5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【生体工学】再生肺移植、ラット実験で初成功

1 :主夫16号φ ★:2010/06/25(金) 19:44:09 ID:??? ?2BP(13)
再生肺移植、ラット実験で初成功

Ker Than
for National Geographic News
June 25, 2010

史上初めて、正常に機能する再生肺の作成と、生きた動物への移植が成功した。医用生体工学分野
における画期的成功であり、将来は人体への応用も期待できるという。

現在、治療の見込みがない成人の肺を取り替える方法はドナーからの肺移植だけで、移植後に拒絶
反応を起こすリスクが高い。

今回の研究では生きたラットの肺を摘出した後、肺細胞と血管を洗浄剤で分離し、肺の基本構造だけ
を残したという。

柔軟なタンパク質や糖類などの化学物質からなる肺の“骨組み”は、気管から末端の肺胞まで20回以
上も細かく枝分かれしている。

肺細胞を除去した肺はその後、ラットの胎児から抽出したさまざまな肺細胞を含む“スラリー”(懸濁液)
で満たされたバイオリアクターと呼ぶ装置に入れられた。

胎児細胞は数日のうちに肺の基本構造へ自然に定着し、正常に機能する肺が形成されたという。

アメリカのイェール大学で医用生体工学に携わる研究チームのリーダー、ローラ・ニクラソン
(Laura Niklason)氏は、「ほとんどの細胞が適切な解剖学的部位に定着した。まるで、“郵便番号”が付
いているかのようだ」と解説する。

この再生肺を成体ラットに45分から2時間という短い時間だけ移植してみたところ、通常の肺と同じよう
に酸素と二酸化炭素のガス交換が行われたという。

研究チームは自然の肺の基本構造を利用して、肺再生医療の最大の難関だった、肺細胞が定着する
“土台”の作成を不要にした。

自然が生み出す複雑な構造は最新技術でも再現できずに失敗が繰り返されてきた。ニクラソン氏も
人工土台の作成を数年にわたり試みたが、「極めて難しく、おそらく誰がやっても実現しない」という結論
に至ったという。

マサチューセッツ州ケンブリッジにあるドレイパー研究所の医用生体工学者ジョエル・ボレンスタイン
(Joel Borenstein)氏は、今回の研究を受けて次のように話す。「肺再生医療の道が大きく開けた。
これまでの骨や軟骨の再生など、肺に比べれば子どもの遊びのようなものだ」。

マウスで成功したこの技術は、20〜25年先に人体へ応用できるようになるとニクラソン氏は推測する。
技術的にも科学的にもいくつかの課題が残されているからだ。

とりわけ重要な課題は、あらゆる細胞に分化できる幹細胞を患者から取り出す方法の開発である。実現
すれば免疫拒絶反応のリスクがゼロになるが、いまのところその方法は存在しない。ニクラソン氏は
幹細胞の問題について、「科学が直面する非常に根本的で大きなハードルだ」とコメントしている。

この研究成果は「Science」誌オンライン版で6月24日に公開された。

ソース: ナショナルジオグラフィック
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100625001&expand
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/bigphotos/images/rat-artificial-lungs-created_22310_big.jpg

2 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 19:47:28 ID:OIlmrNG0
俺に多少の金があったなら、
東南アジアで スペアパーツ用のクローン君を養うんだが…

3 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 19:55:18 ID:0VIVzvs0
スゲェ!!

4 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 19:59:50 ID:fGTUZFyr
A→B→Cまでの画像が見たい

5 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 20:00:22 ID:80HLH7Jm
画像に出てないのA、B、Cは何??

6 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 20:01:51 ID:uWMbygJ4
で、誰が患者のための“骨組み”を供給するのよ?

7 :主夫16号φ ★:2010/06/25(金) 20:03:52 ID:???
>>4

「Science」誌オンライン版で6月24日に公開された下記ページに動画がありますので、ご参照
ください。

http://news.sciencemag.org/sciencenow/2010/06/rats-breathe-with-lab-grown-lung.html

8 :七つの海の名無しさん:2010/06/25(金) 20:06:54 ID:4HBZU2TU
>>2
子供手当貰いながらの商売だな

9 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 20:07:40 ID:zRRlxbEm
>>6
心情的には「誰」だけど、法的には「何」という存在じゃない?



たぶん「新鮮な死体」が供給源だよ。

10 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 20:08:35 ID:Btu78C1C
ウソくせえ

11 :名無しのひみつ:2010/06/25(金) 20:13:56 ID:W14DZB8g
肺をとられるのはイヤだから
ヤニで真っ黒にしておこう

12 :銀狼怪奇ファイル:2010/06/25(金) 20:37:42 ID:fq4ialP6
丁度いい

死刑待ちのゴミ屑を再利用して合理的に罪を償わせましょう^^

13 :名無しのひみつ:2010/06/26(土) 19:29:43 ID:aqq1rrPC
ローラ先生すごい

14 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 19:18:17 ID:XaOgkXY/
>>11
コラーゲンとかの骨組みにしちまうんなら関係ないんじゃね?

15 :名無しのひみつ:2010/06/29(火) 21:10:23 ID:RgDT0KD+
甥っ子が肺に重度の障害があって体が成長するとまずいことになる状態だから
こういう話が出てくると嬉しい

16 :名無しのひみつ:2010/06/30(水) 19:25:08 ID:mrbOFZD6
>アメリカのイェール大学で医用生体工学に携わる研究チームのリーダー、ローラ・ニクラソン 
>(Laura Niklason)氏は、「ほとんどの細胞が適切な解剖学的部位に定着した。まるで、“郵便番号”が付 
>いているかのようだ」と解説する。 

この話が、さらに発展した感じだな。

【医学】患者自身の幹細胞を使用して作られた気管支移植に成功/欧州医療チーム[11/20]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1227188918/l50
チームはまず、51歳のドナーの遺体から取り出した気管を高度な技術で洗浄し、表面の 
細胞などを除去して「骨格」だけの状態にした。次に、カスティージョさんの骨ずいから 
採取した幹細胞を培養して気管支の構造の基礎となる軟骨細胞や上皮細胞を生成。 
それらを骨格だけになった気管の表面でさらに培養し、気管支を再生した。 


肺全体の移植が実用化するのも、そう遠い先の話じゃなさそうだ。


6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)