5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医学】非肥満者でも首回りのサイズが睡眠時無呼吸の重症度に影響

1 :白夜φ ★:2009/06/20(土) 00:12:01 ID:???
<非肥満者でも首回りのサイズが睡眠時無呼吸の重症度に影響>

肥満が閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の主要な危険因子(リスクファクター)となることは
知られているが、肥満でない人でも多くの人にこの症状がみられることが、新しい研究で示された。
 
今回の研究では、ボディ・マス・インデックス(BMI、肥満指数として用いられる)が18.5〜27の
非肥満成人5,426人のうち54%にOSAがみられ、そのうち約半数は軽度であったが、残りの
半数は中等度から重度のOSAであった。
特に、首回りの太い中高年の男性に中等度から重度のOSAがよくみられたという。

研究グループは、非肥満者でOSAのある人とない人についてエプワース眠気尺度
(昼間の眠気を測定する標準化された方法)の結果と、首回りサイズに有意な差が
みられないことがわかって驚いたという。

このうなことから、「肥満でないOSA患者の50%以上が軽度であり、この層の患者については、
携帯用監視システムよりも実験室で行う睡眠ポリグラフのほうが正確に評価できると考えられる」と、
米SleepTech社(ニュージャージー州ウェーン)の医療監督者Teimur Yeligulashvili氏は述べている。
この研究は、米シアトルで開催された睡眠専門家協会(APSS)年次集会(SLEEP 2009)で発表された。

過去の研究では、OSAが心疾患、肥満、糖尿病、高血圧、死亡リスクの増加などの重大な
健康上の問題と関連することが示されている。

▽記事引用元:NIKKEI NET(http://www.nikkei.co.jp/
http://health.nikkei.co.jp/hsn/hl.cfm?i=20090618hk001hk

2 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 00:28:36 ID:by/Du0iU
そんなこといわれても改善できんだろ

3 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 00:53:15 ID:21tOZtx0
>>2
つ首長族のわっか

4 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 00:56:43 ID:Y0O9pNkA
なるほど、首の太さが”ネック”
になってるんね (・∀・)

5 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 01:06:24 ID:7i+EnddP
筋肉で太いか脂肪で太いかで意味が変わってくる気がするんだが

6 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 01:28:10 ID:qVaVC8b2
首周りの脂肪を除去する手術をすれば無呼吸症が治るのかなw

7 :名無しのひみつ:2009/06/20(土) 12:07:51 ID:iuS6cwyf
イビキで毎朝喉が痛い

8 :名無しのひみつ:2009/06/27(土) 22:07:43 ID:LypLwLQA
>>6
実際、いびきの治療ではレーザーで喉の中を切ったりする。

保険適応になればみんなするんじゃないかなぁ。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)