5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【人類】オホーツク人DNA解読 北大研究グループ アイヌ民族と共通性

1 :◆SWAKITIxxM @すわきちφ ★:2009/06/18(木) 15:39:36 ID:??? ?2BP(55)
 5〜13世紀にオホーツク海沿岸などで独自の文化を発展させたオホーツク人の遺伝子を
解読することに北大の研究グループが成功した。オホーツク人のルーツには諸説があるが、
現在の民族ではサハリンなどに暮らすニブヒやアムール川下流のウリチと遺伝的に
最も近いことが分かり、北方からの渡来説が有力となった。アイヌ民族との共通性も判明、
同グループはアイヌ民族の成り立ちについて「続縄文人・擦文人と、オホーツク人の両者が
かかわったと考えられる」と推測している。

 大学院理学研究院の増田隆一准教授(進化遺伝学)らのグループで、
日本人類学会の英語電子版「アンスロポロジカル・サイエンス」に発表した。

 同グループは、道東・道北やサハリンの遺跡から発掘されたオホーツク人の人骨102体を分析。
うち37体から遺伝子の断片を取り出し、DNAを解読した。

 その結果、ニブヒやウリチなど北東アジアの諸民族だけが高い比率で持っている
ハプログループY遺伝子がオホーツク人にもあり、遺伝子グループ全体の特徴でもニブヒなどと
共通性が強いことが分かった。現在、カムチャツカ半島に暮らすイテリメン、コリヤークとの
遺伝的つながりも見られた。

 一方、縄文人−続縄文人−擦文人の流れをくむとみられるアイヌ民族は、縄文人や
現代の和人にはほとんどないハプログループY遺伝子を、20%の比率で持っていることが
過去の調査で判明している。どのようにこの遺伝子がもたらされたのかが疑問だったが、
アイヌ民族とオホーツク人との遺伝的共通性が判明したことで、増田准教授は「オホーツク人と、
同時代の続縄文人ないし擦文人が通婚関係にあり、オホーツク人の遺伝子がそこから
アイヌ民族に受け継がれたのでは」と推測している。


 オホーツク人 漁労や海獣猟を主とした海洋民で、5〜13世紀にかけて
道北・道東・サハリン南部を中心に海岸近くに多くの遺跡を残した。ルーツは明確でなく、
主に《1》アイヌ民族説《2》ニブヒ説《3》アムール下流域民説《4》すでに消滅した民族集団説−
の4説で論議が交わされてきた。同時期には、縄文人の流れをくむ続縄文人
(紀元前3世紀〜紀元6世紀)、擦文人(7〜13世紀)が道内に暮らしていた。

どうしんウェブ
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/environment/172199.html

2 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 15:43:03 ID:7lt2t3TT
殺人事件

3 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 15:45:25 ID:dvcqfaRg
>>2
通風しました

4 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 15:59:15 ID:exZttmyO
オホーツク人ってウィルタと関係あり?

5 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 16:10:48 ID:Vy81Ly6Z
30以上の民族がいたんだろ
アイヌって一括りにすんのはおかしいだろ

6 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 16:11:11 ID:lsw71rz+
>>4
関係ありそうだよね。
DNAを調べることで色々解ってきてることもあるみたいだよね。
オホーツク人って謎があってロマンを感じていたけども…

7 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 16:19:04 ID:6Pcrh16z
オホーツクに消えた民族

モヨ族が良いです><

8 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 16:21:48 ID:bfOu1dVe
旧土人法ではどういう扱い?

9 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 16:30:31 ID:ljSZcaNE
いつものゲロキムチが出歯ってくるオカン

10 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 16:50:41 ID:p15vQ9Ny
韓国人が出てこない! って騒ぐヤツはいないのか?

11 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 17:52:02 ID:cdHQwIsa
間宮林蔵は
アムール川をさかのぼって
デレンまで逝った。

12 :名無しのひみつ:2009/06/18(木) 18:33:55 ID:eOPEwhxY
なんの説明もなく出てきてるけど擦文人っての知らなかった。
ぐぐったら擦文文化とか擦文時代なんてのも出てきた。
ひょっとして北海道では常識で、北海道の新聞だから説明が無いのか、
それとも今は普通に学校で教えられてるのか。

13 :名無しのひみつ:2009/06/19(金) 23:52:29 ID:mM87Hjf8
>>12
縄文土器を使ってたのは東日本だけ。
縄文文化は厳密に言えば東日本の文化。

14 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 01:39:06 ID:M7+YhwrB
ストーンサークルの謎が解き明かされる日が来るのか?

15 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 06:28:25 ID:eicJDQVY
>>13
西日本からも出るよ。

16 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 11:29:43 ID:YFFpZKvM
ボス「なにかとれ」
シュン「なにを とりますか?」
ボス「めぐみの バスタオル」
シュン「ボス なにを かんがえて いるんですか!いくら ボスでも、しまいに こうぜん わいせつで しょっぴきますよ。」
めぐみ「そう? わたしは かまわないんだけどなあ・・・。
シュン「・・・。」

・・・2分経過

めぐみ「そんなに わたしのこと みつめて・・・。かわいそうだから みせてあげるね。」

17 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 21:02:49 ID:XcIjhRkm
よりによってそのシーンかよ

18 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 01:12:10 ID:WUBAfcH7
関東以西は縄文から弥生に変質していった。
東北以北は縄文から擦文に変質していった。
コメの耕作文化に影響されたのだと思いますよ。

新聞本誌には表があって…
┌中国人

│ ┌──本州日本人
└─┤
  └韓国人
とでていました。

ま、韓国人と日本人は兄弟だったんですね。
遺伝学上はw

19 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 14:16:54 ID:rg2L9Ttj
その中国人って、北部シナの中国人?

20 :名無しのひみつ:2009/06/21(日) 14:43:49 ID:HIGvE/ku
東北・華北・山東の中国人には、韓国人のほうが兄弟じゃないか?

21 :名無しのひみつ:2009/06/22(月) 22:10:43 ID:Qzb39pqQ
日本人は、1万年以上前から本土に定住していた縄文人(南方系でも
北方系でもない、歴史をさかのぼれる限り日本に定住していたので日系)
と、朝鮮半島から移住してきた弥生系が合わさって生まれた民族。
今の韓国人は古代朝鮮人と満州人、モンゴル人との混血で生まれた民族。
違いますね。

22 :18:2009/06/22(月) 23:35:28 ID:/BkZVYqc
>21
新聞に掲載されていた系統樹には、混血までは解説されていないのかな?
系統樹によれば、中国人から本州日本人と韓国人が分岐していったことには
なっています。
縄文人という表記はなく、北海道縄文人があるだけです。
今回のオホーツク人ということでいえば、中国人と北方系が分岐したあとに
北方系が細かく分かれたということでしょうか。
記事にあるハプログループY遺伝子からみればということでしょうかね?
同じ記事にあった図では…。
サハリンとアムール川下流域の集団をメインに、
カムチャッカ半島の集団と混血して、
オホーツク人を形成し、
擦文人とさらに混血してアイヌ民族が形成した。
ということになっていますから、系統樹と混血形成とは一緒にはならないの
かなとおもいます。

23 :名無しのひみつ:2009/06/23(火) 06:11:24 ID:otYfb/fF
縄文系の遺伝子なんて中国にあんまりいないじゃん。非縄文系の範囲で中国人から分岐したってことだろう?

24 :名無しのひみつ:2009/06/23(火) 07:24:40 ID:IKOau5gk
犯人はヤス

25 :名無しのひみつ:2009/06/24(水) 17:13:33 ID:yDowBxkL
そういや、Y遺伝子だっけ、漢民族に特徴的な遺伝子は、
朝鮮人よりも日本人の方に今の所多く発見されているらしく、
渡来系弥生人には中国系も多かったと見るべきなのか、
古代朝鮮人と現生朝鮮人ではモンゴルの影響で違ってしまっていると見るべきなのか。
朝鮮系の人の検査数が少ないだけかも知れないけど。

26 :18:2009/06/24(水) 22:47:18 ID:rNKq8ySv
ハプログループY遺伝子は、中国人、韓国人、本州日本人にはきわめて少ない
と、なっているようですね。
ニブヒ、ウリチ、などの北東アジア民族のながれからオホーツク人を経て、ア
イヌにいたるとある。
まあ、アイヌが縄文人と同一視できるかという議論は置いておいてw
遺伝子学的には、黄河、長江あたりとそれより北方のモンゴロイドでは大きく
わかれたという事実だけが明確になった、ということでしょうかね。

たぶん、中国人を祖とする本州日本人(たぶん弥生系)と先住していた縄文人が
混血して大和朝廷を形作り、北方系民族を祖とするアイヌ民族が江戸時代には混
血を進んでいく中で、ようやく日本人の基礎ができてきた。
薩摩藩の琉球侵攻によって琉球民族が日本に取り込まれたあたりで、ほぼ完成を
見たんじゃないかなと。
まあ、藪にらみですがねw

27 :名無しのひみつ:2009/06/25(木) 00:01:38 ID:E6yvxq13
また、2000年間の間に日本人、朝鮮人、中国人が各々独自の民族に進化しているという
ことも考慮しなければならない。

28 :名無しのひみつ:2009/06/25(木) 02:31:33 ID:7e2Fhwks
アイヌと縄文は人種的にも同じと結論でてるじゃないの?

29 :18:2009/06/26(金) 01:21:52 ID:+78M7xv2
>>28
新聞記事によれば…。
縄文人>続縄文人>擦文人>アイヌ人となっていて、擦文人とオホーツク人の
混血が進んだことでアイヌ人になった、と見ているということです。
擦文人にないハプログループY遺伝子がアイヌ人が持っているのかが、今回
解明された、というわけです。
おおざっぱにいえば…。
縄文人をベースに大陸か半島からの混血が進んで弥生人になり、オホーツク人
との混血が進んだ結果アイヌ人となる。
ということでしょうかね。

>>27
遺伝学と民俗学を混ぜると収拾が付かなくなりませんか?

30 :名無しのひみつ:2009/06/26(金) 01:25:38 ID:+mNVTseI
>>29
いや、2000年間の間に遺伝子的にも別の人間に変化している。
人間は進化のペースが極端に速い。

31 :名無しのひみつ:2009/06/26(金) 01:43:03 ID:Nn2R8fkE
>>18

Y遺伝子D型って言うのが日本人の多くが持っているらしい。
しかし、韓国人や漢民族にはないらしいよ。
日本人の遺伝子はチベット人に近いって言われてるよね。

32 :名無しのひみつ:2009/06/26(金) 02:02:09 ID:S8Iy1uKU
サハ共和国のエヴェンキ族、比較対象にはいっていますか?今後に期待。

33 :名無しのひみつ:2009/06/26(金) 03:46:13 ID:sqRieLEe
朝鮮人うぜーw

34 :名無しのひみつ:2009/06/26(金) 03:51:56 ID:MUbNInzy
>1
朝鮮人が出てこない。それは大きな間違い。

35 :名無しのひみつ:2009/06/26(金) 05:19:25 ID:VvYAudHb
>>31
シナ人朝鮮人遺伝子の集団があとから北方から南下してきた感じだな。

36 :名無しのひみつ:2009/06/26(金) 07:15:08 ID:m0XBEEJH
だいたい、漢人というのがよくわからない。
モンゴル人では無い。南蛮人でもない。西域人でもない。
東の果てのおいらでも、そのくらいはわかってあげるよ。

37 :名無しのひみつ:2009/06/26(金) 08:13:53 ID:9oJZ8xss
大和朝廷(朝鮮人)に追われて、アイヌがそっちに逃げ出したのではwww

38 :名無しのひみつ:2009/06/26(金) 08:37:27 ID:qRgdqSd/
ってことは、オホーツク連続殺人事件の犯人は、、アイ

39 :名無しのひみつ:2009/06/26(金) 23:46:01 ID:vpVbtBvU
H大で遺伝子切り貼りしていたのは昔の話なので、
それについては忘却の彼方のためコメントはしないが

ニダーには絶対いない顔ってあるじゃん?織田雄二みたいな。
縄文顔の先輩は中国に行ったら「ナンパオレン?(南方人か?)」と尋ねられたそうだ。

で、自分は逆に濃くない丸顔なんだが、それもまたニダーには間違えられない。
なにか隙があるのか、月に1度は外国人に道を訊かれるのだが
半数は中国系だね。「おまい、日本人か?」と言われたことさえある。ニダーには訊かれない。

縄文も弥生も中国南部、もしくは東南アジアが結構入っていて、
半島はそれほどじゃないんじゃまいか、という個人的仮説。

40 :名無しのひみつ:2009/06/27(土) 00:02:28 ID:Dr+Tsak/
モヨロ人とかいうのもいたな

41 :名無しのひみつ:2009/06/27(土) 01:54:23 ID:9xoyvp/e
誰だよ、アイヌは純粋な日本人とか言ってたやつは

42 :名無しのひみつ:2009/06/27(土) 07:02:12 ID:QMpgV6OC
それでもアイヌ人が圧倒的に縄文人に一番近いのは変わりないじゃん

43 :名無しのひみつ:2009/06/27(土) 11:33:42 ID:ioVhnsup
23年オホーツク海に面した市で暮らしててオホーツク人なんて言葉初めて聞いたわ

44 :名無しのひみつ:2009/06/27(土) 12:13:54 ID:ZS6e3yCj
「ファイティングシュンスケ」はプログレだな

45 :縄文=大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/30(火) 18:10:28 ID:umrSmOE3
>>1
やはり俺の考えは正しかったようだな遊戯!
ドロー!速攻魔法「縄文民族の復活」を発動する!

>>18
移民民族中心主義なんだな・・・・
だからアイヌもオホーツク民族になるわけだ・・・。
要するに民俗文化的民族主義で、人種的要因の民族連続性は無視か・・・
じゃ世界は将来中華民族でコスモポリタンだヒャッハー

46 :縄文=大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/30(火) 18:14:26 ID:umrSmOE3
>>21
その半島から渡来してきた弥生系は中国南部の移民組み。
朝鮮は古代の中国越の流入地(半植民地)だった。
植民地ではなく、半植民地としたのはいわゆる帝国的な
支配の枠組みではなく、日系ブラジル人のような移民組み
であるから。

47 :縄文=大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/30(火) 18:16:28 ID:umrSmOE3
>>23
ちがう、あの図は縄文系を無視した渡来人、弥生文化観。
要するに大阪=大和を中心として日本全国を見た愚かなアカデミズムの論理。
この論理でいくと、弥生系でないアイヌや沖縄奄美が異民族となってしまう。

48 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 18:17:41 ID:oZ+wXr32
>>46
南部からの移民じゃないよ。

49 :縄文=大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/30(火) 18:18:31 ID:umrSmOE3
>>23
中国から分岐したのは2000年とか前の弥生時代に渡来してきた人々のみ。
現代日本人はほとんど縄文人の末裔でしかない。(#^ω^;)

50 :縄文=大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/30(火) 18:20:45 ID:umrSmOE3
>>25
渡来朝鮮人はほとんど中国系と見てよい。
あとY遺伝子は日本とチベット人に見られる。

古代朝鮮人(朝鮮南部人)と現代朝鮮人はまったく異民族と見ていい。
というか、今の朝鮮人に追い出されて自然的民族浄化された。

51 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 18:35:50 ID:pzoXupPr
「いろんな人住んでいました」ってことでいいじゃんもうw

52 :縄文=大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/30(火) 18:41:02 ID:umrSmOE3
>>26
>ハプログループY遺伝子は、中国人、韓国人、本州日本人にはきわめて少ない
>と、なっているようですね。
>ニブヒ、ウリチ、などの北東アジア民族のながれからオホーツク人を経て、ア
>イヌにいたるとある。
>まあ、アイヌが縄文人と同一視できるかという議論は置いておいてw
>遺伝子学的には、黄河、長江あたりとそれより北方のモンゴロイドでは大きく
>わかれたという事実だけが明確になった、ということでしょうかね。

もはやこれはアメリカなどによる日本の人種浄化だろ、日本人全員がみんな弥生系
と思ってしまえばそれが真実になるんだろうから。
そして、もしその理論でいけば日本民族は中国を祖とする民族・人種である理論になる。
この記事やその研究者は縄文系人種まったく無視である。(#`ω´)=3プンプン
>たぶん、中国人を祖とする本州日本人(たぶん弥生系)と先住していた縄文人が
>混血して大和朝廷を形作り、北方系民族を祖とするアイヌ民族が江戸時代には混
>血を進んでいく中で、ようやく日本人の基礎ができてきた。

大和の成立に関しては、そんなところだがアイヌ民族は北方を祖としない。
>1を見れば分かるとおり、オホーツク人が北方由来でありそれと続縄文系日本人が結びついたのがアイヌ。
またアイヌ民族は独立言語ももってたから民族でもいいんだけど、現代視点で見るともはや民俗で、
アイヌは沖縄と同じで日本の中の違う民俗であったとしたほうが適性である。

「アイヌ民族が江戸時代には混血を進んでいく中で、ようやく日本人の基礎ができてきた。」
という事に関してはその通りだと思うけど、細かく言うと日本人ではなく現代日本人。
よく、明治前の日本人は和人、大和人というが厳密には京都に朝廷と蝦夷に国家機関を置き
平安時代頃から国号を日本と改めた事実上の日本人である。
日の丸の国旗も江戸時代の家康の頃には海上識別旗としてすでに存在してる。
>薩摩藩の琉球侵攻によって琉球民族が日本に取り込まれたあたりで、ほぼ完成を
>見たんじゃないかなと。

まあそうなんだけど、ちなみに琉球民族というのは存在しない。
琉球民族とは、大和言葉を話すれっきとした大和民族(大和民族=本土人、和人ではない)で薩摩人と
さほど変わらなかった。
むしろ、琉球は琉球王朝以前はもともと九州文化色が強かった。
薩摩、奄美、沖縄は北海道アイヌ、千島アイヌ、樺太アイヌぐらいの違いでしかないと言えるだろう。

53 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 18:41:16 ID:BdTKS4tw
51がとても適当な文章だと思うwwwwww

54 :縄文=大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/30(火) 18:50:09 ID:umrSmOE3
>>48
じゃあ何ですか?


55 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 18:50:39 ID:Y3bDfsz0
>>51
日本列島マンションへようこそ!

56 :縄文=大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/30(火) 18:56:40 ID:umrSmOE3
>>36
するどい。

>>37
そういう見方もできる。
実際、大和で抗争に敗れた勢力は関東に逃げてる。
あと、大和を朝鮮人と呼ぶのはやめなさい、自分を朝鮮人だといってるようなもん。
日本人と朝鮮人は違う。
>>39
例えば、朝鮮でも本土と最南端やチェジュでは顔が違うとご存知かな?
それでチェジュは「和人顔」と差別されていた地域。
これを見ても古朝鮮人は北部から北ニダ顔に支配されていったと見える。
>>42
そういうこと。

>>26
>遺伝子学的には、黄河、長江あたりとそれより北方のモンゴロイドでは大きく
>わかれたという事実だけが明確になった、ということでしょうかね。

面白い図があるhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Sakuhoutaisei_Early_6C.png

北朝南朝では人種的差が大きかっただろう。

57 :縄文=大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/30(火) 18:57:18 ID:umrSmOE3
画像貼りなおし
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/1/12/Sakuhoutaisei_Early_6C.png

58 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 19:03:52 ID:1bvW8+G4
予想通りだな

59 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 19:04:27 ID:oZ+wXr32
>>54
北部、特にモンゴルの北ブリヤートから来た人々だ。

60 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 19:08:57 ID:hBP2rl6i
【鳩山代表献金問題】民主党「あくまで議員・鳩山由紀夫としての会見です」 …鳩山代表、「故人献金」釈明会見★3
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1246354412/

5時半に会見してるはずなのに
視聴者に鳩山の不祥事を知らせたくないのかテレビのニュースはほとんどスルーです。
こんな事件を国民に知らせないで間違った選挙での投票を促すなんて世の中おかしくなります
情報の拡散を!

61 :縄文=大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/30(火) 19:37:43 ID:umrSmOE3
>>59
そうですね、それはフヨとか新羅人?とか、あと高句麗を
祖先とする朝鮮の人々であるならそうですね。

62 :縄文=大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/30(火) 19:39:08 ID:umrSmOE3
というかそれが現代の朝鮮民族で、彼らが中国南部やベトナムなどからの
南部移民を支配していったんです。

63 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 19:56:05 ID:1bvW8+G4
>>60
ウソーツク人ですね

64 :名無しのひみつ:2009/06/30(火) 20:10:10 ID:oZ+wXr32
縄文人は中国南部人じゃなくて、系統がわかる限り
日本に住んでたよ。

65 :縄文=大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/30(火) 20:26:16 ID:umrSmOE3
>>63
うまいなw

それ頂くわw
あと、沖縄にしても偽縄人が琉球独立とか抜かしてるしねw

66 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/07/01(水) 05:35:02 ID:z19JOpna
回帰は絶対に許さない。(※以下の文章は全て引用です)

なんでネトウヨはアイヌ・琉球の分離独立を支援しないの?2
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1239837812/24n

>24 名前:民族永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/04/17(金) 08:00:56 ID:I/bL24k3
>>23
>アイヌ民族、琉球民族と言う固有民族が居た事は無い。
>琉球にいたっては民俗であり、大和語族であるからして大和民族である。
>もしくは、漢民族の琉球族である。

>そしてアイヌは民族ではあるが、決して固有的民族=先住民族ではなく
>亜種・亜流民族=少数民族である。

67 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/07/01(水) 05:35:53 ID:z19JOpna
※以下の文章は全て引用です

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1239837812/47n

>47 名前:大和民族永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/04/18(土) 05:42:42 ID:cSJH+xlF
>>25
>琉球民族が独自の民族であるためには、中国でも和人でもない原住民が居て
>それが結果的に変化したものでない限り独自とはいえない。
>固有の民族には、継続性・連続性が必要でもし琉球が固有的な民族であれば、
>日本や中国とも、その周辺とも違う文化が受け継がれているはずだ。
>要するに、お前さんの言う『独自』と俺の言う「独自」は定義が別ってわけだ。

>沖縄はどう見ても日本と中国という本流から枝分かれしたせせらぎの衝突のよって
>生まれた国で、琉球は亜種国。
>アイヌも和人と北方民族との衝突で生まれたものだろう、琉球とは違い和人文化
>はあまり残らなかったみたいだが、独自の民族を貫く朝鮮民族も似たようなものだ。

>世界にどれだけ固有で正統な文明と文化を持つ国家が存在するかはわからないが
>たとえばエジプトやマヤ、メキシコ、イラク、インドにはかつて大文明や王朝が存在した。
>すべてことごとく欧米の侵略により壊滅したか、これらはすべて古王朝が過去のもの
>として封殺された。
>欧米の世界支配に、自分達と同等になる文明は必要ないとの選択だ。

>ナチズムは結果的に欧米人によるものだが、それはこれまでの欧米人による世界支配とは違い
>民族による正当性が支配の正統性として認められている。
>ナチズムの素晴らしい所はそこにあり、正統的な文明国家の権利が保障され統合的に
>そうした正統でない亜種民族を支配する事によって世界で完全となる民族のパーテーション
>が組まれ、亜種民族による正統民族への攘夷を防ぎ、かつ民族問題などでも揺るがない確固
>として安定的な社会が生まれる、それが民族主義の理念だ。
>これを支持した旧帝国の民族主義派の気持ちが良く分かる。

68 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/07/01(水) 05:36:48 ID:z19JOpna
※以下の文章は全て引用です

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1239837812/334n

>334 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/15(金) 23:38:22 ID:XkRugqqb
>>日本政府ですらアイヌが先住民族であることを認めた今になって
>>「許さない」って、誰がいかなる権限を持って「許さない」んだろうねぇ。

>許さんよ、特別扱いは。
>当然だとも、それとも特別扱いは許されるとでも思ってるのだろうかね?DOF君は?

>特別扱いでなければ少数民族でも先住民族でもやってるといいよ、俺は邪魔はしない。
>まあ、俺は歴史的経緯や事実をもってアイヌと沖縄の先住民族決議には抗議するけどね。
>いつまでもナチナチと「お前らは少数民族だ」と訴え続けてやる、あとは領土問題だ。
>すでにあの土地は大和民族のものなのか、まだアイヌに帰属されるのか、まあ国際的には
>アイヌに返還されるのが筋だし、おそらくもう一部土地は返還確実なんだろうが、だがあまりなめるなよ。

>君らのような争いも好まない純情な民族に過去2000年殺し合いを体験し勢力を拡大してきた侵略民族の
>怒りを買うことだけはやめとけよ。
>アイヌもたびたび殺したし、今だって殺しが大好きなその末裔だからな。
>いいか、逆鱗に触れるなよ?居間でこそ眠れる龍だが起こすなよ。
>君らに残ったのはもはやその民族だけだ、身のほどをわきまえろよな?
>>自分の出身部族の文化的独自性とやらをきちんと説明して、
>>先住民族認定されるよう運動でも始めてみたらどうだ?

>言われなくともこれから起こすつもりだが?
>今こそ大和民族復興の時!
>もちろんそこにアイヌは含まれないから安心しろ!

69 :18:2009/07/01(水) 20:35:32 ID:lYNCuMUs
なんか、こうばしいw

遺伝学上の流れと文化の流れを混ぜると危険よ。

70 :名無しのひみつ:2009/07/03(金) 11:12:11 ID:d/I2i4yT
朝鮮人はモンゴル人と兄弟だよ
元が攻めてきた時に遺伝子いっぱい頂いたから

71 :名無しのひみつ:2009/07/03(金) 12:35:31 ID:uoiNrAw8
その割にはモンゴルほど偉大な国じゃないな。

72 :名無しのひみつ:2009/07/03(金) 13:13:10 ID:l8fa7EwM
> 遺跡から発掘されたオホーツク人の人骨102体を分析
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
> アイヌ民族は、縄文人や現代の和人にはほとんどない
> ハプログループY遺伝子を、20%の比率で持っている
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
えっと、記事の内容が不案内なので誰か教えて欲しいのですが
発掘された人骨とハプログループY遺伝子の共通性うんぬんと
記されたこの記事でのアイヌ民族というのはいつのどこのアイヌを言ってるんですか?

文章表現からの醸し出しだと現代の和人にはほとんど無い〜そやけど
“現存のアイヌ”?は2割比率で持つ遺伝子であると聞こえませんか?

時代のスパンが曖昧ですし人種や民族も度外視し過ぎな説きだと感じます

73 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/07/06(月) 07:34:20 ID:dSwza/ry
回帰の次の標的は台湾とヴェトナム。日本単独では無理と見たか、
中国による征服を煽っている。

なんでネトウヨはアイヌ・琉球の分離独立を支援しないの?2
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1239837812/838n

>838 :日本補完計画 ◆XB7AjTRRiE :2009/07/06(月) 01:11:46 ID:0AHioEng
>>832
>中国はチベットと東トルキスタンを普通に独立させるべきだろうね。
>左翼も右翼もそれだけは訴えるべきだ。

>台湾、雲南、ベトナム、内モンゴル、満洲は多民族国家
>として中国が領有することや長期的な同化は普通に有りだが、ウィグル
>とチベットは明らかにおかしすぎるwwww

74 :名無しのひみつ:2009/07/06(月) 18:23:49 ID:/j7EbyJp
>>72
実際アイヌとオホーツク人は関係が薄くて、ニブフやウィルタなどの
ほうがオホーツク人と関係が強いってことだよ。

75 :名無しのひみつ:2009/07/06(月) 21:09:18 ID:Kl5TIIqm
現実的には、縄文3に弥生1くらいの混血が見た目が綺麗。

76 :名無しのひみつ:2009/07/06(月) 22:15:40 ID:61lM9edT
それはイメージだけで語りすぎじゃね?

77 :名無しのひみつ:2009/07/06(月) 22:33:12 ID:BGcvXZtM
いや、実際そんな感じ。
http://event.yomiuri.co.jp/2005/jomon_vs_yayoi/

78 :名無しのひみつ:2009/07/08(水) 17:23:14 ID:8OVZnJCb
新事実判明
最近の研究では、貝紋人と縄文人が日本の原住系で日本から
チベットやモンゴル方面へとD系種族が散っていった。
おそらく琉球・大和人=貝紋人+大陸人で、蝦夷は縄文人、アイヌは
縄文+オホーツク人であろう。
そしてチベットははるか昔の日系ブラジル人的存在であることが判明。
441 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2009/07/08(水) 05:38:29 ID:uMKQaI4h0
>>427
日本語の文献では、C3が、日本列島一番乗り!でも、英語の国際文献では違うよ。
インドネシアから来た貝紋人と縄文人が北方勢力を押さえて、日本列島一番乗り!
しかも日本の貝紋人は、日本列島〜ベーリング棚〜北米〜南米、一番乗りの偉業!
シベリアC3は、日本の貝紋人の後から北米に入ったものの、南米まで、よう行かなんだショボ。
縄文人は、大陸から来たのではなく、インドネシアのスマトラから北上、
日本列島〜沿海州〜モンゴル〜チベットへ移動。途中、混血しながら通過したので
いわゆるSOV文法の、昔「アルタイ語圏」と言われた言語を北方アジアに残した。
これが国際学会での最新見解。以下は、National Geographic のサイト。
ページが出たら、スクロールバーを真ん中へんまで下げてみ。脱アフリカ後の
貝紋人と縄文人の、日本への到達マップが図にして有る。
http://www.crystalinks.com/migrationhuman.html


79 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/07/20(月) 10:41:44 ID:IX+ELEyU
おいおい60年日本が歩んできたその体制を改革しようと躍起になっていたのは、
新自由主義者・市場原理主義者の連中だろ。

【ゴーマニズム宣言】アイヌ沖縄台湾チベット等マイノリティ論統合2
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1245311322/15n

>15 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/07/20(月) 03:01:00 ID:iTmuwiUr
>↓なぜアイヌの先住民族という呼び名に対して違和感があるか?↓
>縄文人とアイヌ民族のワークショップ
  >ー平田篤史・結城幸司

 >●日時:11月23日(金)
    >13:00〜16:00(土笛)
    >18:00〜20:00(アイヌ)
 >●料金:(土笛)¥2,000 (アイヌ)¥1,000 
 >●会場:ASABAアートスクエア
 >●お問合せ:平田篤史 045-231-2458
http://www.kazukoasaba.org/img/asq/07artfes/ainu-02s.gif

>縄文の土笛づくりと、アイヌ民族がとり組む世界遺産知床先住民族エコツアーの映像や話をします。
>↑                                          ↑
>アイヌは先住民族というより、同じ日本人でしかないと言う現状があるからだ。
>確かにアイヌは先住民族だったと思う、思うけど今いるアイヌ系の人々を世界の先住民達と同じように
>見るのは違和感でしかない。
>それとも今でも彼らは”先住民族”であるのか?いいや違う。
>ようするに、一部のアイヌの子孫は「これから先住民族として生きてゆきたい」と言う事なのである。
>そしてDecide One's Fate ◆D/w5oCAtawというコテハンドルネームのような日本人連中は、それが絶対
>正しいかのように「それを認めるべきだ。」と主張しつづけるのである。

>本当にそれでいいのか?俺は現代の反大儀・反権威・反反権力であるゴーマニズム宣言の信奉者であるから
>「やはりそこは認めるべきではないんじゃないか?」と強く思う。
>しかし、アイヌの活動家の気持ちと言うのはどこか現代のナショナリズムや民族を忘れグローバリズムに
>どっぷりのめりこんだ日本と通じるところがあるし、「やはり認めるべきだろう」という気持ちが無いわけではない。

>経済的というか、商業的にはアイヌが先住民族であったほうがその人たちのためではあるが日本と言う国は
>古来よりその内部における2面の勢力がしのぎを削って争うのである、まさにドミニカとキューバのように。
>日本の社会主義者・社会民主主義の連中や共産連中はまさに現代日本の反転であり、彼らは150年日本が
>歩んできたその体制を革新しようと躍起になっているのである、果たしてアイヌは先住民族でよいのか?
>沖縄は?皆日本人として生きてゆけばよい話ではないのか??

80 :名無しのひみつ:2009/07/20(月) 15:22:31 ID:W+ynuZJm
北廻りモンゴル人種と南廻りモンゴル人種。この問題を考える為には、
「ツラン文明圏」問題を回避する訳にはいかない。

昭和初年、瀬戸内海の大山祇(おおやまつみ)神社三島敦雄宮司によって
発行された「天孫人種民族六千年史の研究」。この本は、一見南廻りモン
ゴル人種を問題にしているようにも見える。

北廻りモンゴル人種は、日本列島に到着したのは、一万数千年前と推定
される。このことは、国学者苗代清太郎によって解明されている。

南廻りモンゴル人種が、ペルシャ湾からの海流によって、日本列島に到着
したのは、数千年遅れる。つまり、南廻りモンゴル人種が、一番後に到着
したのは数千年後となるだろう。

日本では、このようにして、鹿島・香取神宮において、北廻りと南廻りの
二つのモンゴル人種が融合するまでに、少なくとも、七、八千年の時間が
経過しているわけである。日本は、この二つのモンゴル人種が融合するべく
十二分な歴史的条件が準備されていた。このような条件は日本以外に
未だかつて起きたことはなかった。

南廻りモンゴル人種が、七、八千年遅れで日本列島、鹿島香取に到着する
までに、ペルシャ湾から次にイラン、アフガニスタン、インド、マレーシア、
インドネシア、フィリピン、タイ、インドシナ、中国、台湾、沖縄、九州、四国、
紀伊半島、名古屋、伊豆半島、房総半島、鹿島香取と成る。

従って、日本に到着した南廻りモンゴル人種には、以上の国々の文化的、
経済的、地政学的、言語学的特徴が刻印されている。

81 :名無しのひみつ:2009/07/20(月) 15:24:46 ID:W+ynuZJm
中国人は、モンゴル人種なのか、そうではないのか。

これまでずっと教科書的世界史では、中国文明は黄河文明に由来する、
と言われて来た。ところがこの二、三十年、驚くべき考古学的大発見を
成し遂げた。この新しい考古学によれば中国最古の文明は、八千年前に
遡る揚子江流域の稲作文明であったと言う。黄河文明は、その五千年
ないし六千年後である。

明らかに八千年前に遡る揚子江稲作文明は、モンゴル人種が造ったもの
である。その五六千年後、西洋人は中国に侵略して、黄河文明を作った。
つまり黄河文明は、モンゴル人種を抹殺したそういう代物であった。

それでは、西洋人によって支配された黄河文明によって粉砕された
モンゴル人種文明は、モンゴル人種はどこへ行ったか?
今、彼らは中国周辺の多数の少数民族と成っている。

中国人と称している人々は、西洋人によって支配された反中国的存在、
反モンゴル的存在と言わなければならない。

中国原住民はモンゴルである。中華文明と自称している勢力は、従って、
西洋人支配系列下の反中国的存在である。このように見なければならない。

82 :名無しのひみつ:2009/07/20(月) 15:45:55 ID:wpdCcu81
アイヌ人は本州から北海道に追いやられたって話しだったのに、根っからの北方土民ですか?

83 :名無しのひみつ:2009/07/20(月) 16:54:14 ID:+mloY83z
北海道出身、都内勤務だけど、
道を訊かれる場合、相手の半分以上はチュゴク人だなあ。

そんなにチュゴク顔か、俺は。
たとえば昔住んでいたつくばで英語で案内しても「あんた、日本人か?」
「日本人だけど何か?」的な。

もう移住しようかと思う。

84 :名無しのひみつ:2009/07/20(月) 22:42:09 ID:sgtVVcsd
目が釣りあがっておればチャンコロと間違えられやすいんだよ
阿部寛みたいな目に整形しろ!

85 :名無しのひみつ:2009/07/21(火) 06:33:57 ID:fHoPPRuj
>>82
アイヌが北方土民なら、大和や熊襲や蝦夷も北方土民だろうな

>>80-81


86 :名無しのひみつ:2009/07/22(水) 21:29:13 ID:IrS+YxuF
赤い星に鎌とハンマー印のバッヂを付けてたら、
中国人と間違われたりソ連人と間違われたり。

87 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/07/23(木) 19:30:09 ID:ynQ00vRM
回帰もそろそろ洗脳が解けてきたか?

【ゴーマニズム宣言】アイヌ沖縄台湾チベット等マイノリティ論統合2
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1245311322/25n

>25 名前:回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/07/23(木) 06:18:36 ID:cU4dwnJ8
>105 名前:Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw [sage] 投稿日:2009/07/23(木) 02:56:05
>ID:JW1vDSOq
>っつーかマジで俺ってこの熱湯浴うごめく2chに正しい思想を携えて降り立った救世主かも。


>>っつーかマジで俺ってこの熱湯浴うごめく2chに正しい思想を携えて降り立った救世主かも。

>うん、確かにおまえの言ってることや理念、ポリシーは正論だと思うよ。
>おまえは自身で気づいてるのかは知らないけど、真性ゴーマニストだとおもう。
>本来なら小林もお前と同じ論理でアイヌ独立を支持しなければならない立場なんだが
>それをせず小林はアイヌ黙殺を推奨を著してしまってるわけだ。
>じゃあ小林のアイヌ論とは何かを考えると、結局右翼・保守思想でしかないわけだが
>もし小林が商業的な理由で、こうした主張をしているのだとしたらとんでもないペテン師な訳だ。
>ではなぜ小林はあえてそれを選んだのか?
>なぜ小林の最近の著書は「天皇論」などウヨクに転化したのか?
>アイヌを同化してまで、己がゴーマニズムを捨ててまで小林は何が言いたいんだろうかね?

88 :名無しのひみつ:2009/07/24(金) 05:29:50 ID:yxtBGX9I
日本の京都周辺の人とアイヌとウィグル(東トルキスタン人)はすごくよく似ている。

日本、チベット、ウィグルは人種的にかなり関係性がある。


89 :名無しのひみつ:2009/07/24(金) 06:33:14 ID:hs2bUYmt
チベットはまだわかるが、ウイグルは関係ねーだろ。
トルコ系の血が濃いらしいんだし

90 :名無しのひみつ:2009/07/24(金) 07:24:38 ID:HbqFrGD/
阿倍のヒラフだかが北方遠征で戦った相手が、このオホーツク人って説があるな。

91 :名無しのひみつ:2009/07/24(金) 13:31:15 ID:/mIrTWjk
斎藤清六がひとこと


92 :名無しのひみつ:2009/07/25(土) 05:45:33 ID:TsjalTFB
>>89
そうおもうだろ?
トルコ系じゃない人はすげーにてるからw

93 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/07/25(土) 10:40:15 ID:TjmPETc+
回帰理論によれば国内の医療・介護問題を取り上げるのは、
日本でアメリカの医療・介護問題に火がつかないようにすりかえるためで、
アメリカは日本の世論の影響力を恐れているということになるらしい。
そして中国国内のチベット・ウイグルは中国外交問題というスタンス。

なんでネトウヨはアイヌ沖縄の分離独立を支援しないの? 3
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1247492262/159n

>159 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/07/25(土) 05:49:48 ID:qUY8tTDA
>>158
>違うだろ、日本でチベットやウィグル問題に火がつかないように
>アイヌや沖縄問題を取り上げ、摩り替えてるってこと。

>中国が恐れているのは日本の世論の影響力もあるだろう。
>NHKは絶対チベットやウィグルに深く突っ込んだりしたことないから。
>NHKはもう「台湾とチベットウィグルは中国国内問題」っていうスタンスなんだよ。
--------------------------------------------------------------------
>>88
>>89
ウイグル族はテュルク化したアーリア人。更に念のために書いておくと、
テュルク人はブリヤート〜モンゴル方面から中央アジアを経てバルカン半島にまで到達した。

94 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/07/25(土) 11:59:51 ID:TjmPETc+
自分達で勝手に漢字やら律令制度やら導入しといて、
日本人が中華民族になったらアイヌのせいにするのがバ回帰理論。

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1247492262/161n

>161 名前:回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/07/25(土) 11:44:03 ID:idveerXg
>分からんのならいいよ、中国の1民族になってからでは遅い。
>アイヌの分離・独立は日本人が中華民族であるという要素に必要不可欠なんだから。

>ttp://image8.bannch.com/bs/M302b/bbs/350767/img/0140689898.JPG

95 :名無しのひみつ:2009/07/26(日) 05:25:59 ID:zoK2rWfn
>>93
>ウイグル族はテュルク化したアーリア人。更に念のために書いておくと、
>テュルク人はブリヤート〜モンゴル方面から中央アジアを経てバルカン半島にまで到達した。


で、どーなの?
日本人とウィグル人のつながりは?
日本人とウィグル人が似てるという事は、日本人は弥生人化したアーリア人ってことか?

96 :名無しのひみつ:2009/07/26(日) 07:05:19 ID:O3P7XUjD
トルコ系はアラル海周辺にいたのがバルカンまで来たんだよな

97 :名無しのひみつ:2009/07/26(日) 09:14:23 ID:16hqGMzy
モンゴロイドが陸路で氷結したベーリング海峡を渡って、
北米南米大陸に何万年もかかって拡がっていった。
なんて説が罷り通っているのが不審しいと思わなくちゃいけねえよ。
あれは太平洋を船で渡って、何百年何千年単位で北米南米にパラレルで拡がっていったんだ。
そう考えた方がよっぽど合理的なのに、陸上移動説を覆す証拠がないから、誰も疑わない。 
縄文人の造船技術なめんな

98 :名無しのひみつ:2009/07/26(日) 09:33:20 ID:zoK2rWfn
>>97
例えば、南米にシカン王国というのがある

アイヌ人と南米シカン王国
http://www.kodai-bunmei.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=94693

流入経緯は良く分からないが、縄文時代に船で南米に直接行ったのかもしれないな。

99 :名無しのひみつ:2009/07/26(日) 10:04:14 ID:qUwLTluS
最新の遺伝子(y染色体)研究+考古学での日本人男性のルーツは、3か4派で構成される。現在の構成比は
C1が1%、D2が40%前後。C3が2〜3%、Nが1%前後。O3が25%。O2bが30%前後。

1)3.5〜4万年前:後期旧石器(局部磨製石斧・台形石器→ナイフ型石器・一部は木葉型尖頭器へ変化)
スンダランド(東南アジア)からハプロタイプCとDが直接渡ってきた。そして2万年前後にCはC1、
DはD2という優勢な突然変異によるサブグループに変異した。故にC1もD2も日本にしかいない。

彼らは基本的に森の民で、主に太平洋側の落葉広葉樹帯で木を削った槍で小動物・魚の狩猟、海産物・植物や
木実果物の採集で生活したが、寒冷期に南下、一部中部山岳地帯草原で大型の動物を石槍で狩るものも現れた。

2)1.5〜1.2万年前:細石器(石刃技法細石器 ← バイカル湖周辺で発生した細石器)
氷河期の海面低下で大陸と繋がった北海道と九州西部経由(朝鮮半島経由の北九州ではなく、長崎辺りで
草原となった黄海・東シナ海経由)でハプロタイプCから2万年前にC3へと変異したグループと、九州西部
からハプロタイプNが日本に渡ってきた(C3はツングース系、Nはアルタイ系を代表する遺伝子)。

彼らは草原に住む大型動物を追って、寒冷期に南下した植物相に伴い動物を追って、内海化した日本海で
乾燥化した裏日本の草原にまで遺跡を残した。温暖化に伴う植相変化で北方へ去ったが、一部日本に取り残
されたグループは大型動物を取り尽くすと森の民に同化され、細石器文化は1.2万年前くらいに消滅した。

3?)1万年〜7千年前:米・麦等の栽培植物をもたらした?
ハプロタイプOから1万年前にO3に変異したサブグループが陸稲米と麦を持って日本に渡ってきたかもしれない。
もしそうなら、縄文人は以上の3派の渡来人が交じり合ったものだと考えられる。そして土器の「縄文」も
彼らがもたらしたかも知れない。

ただし、土器自体は1.6万年前に日本で自然発生した無紋土器、次に九州西部から細石器文化と一緒に入って
きた豆粒文土器、そして「縄文」以前に隆線文土器や爪形文土器が有る。

4)紀元前1世紀:水耕田技法もしくは田植え等の画期的技術をもたらした弥生人。
Oから派生したO2の、そのまたサブグループのO2b(2800年前に発生)が中国戦国時代の混乱期に江南地方から
海を渡って日本と韓国南西部へ渡ってきた。

水耕田の稲の遺伝子はもともと日本にあった陸稲米遺伝子と同じで、日本の水耕田は2800年前くらい前まで
遡れる。一方、O2bは百越の特異な遺伝子であり、その大多数は百越が亡びた紀元前334年以降に日本に入って
きたと思われる。しかも日本で優勢を保ったのだから、何らかの生産性増大技術を持ってきたと思われる。

上記O3はこの時O2bと伴に日本へ入ってきたものかもしれないが、それにしては日本でのO3の比率が多すぎる
と考えられる。


100 :名無しのひみつ:2009/07/26(日) 11:58:24 ID:qUwLTluS
>>97
氷結したベーリング海の氷の上を歩いて渡っていったわけではない。海面低下の海退で草原化したベーリング
陸橋を移動してアメリカ大陸へ渡っていった動物を追って行っただけ。

注意しなければいけないのは気候の最寒期と氷河の最大期は時事がずれる事。最寒期は2〜1.8万年前だが、
氷河の最大期は1.45万年前後だと考えられる。

最寒期に向かって氷河が北アメリカ大陸を覆い始めると、氷は太陽光線を反射し、最寒期を過ぎても氷河は
さらに拡大・増大していく。最寒期は乾燥化することが多いから、返って温暖化し冬に豪雪が降ったほうが
氷河は大きくなる。

つまり、動物と人類がベーリング陸橋を通ってアメリカ大陸へ渡った頃には既に気候は温暖であった。一方、
氷河は最大期で海面後退は最大化した。

動物も旧石器時代の人類も無目的に移動するわけではない。動物は途中に食料となる植物がある場所を移動し、
人類もそれを追って移動するのであって、冒険の為にアメリカ大陸へ行ったわけではない。

ついでに、海面後退の最大時でも水深140mの対馬海峡が朝鮮半島と陸続きではなかったらしいので、
草原の大型動物を追って日本に来た源遊牧民が海を渡ってきたなどという馬鹿な考古学者がいるが、有りえない。

彼らは集団で狩りをして生き延びてきた。船など見たことも作ったことも無い草原の狩猟民族が、女子供を
含めた一族で大木を遠くの山から切り出して筏や丸木舟を作るなど有り得ない。それとも皮袋水筒を浮きにして
一族郎党が対馬海峡を渡った?w。漁労を生業にしていた種族なら話は別だが・・・。

もう一つ、食料獲得・嗜好と住み分けについても深く考えない馬鹿学者も多いので注意。


101 :名無しのひみつ:2009/07/26(日) 12:11:41 ID:zoK2rWfn
>>100
樺太と千島と北海道と、そして本州は繋がってたのでしょうか?


>ついでに、海面後退の最大時でも水深140mの対馬海峡が朝鮮半島と陸続きではなかったらしいので、
>草原の大型動物を追って日本に来た源遊牧民が海を渡ってきたなどという馬鹿な考古学者がいるが、有りえない。
>もう一つ、食料獲得・嗜好と住み分けについても深く考えない馬鹿学者も多いので注意。


こういうのって、古い学説とかを教えているような教育や、主にテレビなどのメディアで
そう言う学者が出演し、その学説が現代の常識であるかのように垂れ流されちゃったりしてるのが
なんかもうホント残念です。

102 :名無しのひみつ:2009/07/26(日) 13:27:31 ID:16hqGMzy
>>100
モンゴロイドがアラスカからカナダを経てロッキー山脈を越えて、
さらに南米大陸までたった一本のルートで広がっていったと考えるのは、どうかと思うけどなぁ。


103 :名無しのひみつ:2009/07/26(日) 14:19:38 ID:qUwLTluS
>>101
樺太と北海道を繋ぐ宗谷海峡は最深部で水深が56mしか有りませんので結構簡単に繋がります。更に、
間宮海峡に至っては15mしかありません。千島列島はそれぞれの海峡が意外に深くて繋がりません。

参考までに、津軽海峡は130m、対馬・朝鮮海峡140mで、1.45万年前の最大海面低下の海退期でも
本州とは繋がっていなかったのでは?、とも言われています。(最近では最大海面低下が120mだとか?)

ついでにベーリング海は60m、黄海は最深部でも100m、東シナ海は殆どの部分が100〜150m
以下です。だから1.45万年前に九州へ入ってきたC3は、黄海・ベーリング海経由で長崎の近辺からでは
ないかと思われます(遺跡も長崎近辺に多い)。

北海道と樺太は1.8万年前くらい前に陸続きになったと思われています。そして、C3もその頃北海道に
入って来て、黒曜石の細石器を残しています。

ただ、北海道の黒曜石の石器は最古のものが2万年位前のものですが、それとC3の残した細石器は系統が
違うようです。多分、D2が2万年以前に頃津軽海峡を渡って北海道に入ってきて、その後、黒曜石を見つけて
後で入ってきたC3と何かとの交換で渡したものかとも思われます。

火山地帯に黒曜石が出るとは知らない草原の民C3が、北海道にぽっと入って来て直ぐに山奥の黒曜石を
見つけるなどという芸当は簡単には出来ないでしょう。しかし、元から日本にいたD2なら、本州での
経験もあり、黒曜石を探すコツを知っていたかもしれません。

>>そう言う学者が出演し、その学説が現代の常識であるかのように垂れ流されちゃったりしてるのが
なんかもうホント残念です。

全く同感です。考古学者は遺伝子の系統図を深く考えず、一方、遺伝子病の研究の片手間で日本人の
ルーツを探す医者の方は考古学や動物学や史書を考えずに本を出しているようですね。

このスレについても、オホーツク文化自体は否定しませんが、北大のDNA分析も怪しげですね。何より、
アイヌの80%以上を占める遺伝子D2の記載が無いようですね。

「アイヌの20%・・・」から、彼らの分析・発見したのはC3のようですが、C3はもともと1.8万年前に
北海道へも入って来たツングース系を代表する遺伝子だから有って当たり前です。一方遺伝子交流が有った
と言うならアイヌを圧倒的に代表する遺伝子D2は現地で見つかったのかなw。


参考:
昔はC3は、アフリカにいたCの一派が中東経由でバイカル湖へ向かい、そこでC3に変化したものと思われて
いました(先に出発したCとDは東南アジアのスンダランドへ向かい、そこに残ったCはC2に、メコンとか
長江伝いにチベットへ向かったDの一派はD1とD3に、日本へ来たCとDはC1とD2に変異)。

しかし最近では、C3もスンダランドに向かったCがその辺りから北上し、モンゴル高原で遊牧狩猟民に変わり
そこからバイカル湖辺りへ向かってC3に変異し、その後北回りで日本に入って来たのではと思われています。

一方、日本へ3.5〜4万年前に日本に入って来たCが、一方ではC1に変異すると伴に、別の部族のCがC3に
変異して、2万年以前に北海道に渡り、そこからシベリアへ向かったという説もあります。もしそうなら、
細石器は最初は黒曜石から作られた物で、発祥地は日本の北海道ということになりますが有力説では無いと
思います。


104 :名無しのひみつ:2009/07/26(日) 14:26:16 ID:qUwLTluS
>>102
ペルー辺りで南太平洋を島伝いに渡った遺伝子があるとも言われているけれど、まだ確証は
無いようだね。勿論、有っても不思議じゃない。

ただ、その他の大部分はベーリング海陸経由で渡ったのはもはや疑う余地も無い。
>>http://en.wikipedia.org/wiki/Human_Y-chromosome_DNA_haplogroup


105 :名無しのひみつ:2009/07/26(日) 15:30:10 ID:uZRNmuQf
実家(田舎)の近くにネイティブ・カナディアンの知り合いがいるが、
溶け込んでてわからないね。某エラ民族よりも日本的だ。都内歩いていたら完全にわからん。

つーか、このDNA採取、まさか吉崎教授の隠してた北方民族の人骨からじゃあないだろうな。
講義ではおもしろいおっさんだったが、ほったらかしにして定年退職したのは感心しない。

逆に日本人の骨が某エラ半島に放置されっぱなしだったと想定するとかなり頭にくるよね。

106 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/07/29(水) 10:56:35 ID:x0vlxSVD
回帰によると、「これからウィグルチベットが独立してゆくのは明白」とのこと。
ソースは不明。

チベット支持右翼は琉球民族国家の独立を認めるべき
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1245416798/249n

>249 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/07/29(水) 05:54:24 ID:7FrCmhWx
>>245
>わかったかい、DOF。

>これからウィグルチベットが独立してゆくのは明白なので
>こうして中国は日本から沖縄とアイヌを剥ぎ取るように
>道ずれにしようとしているわけだよw
>要するに中国も分かってるんだよ、ウィグルチベットの
>同化は無理だってw

107 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/07/29(水) 20:29:05 ID:x0vlxSVD
一方で今の台湾を「独立困難な状況」という回帰。
彼にとっての「独立」とは確認的効果説ではなく創設的効果説に基づいているのか?
いずれにせよチベット・ウイグルの独立はもっと困難な状況だ。

国家の承認
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%81%AE%E6%89%BF%E8%AA%8D

なんでネトウヨはアイヌ沖縄の分離独立を支援しないの? 3
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1247492262/180n

>180 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/07/29(水) 19:42:51 ID:c/3uy5x2
>>179
>民主党の沖縄ビジョンは、沖縄の米軍やそうした中国よりの地域にするための
>政策でしかないからな。

>困ったものだ、台湾ですら独立困難な状況であるのに。
>これでは本当に沖縄は中国面に落ちてしまうかもしれないぞ。

108 :名無しのひみつ:2009/07/31(金) 12:36:09 ID:J2EOWOxD
http://inoues.net/museum/mikata_museum_kaboso.html
 これまで黄河文明は中国古代文明の代名詞とされてきた。・・・・・・・・・
 だが近年の中国考古学の成果は、黄河流域以外の地域にも存在した多様な地方
文化の実態を明らかにし、中国文明の起源を一元的にみなしてきた旧来の解釈は
すでに過去のものとなっている。・・・・・・・・・

 日本には、約2500年前に稲作の技術を身につけた人々が朝鮮半島から渡来して
水田稲作が始まったとする考えが、土器や石器あるいは人骨の研究から有力であった。
 しかし、見てきたように最近では、稲のDNAの研究によって、中国中南部から直接
渡来したという考えが提唱されており、また、縄文時代にすでに陸稲の稲作が一部に
あったとする説が定着しつつある。

 1万年近く前の長江の中・下流域の遺跡からイネ資料が集中して発見され、その
DNAを分析してみると、ジャポニカという品種で、これは日本の弥生時代の遺跡で
も多数確認されている。

 縄文時代前期(約6000年前)の遺跡からも、イネのプラント・オパール(土壌中の
イネの葉の細胞のガラス成分)が検出されているので、縄文人の中にはすでに食材
の一つとして米を用いていた人々がいたと考えられる。
 そして、やがて温帯ジャポニカと熱帯ジャポニカの混合により耐寒性のある早生
ジャポニカの品種が誕生したと考えられているのだ。

109 :名無しのひみつ:2009/07/31(金) 12:39:01 ID:J2EOWOxD
ttp://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/image/yellow.jpg

2000年、東京大学の植田信太郎、国立遺伝学研究所の斎藤成也、
中国科学院遺伝研究所の王瀝 WANG Liらは、約2500年前の春秋時代、
2000年前の漢代の臨シ(山東省、黄河下流にある春秋時代の斉の都)
遺跡から出土した人骨、及び現代の臨シ住民から得たミトコンドリア
DNAの比較研究の結果を発表した。

それによると、三つの時代の臨シ人類集団が異なる遺伝的構成を
持つことが明らかになった。約2500年前の春秋戦国時代の臨シ住民
の遺伝子は現代ヨーロッパ人の遺伝子と、約2000年前の前漢末の
の遺伝子は現代の中央アジアの遺伝子と非常に近く、現代遺伝子は、
現代東アジア人の遺伝子と変わらないものであった。

この研究により、2500年前にユーラシア大陸の東端に現代ヨーロッパ
人集団と遺伝的に近縁な人類集団が存在していたことが明らかになった。
また、2500年前から2000年前の500年間に臨シ集団に大きな遺伝的
変化が生じたことから、過去に人類集団の大規模な移動があったこと
を示唆している。

現在の中国語には、互いに外国語であるかのような種々の方言が存在し、
北方方言と南方方言に二大別される。この南方方言の分布域が、黄河
文明と対峙する長江文明の栄えた領域と大まかに重なり合っている。

しかも、伝説上の南方の支配者蚩尤の統治領域ともほぼ重なる。
そして歴史時代における中国文化は黄河文明を源流とするものであり、
史書もまたはっきりとそのように記している。

一方、ミトコンドリアDNAの研究が示しているのはユーラシア西部に
起源を持つ人々が黄河文明の南端付近にいたがその後現代のような
「黄色人種」である漢民族に徐々に置き換わっていったという事実である。
これらの諸事実を統一的に説明する仮説は以下のようになろう。

「長江流域にモンゴロイドが稲作を基礎とする文明を築いていた。
一方、西から移動してきた麦作と牧畜を基礎とした文化を携えた
コーカソイドが黄河流域に定住した。武力に勝る北方黄河文明の
支配者は、人口においては優勢な長江文明の人々と戦い勝利した。

人口に勝るモンゴロイドは政治的軍事的文化的には敗者であったが、
遺伝子的には黄河文明の人々を凌いで現代漢民族は『黄色』になった。」

さらに追加するならば、戦士である長江文明の男たちの多くは殺されたが、
残った女たちのミトコンドリア遺伝子が引き継がれていったことも大いに
寄与したと思われる。また、中国の南方では長江文明を担った人々の
言語の影響を未だに受けているのである。

110 :名無しのひみつ:2009/07/31(金) 19:07:53 ID:swtrmPr0
でもまぁ、大雪山を越えられなかった訳でもないのに、
何故に夏でも寒いオホーツク海沿岸にとどまったのかな

111 :名無しのひみつ:2009/07/31(金) 22:01:45 ID:b6RkcHvu
>>110
縄文人かあるいはその他の先入者がいたからじゃね?

>>109
すげええええええ


112 :名無しのひみつ:2009/08/01(土) 14:02:13 ID:V1KAXwi1
>>111
縄文時代は現代よりずっと暖かいらしいよ。

113 :名無しのひみつ:2009/08/01(土) 14:28:32 ID:8+xfPfTf
>>112

あ〜なるほどね、樺太で十分やっていけたわけだ。

114 :名無しのひみつ:2009/08/02(日) 19:40:50 ID:jceHOn8I
>>84
それが、俺は垂れ目の丸顔なんだよ。
( ´∀`)←まさにこの顔

アレックス・リー・チャンみたいな顔だったら納得するんだがなあ。

なぜチュゴク人に間違えられるか?タイワン帰るほうがよろしか?

115 :名無しのひみつ:2009/08/02(日) 20:02:14 ID:hG4vTHIv
>>15
西日本は、縄文時代に極端に人口密度が低かったからだな。

推計では、東日本の10分の一以下という説も。

116 :名無しのひみつ:2009/08/02(日) 20:19:50 ID:c4V5MVl5
オホーツク人もサハリンなどに暮らすニブヒやアムール川下流のウリチも
北海道のアイヌも単にオホーツクサハリン北方民族ということで OK。
特に世界史を動かすほどの民族史の履歴はないし、その分布自体、地域的了解内だろ。



117 :名無しのひみつ:2009/08/02(日) 21:01:43 ID:SesxrWOx
お笑い芸人のQ太郎て縄文人そのままだよね

118 :名無しのひみつ:2009/08/02(日) 21:39:32 ID:Nj9NyylK
>>114
まあ、日本人男性の半分は中国人と同じ男系をルーツに持ってるからな。
女性に関してはおそらく90パーセント大陸移民の子孫だし・・・

119 :名無しのひみつ:2009/08/02(日) 21:41:17 ID:Nj9NyylK
>>117
奴とかおかっぱのコスプレした男の太っちょの奴とかw

120 :名無しのひみつ:2009/08/02(日) 21:42:26 ID:Nj9NyylK
× 女性に関してはおそらく90パーセント大陸移民の子孫だし・・・

◎ 女性に関してはおそらく90パーセント大陸移民の繁殖した子孫たちだし・・・

121 :名無しのひみつ:2009/08/03(月) 00:13:41 ID:BQshVGVu
オホーツクにロケットで突き抜けろ

122 :名無しのひみつ :2009/08/03(月) 22:22:55 ID:wXTS+hVn
>>109
後の調査結果だと白人系じゃないという結論になった気がするけど。
まあ、一部に白人系の部族はいたようだけど、黄河文明の主力は黄色人種。

123 :名無しのひみつ:2009/08/13(木) 04:25:14 ID:3gZvVBeP
アイヌの人が写った動画をある西洋人がみて、
「トルコ人に似てる」とか言ってたな・・・


124 :名無しのひみつ:2009/08/13(木) 15:29:22 ID:nMGcKl1d
>>123
あまり知られていないが、日本人自体も弥生系を抜かせば
中東人やトルコ人、イスラエル人にどこか似ている。

125 :名無しのひみつ:2009/08/16(日) 07:43:00 ID:5txLUnfO
>>123
江戸時代、蝦夷にやって来たロシア人は、アイヌを見てギリシャ人(の末裔)だと思ったそうな。


126 :名無しのひみつ:2009/08/16(日) 19:48:27 ID:xuU/sRAH
>>125
あながち間違いじゃなかったりしてなw
それなら日本神話(アイヌ神話)とギリシャ神話の関係も
どこか重なるとは思わんか?w
まあ推測だがw

127 :名無しのひみつ:2009/08/16(日) 21:16:52 ID:yvYw0UjL
トルコ人の祖先は中央アジアにいたんじゃなかったか?


128 :名無しのひみつ:2009/08/18(火) 17:09:22 ID:Dzdp+EW0
この調査に用いた縄文人骨はどこで出土したものだ?
縄文人といっても西日本と東日本さらには北日本では遺伝子にも違いがあるんじゃないか?

59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)