5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【生物】ほぼノーミス「天才ラット」誕生 東海大、30年かけ

1 :TOY_BOx@みそしるφ ★:2010/07/28(水) 11:23:13 ID:???
賢いラットを実験で選び出し、95世代かけ合わせて、「天才ラット」を誕生させた。
東海大学が30年がかりで育てた。普通のラットは学習能力の実験で360回中、
多い時は8割以上失敗するが、「天才」はほぼノーミス。
殺虫剤や農薬など化学物質が学習能力に与える影響などを調べる実験に役立ちそうだ。

「天才」は、30秒ごとにレバーを押さないと軽い電気ショックを受ける実験で、
学習能力の高かった個体同士を繰り返し、交配してつくった。
「賢さ」が安定するまで約20年かかったという。

天才ぶりはこの実験で実証済みだ。普通のラットは、毎日30分、
レバーの押し方を教えても、360回のうち100〜300回は失敗する。
一方、「天才」は360回中、失敗は平均で5回ほど。

水の中を泳いでゴールを探す記憶力の実験などでも、一貫して好成績を出すという。

「天才」を使えば、化学物質の影響が効率的に調べられると期待される。
化学物質を与えて失敗が増えれば、学習能力に影響があったと判定できるからだ。
普通のラットは1匹ごとに知能の差が大きく、数十〜数百匹で実験しないと影響が分からない。
一方、「天才」は学習能力に悪影響があれば、失敗がはっきり増えるので、
少ない数で影響が分かるという。

子どももほぼ例外なく、「天才」なので、妊娠中の親に化学物質を与えて、
生まれた子どもの能力を調べれば、胎児への影響も調べられるという。
シックハウス症候群を起こすホルムアルデヒドを親が取り込むと、
子どもは成長してから学習能力や平衡感覚が落ちることが分かったという。

東海大の渡辺哲教授(公衆衛生学)は、研究機関やメーカーに共同研究を呼びかけている。

ラット:野生のドブネズミから生まれた。成長すると、
    大きいものは体重500グラムを超える。大きく、生きたまま観察しやすいため、
    薬の実験などに使われる。
    体重が10分の1ほどのマウス(ハツカネズミ)は、遺伝子の研究など幅広い実験に使われる。

【画像】
電気ショックを避けようと、左前脚でレバーを押す「天才ラット」
 http://www.asahicom.jp/science/update/0728/images/TKY201007270593.jpg
周りの様子を探る天才ラット=東海大学
 http://www.asahicom.jp/science/update/0728/images/TKY201007270592.jpg

▽記事引用元 : asahi.com 2010年7月28日3時0分
 http://www.asahi.com/science/update/0727/TKY201007270578.html

*依頼ありました http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1279204460/98

2 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 11:24:13 ID:71AtEBOq
こいつが人類に復讐する映画ですか

3 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 11:29:42 ID:qIpkR2Si
アルジャーノンに勝てますか?

4 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 11:33:29 ID:jNJObu1A
アルジャーノンてらこわすw

5 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 11:34:13 ID:tS8fgmqg
>>東海大の渡辺哲教授(公衆衛生学)

なんで、公衆衛生なの?

6 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 11:37:51 ID:c0uwJiLa
のちのバイオニックソルジャーである。

7 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 11:39:47 ID:egHGCjkM
そんなに頭のよいラットなら、飼ってみたい。

8 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 11:45:43 ID:qIpkR2Si
これの凄いところは当人じゃない、当ネズミだけでなく、子もほとんど天才だと言うところだな。
にわかには信じがたい所だが。競馬のトップ種牡馬だってそう簡単にいかんのに。

それはさておき、実際ペットとして売ったら宣伝次第で結構売れると思う。
なんだかんだ言って頭がいい動物ってのは、それだけで好かれる理由になるからな。

9 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 11:47:33 ID:/cC9telr
先祖代々電気で虐待されたニダ
謝罪と賠償を要求する

10 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 11:52:10 ID:oMdsEhgf
ベン

11 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:00:19 ID:D1g/U9C/
>>8
ライフサイクルと出生が馬と鼠では違い過ぎる。
おおざっぱな計算では、馬の場合300年以上かかるかと思われ。

12 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:02:44 ID:8/arMPw0
逃げ出して大繁殖→さらなる進化を遂げて人間を駆逐
この流れか

13 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:06:46 ID:kqXwAekG
>>8
馬ってレースの成績で優秀かどうか見てるとこがあると思うんだけど
馬場だったりレース展開だったりが味方しての勝利だったりすることが多々なので
実際の強さがあったとしても成績とはイコールになりにくそう

14 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:07:34 ID:qIpkR2Si
>>11
何が言いたいのかよくわからないが、それが俺の話に対しそれほど意味があるとも思えないが、
競馬は300年以上の歴史があるんだが。


15 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:09:30 ID:rUvwa2pH
>>8>>11
サラブレッドの三大始祖が1700年前後
それからちょうど300年たってるな

16 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:12:01 ID:rUvwa2pH
現代のサラブレッドは三大始祖から20世代前後だね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%A4%A7%E5%A7%8B%E7%A5%96


17 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:15:19 ID:D/iT1ZFn
>>11
競馬は300年の選別交配の結果、1`を1分程度で走る
スーパーホースが当たり前になった。
トップに2〜3秒も遅れる奴はレースに勝てないから駄馬扱いだが
サラブレッド以外と比べればスーパーホースには違いない。

18 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:16:25 ID:ZfK38AOt
知性化戦争か・・・

19 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:20:44 ID:qIpkR2Si
別に競馬は三大が最初じゃない。実際にはそれよりずっと以前から選別されてるけどね、
最初は今の皿系じゃなかったしな。
なんつうか、安定するところが凄いんであって、少し見る位置が違うと思うんだがね。
じゃあ馬が安定しないのはなぜか、ってなら、分かりもするが。

20 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:23:23 ID:D/iT1ZFn
17を読んでて19ならこいつアホだなーって思う

21 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:26:02 ID:qIpkR2Si
17を見ずに書いたが、それでも19は直さずに書いたと思う、文意がまるで分かってないな。

22 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:34:45 ID:7s6zxcPM
DQNの繁殖力の強さを考えると将来は暗いな。

23 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:38:16 ID:D/iT1ZFn
それはお前にとって暗いだけでお前がDQNと呼ぶ生き物にとっては明るい未来だ
ものごとを相対的に考えられない奴はアホだなーって思う

24 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:59:13 ID:S8oxg8dm
>>22
負の拡大再生産か

25 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 12:59:37 ID:X4raGKJY
>>19
ん、だから>>17には、馬も(元々と比べて)安定して高性能じゃん?って言いたいんでしょ。
まあ俺は競馬には詳しくなくて、いまだに300年以上前レベルの駄馬が生まれることがあるのかもしれないから、
どっちが正しいのかはわかりませんが。

>>23
DQNでも世がDQNだらけになると困るだろw
真面目な人物から搾取することで生きているんだから。
まあ繁殖力の強いブラックバスが池の魚を食い尽くして餌がなくなって結局全滅するようなもんだな。


26 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 13:09:07 ID:AmOsV0if
記者 今後どこまで知能が向上するのでしょうか
教授 理論上の限界はないが、クジラの手前でやめておくよ
大衆 HAHAHA

27 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 13:10:16 ID:D/iT1ZFn
だから困るのはお前であってDQNじゃない
DQNだらけになって日本が崩壊するという証明もなしに
ただただ暗いとか全滅するぞとか

もう本気でアホだなーって思う

28 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 13:19:28 ID:qIpkR2Si
そこでナチス優生学ですよw

29 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 13:29:35 ID:D/iT1ZFn
>>28
おい、25が噛み砕いた説明で「(サラブレッドが)安定しない」とかいう
アホな思い込みを訂正する気になったか?

30 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 13:37:41 ID:gMw9L5/g
>>27
俺はおまえみたいなのを見るとアホだなーって思うけどな

31 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 13:39:05 ID:D/iT1ZFn
ID:qIpkR2Siは逃げちゃったようなんで、俺がまとめておく。

たとえばウマを使って「薬剤の影響によって走力がどれだけ落ちるか」という
実験を試みるとすると、サラブレッドを使えば少ない頭数で信頼に足る実験が
できる。他の、農耕馬やら野生のシマウマを少頭数使って信頼に足る実験は
できない。そういうことだ。

32 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 13:40:08 ID:D/iT1ZFn
>>30
よしよし、単発でご苦労。

33 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 13:42:52 ID:kqXwAekG
たった30レスでここまでgdgdになるのも凄い

34 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 14:44:37 ID:DhR7A/Nx
>>22
19世紀の人たちもそんな誤解をしてたんだが、逆淘汰とかありえないよ。

35 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 14:47:33 ID:PXieIt0E
ウフコック?

36 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 14:50:49 ID:A52LzQvh
アルジャーノンて書こうとしたらもう書いてあった。

37 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 15:01:06 ID:cKiUWG7E
   _,,,
  _/::o-ァ
∈ミ;;;ノ,,)
 ( ゚____・)ノ あるじゃ〜のん

38 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 15:09:20 ID:J3IgCd/2
>>5
害獣としてのねずみだからじゃない?

39 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 15:10:57 ID:o0vUIbsV
    (⌒∨⌒)/::"\
  (⌒\:::::::::/⌒(⌒∨⌒)
 ( ̄>::( ゚Д゚)<(⌒\:::::::/⌒)
  ( ̄/:::::::: (_>::( ゚Д゚)::<
  /((⌒∨⌒(_/U::U\__)
  / (⌒\::::::::/ (_∧_)`∨⌒) 、@,
 <(__>::( ゚Д゚)::<__し//J\::::::/⌒;@@^
 |ヽ(_/::::::::\_)(_>::( ゚Д゚).つ|/`
 | ヽ. (_∧_) // (_(ノ:::::::\_)
  |  \し|.|J  ////(_∧_)
  l   `.:7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ し"J
   ヽ  /     .:::/
  / ̄ ̄ヽ(,,゚Д゚) ~ ̄ヽ <
  ヾニニ=/./ハゞ\=ニン
   / / /|  |ヽ \
   (__ ̄l/__U"U V`"

40 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 15:40:45 ID:Npvbxfnv
種牛も優れた肉質が仔牛に遺伝されるか後代検定ってのをするらしいな

41 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 15:41:32 ID:3I/GyJkh
これは白いし頭いいしで白人が絶対に殺すなとか言い始めるパターン

42 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 16:03:59 ID:SxHrEEWx
標準系統との遺伝子の違いを調べるのはまた難しい。
やっぱり記事にあるように、このラットは遺伝子を調べるよりは
実験に使う方がいいのかな。

43 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 16:28:14 ID:V8q+oJL/
>>7
ペット用ラットは天才ラット並じゃないけど普通に頭いいよ
あの脳みその割には

犬みたいによく慣れるし世話も簡単
寿命が2年程度なのが問題だけど

海外ではペットとして普通に売られているんだけど
日本ではほとんど販売されてないね

44 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 17:02:47 ID:UeKZpr9J
アルジャーノンのおはかに花束をそなえてやてください。

45 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 17:05:01 ID:U4bGGuXc
>>44
けーかほーこく おつ

46 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 17:15:04 ID:vAkLx4hM
ヒトガタロボットにラットを搭載すれば役に立つな

犯罪者の脳をラットに置き換えて作業させるとよさげ

47 :ぴょん♂:2010/07/28(水) 17:26:13 ID:642xIsah ?2BP(1029)

天才マウスの人間への逆襲が始まりますw
飼育場から脱走するのが第一ステップ

48 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 17:28:22 ID:RDLjxBYK
後のスパイアニマルGフォースである

49 :ぴょん♂:2010/07/28(水) 17:29:10 ID:642xIsah ?2BP(1029)
ところで
この実験が示唆することは

おまえらが勝ち組なのは
おまえらの遺伝子のせいであって
おまえらの努力の結果ではない
ということなのか?

50 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 17:35:11 ID:8V5QYZde
あーあ、優生学を実証しちゃったわけね
倫理と進歩
人類はどっちを優先するのかねぇ


51 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 18:07:46 ID:MWGJFX3p
約100世代かかったということは、人間で同じことをやろうとすれば、1世代20年として2000年かかるわけだな。

>>50
とりあえず、機械文明によって人間が自らの大増殖を制御できなくなり自滅しかかってることを考えれば、
機械文明化が人という生物種の生存戦略として最適なのかどうかはまだわからん。
つまり、機械文明社会への適性が本当に「優」の条件なのかどうかはまだわからんということだ。
このマウスは記憶模倣の能力に特化したわけだが、それが単体で激しい変化に対応しなければならない環境
においてどれぐらい役に立つ能力なのか、試しにこのマウスを野生にもどして観察してみればいいんだが。

52 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 18:10:47 ID:f+n+9tnd
>>50


53 :ぴょん♂:2010/07/28(水) 18:25:39 ID:642xIsah ?2BP(1029)
>>51
機械文明に適性を持つ自閉は 出生率を2桁で増やしてるぜ♪
これが自然の選択

54 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 18:33:32 ID:Z3GJqZRO
欧米から抗議が来るぞw
頭が良いから殺したらだめという理由でww

55 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 19:20:14 ID:XDka7UAO
ネズミのクジラ化ですね

56 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 19:37:07 ID:+0ciyyfO
ついしん どーかついでがあったらうらにわの
アルジャーノンのおはかに花束をそなえてやてください


57 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 19:57:29 ID:FbAiJ+Fc
>>2
きっとチッチの後を追って自殺しちゃうんだよ。

58 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 20:04:44 ID:2Ptskn+a
>>50
人間の知性って、これほど単純じゃない上、分業制だからね。

記憶力がいい人間を選別することは比較的簡単だが、それほど役に立つ訳じゃない。

59 :名無しさん:2010/07/28(水) 20:16:46 ID:AdpEO7oX
脳が大きいんか?
あんまでっかいと海犬が文句つけてくんぞ

60 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 20:44:21 ID:fkvRCqWb

簡単な会話は出来ないのか?

パソコンのキーボード使って。

マウスは使えるだろ。マウスだし。

61 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 20:58:06 ID:P3v/WmjF
天才と言っても犬やネコより頭悪いんだろ?

62 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 21:04:03 ID:FbPjzcK+
白いたち

63 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 21:14:39 ID:mjeyaWyn
地球の発注主だもん

64 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 22:13:07 ID:rSQMlFuq
よし、アルジャーノンは既に出てるな

65 :名無しのひみつ:2010/07/28(水) 23:29:59 ID:GOrzCr6W
敵基地に潜入して重要なケーブルを齧りまくる

66 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 01:51:23 ID:4CLrz96P
日本はラットをペットとして飼ってる人間が少ないんだよな。
で、ヘビのエサとして飼育してる野郎がけっこう多かったりするw
ハムスターはやたら人気ある。やっぱ大きさがネックなのかな。
ラットは可愛くてよく懐くし頭もいいのに。

67 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 02:05:19 ID:mV6cUMcn
ボルジャーノンだな

68 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 02:07:35 ID:drTa8Zdp
チンパンジーで同じことやれば人間並みの知性もったのができたんじゃね

69 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 02:21:42 ID:2Xip7rB0
>>42
行動薬理も面白いけど、やっぱスライスつくって電気生理とかも見てみたいね。
LTPとか異常に増強してそう。

70 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 02:23:55 ID:aKVIjMhR
やはり知能は遺伝するのか・・・
ならば日本のためにIQ113程度の俺は子孫を作らない!

作りたいけど作れないとかじゃないんだからね(´;ω;`)

71 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 02:24:44 ID:UqsdqiB4
これが後にいうラット戦役の始まりであった

72 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 02:31:18 ID:eFskru9w
人才じゃん

73 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 02:32:40 ID:eFskru9w
のちのラット首相である

74 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 02:42:30 ID:gls0TET4
これを1万年くらい繰り返したらチンパンジー並みに頭の良いラットを作れたりすんのかな

75 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 02:45:31 ID:LY8V97w/
>>29
いや、まったくその気はないし、俺は間違ったことなど言ってないが。
種牡馬が安定しないのは事実で、かつ記事には例外なく安定していると言ってる以上、
俺の言うことなんら変わらないわけだが。そもそもなんでそういう話になるのやら。


お前もしかして救いがたいほどのアホ?


76 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 04:27:28 ID:PU8zj79B
猿で同じ事やればいずれ人間並みのが作れそうじゃね

77 :( ;‘e‘)チャーニィたん ◆charny.4eA :2010/07/29(木) 06:00:09 ID:R1d87elF ?S★(508940)
( ;‘e‘)( ;‘e‘)<つまりファーストフードばっか喰ってる奴は馬鹿って事か

78 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 10:25:12 ID:mHhhX08S
人間で95世代か単純に20年交代として1900年か

79 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 11:57:14 ID:YFFxXRQI
>>5
「化学物質の影響」に着目されたし

>>78
人類が進化するには、やはり2000年くらいかかるってことなのかなー


80 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 12:17:12 ID:XiDVxs5G
進化すると滅亡しやすくなるけどなw

81 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 12:44:09 ID:J/8lvKg3
多様性がなくなると滅亡しやすくなる、でない?


82 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 13:19:28 ID:EKi5HkBA
人間の能力ってIQだけじゃないからね
IQが良いほうがいいなら、サバンとか自閉症だけの方が良いが実際はそうではない

83 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 13:22:27 ID:EKi5HkBA
>>79
でも一応淘汰されて今の状況でもあるし
今じゃ、遺伝子操作で一発で出来るしなー

その内コーディネーターに支配されてしまうだろうな
ユダヤみたいなもんだ

84 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 14:22:04 ID:EOBvXsCs
>>79
一つの要求項目に対して適合させるのに100世代、2000年かかるというだけで、
記憶力、判断力、集中力があり、発想が優れ、人格穏やかでタフで粘り強い、みたいな
理想の人間を選び出そうとすると、一体何百万年かかるやら判らんな。

85 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 14:57:52 ID:QISi5wV9
恐竜は進化して大型化しましたとか
キリンは進化して首が長くなりましたとか
こういう文脈で使われる意味での進化は特殊化に他ならない

今回のラットの件を繰り返せばやはり特殊化にしかならないんじゃないか

86 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 16:25:18 ID:PU8zj79B
人間も奈良時代とかと比べたら実は相当進化してるんじゃないのか
特に昔は生まれつき体が弱かったり障害があったりすると
小さいうちに淘汰されてたから現代社会に比べると
最低限の足きり機能はよく働いてたと思う。

87 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 21:28:08 ID:TjArr87I
ナチスみたいな優生学信奉者が息を吹き返しそうで怖いな
アメリカにもKKKやWASPがいるし怖いねwww

88 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 21:59:16 ID:gf3OECgL
神が優秀な人類を作り出すことに熱心なら、
無差別繁殖をはじめた人間社会に対して、
相応の処置をするに違いない。

89 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 22:31:12 ID:NrUBWpBZ
俺が一番品種改造したいのはヒト

90 :名無しのひみつ:2010/07/29(木) 22:32:41 ID:NrUBWpBZ
俺が一番品種改造したいのはヒト

91 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 08:48:39 ID:KlaqAefa
これ、京大でひっそりと数十年やってたやつじゃないかなあ

92 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 09:17:47 ID:HnRvFOy3
>>1
利発そうな顔してるわ

93 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 09:25:24 ID:DJRjtdq6
何が劣悪な遺伝的要素なのか実は判断が難しかったりするからね。
鎌状赤血球貧血症とか原発性ヘモクロマトーシスとか高機能自閉症とかは、社会にとってはデメリットだけでなくメリットも存在するからな。
だからこそ個体レベルには不利でも、集団レベルでは淘汰されずにここまで来た。
現代医学なら、鎌状赤血球貧血症はキニーネやワクチンで、原発性ヘモクロマトーシスはサプリで置き換えることが出来るわけだけど、
過剰なコミュ力重視の採用で高機能自閉症者を排除してきた日本の大手企業群がシリコンバレーのアスペルガー技術者に敗北しまくってる現状もあったり。

古典的優生学から見たら鎌状赤血球貧血症も原発性ヘモクロマトーシスも高機能自閉症も劣等種の遺伝的要素だ罠。
遺伝的多様性のメリットを見過ごしてるのがやはり19世紀の学問に過ぎんとは思う。

94 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 09:34:25 ID:DJRjtdq6
何書いてんだがよくわからんな自分でもw
とにかく

「古典的優生学良くない」

というのが結論w

95 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 11:17:16 ID:jOyxMH26
劣悪遺伝子排除法を作らないとなw

96 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 11:40:42 ID:KlaqAefa
>>93
トンデモっぽいが、進化論の考えでは至極真っ当だね
遺伝的多様性-集団遺伝学は、英国で盛んな印象。遠い世界に行き過ぎてワケ分からんが、
ゲノム解析がほぼ完全に終了したので、もうちっと分かりやすい話が出てくるだろう

97 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 11:59:24 ID:FvnOMNZz
>>95
大変だな。お前生きていけないぞ。

98 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 12:08:44 ID:jOyxMH26
いや、法案を作った本人と一族だけは例外という設定になってるから大丈夫w

99 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 12:25:11 ID:FvnOMNZz
政府が転覆したとき真っ先に殺されるスケープゴート要員か。

100 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 19:27:25 ID:N5FgYd3B
これによって分かった事は
「鳶が鳶を産んだ」
鷹に見えたのは遠かったから
「デブスがデブスを産んだ」
痩せててイケメンに見えたのは遠くて周りはお相撲さんだったから

101 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 20:24:49 ID:VyrVtN4h
人間でやったらどうなるんだ

102 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 20:59:47 ID:C86aL8Yg
>>101
成果を出すには最低でも数千年かかるが、実際には五年目くらいで革命or内乱が起こる。

103 :名無しのひみつ:2010/07/30(金) 22:46:22 ID:buz9JfC3
>>101
たとえばスパルタ人は戦場で喜んで死ぬような勇敢な兵士を
作りすぎたせいで一時的に強くなったけど結局滅んだ、とか。

104 :名無しのひみつ:2010/07/31(土) 06:14:54 ID:00c0tSJQ
これで優生学が証明されてしまえば、レイプ魔は断種、とかにすれば、
本当にレイプ犯罪がなくなっていいんじゃないか?

105 :名無しのひみつ:2010/07/31(土) 07:15:47 ID:oun4HNtY
ゴリラを苛酷な環境において、20万世代ぐらい交配しつづければ人類が誕生するらしい。
野生では93%は寿命をまっとうできずに死ぬから、頭を使って必死で生存競争しないといけない。

106 :名無しのひみつ:2010/07/31(土) 08:47:42 ID:shg4SKWy
政府が採取の簡単な男のみで遺伝子提供義務付けて販売権を持つ。
作られた子供を追跡調査。ランク付け。そして精子にランク付け
緩やかではあるが割と反感無く安価に遺伝改良出来るかも
犬種くらいの差なら数百年も掛からず出来そう


107 :名無しのひみつ:2010/07/31(土) 09:34:31 ID:5bYB/vfI
>>101
クリムゾンリバーになる

108 :名無しのひみつ:2010/07/31(土) 11:26:45 ID:SZG8fk76
雄よりも雌の方が親の遺伝形質を伝えるのに重要という説がある。
大まかに言って雄は可能性、方向性、性質を決めるモノであって最高能力、絶対能力は、どちらかと
いえば、雌の方が重要だというのだ。雌がダメダメだと雄がどんなに優秀でもその能力を受け止めきれない。
要は雌は、まさに器の広さ、キャパシティを示すのだという。
もしも競馬が安定しないとすれば雌は雄ほど選別されないことに原因があるかもしれんな。
まあ、雄の種付けは簡単にできるが、雌は生む数が限定されるから、今の生産方式では仕方がないかもしれんが。

109 :名無しのひみつ:2010/07/31(土) 12:14:42 ID:5bYB/vfI
可哀想に。お前の脳は非科学に汚染されている。

110 :名無しのひみつ:2010/07/31(土) 12:22:23 ID:SZG8fk76
俺は一説としか言ってないが。
可哀想としか言えないなら、随分、貧弱で可哀想な脳みそだな。
1と同じく面白い話だから書いたんだが、それでいて1を支持してるとすれば、俺に言わせれば
もの凄く面白い脳味噌だと思う。

111 :名無しのひみつ:2010/07/31(土) 12:48:39 ID:3+/Ezfta
ID:SZG8fk76
これが競馬脳ってやつか。怖いな。
おもいきり脳が萎縮してそうだ

112 :名無しのひみつ:2010/08/01(日) 02:48:56 ID:sfTrRu0Z
つか根拠のないただの罵倒しかできないようでは相手が正しいと認めてるようなもんだけどなw

それに1の話だって、結局は今のところの主観的な結果を乗せてるだけだからなぁ。
競馬の方が経験則なら実績はあるからね。

113 :名無しのひみつ:2010/08/01(日) 02:52:43 ID:NuIf/05m
ペットとして売り出したら俺が買う

マウス買ってるけど、知能と性格はすごいバラツキあるよ

114 :名無しのひみつ:2010/08/01(日) 07:10:47 ID:u80wu+7x
>>82
自閉症サヴァンはIQ低いんだって、IQ低いなお前。
もう少しまともに勉強してから自閉症云々書き込めよ。

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)