 ID:IlMmaHb0
>>79
自分のケースで言うと、
「神との対話」を十分研究し実践して、役に立つ部分もあったが
尚不十分さを感じて、不足を補うため別のコースに向かった。
これからして「神との対話」の神は「最高の神=源そのもの」では無いかもしれない。
ACIMも別の学びの一環であり、自分で訳してブログでも発表していたが、
ある時「コースの翻訳をやめろ」という啓示を受けた。
納得できずに時間がかかったがようやくブログをストップさせコースから離れた。すると直接、
源へ向かうプロセスが始まった。
すると、実生活が実践の舞台となった。成果が早いのである。
コースは良い内容と思うが膨大な時間がかかる。
しかし学びのコースは千差万別で、それぞれが感じる道を自分で選択するしかないと思う。


81 :神も仏も名無しさん:2009/12/26(土) 16:27:07 ID:6ilq4ZVy
わたし自身も、自分が本にして発表したメッセージには絶対に間違いがないとか、それが「神自身の真実」であるなどと主張したことはないし、今後もするつもりはない。
わたしに言えるのは、自分の不完全なフィルターを通して受けとったことを伝えるためにベストを尽くしたこと、
それにわたしが不完全な状態で理解し表現したのであっても、その内容はわたしにはとてもありがたいものだったし、気づきをひろげてくれたし、人生経験をすばらしく豊かにしてくれたことだ。
とはいえ、その内容を公表したからには、わたしは誰もがそれを「価値あるものを収める部門」に入れてほしいし−それどころか、ぜひお勧めする−自分と向き合って、自分自身の気づきの声に耳をすましてほしいと思う。
(「変えれば、変わる」P213)

82 :神も仏も名無しさん:2009/12/29(火) 13:58:19 ID:573qwJF3
北海道で集会やってほしいです!

83 :神も仏も名無しさん:2009/12/31(木) 11:11:56 ID:V7AjLmyy
>>69
>神様、生きてる意味が分からない

本、読んでないだろ?
読めよ。
言われても読まないんだろ?




84 :神も仏も名無しさん:2009/12/31(木) 11:27:25 ID:HPflfak/
神社への初詣の参拝は、かなり略式化が進んでいるが、

禊→手水舎
神楽鈴を用いて神がかりするための巫女舞→鈴を鳴らす
託宣→御神籤

が本来のあり方だよね。

今でも、神がかりして、神様の言葉を直接参拝者に告げることができる、
本物の巫(かんなぎ 男性)や巫女さんって、日本にどのぐらいいるんだろう?

お札売りのアルバイターの巫女さんではなく、
本当に神降ろしできる巫女さんを、直接5人は知ってるが、あとは分からない。

韓国には、祖先の霊を降ろせる人は、2万から3万人いると言われているね。

85 :神も仏も名無しさん:2010/01/01(金) 07:02:10 ID:y7mOpZ57
今朝の気温が-1度になってるw

某神社で、略式のオミクジではなく、本格的な託宣を頂くために、
これから神滝の水に打たれる禊に行ってきます。

もし、夕方になっても私の書き込みがないようなら、心臓麻痺で逝ったと思ってください。

86 :神も仏も名無しさん:2010/01/01(金) 14:05:06 ID:uQS/EkaB
>>84
> 韓国には、祖先の霊を降ろせる人は、2万から3万人いると言われているね。


それほどはいない。

87 :神も仏も名無しさん:2010/01/02(土) 20:58:22 ID:R7eOLvle
世界中見回してみろよ
先進国のリア充にしか光当たってないぜ?
神はどこにいるんだよ?
リア充の中にだけ?w

88 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 11:12:35 ID:5PYVmHdP
まあ、とりあえず「神との対話」を読んでみることだ。
話はそれからだ。
リア充が何故より幸福になり、そして誰でも選択さえすればリア充になれることを理解できるから。

89 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 13:38:11 ID:6OyCz640
話はそれからだってなんだよそれw

選択なんてものは妄想なんだよ。
選択なんてしていないの、本当は。すべては決まってるわけ。
こういう掲示板でのやり取りも含めてね。

だからグルジェフは人間はただの機械だ、刺激に対して反応しているだけだ、
と喝破したわけ。

神との対話を読んで? それでどうなるんだ?w
余計なゴミを頭の中にため込むだけで、何も変わりゃしないよw

選択できると思い込んでいたり、リア充になるように変えようとするからダメなんだよ。

90 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 16:34:34 ID:5PYVmHdP
>>89
あなたがここに来てくれて嬉しいよ。
ここは「神との対話」スレだし、「神との対話」の疑問点を議論したり、否定することは大いに歓迎だよ。
ただ、読んでからの方が説得力あると思うよ。
無駄だと感じるなら読むべきでは無いが、となるとここで「神との対話」を否定する意図はなんだろう?
否定することで何を得たのだろう?


91 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 16:53:37 ID:6OyCz640
神との対話は神との対話ではなく、人(ニール)が考えたもの(様々なニューエイジのパッチワーク)だと認識している。
で、それを読むことの弊害は、もうここで何百回も指摘されているように、君のようにわかったつもりになってしまうこと。
自分は神との対話を読んで理解している、と。
吉田利子氏が翻訳した日本語を読んだだけなのに、理解している、と躊躇なく言えてしまうその滑稽さ。

自分には何も出来ない、本を読んだ程度では何も変わらない、ということをまず認めることからすべてがスタートすると思うけどね。
実際には何も知らない何もわからない、その劣等感、不安感から現実逃避しているだけなんだよなw

本を読んで頭の中でわかったつもりになっている君のような人間が、
何も知らない人たちをミスリードしているのを個人的に放置しておくわけにはいかない。

盲人が盲人の手を引いて、
ガードレールもなく一歩間違えば崖下に真っ逆さまの危険な道を案内しようとしている、
そんな光景を目の当たりにしたら、誰だって注意するだろうw



92 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 17:09:53 ID:5PYVmHdP
つまり俺を否定したい訳だね!
ありがとう!

なるほど。あなたの意図が理解できた。
ただ、俺は誰かをミスリードする意図はないし、理解したように振る舞ってもいない。
そう見えるのはあなたの頭の中の現象であって俺の事実ではない。
それから簡単にだけどグルジェフの言葉を読んでみた。
実に興味深い。
「神との対話」と共通する部分と全く相反する部分があるようだね。
もし、グルジェフを賛美しグルジェフの真理を共有したいのなら他の方法を探ってみるのはどうだろう?
グルジェフのスレを立てるのもそのひとつ。
既にあるのだったら申し訳ない。
少なくともここで「神との対話」を否定することでグルジェフを優位性を訴えようとする行為に生産性はないように感じるのだが、いかがなものだろう?


93 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 17:11:44 ID:6OyCz640
安っぽい神との対話程度の本を読んで感動して、自分は宇宙の仕組みがわかった!
と思えてしまう、そういうレベルは誰しもが通る関門ではあるけどね。

否定する人間は読んでいないに違いない、読めば否定できるはずがない、
というのが特定の教義(信念体系)に感化されてしまった人間、
つまりそこで歩みを止めてしまった人間の特徴なわけだ。

過去に神との対話を読み一時的に感化されてはいたが、
今はそれらの青臭い洗練されていなかった日々をある意味苦々しく振り返り、
そしてそれらをキッパリと唾棄し、次のレベルに進んでいる数多の人たち。

神との対話、と聞いて、ああ、そういうのを嬉々として読み漁って、
勘違いしていた時代もありましたね、
と、振り返ることができるように早くなるといいね。

94 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 17:14:27 ID:6OyCz640
>>92
自分が神との対話の信者だからと言って、
他の人も何かの信者だとは思わないことだね。

グルジェフを引き合いに出したら、それでイコールグルジェフ信者?

そういうところが青いんだよなw

95 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 17:19:55 ID:5PYVmHdP
俺を否定することで自尊心は満足したかな?
それなら俺と言う存在があなたの役に立ったわけだ。


96 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 17:45:22 ID:5PYVmHdP
感謝するのを忘れてた。
ありがとう。

97 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 18:44:39 ID:7PR30dhY
>>96

胡散臭いからありがとうなんざ言わなくていいよ。
馬鹿に馬鹿と言ってやるほうがいい。

98 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 19:18:21 ID:6Q5oSGH4
そこで私は力の原理を考えた。
球は当たった瞬間にポンとはね返る。
この原理は何にでもあてはまる。
球というものは平面的にいえば円であり、立体的にいえば球である。
この二つから考えた。
「押さば引け、引かば押せ」ではなく
「押さばまわれ、引かばななめに」というのが本当だと気がついた。
こうして編み出した手がいわゆる“空気投げ”である。
三船久蔵

99 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 20:05:54 ID:hiNd318Q
>>97
よお、馬鹿。
お前は馬鹿なんだから、すっこんでろ、低学歴のゴミ野郎。

100 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 21:16:26 ID:mTpXaSmo
>>98
今、この流れでなんでこのレスなのか、という感想を言えば深いのだが。
>「押さば引け、引かば押せ」ではなく
>「押さばまわれ、引かばななめに」というのが
>本当だと気がついた。
何が言いたいのか?
つまり、動きに円運動を利用すれば力を重心一点に集中できるということ、か?
しかも自らの力で跳ね返るから、相手の力を一点に集めさせて
自縛させる妙技ということ?



101 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 22:16:07 ID:6OyCz640
>>95
>俺を否定することで自尊心は満足したかな?

そうそう、この一言に君の深層心理がよくあらわれている。
君は自尊心を満たすために、つまりエゴの生き残りのために
神との対話を利用しているってことだよ。

なぜ神との対話なのか。
それは神との対話それ自体がエゴの保身のために書かれた本だからだ。
したがって、君はクリシュナムルティやラマナ・マハリシ、
そして神の使者といった本に現実逃避することは決してできないw

それらを読むとエゴが脅かされているように感じてしまうからな。


102 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 22:37:28 ID:sf6o1AxC
またサマディ来てるのか。
そりゃあ、そうだ。変化を恐れ選択を放棄してる人というのは、ただ刺激に反応して生きてるだけの人。
反応して生きるのではなく意図して生きようとしなければ何も変わるはずもない。

103 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 22:56:14 ID:6OyCz640
はは、変化を恐れているのは君なんだよ。
だから選択、選択、と言って、自分の都合のいい経験だけをしたいと奔走している。
機械のように反応して生きているから、変化を恐れる。
そして引き寄せだの何だの言ってエゴにとって都合のいい現実を選択できると思い込んでいたいわけだw


104 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 23:03:39 ID:5PYVmHdP
>>101
普通に現実逃避していないのだが。
どのように俺を判断しようともそれはあなたの頭の中の俺であって、俺と言う本質とは違う。
決めつけによる評価は嬉しくはないが、それがあなたの創り出した事実であるならば、その評価するあなたを俺は受け入れるよ。
もっともっと自由にあなたを表現するために俺を利用してもかまわない。
ただ、俺を卑下し見下し踏みつけようとも、俺と言う存在を抹殺することは不可能だよ。

エゴは自我のことだから、別に否定すべきものとは考えていないし、第一、肉体を持つ以上、エゴは不可欠だ。
エゴの質は人それぞれだけどね。
それで俺を否定することで何を得たのかな?

105 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 23:11:19 ID:6OyCz640
>>104
そっくりそのままお返しするよw

ただしエゴが不可欠だとする神との対話の主張は噴飯ものだなw

エゴが無くたって肉体は生きているだろう。
エゴがなければ肉体を維持できないのならラマナ・マハリシはどうやって肉体を維持していたんだ?w

君は何も知らないんだから、まず知らないということを受け入れろよw
本の受け売りはエゴにとってはたいそう気分のいいことかもしれないがなw

俺を否定している、と君が思っているその俺ってのはなんだ? 
こちらに敵愾心を向ける前にそれについてよく考えてみるんだな、おバカさんw

106 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 23:18:01 ID:6OyCz640
>88 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 11:12:35 ID:5PYVmHdP
>まあ、とりあえず「神との対話」を読んでみることだ。
>話はそれからだ。
>リア充が何故より幸福になり、そして誰でも選択さえすればリア充になれることを理解できるから。

選択次第で(笑)世の中で幸福になれる、と思い込んでいるうちはエゴの術中に嵌っているだけだw
世の中で何が起ころうが、幸福はそれらの事象とは何の関係もない。
“より”幸福になるのだとw 幸福ってのはそんな具合に比較対象できるもんじゃないよw
比較対象して、こっちのほうがより幸福だとww そんなものは幸福とはいいませんw

ホントにアホだなww

107 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 01:40:10 ID:0/xlJoAr
サマディくんは相変わらず進歩してないんだねぇ。
神対嫌いは見事なまでにキャラになっている。
参考になる否定派だ。
どうやったらこうなるかという見本を曝け出している。

108 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 01:54:37 ID:K1bwUCK0
>>107
気に入らない書き込みはみんなサマディ認定して思考停止し、
まともに反論できないお前は進歩どころか退化し続けてるけどな。

相 変 わ ら ず 人 格 攻 撃 だ け で

具 体 的 な 反 論 は 何 も で き な い ん だ な ? w

109 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 01:58:02 ID:K1bwUCK0
>参考になる否定派だ。

どう参考になるのか具体的に述べよ。

>どうやったらこうなるかという見本を曝け出している。

どうやったらこうなるのか、ということの具体的な中身を述べよ。

こう問われると逃げることしかできない神対信者の頭の悪さw


110 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 01:58:45 ID:35wq8MRa
>>108
誰だ、おまえは?
おまえはサマディくんを知らないみたいだな?
知らない者にそれをいう資格は無いな。
具体的な反論か?
それをいうならアホ、バカはないんじゃないかな?
キミ、それ分からない?


111 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 02:02:34 ID:35wq8MRa
>>108
もしかしてキミがサマディくんか?
まあ、そうだとしてもまともに話する気は、最初からないのが感じ取れているがね。

112 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 02:08:34 ID:K1bwUCK0
おっと今度は俺がサマディなんだそうだw

そんで、反論しない(本当はできない)ためのかわいらしい言い訳w

ずっとこのパターンwww

自分が信じている神対を貶されて悔しい。
自分は神対こそ究極の教えだと思ってるのに、
それを卒業したという人間がいることが許せない。

↑これだけなんだよな、こいつが反応している理由は。
要するに信じているだけ。理解なんかしちゃいない。
それどころかこいつ自身、神対をまともに読んでいるのかさえあやしい。

113 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 02:12:13 ID:35wq8MRa
>>112
サマディを否定するわけか?否定しないのか?どっちだ?
はっきりしろよ

114 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 02:16:57 ID:K1bwUCK0
悔しがってる悔しがってるwww

115 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 02:18:08 ID:tlWOmazp
はやくレス返せよ?
意味分かんないのかよ?
オレはサマディくんに話しかけてるんだぞ。
おまえがサマディでないなら、質問に答える必要はまだないのが分からないのか?

116 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 02:23:32 ID:tlWOmazp
悔しがってる、だって?
議論したいんじゃないのか?
訳分からん。
否定派は得るところはないのでどうでもいいんだけど・・・・
ということで、寝るか・・

117 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 09:48:21 ID:NYyhqGh+
>>106
>選択次第で(笑)世の中で幸福になれる、と思い込んでいるうちはエゴの術中に嵌っているだけだw
>世の中で何が起ころうが、幸福はそれらの事象とは何の関係もない。
>“より”幸福になるのだとw 幸福ってのはそんな具合に比較対象できるもんじゃないよw
>比較対象して、こっちのほうがより幸福だとww そんなものは幸福とはいいませんw

決定的に神対を読めていない馬鹿の証拠。

118 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 10:25:44 ID:0pZIzjGJ
>>117
じゃ、決定に神対が読めてるお前が、どこがどう間違っているのか、「具体的に」指摘してみろよw

こう問われると、自称・神対を読めていて理解しているという、マスター気取り君は遁走するしかなくなるwww


選択しリア充wになるどころか、サマディ幻影に怯えてキャンキャン吠えることしかできない神対信者哀れw

119 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 11:42:55 ID:LC/uHi3l
>じゃ、決定に神対が読めてる
決定に?
なにいってんのお前
俺はどうでもいい揚げ足取りをさせたらすごいぜ?
決定に
決定に
決定に
決定に
決定に
決定に
決定に
決定に

120 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 12:33:01 ID:otzsOR1g
>>117
問題を整理してみよう。

まず>>87が世界を見回してみれば、先進国のリア充にしか光が当たっていない、
神なんていないじゃないか、とまず述べた。

それに対して、>>88が、神対を読めば、

>リア充が何故より幸福になり、そして誰でも選択さえすればリア充になれることを理解できるから。

と返した。日本語的におかしいけどね。

>リア充が何故より幸福になり、そして誰でも選択さえすればなぜリア充になれるのか、ということが理解できるから。

とするべきだろう。まあそんなことはどうでもいい。

ここで>>88は、リア充は幸福であり、それがより幸福になれる、そして、
今リア充でない奴もリア充になって幸福になれる、と言っているわけだな?
神対を読めばそれがわかると言っているわけだ。

つまり、幸福とは外的条件に依存していると>>88は言っていることになる。
リア充というのは外的条件だよな? 

121 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 12:37:37 ID:otzsOR1g
さて、それに対して、>>106において、

>選択次第で(笑)世の中で幸福になれる、と思い込んでいるうちはエゴの術中に嵌っているだけだw
>世の中で何が起ころうが、幸福はそれらの事象とは何の関係もない。
>“より”幸福になるのだとw 幸福ってのはそんな具合に比較対象できるもんじゃないよw
>比較対象して、こっちのほうがより幸福だとww そんなものは幸福とはいいませんw

という反論が提起された。

そしてその反論に対して、>>117は、

>決定的に神対を読めていない馬鹿の証拠。

と評した。では、どこが決定的に神対を読めていない馬鹿の証拠なのか、
それを具体的に指摘しないと議論にはならないわな。

そして具体的な指摘をするようにと言われると、
そんなことを教える義務はない、読めばわかる、読めばわかる、の一点張りで逃げ続けてきたのが、
神対信者の手口であり、神対信者は、自分は神対を読んでいる、理解している、
と主張し続けているが、このように一貫して議論から逃げ続けているのである。




122 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 12:56:54 ID:otzsOR1g
補足しておこう。

神対信者が言う、選択する、というのはどういうことだろうか。
それは外的世界の条件を選べるということだろう。
つまり、条件次第で人間は幸福になれる、というわけだ。

しかし、アドヴァイタはじめ、仏教やACIMをこれはキッパリと否定する。
真の幸福とはいかなる条件にも左右されないと。
そもそも幸福と世界とは何の関係もないのだと。

条件付き幸福は、その条件が失われることで簡単に崩壊する。
そして世界とは常に変化していくのだ。諸行無常。
つまり、ある条件にずっとしがみ続けることなど不可能なのだ。
その条件そのものもまた変化しいずれ消滅してしまうんだからね。

123 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 13:30:43 ID:NYyhqGh+
>>121

>そして具体的な指摘をするようにと言われると、
>そんなことを教える義務はない、読めばわかる、読めばわかる、の一点張りで逃げ続けてきたのが、
>神対信者の手口であり、神対信者は、自分は神対を読んでいる、理解している、
>と主張し続けているが、このように一貫して議論から逃げ続けているのである。

>>選択次第で(笑)世の中で幸福になれる、と思い込んでいるうちはエゴの術中に嵌っているだけだw
>>世の中で何が起ころうが、幸福はそれらの事象とは何の関係もない。
>>“より”幸福になるのだとw 幸福ってのはそんな具合に比較対象できるもんじゃないよw
>>比較対象して、こっちのほうがより幸福だとww そんなものは幸福とはいいませんw

神対が言っていることを神対への批判に使っているからだよ。
読めいてないか、単なる馬鹿か、どちらかでしかない。


124 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 13:34:09 ID:NYyhqGh+
>>122
>神対信者が言う、選択する、というのはどういうことだろうか。
>それは外的世界の条件を選べるということだろう。
>つまり、条件次第で人間は幸福になれる、というわけだ。

違うね、決定的に読み間違えている。
どんな条件であろうと気持ちの持ち方次第で全てを変えることが出来る。
ということだよ。

>条件付き幸福は、その条件が失われることで簡単に崩壊する。
>そして世界とは常に変化していくのだ。諸行無常。
>つまり、ある条件にずっとしがみ続けることなど不可能なのだ。
>その条件そのものもまた変化しいずれ消滅してしまうんだからね。

その通り、神対の言っていることそのまま。

125 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 13:40:05 ID:otzsOR1g
>>123
では、神対がこちらの主張している通りだと言うのなら、
>>88は間違っているということになるがそれでいいのかな?
そして、神対の一体どこにそのような記述があるのか、
具体的にその箇所を引用してもらいましょうか。

>>124
>違うね、決定的に読み間違えている。
>どんな条件であろうと気持ちの持ち方次第で全てを変えることが出来る。
>ということだよ。

変える必要がないんだよ。
そこが君が何も分かっていないところだ。
幸福がいかなる外的条件にも左右されないのなら、
どうして外的条件を変える必要があろう?

君こそ、ACIMやアドヴァイタを何も知らずに
神対と同じだと主張しているただの馬鹿であることがこれでハッキリした。

126 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 13:41:06 ID:otzsOR1g
>気持ちの持ち方次第で

この陳腐な表現を見ただけでも、この人物のレベルの低さがよくわかる。

127 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 13:45:15 ID:NYyhqGh+
>>125

>幸福がいかなる外的条件にも左右されないのなら、
>どうして外的条件を変える必要があろう?

外的条件を変えるんじゃないよ。
まだ分かってないね。
外的条件なんて変えられないんだから、自分の内面を変える。
私たちに出来るのはそれだけ。

変える必要はないよ、変えたくないなら。
変えたければ変えればいい。
変えてはいけないってもんではないし。
それは個人の意志。

>>88は間違ってないね。
あなたが読めてない。



128 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 13:53:42 ID:NYyhqGh+
>>126

真理ってのはシンプルで陳腐なんだよ。

129 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 14:00:28 ID:otzsOR1g
>>127
説明になっていないな。

君はたった今、

>違うね、決定的に読み間違えている。
>どんな条件であろうと気持ちの持ち方次第で全てを変えることが出来る。
>ということだよ。

と書いている。気持ちの持ち方次第で→全てを変えることが出来る。
気持ちの持ち方ってなんだ?w それについても説明してもらわないとね。

そして、>>88はこう言っている。

>リア充が何故より幸福になり、そして誰でも選択さえすればリア充になれることを理解できるから。

リア充とはなんだ? 現実がリアルに充実している、という意味の、まあ言わば2ch用語だな。
現実と君が認識しているこの世界での外的条件(収入や地位、学歴、彼女etc)そういうものが充実しているということだ。
君の>>127の主張とはまったく相容れないじゃないかw

仏教やアドヴァイタは、気持ちの持ち方wですべてが変わるなとどは言わない。
何も変わらないよ、世界は。あなたの幸福と世界は何の関係もないと言っている。
世界とやらがどんな状況にあろうと、幸福というのはその世界とは「何の関係もない」、
というのが仏教やアドヴァイタの説くところだ。
そしてACIM、神使は、世界というのは幻影なのだからさっさとそれを消してしまうように、
というところまで踏み込んで言及している。

ニールがニューエイジの知識を動員して作り上げたフィクションの神との対話とはまったく違う。

世界は神が経験するために創造した、と神対の神(=ニール)は主張しているが、
仏教もアドヴァイタもACIMもそんなことは一切説いていない。

130 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 14:01:15 ID:otzsOR1g
>>128
真理を知らない人間が真理を知っているかのように語ることが陳腐なんだよ、君のようにねw

131 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 14:09:09 ID:otzsOR1g
>>87はこう書き込んだ。

>87 :神も仏も名無しさん:2010/01/02(土) 20:58:22 ID:R7eOLvle
>世界中見回してみろよ
>先進国のリア充にしか光当たってないぜ?
>神はどこにいるんだよ?
>リア充の中にだけ?w

もし>>88が幸福は世界とは何の関係もないことがわかっているのなら、

>リア充が何故より幸福になり、そして誰でも選択さえすればリア充になれることを理解できるから。

こんな発言はしないばずだ。
誰でも選択さえすればリア充になれる。と断言している。
>>87の発言、

>世界中見回してみろよ
>先進国のリア充にしか光当たってないぜ?
>神はどこにいるんだよ?
>リア充の中にだけ?w

に対してだ。リア充になる、というような外的条件が整うことの中に幸福がある、
>>88は主張しているわけだ。

つまり、君が>>123-124 >>127のような主張をするのなら、
おそらくは君自身であろう>>88の発言とは決定的な矛盾をきたしているということになる。

132 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 14:52:49 ID:5mbGX7bw
スレ違いだけど、神使でいう「赦しの実践」は素晴らしいと思う。

133 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 18:15:49 ID:qeNqKnPk
>馬鹿に馬鹿と言ってやるほうがいい。

同感だわ、
というかあいつは馬鹿を承知でやっているところがいい。

134 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 19:44:57 ID:sKBsLPI0
>>89
>選択なんてものは妄想なんだよ。
>選択なんてしていないの、本当は。すべては決まってるわけ。

これは「神の使者」にそっくりあったぞ。君が「神の使者」に教えたのか?
それとも自分の体験で悟ったのか?


135 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 22:32:33 ID:0pZIzjGJ
>>133
本物の馬鹿は、反論出来ずに自演して、他人を馬鹿呼ばわりすることしか出来ないんだらしいな。
お前のことだよw

136 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 22:38:15 ID:nITL/Ylb
>>135
反応したということはあんたのことだったのか?
反論って、まともな説明でもないのにできるのかね?

137 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 22:39:45 ID:HFtvb10v
「神の使者」は読んでいないが
願望実現とか金儲けのテクニックは書いてあるの?

138 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 22:52:44 ID:NYyhqGh+
>>129

>現実と君が認識しているこの世界での外的>条件(収入や地位、学歴、彼女etc)そういう>ものが充実しているということだ。

それはあなたの定義。
あなたがいかに物質的な充足というものに囚われているか?の証左だ。


139 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 22:55:13 ID:NYyhqGh+
物質的じゃなくて外的条件だ。

140 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 23:39:56 ID:otzsOR1g
>>134
>これは「神の使者」にそっくりあったぞ。君が「神の使者」に教えたのか?

はは、まさか。

>それとも自分の体験で悟ったのか?

悟りなどというものとは違う。
しかし、思考が完全に止まる、あるいは思考と私とは違うということを体感する、
という経験をしたとき、すべての思考→創造→経験が自動的に起きており、
そこには自由意志の入り込む余地は髪の毛ほどのスペースもない、ということがわかった。
すべてはRPGのシナリオのように予め決まっており、自我にそれを変えることは不可能なんだよ。

では、救いはないのか、というと、そうではない。
シナリオの外に出る、つまり神使風に言うと、宇宙を消滅させる、ということ。
そこにしか本当の救い、つまり本当の幸福はない、ということ。




141 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 23:42:14 ID:otzsOR1g
>>138
違う。君がそう定義しているじゃないか。
君は世の中は自分次第で何とかなると思っている。
それは違うよ、と言っているわけ。
物質的な充足と幸福とは何の関係もない。


142 :神も仏も名無しさん:2010/01/06(水) 23:50:17 ID:otzsOR1g
>138
では、君がいうリア充とは何か、キッチリと定義してもらいたいね。
君は、神対を読んで理解すれば、リア充になれる、と言ってるわけだろう?>>88で。
その辺を具体的に展開してくれ。そうすれば議論が進展する。

さあ、どうぞ。

143 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 00:15:10 ID:+4XGX/jf
割り込んですまんが

刺激に反応しているだけで自分の意志や選択の余地などなく、何をしようと変わらないのであれば、何もしなければよい。
菜食か肉食かもそれぞれが刺激に反応して行っているだけで選択などできないのであれば意味はない。
欲を消すも消さないも刺激に反応しているだけで選択などできないのであれば意味がない。
悟りへの道、具体的な方法も刺激に反応しているだけで選択の余地などないのであれば意味がない。
罪を犯すも善行をなすも悟るも悟らないもあらかじめ決まっていて選択の余地などないのであれば何をしても意味はない。
選択や意志を放棄した者のたどり着く場所は眠りか死しかない。
選択や自由意志のない世界とはこういものだ。

昨日君が書いていた大量の文章に君の自由意志や選択が反映されていないとするならば、それはとてもとても滑稽な話だ。君らのやりとりも意味はない。
しかし果たしてそうだろうか

144 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 00:19:12 ID:SlerW777
>>140
おもしろそうな話だけど、誰も理解できそうにない自分だけの経験なんて
他人に言うだけの価値があるのかな?

 >つまり神使風に言うと、宇宙を消滅させる、ということ。
そこにしか本当の救い、つまり本当の幸福はない、ということ。

 荒唐無稽にもほどがある。
分かりやすく解説してくれる者がいないかな?
神使者風なんて持ち出さずに自分の理解で言えばいいのに・・・
理解している気になってるだけじゃないの?



145 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 00:30:11 ID:SlerW777
>すべてはRPGのシナリオのように予め決まっており、自我にそれを変えることは
不可能なんだよ

似たようなことはよく書かれている本があるが、これは間違った解釈だな。
具体的に言ってもらうとより間違っていることがはっきりするだろう。


146 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 00:32:12 ID:SE70ySzg
>>144
エゴ、つまり本来バラバラの思考(想念)があまりにも高速で通り過ぎてくるので、
それを一塊の何かだと勘違いしている感覚を自己だと思い込んでいる限り、
そこに自由はまったくない、ということ。

それは思考から離れ、思考が自分ではない、ということを体感しないとわからない。

だから宇宙を消滅すること、つまり、今の我々が想定しているような「私」など、
本当は存在しておらず、それは錯覚にすぎないと気付くこと、その時、
我々の認識している、この偽りの宇宙は消え去るってこと。

その偽りの宇宙に幸福のための何か(条件)を求めてもまったくの無駄、徒労に終わる。

147 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 00:38:17 ID:SlerW777
>>146
なるほど、
ということは本物の自由はあるわけか?
RPGのシナリオのように予め決まっている、とは矛盾しているな?
話がコロコロしているように思えるが?

148 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 00:44:24 ID:SlerW777
>>146の後半でいうのはこの世が幻想という意味なのか?
>その偽りの宇宙に幸福のための何か(条件)を求めてもまったくの無駄、
徒労に終わる。

 分かるような気がするが、
上の方で、悟りなどというものとは違う、と言っているが、
それは悟りを説明しているのとたいして変わらないじゃないか?

149 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 00:53:23 ID:+4XGX/jf
>>146
それで、君はいつ消え去るつもりなんだい?
自我も世界もないとか、受け売りだとか、俺をこのスレから消してみろとか、同じ発言をくり返しながら2ch三昧でいる。
完全に自己主張という自我、2chという世界、その中で同じ行為をくり返し、執着してるようにしか見えないんだが。

150 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 01:05:48 ID:SE70ySzg
>>147
我々のように「私」=エゴである場合、自由はまったくない。
そして私が経験したように一時的に思考が分離するようなレベルではなく、
完全にそこから抜け出せば、自由そのものだろう。

>>148
一時的に垣間見た(垣間見せられた)程度では悟りとは程遠いよ。

>>149
当分無理だろうな。
でね、こんな程度の体験をした人は世界中にごまんといるんだよ。
まるで大したことではないんだ。

執着しているように見えるのは君が私に執着しているからだろう。


151 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 01:15:40 ID:SlerW777
>>150
それは分かっている。それで、何が完全に抜け出すんだい?
それが肝心なところだな?

 悟りとは一時的なものではないよ。
悟りを分かってなかったか?

152 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 01:20:37 ID:+4XGX/jf
体感しても結局戻ってきてるわけだしな。
なんで戻ってきたのかって話。それはこの世でしかできない経験をまだやり残しているからにほかならない。

153 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 02:03:30 ID:SE70ySzg
>>151
I AM THAT I AM.

悟りとは一時的なものではないよ。
一時的なものは悟りではない。だから悟りではないと言っている。
悟りとは体験ではないからね。

>>152
違う。
牢獄の中から一瞬、外の自由な世界を垣間見た。
するともう牢獄には何の意味もないということがわかる。
牢獄が本当に牢獄であったということがわかる。
後はもう牢獄から抜け出すこと以外には一切の意味がないことを体得する。

牢獄でしか体験できない経験をまだやり残している、というのは、
本当にここが牢獄であることを体感していない人間の戯言だ。
ここが牢獄であるはずがない、ここが牢獄であってはならない、
というエゴの叫びだなw

だから、神との対話は、エゴが自己保身のために用意した罠だと言ってるんだよ。
牢獄の外の自由な世界をキリストに例えるのなら、神との対話はまさに「反キリスト」の代表格だ。


154 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 02:14:42 ID:+4XGX/jf
という意見も刺激に反応しているだけで自分の意志によるものでないのなら何ら意味はない

155 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 02:35:32 ID:SE70ySzg
>>154
その通りだな。時間があればまた明日。

156 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 02:42:22 ID:SlerW777
>>153
そうだな。

 牢獄とはこの世の肉体のことを言っているのだろうが、
この世に生まれてくる以上牢獄といって済まされないぜ?
牢獄とする価値観では得ようとする経験や、カルマの解消は苦になるな。
牢獄として苦を背負うようなことはしなくてもいいだろ?
魂は多次元的存在といわれるゆえに、この宇宙は住みこごちの良い場所であるはずだ。
エゴ感覚なら牢獄ともなり得るか?

エゴの自己保身のためなら、どんな哲学も宗教においても危険な罠になるのは
分かるな。
だからそれは、あんたが言うように神との対話が特別ではない。

 いつもの「神との対話」を嫌う悪い癖(あんたの本音だな)が出たな?
その嫌う理由を、是非とも訊きたいものだな??

157 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 09:36:06 ID:HQrPcwpi
>>141
>違う。君がそう定義しているじゃないか。
>君は世の中は自分次第で何とかなると思っている。

どこで言った?

>それは違うよ、と言っているわけ。

何度も言うように、
世の中に起きることについて意味付けをしているのは他ならぬ自分自身。
たとえば、人が死ぬことを不幸と捉えるか幸福と捉えるか?見方によって変わる。
だろ?

捉え方を変えれば世界についての見方が変わる。
それは世界が変わること。
つまり自分が変われば世界は変わる。
自分次第でなんとかなるのさ。

>物質的な充足と幸福とは何の関係もない。

その通りだよ。

158 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 09:40:52 ID:HQrPcwpi
>141

>君は世の中は自分次第で何とかなると思っている。

結局あなたは、自分では意識していないんだろうけど、
「なんとかなる」の部分に「物質的な充足」を含んでしまっているんだよね。
なんとかなるためには物質的な充足が必要不可欠だと思っているんだよ。

だから、いつも頓珍漢なの。

159 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 09:51:21 ID:Jqf2t1pa
>>156
お前はサマディを嫌ういつもの癖が出ているだけだなw
とにかくサマディ憎し。サマディへの嫉妬から攻撃しているだけ。

>>157
馬鹿だなw
お前の言う、捉え方を変える、というのはエゴがそれをやろうとしているんだろうが。
だから神の使者を全然わかっていないと言ってんの。
いいから神の使者を読んでみろ。話はそれからだw

>>158
頓珍漢なのはお前なの。
物質的充足が必要不可欠だと言ってるのはお前ら神対信者だろうがw
神は経験することが必要だから、そのために世界が存在してるんだろ?
で、選択次第でリア充になれるって言ってんだろ?
物質的充足を求めてるってことじゃねーかwww


だから、神対信者はいつも頓珍漢なのw


160 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 09:54:38 ID:Jqf2t1pa
リア充云々言い出したのは、神対信者なんだぞw
リア充ってどういう意味だ? 
リア充と言うときの、リア(ル)ってのは何のことだ? ない頭を振りしぼって考えてみろw
お前はもう完全に論破されてしまったんだよ、バカな神対信者w

161 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 09:58:46 ID:Jqf2t1pa

87 :神も仏も名無しさん:2010/01/02(土) 20:58:22 ID:R7eOLvle

世界中見回してみろよ
先進国のリア充にしか光当たってないぜ?
神はどこにいるんだよ?
リア充の中にだけ?w


88 :神も仏も名無しさん:2010/01/05(火) 11:12:35 ID:5PYVmHdP

まあ、とりあえず「神との対話」を読んでみることだ。
話はそれからだ。
リア充が何故より幸福になり、そして誰でも選択さえすればリア充になれることを理解できるから。

162 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 10:26:14 ID:HQrPcwpi
>>159
>お前の言う、捉え方を変える、というのはエゴがそれをやろうとしているんだろうが。

「聖霊に委ねる」ってのもエゴがやってるんでは?w
今あなたが起こしてる行動でエゴが起こしていない行動はあるの?

>頓珍漢なのはお前なの。
>物質的充足が必要不可欠だと言ってるのはお前ら神対信者だろうがw

言ってないってw

>神は経験することが必要だから、そのために世界が存在してるんだろ?
>で、選択次第でリア充になれるって言ってんだろ?
>物質的充足を求めてるってことじゃねーかwww

なんとかなるためには物質的充足が必要不可欠だと思ってないと、
そんな結論にはなりませんよ。

163 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 12:08:13 ID:SE70ySzg
>>159
>お前の言う、捉え方を変える、というのはエゴがそれをやろうとしているんだろうが。

その通り。
単に考え方や気の持ち方を変えただけでは、ある思考から別の思考に乗り換えただけであり、
構造的にエゴからシフトすること(脱獄すること) にはならない。
そこが理解できていないから、神対信者たちは何もわかっていないんだな。
そして相変わらず、この世に意味がある、という呪縛から抜け出せていないわけだから。



164 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 12:12:17 ID:SE70ySzg
>>162
では君のいうリア充とは一体なんだ?
この世に意味がある、という前提で語っているわけだろう?
考え方を変えれば世界が変わる、そして世界の中に幸福を見いだせる、
ということだろう。それは物質的充足に何かを求めている証拠なんだよ。

世界はない、という前提で事を進めて行くのがアドヴァイタや仏教、ACIMの立場。
だから神との対話とは絶対に相容れない。
何しろ神との対話の神(=ニール)は、世界は存在する、世界には意味がある、と主張しているのだから。

165 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 12:42:42 ID:HQrPcwpi
>>164

>この世に意味がある、という前提で語っているわけだろう?

全ての神対信者はこの世に意味があると思っているっていう
あなたのエゴの思い込みをまず捨てることからはじめればいいと思う。
意味を見いだすも見いださないもその人の勝手。

>考え方を変えれば世界が変わる、そして世界の中に幸福を見いだせる、
>ということだろう。それは物質的充足に何かを求めている証拠なんだよ。

なぜ短絡的に結びつくの?
あなたにとってはそうかも知れないが他の人にとってはそうではないかもしれないじゃない?
私にとってそうであれば他の人にとってもそうなんだと言う思い込みを捨てなさい。

>神との対話の神(=ニール)は、世界は存在する、世界には意味がある、と主張しているのだから。

先にも書いた通り、
意味があるとするのも意味がないとするのもその人の勝手。
意味があると思うならそれなりの生き方をすればいいし、
意味がないと思うならそれなりの生き方をすればいい。


166 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 13:04:56 ID:WCBMPgup
>>165
あなたの解説は、神との対話の教えではないね。
あなたこそ、勝手に神との対話の代弁者みたいな振舞いをするのは慎んで貰いたい。
迷惑です。

167 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 13:31:14 ID:HQrPcwpi
>>166

あらまw


168 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 13:33:19 ID:HQrPcwpi
>>166

ついでに言っときますけど、
私は神との対話を代弁しているつもりはありません。
神との対話から学び、自ら考え、経験し、辿り着いた自分自身の考えを書いているだけです。


169 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 14:14:26 ID:hT1VLJIw
客観的な視点から見て、神対派の主張はブレまくってると思う。
あるときは神対は神使と両立すると言ったかと思えば、別の機会には神使を全面否定したり。

結局、神対派としての主張というよりも、神対を否定されたことへの意趣返し、
恨みに基づくリアクションや個人攻撃に終始し続けてきたことへのツケだと思う。
神対派には、ちゃんとした議論ができない子供が多いのだと思われる。

それによって結果的に神対という本への評価が堕ちて行っているのではないか。

賛同するか否かは別として、少なくとも神使派?の主張にはブレがなく首尾一貫していることは評価できると思う。

170 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 14:54:07 ID:WCBMPgup
>>168
じゃあ、自分は神対を理解してるなんていう恥ずかしい書き込みはやめてね。

171 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 14:56:40 ID:9Ni4f/1z
強い光には強い影は付きもの。
影の役割の>>169ですか?

172 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 15:19:54 ID:mb1Kh225
>>170
そのまま受け取るあんたが、恥ずかしさにおいて上回っているんじゃなかろーか?
という見方もある。いや、失礼

173 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 15:26:06 ID:HQrPcwpi
>>170

理解していないと
その先にはいけないでしょう。


174 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 15:42:22 ID:WCBMPgup
>>173
へえ、理解してるんだ(笑)。
そう断言できてしまう根拠を説明してね、具体的に(笑)。

175 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 15:51:35 ID:bVditpTj
確かにID:HQrPcwpiは恥ずかしい奴だなw

176 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 16:12:48 ID:HQrPcwpi
>>174

あなたは理解していないのに人の批判をしているわけ?

177 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 16:18:31 ID:WCBMPgup
>>176

ごまかさないで質問に答えてね、恥ずかしい人。

178 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 16:22:19 ID:HQrPcwpi
>>174

馬鹿には分からないかも知れないから分かりやすく書いておくかw

>>166であなたは、
>あなたの解説は、神との対話の教えではないね。

と書いたわけですが、
あなたは、自分が神との対話の教えを理解していると思っているから
私の解説が「神との対話の教えではない」と判断したんではないの?

にもかかわらず、

>>173においては、
>へえ、理解してるんだ(笑)。
>そう断言できてしまう根拠を説明してね、具体的に(笑)。

自分は理解していないかのようなレスをする。

こんな単純な自己矛盾にも気がつかないほどあなたは馬鹿なんだろう。







179 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 16:26:25 ID:HQrPcwpi
理解はひとつではないんだよ。

あなたにはあなたなりの理解があり、
私には私なりの理解がある。

一人一人は自分の理解に責任を持って行動すればいい。

それだけだろ?


180 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 16:35:21 ID:WCBMPgup
>>178
馬鹿はあなたです。

皮肉なことに神対否定派が指摘しているように、
神対ではこの世界は経験のために創造されたと説明されています。
経験することに意味があります。

しかし、馬鹿なあなたは*>>165で意味があるかどうかは人それぞれと言ってる。

それは神対の教えじゃない。

勝手に神対派の代表みたいな横柄な態度で仕切るなと言ってるの。

わかった? おばさん。

181 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 16:41:17 ID:bVditpTj
さあ、盛り上がってまいりました、ついに始まった神対派同士の内ゲバ抗争w



182 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 16:44:15 ID:bVditpTj
ID:HQrPcwpi

↑神対スレがいつも荒れるのはこいつがいるからなんだよねw
こいつがいつも、自分は理解している、お前は理解していない、
と上から目線で仕切ろうとするからスレが荒れる。
こいつこそが本当の疫病神なんだよ、大天国でもサマディでもなく。

183 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 16:57:40 ID:HQrPcwpi
>>180

神対には「私を信じるな」とも書かれているよw

>>182

上から目線に見えるのはあなたの心に原因がある。
神対に書いてあるよねw

184 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 17:01:52 ID:HQrPcwpi
>神対ではこの世界は経験のために創造されたと説明されています。
>経験することに意味があります。

ニールのフィルターがかかっているからね。
ニールが世界に意味があると思いたいからそういう答えになる。

これを神使派は「ニールの創作」と言うんだろうが、
これは創作でも何でもなく仕方ないことだと私は思う。

読む側が気をつけて読まなければならないところだと思う。




185 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 18:11:26 ID:WCBMPgup
ああ言えば上佑(笑)。

神対を理解しているつもりのインチキおばさんは、神対の教えを実践できていないことを身を持って示すことで、
自分の主張の説得力をゼロにし、神対もおとしめています。

なんと、著者のニールより、自分のほうが神対をよく理解してるそうですから!

186 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 18:16:05 ID:HQrPcwpi
>>185

神対の教えなんて言っている時点で
ニールの意図から一番離れていることに
気づかなきゃ。

何のことだかわかんないだろうけどw


187 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 18:30:57 ID:WCBMPgup
キチガ○につける薬なし。

確かにこのキチ○イおばさんこそ、このスレの最大の疫病神だね。

自分が一番であるために神対を利用しているだけ。

実践を伴わない知識は精神を蝕むという恰好のサンプル。

188 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 18:46:56 ID:HQrPcwpi
>>187

やっぱりわかってないんだね。


189 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 19:01:05 ID:WCBMPgup
>>188
わかっていないように見えるのはあなたの心に原因がある。
神対に書いてあるよねw



190 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 19:14:21 ID:HQrPcwpi
>>189

ぷっ、頭弱過ぎだよ。


191 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 19:30:21 ID:WCBMPgup
>>190
わざわざ自己紹介しなくてもいいんですよ、キチガイおばさんw

192 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 20:26:13 ID:IIgwSJOh
>>140
>すべての思考→創造→経験が自動的に起きており、
>そこには自由意志の入り込む余地は髪の毛ほどの
>スペースもない、ということがわかった。

思考に自由意志がなく自動的に起きてシナリオまで決まっているという
書き方をするなら、思考は一体どこからくるんだ?


>では、救いはないのか、というと、そうではない。
>シナリオの外に出る、つまり神使風に言うと、
>宇宙を消滅させる、ということ。
>そこにしか本当の救い、つまり本当の幸福はない、ということ。

自分を消滅させたら自分にとっての宇宙は消滅するかもしれないのに
、なんで頑張って生きているんだ?


193 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 22:04:01 ID:EaK7Myvs
>>192
そこらへんのレスを読めば分かるんじゃないのか?

194 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 22:29:22 ID:SE70ySzg
>>192
思考もマーヤなんだよね。
だけど我々の自我から見ればそれは圧倒的なリアリティを持っている。
RPGの中の主人公もそのストーリーもゲームの中の様々な風景も、
すべて妄想、そんなものは実際は存在しない。
だから思考はどこからも来ない。そんなものは本当は存在していないから。
だけど、今の我々にはあたかもそれが実在しているように感じられる。

なぜ頑張って生きているのか。
それは今は保留にしておけばいいと。
まずは目覚めることが先決で、今あれこれ考えたってどうしようもない。

195 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 22:41:00 ID:DrhTtQEY
>>194
そんな考え方、あるか?
マーヤってなんだよ?
>まずは目覚めることが先決
って、それなら目覚めとは何かを説明してくれよ?

196 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 23:16:37 ID:SE70ySzg
目覚めとは目覚めることだろうw
だけど俺に訊かれてもどうしようもないな。
なぜなら目覚めてないんだからw
しかし牢獄の外(目覚め)をチラッと垣間見た経験はある、というだけ。
だから神対の説くような世界はマーヤそのものだということはわかる。

197 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 23:23:02 ID:IuU8YW1a
>>916
>牢獄の外(目覚め)をチラッと垣間見た経験はある

じゃ、それを書けよ。

198 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 23:39:00 ID:IIgwSJOh
>>194
>すべて妄想、そんなものは実際は存在しない。
「神なる世界」をリアリティ=実相、実在、実存の世界と言って、又の名を現実
という。つまり現実というのはある、ないを反映するのではなく実相=existであ
るかないかを言っている。それに対応する言葉が幻想でありリアリティから見
れば存在しないものであって幻想としては存在している。
これをごちゃにするから意味の取り合いになってつまらぬ言い合いになるん
だよ。

>だから思考はどこからも来ない。そんなものは本当は存在していないから。
>だけど、今の我々にはあたかもそれが実在しているように感じられる。
質問したのは幻想であるか、どうかを言っているのではなくて世界を創るこの
思考はどうして生まれるのかと聞いている。

>なぜ頑張って生きているのか。
目覚めるという事はこの地球界に生まれたのは体と感性を使って
リアリティを感得したいからではないのか?
もちろん未熟な段階では取るに足らぬ、つまり「神の使者」が言うところの
いわゆるこの世界をも作り上げる。
しかし、常に神も心の深いところであればこの世に天国も作れるのだよ。
想念は飛び交い思考は未熟な他者によっても影響される。
悟り者では一挙に世界を変える事は難しくとも自分の悟りは
それなりに出来るのだよ。それで生きている聖人はたくさんいる。
まず自分が変われば世界は変わっていく。


199 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 23:42:16 ID:IIgwSJOh
「神の使者」の言うところの「木の音はするか」にもあるように
エゴの世界を認識する想念が無くなれば宇宙は消滅する。
しかし、想念は自分だけではないので(地球では肉体があるので個々の幻想
は生きている)みんながリアリティの認識を持つようにいろんな教えと学びが
あるんだ。それが赦しや愛というこの世の幻想を使うということだ。
> すべての思考→創造→経験が自動的に起きており
そうだ、よい事を言っている。リアリティがない知識(間違った認識=想念)が
無意識に蓄えられるとそれは自動的に将来の行動を生んでいくだろう。
しかし一番最初の思考は方向性の無いリアリティからものからも(結果として
幻想という本質)生まれるのでそれ自体に法則性は無い。
つまり、一般的な想念は予測不能なのだ。シナリオなんでしゃれた法則なん
てない。それで神対エゴという大きな枠組みで捉えなければならない。
エゴの法則を解き明かそうとしても、エゴの思考には深さがない為分離して
捉えることは出来ない。

>それは今は保留にしておけばいいと。
>まずは目覚めることが先決で、今あれこれ考えたって
>どうしようもない。
だから、そうなるのだよ。


200 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 23:54:58 ID:SE70ySzg
>>197
すでに書いてある。

>>198
>質問したのは幻想であるか、どうかを言っているのではなくて世界を創るこの
>思考はどうして生まれるのかと聞いている。

マーヤが創りだすのだ、と捉えておけばよい。
そしてマーヤはマザーディヴァインが創りだすのだ。
と、いうことにしておけばよいw

>目覚めるという事はこの地球界に生まれたのは体と感性を使って
>リアリティを感得したいからではないのか?

違うな。感得したいからではないのか?と問うているのは何者か?
それはエゴではないか。そのエゴがマーヤそのものなんだよ。
だからまずマーヤを消すことにのみ全精力を傾ければよい。
ごちゃごちゃ余計なことは考えんでいい。

>みんながリアリティの認識を持つようにいろんな教えと学びがあるんだ。

みんな、というのもマーヤだ。人間は一人しかいない。




201 :神も仏も名無しさん:2010/01/07(木) 23:57:52 ID:SE70ySzg
君や私がごちゃごちゃ考えていることは、所詮マーヤとしてのエゴの自己保全に過ぎん。
そんなことはどーでもいいんだよw マーヤをマーヤとして観ること。
理屈なんかクソ食らえだ。それだけでいい。

202 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 00:15:23 ID:9ENnpcZ+
>>201
だったら、何故書く。書くことがこの世界を創っていくんだよ。
神世界に浸っていればそれだけで良い。君から教えられなくても
君が言うことくらいのことは誰でも知っているよ。
「神の使者」から立派な思想は知識として学んだが、マーヤから
全く抜け出せてないではないか?
その証拠は自分の正当性しか主張しない。つまり自分は正しいというマーヤ
の世界を楽しんでいるとしか思えない。マーヤを活かすために「神の世界」
を利用しているだけだ。


203 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 00:24:36 ID:3JR9e68H
マーヤとはそういうものだからだ。
我々マーヤに取り囲まれている。
マーヤを利用してマーヤから抜け出すしかない。

何故書く、と問う君も、書きたいから書く私も、ともにマーヤだ。
意味などない。
ただマーヤから抜け出すことを志向すればそれでいい。
どんな理屈を考えようと、納得しようと、それを考え納得しているのは所詮マーヤとしてのエゴに過ぎん。

204 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 00:29:58 ID:3JR9e68H
マーヤから抜け出す事を志向する場合、
エゴを太らせるマーヤ(たとえば神対)は唾棄すべきマーヤであり、
エゴを衰退させるために利用できるマーヤだけを使えばいい。

マーヤとしてのエゴが納得する理屈や理論(たとえば神対)など、
所詮エゴを太らせるだけのマーヤであり、ゴミでありただのクソだw


205 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 00:58:05 ID:wejCUhuw
『抵抗すれば続く。見つめれば消える』って本当ですか?

206 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 01:12:04 ID:Xn1fJbaI

686 :神も仏も名無しさん:2009/12/16(水) 21:20:03 ID:UfImStDQ
>>685

それ、コースの目的を知るためには、最高にいい質問なんだよ。
ワプニクはかせによると「それ、むっちゃFAQ。コースを編集してるときからからずっとFAQ」だそうで。
http://www.miraclestudies.net/Question11.html

結論から言うと

 「エゴの知性には理解不能。その答えは体験しないとわからない」

コースでは二回その質問への回答が載ってて、
まず最初がヘレンやセトフォードの友だちがJにたずねたときの回答。

J「なぜ[完璧な神と一体の]心がエゴを生み出すことが出来たのか、疑問に思うのは当然である。
実際、あなたができる最高の質問だ。しかし、過去の視点からこの質問に答えることは意味がない。
なぜなら過去は全く重要でない。今この瞬間に同じ過ちを繰り返さないなら、その歴史は存在しない。」(俺訳)

It is reasonable to ask how the mind could ever have made the ego.
In fact, it is the best question you could ask, There is, however, no point in giving an answer
in terms of the past because the past does not matter, and history would not exist
if the same errors were not being repeated in the present (T-4.II.1:1-3).

いま俺が「もし」を選ばなければ「完璧なのに『もし』と考えた」事実すら存在しないと。
はっきしいって「その疑問の知的納得は不可能。奇跡を体験すればわかるけどね」と言い換えていいね。

207 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 01:15:46 ID:Xn1fJbaI

687 :神も仏も名無しさん:2009/12/16(水) 21:23:06 ID:UfImStDQ

二回目が用語解説のとき。

J「このコースが与えないあらゆる答えをエゴは要求してくるだろう。
『たったひとつの回答不能な疑問を様々な形で訊いているだけだ』ということがエゴには理解できないのだ。

『なぜ不可能が起こりうるのかw』とエゴは訊く。『不可能が起こるってどういう話w』とあらゆる形で訊いてくるだろう。
しかし答えはない。体験だけがある。体験だけを求めなさい。神学が妨げとならぬように。」

「エゴが現実だと思っている者だけがエゴの定義を追究し、なぜエゴが存在しうるのかと訊く。
言葉による定義を求めれば、自らのエゴの正体が幻に過ぎないことを覆い隠すことができるからだ。
ウソを本当といいくるめる定義はありえない。」(俺訳)

The ego will demand many answers that this course does not give.
It does not recognize as questions the mere form of a question to which an answer is impossible.
The ego may ask, "How did the impossible occur?", "To what did the impossible happen?",
and may ask this in many forms. Yet there is no answer; only an experience.
Seek only this, and do not let theology delay you (C-in.4).

Who asks you to define the ego and explain how it arose can be but he who thinks it real,
and seeks by definition to ensure that its illusive nature is concealed
behind the words that seem to make it so.
There is no definition for a lie that serves to make it true (C-2.2:5-3: 1).

ということで、だから「奇跡のコース」という名前な訳ですね。
「回答不能な答えを、奇跡を体験して理解するための講座なんだよ」ってことかな。

208 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 01:17:58 ID:Xn1fJbaI

689 :神も仏も名無しさん:2009/12/16(水) 22:13:38 ID:UfImStDQ
>>688

神は体験してない。
神の子も体験してない。
エゴが体験したつもりになっている。

で、「体験だけを求めなさい」というのも、神学の袋小路に陥らないための表現に過ぎなくてさ。
最後の方では今度はそれも否定される。

実際は、奇跡は体験するんじゃなくて、今まで見ていたエゴの夢が切り替わって
奇跡の夢(ハッピードリーム)を見るんですね。

体験は天国のみにあって、意識は天国を体験することはないからね。
天国の夢を見ることはできる。そのとき、神が最後のステップを取ってくれて、
天国に帰ることができる、そっから体験に戻るという流れになっている。

「じゃあエゴがどうして天国の夢を見ることができるんだよ」となるが、
心は実際には正しい心(神の子・聖霊)と間違った心のふたつだけじゃなくて、
もうひとつ、どちらかを選ぶ心がある。ということが最後のあたりで明かされていく。


まあ俺も読んでて何百回、(゚Д゚)ハァ?って顔したか、わからないからなあ。
ようやく「少なくともこういう事を意味しているらしい」というとこまでまとまってきたけど。


209 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 01:27:23 ID:W4bZQft/
神使者の考え方って、結局分かっていない気がする。
上の二人って神使者読者だろ?
それが食い違っているわけだし・・
悟りや目覚めているの意味も分かっていないと思うね。


210 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 01:32:29 ID:C5ZyiBz1
随分と賑わい荒んだやりとりが続いていたみたいだが、ちょっと口を挟ませてもらうよ。
物理的な世界が幻想であり本当は実体がないということと、存在していないということとは意味が異なる。幻想は幻想としてちゃんと存在している。(だからこそ、こうした意見のやりとりも可能になるわけだ。)
存在は幻想という技法を用いて自らを表現、経験しているのであって、それは意味のある経験だ。神が無意味なことをすることはない。

RPGの話に乗らせてもらえば、舞台となった世界は幻想であったとしても、ゲームを経験する前の自分と経験した後の自分とでは何かが変化している。
プレイしていた世界は消え去っても経験による記憶や感動は残っているからだ。
同じように、読書においても、本を開く前と閉じた後の世界は変わらなくても、読書前の自分と読書後の自分は変化していることに気づくだろう。
幻想世界がはかないものであることと経験が無意味であることは違うということは理解しておいたほうがいい。

自我の話についても、より大きな自分へと拡大していくだけで自我が消えることはない。RPGの主人公や本の中の主人公は消えても、その主人公に意識を投影していた自分はちゃんと存在している。
その自分もより大きな自分の意識の投影であり、この連鎖は最終的に神と一体になるまで続いていく。自我が消えることはない。
一般的に言われるエゴというのは、小さな自我が変化することを拒み続ける執着心のことを指しており、本来の自我とは使い分ける必要がある。

211 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 01:40:48 ID:Xn1fJbaI
>>209
どこがわかっていないのか、具体的に教えてください。
悟りや目覚めの意味をあなたはわかっているのですか?
ではそれについて教えてください。

>>210
・・・という、エゴの言い訳ということになるんでしょうね。

212 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 01:42:19 ID:Xn1fJbaI
私的にはこちらの説明のほうがずっと説得力ありますね。

「エゴが現実だと思っている者だけがエゴの定義を追究し、なぜエゴが存在しうるのかと訊く。
言葉による定義を求めれば、自らのエゴの正体が幻に過ぎないことを覆い隠すことができるからだ。
ウソを本当といいくるめる定義はありえない。」(俺訳)


213 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 01:45:51 ID:Xn1fJbaI
>>210
あなたのその説は、あなた自身の体験に基づく結論ではなく、単にそう考える、
ということですね。そしてそう考えているのは他ならぬエゴなわけです。

214 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 01:52:41 ID:Xn1fJbaI
あなたは正しさと幸福と、どちらが好ましいと思うのか? −−−ACIM

私は(エゴにとっての)正しさより、幸福を取りますね。

あなたはどうぞ、(エゴにとっての)正しさを“選択”して下さい。

215 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 02:20:48 ID:3JR9e68H
>>210
お話にならない。
相変わらず、譬えとして示したに過ぎないものを使って詭弁を弄しているなw
我々のこのエゴというマーヤにとっては、RPGをやる前とやった後では何かが違うように思えるだろう。
しかし、不二一元というのは、RPGなどそもそもない、そんなものはやっていない、ということなんだよ。

我々のこのエゴというマーヤにとっての“現実”(本当は現実ではない、そんなものはないんだから)とRPGは、
同じマーヤとしてのエゴにとって、あたかも連続した時系列上に経験している一連の事象であるかのように映っているわけだが、
本来の意味での目覚めとマーヤとでは、そもそも構造的にまったく不連続なのだよ。
不連続という表現さえ適切ではない、あると思い込んでいる片方は「ない」のだから。

君は太陽光と小さな蝋燭の炎は同程度の大きさの同程度の光度のものだという嘘を主張しているようなものだ。
しかし本当は、小さな蝋燭の炎なんてものは最初から存在していないのだ。
過去から未来へと時間が流れ、その時系列上に事象が横たわっているという思い込みそのものが、
エゴというマーヤが目撃しているつもりになっている、実際には存在しない錯覚なのだよ。


216 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 02:26:48 ID:3JR9e68H
まあ、不二一元と汎神論の違いもわからず恥をかいた君のことだ。
何を言っているのかさえ理解はできまい。

217 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 03:21:50 ID:FMtJf+7k
>>211
あまりに熱心に議論を繰り広げているものだから、それぞれ持論に自信があるんだろうね?
それぞれの持論を打破するのは容易でないような気がするなあ。
悟りに、エゴなんて入り込むわけないのに・・・
思考は思考でその役割があるのにね。無意味なわけない。
目覚めているときの状況は思考は入らないし、受身の状態になっているね。
開放されている。



218 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 08:18:34 ID:Xn1fJbaI
>>217
思考は思考でありその役割があって無意味ではない、
目覚めているときの状況は思考は入らない受身の状態になっている、開放されている、
ということについて、あなたの体験をと事例を交えて、もっと具体的に語って下さい。

219 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 13:48:21 ID:xiJyRoWD
>>218
それは、他の熱心に語っている人たちに、はじめに訊くことじゃないかな?
私のは体験というより論理だな。

220 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 14:46:07 ID:PSCycsx8
体験からの結論ではなく、頭の中に構築された思いこみであると。

221 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 22:40:55 ID:1lsFUmaE
眼をとじてみたまえ そのうち眼をあけるだろう
息をとめてみたまえ そのうち息をするだろう
思考を止めてみたまえ すぐに思いが浮かんでくるだろう
それはあなたが生きているからだ 
生きたいと望んでいるからだ
あなたは存在している
存在していないものはそれを試みることさえできない
それはすばらしいことなのだ

あるヨギの言葉

222 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 23:28:21 ID:JO1MgFIL
あたりまえだけど

223 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 23:39:04 ID:AlnD6C3d
 宇宙は行為であふれている。
 だが、そこに行為する者はいないのだ。
 そこには自己同一化によって行為していると想像している無数の小さな、そ
 して大きな、そしてとても大きな個人たちがいる。

          −−−−ニサルガダッタ・マハラジ

224 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 23:40:37 ID:AlnD6C3d
 実際には、何の欠如も必要もない。
 すべての仕事はただ表面上のものだ。
 その深みには完全な平和がある。
 すべての問題が現れるのは、あなたが自分自身を定義し、それゆえ限定したからだ。
 あなたが自分自身をあれやこれやと考えないとき、すべての葛藤はやむ。
 問題に対処しようとするいかなる試みも、失敗せざるをえない。
 なぜなら、欲望によって起こったことは、欲望から自由になることによってのみ、
取り消すことができるからだ。
 あなたは自分自身を時間と空間のなかに閉じこめ、一生という期間と、
身体という容積のなかに自分を押し込めてしまった。
 それゆえ、生と死、快楽と苦痛、期待と恐れという無数の葛藤をつくり出したのだ。
 幻想を放棄せずに、問題を追い払うことはできない。
  
               −−−−ニサルガダッタ・マハラジ   

225 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 23:41:53 ID:AlnD6C3d
 無知な人は自分自身を自我と同一視し、
 真我の為すことを、
 自我が為していると見なしてしまう。
 
 ジュニャーニの自我は消え去っている。
 彼は自分をこの身体やあの身体、
 この出来事やあの出来事に限定しない。
 
 ジュニャーニはあらゆる行為が彼の
 まわりに起こり続けようとも、
 存在の真の状態が不動であることに
 完全に気づいている。
 
 彼の本性は変わることなく、
 その境地はまったく何の影響も受けない。
 すべてを超然と見守りながら、
 彼自身は至福のうちにとどまるのである。

            −−−−ラマナ・マハルシ

226 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 23:42:59 ID:AlnD6C3d
「私が働いている」という感覚が邪魔者である。
 あなた自身に「誰が働いているのか」と尋ねなさい。
 
 起こるべく定められていることは、起こるだろう。
 
 あなたが仕事を離れるべく定められているのであれば、
 仕事はいくら探しても見つからないだろう。
 反対に、あなたが仕事を続けるべく定められてあれば、
 それを避けることはできないだろう。
 あなたはその仕事を続ける以外にはない。
 
 それゆえに、より高い力にそのことを任せなさい。
 あなたの思いのままに放棄したり続けたりすることはできない。

               −−−−ラマナ・マハルシ

227 :神も仏も名無しさん:2010/01/08(金) 23:44:37 ID:AlnD6C3d
普通、自己主張が誤りであり、自己否定が正しいのだ。
ただ否定によってのみ、人は生きることができるのだ。
自己主張は束縛だ。
疑うことと否定することがなくてはならない。
それは反抗の本質だ。
そして反抗することなしに解放はありえないのだ。

           −−−−ニサルガダッタ・マハラジ


228 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 02:09:20 ID:ym/8n1do
>>223
行為する者はいないのだ

行為していると想像している無数の小さな、そして大きな、そしてとても大きな個人たちがいる
この関連性とは?
>>225
真我と自我の関連性とは?
>>227
と自己主張しているるニサルガダッタ・マハラジ

229 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 02:44:22 ID:9jrQBITS
>>228
と、疑問を呈しているのは君のエゴ。

230 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 02:46:26 ID:9jrQBITS
ニサルガダッタは質問に答えているというsituationだし。

231 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 10:32:20 ID:up+4/++f
存在しないはずのエゴがいろいろと何かをしでかすというのもおかしな話であり、なおかつそれは神と関わりのないものであるという。
都合の悪いものは全てエゴのせいにすることもできる、エゴというのは実に便利な存在である。

しかし、神と関わりのないものを持ち出した時点で、それは一元論ではなくなってしまう。神以外の由来を用意しなくてはならないからだ。

そうではなく、真我も自我も、現実も幻想も、喜びも悲しみも苦痛も全て、神が内在する無限の可能性の中のひとつであり、そういったものも含めてはじめて一元的な存在と呼ぶことが可能になる。
そして、神の部分、分身、子である個はそれらを自己の経験のために自由に用いることができる。
これは実にシンプルなシステムであり、全てを受容し愛する神にふさわしい一元論であるともいえるだろう。

232 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 10:53:18 ID:y7lW54Xm
>>231
と、考えている「あなた」とは何か、というところが文字通りの盲点になっている。

そうやって得意になって空想している「あなた」は、一体どれほど信用し得るのか。

問いは決して問う者から切り離されてはならない-------鈴木大拙

「あなた」程度の頭が納得し得る「理屈」など、ゴミ屑以外のなにものでもないんだよ。

233 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 11:07:11 ID:Snp9hD4E
という理屈もゴミ屑


234 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 11:45:48 ID:gQ9yX8dM
自らの感性に合致するものを選べばいいだけだろ。

235 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 12:02:57 ID:wWbeelnK
>>229>>230 何が言いたいんだ?

「質問する人=エゴ 答える人=エゴかバカか聖人 答えに対して質問する人=エゴ」 と
説明する人(229)は真性な自己を顕現していると自分では思っている人。
しかし説明したら聖人とは限らんぞ。聖人は答えに内容があるからな。


236 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 13:25:32 ID:QlTFBo1G
>>232
そういうことだな。

今の自分が理解でき納得できるのは今の自分のスペックの範囲内のことでしかない、
ということがわかっていない人が多いと思う。

自分のスペックをはるかに超えている理屈は理解できるはずかないんだから、
保留にしておけばいいのに、「自分は理解している」と思い込みそこで止まってしまった人は、
これは正しい、あれは間違っている、と言い出す。

そしてその人は牢獄から抜け出すチャンスを逸すいるわけだ。

牢獄から抜け出すためには、まず自分が牢獄にいるのだという自覚がなければどうしようもない。
自分のフルスペックは牢獄の壁によって形成されており、その壁を超えることでしか先へは進めないんだ。


237 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 14:45:57 ID:gQ9yX8dM
「私には理解できないことがある」と言う理解も理解のひとつ。



238 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 14:53:34 ID:QlTFBo1G
自分は理解している、という人間に、
「私には理解できないことがある」という理解を得ることは難しいな。

自分は牢獄なんかにはいない、と思い込んでいる囚人は、
絶対に牢獄から抜け出すことは出来ない。

239 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 15:00:47 ID:gQ9yX8dM
「無知の知」ってヤツですよ。
そんな難しいことじゃない。

240 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 15:08:25 ID:DxsoW6aL
ほんとだ。いるいる。さっそくやってるw苦しい時の自己援護w
そういうことだなw
自分のスペックとか牢獄とか使うやつ一人しかいないのにw
egoまっしぐらw
宗教板でも同じなんだなw

241 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 15:09:35 ID:QlTFBo1G
反論できなくなると個人攻撃。いつものパターンだね。


242 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 15:15:45 ID:QlTFBo1G
>>239
でも「自分は神との対話を理解している、著者以上に理解している」と、
本気で信じている人間がここにはいるからね。

自分は凄い、自分は偉い、と、神対を読んでエゴという牢獄の壁を太らせてきた人間。

教師の優劣を見分ける際には、その教師が教えている生徒たちを見ればいい、
というが、神との対話が創りだしてきたのが、こういう「俺様」ばかりなのだから、
神との対話という本は失敗作だったということになる。


243 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 15:20:40 ID:DxsoW6aL
反論て何だよw
ここでは覚えておきなさいは使わないのかw
相手ならむこうでしてやるよw有名人さんw

244 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 15:24:39 ID:QlTFBo1G
>>243
相変わらず勘違いしているようだなw
俺は宗教板の神対関係スレか、アバタースレ、freezoneスレ、そしてテーラワーダスレ以外書き込んでいない。

覚えておきなさい、ってのは多賀井健次のことか?w
あいつはヨガナンダのところの通信講座を我流でやって頭をやられてしまった奴だよ。
もう少し2chの過去の歴史を学んだほうがいいな、お前は。


245 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 15:31:09 ID:DxsoW6aL
根っからのねらーかよw
あんたが嫌われてる原因は発言の内容じゃなくてウソや自己保身なんだよw
egoまっしぐらのやつがegoを語ってるとこw
オナニースレで待ってるぜw

246 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 15:54:06 ID:DxsoW6aL
>>244
ザ・シークレット〜引き寄せの法則・8
917 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2010/01/09(土) 13:27:31 ID:QlTFBo1G
>>915
ラマナ・マハリシやラーマクリシュナ、ヨガナンダは、異口同音に肉を食べないよう警告している。
彼らはイエスに匹敵するほどの聖者だ。

はいウソポイントまた追加

247 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 16:19:14 ID:gQ9yX8dM
>でも「自分は神との対話を理解している、著者以上に理解している」と、
>本気で信じている人間がここにはいるからね。

曲解もここまで来ると精神病ですね。

248 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 16:49:42 ID:y7lW54Xm
>>247
どう曲解しているのか、具体的に語らないとね。

さあ、どうぞ。

249 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 17:03:36 ID:y7lW54Xm
>>245
あんたもそう。
嘘や自己保身ということの具体的な中身は?

>>244は常駐スレのことだろう、どう見ても。

どうして議論ではなく、そういう個人攻撃しかできないんだ?

250 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 17:12:19 ID:y7lW54Xm
そして驚きなのは、これが神対を読んだという人の反応だということだろう。

251 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 18:05:05 ID:gQ9yX8dM
>>232
> そうやって得意になって空想している「あなた」は、一体どれほど信用し得るのか。

自分は信用しないで、
他人の言葉は信用するんだなw

> 問いは決して問う者から切り離されてはならない-------鈴木大拙

252 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 18:06:19 ID:gQ9yX8dM
著者以上に理解しているなんて
何処にも出てこないだろ。


253 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 19:51:52 ID:y7lW54Xm
>>251
どこに「信用していない」「信用している」と書いた?


254 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 19:54:33 ID:y7lW54Xm
>>252
一昨日、神対派同士で揉めていた二人のうちの一人がそういうことを言ってなかったっけ?

255 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 22:13:58 ID:hFoOVpBG
具体的に語れといってるやつの大半は
具体という概念とは何か
抽象という概念とは何かを
考えた事がない
そして具体的が良い事だと未だに
社会に洗脳されている
本当にそれらを考えた事があるなら
言葉とは何かを知っているので
具体的に語れとはまああまり言わない
あえて具体という概念を使用する場合もあるが
それによってどういう影響があるか知っているはずなので言う事は少ない

256 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 22:38:53 ID:QlTFBo1G
>>246
はは、そこに書き込んだことすっかり忘れてたよ。
そのシークレットスレは時々ノンベジをからかう程度だからね。
あとニュー速+でも民主党支持者を時々からかってるよw

さっき、インドの某聖者のビデオダルシャンというのを見学に行ってたんだが、
その聖者がディヴァインプレゼンスとどう関係を結ぶかということについて話していた。

このディヴァインという要素ね。
神との対話のニールには、このディヴァインプレゼンスと接触した痕跡がないんだな、まったく。
写真を見ても、英語の原書の文章を読んでもそれがまったくない。
ただ神との対話の1巻をの本当の著者、この人はディヴァインプレゼンスではないが、
ある種の霊とのチャネリングによってあの本を書いたのだと思われる。
ニールは霊とチャネった痕跡さえない。だから2巻目以降は彼のまったくの創作なんだよ。

まあ、それだけ。

257 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 23:09:40 ID:up+4/++f

http://holos.livedoor.biz/archives/51723331.html

258 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 23:35:13 ID:uyG86shh
>>256=ID:QlTFBo1G

 このオウム人間、
よく同じことを毎回毎回、繰り返し繰り返し、昔から言えるものだな?
ハハーン、オウム信者とはこういうことだったのか?
金貰ってやってるからか?

259 :神も仏も名無しさん:2010/01/09(土) 23:55:16 ID:DxsoW6aL
独り言の隠れすれっどでは上から目線の自演ヒッキーで名が通ってる
知ってるだけでも二、三人は恨んでる人がいたな
おれも人格否定されたことあるから参加してみた

260 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 00:03:36 ID:XZjkzO42
日本人は本当に議論ができないね。


261 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 00:05:42 ID:i7Gdg3Kz
オウム信者は洗脳されているんだったっけ?
どうりで、もう頭っから離れないんだろうな?
なんかつじつまが合うんだよな、世間に対する妬みも消えないのかもしれない?

262 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 00:12:09 ID:sayYiY1h
未だに神との対話をチャネリングとか言ってるやつがいる事に本当に驚くわ
創作ってあたりまえだろ
ていうかそう書いてるだろ本に
そんなことを論議する事すらばかばかしい
これはもう国語能力の問題なのかな
もっと色んな本読んで国語能力高めなさい


263 :231:2010/01/10(日) 12:02:49 ID:xKVCeXEw
こここんな感じだったか、まあ構わないけど。一部自分に対して語られてると思われる部分について返答しとく。
>232>236
私自身が正しいなどと言った覚えは一度もないよ。私が興味があるのはより真理に近い真理だ。
もちろん、この世界の言葉で真理を語りつくせるはずもなく、自分の理解を超えた理屈があることなど百も承知。
それでも、より真理に近い真理というものが、多くの疑問を氷解し、気づきを与えてくれ、矛盾も少なく整合性のとれたものであるということは確信している。

私自身は現在の自分の理解を超えた真理が現れるならぜひ教えを請いたいと思っているが、ここや関連スレでそれに出会ったことはない。
あるのは聖人の言葉をなぞっただけの理解がともなわない混沌の真理だけだ。
しかも、その混沌の真理がそれよりも秩序だっている神との対話の教えを見下している、その滑稽さと理不尽さに時々口を挟んでいるだけだよ。

264 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 12:09:33 ID:XZjkzO42
だから、混沌の真理だと受け取っている、その自分はどこまで確かなのか?
というのが今のテーマなわけでしょ。

混沌の真理じゃないか、と受け取っている、その自分はどれほど信頼できるわけ?
その自分はラマナ・マハリシとかニサルガなんたらより確実に信頼できるわけ?

その滑稽さと理不尽さに突っ込みを入れられてるだけだよ。

265 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 12:50:10 ID:CERlhh9q
>>263

210も含めて良いと思っていたが、やっとレスが戻って来ましたね。




266 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 14:59:04 ID:3Zx2pMZ+
>>264

確かかどうかなんて関係ないんだよ。
その時点での自分を信頼し責任を持つ。

私たちがすることはそれだけだ。

267 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 14:59:48 ID:7KuVSOba
>>264
真理云々より、まず汝自身を知れ、だね。

268 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 16:44:54 ID:7KuVSOba
>>266
それでは何も進展しない。


269 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 18:35:57 ID:tdpb99AV
あのさあ、みんなエゴって言葉を当然のように使ってるけど、
エゴがなんだか理解している人はいるの?

本の受け売りではなく、自分の中に浮かんでくるモノを「これはエゴで、
これはエゴではない」って日頃から区別することができてるの?

あ、人にはエゴしか無いからエゴはエゴを区別することはできないって
誤魔化しは、通用しないからね。

ここにはエゴという言葉を連発する人がいるよね。その人達の中に、
「私はエゴについてきちんと理解している」と胸を張って言える人が
もしいるなら、それを説明してみてよ。

270 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 18:56:03 ID:tdpb99AV
もうちょっと書くけどさ、「そうか、エゴってこういうモノだったんだ」
とあなたがエゴを理解する瞬間があるとする。で、想像してみて欲しい。

その瞬間を得るために必要なことは、本を読むことなのか?

本を読めば、どこかに「あなたのエゴはこれこれこういうモノですよ」と
書いてあるのか?

「この本のこの箇所にエゴについてこのような説明がされている」という
知識を増やしていけば、あなたにとってのエゴを理解する瞬間が、あなたに
やってきやすくなるのか?

こんなの、本当は誰もが心の奥底で答を知っているんだよ。
そんなの、全く役に立たないということを。

271 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 19:11:45 ID:tdpb99AV
はっきり言うよ。

エゴにどっぷり浸かっている状態では「エゴとはこういうモノである」
という説明をすることはできない。なぜなら、その説明をする心自体が、
エゴに他ならないからだ。

故にエゴを説明するにはどうしても、「エゴ以外の存在に触れたお陰で
エゴから一時的にでも抜け出して、エゴを外側から見つめる事ができた」
という経験が必要になってくる。そうして初めて「あれはエゴで、これは
エゴではない」という区別ができるようになるんだよ。

更にぶっちゃけると、それができるようになったとたんエゴという単語を
使わなくなる。なぜなら、エゴなんてワケワカラン言葉を使わなくとも、
日常にありふれた言葉でそれを説明できるようになるからだ。

なので全部ぶっちゃけると、【エゴというカタカナ語が使われている本を
読んでいる限り、エゴを知ることはできない】ということ。

反論がある人は、エゴを日常的な言葉で単純明快に説明してごらんよ。
さあ、エゴって一体なんなのさ?

272 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 19:22:34 ID:tdpb99AV
この頃、とにかくエゴという言葉を精神世界系の世界で目にし、耳にする。
が、エゴという言葉が使われれば使われるほど、人々の心がエゴの解明から
遠ざかっているように私には思えてならない。

その理由は、エゴとはこういうモノであるという知識を本から仕入れた
だけで、「自分はエゴについて理解している」と錯覚する人があまりに
多いからだ。中途半端な知識は、かえって真の理解を妨げるんだよ。

それをあえて狙っている本さえあるように、私には思えるんだよね・・・・

273 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 19:32:03 ID:tdpb99AV
2ちゃんねるにおける神対派と神使派は殆ど見放されたも同然だから
気になって来てみたけど、正直言うと精神世界系の事柄に興味を持つ人々を、
私も殆ど諦めかけている。何年も努力したけど毎度毎度「だめだこりゃ」と
思わせられているからね。特にここは酷かったなあ・・・・

99.9%期待せずに、明日もう一度来てみるよ。
0.1%位は、まだ期待が残っているからさ。

274 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 21:18:49 ID:XZjkzO42
簡単だよ、これが私だ、と思っているものはすべてエゴ。

で、自己否定無き知識は、これが私だ、という事どもをどんどん増やしていく。
だから、たとえばそういう人は、神との対話という本で手に入れた知識やアイデアは、
すなわち、自分自身ということになる。

よって神との対話を批判されるとそれが自分自身への批判、否定だと受け取ってしまい、
自分への攻撃は許さない、とばかりに個人攻撃に転じる。

これは私ではない、これも違う、と否定し続けないと、知識は本当に重たくその人にのしかかってくる。
それはつまり、牢獄の中の囚人にとっての手枷足枷になるだけだと思うんだけどね。

275 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 22:11:21 ID:CERlhh9q
神対派の人達は黙っていた方が良いと思うよ。

276 :神も仏も名無しさん:2010/01/10(日) 23:14:50 ID:CERlhh9q
みなさん、冷静になったら意見をどうぞ

>>273
さようなら・・・。
エゴ地獄を研究したくなったらまたどうぞ・・
最後にエゴの話しがこのスレで多い理由と、エゴについて時間を割くと
争いが多くなることについてあなたはどう思いますか?
そして、どうしたら良いかと思われますか?


277 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 01:22:26 ID:RxRORKXY
>>276
>そして、どうしたら良いかと思われますか?
アセンションを待てばいいよ。
そこからは無くなるかもしれないから。

278 :273:2010/01/11(月) 07:35:13 ID:1detmQFN
>>274
>簡単だよ、これが私だ、と思っているものはすべてエゴ

これは、「エゴ以外のモノから影響を受けたことによって形成された自分」
を感じ取っていない人の典型的な反応。

エゴの中には、神と呼ばれる存在から受け取ったものによって育成されてきた
部分がある。それを日常生活で活かし感度を上げていくと、ますますエゴ以外
からやって来たものを敏感に察知できるようになっていくよ。

そうやって、ますますエゴとそれ以外の区別が付くようになるんだね。

私達が感じ取っている「私」の中には色々な私がいる。
ある部分の私は自分のエゴをどんどん強めていくし、別の部分の私は
自分のエゴをどんどん弱めていってくれる。

つまり、これが私と感じる全てが自分をエゴに縛り付けているのでは無い
という事。

279 :273:2010/01/11(月) 07:55:13 ID:1detmQFN
>>276
>最後にエゴの話しがこのスレで多い理由と、エゴについて時間を割くと
>争いが多くなることについてあなたはどう思いますか?

>>269-272に書いたように、本から知識を得ただけなのに「自分はエゴに
ついて知っている」と思い込む人達が多いから。

>そして、どうしたら良いかと思われますか?

自分の中にあるエゴとそれ以外の区別が付く人が増えれば、状況は徐々に
変化していくよ。

昨夜、NHKスペシャルで興味深い話を聴いた。阪神淡路大震災を全く予知
できなかったことを大変非難された地震科学者達は、話し合いのすえ、ある
結論を導き出した。それは、「私達は地震について本当は何も知らなかった
のだ」という事実だった。あの人達は阪神淡路大震災を経て、ようやくその
事実に気づくことができたんだよ。

ある学者はそれ以来、初心に戻り地震研究をやり直した。その結果、世界で
初めて明確な科学的根拠に基づく地震予知を成功させることができた。
その最初のきっかけは、「自分は地震について何も知らない」ということを
知ることから始まったんだよ。

私は自分のエゴから離れ、自分のエゴを「!!!」みたいな感じで見た
ことがある。それ以来、エゴの中のエゴ性を強める部分と弱める部分の
区別がつくようになったのさ。

あなたは「エゴ地獄を研究したくなったらまたどうぞ」と書いてるけど、
エゴ地獄をどのようにして知ったの?

自分でそう書いたんだから、ちゃんと応えてね。

280 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 08:00:29 ID:iHO2ffvB
>>278

エゴ以外のものってあるの?

神対的に言えば、
「自分」を内観し「自分」の適用範囲を拡大していくことによって、
最終的にはエゴを消滅させ世界と一体化する。
(実は最初から一体であることを思い出す)
つまり、自分のエゴだと認識できる部分を広げることによって全体と同一化していくのだから、
エゴでないものと言うのを想定しにくいんだけど。


281 :273:2010/01/11(月) 08:12:50 ID:1detmQFN
>>277
アセションは物理的変化を殆ど伴わず行われる。そのお陰で人々は、
的外れもいいとこの精神世界関係者達の惑わしからやっと解放され、
アセション故にもたらされた神への真の道を、神への真の道と気づかずに
歩き始めることになる。アセションはこんなふうに、一人一人の心の中で
起こることなんだよ。

だからぶっちゃけると、的外れもいいとこの精神世界関係者から的外れも
いいとこの妄言をたっぷり吹き込まれている人達は、ある意味アセション
から最も離れている場所にいると言える。なぜならその人達の心の中は
「アセションとはこういうモノである」という間違った情報で溢れかえって
しまっているから。

それを何とかしようとする試みは随分なされてきたし、私もやってきたけど、
>>273が正直な私の感想。だめだこりゃって事だね。

ただ日常生活においては最後の瞬間まで見放されることは決してないから、
怖がる必要はまったく無いよ。

282 :273:2010/01/11(月) 08:15:23 ID:1detmQFN
>>280
>「自分」を内観し「自分」の適用範囲を拡大していく

これを可能ならしめるのが、「神から影響を受け育まれた、自分のエゴを
弱めてくれるエゴ」なのさ。

283 :273:2010/01/11(月) 08:29:40 ID:1detmQFN
用事があるからお昼まで消えるけど、今はまだ0.1%の希望は消えてない。
>>276さんからの返事も聴きたいしね。

じゃ、またお昼に。

284 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 10:58:48 ID:ev7PI9ef
>>279 276です
>あなたは「エゴ地獄を研究したくなったらまたどうぞ」と書いてるけど、
>エゴ地獄をどのようにして知ったの?

メインの部分は他にあるが、このスレを見ても十分でしょう。
スパイラル思考と毎回同じような内容の袋小路の批判論戦。

>私は自分のエゴから離れ、自分のエゴを「!!!」
>みたいな感じで見た ことがある。
私がかって次々不特定多数の人を接客、応対する仕事をしていた時、もっとスムースにいく方法を考えて、
この内面のもたもたして効率悪い働きをする部分を別の自分から眺めて見た事がある。実験ですね。
そして眺められる部分の自分ではなく眺めている部分を使って応対したら全然スムースに言って
上司、同僚から応対はパーフェクトと言われるようになった経験をもっている。
知識でなく体験は別の場所で働いてもまったく応用が効くよ。
これは普段は忘れていたひとつの体験例です。しかしその試みも最初内面に蓄えられたは本の言葉が機会を得て
タイミングよく体験に変容したのです。だから、本の知識も自分では貴重な体験の源でバカにはしません。

>エゴ地獄を研究したくなったら
多分そう感じている人がいるだろう、という深くない言葉です。
自分自身としては地獄的様相になっても別になんともありません。
自分に敵対する人でも埋もれていた良い思想をふっと感じる時があります。
その時はその人を尊重し、自身を自重して素直に学びます。



285 :276です:2010/01/11(月) 11:30:54 ID:ev7PI9ef
>何年も努力したけど毎度毎度「だめだこりゃ」と
>思わせられているからね。特にここは酷かったなあ・・・・
>99.9%期待せずに、明日もう一度来てみるよ。
>0.1%位は、まだ期待が残っているからさ。

このスレには優れた人(こう言うと、順位をつけたがる幻想エゴという人がいるが
他に言葉がみつから無かったので容赦を)が来ては去っていったという経緯
が多数あり残念です。今回もかと思ったが、上のコメントを見て又、こりゃ、
形を変えたエゴかもしれないぞ、と思った。自分を美化し周りはすべてだめ
自分が更正させようと努力したけど、とても駄目だと、すべて相手が悪い。
全体としてはなるほどと思うけどちょっとひっかかっただけ。
こういう書き方すると、すぐ反神対派がレスつけると思った。

その直後に>>274が来た。
このレスもちょっとと思ったが、ここで反論すると例のパターンが始まって、
273さんはコメント無しで去ってしまう。
でいろいろ言いたいだろうが神対派はしばらく黙した方が利口だろうと思った。
スレ自体の価値もやっぱりだった、となるからね。

>>274 
>簡単だよ、これが私だ、と思っているものはすべてエゴ。
>牢獄の中の囚人にとっての手枷足枷になるだけだと思うんだけどね。
こういう書き方では「思ってるあんた」も「これが私だ」のひとつではないの?と
いう感じ・・ならばエゴがエゴと思う相手を論評しても、そもそも内容を見る価値
があるか、という感じがした。




286 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 12:21:41 ID:iHO2ffvB
>>285
>その直後に>>274が来た。
>このレスもちょっとと思ったが、

個人の勝手に任せますけど、
これほど馬鹿なレスは基本的に私はほっておけないっす。



287 :273:2010/01/11(月) 12:27:19 ID:1detmQFN
>>284
>メインの部分は他にあるが、このスレを見ても十分でしょう。
>スパイラル思考と毎回同じような内容の袋小路の批判論戦。

率直にいうと、私は以前のような対応はしない。
はっきりズバズバ言っていくつもりだ。

昨夜のあなたは、「自分はエゴについて知っている」と思ってたよね。
もし「私はエゴについて本当は何にも知らないんだ」と思っていたら、
エゴ地獄なんて言葉が出てくるはずないから。

あなたは、私が話すエゴについての説明を、終わらせようとした。
誤魔化そうとしても無駄。そんなの>>276を見れば一目瞭然だから。
その、終わらせようとした想いは、何だと思う?
それこそが、エゴ。人をエゴに縛り付けようとする、エゴの極みなのさ。

否定できるんなら、どうぞ自由に否定してごらん。
なんたって、あなたはエゴを知ってるんだから。

というか、あなたは私を必死に否定したいと思うだろう。
なぜならもし私が正しければ、あなたはとんでもないことを
しでかした事になるからだ。

「あなたは自分のエゴに翻弄され、皆の学びの機会を奪おうとした」って
ことになってしまうからね。

そして、その先にやってくるものこそが、エゴ地獄。
あなたはあなたのエゴ地獄を、自分で作りだそうとしたという事。

288 :273:2010/01/11(月) 12:33:13 ID:1detmQFN
>>286
>これほど馬鹿なレスは基本的に私はほっておけないっす

これほど馬鹿なレスって、どれを指しているの?
私かな?

289 :273:2010/01/11(月) 12:38:46 ID:1detmQFN
>>285
>自分を美化し周りはすべてだめ自分が更正させようと努力したけど、
>とても駄目だと、すべて相手が悪い。全体としてはなるほどと思うけど
>ちょっとひっかかっただけ。

精神世界系の事柄に惑わされている人々に、何とか目を覚まして貰おうと
する働きかけにあなたは参加したことがある?

まああったら、こんなこと言わないわな。

290 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 12:46:32 ID:EIXIIHSH
精神世界系の事柄に惑わされている人々を創造しているのはあなた。

291 :273:2010/01/11(月) 12:47:24 ID:1detmQFN
>>290
なぜ?

292 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 12:53:24 ID:bepE0lgQ
>>278
うん、それはその通り。
ただほとんどの人はエゴとわたしの区別がつかないから、
とりあえずは、これは違う、それも違う、と否定していくわけ。
それで残っていくものは何か、というところを感じ取っていく。
言葉で説明するのは難しいけどね。

>>285
それもその通り。
だから言葉によるやり取りだけではどうしようもない部分がある。

293 :273:2010/01/11(月) 12:56:26 ID:1detmQFN
神対関係のスレで返事を待ってて上手くいったためしが無いから、
諦めて続きを書こう。

先日私は、ポジティブスピリチュアリティなるものを広めている人を
見かけた。しかしその人はポジティブどころか、ネガティブを広めていた。
完全な、真逆をしていたんだよ。

その人は、自分の勘違いをどうしても認められない人だった。その人は自分の
勘違いを意識すると、とても嫌な気分を味わうらしい。だからその人はこう
考えた。「そうだ、勘違いから目を逸らし、意識しなければいいんだ」と。

これは滅茶苦茶その人にはまったらしい。そのお陰で嫌な想いをしなくて
良くなったからね。だからその人はその行為を、ポジティブな行為であると
考えたそうだ。ホントは真逆なのだけど・・・・

更にその人は、その行為を多くの人に広めようとした。なぜなら多くの
人が同じ事をするようになれば、自分の行いはやはり正しかったという
証明になるからね。だからその人は「嫌なことから目を逸らしなさい。
それこそが、ポジティブスピリチュアリティです」と広めていったんだよ。

で、>>290さん。
勘違いを認められない自分を誤魔化すために、大勢の人を巻き込み
「目を逸らしなさい、都合の良いことだけ見てなさい、それがポジティブ
スピリチュアルなのです」と広めている人は、どうなの?

その人へ「そんなの間違いだよ」と言った私こそ、
「精神世界系の事柄に惑わされている人々」なわけなのかな??

294 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 13:02:36 ID:EIXIIHSH
精神世界系の事柄に惑わされている人々を正したいという願望を実現するためには
精神世界系の事柄に惑わされている人々が存在しなければならない。

295 :273:2010/01/11(月) 13:04:26 ID:1detmQFN
>>292
>ただほとんどの人はエゴとわたしの区別がつかないから

私がずっと言いたくても言えなかったことは、まさにこれ。
世の過半数の人は、精神視界関係の用語を知らないだけで、精神世界に
興味を持つ人達より、よっぽど本来の状態に戻りつつある。

エゴの中にあるエゴを弱める部分と強める部分を区別できる能力は、
世の人々の方が高い。

もちろん全員ではないが総合的に見ると、精神世界関係の人々の戻り度合い
のほうが、かえって低いんだよ。

非常に厳しいことだけど、これが真実なのさ。

296 :273:2010/01/11(月) 13:08:08 ID:1detmQFN
>>294
あのさあ、そういう受け売だけをして自分で考えないから、
>>295のようになったんだよ。

普通に生きてる人達は、あなたが引用したようなことは知らないから、
自分で考えている。自分で一生懸命考えている。

そんな人達を助けるのが、アセションなのさ。

297 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 13:10:24 ID:EIXIIHSH
>>296
あなたはあなたの世界にまた一人精神世界系の事柄に惑わされている人を増やしたようだな。

298 :273:2010/01/11(月) 13:12:32 ID:1detmQFN
その増やされた人って、誰?

299 :273:2010/01/11(月) 13:22:46 ID:1detmQFN
先に書いたように、待ってても仕方無いから書く。

>>293に書いたような人は、このスレにも沢山いる。
いや正直言うと、このスレの人達の方がもっとタチが悪い。
私は長年ここに参加してきたから、はっきりそれがわかるよ。

その人達は、自分が勘違いしていたことをどうしても認められなかった。
だからその人達はこう考えた。「コイツが間違っていることにしよう。
そうすれば、俺は間違っていることにはならないから」と。

その人達は一生懸命私を否定した。そうしなければ、自分が間違っていた
ことになるからね。毎度毎度、そりゃもう必死だったよ。

その人達は、一体何をしてきたと思う?
嫌な想いをしたくないというエゴを満たすために、皆の学びの機会を
摘み取ってきたんだよ。

このスレにはエゴ地獄の実例がちりばめられているという事。

300 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 13:27:14 ID:iHO2ffvB
>>288

>>274っす。


301 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 13:32:46 ID:EIXIIHSH
>>298
俺。

302 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 13:36:29 ID:iHO2ffvB
>>299
> その人達は、自分が勘違いしていたことをどうしても認められなかった。
> だからその人達はこう考えた。「コイツが間違っていることにしよう。
> そうすれば、俺は間違っていることにはならないから」と。
> その人達は一生懸命私を否定した。そうしなければ、自分が間違っていた
> ことになるからね。毎度毎度、そりゃもう必死だったよ。

一体何を恐れているんだろうね?やり直せばいいだけなのにね。

> その人達は、一体何をしてきたと思う?
> 嫌な想いをしたくないというエゴを満たすために、皆の学びの機会を
> 摘み取ってきたんだよ。

神対的に言えば、何からでも学べるでしょ。

> このスレにはエゴ地獄の実例がちりばめられているという事。

ここでのやり取り程度、そんな大げさなもんじゃありません。
肥溜めに唾吐きかける程度のこと。

303 :273:2010/01/11(月) 13:37:06 ID:1detmQFN
>>301
あほか、俺のせいにするな。

304 :273:2010/01/11(月) 13:45:31 ID:1detmQFN
>>302
>ここでのやり取り程度、そんな大げさなもんじゃありません。
>肥溜めに唾吐きかける程度のこと。

いまだ事の重大さが判らないらしい。

あなたが言うように、ここはそんな場所になってしまった。
いや、世の中がどんどんもとの状態に戻りつつあるのに、ここは今でも
あなたが言うような場所のままでいるという方が正しいな。

もっとはっきり言うと、このスレは逆行している。
そんな状態を止めさせようとする働きかけが最近あったと、
あなたは言える?

言えないだろう。殆どの人は同様に言えないだろう。
そしてそれは正解、正しい答だ。

なぜなら、もうされていないから。

305 :273:2010/01/11(月) 13:50:56 ID:1detmQFN
はっきり言うと、ここは>>294化してるんだよ。

けどまあそれはここに限ったことじゃなく、>>293のように
精神世界関係者の過半数に言えることなんだけどさ。

306 :276:2010/01/11(月) 13:51:10 ID:ev7PI9ef
>>287
あのね、>>269>>273 までの内容はどう見たって逃げ口だけはしっかり用
意したただのグチにしか見えなかったよ。
「神の使者」派と「神との対話」派が争いになったら、「所詮こんなもんだよ」
と絶好の逃げる口実が出来上がるからね。そのような書きまわしだったよ。
そのまま去られても後味悪いから、最後のコメントだけでも、と思って質問を
残しておいたが。君も君の思っているような「神の使者」派、「神との対話」派
と同じような種族だね。自分だけが正しい派。。
>それこそが、エゴ。人をエゴに縛り付けようとする、エゴの極みなのさ。
「神の使者」風の言葉を使って自分だけを正当化するのか。
自分の発している言葉が神の言葉を顕現していると思う?
それともエゴ的性格をしてますか?
>精神世界系の事柄に惑わされている人々に、
>何とか目を覚まして貰おうと
>する働きかけにあなたは参加したことがある?
>まああったら、こんなこと言わないわな。
名無しで登場しているのに自分は過去にすごく貢献してきた。わからないの
は周りだけさ、と言って意味があるの?それと同じに私の過去スレを
知っている?
参加しても周りが変わらなければ、周りばかりでなく自分も反省するところ
があるんだ。周りを改めさせる前に自分の未熟さを発見できて感謝だな。
まあ、こういう言い回しが出来るようになったら立派に争い論戦に
参加できるからこれから頑張ってな。









307 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 13:58:25 ID:ouM6c6eW
>>293
すごいね。人の考えや見かけた時以外の行動、勘違いや物事の本質まで見通せるんだ。
苦言を呈することができるくらいだからその人も君も名の通った人なんだろうね。ぜひ二人のお名前を。

・・・って、そのような作り話を使ってでも自分を擁護する。そのことが最大級のエゴだとわかってやっているんだろうな?
しかも、そんな人がエゴについて語っている・・・久々に腹が立ったきたわ。

会話中悪いが時間がないので投下だけさせてもらうよ。気にせず続けてもらいたい。

エゴはあるのかないのか?
ないのであれば、ないのだから消すこともできないし、消す必要もない。
あるのであれば、あるのだからその存在を認めなくてはならない。

加えて、上のようにエゴを語る人ほど発言(自我の主張)が多いのも特徴。矛盾が多すぎる。

308 :273:2010/01/11(月) 13:59:31 ID:1detmQFN
>>306
はあ、もう0.1%も危ういから書いちゃおう。
正確にいうと、>>294の二行目が精神世界住人の過半数にあてはまる。

つまり、世の大多数の人々が怨霊やフォトンベルト等々へ告別するために、
精神世界系の事柄に惑わされている人々が存在しているという事。

309 :273:2010/01/11(月) 14:02:57 ID:1detmQFN
>>307
エゴの中には、エゴを弱める部分と強める部分がある。
これを理解できないのが、あなたの現状。
だから私のことを理解できなくて当然だわな。

もう一度いうけど、世の流れはそれを見極めることが主流になりつつある。
ここの方が、よっぽど遅れてるんだよ。

310 :273:2010/01/11(月) 14:06:16 ID:1detmQFN
276さんや他の人達、もう何も無いかな?
そろそろ、0.1%が尽きるよ〜〜

311 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 14:06:36 ID:iHO2ffvB
>>304

そんな状態を止める必要がないでしょ。

312 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 14:07:45 ID:EIXIIHSH
>>303
ほら。やっぱりそう言う。あなたには最初から答えが出ている。

313 :273:2010/01/11(月) 14:09:04 ID:1detmQFN
しかしねぇ、エゴの中にはエゴを弱める部分と強める部分がある
ということなど、今じゃしっかり者の小学生でも理解している。

それが判らないなんて、いやはや凄い人達だ・・・・・

314 :273:2010/01/11(月) 14:18:26 ID:1detmQFN
>>312
あのさあ、ここの人達って、273にはなんの力も無いって決めつけてるよね。
そのことの方こそ、私には驚きだよ。

イエスは皆に、「あなた方には力は無い。私だけが特別なのだ」と言った?
まったく真逆だよね。イエスは、皆等しく神の子だと言ったんだよ。

しかし現在では、多くの人がそれについて懐疑的に考えている。精神世界の
人達も、率先して懐疑的に考えている。だからこそ、こう思うんだよ。
「私にそんな力が無いように、273にも無いのだろう」と。

けれども私は、全く真逆に考える。
「私にこの力があるように、皆にもある。ただ今は、それが眠っている
だけなのだ」と。

自分に無いからこそ、273にも無いと考えるという事。
あなたたちは今まで、一体何を学んできたのやら・・・・・

315 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 14:21:07 ID:EIXIIHSH
>>314
おいおい。w 俺がいつそんなことを書いた? いいかげん妄想を捨てたらどうだ?


316 :276:2010/01/11(月) 14:21:58 ID:ev7PI9ef
>>310
尽きているのはおまえだろ。
自分は正論を一生懸命言ってた、聞かないほうが悪い、というならなんで名無しで登場するんだ?
こちらは立派なのかくだらないのか確かめようもないんだぞ。
しかし、過去は無理でもこれからは出来る。
するんだったら、自分もやるよ。とりあえず面倒だからコテハンという名でいくか。
数字はダメだよ。

317 :273:2010/01/11(月) 14:23:04 ID:1detmQFN
>>311
見落としてた。

必要ある。今は、イエスがこう言った時代。
「古い天と地が過ぎ去り、新しい天と地が創られる」

が、これ以上は話せない。
この世界には、まだ明かされていない事柄だから。

318 :273:2010/01/11(月) 14:24:42 ID:1detmQFN
>>316
>こちらは立派なのかくだらないのか確かめようもないんだぞ

名無しだと、立派なのかくだらないのかの区別もつかない。
それがあなたの現状。

319 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 14:26:44 ID:iHO2ffvB
>>317

あなたにとってはそうかもしれない。
しかし少なくとも私にとっては必要ない。

それを受け入れることが神対に書いてあること。


320 :273:2010/01/11(月) 14:30:01 ID:1detmQFN
>>315
まったくどうしょもないな。

「あなたには最初から答えが出ている」は全ての人に正しい。
なぜなら、全ての人は皆等しく神の子だからだ。

それを「あなたには」とあえて書くなら、自分にも私と同等な力が有る
ことを前提としてあなたはそれを書いたのかな?

もし書いたなら、謝罪しよう。
ただもしそうなら、一体私にはどんな力があるのかな?

321 :273:2010/01/11(月) 14:33:17 ID:1detmQFN
>>319
>しかし少なくとも私にとっては必要ない

なら仕方ない。
だがそれを、ここにいる全員に当てはめるなよ。

一時の想いで、皆を巻き込むなよ・・・・・

322 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 14:33:59 ID:iHO2ffvB
>>321

あなたがみんなに当てはめようとしているでしょ。


323 :273:2010/01/11(月) 14:35:49 ID:1detmQFN
>>322
イエスだよ。

324 :273:2010/01/11(月) 14:40:11 ID:1detmQFN
ごめん、しくじった。

あれを言ったのは私でなく、イエス。
イエスは、この天と地にいる者達全てを新しい天と地へ連れて行くよう
働きかけている。

それを必要ないというなら、それは私ではなくイエスにそう言っている
という事。だから、一時の想いで皆を巻き込むなと言っているんだよ。

325 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 14:40:40 ID:EIXIIHSH
>>320
単に何も分からないのに決め付けているという意味で書いただけだよ。

326 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 14:41:41 ID:EIXIIHSH
>>324
あなたも一時の想いで皆を巻き込まない方が良い。

327 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 14:47:56 ID:iHO2ffvB
自分のしていることをイエスのせいにするなって。


328 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 15:06:22 ID:bepE0lgQ
>>295
そうだね。
ここの人たちのあなたへの反応を見れば、もう言わずもがなだね。

329 :コテハン:2010/01/11(月) 15:22:26 ID:ev7PI9ef
>>314
これは最初、273以外の人が273を擁護するため言っていると思った。
まあ、どちらでも良いが。

>自分に無いからこそ、273にも無いと考えるという事。
>「私にこの力があるように、皆にもある。
>ただ今は、それが眠っている
裏を返せば、273はこのスレの住人を超えた意識をもっている。
私は真の力を発揮している。他の人もあるにはあるが、しかしフィルターが
かかっているのだ。優越意識。

大体、エゴ言葉の発端の・・・W口調男はどこへ行った。なんで出てこないのだ。


330 :コテハン:2010/01/11(月) 15:28:27 ID:ev7PI9ef
無線だから時々しか見れんし、時々しか書き込めん。故に何が
話されているか、ついてはいけないのだ。仕事しながらだし。

273は多分今まで影が薄かったのだろう。機会を得て、今は大暴れしている。やれー、やれー、
感情を爆発させることも必要だ。これに・・・Wが加われば大盛況。


331 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 15:28:40 ID:bepE0lgQ
>>299
ホントにその通り。我が意を得たり。

332 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 15:40:24 ID:rkHUSmHh
こうやって異分子とレッテルを貼った人間を叩いている時しか盛り上がらない神対スレ。

確かに神対の時代はもう終わったようだ。

神対が何ももたらさなかったことが、これで立証されたも同然。

333 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 15:49:36 ID:iHO2ffvB
叩いてないし。

334 :コテハン:2010/01/11(月) 15:59:37 ID:ev7PI9ef
昨日調べたが、このスレの昨日までのエゴという言葉の総数=煩悩の数と同じ108つ。
内、273が>>269>>274の間で30数個、そして他のほとんどは
・・・・Wが中盤から出てきてからだったのだ。


335 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 16:16:36 ID:kgCWEz8i
神使派やサマディは概念をこねくり回して満足しているだけで具体性が何もない
赦しを実践して何か変わった?

336 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 16:19:54 ID:bepE0lgQ
どう見ても概念をこねくり回しているだけで具体性がないのは神対派。
具体的にどういうことか、と問われるといつも逃げてるのは神対派じゃないか。
神使派は具体的なメソッドを持っているし、サマディも自分の体験を具体的に書いていた。

愛なら今何をするか、を実践している人がこのザマか?

337 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 16:26:43 ID:iHO2ffvB
>>336

このザマって?
とってもいい雰囲気だと思うけど。
これくらい本音でぶつかんないと何も見えないよ。
「愛なら今何をするか?」
あなたの考えている範疇では分からないってことでしょ。
それだけ人間として小さいってことだと思うよ。



338 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 16:40:50 ID:bepE0lgQ
>>337
とてもそうは思えないが。議論になってない。
議論の中身で白熱しているのではなく、
個人攻撃ばかりに熱中しているのが神対派。
エゴという言葉の総数がどうしたというんだろう。
エゴについて誰かが語っているなら当然エゴという言葉が出てくるだろう。
それをご丁寧に調べ上げて何をしたいのか。
それが議論と何の関係があるのか。

そして、人間として小さいとか、すぐそうやって人格攻撃を始める。
そういうのを「このザマ」って言ってるんだけど。

339 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 16:42:24 ID:bepE0lgQ
叩いてないし、とあなたは言ってるけど、
他の人のことまでどうしてわかる?
全部あなたの自演だからわかるのかな?

340 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 17:05:34 ID:iHO2ffvB
>>339

他人が叩いているかどうかなんて知らないです。
私は叩いてないし。

>>338

>そして、人間として小さいとか、すぐそうやって人格攻撃を始める。
>そういうのを「このザマ」って言ってるんだけど。

先に人格攻撃を始めたのはあなたでしょ。

>愛なら今何をするか、を実践している人がこのザマか?

これ、書いたのはあなた。どう考える?
他人を攻撃していることには無神経で自分自身への攻撃には過剰に反応する。
自分勝手この上ないね。


341 :コテハン:2010/01/11(月) 17:09:19 ID:ev7PI9ef
>>338
何故、議論の中で「神の使者」派がエゴを用いて「神との対話」を攻撃すると思う?

342 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 17:31:04 ID:rkHUSmHh
>>340
このザマか、というのは個人攻撃か? 神対信者全体に対してだろう。

>>341
神使派がエゴを使っていると。
エゴって何だ?
神対派なエゴを使ってもよく、神使派は使ってはいけない?
そのあたり、もう少し詳細かつ具体的に。

343 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 18:00:41 ID:rkHUSmHh
神使派が神対派を攻撃していると。

何を攻撃しているのだろうか?
何が攻撃されていると受け取っているのだろうか?

344 :コテハン:2010/01/11(月) 18:24:46 ID:ev7PI9ef
>>342
>何故、議論の中で「神の使者」派がエゴを用いて
>「神との対話」を攻撃すると思う?
でだめなら神対派がエゴだと言われる理由は何ですか?


345 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 18:49:33 ID:rkHUSmHh
どこで神対派がエゴだなんて言った?

君は、神使派はエゴで神対派を攻撃している、と言った。
だから、それについて質問しているのだが?

346 :コテハン:2010/01/11(月) 19:37:32 ID:ev7PI9ef
>>345
疲れた。警戒心多すぎ。
でだめなら、君は言ってないが神対派も「神の使者」派も互いに相手をエゴだと
批判することについて君はどう思いますか?
これでもだめなら、このスレでエゴの言葉が多いのは何故だと思いますか?
意見を聞きたいだけ。
別に答えなくても良いよ? 別の機会に他に振るから。


347 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 19:43:40 ID:rkHUSmHh
エゴについて議論しようとしているんだから、エゴという言葉が多用されて当然。

348 :コテハン:2010/01/11(月) 20:37:10 ID:ev7PI9ef
>>347
有難う。

349 :コテハン:2010/01/11(月) 20:57:50 ID:ev7PI9ef
エゴは延長上の話しであって、もともとは「一なる神世界」しかないのでそれ以外は
価値が無い、この世は無意味だ、生きる意味さえないという思想と、
この世は価値がある、人生から学びを得れる、体験は貴重であるというという思想が
いびつな形で表現され論争されているような気がする。
これに「神の使者」が入り込んできて「神との対話」どころか他の精神世界の本や
神と言われる存在まで否定しかねない。
「一なる世界」だけが本物でそれしかなく、それ以外では99パーセントでもダメなのか?
と言う問題と99パーセントでも本物でないという考えは同じではない。
この世は神とはいっさい関係がないのか、すべてが神ならこの世を創った想念の一部に
神はいなかったのか。神の力なくして生まれることが可能なのか?という問題が
本読んで独自の解釈や体験によっていろんな意見が生まれる。
問題は自分にとって正しくないと思われるものを卑下し非難する行為、言動である。
それがエゴ現象として現れて、エゴの定義づけの争いになる。
問題ははっきりしない部分があるのは当然だが、深く掘り下げられる前に表面上の
争いになって本質への配慮と正当なる話し合いが損なわれているような気がする。
もちろん自分もその責任の一環はある。地獄からでも学べるからここにいる。


350 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 21:13:16 ID:bepE0lgQ
>>340
>>愛なら今何をするか、を実践している人がこのザマか?

>これ、書いたのはあなた。どう考える?
>他人を攻撃していることには無神経で自分自身への攻撃には過剰に反応する。
>自分勝手この上ないね。

これがどうして個人攻撃になる?
このザマはこのザマでしょう。
>>273氏をずっと叩いていたのはどちら? 神対派でしょ。
人を叩くときだけスレが活性化して、叩いているのはいつも神対派。
ちょっとでも異論を挟もうものなら、蜂の巣を突いたような大騒ぎになる。
それを称して、このザマというのは特定の個人の人格を攻撃していることにはならないよ。

351 :コテハン:2010/01/11(月) 21:21:02 ID:ev7PI9ef
「神との対話」の思想におけるこの世の体験(感情を含む)は肉体、精神があるから
できる。これは自我とも言われるがコースや「神の使者」から見れば、神でも
一なる世界からみれば(意識、エネルギーでも)無意味と書いてあるようにも
とれるが、自我という言葉が一人歩きして単にエゴだと捉えられているようにも
見える。しかしながら、自分は(今は「神の使者」も「神との対話」もコースも現在は
読んでないが)例えば「神の使者」にもこの世を捨てるのではなく幻想世界を使って
一なる世界に向かいなさいと書いてあったような気がする。
「神の使者」は確かにこの世は価値が無い(宇宙の消滅=もともとの「神の使者」の題名)
と言っているが、それは制限された思考が誤って交錯し、生まれた世界であって
神と共によい思想、世界も存在する。一緒たくりにすべて否定しまうと「神の使者」
でさえエゴの使者になりかねないと思う。スレの流れ上仕方が無いがもっと
掘り下げて深層部分での論議があればと思う。
エゴの企みの研究も良いが、一方の神世界の話しもバランスよく行なわれれ
ばと、自分としては思う。
一度、こんなに論争が起こるならその真意は何?と「神の使者」の神に問うたこと
があったが返事は無い。その時に「誤解している」というような暗示を
受けたがこれが本物かどうかはわからない。表面上の論戦になったとしても
かまわないし、未熟でも長い目で見てそこからいろいろ研究して学んでいるつもりです。


352 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 21:23:12 ID:iHO2ffvB
>>350

叩いてないって。

「人格攻撃」が「個人攻撃」にすり替わっているので
気をつけてくださいね。

353 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 21:31:46 ID:iHO2ffvB
ノコノコ出掛けて来て書き込みして
ちょっと批判的な事書かれると
叩かれた、個人攻撃だと大騒ぎして被害者づら。

まるで子供じゃない?



354 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 22:19:17 ID:LazY9qff
>あのさあ、ここの人達って、273にはなんの力も無いって決めつけてるよね。
>そのことの方こそ、私には驚きだよ。

273=本人。自分で自分の力を誇示する人はじめて見た。

355 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 22:19:43 ID:bepE0lgQ
>>353
それはあなた(たち)だろう。

ちょっと批判的な事書かれると、
荒らしだ、サマディだ、と大騒ぎして被害者面。

まるで子供じゃない?


こう言ったほうがずっとこよくこのスレの現状を言い表している。

356 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 22:25:41 ID:LlzlnD/d
>>281
>アセションは物理的変化を殆ど伴わず行われる

最初から間違っているとは、以下まったく説得性が無くなっている。
間違っているどころか、知らないんだよ、それ。

357 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 22:35:27 ID:LazY9qff
>>355
それも違う。サマディの揶揄>返し>個人攻撃だーってゆう被害妄想パターンのくりかえし。
返事が怖けりゃ書かなきゃいいのに。

358 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 22:42:49 ID:bepE0lgQ
>>357
違う。
サマディや神使派と思しき人間が神対に否定的なことを書き込むと、
待ってましたとばかりに反応する。君を筆頭に。
そして気に入らない意見を書き込む人はみんなサマディ認定してきた。
そうやって、結果的に神との対話そのものも君が貶めてきた。
きみの被害妄想がスレを今のようなこんな状況に追い込んだんだよ。

359 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 22:56:04 ID:LazY9qff
待って人なんているんだ

360 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 23:06:05 ID:bepE0lgQ
韓国が内政不安定になってくると日本を叩きだすのと一緒。
つまり、肝心の神対そのものの話題がもう全くなくなって、
無意識のうちに敵を欲していた。

そこにタイミングよく神使やサマディや河合があらわれたので、
彼らに全ての責任をなすりつけて悪役を担わせておいて、
自分たちはスレを荒らされた被害者を演じて、
必死になって“政情不安”をごまかしているに過ぎない。

冷静に観察してみよう。
肝心の神対ついては実際もう全く何も話されていないから。

361 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 23:15:45 ID:LazY9qff
下のところはその通りかも
あたりまえになったことは話題にしないからね
前半はお話にならないけど

362 :神も仏も名無しさん:2010/01/11(月) 23:46:55 ID:bepE0lgQ
当たり前になってない。

神との対話に書かれていることの一体何パーセントを実践できている。
まさに絵に描いた餅。その結果がこれ。

363 :神も仏も名無しさん:2010/01/12(火) 00:19:17 ID:MtXv27hX
神なんとかは捨ててハイディッガーあたりからやり直したほうが良いよましで



364 :神も仏も名無しさん:2010/01/12(火) 08:50:54 ID:MtXv27hX
今からこのスレは
『存在』と言う概念とは何かを語るスレになりました


365 :神も仏も名無しさん:2010/01/12(火) 18:05:30 ID:e9jBBFmI
>>362
たとえば、何を実践しろというの?

366 :神も仏も名無しさん:2010/01/12(火) 19:56:23 ID:UKd/9IVT
>>365
愛なら今何をするか、と言われても、
そもそも「愛」が何かもわからない人に何ができる?

まさに「絵に描いた餅」。

じゃあ何をしろと言うの?というあなたの問い掛け、
つまり、具体的に何をするのか、それができるようになるためにはどうしたらいいのか、
そういうことが全く分からず、余計な観念ばかりが頭の中に蓄えられ、
エゴが肥大していってるだけ。

それが神対がもたらしたもの。それだけ。
他人の褌で相撲を取ることしかできない、
“わかったつもりになっているだけの勘違い君”を量産しただけ。

367 :神も仏も名無しさん:2010/01/12(火) 22:01:22 ID:6zQy8z37
口の悪い嫌われ者が自分の発言に原因があるにもかかわらず「僕を嫌うな愛してくれよ!」と叫んでいる。
小学生の時よく見かけたな。
他人のエゴはよく見えても自己のエゴの肥大は見えないようだ。
いや、その他人も自分が見ている幻想だったか。
どちらにしても矛盾している。

368 :神も仏も名無しさん:2010/01/12(火) 22:19:17 ID:NhEsSBe5
>>366
まったくその通りだな。我が意を得たり。

自分のことを言われて悔しかった馬鹿がまた一匹しゃしゃり出てきたようだがw

369 :神も仏も名無しさん:2010/01/12(火) 22:50:44 ID:7b+HBpRm
ごめん、君らハイディッガーはスルー?

370 :神も仏も名無しさん:2010/01/12(火) 22:56:48 ID:7b+HBpRm
存在とは-wikiより-

はい。これでもう神対も神使者も説明出来ました。終了です。
エゴとかややこしいこと言わなくてもwiki見て、それを自分で実験して、腑に落ちたら終わるよ。

存在(そんざい、existence)とは、この世界の多様な現象を把握するために、
一定の条件を満たした現象群を統合した呼称。
一般的にはその現象群が物理的因果関係を持つ時、
その現象群は存在する、と認識される。
例えば何らかの塊に力を加えて動いた時、我々はその塊が物理的に存在すると認識する。
そして、その表面の色、模様、感触から材質が木であることが分かり、
また、形状から機能を推定することでその塊を「椅子」として認識する。
また、そのような物理的存在を過去や未来、或いは別世界に移動して想像する時にも、
その物は存在すると考えられる場合もある。例えば、椅子を動かしたという記憶がある時、
我々はその椅子がかつて存在していたと考える。また、多世界論理では様々な世界にそれぞれ椅子が存在し、
(椅子に腰掛ける時)我々の意思がそのうちの一つを選択するという形而上学を展開する。
これらの存在感覚の底辺を成していると思われるのは「実存感」(reality)であると思われる。


371 :神も仏も名無しさん:2010/01/12(火) 23:04:07 ID:NhEsSBe5
wikiをそのままコピペして思考停止。

372 :神も仏も名無しさん:2010/01/12(火) 23:05:24 ID:7b+HBpRm
お前がな。それを言われないためにちゃんと文章書いてるだろ
ほんとに読んでないんだな、お前は

373 :神も仏も名無しさん:2010/01/12(火) 23:24:48 ID:3pBFYK3A
エゴがエゴを擁護し肥大していくショーにつきあう必要はないぞ
パソコンの前で待たせておけばいい
そのうち本人もそれが執着や自我であることに気づくだろう

374 :神も仏も名無しさん:2010/01/12(火) 23:48:51 ID:NhEsSBe5
>>372
お前の文章と呼べるものが>>370のどこにある?

>>373
自演するならもうすこし時間を置かないとなw 


375 :神も仏も名無しさん:2010/01/12(火) 23:57:53 ID:7b+HBpRm
うーん、概念の向こう側が「分かった」なら、
短い文章、単なる単語でもキーワードがわかるはずだけどな
あえて「この抽象度で語っていますよ」という意味で括弧をつけてるから察してくれよ。な?

376 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 00:34:03 ID:xj+zMpp5
>>366
それね、私は愛を知っているよ。
それは実践している。多かれ少なかれそれは誰でも実践しているはず。
だから、そんなことで神対読者が実践してないなんて言えませんね?
愛の他には何か?


377 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 01:05:41 ID:TEBRqKH2
>>376
愛って何ですか? 具体的に教えてください。

378 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 01:19:23 ID:orLoiUM6
愛は非常に抽象度の高い「まとまり(一旦この抽象度で言葉にします)」なので、具体的に言えば言うほど、
違う「まとまり」になるぞ。
例えば、「生物」を例にすると、あなたは「猫」にたとえて下さいと言っているようなもんで、
猫の抽象度を高くすると生物になるけれども、生物の事を言いたいのに猫だけのことを言っていてもどうしようもない。
つまり生物という抽象度を理解しなければ、具体的=猫の事を聞いても全くの無意味なのだ。
愛は具体的に語ってはいけない。自分が抽象度をあげるしかない。

379 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 01:47:49 ID:TEBRqKH2
あなたは>>376さんですか?

では、質問を変えて、ご自分が愛を知っていると言える、その根拠を提示してください。

380 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 02:00:15 ID:orLoiUM6
376さんではありません。ごめんね。
私は、私の定義する「愛」を知ってはいません。
知っているということは、そこに私という概念があるからです。
ですから「私」は「愛」を知りません。
私が定義する愛を知ってはいるけれども、その定義の参照先(ポインタの先)の「愛」を知ることは無いと思います。
私が定義する愛は高い抽象度の何かです。
愛と「愛」は全くの別物なので読み違えないように気をつけて下さい。

381 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 02:03:23 ID:orLoiUM6
といつつ最初の愛は括弧無しでした。いや読み方によっては括弧ありでも良いけどね。

382 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 02:10:00 ID:TEBRqKH2
>>380
では前言は撤回するということですね。
あなたは愛を知らない。
あなたの知っているのは屁理屈ですね。

383 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 02:16:04 ID:orLoiUM6
だから376じゃないって

384 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 07:59:46 ID:/CB/OvpV
愛についての考え方だって時間とともに変化するだろう?
それでいいんだ。
時間とともに愛についての概念が変化するなら、
それに伴って「今愛なら何をするか?」についての答えが変化していくだけだ。
何を愛と考えるかは各個人に委ねられている。

その時忘れてはいけない大前提を一つだけ神対は教えている。
「私たちはすべて一つである」



385 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 08:39:53 ID:uJ8zXIaY
だからその大前提そのものが愛なんだって
でも言葉の抽象度では全ては一つは表現できない
そう言った瞬間に一つではないものを産んでいるからだ
一つという概念が成立するには一つではないものが必要だ
それも含めて一つなら言葉で表現するべきではない


386 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 09:42:11 ID:CcZNMKFU
>>379
愛を知っているし、私なりに理解をしているね。
だけど、愛を具体的に説明する気にはなれないな。
それは、みんなで議論すればいいのでは?

そういうことを議論されていないので、私は口を挟まない。
まして、自分から言い出すことはしない。
もし、愛をどういうふうに考えているかをあなたが言うなら、それにたいして
意見を添えるか、疑問に感じたなら正すかもしれない。

だけど、愛を分からない者なんているの?
と、素直な疑問。         、376です。



387 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 09:58:20 ID:/CB/OvpV
>>385

あなたがその場所にいるならそれでいいんでは?
他の人もいずれは同じ場所に立つだろう。

それでいいよね。



388 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 10:27:10 ID:/CB/OvpV
>>386

そういう議論になりそうになると、
>>379のように「知っていると言う根拠を示せ」と言う話になるから、
そこから先に進まない。



389 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 11:08:29 ID:uJ8zXIaY
かといって378のようにちゃんと説明すると難しくてわからないといって全く読まずに、これはへ理屈だ、と決めつけて済ませようとする。もうパターンなんだよこれ
大昔からずっと同じことしてる
まさに俺らは決まり切ったロボット
という話も何度もやってる
という話も何度もやってるんだろうな



390 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 11:43:54 ID:uJ8zXIaY
>>387
良いか悪いかという概念を使用する状態はらば良くない
使用しない状態ならばどうでもなんでも良い

391 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 12:45:09 ID:JrLuJef8
>>386
ではなぜ愛について知っていると書き込んだのですか?

具体的でなくてもいいので愛について語って下さい、あなたの理解を。

392 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 13:13:50 ID:JrLuJef8
>>385
>一つという概念が成立するには一つではないものが必要だ

これなんかもう完全に神との対話の単なる受け売りですね。
結局、愛について本で読んだことがあるよ、というだけでそれを体感し体得し体現はしていないということですね。
頭の中で概念をいじくりまわしているだけ。
頭の中で、本で語られている概念をいじっているだけなのに、わかったつもりになっているだけ。

ということで>>366に話が戻ります。


393 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 13:33:44 ID:uJ8zXIaY
>>392
>>392

394 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 13:43:07 ID:Ppm2E4ea
>>388
それはいえるね、そういうのは私は無視するけど。
大事なことは特に。

395 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 13:55:11 ID:JrLuJef8
本で読んだことのお題目、効能書きをなぞってその文言をここに書き込む。

なぜそんなことをするのだろうか。

それは自己顕示欲を満たすためでしかないだろう。

だから、それはどういうこと? もっと詳しく、と言われると、
いろいろ言い訳をして逃げることしかできない。
何もわかっていないんだから、答えられるはずがない。

そんなことを延々と繰り返して何になるんだろうか。


396 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 13:56:17 ID:JrLuJef8

376 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 00:34:03 ID:xj+zMpp5

>>366
それね、私は愛を知っているよ。
それは実践している。多かれ少なかれそれは誰でも実践しているはず。
だから、そんなことで神対読者が実践してないなんて言えませんね?
愛の他には何か?


397 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 17:49:47 ID:/CB/OvpV
>>395

みんなが一致して納得できる「愛」についてあなたは言っているんだろうけど、
それは悟ってからわかるもので、今わかる必要はない。
いますることは今自分の思っている「愛」なら何をするだろうか?を考え行動すること。

>本で読んだことのお題目、効能書きをなぞってその文言をここに書き込む。

お題目や効能書きに拘っているのはあなたのほうだよ。
わかりますか?



398 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 17:55:41 ID:/CB/OvpV
>つまり、具体的に何をするのか、それができるようになるためにはどうしたらいいのか、
>そういうことが全く分からず、

何でも教えてもらわないとできない「ゆとり君」ですか?
それも含めてすべて自分自身で考え、自分自身で責任を持つのが神との対話です。

399 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 18:12:17 ID:1+qAN+dM
>一つという概念が成立するには一つではないものが必要だ

一つでないものを必要とする「ひとつ」はひとつではない、
というのが不二一元。

つまり神対は不二一元とは相容れない。

>>397
そうやって逃げるしかあるまい。

>>398
私が考える、という「わたし」が落ちないと、愛についてはわからないだろうね。

400 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 18:39:48 ID:/CB/OvpV
>>399
> >一つという概念が成立するには一つではないものが必要だ
>
> 一つでないものを必要とする「ひとつ」はひとつではない、
> というのが不二一元。
>
> つまり神対は不二一元とは相容れない。

はいはい、そうしておいてくださって結構です。

> >>397
> そうやって逃げるしかあるまい。
>
> >>398
> 私が考える、という「わたし」が落ちないと、愛についてはわからないだろうね。

「わたし」が落ちた時は悟っている時なんだろうから、
あなたの言う「愛」がそれまでわからないのは当然。
その通りだと思うよ。
それがわかるまでは自分の考える「愛」を実践する。
それでいいじゃない?

そうすると、
「わかるまではなんて言ってるうちは決してわからない」
と言うレスがつくのが手に取るようにわかる。

401 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 18:43:52 ID:Kw/jMBlS
第1巻に
「私はお金が好きだ」
と10回ずつ繰り返せば経済状態が良くなると書いてあったが
やってみて実際に効果があった人はいるかな?

402 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 19:46:36 ID:7sCEJ4g+
>>397
>お題目や効能書きに拘っているのはあなたのほうだよ。
>わかりますか?

わからないので説明してください。

>>398
都合が悪くなると相手をゆとり君呼ばわりして逃げるのが本当のゆとり君なのです。


403 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 19:58:05 ID:uJ8zXIaY
>>402
401に答えてあげなさい
もうっ何してんの?!

404 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 20:27:54 ID:uJ8zXIaY
401だけに見つかりませんでしたってことか
402もなかなかやりおるわい

405 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 22:06:20 ID:Ppm2E4ea
402なんて能無しだからおしえるなんてできない。
根拠、説明を求めるだけで中身は無い。まったく無い。
知っていそうな者がいるとジェラシーを覚える。

406 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 22:57:51 ID:JrLuJef8
初心者のためのサマディを見分ける用語集

愛なら今何をするか、おれをこのスレから消してみろ、はは、w、(笑)
その通り(だな)、我が意を得たり、都合が悪くなると、
神対信者、受け売り、スイーツ、個人(人格)攻撃、嫉妬、具体的、
不二一元論、聖人、牢獄、わかったつもり、勘違い、自己顕示欲

407 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 23:12:04 ID:7sCEJ4g+
>>405
そうやってこれからも逃げ続けるんだね。
人生そのものからもそうやって逃げ続けてるんだろうね。

>>406
はいはい、困った時のサマディ頼り。

408 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 23:12:47 ID:7sCEJ4g+

376 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 00:34:03 ID:xj+zMpp5

>>366
それね、私は愛を知っているよ。
それは実践している。多かれ少なかれそれは誰でも実践しているはず。
だから、そんなことで神対読者が実践してないなんて言えませんね?
愛の他には何か?


409 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 23:16:22 ID:7sCEJ4g+
>私は愛を知っているよ。
>それは実践している。

という書き込みに対して、では愛とは何ですか、何を実践しているのですか、
と問いかけると、なぜか逆切れして暴れだす。

ずっとこのパターン。

「私は知らない」「私はわからない」

と正直に言える人はそれだけで本当に尊敬に値します。
そういう人こそ、愛に近い人でしょうね。

410 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 23:18:23 ID:ZEtUuunZ
え?なんで誰も404につっこんだり
ぼけたりしないの?
もしかして噂に聴く関東人てやつ?


411 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 23:19:28 ID:ZEtUuunZ
ボケの流れにしていこうぜ
神対は置いといて

412 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 23:25:06 ID:1+qAN+dM
学習能力がないよな、神対信者は。

でもこれだけ何度もツッコミ入れられてるのが奏効してか、
以前のように滔々とマスター気取りで語るオナニーショーはとんと見かけなくなった。
これはいい傾向だ。

413 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 23:27:13 ID:ZEtUuunZ
>>412
空気嫁
いまは神対の話とかするところじゃねえんだよ

414 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 23:41:43 ID:mnQIx6Ha
サマディのお仲間は何人かいることは分かる。某教団の奴ら。
神対を貶める仕事の工作員。
今年から再開した。
今日も元気にお仕事。
おつかれさん

415 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 23:44:31 ID:ZEtUuunZ
お前らほんとに神対の話がしたいの?
ボケないの?
サマディが好きなの?

416 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 23:48:12 ID:7sCEJ4g+
>>414
某教団とは? 具体的な名前を教えてください。

また逃げますか? 答えられない場合は悪質な印象操作ということになりますね。

417 :神も仏も名無しさん:2010/01/13(水) 23:49:47 ID:ZEtUuunZ
>>416
いいからボケて君の番だゆ

418 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 00:00:10 ID:lsx721do
某教団とは元オウムだ。
昔、その話をしていた奴が何人かいたな?
ところでお前もそうだろ?
もう一回、あの話をしてくれよ、頼むわ。

419 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 00:07:14 ID:PVcUITiy
>>416
おまえ、逃げるのか?
おまえ、意気地なしか?

420 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 00:13:00 ID:PVcUITiy
あらー、逃げちゃった。仲間に相談でつか?

421 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 00:14:17 ID:IfVpPBAY
>>420
逃げてるのはお前

422 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 00:20:17 ID:5/IdLrSB
面白いね。

語るに落ちる、とはまさにこのこと。

敵はどこかの教団に違いない、という思い込み、
これは裏を返せば、自分自身がどこかの教団に属しているということ。

さて、その教団とはいったい何という団体でしょう?

決まってます、韓国カルトのあの教団、ニールが広告塔の脳呼吸の丹学(ダンワールド)です。

この粘着質、しつこさ、一人の人間を槍玉にあげて徹底的に叩く手法、
すべて日本人のメンタリティではありません。半島の思考様式、半島の行動様式。

ニールの講演会に行けばわかりますよ。
仕切っているのは丹学(ダンワールド)の連中ばかりだから。

423 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 00:21:39 ID:IfVpPBAY
わかったわかった
ボケたいんだな二人で
俺はもう必要ないんだな?

424 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 00:56:34 ID:TA4OMFSw
>>422
アハハ、ごまかしごまかし
しょうがないよな、ごまかさなきゃ。お仲間が援護のごまかしですか?
>>416はどこ行ったんだ?

425 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 01:05:36 ID:5/IdLrSB
ここは活気付いている時ほど低俗になるな。まあその活気付いている時の中心にはいつも彼がいるわけなんだが。
>>412
議論らしい議論も的を得た突っ込みもなかったから放っておいたわけなんだが、ご要望のようなので一筆。

テーマは愛についてでいいのかな。 愛とは「つながり」。極めてシンプルな説明だがその奥はとても深い。
全てのものは一つであり、全てのものはつながっている。つながりのないものは語ることもできないし想像することもできない。
それゆえに「愛こそ全て」というのは大げさな話ではなく真実を物語っている。
実際には全てのものはつながっているのだけど、そのつながりを見ないことにする、忘れたつもりになるということは可能だ。
それは完全な存在が幻想という技法を用いて不完全性や二元性を経験しているのと同じ手法だ。
個は愛を見ないこと忘れることによってさまざまな経験が可能となる。ただし、その多くはつらく困難なものになるはずだ。なぜなら愛は力、パワーでもあり、それを拒否することによって自分の力は奪われる(ように感じる)からだ。
だから、もし力や愛をとり戻したいのであれば、その振り払っていた手をつなぐだけでいい。
自分を愛するように汝の隣人をせよ、受容すること、赦すこと、肯定すること、皆同じ回帰への道を示している。

426 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 01:11:36 ID:TA4OMFSw
>>425
そんな説明じぁな?
また、コースの幻想かい?
純粋なものである愛にはエゴは入り得ない。
愛は目覚めている真の感覚なんだな。

427 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 01:14:14 ID:5/IdLrSB
ん、IDが被ってるな。今規制に巻き込まれていて教えてもらったプロキシを利用しているんだが、そういうことか。
そうやって複数のプロキシを利用して自演しながら、複数のIDを使い分け自分を擁護してたわけだ。
それが自分が言ってたエゴの肥大だってことはよくわかっているよな。

428 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 01:15:00 ID:TA4OMFSw
>>427
だれに?

429 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 01:18:29 ID:5/IdLrSB
>>424
哀れだよな。
そうやって誤魔化し続けることしかできないお前の人生は。

>>425
たいそうなご高説だが、それをお前は体得しているのかい?
受け売りに過ぎないものをまるで自分の経験に基づく結論、体得した真理であるかのように語る、
そのことを何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も指摘しているわけだが、
公開オナニーショウはどうしてもやめられないわけだな?

430 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 01:22:23 ID:5/IdLrSB
>>427
まさにお前のことなんだろうな。
J:COMでこういうやり方があるというのはつい最近知ったばかりだよ。
それで、なるほど神対信者はこういう手口で自演を繰り返してたんだな、
ということがわかった次第だ。

431 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 01:22:32 ID:TA4OMFSw
>>429
せっかく愛について有意義な議論が出来ると思ったら、それか?
結局させないようにしているのはあんたらなわけか?
いやいや、させないようにしているのが目的だったな?
あーバカバカしい。
おまえらにはできないよ。

432 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 01:23:48 ID:TA4OMFSw
>>430
はいはい、お仕事お仕事ごくろうさん。

433 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 01:25:50 ID:TA4OMFSw
ってかさ、おまえらに相手してると腐るから引き上げ時だ。

434 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 01:30:39 ID:5/IdLrSB
>>431
いやいや、大いに語ってほしいね。
ただし、本の受け売りではなく自分自身の体験をね。
そうすれば有意義なやり取りができる。

神対スレをダメにしてしまったのは、
本の受け売りしかできない>>425のような馬鹿がマスター気取りで
人に教え諭そうとオナニーし始めたのが原因なんだよ。
そういうオナニーは誰の役にもたたないんだからやめろ、
といろんな人が注意しているのに、まるで聞く耳を持たず、
サマディサマディと連呼している。
(ネトウヨネトウヨと連呼しているどっかの馬鹿と同じ)

435 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 01:33:20 ID:5/IdLrSB
ネトウヨネトウヨと連呼していれば小沢や鳩山の犯罪をごまかせると思い込んでいる、
哀れな民主党信者とここの神対信者は本当にかぶるんだよな。
ひょっとしたら同じ奴がニュー速+あたりで必死に情報操作と印象操作を繰り返しているのかもしれないがw

436 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 01:47:23 ID:5/IdLrSB
>>429
君がいう体験とは聖者が瞑想中に体験するようなことだろうが、真理の気づきはそれに限定されたものじゃない。
日常の経験によって得られる気づきもたくさんある。真理はいたるところに及んでいるものだ。
それは数学者が方程式を解いて「aha!」と氷解していく感覚に近いかもしれない。
定説となった数式は真理を示しているが、数式を体験したという表現は使わない。
それと同じで、神秘体験だけが真理ではなく、真理は誰でも日常の経験の中に見出せるものでもある。

>>434
不特定多数の人にむかって教えを諭そうとした覚えはない。あるのは、理解のともなわない聖者の言葉の受け売りでスレ住人を見下している者への反論それだけだ。
自分の立場を損なわれたからといって逆恨みをするのも大人気ない。

437 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 02:03:26 ID:5/IdLrSB
>>436
前半について。
お前の書き込みにはリアリティが感じられない。
こちらは別に瞑想中の体験をだとかそんなことは言ってない。
本を読むのはよかろう。
しかし、そこで得たアイデアに基づいて、では日常で何を体験したのか、
そのことについての具体的な話が何もないじゃないか。
だから何のリアリティも説得力もない。
じゃあ具体的には?と問われると逆切れするだけだ。
じゃあ、具体的には? と問われて困るのなら最初から何も書き込むな。

後半について。
聖者の言葉を載せていたのは別人だ。
理解の伴わない〜とか、住人を見下している〜
というのはすべてお前自身のことだな。
お前自身が認めたくない自分の属性を他人に投影しているということだろう。

とにかくお前がオナニーをやめればすべては解決する。
お前がオナニーをするから突っ込みを入れられ、
そのことに逆上してお前が攻撃し始め、そしてスレが荒れる。
毎度毎度毎度毎度毎度毎度毎度毎度この繰り返しだ。
一体何年間同じ事を繰り返せば気が済むんだ?

本の受け売りでオナニーをし続ける限り、具体的な中身について問われることは覚悟せよ。
そもそも2chというのはそういうところだ。
それはどういうこと? 具体的には? なんでそうだとわかる?
こういうことを訊かれて都合が悪いのであればここに書き込まず、自分のブログで勝手にマスかいてりゃいい。
自分の立場を損なわれたからといって逆恨みしているのはお前だよ。

438 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 03:02:00 ID:4Pftj8I2
話をすり替えてもらっては困る。私は君の書き込みを受けて答えているのであり、誰もいない時に長文を書いたりはしない。
現に私がいない時でも君は嵐の中心にいた。全てはいつも君の受け売り言葉と嘲笑から始まっている。
神との対話以外のスレでも同じようなことがくり返されているのもその証でもある。
第一、ここは神との対話スレだ。君が理解できなかった教えを見下して自己満足するためのスレではない。反論されることぐらい覚悟しておくべきであり反論されたぐらいで逆上するのであれば最初からしないことだ。
今日書き込み>425>427>436>438

439 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 03:39:53 ID:kJiqXs0L
>>438
自己紹介しているとしか思えないよ。

不二一元論と汎神論の違いも分からず、いつも反論出来ずに逆ギレしてその後逃げているのは君だから。

そういう印象操作ばかりやろうとするから、
君はまったく説得力がない。

440 :438:2010/01/14(木) 10:37:31 ID:2qDIRvn4
それもすり替えだ。そもそも不二一元論が汎神論的一元論に優る理由などないし、それはこの場においても哲学界においても論じていて結論が出たなどという話は聞いたこともない。
それは単に聖者や不二一元論に対する君の信仰にほかならない。
実際不二一元論は二元性の世界についてただ無いというだけでその説明は凄く曖昧なものだ。
それに対して「それは人にはわからないことだから…」「お前は全てわかったつもりなのか」と逆ギレしていたのも君だ。
逃げたわけでもなく、そこで議論は途絶えたから後追いしなかっただけのこと。
印象操作をしているのもバレるまで複数IDを使いこなして自分を擁護していた君自身。
何度もいわれているように、君が反感を買う理由は、君の考えそのものではなく、その言動にした反した行動や自己矛盾にあることを忘れるべきではない。
それにしても面白い。今まで書き込みの規制は「2chと距離を置きなさい」ぐらいのメッセージだと思っていたが、規制→プロキシの活用を教わる→同じIDになり自演が発覚ということになるとは。
実に神さまも味なことをなさる。まさに天網恢恢疎にしてもらさずといったところか。

441 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 11:36:18 ID:kJiqXs0L
自演とは?

君のことでしょ。

誰彼構わずサマディ認定して、一斉に出て来たかと思うと一斉に消えていなくなる。

おかしいと思ってたんだよね。
でも今回の件で串使って自演してたのがバレて、
それまでアンチの仕業に仕立てあげようとする卑劣さ。

君が嫌われてるのは、そういう姑息な小細工ばかり繰り返すからだよ。

442 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 11:55:33 ID:kJiqXs0L
不二一元論が汎神論より優れているなどとは誰も言ってない。

君が不二一元論と汎神論の違いが分からずに混同していたという事実を指摘してるの。

それを指摘された途端に消えたんだよね。
議論が途絶えたから後追いしなかったなんて、よくそういう嘘を平気でつけるものだ。

443 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 12:17:34 ID:nGphOWSW
イチャモンつけたいだけの人の文章は読むとよく分かるね。

444 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 12:41:18 ID:2qDIRvn4
>>427 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 01:14:14 ID:5/IdLrSB
>ん、IDが被ってるな。今規制に巻き込まれていて教えてもらったプロキシを利用しているんだが、そういうことか。
>そうやって複数のプロキシを利用して自演しながら、複数のIDを使い分け自分を擁護してたわけだ。
>それが自分が言ってたエゴの肥大だってことはよくわかっているよな。

今規制に巻き込まれていて教えてもらった、という割にはIDが被るということを知っていたと。
こちらは串を使うとIDが被るなんていうことはまったく知らなかったのだがw

どうしてこの人は普通に書き込める時にもIDを変えてまで工作しようとしていたのか。
そこにはやはり何らかの利害が絡むとみるのが自然だろう。
その利害とは何かというと、やはり脳呼吸じゃないんだろうか。

脳呼吸のウリは、神対の著者であるニール・ドナルド・ウォルシュが信者であるということ。
その最大の広告塔であるニールの著書の信憑性が損なわれれば、即、自分たちの売上にも響いてくる。
だから、神対への批判は、それがどんな些細なものであっても封じ込めねばならないと。

で、当初は組織ぐるみでそれをやっているのかと思っていたが、
J:COMの場合、串を使えば書き込めるということを先週知ってそれで今回IDが被って、
>>427自身が図らずもこうして書き込んでしまったように串を使っていることを告白してしまった。
それで、これだけ大規模な神対批判封じがどうして可能だったのか、
そのカラクリがやっとわかったという次第。

まさに、天網恢恢疎にして漏らさず。

しかし、自分のそういう所業を相手がやったことにしてしまう手法は、
やはり日本人のメンタリティではなく、半島系のものなんだよな。

445 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 14:01:58 ID:d1RrGJBV
>>444 串を代えてまで、自演するような人は、信仰への執着
自分の思想への執着なんだよね

ここで悪口を言っている人の半分以上が、誰かの強い執着に
影響されて、強い執着心が生まれてると思う
この負の連鎖は、ゲームハード板に似てます

ゲーム機に執着するか、信仰に執着してるかの違いだけで
このスレとそっくりです
似てるのは、嫌いな事になると、目の敵の様に、揚げ足取り
巧妙な悪口で、相手をつぶそうとする点

治す方法は、悪口を書きたくなったら、その心の変化を感じて
自分で何度も気づくようにすればいいと思います

俺の場合は、恥ずかしながらxboxの宣伝のエゴに乗ってしまって
悪口を書きたくて仕方がなかった、攻撃するのが目的になってた
完治するのに3日かかった、今までで、一番しつこいエゴだったw

446 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 14:14:41 ID:Vok9erz7
>>443
よく読まなくても分かる。
汚い言葉が複数入っているし、きもちわるい。

447 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 14:17:25 ID:kJiqXs0L
>>444
まさに、語るに落ちるってやつだね。

自分の場合、大天国に対する底意地の悪いイジメを目の当たりにして、
それですっかり目が醒めたよ。

448 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 14:25:19 ID:Vok9erz7
二人が、 ID:5/IdLrSB を共有しているぞ。はじめて見た。

そのうちの一人はイチャモンつけてるから、すぐ分かるな。
片方の者は、コテつければすぐ回避できるのに?

だいたいはよく読めば分かることだ。



449 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 14:28:33 ID:Bxd6urxA
この言い合ってるように見える二人は
実は一人でやってる自演なんでこの二人は無視して良いよ
ていうかよそでやれ

450 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 16:11:09 ID:kJiqXs0L
>>448
白々しくそうコメントしている君が当事者のひとりかもね。

451 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 16:34:31 ID:Bxd6urxA
そう、ボケ信者の当事者ですわ

452 :超スーパー女教師河合希:2010/01/14(木) 16:53:54 ID:oMfEwspf
あああ

453 :超スーパー女教師河合希:2010/01/14(木) 16:56:37 ID:oMfEwspf

人生はゲームではない

真剣勝負だ

ゲームという表現はある意味

人間が真剣に行動する 重み を軽く観ているともいえる

454 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 18:19:49 ID:Yu+1AY7W
>>450 ID:kJiqXs0L
バカか?
おまえが一番怪しいんだろうが。

455 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 18:46:34 ID:Bxd6urxA
怪しいのは俺

456 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 19:16:43 ID:kJiqXs0L
>>454
どこがどう怪しいんだ?
こちらはお前のような姑息にIDを変えたりしていない。

だいたい単独IDがワラワラと湧いて来るとき、
それはほとんど神対擁護の投稿なんだ。
一斉に湧いてきて、一斉に去っていく。
そんな光景を何度目にしてきたか。

457 :神も仏も名無しさん:2010/01/14(木) 19:53:28 ID:Bxd6urxA
>>456
俺だってば聞けよ

458 :超スーパー女教師河合希:2010/01/15(金) 15:45:54 ID:MzvusOFp

2012年には何も起きない

未発達な霊がいきなり進化することはありえない

輪廻転生をして一歩一歩経験体験して叡智を深めないといけない

平均的な朝鮮人のような質が悪い人達は輪廻転生を後20〜30回しないと

今の平均的な日本人のレベルに到達しない

アセンションできる人は魂の発達段階が進んでいる者のみ

もしくは 地球以外の生命宇宙人である可能性が高い

それにアセンションしてもわたしより叡智のレベルが低い者もいる

459 :超スーパー女教師河合希:2010/01/15(金) 15:55:27 ID:MzvusOFp

人生はゲームではない

魂の決意はゲームなどという言葉で表現できるものではない

重く悲しくそして深くそして神聖で荘厳なのである

460 :神も仏も名無しさん:2010/01/15(金) 18:38:06 ID:z2LL6iQz
え、人生は無意味な幻想なんじゃないの?

461 :スーパー超究極∞以上創造主神仏様。:2010/01/15(金) 18:56:54 ID:z1qmWJhg
2012年のフォトンベルトのアセンションの次元上昇に備えて思い切って頑張って努力して勉強してスピリチュアリズムとスピリチュアルとニューエイジとチャネリングとシルバーバーチとホワイトイーグルとバシャールと神との対話と精神世界を学ぼうよー!?♪。

462 :神も仏も名無しさん:2010/01/16(土) 13:28:16 ID:Z0sQSSyZ
>>436
仮に理解が伴っていなくとも、誰の発言か、出典は何かを明記していれば、それは“受け売り”とは言わない。
“受け売り”とは、君のように、他人の言葉、他人のアイデアを、出典を明記せず、あたかも自分の体験に基づく自分の言葉であるかのように語る(騙る)ことを言う。

463 :神も仏も名無しさん:2010/01/16(土) 13:53:39 ID:r26VkmSp
>>462
もういいってお前らほんとに黙れ消えろ

464 :神も仏も名無しさん:2010/01/16(土) 17:01:36 ID:07eqpEzQ
釣る魚

釣られる魚

辛さかな?

釣りのえさかな?

釣られる差かな?

465 :超スーパー女教師河合希:2010/01/16(土) 18:37:16 ID:JswjvNlh

え、人生は無意味な幻想なんじゃないの?

それは視点によると思う

ただ 人生での体験経験は叡智を深めるという意味では無駄ではない

わかりやすく言うと

できるだけ輪廻転生は早く終わりにすべきなのだが

輪廻をたくさんすると人生経験が増えるので 叡智が増し賢くなる

輪廻は忌むべきものであるが

300回の転生で悟りを開いた者

と 350回の転生で悟りを開いた者がいれば

どちらも完了したのであるが 後者の方が叡智が深く賢くなっている

つまり 人生は 心と直感と常識と倫理を大事にしてミスを犯さない

ように生きるべきだが

ミスをたくさん犯してそこから這い上がってきた者のほうが

叡智が深まり賢くなる

これは イエスキリスト以外のすべての魂に当てはまるのである

466 :神も仏も名無しさん:2010/01/16(土) 19:14:44 ID:jlJVDycW
超スーパー二枚舌河合希

467 :神も仏も名無しさん:2010/01/16(土) 20:18:48 ID:Z0sQSSyZ
議論に負けそうになると敵前逃亡、
最初から議論が成立しない河合に対してはやたら強気で弱い者イジメ。

卑怯者の神対信者。

468 :神も仏も名無しさん:2010/01/16(土) 22:47:59 ID:jlJVDycW
君は人の揚げ足を取るだけ

469 :神も仏も名無しさん:2010/01/16(土) 23:17:19 ID:Z0sQSSyZ
>466:神も仏も名無しさん 01/16(土) 19:14:44ID jlJVDycW
>超スーパー二枚舌河合希

揚げ足取り、個人攻撃の張本人がどちらなのか、一目瞭然。

470 :超スーパー女教師河合希:2010/01/17(日) 10:16:14 ID:GQLPqfY4

神との対話が好きな人に聞きたいのだが

あなたがたは自民より民主支持かな?

それと

小沢の目、人相、雰囲気 を観て

悪人だってことぐらいわかるよね?

でも まだ 民主支持してるの?

支持してるとしたらどうして?

心は 目 人相 雰囲気 に 正確に出る

後 鳩山由紀夫が好きな人に聞きたいのが

どこが好きなの?

わたしは全く共感を感じないのだが。。。

471 :ネ申:2010/01/17(日) 10:48:17 ID:J26w+gLy
>>470

鳩、台詞棒読みなとこが好き

472 :神も仏も名無しさん:2010/01/17(日) 12:59:55 ID:7dHU/eS7
何も支持しないし
支持しないこともしない


473 :神も仏も名無しさん:2010/01/17(日) 14:20:01 ID:L0LJGFCR
470 名前:超スーパー女教師河合希



この人、政治板と議員選挙板の常連。

474 :神も仏も名無しさん:2010/01/17(日) 18:17:33 ID:WV0FS5MN
>>472
あなたみたいな人、もっと増えたらいいのにね。

475 :超スーパー女教師河合希:2010/01/17(日) 19:53:13 ID:GQLPqfY4

政治に関心を持つか持たないか自由だ

選挙に行くも行かないも自由だ

だが

その場合 国がどのようになっても

一切 文句を言うべきではない

そうでないと 筋が通らない

476 :神も仏も名無しさん:2010/01/17(日) 20:31:40 ID:WV0FS5MN
国?そんなもの、いつ無くなってもいい心構えなんかできてるよ。

自分の生死すらどうなっても構わないと思ってる人間が、自民がどう、民主がどうと、くだらない雑音に興味があるはずがない。
(別に自殺願望があるとか言ってる訳じゃないから誤解しないでね)


477 :神も仏も名無しさん:2010/01/17(日) 22:12:24 ID:x8bO7GXL
国のことなんてどうでもいい、
なんて言ってるやつに限って、
国から最大限の恩恵を受けている。

国が本当に崩壊して一番困るのは自分なのにね。

鳩山政権になってわずか4か月半で
日本の国益がどれほど損なわれてしまったことか。

すぐにブームに乗せられてしまう、
頭の中がお花畑になっている連中による衆愚政治、
愚かなる選挙の結果がこれ。

河合君、mixiをやっているんなら、
翻訳家の山川紘矢の日記を見に行ってみてください。
こいつは熱烈な鳩山信者ですが、
少しでも鳩山政権に疑問を呈するコメントを書き込むと、
即行で削除しアク禁にするような全体主義者です。

こういう奴らがマスコミの洗脳に乗せられて
民主政権を誕生させてしまった結果が今のこの体たらくです。

ニューエイジャーと言われている連中が如何に腐っているか、
よくわかる恰好のサンプルです。


478 :神も仏も名無しさん:2010/01/17(日) 22:18:01 ID:x8bO7GXL
オカルト板に山川紘矢のスレが立っています。

mixiをやってなくてもそちらで概要はわかります。

往年の山川ファンも、山川のあまりのトンデモぶりに愕然とし、
離れて行ってます。

479 :神も仏も名無しさん:2010/01/17(日) 22:23:07 ID:JPIqLB4p
政治の話は板違い

480 :超スーパー女教師河合希:2010/01/18(月) 15:36:30 ID:LEUwt75a

いや 鳩山政権を応援してるやつは

わたしから観れば 妖怪 化け物 だよ

妖怪や化け物が 人に教えを諭すなんて許されない

山川も化け物

後 アセンションの本書いてる  中丸薫 も化け物

まともな人間なら

鳩山政権を応援するはずがない

481 :神も仏も名無しさん:2010/01/18(月) 17:36:40 ID:+EXQ+3x9
わたしから観ればって
分かってるじゃないの
わたしという概念使うのやめたら終わり。
だろ?
あえて使うのならそないに必死になるな
使われてるぜ?


482 :超スーパー女教師河合希:2010/01/18(月) 18:14:36 ID:LEUwt75a


このわたしは 神の視点のわたしだ

だが

わたしは神ではない

あなたがたと同じ神の子である

正確には 日本の神々の視点から観れば

小沢一郎は 日本の 神聖なる核 を 壊す

最大の邪神だ これは本当だ

小沢の 目 人相 雰囲気 に 惹かれる者がいれば

それは 悪 もしくは 悪を選んだ もしくは 未発達な 魂 である

悪は悪に惹かれる

また 日本やアメリカより

中国 ロシアが 好きな人間は 悪の魂だ

まともな人間なら 独裁国家など好きにはならない

483 :超スーパー女教師河合希:2010/01/18(月) 18:16:42 ID:LEUwt75a


ちなみに あなたもわたしも神の子であるが

この宇宙(区)において神と呼べるのは イエスキリスト のみ

イエスキリスト以外の存在は すべて 神の子だ

484 :超スーパー女教師河合希:2010/01/18(月) 18:18:16 ID:LEUwt75a

http://jbbs.livedoor.jp/study/6517/

http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/index.htm
http://www.paperbirch.com/groupsoul/groupsoul1.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/book_review_mon.html
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/spiritual01.html
http://www13.atwiki.jp/ridatu/

http://blogs.yahoo.co.jp/zxyahyzxyahy
http://plaza.rakuten.co.jp/zxyahy/

超スーパー女教師河合希
= 明和高校名古屋大学河合希
= 心(良心)=主イエス様
= 全宇宙全生命永久永遠の大天国
= ジャンヌダルク様は超善人だよ
= 聖ミカエル大天使
= ミカエル = 聖ミカエル =光の大天使

485 :超スーパー女教師河合希:2010/01/18(月) 18:22:09 ID:LEUwt75a

>>483

このことは 神との対話3巻132ページに書かれている

だが マスター以降の進化は 幻想を現実と錯覚して生きることはない

このことは 神とひとつになるということ 145ページに書かれている

486 :超スーパー女教師河合希:2010/01/18(月) 18:35:52 ID:LEUwt75a

わたしが大好きな本

神の使者 不死というあなたの現実

天使との対話 

アランカルデック 

霊の書 天国と地獄 「霊との対話」 天国と地獄II

スピリティズムによる福音

考えさせらる本

苦しみを選ぶ勇敢な魂

大嫌い本 しかし なかなか 参考にもなる部分もある本

神との対話 神との対話シリーズ

善いかどうかよくわからない本

ラムサ セス バシャール

487 :神も仏も名無しさん:2010/01/18(月) 18:44:51 ID:+EXQ+3x9
河合さんはあと哲学色々読んだら
もっと統合できるんじゃない
何が何をベースに語ってるかわかるはず


488 :超スーパー女教師河合希:2010/01/18(月) 18:46:38 ID:LEUwt75a

つけたしです。。。



わたしが大好きな本

サンダーシングが書いた書物 ホワイトイーグル

善いかどうかよくわからない本

スウェーデンボルグ

マシューブック ラザリス 江原啓之(笑)

参考にはなるがあまりにも視野狭窄で単純すぎる本

飯田史彦の生きがいの創造とそれに関連する本

489 :超スーパー女教師河合希:2010/01/18(月) 18:49:18 ID:LEUwt75a

487さんへ

そうですね

まあ

魂のレベルが高い人は以下の書物音楽を聴きます

ベートベン バッハ モーツアルト 小林秀雄 福田恒存

ドストエフスキー シェークスピア 池田晶子

490 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2010/01/22(金) 00:03:36 ID:7DIwHOrV
ざっとですが読ませていただきました。
皆色々な信念・思想を持ってらっしゃって興味深いですね。
僕が思ったことは議論をするということは当然意見の食い違いがあるからです
よね。それは全然かまわないんですが、自分の価値判断を押し付けたり
自分の考えこそが正しくで絶対であると思うことには誤りがあると思うんです。
皆それぞれに人生の答えを見いだしてると僕は思うんです。
人は比べ合う生き物です。それにより自分より他者が劣ってると
感じたり、優れてると感じたりします。
しかし本来人間は誰もが同じ位置にいるのです。劣等感を感じる時はすぐ
考え直して、「あ〜この人も私と同じ位置にいるんだなぁ」と考えたほうが
良いと僕は思います。私たちは皆神聖にひたされています。
リア充の定義があったけど僕はリア充とは自分が常に神聖にひたされていて
愛に満ちている状態だと考えています。




491 :神も仏も名無しさん:2010/01/22(金) 08:35:28 ID:laW1Jfnk
>>490
誰も信念も思想なんか持ってないよ
あなたがそう見ているだけ
ほんとはみんなゾンビでプログラム通りに生てるんだよ
と俺が見ているだけ
脱構築するためにはどうすればいいの?
かんがえてみませう

492 :神も仏も名無しさん:2010/01/22(金) 08:36:09 ID:LFJWGavD
>>490
あなたのリア充の考え方に凄く癒されました。ありがとう。


493 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2010/01/22(金) 13:02:37 ID:7DIwHOrV
>>491

あなたの視点・観点がそれであればそれでもいいのです。
それがあなたの中で真実なのです。
脱構築したいのであれば視点を変えてみてはいかがでしょうか?
視点が変われば認識も経験も変わると僕は捉えています。

494 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2010/01/22(金) 13:03:58 ID:7DIwHOrV
>>492
こちらこそありがとう(^−^)

495 :神も仏も名無しさん:2010/01/22(金) 23:08:13 ID:ZZPOAVZ0
>>493
わかりやすく言うとあなたがまさに言ってる事を私はあなたに言っているわけです
ということを含意した文章だったのですが
分かりづらかったでしょうか

496 :神も仏も名無しさん:2010/01/28(木) 23:30:12 ID:YxwMoqO/
スレ止まっちゃったよ

497 :神も仏も名無しさん:2010/01/29(金) 00:47:09 ID:BtxWrHPS
>>496
それがあなたの中で真実なのです。


498 :神も仏も名無しさん:2010/01/31(日) 03:27:56 ID:guvngMC6
もう神対も古い本だからな
今更感

499 :神も仏も名無しさん:2010/01/31(日) 03:59:29 ID:1/+vv+8h
皆解脱只在残者

500 :神も仏も名無しさん:2010/02/03(水) 22:46:11 ID:1ZX4BOjU
久々に見に来ました
過疎ですね





ぬるぽっ

501 :レオ ◆sZgkRcXqJk :2010/02/04(木) 21:33:15 ID:7rBIzX7D
>>500 過疎ですね。ガッ!!

502 :神も仏も名無しさん:2010/02/09(火) 23:31:17 ID:Iz/Sbg/Z
いちいちつまらん揚げ足取りしてくる奴がいるからな

503 :神も仏も名無しさん:2010/02/10(水) 12:15:56 ID:WinuaXxk
age

504 :神も仏も名無しさん:2010/02/11(木) 13:12:45 ID:L3Q0V8AT
揚げ足取られて逆ギレするなら最初からハッタリかますなってこと。

505 :神も仏も名無しさん:2010/02/11(木) 23:17:47 ID:BnZzfPMa
残者以前夢之中

506 :神も仏も名無しさん:2010/02/12(金) 23:10:49 ID:koMSP42J
確かに神対系スレは赦しのレッスンだった。
ありがとう!!

507 :神も仏も名無しさん:2010/02/15(月) 23:00:33 ID:ladYm2Mn
神との対話の中に書いてある行動を続けると神性が身について
マスターになれるようですが、未来が見えたりする超能力って身に付くんでしょうか?
噂で、神との対話を使ってレベルアップすると未来が見えたり動物の言葉がわかるように
なることができるサークルがあるって聞いたんですけど、
知っている人いたら教えてください。


508 :神も仏も名無しさん:2010/02/28(日) 10:21:23 ID:9AXQCmGC
引き寄せの法則のエイブラハムの本を読みましたが、
神との対話は、それと内容的に被るところありますか?
もしそうなら、どの程度かぶりますか?


509 :神も仏も名無しさん:2010/02/28(日) 13:00:49 ID:acLwyJxj
殆ど差異がないように思われる。
「神よりしあわせ」は、エイブラハムの副読本として使えると思う。

510 :神も仏も名無しさん:2010/02/28(日) 13:09:27 ID:9AXQCmGC
>>509
有難う。
気になるけど、書籍代がかさみすぎて迷ってました。
エイブラハムだけにしようと思います。

511 :神も仏も名無しさん:2010/02/28(日) 16:25:22 ID:73ffWIyB
ここ2,3年ぐらいずっと神使や不二一元論との関係性や違いについてが
テーマだっただけにさすがにもう飽きてきたわw
俺的にはもうそんなものはどうでもいいから同じ価値観の人達と語り合いたいね



512 :神も仏も名無しさん:2010/02/28(日) 20:13:30 ID:zacptzqI
サマディが乱入してからおかしくなった
退治したから大丈夫

513 :神も仏も名無しさん:2010/03/01(月) 04:45:46 ID:uRZCh6K1
「ゆるす!そしてまた同時に、自分たちもゆるされなければならないことをわきまえなければなりません。
それには、謙遜な心をもつことです。
謙遜と愛がお互いにゆるすことを容易にするはずです。
そして、お互いに傷つけ合うのではなく、愛してはじめて、お互いのうちにあるきれいな部分が見えるようになります。」
マザー・テレサ(ゆるす心を)

514 :神も仏も名無しさん:2010/03/01(月) 08:17:13 ID:oEW4d2OZ
>>510
エイブラハムって結構奥が深いよ。
神対のようでもありACIMのようでもあり。
決定的なところは否定的な出来事は幻想である、と徹底しているところだね。
デフォルト非二元論であるが、この世界でのコントラストとして二元的活用を受容している。
彼らはとにかく心地よくあることが最重要だと主張する。
私としてはエイブラハムが一番バランスが取れていると思う。

515 :神も仏も名無しさん:2010/03/01(月) 08:58:11 ID:5rAlVpTM
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1249081984/
対話スレ7

516 :神も仏も名無しさん:2010/03/01(月) 12:16:26 ID:0Hf5pXxV
感情のナビゲーション
心地よさ

さて2ちゃんやめるか

517 :神も仏も名無しさん:2010/03/03(水) 18:44:46 ID:Vo1653gT
>>512
なんちゃってマスターたちがサマディに退治された、の間違いね。

518 :神も仏も名無しさん:2010/03/03(水) 21:28:17 ID:NJ47eD4K
↑お前は巣に帰れ

519 :神も仏も名無しさん:2010/03/03(水) 21:36:32 ID:Vo1653gT
巣ってどこですか?w

言論の自由を奪うことはできませんよ。

またサイバーテロでもやるんなら一時的に出来るかもしれませんが。
でも、結局高くつくでしょうがw

520 :神も仏も名無しさん:2010/03/03(水) 21:44:29 ID:NJ47eD4K
なんかんだ言っても迷いがあるから神対スレに来るんだろうな

521 :神も仏も名無しさん:2010/03/03(水) 21:49:16 ID:Vo1653gT
別に自己紹介しなくてもいいんですよw

522 :神も仏も名無しさん:2010/03/04(木) 07:10:52 ID:0IxXTF/1
エイブラハムは願望実現に関しては若干弱いのではないだろうか?

523 :神も仏も名無しさん:2010/03/05(金) 13:21:51 ID:OUEHRirR
エイブラハム以上のものがあれば教えて欲しい

524 :神も仏も名無しさん:2010/03/06(土) 11:21:06 ID:CG4MCjVA
エイブラハムを願望実現の道具としてだけ認識するのはあまりにも勿体無さ過ぎる。

525 :神も仏も名無しさん:2010/03/06(土) 19:59:23 ID:vpWm0Nog
エイブラハムの教えを実践するのは大変だな。
「その科学が成功を決める」て本で、
自己啓発本の教えでネガティブ結果になった人が、
多数いたというのもうなずける。(聴いた話のことだけど)
なかなか、そのいいことばかりに意識をむけるのも、
難しいだろうね。
特に、外で働いていていろんな人と係わると。
負のスパイラルからなかなか、抜け出せないんだよね。


526 :神も仏も名無しさん:2010/03/06(土) 20:23:00 ID:sjTFKAup
>>524
> エイブラハムを願望実現の道具としてだけ認識するのはあまりにも勿体無さ過ぎる。


そうなんだがエイブラハムで願望実現した人は多数いるんだろうか?

理論的にはすぐれているんだろうが。

527 :神も仏も名無しさん:2010/03/06(土) 20:27:14 ID:lZzdKnNr
それは好転反応とも言えるんじゃないかな。
ポジティブシンキングを始めて自分の意識に注意するようになると今まで隠されていたネガティブな面に気がついてしまう。
だがネガティブ意識の下にある神の完全性というものが見えてくるようになると(ry

528 :神も仏も名無しさん:2010/03/07(日) 09:59:45 ID:s66HClWC
>>526
理論的にすぐれてても、実行するには相当なレベルがいりそう。

ワクワクに従って生きるで有名なバシャールも、
「今の自分自身を受け入れることによってのみ、なりたい自分に変わって
いくことができます。今の状態に抵抗してり、葛藤したりすると、自分の
望まない状態にとどまることになります。」
と言ってて、ネガティブな感情も次へ進むとび石のような役割にできると述べている。

エイブラハムの節目節目の期待で現実化するってのも、エスパー並とさえ思える。

まぁ、それも相当しんどいといえばしんどいですね。
私は神対3部作を読んで、初めはなんか抽象的でしっくりこなかったんですが、
バシャールとかなり共通点があると聞き、
生活につかれしんどい時とかによく読み返すようになりました。
”人生の目的は本当の自分を体験すること。”
それも共通点ですかね。
エイブラハムの自分の望むとおりのことを体験するっても、同じといえば同じか。
 

529 :神も仏も名無しさん:2010/03/07(日) 12:55:03 ID:lnCpqPPt
神対に「私はお金が好きだ」と10回繰り返すと金運向上に良い、とあったが
あれは確かに効果がある。

テクニックが原始的すぎて、逆に効果がある。

530 :超スーパー女教師河合希:2010/03/07(日) 13:01:29 ID:BHqQ4f9s

http://jbbs.livedoor.jp/study/6517/

http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/index.htm
http://www.paperbirch.com/groupsoul/groupsoul1.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/book_review_mon.html
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/spiritual01.html
http://www13.atwiki.jp/ridatu/

http://blogs.yahoo.co.jp/zxyahyzxyahy
http://plaza.rakuten.co.jp/zxyahy/

531 :超スーパー女教師河合希:2010/03/07(日) 13:02:58 ID:BHqQ4f9s

ある霊界通信からの抜粋

○どうしたら幸せになれるのでしょうか。みんなに話してください。

「お前の想いが念を生じて、同じ念を持った霊を引き寄せると話したね。基本的には、それを使うとよい。お前の念だけではなく、多くの霊が同じ念を出したら、実現する力はとても強くなる」

○では、幸せになりたいと強く念じればよいのでしょうか。

「そうすると、幸せになりたいと強く想う霊が寄って来る。そういう霊は幸せになりたいと想う状態を実現する」

○やはり、、、。幸せになりたいと念ずると幸せになれないのですね。難しいものです。では、どう念じたらよいのでしょうか。

「自分に不幸は無い。よいことしか起こらないと想うことが有効だ。念というより宣言だ。その宣言はとても強い。これが大事だ」

「自分は不幸しか起こらないと宣言していては、他の霊がいくら頑張っても幸せにはできないからね。しかし、宣言だけでは、あくまでも自分の念だけなので、他の念(霊)の力と協力するより力は弱い」

532 :超スーパー女教師河合希:2010/03/07(日) 13:07:45 ID:BHqQ4f9s

○宣言だけでは不足ですか。

「本当に迷いの無い強い信念があれば不足でない。しかし、誰でも幼い頃は強い念があって実現しようとしたが、しだいに思いどおりにならない現実を知る」

○そうかもしれません。願いがかなわないことを知るのが現実です。

「だから生きている意味がある。想いが実現する世界から、わざわざ生まれてきたのは、想いが実現しないことに意味があるからだ」

○ならば、幸せになれないということでしょうか。

「そんなことはない。宣言は有効だが、不足することが多いというだけだ。その人の課題が特別苛酷でなければ幸せになれる」

○では、自分は幸せになる!と強く念じることでしょうか。

「そうやって、念を飛ばして、他の念(魂)の力を得るのは的を得ているが、その念だとうまくいかない」

○と言うと?

「自分の幸せを念じるのだから、お前にしか効果がなく、他の霊の力は得られない。それどころか、念がぶつかって、幸せになることを妨げることもある


533 :超スーパー女教師河合希:2010/03/07(日) 13:08:30 ID:BHqQ4f9s

○妨げることもあるとは?

「つまりAさんが出した、Aさんの幸せを実現しようという念がお前に寄り添って、お前を幸せにするかい?その念はあくまでもAさんを幸せにするだけだ。その念にお前は抵抗する。Aさんには、お前が出した、お前が幸せになる念が憑いて、やはり抵抗される。
だから、お前の幸せはなかなか実現しない」

○なるほど。では、どうすればいいのですか。

「他人の幸せを念じるのだよ。自分が不幸になる必要は無いよ。
あくまで、他人の幸せを強く念じるのだ」


534 :超スーパー女教師河合希:2010/03/07(日) 13:09:22 ID:BHqQ4f9s

○すると、他人を幸せにしようと思う念が自分から飛び出て、、、

「そうだ。そしてお前には、他の人が念じた、他人を幸せにしようと思う念が憑く。それは、他人であるお前を幸せにしようと作用する」

「お前が出した念で他人が幸せになり、感謝の念まで送られて来ると、さらに強力にお前は幸せになる」

「自分にはよいことしか起こらないと宣言して、他人の幸せを祈り、自分には他人であるお前を幸せにしようとする念(霊)が取り憑く。しかも自分に感謝の念が取り巻く。これで幸せになれない方がおかしい」

○不思議とそういう想いになると仕事や人間関係がうまくいくことが多い気がします。しかも即効性です。まだそれほどうまくは行ってませんが。

「感謝について話した時も、お前は多くの愛に支えられていると話した。感謝するだけでなく、積極的に他の幸せを祈る。他の幸せを念ずる。それが、自分にも跳ね返って来る。これが幸せになる方法だ」

535 :超スーパー女教師河合希:2010/03/07(日) 13:24:09 ID:BHqQ4f9s

辛くて祈る余裕がないという人も多いと思います
でも 何時間も何十時間も来る日も来る日も他人の幸せを祈りましょう
希望を持ってください

うつの人は 日常生活や仕事で無理をしないでください
他人のためにと自分を犠牲にしたり 自分を抑えすぎするとますます
心の病になります 好きなことをして怒るときは怒る 無理をしない
自分の心に嘘をつかない 自分に正直になってください お願いします

536 :神も仏も名無しさん:2010/03/07(日) 13:25:40 ID:lnCpqPPt
>>535

> うつの人は 日常生活や仕事で無理をしないでください
> 他人のためにと自分を犠牲にしたり 自分を抑えすぎするとますます
> 心の病になります 好きなことをして


それはわかるんだが、職についていると無理せざるをえないことのほうが多い。

537 :神も仏も名無しさん:2010/03/07(日) 13:52:06 ID:BLNYDpmR
エイブラハムは読んだことないな
神対、バシャールと違う点ってあるの?

538 :神も仏も名無しさん:2010/03/07(日) 14:01:16 ID:kdgKiO0S
引き寄せの法則に特化した内容
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4797341904/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1

539 :神も仏も名無しさん:2010/03/07(日) 14:08:16 ID:lnCpqPPt
>>538

これは「ザ・シークレット」とセットで読まないと効果が薄いというか
理解しにくいのではないだろうか?

540 :神も仏も名無しさん:2010/03/07(日) 14:24:33 ID:kdgKiO0S
セットで読んだほうが理解しやすいだろうけど単独でも問題ないと思う


541 :神も仏も名無しさん:2010/03/07(日) 14:45:50 ID:s66HClWC
>>537
好みによると思う。
1年以上前に読んだ時、「なんか怠惰な人が好む内容だな」と思ったが、
最近、読み返してみるとそうでもなかった。


542 :神も仏も名無しさん:2010/03/07(日) 15:01:41 ID:s66HClWC
”あなたがたがこの物質世界にうまれてきたのはなぜか?
 人生でさまざまな多様性や対比を経験し、そのうえで
 自分の好みや欲求を決めるためなのだよ。 
     ”
”自分の意図をはっきりさせることに少しでも慣れてくると、
 人とつきあうとき、会ってすぐの段階で、そのつきあいが
 自分にとって価値があるかないかがわかるようになる。 ”

”望まない人や経験から避けたり隠れたりする必要はないし、
 そんなことはまず不可能だ。だが、自分が楽しいと思う人や
 経験だけを招き寄せることは不可能ではない。      ” byエイブラハム

案外、神対やバシャールと共通してる内容も多い。
不快な人や物事に対して、黒を見て白を知るというような内容も
書いてありましたね。
まぁ、シルバーバーチは江原さんや美輪さんよりの考えだと思います。
「この世は修行場。困難にぶちあたってのみ、霊性が向上する」的みたいな。
この世は男塾、神様は江田島塾長・・・・・・違うか。

543 :超スーパー女教師河合希:2010/03/07(日) 15:22:26 ID:BHqQ4f9s

神の使者より神との対話が好きな人に聞きたいのが

君たちはまさか民主党なんかに投票してないよね?

社民 共産 に 投票する人は頭がおかしい人

進化した人間は賢いから民主党に投票するはずがない

民主党に投票した人は進化した人間ではないのであろう

544 :神も仏も名無しさん:2010/03/07(日) 16:08:39 ID:cHVZmwAo
>>543
唯一神・イエスに投票しました
私は賢いと思いますが正しい決断だったでしょうか?

http://tokyo.cool.ne.jp/torichan/matayoshi/070723.jpg
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8442664

http://yes.kazamidori.net/seiken04.html
>よって小泉純一郎は腹を切って死ぬべきである
>この当然のことを唯一神・イエスがいわないならその逆の責任を唯一神・又吉イエスがとらなければいけない
>人類の創造者,人類の総責任者唯一神・又吉イエスにそういうことができるか
>また小泉純一郎はただ死んで終わるものではない
>唯一神・又吉イエスが小泉純一郎を地獄の火のなかに投げ込むものである

545 :超スーパー教師河合希(男):2010/03/07(日) 19:32:53 ID:BHqQ4f9s

笑った!!!


みなさん こんにちは

超スーパー女教師河合希

から名前を変えます

1 超スーパー男教師河合希

2 超スーパー教師河合希(男)

3 超スーパー教師河合希(男性)

の名前 どれかを使います

546 :神も仏も名無しさん:2010/03/07(日) 19:51:31 ID:7YBv0iiH
えーと、4の超スーパー変態教師河合希 が良いと思います。

あと唯一神・又吉イエスの目は慈悲深い目でしょうか?

547 :超スーパー教師河合希(男):2010/03/08(月) 02:20:03 ID:ULj8q3DR


視野が狭い目である

548 :神も仏も名無しさん:2010/03/08(月) 19:29:21 ID:UUVM4T7S
再臨のキリスト・唯一神又吉イエス
http://hafudani.hp.infoseek.co.jp/matayoshi/matayoshi1.htm
http://www.geocities.jp/yes_matayosi/mmosaloon.html
http://www.geocities.jp/yes_matayosi/giin17.html

又吉イエスって誰ですか?本当に神様なんですか?彼に投票すると救われるんですか...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=13238448&sort=1

唯一神又吉イエスの政策
・ミニスカートとそれに類するものの廃止
http://www.matayoshi.org/manifesto/miniskirt_abolish.html

549 :神も仏も名無しさん:2010/03/08(月) 20:09:37 ID:OUYq0PDS
国粋主義というエゴに凝り固まったネトウヨが幸せを語ってもなぁw

550 :神も仏も名無しさん:2010/03/13(土) 11:40:00 ID:AAT0dEeK
いつのまにか「神とひとつになること」が文庫になって出てるやん。
出版不況でも需要があるから出したんだろうね。
読み返してみたけど、幻想についてこれほど詳細に説明した本はない。やっぱ名著だわ。

551 :神も仏も名無しさん:2010/03/13(土) 12:34:35 ID:so+sQcK2
>>550
所詮、人間の頭で考えただけのフィクションだけどね。

552 :神も仏も名無しさん:2010/03/13(土) 22:28:46 ID:6GaXxU3r
神対が次々に文庫本化していくのがうらやまけしからん人がいるようだ


553 :神も仏も名無しさん:2010/03/13(土) 23:41:33 ID:so+sQcK2
>>552
そりゃ商売なんだから仕方ないよなw
神との対話マニュアルみたいな新刊も出てたぞ。
あなたはそれも買わなきゃならんなw

本物というのはいつの時代も同時代人にはあまり評価されない。
しばらく経ってその真価が評価されるようになる。
大衆に受け、支持されるものには碌なものはない、と思っていたほうがいい。

554 :神も仏も名無しさん:2010/03/14(日) 06:43:13 ID:u5WE/fVg
シリーズの中で「願望実現」にもっとも役立ちそうなのはどの巻でしょ?

555 :神も仏も名無しさん:2010/03/15(月) 09:06:27 ID:WibJyQlS
どれも役に立つぞ
願望実現しようとすること自体が
あなたを不幸せに導く可能性が高いって
わかることにね

556 :神も仏も名無しさん:2010/03/15(月) 11:18:44 ID:qd4f6Lz8
なんだよそりゃ

557 :神も仏も名無しさん:2010/03/15(月) 17:29:47 ID:GnoSzqaw
なんで神との対話には願望実現と思うやつが来るのか。
願望実現しようとしたら結局どうなるのか
ちゃんと書いてるだろ
それらを分かった上で趣味でやるのは有りだが、その時それは既に願望ではない

558 :神も仏も名無しさん:2010/03/15(月) 19:02:17 ID:hL7mHGe/
  

559 :神も仏も名無しさん:2010/03/15(月) 21:17:51 ID:4VGL4GYJ
願いを叶えるために特別に何かをしなければならないと
思っている時点で神を信じていないということだから
やればやるほどドツボにハマると思う。ニールは逆の
ものも創造されるとか言ってるが、むしろ逆のもので
溢れるぐらいに思ってた方が良い。

560 :神も仏も名無しさん:2010/03/15(月) 22:08:47 ID:4Ah3aK2u
だが、自分の願望をちゃんとかなえて、
豊かな人生を送っている人もいるわけで。

精神世界に逃げ場を求めるんじゃなくて。

561 :神も仏も名無しさん:2010/03/15(月) 22:25:53 ID:4VGL4GYJ
その「自分の願望をちゃんとかなえて、豊かな人生を送っている人」が
一体どこに居るのか、だな。どこに居る?

562 :神も仏も名無しさん:2010/03/15(月) 23:09:40 ID:4Ah3aK2u
ものすごく極端な例だけどイチローとか松坂。

563 :神も仏も名無しさん:2010/03/15(月) 23:13:34 ID:4VGL4GYJ
>>562
しかし本当に満足しているか、またしていたとしてどの程度しているかは
他人には分からない。彼らの全ては分からないからね。他人は勝手に
空想するしかない。空想がどの程度真実と一致しているかは分からない。

564 :神も仏も名無しさん:2010/03/15(月) 23:14:58 ID:4Ah3aK2u
屁理屈に逃げるのも大概にしましょう。

565 :神も仏も名無しさん:2010/03/15(月) 23:43:34 ID:oxtgqFyQ
ここでは神対信者のほうがまともだなw

神使vs神対スレではキチガイ神対狂信者が暴れているがw

566 :神も仏も名無しさん:2010/03/16(火) 00:05:35 ID:59n6jJyT
そもそも満足とは何かってことよ
あなたの中でどんな反応が起こる事満足と呼んでいるのか
一般的に言われているような事や言葉で表現できる事がが満足だと思ってたら
もう何も分かってない
そういう意味ではイチローにも満足など単なる言葉でしかない
満足というクオリアは実は全くもってどうでもいいもんなんだよ

567 :神も仏も名無しさん:2010/03/16(火) 00:25:03 ID:iEmJXjtS
>>564
真実を屁理屈と言って退けるのであればあなたは永遠に真実を見られないだろうね。

568 :神も仏も名無しさん:2010/03/16(火) 00:26:59 ID:KUpqgtl6
だったら自分流の満足とやらを求めればいい。

まあ何にしても、イチローや松坂は自分の人生に満足しているはずだよ。
満足してないわけがないわな。
まさしく、自分の願望を実現したわけだから。

569 :神も仏も名無しさん:2010/03/16(火) 00:41:39 ID:iEmJXjtS
>>568
それは分かるはずのないことを勝手に決め付けているだけ。あなたの妄想だ。


570 :神も仏も名無しさん:2010/03/16(火) 00:56:40 ID:ytpI2x1t
おまいらニールの講演会申し込んだ?
特等席取ったんで、もしなんか質問とかできる機会があればしてみるから
何か書いておけ。では2ヵ月後に会おう。

571 :神も仏も名無しさん:2010/03/16(火) 01:15:20 ID:cP5QfcHr
>>570
「ニールさんは、ACIMを尊重されてるみたいですが、
ゲイリー・レナードさんの著作で批判されてることはご存知でしょうか?
もしご存知ならニールさんのご意見もお聞かせ下さい。。。」
(会場シ〜ン・・・ゴックン)

572 :神も仏も名無しさん:2010/03/16(火) 01:35:44 ID:0ohTJhsL
>>557
> なんで神との対話には願望実現と思うやつが来るのか。


文庫版の第一巻に願望実現テクニックが書いていたと思うが。
「私はなんとかが好きだ」
と10回繰り返すとか。



573 :神も仏も名無しさん:2010/03/16(火) 07:27:01 ID:KUpqgtl6
神との対話≒成功法則本 だからね。

574 :神も仏も名無しさん:2010/03/16(火) 12:15:24 ID:Me29tsPA
本国では一見成功法則本に見せた
キリスト教の洗脳解く本だという認識になってるのに。
日本はキリスト教関係無いのに流行ってしまってすごい勘違いされてるよな


575 :神も仏も名無しさん:2010/03/16(火) 17:53:30 ID:+vXjsmaw
ところで神対はエゴについてなんて言ってたっけ?

576 :神も仏も名無しさん:2010/03/16(火) 18:27:31 ID:PYQW7nmH
>>575

まずはエゴの定義が必要だと思います。


577 :神も仏も名無しさん:2010/03/16(火) 22:27:00 ID:Riqbk4vs
神との対話がこの世界でよりよく生きることを志向している以上、
それが他の成功本、自己啓発本と同じだと言われても当然だろうな。

578 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 12:26:52 ID:Oh6GuqA+
まあそうだろうな。

579 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 14:16:12 ID:n6v11zBX
まあそうじゃないだろうな

580 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 14:22:43 ID:n6v11zBX
>>571
言葉の全ては批判できる。
なぜか?
言葉とは何かがわかればそれは明白。
だからacimの絶対(とここでは表現する)という立場からはキリストの言葉であろうが
仏陀の言葉であろうが
ニールの言葉であろうが批判できるのはあたりまえ。
文章がどの立場に立って書いてるか読めないと混乱するぞ
その時々で立場は違ってる。



581 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 16:22:16 ID:H+YluYpj
誰かニールがACIMに言及している箇所を教えて下さい

582 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 18:26:13 ID:u7dPD5bk
>>581
神との対話@ 第4章 5ページ目

神より幸せ 169ページ

583 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 19:23:42 ID:3peZDq/8
さんくす

584 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 19:38:00 ID:zE+ZBVkH
この対話シリーズは「神へ帰る」で終了?

585 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 20:58:38 ID:8yq64fgM
これからも続々と刊行されるだろう。

最新刊の「変われば変わる」は、完全なドブ銭駄本。
「神よりしあわせ」はエイブラハムの補足本として使える。

586 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 21:04:07 ID:oTHnBoZg
「神との対話ガイドブック」という本まで出ているw
一度味わった甘い汁は簡単には忘れられないということ。

587 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 21:05:41 ID:8yq64fgM
出版てのは商売だしね。売れる限りは出すでしょ。

588 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 21:20:36 ID:Ix7/I15X
じゃあサマディは神対の批判本書けよw売れるぞ

589 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 21:36:20 ID:icBv+xcN
神との対話のラストに、夜空の星の光は、自分の過去で、もう一人の自分がいるというくだりを読んで、
意味わからないけど、感動して、ゾクゾクしました。
こういうことについて詳しく知るのに、良い本ってありますか?
オカルトやトンデモっぽいのじゃないのがいいです。


590 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 21:41:35 ID:zE+ZBVkH
精神的なものを扱ってる本がいいんかね
自分が今までよんだ本の中でだったら

・理性のゆらぎ
・あるヨギの自叙伝
・アミ 小さな宇宙人
・マイトレーヤの使命

これらがよかった、是非読んでみてくれ
他によさげな本があったらおすすめよろしく

591 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 21:44:50 ID:oTHnBoZg
感動するどうかはわからないけど、青山圭秀さんの最新刊、
『神々の科学』は面白かったよ。


592 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 21:48:26 ID:u/2SCssq
>>590

そういうのは
「おすすめの本紹介スレッド」とか立ててそっちでやれば良いと思う。

593 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 21:50:07 ID:u/2SCssq
「あるヨギの自叙伝」も俗人のための願望実現をちょっと説明しているな。

貧乏人が抵当に入っている土地を取り戻したいのなら
既にそうなったと思い込んで喜べ、とかね。

594 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 21:52:32 ID:zE+ZBVkH
神々の科学もよかったね
理性のゆらぎを読んで以来青山さんの本はよく読んでるよ
最後に出てくる神人ってもしかして・・と思った

595 :神も仏も名無しさん:2010/03/17(水) 22:47:31 ID:oTHnBoZg
>>594
青山さんのブログにちょっとヒントらしきことが書かれてるね。
実は先月青山さんの出版記念講演会が永田町であったんで行ってきたんだ。
で、本に出てくるその神人から渡された「黄色い布」、
あの布からは日々ヴィブーティが噴き出してくるんだっていまだに。
それで講演が終わった後、帰り際にそのビブーティにちょっとだけ触れさせてもらった。
・・・黄色い布の中に何が入っていたのかは気になるね。

596 :神も仏も名無しさん:2010/03/18(木) 14:22:45 ID:o0G4Jp1n
>>589です。

少し前、宝彩有菜の本に、「夜空の星は、その人間が、その夜、空を見上げることを知っていて何万光年もかけて、
光を放っている。これは最近の量子物理学の考えだ」とあり、ほんとかなと思いながらなぜかずっと覚えていた。
それが、神対にも同じようなことが書かれていたので、びっくりしました。
自分、科学に疎いんだけど、くわしく知りたいなと思って。
「時間と空間が同じもの」みたいなのも興味あります。
スレ違いで、すみません。
>>590 >>591 >>593 >>594 >>595さん達どうもありがとうございます。
早速、それらの本を見てみます。
大変、感謝します。



597 :神も仏も名無しさん:2010/03/18(木) 22:17:51 ID:m2nZmxSr
>>596
@「SF小説がリアルになる 量子の新時代/朝日新書」
A「時間は何故とり戻せないのか/PHP新書」
B「COSMOS/講談社」
C「ホログラフィック地球ワールド あなたはまもなく銀河人になる/徳間書店」
D「絵で見る死後体験/ハート出版」

オカルトやトンデモ風ではない内容で科学に疎い人でも読めるものなら@は絶対お奨め。
Dはオカルト範疇だけど、体験に基づく情報と物語的な語りと対話で、過去-現在-未来、及びパラレルな自分とはどういうものかを理解するのに役立つと思う。
@とDをあわせて読めばほぼ完璧。Aは量子物理学目線BCは量子物理学+精神世界風。

598 :神も仏も名無しさん:2010/03/21(日) 15:42:02 ID:vCg1kdxJ
>>596です。
>>597さん,レスどうもありがとうございます。読むのが遅れて、すいませんでした。
それらの本、早速密林で見て買って読みます。
初めて、こういう分野の本を見るので、嬉しくてドキドキします。
本当にありがとうございます。感謝します。このスレは、頭のいい人ばかりですごい!!!!!!



599 :神も仏も名無しさん:2010/03/24(水) 20:53:29 ID:w+qMQdCq
>>589
遅レスだけど「エイブラハムとの対話」はおすすめだよ。トンデモ本に入る部類だけど。
実際自分はここでシークレットの話を聞いて、今はそっち側のスレにいるんだけどもね、
ザ・シークレットにはこのニール氏も登場しているんですよ。それも特別扱いで。
「神よりしあわせ」だったかな、シークレットの補足みたいなことも書いてるので
すでにご存知かもしれませんが。

それにしてもさ、どうもこのスレでは「私」と「神」との関係についてよりも
「著者・書籍」と「世間」との関係についての考察が多いなぁw
ニールも言ってるはずなんだけどな、「私」と「私でないもの」とで世界ができてるよって。
常に主語は「わたしは」でいいと思うんだけどね。「あなたは」や「彼は」ではなくて。

600 :神も仏も名無しさん:2010/03/24(水) 21:19:26 ID:HpqH61xZ
トンデモ本(に見える)というなら、『ヒマラヤ聖者の生活探求』だね。
400歳の美女(外見18歳)、500歳、1000歳の方が出てくる。
水上歩行、瞬間移動、死者の復活、仏陀、イエスの出現・説法など。
お店でレジに手を出すと、お札が出現したり。
パンを切っても切っても増えたり。
願望実現的な内容もある。あと、生まれかわりは不要と言っておられる。
人間即神、我神なり、だから。

601 :神も仏も名無しさん:2010/03/24(水) 22:39:43 ID:XlIXNza7
>>600

> 願望実現的な内容もある。


ここはけっこう実用的。

602 :神も仏も名無しさん:2010/03/25(木) 04:40:05 ID:t4EnuRzE
>>600
フヒヒ、なんか面白そうなんでLOAスレの方に(無断で)貼らせて頂いたと共に
Amazonでポチッとさせて頂いたのだぜw

ω・`)ノシ サンキュー

603 :神も仏も名無しさん:2010/03/25(木) 14:47:29 ID:kxgmU4DO
そういえば最近ニールと同じように神と対話した人がネット上で小説書いてるの知ってるかい?

604 :神も仏も名無しさん:2010/03/25(木) 17:21:13 ID:n20vunqt
水をさすようで申し訳ありませんが、『ヒマラヤ聖者の生活探究』はフィクションです。

605 :神も仏も名無しさん:2010/03/25(木) 17:26:29 ID:AuR5dRhX
私の人生もフィクションです。実在する私とは関係ありません。

606 :神も仏も名無しさん:2010/03/25(木) 19:32:22 ID:vsG5H/t4
>>603
それはどこだね
詳細くわしく

607 :神も仏も名無しさん:2010/03/25(木) 20:20:21 ID:kxgmU4DO
>>606
2chにURL貼るのは責任感じるのでメル欄まで

608 :600:2010/03/26(金) 18:21:15 ID:Fh9A8clP
フィクションかもしれんね。
まあ、どっちにしろ、あんな奇跡は無理だわ。
というか、やはり、奇跡現象に目を奪われるのではなく、
まっとうに心・魂を磨いたほうがいいな。みんな、ありがとう!

609 :神も仏も名無しさん:2010/03/28(日) 23:39:16 ID:tPDysTde
>>604
ホントのはなしだといってもフイクションのあんたには分からない。

610 :606:2010/04/01(木) 19:58:12 ID:OpI3ch12
>>607
今まで掲載されてるもの読んでみた
これ連載中なんだね
内容は確かに神が語ってるようだ

爆発した惑星とかちょっと?なところもあるけど
これからの話も楽しみ

611 :神も仏も名無しさん:2010/04/02(金) 00:12:56 ID:oD7dax5B
死んだ身内とはいつ会えるんでしょうか?
仏教では輪廻はあるが、死んだ人とはあの世では会えないといっています。
そんなの納得ができません。
人間の本体が魂なら
愛する者どうし死んだら霊界で会えるはずです。

612 :神も仏も名無しさん:2010/04/02(金) 00:40:33 ID:3qBSgmCb
仏教では輪廻はある→
仏教によるが、少なくとも仏陀は一言もそんなことは言っていないと言われてる。

人間の本体が魂→
どのようなモノを魂と呼ぶかにもよる。
何かを、何かの範囲を我々は魂と呼んでいる。
あんたが何を魂と呼んでいるのか、まずそれを自分で探りなさい

613 :神も仏も名無しさん:2010/04/02(金) 02:12:28 ID:jj0CG2xx
>>611
人間の本質が魂だろ?
死んだ者と会いたいか?会ってどうする?
ソウルメイトと意味では分からないでもないな。

>愛する者どうし死んだら霊界で会えるはずです。
本読んで、知ってていってるだろ?




614 :神も仏も名無しさん:2010/04/02(金) 12:08:56 ID:iNxk1Xj2
自分で、何かを、言葉で定義して、
それを使っていることに気づいてないやつ多すぎ。
Aは〜に違いないとか
Aは〜だろ?
とか
Aはおまえが決めた何かの範囲だって本当にわからないのか?
おまえがAの範囲を決めてるの。
AもA以外も本当は境目なんか無いのに、
おまえがAという範囲を決めているだけなんだって。
世界からAという範囲を切り出している。
Aは上の例では魂だろ。


615 :613:2010/04/02(金) 22:22:24 ID:PNyS2q89
>>614
オレに言っているんだったら反論してやるけど、誰に言っているのかはっきりしろよ

616 :神も仏も名無しさん:2010/04/11(日) 21:42:12 ID:g3Rs7Kt/
保守

617 :神も仏も名無しさん:2010/04/11(日) 23:06:16 ID:CnJTrzBY
ちょっと感じたこと。
俺はもう何度、神との対話を読みなおしたかわからない。表紙は
結構、痛んでるよ。最初の一巻はとくに翻訳がぎこちないから
時々、ペーパーバックも見る。
で、思うのは、読むことで自分の認識と対話してるんだなぁ、と思う。
神との対話の最初の三部作は、むつかしい内容だと思うよ。
だから、ニールがガイドブックを書いたのもわかる。
「引き寄せの法則」なんていうエゴ丸出しの考え方が流行るから
「神よりしあわせ」を書いたんだろ?それもわかる。

なんでも知ってる完璧な人間じゃないと本人は繰り返し言ってるけど、
神との対話のせいでスーパーマンに祀られてしまってる。
彼だって完璧じゃない。最初のころ、知らずにカルトを勧めてしまって
いたこともある。
間違ったことをしたことがあっても、出版だけじゃなく、あの年齢で
世界を回り、いろいろやるのは、本に書いた誓いのとおり
「ルールを教えてくれればそれを広めることに残りの人生使います」を
やっていると思う。
俺はたとえ「神との対話」が実は「隣の基地外との対話」であっても
いい。読んでも読んでもつきることのない、自分を成長させてくれるネタが
ころがってるから。
だから、俺は人より内容を理解してるとか競うこともしないし、マジで
いまだにちゃんと理解できている自信はない。
ただ、俺の役にはたってる。同じ人はきっといるだろうな、といいたかった。


618 :606:2010/04/12(月) 23:05:25 ID:PCojsrgX
>>603に教えてもらった神との対話の小説だけどこれは本物じゃないね
読み進むにつれて何か違和感を感じたけどそんなものだろうと思って進めた

そしてサイトの中で神が読んでごらんという本を読んでみて疑念は確信に変わった
これはいわゆるラエリアンムーブメントの影響を受けた人が神との対話を利用して
ラエリアンと神との対話を結びつけようとしたものだね
ちなみにその本は「真実を告げる書(異星人からのメッセージ)」というやつ
以下にメッセージを抜粋してみる

・ひと試合で必ず数人の死者が出るようなスポーツが地球上にあったならば今より国際紛争を減少できる
そういうスポーツで闘争本能を満たしてあげることができるから

・家族というものは奴隷制度を維持するための方便以外のなにものでもない

・神は存在せず、もちろん霊魂も存在しない。死んだあとは科学によるもの以外何も残らない

・絶対服従の女の「生物ロボット」を何体でももつことが出来、夢のようなベッドショーができる

・悪人の細胞を装置に保存して審判の時がきたら再生させ、被害者や祖先や子供たちによって裁かれる


これ以外にもいろいろあるけど幼稚なものばかりだ
こんな本勧めるのも馬鹿だし、のせられて読んだ自分もまた馬鹿だ
勉強になったよ

619 :神も仏も名無しさん:2010/04/12(月) 23:08:46 ID:hAZNUuEu
>>618

> ・ひと試合で必ず数人の死者が出るようなスポーツが地球上にあったならば

アストロ球団のデスマッチ野球がそうだなあww

620 :607:2010/04/12(月) 23:51:02 ID:yn5Z54ui
>>618
俺も本買ったけど冒頭が怖かったから読み進めてない
新しいのキタかな!?って思ったんだけどごめんね…

621 :614:2010/04/21(水) 00:43:31 ID:l5T/TDb2
>>615
ずーっと規制で書き込めなかったので今頃になるが、
お前には言ってない

622 :神も仏も名無しさん:2010/04/21(水) 20:03:25 ID:n0D85Qh/
言葉の定義が広辞苑に準拠していれば他人と対話できる

623 :神も仏も名無しさん:2010/04/22(木) 07:25:47 ID:onK04vvF
神と対話できればいい

624 :神も仏も名無しさん:2010/04/22(木) 23:12:42 ID:JnXGip5G
じゃあ俺が神になり切って対話してやろう。

625 :神も仏も名無しさん:2010/04/23(金) 12:18:20 ID:GQFyVxDS
神様、サマディを消し去って下さい

626 :神も仏も名無しさん:2010/04/23(金) 14:59:43 ID:p430ybDX
私を・タ・・・・スケ・テ

627 :神も仏も名無しさん:2010/04/23(金) 22:23:27 ID:JyGR+c+X
>>621
オレも規制で書き込めなかったが、オレに言わなくてもおまえ、トンチンカンだぜ。

628 :624:2010/04/24(土) 19:33:06 ID:Jpgrtwrq
>>625
それを創造したのはあなた自身なので消すこともあなたに出来る。
こちらとしてはあなたの自由は奪わない。つまりあなたの「世界を創造する」という行為を停止することはない。

629 :624:2010/04/28(水) 22:04:16 ID:IoRfdSN1
>>626
あなたは既に助かっている。ただあなたの持つ観念により助かって
いないように感じてしまっているだけである。しかし助かっていること
の方が真実であるのでまずは安心しろ。そのうち何とかなる。

630 :神も仏も名無しさん:2010/05/02(日) 10:59:30 ID:LR90gzUu
なんで神が人間と対話できるの?

631 :神も仏も名無しさん:2010/05/02(日) 15:35:42 ID:zDB0CLNu
人間は元々神だからです

632 :神も仏も名無しさん:2010/05/02(日) 21:26:29 ID:LR90gzUu
>>631
なぜ神が人間になる必要があるの?
神は1つだと思うんだけど元々神なら神は不在ということにならない?

633 :神も仏も名無しさん:2010/05/02(日) 22:13:35 ID:mfiTycku
>>632
木が枝分かれしたり葉が出たりするのと同じ。一人一人の人間は木の葉のようなもの。全体が神。
だから人間も神と言えないことはない。

634 :神も仏も名無しさん:2010/05/02(日) 22:15:39 ID:mfiTycku
繋がっているかどうかだ。しかし実際には切り離されるということはない。
単に切り離されたと思い込んでしまうことがあるだけでずっと繋がりっぱなしだ。

635 :神も仏も名無しさん:2010/05/02(日) 22:20:12 ID:LR90gzUu
>>633
その例えだと神は人間なくしては存在できないことになるよ。
そういうことなの?

636 :神も仏も名無しさん:2010/05/02(日) 22:22:17 ID:LR90gzUu
>>634
だからといって対話できるかどうかは別の話でしょ。

637 :神も仏も名無しさん:2010/05/02(日) 22:36:02 ID:jaXl5b6u
何故神と対話できないと思う?

638 :神も仏も名無しさん:2010/05/02(日) 23:00:37 ID:gBctqQas
君はできるの?

639 :神も仏も名無しさん:2010/05/02(日) 23:01:34 ID:LR90gzUu
>>637
人間は完全には程遠い存在で自身の守護霊の声でさえ
届きにくいのに、なぜ永遠とも思える遠い先にいる存在の
声が聞こえ届くのか理解できないから。

640 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 00:39:14 ID:I9oxFCKS
自分は本当は素晴らしい存在だということを経験するには
まず自分が神だということを忘れなくてはならないってことだな
初めから神の状態だったらどれだけ素晴らしいか分からないから

というかこういうのは神との対話で言及してるはずなんだけど
ID:LR90gzUuは読んでないのかな?

641 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 01:45:38 ID:bN/eGiD+
>>640
それは間違っている、という考え方もあるけどね。
「神との対話」自体が間違っている、という可能性についてはあなたには有り得ないんだろうけどね。

642 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 02:41:40 ID:I9oxFCKS
おんやそういうことにも言及していたな
要するに対話を絶対視しないで自分自身で決めるということだな

643 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 04:14:27 ID:bN/eGiD+
OK,じゃ君の考え方は採用しない。
君のその世界観は、あまりに人間(エゴ)に都合が良すぎるんでね。


644 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 07:47:26 ID:DntN6Nlv
>>640
読んでいません。
読みたいと思うのですが、タイトルからつまづいている状態です。
アナタの仰りたいことは理解しますが、それで神と対話できること
に繋がる根拠が見えてきません・・・

wikiには被造世界を創造し、体験的に、あるいは実感的に、自らの神性を知ろうとした。
とありますが、なぜ完全な存在に知識の欠落があるのですか?

645 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 08:00:07 ID:NW7gTjyj
神はあらゆる手段で私たちに語りかけている。
その声に耳を傾けないのは私たちのほうだ。

と言ってるね。

646 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 09:09:37 ID:bN/eGiD+
>>644
本質を突いた疑問だよね。

それ自体完璧なものが、どうしてその完璧さをわからなかったり、
その完璧な状態に飽きた結果、
世界を創造しなければならなかったのか。

それ、完璧じゃないってことだからね。

結局、人間の頭でつじつまを合わせようとすると、
そう考えるくらいしかない、ということで、
だから、神との対話は人が創作したお話なんだろうね、
って考えるのが妥当なわけ。

647 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 09:12:22 ID:vg2YcH1C
>>644
神って言葉をもっと大きな自分って言葉に変えてみればわかると思うよ
欠落があるのではなくて、全体の中から一部を選ぶ際には
他の部分に目をつぶらなきゃならない時もあるってこと
二元性の世界っていうのは、いくつもある可能性を同時に経験できない、
後戻りができない、ってことが経験できる世界といえるかもしれないね


648 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 09:34:58 ID:Hzq7JLe2
>>646
悟りの世界はどういうものか君の体験を教えてくれ。


649 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 10:17:41 ID:bN/eGiD+
>>647
どうしてあなたにそんなことがわかるわけ?
具体的な根拠を説明してください。

>>648
いえいえ、あなたこそどうぞ。

650 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 10:35:41 ID:DntN6Nlv
>>647
>>644
>神って言葉をもっと大きな自分って言葉に変えてみればわかると思うよ

神は神です。
言い替える必要は無いはずですし、
完全な存在ですからあらゆる経験は不要なはずです。
でなければ神は不完全ということになりませんか?


651 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 13:39:58 ID:I9oxFCKS
>>643
自分はただ対話の内容を引用しただけなんだけど
どういう風にエゴがあるのか説明お願い
ここは本を読んだことを前提に内容について話し合うスレでしょ
君なりの神に対する概念を披露してみてくれ

652 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 13:53:26 ID:Hzq7JLe2
>>649
つまり、>>646も結局君の頭で考えた可能性の一つなんだ。


653 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 14:11:23 ID:bN/eGiD+
>>651-652
つまり、いつものように本の受け売りということね。

了解した。

654 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 14:34:03 ID:I9oxFCKS
なんだ自分の考えを披露しないで他を叩いている人だったのか
こういう考えの人もいるよね
こうやって優越感にひたって無知な人だと哀れんでいるんだろう

とりあえず自分的には対話の内容は有用だと思ってるし
何もなしに向上するのは自分では無理だと思うから
必要がなくなるまでこれからもこれを参考にしていくよ

655 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 15:09:10 ID:bN/eGiD+
どうして「叩いてる」なんて被害妄想に陥るんだろうな。

断定的な書き込みをしているから、
その根拠は?とたずぬているだけなんだが。

引用なら引用と断れはいい。
何ページに書いてあり、自分はそれを信じているだけだと。

かわいそうな人だ。

656 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 15:14:55 ID:XtCt1a5g
欠落や不完全さも神の可能性の内だということが偏見や先入観だらけのオールドエイジには理解できないのだ


657 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 15:17:36 ID:bN/eGiD+
こちらは神との対話は全シリーズすでに読んだし、
その結果としてこれはもっともらしいことが書かれているが、
あまりにも人間にとってご都合主義な内容で、
また実用という意味でも役立たないと思っている。
そう書き込むことはこちらの自由なのであり、
ここが2chである以上当然のことだ。

で、役立たないので、本はすべて処分している。
どこがどう役立たないのかきかれても答えようがないので悪しからず。

658 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 15:45:12 ID:I9oxFCKS
本の内容が役に立たないというのなら
どうしてこのスレで発言してるのか分からない
相手しないで離れていたらいいんじゃないの
君なりの神とはどういうものかその考えを示してくれないか
単に役に立たない、役に立たないと連呼するだけでは叩いてると
思われてもしょうがない
それとも役に立たないと主張することがこのスレで発言する意味なのかな

659 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 16:32:29 ID:Hzq7JLe2
>>657
「神との対話」だろうが「神の使者」、ACIMだろうとかまわないが、
役に立つとか、立たないのは個人的なこと。
対象レベルが低いか、自分レベルが低いか、タイミングが合わないだけ。

ところで、君を知りたいので君にとって役に立つ物を教えてくれないか。


660 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 16:35:02 ID:NW7gTjyj
>>650
>完全な存在ですからあらゆる経験は不要なはずです。
>でなければ神は不完全ということになりませんか?

神にとって「経験」は必要じゃない。
ただ「経験」したかった。

神との対話にも神が経験を必要としたとは書いてないと思うよ。
経験を欲したとは書いてあったと思う。



661 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 18:04:34 ID:bN/eGiD+
>>656
欠落や不完全さが内包されているなら、それは神ではない。
ご都合主義のニューエイジにはそんな簡単なこともわからない。

>>658
役立たない、と発言することの何が問題なのだろうか。
書きたいことを書く。それだけ。

>>659
役立たないもの、神ではないものを切り捨てていくことが先。

>>660
同じこと。
経験したかった、だから世界を創造した、
つまり、神だけでは完結しないから世界ができたことになる。
それでは神ではない、ということ。

662 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 18:09:46 ID:bN/eGiD+
結論:

ニューエイジは、エゴの生き残り戦略のための言い訳集。

百害あって一利なし。



663 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 18:29:54 ID:I9oxFCKS
結論が出てよかったね
もうこのスレに用はないだろう
こっちは神対は役に立つと思ってる
そっちは役に立たないと思ってる
それでいいじゃない

だからこっちが何をいっても相手してもらわないで結構

664 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 19:01:37 ID:DntN6Nlv
>>660
>神にとって「経験」は必要じゃない。
>ただ「経験」したかった。

ええ、ですからその欲求さえないはずなんです。
完全だからどうなるかも経験無しにわかるはずです。
摂理は神が創ったんですから。
完全とはそういう事だと思いますが、違いますか?

665 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 19:05:42 ID:bN/eGiD+
>>663
経験したいんでしょ?
神との対話が批判されるという経験だけはしたくない?
やっぱり神との対話の神は、ご都合主義なんだね。

666 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 19:25:07 ID:I9oxFCKS
>>664
内容を100パーセント理解してるわけじゃないし
完全に理解出来ることなんてできるわけないからなー
大事なのは感情とかそういうものであって言葉は最後に残されるものだというしね

そのつたない知識で説明したら神の上にも神がいててそれは無限に続いてるというから
より完全になるためにさらなる経験がしたいってことかな
これで君の疑問が解消されることはないだろうけど

667 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 19:27:57 ID:bN/eGiD+
神の上に神があり、その上にまた神があり……。

それは神はいない、というのと同じ。

668 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 20:44:53 ID:PEpgMfja
無限に神がいるってのも同じことジャマイカ

669 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 20:48:32 ID:Hzq7JLe2
>>659
>役立たないもの、神ではないものを切り捨てていくことが先
言葉は限定的個人思考で内容ははぐらかしか・・・。
君から得るものは無いことは分かったよ。もういらない。


670 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 20:57:02 ID:DntN6Nlv
>>666
> 神の上にも神がいててそれは無限に続いてるというから

無限の数の神が存在することになりますね。
私は一切の第一原因である神が唯一無二の神であると思っています。


> より完全になるためにさらなる経験がしたいってことかな

つまり不完全ということになりますよね。
神が不完全であることに違和感を覚えませんか?

671 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 21:00:09 ID:bN/eGiD+
>>668
すべては神だ、君も僕も神だ、
そこで満足して何もしなくなるという罠ね。

>>669
自己紹介しなくてもいいよ。
もう要らないのならスルーすればいいのに出来ないわけだね。
ほら、経験することに抵抗している。
言うは易し、行うは難し。
というより、実践不可能な建前で読者を洗脳し、
その気にさせているだけで、
実際には読者を足踏み状態に留めているんだね。
巧妙な手口。

この短いやり取りだけでもそれがわかる。

672 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 21:02:16 ID:XtCt1a5g
>>670
で、君はそうやって掲示板に書き込みしたり、毎日学校や仕事に行くという
自分の経験をどう解釈してるの?無意味な幻影だと?

673 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 21:04:49 ID:Hzq7JLe2
「神との対話」が体験するために自分とは別のを創ったと
するなら「神の使者」も同じかー。ACIMはどうなのかな?


674 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 21:09:21 ID:DntN6Nlv
>>672
問いの意味がよくわかりません。
私の書き込みからどうしてそのような問いが出るのですか?

675 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 21:14:07 ID:XtCt1a5g
>>674
経験は不要なのに経験が存在しているのは何故なのかと聞いている

676 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 21:18:28 ID:DntN6Nlv
>>675
神には不要です。完全だからです。
それ以外の存在には霊性進化のために必要です。

677 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 21:21:06 ID:bN/eGiD+
>>674
彼(?)は、神の使者恐怖症なのさ。
神との対話の誤謬を指摘している神の使者という本が、
世界に意味はない、世界は幻影だ、
と言っているものだから、
彼にとっての不磨の大典である神との対話に異論を差し挟もうとする“不届き者”は、
みんな神の使者の手先に見えてしまうという“幻影”に翻弄されているわけ。

678 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 21:27:29 ID:Hzq7JLe2
>>671
ばかだな、低次元のやりとりなら続けても良いよ。
>もう要らないのならスルーすればいいのに出来ないわけだね。
時系列もわからない、そのものの言い方は真理どころか人間的レベルも
???だよ。思い込みは妄想ね。


679 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 21:35:39 ID:I9oxFCKS
>>670
んー難しいね
神は絶対唯一の存在でもあり無限の存在でもあるといえるな
つまり元々一つだった存在が無限に分かれたといっていいし
その無限の存在は元々一つだったってことになる

不完全に見えるけど本当は完全なんだな
完全な状態を忘れてしまったところからまた完全な状態に戻るんだね
どうしてその完全な状態を忘れたかのか
それは完全じゃない状態を経験してそれから完全な状態を経験することで
自分は本当は神であるという認識に立つんだな
分かりにくいだろうけどこんなとこか

680 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 21:36:52 ID:bN/eGiD+
>>678
神との対話信者の私怨に付き合うつもりはないよ。

君にこちらの書き込みをやめさせるこっは出来ないってこと。

抵抗すればするほど相手は強くなっていくってのは、
確か神との対話にも書かれていたはずだけどね。
ニールがアバターコースのテキストから盗んできた考え方だけど。

それ、実践出来ないでしょ?

だから、絵に描いた餅って言われてるんだよ。

681 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 21:54:46 ID:DntN6Nlv
>>679
> つまり元々一つだった存在が無限に分かれたといっていいし

分かれる理由はどう考えていますか?

> それは完全じゃない状態を経験してそれから完全な状態を経験することで

その経験すら必要ないのが「完全」であると私は考えています。
忘れるなんて完全から程遠い行為に思えますよ。
多分、この辺の認識はずっと平行線でしょう。

682 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 21:56:04 ID:Hzq7JLe2
>>646
>それ自体完璧なものが、どうしてその完璧さを
>わからなかったり、その完璧な状態に飽きた結果、
>世界を創造しなければならなかったのか。
>それ、完璧じゃないってことだからね。

このレス自体が神は完璧ではないことを証明している
ように思えるが。


683 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 22:07:00 ID:DntN6Nlv
>>682
「神との対話に出てくる神」について書いているんだと思いますが。

684 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 22:10:47 ID:NW7gTjyj
>>664

>ええ、ですからその欲求さえないはずなんです。
>完全だからどうなるかも経験無しにわかるはずです。
>摂理は神が創ったんですから。
>完全とはそういう事だと思いますが、違いますか?

それはあなたが勝手にそう思っているだけだろ。
あなたの考える「完全」とはどういうことか?がわかるだけ。

完全であるものに欲求はないのかな?
もしそうだと答えるとすれば、なぜあなたにそんなことがわかるのか?

685 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 22:18:04 ID:DntN6Nlv
>>684
「欠けたところや足りないところがまったくないこと。」が完全であると辞書にあります。
私が考える完全ではなく一般的な意味でそうなっています。
欲求があるということは欠けている事があるからに他ならないと思いますが、違いますか?

686 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 22:19:30 ID:Hzq7JLe2
>>683
>「神との対話に出てくる神」について書いているんだと思いますが。
なるほど、そういう流れにもとれますね。
言った意味は、このレスが神の完璧性がただ「ただ在る」しかありえなく、
自分を知るために別のものを創造することはありえないと言う事を
言っているとすれば、何故掲示板で幾多の個人が意見を言い合うのだろうか?
と言う事です。


687 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 22:20:50 ID:bN/eGiD+
>>684
では、神に欲求がある、となぜ君にわかるのか、と問われて何と答える?

688 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 22:28:59 ID:NW7gTjyj
>>685
>欲求があるということは欠けている事があるからに他ならないと思いますが、違いますか?

あなたがそう思っているだけでしょ?

>>687
>では、神に欲求がある、となぜ君にわかるのか、と問われて何と答える?

書かれていることに納得がいくかいかないか?だけだよ。

「神の使者」でも同じような疑問があるよね?
神が完璧ならなぜ完璧である神の分身である息子が「もし神から離れたら?」という夢を見る可能性を残したのか?

「神の使者」の説明が納得いくのならその道を進めばいい。
わたしには「神との対話」の説明の方がはるかに納得がいく。

どちらにしろ言葉では説明しようのない世界についての方便でしかないのだから、
そもそもこんなことで対立しあうこと自体がナンセンス。

689 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 22:39:54 ID:DntN6Nlv
>>688
会話が成り立たないですね。
もういいです。

690 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 22:48:22 ID:bN/eGiD+
ああいえば上佑ってとこかな。

それこそ神の使者をちゃんと読めば、君の疑問に対する説明は言葉の限界の範囲内でなされていたはずだが。

まあいいでしょう。

君は君の道を進めばいい。
それをやめろなんて言ってるわけじゃないから。

691 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 22:48:33 ID:Hzq7JLe2
「神との対話」では体験するために自分とは別のを創ったと
書いてあるが,神の使者」ではどう書いてあるか、
「神の使者」の詳しい人で言える人はいますか?


692 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 22:49:05 ID:NW7gTjyj
>>689

あなたが言うようにこの世界をつくった神には経験だけが抜け落ちていて、
それでは完全とは言えないというならそれでもいいよ。

神との対話によれば、私たち=神=宇宙=全てであって、今は完全ではないが、
神と私たちは協力しあって完全に近づいているという認識でも一向に構わない。

少なくとも「神の使者」の説明よりははるかに納得できるから。

693 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 22:51:20 ID:NW7gTjyj
>>690
>ああいえば上佑ってとこかな。

お互い様です。

>君の疑問に対する説明は言葉の限界の範囲内でなされていたはず

説明されてても納得できなきゃね。

694 :624:2010/05/03(月) 22:55:41 ID:4PLFcc2O
>>635
この世界全体が神だ。この世界はなくならない。人間は今人間という形になっている
だけのことで人間が全てではない。

>>636
人間の言葉を使うわけではないからね。使うかも知れないが使わないかも知れない。
ただ受け取り続けていることは確かで、人間もほとんどは無意識に受け取って動いて
いるので意識的に受け取る必要はほとんどない。というかむしろ神だなんだと意識的な
思考を働かせて無理に動こうとすることは自然な無意識的な動きを妨げるのであまり
やらない方が良い。ゴチャゴチャ考えないで文字通り神に委ねた方が良い。神を信頼
するのであればそれは出来る筈だ。

695 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 23:10:35 ID:DntN6Nlv
>>694

> この世界全体が神だ。この世界はなくならない。人間は今人間という形になっている
> だけのことで人間が全てではない。

仰る通りだと思います。


> 人間の言葉を使うわけではないからね。使うかも知れないが使わないかも知れない。

例えば霊界通信では霊界側の通信に関する苦労話や手段が詳細に書かれていたりしますが、
神との会話でそのような話はあるのですか?
また、対話の内容について識者による信憑性の検証はなされているのでしょうか。

696 :神も仏も名無しさん:2010/05/03(月) 23:17:19 ID:NW7gTjyj
>>695

なぜ識者による信憑性の検証なんてものが必要なのか?

697 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 00:03:54 ID:gERFxpEF
完全な存在が特定の何かを創造/経験したい時、あえて能力を制限すること
全体が一部に焦点を絞る時、他の部分をぼやかすこと
これってそんなに理解するのが難しいことかな

698 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 00:36:57 ID:mLlkv/BN
完全な存在が、一体何のために「何かを創造/経験したいと希求」したり、
「敢えて能力を制限しよう」とするだろうか?

退屈だから?

ならば、それは完全な存在ではない。

これってそんなに理解するのが難しいことかな。

699 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 01:28:31 ID:wQxRPIEa
>>698
その理解が中途半端。
完全な存在とは何か、と言わないところがミソ。
>ならば、それは完全な存在ではない。
ならば、でなくとも完全な存在ではない。


700 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 03:15:39 ID:XzuqNTJ2
いくら完全でも経験は作り出すことが出来ないんじゃないのかな
生命を生み出すという言葉はあっても
経験を生み出すという言葉はないよね
それ自体が完璧で完全でも
ただ在るだけでは経験できないから
自分を無数に分けてあれとこれが出来て
そして経験が可能な状態になったと

701 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 03:40:21 ID:XzuqNTJ2
というか経験はただ一人じゃ何もできないよね
だからそれが出来るように自分をいくつも分けたんだ
そしてその無数の人はすべて同じ神なんだ
そして自身が神だということを自覚していたらすぐ一つになってしまって
分けた意味がないから忘却という道具でそれぞれが別々の人だと思うようにしたんだ

そして動物的な何も知らない状態から
だんだん自分が本当は神であるという素晴らしい経験をしていって
神に近づいてついには一つになることが神のそして自分たちの望むことなんだな

初めから完全だったら神に近づいて上っていく経験なんて出来ない
だから今の自分たちは神でない忘却の状態にあるわけだな

702 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 03:48:22 ID:T32tsLEr
何のためにとか退屈だからといった目的があるのではなくて
純粋な衝動からだろうね

完全な無というのものは存在しないし
完全な有あるいは存在が静止している場合も、やはり、そこからは何も生じない
完全な有あるいは存在が動的であった場合に始めて物事というものは生じる
完全な存在が完全な状態のままずっと変わらずに静止しているってことはないんだと思うよ

703 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 09:06:30 ID:mLlkv/BN
>>699-702
すべて、人間の頭でつじつまを合わせようとしているだけだね。

中途半端な理解で語っているのは君のほうだし、すべて屁理屈に過ぎない。

完全は完全なんだよ。

だから、経験しなければわからないことがあるのなら、それは完全ではないし、
そういうのは神ではないということ。

だから、神との対話というタイトルだが、
実は神ではないということになるし、
神対信者は無神論者ということになるね。

それなら別にそれでOKだけどね。

神対=無神論。

それでいいんだね?

704 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 09:17:49 ID:mLlkv/BN
完全は静止している、なんて、まさに勝手な思い込みだしね。

少なくとも、神対に感化されてわかったつもりになってマスター気取りで説教垂れて悦に入ってる、
ここの一部の恥ずかしい勘違い君より、
世に広く知られた聖者や賢者、覚醒者の言葉を自分は重んじるが、
彼らが異口同音に言っているのは、
神は永遠に飽きることのない、常に新鮮であまりにも圧倒的な歓喜そのものだ、
ということなんだな。

神を直接経験したことがなく、
想像だけで語っている人が、
神は静止していて退屈だったから動きを欲したから世界を創造した、
なんて主張しても、説得力はゼロだわな。

705 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 09:45:37 ID:RZscJGOc
>>703

>だから、経験しなければわからないことがあるのなら、それは完全ではないし、
>そういうのは神ではないということ。

単なるあなたの思い込みに過ぎない。

って言うか、
何度も書かれているけど「経験」は単に欲求としてあるだけで、必要とされるものではない。
「別に経験しなくても構わないんだけど、経験してみようと思った」と言う程度のこと。
1回やり終えたゲームをもう1回やってみようというのとおなじ。



706 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 09:56:01 ID:RZscJGOc
譬えをもう一つ。

プログラムコードにはそのプログラムの全てが書かれており「完全」。
しかし、実際に使ってみないとその使い勝手は分からない。

707 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 10:35:58 ID:mLlkv/BN
>>705-706
神を直接体験したことのない人間の戯言でしかない。
君の頭の中の想像と、聖者の証言の、どちらが信用できるのか。

宗教も、時代も、地域も、それぞれ違う世界中の聖者や覚醒者が、
異口同音に同じ証言をしていることの重みは大きい。

60年代カウンターカルチャーに端を発するニューエイジのご都合主義には何の説得力もなし。

708 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 10:36:42 ID:wQxRPIEa
>>703
「完全が自分を知るためにいろんなことをするなら完全ではない」という君の
言葉に返しているんだよ。屁理屈とか言って逃げるな。具体的言葉で返せ。
納得したら君を認める。
では、何故完全な世界があるのに不完全な君や不完全なこの世があるんだい。
不完全なこの世にいる不完全な君は完全なる世界を体験したと言わなかった。
つまり、不完全な君の頭で完全なる世界を妄想しているだけだ。
完全な世界と不完全なる世界、不完全なる人々が分離して統合されている
のが真相世界なのかい。「神との対話」の神も自分は何かの一部と言っている。
君の主張はいままで討論し尽くされてきた、「この世は存在しない、
完全なる世界しかない」のずっと以前の一つの論議を蒸し返しているに過ぎない。
主張の一部は当たっていても全体を見ると何かおかしく矛盾を感じるんだ。


709 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 10:49:18 ID:mLlkv/BN
>>708
完全は完全なのであって、
それが自分は何かをしたいと欲したりすることはない、
というのは、それ自体、自明の命題。

だから、言ってるだろうか神対の神は神どはないと。
それは神対の神自身、自分はさらに上の存在の身体に過ぎないと言って認めているじゃないか。

神対の神は神ではない。
それは正統な法脈にある聖者たちの言う神ではない、
ということ。

以上。

710 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 10:53:11 ID:RZscJGOc
>>707

いえいえ、

>神は永遠に飽きることのない、常に新鮮であまりにも圧倒的な歓喜そのものだ、

これも経験でしょう。

711 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 11:00:33 ID:RZscJGOc
>>709
> 完全は完全なのであって、
> それが自分は何かをしたいと欲したりすることはない、
> というのは、それ自体、自明の命題。

あなたにとって「自明」なだけの話。

712 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 11:32:49 ID:mLlkv/BN
伝統と法脈、その実績の前には、
カウンターカルチャーの成れの果てのニューエイジの戯言には何の説得力もなし。

魂が輪廻しながら成長進化していく、という“神話”も、
ルーツはブラバッキーのでっちあげである神智学で、それがニューエイジが受け売りしただけ。

ブラバッキーは、当時流行していたダーウィンの進化論を自らでっちあげたインチキ霊学に取り込んだだけだしな。

713 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 12:40:07 ID:kHMPHuSH
バッキーバッキー ブラバッキー
真実子猫だ ブラバッキー ニャァ

714 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 12:50:37 ID:plj+i85d
まず完全という定義をなんとかしないといかんやね
何をもって完全というのか
常に完全なら逆にいえば何も変化もなく変わらないことになる
完全なら変化する必要はないだろうと

まあ言葉で完全を定義するのは不可能だと思うよ
したがってこの議論に決着がつくとこは永遠にないね

715 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 13:10:42 ID:k2Yuq2VU
>>714
>常に完全なら逆にいえば何も変化もなく変わらないことになる
>完全なら変化する必要はないだろうと

神は無償の愛を与え続けくれています。
完成された愛です。
変化しようがありません。


>まあ言葉で完全を定義するのは不可能だと思うよ

ですね。
言葉は有限ですから。

716 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 16:37:56 ID:plj+i85d
>魂が輪廻しながら成長進化していく、という“神話”

えっつまり魂なんかないってこと?
あるいはあるけど死んだら消滅するんかな

伝統も昔は叩かれてたりしたな、イエスが殺されたりと
新しい考えというのはその当初は批判されるものだから
だから神対もすんなり受け入れられるとは限らない

717 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 16:45:54 ID:mLlkv/BN
輪廻転生しながら“成長進化していく”という部分がバッキーがでっちあげた嘘。

1859年に出版された『種の起源』を自分の霊学(神智学)に取り込んだ。

もっと宗教や精神世界の歴史を勉強しなさい。

718 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 16:51:36 ID:plj+i85d
バッキーが何なのか知らないけど

魂=ある
輪廻転生=ある
成長進化=ない

そちらのいうのはこういうことでいい?

719 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 17:19:40 ID:mLlkv/BN
バッキー=ブラバツキー

魂=あるように感じられるが本当はない

輪廻転生=あるように感じられるが本当はない

成長進化=本当はないものがどうやって成長したり進化したりできるのか


720 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 17:25:43 ID:h9dCNLaq
普通に考えて辞書引けば
完全
とは概念だとわかると思うけどな
これで終了だろ?


721 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 17:27:21 ID:h9dCNLaq
完全とは
それを考える人間の頭の中にしか
ねーんだよ


722 :624:2010/05/04(火) 19:56:41 ID:X4GgZ7u9
>>695
神との対話ではそういうことはやられていない。
信憑性は検証したければあなたがすればいいのだが、信憑性を確かめたいと
いうことは要するに信用できないということなので無理に信じようとしなくてよい。
とりあえずあなたが本当に真実だと感じることだけを受け取っておけば良い。
それでも問題はない。あなたにはあなたが現在持っている観念がありそれに
従ってあなたは受け取るようになっているし、それでいいのだ。本にあなたを
合わせる必要はない。服に体を合わせる必要がないのと同じだ。合わないので
あれば無理に読む必要はない。あなたに対しても誰に対しても言葉にならない
言葉で常に対話は行われている。本を読まずとも問題はないのだよ。


723 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 20:01:50 ID:4Xm96HNY
>>703
>完全は完全なんだよ。

>だから、経験しなければわからないことがあるのなら、それは完全ではないし、
>そういうのは神ではないということ。

これはパラドックスなんだよ
神は完全だから不完全なことは分からない
はい論破完了w

724 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 20:59:23 ID:plj+i85d
>>718
伝統や聖者のいうことによれば魂や転生はあるといってるんだけど
イエスや仏陀のいうことはでまかせなのだろうか

なんか君の主張を見て>>618を思い出した
ラエリアンも魂はなく死後何も残らないといってるし
君はラエリアンムーブメントに賛同するものかい?

725 :神も仏も名無しさん:2010/05/04(火) 20:59:56 ID:plj+i85d
上のレスは>>719あてね

726 :624:2010/05/04(火) 23:38:01 ID:ek/Y/oZw
せっかく神になり切っているのでレス書いておこう。

>>724
本当は何もないのだがあるように見えるものがある。例えば雲、竜巻、
台風、ハリケーン、などなど。これらは中心に何かが存在しているわけ
ではなく全て外側からエネルギーが与えられた結果発生している。
しかしあたかも個があるかのように動き回る。何もないのに自分という
ものが存在し、そして自分の意思で動き回っているように見える。
しかし動かされているだけであり本当は何もないのだ。

この世の全ての存在がこのようになっている。つまり全ては一つの
大きな意志によって動かされているだけであり個別の存在は幻想だ。
そのようなものがあるように見えてしまうに過ぎない。「あなた」という
個人は最初から存在しない。存在するのは世界全体を動かす
一つの意識のみであり強いていうならそれが「あなた」なのだ。

727 :神も仏も名無しさん:2010/05/05(水) 01:46:05 ID:W0MEI6Bo

意識とは人間が作った概念です

728 :神も仏も名無しさん:2010/05/05(水) 19:23:17 ID:aoo/8j7A
724を書き込んだとたんに神以外を切り捨てるとかいってた人いなくなったな
神対の神をラエルに置き換えようとしていたラエリアンだったか
神対の小説もぱったり更新されなくなったし

729 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 09:11:44 ID:xgKOAQTx
>>728
馬鹿だなw
お前がラエリアンなんかを持ちだしたから、
お前のレベルがわかって相手にしても無駄だと悟ったんだろうよw

まともな反論もできていないのに論破したとか勝手に脳内勝利宣言したり、
相変わらず神対信者の呆れた低能ぶりが嗤われてるだけなんだよw

さてと、燃料投下な。

「無知が存在する限り、輪廻転生は存在する。
 本当は、輪廻転生などまったく存在しない。
 いまも、いままでも、そしてこれからも。これが真理である。」

     −−−−−−ラマナ・マハルシ『あるがままに』より

730 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 09:56:11 ID:K3XGyLqj
『あなたが覚醒なのだから、それを得たり、培ったりする必要はない。あなたがしなければならないことは、真我でない他のものごとに注意を払うのをやめることだけだ。もしそれらに気づくのをやめれば、純粋な覚醒だけが残る。それが真我である』(P21)

『それは新たに獲得されるようなものではない。必要なのは、われわれが束縛されているという誤った観念を追い払うことだけだ』(P25)

『あなたに必要なのは、あなたがこの身体であるという想念と、外界のものごとあるいは非真我に関するすべての想念を捨て去ることだけである』(P46)


何にも違和感ないですけどw


731 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 11:03:11 ID:y37ZDzFj
当たり前すぎる
神対の輪廻は瞬間に死に瞬間に生きているという仏陀の言ったやつだろ
普通にそう読み取ったけどな

732 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 15:13:53 ID:xgKOAQTx
>>730
素晴らしいw

では、真我ではない神との対話は捨て去らねばw


733 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 19:14:41 ID:ASqB43ef
>>729
書き方からしてID:mLlkv/BNと同じ人物?

じゃあこれに答えて
>伝統や聖者のいうことによれば魂や転生はあるといってるんだけど
>イエスや仏陀のいうことはでまかせなのだろうか

ラマナ・マハルシも正しい
無知から脱却したらもう転生はないということだろう
魂はある
無かったら死んでそのまま消滅ってことかな

734 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 22:16:38 ID:xgKOAQTx
イエスは魂が輪廻転生するなんて言ってるか?

仏陀に至っては、そんなことは考えんでいい、と一蹴しているはずだがw

735 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 22:31:48 ID:eTlwlmcv
ID:xgKOAQTx ←他人の受け売りばかり、覚者の言葉をオウム返しで語っているだけ

736 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 23:14:29 ID:ASqB43ef
初期のキリスト教は輪廻を肯定してたけどあとになって削除したんだっけ
仏陀は輪廻にこだわるなという考えで否定はしてない
そもそも仏教は輪廻からの解放をいってなかったか

ラエリアン持ち出したのは魂や輪廻が無いとか君ということが似てたからだよ
確認するけどラエルはまったく取るに足らない馬鹿げたものと思っていいのか?

というかwとかつけて口調変えて何のつもりだろう
低脳とかいってて神対に賛同する読者見下してるし

737 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 23:42:37 ID:R6wOtQQt
仏教というか釈迦が生きていた時代はバラモン教があって、そちらでは輪廻転生する
ことになっていたから、それからの解脱を敢えて説いたんじゃないか?

738 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 23:49:20 ID:ASqB43ef
そういうことだな仏陀は未来永劫続くかと思われる輪廻からの救済のために
教えを説いていたんだっけ

739 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 23:51:45 ID:xgKOAQTx
>>735
君の真似をしてるんだよw

もっとも、君は出典を明記せずに自分の言葉であるかのように語っているんだから、
ずっとたちが悪いけどねw

740 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 23:54:35 ID:xgKOAQTx
>>736
次の言葉に見覚えがあるだろう?

-----------------------------------------------------------------------
あなたがたはすぐに批判しようとし、自分が選ばなかったものを祝福しないで、
物事を「間違っている」とか「悪い」とか「充分ではない」と決めつけたがる。

非難するよりも、もっといけないこともある。
自分が選ばれなかったものを傷つけようとするのだ。破壊しようとする。
自分が賛成できない人間や場所や物事があれば、攻撃する。

あなたがたの宗教と対立する宗教があれば、間違っていると言う。
自分と違う思想があれば、ばかにする。自分と違う考え方があれば、拒否する。

だが、それは間違っている。それでは宇宙の半分しか創造できない。
そして、残る半分を拒否していたら、自分の側の半分さえ理解できない。
そして、残る半分を拒否していたら、自分の側の半分さえ理解できない。
-----------------------------------------------------------------------

君が信奉してやまない、神との対話からの引用だが、
君らがここでやっていることはこれと正反対だな?w

結局、神対は絵に描いた餅に過ぎない、というう指摘を、
君自身が裏付けているわけだよw

笑止千万、滑稽至極wwwww

741 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 23:57:48 ID:xgKOAQTx
“敵”がいなければ閑古鳥が鳴いている神対スレw

“敵”の出現によって活気づくが、それは神対の教えが実践不可能であることを証明してしまうことになるジレンマwww

742 :神も仏も名無しさん:2010/05/06(木) 23:59:27 ID:ASqB43ef
駄目だこれは
問いに答えないではぐらかしている

743 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 00:01:06 ID:eTlwlmcv
>>740
神対はブックオフで売ったんじゃなかったの?
気になって買いなおしたのかww

744 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 00:01:57 ID:K3XGyLqj
あんたの言ってる事を受け入れているから
批判しているんだがな。

受け入れるという事は
批判せずに賛同する事ではない。


745 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 00:19:07 ID:Z9ftEkr0
わたしはあなたがたに言う
――わたしのきょうだいのなかの、最も小さい者のひとりにあなたがたがしたことは、
わたしにしたことなのである

ただ、わたしの言葉を思い出しなさい。判定しないこと。
どんな者でも、自分なりの宇宙モデルにてらせば、何も間違ったことはしていない。

〜『神との対話2』〜

絵に描いた餅を眺めているだけなのに、食べたことにしようとするのは中々大変だろうねw
絵に描いた餅を見ただけなのに、自分は餅を食べたよ、と嘘をつくのはさぞや苦しいだろうね♪

746 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 00:31:10 ID:DBXerf7t
それだったらここにいる皆は何も間違っていないのかー

747 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 01:38:54 ID:xZRyqN3k
洗礼者ヨハネが預言者エリヤの再来、生まれ変わりだというのは定説
解脱も輪廻あってこそ

748 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 01:47:37 ID:Ph8Id3gS
>>740
736のことが批判なんだろうか
疑問を呈してるだけなんだが

ラエリアンじゃないならただ否定すればいいのに
そもそも何でラエルなんか出てきたんだろう
>>603にあった神対の小説「命のささやき」でラエリアンがあったのが始まりだな
この対話小説の作者は何がしたかったんだ

749 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 01:53:08 ID:xZRyqN3k
閑古鳥で正解
いつまでも方法論を語り合い続けているようでは効果のないことを証明しているようなもの
全てを消し去って無我とやらになりたいのか、
この世界で掲示板を続けたいのか、いったいどちらなのやら
行動を見るからには明らかに後者のようだ
本人自ら”敵”と語ってるくらいだから、罪悪感は感じているらしい

750 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 07:45:32 ID:FZxsSsUs
俺は神対自体は良い本だと思うが、
このスレ読んで一番びっくりなのが
本当に神と対話したと解釈する人がいるという事だ。
国語の点数悪かったのか?
国語の問題だろ?
なぜ誰ひとり国語勉強しろと言ってあげないのか謎過ぎる

751 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 10:37:21 ID:Z9ftEkr0
>>749
神対信者が目の仇にしているACIMスレじゃ、ずいぶん有益なやり取りがなされているようだがね。
彼らの中には君たちと違って英語がわかる人もいるから、新しい資料の提示もなされるなど、
参加者にとっても意味のあるスレになっていることだろう。

それに引き換えここはどうだいw
“敵”が燃料投下してくれなきゃ、スレそのものがいつ落ちてもおかしくないありさまw
そして“敵”に対する稚拙な対応によって、神対が何の役にも立たないただのゴミ本であることを自ら証明している。
情けないとは思わんのか、ゴミクズどもw

>>750
そうそう、神対はニールの創作なのにねw
本当に神と対話して書いたんだと勘違いしている馬鹿が信者になる。
神対はニューエイジの集大成として読めばいいんだよw




752 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 22:40:03 ID:Dt5UDp51
>>751
燃料投下ありがとうでござるよw
危うくスレが落ちる所だったでござるよww
首の皮が繋がったでござるwww

753 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 23:45:43 ID:Z9ftEkr0
じゃもう一個燃料投下。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
神との対話のDVD

神との対話のDVDを発売するそうだ、日本語版で。
英語版は16ドルちょっとぐらいだが、日本語版は5000円ほどするそうだ。
この本は、個人的にはあまりにつまらないので最初の1冊目の初めの方で挫折した。
後は目次をざっと見て、読まなくてもいい内容と判断した。
ただ、それは人によるのでこの本やDVDが何らかの触媒の役割を果たす可能性もあるので、
そのすべてを否定する気はない。

たとえそれがどんなに素晴らしい信念体系であっても、
それを利用するのは結構だがその奴隷にならなければ、
つまり楽しみとして本やDVDを楽しむのは大いに進められる。

http://monroeshop.blog16.fc2.com/blog-entry-3808.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

腰ぬけども、お前らは信者なんだから当然買うんだろ?w

しかし、シリーズはとっくに終了したのに、
神対ビジネスで覚えた甘い汁は忘れられないってことなんだろうなw


神との対話 映画版 + ニール・ドナルド・ウォルシュとの対話
DVD2枚組 Deluxe Box
http://www.amazon.co.jp/dp/B003H4DCPQ/

754 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 23:50:35 ID:Dt5UDp51
>>753
うおおおおおおお!
ありがとうでござる!
DVDげっつ!

755 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 23:52:52 ID:Z9ftEkr0
『悟りにいたる「十牛図」瞑想法』
http://www.amazon.co.jp/dp/4054045154/

しかし、個人的には、ウソの自伝に基づくあんなぼったくりDVDなんかより、
この本のほうがはるかに高い価値を持つものとしてこちらを薦める。

756 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 23:54:58 ID:zmjdiu4y
>>755
そう言いながら神対に執着し、神対スレに粘着する理由は?

757 :神も仏も名無しさん:2010/05/07(金) 23:59:08 ID:Dt5UDp51
>>755
そんなカビの生えたような古臭い本はのうさんきゅう
お断りでござる!

758 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 00:07:00 ID:MIBLIsrH
>>756
君が執着しているからそう見えるんだよw

>>757
残念w 今年の3月に出たばかりの新刊本w

759 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 00:13:39 ID:6k5IEOCc
十匹の牛を見てれば悟れるってお!
へそでお茶を沸かせそうになるでござるwww

760 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 00:33:32 ID:MIBLIsrH
十匹の牛wwwwwww

ダメだこりゃwwwww

761 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 00:49:52 ID:IVYQ+MAO
非2元論を任せるとすぐ喧嘩が始まる。
君たちはモーいち度、十牛図位から始めよ。


762 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 01:46:13 ID:hu57QvG5
リア充が悟りへの一番の近道、一元論者はアホ

763 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 09:53:42 ID:6k5IEOCc
>>755
その著者、こんな本も出しているでござるよw
脳を鍛えるヒミツは呼吸法にあったでござるw

『頭が良くなる鍛脳術―脳を鍛えるヒミツは呼吸法にあった 』
http://www.amazon.co.jp/dp/4796649573


764 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 10:40:27 ID:MIBLIsrH
はいはい、脳呼吸脳呼吸w

765 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 13:57:59 ID:IVYQ+MAO
この世は存在せず。
故に呼吸も脳への
酸素供給も必要ないのだ。


766 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 14:00:09 ID:JChR5ICN
自分の紹介した著者の本をおとしめるなんてどんな神経してるんだか

魂なんて無いんだから悟りとか瞑想しても意味ないだろ?
死んだら消滅してそのままチリになるだけなんだから

767 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 14:13:02 ID:MIBLIsrH
馬鹿な奴だw

教えには勝義諦と世俗諦がある。

お前のような馬鹿にはいきなり勝義諦はわからないから、
世俗諦という方便が存在するんだよw

実際には、お前が想像しているような魂なんてものは「ない」。

馬鹿は表面的に字面だけを追い理解したつもりになる。

馬鹿相手に議論は成り立たないww

768 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 16:28:23 ID:g7JI2oq3
あんたがそう理解してるだけ
だったらそういうスレで議論していったらいい
馬鹿にしていたら回り回って自分が馬鹿にされるぜ

769 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 17:54:40 ID:MIBLIsrH
今現在の段階では「魂」も「輪廻転生」もあるように感じられる。
だからまずはそこから始めるというのが世俗諦。
しかしそれは方便に過ぎず、ある段階からは勝義諦へと参入していく。

恩寵なしには何もなし得ないが、その恩寵を受け取ることができる状態に
自らを整える努力は必要になる。

そういうプロセスもわからず、本を読んだだけで理解したつもりになり、
何の訓練も努力もすることなく、屁理屈を弄し駄々を捏ねているだけの神対信者。

こいつらは一生わかったつもりのまま、人生を無駄に過ごすだけだろう。

770 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 18:31:57 ID:LvlporEA
恩寵ってなに?

771 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 20:26:52 ID:JChR5ICN
人の数だけ考え方も違うし
何をどうするかはそれぞれの人によって違う
自分は神対読む以前から瞑想とかしている
神対の読者のほとんどが本読んでるだけというのは思い違いも甚だしい
また本を読んでからいろいろやるものもいるだろう
分かっていても分かったつもりでもどのように進んでいくかはその人の自由


772 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 21:16:55 ID:IVYQ+MAO
「神の使者」では輪廻転生は基本的にないとする。これは
この世はないと同じ。しかし、便宜上人間には2つの心(聖霊とエゴ)
があるとするのはコースも同じだったと思う。
要は選択の問題。故に「神の使者」ではネバー・ネバー・ランドに簡単
に飛び出せない。と言っている。それだけエゴの網から簡単に抜け出せないと言うこと。
「神との対話」では確か聖なる2分法と言い方がある。


773 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 21:33:52 ID:6k5IEOCc
むむ、アーテンパーサは解脱には使徒でも何十回もの転生が必要だと言っていたはずだが
トマスとダタイだっけ、「神の使者」で過去世ペラペラ喋り捲っていたでござる


774 :神も仏も名無しさん:2010/05/08(土) 22:19:39 ID:shmdWnXV
エゴは雲のようなものだ。中心に何か芯が入っているわけではない。あるといえばあるしないと言えばない。
台風やハリケーンも同様。中心に空気をグルグル回している存在が居るわけではない。構成しているものも
全て空気でその他の場所の空気と同じだ。何か特別なものがあるわけではない。

雲も台風もハリケーンも環境によって作られ環境からエネルギーを与えられ環境によって動かされている。
しかしあたかもそれが主体となって動いているかのように見えてしまう。本当は何もないのにあるように見える。
動かされているだけのものなのに自分から動いているように見える。環境に支えられて環境の条件が揃った
から存在しているだけなのにあたかも自分で頑張って存在しているかのように見えてしまう。しかしそれは錯覚だ。
本当は何もないのだ。

775 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 00:21:21 ID:ZNltvlE5
それは”本当は何もない”というより”全体の一部として存在している”だろ
屋根を飛ばされたら「台風なんぞ本当は存在せず!」と嘯いてられないから

776 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 00:36:37 ID:wPc5KTTx
喩えとしての話に対して、その喩え話の中の“象徴”の現実的な事例をもって反論することの愚。

777 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 00:53:13 ID:Bo+Vad8q
しかしその反論の出所も「誰か」ではない。同様にこの世界によって作られ動かされているだけのものである。
もちろんこの書き込みも同様。風が吹いて「ひゅー」という音が出ていることに等しい。どこにも「誰も」居ないのだ。

778 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 00:59:51 ID:VQLFIpPK
で、何も起きていないという概念が何の役に立つの?

779 :リアルゴッド:2010/05/09(日) 05:02:33 ID:Pspiqe8P
お前らの主観は聞き飽きた。
相対性理論と不確定性原理ってわかる?
すべて主観だってことさ。

ようするに自分で決めろよ。
一番の真実をおしえてやろうか。
おまえらは脳だ!
二番目は神だ!
三番目は死だ
四番目は麻薬だ!

俺は死ぬのが怖くないんだよ。
おい、
どうしたら、死ぬのが怖くないか、知りたくないか?
(^.^)


780 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 05:21:04 ID:Bo+Vad8q
全然

781 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 05:23:32 ID:Bo+Vad8q
>>779
そういや全てが主観というのであればお前の世界も全部主観だしこのスレが存在することも主観になる。
もちろんそれで良い。しかし、そうなるとここで誰かに対して「主観だ」と書く意味がなくなる。
自分が見ている夢の世界でそれが夢だと気付いた時に、その夢の中に出てくる登場人物に対して
「これは夢だ」と伝えることに何か意味があるだろうか?

782 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 09:28:18 ID:ZNltvlE5
「これは夢だ」「本当は何もないのだ」とカキコすればマスター気分になれるからだろ
これも自我自賛の一種か


783 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 12:10:33 ID:wPc5KTTx
マスター気分で書き込むと他人にどう映るのか、やっと理解できたのかい?

784 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 13:22:45 ID:ZNltvlE5
あぁ、やっと理解出来たよ
今までマスター気分で書き込んだ事など無かったし今後とも無いだろうから理解し辛かったけどねw

>>776
現実的な事例をもって反論されるとあっさり崩壊する空理空論の喩え話という事ですねw

785 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 13:29:09 ID:wPc5KTTx
>>784
いや、喩え話がどういう意味・意図でなされているのかまるで理解できず、
単に屁理屈を捏ねている、あるいはケチをつけたいための言いがかりしかできないバカということさw

はい、残念でしたwww

786 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 13:39:52 ID:ZNltvlE5
はいはい、反論出来なくなると
「お前は理解出来ていない」「屁理屈を捏ねている」「ケチをつけたいための言いがかりだ」

せっかくのマスター気分を害してゴメンナサイネw

787 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 13:45:38 ID:wPc5KTTx
>>786
わざわざ自己紹介しなくてもいいんだよwwww

反論できなくなるって何のこと?ww
お前のことだろ、それw

お前の言ってるのは屁理屈。そう指摘されて図星だったんで反応しているだけwww


(:D)| ̄|_ (:D)| ̄|_ (:D)| ̄|_ (:D)| ̄|_

ああ、こりゃこりゃwwww

788 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 13:51:34 ID:ZNltvlE5
お前は屋根を飛ばされても
「台風なんぞ本当は存在せず!これは夢だ!本当は何もないのだ!」

(:D)| ̄|_ (:D)| ̄|_ (:D)| ̄|_ (:D)| ̄|_

ああ、こりゃこりゃwwww


789 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 14:18:46 ID:wPc5KTTx
>>788
馬鹿はどこまで行っても馬鹿だなw

あのな、まず俺は>>774ではない。
そしてお前の言いがかりは屁理屈でしかない。

ここまではOKだな?w

そして、すべては夢だ、というのは覚醒した人の証言であり、
それが本来の状態なのだという指標なわけだ。

そういう観念をただ理解したり信じていればそうなるのではなく、
その本来の状態に復帰すべく努力と研鑽を積まねばならない。

わかるか?w

今現在、我々は台風は存在しているように見えるし、
自分の周りを取り囲む世界がリアルに存在しているように見える。
しかし、それは錯覚なのだと、覚醒者たちは異口同音に語っている。

それに対して覚醒していないお前は、そんなはずはない!
すべては実在しているんだ! すべてが夢だなんておかしい!
と言ってヒステリーを起こしているということ。

そして、そのことをネタにお前はからかわれている、ということw

Do You understand ? www

790 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 14:20:18 ID:wPc5KTTx
これ↓ 懐かしいなwww

【教えたがり症候群,なんちゃってマスター症候群】

●症状
様々なチャネリング関連の書籍を読んだことがきっかけでそれらの本に感化され、
自らも神やマスター達のような口調で他人に対して説教を垂れたがるようになる。
引きこもりのため、一日中掲示板に貼りついて管理人気取りで監視しており、
IDを頻繁に変えることによって毎日のように自演を繰り返し、あたかも大勢の人間が
自分の意見に賛同しているようかのように印象操作を繰り返すという工作に勤しむ。
「君は誤解しているよ」 「わかっているかい?」 「浅い浅い、君は浅すぎるよ」
などのフレーズをマスター気どりで多用するが、突っ込みを入れられると逆上し、
批判者への激しい人格攻撃に転じてキャラクター偽装の化けの皮が剥がれ落ちる。

●病因
実人生における挫折体験に起因する、自己評価の著しい低下やトラウマ、劣等感。

●機序
そもそも患者は、現実の人生でうまくいっていない自分に自己嫌悪を抱いている。
その自己嫌悪から逃れるために、インターネット上では理想の姿を演じているが、
そこでの発言が全て実体験を伴わない空論であることは本人が一番わかっている。
そのため、神様ごっこ・マスターごっこをしている掲示板上の偽装された自分と、
現実のみじめな境涯の自分とのギャップに、秘かに苦しみ葛藤しているのであり、
そのことでさらに自己嫌悪(罪悪感)が増していく、という悪循環に陥っている。
結果として、患者の現実における人生はますます思い通りにいかなくなっていく。
なぜなら掲示板やブログ等インターネット上で理想の自分を演じれば演じるほど、
それが間接的に、現実の自分を受入れることへの拒否を暗示し続けることになり、
自己イメージの分裂に伴う社会への適応障害を深めていく結果となるからである。

●処置
チャネリング本を破棄させ、掲示板上で理想のキャラを演じる行為から遠ざける。
専門家を紹介し患者の挫折体験に起因するトラウマや劣等感の治療に専念させる。

791 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 14:41:47 ID:ZNltvlE5
>>789
OKなのは
>あのな、まず俺は>>774ではない
だけだがw

台風が存在するのは実際に体験できる事実に対し他人の証言は所詮他人の意見に過ぎない
とんでもない妄言の可能性もあるわな

その覚醒者とやらは風速50mの暴風雨に曝されても「錯覚じゃああああ!」と叫ぶのかね?
是非見てみたいものだwww

792 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 14:54:57 ID:wPc5KTTx
>>791
「妄言」という言葉にお前の出自が出てしまってるよなw なあ、脳呼吸さんよwwww

さて、誰もが認める聖者の言葉と、出自のいかがわしいお前の「妄言」と、
どちらを取るかは、まあ自明だがなwww

何しろお前はお前の信奉する神対のこの一節↓すら実践できないヘタレなんだからなw

あなたがたはすぐに批判しようとし、自分が選ばなかったものを祝福しないで、
物事を「間違っている」とか「悪い」とか「充分ではない」と決めつけたがる。

非難するよりも、もっといけないこともある。
自分が選ばなかったものを傷つけようとするのだ。破壊しようとする。
自分が賛成できない人間や場所や物事があれば、攻撃する。

あなたがたの宗教と対立する宗教があれば、間違っていると言う。
自分と違う思想があれば、ばかにする。自分と違う考え方があれば、拒否する。

だが、それは間違っている。それでは宇宙の半分しか創造できない。
そして、残る半分を拒否していたら、自分の側の半分さえ理解できない。

『神との対話』より

793 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 14:55:58 ID:wPc5KTTx
さて、覚醒者が風速50mの暴風雨に曝されたとして、
彼の肉体は“お前の目には”吹き飛ばされ、そして死んだように見えたとしても、
覚醒者自身は、おそらく何の苦痛も受け取らないんだろうなw
肉体がどうなろうと、そこから何も受け取らない、ということだろう。
これが夢だとわかっている夢(明晰夢)で何が起ころうと、誰がかまうもんか!wwwww

794 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 15:07:16 ID:y0KhQ9YT
>>792
>さて、誰もが認める聖者の言葉と、出自のいかがわしいお前の「妄言」と、
>どちらを取るかは、まあ自明だがなwww

ここで思考停止しているから反感を買うんだよw
「誰もが認める聖者」の言うことなら無条件に受け入れろと言う姿勢がナンセンスなんだよね。
「誰もが認める聖者」の言葉であろうとも盲信するのではなく、
自分の経験に照らし合わせて取捨選択を出来る強い意志を持つこと。

それこそ幻想を幻想と見抜く力だ。




795 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 15:09:56 ID:ZNltvlE5
>>792-793
>さて、誰もが認める聖者の言葉と、出自のいかがわしいお前の「妄言」と、
>どちらを取るかは、まあ自明だがなwww
誰もが認める聖者の言葉だっておw
「台風が存在するのは実際に体験できる事実」のどこが妄言ですかねぇ?

>これが夢だとわかっている夢(明晰夢)で何が起ころうと、誰がかまうもんか!wwwww
と覚醒者は痩せ我慢するのですねwww
ずぶ濡れでwwwご苦労さんwww

796 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 15:10:54 ID:y0KhQ9YT
>>792

あなたの考え方を理解しようと思うから議論してんだってw
拒否するんなら最初から相手にしない。


797 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 15:17:43 ID:wPc5KTTx
>>794
自分の経験に照らして判断しているともw
神対信者のこのありさまを見てみろよw
ああ、こりゃダメだ、神対はダメなんだとわかるだろうがw

>>795
馬鹿が何かほざいてるなw
議論というのは前提にそこで使われる言葉についての最低限の合意が必要なのだが、
この馬鹿はそれもわかっていないし、こちらが噛み砕いて説明してやっても、
そもそも聞く耳を持たないのだから如何ともし難いw
結局、この馬鹿は、敵か味方か、という色眼鏡で書き込みを見ているだけで、
敵と認定した人間に対して絡んでいるだけだから当然なんだがなw

そして、そういうヒステリー状態をからかわれて、かの民族特有の火病を起こすとw


798 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 15:19:14 ID:wPc5KTTx
951 :神も仏も名無しさん:2008/12/01(月) 20:07:09 ID:g2aLsmTL

『神との対話』の神様のような口調で他人を諭して悦に入る“神様ごっこ”というのは、
侮れない中毒性があるみたいだね。ここ2ちゃんねるのような匿名掲示板ならではというか。
ここで神様みたいな口調でそれらしく演じている人も、実際に会ってみたりすると、
モッサリしてて実に冴えないとっつぁん坊やだったり、疲れた感じのオバハンだったりするんだろうね。

しかし、神対スレも完全に時代遅れの感が否めなくなってきたようだ。
このような無意味で無益な論争に終始するようになり、嘗ての生き生きとしたドライブ感は失われてしまった。
やはり巷間よく言われるように『神の使者』の出現が、決定的なターニングポイントになったのだと思う。
どこをどう捻じ曲げて解釈しても、『神との対話』と『神の使者』は共存できる内容ではない。
『神の使者』に登場するアデプトたちは、『神との対話』を名指しで否定しているのだから。

mixiコミュの盛り上がり方を見ても、すでに趨勢は決していると思われる。
ACIMコミュは日々書き込みが更新されているものの、神対関連コミュは閑古鳥状態。

かつては日の出の勢いだった『神との対話』がここまでの劣勢に立たされることなると、
一体誰が予想し得たであろうか。このシリーズこそが21世紀の新しい時代を担う、
新時代の聖書なのだ、と高らかに謳われたあの『神との対話』が・・・。
その神対も、『神へ帰る』をもって完結し、ニールの年齢を考えても、この後続刊が
出版されることはないだろう。この本はチャネリングではなくニールの創作なのだからね。

おそらく、『神との対話』は現在の『聖なる予言』や『バシャール』がそうであるように、
20世紀末〜21世紀初頭の精神世界を賑わしたエポックメイキングなシリーズとして、
マニアたちの脳裏には記憶され続けることになるだろう。

しかし、『神との対話』が主役となる日は、もう二度と来ることはあるまい。

『神との対話』よ、ありがとう。『神との対話』よ、さようなら。

wwwwwwwww

799 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 15:23:46 ID:1Y80G6Je
しかし、その現場に居なくて現状を知らされなかったら、台風が来て家や家族が
吹っ飛んでも幸せなままでいることができるだろう。しかし、それを知らされた途端に思考やそれに
伴なう感情が働いて、いろんな想念がうごめくわけだ。

つまり、同じ状況に対してまったく影響されない
自分があり、ある時は狼狽する自分が存在する。知人の死に関してもそう。
知らない時の方が知人の途切れない生命を実感出来つづけるかもしれない。
状況を目の当たりにしても見なかった時、あるいは知らされなかった時と
同じ反応をする自分がいたらそれは悟りであろう。

しかし、「神の使者」や他の書でも途方にくれる環境にある人に対しては気持ちを汲んで
やることが必要とある。孔子もたしか悼む気持ちが大切と言ったような。


800 :リアルゴッド:2010/05/09(日) 21:57:20 ID:Pspiqe8P
もういいよ わかったよ、
反論やら、批判やら、もういい加減にしないか?w
お前らみたいに甘えた世界で何いっても無駄だってw

どうせ腕とかなくなったり、死がちかづいたら
神仏を感じざるおえないんだからさ、
いや、待てよ、お前ら墓とか夜中いくのこわいんじゃないのか?
バスケはすきか?

それは神仏を信じてるってことになるってわかってるよね?
基本的なこと教えようか。

・人間の認識できる世界なんて一割
言語によって共有できる世界はその中の一割と
考えていい。
俺たちは世界の一万分の一しか認識してないんだよ。
これ物理学ね。


それで?
ここで打ち負かしたり打ち負かされたりして?
どう生きるんだ? 
答えは出たかね(^.^)


801 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 22:41:15 ID:DTsbKYxg
いつ覗いても変わってないな。
もっとも、メイン2人に限ってのことなのかもしれないが。
ひとつ言えるのは、ここにいる限り、書き込むを続ける限り、幻想の中に留まり続けているということ。
ただし神対的な立場では経験という道理がある。
そうではなくて、経験は無意味、そもそも経験している世界も自我も存在しない、という立場に立つのであれば、是非とも早く目覚めてもらいたいものだ。
何ひとつ教えをものにできないで新しいものを求めてさ迷い歩き、いつでもどこでも同じことをくり返している誰かの姿を見ていると、ふと迷子を助けたくなる親心のようなものが湧いてくる。


802 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 22:54:51 ID:ZNltvlE5
全くもってその通りでございます
我が意を得たりでございます

803 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:18:33 ID:VQLFIpPK
ACIMスレは書き込みが多くて神対スレは過疎っているのに
なんでわざわざ神使派はここに来るのか

804 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:23:42 ID:wPc5KTTx
経験は無意味だ、と思ってるのだろうという決めつけが面白いな。

お前が思い描いている経験は本当の経験ではない、ということだと思うけどな。

お前は実際には経験などしていない。
経験しているつもりになっているだけだと。

自分が経験している、自分が経験している、というその自分を疑ってみろ、
というのがアドヴァィタ系の連中が言ってることだと思うが、それさえわからず、
「自分は経験している」と思い込んでいて、その自分も経験も検証できない、
哀れさを見るにつけ、それこそある種の慈悲心のようなものは湧いてくるなw

俺は理解している、理解している、理解している、
その天狗の鼻っ柱をへし折ってくれる師匠のいない哀しさよ。

805 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:26:49 ID:wPc5KTTx
63 :神も仏も名無しさん :sage :2010/04/29(木) 23:19:57 (p)ID:qgvJ3uTn(2)
@【ブラフマン】のみが実在である
A〈世界〉は存在しない
B【世界】は【ブラフマン】である

Aの〈世界〉とBの【世界】について。

【ブラフマン】のみが実在であることがわからない段階の人にとって、
〈世界〉とは〈わたし〉の外側に確固として存在する客観的な何ものかなのであり、
その客観的な〈世界〉の中に〈わたし〉が生きている、という「〈世界〉理解」にある。
つまり、彼らにとって〈わたし〉と〈世界〉とは、相互に干渉しつつも、
それぞれが独立し分離した存在として位置づけられているわけだ。

さて、Bにおける、【世界】は【ブラフマン】である、ということの意味は、
文字通りの意味での【世界】=【ブラフマン】なのであって、そもそもそれしかない、
それもこれもあれも何もかも、すべては【ブラフマン】であり、
つまりは、【世界】はただ【世界】として在る、ただそのようにして在る、
在るものとしてそこに在る、それそのものとしてそこに在る…。
それは、〈わたし〉が〈わたし〉の外側に確固として存在する何ものかとして、
〈わたし〉を取り囲む未知の何ものかとして見なしている、その〈世界〉ではない。

実のところ、〈わたし〉がいて、それを取り囲むように〈世界〉が存在している、
という認識にある人にとって、【世界】は「まだ」ただの一度も経験されてはいないのだ。
それは「〈わたし〉それ自体」が、【世界】についての真の経験を拒絶する、
その隔壁として立ちはだかっているからだ。

806 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:27:16 ID:WVKk/WwY
>>774の言っている意味は、行為はあるが行為者はいないというラメッシの
教えと同じものだろう。つまり台風(雨混ざりの強い風が吹いたり)はある。
しかしその中心核にそれを行っている行為者は居ないということだ。
故に台風には責任がない。

807 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:27:30 ID:wPc5KTTx
64 :神も仏も名無しさん :sage :2010/04/29(木) 23:21:02 (p)ID:qgvJ3uTn(2)
【ブラフマン】のみが実在であるという証言の意味は、〈わたし〉という隔壁の、
文字通りの意味での消滅の報告なのであり、それはつまり、〈わたし〉がその外側に、
客観的な確固たる〈世界〉として認識しているもの、の消滅に他ならない。

そのとき、【世界】はただ【世界】としてそこに在り、つまりそれは、
【ブラフマン】のみがただそこに実在する、ということなのであって、
そこで初めて、本当の意味での「【世界】が経験される」ことが起こるわけだ。

「あらゆるものは【ブラフマン】である」と言う資格を有するのは、
そのあらゆる事どもを「ほんとうに経験している」人だけなのである。
そして、それをほんとうに経験しているのは、決して〈わたし〉ではないのだ。
なぜなら〈わたし〉は、〈わたし〉ではないもの、つまり〈わたし〉を取り囲み、
外側に確固として客観的に存在していることになっている〈世界〉、すなわち、
「分離されたもの」を「ほんとうに経験する」ことなどできやしないからだ。

〈わたし〉が、それを取り囲む客観的な〈世界〉を「経験しているつもり」になっている以上、
実際は如何なる事象をも、真の意味において「まるで経験などしていない」のであるから、
その人が「経験しているつもり」になっている事どもは、〈わたし〉の消滅によって、
当然のごとくに消え去る、というよりも、そんな経験は元からなかったのだから、つまり、
A〈世界〉は存在しないし存在していなかった、という理解となって結実することだろう。
つまり、〈世界〉が消滅するのであって、【世界】が消滅するのではない。
存在しないのは〈世界〉なのであって、実際には【世界】以外が存在しないのである。


808 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:31:21 ID:WVKk/WwY
コマは人の力によりエネルギーを与えられクルクルと回り続けるわけだが、
これはコマ自身の力によるものではない。コマは動かされているだけであり
自分の力で回っているわけではない。しかし何となく自分の力で努力して
頑張って回っているように見えてしまう。自分の自由意志で右へ行ったり
左へ行ったり移動しているように見えてしまう。しかし真実はそうではない。
人間もまた同じだ。自分で動いている者は居ない。

809 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:32:23 ID:WVKk/WwY
ただ自分の意思で動いているような気になっている者が居るだけのことだ。
この錯覚がエゴだ。

810 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:33:29 ID:VQLFIpPK
>>805
>>807
長すぎて読んでないがそれって結局
神が完璧ならなぜ神の子に悪夢を見る可能性を残したのか、という突っ込み
に反論できなくて、じゃあ世界を認めたほうがいいやって開き直っただけだろw


811 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:41:05 ID:wPc5KTTx
神の子に悪夢を見せる可能性を残したように認識しているのは誰だ?
ってことだろうがw

そこが文字通りの盲点になってる、と言ってるのがわからないのか? アホw

812 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:41:08 ID:ZNltvlE5
>>808-809
実際に自由に文章を考えて自由にカキコできるし
自由意志が錯覚と言われてもねぇw

「自分で動いている者は居ない」と考えている君は自分自身や親兄弟を只の意思の無いロボットと思いこんでいる訳だね
かわいそうな人だ

813 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:43:16 ID:ZNltvlE5
>>811
神の子


814 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:43:50 ID:wPc5KTTx
>>812
お前は自分の自由意志ですべて動かせていると思い込んでいるわけだw

だから引き寄せの法則やらなんやらで自分の思い通りの人生を創造できると勘違いしている。
ところが、自分の思い通りの、という時の自分が一体本当に自分なのかどうか、
お前には検証しようという冷静ささえない。

かわいそうな人だw

815 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:44:59 ID:wPc5KTTx
>>813
お前が自分だと思い込んでいるその錯覚だよw

816 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:47:50 ID:ZNltvlE5
>>814
少なくとも手足は動かせるのは確かだがな
自由意志がゼロではない事は実体験して確認できるぞ



817 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:51:14 ID:wPc5KTTx
手足を本当に動かしている、というのも錯覚だ、というのが覚醒者たちの異口同音の証言。

何一つ、自由意志で動かせるものなんか「ない」と彼らは言う。

すべてはもう決まっており、我々はそれをなぞっているだけだと。

818 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:51:14 ID:WVKk/WwY
>>812
あなたは >>808-809 を読んだから >>812 を書いたんだよな?
読まなければ書かなかったよな?

それは自由意志か? ただの刺激に対する反応ではないか?


819 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:52:41 ID:ZNltvlE5
>>815
我思う故に我在り
”我思う”という実体験で確認済

錯覚であるという根拠は何かね?
覚醒者の証言は根拠にならないから・・・単に個人の意見に過ぎん

820 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:53:20 ID:WVKk/WwY
>>812
親兄弟のみでなく自分の体もまたロボットのようなものだ。つまり体は自分ではない。
強いて言うなら動かしている側が自分だ。わかるか?


821 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:55:46 ID:ZNltvlE5
>>818
>>812 を書き込まないという選択も出来たし
別の文章を書く事も出来たし
これが単純な反応なのかね

822 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:55:52 ID:wPc5KTTx
実際には何もなし得ないのに、これは自分がやっている、自分がこれをやる、
という錯覚に陥っている、その自分こそがエゴということだろう。

実際には何もなし得ないのに、なし得ると錯覚するところからすべての不幸が始まる。

現時点では沖縄から基地をなくすことなどできないのに、
ルーピーのキチガイ発言によってそういう期待を持ってしまった。
しかし、現実にはやはり基地をどうすることもできない、自民党政権時代のプランが一番まともだったと。
しかし、基地をなくせるかも!といったん思ってしまったために、
ルーピーの公約に期待してしまった人たちは大いなる苦しみを味わっているとw

823 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:57:23 ID:wPc5KTTx
>>819
お前の実体験などもっと当てにならんw

覚醒者たちが幾棟恩に証言していることの重みは大きい。
異口同音。

神対に感化された如きお前の言葉など何の意味もないw

824 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:57:24 ID:ZNltvlE5
>>820
結局、体を動かしている自分の存在を認めるのかよw

825 :神も仏も名無しさん:2010/05/09(日) 23:59:01 ID:wPc5KTTx
>>824
アホw お前はダメw

826 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 00:02:16 ID:dewpH1Ea
>>822
>実際には何もなし得ないのに、なし得ると錯覚するところからすべての不幸が始まる。
実際に2chにカキコできているだろ、アホw!


827 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 00:07:50 ID:0IVEU5QJ
>>826
だから、それも自由意志ではないんということなんだそうだよw

すべてはもう決まってる。お前とここでこうやってやり合っていることも含めて。

だから無駄な抵抗は諦めるのが吉と。

すべてはみこころのままに。すべては神の思し召しじゃw


828 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 00:11:38 ID:SpUow4JN
まじてつまらんな。



829 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 00:15:46 ID:OmC7aNde
その我が意を得たりってサマディが自己援護する時に使う言葉だからやめてくれ
お前ら考え方は違っても性格と口調が似てきてるぞ
いや、似たもの同士だからコミュニケーションが続いていて、反発しながらも望んでいるのかもな。


830 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 00:17:13 ID:dewpH1Ea
>>827
>だから無駄な抵抗は諦めるのが吉と。
自由意志で拒否しますw諦めませんw

自由意志が無いという観念をもっているから人生が味気なくなるんだよ


831 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 00:17:34 ID:855ZDXmo
君たちは自分の考えが100パーセント正しいと思ってるんだろうね
間違ってる可能性は微塵もないと思い込んでる
それがこの世に不和や争いが生じる原因だと分からないかな

人に迷惑かけないで自分の信念に基づいて行動したらいい
自分の考えを人に押しつけないことだね
自分と人の考えが完全に一致するなんてあり得ないんだから

832 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 00:25:16 ID:0IVEU5QJ
>>830
逆だよ。
自由意志で何とかなると思っているから人生が苦しくなるんだ、お前みたいにw

833 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 00:31:40 ID:0IVEU5QJ
神に委ねれば、すべてを神が面倒看てくれる。
そしていずれその神が本当の自分だったことに気付く。
これが本当の意味での進化だろうな。

神対派が妄想しているような、輪廻転生を重ねて魂が成長していく、というのとは違って。
輪廻転生で魂が成長していくのなら、ずっと輪廻転生し続ければいい。
そしていつかは神を追い越してしまうことになるがw

自由意志(エゴ)で何とかしようとしているうちは神は手出しをしない。
そして、自由意志(エゴ)でいくら頑張ってもどうしようもないことがわかり、
傷つき刀折れ矢尽きて、やっと人は父の家(神の元)に帰ろうとする。

サレンダー、みここころのままに、これが聖者や覚醒者たちの共通のキーワード。

834 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 00:55:23 ID:Wtj+/3+v
>>826
ではあなたは何故2chに書き込んでいるのか? 記憶を元に理由を全て引き出してみろ。
必ず理由があり、その理由は外から与えられている筈だ。

835 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 01:01:05 ID:Wtj+/3+v
>>833
神対の話も特に悪いものとは思わないけどね。何であるにしろ真実に近づけるための話にはなっている。
まるっきり使えないということはない。これは神使などでも同じことだ。ああいった話はその時点で持っている
観念よって合う合わないがあるだけのこと。全ての人に合わなくても良いのだ。一つの薬で全ての病を治せ
なくても良い。実際にはそれぞれの観念に合わせて一人一人ストーリーがあるのが理想だが、同じような
観念を持つのであれば多くの人に共通で使えるということだ。既製品の服とオーダーメイドの服のような
ものだ。サイズがS,M,Lしかなくてもだいたいの場合は問題ないのだ。

836 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 01:27:14 ID:tly2CosG
>>833
今までの中で内容がまともなレスだのう
神に委ねる←これらは矛盾しないと思うよ→輪廻転生する
輪廻転生とは語弊があるがエゴを取り去ることによって魂が成長あるいは本来の姿になることだと思う
欲望のうちに生きているうちは輪廻から解放されないが
それを捨てて神に委ねたら輪廻から解放されると

そしていつかは神を追い越すといってるがそれはないな
神以外ないんだから
それに神の上にも神がある、惑星レベルの神、太陽系レベルの神とか
だから神もまた究極の現実に向かって上昇の途にある

輪廻とは死んだあとまた生まれてきて死んだ時の成長水準から始まって
そこからまたエゴを捨てる人生を送ることじゃないかね
だから世の中の人間はいろいろ精神レベルが違うんだと
全ての人間が同じペースで成長してるわけじゃないし
聖者と呼ばれる人はそういうのを繰り返して高い水準に到達した人だと思う

837 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 02:24:04 ID:Wtj+/3+v
>>836
エゴは「自分がある」、「体が自分である」、「他の人と個別に存在している」などの観念により
発生するもので本当は存在していないものだ。しかしこの観念を抱えたまま体が死ねば
「自分が死んだ」という認識になる。観念がそのままだからまた別の体に意識の焦点を合わせて
「産まれる」ことになる。実は最初から生まれてもいなければ死んでもいない。個別の体の生死に
当てはめてしまう観念があるだけだ。映画に夢中になって自分を主人公と思い込み一喜一憂
してしまうのと同様で、その映画の世界の中で生きたことは本当は一度たりともないのだ。

本当は全体であるにも関わらず一部を自分と思い込んでしまうことは自分の体の一部を見て
それだけを自分だと思い込んでしまうことに等しい。例えば腕に生えている産毛1本に意識を
集中してその1本だけが自分であると思い込めば、その産毛が抜けることが「自分の死」という
認識になる。死後しばらくは抜けた産毛を上から眺めていたりする。そして腕の別の所から
生えてくる産毛を見て今度はそれが自分だと思い込む。「生まれ変わり」である。しかし真実は
その産毛1本が自分なのではない。


838 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 04:16:06 ID:BObCfudP
>すべてはもう決まっており、我々はそれをなぞっているだけ
>何一つ、自由意志で動かせるものなんか「ない」
|↓
|>本来の状態に復帰すべく「努力」と「研鑽」を積まねばならない

>自由意志で何とかしようとしているうちは神は「手出し」をしない。
>自由意志でいくら「頑張っても」どうしようもないことがわかり、傷つき刀折れ矢尽きて、やっと人は父の家(神の元)に帰ろうとする。

矛盾と混乱の中での発言になっている。
自由意志はあるのかないのか?ないのであれば動かしているのは神かエゴか?
神であるならば全てはOKということになるし、エゴであるならばエゴは存在していて力を持っていることになる。
聖者の言葉の字面だけを追っていないで一度整理してみたほうがいい。
ちなみに神対的には、全ては神であり、自由意志を持った分身が多種多様な経験や創造、表現をしている、全てはOK。といったところだろうか。
規制が解けたらもう少し付き合ってあげるよ。

839 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 09:18:40 ID:0IVEU5QJ
>>838
すべてが決まっている。

お前が混乱しているのは、それがどのレベルから誰に対してなされた発言なのかを吟味できないその稚拙さに起因する。

恐怖心から反応しているだけのお前に付き合ってやるつもりはないからそのつもりで。
これも突き詰めて言えば自由意志ではなく、全て決まっていることだが。

お前が自分自身だと思い込んでいるそれを疑い、
神への本当の意味での謙虚さを持つ段階に至らなければ、
何もわからないままだろう。

生意気なんだよ、お前はw

840 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 09:29:00 ID:Tb9dGDQ4
神に委ねないと体壊しちゃうな
我慢しないで言いたいことは言ったりして自然に任せないとね

841 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 09:44:46 ID:dewpH1Ea
>>839
敵前逃亡乙でありますw

>>840
それって”我慢して言いたいことを言わない”という選択も可能という事かね?
自由意志の存在を認めているようだが

842 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 10:41:15 ID:0IVEU5QJ
何度も何度も何度も何度も指摘されているように、
現状では我々は、我々の外部を取り囲み存在していると感じているこの宇宙に対して、
あたかも自由意志を行使して自ら人生をデザインして生きているかのように感じている。
だから、まずは「そこから始めるしかない」。

自由意志などない、世界などというものは存在しない、
という本来の在り方に復帰するために、
だから、まずはその〈自由意志〉を行使して努力研鑽しなくてはならない。
(それすらも突き詰めればプログラム通りに動かされているわけだが)

ニューエイジ信者の決定的な誤謬は、精神世界でよく言われる常套句、
「そのまんまでOK!」「あなたはあなたのままでいいのです」
などが、どういうレベルにいる人たちから語られた言葉であるかを
何一つ吟味することもなく、そのまま真に受けてしまっているところだ。
そうか、そのまんまでOKなのか、そうだ、このまんまでいいんだな、
そういうただの概念を頭の中に蓄積しているだけで勘違いしてしまい、
自分はすでにそのレベルに到達しているつもりになっている。

彼らは、自由意志だ自由意志だとさかんに強調する割には、
努力することを頑なに拒否しているのが面白い。
いくら頭の中に他人の語る概念を蓄積していったところで、
そのレベルに到達するために努力し訓練しなければ何も変わらない。
そしてそのレベルに到達したときになって初めて、
なるほど自由意志などなかった、すべては神のプログラム通りだった、
ということを心底体感し体得し体現することになるだろう。

843 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 10:56:02 ID:dewpH1Ea
結局、この世界に神が関わっている事を認めるのかよ・・・(神使崩壊だなw)
この神の世界でどう生きようと勝手でしょ
努力研鑽しようがしまいがそれも神の与えた個人の自由


844 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 11:14:57 ID:0IVEU5QJ
>>843
お前の言う「この世界」とは誰がそう認識しているんだ?w

そんなものが神の創造とは関係ないことはお前が一番よくわかっているはずだよw

845 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 11:18:25 ID:0IVEU5QJ
たとえばこういうのがある。


「覚醒の境地のカッコーの金剛六行詩」

多様な現象の本性は不二だ
ひとつひとつの現象も
心の作り出す限界の彼方にある

あるがままのものを定義できる概念など
ありはしない
にもかかわらず
顕現はあらわれ続ける
すべてよし

一切はすでに成就しているのだから
努力の病を捨て去り
あるがままで完全な境地の中にとどまること
それが三昧(さんまい)だ

『ゾクチェンの教え』(ナムカイ・ノルブ著 永沢 哲訳 知湧社)


こういうのを本で読んで、

ああそうか、努力の病を捨て去るのだな、
あるがままの境地にとどまるのだな、それが三昧だ、
そうだ、あるがままで三昧だ!

と思い込み、努力を放棄することの愚について考えてみるといい。

846 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 11:31:22 ID:dewpH1Ea
どう考えても「努力の病を捨て去り」とは「努力を放棄する」としか解釈出来ませんが何か?
努力の病に罹っている君には分からないようだけどw
早く治るとイイネ!

>>844
>お前の言う「この世界」とは誰がそう認識しているんだ?w
>そんなものが神の創造とは関係ないことはお前が一番よくわかっているはずだよw
えっーと・・・日本語でおK?

847 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 11:34:20 ID:0IVEU5QJ
>>846
救いようのない馬鹿だなwww

金剛六行詩はどういう境地にいる人間が書いたものだ?
お前はその境地に到達しているのか?
お前には何も語る資格はないんだよw

>えっーと・・・日本語でおK?

日本語を理解できない人にそんなことを言われてもねぇwww


848 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 11:38:12 ID:dewpH1Ea
>お前には何も語る資格はないんだよw
遂に言論弾圧が始まりましたwww
それでも好き勝手にカキコさせて頂くけどwww


849 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 12:35:54 ID:0IVEU5QJ
言論弾圧を繰り返しているのはどちらなんだかw

こちらこそ好きなことを好きな時に書き込んでいく。

これからも神対信者の愚かさを執拗に暴いていく。

そしてそういうことも含めてすべてはプログラム通りw

850 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 12:44:51 ID:SpUow4JN
くだらねー言い争いだな。
どんどんレベルが下がってるわ。
どちらも「議論をしろ」


851 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 12:48:21 ID:dewpH1Ea
この世界についてID:0IVEU5QJの主張

「神のプログラムだ!」→その舌の根の乾かぬ内に「神の創造とは関係ない!」→その舌の根の乾かぬ内に「神のプログラムだ!」→・・・

wwwwwww

852 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 13:03:26 ID:0IVEU5QJ
>>851
日本語もわからない、洞察もできない馬鹿はいかんともし難いwww


すべては神のプログラムだ→自由意志を持っていると思い込んでいる我々の誤謬を正すための方便。
             
             
神の創造とは関係ない→神実現した人から見た、我々が世界だと思い込んでいる錯覚についてのコメント。

こう説明しても馬鹿には何の事だか理解はできないwwwww

853 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 19:54:22 ID:0v6YxHvD
おい、おまいら!
今幸せを感じているかい?

要はそれだけだ

854 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 20:05:29 ID:0v6YxHvD
久々に覗いてみたら皆なかなかに不安が噴出しているようだが、もしあなたがもう二度と
神から離れまいと思うのであれば、常に神と共にあることを選択するよう心がけることを
是非ともおすすめする。

もちろん罵倒や冷やかしや煽りがいけないと言ってるんじゃない。
それが各自自分の拡大や成長に繋がっているかもしれないんだ、それはそれでいいのさ。
ただいつまでも不安に留まることはおすすめしないよ。辛いし疲れるからさw

さて、再来週はいよいよウォルシュ氏が来日するようだが、私は参加してくるよ。
彼がいかに「普通の人」であるかをしかと見届けてくる。
私らと何も変わらない人であるということを確認してくる。

855 :神も仏も名無しさん:2010/05/10(月) 20:30:28 ID:tly2CosG
>>837
高い見地でいったらそれも正しいだろうな
輪廻と魂について言及したのは自分たちは肉体だけの存在でなく
それを越えた存在があり死ねば一切が無に帰してしまうわけではないことを言いたかった
世の中にはいるだろう?神など存在せず死ねばそれで終わりさという人たちが
そして宇宙が出来たのは偶然で生命が発生したのも偶然だと
そうではないことをいうために輪廻と魂を持ってきたわけだ

まあ君が輪廻と魂を否定するのは自由だし自分はそう理解したほうが分かりやすいから変えることはない
ただ考えが違うだけだ


それはそうと自分もそうだったけど皆は死んだ後とかいわゆるあの世とかの話ばかりしてて
今生きてることをおろそかにしてないかい
この世界をより良くするために何かしてるかい
良い祈りをする口はいい想いより尊い、そしていいことのために動かす手は祈る口より尊い
さあ行動するんだ!

856 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 00:52:02 ID:Pzjhx2rA
>>845
あるがままで良いというのは自己否定をしないということだ。自分を否定する思考に集中していれば
それが実現されて本当に否定したくなる自分になってしまうからね。そうなると自分から目を背けて
人を貶すようになる。外の世界に自分の内面が映し出されるからね。しかしそれをやっている限り
苦は終わらない。いつも人を貶す人がいつまでも貶し続ける理由はそれだ。自分で自分を肯定して
いないからそうなる。自分で自分を無条件に受け入れていないからそうなる。

857 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 00:55:02 ID:Pzjhx2rA
エゴをエゴのまま許して受け入れることが大切なんだよ。否定してなくそうとすればそれは益々強くなる。
エゴは生き物だと思った方が良い。攻撃すればするほど鍛えられて強くなってしまう。強い殺虫剤を
まけばまくほどそれで死なない虫が現れるのと同じだ。イタチごっこに終止符を打ちたいなら否定
しないことだ。

858 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 00:55:44 ID:IH+E+Vb/
>>856
つ鏡 

それを自分自身のこととして自省できない君も同じなんだよ。

859 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 00:58:39 ID:IH+E+Vb/
>>857
ではエゴをエゴのまま許し受け入れるということの具体例を提示してみたまえ。
そして、エゴをエゴのまま許し受け入れることでどういう変遷を遂げて行くのかについてもね。

860 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 01:22:29 ID:cvWImWAn
>>859
ウォルシュ氏は具体例にならないだろうか?
チョプラでもガンガジでもトールでもダライラマでもいい。
彼らは具体例としては不足だろうか?

861 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 01:24:02 ID:IH+E+Vb/
あなたの体験だよ。
あなたは具体的にどうやってエゴをエゴのまま許し受け入れているか。

862 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 01:29:16 ID:Pzjhx2rA
>>858
なるほど。

>>859
ではまずあなたを受け入れよう。


863 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 01:31:53 ID:cvWImWAn
>>861
自分を否定しないことだ。
他人に否定されても自分の価値が損なわれるわけではないと知ることだ。
自分の価値は自らの経験によって決定していいと知ることだ。
他人の経験を自らの経験だと思い込んでしまわないよう気をつけることだ。

自分を愛して慈しむことだ。
自分を愛していれば他人を否定したり傷つけなくても済むと理解することだ。
私は私が大好きだと宣言することだ。
世界中の誰もが自分を否定しようとも(実際はそんなことは在り得ないが)
自分の美しさを肯定することだ。

だが不思議とただそう在ることで、他人が自分を否定しなくなる。
私はそれを段階的にではなく、一瞬で経験したことがある。
自分が世間を受け入れた時、世間も自分を受け入れるのだな、と知ったよ。

864 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 01:33:33 ID:cvWImWAn
あとひとつ。

誰かが自分を許して受け入れて愛してくれているという証拠を提示するまで
自分を許すまい、受け入れるまい、愛するまい、という態度をやめることだ。

865 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 01:49:20 ID:IH+E+Vb/
>>863-864
もっと具体的に。
そういう抽象的なことなら本にいくらでも書いてある。
だからそんな能書きを読んでも、ここにいる人たちの役には立たない。

自分を否定しない、とは? 具体的に。
自分を愛して慈しむとは? どのように。

866 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 01:57:42 ID:cvWImWAn
>>865
じゃああなたが抱えている自己否定を教えてくれ。
それをどうやって否定しないで受け止めるか考えてみる。

867 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 02:00:42 ID:IH+E+Vb/
エゴは幻影であるということに気付くプロセスは、エゴを拒否していることとは違う。
そしてエゴを許し受け容れることは、エゴを野放しにしておくということでもない。

神のみが実在なのだという本来の状態に復帰するために、エゴはなくてはならない道標なのであり、
そのエゴという道標を辿っていくことで父の家に帰り着くのだ。
しかしながら、エゴはあくまでも利用されるべき道標に過ぎず、それは温存されるべきものではない。

違うかね?

(マクドナルドベインの「キリストのヨーガ」風にw)



868 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 02:02:59 ID:cvWImWAn
ひとつ、伝えるのにとても難しいことがあるんだ。

当然手段と経過とそして結果が知りたいんだと思う。
だが最初の一歩を踏み出した時、結果なんて何も望んでいなかったんだ。
何の期待もなく、ただそうしたんだ。

手段や方法に結果を加えて聞かせると、うまく伝わらないのはこのせいなんだ。
結果を聞いたらどうしても結果が欲しくてその方法を取ろうとしてしまう。
これは自分自身にも当てはまることで、前に上手く行ったから次も同じものを
手に入れようと、前回と同じ方法を試みると、あまり上手く行かない。

だから最初は、ただ自分が楽になるために、それだけの理由で自分に臨んで欲しい。
結果は後から必ずついてくる。

869 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 02:06:02 ID:cvWImWAn
>>867
その通りw
エゴ、あるいは「不快さ」「心地悪さ」と言ってもいい、それは道しるべだ。
大いに利用価値があるが、それは自分自身に適用させたときだけだ。

それを使って他人とやりとりをするからおかしなことになる。
目指すべき場所は皆同じでも、そのルートは皆違うのだ。
その道しるべは自分だけのものなのだ。

870 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 02:06:52 ID:IH+E+Vb/
>>866
様々な方法がある。

1.それを感じ切る。経験し尽くすことでそれは還元され気付きの源へと帰っていく。

2.そのままにしておく。起きたことはすべて正しい。なぜならそれは起きたのだから。
シーザーのものはシーザーへ。無頓着。無関心。諦観。

3.意図的に自分に敵意を向けさせる。それを心行くまで味わう。そうすることでゼロに還元される。

871 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 02:24:36 ID:IH+E+Vb/
>>869
他人に適用する方法だってあるんだよ。上で書いたように。
他人に適用すると、憎しみがこちらに向かってくる。
それをちゃっかり利用するわけだ。

さて、ルートは様々だ、という言い訳をよく聞くが、
ルートのように見せかけて、頂上ではなく樹海に導こうとする偽物もある。
それを見分ける鑑識眼は持っていないといけない。
もし頂上に到達したいのであれば。

872 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 02:27:23 ID:cvWImWAn
>>870
ん、逆に自分には抽象的に聞こえるなw
具体的にというから、例えば体の悩みとか、引きこもりしてるとか、そういうことで
自己否定している時に具体的にどうやって・・・・・という話を要望しているのかと思ったw

ただどれも納得だ。
3番目は一瞬なぜ自分に敵意を?と思ったが、無意識に抱いている自分への敵意を
意識の表面に持ってくるという方法かな。これも有効な方法のひとつだろうね。

873 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 02:31:29 ID:cvWImWAn
>>871
というか、普通は他人に適用しまくりなのが人間(のエゴ)ってものだよ。
もちろんそういう苦行的なものもいいが、それをちゃっかり利用するのは
なかなか高度な技術を要するし、介在する他人という鏡も必要になる。

面倒だから自分ひとりでやる方が簡単だな、と自分は思う。
散々他人から憎しみを買って、それをちゃっかり利用できなかったのでw

874 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 02:33:21 ID:cvWImWAn
ついでに言うと、自分は鑑識眼すら必要ないと思っている。
他人についていこうとしない限りは。

875 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 02:39:17 ID:Pzjhx2rA
本当は他人は居ない。だから他人のように見えるものも利用可能になる。
他人を受け入れることと自分を受け入れることは結局は同じことになる。


876 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 02:53:15 ID:Pzjhx2rA
但し受け入れられない段階で無理に受け入れようとする必要はない。それは何らかの観念が
あってそうなっているだけなので放っておく。というよりはむしろ放っておいた方が良い。
それもエゴの元なので戦って消滅させようと頑張るとより強固になってしまう。ゴキブリが
受け入れられないのに無理に受け入れようとする必要はない。そういう時は自分にはそういう
観念があるのだなと確認するだけにして戦わずに放置だ。そのような観念はおそらく死の
イメージに結びついているために防衛本能が自動的に働いて避けようとしてしまうのだ。
死とは無関係だと本当に分かれば影響力はなくなる。しかし急ぐことはない。いずれ必ず分かる。
分かれば気にならなくなる。

877 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 03:00:11 ID:cvWImWAn
もうひとつ、わからないままでいい、としておくのもいいね。
永遠に拡大しようとする魂は、神が「自らを知ろう」とする試みだったはずだ。
ある意味では究極的に「わかる」時は訪れないのではないだろうか。

878 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 09:32:09 ID:Pzjhx2rA
自分は駄目な人間だから変わらなければならないという思いがあるならそれは捨てるべきだ。
その思いがそのような「自分」を作ることに繋がるためだ。

879 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 09:33:41 ID:PJ6xndAy
神に新たな世界を創り出せる”創造性”というものがあるならそうだろうな
有限の事なら「わかる」けど無限の事は神であっても未知
既知の事なら新しいとは言えまい


880 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 09:40:50 ID:PJ6xndAy
>>878
その通り
”自分は駄目な人間”という状況でさえ神は新たに創り出せた
ありのままに人生を生きていれば自然に変化する
別の言い方をすると神が新たな状況を自然に創り出す

881 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 12:36:00 ID:IH+E+Vb/
ダメな人間なんだという無意識の思い込み(ACIMで言うところの罪悪感)が、
たとえば神との対話のような妄想話に入れあげるきっかけになっているんだよ。
創作者のニール自身がそのような状況下でこのシリーズを生み出した。
どうせダメな人間なんだから、真の幸せ(悟り)など自分には無縁だ、
そこに神を名乗るエゴの声が聞こえてくる、
そのままでいいんだよ、あなたはいまのままで完璧だ、そう囁く。
結果として、その人は現実逃避しているだけで何も変わらないまま。
エゴの言い訳に過ぎないものを、神が創りだしたなんて言っているのも現実逃避。


882 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 12:39:42 ID:IH+E+Vb/
>>879
>無限の事は神であっても無知

それは神ではない。君が頭の中でそう空想しているだけ。

883 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 13:33:32 ID:PJ6xndAy
>>882
神は新しい世界を創造する事が出来ないという事かね?
君にとって神は”創造性”というものが欠如しているのか

884 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 13:50:43 ID:PJ6xndAy
>>881
君自身が現実逃避しているのにそれを認めずニールに投影して必死に攻撃しているようだな

早くこの世界の存在を認めて楽になりなさい
この世界が存在しないのなら2chにカキコすら出来ないでしょ

885 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 14:14:00 ID:IH+E+Vb/
>>883
馬鹿だね。神自身いおいてすべてが完結しているということだよ。

>>884
そしてお前は私にお前自身を投影して攻撃することで必死に逃げているわけだw

この世界の存在を認めていないと思い込んでいるのもお前の投影。
この世界が存在すると現在は認識しているのだからそこから始めるしかないと何度も言ってるだろうが、アホw
しかし、それは勝義諦としての位置づけではなく、あくまでそういう方便としてそれを利用するということだよ、何も知らないおバカさんw

886 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 14:25:57 ID:IH+E+Vb/
ID:PJ6xndAyのような馬鹿な神対信者は、

神使派やアドヴァイタ派が、世界は存在しない、世界に意味はない、
と言っているのは、それが本来の在り方で、そこを目指している、
ということであるのに、どうしてお前は2chに書き込んでいるんだ、
などと、決まって間抜けな言いがかりをつけてくるw

つまり裏を返せば、ID:PJ6xndAyのような馬鹿は、
本を読んで何かの概念や知識を手に入れただけで、
もうわかったつもりになってしまっているということ。
そういうものだと思っているわけだな。

本来の在り方はこうである、だからそこに復帰するためには、
これこれこういう努力をしていく必要がある、
という発想がID:PJ6xndAyのような馬鹿にはない。

この馬鹿は、誰でも本屋で買える大衆向けの本を、
単に読んだというだけで、もう何者かになってしまっている!www

そんなに簡単なら、今頃お前のいう「世界」とやらは、
まったく違ったものになっていただろうよw

ID:PJ6xndAyのような馬鹿は、努力とか、研鑽とか、そういうところから逃げようとして、
引き寄せの法則を物色したり、そのまんまでOK! なんていう
フレーズに惹かれて安っぽいニューエイジ本ばかり手にしているんだよw

887 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 19:23:23 ID:JKysxD3z
神対は大いに参考になるが
中には信じられない、あるいは信じたくないものがある
それはヒトラーが天国にいったということだ

あの世は死んだときの状態、つまり穏やかに死んだら天国へ行く
絶望して自殺とかしたら結構寂しいところへいくもんだと思うな
んでヒトラーはあれだけの虐殺をしでかして
それでもなお天国へいって至福の内にいるわけだ
んなもん認めねえ

888 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 19:41:35 ID:G/ONeZJS
>>886
つまりアドヴァイタや神使はあくまで理想論(というか空論)であって
実際にお前がやっていることは世界の中で努力したり研鑽したりと、
お前が馬鹿にしているニューエイジ派と何も変わらないという訳かw

889 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 21:41:21 ID:IH+E+Vb/
>>888
ニューエイジ派が努力をしている?wwww

何をどう努力しているのか、説明してもらうかwww

890 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 22:08:22 ID:G/ONeZJS
>>889
ニューエイジ派はアドヴァイタや神使派より遥かに意味のある努力をしているぞw

アドヴァイタや神使派の努力はこの世界に耐え切れずに涙目で親の元へ逃げ帰るための努力だが
ニューエイジ派の努力は親から自立して自らが親になろうとする努力だからなw

891 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 22:14:53 ID:vvSDXWrc
>>890
神使もACIMもまったく読んでいないね。

そして遥かに意味のある努力をしている、と言いつつ、その具体的事例についてはいつものように何も語れずw

892 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 22:16:17 ID:vvSDXWrc
>>890
で、あんたは親になれたのか?

親になれたんなら、何ができるんだ?

ここで実演してみろよw

893 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 22:20:09 ID:vvSDXWrc
人間が創作した小説に過ぎない「神との対話」を真実だと思い込み、
神を直接体験したこともない人間が、頭の中の空想だけで強がって見せ、
空威張りしている様を見るのは、何とも哀れさを誘い親心を擽られるねw

(・∀・)


894 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 23:02:55 ID:cvWImWAn
>>893
まあまあ落ち着きたまえw
確かに読者諸君の中には信者級に信仰心を抱いてしまっている方もいるだろう。
だがニール氏(の著作の中の神)は何と言ったか?
神を信じなさい、とは言っていないのだ。
私(ニール)を信じなさい、とも言っていないのだ。
それどころか「神を必要としなくていい」と言っているのだ。

では何を信じればいいと言っているのか?
それは自分の経験を信じなさい、と言っているのだ。
自分が真実だと思うことを大切にしなさい、そう言っているのだ。

あなたも、あなたの経験から、そのような主張をしたり、哀れさを感じたりしているのだろう?
ならばこの「自分の経験を信じる」ということに対しては、何の異論もないと思うが、どうだろう?

895 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 23:10:35 ID:cvWImWAn
そして私たちに最大の誤解があるのが「経験」についてだ。

誰かに教えられたことは経験ではない。
本に書いてあったことも経験ではない。
法律で定められていることも、常識として同意されていることも経験ではない。

自分が感じたこと、それが経験だ。
自分がしたこと、それが経験だ。

神に祈り、神がそれに応えたと感じたこと、それは経験だ。
逆に祈りが届かず失望したこと、それも経験だ。
経験は一様ではない。人の数だけ経験がある。
そして経験の数だけ真実がある。

だからわたしとあなたの真実が違うと言うことは、あなたとわたしは違う経験をしていると
言っているだけであり、ならば経験に優劣などないように、真実にもまた優劣などないのだ。
ある意味では等しく優れているし、ある意味では等しく愚かだ。
そんな中で「私は愚かだがあなたはもっと愚かだ」と言うことと、「あなたは素晴らしいが
私も素晴らしい」と言うことは、本質的には同じことなのだ。
もちろんどちらを選んでもいいが、私は出来るかぎり後者を選びたいと思う。



896 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 23:11:11 ID:Pzjhx2rA
>>881
あなたは完璧だ。しかし今のままではいけない。今のあなたは自分を完璧だと思うことが出来なく
なっている。その妄想があなたの中から消えれば完璧であることが分かるだろう。そしてそうなれば
不完全と感じられるものを探し出して貶す必要を全く感じなくなり他人がどうであろうとも全く気に
ならなくなるだろう。

897 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 23:12:00 ID:IH+E+Vb/
賢者、聖者、覚醒者ならこう言うだろう。

「それを経験していると思っているのは誰なのか?」

「あなたは自分の経験を信じている、というが、その自分とは誰なのか?」

「あなたが自分だと思っているそれはあなたではない」

「あなたはあなたではないものを削ぎ落としていきさえすればいい」

898 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 23:14:18 ID:IH+E+Vb/
>>896
自分が完璧ではない、と感じているのは君なんだよ。
だから、私が、自分は完璧ではないと思い込んでいるものと認識している。
わかるかな?

899 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 23:17:46 ID:Pzjhx2rA
>>898
それを言い出すと切りがなくなる。そちらはこちらを見てそう思っているわけだからね。無限ループだ。
だからとりあえず自分が真実だと感じることを受け取れば良い。

900 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 23:30:24 ID:IH+E+Vb/
息子よ、あなたは完璧だ、わたしは完璧だ、
そういう観念をいくら繰り返しても何もかわらないのだよ。
だからいつも言っているように、今ここから始めるしかない。
本に書かれた美しい言葉に酔い、現実逃避するのではなく、
今現在の掛け値なしの自分自身を正直に認めなくてはならない。
君は自分が牢獄に囚われている囚人であることに気付くことが必要だ。
自分が囚人であるという自覚なく、どうして牢獄から脱出することができるかね?
本に書かれた美しい言葉は、牢獄から抜け出した後に心ゆくまで味わいなさい。
こう言うと、君は牢獄から抜け出そうとすることこそが現実逃避だと、
またまた言い訳を始めるのかもしれないが、そのような言い訳を誰が発しているのかというと、
それこそが牢獄の塀である、あなたのエゴ(あなたが自分だと思い込んでいる錯覚)なのだよ。
君が自分自身だと思い込んでいる、それが牢獄そのものなのだよ。

違うかね?

(マクドナルドベインの「キリストのヨーガ」風にw)



901 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 23:32:33 ID:JKysxD3z
議論や論説も結構だが
それを実生活に反映させてるかね?
反映されていなければそれはただの絵空言なのだよ

神について何もしらない人が一生懸命に人のために尽くしていたら
それは神について話してばかりの人よりもはるかにいいことなのだよ
話してばかりでは世界は何も変わらない
出来事を変えるには行動をするべきだ
さあ一歩を踏み出そう

902 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 23:46:25 ID:IH+E+Vb/
>議論や論説も結構だが
>それを実生活に反映させてるかね?
>反映されていなければそれはただの絵空言なのだよ

その絵空事を繰り返しているのがニューエイジャーたちなんだよ。
せめて読む本のジャンルをもう少し広げなさい。
自分の好みに合いそうなものではなく、
むしろ反発を感じたり拒絶反応を起こしそうな書籍こそ紐解くべきだな。
この体たらくは、そういう学び方をしてこなかったツケだよ。
君たちは、もっと苦痛を強いられるような読書をしてみたらいい。



903 :神も仏も名無しさん:2010/05/11(火) 23:57:31 ID:JKysxD3z
オーケー
では読むべき本を推薦しよう
>>590が手頃だろう
瞑想はいろいろな手段があるけど
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの創立したTMが初心者向けだろう
何も始めから難しく考えなくていい
簡単なことから始めなさい

904 :マスター気取り:2010/05/12(水) 00:11:16 ID:1+ztytiq
どうしたんだねみんな。何故私のようになろうとするのかね? やめときなさい。ろくなことがないから。

905 :神も仏も名無しさん:2010/05/12(水) 01:04:14 ID:u8eoEkm0
読むのに苦痛を強いられる本と言えば、やっぱりエックハルト・トールの『ニュー・アース』。
この本は、エゴが如何に狡猾で抜け目ないものであるかを徹頭徹尾解説している凄い本。
牢獄(エゴ)から抜け出すには、まず牢獄全体の見取り図が必要、とグルジェフも言ってたらしいけど、
この本は、まさに牢獄全体の見取り図を読者に徹底して覚えさせるための決定版と言っていいでしょう。
この本は読むことが即ちワーク(修行)になっているから、観念派の人も実践派の人も納得できるはず。
しかも、訳者はあの“因縁の”吉田利子さん。この本を何十回も読めばいいんじゃないのかな。

906 :神も仏も名無しさん:2010/05/12(水) 02:12:07 ID:ePItWnFx
>>905
もちろんそれを苦痛だと感じている本体は「エゴ」なんだろうけどねw
参考
ttp://www.youtube.com/watch?v=OJDDfLbfg0o

悟りについて
ttp://www.youtube.com/watch?v=J4MBDAGiOXQ

『「エゴのない状態」にせよ「悟り」にせよ「ゴール」にはできないのです。』

907 :神も仏も名無しさん:2010/05/12(水) 02:25:23 ID:nt26ajmQ
>>906
それを語っているのは誰かというとエックハルト・トール自身なわけだ。
さて、覚醒者の言葉を読んだり聞いたりするとき大切なことは、
それが勝義諦なのか世俗諦なのかを区別することをわかっていない人が多い。

そして、ほら、覚醒者はこう語っている。お前の言ってることは違うぞ、
と自らのエゴの釈明のために覚醒者の言葉を利用しようとするわけ。わかるか?

エゴのない状態にせよ、悟りにせよ、ゴールにはできない、

はい、その通り。しかし、それを「悟ってもいないお前が言うな」、ということ、
だから、悟ってもいない人間にとっては、方便としての世俗諦、つまり、

エゴのない状態、悟りをゴールとして邁進せよ、

ということが必要になるわけ。わかるか、ボンクラw

908 :神も仏も名無しさん:2010/05/12(水) 02:42:52 ID:nt26ajmQ

〜悟りはすでにここにあるのです〜

〜あなた方はすでに真我そのものなのです〜


こういう観念を本で読んだだけで、そうか創価、その通りだ、
となって、本当にそうなるんならどんなにか楽なことかw
今頃世界は覚醒者だらけ、聖者だらけだろうよwww
しかし、そんな観念をいくら神妙な訳知り顔で唱えたところで、
お前、悟りはすでにここにあるとか、私は真我そのものだ、なんて実感できるのかってw

だけどそれをやっちゃって嗤われてんのがニューエイジャーなんだなw
どっかから仕入れただけの借り物の観念を滔々と語るわけよw  こういう場で得意満面になってさw

ところが体験を伴わない頭の中の観念だけだから、
じゃあんた、具体的にどういうことなのよ、どうすんのよ?って聞かれると答えられない。
答えられないどころか、せっかくマスター気取りで自己陶酔してたのに茶々入れやがって!
となって逆切れし、からかわれたことを根に持ち、ずっと恨み続けるとw
ところが、その恨みの念すら実はちゃっかり利用されちゃってるわけで、
まあ、踏んだり蹴ったりってことでw

( ´,_ゝ`)プッ


909 :神も仏も名無しさん:2010/05/12(水) 04:53:00 ID:ePItWnFx
>>907
ごめん、ちょっと難しくてわからないや。。。

それはつまりあなたが悟っている人だ、ということ?

それともあなたは悟っていないけど、悟りというものが何だか知っているということ?

それとも悟ってもいないし、悟りとは何かということは知らないけれど、
知らないことことから消去法を使うとそうとしか考えられない、ということ?

910 :神も仏も名無しさん:2010/05/12(水) 09:25:32 ID:4UbNX1FX
>>907
そのビデオは悟っていない人に対してのものでしょう
悟った人には説明する必要ないからね

エックハルト・トールは悟っていない人にこう語っている
「エゴのない状態にせよ、悟りにせよ、ゴールにはできない」

エックハルト・トールは悟っていない人に以下の様には言わなかった
「エゴのない状態、悟りをゴールとして邁進せよ」

911 :神も仏も名無しさん:2010/05/12(水) 14:50:52 ID:nt26ajmQ
覚醒者は、臨機応変に教えを変える。
それはラマナの「あるがままに」を最初から順に読んでいけば手に取るようによくわかる。

トールのインタビューも同じ。

自分がどのレベルにいるかを度外視し、
まだ道も歩きはじめてもいない人間が、
悟りはここにある、私はすでに悟っている、
という言葉を真に受ける愚を“悟れ”。

912 :神も仏も名無しさん:2010/05/12(水) 15:46:15 ID:ePItWnFx
>>911
ん?
つまりトールさんはなかなかいいこと言ってるよ(覚醒者だよ)、ってことでFA?

913 :神も仏も名無しさん:2010/05/12(水) 17:05:58 ID:ePItWnFx
もっとも自分は悟りとかはあまり重要視してないけれどねw
自分の内側に平和や愛があればそれでいいじゃない。
それをできる範囲で外に向かって表現できるなら尚いいじゃない。
ぐらいで。

それを見た他人から「お前は悟ってる」と言われようが「悟ってないよボケ」と言われようが
どうでもいいじゃない。言われたことと自分の内側とはあんまり関係ないし。
ちなみに悟りって、要するに自分と自分の内側(=すべてであるもの・宇宙・神)との
関係のことなんじゃないかな、と思っている。(もちろん定義しきれるもんじゃないだろうけど)
そりゃ「関係」にゴールは無いだろうな、とw

あなたの指摘も(言葉が難しいのでよくわからないけど)なかなか好きだよ。

914 :神も仏も名無しさん:2010/05/12(水) 18:12:56 ID:4UbNX1FX
愛を告白されて狼狽するID:nt26ajmQ

915 :神も仏も名無しさん:2010/05/12(水) 18:54:51 ID:u8eoEkm0
>>906
素晴らしい動画を紹介して頂いてありがとうございます。
はい、苦痛だと感じているのはエゴでしょうね。だから効き目があるわけで。

>>913
悟りってのそんなに生易しいものじゃないみたいですけどね。
劇的な変化らしいですが。
肉体は生きているまま、一度死んで、そして生まれ変わるくらいの。
肉体が生きているうちに死ぬことが悟りなんだそうです。
つまり、悟りというのは今の意識の延長線上にはないということです。


916 :マスター気取り:2010/05/13(木) 00:19:42 ID:oQBDm1P1
>>908
悟りはすでにここにあるのです。
あなたはすでに真我そのものなのです。


917 :マスター気取り:2010/05/13(木) 00:22:48 ID:oQBDm1P1
あ、ごめん。うそ。本当はあなたはいません。w

918 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 20:20:27 ID:u35SMBfk
大天国は何処行った?
最近見かけねえ

919 :マスター気取り:2010/05/13(木) 20:59:49 ID:oQBDm1P1
そうだねえ。おかげでのびのびとマスター気取りができるよ。

920 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 21:13:47 ID:u35SMBfk
そういえばアセンディットマスターと無印マスターの違いって何だろう?

921 :マスター気取り:2010/05/13(木) 21:18:48 ID:oQBDm1P1
>>920
アセンデッドマスター? ググると出てくるぞ。
「もう生まれ変わらなくてもよいくらい高い境地まで達した魂たち」とか「アセンション(次元上昇)」を
遂げたマスターのこと」とか。

922 :マスター気取り:2010/05/13(木) 21:23:24 ID:oQBDm1P1
しかしアレだよなあ。悟れば全てが一つということが分かるとして、じゃあアセンションしただの
してないだのと「悟り」と「悟りでないもの」を分けて考えるのはいかがなものか? イエスだの
釈迦だのと「特別な人」と「特別でないその他の人」を分けて考えるのはどうなのか?
もうこれは悟ってないからこそ出来る思考法だよな。w どっぷりと妄想漬けになっているわけだ。
もちろん「マスター」と「マスターでない者」を分けるのも同じこと。

923 :マスター気取り:2010/05/13(木) 21:26:24 ID:oQBDm1P1
で、分けるもんだからそれを追い求めることになってしまう。当然のごとくそれは求まるわけがなく引き戻される。
そこで戻り切ってしまえば良いんだろうがだいたいは半端に欲が残るからまた求める、の繰り返し。

924 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 21:29:59 ID:u35SMBfk
無印マスターは人間に生まれた事の無い魂で
アセンディットマスターは人間に生まれた事があり人間を卒業した魂か

神対の神はどっちだろう

925 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 21:37:54 ID:u35SMBfk
「悟り」の定義に依るけど”あるがままに生きる”なら全ての人が既に悟っている事になる
どんな生き方であれ彼らなりの”あるがまま”だから


926 :マスター気取り:2010/05/13(木) 21:52:39 ID:oQBDm1P1
>>925
まあそうだな。ただ、あるがままではいけないという観念に取り憑かれていて何か違うものに
なろうと頑張ってしまうと苦になってしまう。それもまたあるがままではあるんだけど、常にその
あるがままの状態を否定し続けているわけだからね。それでもいいやとなるまで苦は続く。
悟りどころではない。

927 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 21:58:00 ID:7xzOU/1k
あるがままなんだから、あるがままでいいんだよ、
というのがエゴの常套句であって、その最たるものがニューエイジなんだけどね。
あるがままでいいじゃん、というのは単なる言い訳によって、
あるがままでない状態が続いていくというw

928 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 22:00:47 ID:7xzOU/1k
そこで、心理学の世界ではよく使われる方便、

「あなたは今のままでいい。そしてそこから変わることもできる」

という言い方でクライアントを誘導していくやり方。

これが大人の対処の仕方でね。

あるがままでいいんだから、このままでいいんだ、と言って開き直るのはガキのやることw

929 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 22:03:08 ID:7xzOU/1k
本当にあるがままでいいと思ってるんなら、
選択しようとしたり、引き寄せようとしたりするなよw
あるがままでいいんだろ?w

930 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 22:12:22 ID:u35SMBfk
選択しようとしたり、引き寄せようとしたりする事も神対信者にとってはあるがままの自然な事だね


931 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 22:18:08 ID:7xzOU/1k
はいはい、詭弁詭弁w

大天国をイジメ抜いたり、
サマディにアレルギー反応示して半狂乱になるのも、
全てあるがままあるがままwww

932 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 22:22:45 ID:u35SMBfk
結局、神対信者の様に自然な変化、自然な成長を受け入れるか
それともキチガイの様に必死に失楽園以前の状態に戻ろうと不毛な努力をするか
どちらも彼らなりの”あるがまま”の人生


933 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 22:40:07 ID:7xzOU/1k
キチガイのように必死に、というところにお前の本音が出ているよなw

キチガイのように必死になってエゴを正当化しているのが自分自身であることも気付かずにw

はいはい、あるがままあるがままwwwww

934 :マスター気取り:2010/05/13(木) 22:45:51 ID:oQBDm1P1
>>933
あなたはあるがままでいい。

935 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 22:46:25 ID:7xzOU/1k
神対が自然な変化、自然な成長と思ってるところも笑えるよなw

どこが自然な成長だ?

自然な劣化、否、急速な劣化、というのが本当じゃないか?w

神対本を読んでエゴがいい気分になっている。ただそれだけ。
本を読んでいる間だけ、それに酔って現実逃避しているだけで、
実際は成長どころか、こうして日々、“敵”と戦い続け、
結局はお前たちが軽蔑しているであろう、既存の形骸化した宗教やカルト同様に、
こうして事実上の“宗教戦争”に明け暮れているではないか?

(:D)| ̄|_ (:D)| ̄|_ (:D)| ̄|_ (:D)| ̄|_

ああ、こりゃこりゃwwww

936 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 22:47:16 ID:Nnj21Cj0
お前らケンカすんなよ
お互いは本来一つなんだぜ
相手の中に神を見いだすんだ
さすれば悟りは開かれよう

937 :マスター気取り:2010/05/13(木) 22:51:43 ID:oQBDm1P1
>>935
あなたの前に神対信者という常に批判可能でマヌケな敵が現れ続ける理由は
あなた自身がそれを欲し創造しているためだ。

938 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 22:59:15 ID:Gj9G1PEm
マスター気取り氏、ウソをつくな!

貴様は……全然気取ってないじゃないかwww
好きだなぁ、そういうの。いい流れだ。

自分さっき考えたんだ。
自分を育てるために母ちゃんがせっせとパートして頑張って働いてくれたことと。
こうやって本読んで思考実験を繰り返してスレで愛や真実について応酬し合っているのと。
どっちの方が悟りに近いんだろう、ってねw

939 :マスター気取り:2010/05/13(木) 23:06:58 ID:oQBDm1P1
>>938
それは考えるまでもなくお母さんの方だろうね。

なぜだか知らないが人間は逆に感じるようになっていて、優れた人の方が底辺の人のように感じてしまうんだな。
もちろんその逆に崇めない方が良い人を崇めていたりする。これはエゴのフィルターが掛かっているからそうなるんだろうけどね。
他の人がこれを見ると分かる。フィルターの種類が違うから他人のことは比較的分かりやすい。

でもだいたいの場合他人が下や上に見えた時は自分の側に分厚いエゴのフィルターがあると思った方が良いだろうね。
本当は上下はないから。

940 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 23:09:12 ID:7xzOU/1k
>>938
素晴らしい! それだよそれ!

941 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 23:11:59 ID:Xv1sFraZ
変わりたければ変わることもできるというのがポイント
変わりたいと思っているのにエゴに囚われて今までの自分を変えようとしない人が苦しむことになる
そう幻想世界の卒業を高らかに宣言しながら幻想世界に粘着している人のように

楽しみたければ楽しめばいいし苦しみたければ苦しめばいい
全ては経験であり全てはなるようになっている

942 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 23:19:23 ID:u35SMBfk
全くその通りです
エゴが苦しむ本を読むとか苦しみに囚われ過ぎの人がいる
それも彼の求める経験なんでしょうけど

943 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 23:27:42 ID:u35SMBfk
>>935
君が勝手に戦争ゴッコしているだけ
アメリカ軍がアリンコと戦争する気がないのと同じく
神対信者はアリンコである君と戦争する気はない
君は神対信者の靴にカブリと必死に噛み付いているようだけど・・・w

944 :マスター気取り:2010/05/13(木) 23:29:36 ID:oQBDm1P1
まあなんであるにしろ「このままではいけない」という観念がなくならない限りは探求続けちゃうだろうね。
何がどうなろうとも「このままではいけない」になっちゃうから。自分で観念通りの自分を作っちゃうし、
観念通りの世界も作っちゃうから。そのままである限りは安楽にはならない。ずっと何かに追われながら
何かを追い求めることになる。まあ、追っているのも追われているのも本人だから何も変わらないんだけどね。
鼠車のようなもんかね。鼠が入って走るとクルクル回るやつ。もの凄く沢山走って先に進んだと思っても
実は一ミリも先には進んでいないし、最初からそこに入る必要も特になかったと。

945 :マスター気取り:2010/05/13(木) 23:30:35 ID:oQBDm1P1
>>943
ていうかね、おれ、神対信者というものを見たことがないんだよ。神使信者もないね。
本当にそんな存在が居るのかどうか非常に怪しい。w

946 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 23:34:17 ID:ygDJUMSl
神対読むようなやつは他にもいろいろ本読んでるんじゃね
神対しか読まないやつはいないと思うわ

947 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 23:36:29 ID:u35SMBfk
>>945
神対信者とか神使信者というのは仮面だな
一時的に顔につけている仮面
外せば両者見分けがつかない

948 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 23:38:00 ID:u35SMBfk
ACIMと神使しか読まない神使信者はいそうだ
神使原理主義者

949 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 23:43:16 ID:u35SMBfk
サマディは印哲系しか読まない
・・・そう言えばこんなのも好きと言ってたな

萌え萌えナチス読本
http://services.img3.akibablog.net/10/apr/23/nazi/102.jpg
ナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)
http://node3.img3.akibablog.net/10/apr/23/nazi/107.jpg
ナチス政権成立
http://node3.img3.akibablog.net/10/apr/23/nazi/108.jpg
国民啓蒙・宣伝省
http://node3.img3.akibablog.net/10/apr/23/nazi/110.jpg
ゲシュタポ(秘密国家警察)
http://node3.img3.akibablog.net/10/apr/23/nazi/111.jpg
保安諜報部
http://node3.img3.akibablog.net/10/apr/23/nazi/112.jpg

950 :マスター気取り:2010/05/13(木) 23:44:23 ID:oQBDm1P1
>>947
まあそうだろうね。作り上げた沢山のエゴの中の一つだろう。

>>946, >>948
どうなんだろう? そういうのも幻想のような気がするなあ。
実際よくわからないんだよね。それと、本当にそういう人が居たとしても、今この瞬間に気が変わって
変化してしまうかも知れない。つかみ所がないんだよね。

951 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 23:57:53 ID:Xv1sFraZ
確かに。全ての存在が神であり教師たりうるという視点からすれば神対オンリーなどという人はいないと思われる。
私的にも神対は巨視的な視点で物事の全体像を把握する際のわかりやすい教材ぐらいの位置づけにある。

952 :神も仏も名無しさん:2010/05/13(木) 23:59:25 ID:7xzOU/1k
>>941
それがエゴの言い訳。

953 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 00:00:14 ID:p0N6IvbU
>>942
エゴが苦しむことはしたくない。はい、これが君の本音ね。

954 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 00:01:33 ID:p0N6IvbU
>>943
逆だよ。
アリンコが何を勘違いしたのか米軍に戦いを挑んで勝てると思っている。
それが君だ。

955 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 00:06:40 ID:p0N6IvbU
>>944
君は、“「このままではいけない」という観念がある限り探究を続けちゃうだろうね”、
という観念をただ知っているだけなんだな。

実際にその忠告が生きてくるのは、すでに探究を始めてそこそこのレベルまでいっている人だけなんだよ。
君は探究の端緒にさえついていない。にもかかわらず、そういう観念だけを先に知ってしまい、それで訳知り顔になっている、
ただそれだけのことだ。

ある観光地に実際に何度も行ったことのある人に向けて書かれた“通”に向けて書かれた案内を、
まだその観光地に一度も行ったことのない子供が熱心に読んで耳年増になって、
得意満面で人前で語っている、それが君だw



956 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 00:14:24 ID:p0N6IvbU
神対でも他のどんな本でもいいが、
そこに書かれた理想論を読んでそれに酔い痴れ、
大きな気分になって自分自身を勘違いしてしまう。
そういう罠に嵌り込んでしまった犠牲者の巣窟なんだな、ここは。

今現在の自分自身が置かれた嘘偽らざる現状、
それに直面し直視する勇気を持ち、そこからスタートする真の意味での現実主義者だけが、
最終的な果実を手にすることができる。

結局、本を読んで勘違いし酔い痴れている連中は、
麻薬中毒になって現実逃避している廃人と何ら変わらないということだわなw

957 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 00:20:27 ID:dfV4Inis
>麻薬中毒になって現実逃避している廃人と何ら変わらないということだわな

世界は存在していないと言っている人達のことだねww

958 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 00:30:27 ID:18lPoiZR
>>949
こういうデマ、情報操作、印象操作を繰り返すのも神対信者の特徴のひとつだね。

>>957みたいな子供じみた言い返しもw

959 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 00:32:51 ID:18lPoiZR
麻薬=神との対話

そりゃやめられないんだろうな。
麻薬を取り上げられると(神対を否定されると)
禁断症状が出て暴れだす(禁断症状が出て暴れだす)

あっはっはっ。

960 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 00:35:01 ID:18lPoiZR
「『無明が取り除かれたとき、輪廻の原因がなくなるから、君は生と死を特徴とする輪廻から解脱して、
夢眠状態においても覚醒状態においても、苦しみを感じなくなるのです』と(シャンカラは)答えた。
『君は最高我であって、輪廻しない。それにもかかわらず『私は輪廻しています』と言って、正反対に理解している。
また行為主体でないにもかかわらず『行為の主体である』、経験の主体でないにもかかわらず『経験の主体である』、
永遠に存在するにもかかわらず、『永遠には存在しない』と正反対に考える――これが無明なのです」

シャンカラ『ウパデーシャ・サーハスリー』(岩波書店, 1988)

961 :マスター気取り:2010/05/14(金) 00:37:00 ID:gY849wCl
>>955
なるほど。君にそう思い込んでもらえることができて幸せだよ。w

962 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 00:37:11 ID:18lPoiZR
p46
人は、光に照らされている身体を、誤って発光体である、と見なすように、
見者(=アートマン)であるかのように現れている心(=統覚機能)を、
「私である」、「見者である」と考える。

身体をアートマンと同一視するものは苦しむ。
身体を持たないもの(=アートマン)は、熟睡状態にあるときと同じく、
〔覚醒状態において〕本来苦しむことはない。
見(=アートマン)から苦を取り除くために、〔聖典……などは〕、
「君はそれである」といっているのである。

p49
アートマンは行為の主体である、という観念は、
身体はアートマンである、という観念に基づいているから、誤りである。
「私は何もしない」という観念は真実であり、正しい知識根拠に由来している。

963 :マスター気取り:2010/05/14(金) 00:38:00 ID:gY849wCl
>>956
ああそうだね。w

964 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 00:39:47 ID:18lPoiZR
p24
人は憂いと混迷に汚された「これ」(=非アートマン)の森を越えて、
自己のアートマンに到達する。

p30
この一切万物は、美しい装飾品のように、無明のために〔アートマンに〕付託された限定である。
それゆえにアートマンが知られたときには、一切万物は非存在となるであろう。

965 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 00:43:43 ID:18lPoiZR
p31
賢者は、「私」と考えられているもののなかの「これ」の部分を、
アートマンではないと理解して、捨てるべきである。
「私はブラフマンである」(『ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド』1/4/10)という
〔天啓聖句のなかの「私」は〕前述の事情からすれば、捨てずに残された部分である。

統覚機能にのぼった一切のものは、〔認識の起きる〕すべての場合に、つねに私によってみられる。
それゆえに、私は最高のブラフマンである。私は全知者であり、一切に偏在している。

966 :マスター気取り:2010/05/14(金) 00:43:57 ID:gY849wCl
>>958
自分の気に入らないものを見たら「神対信者」のラベルを貼ると。
いやあ、あなたは素晴らしいねえ。w

967 :マスター気取り:2010/05/14(金) 00:48:45 ID:gY849wCl
>>956
一応まともなレスもしておこうか。

> 結局、本を読んで勘違いし酔い痴れている連中は、
> 麻薬中毒になって現実逃避している廃人と何ら変わらないということだわなw

その連中はあなたの作った世界の中にしか居ない。


968 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:01:26 ID:y4/ExkGG
あなたの見る世界はあなたの心の状態によって違うのだよ
至福に満ちていれば世の中は至福そのものだし
憎悪に満ちていれば世の中は憎悪そのものだ
だからまず人を変える前に自分を変えなさい

969 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:05:09 ID:18lPoiZR
>>966
そうやって反応しているということは、お前もアンチ神対というレッテルを貼っているとw
いやいや、素晴らしいねぇw

970 :マスター気取り:2010/05/14(金) 01:07:28 ID:gY849wCl
>>969
いや、あなたはアンチじゃないな。とにかく「神対信者」のラベル貼りたがっているだけのやつだ。w

971 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:08:13 ID:p0N6IvbU
>>967
そうレスを返している君は私の世界の中の住人なんだな?
だったらそれでいいじゃないか。
君がいちいち反応することではあるまいw
そこで反応している君に関しては違うのかな?ww

972 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:09:58 ID:p0N6IvbU
>>968
至福も知らない人間が、どうやって自らを至福に満たすのだね?w
まず君がそれをやってごらん? できるものならなw

973 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:11:35 ID:18lPoiZR
>>970
いや、あなたはマスター気取りでさえないな。とにかく「神対」を見下されたことを悔しがっているだけの負け犬だ。w


974 :マスター気取り:2010/05/14(金) 01:17:05 ID:gY849wCl
え? じゃあおれって神対信者なの?w 知らなかったよ。

975 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:17:55 ID:dfV4Inis
サマディが発狂しました

976 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:19:26 ID:18lPoiZR
おやおや、だんだん余裕がなくなってきたようでwww

977 :マスター気取り:2010/05/14(金) 01:20:16 ID:gY849wCl
>>971
あなたの目がスレの内容を読み、あなたの頭の中に入り、あなたの頭の中で作り上げた
「神対信者」のイメージが付加され、その後あなたの認識に到達する。その頃には俺は
立派な神対信者になっているんだろうね。w

978 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:20:23 ID:18lPoiZR
>>975
あなたの見る世界はあなたの心の状態によって違うのだよ
あなたが発狂していれば誰かも発狂して見えるww

979 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:21:36 ID:y4/ExkGG
考えを押しつけてはいけない
誰もが神から分かれたものであり
いずれ遅かれ早かれ神に戻るのだよ
自分の道は自分で決めるのだ

980 :マスター気取り:2010/05/14(金) 01:22:34 ID:gY849wCl
>>976
あなたの見る世界はあなたの心の状態によって違うのだよ
あなたの余裕がなくなってくれば誰かも余裕がないように見えるww

981 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:23:50 ID:p0N6IvbU
>>977
>あなたの目がスレの内容を読み、あなたの頭の中に入り、あなたの頭の中で作り上げた
>「神対信者」のイメージが付加され、その後あなたの認識に到達する。その頃には俺は
>立派な神対信者になっているんだろうね。w

その「あなた」とやらはあなたの作った世界の中にしか居ないw



982 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:24:22 ID:dfV4Inis
次スレ

「神との対話17」
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1273767821/

983 :マスター気取り:2010/05/14(金) 01:24:51 ID:gY849wCl
切りねえな。まさに無限ループ。

984 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:24:58 ID:p0N6IvbU
>>980
>あなたの見る世界はあなたの心の状態によって違うのだよ
>あなたの余裕がなくなってくれば誰かも余裕がないように見えるww


その「あなた」とやらはあなたの作った世界の中にしか居ないwww


985 :マスター気取り:2010/05/14(金) 01:25:52 ID:gY849wCl
>>984
その「あなた」とやらはあなたの作った世界の中にしか居ないwww


これ続けると、結局コピペを続けるだけのような気がするな。

986 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:27:52 ID:y4/ExkGG
ふういいかな
あなたと私の間は何も隔てるものはないのだ
つまりあなたと私は一つだ
人を批判することは自分を批判することだ

987 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:34:04 ID:y4/ExkGG
自分の考えが否定されたからといって
攻撃するのは間違いである
自分の大事なものが攻撃されたと思っているが
その大事なものを実際に攻撃しているのは自分なのだ

988 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:34:11 ID:p0N6IvbU
>>983
墓穴を掘ったな、いい歳こいたおっさんw

神との対話を否定されたのが悔しかった、そう素直に認めたらどうかな?w

>>986
という書き込みで批判をしている君は誰だ?w


989 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:43:53 ID:y4/ExkGG
愛を与えられたいなら
まず愛を与えなさい
批判や誹謗をしても何も生み出さない
相手を受け入れなさい
それが無理ならただ離れていなさい

990 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:52:56 ID:18lPoiZR
わかったわかったw もう満足したか?w

991 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:53:52 ID:18lPoiZR
p31
賢者は、「私」と考えられているもののなかの「これ」の部分を、
アートマンではないと理解して、捨てるべきである。
「私はブラフマンである」(『ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド』1/4/10)という
〔天啓聖句のなかの「私」は〕前述の事情からすれば、捨てずに残された部分である。

統覚機能にのぼった一切のものは、〔認識の起きる〕すべての場合に、つねに私によってみられる。
それゆえに、私は最高のブラフマンである。私は全知者であり、一切に偏在している。

992 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 01:55:05 ID:18lPoiZR
p32
太陽光線に照らされると、赤色などの形相が宝石のなかに輝き出るように、
私が存在すると、一切万物は〔統覚機能のなかに〕みえるようになる。
それゆえに太陽光線によって、〔赤色などの形相が宝石のなかに輝き出る〕ように、
私によって〔一切万物がみえるようになる〕。

993 :マスター気取り:2010/05/14(金) 02:03:09 ID:gY849wCl
>>988
全然悔しくないんだが。どう書いたら君は信じてくれるのかね?

994 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 02:06:23 ID:p0N6IvbU
>>987
そうそう、それを自分自身に言い聞かせるんだよw

>>993
いい歳こいたおっさん、もう諦めろw

995 :マスター気取り:2010/05/14(金) 02:08:22 ID:gY849wCl
>>994
おまえもな。

996 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 02:10:49 ID:p0N6IvbU
おまいの足元を見てみろ。

脚下照顧。

↑この言葉は禅寺に行くと玄関に必ずと言っていいほど書かれている。
文字通りの意味での、足元にご注意を、という意味と、
おい君、ここに来ていっちょ前の顔して参禅なんてする前に、
やっておかにゃならんことがありゃせんか、というもうひとつの意味がある。

等身大の自分に直面しそれに正直であれ。そこから始めよ、そういうことだよ。

997 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 02:11:23 ID:dfV4Inis


998 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 02:14:02 ID:p0N6IvbU
向こう意気なら焼津の半次 引けは取らねえ風来坊

それがどうした男に惚れた 腕も気風も腕も気風も 俺の上手を行く旦那


おまいらは、その鼻をへし折ってくれる、俺の上手を行く旦那を見つけることが先決だよw



999 :神も仏も名無しさん:2010/05/14(金) 02:15:29 ID:p0N6IvbU


おまいらに足りないのは審美眼、目利き鼻利きの持ってるセンスだよw

1000 :マスター気取り:2010/05/14(金) 02:17:17 ID:gY849wCl
独り言が止まらないようだね。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

375 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)