5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

科学者の満足度 主要国中で日本は最下位=Nature

1 : ◆KzI.AmWAVE @Hφ=Eφ ★:2010/06/24(木) 20:09:43 ID:??? ?2BP(135)

科学者満足度:デンマーク1位、日本最下位 英誌調査

 日本の科学者は主要国で最も不幸せ−−。こんな調査結果を、英科学誌ネイチャーが初めてまとめ、24日付で発表した。
満足度1位はデンマークだった。日本人は他国に比べ、休日が少なく研究テーマの選択で裁量が小さいとして強い不満を
抱いていた。科学技術立国を掲げる政府だが、科学者が将来の展望を抱けるような政策が求められそうだ。

 同誌は3〜4月、インターネットを使って、世界の科学者に「給与」「休日の取得」「産休・育休」など8項目の労働環境について、
満足(1点)から不満(0点)で点数化してもらった。今回、日米欧や、科学技術が伸びている中国やインド、韓国の計16カ国の
研究者約1万500人について分析した。

 それによると、日本は「休日」(0.424点)「労働時間」(0.448点)「研究テーマの独立性」(0.567点)「上司や同僚からの
指導」(0.442点)の4項目で最下位を記録し、デンマークの点数の5〜7割だった。残りの「給与」など4項目も12〜15位に
とどまった。

 デンマークに続いてオランダ、スウェーデンの科学者の満足度が高かった。

 科学技術政策に詳しい角南(すなみ)篤・政策研究大学院大准教授は「日本は、中印より施設面などの研究環境は劣らない
はずだ。しかし満足度が低いのは、奴隷的な労働環境で将来性を見いだせていないためと言える。政府は危機感を持つべきだ」
と指摘する。【西川拓】

毎日新聞
http://mainichi.jp/select/science/news/20100624k0000m040127000c.html

For love and money
Nature 465, 1104-1107 (23 June 2010) | 10.1038/nj7301-1104a
http://www.nature.com/naturejobs/2010/100624/full/nj7301-1104a.html

2 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:10:15 ID:t6oe8N9X
最下位じゃいけないんですか?

3 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:12:36 ID:qOITSb4O
日本のいいところ潰しのミンスだから
当分改善は無理、というよりますます悪化

4 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:12:58 ID:1AEjsopE
政治家、官僚がバカだから?

5 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:15:08 ID:gWEe63HB
そりゃあそうだろ。あんな蓮舫のいる政府の元では科学者だけでなく誰も幸せにならない。

6 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:19:05 ID:2FIW2tsB
こいつらノーベル賞受賞者と同じになるまで満足しないだろうな。ミンスはさておき

7 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:20:45 ID:p3bJkhU0
>奴隷的な労働環境

なんだこれ!

さすがヘンタイ新聞、すげえコメント載せるな・・・

8 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:21:43 ID:Bq6LyFZd
そんなに酷いのか

9 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:21:47 ID:gWEe63HB
ノーベル賞受賞者ですら満足していないのは周知のとおりだ。

10 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:23:55 ID:gWEe63HB
まあ強いて言うなら日本でで満足しているのはチョンだけだな。
事業仕分けで浮いた金は全部俺達の懐に、またそれで中に浮いた技術と人材も本国にと考えている。

11 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:26:10 ID:Dv/YE5hP
奴隷的な労働環境ということは、奴隷を使い放題の最高の労働環境でもあるわけだ。
でも、そういう人は少ないし、奴隷をこき使ってるなどと公言したくないから、調査では浮き彫りにならない。

12 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:34:14 ID:pSf1dZUP
今日の対戦を暗示するような

13 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:41:45 ID:pSElRSJE
>休日が少なく

え?
休日でも自主的に来るのが日本の研究者じゃないの?
自分で勝手に来てるくせに休日が少ないとか言ってるの?

14 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:43:55 ID:pSElRSJE
レンホウが研究費を勝手に仕分けする、とかいう不満を書く場所はないのか。
つか、研究費についての不満は調査しないのかよ。

15 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:44:30 ID:TB+ZfXYr
あれもうデンマに負けたのか

16 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:46:52 ID:OubluPTR
【話題】事業仕分け、東大生の進路に影響 [12/14]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1260798509/
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2009121401000495/1.htm

行政刷新会議の事業仕分けで若手研究者育成資金が縮減と判定されたことを受け、
東京大の学生が14日までに理系研究者を志望する東大の学生にアンケートを
実施したところ、縮減が実施された場合、8割超が研究者になることをあきらめるか、
海外に行くなど進路に影響があると回答した。

調査は東大理学部物理学科4年生の有志が今月初旬に実施し、2133人から回答を得た。

17 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:50:09 ID:1FwUCY9L
いまどき物理学科なんて行くなよ

18 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 20:50:26 ID:bRxYRozP
民も菅も、理系の評価が他の先進国に較べて圧倒的に低いから。ただそれだけ
の事。給与評価もそうだが、人格評価、社会的評価も、破格に低い。
例えば、海外の先進国は、国策が軍事技術を主眼し、民活は工業技術を主眼に
しているので、理系は基本的に幹部候補生として需要がある。
逆に日本は、軍事は全て被虐でとらえる国民性、民活は工業技術から三次産業
へとシフトしたのでこちらも必要が激減した。しかし、受験や研究機関は、か
つてと同じ理系水準を要求するので基礎力は国際競争力がある人材が育つが、
いかんせん、需要と受け入れる気持ちや形が国にも民間にも国民にも無く、
折角の人材がうまく活用されない。簡単に言えば、「苦労に見合わない」

従って、あえて日本でと限定すると、比較的不満になる。限定しないと、海外
で高給でいくらでも仕事も名声チャンスもあるのだから、あたりまえ。

19 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 21:02:58 ID:zAEqat5W
日本には、もう高額給与を払えるような企業はないよ

だから、研究者もいらないんだよ

と事業仕訳だったかな

20 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 21:09:19 ID:bRxYRozP
>>19
かつて、理系中間管理職に支払われていた給与は、今は内部留保に積み立てられ
るか。役員報酬になるからな。ゴーンゴーンゴーン。社内格差社会万歳。

21 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 21:26:06 ID:1mRKn4Uu
1位じゃないとダメなんですか?最下位じゃでもいいんじゃないですか?

22 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 21:27:16 ID:8iUo8zz1
日本人の技術者を漁ってる朝鮮人くせえ記事だなと思ったらやっぱり毎日新聞

23 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 21:58:09 ID:pK7oZxdf

科学者に金払うなら、特許を買い取れ、日本はそうやって商品を作っては売りつけてきました。

またエコノミックアニマルに戻って、アメリカの技術を盗んでは家電や車でも売ってろ。

24 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 22:07:28 ID:KMUKMCFJ
まともな日本語使えないならレスするなボケ

25 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 22:14:32 ID:eT+KX6j3
日本はどちらかというと技術優遇じゃね?
まあ、はやぶさとかを科学者が作ったら帰れなかったんだろうけどな。

26 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 22:15:25 ID:V0x5ScGd
【経済】日本AEパワーシステムズ社の中国合弁会社、出資比率の見直しにより経営権が中国側に[06/24]
http://live28.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1277326425/
1:すばる岩φ ★ 2010/06/24 05:53:45 23365???
- 日本AEパワー、中国側に合弁の経営権-出資比率見直し -

 日本AEパワーシステムズ(東京都港区、河合忠雄社長)の中国合弁会社は、出資比率の見直し
により経営権が事実上、中国側に移った。山東省にあるガス絶縁開閉装置(GIS)の製造・販売会社で、
合弁相手の要請に応じた措置という。中国政府は電力設備などの社会インフラ機器の国産化戦略を
進めており、今後、同様なケースが増える可能性もある。

 これまで日本側の出資比率は56%だったが50%に変更、董事長も合弁先の山東魯能集団の
出身者になった。同合弁会社は日本AEパワーの連結子会社から持分法投資会社になった。

 総経理は引き続きAEパワー側から派遣し、今後は主に技術開発や品質などを担当する。中国で
変圧器や開閉装置など電力設備の入札資格は、地場企業が優先されるケースがほとんど。特に
送電最大手の国家電網が商談に強い影響力を持つ。

 中国では電圧110万ボルトの超高圧送電「UHV」の敷設が計画されている。今後、10―20年間で
約50カ所の変電所が新設される見通しで、特にGISなど大電流の遮断技術が欠かせない。中国側は
日本などからの技術移管を目指している。

 AEパワーは中国に3社の合弁があり、残りの2社は引き続きAEパワーが過半以上の出資で主導権
を握る予定。他社では東芝のGISの合弁(河南省)は設立当初から地元資本との折半出資。三菱電機
の合弁(河北省)は三菱が8割を出資しているが、今のところ資本構成の変更要請などはないという。
 AEパワーは日立製作所、富士電機ホールディングス、明電舎の3社が送変電機器事業を統合し
2001年に設立。10年3月期の売上高は約1100億円。現在の海外売上高比率は4割で中期的に
6割まで引き上げたい考え。中国の売上比率は13%程度。ただ海外は自社の戦略が実行しやすい
北米や東南アジアに力を入れる。


27 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 22:19:26 ID:GTJlGDqf
>それによると、日本は「休日」(0.424点)
休めばいいじゃん。研究は、成果だけが重要なんだから。
>「労働時間」(0.448点)
ああ、事務が多くて研究する時間が削られるのな、これは判る。
>「研究テーマの独立性」(0.567点)
好きなだけ競争的資金をとってくりゃいいじゃん。
>「上司や同僚からの 指導」
はぁ?全く意味不明。指導が要るなら、お前の存在価値がないだろ。学生で十分だ。


28 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 22:33:33 ID:pK7oZxdf
>Pension or retirement plan 0.341 

これが最大要因だろw

これ以下なのは借金だらけのイタリアとかスペインだけ。
先進国でこれだけ先行き不安ってあり得ねーよ。

中国でさえ0.455、トップクラスは0.7越えじゃねーか。


29 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 22:40:02 ID:pK7oZxdf
満足度

ヨーロッパポスドク > 日本の教授 >>> 日本のポスドク=日本の助教 バロスw

30 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 22:41:33 ID:i8fVjPCo
     |┃三          ζ:::ミミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      |┃            ζ::::::::::蓮舫r:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      |┃            {:::::::r`      ヽ::::::::::::::::::}
  ガラッ. |┃            {::::f          ヽ:::::::::::::::} 
      |┃  ノ//        ヽ:l'``‐- ,, ,,-‐"´` ヽ:::::::::/
      |┃三          l:|<@>   <@>  l::::/l  最下位でもいいじゃないですか。
      |┃             y    |       イ/ノ/ 
      |┃             l` /、__, )\ / レ_ノ  
      |┃三           ヽ { ___ }   l::/   
      |┃             入 ヽLLLLレ ノ  ,仆、   
      |┃            /  \ ""   / l  ヽ 
      |┃三        /      T''‐‐''´  /|   \



31 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 22:46:52 ID:QslX915c
技術立国を標榜してるくせに、技術者や科学者の評価、立場が低いってのは矛盾してるよな。

32 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 22:51:10 ID:G73GHOQo
にしても、2ちゃんのAA職人って凄いなw

33 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 22:51:15 ID:pK7oZxdf
ぶっちゃけ、給料安くても独立ポジションで定年位までは仕事があって、
年金もそこそこなら、かなり満足度が高いし、生産性が上がると思う。

むしろ、独立したポジションで職さえしっかり続けば、
給料は少し低めなくらいの方が研究に没頭していい成果を出す。

34 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 22:56:22 ID:tHhSHPIU




                  レンポー効果炸裂








35 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 23:26:57 ID:lvMgOxRd
中国が今後研究所を沢山建てて、外国人例えば日本人研究者を多数
それなりの厚遇で招いては好き勝手な無意味なことをさせる作戦にでたら、
日本の科学や技術の将来の芽を摘むことができるわけで。

36 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 23:32:55 ID:+23c5eo5
自分もある分野で研究してるけど
他国に比べて酷い状況だよ・・・
学振とってやっと海外の博士課程の並の学生以下www

現在海外逃亡計画中・・・

37 :名無しのひみつ:2010/06/24(木) 23:48:22 ID:cFFM8rTa
日本の労働環境は先進国らしからぬ異常なレベルで劣悪ってことは、
世界的にも既に何十年も前から知れ渡ってる事実。
この国の労働環境は狂ってる。
馬鹿の一つ覚えみたいにただ漠然と働け働け言う奴らは、
冗談抜きで精神異常者ばかり。

38 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 00:02:58 ID:+23c5eo5
研究の現場に今いるが、
なんでいままでこんな環境で
ノーベル賞やフィールズ賞受賞者が出てたか不思議なんだが?

39 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 00:11:00 ID:e4QAjekF
>>36
学振は給料も安いし、副業禁止になるし最悪だよな。
ないよりはマシだけど。

40 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 00:13:25 ID:55wqGxUD
>>3
1年経たない新政府のせいで満足度が低いんだ!
と考えるお前の脳みそが心配だ…。

学閥やら派閥やらで、自由度が極めて狭く、排他的なのが日本の現状。
特に労働環境は精神論や根性論が根強く残ってる。
労働省はもっと仕事しろ。

41 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 00:17:36 ID:/1li0uCd
海外へのばら撒きや中国人の留学生に使う予算を削って、日本人のために使え。

42 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 00:20:37 ID:TnDkNiof
7月から中国ビザが穏和されて
科学立国のまえに中国立国になりそうです

43 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 00:21:11 ID:/4vWm6IB
>>41
これは同意

留学生には返還しなくていい奨学金
日本人には返還義務のある奨学金とか・・・

せめて、日本人、留学生関係なく優秀な奴には返還しなくて
いい奨学金だしてやれよ・・・

44 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 00:21:52 ID:e4QAjekF
>>40
いや、アカデミックには学閥とかそんなにないとおもうけど…
まぁ他の分野のことはわからんが。

どちらかというと社会的な認知度の低さとか給与の低さの方が問題だと思うな。

45 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 00:25:23 ID:03Odb9BH
そらそうだ
この国で満足な研究がしたけりゃマゾになるしかない

46 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 00:38:32 ID:GEtggkTl
だって経営層や政治家が、
科学の利用>>科学の創造
なんだもん。そりゃ満足しないでしょ。

47 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 00:48:21 ID:60EhLR3X
元々日本の労働環境は劣悪な上、科学者への待遇は更に悪い。
だから優秀な人はどんどん海外に逃げる。

少なくとも20年前からこれは変ってない。
民主云々じゃなく(大体政権交代して一年も経ってない)日本の体質を変えないとだめ。

48 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 01:57:35 ID:j2/4sTTK
そんなに酷いんか?
毎日深夜まで仕事で土日無しとか?

49 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 02:13:21 ID:/4vWm6IB


まず博士課程に行くのが大博打な件について・・・


50 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 02:41:43 ID:5h8zN2e9
>>48

バイオ系は一年に土日含めて10日くらいしか休まず
研究室で寝泊りして一日15時間働き
最低限の給料しかもらえず新しい仕事を見つけるのが極めて困難なのに
一年から三年でかならず首になるきまりがあり教授からのハラスメントに抵抗する手段はなく
年収400くらいで・・・・・・・・・

51 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 02:53:48 ID:5h8zN2e9

日本人は大学院に進学すると、借金して授業料を払い、
卒業時に何百万もの借金を抱える。

加えてこの就職難。



一方、中韓人は授業料が免除され、

加えて月二十何万の生活費をもらえる。

もちろん、これらは日本人から徴収した税金から支払われる。

中韓人を定住させるため就職の斡旋も行われている。

日本の大学教員になるのも中韓人だと、
大学教員比率25%までの向上が数値目標に定められているので、超有利。

52 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 02:56:51 ID:5h8zN2e9
中韓人は大学教員に
日本人は50で示すフリーターのようなポスドクに

53 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 03:12:03 ID:/4vWm6IB
これからの日本って
ノーベル賞とか出ないんじゃ・・・
悲観しすぎかな・・・

54 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 03:21:59 ID:XTRIqyiH
もうさ、いい加減日本に幻滅してる、なにも期待できね。
ウゼー、日本の政治家、官僚、んで国民もね。 在日やヒトモドキ排除できずに
コーカシアンにあこがれてヘラヘラして、おめぇらマイケルかよ?

純正日本人として、NeoJapanを! Harakiri Kamikaze Shidou Musahi Kantana Samurai
そう Cool-Neo-Japan. Waken your sleeping sheep inside up! 忘れた精神をとりもどせ。

・・・・何故に英語を使うの?w

55 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 12:29:32 ID:JevHf0Uh
別口の収入のない大学院学生には全員、
生活保護費を出すぐらいのことをしても良いと思われるがな。
生活保護世帯だと月額20万円ぐらい税金から返済義務のない
お金が出るそうだが。

56 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 16:05:38 ID:dghSXrcK
日本にとって科学技術とはどんなものですか?って政治家に問いたださなきゃならん。

57 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 18:28:06 ID:78Um1lQE
短期的な利益を狙う政策しか頭にない奴しかいない状態じゃ
研究者育成なんていう損して得とるロングスパンの計画に賛成するわけがない

58 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 19:04:07 ID:xplxcbA/
科学者に限らずあらゆる分野で日本人の満足度は軒並み底辺でしょ
ネガティブな情報だけ垂れ流して縛ってる社会なんだから上がる訳ねー

59 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 19:16:17 ID:yuQKB8Lj
>>1
こんにちは

60 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 19:29:48 ID:DNpUdobn
優秀な人の足を引っ張り
底辺にあわせた国づくり

それが日本

61 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 22:46:16 ID:4Fv59+Ap
日本って土地がないから農業で自給できないし、
資源もないから石油もウランも鉄も自給できないし、
加工貿易の拠点も人件費の安い中国・台湾・インドとかにどんどん移っていくし、
中国人とかも自立して工場を自国の企業がどんどん吸収していくだろうし、
あとは技術開発力でしか生きていけないはずなんだけどな。

そういう国で科学者の満足度が最下位って、どういうつもりなんだろう。
自分では何も生産せずに、モノを右から左に回すだけで生活する国になるのかな。
なぜ日本円の価値が暴落しないのか不思議なぐらい。

62 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 22:48:54 ID:JevHf0Uh
国立大学の大学院に限定して修士課程は2年間、博士課程は3年間の
任期つき雇用として給金を国家公務員並みに国は支払うべきだろう。
そこまで無理でも学費など昔並みに戻して年額1万円とかにすれば?
私立への天下り利権と引き換えに、国立を私立並みに改悪しつづけて
来た政策はおかしい。国家としての戦略がない。
 とかく金銭計算だけで計ると、価格の付けられていない無料の資源
は無駄にされたり浪費されがちなのだ。経費が学費の何倍も税金から
支出されている一方で、その学生が学費代を稼ぐ為にアルバイト漬け
しなければならなくて、せっかくの税金の支出が空回りしている傾向
が強いのが現実では? そうして、企業も、これまで無給者で、新しい
仕事への物覚えが悪くなったような潰しの利きにくい人間を、待遇面で
大学新卒以上にとるのは躊躇う。片方で学卒で務めて5年間働いて
税金を納めてきた者と、趣味道楽の習い事してたのと変らない実効の
怪しいことをして来た者とでは同じ給料は出せないと思うものらしい。
学卒の若年者(あるいは高卒)程、低賃金で使えるのでうまみがあるのに、
その期間を省略してやってこられても採算に合いにくい。スカウトしたく
なるような何かを持っている場合しかお呼びではないという論理は
成立する。まして大学の設備は特別なところを除けば貧弱かオンボロ
なので、よほど企業の研究設備の方がマシだったりするので。

63 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 23:05:19 ID:4Fv59+Ap
企業の開発力ってお金はあっても革命的なものではないから、
大学や独法の研究力を強化しないと、中国やインドへ売れるほどの新技術は次々と生み出せないと思う。


64 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 23:07:17 ID:lcRtnTS+
ある職人の呟き
「おらあ、一度も仕事で満足したこたあねよ

 満足したら、それが俺のお終いよ」

65 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 00:05:44 ID:fNPZfIB2
さすがは日本。
より高みを目指し、常にハングリーに、既得権益をむさぼる団塊サヨクの教授陣を否定せよ!



66 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 01:21:30 ID:yA2Gfc0E
おまえらも口で「金くれねー金よこせー、ねえから研究出来ねー」とか言ってても仕方ないわけだがな
反面無能さのいいわけをしているに過ぎない

ベンチャーファンドを作るだの、何らかの形で民間なりから金を得るために動いているのか
そういう話があったとき自分なりに協力する気はあるのか
「基礎研究だからウチのはどうせだめ」「ケンキューがいそがしくてそんなもんには参加できまへーん」
ボケ曝しもいいとこと


大学関係だけでも仮に10万人として、委員会なりを作って検討すりゃいい
一人1万円だして10億で何らかの組織を作って、超優秀な売り込み要員を雇うなり、
巨大データベースを作るなり、啓蒙書を分業で書いて稼ぐなり、
「一切やりたかねえ」だろw んじゃしょうがねえわな実際

67 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 01:38:02 ID:qDdOTAc4
企業だのベンチャーだのにたかられる研究は現状から1歩か2歩程度しか先んじていない。
大学でやる研究は3歩以上先に進んでいないとやる価値がない。

68 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 02:28:04 ID:qVOSVNbc
それなりのドクターや研究者には、かわいい女の子の秘書や、サポートを
つければ、瞬時に満足度一位じゃね?さらに研究のモチベーションもあがる。
一石二鳥だろ。

会社経営では定石。

69 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 08:21:10 ID:m4lyCiOt
>>66
なるほどいいアイデアだ。
ぜひ、超優秀な売り込み要員になってくれないか?


70 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 14:08:59 ID:pBU6BgyE
どうでもいいが

生活保護の月収≧学振の月収

について・・・

71 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 16:30:35 ID:lr4fAVQ1
発明・発見の成果は、アジア共同体のために中国・韓国へ無償技術供与します。
日本は一番になる必要はありませんので、科学者は仕分けします!

科学よりも、子供手当て、高速道路無償化、公営事業の赤字垂れ流しで公務員(組合)
ウハウハの日本を作りますというのが、民主党の願い。

72 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 16:36:31 ID:re0Sle5B
民主党員の思想は在日チョンのそれと同じだから、そもそも日本のための政治じゃないのは当たり前。
その事実を知らないでコロッと騙されてる日本人が多いのもまた事実だしな。

73 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 16:54:48 ID:h+bwBOYu
政治家、企業の社長の殆どが文系の低能者だからな

鳩山は理系だから期待したのに…・あんな無能だったからな。。。。。

しかもレンホウみたいなスパイがいるから余計困る

74 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 17:17:19 ID:76TahjA8
日本も教育者と研究者を分離して研究に専念できる環境を提供しろよ。


75 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 17:22:00 ID:76TahjA8
学部生への教育は将来性のある院生でいいだろ。
研究者は研究していればいいんだよ。

76 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 17:23:35 ID:re0Sle5B
>>74の様な環境を求めて中国へ流れた奴を沢山知ってるよ。
その後のことは殆ど知らないけどねw

77 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 17:53:59 ID:RD7uyhdX
日本は真の実力があるやつは絶対に成功できない社会だもの

78 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 18:15:21 ID:hblFxBok
そりゃ、半公務員時代の抜け作教員たちの群れに、頭も切れて研究もできる奴が何人も入ってきたら、
のんびり教授室で新聞も読めなくなっちまうじゃないか。


自分は終身雇用で、研究は任期付の若手に考えさせて、実験させて、
論文は教授が取ると言うのがジャパンクオリティ。

基本的に教授食と言うのは、国からの税金で作ったはずの大学研究室の、大家みたいな仕事。
既得権益としちゃ、一番おいしい部類の仕事に入るよな。

反面、若手とかは自分の能力を吸い取られて養分にされる訳だから、不満がたまるし、
終身雇用でもないから、ボスに逆らったらすぐ首だし、将来は相当心配で、不満もたまって当然。

79 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 18:15:48 ID:dDO2Gxcv
つーか 科学者の満足度ってのは産業に直結している。

国内でも分野によっては高いでしょう。つまり、装置やら消耗品等
トップレベルの製品が内需品として入手できる分野は強く
輸入に頼っている分野はショボい。学術雑誌にしても
国内誌が世界的レベルならばプライドも育ち、欧米誌主体ならば
モチベーションも下がり、奴隷的な発想に陥る。

Natureはイギリスの出版業者なわけで、くれぐれもイギリス主義の
戦略に釣られないよう気をつけるべきです。
ま、Natureに載るとカッチョイイのは否定できませんがw

80 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 18:18:05 ID:9AoHDi6L
アメリカじゃ軍事が科学者の受け皿だったりするけど日本はそれがあまりないからな。

81 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 20:40:49 ID:yebEHs35
>>79
しかし不思議なのは
国力考えると サイエンス(米国)>>>ネーチャー(英国)
にならないとおかしいのに、実際は

ネーチャー(IF=34.3)>サイエンス(IF=29.7)

だよな。

82 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 21:20:50 ID:h+pd5jLR
日本の公的研究所の職員は屑が多いんだけど外国もそうゆうもんなの?


83 :名無しのひみつ:2010/06/27(日) 03:29:05 ID:lI0j2CQy
>>78
教授には資金集めという大事な仕事があるんだが…

>>79
世界的レベルの国内誌なんてあるの?

84 :名無しのひみつ:2010/06/27(日) 18:13:42 ID:uzUE2TAl
>>81
EUの人口5億人、アメリカの人口3億人

先進国のコミュニティとしてはヨーロッパが中心なのは否めない。
アメリカは途上国の出身者が成功を求めて流れ着くところ。

85 :名無しのひみつ:2010/06/27(日) 20:02:40 ID:x+ovYIOE
・海外の評価
    博士 > 修士 > 学士

・日本の評価
    修士 > 学士 > 博士


・・・日本おかしくね?

86 :名無しのひみつ:2010/06/28(月) 09:19:27 ID:kKeVqGP+
>>61
足りないのは、”低コストで生産できる耕地”
コスト競争力のない耕地も含めていいなら土地はあるよ

87 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 14:04:48 ID:14OnKrTl
>>50
さらに旧育英会の借金が平均500万くらい…

88 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 21:13:53 ID:O1Hvnxk/
<衣>
衣料:中国

<食>
農業:アメリカ・オーストラリア・ブラジル・カナダ
漁業:中国・インドネシア・ロシア

<住>
林業:アメリカ・カナダ・マレーシア・インドネシア
建設:中国・韓国・ブラジル

<治安維持>
軍隊:アメリカ

<工業製品>
開発:アメリカ
製造:中国・インド・台湾

<石油・金属・エネルギー>
採掘・加工:アメリカ・中近東・ロシア他

<医療>
新薬開発・製造:アメリカ
介護・看護:タイ・中国

販売・事務・金融・教育・医師:日本

これからの日本は、モノを輸入・販売する仕事と、日本語を使う仕事だけになりそうだ。
つまり「ものづくり」で海外に勝つことは、もう技術的にもコスト的にもできないし、
外国人に対するアドバンテージは日本語ができることだけ。

現状では海外の工場から日本の本社が利益を吸い上げてるから貿易赤字になってないけど、
これから貿易赤字が毎年20兆円ぐらいずつ積み上がって、50年で国家が破綻。

89 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 21:16:21 ID:C+RDaI/x
>>85
これはガチでおかしい。
留学生の知り合いはなんで日本の博士って
評価されないのってきかれたwww

90 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 21:27:24 ID:ZkgLk/ap
50年ももたないだろ

91 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 22:05:15 ID:eIj7YDK+
>>38
昔は理学部の先生なんて学部の講義を週一回くらいとセミナーを一回くらいすれば
あとは自分の研究をしていられた
物理なんかだと俺はえらいんだって周りを政治的に圧倒し,それすらやらずに世界を
飛び回ってた人がいると思う
教養部ってのがあって教育は教養部の先生の仕事って感じで押し付けてた(が,教養部
にたまたま就職しちゃっただけで偉い人もいた)
いまは教養部はなくなって大学も大綱化とかになって,理学部的な基礎科学の研究をできる
場所が非常に少なくなっている.大学院重点化によって院生が増えたのに先生は増えてない.
助手まで准教授とかに読み替えて凌いでるが,おかげで若手は学位とっても就職なんて
すぐにできないのが当たり前になっている
院生の供給過多,ポストの減少,不況で国立も私立も人は一人でも減らしたい.
ちょうど改組がバブル末期に計画されたこともあって仕様が大きすぎる.
しかし小さくしようなどと口が裂けても言えない.お取り潰しになっちゃうから何とか
体面を保つようなことばかりしてきた.トップ30とかグローバル何とか etc etc.
で,ここからが本題だけど,
バブルは悪かったかも知れないがその後日本だけ10年もデフレやってるのはなぜだ?
ってこと.
デフレである限り税収は増えず科学への投資も増えない.
デフレは物価が下がる分新規事業の投資が回収しにくい「実質金利高」.
そしてこれは,日銀が日銀券を増やしてないことが原因.日本だけがここ10年通貨供給を
絞ってるので,新たな価値におカネがついてこない.
何をしても日銀様に対してのタダ働きを献上することになっている.
こういうマクロ経済の視点を持たないと,日本の科学技術の立場は今後もよくなることは
ないだろう.
日銀でカネをどれだけ出すかって金融政策は,東大の経済学部卒でさえなく,法卒どもど素人がきめている.
免許なしで飛行機を操縦させてるようなもので傾いた姿勢を直せず墜落中って感じ.
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/eco/1277608880/
日銀はなぜデフレ政策を堅持するのか?38


92 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 22:08:40 ID:eIj7YDK+

経済の本丸は国会でしょうか?違います,おカネを刷る日銀です
この日銀がバブルを作りもし,その後批判されたのでお金刷らない攻撃で日本をデフレにして
苦しめているのです.判断ミスは10年以上で数百兆と考えられ,それだけ国民が
タダ働きしてると言っていいでしょう
円を刷らないので円高になり輸出も苦しくなる一方です.
お金はかつて経済の潤滑油とよばれたもの.水道にたとえたお話を貼るのでどうぞご一読を.
(残念ながら日銀のマスコミや政治家への根回しのため,日銀叩きが世論にならないのが現状です)

「日銀はなぜデフレ政策を堅持するのか?」テンプレより
あるとき水道管がこわれ水浸しになり,住民が電話すると水道局(日銀)は町中断水にした
なぜか水が来ないので溜め込むのが町じゅうのブーム
政府は証文を沢山出して水を借り,給水車(公共事業)で配ったが何年たっても水道が出ない
給水車が来る所は決まってて不公平だと給水車を仕分けたら死人が急増
みんな水を求め体でも売りますなのに,政府は体から絞って返そうと言い出した(消費税)
じつは洪水後,水道局は天下り先にだけ水源の水を流して(銀行,短資会社)
水は誰も飲みたがっていないとか,貯めた水を飲めとか,流すとまた洪水になると言ってサボってる
水道局が水を流せば政府の証文も増えなかったし廃止していい位
大事にされた水に海外の注文もきて住民は飲めなくなる一方 これが今の日銀デフレ
http://wiki.livedoor.jp/sunrise2010/d/%C6%FC%B6%E4%A4%CF%A4%CA%A4%BC%A5%C7%A5%D5%A5%EC%C0%AF%BA%F6%A4%F2%B7%F8%BB%FD%A4%B9%A4%EB%A4%CE%A4%AB%A1%A9%A5%C6%A5%F3%A5%D7%A5%EC%C3%D6%A4%AD%BE%EC#Message-complete

93 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 22:20:24 ID:eIj7YDK+
驚くべきことに,日銀は通貨の量とインフレデフレは関係ないと言い張ってきた.
これはマクロ経済学の標準的理論である貨幣数量説を否定するものである.
そして,日本がデフレなのは国民の努力が足りないからというに等しい言葉で
のらりくらり責任を回避している
日本のマクロ経済学者は東大出身だったり若い頃日銀の研究員だったり批判すると
就職昇進に差し支えたりなので日銀を基本的に批判しない
日銀は批判的論説を書く人間を脅しまがいでだまらせてるって証言もある
(↑のURLにある「田中秀臣著 デフレ不況ーニホン銀行の大罪」にあるとおり)
要するにデフレでなくなるまで(50兆程度でいいらしい)刷ってしまえばいいものを,これまでの罪が
明るみにならないように最近は池上彰も抱き込んで広報誌に日銀の解説を書いたり
テレビでも絶対日銀を批判しないで今あるカネで何とかしろと宣伝中
池上のみならずこれまでマスコミも批判してこなかったが日銀は融資先をすべて知りうる立場に
あるというバイアスを無視できないだろう
日銀は現代日本の大本営と見るのが一番わかりやすい 
本来政治家がコントロールすべきなのだがご存知のとおりで馬鹿ばかり
日銀は民主主義が届かないところで「何もしない(日銀券を増やさない)」攻撃をすることで
日本を崩壊の危機に導いている

94 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 22:32:05 ID:eIj7YDK+
日銀は,右(保守)の方々にとっては円高デフレで日本企業を滅ぼす売国奴.
また,左の方々にとっては,労働者を奴隷扱いする資本の元締め

日銀は,左右共通の敵と言えましょう
金銭経済に暮らす限り,日銀を敵とすることこそ目下の課題です
左右の路線対立の色々も,お金がなければはじまりません
お金がなくても世の中がまわるってのは1億もの人が暮らす国では幻想です
そんな幻想を日銀が抱いているからこの国がおかしくなっているのです
法律により,経済成長率(=給料増)と失業率の改善を中央銀行(日銀)の責任とし,
それができない総裁(白川)はクビというのが,世界の普通のやり方です
しかし橋本龍太郎内閣が法改正してから,日銀総裁は総理大臣でもクビにできません
たとえ狂人とわかっても5年間クビにできないのです
これにより,お金を刷らない「何もしない」攻撃というワザが使えて,日銀は内閣を
次々と倒してきたと言えましょう
お金を刷るとインフレになると日銀はすぐ言いますが,インフレになれば給料も上がり,
なにより失業率が下がって犯罪抑止にもつながります.
現在のようなデフレでは,新しい事業も成功は見込めず,日本はジリ貧になって
老後もあやしくなるというものです.
若者に活躍の機会を保証できるのも,お金が回ればこそです.デフレで物価が下がるのは,
回りまわって,労働者研究者の給料が下がることです.
政治家がバカなのはいつものことですが,日銀を話題にして広めて,
日銀法を再改正することでしか,世の中は変わりません
100兆ものお金を自由にできるのは日銀しかないからです  オーダー(数字の桁)の問題です

95 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 22:35:31 ID:b1UTLfu1
板違いはお帰り下さい

96 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 22:36:33 ID:eIj7YDK+
板違いじゃないだろ
経済が上手く回ってなくて科学なんかに投資が増えると思うか?

97 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 22:55:55 ID:lCH9MGFR
でも独立行政法人に就職した科学者は大満足してると思うぞ(笑)

98 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 22:56:10 ID:zWLpQf6E
ぶっちゃけ自民だろうが民主だろうが
金のある所にだけ金が行って無い所には全く行かない
さらにどっちに転んでも生涯年収が文系より減る。
概ねそんな感じで研究職になるメリットが全くない
だから日本では理系、
しかもよりによって博士課程に進学するのは馬鹿か基地外がやる事で
優れた人材のやるべき事ではない

99 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 23:11:45 ID:oYyOPrhO
>>1
守銭奴共が、のさばっているせい!!

100 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 23:15:32 ID:eIj7YDK+
イノベーションも下手にやるとデフレ要因になる
世間に存在するカネの量が一定なら,カッコいいこと言ってどっかに
集めれば他が貧しくなって当たり前
健全な金融政策は社会の進歩のためにも欠かせない

101 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 13:50:42 ID:J96TS0XW
>>91
助手相当なのは助教で、准教授は以前の助教授だろ

助教授を止めて准教授にしたのは、英訳したときに
不釣合いな意味になるからじゃなかったかな

102 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 14:16:24 ID:2xdn6VjQ
だから助手=助教の数が減ったってこと言ってるんだよ
名前の件はそのとおり

103 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 18:02:14 ID:IgiduReN
>>100
イノベーションを起こした科学者がなぜか使い捨てられる国なんだよ。
「300億の価値がある」とかテキトーなこと言っておいて、実際には「8億で十分だろ」と平気で97%も値切る国。


104 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 18:28:56 ID:2xdn6VjQ
ファインマンが書いてたように,1000年単位で後世から見れば今の時代は自然界の法則が
一挙に解明された画期的な時代ってことになるはず
投資する先はいくらでもある状態
なのに文系が目利きができず理系は経済に疎い
その上経済の大本営は日銀も財務も東大法卒で手続きさえ守れば一生損をしない人々
日本の科学者の問題は大学や研究機関だけを見ていても解決しない
経済が上向かなければ日本は開発した技術を切り売りしながら衰退するしかないし
そうなったら理系も安泰ということはない
しかし現在日本にある科学も技術も失うには誠に惜しい人類の財産であると思う


105 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 19:44:52 ID:7+LMVljM
科学者が満足したら進歩は止まる。ハングリー精神で前進するにはいい環境。


106 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 20:34:28 ID:FepuITVA
>>105
だいたいなんも知らない奴に限って、
こうゆう事を言う。

107 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 21:32:48 ID:J96TS0XW
>105
・多数の人が取り組みたくなるような十分な見返りがある
・ぬるま湯ではない環境

必要なのは両方。前者が乏しく後者だけがあっても無意味。

後者だけしかない場合は、見返りがあろうがなかろうが
最初からその進路しか頭にないような少数の人間しか取り組まない。
それでは層が薄すぎる

108 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 23:14:06 ID:V+mLlq2M
研究者の満足度の高い国ってヨーロッパの人口の少ない国ばっかりじゃんw
そういうところは国家予算からあぶれた研究者をアメリカに吸収させているから国内がゆったりしているように見えるだけじゃないの?
ポスドクを騙してドミニカとかに棄民すればきっと日本も・・・。

109 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 23:18:43 ID:V+mLlq2M
>>101 英訳というか実際に向こうの仕組み入れたんでしょ?

助教授=教授の奴隷だが会社で言えば正社員
准教授=一人前扱いだが会社で言えば派遣

110 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 23:24:15 ID:V+mLlq2M
>>98 確かに向こうの理系って初任給で60万円くらい貰ったりするけど5年間とか契約期間が来ると殆どクビだよ、円満な契約完了扱いで。
会社都合でクビ切るのが問題視されているのは日本くらい、とりわけ高給取りに関して言えば。

111 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 23:31:03 ID:V+mLlq2M
>>75 明らかな誤り。研究職と教授職を明確に分けるのが本筋。
ポストも少なく成功報酬制の研究職と安定収入が週20コマ持たされる教授職に。
金貰ってあれもこれもはやっぱり無理があると思う。

112 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 23:31:04 ID:2xdn6VjQ
>>108
人口が少ないから学者が政府とツーカーで不満があれば直接言えるってのは
あるかもね
しかしあぶれたらアメリカに行くってのは逆かも
分野によるだろうけど,アメリカに修行にいって上手く行けばそのまま居つくほうが
待遇は実際にはよさそうな気もする
#ポスドクをドミニカに棄てるなよw

>>109
准教授が派遣かどうかは,任期がついてるかどうかが大きいような.
ボスの声が大きい分野では,任期なしでも事実上追い出したい時に追い出すんだろうけどね.
ポストが周辺にあるかとか(無くて追い出すのは労働協約とかで今の方がやばいだろう),それも
社会全体のデフレ環境のなかでは困難になりつつあると思うが

113 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 23:34:15 ID:V+mLlq2M
>>112 でもアメリカでPhDが大学の構内で銃乱射とかしてるのって結局その話でしょ?
早晩日本も元院生ではなく准教授がトイレに潜んだりするようになるような気が(ry

114 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 23:40:33 ID:V+mLlq2M
>>112 >しかしあぶれたらアメリカに行くってのは逆かも

あぶれるって言っても国家的プロジェクトからって意味です、「国家予算から」と書いたのは。念のため。

115 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 23:45:40 ID:V+mLlq2M
>>85 そりゃ会社の社員採用試験の時だけw 契約の形式や実態まで考えたら海外で博士雇うのは日本で言えば外注請負契約するに等しいはず。大変だと思うよぉ。

116 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 23:49:55 ID:V+mLlq2M
つまり正社員採用試験における>>85の言う

>・日本の評価
>    修士 > 学士 > 博士

 の博士っていうのは、既に事業に失敗した社長が家族を養うために中途でどっかに就職するのと同じ扱いってこと。

117 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 23:52:36 ID:V+mLlq2M
>>89 セイシャインになろうとするから。コントラクタではなく。

118 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 23:57:32 ID:lWlIlBQM
ところでこれまともに答えてるの日本だけじゃね?

中韓までもが日本より良い環境なんてありえねぇw
奴らの国でそういう不満を少しでも漏らせば非国民扱いで奴隷以下だぞ。

119 :名無しのひみつ:2010/07/01(木) 00:19:19 ID:V3fC61f1
結局自分の首絞めてるよなぁー
もうこんなん20年くらいやってんだぜ。
そりゃ国もダメになるわ。

120 :名無しのひみつ:2010/07/01(木) 07:10:39 ID:CoWbQouT
>>118
中国の科学者は超エリートで超金持ちばかりだぞ
韓国なんかは日本人を楽々ヘッドハンティング出来るほど環境がいい

121 :名無しのひみつ:2010/07/01(木) 08:39:14 ID:wFwi1qLt
日本でポスドクしてた中国人女性が母国で母校の助教授になってた。
スゴイ数の学生に囲まれて結構威張ってた。旦那さんが教授をしている。
業績は俺よりはるかに少ない。

122 :名無しのひみつ:2010/07/01(木) 10:36:44 ID:eG/twf+g
中国留学生いわく、
博士持ちは国が仕事を用意してくれて、
色んな料金が安くなるそうな(家の賃貸料、電車、等)
日本の博士って勉強、実験めちゃめちゃしてるのに
報われないなwwwだってさ・・・
本当かどうか知らんが。

123 :名無しのひみつ:2010/07/01(木) 14:44:10 ID:Yx5XP18d
「 国債や社債を日銀が市場から買うことで,対価としてお札が世の中に出る.
日銀がこれを積極的にしないのでお札が希少価値となり物価も労働の価値も下がった(デフレ).

会社が借金してまで投資しないデフレ実質金利高では,銀行にある金も
運用先がないので,国が借金しないとおカネが世の中に出回らない.
これが10年以上続いた結果財政赤字が信じられないくらい増えた.」

こんだけのこと.
日銀が自分から積極的におカネを出す努力をすべき.アメリカのように,市場にある
債権や資産を何でも買えばいいし,円高なんだから外債を沢山買って円安にしてもいい.
今はあまり買ってない長期国債を沢山買ってもいい.

要するに日銀が無能なだけの国内問題で,バカだねえ頑張ってねってのが
海外の日本への評価.ハッキリ言って中央銀行がここまで無能な国は他にない.
新たな価値に対価を出さないという,日本経済の総本山が貨幣経済を否定してるに等しい.
お陰で給料は下がるわ円高で工場は海外にでてっちゃうわ...愚かなりorz
それで博士も行き場がなくなるんだよ

124 :名無しのひみつ:2010/07/01(木) 17:16:58 ID:V/zkI/x5
研究費仕分けして、子供やジジババの福祉に配ってるからな。
国内経済で総需要を増やすなら、下記スレは一読の価値あり。
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/eco/1277838281/325

125 :名無しのひみつ :2010/07/19(月) 09:51:59 ID:SOfPjzOB
中国はコネがないとダメだろ。

126 :名無しのひみつ:2010/07/24(土) 20:03:12 ID:7m4fn9f/
文科省の役人はマジでちんかす

127 :名無しのひみつ:2010/07/24(土) 21:50:18 ID:j0dfkEY1
ナチューレで最下位
日本人は馬鹿なのに足の引っ張り合いが得意だからな(w


128 :名無しのひみつ:2010/07/25(日) 02:21:29 ID:QL97YyrV
旧帝大にいまだはびこる講座制が諸悪の根源

129 :名無しのひみつ:2010/07/25(日) 02:34:12 ID:XmkCZcCA
しかし優秀

130 :名無しのひみつ:2010/07/25(日) 02:56:41 ID:QriylmcY
>>128
お子様独立准教授のポスドク募集に応じて酷い目にあった。
いまは無職。

131 :名無しのひみつ:2010/07/25(日) 03:19:05 ID:zqz8byK2
>>85, 89
そりゃ日本は給与体系が年齢給・年功序列前提だからでしょ。
博士課程に行かなかった同期も現場で揉まれて実務経験積んでる分、博士持ちは入社4-6年目の彼らが持ってるものと同等以上の付加価値がないと単に割高。
と、一般的には説明されてる。

132 :名無しのひみつ:2010/07/25(日) 04:41:01 ID:pLREAiho
Ren4

133 :名無しのひみつ:2010/07/25(日) 07:20:25 ID:7ouFBfGE
日本の科学とは

研究者が発明・発見し
技術者が製品化し
文系経営陣が利益を搾取し
官僚が無駄使いをして
政治家が外国に垂れ流す


134 :名無しのひみつ:2010/07/25(日) 07:54:45 ID:gYTP8X50
>>7
奴隷だよ。もしかしたら、奴隷未満かもしれない。若手研究者は。

「1年限り」とか、「最長3年」といった雇用で研究に従事して、その期間に成果が得られなかったら、もう次のポストがない。
大抵博士を取った段階で28歳くらい、それから3年くらい働いたとして31。企業はもうとってくれない。
大学や研究機関でも、35を超えたあたりから、もう採用は難しくなる。

行き場がない→自殺。このパターンがなんと多いことか。
つくばにある、産業技術総合研究所とか見てみなよ。自殺者No1だぜ?
若手研究者はただの使い捨てのコマ。期限がきたら自分で首を吊ってくれる。
墓場のような雰囲気の漂う研究所。そんな所で働く「科学者」が、自分のことを奴隷だというのは
妥当な感想だとおもうぜ。

135 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 14:45:52 ID:TZ9aACab
>>110, 98
独法の研究者でおいしい思いをしているのは40代以上のバブル世代とか団塊世代。30代、20代は劣悪な待遇。
初任給で月60万ももらえるのはごく少数だし、どんなに優秀であっても月30万円で2年契約(更新なし)というのも珍しくない。
ちなみにボーナスはゼロで退職金もなしが普通。
任期5年は長い方。たいてい2,3年。一年以下というのもある。

ららに、そういうポストにすらつけないでバイトみたいな研究雑用を月10万円とかで学位とった若手がやっていたりするケースもある。

素晴らしい業績をのこしても仕分けとかで予算を削られたらまっさきに若手がクビ。任期制なのでクビにしやすい。
上の世代のしわ寄せが20代、30代に集中するのは、民間企業や大学とかと同じ。

136 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 18:56:46 ID:9MNyUGuQ
独法の研究員の給料は安い。
初任給で60万円ってどこの独法だ?
正職員なら俸給表で決まる。

137 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 06:58:06 ID:+WlYdAsC

魚雷の起爆装置の開発をしていた科学者

http://akiba.geocities.jp/pxzuwp/0204/42/282.html

その人物は、アインシュタインだが、日本の影響下にあった。

138 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 07:25:23 ID:nNU3LNuJ
科学者=公務員になれなかった負け犬

139 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 09:47:37 ID:wV2iZzAo
大筋、稚拙な評論家を寄せ集めたマスコミのせいだね

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)