5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

諱を語る

1 :人間七七四年:2007/03/17(土) 00:20:50 ID:N3QsYFAE
一字拝領・偏諱や官名・仮名の関連性をワイワイするスレ。

2 :人間七七四年:2007/03/17(土) 00:22:20 ID:N3QsYFAE
関連スレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1173679782/

3 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/03/17(土) 00:23:00 ID:sQh2cwxt
>>1


4 :人間七七四年:2007/03/17(土) 00:44:45 ID:N3QsYFAE
6 中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y sage 2007/03/12(月) 15:53:29 ID:BYA7b0ua
虎より昌が多い

武田の家臣に何故「昌」が付くのかを語るスレなら伸びたのになあ

5 :人間七七四年:2007/03/17(土) 01:38:08 ID:4W859JM1
武田信昌から取ったんじゃない?
信玄の曽祖父。

6 :人間七七四年:2007/03/17(土) 04:04:10 ID:1zU+fBDG
( ´゚ω゚` )

7 :人間七七四年:2007/03/17(土) 08:26:08 ID:+Ldae5wt
( ・o・)

8 :人間七七四年:2007/03/17(土) 11:47:52 ID:2PKGuTxU
>>5
信縄を飛ばしてなぜ信昌なの?

9 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/03/17(土) 21:55:11 ID:N3QsYFAE
信玄が信昌とか名乗ってりゃ納得もできるんだが。

10 :人間七七四年:2007/03/22(木) 17:42:11 ID:d0K+H2l7
朝倉氏に吉ナントカってやつ多いよな

11 :人間七七四年:2007/03/24(土) 10:36:06 ID:mDU6yx0b
イミナじゃないが信長が配下に与えた苗字が興味深い。

明智に惟任 丹羽に惟住 塙に原田 梁田に別喜

惟住はわからん。
惟任は惟宗の訛。
原田は大蔵氏族。
別喜は戸次の訛。

12 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/03/24(土) 21:10:18 ID:2G+XWZ7y
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1168972775/235

謎だろうか。関東管領家には顕定・顕実がいるだけに不思議ではないのだが。

13 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/03/24(土) 21:30:29 ID:pv8uGSO7
何か以前に顕景の「顕」が越後守護家の通字とレスした覚えがあるんだが

14 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/03/24(土) 21:32:17 ID:2G+XWZ7y
「上杉=憲」という印象が根強いからこういう認識になるのだろうか。

15 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/03/24(土) 21:42:28 ID:pv8uGSO7
話はかわるが戦国期にゃ各家に伝わる諱字(いわゆる下賜用の字)というもんがある
一門など特別な場合については大名家の通字や当主の一字を書出や拝領として与える
しかしそれ以下の階級や単に被官に与える場合は諱字や佳字を用いて
明確に一字拝領との差別化を行なう。長尾の場合「長」の字が
いわゆる諱字拝領用の名なんだよ。発祥はわからんが武田の「昌」もこれにあたるんだろ

16 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/03/24(土) 21:52:48 ID:2G+XWZ7y
長って足利長尾の通字やないんかいな。

17 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/03/24(土) 22:03:53 ID:pv8uGSO7
色部とか河田とか名乗ってるやん。長

18 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/03/24(土) 22:06:31 ID:pv8uGSO7
もしかしたら顕も家臣にやってるんかもしれへん。輝もやってるという話があるくらいやし

19 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/03/24(土) 22:08:36 ID:2G+XWZ7y
第拾弐条:当主にはスペアの通字を発行する権限を有する。

20 :人間七七四年:2007/03/24(土) 22:19:19 ID:sxT9O7T1
色部の長は色部の通字じゃないの?

21 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/03/24(土) 22:38:42 ID:pv8uGSO7
色部はなんかそれっぽいね

22 :人間七七四年:2007/03/24(土) 22:47:59 ID:sxT9O7T1
同族の本庄も長が通字だ

23 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/03/24(土) 22:51:29 ID:2G+XWZ7y
んで、そやつらの先祖に共通する人物は誰?

24 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/03/24(土) 22:58:20 ID:pv8uGSO7
揚北衆ていうと代々越後守護派だよな
一字拝領を語るなら長尾よりこっちからの偏諱を見るべきだな

25 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/03/24(土) 23:07:20 ID:2G+XWZ7y
うーん。
偏諱にばかり名乗りを求めるのに無理があると思うんだよ。

26 :人間七七四年:2007/03/24(土) 23:11:42 ID:sxT9O7T1
>>23
畠山秀長の子が本庄行長と色部為長
だったはず

27 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/03/24(土) 23:14:42 ID:2G+XWZ7y
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/honjo_k.html

とりあえずここか。
通字の不自然さが際立ってるけどね。

28 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/03/24(土) 23:15:17 ID:pv8uGSO7
秩父党だったような

29 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/03/24(土) 23:16:41 ID:pv8uGSO7
あそれか

30 :人間七七四年:2007/03/24(土) 23:19:45 ID:sxT9O7T1
畠山秀長の子が秩父行長じゃなかったのか…

31 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/03/24(土) 23:21:11 ID:2G+XWZ7y
秀と季ってよく混同されるよ。

32 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/03/24(土) 23:24:16 ID:pv8uGSO7
之と元とかな

33 :人間七七四年:2007/04/02(月) 04:25:33 ID:wT6qx9ol
スレ違いかも知らんが

  武田八幡太郎、賀茂次郎、新羅三郎

って何で兄弟バラバラの神社で元服するの?三つとも縁のある神社なのか

34 :人間七七四年:2007/04/02(月) 05:20:45 ID:6aKyevM6
義家が武田なんて名乗ってたか?義光なら解るが。

35 :人間七七四年:2007/04/02(月) 05:51:01 ID:NTb8cj6/
全員、武田と言う下劣な氏は名乗ってない。

36 :人間七七四年:2007/04/03(火) 07:53:09 ID:k+nICDSl
そっか、その頃は「源」だったんだ。スマソ

でも何でバラバラの神社で元服するんだ?誰か知らない?

37 :人間七七四年:2007/04/03(火) 21:34:13 ID:vRQwgWHr
一緒だったら名乗りが同じになってしまうんですが。

38 :人間七七四年:2007/04/04(水) 17:10:06 ID:9JhGbOp8
大友宗麟の家臣団 名前が似てる奴多い。これも一字拝領の結果?

39 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/04/04(水) 20:47:36 ID:qaFPCanf
笑う輩行って言えば観応期に細川清氏が息子に名乗らせた「八幡六郎」だな
はい、一発謀反確定で義詮から討伐されちまうヴぁかwwwwwww
清氏アフォすぎて笑えるwwwwwwwwwww

40 :人間七七四年:2007/04/06(金) 06:48:17 ID:2I+C9VSW
>>36
深い意味は無い。
八幡様は戦の神と言うこともあって、縁起は担いだりしてる。
元服時に居た所の近所ですましたりしている。
縁起担いだり、氏子だったり、親が知り合いだったり。

41 :人間七七四年:2007/04/07(土) 15:45:52 ID:xAwKexsq
>>40
八幡・賀茂・新羅が神社だと分かっているのに深い関係がないはずがない。
平安末期に武士団が形成されていく現象は荘園制度の曖昧さから生まれた。
武士団の中でも貴種中の貴種である河内源氏の三兄弟は、
仮名に大社を名乗り烏帽子親にすることでそれぞれの与党勢力(すなわち直属兵力)を
得ようとしたものだ。

>>39
どういうことか?

42 :九條殿@前関白 ◆1Ixlm5F0XU :2007/04/10(火) 13:15:19 ID:Fm64E8el
>>40
エボシオヤとは、受名者の元服式に際しての後見人を意味するほかに
元服によって彼が属する集団における「社会的な親」という立場も孕んでる
地縁・血縁への隷属と、個よりイエの存延を第一とする中世社会において
主君やエボシオヤという存在は、その社会的地位が高ければ高いほど
自分やイエの存在を示す上では必要であり、また実利の面においても
既得権益の庇護を行なってくれたりあるいは新たに得た権利の承認・保護を受ける上で
超重要な存在だわな。現実問題として実の親以上に有り難い存在やろう

ではなぜ頼義は子の烏帽子加冠においてエボシオヤに社会的地位の高い人物を求めず
言っちゃあれだが毒にも薬にもならない八幡神様様なんかを選んだのか。
深い意味があるかどうか知らないが、妄想を言えば当時腐るほどあった源氏と区分するため
通字の頼を捨て新たに義を使い別家宣言をし、また摂関との決別と独自の社会構築の確立を妄念して
エボシオヤを八幡神様様に擬し独立独歩の妄想を子の名前に託したのではあるまいか

>>41
そんな意味が当時の頼義にあったのかどうかは知らないが観応期にはそう捉えられ
八幡太郎は特別な意味合いを持っていたことは確かだ。
その八幡○郎を仮冒し石清水八幡宮で子に元服さした清氏の行為は
足利を差し置いて源氏の棟梁たるを欲したと見なされてもおかしくはないわな
清氏アホすぎ

43 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/04/10(火) 21:40:59 ID:WjAlHd2R
おお有意義な話題が。

44 :33:2007/04/11(水) 09:15:13 ID:oOCSszBr
有意義な諸説、ありがと!

45 :人間七七四年:2007/04/11(水) 09:27:14 ID:T9BFBMoB
主家からの偏諱を断った人とか結構いるのかな?

46 :人間七七四年:2007/04/12(木) 06:57:53 ID:YTNbShK0
伊達家の「村」ってどこから持って来たの?

47 :人間七七四年:2007/04/23(月) 23:36:09 ID:CVktDL4f
嫌な相手から押しつけられた諱は気分悪いだろうなw
六角義賢→浅井賢政(長政)とか。

48 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/04/23(月) 23:37:48 ID:AIcWTv4z
諱を押し付けられたなら、畏れ多いと言って断ればいい。
よって押し付けはあり得ない。

49 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/04/24(火) 00:32:13 ID:OmkMZpRO
そんなのはまだいい方だ。細川晴元なんて中々諱を貰えなかったんだぞ!
ずっと六郎だったんだぞ!六郎に謝れ!!!

50 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/04/24(火) 00:34:13 ID:KhrlLAkd
じゃあ元之とでも名乗っとけばええやん

51 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/04/24(火) 00:38:34 ID:OmkMZpRO
その頃の発給文書も「六郎」の署名なんだぞ!!!
適当な諱を付けずに将軍から偏諱を受けるまで待ちまくってたから
ずっと六郎なんだぞ!!!
謝れ!六郎に謝れ!!!

52 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/04/24(火) 00:40:23 ID:KhrlLAkd
じゃあ百歩譲って尹元で。

53 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/04/24(火) 00:41:32 ID:OmkMZpRO
通字を重ねるのってバカみたいでやだ

54 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/04/24(火) 00:44:04 ID:KhrlLAkd
それを言っちゃあ近畿は全滅するぞ。

55 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/04/24(火) 00:44:52 ID:OmkMZpRO
通字といえば「通」を通字にしてる細川も傍流がいたな
河野に媚びてたのだろうか

56 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/04/24(火) 00:45:35 ID:KhrlLAkd
むしろ越智氏だったのかも。

57 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/04/24(火) 00:51:14 ID:OmkMZpRO
越智氏族を取り込もうとした魂胆かも

58 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/04/24(火) 00:53:40 ID:KhrlLAkd
同族化の魔手

59 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/04/24(火) 00:54:39 ID:OmkMZpRO
うむ。その手なら溝口秀勝が使いやがったな

60 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/04/24(火) 00:56:22 ID:KhrlLAkd
結構あるんだよな。諏訪と武田だってこの例に嵌る。

61 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/04/24(火) 00:57:32 ID:OmkMZpRO
厳密に言うと溝口のは違う。あれは詐欺だ

62 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/04/24(火) 01:00:07 ID:KhrlLAkd
信を拡散しまくる南部を讃えよ。

63 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/04/24(火) 01:02:47 ID:OmkMZpRO
南部の晴継と勧修寺の晴豊は偏諱でもなんでもない明らかに勝手名乗

64 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/04/24(火) 01:03:33 ID:KhrlLAkd
陶と勘助はどうしよう。

65 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/04/24(火) 01:06:51 ID:OmkMZpRO
陶の偏諱は陰徳の講談話
カンスケは存在自体が講談

どっちも取るに足らぬわ

66 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/04/24(火) 01:08:12 ID:KhrlLAkd
夢のない奴だ。

67 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/04/24(火) 01:09:40 ID:OmkMZpRO
知れば知るほど夢は壊れていく、そういうもんだろ?

68 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/04/24(火) 01:12:45 ID:KhrlLAkd
オトナなんて嫌いだ。

69 :人間七七四年:2007/04/24(火) 02:07:31 ID:bN71VDL2
何か伸びてると思ったらお前ら仲良いなw

70 :人間七七四年:2007/04/24(火) 15:03:58 ID:EmngXkdJ
こいつらの漫才は名物になりつつあるな

71 :人間七七四年:2007/04/24(火) 15:10:52 ID:y7l2nuEF
ソフトバンク携帯について

この携帯は「全然つながらないから解約しようとしたら、6万請求された」とよく聞く(※)。
(つながりにくい理由は、ソフトバンクが使用する周波数が建物に弱いこと等、色々)
そして、各種プランが良くないが、ホワイトプランが特に良くない。
携帯のメーカーの数で考えて「友人の4分の1くらいは持ってる?」と考えがちだが…

  ソフトバンク携帯を持つのは 約300人 に 1人。

300人の友人がいても、確率的にはそのうち1人しか無料にならない。(契約数/日本人口で計算)
その1人以外の通信料はすべて、他社の約2倍。1日たった7分でも月に1万円を超える。

トップが朝鮮人だからとは言わないが、日本人の客の満足度を真剣に考えてるとは思えない。
つながりにくいことにも、予想以上に金がかかることにも、解約金にも、すべて「後から」気づく。
「金さえとれば後で文句を言われてもOK」とも感じるので、気をつけて欲しい。

※…新聞記事は「0円携帯 解約に6万円 県、ソフトバンクに改善要望」で検索
  ↓ついでに。カモにされてるのは、ソフトバンク株を買ってる者も同じだった…
  ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1176891847/

72 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/05/15(火) 22:54:00 ID:AVotEVEK
偏諱により与えられた字を下に付ける是非を考える。

73 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/05/15(火) 22:55:37 ID:AVotEVEK
あげてもた

74 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/05/15(火) 23:19:42 ID:9AVLYoaf
是非などない。是非を求めたのは鹿苑院の欺瞞
北条時宗と足利氏満をみればあきらか

75 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/05/15(火) 23:21:51 ID:AVotEVEK
実はこの例に初めてブチあたったのは後藤高治なんだよね。

76 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/05/15(火) 23:23:18 ID:AVotEVEK
オレが、が抜けてた。

77 :人間七七四年:2007/05/15(火) 23:44:55 ID:DQ1TIPH4
元々そこまで拘ってなかったのが後付けで上下関係ついたんじゃね?

78 :人間七七四年:2007/05/24(木) 13:39:03 ID:ecXlbJZJ
三好康長(笑岩)は、信長に憚って三好康慶と改名してるね。

79 :人間七七四年:2007/05/24(木) 16:54:34 ID:HBLabO8c
浅野長吉。

安井家から養子に入り、通字を義兄から貰った字と合わせてこの名前。
すべてもらいもの。
立身しても義兄からの字をバラまくわけにもいかず、改名とともに半隠居。

80 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/05/27(日) 00:03:12 ID:o6LCyiRg
結構ありそうな例だな。

81 :人間七七四年:2007/06/03(日) 12:58:13 ID:xxNP4/cm
戦国武将として一番格調高い字は何だろう?

82 :人間七七四年:2007/06/03(日) 14:42:57 ID:h2VBepIy
そりゃ義でしょ

83 :人間七七四年:2007/06/04(月) 10:14:55 ID:iq4+XRr6
通字が下に来る家が少ない理由は何でだろ?
浅井、尼子、宇喜多ぐらいしか知らない。

84 :人間七七四年:2007/06/04(月) 10:57:16 ID:CKyXPiH3
長宗我部もそうじゃない? 実質三代しか継がれてないけど。

85 :人間七七四年:2007/06/04(月) 11:08:52 ID:gawPLI4U
>>83

伊達も〇宗が結構続いているような


86 :人間七七四年:2007/06/18(月) 15:58:37 ID:Pq6X+MDA
中村朝宗からの通字

87 :人間七七四年:2007/06/24(日) 07:12:08 ID:HmBZtsyp
理由は分からないが、立花宗茂の改名回数の多さは凄い。
立花家(高橋家)の通字とか、どこかに吹っ飛んでそうだがw

88 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/07/30(月) 22:13:22 ID:Jp4fs9vv
そしてなぜか鑑が通字になってる立花

89 :人間七七四年:2007/07/31(火) 00:38:57 ID:wZi8s610
>>88
「鑑」って、大友義鑑が由来?

90 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/07/31(火) 01:54:13 ID:jEaoPWic
長宗我部家と三村家は、親が通字。

91 :人間七七四年:2007/07/31(火) 03:42:05 ID:2g4hZO2i
戦国武将の名前に、春・秋・冬は使われてるのに、夏が使われて無いのは何故なのだろうか?
縁起が悪いとか?

92 :人間七七四年:2007/07/31(火) 08:43:47 ID:f3wTFyJt
女っぽいから?

93 :人間七七四年:2007/07/31(火) 13:43:12 ID:eq5O5+Qp
中国を指す言葉としてのイメージが強かったからとか。

94 :人間七七四年:2007/07/31(火) 23:29:21 ID:vQpT/c+m
>>91
2〜3年前にどっかのスレでその話題やった記憶がある

95 :人間七七四年:2007/07/31(火) 23:30:34 ID:vQpT/c+m
すぐ見つかったw

【春夏】なぜ「夏」がつく人名は少ないのか【秋冬】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1124704728

96 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/08/01(水) 02:34:32 ID:g5omJZZD
宇喜多春家
夏侯惇…
小早川秀秋
少弐冬尚

戦国武将で夏がつく人物っていないんじゃないか。

97 :人間七七四年:2007/08/01(水) 15:21:47 ID:2/U+Qbxd
「はる」と「あき」は同音異義の佳字がある

はる:晴 張 治 
あき:昭 明 顕

だから人名として「語呂がいい感」がある

98 :人間七七四年:2007/08/01(水) 18:05:33 ID:y2FYmYCc
女性名に頻繁に使われていた?
加藤夏希とか。

99 :人間七七四年:2007/08/01(水) 18:29:00 ID:y2FYmYCc
江戸時代の公家で、久世通夏って人が居ました。
この理屈で行けば、河野、稲葉、林一族に通夏が居ても、おかしく無かった、ってことなんでしょうか?

100 :九條殿@前関白 ◆1Ixlm5F0XU :2007/08/01(水) 22:20:22 ID:2zrrTLLF
>>96
丹波衆の宇津頼夏
畠山義就の前名の義夏

人名に夏が少ないのは、この季節が年間を通して勢いが強いから避けられたんじゃなかろうか
また旧暦の仲夏にあたる5月が物忌の月に当たり、五節句の端午があることも関係してるのかも名

勢いが強い諱といえば足利義政の前名の「義成」
義も成も戈部に属する部首を持つ漢字だから、勢いが強すぎるとして改名したわけだ

名は体を表すと言うが畠山義就も足利義政も勢い強すぎるもんなwwwwwwwwwwwwwwwwww

101 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/08/01(水) 22:24:03 ID:2zrrTLLF
>>99
清華の通字と越智の通字が同じだから夏の付く奴が居てもおかしくない?
どんだけメンヘルな理屈だよ

102 :人間七七四年:2007/08/02(木) 14:41:31 ID:gwl4pVMO
>>101
ネタレスにコテが噛みつくなよ。
あんたが噛みついたら、萎縮効果で誰も何も書けなくなる。


103 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/08/02(木) 14:53:36 ID:tlLm2oR9
人名辞典で河野姓の人物をみると、
ほとんど通の字がついてて感動した・・・

104 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/08/02(木) 15:38:12 ID:tNcqqI8H
>>102
んなことは>>99のレスみりゃわかるよ
少なくとも>>99は越智氏族に河野と稲葉をあげてしかも林佐渡の所の林が同族だって知ってる
そこらの系図ファンよかよっぽど家系の基礎知識持ってるのは
たった二行のレス見ればわかるってえの

105 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/08/02(木) 16:54:01 ID:tlLm2oR9
一遍も河野氏。

106 :人間七七四年:2007/08/02(木) 16:59:54 ID:7vFWojNU
俺は自分の代から通し字をすることに決めている

107 :人間七七四年:2007/08/02(木) 19:47:44 ID:dzWErVOx
>>106
お前の息子は孫にこういう名をつける
http://dqname.jp/


108 :人間七七四年:2007/08/03(金) 15:40:58 ID:1v5Vu033
ブラック商会・偏諱郎

109 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/08/03(金) 21:03:47 ID:Fp0VA9Kz
読みにくい偏諱

一色視房
大館視綱

北畠材親
朽木材秀

110 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/08/07(火) 00:11:16 ID:vgVvfPb7
招いてくれて嬉しいよ。
一字拝領ってなくらいだし、字を与えただけで訓みなんてどうでもよかろうに。

                    「氏」

111 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/08/07(火) 00:55:35 ID:Ni8MdCYF
氏か。足利高基はいっそのこと足利高氏と名乗ってくれたらよかったのにと思う

112 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/08/08(水) 00:36:59 ID:KGTJ0uVM
むしろ基の字を上に持って来なかったから初めから負け組。

113 :項龍 ◆J6Hs8QOpNk :2007/08/09(木) 14:01:32 ID:Y1xU9Dpp
偏諱って難しいよな

114 :人間七七四年:2007/08/09(木) 19:33:07 ID:/DI0X7/D
蒲生賦秀(氏郷)の「賦」って、どこから出た字だろう?

115 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/08/09(木) 19:46:49 ID:Aehb+qDl
賦は、中国の韻文の文体。

116 :人間七七四年:2007/08/09(木) 20:04:06 ID:lTGOZ6nP
そういう意味じゃないと思うぞ?

117 :人間七七四年:2007/08/09(木) 20:11:15 ID:MVHNWCZe
>>115
Wikipediaから引用乙。

118 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/08/09(木) 20:14:15 ID:Aehb+qDl
>>117
いや、「角川漢和中辞典」。

119 :人間七七四年:2007/08/09(木) 20:18:54 ID:MVHNWCZe
>>118
Wikipediaから引用乙。


120 :人間七七四年:2007/08/09(木) 20:27:10 ID:ckGlYC9a
「治」秀とか「弼」秀になる前に信長の婿に納まってるからねえ。
信長が漢文かぶれの沢彦和尚に撰ばせたくらいのことでしょ。

121 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/08/09(木) 20:28:26 ID:Aehb+qDl
「角川漢和中辞典」P1046参照。
@みつぎ。みつぎもの。ねんぐ。
Aわりつけて取る。とりたて。
Bしく(布)
C兵(兵賦)
D軍隊でつかう金銭や食物
E中国の韻文の一体。ありのままにのべるもの。

122 :人間七七四年:2007/08/09(木) 20:49:31 ID:ckGlYC9a
>>121だと「たけ」とか「のり」と読ませる理由の説明がつかんね。

123 :一応評価職人?:2007/08/09(木) 20:53:05 ID:iEeJIwAI
普通の辞書には載ってないだろw
載ってるのは師橋先生のやつぐらいだろ

124 :人間七七四年:2007/08/09(木) 22:00:57 ID:ake03n3g
氏家氏家

125 :人間七七四年:2007/08/09(木) 22:34:38 ID:/DI0X7/D
あと気になるのが蒲生の名前って、「秀○」が本流でおkかな?
偏諱を受けることで、「○秀」に移行という感じで。

126 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/08/09(木) 22:40:56 ID:ZFIW0OBq
蒲生氏の「秀」。
惣領が上に付ける字をわざわざ庶子が下に持ってくるというのはちょっとなあ。

127 :一応評価職人?:2007/08/09(木) 22:43:04 ID:iEeJIwAI
別に普通じゃないか?

128 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/08/09(木) 22:45:21 ID:ZFIW0OBq
庶子が惣領を踏み付けにするのが普通かね?

129 :一応評価職人?:2007/08/09(木) 23:00:53 ID:iEeJIwAI
貞秀ー高郷ー定秀ー賢秀ー賊秀

別に上につけてない

130 :一応評価職人?:2007/08/09(木) 23:04:39 ID:iEeJIwAI
賊秀は間違い

131 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/08/09(木) 23:05:27 ID:ZFIW0OBq
秀貞┬秀綱─貞秀室  (本家)
    └政秀─貞秀┬秀行─秀紀  ←(準本家)
                └高郷─定秀─賢秀─賦秀  ←(分家)

どうよ?

132 :一応評価職人?:2007/08/09(木) 23:16:57 ID:iEeJIwAI
なるほど

133 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/08/29(水) 00:18:31 ID:cjicM87P
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1154000558/

良質の話題はここでやって欲しいものです。

134 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/09/05(水) 23:56:07 ID:0healmVw
ぶっちゃけ言うと本家を打倒した後に高郷が送り込んだのが子の定秀
つまり定秀はこの時点で庶流ではなくなってるわけだ

大永から続く家督騒動をバックアップしたのが六角定頼。そこから一字取って定秀
何らおかしなところが無い。

しいていうならば定秀には前名として別に名があったはず。これはわからん

135 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/09/06(木) 00:02:20 ID:Z3M241Uh
いや、本家を乗っ取る連中が通字を下に持ってるといってるんだぞ?

136 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/09/06(木) 00:11:28 ID:kyF5DANy
そのこだわりが分からん
本家としては秀は名乗りたい、かつ六角から擬似血縁を結んでおきたい
結果が定秀だとしても不思議ではなかろう

高郷の上の世代では既に通字を下に持ってくる習慣はあったようだし
庶流が秀を下に持ってる例もある

137 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/09/06(木) 00:12:51 ID:Z3M241Uh
だからそう言ってんやん。

138 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/09/06(木) 00:14:02 ID:Z3M241Uh
おっとここじゃなかった。

139 :人間七七四年:2007/09/08(土) 11:48:28 ID:Kkx72aZC
中野区民憲章はなぜいつも偉そうなのか

140 :人間七七四年:2007/09/24(月) 18:54:33 ID:cbtzkeTl
渡辺「了/糺」みたいな、一文字の名前を代々続けてる家系って他にある?

141 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/09/24(月) 19:05:17 ID:WIbI2HT+
>>140
嵯峨源氏

142 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/09/24(月) 23:16:58 ID:ramTMTAS


143 :人間七七四年:2007/09/24(月) 23:58:56 ID:IxC54sFN


144 :人間七七四年:2007/09/25(火) 00:12:30 ID:QT+Wy42y
「政」「義」「長」のどれかの文字をつかうと戦国大名っぽい名前になる。

145 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/09/25(火) 00:14:23 ID:AxPD2ogH
左義長

146 :人間七七四年:2007/09/25(火) 00:21:51 ID:p0kuZ7pG
>>140-141
主から偏諱される場合はどうしたんだろ?w


147 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/09/25(火) 07:46:59 ID:DaDC3y7v
松浦鎭信

148 :人間七七四年:2007/09/25(火) 11:59:20 ID:cVwgEnHq
興信、隆信、鎮信は大内氏・大友氏の偏諱なんでしょうね。

そういえば、松浦氏(平戸藩)の藩主って、○信と一文字が混在しているね。

149 :人間七七四年:2007/09/25(火) 12:26:00 ID:bVXhxpl/
>>148
鎮信と隆信は二人いるのは興味深い

150 :人間七七四年:2007/09/25(火) 16:21:32 ID:QT+Wy42y
好きな武将から勝手に一字拝領して自分の名前を改名してみるテスト

オレは家康好きだから、「家整」

151 :たられば君:2007/09/25(火) 17:19:26 ID:DtlC0TMb
読めないよ。いえなり?

152 :人間七七四年:2007/09/25(火) 18:41:24 ID:QT+Wy42y
いえとし

153 :人間七七四年:2007/09/25(火) 18:59:16 ID:p0kuZ7pG
>>150
普通、上の字は貰えないでしょうが?w

154 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/09/25(火) 23:08:51 ID:AxPD2ogH
もらえなくはないけどさ。

155 :人間七七四年:2007/09/26(水) 00:23:58 ID:viBDPDJG
秀吉はやたら色んな人間に秀の字を与えているな。

156 :人間七七四年:2007/09/26(水) 05:03:34 ID:nfZUgn28
下よりは上、本人固有の字よりは先祖代々の通し字

157 :人間七七四年:2007/09/26(水) 08:57:18 ID:TzqV0ahw
>>155
戸川秀安とかマイナーな奴にも惜しげなく。

158 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/09/26(水) 20:14:54 ID:I6jfadsd
大友吉統とか

159 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/09/26(水) 23:05:16 ID:K2tf9PUC
北条高広・景広のように誇るべき家祖の上の字を下に付ける失礼な例もあるでよ。

160 :人間七七四年:2007/10/01(月) 16:17:16 ID:vTbzh9Qv
>>159
主などから偏諱を受けた場合はおkですか?

161 :人間七七四年:2007/10/01(月) 21:46:14 ID:U+o9K48X
義朝 頼朝 実朝 は

162 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/10/01(月) 23:17:47 ID:+8wXn3qO
(注)
北条父子や吉川広家の「広」は大江広元に由来しています。

163 :人間七七四年:2007/10/11(木) 17:33:55 ID:HQj+EhU+
諱じゃないが、庶子がいるわけでも無いのに長男に「三郎」とか付けるのは何でだろ?

164 :人間七七四年:2007/10/11(木) 17:46:25 ID:HzmBeWdw
のちのちせいしつに子供ができてもいいように、思慮したとかってことはないのかな?

165 :人間七七四年:2007/10/11(木) 20:39:05 ID:fSv4qP+E
長男が早死にする家柄で縁起が悪いとか
初代が三男三郎だったから以来代々三郎とか

166 :奇矯屋onぷらっと ◆/6/o/w/o/6 :2007/10/11(木) 23:13:24 ID:sUaIMqqc
輩行が形式的になったのはいつからだろう。

167 :人間七七四年:2007/10/12(金) 20:44:26 ID:zhIzlAsn
後北条氏の世継ぎは新九郎だな。

168 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/10/12(金) 22:42:16 ID:6Nx9fJtq
日本歴史のバックナンバーで黒田が北条及び家臣団の「九郎」名乗りを詳細に調べてたな

169 :奇矯屋onぷらっと ◆/6/o/w/o/6 :2007/10/12(金) 23:58:54 ID:z27+WoRx
後北条の九三六説って決着ついてたっけ?

170 :人間七七四年:2007/10/13(土) 16:44:59 ID:Ffj/ew6A
そういや、信長は三郎だったな。庶兄が二人いたのかな?

171 :人間七七四年:2007/11/15(木) 05:23:27 ID:Gkf5keFg
マリナーズの「イチロー」も次男だったなw
しかも兄上は健在w

172 :人間七七四年:2007/11/15(木) 12:30:54 ID:2IzN90cM
諱じゃなくて字だが

嫡男は必ず○次郎になる伊達家
嫡男は必ず「又三郎」とする島津家 又一郎とか又次郎なら傍系か庶子

長男がイチローになれない家、鈴木家(w)以外にも多いのかな

173 :人間七七四年:2007/11/17(土) 14:51:28 ID:Fc1402Fb
>>172
後北条の嫡男は「新九郎」だったような。まあ5代しか続いてないがw

174 :人間七七四年:2007/11/18(日) 18:50:34 ID:Y+fDyF8C
>>163
真田信幸と真田信繁がそんな感じだな。
源三郎と源二郎。

175 :人間七七四年:2007/11/18(日) 19:27:47 ID:fFS6doBq
>>163
家祖が長男以外だったからじゃなかった?

176 :人間七七四年:2007/11/27(火) 12:29:43 ID:A9M780cI
>>174
信雄と信孝みたいに、兄弟の順が入れ替わってたりしてw

177 :人間七七四年:2007/11/27(火) 16:15:21 ID:c8Sj+2CG
じゃあ山本五十六は56番目の子供なのかとw

178 :人間七七四年:2007/11/27(火) 17:17:44 ID:SDjLsW4+
そもそも父親が三男で源五郎だったり、叔父が四男で源二郎だったりする家だしな<真田

179 :奇矯屋onぷらっと ◆/6/o/w/o/6 :2007/11/27(火) 23:53:24 ID:p7zUj0ss
昌幸と信尹は同年生まれの異母兄弟だったっけね。

180 :人間七七四年:2007/11/28(水) 00:20:00 ID:RNVTptj8
>>170
信秀や秀信も三郎だから織田家嫡男の名乗りなんだろう。
ところで信忠の勘九郎ってのはどこから来たんだ?


181 :競馬板から斜行:2007/11/28(水) 01:34:32 ID:rLp5FpJW
諱は「きらう」、「避ける」、「隠す」という意味。

なら、そんなモン付けるなよ!と突っ込みたくなるのは俺だけではあるまひ。

182 :人間七七四年:2007/11/28(水) 01:44:35 ID:GydhBYSp
三郎といえば、千葉ロッテのサブロー(大村三郎)も三男じゃないな。

183 :人間七七四年:2007/11/28(水) 01:52:34 ID:4KjIE5fi
>>181
これは言霊信仰にかかわるんだが、ほとんどの国、民族で、近代に入るまで「本名」は大体隠すものだった。

184 :人間七七四年:2007/12/01(土) 23:32:18 ID:pv5H3zsZ
武田の「昌」は文盲でも書ける字を配慮したからであって信昌とは関係ないよ。
文字の画数、字体の複雑さで家臣の教養レベルがわかる。
甲斐は識字率も当時最低レベルだったから誰でも書ける簡単な字が用いられたようだね。

185 :人間七七四年:2007/12/02(日) 02:04:41 ID:tDkbYHhH
また頓珍漢な事を

186 :人間七七四年:2007/12/02(日) 19:05:43 ID:ZmTlG5SN
>>184
戦国武将の名前が信とか政とかみんな似通った字が多いのもそのためですか?

187 :人間七七四年:2007/12/02(日) 19:21:10 ID:tUC5FmCn
林秀貞は元々林道貞だった
信秀の秀の字を貰いうけ、秀貞になった

188 :奇矯屋onぷらっと ◆/6/o/w/o/6 :2007/12/02(日) 20:20:13 ID:QS2Vvo+i
通貞じゃなかったっけ。稲葉氏の庶流だし。

189 :人間七七四年:2007/12/02(日) 22:18:55 ID:6E6iOnGm
>>187-188
そうなら、松永氏にいた林道勝とは同族になるのか?


190 :人間七七四年:2007/12/02(日) 23:07:38 ID:a4yx7fTI
>>186
184のは2chだけの珍説で根拠なしと見るのが妥当。
ご先祖様の文字をずっと引き継いでいたり、将軍や管領やその土地の守護などの偉い人から一文字もらったりして、
それが後になればなるほど広がり続けたと見るのが一般的。

191 :奇矯屋onぷらっと ◆/6/o/w/o/6 :2007/12/02(日) 23:12:13 ID:QS2Vvo+i
このスレ>>1から見たら、>>184があり得ないというのは雰囲気で分かってもらえそうなもんだが。

192 :人間七七四年:2007/12/02(日) 23:19:50 ID:a4yx7fTI
意外と初心者や若年層にはなかなか分からないものですわ。

193 :人間七七四年:2007/12/03(月) 00:32:19 ID:TlKFttRx
お笑いでしかない俗説を馬鹿が信じていく過程というのがなんとなく解った。

194 :人間七七四年:2008/02/12(火) 18:55:45 ID:EF2T3KE/
通字が「胤」の相馬氏が仮に足利義稙から偏諱されたら、「相馬稙胤」になるの?

195 :人間七七四年:2008/02/12(火) 21:14:36 ID:u+Y/cQyU
どっかに「よしよし」って人がいたぞ
義良だったかな

196 :人間七七四年:2008/02/13(水) 01:24:06 ID:szkxU9nO
珍子内親王とか


197 :人間七七四年:2008/02/13(水) 14:53:34 ID:7/VnFOK3
>>194-195について、博識なコテハン氏の解説マダ?


198 :人間七七四年:2008/02/13(水) 16:16:51 ID:iC8UUml0
誰に答えて欲しいのさ?

199 :人間七七四年:2008/02/13(水) 18:14:12 ID:EKT73e/o
奇矯屋氏

200 :人間七七四年:2008/02/13(水) 18:34:15 ID:a6fq7IES
家吉っていそうでいないよな?

201 :人間七七四年:2008/02/13(水) 19:28:06 ID:erNvV+D2
荒川 良々(あらかわ よしよし、1974年1月18日 - )は、日本の俳優。
大人計画所属。
本名、荒川 良友(あらかわ よしとも)。
佐賀県小城市出身。血液型はO型。



202 :人間七七四年:2008/02/13(水) 21:27:14 ID:Z8H4nTND
秀吉って吉の字あまりやらないよな
小出吉政、毛利吉成あたりの古参クラスでないともらってないような…

まあ、信長存命中は与力や同僚にやるわけにはいかないし、
天下取ってから死ぬまでにうまいこと(ただでさえ少ない)子飼いの家臣の子息が元服するということが無かったのかもしれないが…
(準一門にしたいレベルだったら秀の字あげるし)

203 :人間七七四年:2008/02/13(水) 21:51:42 ID:4coTwTkF
大谷吉継や田中吉政は秀吉の吉?

204 :人間七七四年:2008/02/14(木) 08:03:24 ID:lePX8gag
そらそうよ

大友吉統は特例としても木村吉清、堀尾吉晴がいるし
そこいらの鍛冶屋や商人に木下姓や羽柴姓・吉の字を与えたりしてるけどね

205 :人間七七四年:2008/02/14(木) 12:13:27 ID:30xt/APt
>>195
斯波義良?
松平康安て人もいるな。やすやす?

206 :人間七七四年:2008/02/14(木) 14:48:51 ID:6BlfjfcT
松平忠吉や信吉の吉って秀吉から貰ったわけではないだろうけど、
秀吉に遠慮?してつけたような気がするけど違う?

207 :人間七七四年:2008/02/14(木) 15:50:21 ID:9zwAGUSm
南部晴政の晴は足利義晴からなんでしょ?
勝手に息子にくれてやっていいのか

208 :人間七七四年:2008/02/14(木) 21:17:43 ID:zaUTtkgJ
なんで加藤清正や福島正則には一字やらなかったのかね?

>>206
下につけたら遠慮してないじゃん

209 :人間七七四年:2008/02/15(金) 10:14:34 ID:wUwaQZpQ
結城秀康なんかは”秀”の方を拝領してるよね?

210 :奇矯屋onぷらっと ◆JUU/.JUU/. :2008/02/16(土) 09:57:27 ID:y/WVUesS
義良って見ると後醍醐天皇の子息が良を「なが」と読ませた前例のせいで
自然と「よしなが」と読んでしまうなあ。

211 :人間七七四年:2008/02/16(土) 22:54:53 ID:hdirWd0z
あれって先帝の皇后陛下が良子(ながこ)だったので
昔から良は「なが」ってよむってことにしたって聞いたけど
どうなの

212 :人間七七四年:2008/02/16(土) 23:47:37 ID:JrzVjbZi
>>211
後醍醐天皇の王子の読み仮名については古い記録に義良親王の名を
「儀義」と当て字している資料があったり、古版増鏡に「世良(ヨヨシ)」という
ルビが入っいることから、良を「よし」と読む説が有力らしい。

義良だと「よしなが」か「のりよし」という感じかなあ

213 :人間七七四年:2008/02/17(日) 01:01:00 ID:RkhQXomR
忌み名は発音されない名前名のだから
読み方なんてどうでも良かったのではないかな

214 :人間七七四年:2008/02/17(日) 01:11:39 ID:SI0MuYE4
自分より目上の人間からしか呼ばれないから、呼ばれた時に読み方が決定するんじゃないか

215 :人間七七四年:2008/02/17(日) 01:47:12 ID:APnAe3qk
増速斗(ますはやと、元・万がく雷、すでに引退)
増昴(ますのぼり、現・郡山)
増隼(ますたか、現・立神)
増健(ぞうけん、現在は行方不明)
くらいなら覚えてる。もっといるはずだから、あとで調べてみる。
どれも一見で読めない上にゴロが悪いので、なんとかしてほしかった。


216 :奇矯屋onぷらっと ◆JUU/.JUU/. :2008/02/21(木) 22:46:23 ID:Ri1jBxzI
マスケンサンバとかのAAが流行ったのはいつだったろう。

217 :人間七七四年:2008/02/23(土) 08:35:46 ID:DNeuvG6j
晴とか輝とかを下に持ってきてる奴は逆賊ってこと?

218 :奇矯屋onぷらっと ◆JUU/.JUU/. :2008/02/23(土) 22:09:11 ID:vV8v+0j0
んなこと言ったら義の字下に付けられへんやん。

219 :人間七七四年:2008/03/14(金) 05:39:14 ID:+CMmBGnA
もらった名前でもくれた人が死んでたり隠居してたら他にあげても良いんだろうか?
陶晴賢はたまたま?それとも信長の上総守みたいな感じで無作法?

220 :人間七七四年:2008/04/17(木) 20:44:31 ID:DNXP+q0j
>>218
義の字が下に来る武将は結構レアじゃないか?

221 :奇矯屋onぷらっと@FreeTibet ◆SRGKIKYOUM :2008/04/17(木) 23:42:00 ID:ZPQhnLHM
>>220
  ,r';;r"            |;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;
 ,';;/             /;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;
 l;;'            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;
. ,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iソノ
ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、l
 | `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;;;;;;;;/ l |
. ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;ノヽ'/
. l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ
 ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /
  ', i、-----.、       `''"i`'''l
.  ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\        ,'  ト、,
   ヽ ヽ〈    i|          Vi゙、
    ゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
.    ',.' ,  ̄ , '    ノ  /./    ヽ,
.     ヽ.  ̄´   / ,、 ' /     / \
     ノ:lゝt-,-‐''" / ,.ィ゙     /
,、 - '''´  |  ヽヽ /,、ィ     /

222 :人間七七四年:2008/04/27(日) 11:45:37 ID:rC+WAhen
222

223 :人間七七四年:2008/06/10(火) 05:48:52 ID:CZxtOC6f
偏諱を受けることで、通字が消えるのは悲しいな。

224 :人間七七四年:2008/07/16(水) 22:27:11 ID:Gu8+1JcF
大河ドラマで主を諱で呼んでる場面が多いと萎える。

225 :人間七七四年:2008/07/16(水) 22:58:24 ID:MOZ2ABJJ
花の乱でも見ておけ

視聴率は散々だったけどな!

226 :奇矯屋onぷらっと@FreeTibet ◆SRGKIKYOUM :2008/07/17(木) 00:34:40 ID:sIqW+Bix
キャストにカッコ付けて呼称を入れないと分かりにくいわな。

227 :人間七七四年:2008/07/17(木) 01:01:39 ID:G/4BHFNQ
信長の「右府」、三成の「治部」、家康の「内府」は通じると思う。

228 :奇矯屋onぷらっと@FreeTibet ◆SRGKIKYOUM :2008/07/17(木) 01:07:25 ID:sIqW+Bix
「大谷刑部」「陸奥殿」「安芸宰相」くらいは一般化して欲しいかな。

229 :人間七七四年:2008/07/17(木) 01:16:34 ID:Z4ez0zzf

               (())
            ,〜((((((((〜〜、
           ( _(((((((((_ )
           (/ ~^^^^^~^^~ヽ )
           (  ;;;;;;;;  ;;;;;;;;  )        {二二_¨¨7
           (  -=・=  =・=- )          ,へ/ ./
           (    (oo)    )           \__ >
            (    )3(    )    ┌i ┌i  {二_¨¨7 
            (____二二二_____)人  {二 二 二}  / ./
           ,..- '゙。 ゞ、≡//x:`Y´、 凵_j |   / /\\
     ,-.、   /*:x・'┼゚ ゞ/(~)_..:::..::x.X  匚..,,ノ   ,ニ    ̄
    _,ノミ}ハ / X..|。.::*.+゚// `ヒ \...*  く~> ,.へ ノ ,_ ̄二}
  / iゞ_ノY人。.:x|・.'゚x。'゙//::+`ゞ  人※   _/ / `¨_ノ ノ
 / X | /:x`Y´, 。|.::・'゚。/./::*.+∧ゞ `、o:: ゞ_,/   ヽ- '゙
 !:x・人,レ'::::+::・ix: ・|::x../ /.x,/..゚。:..:ハ. ハ x ,ヘ r-ロロ く~> ,.へ
 l  `Y´。.:x・'..xl..::x..l//,/..:::.::x.。.l八/:::i / .ハ. ヽ、 _/ /
 ゞ、X 。.::*:;+:;:。''xトく;;ノ_..:::x.::...+。l.*ハ、j〈_/...X 廴.>ゞ_,/
   }。.:+:*...:::...::x..:/  / /~`7''ァ‐ィハ:;:。''x:::.: /
  j;:;+:;x:;:。''x-.. /⊥∠ノ ,ノ ノ ノ|Y※:::.::x.。/.
  i:+:。*x:;%..。/ゞ:x・ゞ|` ̄`;'─ヶ-|:;%..。:;:。'/
  `ー- -一'   `Y´゙|;;'‐、'`''ー-、,`ー-、イ    
               |:+:|・。 ヽ、X 。.::*




230 :奇矯屋onぷらっと@FreeTibet ◆SRGKIKYOUM :2008/07/17(木) 01:17:35 ID:sIqW+Bix
増健て何年前だっけ。

231 :人間七七四年:2008/08/15(金) 00:27:11 ID:k1Nb4G8p
将軍からの偏諱って、三歳ぐらいの子供に許されたりするのかな。
晴景は大永七年生まれ説だと、生まれた年に一字書出し許可をもらっているみたいだけど。

232 :人間七七四年:2008/09/22(月) 13:43:33 ID:u/KERpHS
>>231
代々偏諱を受けてると、献金あえすれば若年の子も自動的にとなるのかも?

233 :人間七七四年:2008/11/19(水) 17:38:08 ID:SCCLaFOI
そもそも公方様の名売り偏諱はいつ頃から始まったんだろ?
義稙や義晴の頃ぐらい?

234 :たられば君:2008/11/19(水) 19:10:14 ID:vqij6pf2
尊氏や義詮から始まってるのでは
最初は名売りではないだろうけれど

235 :人間七七四年:2008/11/22(土) 02:05:48 ID:BrM7EVvf
義晴あたりからだろうね。守護でもない相良父子に諱が与えられるなど
異例だろう

236 :人間七七四年:2008/11/22(土) 02:25:53 ID:WkcwqPKN
秀吉が陪臣にもホイホイ豊臣姓与えていたのは、その伝統かな?w

237 :中野区民憲章(トリ変え) ◆1Ixlm5F0XU :2009/02/17(火) 22:38:35 ID:d6XwGFww
足利義維・・・安宅冬康、野口冬長、少弐冬尚

238 :奇矯屋onぷらっと@FreeTibet ◆SRGKIKYOUM :2009/02/17(火) 23:36:39 ID:M6zv009f
大宝寺や高梨とかよくわからん土豪とか。
勝手に付けたのか奉公衆に乱発したのか。

239 :人間七七四年:2009/02/18(水) 23:33:51 ID:LPLifwRh
大内輝弘の輝って足利義輝からの偏諱?

240 :人間七七四年:2009/02/19(木) 00:11:02 ID:1Rigz5TU
江馬輝盛からの偏諱だよ。

241 :人間七七四年:2009/02/19(木) 00:13:02 ID:ktXkeKeC
>>240
ありがとうございます
良く考えたら立場的に将軍家からもらうのはちょっと厳しいっすよね

242 :奇矯屋onぷらっと@FreeTibet ◆SRGKIKYOUM :2009/02/19(木) 00:31:05 ID:eFDXJ//7
遠っ!

243 :人間七七四年:2009/02/19(木) 02:26:18 ID:GkAs1Wnu
>>239-241
wwww

244 :241:2009/02/19(木) 07:05:37 ID:12ftdxe5
何この流れって思って江馬輝盛調べたら何だよ飛騨ってw

245 :人間七七四年:2009/02/23(月) 00:45:58 ID:+mWgVJTC
調べなきゃわかんねーのかよw

246 :人間七七四年:2009/02/23(月) 10:48:58 ID:kbgTcVds
大内氏とその周辺以外は素人なもんで

247 :人間七七四年:2009/02/25(水) 13:36:13 ID:E5o4AywD
プロ!

248 :人間七七四年:2009/02/26(木) 05:43:53 ID:ILZgM6qM
高師夏
高師秋
高師冬

高師春はいなかったのか?

249 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2009/03/14(土) 02:02:31 ID:ZLKKbtad
師直の叔父にいたような。

250 :人間七七四年:2009/03/23(月) 20:41:14 ID:Ry/gagTt
高師春…師氏子(師直叔父)
高師夏…師直子
高師秋…師行子(師直従兄弟)
高師冬…師行子(師直従兄弟、猶子)

師春だけ世代がずれてるね。

251 :人間七七四年:2009/04/18(土) 04:12:14 ID:+eR4LGAr
伊庭八郎の諱が秀頼なのは
やっぱ豊臣秀頼からか?

252 :人間七七四年:2009/05/11(月) 05:16:40 ID:DWDNyIQx
>>251
一文字ならまだしも、諱を丸ごと頂戴ってのは無いでしょw
真田信繁みたいに、優れた人にあやかって付ける場合(武田信繁)もあったでしょうが。

253 :人間七七四年:2009/05/11(月) 12:06:25 ID:n0NZxbru
上杉景虎

254 :人間七七四年:2009/05/17(日) 10:28:56 ID:idtIRMUM
>>173
狭山北条氏も代々嫡男は新九郎じゃね?

255 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2009/07/15(水) 07:28:44 ID:PSChHRPG
祖父が一郎で曽祖父が次郎、その弟が三郎でその子が四郎、さらにその子が五郎。

明治から大正にかけての名前というものは本気でどうでも良かったらしいが
次郎が私生児に「太郎」ではなく「一郎」と名付けた点だけは感心している。

ちなみに次郎はオレの子と対面したことがある。

256 :人間七七四年:2009/07/22(水) 11:04:30 ID:VoCNIy5N
ふむ

257 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2009/11/08(日) 03:26:02 ID:pCGIWF++
こっそり保守。

258 :人間七七四年:2009/11/08(日) 13:26:58 ID:jHZlVtvY
佐竹氏みたいに「義」ばっかり使ってると、名前が尽きてくる

259 :仙台藩百姓:2009/11/08(日) 15:44:56 ID:3X8DAp0m
だから古い家は同名の人間が結構いるおね( ^ω^)
字(あざな)も同じもの使う場合があるし、結局は官職や号で表示したりする場合が多いお
諱とか殆ど役に立ってないような( ^ω^)…

260 :人間七七四年:2009/11/08(日) 18:41:39 ID:AFXXRIqD
>>251
伊庭八郎は秀頼じゃなくて秀穎(ひでさと)じゃね?

261 :人間七七四年:2009/11/14(土) 23:47:24 ID:iRSB9G/z
_

262 :人間七七四年:2010/01/22(金) 21:34:52 ID:Jl3vuB/Y
>>259
過去の偉人にあやかって同じ諱を使う意義ってあるのか?

263 :仙台藩百姓:2010/01/22(金) 23:13:45 ID:LwDBHGkM
>>262
政治的意図を含んだ場合があるお( ^ω^)
例えば当代では衰退している領主が
数代前の当主に高い地位(官職とか)を得ていたり、領地を広く得ていた者がいる場合
その名を継いで正当性や野心を内外にアピールしたりとか
または、家督争いがあった場合
名声の高い先祖の名を冠する事で後継者たることを示したりという事もあるお( ^ω^)
単に縁起を担ぐという事もあると思うお
昔の人はそういうの凄く気にしたから

264 :人間七七四年:2010/01/23(土) 00:23:16 ID:6ymxeRyP
具体例

265 :人間七七四年:2010/01/23(土) 03:10:15 ID:V/9RZ+Qw
>>264
朝倉孝景
伊達政宗
毛利元春

266 :人間七七四年:2010/01/23(土) 15:14:01 ID:nwewwb3v
>>264
相馬盛胤(2人)
相馬義胤(3人)

267 :人間七七四年:2010/01/23(土) 23:36:26 ID:Cd33lz2c
河野通宣※1

河野通直#1

河野晴通

河野通宣※2

河野通直#2
(最後の当主)

ってとこもあるぜよ

268 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2010/01/24(日) 02:26:20 ID:IqaaHjzH
諱の無意味さをよく表す例だな。

269 :人間七七四年:2010/01/27(水) 23:45:19 ID:r6yDWH+2
細川晴元って六郎が長くて、諱が1つだけなんだな。

270 :人間七七四年:2010/01/29(金) 03:53:48 ID:01sVF3IG
毛利家臣の福原氏も何がなにやら。

福原広俊(毛利元就の外祖父)

福原貞俊(筆頭重臣)

福原広俊(筆頭家老)

福原貞俊(四人衆の一人)

福原元俊(豊臣姓を賜る)

福原広俊(輝元時代の重臣)

福原元俊(長州藩永代家老)

福原広俊(長州藩永代家老)

271 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2010/01/29(金) 19:54:00 ID:wux2lTf7
河野さんちとレベルは匹敵してるな。

272 :人間七七四年:2010/01/30(土) 02:11:59 ID:s2PiBCJL
こういうの見ると甲斐の郡内小山田さんとこがやっぱり奇異に写る

小山田信隆

小山田信有(越中守)

小山田信有(出羽守)

小山田信有

小山田信茂(↑の弟)

北条高広も同名の息子が居るようだが

273 :人間七七四年:2010/02/07(日) 23:27:02 ID:FQDwEeRW
個人の識別は不要な時代。家の軍役が重要だから代替わりしても混乱しないように同じ忌み名をつけるケースは多い。
俺の家も祖父、父、俺、長男は全員同じ名前がついてる。たぶん孫も同じ名前がつくだろう。

274 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2010/02/08(月) 00:13:46 ID:KVjDkJzJ
オレんちの6〜10代前の通称は全て治ヱ門。
高祖父も治ヱ門だったが長和という諱があり、その次男だった曽祖父は十次郎という通称を持ちつつ重和という諱を持っていた。

275 :人間七七四年:2010/02/11(木) 19:31:33 ID:Kuo/4dRt
通称はともかく諱が同じって珍しくないか?

>>273
うそつけ

276 :人間七七四年:2010/02/14(日) 13:25:53 ID:R1gDEU+8
父親と息子の区別が付かないと相当不便だろ
十数年に一度程度の面倒でそんな事しないって

277 :人間七七四年:2010/02/18(木) 21:07:52 ID:e3SKjF6u
避諱つってな、親や君主と同名はダメなんすよ。

>>273
現代日本だと慣例で同戸籍内での同名はできませんよ。

278 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2010/02/18(木) 21:27:40 ID:kl2JwaE1
日本人じゃないんじゃないの。

279 :人間七七四年:2010/02/21(日) 03:52:32 ID:4Da5ZJVJ
外国に諱ってあんの?

280 :人間七七四年:2010/02/25(木) 13:29:10 ID:i7qgtQai
>>279
支那、そして支那文化圏に含まれる地域。
諱はやはり忌み名ゆえ、日常的には仮名=字を使う。

281 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2010/02/26(金) 23:47:22 ID:SwfpHEyi
日本に出稼ぎにくる日系ブラジリアンは本国で使うファーストネームを忌み名にしやすい。

282 :人間七七四年:2010/02/27(土) 00:11:55 ID:pVWypuJB
現在も忌みなってあるの?

283 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2010/02/27(土) 00:16:27 ID:Laci+Ytn
戸籍にも住民票にも載っていないが、オレには和征という忌み名があるよ。

284 :人間七七四年:2010/02/27(土) 19:20:09 ID:YcIYS69J
>>279
ジーコとか本名じゃないな。

アルトゥール・アントゥネス・コインブラ


285 :人間七七四年:2010/03/18(木) 23:36:12 ID:hUep7z38
>>283
それを使う機会はありますか。

286 :人間七七四年:2010/05/09(日) 21:01:55 ID:yPbLKRVH
>>279
諱とはちょっと違うけど
アメリカのレーガン大統領は、元々リーガンと名乗っていた。
ところが、財務顧問のドナルド・リーガンと名前が被るので、「大統領(候補)の方が」名前を変えたってのはある。

287 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2010/06/13(日) 23:01:08 ID:TpvaXqk5
>>285
忌み名だから一切ないです・・・

細川政元の養子とされる3人のうち、諱から正嫡を澄元だと断定してもいいのだろうか。

288 :仙台藩百姓:2010/06/14(月) 01:23:31 ID:ILHyf84m
現代は諱風の名が多いじゃんお( ^ω^)

289 :人間七七四年:2010/06/18(金) 23:37:56 ID:lspOCazd
筒井定次は順次ではいけなかったのか

51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)